[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
アンサンブルKATOO

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



406.5月13日 返信  引用 
名前:too    日付:2006/05/14(日) 21:02
と言うことで、S2A4T2B2でした。
そのひとがうたうとき、のみ音取り。全部は終わらなかった。
47小節目からまでで昨日は終了しました。

放課後は、滝泉に行って鯨さんがBBSに書き込むことが決まりました。



407.Re: 5月13日
名前:    日付:2006/05/15(月) 01:09
>鯨さんがBBSに書き込むことが決まりました。

そんなこと決まりましたっけ?
せっかくなので、書き込みます。
はじめまして。

初めてお邪魔してからはや1ヶ月。
もう団員の皆さん全員にお会いしているんでしょうかね?
「あいつ誰だ」って思っている方、それは私です。

随分久しぶりの合唱のため、すっかり身体はなまってしまって
いますが、とりあえず3週間後の本番に向けて、少しでも
ちゃんとした身体を作っていきたいと思っています。
不束者ですが、今後ともよろしくお願いします♪

あ、ちなみに鯨じゃないですからね(笑)


408.Re: 5月13日
名前:旅人    日付:2006/05/15(月) 20:47
ようこそ、ホエール鯨さん。
ホエール鯨っていうと、チゲ鍋みたいなものですね。
なべなべって言ってるらしい。。。
とりあえず、同じ鉄板の仲ということで書いてみました。
こらからもどんどん、こちらに来てくださいね。

さて私、旅人は英語圏でない国にデビューしようかと企み中でございます。また旅人と化するわけです。
でもいつかは未定。。。近いうちということで。

カムサハムニダ


409.(untitled)
名前:さかっきー    日付:2006/05/15(月) 22:51
練習いけませんでした。ごめんなさい。

オバQ(小田急)が人身事故で客がごったがえしていまして・・・

旅人さん。
「〜スタン」系のお国など良くないですか?
個人的には北チョに行ってみたいのですが。
ツアーもあるそうですし。友人は行ったみたいですが・・・

404.5月6日 返信  引用 
名前:てば。    日付:2006/05/11(木) 21:18
S4A4T3B3

発声練習
隣の人とペアになって、発声を聞きあう練習。
まずは、自分の声を相手に伝える。
そして、相手の声で、何を良くしたらよいかを、フィードバックしました。
隣の人と、声を合わせるのは、ピッチをそろえる第1歩ですので、これからもこういう練習はしたいと思います。

秋のまんなかで
ピアノをつけての練習。
やはり今までどおり、フレージングの練習ですね。
長いフレーズのレガートの歌い方と、細かい音符(3連符など)の対比が、曲に出てきます。メリハリをつけましょう。
あと、言葉の語尾や助詞の処理を気を付けましょう。
ポリフォニーの部分では、自分が歌い終わった後も、それを引き継いで別のパートが歌っていますので、フレーズの終止でピッチが悪くならないように。
あと、和音が難しいところが何箇所か、(特にラストの方)ありますので、その和音を練習しました。

「はじまり」
男性ソロの部分から練習。
フレーズが長いですが、1フレーズ1息が原則です。
どうしても、カンニングブレスを使用することになりますが、胸で息を吸ってしまうのではなく、一拍落としても良いので、しっかりと腹式呼吸で体を作り直してください。

フォルテが多用されている曲です。
しっかり、声をとどけるようにしないと、頑張っているけど、小さくまとまっているという残念な結果になりやすいです。
体全体をつかって、伸びのある声をだすように体を使った発声ができるようお願いします。

本番まで、ラスト4回!



405.Re: 5月6日
名前:てば。    日付:2006/05/11(木) 21:28
木下牧子ホームページで、いろいろ書いてあることもあるので、こちらもご覧下さい。

http://www.asahi-net.or.jp/~az4m-knst/qa_bucknumber/qa39.html

あと、こちらも。
http://www.asahi-net.or.jp/~az4m-knst/qa_bucknumber/flezu.html

403.福島明也(バリトン)日本の歌 心の歌コンサートご案内 返信  引用 
名前:MCFコンサート実行委員会    日付:2006/05/10(水) 14:31
突然のコンサートご案内の掲載失礼致します。何卒宜しくお願い致します。

このたび、神奈川県三浦市の「三浦市民ホール」にて

福島明也(バリトン)&服部真理子(ピアノ)「日本の歌 心の歌コンサート」を開催いたします。

現在日本のオペラ界で活躍しているバリトンの福島明也が日本語の美しさを歌に乗せてお届けするコンサートです。

なつかしい歌詞がよみがえる「ラジオ歌謡」の名曲の数々・・・。
詩情あふれる歌「イヨマンテの夜」「琵琶湖周航の歌」「遠くに行きたい」・・・。ホールいっぱいに響き渡る艶やかな声をお楽しみ下さい!

(プログラム)
たそがれの夢、山のけむり、リラの花の咲く頃、忘れていたよ、隣組、三日月娘、森の水車、雪の降る街を、荒城の月、鐘が鳴ります、琵琶湖周航の歌、遠くに行きたい、イヨマンテの夜・・・ ♪
花の街、ひぐらし(團伊玖磨作曲)・・・♪

6/11(日) 開演:14:00 (開場:13:30 )

 *三浦市民ホール(うらり2F)

 *前売りチケット:一般2500円 学生1000円
 (当日500円増)

 *チケットお取り扱い・ご予約・お問合せ

  三浦市民ファミリーコンサート実行委員会
  (電話・FAX)046−888−0866

402.4月29日 返信  引用 
名前:てば。    日付:2006/05/04(木) 21:13
S5A4T2B4

発声練習では、個人個人を細かく見ました。
姿勢についてとか、お腹を使った発声といったことを言いました

秋の真ん中で
全体で縱のそろっている曲なので、ハーモニーがしっかりと合うように。ポリフォニーの部分は、各声部が独立していくのではなく、スパイラルに交わり、和声進行に伴って進んでいくようにしていきましょう。
おーいの「お」では、前に喉を閉じておいて、声を出す前に音程と響きを作っておいて、それをブレスにのせて出すように。ただ喉を開いていても、跳ね上げてフレーズの入りを作ってしまわないように。

中間部、テノールやソプラノが語りますが、裏拍ではいるので、遅れないように。休符を逃していると遅くなります。ベースの音程をしっかり。かつ、ベースのメロディが大きなレガートを作るので、そこを一息でフレージングを作っていってください。

最後の部分では、和声の進みを感じてがーーっともっていってください。あと、最後の和音は、ドミナントをしっかりと効かせてから解決に持っていってください。

歌詞をよく読んでおいて欲しいのですが、この曲は寂しい曲ではないです。逆に一人であることで寂しくない、たった一人で自然の中にいて自然と向き合うこと、一人であるから感じれるたくさんのこと、などなど喜びを感じる部分がたくさんあると思います。それを歌ってもらえればと思います。
ただ、あんまり頭でっかちな曲でもないですし、素直にきもちよさを歌ってもいいと思います。エネルギーが満ちて歌えるように、腹筋を鍛えておいてください。

401.4月22日報告 返信  引用 
名前:てば。    日付:2006/04/26(水) 21:41
S6A6T3B5 見学1
なかなか多くなりましたね◎

発声練習
おへそのした辺りをしっかり使った発声を練習。
うまく出来ないときは、上半身の角度が悪かったり、お尻が上がっていたりします。
胸を張って、下半身の支えを作って、上半身を腹筋にのせるように。

NGのハミング。
鼻根部の前でしっかりと響かせる
ハミングを開放したときに、あごで音を取っている事があるので注意。
喉をやわらかくして、お腹のブレスをそのまま脳天に突き上げるように発声していきましょう。

曲は、はじまり
はじめの所は、アカペラで、ここでは大河ドラマのような、重層さを出したいです。響きとハーモニーが重視され、それがしっかりした上で緊張感を持たせるという、木下作品にはよく要求されるところです。
男性は、同じ音が続くので、言葉の抑揚が消えてしまわないように。
女性は、メロディーを歌うのは縱のラインがまず出来てからと考えてください。

その他、一応最後まで通しましたが、全体としてみんなのかつぜつが悪いので、何とかしていきましょう。
はたけがあり が ふぁたけ ときこえたり
光が が ひきゃりが ときこえたり
かけぬけた が きゃきぇにゅけた ときこえたり
なおしましょうね。

あとは、掛け合いの部分が何箇所かありますが、
特にタイで伸ばしているパートは、他のパートの動きを絶対見逃さないように。これはルネッサンスものでも、良くあるやり方なので、応用を利かせてください。

そのた、クレッシェンドの中で休符をとる
クレッシェンドが持続するところで、体を一回元にもどす
8分の9拍子のしょりなどなど
音の確認を交えながらも、結構つっこんで練習して行きました。

めばえのような、1音1音の緊張感を、はじまりでももてたらいいなと思っています。曲のテンポが早く進むからざっと大まかに捉えがちですが、細かいところに目を向けて、一言一言を大事にして歌えるのを目標としましょう。

400.4月15日報告。 返信  引用 
名前:too    日付:2006/04/16(日) 00:13
S5A5T1B6(!)。
内山隊長指揮のもとに「はじまり」の音取りをしました。今日の参加者はほとんど取れていると思います。2時間使ったので最後の方はちゃんと合うようになりました。裏拍で入るところの入りを合わせる、女声と男声の掛け合いに注意する等、基本的なところだけ注意がありました。曲作りは来週以降です。来週は練習後に飲み会だー。

395.四月八日のソプラノボイトレ 返信  引用 
名前:サオリ    日付:2006/04/09(日) 18:45
 初めて書き込みます。文章作るの苦手なので、それは御了承お願いします。
 
 個人のボイトレについてですが、基礎を教えて頂きました。ポンプ式の発声です。出来ていないながらもお腹から出すのは意識していたのですが、オヘソより上ばかり動かそうとしていました。本当はオヘソより下なのに・・・・・・。意識しないとできないので自分からみてもぎこちないですし、どうしても上半身に力が入ってしまいます。しっかり御指摘を頂いてしまいました。
 発声の時の息を吸うタイミングもおかしいようですし、日本語のように全然発声に伸びがないようです。発声して次の発声までに完全にお腹が戻ってないみたいで徐々に息が苦しくなってしまいました。

 ボイトレの内容というか、指摘を受けたところを書き連ねるだけになってしまいました。すみません。自宅では音とリズムを合わせる練習ばかりだったのですが、もっと発声の練習もしますね。

 NeTimeasMariaについてです。ソプラノは全体で6つに分かれているらしく、15・25・31・44・47で区切れています。
 最初のNeTimeasMariaでは隠しブレスを使い、パートの中で切る場所をいくつかにわけ傍から聞いた時には繋がっているように、だそうです。言葉の意味を考え、NeTimeasMariaのMの前でブレスを入れずに一度切り替える感じにして、次のMariaを歌います。次に二回続くNeTimeasは最初と比べて控えめにして、最後のMariaは主張するようです。

以下箇条書きにします。
*22小節ではnimとgraの間ブレスは入れずに、切り替える感じ。
*音を長く伸ばす音は頭と尾をすぼませて真ん中を膨らます(netiのtiとか、pudDoのDoとか)
*17・21小節のVeの発音は唇を震わすように(ただし主張しすぎないように)。
*二拍と一拍の組み合わせ、計三拍の集合が多いらしく、それを意識する事。(25小節のapudとか)
*同じ音が続く時は間を軽く切る。(20小節とか) 
 
 最初のページをたくさん練習しました。細かいニュアンスの所は・・・ごめんなさい。私では上手く説明できません。飽和状態というか、勉強すべき所が沢山あって解らなくなってしまいました。
 ソプラノの皆様、細かい所もう一度教えて頂けると、凄く凄く有難いです。後、今回の内容の所で間違っているところあったら是非訂正して下さい。
 
 初心者だからというだけではなく、音感とかリズム感とかそもそも器用さがないことを、ケベックや練習で再確認してます!足を引っ張り引っ張りで申し訳無いのですが、頑張りますので改めて宜しくお願いします!
 
 



396.書き込みありがとう!
名前:てば。    日付:2006/04/09(日) 22:19
さおりちゃん。書き込みありがとう!

楽譜を見ながら読みましたが、ちゃんと言いたいことがイメージできました。丁寧な文章で分かりやすいです。

おへその下で発声するというのは、僕もよく難しいなぁと思うところです。鏡を見ながらやると、さらに自分の動かしているところがどこなのかが良く分かると思います。

息を吸ってはくという行為も、吸気と呼気のバランスでなりたつものですし、お腹の弛緩と緊張もどっちが強くてもどこかで無理が出てきます。
難しいと思いますが、はじめからすべてできる人は誰もいないので、ゆっくり練習を続けるのがいいことだと思います。

ne timeas mariaの解説は、ソプラノ以外のパートにも十分応用のきくことですね。書いてくれていることが、すごく的確で、僕はすごく嬉しかったです。他の人も書き込み希望〜。


397.ボイトレ報告 その2
名前:ようこ    日付:2006/04/10(月) 21:32
さおりちゃん、書き込みありがとう!!
NeTimeasMaria 全体についての指導は、さおりちゃんが的確に書いてくれているので、わたしは発声の指導について書きます。

まず、私が一番なおさなければいけないところは、
あごを使って歌っているところです。
あごを使うと、自分できいてると響いているように聞こえるけど、
実際は、全然響いていないのです。

やっぱり鼻腔全体で響かせるようにするのが一番大事で
あごはないものと思うこと。

体を使いきれていないと、どうしても喉で歌ってしまうし、
喉を使うとあごにも力がはいってしまって、
無駄なエネルギーを消費します。
体全体をつかって、発声をすれば、もっと少ないエネルギーで
ずっと楽に歌えるようになるはずだし、そして、もっと響く。

文章にすると簡単ですが、完全になおすのには、多分
努力と時間が必要だと思います。
私が今回指摘されたことは、何年か前からの課題で、
自分ではだんだん改善されてきたと思っていたけど、
やっぱりまだまだ全然だめだと実感しました。

今まで、あごと喉に力が入らないように、楽に声をだすように、
より響いて、よりのびがある声になるように練習してきましたが、
結果的に、それはただ、楽をして歌っていたんだなって気づきました。
やっぱり、楽にだそうとする分、体もなまけていたし、
体を使いきれていない分、あごの力は抜けていなかったということです。
練習方法としては、あごがさがらないように手をあてる、
もしくは鏡をみて歌うこと。
あごをさげてうたうのではなくて、顔の上のほうをつかって歌うこと。
地道な積み重ねの練習がなにより一番大切だと思います。


ボイトレのあと、久しぶりに下半身が筋肉痛になりました。
ほんと久しぶりだったので、
今まで自分がどれだけ怠けていたか、身をもって実感できました。

まだまだ、簡単には改善されないと思いますが、
もっとうまくなれるように努力しようと思います!
同じような指摘をされた人ほかにもいると思いますが、
みんなで、顔をみながら歌ったり、指摘しあったりして、
今回のボイトレで自分の課題がわかった分、
みんなで協力しあって、改善されるように、がんばりましょう。


398.ボイトレ報告 その3
名前:なしこ    日付:2006/04/12(水) 12:54
私もやはり、のどで音をとっているというご指摘を受けました。
意識はしていても、「のどの力を抜く」というのが具体的にどうしたら
良いのか分かっていませんでした。

上でようこさんが書いていらっしゃるように、のどに手をあてて下がらないようにすること。それから、お腹のポンプの動き(これを先生は「きついGパンのジッパーを上げる感じ」とおっしゃっていました)と同調して頬の高いところの鼻のほうが上がるようにする。

さらにフレーズの上昇・下降に合わせて上半身を上げたり下げたりしてしまっていることもご指摘いただきました。
(うまく説明できません)
上昇に合わせて腹筋を伸ばしていくのですが、下降形にくると段々
体を戻していってしまっていました。そうではなく、最後まで伸ばして保って、次のフレーズが始まる直前にストンと戻すように。
体の動きはまっすぐ垂直を意識するように、というお話でした。

たとえのお話ですが、ティッシュを箱から引き出すときに、引きながら振り回したりしないでまっすぐ持っていくこと。フレーズが終わるからといって箱に戻したりしないように。

美城先生のお話はすごくイメージしやすくて、受けたあとに
自分で練習する時にも注意したいこと、するべきことがはっきり
考えられるようになります。この機会に個人でご指導いただけて本当に良かったと思いました。


399.報告ありがとう!
名前:旅人    日付:2006/04/12(水) 18:58
旅人は無事に帰国しました。
外人かっこよすぎでした。笑
お土産ありますので、楽しみにしていてくださいね♪

さおりちゃん、ようこちゃん、なしこちゃん報告ありがとう。
こんなに長くいるのに先生にお会いしてボイトレを受けたことがなく、落ちこぼれソプなのに本当に自己嫌悪です。。。

文面を読んでいて何をしたのか、どういうことなのかということが分かりやすくて伝わってきました。
あごの使い方や、先生にこんなことをアドバイスされたよというような詳しい話は、次回の練習のときに話してくれるとありがたいです。そうすると具体的によくわかると思います。

そして、無知な私にみなさん御指導よろしくお願いします!


ページ: |< << 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb