[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





30653.念願の後ろ立山連峰へ 返信  引用 
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2018年10月12日(金) 00時38分
Original Size: 800 x 450, 168KB Original Size: 800 x 450, 159KB Original Size: 800 x 450, 165KB

エントツ山さん、こんばんは〜
毎年恒例の秋のアルプス。9月半ばから天気予報とにらめっこしながら
ようやく後立山連峰に行くことができました。

1日目 扇沢出発、種池山荘で早めの昼で名物のピザを食べていたら
お天気のはずが雨が降り出し、お盆の雨の山行を思い出しながら
爺ヶ岳を登り冷池山荘に宿泊。

2日目 すでにキレット小屋が閉まっているため冷池山荘〜鹿島槍ヶ岳
〜五竜岳〜五龍山荘泊まりのロングコース。
八峰キレットは思ったほど怖くなかったけど、赤坂の崩落個所や、G5〜
G4のあたりの岩場のほうがずっと緊張の連続。五龍の最後の登りは
これで危険個所も終わりと力を振り絞って頑張ったのに、楽勝と思っていた
五龍山荘までの下りもこれまた岩稜で結構危険個所もあり、気の抜けない
コースでした。

3日目 五龍山荘から白馬まで行きたかったのですが、天狗山荘が営業して
いないので、どう考えても11時間コースになってしまう。
今回は諦めて、不帰ノ剣はまたの楽しみにすることに。
唐松までの稜線はのんびり楽しくと思っていたら、牛首の鎖の連続は、岩が
もろいだけに、崩れないことを祈りながら通りました。

冷池山荘からのこの2日間はお天気に恵まれてスリリングな最高の山行と
なりました。



30654.Re: 念願の後ろ立山連峰へ
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2018年10月12日(金) 00時39分
Original Size: 800 x 450, 159KB Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 800 x 450, 164KB

1枚目の写真が横になってしまいすみません。
写真の続きです。



30655.Re: 念願の後ろ立山連峰へ
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2018年10月12日(金) 00時40分
Original Size: 800 x 450, 158KB Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 800 x 450, 162KB

写真の続きです。



30656.Re: 念願の後ろ立山連峰へ
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2018年10月12日(金) 00時41分
Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 800 x 450, 164KB Original Size: 800 x 450, 163KB

更に写真の続きです。



30659.Re: 念願の後立山連峰へ
名前:エントツ山    日付:2018年10月13日(土) 08時08分
Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 100KB

ゆ〜ちゃん達が残したルート   五竜岳は迫力満点の山でしたねえ  不帰の険はこんな所です


ゆ〜ちゃん
ダーリン    おはよう

この所新居浜に釘付け状態です
新居浜祭りが近づいておりますが見物する余裕があるかなあ

お〜〜後立山連峰へ行ってきましたか〜
今年は余りにも天候不順で遠征実行には苦労しましたねえ
私は数年前にゆ〜ちゃん・ダーリンルートを反対方向から歩きました

八峰キレットや不帰の険は登山者の落石が無ければヘルメットも要らないかも知れませんね

でも遠くから縦走路の岩尾根を眺めると緊張しますわ
2日目の冷池(つめたいけ)山荘から五竜山荘まではロングでしたねえ
リップさんも針ノ木小屋の営業ギリギリで行かれたそうですが、キレット小屋や天狗山荘は早くに閉めてしまうんですね

この辺りの山で印象的だったのはやはり「五竜岳」でしたわ
遠くから眺めても近くから見ても迫力満点です

五竜岳への上りは結構キツくザレ気味だったのでここは下るのは嫌な気がしました

今年は雨や台風が多くて遠征に不向きな年でしたが何とか二人で後立山連峰を歩けて良かったですねえ
娘二人を嫁がせて爽やかな気分で山を歩けましたね

ゆ〜ちゃん・ダーリンコンビはまだ若いから残りの後立ルートも楽しみにして計画を立てて下さい

下のURLは私の後立山連峰縦走記です 次回のルート参考に


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h28-9g-gotate-1.html


30649.北アルプス稜線 返信  引用 
名前:リップ    日付:2018年10月11日(木) 21時17分
Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 99KB

こんにちは。残ってたアルプスの稜線繋いできたわ、ちょっとでも早い方がいいから。
天気悪くてほとんど諦めてたんだけど、針ノ木小屋の営業最終日に間に合ったわ。

10月8日ー(大町前泊) 扇沢→針ノ木小屋泊  (5h)
10月9日ー針ノ木小屋→針ノ木岳→赤沢岳→鳴沢岳→岩小屋沢岳→種池山荘 (9h)
10月10日 種池山荘→爺ケ岳ピストン→扇沢 (4.5h)

1・・紅葉が降りてて最初から紅葉の中、ブナの林
2・・綺麗綺麗で進まない
3・・上に見える稜線を通るんだわたぶん



30650.Re: 北アルプス稜線
名前:リップ    日付:2018年10月11日(木) 21時20分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 99KB

4・・だいぶ登った、疲れがそろそろ
5・・スバリ岳かっこいい
6・・峠に着いた!今日はここまで



30651.Re: 北アルプス稜線
名前:リップ    日付:2018年10月11日(木) 21時27分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 98KB

7・・針ノ木小屋と針ノ木岳
8・・峠まで来ると反対側が見えて、まず槍に目が行くわ、ピーカンだったのがどんどん雲が沸いてきた。
9・・針ノ木岳からこれから行く稜線を見る、痩せ尾根!



30652.Re: 北アルプス稜線
名前:リップ    日付:2018年10月11日(木) 21時33分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 97KB Original Size: 800 x 600, 99KB

10・・針ノ木小屋が閉まったから、向かい側からはほとんど来ないだろうと思ったら田中陽希さんが来た、ヤッター。
11・・歩いている間、左側にはずっと剣岳がある、爺ケ岳からの剣の上に怪しい雲。
12・・下山始めたら又紅葉



30658.Re: 北アルプス稜線
名前:エントツ山    日付:2018年10月13日(土) 07時43分
Original Size: 804 x 1024, 165KB Original Size: 800 x 449, 131KB Original Size: 800 x 600, 100KB

リップさんとゆ〜ちゃん達の後立歩き  鹿島槍から南側の峰々     種池小屋のテン場


リップさん  おはようございます

Toshi ちゃんが羨む様な良い天気ですねえ
針ノ木から種池山荘が未踏ルートで残っていましたか
私も種池山荘から針ノ木岳〜蓮華岳〜船窪岳〜不動・南沢岳〜烏帽子岳のルートを残してしまいました

このルートを繋ぎたいって心理はいかなるもんでしょうねえ
親不知(日本海)から後立山連峰〜裏銀座〜槍穂〜西穂の北アルプス縦走ルートで種池山荘から烏帽子岳を残すと何かしっくりきません
「達成感」って心情でしょうか

やり残した事とか宿題とか表現しますが「気持ちの区切り」を着けたいって感情?

針ノ木雪渓が無い代わりに素晴らしい紅葉が見られましたねえ
紅葉の向こうに岩峰が聳える風景ってええですわ

読売新道を下りながら雲の間に針ノ木岳やスバリ岳が見えると思うのですがやはりそこを歩いていないので山の同定は難しいです

田中陽希さんも気さくに撮影に応じてくれて良かったですね
この辺りに日本三百名山があるのかしら
ライチョウやオコジョに出会うより難しい出会いでしたわ

私も諸事情で登山環境が益々悪くなるばかりですが年に3回程は遠征をしたいものです


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-9g-suminomichi2.html


30604.裏寒風山 返信  引用 
名前:kazashi    日付:2018年10月01日(月) 12時57分
Original Size: 640 x 480, 99KB Original Size: 640 x 480, 118KB Original Size: 640 x 426, 154KB

エントツ山さん、こんにちは!

最近はWOC登山部で毎週水曜日に山に出かけ、
今年は過去最高の山行回数になりそうです。
以前から山楽会という高松市民登山学校のOB会には入っていましたが、
山行が日曜日なので仕事上ずっと参加できずにいました。
WOC登山部は水曜日が休みの人とリタイヤした人がメンバーなので
丁度都合がよく、しかもそれ程こだわりのある人がいないので
気楽に参加できています。

ただ以前の企画する人が休んでから何故か私が企画することが
ほとんどになり、計画と水曜日の天気で最近頭を悩ませています。

10月17日は裏寒風を企画したものの、自身が歩いていない
コースで、しかも独り歩きでなく(一人だと悩むこともないのですが)
団体なので少し不安です。

つきましては裏寒風コースの登山口からのトラックと、ポイントが
あればアドバイスいただければと思います。

よろしくお願いします。

写真はここ最近の山行です。
1.冠山
2.土佐矢筈山
3.伊予富士
http://www.geocities.co.jp/Outdoors-Mountain/9878/



30605.Re: 裏寒風山
名前:エントツ山    日付:2018年10月02日(火) 19時59分
Original Size: 640 x 480, 159KB

かざしさん 今晩は
今伊予の鈍亀さんと新潟県です
今日雨飾山で明日明後日は妙高山と火打山です

裏寒風の件は帰ってからでも間に合いますので今週末までお待ちください
でも日程が合えば一度一緒に行く方が良いと思います
ただ私は水曜日は孫当番なので他の曜日ではどうでしょうか?



30606.Re: 裏寒風山
名前:kazashi    日付:2018年10月04日(木) 08時51分
Original Size: 640 x 480, 87KB Original Size: 640 x 426, 120KB Original Size: 640 x 426, 110KB

エントツ山さん、おはようございます!
まだ今日は鈍亀さんと遠征中ですね。

昨日は12名で土小屋から石鎚に登りました。
内6名を東稜コースを案内しました。
石鎚山頂付近の紅葉のピークはあと少しといったところです。

やはり裏寒風はうちのメンバーでは少し荷が重いですかね?
山行の水曜日はどうしても外せないので、せっかくのご提案ですが
難しそうです。またアドバイスお願いします。
http://www.geocities.co.jp/Outdoors-Mountain/9878/



30607.Re: 裏寒風山
名前:タキオン    日付:2018年10月04日(木) 20時38分
Original Size: 1024 x 767, 158KB Original Size: 1024 x 767, 160KB Original Size: 1024 x 610, 158KB

このカーブに車を止めます、 ここから登る、 GPS軌跡です。

kazashiさん、エントツ山さんこんばんわ。
2012年の記録です、カーブからトンネル側へ数十メートルで登り口ですが今は橋本さんが作られた案内板は無いそうです。
私は帰りは道路を歩きましたが車をトンネル入り口にデポしておくのが良いと思います。
もしくは寒風茶屋にデポし、下りは正規の登山道を使うか。

エントツ山さん、この悪天候で私も今年は北方稜線をあきらめました。
来週、天気と相談ですが台風明けに下の廊下に行ってきます。
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/hisa/



30608.Re: 裏寒風山
名前:kazashi    日付:2018年10月05日(金) 11時29分
タキオンさん、初めましてこんにちは!

早速の裏寒風山のトラックを載せて頂いてありがとうございます。
登山口とルートは二つあるんですね。

これを見ると北尾根は距離が長そうなので、寒風茶屋に車を置いて、
少し時間はかかりますがトンネルを歩いて、トンネル出口から登り
帰りは桑瀬峠へ降りようかと思います。
それなら大丈夫かな?と。

わざわざありがとうございました!
http://www.geocities.co.jp/Outdoors-Mountain/9878/


30609.Re: 裏寒風山
名前:アンジーパパ    日付:2018年10月05日(金) 12時46分
エントツ山さん、スーパータートルズさん
ご無沙汰しています。
台風前の山行でしたが無事にご帰還されましたか?
また、レポを楽しみにさせていただきます。

kazashiさんタキオンさん初めまして。
御二方の名前は存じています。
kazashiさんのホームページはいつも楽しく
読み逃げしています。

タキオンさんがログを貼って下さっていますが
旧寒風山トンネル北側に広い駐車スペースが有ります。
険しいところが何箇所か有りますが全てロープと鎖が
が整備されています。
夏に歩いた時に寧ろ標高1550m付近をトラバース
する辺りが足元が崩れていたり抜けている所が有ります。
小さな沢部を横切る所やその後の急登部がざれていて
注意が必要でした。

台風の影響が残ってなければ良いですね。


30615.Re: 裏寒風山
名前:kazashi    日付:2018年10月06日(土) 08時23分
アンジーパパさん、初めまして!

パパさんは夏に歩かれたんですね。
旧寒風トンネル北側からの道はタキオンさんのトラックを
見ると急登が続きしんどそうですね。

所々ザレた箇所があるみたいですが、おっしゃる通り
今年は台風の影響があちらこちらで出ているので
荒れていないか心配です。
あとは紅葉がどこまで降りてきているかもです。

わざわざの返信ありがとうございました。
http://www.geocities.co.jp/Outdoors-Mountain/9878/


30616.Re: 裏寒風山
名前:エントツ山    日付:2018年10月06日(土) 19時28分
Original Size: 900 x 749, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB

裏寒風GPS ログ図    日本百名山を登るニセアンジー (ドナ号 ♀)


Kazasi さん
タキオンさん
アンジーパパさん   こんにちは

返事が遅くなりました
妙高・火打から帰ってすぐにお袋さんの介護当番を長兄から引き継いで忙殺されておりました

さて、裏寒風のルートに関しては結論が出ている様ですね
旧寒風山トンネル西口からの裏寒風コースは通行止めになっている様ですが、上りに使う限りそんなに難しいルートではありません
(先日はこのルートを夜に下りましたが)

GPSのトラックログはタキオンさんのが分かりやすいです

ルートの要所を申し上げれば
@トンネル西口を入って少し左手気味に進み涸れた小沢を越します
Aそこから長めの尾根へ取り付く事になります。多少急登ですが一本尾根ですからルートを外す事はないと思います
 鎖が置かれた崖っぽい場所もありますがそんなに難しい場所ではありません
B尾根を詰めると大岩に突き当たり、この大岩に左へ進む標識が掛けられています
 この場所から左手の別尾根へトラバースするルートになります
 テープなどがあり踏み跡もありますので沢を一か所渡ってトラバースしていきます
C途中、草地の樹林帯へ這い上がり少しルートがわかり辛くなりますが、ターニングポイントには小さなケルンが積まれて赤テープも見られます ここから左手にほぼ水平のイメージで進みます
D最後の尾根展望所前がガレ場になり、ここもルートが少し不明になりますが、ガレ場に沿って這い上がって行きます
Eガレ場を詰めると左手の第2展望所に這い上がる事になり、笹原に出ます
ここはすこぶる展望や紅葉が眺められる場所です
Fこの大展望所からは橋本整備がされておりロープなども随所に出てきます
 それに沿って這い上がって行くと寒風山の南峰に出ます

ざっとこんなルートですが思ったより沢山の赤テープがありますので繰り返しますが「上りに使えば」注意深く歩けば問題無いと思います

注意点は最初に取り付いた尾根を詰めて大岩標識から大きく北側の大きい尾根に向かってトラバースするのでテープや踏み跡が無くなったらそこで進まず皆さんで踏み跡やテープを探して下さい

(まあ、間違って上に進んでも崖に突き当たるので途中で引き返す事になりますが・・・)

あまり丁寧に説明するとスリルが半減しますのでこれ位に
何せ短いルートですから稜線へ這い上がるのに「尾根を乗り換える」事だけ念頭に置いて下さい

ご安全に・・・

タキオンさん アドバイスありがとうございます
やはり寒風山西尾根と裏寒風のマイナールートをセットで歩くのは初めての人にはちょっとキツイですね
さすがヘンテコリンなルートは歩かれてますね
私は寒風山に関しては東尾根の方が長くて魅力的なのでそちら専門です

アンジーパパさん アドバイスありがとうございます

今回雨飾山でアンジーによく似た犬を連れた登山者に出会いました
アンジーと同じように体をくねらせて近寄ってきます。撫でてやると嬉しそうに甘噛みやガウ〜って唸りを発します。名前は「ドナ」と言うので亀吉さんと一緒に「ドナドナド〜ナ ド〜〜ナ♪」と歌うと飼い主から「年代がわかりますねえ」と言われました
飼い主さんによると犬用に3リッターの水が必要なので水場が無い登山は難しいとの事です

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-9g-suminomichi2.html



30642.Re: 裏寒風山
名前:童夢    日付:2018年10月09日(火) 22時45分
Original Size: 640 x 570, 223KB

エントツ山さん、そして皆さんこんばんは。
ず〜〜っと、長らく、ご無沙汰しております。
今年は、酷暑と豪雨と台風で、山行きは足止めが続きましたね。
それでも間隙を縫っての皆さんの山行投稿を、楽しく見させて頂いています。
エントツ山さんの遠征の記録も・・・タフ過ぎる

ここへ書き込むと、掲示板順位が変わるのを気に掛けながら、参考になればと思いつつ。
ごめんなさいね。

kazashiさん、こんばんは。
寒風山のルートは、皆さんの情報であらかた出尽くしていると思います。
尾根ルートから、第二展望台までのトラバースが、注意のいる点かな。
豪雨の影響でガレ場がどうなっているかが、気になるところです。
そちらが通れなければ、右上に上がって、メインルートに復帰することも可能です。
ただ、こちらもあまり歩く人はいないようで、はっきりとした踏み跡は見つけづらいと思われますが、参考情報として。

皆さんの紅葉情報を楽しみにしております。



30648.Re: 裏寒風山
名前:エントツ山    日付:2018年10月11日(木) 07時17分
Original Size: 787 x 593, 99KB Original Size: 603 x 607, 94KB

西尾根を上がって桑瀬峠から反対側へ下りる 裏寒風を上がってお花畑ルートから沢筋を下る

童夢さん お久しぶりです

青山連山の時は色々アドバイスを頂きました

確か童夢さんとは裏寒風で相当以前お会いした事がありましたよねえ
我々にとっては寒風山はもう普通の登山道を歩くのは積雪期位のものでしょうか

東側から、西側からマニアックなルートを歩き尽くしましたわ
但し、少数精鋭で縦横無尽に徘徊する場合と違って、 今回の Kazashi さんの様にグループの人をご案内するケースでは話が違います

そこには自己責任ではなく「リーダーの責任」が付きまといます
道迷いや怪我をされない様にグループを導くのは最後まで気を遣いますわ

リーダーの任務を全う出来て初めてその山を知ると言えますね
仲間からの感謝や尊敬の念を抱かせる様になって初めてリーダーと言えます

Kazashi さんも無事リーダーとしての任務を果たして貰いたいものです

昨夜着替えを取りに高松へ帰ってきましたが、今から又新居浜でお袋さんの介護当番に入ります


エントツ山
 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-10g-oze-shifutsu.html


30636.今季最後の遡行 鉄砲石右俣+阿歌古渓谷 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2018年10月09日(火) 22時13分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 620 x 800, 163KB

@本流の赤ナメ これまでで水量が一番に多かった A第一堰堤先の清々しいナメ B第二堰堤前のナメ連滝
エントツ山さん こんばんは。

10月に入り涼しくなったので沢道具は全てしまっていたのですが、今回の台風後、気温が高くて蒸し暑いので、7日の日曜は沢道具を再度取り出して急遽沢に行くことに。

今季は久万高原町の坂瀬渓谷に行かなかったので、早朝車で向かうとなんと小雨が降っている。狭くて荒れている坂瀬林道を進むと、なんと台風の影響と思われる倒木で行き止まり。
やむなく近くの鉄砲石川へ変更し、6月に左俣に行ったので、今回は3年ぶりに右俣を遡行してみました。

林道の赤橋から入渓すると、この山域は台風の影響でかなり雨が降ったようでいつもと比べ水量が非常に多い。
いつものぴちゃぴちゃ沢歩きのはずが、場所によって足を取られる水流で初めての場所を遡行するように感じました。

この右俣は砂防堰堤が5〜6個あるのが興を削ぎますが、第二堰堤から第三堰堤の間は長くて広大なナメが拡がっており、個人的には左俣よりこちらの方が好きです。
7日は水量が多くてナメ全体に水が流れて非常に清々しく、たった一人で贅沢に少しだけ色着き始めた渓谷美を堪能できました。

でも、標高が高いので水はやはり冷たかったですね。(ネオプレンの沢タイツが有効)
駐車場からちょうど3時間で標高1130m地点に到達し、この日はここまでとし引き返しました。



30637.Re: 今季最後の遡行 鉄砲石右俣+阿歌古渓谷
名前:弁天山    日付:2018年10月09日(火) 22時14分
Original Size: 600 x 800, 164KB Original Size: 800 x 621, 165KB Original Size: 800 x 600, 162KB

C第二堰堤を越えるとナメが連続してくる DE広々とした美しいナメ



30638.Re: 今季最後の遡行 鉄砲石右俣+阿歌古渓谷
名前:弁天山    日付:2018年10月09日(火) 22時15分
Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 596, 162KB Original Size: 800 x 600, 159KB

F広々としたナメが最高に気持ちいい G美しい渕にて H今回はここで引き返す



30639.Re: 今季最後の遡行 鉄砲石右俣+阿歌古渓谷
名前:弁天山    日付:2018年10月09日(火) 22時17分
Original Size: 596 x 800, 162KB Original Size: 800 x 581, 162KB Original Size: 800 x 571, 162KB

I阿歌古渓谷遡行図 J入渓するとゴロゴロした川原 Kしばらくすると小滝が3つ程出てくる 

翌8日の月曜は沢道具を出したついでに、近場の低山の未遡行の沢ということで東温市の阿歌古渓谷へ。これを詰めると四国百名山の東三方ヶ森に着きます。

車で県道から渓谷沿いの林道に入りを1kmほど進むと、ここも土砂崩れのため不通。車を置いて林道を45分ほど歩きましたが、坂瀬以上に非常に荒れた林道でほとんど廃道に近いものでした。
入渓して石や岩のゴロゴロした川原をしばらく進み、3つほど小滝を越えるとゴルジュの中にある二又の分岐に到達。

分岐の右側は12mのこの渓谷で一番大きい滝が流れており、水量も多目で直登は自分には無理。

簡単に捲ける場所がなく、やむなく右岸の切り立った草付きを草の根を掴みながら這い上がり、ようやく木が生えている所に着くも垂直に近く滑ったらアウトなので、必死によじ登りました。本当に怖かったです。

なんとか捲いて谷に降りると、そこから先は明るい雰囲気の谷に変わり、直登できる小滝もいくつか現れ、気持ち良く遡行できました。
標高1020mの最後の滝を登ると水が枯れガレ場歩きとなり、いくつか分岐があってここで見事に間違って右に進み、GPSで誤りに気付いた時には既に1202m峰に向けて50mほど登っていました。

元の谷を下るのももったいないのでこのままX字谷を進むと、だんだん傾斜がきつくなって苔のあるナメの滑り台のようになり、一歩足を滑らすと一気に下まで滑り落ちそうな感じに。
危険なのでなんとか尾根に取り付いたのはいいものの、先ほどの滝の高捲きと同様に垂直に近く、木の根と幹を手鈎で引っ掛けながらようやく1202m峰に到着。

本日2回目の危ない高捲きでヘロヘロになり、まだ往復1時間かかる東三方ヶ森山頂はあきらめ、ここから登山道を下山しました。
下山は迷うことはありませんが、勾配が急な上に落石が多く荒れていました。

今回無地下山できたものの、この谷はそもそも自分の技量では一人で来るべきではなかったことや詰める場所を見誤るなど反省点の多い今季最後の沢登りとなりました。
今、昨夜以上に腕や肩、膝や腰、全身が痛いです…



30640.Re: 今季最後の遡行 鉄砲石右俣+阿歌古渓谷
名前:弁天山    日付:2018年10月09日(火) 22時19分
Original Size: 590 x 800, 160KB Original Size: 800 x 623, 163KB Original Size: 800 x 599, 163KB

L分岐右にあるこの谷最大の滝 Mなんとか高捲きを終えると明るいナメが N気持ち良く直登できました



30641.Re: 今季最後の遡行 鉄砲石右俣+阿歌古渓谷
名前:弁天山    日付:2018年10月09日(火) 22時20分
Original Size: 600 x 800, 163KB Original Size: 584 x 800, 165KB Original Size: 600 x 800, 164KB

O美しい小滝 P最後の方にこのような滝が4つ程続いて高度を上げる Q間違って登ってしまった最後の詰め



30647.Re: ホンマに今季最後の遡行なの???
名前:エントツ山    日付:2018年10月11日(木) 07時04分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 163KB

妙高山) 北地獄谷・光明滝(温泉っぽい)  マイナーな大倉谷ルート  大倉谷の徒渉

弁天山さん  おはよう

ホンマに沢歩きのシーズンオフなのかしら?

鉄砲石川の滑(なめ)は何度拝見しても見事ですねえ
ここが晩秋に紅葉すればさぞ美しい事でしょう
良くポスターで見かけますが滝と紅葉のセット写真は感動ものです
この所、大雨や台風で山道へ入るのが不安です
4WDでないと直ぐにガリガリ底を擦りますもんね
動かせない倒木や岩があるとアウトです

弁天山さんは沢の選択肢が多いから転進が可能ですねえ

阿歌古渓谷は興味津々です
以前、トンちゃん達が東三方ヶ森へ登った時に苦労したレポがありましたが、渓谷沿いに詰める発想は中々起こりません

沢はルート自体は容易なのですが、分岐で悩みますよね
GPSも谷筋では衛星を捉えられない場合がありますし・・・
スマホのジオグラフィカなども大いに活用したいものです

まあ、あそこまで東三方ヶ森へ詰めたら大したもんです
あの腰にぶら下げた手カギが役に立ちましたか

こちらは妙高山へ行き、通行止めになっている大倉谷コースを下山しました
どんな場所が待ち受けているのかドキドキしながら下りましたが、まあ以前は使われて地図にも載っているルートなので時間はかかりましたが何とかなりました

徒渉のタイミングで山男が偶然に通りかかり渡渉のルート取りの見本を見せてくれました
但し、2回目の徒渉箇所では川の中に入る様に言われて逆らえず靴がずぶ濡れになり、沢を渡った後に靴下を絞りました

弁天山さんも毎回初めて出会う沢で勇気を振り絞って高巻きなどをしてるんですね
お互い怪我をしても「やっぱりね その内怪我すると思ってた」と言われる立場ですから意地でも無事に歩きましょう

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-10g-oze-shifutsu.html


30635.谷川岳・至仏山 返信  引用 
名前:toshi    日付:2018年10月09日(火) 20時13分
Original Size: 1024 x 683, 87KB Original Size: 1024 x 683, 83KB Original Size: 1024 x 683, 96KB

エントツ山さん こんばんは!

6-8日とBaCツアーで谷川岳・至仏山に行って来ました。
6日は移動のみでしたが、台風25号の影響で鳴門大橋が通行止めとなり、
瀬戸大橋経由で行くこととなり、出出しからケチが付きました。
7日は晴れの予定が山は雨、樹林帯を抜けた後は蛇紋岩の急坂を雨の中
必死に登り、谷川岳肩の小屋手前から強風にあおられながら、トマの耳
は何とかクリア。オキの耳はガイドの判断で断念となりました。
8日こそは晴れを期待したのですがほぼガスの中、雨には出出し以外は
遭わず、雨具の出番はなくて良かったのですが、至仏山頂でも全く視界
はなく、登頂記念の写真を撮るのみでした。紅葉がきれいだったのは、
鳩待峠から帰り、車中より見たのが一番だったと思います。
四国とは違う雰囲気の紅葉を期待していたのですが、あいにくの天候に
やられてしまいました。台風の影響がここまで残るとは・・・。
ただ、ここの蛇紋岩地帯にしか咲かないホソバヒナウスユキソウをみる
ことが出来ました。当然、花は済んだ状態ですが、機会があれば、見て
みたいものです。花期は7月上旬のようです。
帰宅しのは9日2時40分でした。群馬県は遠かった・・・。
ではまた。

写真はほとんど撮れず。せっかく持って行った一眼レフの出番はなし。
天神平駅付近の紅葉、至仏山登山道横のウラジロナナカマドの紅葉、
ホソバヒナウスユキソウの花の残骸を貼っておきます。



30645.Re: 谷川岳 天気が良いとこんな所
名前:エントツ山    日付:2018年10月10日(水) 22時46分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 900 x 675, 164KB

谷川岳 トマの耳とオキの耳       トマの耳       オキの耳 


toshi ちゃん  今晩は

谷川岳は西黒尾根を上がったのね ベースキャンプもやるもんじゃ
トマの耳からオキの耳へは多少岩稜気味の細道で崖の横を歩くから強風に煽られると危険と判断されたんでしょうね

良いカメラを持って紅葉の山へ行ったのに撮る気にもなれない天候って残酷な話やねえ

個人山行は行き帰りの運転はキツいけど天気は選べる・・・難しいジレンマや

まあ、天気を選んで行った谷川岳の写真でもどうぞ!!

エントツ山

下のURLは谷川岳の山行記です

 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-10g-tanigawadake.html



30646.Re: 至仏山 天気が良いとこんな場所
名前:エントツ山    日付:2018年10月10日(水) 22時58分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 131KB Original Size: 800 x 600, 113KB

  至仏山          至仏山から尾瀬ヶ原      尾瀬ヶ原から至仏山


至仏山へ行く時はフツー尾瀬ヶ原を絡めて燧ケ岳へ登る場合が多いんだけど、谷川岳と鳩待峠から至仏山だけピストンって訳だったのね

雨も嫌だけど霧も滅入るわ
霧がす〜〜っと晴れた美しさは何とも言えない幻想的な風景なんだけど、晴れなければガッカリやねえ

下のURLで尾瀬の秋を楽しんで下され

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-10g-oze-shifutsu.html


30633.(untitled) 返信  引用 
名前:kurenaikai    日付:2018年10月08日(月) 17時19分
Original Size: 640 x 479, 122KB Original Size: 640 x 479, 177KB Original Size: 640 x 479, 146KB

次の日は手箱山へも登りましたが最初は晴れていたけど途中からガスに覆われて晴れる気配は無いので少しだけ岩肌の紅葉の木々を空撮して下山しました。途中岩黒山へもいきました。山頂からは瓶ヶ森が雲の上に浮いているように見えてとても神秘的な風景を見ることができました。
http://www43.tok2.com/home/kurenaikai/



30634.手箱山と岩黒山
名前:kurenaikai    日付:2018年10月08日(月) 17時22分
Original Size: 640 x 426, 55KB Original Size: 640 x 426, 35KB Original Size: 640 x 426, 70KB

手箱山からの景色。瓶ヶ森はきれいでしたけど石鎚山方面はガスがわいていました。
http://www43.tok2.com/home/kurenaikai/



30644.Re:錦秋の空撮
名前:エントツ山    日付:2018年10月10日(水) 21時52分
Original Size: 800 x 600, 96KB Original Size: 800 x 600, 105KB Original Size: 900 x 675, 165KB

   小豆島・寒霞渓の空撮(ロープウェイから)      九州の夢の吊り橋から

kurenaikai さん   2枚目の空撮写真 どこかで見た様な・・・・
そう! ロープウエイや吊り橋の上から見た紅葉でした

真下に見る紅葉の森は八甲田山や千畳敷カール(中央アルプス)のロープウェイからも眺められますが、難点はガラスが反射して良い写真が撮れません

その点電動竹とんぼは遮る物が無い写真が撮れますねえ

石鎚から紅葉が次第に下がって来ます
最後は讃岐の里山とか小豆島の寒霞渓なんでしょうか


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-9g-suminomichi2.html


30628.紅葉真っ盛りの石鎚山へ 返信  引用 
名前:kurenaikai    日付:2018年10月08日(月) 17時13分
Original Size: 640 x 426, 172KB Original Size: 640 x 426, 167KB Original Size: 640 x 426, 151KB

エントツ山さんこんばんわ。四週間ぶりに仕事が休めたので紅葉真っ盛りの石鎚山へと登りました。渋滞が嫌なので昼過ぎに東稜ルートから登りました。紅葉は二連続の台風にも負けずにとてもきれいでした。
http://www43.tok2.com/home/kurenaikai/



30629.Re: 紅葉真っ盛りの石鎚山へ
名前:kurenaikai    日付:2018年10月08日(月) 17時15分
Original Size: 400 x 266, 69KB Original Size: 400 x 266, 70KB Original Size: 400 x 266, 70KB

墓場尾根の紅葉はとてもすばらしかったです。
http://www43.tok2.com/home/kurenaikai/



30630.Re: 紅葉真っ盛りの石鎚山へ
名前:kurenaikai    日付:2018年10月08日(月) 17時17分
Original Size: 400 x 299, 87KB Original Size: 400 x 299, 79KB Original Size: 400 x 299, 88KB

空撮にて撮りましたが今まで見た景色に感動。
http://www43.tok2.com/home/kurenaikai/



30631.Re: 紅葉真っ盛りの石鎚山へ
名前:kurenaikai    日付:2018年10月08日(月) 17時17分
Original Size: 400 x 299, 38KB Original Size: 400 x 299, 35KB Original Size: 400 x 299, 37KB

天狗岳と弥山も遠くから撮りました。もう少し雲があれば最高なのですが。
http://www43.tok2.com/home/kurenaikai/



30632.Re: 紅葉真っ盛りの石鎚山へ
名前:kurenaikai    日付:2018年10月08日(月) 17時18分
Original Size: 426 x 640, 124KB Original Size: 640 x 426, 66KB Original Size: 426 x 640, 102KB

弥山へと着くと残念ながらガスに覆われていました。でも時折晴れてすばらしい紅葉を見せてくれました。
http://www43.tok2.com/home/kurenaikai/



30643.Re: 紅葉真っ盛りの石鎚山へ
名前:エントツ山    日付:2018年10月10日(水) 21時37分
Original Size: 1024 x 767, 158KB Original Size: 1024 x 767, 165KB Original Size: 1024 x 767, 165KB

石鎚の紅葉はやはり四国一でしょうねえ

「秋山」が山の風景では一番でしょう
その中でも花崗岩とドウダンツツジの真紅が織りなす石鎚の秋はピカ一ですね

私は四季を通じで石鎚山を色んなアプローチで楽しんで来ましたが、北沢の最後の詰め、第一幕岩の紅葉は素晴らしいです

天狗岳は沢山の人が同じような写真を撮られているのでもう雲海が絡まないと刺激がありませんわ

毎年出かける秋の石鎚でしたが今年はどうも諸事情で出かけるのが難しそうです
kurenaikai さんや Kazashi さんの石鎚紅葉写真を眺めて少しは行きたいのに行けない心の葛藤が少し落ち着きました

ありがとうございます

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-9g-suminomichi2.html


30621.秋に絶対のお勧め日本百名山 「妙高山」と「火打山」 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2018年10月06日(土) 20時33分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 161KB

ガスから頭を出す妙高山   天狗の庭から火打山   火打山じから焼山(右)雨飾山(中央) 雪倉岳〜白馬岳(奥) 
    

遠征二日目に行った妙高山・火打山は出発間際まで瑞牆山・金峰山・甲武信ヶ岳と迷いましたが結果的にこちらで大正解でした

燕温泉登山口で東京の山岳会と出発がほぼ同じになり、あちらはガイドに先導されて結構速いペースだが休憩が多い
こちらはいつもの鈍亀歩きでスローだが休憩は不要、結局あちらが休憩の時にこちらが抜き去り、途中で抜かれると次の休憩時に追い越すと言う繰り返しでした
最後には東京ウサギチームのハイペースがたたって落伍者が出て、我々、四国の亀さんチームが勝利しました

胸突き八丁の急登までガスがかかり視界が悪かったのが、す〜〜っと霧が晴れて妙高山が現れた時は感動でした

妙高山は素晴らしい山でした 紅葉も綺麗だし雲海の上に北アルプスが白馬岳から槍穂までばっちり浮かんでました
おまけに小さな富士山までが八ヶ岳の左に見えました ここから見える富士山は南アルプスからと違い意外と小さかったです
雲海が出て気持ちいい〜〜って表現がぴったりの痛快な風景でした

高谷池ヒュッテが予約出来なかった為にあまり評判の良くない黒沢池ヒュッテに泊まりましたが、一階を無理して2段にした穴倉に押し込まれて頭やおでこを柱で3度もぶつけました(今でも額に傷が残っております)

上の段にいた女性グループが4時から朝食と言う事で3時過ぎから音を立てるので寝ておれず、こちらも起きて早めに出発しましたが、これが後に余裕となりました
火打山は山そのものよりも周りに配された池塘の風景が素晴らしかったですねえ
どこの池も個性的で魅力的な風景を醸し出しておりました

今回予定していた三ツ峰ルートが稜線崩壊とかでコース入口に通行止めのテープが張られて参りました
次善の策で予定していた燕新道ルートも橋が流されて通行止めとなっておりました ガ〜〜ン!
でも妙高山に又上り返すのも嫌で、両ヒュッテから「川岸崩壊と橋の流失で通行止めになっています」と言われた長介池〜大倉池〜麻平コースに向かって果敢に突っ込みました
確かにこのルートは歩く人が極端に少なく荒れ気味ではありましたが静かな山歩きを楽しむ事が出来ました


妙高山と火打山、エントツ山と伊予の鈍亀が秋に是非お勧めの日本百名山です

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-9g-suminomichi2.html



30622.Re: 秋に絶対のお勧め日本百名山 「妙高山」と「火打山」
名前:エントツ山    日付:2018年10月06日(土) 20時39分
Original Size: 900 x 675, 150KB Original Size: 900 x 506, 165KB Original Size: 900 x 675, 162KB

  雲海に浮かぶ槍ヶ岳  同じく槍・穂より白馬までの北アルプスが並ぶ 遠くの富士山が小さく見える
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-9g-suminomichi2.html



30623.Re: 秋に絶対のお勧め日本百名山 「妙高山」と「火打山」
名前:エントツ山    日付:2018年10月06日(土) 20時44分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 506, 163KB

  黒沢池ヒュッテ付近    高谷池(こうやいけ)ヒュッテ付近  黒沢池近辺の山  
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-9g-suminomichi2.html



30624.Re: 秋に絶対のお勧め日本百名山 「妙高山」と「火打山」
名前:エントツ山    日付:2018年10月06日(土) 20時48分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 506, 160KB Original Size: 900 x 675, 165KB

火打山登山道よりの紅葉         長助池        長助池近辺 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-9g-suminomichi2.html



30625.Re: 秋に絶対のお勧め日本百名山 「妙高山」と「火打山」
名前:エントツ山    日付:2018年10月06日(土) 20時54分
Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB

下山時のマイナールートにある長助池が良かった   第一渡渉点  デカいホウの葉っぱ


下山ルートは登山者が歩かない禁止エリアを歩く
問題の橋が流れた渡渉点2か所も特に靴を濡らせば問題無く通過する事が出来た

妙高〜火打 このセットは秋のお得な日本百名山でした


エントツ山 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-9g-suminomichi2.html



30626.Re: 秋に絶対のお勧め日本百名山 「妙高山」と「火打山」
名前:kazashi    日付:2018年10月07日(日) 09時00分
エントツ山さん、おはようございます。

妙高山と火打山お疲れ様でした。行き帰りを運転された鈍亀さんは
更にお疲れさまでした。

どの写真を見てもやはり山も紅葉もスケールが違うので、
見ていてため息が出ます。息の合うパートナーと過ごす山での時間は
何ものにも代えがたい時間ですね。
あと何年先になるか分かりませんが、妙高山と火打山もリストの一つに
覚えておきます。


自分の書き込みに書くと、この素晴らしい写真が下がってしまうので
書き込みする場所が違いますが、裏寒風のアドバイスありがとうございました。
http://www.geocities.co.jp/Outdoors-Mountain/9878/


30627.Re: 秋に絶対のお勧め日本百名山 「妙高山」と「火打山」
名前:エントツ山    日付:2018年10月07日(日) 17時52分
Original Size: 647 x 484, 163KB Original Size: 900 x 506, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB

孔雀蝶(クジャクチョウ)     大倉乗越から火打山    大倉乗越から妙高山


Kazashi さん  今晩は

気を遣って頂きありがとうございます

今年は雨や台風が多くて皆さん遠征に苦労している様ですね
Kazashi さんの石鎚東稜写真を見ると石鎚山にも紅葉が進んでいる様ですねえ

確かに中央の山や東北の山ではスケールが大きい紅葉風景が見られます
紅葉だけでなく夏のお花畑も同様です

でも、そこは地元の風景ではなく旅する景色ですから一度か二度位しかお目にかかれません

やはり地元四国の紅葉は毎年それを眺める事が出来ます
それには時期、タイミングが大事ですから色んな山仲間からの情報が頼りになります

10月中旬には寒風山辺りも丁度良い紅葉の時期かと思われます

自分だけで山へ行くと気楽ですが他人を案内するとなるとそうはいきませんよねえ
Kazashi さんも水曜会では次第に中心的役割を担ってくる様になったんですね
これも大事な任務です
トンネル西口からの裏寒風ルートは恐れる場所ではありません
楽しんで来てください


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-9g-suminomichi2.html



ページ: |< << 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb