[ 携帯用URL ]
竜魂の集う場所

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



8613.落合解説。記憶にある範囲で。 返信  引用 
名前:タンブリン    日付:2018/06/19(火) 20:38
・福田。
(低目のボールの変化球に手を出すことに触れて)
ゾーンの高低を決めて、「低目は振らない」という割り切りが必要。
どっちを追っかけてもロクな事にならない。

・鈴木博
このボールの速さがあるなら 高目のストレートは打者が一番嫌がる球なんだから、
アウトローを要求して 抜けたりシュート回転してインハイに来るなら
それはそれで良い。
その状態の“今の鈴木”を有効に使わないと。
低めに投げられない時に無理に低めに投げさせてもダメ。
一シーズンベストなはず無いんだから。
ただし、変化球が抜けて高目に行くのは直さないとダメ。

・田島
いつもツーアウトまでは取るんだけど その後に苦労する。早くベンチに帰りたくなるのかな?
一回指に引っ掛けたボール(アウトローにボールになる球)を投げてしまうと、
それが続いたり、それを意識して今度は逆に抜けたりして定まらなくなるね。
今日は大量リードしてるからいいけど、これが一点差だったりすると ベンチで見てると不安になる。

・ベンチの采配、、
野球に正解は一つじゃない。
正しいやり方をしても ダメな結果が出る時もあるけど、それは確率の問題。
シーズン通してやってみて初めて解る事。

・「勝利の方程式」とマスコミは言うけど、私は「勝負の方程式」だと思ってる。
(これをやれば勝てる と言うものではなく ここからが勝負だ、、の意味のようでした)

・6点8点勝ってても逆転された経験があるんだから、どんなにリードしてても
丁寧に攻撃をしないといけない。
(終盤大量リードした場面でバントぜずに簡単に打たせたことについて)
私は試合が終るまで 勝った と思った事は一度も無い。

・投手起用で私が決めたのは、川崎健次郎の時だけ。

・今の時点で 順位も勝率も関係ない。大事なのは、負け数。
「一シーズンに何回負けられるか?」「優勝ラインは何敗まで許される?」
を考える。
今シーズンの広島を見てると 優勝を狙うなら○○敗くらいは負けられる(数値は念失しました、ゴメン)と思う。
そう考えると、今日の一勝は大きい。、
「どの試合が“負けても良い試合"で、どの試合は"勝たないといけない試合"か?を考え無いとダメ。」

・負ける時はあっさり負ければいい。競り合って たくさん投手を使って負けるのはダメ。



8614.Re: 落合解説。記憶にある範囲で。
名前:しも    日付:2018/06/19(火) 22:18
おー、聞きたかったんで助かります。
ありがとうございます。

>福田

私ゃ球種かと思ってたんやけど、なるほどコースですか…。
高めに目をつけてたら、変化球でも打てるもんね。

>鈴木博

球質を揃えられない以上に、変化球でストライクが取れないのが致命的やね。
それでストレートを狙い打ちされてます。
しっかり指にかかったストレートなら打たれんかも知れまへんが、そういうボールが少ないため変化球の弱さをカバーできない。

>正しいやり方をしても ダメな結果が出る時もあるけど、それは確率の問題。
>・6点8点勝ってても逆転された経験があるんだから、どんなにリードしてても丁寧に攻撃をしないといけない。

終盤の詰めであるとか、守勢へのスイッチ時期とか、現首脳陣にはセンスのなさをあちこちで感じますわ。
ベンチの中のセオリーがあるなら、それを通すのもええけど、それが客観的に確率が高く見えないのが問題なのよね。

>・負ける時はあっさり負ければいい。競り合って たくさん投手を使って負けるのはダメ。

競り合って負けるか、大差で負けるか、さすがにそればっかりでは困るなぁ…(苦笑)。


8615.Re: 落合解説。記憶にある範囲で。
名前:タンブリン    日付:2018/06/20(水) 04:21
ここ「CBC宮根アナ、落合博満のスペシャル解説にタジタジ「聞いてて草が生える。」
https://matomame.jp/user/yonepo665/87bd38afad44d145f96b に、
幾らかの落合解説の断片が残ってました。

見つけました〜(^^♪ ユーチューブで。
中日ドラゴンズ 2018年6月17日
https://www.youtube.com/watch?v=NMNjka55N4w
40分以上あるけど。。削除されるかもしれないのでお早めに。

「アルモンテの企業秘密」のシーンもあります。(^^♪
多分、彼の右打席には、落合には解るけど他球団からまだバレて無い欠点が
あるんでしょうね。。

「なんで借金作ってるの?」ってのは、現首脳陣への苦言ですよね?

鈴木博の投球への解説もありました。打者立場で投手を観てますよね。


個人的に響いたのは、
「出して良いフォアボールと、出していけない良いフォアボール」
のくだりです。
今のドラゴンズで、それを頭で理解した上で実践できるのは、
松坂投手だけです。

頭で理解してるけど実践出来てないのは、吉見 大野 クラスですね。

そして、それを頭ですら理解してない投手の筆頭は、鈴木翔太ですね。
・・あと、小笠原慎之介、柳 も まだこの段階の投手です。

落合が言ってる様に「逆もまた真なり。」で、
投手目線で言うと、、
鈴木翔太の制球が定まらないのは、彼が"切れ過ぎる球"を投げられるから"
、ですよ。


・・どうして、投手の長所を潰すような指導をするかなぁ。と思います。

小笠原慎之介にしても、カーブやチェンジアップを使った投球、とか、
若いのに結果を求めすぎだと思う。


あと、藤嶋に関しては あえて苦言を言いましたが、、、
選手に取って必要なのは「心・技・体」で、並び順の 心 技 体 には意味があって、
"心" が、一番重要で養うのが最も難しい。

藤嶋には、もう "心" が備わってますからね。
だからこそ、早い段階で 彼を厳しい場面で投げさせて、
彼に不足してる 技・体(特に"技"の部分。"体"は自然に 今後三年以内でついてくると思う。)を
実感して欲しいのよ。
「 "心" が折れるほどの厳しい経験をなるべく若いうちにして欲しい」
と思ってます。


松坂への解説は、僕の考えと全く同じでした。

"腕の振り”は下半身の動きにより誘導されるものです。以前に投稿した様に、
「投手の腕は 振る のではなく、下半身の始動的動きにより "受動的に振られる"もの」
です。
それを主体的に 振ろう とすれば、力み になる。

肩・ヒジに不安がある段階では、それらをかばい 下半身主導の全力投球などしてない訳です、
下半身の筋力をフルに使えば、下半身が発生する強いエネルギーにより誘導される
肩・ヒジの動き・腕の振りが、それに耐えられるか解りませんから。

松坂の場合、三年の間 肩・ヒジに不安があったので下半身を使った投げ方をしてない訳です。

だから、キャンプ段階での松坂の投球を観ると、「上半身重視で、上半身をあおる様な投げ方。」
と 評されるのも当たり前のこと。

今の松坂は ふたたび下半身を使い始めた段階。。

日本人(を含むアジア人種)の筋力は 上半身より下半身の方が強いですから、
投手の腕のフリは、下半身主導で力を生み出してる。

腕を振る事に不安を感じなくなれば、投手は どんどん下半身の筋力を使える。
でも、松坂の場合、その「下半身の筋力」は、肩ヒジに不安があった三年間、
ほとんど使って無かった部位。

最初に ふくらはぎに来て、次にお尻の下に来て、今回は背中に来た。とても解り易い。
松坂の体の使い方が手に取るように解るわ。(^^♪
下から順番に来てるもん。

ピッチングは(おそらく打撃も)、
「下半身が生み出したエネルギーを ロスなく上半身に伝え、最終的に指先に伝えるか?」が
全て。



落合の解説は、来月もCBC系列で予定があるそうです。


8616.Re: 落合解説。記憶にある範囲で。
名前:しも    日付:2018/06/20(水) 21:38
聞きました〜
やっぱり面白いですなぁ。
もう一回、監督やって欲しいわ(絶対ないけど)。


>・・どうして、投手の長所を潰すような指導をするかなぁ。と思います。

それを一番言いたい。
鈴木翔太にしても小笠原にしても、長所を削るかたちで短所を埋めて、中途半端にまとめようとしてる気がしてなりまへん。
鈴木翔太なんか制球を気にしてステップを変えたら、制球が向上するどころかストレートの威力だけが落ちて、何のためのフォーム変更かという状況ですわ。
制球はどうでもええから、ストレートの威力を追求するべきやないのか。

その昔、小松辰雄氏がデビューする前、稲尾コーチは制球に対しては口を出さず、ひたすらストレートを磨いたと聞きます。
パ・リーグの選手たちも、その特徴を見ればその方向で育成されているのが分かります。
小笠原はメジャー志向みたいやけど、今の方向性なら無理やろね。
残念やけど。


>松坂

故障ばかりやから、そのうち大ケガして終わるんやないかと思ってましたが、そういうことなんですか。
回復途上のプロセスと考えれば、来期なんかはもっと凄い投球が見られるのかも知れまへんな。


8619.Re: 落合解説。記憶にある範囲で。
名前:タンブリン    日付:2018/06/21(木) 05:09
>鈴木翔太にしても小笠原にしても、長所を削るかたちで短所を埋めて、中途半端にまとめようとしてる気がしてなりまへん。

負けが込んでるチームの指導者達が 陥り易い現象なんでしょうね。

「選手を育てるのが最優先。弱いチームを強くして、
次の指導者にバトンタッチするのが俺の役割。」と、言いながらも、
たまたま獲った外国人が、”当り” だと、欲が出るんでしょう。
森繁の外国人を見る目は、投手出身のくせに、打者を見る目も
正解ですからね。(^^♪

僕は、以前、しもさんが言ってた、
「松坂を使うよりも、若手投手にチャンスを与えるべき。それが今のドラゴンズ首脳陣がやるべきこと。」には、
基本的には、同意してますからね。

ぶっちゃけ言うと、、、
松坂を蹴り倒し 若い投手陣が表に出ないといけません。

松坂は、モチロン 素晴しい偉大な投手です。
だからこそ、それを蹴り倒して、他の投手が出てくれないと困る。。
それを出来たら、中日の投手陣は全員「松坂以上の投手の集まり。」と
なるわけです。 
せっかく、得がたいほど高い目標であり、壁になってるの投手がいるのだから。。
松坂を越えないと。。

来年の松坂は下半身をフルに使えるようになり、
上半身に頼り、上半身をあおって投げる必要もなくなり、
その結果として、制球力も球威も上がるでしょう。
そうなれば、本当の意味での フルパワーを発揮した"怪物”の復活ですわ。

>鈴木翔太なんか制球を気にしてステップを変えたら、制球が向上するどころかストレートの威力だけが落ちて、何のためのフォーム変更かという状況ですわ。

その、、
もっと酷い、間違った指導の失敗例は、阪神の藤波投手ですよね。

阪神入団一年目に、
「(コーチと相談して納得ずくで・・)その投げ方では、腰や背中に負担が掛かり故障に繋がる。」と、
クロスステップをスクエアに矯正しましたね。

小学校の4年生(10歳)くらいから投手を初めて、成長に伴う身体の変化(身長・手足の伸び)に対応し、
常に調整しながら(無意識でも意識しても)、常に自分の身体と相談しながら、
18歳で大阪桐蔭で甲子園で優勝投手になってる訳でしょ?

藤波の体型は、日本人離れしてますよね?背も高いし手足も細くて長い。

"細くて長い腕”って、見るからに筋力が足らないから、
身体全体が生み出す投球フォーム(主に背骨中心とした回転軸が生み出す回転力)に耐え切れずに、
遅れて出てくる。簡単な表現で表すと 「開く」です。

藤波の投球を観れば解るけど、彼は「背骨を中心軸とした回転軸が生み出す回転力」を使ってないですからね。
それを使うと腕が遅れてしまい開く と感覚的に解ってるからです。

つまり、普通のスクエアステップだと、藤波の体型では "開く”んです。
その「開き」を防ぐ為 閉じた状態のまま腕を使いたかったから、
藤波が18年間かけて作った投球フォームが、「クロスステップ」です。

「クロスステップ」は、腰や背中に負担が掛かる。それは間違っては無いけども、
藤波は、その投げ方を長年やってるから、それに対応する 腰・背中の筋力(対応力)も付いてるわけです。

藤波の「クロスステップ」は、彼の長い腕を制御し有効に使う方法だったのに、
なぜそれを変えたか? 阪神の馬鹿指導者ども。。と思いますね。


やっぱり、「野球には正解は一つじゃない。」と言うのはそう思います。
本人にとって 「しっくりくるやり方」が、その選手にとりベストなフォームで、
それをやってもプロで通用しなければ、引退するしかないんだと。
落合は、それが解ってからこそ 俺流 を貫き、
また、選手には フォーム指導をしなかったんでしょうね。


例えば 落合は「左肩(投手側の肩)は絶対動かしちゃいけない」と言ってますけど、 
https://www.youtube.com/watch?v=6oZllvH7GQI
掛布もイチローも思い切り 肩が入ってますからね。
掛布やイチローにとっては、それが一番"しっくりした打ち方"だった。ってことですよね?


8621.Re: 落合解説。記憶にある範囲で。
名前:しも    日付:2018/06/21(木) 20:49
>たまたま獲った外国人が、”当り” だと、欲が出るんでしょう。

そうなのかも知れまへんな。
間違いなく今季の新外国人は当たりですわ(ジーが働いてたら最高やった)。
しかし昨季とあんまり変わらんペースで負けてるのよねぇ。
それをよく考えてもらいたいわ。
長期の戦略も感じられず、毎度フルに戦力使って普通に負ける。
ええ加減にしてくれ。


>来年の松坂は下半身をフルに使えるようになり、上半身に頼り、上半身をあおって投げる必要もなくなり、その結果として、制球力も球威も上がるでしょう。

それがホンマなら、ドラで本物の怪物が投げるということになりますな。
それがホンマなら、それこそ若手どうこう言わず、心の底から楽しみですわ。
是非そうなってもらいたいね。
ワクワクしますわ!


>藤浪

あー、結局ステップいじったんですか。
周囲からワーワー言われてるのは知ってましたが、どうしたのかは気にしてまへんでしたわ。
それがあの不振の原因なら、本人も周囲もアホなことしましたな。
野茂は周囲の圧力が自分に好影響しないことを知ってましたから、最初からそれをシャットアウトしてましたな。
ホンマのプロはそうするんやけど、今の若い連中にそれは難しいんやろね。

…まぁ、私にとっては鈴木翔太のアホに、誰か言ってやって欲しいんやけど。
ストレートの質しか考えるなと。

8617.およよ 返信  引用 
名前:しも    日付:2018/06/20(水) 21:47
ドラゴンズ
 森監督から衝撃的な言葉が出た。
「7月に中日を去る選手が居る」
詳しくは今度の日曜サンデードラゴンズで。他にもドキッとするような発言があった。
CBCr ドラ魂ワ(若狭アナ)



8618.Re: およよ
名前:甲陽園    日付:2018/06/20(水) 23:28
え?

Rマルチネスに1票

次点で福谷


行き先はメジャーか辻監督のチーム


8620.Re: およよ
名前:しも    日付:2018/06/21(木) 20:20
WEB上ではジーって話が…
そう言われたらそうかも知れまへん(苦笑)。

8611.交流戦を通して観てて。 返信  引用 
名前:タンブリン    日付:2018/06/18(月) 08:36
たまにしか投稿できないので 長文ご容赦願います。(言いたい事があり過ぎて(自爆))

最初に言いたいのは、チーム的にはそれほど重要な事では無いのですけど、
"今の首脳陣の投手陣への尊重の無さ”が出た、伊藤準の扱いです。

サッポロドームでの第二戦に 伊藤準は急遽 札幌に移動させられました。
伊藤準は二軍に帯同し山口に居たわけです。その日の札幌のナイトゲームに間に合わせるために
伊藤は朝五時に起きて札幌に向かい、その日に投げて散々な結果を残し 即 二軍落ち。

二つ目は 鈴木博 と 祖父江 の使い方。
彼らを「調子が悪くなった。」と評するか、「調子を悪くしてしまった。」と評するか、は、
雲泥の差。
その原因はどちらのあるのでしょうか?


三つ目は、ここでも取り上げられてる「笠原を下げて岩瀬への継投」です。

この継投策は、僕には「素人がプロのやってる事を上面だけ理解して真似してるだけ」
と感じました。
「良く目にするプロがやってる手法」をその意図も理解せず、ステレオタイプ的に、
形だけを真似てる素人の采配です。

つまり
「先発投手は7回を投げれば交代時期。または 100〜120球を投げれば交代。」
と言う刷り込みです。

えとね。。なぜ 先発投手を交代させてリリーフに繋ぐか?を理解してますか?

理由その一
・先発投手は百球を超えると、体力・精神ともに疲労し握力低下などから球威・制球とも定まらず、
他の投手に交代した方が 被弾・失点するリスクが軽減される。

理由その二
・先発投手は中六日で投げるため、過負荷の投球数を強いると次の先発試合でベストの
パフォーマンスを発揮できない。だから 100〜120球で交代させる。


疑問その一
・笠原って、中六日でローテしてる先発投手でしたっけ?

疑問その二
・笠原をリリーフしたベテラン左腕(岩瀬)は、笠原が120球投げた後で投げられる球威以上の
投球を出来る投手でしたか?

結論。
あの試合でのもっとも有効な采配は、「笠原をそのまま投げさせること」です。
例え先発投手が120球を超え、球威・制球とも落ちたとしても、それを超える投球を出来る
中継ぎ投手が居ないのならば、そのまま先発投手を続投させることです。
増してや、あの時点での笠原は無失点投球で、相手チームの打者の殆どはタイミングすら
取れてませんでしたから。。


あとね、
初回に大島が二塁打を打って ノーアウト二塁で京田にバント、とか。甲子園の決勝戦か?とか。

状況判断を二度も誤り ホーム突入させ。結果として憤死させた三塁コーチャー とか。

言いたい事は幾らでもある。

相手が菊地遊星だからと言って 高橋周平をスタメンからはずす???とか。
高橋を本気で育てる気があれば、日本の最高の左腕と対峙させるのが本当でしょ?
換わりに出たのが 荒木?堂上? ありえませんよ。。


藤島の処遇について。
怖い者知らずの勢いだけの若い投手は、その賞味期限は限られてる。
"ビギナーズラック”の続くうちに彼を戦力として有効活用するのも戦術的にはありえるけど。

彼はまだ一度たりとも、「藤島対策をした(本気の)プロの打線」と対峙したことは無く、
(今回の西武ライオンズ戦も、西武打者は”松坂対策”をしてて、藤島はノーマーク)
彼を先発に回しても「藤島対策をした(本気の)プロの打線」から玉砕されるのは明らか。

先発に回すより前に 中継ぎの厳しい場面で投げさせるべきで、
その厳しい短い回で打ち崩される様なら 先発にするのは論外で、
僕は まず 彼に 「短い回だから精一杯投げたのに打ち崩された経験」をして欲しい。
その過程を通過しないと、先発投手には成り得ない。

藤島は技術的にはまだ何も持たない投手で。
気合? 打者に向っていく姿勢? 単に 怖い者知らずなだけでしょ?と思う。
気合? や 打者に向っていく姿勢?で先発ローテの役割を果たせるはずもなく、
彼への評価はとても低くく、”今の彼”には期待してません。


又吉投手について。
サイドスローで150km近くを投げられる投手は、今の日本プロ球界には居ない。
又吉の扱いには ずっと疑問を持ってる。余りに評価が低すぎる。
そして、その首脳陣の評価を耳にした又吉は、その評価を意識する。

例えば、森繁和の
「又吉?先発で通用しないでしょ?左打者を抑えられるんですか?」だ。
(そもそも、森繁和は、又吉を中継ぎとして使いたいから、そういう発言で
又吉を誘導してるんだけど。)

又吉は、プレートの一塁側を踏み、そこから左打者のインコースにストレートを投げれば
普通に 左打者を抑えれるよ。サイドスローのストレートはナチュラルシュートするからね。
それを、左打者の内に入るスライダーと 外側に逃げるシュート で抑えようとするから
ダメなんだ。
「内に入るスライダー」はカットで逃げられるから恐く無いのよ。
(岩瀬のような高速スライダーなら話は別。)



8612.Re: 交流戦を通して観てて。
名前:しも    日付:2018/06/18(月) 20:43
>鈴木博と祖父江
祖父江は打たれたうちに入らんでしょう。
鈴木博は疲労が原因で打たれてるんやろか?
ホンマに凄い投球を見せたのは一回だけで、あとは割とフラフラしてる気がしてるんやけど。
ボールを揃えられんのが奴の欠点やと思ってるのよね。


>笠原
中四日の120球でしたんで、故障を避ける意味でスイッチはおかしくないと思ってましたが、少なくとも岩瀬へのリレーよりは百倍「アリ」でしょうな。


>藤嶋
奴がデビューした頃にも指摘しましたが、奴はこれから対戦二回りになってくると打たれるかも知れまへん。
現状の一番の武器は、タイミングの取りづらいフォームでしょうから。
しかし一軍でそこそこ通用するボールの威力と、制球力がありますんで、それほど簡単には打たれんというのが私の見立てです。
本気の相手チームと対戦するためには、責任あるポジションで起用する必要があるでしょうから、今の起用法だとなかなかご指摘のような展開にはならんのと違うかな。



一番問題なのは、京田の2番やろね。
相手チームにアウトをたくさん与えてるわけで、しかもそのアウトに意味がない。
守備を買って起用するなら、下位を打たせるしかありまへんで。

8607.祝初勝利 返信  引用 
名前:甲陽園    日付:2018/06/17(日) 17:17
藤嶋はある種持っているんですかね。ここで先発をようやくつかみ、勝利をモノに。
今後は先発として使ってくれるのかな。
西武ファンには全く面白くなかったと思いますが、
ドラゴンズファンにはいい試合でした。

それにしても平田の守備はいいですね。

車乗っているときにかすかに聞こえた落合氏の解説で、
やはりアルモンテは左のほうがいいね。企業秘密だから理由は言わない。
というのは面白かったです。



8608.Re: 祝初勝利
名前:しも    日付:2018/06/17(日) 19:47
企業秘密て何やねん(苦笑)。
落合解説どこでやってたんですか?
見たかったなぁ。

つーか、今のベンチをどう見てるのよ。
自分が作ったから悪くは言わんのでしょうけど。


8609.Re: 祝初勝利
名前:甲陽園    日付:2018/06/17(日) 20:57
CBC(1053)です。

あと、ネットにあるように、実況から大島はどう見てますか?と質問されて、
私にはわかりません。とか言ってました。

割と饒舌な印象でした。
この人とノムさんの解説は聞きたいですねー。



今日の藤嶋で今後のローテが気になりました。

火 山井→マルチネス→山井→
水 小笠原
木 吉見
金 笠原
土 ガルシア
日 藤嶋

元藤嶋枠に大野→柳

カード初戦はいい投手と使いたいですけどね。。

一方、左の小川はダメそうですね。。


8610.Re: 祝初勝利
名前:しも    日付:2018/06/17(日) 21:28
ローテーションは貴案に賛成やけどね。
松坂が離脱しそうなんで、藤嶋を入れんと回らんでしょう。
柳や鈴木翔太は時間がかかりそうですし。


しかし実際は藤嶋のところに大野雄でしょうな。
信頼度が違うんでしょう。
面白くありまへんが(苦笑)。

8604.昨日の負けが響いている? 返信  引用 
名前:甲陽園    日付:2018/06/16(土) 17:01
昨日まずい試合展開するから、西武の当たってなかった選手もすっかり調子戻したのでは?
ほんと、アホ。

そして、又吉、君は何しに一軍に来た?
フォアボール、フォアボール、フルカウントから満塁被弾
きっとブルペンで調子よかったけど、マウンドで悪かったんだよね?近藤コーチ。
二軍でしばらく調整した方がよい。

大島は今日は気が抜けている気がする。打球のお見合いも、タッチアップも。

この点差こそ、今の岩瀬が投げる展開か(苦笑)
大野が一軍にいれば、こういう試合から好投して戻っていく、
ということにできないのかな。元 藤嶋枠として。

工藤の枠もやっぱりもったいない。その枠、友永ではダメなの?



審判が心配です。。あの倒れ方は打球の影響があったのか。。



8605.Re: 昨日の負けが響いている?
名前:ichibanhoshi    日付:2018/06/16(土) 18:36
中日は戦力が本当にないのか、使い方が悪いだけじゃないかな。松坂さんの後で投げたいと言ってたガルシアも情けないけど、無理に変えてどうするのかなあ?
少なくとも、観ている側でもモチベーションが上がりません。
何とかしてよ。


8606.Re: 昨日の負けが響いている?
名前:しも    日付:2018/06/16(土) 22:40
梨田監督が辞めましたが、昨季はAクラスだったのよね。
明らかにベンチワークに問題を抱えてるドラが、昨季からずーっと沈み続けてるのに何もないというのは…。
絶対に森体制はシーズン終了まで何もないんでしょうなぁ。


ページ: |< << 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb