[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
アンサンブルKATOO

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



1013.11月3日 女声練 アルト練習報告 返信  引用 
名前:aco    日付:2011/11/06(日) 08:10
この日ははじめに一時間弱パート練習をしたあとに、女声曲のあなたにサラダと青春の影を合わせました。

あなたにサラダ

全体的に、歌詞が日本語として不自然なイントネーションになっているところが多いので、話し言葉として自然に聞こえるように、心掛けてください。シンコペーションのリズムや不規則な3連符などでリズム優先になりがちなところが多いので、節ごとのパートでの掛け合いなど、もう一度しっかり確認しましょう。また後半部分の英語歌詞ですが、子音が全く聞こえてこないことと、和製英語の野菜の名前ということもあると思いますが、日本語読みになっているとこが気になりました。個々の単語だけでなく、句の中でのリエゾンなども気にして日本語歌詞の部分とはガラッと雰囲気が変わるように歌えたら良いと思います。また、104小節からのソプ、メゾに対してアルトが違う動きを見せるところは、効果的になるように練習したいです。

青春の影

これは冒頭部分がすごく難しい!!けど、千葉さんも仰ってましたが昨年から歌わせてもらっている坂部さんならではの響だなぁと思いました。ミヨシアクセントとクレッシェンドを効果的に使って、雰囲気を出したいです。11小節からは新しく始まる感じでテンポよく、アルトはtunのn〜で伸ばすようにしましょう。20小節最後に三パートが閉じるような感じで、他パートをよく聴いてください。27小節のアルトは、ここは本当にキターと、思い切り出してしまいたいところなんですが落ち着いて、わーいと手放しには喜べないような日陰の愛を知った感を出すのがポイントだそうです。38小節からはクレッシェンドが始まるのですが、「おんなになっていった〜」のクライマックスに向けて、各パートで厚みを出せるように、しっかり鳴らしましょう。それ以降特に下アルはすごく音程が低くて大変ですが、ベースになったつもりでしっかり支えてください。
各パートの掛け合いが大変キレイな曲なので、先ずはパート内の音をよく聴き合って、それから他パートもよく聴き、どのパートが今いちばん出すべきなのか、自分の音がどういう役割をしているのかということを考えていけたらこれから更に練習していけたらと思います。

998.10月16日練習報告 返信  引用 
名前:井上    日付:2011/10/19(水) 21:17
頑張って書いてたら文字数オーバーのエラーが出てしまったので2つに分けます、すみません(^^;)


先日の合宿はみなさんお疲れ様でした。
また、合宿の調整や準備をして下さった方、おいしいゴハンを作ってくれた方々、どうもありがとうございました。

合宿2日目、10月9日午前のソプラノ練習報告です。

参加人数:ソプ上4人、ソプ下5人
練習曲:浦島太郎

@(←本当は□枠ですがうまく入力できないので○枠にします…)1小節目
「むかし」は取り出すように歌う、「うらしまたろう」からはしっかりリズムを出す。(この後、全部各小節の前で言葉が始まる取り方がされているので、
リズムを意識するように)
tranquilamenteは「しずかに」といった意味。

@3小節目
たすけたるの「る」は歌いすぎず、「かめに」の「か」をはっきり歌う、「めに」の音が下がるところが流れないようにきちんと歌う。
前半はソプラノは特に音の跳躍が多いが、レガートの中で歌い、キャンキャンしてしまわないようにすること。また対比として、後半の乙姫の和歌のあたりでは
跳躍は全然ないので、前半で跳躍をよく出して、メリハリをつけるように。

@4小節目
「られて」はメロディがゆれるようにキレイに歌う。この言葉でもう浦島太郎が亀に竜宮城に連れられていく描写がされることとなる。
「りゅうぐうじょうと」は大きなフレーズのレガートとして歌う。

@8小節目
grandiosoは荘厳に、という意味。Adagioは程よくゆっくり。
9小節目でナチュラルが入り、♭が取れる。これは上の調に上げる転調のため、テンションをあげる感じで歌に出す。
「さて」がレガートがかかっているのに対し、「これ」がリズム感があるのでリズムをしっかり歌う。

Aの1小節前〜
「ひがしのとを」の「ひ」の入りは1、2、3と指揮を振るので4の裏拍で入る。
「ひがしのとをあけみるに」はレガートはついてないが、スラーでつなげること。リズム音符を適当にしないように、と。
言葉の句読点としては「ひがしのとをあけみるに、さきみだれ、やなぎのいとも、はるかぜに」という区切りを意識して歌う。

B1小節目〜
ナチュラルがあり、下に下がる転調、曲調としては落ち着く感じとなる。
「はるかぜに」の「に」の和音は、シはアルトのラとぶつかり、ドで落ち着き、レで広がるので、和音を意識する。
B2小節目〜
「いけのはちすは〜さざなみや」はソプラノとアルトでリズムを合わせる。
「つゆ」の高い音はしっかり準備して当てるように。
B5、6小節目
「すずしきさざなみや」はsとzで韻をふんでいるので、子音をしっかり。
「すずしき」の「ず」のソが跳べていないのでしっかり当てること。

C
再び♯があり転調している。
ここは男声と女声の輪唱になっており、男声の方に音の跳躍があるので、それがよく見えるように、重みのある感じで歌う。
「もみじして」はブツブツしないように、ベタッと歌う感じ。「よものこずえも」のところで作ったリズムで進むように。

D
「ふゆがれ、かれば」のところは掛詞、日本語遊びとなっていて、歌詞としても楽しいところになっている。
「におつる」の「に」で♯があり、ここでも転調。
「はつしもや」の「しもや」はきちんとレガート。また、ここまでで春夏秋冬のところがいったん終わるので、ここの切れ目に向かうよう、意識を調節していくこと。
ここでいきなり急ブレーキがかかるような風にはならないように。

E
♯が多くついており、上がる転調となる。テンションを上げるように、言葉やリズムを踏むように歌う。
1小節目の「かくて〜」はアルト発声で。
3小節目の「えいがに」ではテヌートに戻ること、全パートのリズムや「に」の跳躍を揃える。「ほこり」からは再びソプラノ発声になる。
5小節目の「ことども」の「ども」は「オオオ」とならないように、スラーをかけて歌う。また、横のラインが強いが速くなりすぎないように、とのこと。
6小節目の「あかしくらし〜」はきちんとリズムを意識する。
この、Eまでは日常生活とはかけ離れたものを表現、歌っている。



999.10月16日練習報告A
名前:井上    日付:2011/10/19(水) 21:18
続きです。

F
ここからは、埋められない空虚な感じ、ふるさとを思う気持ちを歌う→速くならないよう、急がないように。

G
乙姫の和歌、歌詞も五七五七七になっている。文章の区切り(。や、)はしゃべる時では間で表現する。区切りのところを間を取るように、意識する。
Fで表現した空虚感を埋めるように、優雅に歌う。また、Fでの転調が元に戻っている。
「ひかぞえて」の「ひ」、入りを大事に歌う。「ひかぞえて」は音が下がらないように、また「ぞえて」の部分で響きを上げる。
4小節目の「わかれ」からはアルトとオクターブ違いの音になる。

H
再び転調あり。
Gの「きてみん」からHの「これは〜」の歌詞の間で、キレイな感じから雰囲気が変わる。
3小節目の8分休符はきちんと取る。
「あけさせたもうな」=あけないで下さい、すなわち、現実の世界が詰まっている玉手箱を開けずに、どうかもう一度竜宮城に戻ってきてほしいという愛の思いを歌う。
「たもうな」のところは男声が音を当ててくるので、その和音を感じるように。

I
最初のハミングは響きを鳴らす。
ここは浦島の返歌で「わかった、同じ気持ちだよ。必ず帰ってくるよ。」という気持ちが歌われている。

J
4小節目のfpは出してすぐ引くように歌う。

K
1小節目の「じんせき」のリズムが不自然に感じられない程度に、ゆっくり歌うことになる。

LMNは以前のボイトレでのアドバイスを参考に。
Mは浦島が玉手箱を開けるシーンでバックとして乙姫の曲が流れていることになる。


全体における注意点として、フレーズ・言葉の句読点を意識して歌うように、とのこと。



浦島太郎は演奏時間が長い曲で、前半の音楽的に盛り上がりのあるところや、後半フレーズの長いところ・物語としてしっかり歌うところがあるので、
歌うところは歌う、抜くところは抜くといった感じで、各自疲れすぎないようペース配分を考えて歌うように、
また、箇所ごとに曲の雰囲気、キャラクターが異なるので頭を使って歌うように、とのことでした。

以上になります。何か訂正や補足があればお願いしますm(_ _)m


1011.Re: 10月16日練習報告
名前:しょうみ    日付:2011/11/05(土) 17:10
遅くなり、すみません。
アルト(上3、下4)
P4〜
むかし〜取り出すように裏拍で入る
P5
たすけたるかめに〜跳躍して終了するように
らーれーて…その前が細かく動くので、レガートで自然とmfになるよう
さて〜からはテンションが上がる
りゅうぐうじょう…はしっかり出す

2への入りは指揮を見て
音を切らずに当てつつ早くなる 言葉には句読点を打つように

3は収束するが広がっていく
いけのはちすは…テンポをソプラノに合わせて

4男女の対比に気をつけて、転調しているのでおちついている
よものこずえも〜動きを意識して楽しそうに
みーじーしーて〜レガートにベターっと平坦に歌う

5テンションが上がる
はつしも〜終わらせる

6音を当てる
えいがにほこり〜突っ走らず、リズムを大切に
かくておもしろき…下から声を出す

8たちわかれ…間や句読点を大切に

9雰囲気を変える
あけさせたもうな〜和音を感じて愛を歌う

13アルトの見せ場
漂うように

浦島は前半跳躍が多く、後半は長いフレーズが多いのでペース配分を考えて。
いずれもレガートで!ということでした。


以上、報告です。

1009.11月3日(木)女性練 ソプラノ練習報告 返信  引用 
名前:きつかわ    日付:2011/11/03(木) 21:34

参加者
上:3下:2

*青春の影*
4
♭ソの音が高くならないように。
8〜
ながい〜♪の高いとこは軽く!!余裕を持って!!低いとこは息をたっぴり使い、準備をする。(下に行けば行くほど、喉をゆるく)
11〜
ソプは歌い過ぎに注意。他のパートの音をよく聞くこと。
20
和音の動きを感じて閉じる。
28
「あい」は事情がある愛なので、切ない感じで。mpのとこは出し過ぎ注意※
37
たたずんで♪は音が落ちないように!
41
高音のところは抜けるように歌い、強くならないように。
42.43
モールス信号にならないように!!おんなに〜♪の「ん」を歌う。
45
パート内で音を揃える。

★隣の人とのピッチを合わせること。
★パートの音量はバランスを考えて出すこと。
(パートの人数が変わっても、自分の耳で聞いて調整できるように)
この2つに気を付けて歌いましょう!!


*あなたにサラダ*

22・23
<と>がソプラノとアルトについているのでよくきく。
25〜
節を感じて、軽すぎないように歌う♪
34〜
直線にならないで、だんだん小さくなる感じで強弱をつける。
43
みつけた♪の「M」は深く。
47
音が上がるにつれて大きく。
49
全体の縦をそろえ、Hをしっかり!!はなたばをたす♪の「たす」は少し出る。
52
〜ざんで♪でしっかり終わらせる。
55
wah♪はキレイに。
57.58
ソドミの跳躍は下の音は大きく!上の音は小さく!だんだんと軽くなるようにする。
60〜
主線になるので少しだけ喉を使い、カラオケチックに。普通に「ただいま〜」ってしゃべるように歌う(^O^)
73〜
シンコペーションを感じてリズムにのる。ここはもっと歌ってOK!!
101〜
Appleの「A」は頭の上から声を出す。
BやWに気を付け、もっと英語っぽく☆
105〜アルトの動きを聞く。そして、アルトが歌っていないところはしっかりつなぐ。
109
Appleの前のとこは今まで「ア」と歌っていましたが、ここはPlease〜の「se」が入るそうです!!
115
ffのところと最後のMははっきりと。

★この曲に合った歌い方をする。



1010.Re: 11月3日(木)女性練 ソプラノ練習報告
名前:きつかわ    日付:2011/11/03(木) 23:39
■練習内容
「青春の影」「あなたにサラダ」:パート練→合わせ練

今日は和やかな雰囲気で楽しく歌えました♪(かわいい二人のおかげですね(*^^*)二人ともありがとう☆

以上、補足・修正などありましたら、ご指摘の程よろしくお願いします。

1007.合宿2日目 思い出すために 返信  引用 
名前:なかやま    日付:2011/10/30(日) 02:05
大変遅くなり、申し訳ありません。
【思い出すために】ソプラノ練習報告です。

練習箇所:96小節〜


98小節:入りの休符をしっかり意識し、他パートと揃える。
     「忘れて」の「す」は付点の分もしっかり歌う。短くしない。
98〜100小節:徐々に音が上がる。1音ずつクレッシェンドを付けるような感じで。
         ただ、喉で歌いがちなのでしっかり支えを意識して歌うこと。1番高くなる「た」は息を出す!
100小節:クレッシェンドピアノ、「い」を言いきってから小さくする。
103小節〜:細かく音が刻まれるので、リズムを意識して歌う。
103小節:伸ばしていた音から、次の「お前」にしっかり繋げられるように準備する。
104小節:「わ」の位置を揃える(パート内、ソプとテナー)
      (108小節も同様)
110小節:下3声の「まとめて」を聞き、「みんな」が揃うように。
112小節:「いますぐ」の「ま」が下がり切れていない印象。パート内で音を合わせる。


以上です。補足がありましたら、よろしくお願いいたします**



1008.Re: 合宿2日目 思い出すために
名前:まゆ    日付:2011/11/03(木) 13:04
私も大変遅くなりました。すみません。

今年

82小節 ソプラノはメロディですが、アルトとベースの和音を聞きながら消さないように歌う。

90小節 「かけてゆくだろう」で一度収束して、「ことしも」からまたフレーズが始まることを意識して歌う。

94小節〜 「かぎり」「できぬ」など跳躍が続きますが、音はきちんとあがりつつ、和音を崩さない。飛び抜けて目立たないように。

102小節 全パート跳躍しますが、「そこに伝えたいことがある」と意識して歌う。着地で不安定にならないようしっかり支える。

114小節 コーラスとピアノが一緒になると音が解決する。他パートの音とピアノをしっかり聴く。


青春の影

1小節 メゾのメロディに合わせるように入る。

11小節 「とてもとても」のTを意識するなど、歌詞を語るように歌う。
また、アルトとメゾの和音が動くのを聞きながら歌う。

13小節 低い音なので、頭声から響きを変えて歌う。
15小節 アルトとメゾの和音に乗って歌う。

17小節 「ぼくの」の跳躍はしっかり準備してから入る。

19〜20小節 「しあわせ」「それこそが」など、ほしいところはしっかり歌う。

21小節 二分休符はちゃんと切る。

36小節 呼吸のタイミングをしっかり合わせて、他パートをよく聞きながら歌う。

39小節 クレッシェンドをしっかりかける。

40小節 「なみだ」は言葉を取り出すように歌い、「あずけて」に持っていく。
48小節 入りが曖昧になりがちなので、しっかり入る。

続きまだあるんですが、ここまででも補足・訂正等ありましたらよろしくお願いします。

1006.10/22の練習報告 返信  引用 
名前:サオ    日付:2011/10/24(月) 21:27
10/22は上4下2でしたかね?


@UbiCaritas

・1小節〜:歌う感じではなくメロディーが自然に流れる感じ。子音が短くならないよう。caritas急がない。
・9小節〜:主旋律みせる。ほかの3パートの1.2倍を意識する。
・16小節〜:ベースの作ったリズムにスムーズにのる。Sulのところはさらっと余裕でSをだす。
・17小節〜:もっと歌う。demurのところ高まって一山もっていく。timeaで句読点をうつようにほっとさせる。
・22小節〜:明るく進む感じ。和音で動くのでトップは下パートより出ない。vivumのvをだす。半終止で一度きる。二回目のtimeaは一回目より抑える。
・26小節〜:しっかりブレーキをかける。二回目のvivumで最後少し膨らませる。
・28小節:転調感じる。ベースと合わせ、内声より外声をだす。
・29小節:全パート同じく落ち着く。
・30小節〜:他パートは下がり調子だがソプラノはメロディがあがる。他パートのささえにのる。roでまた落ち着く。
・33小節〜:テナーがリズムを作る。上昇するところも歌いすぎない。
・40小節〜:ritをかける。祈りをこめる。
・42小節:全員で完結
・43小節:最後の三音が特にばらけるので注意。
・44小節:内声が動いているのでテンションをたもつこと。

A浦島太郎
 さらっと流しました。短くではなく長く区切って歌いました。

BDigamus Invicem
 一回合わせました。

テクマネがいらっしゃったので、練習後気になるところみてもらいました!ありがとうございます。
浦島太郎の「12」〜「15」、とくにハミングのところの確認をしていただきました。
来週やる、思い出すために、の77小節〜の音とメロディの確認をみんなでしました。

途中ぬけてしまったので、補足ありましたらお願いします。

1005.合宿1日目 練習報告 返信  引用 
名前:仁禮    日付:2011/10/23(日) 10:08
にれいです。
合宿1日目の練習報告、遅くなってしまい大変申し訳ありません。

ご確認の程、宜しくお願いいたします。


参加人数 ソプ上4人、ソプ下4人

練習曲 Digamus Invicem、O Magnum Mysterium


T、Digamus Invicem

・64小節 ミの音をしっかりのばす。(すぐに消えてしまいがち)

・74小節 「Deusin〜」は、全体の和音をよく聴き、所々で音色が変わっている様子(調が上がったり下がったりと揺れている様子)を感じながら歌う。

・127小節 「Carisssimi〜」下3声が揺れている上で、ソプラノだけはキラキラと舞うように歌う。

・130小節 ソプ上の「diligamus」は無理につくらない。方向性のあるメロディーなので、下の音を感じてのっかるだけでよい。(しかし、お腹をのばし、支えはつくる)

・138小節 「Caritas」は、声がカスカスになりがち。ここは女声だけで歌うので、お腹を使ってしっかりならすこと。

・140小節 「Deo」は、ブツブツ切らない。

・141小節 「est」の「t」はわかるようにはっきりと!

・143小節 ソプ上の「Deo」は、速くなりすぎず、ゆったりと歌う。

・146小節 「gamus」はのどを使わず、首の後ろを通って頭のてっぺんで音がなるイメージ。音が遠くへ伸びるように。また、前後のバランスを考え、そこだけ力で歌おうとしないこと。

・147小節 「diligamus」は、空虚感があり、緊張が緩む和音ということをよく感じる。

・150小節 「invicem」は解決に向うイメージを持つ。

・168小節 レの音からソとシの音に分かれて高く跳躍する部分ですが、ここはどうしても跳躍に時間がかかるので焦らないこと。のびのびと、遠くまで細く長く響くように歌う。

・177小節 立ち上がりをしっかり。

・185小節 最後の音は落ちないように注意。


U、O Magnum Mysterium

・1小節 立ち上がりは急に音を出すのではなく、息を流しながら入る。

・2小節 「num mys」の「s」は次の「terium〜」に向うようにはっきりと歌う。

・3小節 「te」を伸ばすところは、浅くなりがちです。頭の上で心地よく響くように。

・4小節 「rium」を歌い終えた後のわずかな間で、次の音の跳躍に向けて準備する。

・6小節 「num」でしっかり着地することを意識する。

・11小節 「ra〜」のソの音は、流れるだけで、動かさない。動かすと全体が異質な音になってしまう。また、この時はアルトの音をよく聴く。

※O Magnum Mysteriumに関しては、最初に一度合わせたあと時間があまりなかったので、ご指導していただいた箇所は以上です。

定演まで3ヶ月を切りました。
音取りは出来てきたので、今後は徐々に暗譜をしていきましょう♪

以上、補足や訂正等ありましたら宜しくお願いいたします。

1004.演奏会情報 part.87 返信  引用 
名前:too    日付:2011/10/23(日) 07:45
横浜混声合唱団 三三七拍子合唱コンサート(1)
〜"ありがとう"から 新しい"出発"(たびだち)〜

2011年11月20日(日) 14:00開演
関内ホール

特別出演・やなせたかし
指揮;吉田孝古麿 ピアノ;須江太郎・岩谷尚幸
友情出演:中屋博之(ドラム)・小林悦巳(フルート) ご案内;廣瀬瑛子

やなせたかし+吉田孝古麿
二人の作品展「詩・曲77作品集」より

祝婚歌アルバム
歌声のアベニュー
パフォーマンス曲集
メルヘン曲のアンソロジー

チケット2000円(自由定員制)
2名までの入場券あります。

1003.演奏会情報 part.86 返信  引用 
名前:too    日付:2011/10/23(日) 07:38
上大岡混声合唱団 第45回定期演奏会

2011年11月26日(土) 17:00開演
鎌倉芸術館大ホール(大船駅徒歩10分)

S.ドブロゴス:ミサ
小林秀雄:落葉松
木下牧子:夢みたものは 他

指揮;中村皇 ピアノ;押川涼子
弦楽;エテルナ・アンサンブル

1002.合宿 第2部 練習報告 返信  引用 
名前:たなか    日付:2011/10/22(土) 10:17
【アルト練習日誌】
参加者 上4名 下3名(くらいだったと思われる)

<Diligamus Invicemのアルトのポイント>
・69〜74小節 小さなcresc.とdecresc.を感じて波をつけて歌う。
・83小節 その前まではpだったが、ここから歌い始めてmfへ持って行く。動くリズムにしっかり音をあてること。
・4ページの部分では何回も転調していく。曲の感じが変わっていくのを感じながら歌う。
・106小節 アルトから入るところ、入り始めをしっかりと。
・115〜118小節 pからmfにしっかり持って行く。
・129〜136小節 アルトはリズムに乗って楽しそうに歌うこと。声を出す。134小節でクレシェンドかけましょう。
・138小節〜 アルトがベースラインをとりますが、もっとゆったりと歌うこと(気合いが入り過ぎている)。ソプラノを支えるので、もっとソプラノを聞きながら歌う。142小節〜クレシェンドしっかり。
・168小節 「O,」のカンマで気持ち切る。
・P7〜P8 歌う部分と抑える部分を明確に!
・168小節〜 アルトは音が上がったり下がったりして難しいが、チェンジはかけずにアルト発声のまま歌う。テナーやベースの支えがあるので安心して。
・175小節 「est」の入りを揺れないでしっかりと入れるように。

合宿お疲れ様でした〜
2日間で存分に歌うことができてうれしかったです。
人数もたくさん集まって、有意義な練習になったと思います。
問題点もわかったので、今後の練習に活かしましょうね。
 

1000.合宿終了と演奏会の予告 返信  引用 
名前:てば    日付:2011/10/19(水) 21:20
合宿お疲れ様でした。
写真でみると、たくさん参加していたのだなぁと思いました。
遠近法なのかもしれないですが、記憶していた以上に人がいるようにみえますね。

さて、トップページにも書いてありますが、
今年も、そろそろ演奏会が見えてきたころと思います。

今回の演奏会のテーマはズバリ「愛」です。
震災を体験した後だからこそ、日常に溢れている、ありふれた「愛」がとても輝いて感じられると思います。
そして、震災が辛かったのも、愛があったからだと思います。

今年は、大変な年であったかと思いますが、聴きに来てもらって、ちょっとほっとするような、ちょっと暖かな気持になれるような、そして、また終わった痕に次に向かって頑張っていけるような、演奏会を企画しています。

団員のみんなは、合宿で話した演奏会への想いをそれぞれ育てていってもらって、音楽に向き合って行ってください。最後までEKTの物語を作って行きましょう。

応援してくださる方々は、是非、周りの方とお誘い合わせの上でお越しいただければと思います。



1001.Re: 合宿終了と演奏会の予告
名前:てば    日付:2011/10/19(水) 21:24

キリ番踏んでる。
タッチの時間差で


ページ: |< << 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb