[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





34133.石鉄山〜虎丸山 返信  引用 
名前:kazashi    日付:2021年01月07日(木) 08時44分
Original Size: 640 x 376, 159KB Original Size: 640 x 426, 42KB Original Size: 640 x 426, 119KB

エントツ山さん、明けましておめでとうございます。

正月休みの初登山は堂山に。最後の日はかねてから考えていた
『線で繋ぐ里山歩き』と題して、東讃の里山を歩きてきました。

昨年、前山ダムから本宮山まで繋がったので、石鉄山から虎丸山まで
繋いでみました。本来なら星越山から本宮山まで周回できればベストでしたが
途中で道迷いばかりで諦めました。
エントツ山さんのように石鎚山〜剣山とか阿讃縦走路とか色々と線で繋ぐ山歩き
がありますが、里山も、家に帰ってカシミールで歩いたトラックの跡が繋がって行くのを
見るのは楽しいです。
次は虎丸山から白鳥アルプスまでになりますが、この間が一番難しそうで
地形図を眺めながら頭を悩ませ、今からワクワクしています。
https://blog.goo.ne.jp/kazashi01/e/7f4661b4d9918fc4609c14a3eff76bc7



34134.Re: 老後は里山三昧じゃね
名前:エントツ山    日付:2021年01月07日(木) 22時01分
Original Size: 800 x 659, 165KB Original Size: 636 x 800, 99KB Original Size: 708 x 800, 164KB

クレーター五座       国分台旧遍路道        浄願寺山周回 


kazashi さん  今晩は   
今年も宜しくお願いします

東讃にも沢山の里山があるよねえ 志度の山もあるし、五名(ごみょう)辺りも面白い

国分寺では何たって蓮光寺山、国分台じゃね

歩くルートを繋いで行けば体中に巡らされた毛細血管の様に網の目状態になる 生きてるよ!!

但し、人間の脳細胞と言うか記憶細胞はアテにならん
だから「記録に残す事」が大事なんじゃねえ
確かに動画は臨場感が半端じゃないけど、じっくり資料として残すにはしっかりとした登山記や
それも地図が大事で、今日貼って貰った地図は少し小さすぎて歳より向きじゃ無いわ(ブログ中の地図も・・・)

サイズの制約があるけど地図は出来るだけ大きい方が分かり易い
字が読めんほど小さい地図だと読みばしてしまう

kazashi さんは色んなソフトを取り入れる事が出来るので、少し小さな地図をクリックすれば大きい地図にリンクする様にすれば良いと思う

土地勘の無い場所の記録を見る時に地図がなければイメージがトレース出来ない(泉保さんの本のタイトルや)

那智山の道迷いって、あの程度は里山歩きの必要経費や
途中でおかしいって気づいて引き返す事が大事で、もう引き返せない場所まで行ってしまうのが道迷いじゃよね

ついこの間までは地図に東経北緯の線を引いて、それにGPSの位置を合わせて確認をしていた
それがスマホ地図になって効率が良くなったよね

でも、kazashi さんが言う様にスマホにルートを取り込んで、道を外れたらブザーが鳴るって・・・ ゲーム感覚って言うの?

世の中便利が行き過ぎると必ず落とし穴がある
コロナもそんな人間の弱点をつかれている気がします

現役労働者は他人との接触は避けられん
男前の顔を隠すのは勿体ないけどマスク生活と手洗い励行で今年も乗り切って下さい

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-9g-kumonodaira-1st.html


34128.初詣登山 前山ダム〜女体山〜矢筈山〜大窪寺 返信  引用 
名前:ナッチー    日付:2021年01月05日(火) 19時25分
Original Size: 900 x 786, 163KB Original Size: 826 x 900, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB

エントツ山さん こんばんは

今日は初詣登山に、山と元気の会24名で行って来ました
バス定員は19名ですが役員がマイカー2台出しての山行でした

当初アイゼン持参となっておりましたので雪を期待しておりましたが
積雪がちらほらある程度でした

それでも女体山の直登等楽しいところもありました

本日のログ
女体山山頂
矢筈山山頂三角点

                 型落ちフェニックス



34129.Re: 初詣登山 前山ダム〜女体山〜矢筈山〜大窪寺
名前:ナッチー    日付:2021年01月05日(火) 19時32分
Original Size: 675 x 900, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 151KB

写真を追加させて下さい

女体山直登を楽しむ会員
大窪寺に着いて初詣する会員
下山すると会長がぜんざいを作って待ってくれていました

                 型落ちフェニックス



34132.Re: 初詣登山 前山ダム〜女体山〜矢筈山〜大窪寺
名前:エントツ山    日付:2021年01月05日(火) 21時59分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 165KB

今日の堂山は寂しかった   干支の山だよ「牛ノ背」 天狗塚で食べる予定のぜんざいは帰って作った 


ナッチーさん
型落ちフェニックスパパさん   今晩は

一昨日、「山と元気の会」の太田さんに天狗塚登山道でお世話になった
我々愛媛隊の為にトレースを付けてくれたわ

ほう! ログを見ると結構な距離歩いてるわ
こりゃ今頃ビールで乾杯して寝てる頃じゃろなあ

女体山と言えば、そこに三体の「女体山」がありますんにゃがな〜
わたしゃ3つとも征服したぞなもし

え? 下山口の大窪寺で会長がぜんざいのお接待をしてくれたとな!
私も愛媛の山仲間に天狗塚か牛ノ背で正月祝いでぜんざんを接待しようと思ってバーナーや鍋や水をザックに入れて運んだ

んがっ! 余りの強風でそれどころの騒ぎじゃ無かった
家に帰って翌日 ぜんざいを作ったわ
やっぱりぜんざいは山で食べんと胃にもたれる

昨日は天気が良かったせいか堂山の駐車場が車で一杯で留められず諦めた
今日は少し早めに出かけて304まで一人で歩いてきました

又、堂山トレーニングを今年も続けましょう

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-9g-kumonodaira-1st.html


34124.鉄塔桜井線 続き 返信  引用 
名前:ヘキチョウ    日付:2021年01月05日(火) 07時19分
Original Size: 453 x 640, 165KB Original Size: 311 x 640, 159KB Original Size: 640 x 480, 165KB

明けましておめでとうございます。
エントツ山さん 今年もよろしくお願いします。

昨年2月世田山からの鉄塔コースを、降りたとことから繋いでみました。


今回は△点長沢をget出来た。
そこから保線路でない羊歯の藪道を行くとT44に着く。
それ以外は、保線路を歩く。道は羊歯が刈られとても良かった。

青は前回のログ図です。
T49から鉄塔の分岐があり、今回はT50に行かず、JR桜井支線に進んでみた。

△点長沢からの羊歯の海に埋まって歩く



34125.Re: 鉄塔桜井線 続き
名前:ヘキチョウ    日付:2021年01月05日(火) 07時28分
Original Size: 640 x 480, 161KB Original Size: 480 x 640, 157KB Original Size: 640 x 480, 146KB

道路から見ると鉄塔のあるあたりはどうしようもない藪山にしかみえないのに、鉄塔を繋いで歩くと、色々なきれいな道がめぐらされて景色の良い散歩道になっています。しまなみ海道の橋もよく見えます。

淡路ヶ峠にも負けない遊歩道でしょう?

番外編 電波塔

鉄塔分岐点 T50以降は家の近くの変電所まで続いている 



34126.次の日は高縄寺〜北三方ヶ森
名前:ヘキチョウ    日付:2021年01月05日(火) 07時49分
Original Size: 640 x 277, 143KB Original Size: 480 x 640, 167KB Original Size: 640 x 480, 162KB

昨日も天気がよく、気温も高いということだったので、高縄山まで車で登り、そこから北三方ヶ森を往復しました。

気温が高いはずなのに、道はどこも凍りつき寒いのなんの、歩き始めても、最初は下り坂のため体が凍えたままで、登山道も薄暗くテンション15%くらいから上がりません。

△点宝坂を過ぎ北三方ヶ森へ1キロのあたりで、やっと自然林の明るい道になり、テンションが85%くらいになりました。


△点宝坂 テンション低く、ここで帰ろうかと思案している

反射板へ寄り道(前からあったかな?)展望もあります。


昨日エントツ山さんの天狗塚を拝見して、こんなことくらいで寒いなんてとてもじゃないけど言えないと反省しました。



34127.北三方ヶ森〜高縄寺
名前:ヘキチョウ    日付:2021年01月05日(火) 07時57分
Original Size: 640 x 480, 163KB Original Size: 640 x 480, 151KB Original Size: 640 x 480, 163KB

北三方ヶ森手前登山道から 北条の腰折山 惠良山がよく見える

帰路の高縄山手前の林道から 大規模な伐採作業をしていて木材運搬のための大型作業車が行き来していた。また、新たな作業道もどんどん出来ているようだ。

伐採地には新しい苗木を植えている。見晴らしが大層よくなっていて向かいの山がよく見える



34131.Re: 「繋ぐ」がキーワード
名前:エントツ山    日付:2021年01月05日(火) 21時41分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 600, 149KB Original Size: 900 x 600, 158KB

雪の並木道を行進する   覚悟が有れば寒く無い・・・って思いたい! やっぱり山頂に立たないとね


ヘキチョウさん
アトリエBBパパさん  今晩は

今年も宜しくお願い致します

鉄塔桜井線の北側を繋ぎましたか〜
帰りに今治へ車で出て行く時に鉄塔があり、この辺りから尾根伝いに行けるんだろうなぁって思った場所でした

鉄塔保線路は快適ですねえ
以前にも言った様に保線作業は全て電気代に入っており、その上業者に丸投げしてますから遠慮なく利用させて頂きましょう

でも、鉄塔保線路ってホンマ登山者の救世主みたいな存在ですわ
里山の尾根って手強い藪がありますが、近くに鉄塔があれば安心します

いつも不思議に思うのですが、4〜5日重いザックを担いで何とか歩けるのに、里山の犬返や堂山を歩くのが同じ様に「しんどい」のです
恐らく「覚悟」というもんがあって、例えば寒い雪山へ行くぞという心構えがあればいかに寒くてもそんなにテンションが下がらない
4〜5日歩くぞと言う覚悟があればそれなりに頑張れます

ところが、2〜3時間の犬返や堂山へ登るのが「しんどい」のです
精神的な張りって大事なんでしょうか


「道を繋ぐ」って行為は恐らく人間だけが持っている達成感なんでしょうねえ
泉保さんの地図に蛍光ペンでマークして繋いで行くのも楽しい物です
小さいながら個人の歴史が構築されて行く様で・・・

高縄半島の尾根を繋ぐ旅も達成感があり楽しかったです

私も北アルプスで「繋ぐ」宿題が残っております
後立山連峰の南側「爺ヶ岳」まで北から繋いで、そこから針ノ木〜船窪〜烏帽子岳が残っているんです

途切れている場所って気になるもんですわ

ところでパパさんは未だアトリエブルーボトルのサコッシュを使われているのかなあ
私のモンベルのサコッシュは生地が薄いのでもうボロボロです
サコッシュが代替わりしたら新しいハンドルネームにしますので、その時はお知らせを・・・


小さな冒険も出来る里山は山歩きの基本ですねえ

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-9g-kumonodaira-1st.html


34119.霧氷の石墨山へ 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2021年01月04日(月) 23時54分
Original Size: 900 x 609, 164KB Original Size: 900 x 600, 164KB Original Size: 900 x 582, 160KB

@2日は皿が嶺に ジムニーでスタッドレスデビュー
A上林峠への登山道は谷の凍結した危険箇所が2か所 要アイゼン
B歯が短くなって今季で引退予定のアルミ8本爪 四国の冬の低山ではちょうどいいかも?

エントツ山さん、皆様こんばんは。
本年もよろしくお願いいたします。

前回、大森山でお会いしてから2週間ずっと休みがなく、大晦日も21時過ぎまで仕事でした。
正月3ヶ日は久々に休みをとって、1日は年賀状書きに費やし、2日は足慣らしに単独で皿ヶ嶺に、3日は今治探検隊I松山支部長とその山友のK女史の3人で石墨山に行ってきました。

2日の皿ヶ嶺は前日に薄っすら数pの積雪があったようで、よい足慣らしとなりました。
水の元から上林峠に登るコースを歩いたのですが、途中2カ所、登山道を横切る谷が凍って危険な箇所がありましたが、それ以外はいつもの安全な雪道でした。

翌3日はI支部長の山友K女史と初顔合わせ。
実は前車のテリオスキッドを11月にお譲りした方で、集合場所には、なつかしきテリオスの雄姿が。
すでに3回ワックス等をかけたそうでピカピカになっており、20年落ちの旧車とは思えないほど。
スクラップとなるはずが、一転、こんなに大事にされて…車冥利につきますねえ…

いつものI氏のエブリーで黒森峠まで行って(唐岬ノ滝より上は凍結しており要スタッドレス)、薄っすら雪の被った馬の背のようなキレ落ちた登山道を進む。

東温小屋(廃墟)からは、急な登りが出てくるので、私は歯の短い8本爪のアルミアイゼンを装着。
2人にアイゼンの装着を勧めるも、I氏によれば探検隊ポリシーでは氷結箇所以外では決してアイゼンを着けることはないとのこと(私は隊員にはなれそうもないですね…)
当然、愛弟子のK女史(探検隊3号?)も師匠に従い、例の石墨の急登に突入。

この時期にしては雪が少なかったのと、よくアイゼンが効いて(なしでも)この急登を難なく登れました。
この坂の途中、前日の登山者が落としたと思われる片方のチェーンアイゼンを拾ったので、坂を登り切った稜線にある指導標に掛けておきました。

稜線からは山頂までは、前回の大森山に劣らぬ霧氷!霧氷!霧氷!の連続で、霧氷の下をくぐって露払いならぬ霧氷払いで進む。
K女史は膝を痛めて久々の登山とは言え、トレラン経験者で、しかも今回4sもの減量に成功したとのことで(羨ましい)、全く遅れることなく、出発から2時間20分で山頂に到達。

昼食を採って、そろそろ下山しようと思った時に、突如単独の女性が現れ、お話を伺うと、ヤマップに投稿されている「ぐるんぱ」さん(エントツ山掲示板の読者)でした。
話を聞くと、昨日、白猪の滝から石墨に登った帰路にアイゼンが外れたのに気付き、それを探しに、今日は唐岬の滝登山口から登ってきたとのこと。
私が拾って指導標に掛けておいたのを発見し、わざわざ山頂まで拾ってくれたお礼を言いにこられたとのことで、恐縮しました。

下山中、ガスがとれて急に青空が広がり、堂が森〜鞍瀬の頭〜石鎚までよく見えて、来た甲斐がありました。やはり霧氷は青空に映えますねえ〜
その後、追いついてきたぐるんぱさんと一緒に法師山にも立ち寄り、例の雪の激坂を下りました。

ここでもI師匠と愛弟子はアイゼン不要とのことで下っていると、突如先頭のI氏の悲鳴が聞こえたので見ると、何と!I氏は頭が下になって仰向けで急坂を滑っているではないですか!
ゆうに7m以上は滑ったとは思いますが、日頃探検隊で鍛え上げた体なのか、幸いにも特段のけがもなく無事でした。

こんなに豪快に人が滑る場面は初めて見ましたが、それでも彼の意見は「アイゼンは不要」なのでした…



34120.Re: 霧氷の石墨山へ
名前:弁天山    日付:2021年01月04日(月) 23時57分
Original Size: 900 x 575, 161KB Original Size: 900 x 602, 163KB Original Size: 900 x 600, 164KB

C翌3日は黒森峠から石墨山へ このコースは山の全容が眺められるので良い 左端が石墨山、右端が法師山

D石墨名物 激坂を登る

E稜線に出ると凄い霧氷が待っていた



34121.Re: 霧氷の石墨山へ
名前:弁天山    日付:2021年01月05日(火) 00時00分
Original Size: 900 x 674, 164KB Original Size: 900 x 625, 165KB Original Size: 900 x 600, 157KB

Fここの霧氷も大森山に劣らず素晴らしい

Gこの展望岩をアイゼンなしで登る支部長たち

H展望岩から見る石墨



34122.Re: 霧氷の石墨山へ
名前:弁天山    日付:2021年01月05日(火) 00時02分
Original Size: 900 x 597, 162KB Original Size: 900 x 627, 158KB Original Size: 900 x 616, 159KB

I山頂までもう一踏ん張り!

J山頂にて記念撮影

K下山中、空が晴れてきて、堂が森〜石鎚までよく見える



34123.Re: 霧氷の石墨山へ
名前:弁天山    日付:2021年01月05日(火) 00時04分
Original Size: 600 x 900, 161KB Original Size: 900 x 600, 162KB Original Size: 900 x 646, 163KB

L青空に霧氷が映える!

M法師山山頂で、ぐるんぱさんも一緒に

Nこんな雪の急坂をアイゼンなしで下るなんて…



34130.Re: 霧氷の石墨山へ
名前:エントツ山    日付:2021年01月05日(火) 21時11分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 154KB Original Size: 900 x 506, 158KB

冬靴の底はスノータイヤ並み  確かに登山口ではチェーンアイゼンは有った こんな坪足でアイゼン紛失〜

弁天山さん
今治探検隊松山支部長+部員Kさん   今晩は

皆さん お正月前後はお忙しそうで何よりです
このヤバい日本経済を支える為に寸暇を惜しんで働いて下さい 応援します!!

お正月だけは息抜き出来た様ですね
以前、冬に皿ヶ峰に行った事がありますが路面凍結の記憶があります
ジムニーならば問題無いですね
牽引ロープを準備してスタックしたヤワな車をレスキューしてあげて下さい

テリオスも男臭さが抜けてサッパリといい匂いがする様になって本車も喜んでいる事でしょう

え? 又エブリーで現場出勤ですかい
半々位で車を出し合って下さいよ〜 確かにジムニーの後部座席は狭いですけどねえ

探検隊はアイゼンが確かに似合いませんが、転ばぬ先の杖って言うし・・・
まあ、履いて途中で失くすよりはマシかな?

アルミアイゼンは消耗が激しいですが、その長さならチェーンアイゼンとそんなに変わらないからまだ捨てちゃダメよ!

グルンパさんのチェーンアイゼン 見つかってええなあ.......ぐっすん

天狗峠付近は吹き溜まりで雪が深くて、落とし穴に何度も落ちました
その時に底の笹やコメツツジに引っかかったんでしょうねえ

今迄何度も使って外れたことが無かったので安心しておりました
やはり足の甲部分を紐で縛っておかなければダメでした

冬靴の底はチョコレートの様に溝が深いので雪には強いです
でも、凍結していたらやはりアイゼンが要りますねえ

雪山 暫く楽しめそうです

エントツ山 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-9g-kumonodaira-1st.html


34116.天狗塚へ (牛ノ背は行けず 涙) 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2021年01月04日(月) 19時34分
Original Size: 580 x 600, 88KB Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 600, 155KB

今回予定した15年前のルート    途中までは快調〜   天狗峠直下で強風に遭う


今年の正月は故有って神さんの山、石鎚には登れず
代りに犬返仲間を誘って干支の山「天狗塚〜牛ノ背周回」を企画する
「天気とくらす」山情報を確認するも正月期間は登山不適の「C」ランクだ (主に強風の為)

マーシーさん、能智さん、黒河ジュニアさんは揃って現役労働者だから1月3日しか正月登山が出来ない

道路は亀尻峠の下側林道に1台車をデポしてもう1台で天狗塚登山道へ向かうが、近くの土捨て場で車のトレースが切れてここで諦める

小1時間程歩いて天狗塚登山口へ
登山道は雪があるものの天狗峠まで問題は無し パウダースノーでアイゼンが要らないかも知れなかった (一応全員装着して登る)

天狗峠直下から強風に遭遇し、ガスで視界が悪かった
しばらく南側の斜面で風を避けて待機(簡単な昼食)
余りの寒さの為にみんな山専ボトルでカップ麺を食べるのが精一杯
私はソトのガスバーナーとモンベルの山鍋でぜんざいをお接待するつもりだったが余りの強風と寒さでザックの中から出す気にもなれなかった

一向に風が収まらないので天狗塚だけは能智さん、黒河さんが初めてだったのでピークハントする

丁度山頂へ登頂時に少し視界が良くなるも、山頂を下る頃には又ガスが立ち飛ぶ

干支の山、牛ノ背には行けないはチェーンアイゼンは無くするは散々な山行となりました

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-9g-kumonodaira-1st.html



34117.Re: 天狗塚へ (牛ノ背は行けず 涙)
名前:エントツ山    日付:2021年01月04日(月) 13時49分
Original Size: 900 x 600, 162KB Original Size: 900 x 600, 158KB Original Size: 900 x 600, 160KB

行くぜ 山頂へ    牛ノ背は次回や! 待っとれよ   何とか天狗塚山頂に立つ  

天狗塚の麓に来ると牛ノ背や尾根に風が遮られて助かる
トレースは無かったけど若いもんに任せて最後尾を歩く
使わなかった水やぜんざいが虚しく背中で重かった


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-9g-kumonodaira-1st.html



34118.Re: 天狗塚へ (牛ノ背は行けず 涙)
名前:エントツ山    日付:2021年01月04日(月) 16時04分
Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 600, 163KB

登山口で香川の太田さん達と会った  途中で上からスノーシューのガクガクさん達が下りて来た  牛ノ背よ次回まで!


天狗塚登山口で香川で同じ[山と元気の会」に所属する太田さんが追いついて来た
一緒に来られていた3人は私が高松市民登山学校で富士山に登った時に一緒に来られていた方達だった 懐かしい・・・

我々が最初にトレースを付けるつもりで出発したのだが、すぐ上で黒河ジュニアさんがおニューのアイゼンを試したいと装着し出した為に松組にここで先に出て貰った

装着不慣れの為に時間がかかり、結局松組にトレースをお世話になってしまった。その松組は天狗峠で強風の為に下山された
ちゅうことは! 太田さん達は我々にトレースをプレゼントする為にはるばると香川から来て天狗峠まで歩かれたって事?
ありがとうごぜえますだ

遅れた理由はもう一つ、
大きな古木で記念写真を撮っていたらうえからスノーシューを履いた二人組が下って来た
あれ? ガクチャンじゃないの! 冬の焼岳や南嶺を一緒に歩いたしゅぼんさんも!
聞くと、前日お亀避難小屋で一泊して下山中との事だった
酒好きの二人の事だから新年会をしてたに違いない

そんなこんなで天狗峠で太田さん達とお別れして昼食を兼ねて時間つぶしをする

でも一向に風は収まらず、少し視界が良くなったので天狗塚だけ登って参りました

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-9g-kumonodaira-1st.html


34107.今年初めての石鎚へ 返信  引用 
名前:kurenaikai    日付:2021年01月04日(月) 08時49分
Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 50KB

エントツ山さんあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
今年初めての登山は石鎚にしました。当初の予定ではテント場で泊まり初日の出は石鎚山頂でと思いましたが天気が悪そうなのでやめました。ヤマップを見てもガスガスの写真ばかりでした。3日に登った時は風はなぎ状態。気温も暖かく快適に登れました。途中の霧氷もきれいで見とれました。夜明かし峠を過ぎてしばらく行くと次第に風が強くなり始め山頂へと着くと三脚が吹っ飛ばされるほどの強風でした。天気図では縦縞になっていたので多少は覚悟していましたが結構強かったです。1時間ほど山頂で待機しましたが風は弱まらずだったので天狗へは行かずそのまま下山しました。

http://www43.tok2.com/home/kurenaikai/



34108.Re: 今年初めての石鎚へ
名前:kurenaikai    日付:2021年01月04日(月) 08時49分
Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 50KB

ロープウェイも去年の改修できれいに色が塗りなおされていました。お客さんはほとんどスキーの方でした。お参りを済ませて山頂へ行きます。



34109.Re: 今年初めての石鎚へ
名前:kurenaikai    日付:2021年01月04日(月) 08時50分
Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 50KB

試しの鎖の小屋の所ではテント泊。壁と屋根があるので快適そうです。瓶ヶ森を拡大してみると人の姿がありました。ここで簡易アイゼンを装着して霧氷を見ながら登りました。



34110.Re: 今年初めての石鎚へ
名前:kurenaikai    日付:2021年01月04日(月) 08時50分
Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 50KB

鳥居も雪は余りありませんでした。避難小屋の裏の危険なトラバースや階段も雪が少なく危険ではありませんでした。



34111.Re: 今年初めての石鎚へ
名前:kurenaikai    日付:2021年01月04日(月) 08時52分
Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 49KB Original Size: 640 x 426, 50KB

しばらくしていると続々山頂へ登ってこられる方でいっぱいになりました。風がなければ最高の山頂なのですが。二ノ森や瓶ヶ森の雪景色は何時間みても飽きないですね。
二ノ森や堂ヶ森の方が雪は多いように見えます。天気が良かったら来週以降行ってみようと思います。



34115.Re: 今年初めての石鎚へ
名前:エントツ山    日付:2021年01月04日(月) 12時46分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 1024 x 703, 162KB Original Size: 1024 x 627, 164KB

天狗塚登山道    天狗峠付近から矢筈山系を見る    天狗塚


kurenaikai さん  こんにちは

1月3日に石鎚へ行かれましたか
私は例年初登りは石鎚でしたが、今年は諸事情で1月下旬まで登る事が出来ません
冬の内に1度行きたいと思っております

四国の山の特徴は「天気と暮す」山天気予報で強風の為に登山不適「C」でも山頂付近までは割と穏やかですよね

所が、いざ山頂や稜線に出るといきなり猛烈な風が吹き、体感温度が激下がります

大雪が降ると全国天気予報で言ってましたが、これは北陸や東北、北海道付近ですね
石鎚ではいつものお正月らしく鳥居も埋まってないし、鉄階段も出ておりますねえ

前社ガ森の飴湯販売小屋は普段立ち入り禁止のロープを張っていますが、その中でテント泊ですが〜 心臓が強い人ですねえ
私らあそこでアイゼンを装着させて貰うのですが、立ち入り禁止に弱い性格で恐縮の余り天井の柱に2〜3度頭をぶつけております

新居浜の犬返仲間、黒川ジュニアさんが本格的な山靴とアイゼンを買ったと言うので試し履きに天狗塚へ行ってきました

雪はそこそこ積もってはいましたが、サラサラで比較的歩き易かったです
でも石鎚同様に稜線近くに出ると強風で吹き飛ばされそうでした
こちらも強風が収まるのを待機しましたが一向に収まらず、天狗塚の山頂だけは踏んできました

干支の山「牛ノ背」は次回の宿題となりました

徳島の山は遠いです

今年も宜しくお願い致します

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-9g-kumonodaira-1st.html


34104.瓶ヶ森ぐるーーーーーっと 返信  引用 
名前:だらだらの人    日付:2021年01月02日(土) 13時16分
Original Size: 531 x 640, 202KB Original Size: 640 x 426, 133KB Original Size: 640 x 426, 84KB

エントツ山さん、諸先輩方 あけましておめでとうございます。

元日ぐらいしか日が取れず、かつ山頂はガス?という予想だったので
長く歩くのも良かろうと実行してみました。

夜明け前に東之川橋越えルートでスタート。
瓶ヶ森の北斜面はいつ来ても倒木に圧倒されますが今回もなかなか。
12本爪アイゼンを練習代わりに背負ってきましたがやっぱり無駄な
ウエイトは下ろしたいわーと思いながらえっちらほっちら。
台ヶ森のすぐ下で避難小屋年越しをしたという方と出会いました。
曰く小屋はマイナス7度、山頂でマイナス12度。
ガスの中で誰も居らずちょっと残念だったという事です。
ヒュッテまで高度を上げましたが思ったよりは体力が残っているので
ガスが晴れないか男山を回ることに。
結論からいうと、樹氷をかき分けるのが辛いので多分もうやることはない( ´д`ll)


コース自体は何度も歩いて居るんですけど、通しで歩いたのは
初めてでちょっと嬉しい軌跡図が取れました。

キャンプ地は真っ白。そうでしょうそうでしょう。

山頂も真っ白。デスヨネー



34105.Re: 瓶ヶ森ぐるーーーーーっと
名前:だらだらの人    日付:2021年01月02日(土) 13時20分
Original Size: 640 x 426, 132KB Original Size: 640 x 426, 117KB Original Size: 640 x 416, 120KB

ガスが深めで見通しは悪いけどなんとか雰囲気写真

菖蒲峠までのトラバースがこの行程で一番シンドイ気がする。
ちょっとずつ高度上げるのが嫌ですね。
旧東予市方面と思われる。

この日わりと歩いた中の一番のお気に入り写真。



34106.Re: 瓶ヶ森ぐるーーーーーっと
名前:だらだらの人    日付:2021年01月02日(土) 13時29分
Original Size: 640 x 426, 122KB Original Size: 640 x 426, 171KB Original Size: 640 x 426, 129KB

菖蒲峠までのトラバースは長すぎるだろう(笑
谷に掛かるまでのトラバース。ですね。

一羽の鳥が幹の苔をつついてえさを探していました。
帰って調べてみたらコガラ?
うっすらオレンジの胸でしたがよく分かりません。

北斜面は人が入る事が少ないんでしょう、猿からイノシシまで足跡豊富。
やっぱり兎が多いですけどね。
大保子谷はこの辺りでは一番シカの気配が強いしひょっとしてカモシカもいますかね?

高森方面は白くも無く、やっぱり今回の寒波は愛媛の山には控えめだった。。。

すれ違った方1人という非常にそーしゃるでぃすたんすを守れた山歩きでした。
今年は石鎚も粘ったりタイミングが合った方ぐらいしか見られなかったみたいですね。
まぁ、山よくある話しですけれど。

それでは皆様におかれましても健康で安全な山歩きを〜



34114.Re:牛ノ背に行けず〜〜〜
名前:エントツ山    日付:2021年01月04日(月) 12時24分
Original Size: 900 x 675, 155KB Original Size: 1024 x 681, 160KB Original Size: 900 x 600, 161KB

天狗峠に近づくと猛烈な風が・・・  しゃむ(寒)い〜〜〜  牛ノ背から強烈な西風が〜〜〜ン 見てるだけ〜


だらだらヒューマンさん  今日は

東之川から瓶ヶ森周回は13年前に男山へは行ってませんが、同じルートを周回した事があります
マーシーさんは去年、今回のDDHさんと同じルートで周回したと昨日言っておりました
但し、この正月は天気がもう一つでしたから中々タフな日帰りルートだったと思います

今年もコロナ過が収まらず散々な年になりそうな予感がします
我が干支の山を目指す山歩きも散々な結果になりました

天狗峠まで樹林帯は風も無く穏やかな雪道だったのですが、樹林帯を過ぎると猛烈な風が吹き荒れてました

耳やシャッターを押す指先がちぎれる様でした
兎に角、ピークハンターとしては天狗塚の山頂だけは踏まなきゃ・・・とマーシーさんや犬返仲間の若手コンビ、の〜ちゃん、黒川ジュニアとGO!!

山頂で強風が収まれば亀尻峠まで歩くつもりでしたが、山頂で多数決を取った所全員一致で撤退〜〜〜

スノーシューが無ければ無理な状態でした
他の連中はちゃんとした10本〜12本爪のアイゼンを途中で着けたのですが、私だけチェーンアイゼンを履いており坪足の連続歩行をしていたら「あれ? エントツ山さん 左足のアイゼン 無いですよ」「え〜〜〜」
で・・・今度は天狗塚の山頂で足元を見ると右足のアイゼンも無い・・・

まあ、片方だけ残ってもねェ
雪が融けたらチェーンアイゼンと牛ノ背リベンジに行かなければ・・・

今年もハードで味のある歩きを期待しております

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-9g-kumonodaira-1st.html


34103.堂山の初日の出〜 返信  引用 
名前:え〜ちゃん    日付:2021年01月02日(土) 12時21分
Original Size: 640 x 480, 85KB Original Size: 640 x 480, 89KB Original Size: 640 x 480, 90KB

エントツ山さん、2021年の幕開けです〜(^^♪

元旦恒例の元旦堂山初日の出を見て来ました〜山頂でコーヒータイムをして日抱神社へ降りて〜自宅へ〜シャワーしてコタツでお酒を飲んで〜正月のスタートでした(^^♪
今年もよろしくお願いいたします。

今年の堂山は多くの若者が来ていました〜世代交代を感じましたね!
堂山からの初日の出〜
http:/



34112.Re: 里山の初登りは新居浜の犬返
名前:エントツ山    日付:2021年01月04日(月) 09時14分
Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 158KB

犬返仲間が標識を飾ってくれてました チチ山はいつも真っ白 犬返りの尾より新居浜を眺める


え〜ちゃん   お早うございます

今年は初日の出会中止の張り紙がありましたが、結構人が集まってますね
牛の被り物 一つ欲しいですわ

どこの山にも若者が増えています
と言うか、我々が歳を取っただけの事 
山を歩く習慣が次の世代にも繋がって行ってますねえ

こちらは2日に犬返へ行ってきました
銅版標識も犬返仲間が正月の御飾りをしてくれておりました
犬返は堂山よりキツい事もあり、決して密ではありませんが多くの若者に会いました

今年も密を避けて堂山トレーニングに励みましょう

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-9g-kumonodaira-1st.html



34113.Re: 堂山の初日の出〜
名前:エントツ山    日付:2021年01月04日(月) 09時29分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB

矢野さんは去年150回犬返に登ったと聞きました 黒河ジュニア夫妻と能智さん  お〜〜RINCOさん!!


矢野さんと甥御さんにお会いしてお話を伺うと、去年は犬返に150回登られたとか・・・ 
おいごさんはいつも歩くスピードが速いので、ゆっくり歩くと疲れるって言ってました

去年、裏寒風に一緒に登った黒川ジュニア夫妻に能智さん、翌日厳しい山行があるって言うのに来てました

で・・・久しぶりにRINKOさんともお会いしました
聞くと、先に伊予山婦人会の人達が登っているので追いかけているらしい
伊予山婦人会の人には去年、keitannさん reiko さん アカリプタさん達と大森山へ行った時、間接的にお世話になりました
と言うのも通行止め情報があったのであちゃ〜と思ってたら彼女たちのヤマップ情報で2日前に通行していたとあり、安心して大森山へ行けました 

色々役に立つ情報発信は有り難いです
え〜ちゃんも役に立つ情報発信を心がけて下さい

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-9g-kumonodaira-1st.html


34089.待望の蓮光寺山へ 返信  引用 
名前:ナッチー    日付:2020年12月30日(水) 07時09分
Original Size: 672 x 900, 165KB

エントツ山さん、おはようございます

近場でも 行きたくても行けない蓮光寺山にやっと登れました
登りは、私好みの軟弱者ルートで
下りは、344男爵好みの藪漕ぎルートで
楽しい一日でした
エントツ山さん、ガイドして頂き有難うございました

途中、カンカン石があり344男爵が「これは3万円する」と言うから
持って帰ろうと思いましたが重いので止めました

昼食の大忘年会楽しかったですね
誰かさんと違ってちゃんと4人を守りました
それにしても美味しかった
山では珍しくたらふく食って 満足! 満足!

途中の龍王宮神社は立派でしたね
よく龍王宮の祠は見ますがこんなに立派な神社は初めて見ました

当日のログ

                    型落ちフェニックス



34090.Re: 待望の蓮光寺山へ
名前:ナッチー    日付:2020年12月30日(水) 07時11分
Original Size: 900 x 675, 181KB Original Size: 900 x 675, 163KB

写真追加します

蓮光寺山山頂三角点
国分台三角点

            型落ちフェニックス



34091.Re: 待望の蓮光寺山へ
名前:ナッチー    日付:2020年12月30日(水) 07時15分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 164KB

さらに追加します

大忘年会準備中
龍王宮神社
龍王宮神社全景

          型落ちフェニックス



34092.Re: 待望の蓮光寺山へ
名前:まだまだ若いもんにはまけんどお 会員344号    日付:2020年12月30日(水) 10時02分
Original Size: 450 x 600, 165KB Original Size: 450 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 154KB

おいしそうエントツ山シェフ自ら インスタントラーメンをつくる

防火帯を登り 3角点を探す

もしかして 遠くに見えるは 剣山かも❓

さとやまあるきもいいもんだ



34093.Re: 待望の蓮光寺山へ
名前:エントツ山    日付:2020年12月30日(水) 10時19分
Original Size: 800 x 797, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 165KB

竜王宮の場所を追加したログ図 やはり下山地に車をデポが重要ね 懐かしい蓮光寺山へ

344藪男爵殿
ナッチー アンド フェニックスぱぱさん おはよう

ログ図とレポありがとうございます
蓮光寺山は相当以前にハマった時期がありまして足繁く通った藪山です
いつも道の無い藪尾根を這い上がっていたのですが、今回344藪男爵から案内を頼まれたものの昔の記憶に難ありで・・・

事前調査で少し歩き勘を取り戻しました
で・・・今回歩いたルートがベストチョイスでしたね

今迄十数回蓮光寺山へ行ってますが、踏み跡を辿ったのは初めてでした
いい道がありましたねえ

幻の三角点「国分台」は自衛隊に守られて難攻不落ですが、裏からチョロッとお邪魔する事が出来ます

三角点フリークのフェニックスパパから三角点「国分台」もリクエストされて地雷に気を付けながら行って参りました

但し、蓮光寺山から国分台へは途中の烏帽子山と五夜嶽の砕石場の縁を抜けて316mピークを巻くのにちょっとしたコツがあり、久し振りに歩いたために少しオーバーランしてしまいました

途中にある「竜王宮」は立派な社ですが、採石現場からどうやってここに来るのでしょうか グランマー啓子さんの為に一度上から下りてルートを確認してみたいものです

最後の防火帯基部から車をデポした本津川源流地「高結神社」への大藪下りは圧巻でしたねえ

暖かい日差しの中、プチ忘年会里山藪山歩き お疲れ様でした

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-4g-oomori-saareo.html



34094.Re: 待望の蓮光寺山へ
名前:エントツ山    日付:2020年12月30日(水) 10時54分
Original Size: 675 x 900, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 162KB

こんな里山ルート最高ですねえ  百円ショップで買った三脚不安定でした  ソトのバーナー2個活躍しました

笹と灌木の並木道、 里山の藪尾根歩きは大好きです
蓮光寺山で100円ショップで買った(500円)アルミの軽量三脚、足場が不安定でグラグラしましたわ

三角点でこれを出すと、既にカメラを取りつけるネジが無くて使用不能に・・・

昼食のラーメン屋台ではソトのバーナーが活躍しました
1つは ソトのフュージョントレック330 これはOD缶使用です
もう1つは ソトのカセットボンベで使えるST−330
登山用で軽さを重視して五徳が小さい物を使っていましたが、最近は少しだけ重量が嵩んでも安定感重視に切り替えております

ナッチーさん ゆで卵とチャーシューありがとうございました
こちらが用意した生卵は無事割れる事無くモンベルの卵ケースに入れて持って帰りました

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-4g-oomori-saareo.html



34095.Re: 待望の蓮光寺山へ
名前:エントツ山    日付:2020年12月30日(水) 11時03分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB

烏帽子山や五夜嶽の砕石場を左に見る  地雷に気を付けながら防火帯を上がる(ウソピ〜)蔓藪に雁字搦(がんじがら)め


蓮光寺山を激下りしてコルに下りると砕石場の縁を移動しますが、ここもイバラやセイタカアワダチソウ、センダイソウの藪でした

竜王宮から又五夜嶽砕石場を左に見ながら下ってコルに下り、316mPの右手を巻くのですが・・・巻き過ぎちゃってゴメン♪
目標をスマホ地図で少し北側にある破線へと間違って進んでしまいました

国分台三角点をこっそり訪問の後、車をデポした高結神社へ下るのですが、これがグレートブッシュで面白かったですねえ

2度ほどここを下から這い上がっておりますが、あんなに藪が酷かった印象は有りませんでした

でも今回のフィナーレとしては最高の藪下りでした

エントツ山  

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-4g-oomori-saareo.html



34096.Re: 待望の蓮光寺山へ
名前:エントツ山    日付:2020年12月30日(水) 13時39分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 161KB

あれが剣山やで(目の良い三人) こんな藪に突入する?  70歳過ぎても成長しないガキ(でも酒は飲む)


追伸

防火帯見晴所で3人が「あれ? 雪を被った剣山が見える あれが矢筈山やねえ」
う〜〜ん 子供の時にちっとも勉強せんかった奴らは揃って目が良いのだ

普通の爺さんはあんな藪に突入は出来んぞ!
防火帯基部から高結神社への下りは絶好の無料アトラクションだった

型落ちフェニックスパパさん ドリップコーヒーをありがとう
ナッチーさん 干し柿もありがとう
344敗走兵殿 ドライフルーツと最後部でちょっとだけの藪選定作業 ありがとう(今度は先頭でやれ〜〜)

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-4g-oomori-saareo.html



34097.Re: 待望の蓮光寺山へ
名前:ナッチー    日付:2020年12月30日(水) 21時08分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB

再度追加させて下さい

カンカン石
  いい音が出るかな
エントツ山さんが大藪に突入
  344男爵いわく「明日から猪が新しい道が出来たと喜びますね」
ここにもガキがおりました
  我こそが元祖ターザン

         型落ちフェニックス



34100.Re: 今日は堂山へ (上り納め?)
名前:エントツ山    日付:2020年12月31日(木) 19時07分
Original Size: 900 x 716, 164KB Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 900 x 749, 164KB

今日は堂山藪尾根コース周回  やっぱり山で飲むコーヒーは格別やねえ 蓮光寺山はこんなコースも歩いていた


フェニックスパパさん  こんにちは

今日は先日344藪好き大将に木村さんと一緒に案内して貰った堂山藪尾根周回をしてた
私の辞書には「登り納め」とか「大晦日」とかいう言葉は無い!!
普段通りの生活やで  明日もそう!

堂山護国神社コースは既に歩いていましたが、下山に使った砂防ダムへ下る藪尾根ルートは初めて344藪ラブ大将に案内して貰って知りました

で、その時は砂防ダム近くにある白石神社へ下った
白石神社って文字通り丸くて白い大きな石があるだけで社は無い
何でも形がオッパイに似てるからってお乳が出ない女性が石を削って持って帰ったらしい
そんな事をするから現在の形はオッパイでは無くなった 残念!

本題はそんな事では無く、そこから続きの尾根があるんだけど気になって今日農道まで尾根を下ってみました

里山は地権者が存在するからひっそりとこっそりと歩かにゃならんね
竹藪や植林を過ぎると鉄塔があったから巡視路を利用しようと思った・
でも、そちらが何かの建設工事中だったので尾根をそのまま下りました。

型落ちフェニックス父ちゃんは一昨日山で昼食時に鷹狩りの時に将軍が座る様な折り畳み椅子を持って来て使ってたよね
それが、小さくて低いので長い事座ってたらもう腰が固まって一人で立つ事が出来なくなっていた

ナッチーさんに助けられて、それでも苦労して・・・
「要介護フェニックス」ってエントツ山に言われない様にスクワットしなはれや〜

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-9g-kumonodaira-1st.html



34102.Re: 待望の蓮光寺山へ
名前:344 里山に ゴー    日付:2021年01月01日(金) 18時27分
むかし むかし スタンド・バイ・ミー なんて映画があったことを

思い出し なんでこんなことが 面白いのか ツタをもっての ターザン

ごっこ 入っていいのか悪いのか怪しい3角点探し イノシシすら

通らないささやぶの道造り なんでこんなことが面白いのか

年だけ重ねただけのガキたちに かんぱい

  

34098.南嶺西部(根木谷山以西) 返信  引用 
名前:アカリプタ    日付:2020年12月30日(水) 22時37分
Original Size: 600 x 450, 111KB Original Size: 986 x 400, 187KB Original Size: 600 x 450, 126KB

エントツ山さん こんばんは。

大森山に登った時、ちらっとお話した南嶺の西部(根木谷山以西)を歩いてきました。
登山対象の山は、三等三角点のある吉良ヶ峰くらい。
その吉良ヶ峰には8年くらい前に、南側に大谷集落から登ったことがありますが、この尾根には目印のテープがあり、山頂にはキティーさんの山頂標識がありました。
今回は、旧春野町弘岡上行当(仁淀川のそば)から尾根伝いに吉良ヶ峰に登りました。
登りはじめは鉄塔保線路で道もしっかりしていますが、3つ目の鉄塔(高岡線27番)を過ぎると保線路から離れて、踏跡のない尾根歩きになります。
尾根を外さないように登って行くと、大谷からのルートに合流し、すぐに吉良ヶ峰の山頂です。
今回、キティーさんの山頂標識は無くなっており、山頂標識は一つもありませんでした。
山頂から東側にほんの少し下ると、吉良ヶ峰鉱山の上側にでます。
唯一展望のあるとこらで、高知市街方面やこれから向かう根木谷山やその先の烏帽子山などが見えます。
ここから荒倉神社方面への下りが要注意です。
鉱山の敷地に入り込まないように歩く必要があります。
下って行くと最後は竹藪ですが、これを抜けるのが大変です。

荒倉神社と国道56号の間の山塊は、踏跡はなし。
尾根を忠実に辿って、56号に出ます。

56号線から取り付きですが、砕石場の北側の尾根に取りつき、尾根を詰めていくとギッチャン達がのぼった若宮神社?からの尾根に出ます。
そにくれば根木谷山の山頂はすぐです。
登りはじめから根木谷山の山頂まで3時間半くらいでした。
この山歩きが今年の登り納め、例年にない地味な登り納めでした。

今年は、先日の大森山をはじめ、何度かご一緒させていただき、ありがとうございました。
楽しい山歩きができました。
良い年をお迎えください。

吉良ヶ峰と西側の尾根(春野高校付近より)
根木谷山(右)と国道56線の西側の山塊(春野高校付近より)
吉良ヶ峰鉱山と高知市街、烏帽子山方面(吉良ヶ峰山頂裏より)



34099.Re: 南嶺西部(根木谷山以西)
名前:アカリプタ    日付:2020年12月30日(水) 22時38分
Original Size: 1206 x 450, 418KB


ログです。



34101.Re: 南嶺西部(根木谷山以西)
名前:エントツ山    日付:2020年12月31日(木) 20時21分
Original Size: 1024 x 498, 281KB Original Size: 800 x 600, 100KB

南嶺:仁淀川から浦戸湾まで   今年のハイライトは黒部源流の山々でした

アカリプタさん  今晩は

今年は香川の山仲間共々大変お世話になりました
アカリプタさんは付き合いが良いから色々スケジュールが大変でしょうが来年も是非宜しくお付き合い下さい

マーシーさんも車をスズキのハスラー4駆、弁天山さんもスズキのジムニーにしました
アカリプタさんのダイハツ ロッキーも納車になりましたか?

いよいよ大晦日ですねえ
コロナで明けてコロナで暮れて、来る年もまだまだ人間と人間の接触を媒体とするウイルスとの戦いが続きそうですね

今年の当初から山歩きに関しては人と人との接触はごく少ないので案外大丈夫だろうと四国の山を結構歩きました

夏になって遠征に出ようとすると「旅」が出来にくい状況になってしまいました

そんな中で今年唯一の遠征「黒部源流の山々」縦走は人との接触も非常に稀で精神的にも安全な登山でした

今日、東京の感染者が1000人を一気に超えましたねえ
地方にも広がって、来年に過大な希望を持つ事が困難ですわ

高知の南嶺西部解説ありがとうございました
これでギッチャンのルートと合わせて仁淀川と浦戸湾を繋げそうですわ
但し、距離が長いので陽が長くなるのを待つか、どこかでビバークして1泊2日って手もありそうです

自転車での周回が遠いので余裕を持って1泊2日が良いかなと思ったりした事でした

南嶺の西部は砕石場?みたいな場所があり縦走ルートに悩みそうですね
里山は地権者に配慮して歩く必要がありますので気を使いますね

来年の遠征が厳しくなれば南嶺縦走、実現しそうです

ありがとうございました

下のURLは 今年唯一の遠征 「黒部源流の旅」です

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-9g-kumonodaira-1st.html


34086.高萩山・スクモ塚 返信  引用 
名前:ヘキチョウ    日付:2020年12月27日(日) 20時00分
Original Size: 640 x 401, 163KB Original Size: 640 x 480, 161KB Original Size: 640 x 480, 156KB

エントツ山さんこんばんは

今年も掲示板で沢山のコメントと励ましを頂きありがとうございました。
主人共々御礼申し上げます。

今年最後の山歩き 天気が崩れそうなので地元のお山にしました。

高萩山は外から見るとのどかそうな山ですが、思いのほか苦労しました。地図とGPSの必要な山です。藪や崖があって面白かったです。


スクモ塚はログ図が蚊取り線香みたい。

高萩山で打ち捨てられた作業車に乗ってみた。我ながらあほだと思う

スクモ塚がきれいでかわいいです。



34088.Re: 高萩山・スクモ塚
名前:エントツ山    日付:2020年12月29日(火) 19時45分
Original Size: 1024 x 550, 163KB Original Size: 900 x 600, 159KB Original Size: 900 x 600, 161KB

 高萩山の場所    ヘキチョウさん達と出会いの場所へ(チチ山の別れの下側)

ヘキチョウさん
アトリエBBパパさん   今晩は

最初は体の故障であんまり山歩きが出来なかったのに、良くここまで回復されました

ご夫婦で山を歩かれている人達は得てして相棒の故障が山歩きの命とりとなりかねません

無理をせず、ご自分の歩ける範囲でアウトドアを続けて下さる様に念じております

高萩山は仕事の現役時代、北条のゴルフ場に良く行ったのですが、すぐ近くにあったんですね

先日はヘキチョウさん達と初めてお会いしたチチ山の別れへマーシーさんと歩いてきました

雪山でフツーの装備で来られていたシーンを思いだし、マーシーさんとその話題で盛り上がっておりました

四国には沢山の里山があります
来年も愛媛の里山やちょっとした遠征レポ宜しくお願い致します

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-4g-oomori-saareo.html



ページ: |< << 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb