[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





28610.有枝川支沢に 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2017年08月06日(日) 20時30分
Original Size: 800 x 557, 164KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 624, 165KB

@今回遡行地図 A入谷してすぐ 普通の沢っぽい B黒い岩質でとても滑りやすい

エントツ山さんこんばんは。

沢に興味のない方にはまたか…ではありますが、今日は午後から用事があるため、昼過ぎには帰宅できる近場の有枝川の支沢に、今回は皿ヶ嶺ではなく隣の陣ヶ森に向かう支流を遡行してみました。 
皿ヶ嶺に向かう支流のナメラ沢と違って、大きな滝や長いナメはありませんでした。

この沢も植林地の中を流れており、倒木の多さには閉口しました。
しかも、泥が多いので不思議に思っていると、最近開設された作業道が川を横切っており納得。

水がなくなり最後は倒木やスズタケを掻き分けて進み、電波塔へのメンテナンス道に突き当たったところで、雨が強くなったので陣ヶ森山頂に行くのは止めて下山しました。
トンネル出口からはデポしていた自転車で下ったので、入谷から3時間で帰還。

今回この沢ははずれではありましたが、今日のような天気の日は、どうせ濡れるので雨が降っても気にならない沢歩きがいいですね。 



28611.Re: 有枝川支沢に
名前:弁天山    日付:2017年08月06日(日) 20時33分
Original Size: 800 x 630, 164KB Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 576 x 800, 165KB

Cこの倒木にはうんざり… D多少きれいな所もあります E特に危険なところはなく登れる

追加写真です。



28612.Re: 有枝川支沢に
名前:弁天山    日付:2017年08月06日(日) 20時37分
Original Size: 800 x 608, 164KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 614, 160KB

F川を横切る作業道 道理で泥っぽいはず G水が枯れても、倒木と藪漕ぎが H電波塔のメンテナンス道が
見えたのでここまでとする

さらに追加。



28618.Re: またかい! 有枝川支沢
名前:エントツ山    日付:2017年08月07日(月) 17時51分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 152KB

  一人沢歩きグッズ(フローテイングゲームベスト)に改良

弁天山さん  今日は

台風で今日はお休みにでもならなかったですか?
娘が務めている高松の事務所は台風でお休みになりました

何と チョロっとまた沢へ走ったのね
陣ヶ森への支沢ですかい
滝などがない沢だったのね やはり林道と交差する所が橋でなければ土砂が流入しますねえ
 
滝は見るには美しいのですが沢歩きの途中でデカいのが出て来ると緊張しますわ
どこから安全にクリアするんかい?って目で滝を見つめますね

ところで、一人沢歩きでちょっと不安なのは深い淵です
高巻や高い場所でのヘツリ時に滑ってドボーンはアセります
何せカラビナやロープなど色んな道具を見に着けてますからねえ

釣り用品の中に「フローティングゲームベスト」という磯釣り用のライフジャケットにポケットや背中にちょっとした小物入れが付いたのがあるんですわ

これをヒントにして古いコールマンのライフジャケットにモンベルの沢用簡易ザックを取り付けてみました
少しダサい感がありますが、何せ安全第一でごんす

次回からはこのスタイルで沢歩きに出かけようと思っています


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-gazouzan-jyuusou.html



28623.ザック付きライジャケ使用感どうでしょうか?
名前:弁天山    日付:2017年08月07日(月) 23時09分
Original Size: 800 x 560, 155KB Original Size: 800 x 575, 163KB Original Size: 800 x 597, 160KB

エントツ山さんこんばんは。

沢をヘツル時にやばいなあと思うと、私も大体持ちこたえられずにドボンです。高さにも依りますけど落ちたとき結構衝撃ありますよね。

そこでザック付きライフジャケットですか。初めて見ましたが、なかなかのアイデアかも知れませんね。
でも、これを着けて沢を歩くと暑くないですか?空気のチョッキですし。

10年前に宇和島に単身赴任してた頃、愛南町の海によくシュノーケリングに行ってたので、ライジャケの使用経験としては、
ある程度きつく締め付けないと泳ぎにくいような気が…。

自宅に子どもの分を含めてライジャケが何着かあるので、実は私も渕泳ぎ対策として活用を検討したことがあるのですが、結論としてかさばるのであきらめました。
エントツ山さん 是非使用感を教えてください。そのためには飛び込むか落っこちなければなりませんが…



28628.Re: 沢道具失敗作
名前:エントツ山    日付:2017年08月08日(火) 19時28分
Original Size: 700 x 933, 90KB Original Size: 500 x 666, 35KB Original Size: 800 x 600, 99KB

  赤い靴1号       これで渡渉はバッチリや〜     現実は厳しい 水は入るわズッコケるわ


弁天山さん  今晩は

机上の空論とか申しますが、実用的かどうかは現場で厳しい判断が下されます

確かにライフジャケットは暑いですが、まあこれは沢に浸かれば解消出来ますわ
問題は沢から上がって下山時ですね 確かにこのままでは暑いです
下山時には片方の肩で担ぐしかありません・・・
兎に角使ってみます

10年ほど前に御来光の滝に結構行った時期がありまして、渡渉時に滑ってよく靴を濡らしました

そこで・・・厚めのビニール袋を2重にして底を赤いテープで補強した「赤い靴1号」を完成させました
現場で最初とその次の渡渉はうまく行ったのですが、3度目の渡渉で水が入り急に重くなって足が進まずズッコケてしまいました

その後、改良型の「ミズスマシ1号」「アメンボ1号」等を試作しましたが50歩100歩・・・更に鋲付き長靴時代を経て沢靴へと移行しました

色々バカみたいな事を考えるのが楽しいですね


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/boukyo43heikedani.html


28622.徳島県 三好市 戸木(トギ) 返信  引用 
名前:山としまなみ(バリィー)    日付:2017年08月07日(月) 23時07分
Original Size: 400 x 300, 66KB Original Size: 400 x 300, 71KB Original Size: 400 x 300, 70KB

エントツ山さん、今晩は。毎日暑いですね。四国1000m峰の呪縛に一日も早く解放されたい

と願っているバリィーてす。

 最近、低山ばかり登っているせいか、熱中症になりかけています。と云うより、なっています。

という事で、今回は軽めの山行きプラス体の一部(?)でもある林道走りに出かけました。

 このトギは以前リップ姐さん達と三方山に登った後、下見に行った山でした。

今回も、西祖谷今久保にある三方山の登山口から更に東にあるトゴエを目指して、走って行

きましたが、土砂崩れのためUターン。東祖谷釣井から再度、トゴエを目指しましたが、いろいろあり、

予定より2時間遅れのスタートになりました。

@トゴエとは東西の祖谷村を結ぶ古くからの峠の名前です。

Aトゴエの登山口。この上に一本足の鳥居の柱が残ってます。

B戸木山頂。三等三角点「戸木」があります。



28625.Re: 徳島県 三好市 戸木(トギ)
名前:エントツ山    日付:2017年08月08日(火) 14時10分
Original Size: 1024 x 691, 165KB Original Size: 1024 x 836, 164KB

林道が入った地図(自然を歩く・徳島の山より)   戸木(トギ)って何処??


MR.バリバリバリー  今日は

今回は1000m峰が一山と、車で相当走った割には効率が悪いですね
確かにヘキチョウさんが言う様に愛車と一体化してガンガン山道を走りますね

ここは西側の閑定(かんじょう)から古道を歩いてトゴエまで行っても良かったのでは?
昔歩いた先人の息遣いが聞こえたかもよ

林道・釣井中尾線で峠の雰囲気が台無しになっている様ですね
「山中で うれしきものは 道於し恵(をしえ)」とは遍路歩きの大家「中務(なかつかさ)茂兵衛」の道しるべに掘られた歌らしいですが、まさに十分な地図やコンパスが無い時代にホッとするのは「道しるべ」ですねえ

カーナビでガンガン奥に悪路をジャンピングしながら進むよりショートカットの古道歩きのもんですわ


「早田超千メートル峰」制覇の目標を持つって事はモチベーションも上がって四国の地理や地形、地域性を知る上で有益な事ですわ

一度きりのピークハントが多いと思いますので、出来るだけルートに関しては知恵を絞って下さい

ガンバ!!


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/boukyo43heikedani.html


28605.筒上山のキレンゲショウマ 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2017年08月05日(土) 21時53分
Original Size: 900 x 675, 152KB Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 155KB

筒上山のキレンゲショウマ


一週間前の kurenaikai さん「キレンゲショウマレポ」に引き続き本日霧と雨の筒上山を覗いて参りました

岩階段付近にあるキレンゲショウマは10年前に比べて登山道付近の群生は減っている印象でしたが、下側の群生は結構元気そうでした

剣山のキレンゲショウマは鹿の食害対策で大変そうですが、ここは鹿がまだ増えていない様です

kurenaikai さんが見た蕾状態はいまだにキープされており、台風明けから週末まで楽しめそうです

群生付近の踏み跡もさすが花好きの皆さんの事、うまくキレンゲショウマを避けて下に回り込んでおりました
カニコウモリには少し気の毒ですが、まあここは植物を傷つけない様に細心の注意を払って見物しましょう


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-takanosuyamaHP.html



28606.Re: 私は東赤石山で花散策でした〜
名前:カタックリ    日付:2017年08月06日(日) 12時09分
Original Size: 640 x 360, 86KB Original Size: 640 x 360, 76KB Original Size: 640 x 360, 90KB

エントツ山さん、みなさん久しぶりにこんにちは!

台風が来る前にと思って東赤石山に行ってきました。

6/23日には タカネバラ、オオヤマレンゲ、ユキワリソウ、キバナノコマノツメ、シライトソウ、ゴゼンタチバナ、ハンショウヅルなど
見てきました。                                 

次々に見たいお花が開花しますから せっせと見にいくわけですが 暑さと年齢も手伝って疲れますね〜。

昨日は 山荘に着いてから八巻山の雲の流れを見ていると自然のなせる業に感動してきました。
速い速い〜ガスが強風で流れる〜青空〜ガス〜と何回も繰り返します。

お蔭で青空と八巻山の岩尾根の素晴らしいコントラストを見ることができました。

あまりにも強風なので 八巻山〜東赤石山を諦めよyかな〜と思っていましたが 雨は降らないようだし 行くことに決まました。

昨日は 1日 強風にあおられましたが雨にも合わずラッキーでした。
強風は 尾根だけで 下山時は風もなく ただただ 長い道のりをボチボチ下りました。

花好きなものには しんどいけれども飽きもせず 山に通うという行動をとらねばいけません。
いつまで登れるのか〜と思いながらの山行です。

明日は 台風でなければ岩黒山〜手箱山〜筒上山を歩く予定でしたが 残念ながら中止になりました。
筒上山のキレンゲショウマも大人気ですが 手箱山に行くのもいいですよ。結構 お花たちがたくさん咲いていて歓迎してくれます。



28607.Re: 筒上山のキレンゲショウマ
名前:カタックリ    日付:2017年08月06日(日) 12時14分
Original Size: 640 x 360, 88KB Original Size: 640 x 360, 84KB Original Size: 640 x 360, 88KB

写真追加です。

ガスが飛んで飛んで 青空〜の繰り返しでした。

ガスがなくなると青空が待っているんですね〜。今までにない感動を与えてもらいました。

下山の右俣の沢沿いにイワタバコやギボウシが咲いていてくれました。



28608.Re: 筒上山のキレンゲショウマ
名前:エントツ山    日付:2017年08月06日(日) 17時55分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 157KB Original Size: 900 x 675, 159KB

  ヤマホトトギス         タマガワホトトギス      キレンゲショウマ


カタックリさん  今晩は

土曜日に東赤石でしたか  
そんなに天気が悪く無かったみたいですね
グランマー啓子さんの大山も青空が見えている様ですので、やはり南側が台風の影響で天気が悪かったんですねえ

新居浜で朝用事をしている時は天気が良く暑かったのですが、高知県境はガスに包まれており、涼しい山でした

寒風山登山口には天気が思わしくなく車は少なかったです
瓶ヶ森林道は濃霧でしたが出合った車は1台だけでした
土小屋は石鎚方面への駐車場が12〜15台ほど、筒上山へ行った登山者は恐らく皆無だったと思います

展望を求めていない山歩きはこの時期多少天気が悪い方が涼しく良いですね
霧のキレンゲショウマも中々趣深いものでした

東赤石は夏場一杯色んな花が咲き良い山です
ただ遠い・・・ 東赤石・八巻まで歩ければバリバリの現役です
どこの山もそうですが、特に東赤石からの帰りは退屈で面倒で苦行ですね
まあ、このイヤイヤ歩きが脚力を付けてくれるんでしょうか

今日は雨が降るのを待って藤棚の剪定作業でした
親父が残したこの負の遺産というべき藤棚はすぐに蔓を伸ばして頭が痛いです
この選定作業で一番の困難は普段足が痛い、腰が立たん、歩けんと言っているお袋さんが直ぐに庭に出てきて「危ないから止めとき、雨に濡れたら風邪をひく、滑ったら落ちる、脚立を持って支えとくわ、母さんが明日やっとくから」と・・・・
その都度家に入って貰うのですが、すぐに玄関の戸が開いて・・・
その内、「そこの枝は残しといて、あそこはもっと刈り込んで」と監督者になったりして・・・

普段の3倍時間がかかってしまいますんにゃがな・・・

まあそんなこんなの晩年を送っております


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-takanosuyamaHP.html



28609.Re: お母さんとのやり取り いいですね
名前:カタックリ    日付:2017年08月06日(日) 18時45分
Original Size: 640 x 360, 116KB Original Size: 640 x 360, 90KB Original Size: 640 x 360, 90KB

こんばんは!

エントツ山さんとお母さんの会話 微笑ましく読ませていただきました。

母はいつまで経っても母親なんですね。

私の母は27年前に亡くなりましたが 同じようにいろいろ心配してくれてました。

何かするとあ〜やこ〜やと注文も多かったですね。私はいつまでも子供なんですね。                                                    

高齢で元気でいてくれるだけでも幸せですよ。いろいろ大変なこともありますが 

現在あるお母さんとの生活を大切にし楽しんでくださいね。

 追・・7/22と 23日に山友が小屋に泊まったことがないというので 堂ケ森へ案内しました。

    この時期ササユリは満開状態でした。翌日 鞍瀬の頭、二ノ森へ足を伸ばしました。

    日々 軽い日帰りザックで山に行ってたものですから 重いザック、おまけに暑い、

    しんどい堂ケ森と3拍子揃って疲れました。                            

    水場の水は流れていましたが もしもということで余分に持って行ってましたから重かったのです。 

    たまには小屋で1泊してのんびりするのもいいものですね。

    この小屋には シュラフ、マット、毛布、座布団と揃っていますから それを使わせていただくのもいいですね。

    今度は 秋の紅葉時に訪れてみようと思います。空池あたりの黄葉が素晴らしいです。                                          



28613.Re: 筒上山のキレンゲショウマ
名前:kurenaikai    日付:2017年08月06日(日) 20時43分
Original Size: 640 x 426, 41KB Original Size: 640 x 426, 86KB Original Size: 640 x 426, 67KB

エントツ山さんこんばんわ。

筒上山ちょうど見ごろのようでしたね。きれいな花の写真ありがとうございました。私も日曜日行こうと思いましたが天気が微妙だったのでやめました。実際は晴れていましたが...

キレンゲショウマは高瀑もきれいですよ。滝のところよりも登山道を少し降りたところの花も大きな群生があります。
http://kurenaikai.bob.buttobi.net/



28619.Re:山の花
名前:エントツ山    日付:2017年08月07日(月) 18時44分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 164KB

  キレンゲショウマ           ヤマアジサイ       クガイソウ


カタックリさん
kurenaikai さん    今晩は


カタックリさんやリップさんを筆頭に、我々に近い世代の人が山歩きを続けられている姿を拝見すると嬉しいもんです

歳を取ったおば(あ)ちゃんが大きなザックを背負って颯爽と山を歩いている姿に出会うと「カッコイイ〜〜」って思います
逆にアルプスで歳を取ったお爺さんが大きなザックに頭にバンダナを巻いて息を切らせて歩いている姿を見ると哀れに思います  この違いは何でしょうねえ

母親に関しては産んで育てて貰った愛情や恩義は唯一無二のものであります
出来れば認知症の母の姿を見ずに良い関係のままで居たかったのですが、それは贅沢な考えでしたわ

堂ヶ森の愛大小屋は立替えた頃に中を覗きましたが綺麗で快適そうでした
避難小屋泊りの場合、テント泊の装備と比べてもそんなにザック重量は変わらないのですが何か気が楽ですね

北アルプスの混雑した山小屋よりテントの方が快適なんですが、四国の場合は避難小屋は広くて静かでいいです


kurenaikai さん
筒上山のキレンゲショウマ情報ありがとうございました
不思議な事にほとんどが未だ蕾でした
天気が悪かったから開花が遅れたんでしょうかねえ
あの花は肉厚でしっかりしているので風で飛ばされる事もなく沢山の蕾を揺らせておりました

高瀑渓谷は最近冬場しか行ってないのであそこのキレンゲショウマを未だ見た事はありません
あのガタガタ道を走るのが億劫ですねえ まだ冬の雪道の方が走り易いです


中七番の平家谷上流にもキレンゲショウマの群生があります
銅山川源流碑から10分程上側にある沢部で、以前平家谷を遡行して最終部でキレンゲショウマに迎えられました

下のURLはその時の記録です

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/boukyo43heikedani.html


28599.妙谷川支沢を遡行 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2017年08月05日(土) 09時41分
Original Size: 800 x 553, 164KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 596, 164KB

@今回遡行図 A入谷してすぐ ナメの河床 B伐採やら作業道開設にため沢が荒れている

エントツ山さん、こんにちは。

昨日はお休みをもらったので、東三方ヶ森を流れる阿歌古渓谷を遡行してみよう行って見ると、なんと!入口の旧えひめ酒だる村手前の橋が通行禁止に。入谷予定地まで林道を歩くと1時間以上なので今回は止めました。
そこで、どこに行こうか悩みましたが、まだ詰めたことがない沢ということで、思いつきで妙谷川の支沢を歩いてみました。
昨年は堂ヶ森登山口の梅ヶ市からこの妙谷川を海上峠まで詰めましたが、今回はそこから北東に延びる沢です。

梅ヶ市に車で着くと、いきなり大勢のテジロ軍団のお出迎え。気が萎えるようなすごい数なので、車内で着替えや準備をしました。
先週はまだ少なかったのに、この1週間で激増です。沢に入るとこれほどではありませんでしたが、それでも立ち止まると下半身にぴったり吸い付いてきます。
今回、上は白っぽいものを着て正解でした。どろどろになるので、汚れは目立ちますが…

前回の下山時に側を通る作業道から見て沢の様子は大体分かっていましたが、実際に入谷してみると、かなりというより酷く荒れていました。
基本的に大きな滝や渕もないナメ沢ですが、作業道の開設と間伐で、多くの土石と伐採木が流入しており、無残な状態でした。(添付の写真はまだきれいな所だけをアップしてます)
ここが植林地でなかったら、大昔は下から上までナメ尽くしの美しい沢だったのではないかと想像します。せめて、間伐木を放置するのはなんとかしてほしい。

特に唯一の滝らしい滝の上部からはナメが続き、相名峠に向かう二又で今回は峠に向かわず右を遡行しましたが、ここも水量が少ないながらもナメが続いており、きれいなままであったら初心者が歩くのに最高な初級の沢なのにと返すがえす思いました。

水が枯れると、一面に捨てられた伐採木や枝に足を取られ、さらに鋭い刺のイバラを掻き分けながら、苦労して相名峠から堂ヶ森への縦走路へ到着。
しかし、この道も笹藪に覆われあまりはっきりせず、小雨が降ったり止んだりで、履き替えた靴の中がズブズブになるほどびっしょり濡れて急登を登りました。

時間があるので堂ヶ森を目指しましたが、雨がパラつくし山頂も雲に覆われていたので、そのまま下山しました。
エントツ山さんがこの日に東種子川を遡行しているのを知っていたら…まだ行ったことがないので同行したかったです、残念。



28600.Re: 妙谷川支沢を遡行
名前:弁天山    日付:2017年08月05日(土) 09時44分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 622, 163KB

C片方の爪が大きい沢蟹 Dここも荒れていて惜しい E唯一の滝らしい滝 これがハイライト?

追加写真です。



28601.Re: 妙谷川支沢を遡行
名前:弁天山    日付:2017年08月05日(土) 09時45分
Original Size: 800 x 626, 162KB Original Size: 800 x 595, 162KB Original Size: 583 x 800, 163KB

F滝の上は小さな段滝が G広くて明るいナメ H分岐を右に行っても水量は少ないもののナメが続く

さらに追加



28602.Re: 妙谷川支沢を遡行
名前:弁天山    日付:2017年08月05日(土) 09時46分
Original Size: 573 x 800, 163KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 618, 161KB

I最後ナメ滝 J鋭い刺のイバラをなぎ倒して沢を詰める K雲に覆われた堂ヶ森山頂 ここで下山。

さらに追加。



28604.Re:こちらは筒上山でした
名前:エントツ山    日付:2017年08月05日(土) 21時39分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB

   巻き道のキノコ群       筒上山名物の桟道    勿論お目当てはキレンゲショウマ


弁天山さん  今晩は

阿歌古渓谷へ行こうとされて通行止めでしたか
手札を多く持たれているから次善の策が臨機応変に取れるんですね

高縄山系は秋にぐるりと縦走を考えておりますが2泊程すれば周回出来そうですね

確かに我々みたいに道を歩かない性癖がある登山者にとってあの間伐材の放置は地獄ですよね
東種子川の右俣沢も崖崩れの倒木で沢が埋まっている場所があります

効果的で経済的な砂防ダムの為には出来れば沢付近は自然林を残して欲しい気がしますが、まあこれは専門外ですから大雑把な願望です

美しい自然林の下に流れる滑(なめ)歩きが理想ですよね

デカい沢ガニですねえ
私はこんなデカいのを見たことがありません
昨日も沢にカニの亡骸が沢山ありましたが、何かの動物に食べられているんでしょうか

今日は13時から筒上山へキレンゲショウマを見に行ってきました
山の霧は幻想的でしたが、瓶ヶ森林道の霧には参りましたわ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-takanosuyamaHP.html


28571.本山行川渓谷 返信  引用 
名前:ふーみん    日付:2017年07月30日(日) 22時21分
Original Size: 800 x 600, 138KB Original Size: 800 x 600, 140KB Original Size: 800 x 600, 136KB

エントツ山さん、そして単独沢仲間の弁天山さんこんばんは
行川渓谷は、沢登りというより渓谷歩きに近い感じです。水はとてもきれいです。最初の旗印辺りからは少し沢らしくなり、そこそこ高さのある滝がでてきます。三番目の写真の滝は、見えにくいですが、淵を右からちょっとスリルのある高へつりで手前の細い流れまで行って登れば、後は本筋の端を登れます。



28572.Re: 本山行川渓谷
名前:ふーみん    日付:2017年07月30日(日) 22時26分
Original Size: 800 x 600, 138KB Original Size: 800 x 600, 136KB Original Size: 800 x 600, 137KB

モンベルの現行品の沢靴は、口の所が柔らかくなり履きやすくなっています。中敷きは穴あきになって、前の黄緑のより薄いです。それやこれやで、サイズを前のより落とした方がいいようです。私の場合、前のが24.0ですが23.5にしました。それでも濡れると余計に大きくなります。次はもっと厚いソックスにしてみようかと思っています。



28573.Re: 本山行川渓谷
名前:ふーみん    日付:2017年07月30日(日) 22時42分
Original Size: 800 x 600, 136KB Original Size: 800 x 600, 139KB Original Size: 542 x 800, 139KB

最初の写真の滝はツルツルで取り付くホールドがなさそうです。地図では渓谷に沿って破線の道があるのですが、嫌な予感がして740くらいで止めることにしました。予感的中で、沢と道の交わる所は見つけられず検討をつけて適当に踏み跡へ。結構分かりにくい所が多く、道が無くなったり、ザレ場のトラバースがあったりして気を付けないといけません。二番目の写真では、木でできた×印の下に道の続きが見えていますが、その下は急な滑状の水路です。今日は川の中のログがきれいに取れていません。帰りの道でログが破線と合っていないのは、私が道を外れたせいです。



28579.Re: 本山行川渓谷
名前:弁天山    日付:2017年07月31日(月) 20時41分
Original Size: 600 x 800, 162KB Original Size: 800 x 600, 161KB

ふーみんさん、お久しぶりです。
沢の紹介ありがとうございます。水量も多くなかなか綺麗な沢のようで、行川と書いて「なめかわ」と呼ぶのですね。(大きなナメでもあるのでしょうか?)
白髪山を源に発する川で、昔、白髪山からの帰りに車でこの川の傍の林道を下った記憶があります。
ネットで調べるも情報はほとんどありませんが、少し下流ではモンベルから親子向けの沢遊びのツアーをやってますね。是非、今度行く沢の候補に入れときます。

お互い沢を一人で行くのはリスクがありますよね。もし怪我をして動けなくなってもまず見つけてくれる人はいないし…
人に自分の趣味の話をしても、まず一言目は「沢は危なくない?しかも一人で…」です。特に一般の方はそうでしょう。

そこで、万一のため、いくらかの登攀用装備は持って行きますが、自分の場合、使うのは高捲して沢へ懸垂下降して復帰する時ぐらいで、気休めかも知れません。(道具を使いこなせないのもありますが…)
また、慎重を期して、ちょっと難しい滝はエントツ山さん同様?にすぐに捲いてしまいます。今や沢で新たな滝に出会うとまず左右を見渡して、どこから登れば捲けるか探すのが習慣になってます。(沢登りとは言わず沢歩きのレベル)

ふーみんさんやマーシーさんのようなクライマーの相棒と同行して、まず相棒がトップで滝を登ってそこからロープを投げてもらい、ビレイされながら自分一人では直登できない滝を安心して挑戦するのが理想なんですが、同好の志はなかなかいないので現実は難しいですね。

皆に迷惑を掛けないよう、これからも一人で沢に行く際は、沢のグレードや体力技量など考えて下準備をしたうえで、無理をせず慎重を期したいと思います。
昨年は残念ながらできませんでしたが、今年はもし機会があれば、エントツ山さんも含めて沢ご一緒しませんか?(9月いっぱいは沢にいけますし)



28585.Re: 本山行川渓谷
名前:エントツ山    日付:2017年08月01日(火) 13時00分
Original Size: 1024 x 937, 164KB Original Size: 900 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB

行川渓谷ってどの辺りなの?     モンベルのサワトレッカー  アドベンチャーフォレストのジップスライド


ふーみんさん
弁天山さん   こんにちは

暑うおますなあ
沢の写真を見せて貰うだけで涼しい気持ちになります
先日NHKの「ジオ ジャパン」という番組(第1集と第2週)は見られましたか?
奇跡的な日本列島誕生のドラマです

大陸プレートという発想は今や常識になっており大陸から西日本の元になった部分がこのプレートの沈み込みの跳ね返り現象で切り離されたって言うのです

後から隆起によって出来た東日本と異なったプレート沈み込み角度によって合体、その後海底火山やプレートの押し込みによって山岳地帯が形成されて、その山岳地帯の為に上昇気流の発生により雨が多く降る気候に・・・

この雨や雪が山を穿ち多くの谷が形成され、その水の恩恵を人間が受けてるってストーリーの流れでした

ふーみんさんや弁天山さんの沢歩きもこの恩恵の一つですねえ


モンベルの沢靴は足を入れる場所に沢の砂などが入らない様にインナースパッツがあり、これがキツくて靴の履き脱ぎに苦労してました
これが新しいサワートレッカーでは改良されている訳ですね

ゴム底沢靴でモンベルは「サワークライマー」でビブラム社と共同開発して売り出した物が数か月後にグリップ力が無い不良品と分かり自主回収した事がありますね

個人的にはフェルト地の靴底よりラバー製が好きなのでビブラム社のイドログリップを装着した物が次の購入候補ですね
これだと下山時も沢靴で済ます事が出来そうです


沢はスペシャリストでない限り厳しいゴルジュや大滝の少ない初級の美しい沢で満足ですよねえ


エントツ山



  
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-gazouzan-jyuusou.html



28589.Re: 本山行川渓谷
名前:ふーみん    日付:2017年08月01日(火) 22時10分
Original Size: 800 x 600, 140KB Original Size: 800 x 600, 139KB Original Size: 800 x 600, 138KB

A反対側から行こうとしたら落っこちて、流木のある側から登った所 流木の先まで行くと結構沈みましたが、前の岩に片足を置いて加重を抜くと、シーソーみたいにグーンと上がってきて高いフットホールドになってくれました。こんなの初めてで面白かった

エントツ山さん こんばんは
高桑信一さんの「タープの張り方 火の熾し方」という本をご存知ですか? 用具や技術の説明が為になるだけでなく、読み物としても面白いです。沢靴についても載っています。ゴム底靴でセミになった、一歩も動けなくなったと載っていますが・・・。高桑さんはフェルト底のキャラバンの渓流タビ、成瀬さんや大西さんはモンベルの沢タビだそうです。でも素人は足を岩にぶつけて辛そうです。大西さんが沢では軍手だそうなので、真似してみたらなかなかいいです。

弁天山さん お誘いありがとうございます! エントツ山さんとマーシーさんの都合が合えばぜひ行きましょう。 ただし、岩や単独の沢をするというと誤解されやすいのですが、私は弱々しいと笑われていています。沢の詰めはまるでエベレスト登頂のように一歩一歩です。この掲示板に登場される女性のほとんどよりずっと遅いと思われますので、その点ご了承をお願いします。 上記の高桑さんお勧めの「ピンソール章栄」はガレや藪といった沢の詰めに最高です。軽量化のために下り用の靴を省いてもフェルトが傷みにくいです



28591.Re: 本山行川渓谷
名前:エントツ山    日付:2017年08月01日(火) 23時59分
Original Size: 600 x 356, 32KB Original Size: 600 x 410, 37KB

ピンソール章栄とは


ふーみんさん  今晩は

確か以前沢からの這い上がり時にピンソールを使っておられましたよね
沢用アイゼンって所でしょうか
フェルト底は沢から上がった河童で滑りまくりますよね
値段は8千円程ですから試してみても良いかもしれませんが、私は装着するのが苦手なので持って行っても使うかどうかわかりませんわ

コケなどのぬめった場所ではフェルト底も滑るので、どうせならイドログリップのラバーソール仕様の物はキャラバンで出している様です


高桑信一さんの「タープの張り方 火の熾し方」は本屋で立ち読みしました
と言うのもタープは張る気がしませんし、たき火も熾す気がしません

タープにたき火で沢に寝るなんて考えても安眠できませんわ
そんな訳で立ち読みだけで購入しませんでした

そうや! カマちゃん所の図書館にあれば借りて読んでみますわ


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-gazouzan-jyuusou.html



28592.Re: 本山行川渓谷
名前:ふーみん    日付:2017年08月02日(水) 05時54分
タイプミスがありました。すみません
ただしくは「ピンソール」昇栄で、「しょう」は「昇」でした。これを装着してもエントツ山さんとマーシーさんにはかないませんでしたが、高桑さんたちも頼りにしているし、かなり違うので試してみる価値はあるかと思います


28594.Re: 本山行川渓谷
名前:弁天山    日付:2017年08月02日(水) 20時38分
Original Size: 800 x 592, 153KB Original Size: 800 x 610, 157KB Original Size: 584 x 800, 155KB

@キャラバン渓流シューズ、最近買った安い沢靴 Aピン付きフェルトの安物、鮎足袋 Bピン付きフェルトの裏側

ふーみんさん、エントツ山さん こんばんは。
沢靴のピンソールの情報ありがとうございます。これがあれば滑りやすい高捲きやガレ場には有効かも知れませんね。

沢靴の話題がありましたが、ちなみに自分は4種の沢靴を使っています。
最初の写真の左が10年前に半額処分で買った古いキャラバンの渓流シューズで、少しハードな沢にはこういった専用靴が一番いいと思います。
だいぶ靴底が減り、靴の側面もあちこち傷んできたので、今年買い換えようかと思ってましたが、新品は安くても12,000円以上もして結構値段が張るのが難点です。

その右にあるのが今年たまたまネットで見付けた6000円の沢靴です。元々は渓流釣りでの使用を目的とした商品のようで、合成繊維の布張りでキャラバンほど堅牢ではありませんが、フェルトも厚く値段の割にはまずますのつくりなので、今後、耐久制を試していきたいと思ってます。

2枚目の写真の左は釣具店に売っている4000円くらいのピン付きのフェルト靴(3枚目の靴底写真参照、本来は海釣り用か?)で、柔らかい合皮の靴で堅牢性が弱く靴の消耗が激しいので、使用の都度ゴム糊のような接着剤で補修しています。指先を岩に強くぶつけると痛いです。
しかし、ピンがあるのでフェルトが擦り減りにくいのが長所で、沢を出て下山1時間程度ならこのまま履き替えずに下山します。(替え靴を持って行かないので軽量化もできる)
ピンがあると滑らかな河床ではかえって滑りやすいこともありますが、滑川渓谷のような河床がごつごつしている沢では引っ掛かりがいいです。

2枚目の写真右は、渓流釣り用のいわゆる鮎足袋で(5000円弱?)、このフェルトソールにはピンは付いていません。表面は合成ゴム製でしなやかで柔らかい靴で、ゴーロや小石の続く沢は足裏が痛くなるので、ナメが続くようなお気軽な沢歩きにはこれを使ってます。
紐の結び目を覆うカバーが付いているので砂やゴミが靴の中に入らないところがいいです。

またエントツ山さんに安物買いの銭失いと言われそうですが、行く沢やコースによって使い分けているので、当然靴の持ちはいいです。また、沢歩き初めての初心者といっしょに行く時に、靴を貸せる点もいいところかも知れません。

所有の靴はいずれもフェルトの靴底ですが、ハイドログリップのゴム底沢靴も興味があります。乾いた岩ではフリクッションがよく効くようで、これを履いた人が角度のある川岸をひょいひょい楽にハツっているのを見たことがあります。でもコケやヌメリがあるとフェルト以上によく滑るようなので考えものです。



28596.Re: 本山行川渓谷
名前:エントツ山    日付:2017年08月04日(金) 19時02分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 161KB

モンベル・ファイントラック・ブラックダイヤモンド     美しい色  イワタバコ


弁天山さん  今晩は

安物沢靴色々増えてますね
結局身の程を考えない様な高価な用品を買える人種は身勝手な人が多いです
弁天山さんは良い家庭人って事ですわ

高価な物を買う方が結果的に長持ちする事はわかっているんですが・・・ 自分の収入や小遣いを冷静に考えると安い物を自然に買ってしまうんですねえ   

今期はチャンスが無いかも知れませんが、念のために下のメールアドレスに弁ちゃんの携帯番号をお知らせ下さい ふーみんさんにも伝達しておきます

harakoji@violin.ocn.ne.jp


ふーみんさん 

今日は昼から東種子川を遡行してきました
岩盤が斜めで割れ目がないヘツリで3度程プチ淵に落ち込みましたわ
雨が降りましたが沢に入って涼しかったです

沢靴はモンベル、沢スパッツはモンベル、ズボンはファイントラック、ハーネスはブラックダイヤモンド、お助けロープは7mm x 16m です

安全第一主義ですが楽しかったです

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-takanosuyamaHP.html



28597.Re: 本山行川渓谷
名前:ふーみん    日付:2017年08月04日(金) 21時32分
Original Size: 800 x 600, 137KB Original Size: 600 x 800, 138KB Original Size: 800 x 600, 140KB

エントツ山さん こんばんは

エントツ山さん達も行かれた西種子川は有名ですが東種子川は遡行記録が見当たりません・・・と思ったら2015年にご一緒させて頂いていました(笑)
あれを単独とは流石です! テジロはいませんでしたか?
行川では数は少ないものの駐車した時からいて、テンションダウン
滝を登るときはネットをはねのけました。滝や厳しい所にはいませんよね

東種子川では、3枚目の写真の左俣も気になったままです



28598.Re: 本山行川渓谷
名前:弁天山    日付:2017年08月05日(土) 09時29分
昨日、堂ヶ森付近の沢に行きましたが、テジロがたくさんいました。
先週はまだ少なかったのに、今週は急に増えています。
愛媛はテジロシーズン突入のようです。


28603.Re: テジロ
名前:エントツ山    日付:2017年08月05日(土) 21時10分
Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 160KB

モンベル沢道具で十二分です     沢は爽快です


ふーみんさん  今晩は

そうなんです  2年前に一緒に歩いてますね
二股から右手は荒れて面白くありませんでした
二股から左手は今後の課題です 入り口は籔いていますが、先に進むと高度差があるので面白い滝と出会えそうです


やはり新居浜の沢もテジロが出始めました
ネットを高松から持って来るのを忘れて日焼け止めハットを被って耳を齧られるのを防ぎましたが少しやられました


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-takanosuyamaHP.html


28570.暑中お見舞い申し上げます 返信  引用 
名前:ふーみん    日付:2017年07月30日(日) 21時56分
Original Size: 800 x 600, 146KB Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 167KB

エントツ山さん、高御座山さん、ご無沙汰しております。山歩きをしていなくても、この掲示板はいつも見せていただいています。岩登りに興味のある方はほとんどおいでないと思って投稿していませんが、私もそれなりに元気でやっています。怪我をしたり、加齢による衰えはありますが、今日は単独で渓谷に行ってきましたので後から投稿させて頂きます。マーシーさんも岩ばかりですが、元気で絶好調と言ってもいいくらいです。
@昨年秋、九州比叡山ニードルをマーシーさんとツルベて登った時。カムをセットしながら頑張りました。若者たちはボルダリングをしていましたが、シニアには強度が高すぎるのでロープを使うクライミング
A今年の広島三倉岳 若くてすごいクライマーB先生にクラッククライミングを教えてもらいました
B繁藤奥赤荒の岩場 マーシーさんは天辺の平たい岩が切れた所の右下割れ目にいます。このルート、上三分の二はカムというものを使って自分で確保視点を作りながら登らなければなりません。同行のベテランクライマーKさんも感心していました



28582.Re: 暑中お見舞い申し上げます
名前:エントツ山    日付:2017年08月01日(火) 08時28分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 162KB

カラビナ・ハーネス確保の安全講習   広島廿日市・樅ノ木森林公園にあるフォレストベンチャー施設


ふ〜みんさん  おはよう

お久しぶりです  マーシーさん共々元気に岩を楽しんでおられる様ですね
岩登りは手足をフルに使うので写真を撮る余裕が無くレポがしにくいって性格のものですからねえ

それと元来岩や沢をやる人はB型性格で自分が楽しんでエネルギーをそこに集中すればそれで良いので、それを他人に紹介したり発信したりする余分なエネルギーを使うサービス精神のある人は少ない様に思います

厳しい岩や沢の取り組み上、それはそれで良いと思います

しかしまあ弁天山さんやムラタ社長の様に情報を発信して頂けたらそれがどんな世界か垣間見る事が出来るのですが・・・

孫と広島・廿日市にあるフォレストベンチャーという施設に行ってきました
フランス発祥の自然派レジャー施設です
安全に森の中でスリルを楽しむ事が出来ますねえ


つい最近徳島の西祖谷にもこの施設が出来た様ですが、小学1年生が参加できるキャノピーコースが未だ無いのでわざわざ遠い広島まで出かけて来ました


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-gazouzan-jyuusou.html



28586.Re: 暑中お見舞い申し上げます
名前:高御位山    日付:2017年08月01日(火) 17時01分
Original Size: 768 x 1024, 99KB Original Size: 768 x 1024, 99KB Original Size: 768 x 1024, 98KB

師匠、今は沢登りの最中ですよ。縦走は暑くて身体が持ちません。私は
目下市民プールで水に浸かって居ります。沢靴は私はモンベルは良いとは
思いません。値段が安いのが取り柄でしょうか。値段は一寸高いですが
キャラバンの渓流靴がしっかりとして居ます。但し、滝が多い沢では推奨
致します。黒部の奥の廊下、大台ケ原東之川本流は滝が無い為にモンベル
の沢靴でも充分でしょう。

 ふーみんさん、マーシーさんと岩登りに頑張って居られますね。今は暑い
でしょう。九州まで遠征されましたか。随分前に大崩山の壁を地元の岳人と
一緒に登った事が有ります。未だ多くのルート開拓中でした。難しい岩場
でした。小積ダキ中央壁、北壁等、困難なルートも多く有りました。

 カムを使い熟して居ますか。亡くなった前田さんもカムを使用するのが
上手でした。私は余り好きではなかったですね。時代と共に技術、用具共に
進歩、変化します。基本さえしっかりしていれば対応出来ます。

1 雪彦山三峰正面のハング
2 バランスが難しい
3 クラックを越えて、ハングに取り付き、40m登る



28587.Re: 暑中お見舞い申し上げます
名前:高御位山    日付:2017年08月01日(火) 20時41分
Original Size: 768 x 1024, 79KB Original Size: 768 x 1024, 80KB Original Size: 768 x 1024, 80KB

1 秩父笛吹川
2 舐め滝
3 穏やかな流れ



28588.Re: 暑中お見舞い申し上げます
名前:ふーみん    日付:2017年08月01日(火) 21時33分
Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 450 x 800, 138KB Original Size: 599 x 800, 140KB

@甲府太刀岡山左岩稜 クラックを含むマルチクライミングを習いに行きました。世界の佐藤裕介さんはイケメンであるだけでなく人柄もとってもいい方でした
Aこのルートではお約束の写真 ガイドクライミングではリードはさせてもらえません
B比叡山でサービス精神溢れる若者が撮ってくれた写真 1ピッチ目を登り始めた青い服の私が右下方に写っているのですが・・・。左上の指のように尖ったのが翌日登ったニードル。登って鞍部に懸垂下降して右の壁を登れば山頂付近に着きます

エントツ山さん こんばんは
この掲示板に岩はとんだ場違いだし、沢もできるだけ遠慮しようと思っていましたが、情報発信した方がいいのでしょうか?! 行川渓谷の場合は、弁天山さんがおっしゃっているように遡行の情報が見つからなかったので、もしかしてどなたかの参考になるかもしれないと思って投稿させて頂いた次第です

高御位山さん 気づいてくださってありがとうございます
このかっこいい壁は雪彦山なのですか。沢も懐かしい方々が写っていますね。クライマーとして終わってしまう前に私も中央の岩場や沢に行ってみたいものです



28590.Re: 暑中お見舞い申し上げます
名前:エントツ山    日付:2017年08月01日(火) 23時15分
Original Size: 599 x 800, 276KB Original Size: 900 x 675, 100KB Original Size: 900 x 675, 99KB

ふ〜みんを探せ(わかるか〜!)    わたしゃ こんな場所で大満足でござるよ


高御位山さん
ふーみんさん   今晩は


私は小さい時から学校では実に素直で良い生徒でした
だからして、中学校の赤鬼校長から「君たちは地に足を着いた生き方をしなければなりません」と再三言われた事を忠実に守って生きて参りました

何ですか その岩場写真は!
地に足が全く着いておりませんぞ

高御位山さんもふーみんさんも自分は正常だと思ってません?
こんな落ちたら死ぬ様な極限に身を置く事を楽しめる人間ってほんの一握りのアブノーマル人種ザマス

ふーみんさん  この掲示板って「破れかぶれ」って事はご存じの筈
ジャンルは山、川、谷、岩、海、そんな自然を相手に頑張っている人を応援したいですねえ

自然を相手に頑張っている姿や楽しんでいる姿をドンドン発信して貰いたいと思っています


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-gazouzan-jyuusou.html



28593.Re: 暑中お見舞い申し上げます
名前:高御位山    日付:2017年08月02日(水) 17時59分
Original Size: 768 x 1024, 99KB Original Size: 768 x 1024, 98KB Original Size: 768 x 1024, 99KB

師匠の掲示板は四国岳人の憧れであり、情報、発信、収集、発表の尊い
場でも有ります。師匠の心広くて大らかな優しい気持ちが山を愛す人達を
掲示板に引き付けられるのだと思います。私も随分と遠慮なく好きな事を
言わせて貰いました。ふーみんさんも岩登り、沢登りの分野関係なく情報を
大いに発信されたら良いと思います。広く、大きく、より深く、楽しくです。

 沢登りの話で、高桑さんの話題が出て来ていましたが、昔文部省立山の
登山研修所の会合で出会った事が有ります。当時浦和浪曼倶楽部の会長をされて
居たと思います。マイナーで有った沢登りを人気なスポーツに引き上げた
功績は大で有ります。しかしそれよりも前に扉を広げたのは大阪わらじの会長
をされて居た、中庄谷直さんだったと思います。1932年生まれ、沢の為に生まれて
来たような人でした。大峰、大台ケ原、白山を中心に幅広く活躍されて居ました。

 わらじの会会報、遡行 は素晴らしい記録が多く載っています。
単に遡行するだけでは無しに経緯、歴史も知りたい物ですね。

 高桑さんも遡行記から山小屋物語、古道巡回の様に歴史に興味を持たれた
ようですね。作品に深みが出て様に思われます。師匠はタープを張る。焚火を
起こす。岩魚を釣る。山菜を採る。料理をする等、難しい事の様に思われて居るのでは
有りませんか。沢登りをする者にとっては食料の自給自足は当たり前の事です。
東北、信州の深い谷の遡行は4,5日は必要とされます。四国に沢でも二日以上係る
のでは有るのでは有りませんか。焚火は後始末が大事です。

1 雪彦山に来られた時、榎本さんは30mの滝の有るルートを避けました。
2 三峰の取り付き。バランスばかりで4ピッチ有ります。私は4ピッチ
  最終点で50m墜落しました。確保が巧かったお陰で火傷と打撲で
  助かりました。11mのナイロンザイルは半分溶けて居ました。
3 バランスが必要とされる所。大きくハングして居ます。



28595.Re: 今日は一人沢遊びでした
名前:エントツ山    日付:2017年08月04日(金) 18時26分
Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 159KB

東種子川(たねがわ)に入っていました


高御位山さん  今晩は

先人には凄い人がおりますねえ
まずアプローチが大変で食料もお米やお餅が主体ですから大変ですわ
イワナや山菜を採りながら沢を詰められたんですねえ
特に水量が多い大峯などは全身ずぶ濡れになりますから焚火は必須でしょうね

まあ 私も
タープは張ろうと思えば張れます
イワナも釣ろうと思えば釣れます
焚火のしようと思えば火を熾(おこ)せます

でも50歳から山歩きを始めた私と致しましてはそんな悠長な時間が残されておりませぬ

自分の得意分野は沢でも岩でもありません
と言っても全く目もくれないと言う訳でもなく、少し齧っておかないと話題に理解を示す事も出来ませんわ

岩や沢は体幹のしっかりした時期に始めなければ危ないですねえ

今日は私が林道で車を落とし込んでペーコちゃんにレスキューをお願いした懐かしい場所から沢に入ってきました


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-takanosuyamaHP.html


28567.真っ白けの中蒜山と花がピークの大山ユートピア 返信  引用 
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2017年07月30日(日) 21時07分
Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 800 x 450, 152KB

エントツ山さん、こんばんは〜

この週末は南アルプス塩見岳の予定でしたが、お天気が急変、雨になってしまい
断念!ならば大山のユートピアへ行こうと。でも折角の2連休なので、初日は
曇り空の中、中蒜山の直登コース。登山口からは頂上が見えてたけど、頂上は
真っ白け。折角登ってきたのに残念!さっさと下山し、ジンギスカン食べて
もったいないのでサントリーのCMの奥大山の木谷沢渓谷へ。
マイナスイオン満載で苔むすむすの素敵な森。歩いて30分ほどの散策コースでしたが
地元の方にお聞きすると、宇多田ヒカルのCMは、ここではなく
サントリーの森で、一般人は入れないそう。う〜ん残念!でもここはここで
素敵でした。

ここから大山のペンションで1泊し、六時半スタートで大瀬ユートピアへ。
頂上付近でガスが上がってきたけど、ギリギリセーフで今がピークのお花畑を堪能。
三鈷峰へ登って大山眺め下山してたら、なんとヒコーき隊の方達とバッタリ。
お久しぶりの笑顔に癒され、楽しい砂滑りを下りて帰ってきました。
四国を離れて知り合いにお会いできるのはうれしいですね〜



28568.Re: 真っ白けの中蒜山と花がピークの大山ユートピア
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2017年07月30日(日) 21時08分
Original Size: 800 x 450, 149KB Original Size: 800 x 450, 160KB Original Size: 800 x 450, 161KB

写真の続きです。ヒコーキさん達と。



28569.Re: 真っ白けの中蒜山と花がピークの大山ユートピア
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2017年07月30日(日) 21時09分
Original Size: 800 x 450, 176KB Original Size: 800 x 450, 162KB Original Size: 800 x 450, 163KB

1日目の中蒜山と奥大山の森です。



28574.Re: 真っ白けの中蒜山と花がピークの大山ユートピア
名前:ヒコーキ3号    日付:2017年07月30日(日) 23時00分
Original Size: 850 x 638, 82KB Original Size: 850 x 638, 119KB Original Size: 850 x 638, 102KB

エントツ山さん  こんばんは!

今日は今がピークの大山ユートピアお花畑に1号、5号さん、西岡さん、山崎さんと行って来ました。
とてもきつい登りの途中で下山中のゆーちゃん、ダーリンのステキなご夫婦にばったり!!!
久しぶりに頑張るお二人にお会い出来、元気を一杯頂きました。

ゆーちゃん、ダーリンまたどこかでお会い出来るのを楽しみにしています。

今日のユートピアはガスがでたり、のいたりの1日でしたが、ホント!
お花畑は一番のピークで、感激しました。

1号さん、5号さんは、剣が峰まで、足をのばし、大満足!
帰りはゆーちゃんから砂滑りは大丈夫!とお聞きしていたので、2年ぶりに砂滑りを楽しみました。

ラスト、振り返ると北壁がくっきり現れ、ステキで感動しました。
いつも100%満足の大山に感謝、感激です。



28575.Re: 真っ白けの中蒜山と花がピークの大山ユートピア
名前:ヒコーキ3号    日付:2017年07月30日(日) 23時04分
Original Size: 850 x 638, 101KB Original Size: 850 x 638, 120KB Original Size: 850 x 638, 123KB

写真追加です

ゆーちゃんダーリンと5号、西岡さん
満開のお花畑
皆で楽しい、砂すべり



28578.Re: 真っ白けの中蒜山と花がピークの大山ユートピア
名前:ヒコーキ1号    日付:2017年07月31日(月) 20時10分
Original Size: 1024 x 576, 223KB

エントツ山さんゆーちゃんこんばんは。
梅雨が明けたというのに安定しない天気ですね。どんよりして蒸し暑くて真夏の入道雲はどうしたのでしょうかね?

ゆーちゃん、昨日は早い下山だなと思ってたら泊まりの遠征だったのですね。奥大山の木谷沢渓谷の情報ありがとうございました。紅葉の時期も良さそうな場所ですね。機会が有れば行ってみますね。どうも有り難うございました。
エントツ山さん、ユートピアのお花畑も素晴らしかったですが私と5号さんはお花よりスリルを楽しみたいというのが勝ってるようで剣ヶ峰まで行ってきました。機会があれば振り子沢雪渓を登って三ノ沢から下山も面白そうだねとか話しながら歩いてました。大山はまだまだ楽しめそうなコースが沢山ありますね。



28584.Re: 真っ白けの中蒜山と花がピークの大山ユートピア
名前:エントツ山    日付:2017年08月01日(火) 10時30分
Original Size: 900 x 828, 165KB Original Size: 900 x 619, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB

振子沢〜三の沢ルートって?  ユートピアのクガイソウ、ギボウシ群生は美しいですねえ   



ゆ〜ちゃん
ダーリン
ヒコーキ1号さん
ヒコーキ3号さん
ヒコーキ5号さん     今日は


冬も夏も大山大好き人間になりましたねえ
大山は石鎚と同じようにバリエーション豊かなアプローチが選択出来る奥深い山ですわ

一般道としては元谷から夏山登山道を経て弥山まで
それと宝珠尾根から三鈷峰〜ユートピアお花畑まで

これで十分大山を満喫できるのですが、1号5号さんの様にスリル派には剣ヶ峰とか三ノ沢コースとか冬の弥山〜剣ヶ峰とか色々手札が用意されてますねえ

私も鳥越峠から烏ヶ山とか振子山から親指ピーク〜大休峠とか矢筈ヶ山〜船上山とか、大山がもう少し近ければ興味深い場所が目白押しです

四国外から沢山の登山者が四国の山に来て頂いているのですから、我々もこの大山のレポを増やしたいですねえ


西日本ではこのユートピアお花畑が一番ではないでしょうか


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-gazouzan-jyuusou.html



ページ: |< << 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb