[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
質問掲示板 「喫茶イヌでも」
イヌでもわかるJavaScript講座
質問掲示板 「喫茶 イヌでも」

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



1435.IE11のバージョンでも表示可能な良策を教えて下さい 返信  引用 
名前:マヤ    日付:2016/04/09(土) 19:48
IE9の頃(2010年)に苦心して作製出来たHPが今や全く作動出来ません
HTML語部分は従来通りですが、Javascript語のprogramは無効の侭です
基本的知識も無く、古過ぎるのか?ExplorerバージョンUPしても何か
対抗策が有るのでは?と思い、HomePageを閉鎖するのが忍びなくて
質問させて頂きました。どうか宜しくお願い致します。2016.4.9.
http://members3.jcom.hone.ne.jp/m-yone/



1437.Re: IE11のバージョンでも表示可能な良策を教えて下さい
名前:自信ないけどこんなかんじ?    日付:2016/04/17(日) 12:27
IE11を表示した状態でF12を押してください。
IE11の下段に「F12開発者ツール」というものが出現すると思います。
その状態のIE11であなたのHPを表示してください。
F12開発者ツールのコンソールにどこが間違っているか書き出されます。
赤丸に×はエラー、三角にびっくりマークは警告です。
水色の行や列の数値の書かれて部分をクリックするとデバッガーに移動し問題のスクリプト部分が表示されます。
コンソールやデバッガーと書かれている段の右側に「Edge」と書かれた場所があります。
そこをクリックすると10や9といった数字がありそれはIEのバージョンです。
その数値をクリックして変えてみるとコンソールが書き換えられバージョンによってエラーや警告に違いがあり、なぜ動作しないのか何となくわかると思います。
詳しいF12開発者ツールの使い方は検索して調べてください。
javascriptではなく外部jsファイルの指定場所やタグが入子構造になっていない等HTMLの書き方に間違いが多いみたいです。
私も素人ですのでこれ以上のアドバイスする能力はありません。
後は独力で間違いを直して頑張ってみてください。

1434.IE11にも対応出来る良策を教えて下さい! 返信  引用 
名前:マヤ    日付:2016/04/09(土) 19:24
IE9の頃(2010年)苦心して作ったHPが今や全く作動しません。
html語部分は変わらず正常ですが、"javascripto"が総て駄目です、
Javaのprogramが古過ぎる為かとも思いますが、基本的な知識も無く、
Explorerがupしても何か「対抗策」が有るかと思えて質問する次第です
HomePageを閉鎖するのは忍びなく、一向に初歩の侭で泣いてしまいます
どうか宜しくお願い致します。
http://members3.jcom.hone.ne.jp/m-yone/

1425.経過年数の表示 返信  引用 
名前:りだ    日付:2016/03/07(月) 16:45
step19のようなスクリプトを利用して経過「年数」だけを表示させたいのですがどのようにすればよいのでしょうか?
まったくの初心者ですが、自身のバンドのホームページに結成年数を自動更新去るために使用してみたいとおもいました。

ご教授お願いいたします。
過去に同様の質問があった場合は申し訳ありません。見落としていたらご容赦願います。その場合は、そのレスに誘導して頂けると助かります。



1426.Re: 経過年数の表示
名前:通りすがり    日付:2016/03/16(水) 23:01
結成年数だけでしたら step48 で如何でしょう。
私はこれを使って表示しています。


1427.Re: 経過年数の表示
名前:自信ないけどこんなかんじ?    日付:2016/03/19(土) 18:39
経過年数の求め方はstep.3を参考にして現在の年(myYear)、月(myMonth)、日(myDate)を求める。
次にバンドの結成した日はyyyy年mm月dd日(yyyy、mm、ddは数字を入れてね。)、求める経過年数をYearsとする。
暫定の経過年数は
var Years = myYear - yyyy;
次に結成した年を0年目とカウントする場合は
if(myMonth < mm || myMonth == mm && myDate < dd) Years = Years - 1;
結成した年を1年目とカウントする場合は
if(myMonth > mm || myMonth == mm && myDate >= dd) Years = Years + 1;
多分どちらか一つを選べばOK?


1428.Re: 経過年数の表示
名前:りだ    日付:2016/03/21(月) 18:48
お二方、お返事ありがとうございます。
step48のどこをどう変えれば年数表示に変えられるのかが分からない状態です。ご教授願えればうれしいです。

どちらの方法とも試してみたいと思います。


1429.Re: 経過年数の表示
名前:通りすがり    日付:2016/03/25(金) 00:16
<font class="F-1" size="-1" color="red">
<script type="text/javascript">
function myCountUp(myYear,myMonth){
myNow = new Date();
myRunDate = new Date( myYear , myMonth-1 );
myMsec = myNow.getTime() - myRunDate.getTime();
myDayCount = Math.floor( myMsec / (1000*60*60*24*365) );
document.write( myDayCount + 1 ); // 指定月も1日と数える場合は1を足します(myDayCount+1)
}
//-->
</script>
取得したのが 1965年5月ですから、
<script type="text/javascript">
<!--
myCountUp( 1965,5,4 ) ;
// -->
</script>
年目になります。</i>
</font>

私はこんな感じです。私は全くの素人ですが何とかこれで動いています。
文法的に間違え、余計な部分も有るかもしれませんので、あくまでも参考程度に。


1430.Re: 経過年数の表示
名前:りだ    日付:2016/03/26(土) 18:15
>>1429
通りすがりさん、ありがとうございます!

参考にさせていただき、改変してみたところ思い通りに作動しました!ご丁寧にありがとうございました。


1431.Re: 経過年数の表示
名前:自信ないけどこんなかんじ?    日付:2016/03/29(火) 22:16
>>1429
うるう年を迎えた回数だけで経過年数の変更日が早くなってるようです。
myRunDateの日の引数省略と合わせて5月を待たず今年は4月18日で52年目に変わるみたいです。
関数を次のように書き換えることで毎年5月4日に経過年数を変更することができると思います(偉そうに書いてみえるかもしれませんが素人&未熟のためこの方法しか思いつきません。ごめんね)。参考になさってください。
function myCountUp(yyyy, mm, dd){//Step.3の変数名とかぶるので引数名をyyyy、mm、ddに変えました。
 myD = new Date();
//Step.3を参考にしてます。
 myYear = myD.getFullYear();


1432.Re: 経過年数の表示
名前:自信ないけどこんなかんじ?    日付:2016/03/29(火) 22:29
1431が途切れたので続きを書きます。一部重複してると思います。

function myCountUp(yyyy, mm, dd){//Step.3の変数名とかぶるので引数名をyyyy、mm、ddに変えました。
 myD = new Date(); //Step.3を参考にしてます。
 myYear = myD.getFullYear(); //Step.3を参考にしてます。
 myMonth = myD.getMonth() + 1; //Step.3を参考にしてます。
 myDate = myD.getDate(); //Step.3を参考にしてます。
 Years = myYear - yyyy;
 if(myMonth > mm || myMonth == mm && myDate >= dd) Years = Years + 1;
 document.write( Years );
}


1433.Re: 経過年数の表示
名前:通りすがり    日付:2016/04/02(土) 01:26
「自信ないけどこんなかんじ?」さん。有難う御座います。

1423.(untitled) 返信  引用 
名前:nanashi    日付:2016/01/18(月) 06:40
続き
  wordChange();
}

// -->
</SCRIPT>

<script type="text/javascript">
<!--

var n = 0;

function wordChange()
{
  var words = [ '鬼', '福' ,'蛇' ,'仏' ];
  var color = ["chocolate", "deeppink", "chocolate","deeppink"];
  document.getElementById('output').innerHTML = words[n];
  document.getElementById('output').style.color = color[n];

  n++;
  if (n > words.length - 1) n = 0;

  ret = setTimeout('wordChange();', 3000);  //ここでsetTimeoutの戻り値をretに格納
}



1424.Re: (untitled)
名前:nanashi    日付:2016/01/18(月) 06:44
1423は1422の続きでその続き
function blink1()
{
  if (document.all("blink_1").style.visibility == "visible")
  {
    document.all.blink_1.style.visibility = "hidden";
  }
  else
  {
    document.all.blink_1.style.visibility = "visible";
  };

}

//-->
</script>

</HEAD>


<BODY bgcolor="black" text="white">

  <p id='good_or_bad'></p>

  <br>
  <input type="button" id="omikujiButton" value="おみくじ" onClick="omikuji();">
  <br>
  <input type="button" value="リセット" onClick="reset();">

<script>
  reset();
  setInterval('blink1();', 1000);
</script>

</BODY>
</HTML>

自分の環境(firefox)では動かなかったので、自分なりに書き換えてみました。
動作確認してないので断定できませんが、不規則なのはおみくじボタン、リセットボタンを押すたびに新たに、blink1();やwordChange();が実行され、setTimeout('blink1();', 1000)やsetTimeout('wordChange();', 3000)が複数並行して動作してるからではないかと思います。
おみくじボタンを押すと<p>タグにはid='output'の<span>は無いようなのでclearTimeoutでsetTimeout('wordChange();', 3000)を停止させました。
id='blink_1'の<span>タグは常にあるようなのでsetIntervalで閉じるまでループさせてみました。
参考にならなかったらごめんね。長々と失礼しました。

1416.onloadが複数ある場合について 返信  引用 
名前:ネット・サーファー    日付:2016/01/02(土) 16:56
はじめまして。

javascriptで簡易おみくじを作りましたが、"文字の切り替え"と"
文字の点滅"の部分の速度が不規則です。
原因は、複数のonloadと,及び"大吉〜小凶"と点滅部分の"運"のIDが
同じだからと思いますが、それならばどのように書き換えればいいのか
分かりません。ご教示いただけませんか。


(ソースコード)

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0 Transitional//EN">
<HTML>
<HEAD>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">

<TITLE>おみくじ</TITLE>


<SCRIPT type="text/javascript">
<!--

var txt1="<span>&#x301C 今年は</span><span>"</span><span id='blink_1' style='color:deeppink; font-size:26px; font-weight:bold;'>大吉</span><span>"</span><span'>ですよ</span><span>♪♪♪ </span><span>&#x301C</span>";
var txt2="<span>&#x301C 今年は</span><span>"</span><span id='blink_1' style='color:deeppink; font-size:26px; font-weight:bold;'>中吉</span><span>"</span><span>ですよ</span><span>♪♪ </span><span>&#x301C</span>";
var txt3="<span>&#x301C 今年は</span><span>"</span><span id='blink_1' style='color:deeppink; font-size:26px; font-weight:bold;'>小吉</span><span>"</span><span>ですよ</span><span>♪ </span><span>&#x301C</span>";
var txt4="<span>&#x301C 今年は</span><span>"</span><span id='blink_1' style='color:chocolate; font-size:26px; font-weight:bold;'>大凶</span><span>"</span><span>ですよ</span><span>!!! </span><span>&#x301C</span>";
var txt5="<span>&#x301C 今年は</span><span>"</span><span id='blink_1' style='color:chocolate; font-size:26px; font-weight:bold;'>中凶</span><span>"</span><span>ですよ</span><span>!! </span><span>&#x301C</span>";
var txt6="<span>&#x301C 今年は</span><span>"</span><span id='blink_1' style='color:chocolate; font-size:26px; font-weight:bold;'>小凶</span><span>"</span><span>ですよ</span><span>! </span><span>&#x301C</span>";

function omikuji() {
document.getElementById("good_or_bad").innerHTML=txt;
rand = Math.floor(Math.random()*6);
if (rand == 0) document.getElementById("good_or_bad").innerHTML=txt1; blink1();
if (rand == 1) document.getElementById("good_or_bad").innerHTML=txt2; blink1();
if (rand == 2) document.getElementById("good_or_bad").innerHTML=txt3; blink1();
if (rand == 3) document.getElementById("good_or_bad").innerHTML=txt4; blink1();
if (rand == 4) document.getElementById("good_or_bad").innerHTML=txt5; blink1();
if (rand == 5) document.getElementById("good_or_bad").innerHTML=txt6; blink1();
}

var txt="<p id='good_or_bad'><span>&#x301C </span><span id='output'></span><span > が出るか…それは</span><span style='color:gold; font-size:26px; font-weight:bold;'>"</span><span id='blink_1' style='color:gold; font-size:26px; font-weight:bold;'> 運 </span><span style='color:gold; font-size:26px; font-weight:bold;'>"</span></span><span>次第です</span><span > &#x301C</span></p>";

function reset(){
document.getElementById("good_or_bad").innerHTML=txt;
wordChange();
blink1();
}

// -->
</SCRIPT>

<script type="text/javascript">
<!--

onload=function(){
blink1();
wordChange();
}

var n = 0;
function wordChange()
  {
var iv = 3000;
var words = [ '鬼', '福' ,'蛇' ,'仏' ];
var color = ["chocolate", "deeppink", "chocolate","deeppink"];
document.getElementById('output').innerHTML = words[n];
document.getElementById('output').style.color = color[n];
document.getElementById('output').style.fontSize =fontSize="26px";
document.getElementById('output').style.fontWeight ="bold";
n++;
if (n > words.length - 1) n = 0;
setTimeout(wordChange, iv);
  }

var iv = 1000;
function blink1()
{
if (document.all("blink_1").style.visibility == "visible")
{
document.all.blink_1.style.visibility = "hidden";
}
else
{
document.all.blink_1.style.visibility = "visible";
}
setTimeout("blink1()", iv);
}
//-->
</script>

</head>


<BODY bgcolor="black" text="white" onload="wordChange();blink1();">

<script type="text/javascript">
<!--
document.write("<p id='good_or_bad'>");
document.write("<span>&#x301C </span>");
document.write("<span id='output'></span>");
document.write("<span> が出るか…それは</span>");
document.write("<span style='color:gold; font-size:26px; font-weight:bold;'>"</span>");
document.write("<span id='blink_1' style='color:gold; font-size:26px; font-weight:bold;'> 運 </span>");
document.write("<span style='color:gold; font-size:26px; font-weight:bold;'>"</span>");
document.write("<span>次第です&#x301C</span>");
document.write("</p>");
//-->
</script>
<br>
<input type="button" id="omikujiButton" value="おみくじ" onClick="omikuji();">
<br>
<input type="button" value="リセット" onClick="reset();">


 </BODY>
</HTML>



1418.Re: onloadが複数ある場合について
名前:nanashi    日付:2016/01/12(火) 06:56
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0 Transitional//EN">
<HTML>
<HEAD>
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">

<TITLE>おみくじ</TITLE>

//文字の大きさと太さはスタイルシートで指定。何度も書かずに済みます。
<style type="text/css">
#blink_1{font-size:26px; font-weight:bold;}

#output{font-size:26px; font-weight:bold;}
</style>

<SCRIPT type="text/javascript">
<!--



1420.Re: onloadが複数ある場合について
名前:nanashi    日付:2016/01/18(月) 06:26
上手く投稿されなかったみたいで1418の続きを投稿してみます。

#output{font-size:26px; font-weight:bold;}
</style>

<SCRIPT type="text/javascript">
<!--

  var omikujiWords = ["大吉", "中吉", "小吉", "大凶", "中凶", "小凶"];
  var omikujiMarks = ["♪♪♪", "♪♪", "♪", "!!!", "!!", "!"];

  var ret;  //setTimeoutの戻り値を格納するための変数。

function omikuji(){


  clearTimeout(ret);  //setTimeout('wordChange();', 3000)を停止させます。


1421.Re: onloadが複数ある場合について
名前:nanashi    日付:2016/01/18(月) 06:30
長い投稿は無理なのかな?1420の続き
  clearTimeout(ret);  //setTimeout('wordChange();', 3000)を停止させます。

  rand = Math.floor(Math.random()*6);

  var color = (rand < 3) ? "deeppink": "chocolate";
  var resultTxt = "〜 今年は<span id='blink_1' style='color:" + color + ";'>" + omikujiWords[rand] + "</span>ですよ" + omikujiMarks[rand] + "〜";


  //alert(resultTxt);  //alertの前の//を外して保存実行すると<p>タグに挿入される文字列が確認できます。

  document.getElementById('good_or_bad').innerHTML = resultTxt;


1422.Re: onloadが複数ある場合について
名前:nanashi    日付:2016/01/18(月) 06:34
続き
  //alert(resultTxt);  //alertの前の//を外して保存実行すると<p>タグに挿入される文字列が確認できます。

  document.getElementById('good_or_bad').innerHTML = resultTxt;
}

function reset(){

  clearTimeout(ret);  //リセットボタンが連続で押されてもwordChange();の複数並行に実行されるのを防ぐためここでもsetTimeoutを停止。保険みたいなものです。

  //<p id='good_or_bad'>に挿入される初期値の文字列
  document.getElementById("good_or_bad").innerHTML= "〜 <span id='output'></span>が出るか…それは<span id='blink_1' style='color:gold;'> 運 </span>次第です〜";

1419.非同期処理という訳ではないが、functionの処理を途中で止めて、再開したい 返信  引用 
名前:新人SE    日付:2016/01/14(木) 18:02
はじめまして

現在作成しているホームページで、子画面をwindow.openして、子画面からの値を戻り値として親に返す、というjsを作成を依頼されました。
正直、ジェネレータとも目指す挙動が違いますし、検討すらついていない状態なので、こういった構文が使えるかも、といったヒントで構いませんので、ご教授ください。
以下、挙動です。

親.html
<script>
var hoge=foo();//ここのhogeに子画面からの返し値を返したい
</script>
<BUTTON onclick="hoge()">子画面呼出</BUTTON>

親.js
var foo=function(){

win.open

return hogehoge;//ここに子画面からの値が入っててほしい
}

子.js
<BUTTON>YES</BUTTON>
<BUTTON>NO</BUTTON>

ただ一言、無理と言っていただくだけでも参考になりますので、よろしくお願いします。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb