[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





34823.峨蔵山縦走記 (第1日目)アップのお知らせ 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2021年06月13日(日) 15時21分
Original Size: 900 x 663, 294KB Original Size: 799 x 448, 100KB Original Size: 800 x 533, 96KB

峨蔵山縦走ログ図    峨蔵山縦走路(二ッ岳展望所から)  権現越にてテン泊

5月3日〜4日にテント泊縦走をして来ましたが、その登山記をアップしました

付録として峨蔵山絡みのバリエーションルートに関するログ図、登山記も入れております

峨蔵山を未だ縦走されてない方は是非ご参考に

第一日目 峨蔵山は下のURL です

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34824.Re: 赤石山系縦走記 (第2日目)アップのお知らせ
名前:エントツ山    日付:2021年06月13日(日) 15時37分
Original Size: 1024 x 704, 198KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 799 x 427, 139KB

赤石山系縦走ログ図 八巻山とはピークが幾つもあって何度も巻く事から名付けられた 四国では唯一無二のアルペンチックな岩峰

第二部では赤石山系の縦走記を纏めてみました
付録として主な赤石山系、銅山峰界隈のバリエーションルートも紹介しております

下のURLです

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-akaishisankei2.html



34845.Re: 峨蔵山縦走記 (第1日目)アップのお知らせ
名前:高御位山    日付:2021年06月19日(土) 08時39分
Original Size: 1280 x 853, 91KB Original Size: 1280 x 853, 92KB

 師匠、マーシーさん こんばんわ。今は随分と雨が降って居ます。幸い甲子園球場では雨中の中、巨人阪神戦が何とか中断せずに無事終了し、阪神が7対1で大勝しました。気分爽快です。ビールが旨かった。

 峨蔵山縦走紀楽しく拝見しました。写真が多くて素晴らしかったです。文章も読みやすく、明るくて楽しい。素晴らしい。
私も2005年7月23日に稲美山の会の仲間と峨蔵峠から東赤石山を経由して瀬場に下山しています。今は亡き菅さん、前田さんも一緒でした。
11時間程の行程でした。山の会の月報に前田さんが報告していました。

 60年以上購読していた岳人を7月号で以て最後としました。発行が東京新聞からモンベル社に変わり編集内容がつまらなくなったからです。10年前に山渓を止めて今は岳人です。1960年代の山岳誌は中身も重厚なものでした。今は山渓、岳人もカラー写真で誤魔化しているようなもの。
 1000円出して買う気がしなくなりました。紀伊国屋書店でタダ読みします。


1 1960年代の岳人



34846.Re: 峨蔵山縦走記 (第1日目)アップのお知らせ
名前:エントツ山    日付:2021年06月19日(土) 20時12分
Original Size: 900 x 600, 163KB Original Size: 900 x 600, 164KB Original Size: 900 x 600, 163KB

権現岩より権現越   私も最近までピークス派でしたが・・・  右下三冊は高御位山さんより頂いた本です


高御位山さん  今晩は

4月〜5月の間にコロナ禍が収まればマーシーさんと姫路へ行くつもりでしたが、やはり兵庫県の感染者があれから急に増えてダメでしたねえ

あとはワクチン次第と言う事ですが、まだその見通しもついておりません
マーシーさんは6月から再就職をして又忙しくなってしまいました

振り返れば高御位山さんとの出会いのきっかけはこの初回峨蔵山縦走記を見られて掲示板に連絡を頂いた事でしたねえ

あれから5回もこの「峨蔵山」を歩きましたわ
これからは中々歩く機会も無いかも知れないと思い集大成の意味で今回の登山記を作成致しました

私は一つ一つの登山記作成に当たっては想いをこめて丹念に作っているつもりです
最近の若者は漫画、動画世代ですから中々読んで貰えないかもしれませんが、兎に角記録に残す事によって客観的な価値が生まれます

高御位山さんが歩かれたのはもう相当以前の事ですが、当時を懐かしく思い出しながら読んで頂いてこちらも喜ばしく思っております
はるちゃんもこの「峨蔵山縦走」をされて最後に水が切れて大変だったらしいですわ

高御位山さんの時代は登山も本も重厚で厳しい世界でした
私の世代になると、登山を始めるのが遅かったせいもありますが、既にレジャー志向が強かったですね

岳人もモンベルが跡を継いだ当初は中々味が深い物を作っておられました
私は山と渓谷を毎月購読してきましたが、ウルトラライト志向になってからはその特集記事が多いピークスに変わりました

ところが、このピークスも最近は付録を付ける様になって質が低下してしまいました
大まかな内容を本屋で見ようと思っても付録(それもつまらない小道具)がある為にゴムで括って中身を読めなくしております

先日、山道具を置くスペースが無くなった為に溜まった月刊誌などは殆ど処分しました

高御位山さんから頂いた貴重な本は読まさせて頂きた後も大切に保管しております

コロナの件はまだ先が読めませんが、散歩や小旅行などをしながらお体を大事にして下さい

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34847.Re: 峨蔵山縦走記 (第1日目)アップのお知らせ
名前:高御位山    日付:2021年06月20日(日) 18時08分
Original Size: 768 x 1024, 92KB Original Size: 768 x 1024, 92KB Original Size: 768 x 1024, 91KB

 エントツ山師匠、今日は。まーしーさんは再就職されましたか。彼は師匠よりも大分若いですからね。私は60歳で完全に自由の身分に成りました。同僚の多くは天下りをしていました。私は山とスキー一本で遊ぶ道を選びました。その分妻には随分苦労をかけました。

 そんな時、師匠の峨蔵山の山行記録をエントツ山掲示板で見つけたのです。早速連絡し、此の西域に付いて色々と教えて頂きました。此処から稲美山の会は峨蔵山から赤石山、笹ケ峰、瓶ケ森、石鎚山、堂が森、梅ケ市へと縦走を続けたのです。しかも途中、はるちゃん、くっさんを紹介して頂き、車を梅ケ市迄運んで頂いたのです。師匠よりもはるちゃんとの出会いが先でした。

 信用し信頼出来る人達だなと思いました。四国山岳では、はるちゃん、エントツ山さんを師匠と思い、尊敬しております。幾度か山で一緒にお会いしてその都度、人柄に感じ入って居ります。春に今治に行った時、はるちゃんにお会いできなかった事が、気残りで残念でした。

 師匠との交友はもう16年に成ります。マーシーさんも始め素晴らしい岳人を紹介して頂きました。

 師匠の山行記録は、興味ある分印刷しファイルに綴じて居ます。他はパソコンの中に保存して居ます。登山は計画、実施、報告で完結します。師匠の報告書は感情がこもっていてきっちりと要点を抑えており、他登山者の参考に成る事間違い無し。此れからもドンドン発信して下さい。バレーシヨンルートの紹介は素晴らしいです。但し未熟者には遭難、事故の可能性は有り。自己責任は登山の原則です。

1 初めて出会った師匠とマーシーさん
2 三嶺の山小屋にて
3 マーシーさん 哲人の風格がある 



34848.Re: 峨蔵山縦走記 (第1日目)アップのお知らせ
名前:高御位山    日付:2021年06月20日(日) 14時53分
Original Size: 1024 x 768, 92KB Original Size: 1024 x 768, 92KB Original Size: 768 x 1024, 92KB

1 石鎚山麓にて 菅さん、西川さん
2 東陵取り付き前にて
3 墓場尾根にてのマーシーさん



34850.Re: 峨蔵山縦走記 (第1日目)アップのお知らせ
名前:高御位山    日付:2021年06月20日(日) 15時04分
Original Size: 1024 x 768, 91KB Original Size: 1024 x 768, 91KB Original Size: 1280 x 890, 92KB

1 師匠の何時ものポーズ
2 はるちゃんが市ケ瀬迄迎えに来て呉れた
3 山岳会記録、京大、北大の記録が多い、エントツ山師匠も

  記録は早稲田、慶応も多く、ファイルで20冊は保存済 



34851.Re: 良い思い出を沢山作りました
名前:エントツ山    日付:2021年06月20日(日) 20時42分
Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 900 x 600, 156KB Original Size: 900 x 600, 156KB

今朝の自宅から雲の流れ   今日、寒風山登山口より雲の流れ 寒風山、山頂より雲の流れ

高御位山さん  今晩は

2008年7月の剱岳遠征でマーシーさん共々初めて北アルプス縦走の初陣を指導して頂きました

それ以来教えを守って一歩づつ北アルプスに出かけていって修行を積みました
これも高御位山さんから「マーシーさんとエントツ山さんなら北アルプスは問題無く歩けます」とのお墨付きを頂いた結果です

お蔭様で「四国の山をキッチリ歩けば中央の山に通用する」をモットーとして四国の山仲間に四国の山をキッチリ歩く手本となる様に山行記、登山記を残して参りました
感謝致しております

と言いながらもこちらも歳を取りました
後何年山へ向かえるか・・・
歳月は雲の流れですねえ

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaitsurugidake.html


34836.東赤石の花情報 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2021年06月18日(金) 12時32分
Original Size: 814 x 900, 165KB Original Size: 900 x 600, 161KB Original Size: 900 x 675, 165KB

昨日のログ 目的は法皇権現様にご挨拶 赤石山荘、沢沿いの大山蓮華 タカネバラ(雨で画像悪し)

当方軽度糖尿病の診断を6年前に受け弱い薬を医者から勧めらるも、それを拒否して運動で何とかヘモグロビンA1c値を6.5〜7.0の攻防を続けてきました

やはり運動だけでは数値改善は厳しく再度医者から「次回のHA1c値の改善がなければ弱い薬を処方します」と通告を受ける

崖っぷちに立たされるも大の薬嫌いの為、起死回生の策に出て16時間ダイエット(食事は2食、おやつ無し)の生活を4週間目に突入

体重が3キロ減、内蔵脂肪が10.5から8.0に落ちる
但し、花の写真を撮って急に立ち上がると「立ちくらみ」がする....

前置きが少々長くなりました・・・

そんな虚弱体質に立ち向かい昨日、東赤石へ行って参りました
目的は先日法皇山脈縦走を行った際、この山域の神様「法皇権現」様にご挨拶を省略したのが気になって・・・

ついでに日本石と東赤石へも足を延ばしてきました

赤石山荘の裏にあるオオヤマレンゲはほぼ終了近し
でも沢にある2本の株はまだ蕾も沢山付けており後10日までは楽しめそうです

タカネバラは赤石越ルートで咲いてはいましたが、例年に比べて少ない様に感じました (雨で夕暮れ迫る下山もあり寂しい印象もあったかな?)

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34837.Re: 東赤石の花情報
名前:エントツ山    日付:2021年06月18日(金) 12時56分
Original Size: 600 x 900, 161KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 600, 160KB

一番多かったのはシライトソウ キバナノコマノツメもそこかしこに 定番のユキワリソウも多い


権現越付近にはシライトソウがワンサカありました
権現越から東赤石山直登尾根ルートにはキバナノコマノツメやユキワリソウが沢山あちこちに咲いており、もう八巻山へこの花を見に行く必要もありませんでした

エントツ山 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34838.Re: 東赤石の花情報
名前:エントツ山    日付:2021年06月18日(金) 13時18分
Original Size: 675 x 900, 164KB Original Size: 900 x 600, 163KB Original Size: 900 x 675, 165KB

権現越のカノコソウ    東赤石のコケモモ    東赤石のアカイシヒョウタンボク


権現越のカノコソウは最近見かけなくなり心配しておりました
何せ、権現越には沢山の鹿道が出来上がっており相当数在宅勤務している様です

今回4株程咲きかけを見つけましたので一安心・・・でもきゃつらは何でも齧り取るから心配ではあります

心配と言えば東赤石のコケモモですわ
毎年矮小化して見つけにくくなりました もう数年後には姿を消すかも知れません

アカイシヒョウタンボクは前赤石で沢山見ているのでイヨノミツバイワガサ同様特に好きな花でもありません
でも昨日お会いしたゆ〜みんさんからこの花の事を聞かれたりしましたので一応掲載してみました


エントツ山

 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34839.Re: 東赤石の花情報
名前:エントツ山    日付:2021年06月20日(日) 21時41分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 800 x 600, 163KB

郷愁のおやつは酸っぱかった〜  最近見なかったハンショウヅル ゆ〜みんさん達にお会いしました

瀬場登山口に自転車をデポして床鍋登山口へ
すると子供の頃に競って食べていた郷愁の味が・・・
新居浜では「ぐいみ」と呼んでいた 「ぐみ」とか「しゃしゃぶ」とか呼ばれているのと同じ物だろうか

デカくてたわわに身を付けている
懐かしくて食べた・・・ お〜〜 酸っぱい!! 種類が違うのか、昔はこんな味でも美味しかったのか?

権現越から東赤石へ登っているとハンショウヅルが咲いていた
ここで見かけたのは初めてだった 

時刻は15時 天気は悪し  こんな時刻にこんな天気に権現越から東赤石へ向かっていると上から人の声がする
もう誰にも会わないと思ってマスクはザックに入れていた・・・

何と前回石鎚でお会いした「ゆ〜みん」さん達だった
帽子を深く被っておられたのと天気が悪いので目が悪い私は最初分からなかった すんません!
いつもハードな山歩きをする時に「叔父と一緒に」と書かれていたが、その叔父さんにお会い出来た
常々ゆ〜みんさんより年上でハードな山歩きをされるって一体どんな老人やろか?と密かに思っていたのだが、予想に反して若かった

その中にはジュニアさんとヤマップ仲間の「はな」さんも居られて楽しそうに歩かれていた

色んな世代の方が一緒に歩くのが新鮮でベストかも知れない
老人だけで歩くと世間や体のグチが多くなる

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34840.Re: 東赤石の花情報
名前:エントツ山    日付:2021年06月18日(金) 14時28分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 675 x 900, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB

法皇神社(権現岩)と権現山  法皇神社手水石から権現越  日本石は霧の中

権現岩へ行ったついでにと寄った日本石までは結構遠かった
5月に歩いた時より藪いており小さなザックでも木に引っ掛かったりして歩き辛かった

法皇権現にお詣りして気分よく寝る事が出来ました

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34841.エントツ山 さん、こんばんは♪
名前:yuumin    日付:2021年06月18日(金) 18時20分
Original Size: 640 x 426, 41KB Original Size: 640 x 426, 132KB Original Size: 640 x 426, 47KB

昨日は、お疲れさまでした。
石鎚山でお目にかかって以来でしたね〜(^^♪
お逢い出来て嬉しかったです。
あの日は自宅を4時に出発し筏津登山口から登り東側ルートを歩き、東赤石山には直上せず南麗のトラバース道から赤石山荘経由で八巻山〜東赤石山〜権現越えをして床鍋に下りました。
帰宅したのが20時近くでした。
床鍋の車道沿いに止めてあった車がそうだったのですね〜(^^♪
近くに赤く熟したグミが美味しそうなので頂いたのですが渋かったです。
八巻山から東赤石山に向かう途中は大降りでした。
コケモモの花が気になっていたのですが雨脚が強くて、それどころではありませんでした。
エントツ山が撮られていたので拝見させて頂くことが出来て良かったです。

タカネバラのお花です〜(^^♪
http://www3.ezbbs.net/26/maple-leaf2612/



34842.Re: 東赤石の花情報
名前:yuumin    日付:2021年06月18日(金) 18時14分
Original Size: 640 x 426, 58KB Original Size: 640 x 426, 46KB Original Size: 640 x 426, 58KB

フジイバラ、ベニドウダン、シロドウダンのお花です♪
http://www3.ezbbs.net/26/maple-leaf2612/



34843.Re: 東赤石の花情報
名前:yuumin    日付:2021年06月18日(金) 18時18分
Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 70KB Original Size: 640 x 426, 169KB

オオヤマレンゲ、セミ、ヒメコブトリハダゴケです♪
http://www3.ezbbs.net/26/maple-leaf2612/



34844.Re: 東赤石でバッタリ
名前:エントツ山    日付:2021年06月18日(金) 20時35分
Original Size: 900 x 600, 159KB Original Size: 600 x 900, 164KB Original Size: 900 x 600, 161KB

ガスが吹き上がる権現越  岩の隙間に咲くのがええですねえ エ〜デルワイズには及びませんが

yuumin さん  今晩は

もう少し早くそちらの掲示板に書き込みしようかと思いましたが、花友さんから沢山の書き込みがあったのでその対応が終わるまで遠慮しておりました
中には返事をする前に又書き込みをする人が居たりして大変な世界ですね

楽しそうなお仲間でしたねえ
キツい東赤石も気の合う仲間と一緒に歩けば花のある場所まで行って帰る道中も苦になりません

近場を歩けば多くの美しい花が有ると言うのに、人は何故苦労してイワカガミやタカネバラを見に行くのでしょう

「苦労や努力の対価」では説明出来ませんねえ

赤石橄欖岩に着いた地衣類の渦潮模様は以前「ヤマハナゴケ」だと言われてヤマップなんかでもいまだにその名前を使っている様です
でもヤマハナゴケってサルオガセの様な糸状ですよねえ

ヒメコブトリハダゴケ 区切って読めば ヒメコブ トリハダゴケ ですね
長い名前ですが広めて行きたいものです

ありがとうございました
若い叔父さんやはなちゃん、もっと年下の山友さんに宜しく

エントツ山  
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html


34829.大峯奥駆道へ 返信  引用 
名前:ナッチー    日付:2021年06月15日(火) 09時36分
Original Size: 900 x 635, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB

エントツ山さん おはようございます

山と元気の会15名で大峯奥駆道(八経ヶ岳)に行って来ました
13日14日は雨予報でしたが、行ってびっくり雨には一度も会いませんでした 14日は快晴でした

山小屋も貸し切りでしたので宿泊・食事共に広々と使えました
 (コロナ対策でシュラフとマットは持参でした)

念願の大峯奥駆道です
エントツ山さんが歩かれた大峯奥駆道のほんの一部ですが……
世界遺産だけあって素晴らしい所ですね
ぐるりは自然林で気持ちよく歩くことが出来ました
二日目の八経ヶ岳からの眺望は素晴らしかったです

期待していたオオヤマレンゲは蕾は沢山つけていましたが見頃は二週間後ぐらいとか……

今回の行程ログ
聖宝三等三角点
弥仙山二等三角点

                    型落ちフェニックス



34830.Re: 大峯奥駆道へ
名前:ナッチー    日付:2021年06月15日(火) 09時45分
Original Size: 900 x 675, 180KB Original Size: 900 x 675, 165KB

(写真張り間違えました)

八経ヶ岳頂上
会員の山行
です


                  型落ちフェニックス



34831.Re: 大峯奥駆道へ
名前:ナッチー    日付:2021年06月15日(火) 09時49分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB

サラサドウダン 沢山咲いていました
弥山からの八経ヶ岳方面 リーダーの説明を神妙に聞く僕

               型落ちフェニックス



34834.Re: 大峯奥駆道へ
名前:エントツ山    日付:2021年06月15日(火) 23時01分
Original Size: 540 x 1024, 250KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 99KB

この3日目の場所辺りですね  関西最高峰「八経ヶ岳」 弥山神社(天河奥宮)

ナッチーさん
型落ちフェニックスパパさん   今晩は

「山と元気の会」コロナ過の中で頑張ってますね
大峯奥駈道・・・・・懐かしいです もう5年前になります

そちらのルートは行者還トンネル西口から真南に上がる道で奥駈道に合流したんですね
弁天の森から理源大師像を通り弥山小屋へ
私はこの弥山小屋でポカリスエット2本を買って、女将さんに頼んでカップ麺にお湯を入れて貰って食べました
3日目でしたから美味しかったです

それから八経ヶ岳へ一旦下って、オオヤマレンゲのネット越しに上がって行くんでしたねえ

私が行った時は5月でしたのでサラサドウダンは咲いておらず、代わりにシロヤシオが綺麗でした

一応自己責任って遠征ですから2週間後に堂山でお会いしましょう

コロナワクチン接種の連絡は未だ入りません
恐らく7月中には接種出来ると思いますので、遠征はその後と考えております

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h28-6g-omineokugakemichi-title.html



34835.Re: 今日は兜岩と物住ノ頭へ
名前:エントツ山    日付:2021年06月15日(火) 23時00分
Original Size: 900 x 600, 164KB Original Size: 900 x 600, 159KB Original Size: 900 x 600, 153KB

兜岩のタカネバラ(終盤でした)  兜岩のオオヤマレンゲ(中盤でした) 物住ノ頭のユキワリソウ(終盤でした)


そろそろ東赤石のタカネバラやオオヤマレンゲが咲きだすようですね

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h28-6g-omineokugakemichi-title.html


34825.ゆるい滑川渓谷へ 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2021年06月14日(月) 22時16分
Original Size: 800 x 542, 164KB Original Size: 800 x 567, 163KB Original Size: 551 x 800, 162KB

@入渓地点付近 水量はこれでもかなり少ない
A簾状の滝 今日は簾ではなく檻状でかなりショボい
B前ノ滝へ進む


エントツ山さん、こんばんは

先週末は宇和島から松山の自宅に帰ったので中予の沢を企画。
しかし計画していた12日土曜の天気予報が昼から雨だったので計画変更。
近場で昼過ぎには終わる東温市の滑川渓谷に行ってきました。

天気予報が悪かったので参加者が減り、今回の相棒は2月に雪の丸山荘から紅葉谷を一緒に這い上がった元部下の女子のみ。
顔と性格は優しいけどガッツと体力はあります。
ちなみに新居浜人なのですが、同じ新居浜人でもうちの嫁と違って生粋の正調新居浜弁は話しません。だから優しく聞えるのかも…

行ってびっくり。梅雨に入ったものの先週は雨が降ってなかったので、水が全然少ない。
まあその分普段はなかなか確保なしでは登れない滝を女性初心者でも登れました。
今回は危なくないところでエイト環を使って懸垂下降も3回ほど経験してもらいました。

水量が少なく少々残念でしたが、相棒はコロナ禍で久々の運動とのことでよかったと言ってもらったのでよしとします。
結局雨は午後遅くから夜にかけて降り出し、日曜に行けばもっと楽しめたかも知れませんね。



34826.Re: ゆるい滑川渓谷へ
名前:弁天山    日付:2021年06月14日(月) 22時18分
Original Size: 800 x 572, 160KB Original Size: 800 x 591, 165KB Original Size: 569 x 800, 163KB

C前ノ滝にて
D今日は水量が少なく、初心者でも滝を登れる
E腰まで浸かるとやはり冷たい



34827.Re: ゆるい滑川渓谷へ
名前:弁天山    日付:2021年06月14日(月) 22時20分
Original Size: 592 x 800, 165KB Original Size: 800 x 549, 165KB Original Size: 800 x 538, 163KB

F奥ノ滝にて 絶妙のケルンがあった
G滝の上から下を望む
H奥ノ滝の上部にも君が代に出てくる「さざれ石」の河床のナメがある



34828.Re: ゆるい滑川渓谷へ
名前:弁天山    日付:2021年06月14日(月) 22時22分
Original Size: 540 x 800, 165KB Original Size: 800 x 533, 164KB Original Size: 800 x 583, 161KB

I上部の二俣の左俣にある滝にて 行きどまりで引き返す
J二俣の右俣の2段のナメ滝を上る 帰りは懸垂で下る
K右俣奥の滝 斜面から大量の木々が滑り落ちていた ここで引き返す



34832.Re: 新居浜に行ってました
名前:エントツ山    日付:2021年06月15日(火) 21時59分
Original Size: 600 x 900, 163KB Original Size: 900 x 600, 146KB Original Size: 600 x 900, 160KB

新居浜の清滝(梅雨なのに水が無い) 清滝のイワギリソウ  西赤石は霧の中


弁天山さん  今晩は

写真の若い女性は新居浜人ですか
新居浜弁が大人しいとの事ですが、いざ新居浜に帰って友達や家族に会うときっと変貌しますよ

私も高松では標準語(?)ですよ
でも新居浜に帰って友人に会うと「なんしょんぞ」「ほんでの〜え〜」「行ってこうわい」を連発します

若い人を沢に誘うと怪我をさせる訳にいきませんので気を使うでしょう
滑沢がいいですね
沢は見た感じ天気も良く無いのでまだ寒い様な雰囲気ですねえ

新居浜の清滝も梅雨と言うのに水量が少なく迫力が無かったですわ
東平から兜岩〜西赤石〜物住ノ頭をピストンしました

兜岩にこの時期、オオヤマレンゲとタカネバラが咲くのです
東赤石まで登るのはシンドイので兜岩でこの時期見物します

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34833.Re: ゆるい滑川渓谷へ
名前:エントツ山    日付:2021年06月15日(火) 22時04分
Original Size: 900 x 600, 161KB Original Size: 900 x 600, 150KB

兜岩のタカネバラ   兜岩のオオヤマレンゲ
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html


34818.銅山峰に行ってきました 返信  引用 
名前:だらだらの人    日付:2021年06月12日(土) 15時57分
Original Size: 640 x 451, 73KB Original Size: 640 x 451, 57KB Original Size: 640 x 451, 82KB

エントツ山さん諸先輩方 こんにちは

エントツ山さんのミヤマキリシマ。
毎年なんですがいい景色ですね。
いつか行ってみたくなります。

私は例によってどんよりと。
先程、日浦から銅山峰に上がってきました。
朝起きた時間で決めよう。天気も悪いし。
と、いつものだらだらチョイスですが
アカモノの季節に上がったことがないのと、実は日浦からは上がったことが無く、
ちょっとワクワクしながら登りました。
日浦から上がると非常に別子らしさと、多くの人の痕跡を感じる事が出来ますね。
こういう道はけっこう好きなんです。

流石に天気が悪いので適当に写真に撮ってみていたんですが
先程見てみると良い感じに雫が(笑
霧吹きなんて持ち歩かなくてもなかなか可憐な姿が納められました。



34819.Re: 銅山峰に行ってきました
名前:だらだらの人    日付:2021年06月12日(土) 16時05分
Original Size: 640 x 450, 105KB Original Size: 640 x 426, 175KB Original Size: 640 x 426, 99KB

ツガザクラ……
先日、今年も盗掘されたとニュースになっていましたね。

ここに咲いているから意味があるし、ここに咲いていないのなら
園芸品種の方がいろいろと分かりやすくて良いと思うんですが、
小銭稼ぎか、自慢のためか、なかなか残念な光景は無くなりません。
親や子共に説明出来ない事はやらない方がいいと思うんです。
本当に残念!

雲の流れる周回コースを歩いただけですが、ツガザクラの残りも
ぽつぽつ。
案外と花期が長いのですね。

話しが変わって歴史が感じられる道、大好きです。
このレールは上部鉄道なんでしょうか、流石に坑道のものなんでしょうか?
ガスが深いので蘭塔場は分からないかもと迷走しておりましたら、
100年は自然が戻る事はないと言われた別子のお膝元でまさかのシカ糞!?
南斜面ではあんまり見たことありません!?
あ、蘭塔場にも着けました。



34820.Re: 銅山峰に行ってきました
名前:だらだらの人    日付:2021年06月12日(土) 16時12分
Original Size: 640 x 450, 97KB Original Size: 640 x 450, 78KB Original Size: 640 x 450, 80KB

もう少し登山口へのアクセス時間が短ければと、来る度に思います。
赤石山系は本当に良いところですね。

また違う話しですが、先日やっぱり天気が悪くて人気の無い山を歩いて居ましたら。
久しぶりに写真に撮れる位置のリスとご対面。
て、逆光じゃないのこれ!?
光量足りる気がしない!!!
と思ったんですが、なんとかリスと反別出来る絵がいくつか納められました。

雨も嫌ですが、暑いのも辛い。
そう思うとこんな天気も悪くないのかと思います。

それでは皆様におかれましても良い山歩きを〜



34821.Re: 銅山峰に行ってきました
名前:エントツ山    日付:2021年06月13日(日) 07時01分
Original Size: 800 x 533, 99KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 155KB

風衝地・銅山峰(北側=西条藩領、南側=天領) 雨のアカモノ  雨のツガザクラ

だらだらヒューマンさん  おはようございます

6月は山の掲示板にとっては「梅雨日照り」と申しまして雨で皆さん山に行けないから掲示板の投稿も減ります

そんな中で小雨でも傘を差して行ける銅山峰の話題は助かります
どちらもかわいい花ですが、アカモノの方がガクがより赤くて葉っぱも丸いから柔らかい印象がいいですねえ

岡山のくりちゃんも「アカモノ あかもの」と魘(うな)されながら一週間待てと言うのに先週末出かけた様です

銅山峰の南嶺は「旧別子」と呼ばれて江戸時代からの採掘歴史が残る散歩道です
あんな狭い場所に一時は一万人が生活していた訳ですからライフラインの維持が大変だったと思います

飲料水が足らずに上部鉄管道とか下部鉄管道とか西赤石の南面近くから水を引っ張ってましたからねえ

銅の焼鉱目的で大量の薪や炭が周辺から網の目の様に兵站路網が出来てましたしねえ

新居浜近辺に住んでいますと「別子銅山」と「アケボノ、アカモノ、ツガザクラ」のお蔭で山歩きの材料には事欠きません

近代化と共に拠点は北嶺に移り、銅山峰ヒュッテのある角石原からは上部鉄道(山岳鉄道)が石ヶ山丈(いしあさんじょう)まで通っていました

だらだらヒューマンさんが見られたレール片は南嶺ですから坑道に敷設されていたものかも知れませんね

高知県にも山岳鉄道跡があるみたいですが、新居浜の上部鉄道も現役で登山道に利用されております


鹿は随分以前から確認していて、次第に増えていますね
リョウブの樹をみれば齧(かじ)られているので鹿の生息が分かります
銅山峰から少し西赤石へ向かった南斜面のリョウブ樹林帯は相当前から枯れてしまいました

余談ではありまするが、私の掲示板は動物の排泄物写真は基本的には掲載しない事になっております
随分以前になりますが、澄まし粉さん(お元気かしら?)から宇和島の半島でタヌキの溜め○○写真を投稿して頂き、管理者が体調を崩したって
出来事があって以来ご遠慮申し上げております

吉永小百合が1965年に出したレコード(春日野)で「奈良の春日野 青芝に 腰を下せば 鹿のフン フンフンフ〜ン 黒豆や(3度繰り返す)」と歌った
由緒ある黒豆ではございますが、次回からは何卒自制の程宜しくお願い申し上げます

リスの写真は大歓迎です ありがとうございました
先日、銅山峰へ行った時に目の前に大きなネズミみたいな動物が横切りまして、よく見ますとリスでした 結構大きいですね
カメラを出そうとしたのですが、当然どこかへ消えてしまいました
リスがマツボックリを食べた跡のエビフリャ〜は良く見かけますが、写真に撮れた事は一度もありませんでした

自然を追う山歩きも良いですが、人々が暮らした雰囲気が漂う遺構が残る山歩きもそこに可憐な花があるといいですねえ

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34822.Re: 銅山峰に行ってきました
名前:だらだらの人    日付:2021年06月13日(日) 11時01分
フンの話し承知しました!

動物はもうほんとうに雲でしかないですよね

34807.阿蘇高岳「天狗ノ舞台」のミヤマキリシマ 返信  引用 
名前:エントツ山2号    日付:2021年06月08日(火) 20時40分
Original Size: 640 x 480, 152KB Original Size: 640 x 480, 158KB Original Size: 640 x 480, 175KB

先々週は、くじゅうのミヤマキリシマでしたが、この日曜日(6/7)、お気に入りの「阿蘇高岳・天狗の舞台」
に駆け上がり、天空のミヤマキリシマを観てきました。
仙酔峡→仙酔峡尾根→天狗ノ舞台→高岳東峰→月見小屋→高岳→中岳→仙酔峡
写真1&3 天狗ノ舞台  写真2 高岳を望む
(高岳・中岳は火山の影響でミヤマキリシマは育たない)



34808.Re: 阿蘇高岳「天狗ノ舞台」のミヤマキリシマ
名前:エントツ山2号    日付:2021年06月08日(火) 20時41分
Original Size: 640 x 480, 122KB Original Size: 640 x 480, 108KB Original Size: 640 x 480, 114KB

写真1:月見小屋からのミヤマキリシマ。



34814.Re: 阿蘇高岳「天狗ノ舞台」のミヤマキリシマ
名前:エントツ山    日付:2021年06月09日(水) 08時44分
Original Size: 690 x 568, 165KB Original Size: 776 x 496, 142KB Original Size: 900 x 675, 164KB

こんなルートでしょうか   大観峰からの阿蘇涅槃姿    堂山のサツキもミヤマキリシマみたいや

エントツ山2号殿

懐かしい阿蘇山のミヤマキリシマをありがとう
親父が大の旅行好きでよくお袋共々九州へ家族旅行へ行ってたわ
湯布院、九重、阿蘇、竹田城跡 懐かしいねえ

特に阿蘇の温泉に宿泊して朝、大観峰から眺めた涅槃姿が印象的でした
その時に水仙峡へ行って近くにミヤマキリシマが咲いていた
確かロープウェイが動いていた記憶があります

ただ、火山の匂いが強くて(硫化水素)みんな気分が悪くなって早めに退散した

あそこからミヤマキリシマを見ながら高岳、中岳を周回出来るんだねえ
九重の平治岳のように山全体がピンクと言うより阿蘇の場合は緑の中にピンクの模様になるんですね

四国で言えば大川嶺のツルギミツバツツジみたいです
天狗ノ舞台は初めて見るけど溶岩ドーム(?)ですかねえ
人が立って砦の様だわ

九州も大崩山、英彦山、高千穂、国東トレイルなど行きたい所が残っているけど、コロナがこんなに長く続くとは思わず行きそびれています

車で登山口まで行って、宿泊も車中泊、テント泊だからまあ個人的には感染の問題は無いと思ってはいるのですが、やはり社会的観点からこの時期遠征は後ろめたい

来年は大丈夫やろねえ

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-9g-kumonodaira-1st.html



34816.Re: 阿蘇高岳「天狗ノ舞台」のミヤマキリシマ
名前:エントツ山2号    日付:2021年06月09日(水) 23時32分
Original Size: 640 x 480, 115KB Original Size: 640 x 480, 95KB Original Size: 640 x 480, 72KB

1号殿、地図ありがとうございます。
先日のくじゅう登山以来、YAMAPの軌跡ログの途中が消えてしまいます。
(無料会員の悲哀でしょうか・・・)

ところで写真のように、(お下がりの)オスプレーのザック、重宝しています。
このくらい使い込まれていると、遠慮無く使えて好都合です。
他にも、お下がりを期待しています((^_^))。
根子岳、阿蘇火口と阿蘇五岳の写真を追加します。



34817.Re: 足るを知らぬ男(だった)=エントツ山 
名前:エントツ山    日付:2021年06月10日(木) 09時34分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 900 x 675, 229KB Original Size: 800 x 600, 88KB

E2号に譲ったオスプレーアトモス35 現在使っている日帰りザック 涅槃像と言えば姫島(沖ノ島)

E2号殿 おはよう
今年からはフル出勤ではなくなったんだねえ
こちらはもう現役を終えて5年以上経って無職生活にも慣れました
まあ、それでもやる事は色々あってお金が入らんだけよ

足るを知らぬ男エントツ山も銭がなければお手あげや
今は遣り繰りをしながら暮らしている

去年そちらに進呈したオスプレーアトモス35は優れものザックだった
色んなアドベンチャーを共にしたわ
心機一転でミステリーランチのクーリー25にしたんだけど、やはり背負い心地や収納力でオスプレーに劣ります

娘に(無理矢理)買って貰ったトレラン用のテラノバレーサー30プロは軽くて荷物が少ない里山では使い勝手が良いです

四国で涅槃姿と言えば沖ノ島の姫島だけど、こちらは海に浮かぶドザエモンのイメージ

お盆に法事で新居浜に帰った時にはどこかへ登りましょう

そちら共2度程歩いた事のある峨蔵山(二ッ岳〜権現越)の山行記をアップしました
下のURLです 懐かしいから暇な時に目を通しておいて下さい

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html


34809.滑床渓谷ハイク&本流上部探索 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2021年06月08日(火) 22時25分
Original Size: 800 x 533, 157KB Original Size: 800 x 544, 161KB Original Size: 540 x 800, 164KB

@6/5滑床渓谷 河鹿の滝
A「滑床」の由来のとなった出合滑
B日本百名滝 雪輪の滝


エントツ山さん、ご無沙汰しております。

愛媛のコロナ感染状況も落ち着いてきて外出自粛も少し和らいだので、6/5土曜に職場の若者5人を誘って滑床渓谷にハイキングに行ってきました。

宇和島の単身赴任先の職場は全体の半分が20代の若者で13人もいて、活気があっていいですね。
でもコロナ禍のせいで飲み会や懇親会はもとより、休日に出歩くこともほとんどないようで、若者に休日の過ごし方を聞くと、YOUTUBEやレンタルDVD見るかゲームするか寝るかと答えるものが多く、せっかくの若さがもったいないと今回ハイクを企画して誘ってみました。

滑床渓谷は前日まで雨が降っていたので、水量が多く遊歩沿いの滝は迫力がありました。
遊歩道が濡れて滑りやすく、沢を横切らねばならないところもありましたが、無事、名所の千畳敷まで行って皆で食事をして引き返しました。

開放的な気になってか若者たちは大盛り上がりで、1人年配者の私はついていけずちょっと疎外感を感じたほどでしたよ。
中にはいつもの職場での雰囲気とずいぶん違う子もいて驚くとともに、違う側面が見られてよかったです。

私が若かった時代はこのような職場での企画は、準備から段取りまで全て若手に丸投げされてそれが普通でしたが、今の時代はそれを年長か中堅者が全てやらねばなりません。(自分はこのような企画が好きなので全く苦になりませんが)
そうじゃないと今の若者はわざわざ自分のプライベートの時間をつぶしてまで来てくれません。時代は変わりました…

一つ気になった点が。皆カメラを持ってないんですよね。高性能なカメラ付きのスマホを持っているので必要ないとのこと。
気に入った景色があれば、各自スマホを取り出して撮って友人に送ったりSNSにアップしたりするのですが、一緒に来た仲間の写真を撮り合いして、それをその相手に送るということはほぼしません。
それゆえ、専用カメラを持ってきた私一人が写真を撮って編集し、それを皆に後日配ることになります。

なんか違う気もしますが、これもジェネレーションギャップでしょうかねえ。
ともあれ、今後もこのような企画は続けていくつもりです。



34810.Re: 滑床渓谷ハイク&本流上部探索
名前:弁天山    日付:2021年06月08日(火) 22時27分
Original Size: 800 x 558, 161KB Original Size: 800 x 526, 164KB Original Size: 800 x 523, 163KB

C美しい中滑

D名所の千畳敷にて昼食

Eマシュマロをあぶって大盛り上がり
 カントリーマアムをあぶったのも柔らかくなってお勧めです



34811.Re: 滑床渓谷ハイク&本流上部探索
名前:弁天山    日付:2021年06月08日(火) 22時30分
Original Size: 800 x 566, 161KB Original Size: 800 x 533, 163KB Original Size: 800 x 539, 163KB

F6/6滑床本流上部 遡行図
G入渓地点 最高の赤ナメ
H気持ちのいいナメ滝 

翌6日の日曜は、前日のハイクでは歩き足りないので、再度、単独で滑床へ。
気温も上がってきたので沢のシーズン到来です。

前日はホテルなどある万年橋からのスタートでしたが、6日は宇和島市内からスーパー林道を車で上がり鹿のコルの駐車場スタート。(万年橋も鹿のコルも自宅からちょうど45分)

登山道の途中から谷に向けて道を下ると一ノ俣との合流点から少し上流に到着し、ここから入渓。
滑床本流の上流部で、前日の千畳敷からかなりの上流となりますが、水量もまずますで美しいナメが延々と続きます。
大きな滝もなく、本当に沢登り初級者のためにあるような谷ですが、ここのナメは非常に滑りやすいので単独の場合は注意を要します。

今回はこの本流上流部の複数の支谷を遡行探索してみることに。
・遡行図@の毛山から流れ出る支谷は、当初はここを林道まで詰める予定が、標高差80m位上った時点で水が枯れ倒木も多くなり目立つので引き返す。
・遡行図Aの支谷は、最初はナメが続くのですが両側が杉の植林で倒木が多くなり、標高差50m登ってナメが終わると倒木だらけで遡行する気力を失い再び引き返す。
・遡行図Bの鹿のコルまで続く支谷は水量が少ないものの、最初のゴーロっぽいのを我慢して進むとかなり上部までナメが続きます。まだ時間があったのでナメが終わった地点から尾根を下って次の支谷へ
遡行図Cの支谷は、少し遡行しただけであっけなく水が枯れたので、すぐ右隣の本命の沢へ
・遡行図Dの支谷は登山道との合流点までほとんどナメが続き快適に遡行できます。初めて遡行する場合はここがベストコース。分岐で水量が多いほうを選択すれば自然とここにたどり着きます。

5つの谷をめぐっても合計4時間弱でした。この上流部はまとまった雨後に行かないと面白くないかもしれません。
登山界ではマイナーな沢登りで、滑床とはいえマイナーな遡行記録でほとんど私の忘備録代わりのレポではありますが、またどこか沢に行ったらレポします。



34812.Re: 滑床渓谷ハイク&本流上部探索
名前:弁天山    日付:2021年06月08日(火) 22時36分
Original Size: 800 x 537, 161KB Original Size: 533 x 800, 160KB Original Size: 800 x 533, 168KB

I階段状のナメ滝

J遡行図@Aの谷は両側が杉の植林で、倒木にうんざりして引き返す

K遡行図Bの滝は水量は少ないがナメが比較的長く続く



34813.Re: 滑床渓谷ハイク&本流上部探索
名前:弁天山    日付:2021年06月08日(火) 22時39分
Original Size: 800 x 564, 162KB Original Size: 540 x 800, 161KB Original Size: 533 x 800, 165KB

L苔の剥げた白い岩 人面のよう

M遡行図D本命の谷 ほとんどナメでどこまでも続く

N遡行図Dはかなり上部となっても、まだナメが続



34815.Re: 大山の沢
名前:エントツ山    日付:2021年06月09日(水) 16時29分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 800 x 600, 99KB

      大山一ノ沢          大山二ノ沢         大山三ノ沢


弁天山さん  今日は


急に暑くなり水遊びに丁度良い季節になりました
梅雨の合間が長いので山歩きが出来ますが、何せ暑すぎますわ

職場の若手と滑床渓谷ハイクは楽しそうですね
今迄の経験もあって良い企画を上司として提案したもんです
そりゃこの年齢差ですからジェネレーションギャップは仕方がありません
自然の中で長い時間付き合うと職場では見せない良い面や少し残念な面が分かりますね
若手も弁天山さんの職場では見ない面も感じてくれたかも知れません
ガスバーナーが3つ程見えますが弁天山さんが用意されたのでしょうか
これを機会に若手もアウトドアー派に育って欲しいですねえ

今はプライベートが尊重される時代ですから若手に私的な時間まで指示や拘束は出来ませんね
(でも一般企業では少し違った上下関係ではありますが・・・)
楽しいけど叔父さんはストレスが溜まったかも知れません

で・・・
翌日は一人で気ままに沢を楽しんだ訳ですね
滑(ナメ)の水量が少ないとコケ等が生えて滑り易いですが、美しいです
そこそこ水量がある滑沢は最高ですねえ

それに比べて大山の沢は水すらほぼありません
沢と言うよりガレ場ですね
まあそれでも花が沢山咲くのでこの時期は楽しみです

四国のコロナ感染者数は一時はどうなるんだろうか?と思う程増えた時期がありましたが、いまは落ち着いて来た様です

これでインド株、変異株が入ってこなければ下火になってくれると思います

遠征自粛が2年目になりました
来年こそは・・・と期待しておりますが体力がどうなるか?

弁天山さんも新しい場所で前向きに生きておられるのを見て安心しました

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-9g-kumonodaira-1st.html



ページ: |< << 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb