[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
アンサンブルKATOO

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



1041.2月11日の練習報告 返信  引用 
名前:なかがわ(な)    日付:2012/02/17(金) 00:08
お疲れ様です。
ベースの練習報告です。

参加者 : バリ3人 ベース3人 見学者1人

「Diligamus Invicem」をやりました。

【練習の流れ】
発声練習後、主に後半を重点的に練習、また、終盤の合わせではヘボンホールのスペースを活用し、隣の人との感覚を2メートル以上あけて歌いました。(自分の声がよくわかる練習でした。)

・歌詞の意味を確認しました。

・暗譜が出来てないゆえに恐る恐る入っているのが課題。ゆえに次回練習までに暗譜が宿題となりました。

【その他】
・67〜68小節にかけてのdiminuendoは、66〜68にかけてスラーがあるため弱くするのは少し後ろのほうで。

・75小節
ベースがオクターブ下を歌うためバリは大きすぎず。

・83小節
ベースの四分音符は他パートと違う動き。前に進む圧力をかける。

以上、簡潔に記載させていただきます。
補足・修正などありましたらお願い致します。



1043.Re: 2月11日の練習報告
名前:にょん    日付:2012/02/18(土) 00:15
ソプラノ練習報告です!
参加者:トップ4人 セカンド1人

大まかな流れはベースさんの練習報告の通りです!
暗譜もそうですが、歌詞の意味をよく理解して、気持ちをこめて歌いましょう♪楽譜の最後のページに英訳があるので、確認しましょう。

それと、ソプラノの要注意ポイントは音が下降するところです。
急いでしまう傾向があります。たとえば、5ページ目1段目5,6小節目。
音が上がるときは高い音を目指して滞空時間を多くとるイメージ。
そこから下がるときはゆっくり1音1音大切にして歌いましょう。

ついでに、12日には臨時練をして、一人ひとりの歌い方指導をしていただきました!ソプラノは身体作りが大切です!
歌うときは姿勢・表情、いろいろなところに神経を張り巡らせて歌いましょう。あ、でも緊張して怖い顔にはならないように。(笑)
まずは笑顔で楽しく♪

1040.演奏会情報 part.90 返信  引用 
名前:too    日付:2012/02/16(木) 08:46
アルトの田中さんが、新しく入った合唱団でオペラに出ることになったとのことで、公演のお知らせです。

オペラ劇場あらかわバイロイト TIAAオペラ第52回公演
G.プッチーニ作曲 「修道女アンジェーリカ」&「ジャンニ・スキッキ」
原語上演・日本語字幕付き

2012年2月28日(火)、2月29日(水)、3月 1日(木) いずれも19:00開演
会場:サンパール荒川大ホール

--
プッチーニの「三部作」と呼ばれる中の「修道女アンジェリカ」と「ジャンニ・スキッキ」を一緒にやります。合唱団以外は、オケもオペラ歌手もプロの人たちです。

アンジェリカでは、合唱団(女性)はちゃんと修道女の役がついていて、出番も多いし
衣装もあります。結構大変ですが、おもしろいです。

もしよければ、見にきてください。
2/28(火)〜3/1(木)の3日間、サンパール荒川の大ホールです。

詳細はこちら↓

http://www.tiaa-jp.com/tiaa_opera/Angelica2012/index.html

--
ということですので、興味のある人はぜひ。

1039.2月4日の練習報告 返信  引用 
名前:おおば    日付:2012/02/05(日) 00:04
アルトの練習報告です。
参加者:5人(上1人、下4人)

練習曲はDiligamus Invicemです。
本日は44小節目〜92小節目までを重点的にやりました。

全体的に発音は口を縦に開く。母音がつぶれた音にしないこと。

・「Carissimi〜」は頭の子音「k」をはっきりと
・46小節目:「dikigamus」は「diliga」は盛り上げ、「mus」は響きにおさめる。
・48小説目:「invicem」は「vi」を響かせリズミカルに。
・52小節目:55小説目の「Deo」まで一気にいく。「Deo」が山場になるように。
      Deoは神という意味なのでとても大切な単語。
・67小説目:「quam」のmは響きにする。そして「si diligamus〜」で新たに入ってくる感じで。
・74小節目:「Deus」の入りは上品に。また音が上がる際、一緒に膨らまない。mpのままで。
      イメージは神を前にして息を呑む感じ。
・78小節目:「net」と「et」のレの音は少しアピール。
・82小節目:「jus」のウ母音は丸い「o」で。どんどん潰れていかないように。
      また、「s」をきちんと付ける。
・低い音を優しく出すにはお腹を使う。アルトは子供に語りかけるお母さんのように。

本日の宿題
・「Carissimi」のCaに全て印を付ける。
・「Deo」「Deum」「Deus」に全て印を付ける。

初めての練習報告はこんな感じです。
補足、訂正ありましたらお願いいたします。

1038.1月28日の練習報告 返信  引用 
名前:にれい    日付:2012/01/30(月) 23:06
参加人数:上3人、下3人、見学者(ソプラノ)2人

練習曲:
Diligamus Invicem

・115小節目 「Carissimi〜」は、ベースの音をよく聴きながら歌うことを忘れないようにしましょうとのご指導をうけました。

・117小節目 riの伸ばしながら「シラシ」の音を変歌う部分は、感情に少し山を作るようなイメージで歌う。

・118小節目 「diri」で一度抑え目にし、「gamus〜」から盛り上げていく。

・121小節目 ソプラノトップの「invicem」は一音一音縦に音をとるのでなく、横に一直線で歌う。

・162小節目 「quo」はきちんと子音を立てて入る。

・164小節目 「De」の「e」は、べチャッとしがちなので、必ず口の形を縦にして「エ」を歌います。(イメージとしては、「ア」の口の形から「エ」に持っていくような感じ)

・167小節目〜 とても高い音なので、全身、特に背中と下っ腹を使って歌う。そのためには、ひざを曲げて背筋を伸ばし、中腰の姿勢で歌うとよいそうです。

今日はケベックに向けての初めての練習でしたね。今日は特に基本的な発声の仕方とDili〜の中盤から後半にかけてのご指導を多くしていただきました。
今週の練習を生かして、来週はもっとうまく歌えたらいいなと私個人的には思っています♪

練習報告に関しての補足や訂正等ございましたら宜しくお願い致します。

1037.12月24日の練習報告 返信  引用 
名前:にれい    日付:2011/12/29(木) 00:39
参加人数:上4人、下3人

練習曲:O Magnum Mysterium、あなたにサラダ


T、O Magnum Mysterium(ポイント)

・終始、ベースの音をよく聴きながら歌いましょう。

・何度も同じような歌詞を繰り返しますが、ただいつも同じように歌うのではだめです。繰り返していくなかで、少し大人になって戻ってくる、そしてまた新しいところに進んでいくといったイメージが大切であるとおっしゃっていました。

・遠くに飛ばした音は伸ばしっぱなしではなく、しっかりとゴールに戻す。(解決させる)

・一つ一つの音を歌っている感じ(ex.地面を飛んだり跳ねたりするマリオ)ですと、全体のまとまりが見えてきません。ふわんふわんとある一線を飛んでいる(ex.マントをつけてふわふわと飛ぶマリオ)ように歌うとよいそうです。


U、あなたにサラダ

振り付けに変更点があります。

<変更点>
・71小節目 アルトから順番に「Ah〜」といいながら右手を挙げる振り付け→なしになりました。
間違えて手を挙げないように注意してくださいね。

・88小節目〜 間奏部分は、野菜を持っている人たちがエコバックから野菜を出します。(ここまではゲネプロでやった動作と一緒です。)この後、おばさんに変装した団長が野菜を横取りしていくシーンがありましたが、この演出は無しになりました。
 ですので、間奏が始まったら野菜担当の人はエコバックから野菜を出したら、そのまま(手に持ったまま)リズムをとります。間奏が終わって歌いだしてからも、野菜はずっともったままです。(→最後まで持ちながら歌う)

・115小節目 最後の部分。野菜を持っている人たちは「Mayonnaise,Please!」で自由な方向に野菜を上げることになりました。(野菜をもたない人たちはゲネプロの時と同じで、前列・後列で合わせて同じ向きに手を挙げます。)

以上です。今年も練習お疲れ様でした。
定演はもう目の前です。
最高のステージとなるよう、最善を尽くしましょう。

1036.Trinity 11th Concert 返信  引用 
名前:Trinity    日付:2011/12/27(火) 16:22
< 当団HPへのコンサートのご案内ありがとうございました。
  私たちも1月にコンサートがあります。
  お互いにがんばりましょう。ご案内させてください♪ >


Trinity 11th Concert

2012年 1月15日(日)
横浜みなとみらいホール 小ホール
18時30分 開場  19時 開演
チケット 1500円

合唱:Trinity
指揮:平井 保

【プログラム】
委嘱作品
信長 貴富 曲  山村 暮鳥 詩
 無伴奏女声合唱曲集
 「種子はさへづる」 初演 他

お問合:trinity1999_12@hotmail.com
みなさん、ぜひご来場ください♪
宜しくお願い致します。

http://music.geocities.jp/w_w_trinity1999/

1027.11・27練習報告 返信  引用 
名前:やにぃ    日付:2011/12/06(火) 14:35
大変遅くなりました。

アルトの練習報告です。
参加人数:上1人 下2人 (1名代指揮)

★Diligamus Invicem
ボイトレでした。全体的に、音に振り回されてうわずっていかないように常に意識しながら、言葉に聞こえるようアクセントの位置などについて指導していただきました。

特に、女声は最初から「Diliga-mus・・・」と、激しく高低に音が振られます。
跳躍が多いですが、高い音ではなく低い音を基点にしましょう。
高い音に気をとられすぎると、重心がどんどん上に上がってきて自分の首を絞めることになります。
のどは常にリラックスして下げて!
最初の上下に音が激しく振れる旋律は、一つ下のパートを歌うつもりな勢いで、低い音を意識しましょう。上下の縦揺れではなく、どちらかというと横揺れのイメージで。
また、伸ばす音はバイオリンのようにしなやかに!ハミングでも練習しましょう。
14小節から15小節にかけてのクレッシェンドはもう少し意識して、16小節の「invicem」は、こみ上げるようにもっと歌ってよい。「vi」にアクセント。

この後も度々アクセントの位置や、強弱記号のピークの持って行き方を言われました。(流すのに気をとられて、強弱やアクセントが殆どなかったので。)
ピーク部分は、「強く」というより「長く」音を歌うように。

以下、細かい指示を受けた部分です。

26小節の「Cari−・・・」の入りの和音そろえて。

58小節の「invicem」はもう少し軽く、「in」とか聞こえないくらい。

66小節の音の高低の跳躍は飾りなのでもっとしっかり入れる。

68小節の「si」の入りは、もっと新しく入るイメージで。

74小節の女声の入りは、さらに気持ちが1つランクアップするイメージで。

100小節の「quoniam」の入りはもっとひそひそ話し。奥の響で。

最後、175小節の「est-」も同様。のどをしっかり下げて、後ろに響かせてそっと入る。


補足訂正、宜しくお願い致します。



1035.Re: 11・27練習報告
名前:まゆ    日付:2011/12/18(日) 15:02
すみません。大変遅くなりました・・・。
ソプラノの練習報告です。

参加者:8人(上5、下3)
ボイトレでDligamus Invicem を見ていただきました。

・1小節〜 掛け合いの部分はフレーズをひとかたまりに捉える。
音の上がり下がりが忙しい部分だけれど、
その細かい動きにとらわれない。音の横のつながりを意識して歌う。
・15小節〜 クレッシェンドを機械的にかけない。音の流れを意識して歌う。
アルトとの掛け合いを意識する。
・16〜17小節 リズムを6/8拍子のように、3拍・3拍で音を捉える。音が上がるところから膨らませるようなイメージで歌う。
・26小節〜 言葉のアクセントのラインが出てくるように歌う。アクセントは「強く」ではなく「長く」を意識して歌う。
・35〜36小節 クレッシェンド・デクレッシェンドをきちんとかけて、37小節のpは可愛らしく。
・46小節〜 バイオリンを弾くイメージで歌う。
・58小節 「in」の入りがつまりがちなので、ベースからの流れで自然に入るようにする。
・68小節 新しい流れが始まるところ、シンコペーションを改めて感じる。
・82小節〜 デクレッシェンドをしっかりかけてp、そこから87小節のmfまで持って行くが、ここのmfはfのつもりで。
・93小節 キーンとした声にならないよう、息を深く使う。声帯を緩める。
・97小節 直前までfだが、すぐp。
・119小節 息が浅くならないように。深く呼吸をとり、大きな弓でバイオリンを響かせるように歌う。
・156小節 デクレッシェンドからp
・169小節 「Deo」の「o」は言い直すように歌い、だんだんと大きくなるイメージで歌う。最後が1番大きくなるように。174小節で一旦収束。

全体を通して指摘されたのは息の使い方でした。
バイオリンを弾くようなイメージで、と。
体を使って長く響かせることができるように、
支えを意識して歌うことが大事かなと思います。
以上です。補足・訂正などありましたらお願いいたします。

1034.12月17日(土)ソプラノ練習報告 返信  引用 
名前:inoue    日付:2011/12/18(日) 14:50
ソプラノ井上です。
12月17日(土)の練習報告です。(ピアノ練習)

18:00〜18:30 発声練習
佐野さんに見ていただきました。
いくつかの注意事項としては、
・全体(あるいはパート内)で音がバラバラにならないよう、周りの音を聞くこと
・普通に会話をする声の出し方と違い、喉や声帯を鳴らすのではなく、息を上の方(頭の方)で共鳴させる感じで
・姿勢を歌う体勢に整え、喉元に力が入りすぎないように

18:30〜19:00 自主練習
ソプラノは、各自練習したいところをピアノやキーボードを適宜用いて練習しました。(主に今年、思い出すために、あなたにサラダなど)

19:00〜19:20
女声どうしであなたにサラダの振り付けの確認

19:20〜20:00過ぎ ピアノ練習
★ぶどう摘み
・全体として、前の人に歌いかけるようなイメージで、気持ちを歌うように。
・クレッシェンドなど強弱はきちんと、またメロディーが流れるように歌う。
・6ページ最後の小節の「だれのために〜」のソプラノのソロは、「だ」が浅くならないよう、直前の四分休符から始まっていると意識し、ゆったりと息を吸う。ここは、フレーズ・曲のメロディーが2回目で、聞く側の人が安心感が増すように。
・また、同箇所の「だれの」の「の」が浅い音にならないように、喉元に力が入らないようにする。喉を下に下げる感じで、深く鳴らす。
・8ページ最後の小節のソプラノの「だれのために〜」も、「だ」が浅くならないように、響きを上から出すように。
・また同箇所、ソプラノの入りがバラけないように、カチッと入るように。このフレーズは特にせつなく歌う。
・ラストから3小節目、「つむのつむの」の音は和音解決に向かっているところなので、特に「む」と「の」の音はしっかり欲しいところ。テナーを聞いて歌うと歌いやすいです。

★今年
・34小節目の「すうがくしゃはしょさいに」はリズムが揺れる感じで歌う。
・41小節目からのメロディーは風が吹いて流れるように、揺れを感じて歌う。
・45小節目の「ちいさなものを」(クレッシェンド)はリズムを感じて進むように。また、「じぶんをこえて」のあたりはメロディーのうねりがある。
・54小節目から(あるいは全体に)、ひとつひとつの言葉をフレーズとして意識し、リズムや単語の中のアクセントをきちんとつける。
・57小節目の「ささやかなしあわせが」は直前の八分休符から準備、「しあわせが」の「が」がきちんと聞こえるように歌う。
・60小節目からは「むすめは」など言葉をしっかり出す。また、他パートとのズレがあり、メロディーが流れる中でのリズムを意識する。
・62小節目からの「ごはんのおいしい〜」のソプラノのソロはきれいに流れるように歌う。
・66小節目からは表情を変えるように、「しかし」の最初の「し」をしっかり掴んで歌う。響かすようにし、高音でキンキンしないように。
・「ほんのすこし」の「ん」が深く響くように。
・68小節目の「ことしは」以降は、ソプラノvs他3声(&伴奏)になりますが、70(71)小節目、最後の「ことしは」は全体になります。そこは揃えるように。
・104小節目の「いきてゆくかぎり」の「かぎり」は膨らますように。でないと106小節目のデクレッシェンドがしぼんでしまいます。106小節目の音は充分伸ばして、その先で静かになるように。
・111小節目からの「いきてゆくかぎり」の「か」や「ぎ」は縦を揃えるように、また、「ぎ」は指揮の振りを待ってから出すと微妙にぎこちなくなってしまうので、ある程度待たないでなめらかに出すこと。

20:00過ぎ〜21:00 あなたにサラダ演出練習
千葉さんや男声の方々にも見ていただきました。
女声全体で確認や変更を行いましたが、練習後、さらに設定を詰めたり変更点もあったため、ここでの記述は割愛します。
おそらく本日18日の練習で再度変更点等の確認が行われると思います。

以上です。何か訂正や補足があればお願いします。

1033.演奏会情報 part.89 返信  引用 
名前:too    日付:2011/12/15(木) 21:54
横浜市立大学混声合唱団 第44回定期演奏会

2011年12月17日(土) 開演14:00
神奈川県民ホール・小ホール(みなとみらい線・日本大通り駅徒歩6分)

1st stage: Cristobal de Morales: "Ave Maria Gratia Plena", "Salve Regina"
2nd stage: Javier Busto: "Ave Maria", "Ave verum corpus"
3rd stage; シアターピース:合唱でたどる「ニッポン・歌の花籠」

指揮;藤井宏樹、中山涼太
ピアノ;五味貴秋

※直前になってしまいました。行ける人は、ぜひ行ってみてください。

1032.12月11日(日)練習報告 返信  引用 
名前:にょん    日付:2011/12/14(水) 03:19
遅くなってしまいすみません!
12/11の練習報告です。

この日は3ステの暗譜練と、女声は『あなたにサラダ』の演出練をしました。『今年』と『思い出すために』がなかなか大変な状態でした(汗)
ここでは『あなたにサラダ』の演出を中心に書きます。
言葉だけでは説明しにくいので、詳細は練習に参加した人に見せてもらってください(>_<)
17日の練習でまた再確認するので、練習にでていない人も出た人も一通り確認お願いします!

--ここから--

青春の影のあと、katooさんが出てくるので、それをきっかけにひな壇裏のエプロンと野菜入りバスケットをとってくる。エプロンはその場であわてて着る。
このとき、大げさにあわてている演技を。
≪野菜の割り振り≫
ソプラノ:枝豆、ねぎ
メゾ:レタス、ピーマン、マヨネーズ
アルト:トマト、にんじん、玉ねぎ
※マヨネーズは中央になる人

整列。

A〜
1拍目は左、3拍目は右、というように揺れる。揺れるとき、ひざも少し曲げる。
バスケットの野菜をもっている人以外は、手は下ろして指先は身体につける。

B『サラダの大好きなあの人に』
人の『ひ』で両手を合わせて顔の左に(揺れながら)

C〜
Aと同様に揺れ続ける

E〜
揺れストップ

F〜
『みつけた〜』からまた揺れ始める。

G『もうすぐあなたが帰ってくる』〜
・全パート揺れるのはとめて、各パートソロのところで以下のポーズ。そして『愛を〜』を歌いだすまでキープ。
メゾ:胸の前で両手を合わせて待ってるポーズ?
ソプラノ:投げキッス※詳細は実演してもらってください。。
アルト:両腕を下に広げて特性のポーズ?

・『愛をたっぷりそそいでシェイク』
たっぷりの『た』で胸の前でハートを作る。
『そそいで』左に揺れる。
『揺れる』右に揺れる。
このとき手はハートのまま

I〜
Gから止まらず揺れ続ける。
『Please』を歌ったところで揺れは止まる。
『Ah〜Ah〜Ah〜』で、アルト、メゾ、ソプの順に右手を斜めに上げる。手のひらは上で。
8分休符で手は下ろす。

J〜
それまでの揺れよりちょっと大きめに揺れる。
ひざをちょっと大きく曲げる。

K『神様今日も幸せありがとう』
『神様』から揺れを止めて、『ありがとう』あたりから両手をゆっくり胸の前にもってきて、ありがとうの『う』でお祈りのポーズ。

Lの一小節前〜
間奏にはいったところで手は下ろして、また左から揺れだす。

N〜
野菜を持っている人は以下の順で一小節ごとに野菜をバスケットから取り出してポーズ。
野菜を持っている人の周辺の人も野菜に合わせてポーズ。
 N1小節目:トマト
  2小節目:レタス
  3小節目:枝豆
  4小節目:にんじん
 O1小節目:ねぎ
  2小節目:ピーマン
  3小節目:玉ねぎ
  4小節目:マヨネーズ

P〜
歌っているところでポーズをだんだんやめていく。パート別でやめていく。
休符フェルマータのところはストップモーション
Tomato Apple Green pepper: アルトがポーズ解除
Lettuce Water cress Tune: メゾがポーズ解除
Bean and Onion with: ソプがポーズ解除

『Ah〜Ah〜Ah〜』で両腕を前に出す。
『Please』の手前で少し手を引いて、『Please』でもう一度両腕を前へ。

曲が終わったら手を下ろす。

--ここまで--


以上です。
演出はなかなか大変です。
暗譜と一緒に演出の練習も各自お願いいたします。
また、演出は状況次第で変わる可能性があります。(いろいろ削る方向で)

宜しくお願いいたします。

1031.(untitled) 返信  引用 
名前:せき☆ぐち    日付:2011/12/11(日) 20:37
日にちの訂正12/10です

1030.11/10(土曜) 練習報告 返信  引用 
名前:せき☆ぐち    日付:2011/12/11(日) 20:36

後半1時間からの参加でしたので詳しく書けなくて申し訳ないです
。上2名 下4名 Diligamus Invicem&結婚式で歌う曲の練習
指揮者不在 パートに別れて暗譜に勤めました 最後は全体で合わせて個々の感想を言うという流れでした。
Diliはリズムを意識して横揺れのイメージで歌う、テンポが速くかつ休符の入りの歌いだし本当に暗譜で歌えるのか心配になってきました(汗)
自分が感じたことはパート内での声を合わせていけたらいいなと思います。 ゲネプロまで暗譜頑張りましょうね〜♪

1029.レーベンフロイデ合唱団 第12回コンサートのご案内 返信  引用 
名前:レーベンフロイデ合唱団    日付:2011/12/09(金) 23:59
突然の書き込みにて失礼致します。
神奈川県海老名市を中心に活動しております、レーベンフロイデ合唱団と申します。
この度第12回定期演奏会を下記の通り開催する運びとなりましたので、この場をお借りして
ご案内させていただきます。皆様お誘いあわせの上、是非お越し下さいませ。

          −記−
♪ レーベンフロイデ合唱団 第12回コンサート ♪

◆日時:2012年1月28日(土)  開場:17:30 開演:18:00

◆会場:海老名市文化会館 小ホール
(JR相模線・小田急線・相鉄線「海老名」駅下車 徒歩5分 TEL 046-232-3231)
 http://www.ebican.jp/

◆指 揮 :乾 健太郎
 ピアノ:花光典子・児山卓史

◆曲 目 :レーベン愛唱歌集 怪獣のバラード・わが里程標・初心のうた・手紙・河口
     混声合唱のための童謡メドレー『いつの日か』(源田俊一郎 編)
     混声合唱による美空ひばり作品集『川の流れのように』 (信長貴富 編)
     混声合唱曲集『地平線のかなたへ』(木下牧子)

◆入場料:1000円 全席自由 (高校生以下無料)
(チケット取扱い 海老名市文化会館 046-232-3231)
 ※託児サービスがありますので事前にお問合せ下さい TEL 046-233-4727(佐藤)

◆ホームページURL:http://leben.ebi-chor.com/
 より多くの皆様のご来場を、団員一同 心よりお待ち申し上げております。

http://leben.ebi-chor.com/


ページ: |< << 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb