[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
「現代社会と心理学」授業関連掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!



76.古畑任三郎「しゃべりすぎた男」  
名前:玉井真理子    日付:2003/07/10(木) 23:55
今日7月10日の授業で見たビデオ:古畑任三郎「しゃべりすぎた男」に関してですが、「畑任三郎の研究」(同文書院)によれば、シリーズの中で、最も罪が重いのは、明石家さんま(役名:小清水弁護士)ではないかと言われています。つきあっていた女性を別な女性と結婚するために邪魔になったからというだけで殴り殺すというのは、情状酌量の余地はないようです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4810373320/qid=1057848428/sr=1-8/ref=sr_1_2_8/250-7603062-7911453

75.試験の時に学生証  
名前:玉井真理子    日付:2003/07/10(木) 16:23
17日の試験の時に学生証を忘れないでください。忘れたから試験が受けられないということはありませんが、忘れずに持ってきて、机の上に提示してください。

74.アンケート調査協力依頼  
名前:玉井真理子    日付:2003/07/09(水) 18:47
明日、医療短大(現在の医学部保健学科)の卒業研究のために、性に関するアンケート調査に協力して欲しいとのことで、卒業研究のメンバーが授業の終わる頃に来て、みなさんに直接話しをするそうです。5コマ目がない人で、協力しても良いという人は、協力してあげてください。

73.携帯でも見られる「錯視」のサイト  
名前:玉井真理子    日付:2003/07/09(水) 18:42
明日10日の授業のテーマは、予告していた通り「錯視」です。携帯でも見られるサイトがありましたので、ご紹介します。
http://www.nobi.or.jp/i/illusion/index.html

72.7月7日5時レポート締めきり  
名前:玉井真理子    日付:2003/07/07(月) 13:53
「錯視」のレポートは今日7月7日の5時が締めきりです。まだ出していない人はいませんよね?

> 7月10日(木)の授業のテーマは「錯視(さくし)」です。ウェブ上にたいへんよい
> 教材がありますので、必ず見ておいてください。そこで「見えの不思議」を体験した
> 感想をまとめて、提出していただきます。提出は、6月30日(月)の9時から7月7日(
> 月)の5時までです。提出場所は、共通教育の窓口脇のレポート提出ボックスです。
> 長さは、A4で1枚。表紙はつけないで下さい。
> ■錯視の会→錯視図形展示館→名古屋錯視研究会の部屋
> の、「ボタンを使って付加図形をだしたり消したりして,付加図形の効果を確かめて
> ください」のところに、16種の錯視図形があります。すべての図形で、「見えの不
> 思議」を体験してみてください。
> http://humanities.lit.nagoya-u.ac.jp/~illusion/

http://humanities.lit.nagoya-u.ac.jp/~illusion/

71.試験7月17日  
名前:玉井真理子    日付:2003/07/07(月) 13:48
以前から言っているように試験は7月17日(木)です。今までに配ったプリントを読んでおけばできる、激しく簡単な問題なので、間違ってもらっては困るというような内容の試験です。今のところ追試の予定はありませんが、全体の出来具合を見てから考え直すかもしれません。

また、教室をふたつにわけますので、掲示板(この掲示板ではなく通常の掲示板)をよく確認しておいてください。遅刻しても試験時間の延長はしません。

70.TVドラマ「古畑任三郎」  
名前:玉井真理子    日付:2003/06/29(日) 10:42
7月10日の授業では、TVドラマ「古畑任三郎」のビデオシリーズ第5巻の、明石屋さんまが登場する「しゃべりすぎた男」を見(観?)ようと思っています。ただ、ちょっと迷っているのは、これはTVドラマで、有名タレントが出演していればその人が犯人と相場が決まっており(今回は、明石屋さんま)、しかも、ドラマの冒頭に殺人シーンがあって視聴者には早々と犯人がわかってしまうというつくりのドラマとは言え、ミステリー、すなわち謎解きものなので、今までのように最初と最後だけを見るというのは、いかがなものかということです。

そこで、もし、授業で見る前に全部通して見たいという人がいれば、貸し出します。ビデオデッキがない人には玉井研究室で見ていただけるように配慮します。希望者は申し出てください。希望者がかち合った場合は譲り合ってもらうことになりますので、早めにお申し出下さい。

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/3750/aiwokataru/furuhata.html

69.インターセックス  
名前:玉井真理子    日付:2003/06/28(土) 21:35
【質問】女の子には赤いランドセル、男の子には黒いランドセル、半陰陽(インターセックス)の子供には?
【答え】
子供に好きな色のランドセルを選ばせればよい。

これは、半陰陽の子ども達とその家族のセルフヘルプグループPESFISのトップページにある問答です。男でもない、女でもない、インターセックスという「第三の性」があると、授業のときには説明しましたが、当事者たちは、「第三の性」ではなく、「性のグラデーション」という言い方をしていました。たしかに、「第三」というのは、「第一」「第二」に次ぐ「第三」という感じになるので、よくないかもしれません。反省(^^;)

こんなテレビ番組もあります。
6月30日(月)夜9:00〜9:54(54分)日本テレビ系
スーパーテレビ「男ときどき女 高校教師25年間の秘密」
普段は男性教師、週末は宮崎留美子という女性に変身。性同一障害に理解が
あるタイへ、24時間女性モードで旅に出て…。

http://home3.highway.ne.jp/~pesfis/

68.遅刻  
名前:玉井真理子    日付:2003/06/28(土) 19:44
携帯電話の件同様、授業の最初の頃に伝えてあると思いますが、10分以上の遅刻は欠席扱いになりますので、ご注意下さい。忘れてしまっている人も多いようですので、もう一度申し上げます。7月12日の講演会も、前回同様込み合うことが予想されますので、5分前までには着席していてください。6/14は鍵が開かないというトラブルがあったために開場そのものが遅くなり迷惑をおかけしましたが、今度はそういうことはないと思いますので、時間通りにはじめられるよう、ご協力ほどよろしくお願いいたします。

67.本「スティグマの社会学〜烙印を押されたアイデンティティ」  
名前:玉井真理子    日付:2003/06/28(土) 19:35
『スティグマの社会学〜烙印を押されたアイデンティティ』
アービン・ゴフマン著 石黒毅訳 せりか書房 定価2060円

<以下、抜粋です>
差別がいけないのは当たり前。おそらく、誰でもそう思います。

でも実際は、残念ながらそれがなくなったわけではありません。人種、民族、女性、同性愛者、障害者、職業差別・・・。差別と認識されないけれども、差別的扱いをされる、ということもあります(たとえば容姿)。

差別が悪いことなのはわかっているのにそれがなくならない。どうしてなんでしょう。この本はそんな問いに答えるために書かれたものだと思います。

ただし、この本は「差別は悪いこと」とか「人の道に反する」とか、そういった道徳的な言い方をしているものではありません。学問として、社会学として、「いかにして差別が起こるのか」という問いを客観的に分析しています。

http://jaoki.infoseek.livedoor.com/sss1_003.htm


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb