[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
アンサンブルKATOO

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



492.初めまして☆ 返信  引用 
名前:今野史惠    日付:2007/05/04(金) 01:12
突然の書き込みを失礼いたします。
藤沢在住の今野と申します。

H.Pを拝見させて頂き、興味がわきました。
どちらへご連絡すれば良いのか分からず、
書き込みさせていただいております。

私は小学4年から大学2年頃まで合唱団に所属し、
ソプラノで歌ってきました。
社会人になってから再度歌いたいと思い探していた所、
こちらの団に興味を持ちました!
1度宜しければ見学させて頂きたいと思っております。

ご連絡頂けたら幸いです。
よろしくお願いいたします。



493.Re: 初めまして☆
名前:てば。    日付:2007/05/04(金) 22:29
御連絡ありがとうございます。

メールを返信させていただきます。
お会いできるのを楽しみにしております。

491.4月21日練習報告(アルト) 返信  引用 
名前:けいこ    日付:2007/04/24(火) 22:33
57小節〜88小節(93?)まで練習しました。

60小節
ニノヨイコラサヒヤサッサ〜の2回目の最後はportなので、滑らかに音を上げられるように歌い、61小節につなげましょう。

61小節
転調しています。特にアルトはベースと同様の動きです。
早いですし音を確実にして、きちんとリズムに乗せるようにしましょう。決して走らないように。

69小節
転調していてソプが「ソ」を出してる音をもらって入りましょう。

80小節
ここからはアルト、ソプラノがきれいにアンサンブルします。
民謡ですが、ハーモニーを感じるところです。
アルト上はアルト下に添うように、ソプラノ下はソプラノ上に添うように歌いましょう。声が大きすぎても小さすぎてもいけません。
メゾはバランスを考え、よく2声を聞きましょう。

小分けにして練習してますが、前回やったところを忘れずに!
そして、音が下がらないようにしましょう。
この日階名で歌う前に、少しだけ歌詞を乗せて歌いました。
音が取れたら、沖縄の言葉を音に乗せないとなりません。
頑張って練習しましょうね♪

490.4月21日 練習報告(ソプラノ) 返信  引用 
名前:ようこ    日付:2007/04/24(火) 13:28
57小節〜88小節までを階名で歌いました。

57小節
ニノヨイコラサヒヤサッサ〜の各パートでの動きになりますが、
動きが早いので音をあてるのが難しいです。とくに、㋛音で
さがりすぎるので、気をつけてください。ソプ内であわせるのも
もちろんですが、ここはテノールと全く同じ動きになるので、
そっちもちゃんと聞きましょう。
63小節目から次の動きに入りますが、「ニノ〜」の前を切らないこと。
クレッシェンドして、そのままつっこみます。

63小節以降は、調が変わりますが、少しだけなので、階名はふらず
「ヤ」で発音して歌いました。ここは、全パート同じ動きになるので、
ハモリの確認をしました。音が難しいですが、きちんと確認して
自信をもって入れるようにしましょう。ソプが正確な音をださないと、
69小節以降のアルトにつなげられません。

69小節からは、また調が変わります。階名で歌いました。
ここからは、特に音が高いです。しっかりお腹使わないと、
どんどん音が下がってきます。
76小節の「かりまたむらヨ」は
ポルタメントかけながら下がってしかもdiviになるので、
難しいです。練習しましょう。

80小節以降、「ばんたがきゅーぬ〜」は、主に女声でハモリの
確認をしました。85小節のdiviはきちんとハモるようにしましょう。

あと、はじめから88小節までの通しを何回かやりました。
1週間たつと前の部分を忘れてしまっていることも多いですが、
でもそれだと先に進まないので、ちゃんと復習しましょう。

次回は、多分最後まで行くんじゃないでしょうか。
ラスト2ページは8声で動くので、各自自分のパートをしっかり
歌えるようにしておきましょう〜。

489.演奏会情報 part.24 返信  引用 
名前:too    日付:2007/04/20(金) 23:31
横浜ローゼンコール第33回定期演奏会

2007年7月8日(日)17:00開演
於 県立音楽堂(桜木町駅下車)
指揮;中村皇 ピアノ;廣田千春

混声合唱組曲「春のために」信長貴富作曲
フィンランドの合唱曲 クーラ、シベリウス、パルムグレン作曲
Morten Lauridsenの宗教曲 "O Nata Lux", "Ave Maria"
混声合唱によるさだまさし作品集「北の国から」松下耕編

http://rosenchor.hp.infoseek.co.jp/

2名までの招待券あります。

488.4月14日練習報告(テノール) 返信  引用 
名前:やっつぅ。    日付:2007/04/17(火) 00:10
テノールの やっつぅです。

遅れまして申し訳ございません。
テノール練習報告させていただきます。

4月14日
最初から56小節までを中心に練習しました。

○7小節目〜10小節目にかけて
入りをしっかり。音もしっかり気をつけ、
ベースとともにスフォルツァンドをしっかり出す
ことを心がけてください。


○15小節目
ソプラノと同じ音を歌う部分は
音を外すと台無しなので、ソプラノの音を聞きしっかり合わせる
ことを心がけてください。


○17〜20小節目
ササササ…   早くならないように。
また。単に「サ」の連続だとベターっとなってしまうので
拍、拍ごとにインパクトをつける
ことを心がけてください。


○21〜24小節目
On〜はやや高めに出すように。
また、全音伸ばす部分は音が落ちないようにする
ことを心がけてください。


○28小節
他のパートと同じ音なので、
音を外さないようにしてください。


○29小節
「コラサッサ」の音はソプラノと一緒です。
ここも、ソプラノの音を良く聴いて
音が外れることがないようにしましょう。


○47小節
高い「so」の音、
苦しいかもしれませんが、
この音から広がるようにして
48小節も大きく広がるように歌いましょう。


○50〜52小節
※この部分が一番音取りが難しいと思います。
全パート一緒に、半拍ずつ音を当てていきました。
MIDI、キーボードなどでもう一度音を確認しましょう。

以上です。


4月21日の練習は
57小節から、88小節までの予定です。
出だしの57小節から
難しそうな予感です。
音取り等準備よろしくお願いいたします。

…自分も何とか頑張ります。反省。

487.神奈川県合唱連盟創立50周年記念演奏会・団員募集 返信  引用 
名前:too    日付:2007/04/16(月) 20:59
連絡の三つめ。

来年、県合唱連盟の50周年記念演奏会があるので、その団員を募集する件です。

演奏日時;2008年2月11日(月・祝)
会場;県立音楽堂
曲目;合唱連盟・連盟歌「朝の光に」(楽譜は先週配りました)
   戴冠ミサ(モーツアルト)
   ふるさとの四季(源田俊一郎編)
指揮;小泉ひろし・田中登志生
募集人数;S 60人・A 60人・T 30人・B 30人
参加費;3000円
練習日程と会場;各18:30〜20:45
 9/27(thu), 10/11(thu), 10/20(thu), 11/2(fri), 11/15(thu), 11/29(thu), 12/13(thu), 12/22(thu)...この後も同じようなペースであるみたいです。以上、中原市民館。

募集中なようなので、僕の手元に申し込み用紙があるので、出たいって人は連絡下さい。

486.4月14日 練習報告 @ベース 返信  引用 
名前:くじら    日付:2007/04/15(日) 23:25
主にベースのみなさん
お疲れ様です。くじら(てらおか)です。

パートごとに、この日の練習内容を流すようにとの指示が
ありましたので、ベースが受けた指導内容を周知します。

14日は、56小節まででした。

■1小節〜
 出だしの「ササササ・・・」が、途中で合わなくなりがちなので、
 各小節の頭の「サ」にアクセントをつけると、うまくリズムを取れます。
 指揮をちゃんと見て、合わなくなっても修正できるように、あせらず
 楽譜と指揮を見ましょう。

■9小節
 前小節まででトップ、バリトン、セカンドでしっかり掛け合いし、
 スフォルツァンドをしっかり出していきましょう。

■29小節
 「コラサッサ」は、「サッサ」が短くならないように。
 しっかり「ッ」を感じましょう。
 そして、「サッサァ」と、小節の最後までたっぷり歌いましょう。

■41小節
 ベースとバリトンが「コラサッサ」でわかれる所。
 ベースの音がテナーの音とぶつかるので、とても取りにくい。
 反復練習でしっかり取りましょう。

■44小節〜45小節
 転調するところで、ベースの二声がしっかり入れるように。
 「On On」は、胸で響かせるように。軽くならないように注意。

その他、他パートとの掛け合いや音が重なるところのハーモニーを
確認しながらやりましたね。
全体的にバラバラに歌うとわけわからない曲になってしまうので、
重なる音のハーモニーはしっかり、足踏みも合わせて。
それぞれが歌えるということ自体が難しいですが、全体として
これを曲として成立させるのが難しいですね。。

【次回の練習】
 他のパートのみなさんが書いているとおり、57小節から88小節までです。
 階名を振って、midiを聞いてきましょう!

他のベースの方(かとぅさん)、不足等があったらフォローお願いします。

485.練習報告 ソプラノ 返信  引用 
名前:ようこ    日付:2007/04/15(日) 16:53
こんにちわ。
14日練習のソプラノ報告です。

全体を通して、階名で歌い56小節までやりました。
階名は、楽譜にきちんと書いてくるようにしてください。

出だしの「ニノヨイ コラ ヒヤサッサー」はユニゾンなので、
かっちりあわせましょう。

その後ソプラノはしばらく出番がありませんが、11小節からソプ下、ソプ上の順で高音での入りがあるので、しっかり音量を出して入ること。
入り忘れなどがないように、他パートのリズムをきっちり感じて
おくことが大切です。

21小節より、「ササササ」のリズム打ちになりますが、前回の練習で
注意があったように、単調に歌うのではなく、きちんと前に進む
感覚をもって歌うこと。同音での動きになるので、全員で
音の粒をそろえること。

25小節の「ヨイーマーヌーイ・・・」のところは、メロディーになるので、出だしをきちんと音をだし、レガートに。

コラサッサ・ヒヤサッサは早くならないように注意。
尚、全パートでコラサッサ・ヒヤサッサのハモリの音確認をしました。

33小節の「on〜」「ヤイヤヌ」はアルトとのハモリの感じつつ、ソプラノ内で音がばらけないように、まわりの音をきちんと聞いてあわせましょう。

45小節以降は、アルト先行でメロディーに入りますが、
それまでの民謡調の歌い方よりも、合唱であることを意識し、
深めに発声すること。アルトの旋律をきちんと聴きながら
歌い、縱をきちんとあわせるようにしましょう。

50小節「ヨーイーマーヌーイー」は、ソプ下・ソプ上でのdivになりますが、押さずにレガートで歌い、最後はきちんと收めること。
ソプ上は最高音で、音がとがらないように、きれいにまるくうたう
こと。ここは、あくまで下3パートの動きが主になるので、かぶさるようにうたうことを意識しましょう。

次回は、57小節から、88小節までやります。
きちんと階名をふって、音確認など予習をしてきてください。

たりない所があったら、追加していってください。
よろしくお願い致します。

484.4月14日 練習報告 @アルト 返信  引用 
名前:aco    日付:2007/04/15(日) 11:16
狩俣ぬくいちゃのはじめから予定していた68小節までいけず、今回は56小節まで、階名で歌いました。


普通に歌詞で歌ってみると、特に「ササササッ」のところは、正確な音をとるのが難しいと思ったのですが、階名で音の動きをひとつひとつ確認しながら歌うと、たしかに歌いやすいんだなーと実感しました。

アルトだけに限りませんが、主旋がいろんなパートの掛け合いになっているので、自分が主旋を歌っているというときにはしっかり意識して音量を出し、その他のところは曲の中での役割っていうか、他のパートとの関係をしっかり把握して歌うのが大切です。とはいえ今回は自分の音を追うのに必死で他のパートはあまり聴けなかったんですが。。

21小節からと45小節からはアルト先行で始まるのですが、21小節の方は民謡っぽく浅い味のある?声で、45小節の方は他パートとの兼ね合いが一層複雑になってくるので、少し合唱っぽく深い声を意識して歌うと良いようです。

あとは、全体を通して早くなりがちなので、特に「ヒヤサッサ」などの詰まる音(撥音だっけ?)の拍も意識して焦らないことも気をつけたいです。


やはり今回は、皆さんも実感した通り準備が足りなかったと思うので、midiなどでしっかり予習して練習に臨むのが一番大事だと思います。

483.グレーテ・ペダーシェン合唱講習会 返信  引用 
名前:too    日付:2007/04/15(日) 10:09
世界合唱シンポジウム京都に招待公演された人ですね。

「オスロ室内合唱団」の前指揮者、グレーテ・ペダーシェンさんが単独来日し、下記の要項で合唱講習会を行います。

2007年5月29日(火)18:30〜
戸塚駅徒歩7分、男女共同参画センター横浜

モデル合唱案は、マルベリーチェンバークワイアと小田原少年少女合唱隊で、
練習曲はDona nobis paem(Edverd Greig), Domine, non sum dignus(Thomas Luis de Victoria)

募集は300人だそうです。
受講料2000円。申し込みは4月23日13時開始で、045-681-6033県合唱連盟までFAXで、
僕の手元にある「合唱講習会申込書」に名前を書いて送ります。
行きたい人は僕まで連絡ください。僕がFAXします。

482.DET NORSKE SOLISTKOR横浜公演 返信  引用 
名前:too    日付:2007/04/15(日) 10:03
昨日、帰りの会で話したのを3件連続で送るのでよろしく。

オーロラでもない、サーモンでもない、とびきりのノルウェーをお届けします!

グリーグ没後100年記念
DET NORSKE SLISTKORノルウェーソリスト合唱団横浜公演
2007年9月8日(土)18:30
みなとみらいホール大ホール

指揮;グレーテ・ペダーシェン

グリーグ;四つの詩篇
グリーグ;二つの宗教的合唱曲
グリーグ(ペダーシェン編);抒情小曲集より

S席4000円、A席3000円、B席2000円(席指定)

予約は045-681-6033神奈川県合唱連盟までFAXで、
氏名・住所・電話番号・FAX番号・希望の席・枚数を書いて送ること。
受付開始は4月23日午前9時、だそうです。

興味ある人は、各自で対応してください。

481.3月31日練習報告 返信  引用 
名前:やっつぅ。    日付:2007/04/01(日) 14:15
こんにちは、テノールのやっつぅです。(web上なので本名伏せます。あしからず)
3月31日の練習に来た人が少なかったので練習報告書きます。
分かりにくい点も多々あるかもしれませんが、ご了承下さい。


☆ 3月31日練習報告 ☆
S5 A3 T2 B2 だったかな?

「狩俣ぬくいちゃ」を合わせました。

初めから44小節付近までと、80〜88小節付近を重点的に。

・男声は先週音取りできていなかったので音取りつつ合わせ
・女声は先週の音取りおさらいをしながら合わせるような練習でした。


■気をつける点(全パートにあてはまる点)

「ササササ…」の部分は、同じ音の連続の為、ただ発声しているだけだと「ベタ〜っ」って感じになってしまう。
同じ音の中でも抑揚をつける事を心がける。
「サ」は母音ではなく、子音で歌うような感じで。


「ヤイヤヌ」の歌詞の部分は、「言い切ってしまう」のではなく、「投げきる」感じで。


掛け声「コラサッサ」(音符がXになっている所)が、走ってしまうので気をつける。
「ヒヤサッサ」部の「サ」は「子音のa」に音を当てる感じで。
「ハイ、ハイ」は「急き立てる」ような感じで歌う。


「On〜」で長く音を伸ばす所は「O」の部分にアクセントを置き
各自間ブレしたり、入れなおしをしたり、音伸ばしで音が落ちない様にする。


「28小節目」3声が同じ音を歌う。少しでも音がズレると台無しになるので
この部分の音はしっかり取る。もちろんベースも。

以上ご参考までに

てば様。
お忙しいかと思いますが
追加・訂正事項等ございましたら、加筆修正お願いいたします。

480.演奏会情報 part.23 返信  引用 
名前:too    日付:2007/03/31(土) 15:27
洋光台混声合唱団 第7回アン・ディ・ムジークコンサート

2007年4月29日(日)14:00開演
神奈川県立音楽堂木のホール

NHKみんなのうた曲集より4曲
混声合唱組曲「あしたの灯」より4曲
<オルガンと宗教曲>5曲
谷川俊太郎「わらべうた」による四つの小さな断章ほか3曲
ホームソングメドレー・イタリア編3曲

指揮;土井規子・川上勝功・吉田考古麿
ピアノ;須江太郎、オルガン;浅尾直子

2名までの招待券あります。

479.演奏会情報 part.22 返信  引用 
名前:too    日付:2007/03/31(土) 15:22
横浜ルミナスコール第6回定期演奏会

2007年4月22日(日)14:00開演
横浜みなとみらいホール 小ホール

「悔悟節のための4つのモテット」プーランク作曲
混声合唱組曲「心象スケッチ」宮沢賢治作詞・高田三郎作曲
「テ・デウム」ハイドン作曲
ルミナスオリジナルステージ「にほんのうた〜クラシックとジャズがおりなす心の旅〜」

指揮;小久保大輔・杉村俊哉・青木聡
ピアノ;名取かほり・清水新・中谷友美

http://www1.odn.ne.jp/luminous/

入場1000円。2名までの招待券あります。


ページ: |< << 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb