[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
冬虫仮装館談話室
【アイコン】
ちかごろのキノコ

三叉路の家

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



2879.(untitled)  
名前:赤ずきん    日付:2016/02/14(日) 20:26
アイコン失敗!
<IMG SRC="http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ignatius/icons3/akazukin.jpg">

2878.お久しぶりです  
名前:赤ずきん    日付:2016/02/14(日) 20:22
ignatiusさま

お忙しくされていらっしゃることと存じます。
青木画廊の個展でお目にかかれますのを楽しみにしています。
在廊の予定が決まったらお教えくださいね。
インフルエンザが流行っていますのでお大切に…。

http://<IMG SRC="http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ignatius/icons3/akazukin.jpg">

2877.大竹茂夫展  
名前:ignatius    日付:2016/02/08(月) 01:26

展覧会のお知らせです。

『大竹茂夫展』Shigeo Ootake Exhibition

2016. 2/20(土)〜 3/4(金) 2/28(日)のみ休廊
平日11:00〜19:00 日曜12:00〜18:00 最終日17:00迄

青木画廊
〒104-0061 東京都中央区銀座3-5-16島田ビル2F
TEL 03-3535-6858 FAX 03-3567-3944
http://www.aokigallery.jp

在廊予定などはもう少ししてから告知します。

2876.個展延期のお知らせ  
名前:ignatius    日付:2015/11/05(木) 00:58

告知!!
2015年12月に予定されておりました青木画廊(東京)での個展は2016年2月に延期になりました。
楽しみにされていた皆様には申し訳ありません。
より充実した内容で開催したいと思いますのでいましばらくお待ちください。

2874.物語の表現展  
名前:ignatius    日付:2015/10/13(火) 13:34

グループ展のお知らせです。

『物語の表現展』

《出品作家》

・市川伸彦・伊豫田晃一・大竹茂夫・鍋島正一・水野恵理

2015年10月23日(金)〜31日(土)
日曜、月曜休廊 13:00〜19:00

ギャラリー ベルンアート
〒530-0047
大阪市北区西天満4-2-4(美術ビル2F)
TEL06-6361-5507
http://gallery-bernart.sakura.ne.jp
E-mail bernart@kf6.so-net.ne.jp

私は6号以下の作品を5点、出品しています。
初日(10月23日)の13時過ぎと夕方16時半頃から会場にいる予定です。

2873.グループ展のお知らせです  
名前:ignatius    日付:2015/08/27(木) 14:34

展覧会のお知らせです。

『精筆の画家ミニアチュール10人展』

《出品作家》
市川伸彦・大竹茂夫・小野田維・小泉孝司・高松潤一郎
多賀新・建石修志・藤原舞子・堀内眞美子・山本じん(五十音順)

2015年9月5日(土)〜9月17日(木)ただし9月13日(日)は休廊
平日11:00〜19:00 日曜12:00〜18:00

青木画廊
〒104-0061 東京都中央区銀座3-5-16島田ビル2F
TEL. 03-3535-6858 FAX. 03-3567-3944
HP→http://www.aokigallery.jp

大竹は0号以下の作品4、5点ぐらいの出品です。
初日の午前中と夕方、6日の夕方に在廊の予定です。

2872.IFAA 幻想芸術展-東京2015  
名前:ignatius    日付:2015/05/01(金) 07:41

展覧会のお知らせです。

IFAA 幻想芸術展2015

2015年5月3日(日)〜5月9日(土) 11:00〜19:00 
*5月3日(日)15:00〜19:00 9日(土)11:00〜17:00

東京交通会館2Fギャラリー

〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1 
TEL 03-3212-2931(代) 03-3215-7962(直通)

主催 : 国際幻想芸術協会
International Fantastic Art Association
http://ifaa.cc
e-mail : info@ifaa.cc


私は6号と4号の作品2点を出品します。3日に搬入を兼ねて上京、途中どこかに出かけるかもしれませんが、だいたい会場にいる予定。4日も15:00〜17:00ぐらいは会場にいる予定。

2871.Re: 三叉路の家を見て  
名前:ignatius    日付:2014/12/20(土) 23:04


●mak uさん、先日は個展に来てくださり、ありがとうございます。
高速神戸から大倉山を通って実家に帰る時、確かによく似た感じだと思いました。
まあ、15号というかなり大きな絵なので、間違って購入すると大変です。またの機会によろしくお願いします。

2870.三叉路の家を見て  
名前:mak u    日付:2014/12/20(土) 15:00
ギャラリー島田」で実物を見た次の日、この扉絵を母に見せました。
母も馬場町の家と思ったようです。
でも、ヘンなものたちの説明を求められて、閉口しました。
どこかの片隅に、異形の片鱗が覗いているだけなら、間違って購入したのかもしれません。ヒエロニムスボッシュに繋がる全画面展開の幻想の方が分かりやすいと思ったのですが…。

2869.個展のお知らせ  
名前:ignatius    日付:2014/11/24(月) 11:21

今年も個展の季節になってきました。

大竹茂夫展「不安なきのこ狩り」

2014年12月13日(土)〜24日(水)
会期中無休 12:00〜19:00 (火曜日と12/18は18:00まで、最終日は17:00まで)
ギャラリー島田
〒650-0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F
TEL, FAX 078-262-8058
URL http://www.gallery-shimada.com/

土・日と最終日は作家終日在廊
(その他の日もほぼ在廊しますが、遅れて来たり、途中で抜け出したりすることもありますので、確実を期したい方は来られる時間を事前にお知らせください。)

●makoto uさん、今年は神戸での開催ですので、ぜひお越し下さい。
「三叉路の家」は旧作ですが、完成した状態では関西では展示していないので、今回の個展でも展示することにしました。

2868.京都の或る場所  
名前:makoto u    日付:2014/08/19(火) 07:08
神戸ではなく京都だったのですね。
談話室のトップが「三叉路の家」に替わっていて嬉しいです。
町並みが奥へ伸びているからか、見る人によってそれぞれ別の物語を読むことができるのでしょうね。二階のベランダの男の子なんか、昔々の私だと思って眺めているくらいです。
神戸で展示される機会があれば必ず見に行きます。

追記

そのどなたかのブログには、大竹君らしい男の人の後ろ姿があるだけでした。何という展覧会なのか確認して、写っている人はやっぱり大竹茂夫氏らしいと納得しただけなのです。三叉路の家に辿り着いたのは、それから何クリックを経なければなりません。不思議なことに、後ろ姿のブログは行方不明で、何度やっても戻ることができません。下半身が人魚のように細くなった女の子の絵がありました。

2867.『精筆の画家ミニアチュール9人展』  
名前:ignatius    日付:2014/08/18(月) 23:45

グループ展のお知らせです。

『精筆の画家ミニアチュール9人展』

《出品作家》
市川伸彦・大竹茂夫・小泉孝司・高松潤一郎・多賀新・建石修志・藤原舞子・堀内眞美子・山本じん(五十音順)

2014年8月30日(土)〜9月12日(金)ただし9月7日(日)は休廊
平日11:00〜19:00 日曜12:00〜18:00

青木画廊

〒104-0061 東京都中央区銀座3-5-16島田ビル2F
TEL. 03-3535-6858 FAX. 03-3567-3944
HP→http://www.aokigallery.jp

大竹は0号以下の作品5点ぐらいの出品です。
初日午前中と夕方に在廊の予定です。

2866.Re:三叉路の家  
名前:ignatius    日付:2014/08/18(月) 23:39

●makoto uさん、御無沙汰です。 
「三叉路の家」は2012年のIFAA展に出品した作品で、おそらくその時知り合いのブログにアップされたのでしょう。
この場所は京都の或る場所が元になっていますが、そういえば馬場町の辺りにも似たような地形があったかもしれません。
今年は12月に神戸で個展があります。
この作品は神戸では未発表なので、もしかしたら出品するかもしれません。

2865.三叉路の家  
名前:makoto u    日付:2014/08/16(土) 19:20
ご無沙汰しています。
偶然、「三叉路の家」と題された作品をネットの画像で見ました。
展覧会前の準備風景のようなスナップで、誰かのブログだったと思うのですが、何かの絵の前に立っている男の人の後ろ姿が、大竹君でした。(その時点では大竹君なのかどうかはは判らないのですが)
検索している内に「三叉路の家」に辿りつきました。
一目見て馬場町を想起しました。屋上の大きなアンテナの位置には異形のものがいますし…。
あの家はもともとは三叉路の家ではないのですが、震災の後、火事によって隣の市場がなくなり、駐車場となっているため、三叉路の家のようにも見えるなぁと思いました。
もちろん作品の家は、現実のものとは何ら関係がないのかもしれませんが、私には懐かしい家を目にしたような気分になりました。
少し前の絵で、もう実物を見ることはないだろうと思うと、とても残念です。

2864.ありがとうございます。  
名前:ignatius    日付:2014/07/03(木) 19:51

●ひろさん、ありがとうございます。こちらのほうはすっかり御無沙汰になっていました。
壁紙の変え方も忘れ気味です。あわてて変えました。
今日はいい雨で、これからが楽しみです。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb