[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





34890.南予名所めぐり&滑床渓谷一ノ俣遡行 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2021年06月28日(月) 22時43分
Original Size: 1024 x 682, 159KB Original Size: 1024 x 682, 163KB Original Size: 1024 x 682, 165KB

@高茂岬への途中にある紫電改展示館を見学
 昭和54年に愛南町の海から引揚げられた日本海軍の戦闘機 紫電改の名前は昔の養毛剤の方が有名かも?正式名称は紫電21型(紫電11型の改造モデル)
 はるちゃんが戦時中にいた松山基地の航空隊にも配備され本土防空で活躍
 今から76年前にこんな大きな航空機を運用していたかと思うと感動。若者は名前すら知らなかった。
A同じく高茂岬への途中にある外泊地区の石垣集落 防風のため家屋を石垣で囲った
B高茂岬にて記念撮影 絶景が広がる


エントツ山さん、こんばんは

先週末は宇和島にいたので26日土曜は職場の若者と4人で愛南町西海地区の高茂(こうも)岬や宇和島市三浦半島の水荷浦(みずがうら)の段畑等にハイキングに行ってきました。
ジャンル的に登山ではありませんが、ご容赦ください。

高茂岬は10数年ぶりの訪問でしたが、いつ行っても素晴らしい雄大な景観でした。
天気も回復し、眼下の岩礁には多くの釣り人がゴマ粒のように見て取れました。

場所を移して宇和島の三浦半島遊子・水荷浦(みずがうら)も訪問。
リアス式海岸の急斜面を開墾して山頂付近まで石垣で固めた段畑に感動。
往時は南予の漁村では普通の景色だったようですが、今やこの周辺しかしっかり保存されていません。



34891.Re: 南予名所めぐり&滑床渓谷一ノ俣遡行
名前:弁天山    日付:2021年06月28日(月) 22時46分
Original Size: 1024 x 705, 161KB Original Size: 1024 x 682, 163KB Original Size: 1024 x 682, 162KB

C岬から直下にある岩礁を見下ろす 多くの釣り人が渡船で来ていたが、津波がくればアウト
D三浦半島遊子地区水荷浦の石垣の段端を見上げる
 往時は半島のいたるところあって、これが普通の景色だったとか 今はこの周辺しかちゃんと残っていない
E段畑をミニ登山 見下ろしても凄いです



34892.Re: 南予名所めぐり&滑床渓谷一ノ俣遡行
名前:弁天山    日付:2021年06月28日(月) 22時53分
Original Size: 1024 x 665, 163KB Original Size: 1024 x 682, 165KB Original Size: 1024 x 691, 165KB

F27日の滑床渓谷一ノ俣遡行図
G左は一ノ俣、右は本流 前日から雨が降っていたが水量は普通
H一ノ俣で唯一滝らしいナメ滝 ミニ雪輪ノ滝のよう

さて本題の沢歩きですが、翌27日の日曜に滑床上流部の一ノ俣を単独で遡行してきました。

朝から小雨が降っており行くか悩みましたが、10時半ごろ雨が止んだので宇和島の街を出発。
スーパー林道を車で登り鹿のコルから正午過ぎにスタート。一旦尾根を下って入渓。

一ノ俣に入るとすぐにこの谷で唯一滝らしい美しいミニ雪輪ノ滝が現れる。
6月初めに滑床本流の上流部の複数の谷を遡行しましたが、一ノ俣も負けず劣らずナメ・ナメ小滝・ナメの連続でした。

標高900m付近の分岐は、水量が多い左又はしばらく進むとゴーロが多くなるので、今回は右又に入る。
滑床渓谷では珍しいゴルジュっぽい場所を抜けるとまたナメとなり、最後の二又は左右とも入り口に滝があり、左の滝を捲いて登る。
これを越すと次はなんとか登れる滝のような急斜面のナメを詰めると登山道に到着。

これでは物足りないので一旦最後の二又まで尾根を下って今度は右の滝を登る。
その上には一枚岩に近いツルツルのナメ滝があり、滑落すればケガでは済まないので、これを何とか捲いて、最後のナメの斜面を登ると再び登山道へ復帰。
一粒で二度おいしい谷でした。

結局、鹿コルに戻って3時間強でした。次回滑床に行く際は二ノ俣を探策する予定です。



34893.Re: 南予名所めぐり&滑床渓谷一ノ俣遡行
名前:弁天山    日付:2021年06月28日(月) 22時54分
Original Size: 1024 x 682, 164KB Original Size: 1024 x 682, 163KB Original Size: 721 x 1024, 163KB

I美しいナメの連続
J標高900m付近の分岐 今回は水量が少ないが右又へ進む
K滑床では珍しいゴルジュっぽい場所があった



34894.Re: 南予名所めぐり&滑床渓谷一ノ俣遡行
名前:弁天山    日付:2021年06月28日(月) 22時57分
Original Size: 1024 x 714, 161KB Original Size: 1024 x 678, 163KB Original Size: 742 x 1024, 164KB

L最後の二又の左又の入口にある滝 これは登れないので捲く
Mその上は滝のような急なナメが続くがなんとか登れる
N一旦最後の二又まで下って今度は右又を登る
 手強いツルツルのナメ滝は落ちたらアウトなので、なんとか捲く



34895.Re: 南予名所めぐり&滑床渓谷一ノ俣遡行
名前:エントツ山    日付:2021年06月29日(火) 22時16分
Original Size: 900 x 675, 74KB Original Size: 800 x 600, 91KB Original Size: 356 x 499, 44KB

遊子(ゆす)地区水荷浦(みずがうら)の段々畑(だんだんはた)  中学時代に読んでた紫電改のタカ


弁天山さん  今晩は

一ノ俣の滑(なめ)遡行、良さそうな場所ですね
あんまり水が少なくて苔がある様な上の場所だと滑りそうですが・・・
比較的安全なルートを選んで滝をやり過ごせば時間的にも楽そうです

南の方にも黒尊渓谷なんかもあるし、快適な単身生活を送れそうですねえ

随分前ですが、鬼が城山系を歩いた時に遊子(ゆす)地区水荷浦(みずがうら)の段々畑(だんだんばた)に行きましたが、凄いアルプススタンドでした
ジャガイモしか出来ないとかで植わってました
昔の人は急斜面でもコツコツと耕作地を作っていたんですねえ
何とも言えない造形美です

「紫電改」展示館は以前はるちゃんも行かれてたと思います
この飛行機は終戦前にバタバタと製作した為に遠くから見ると米軍の戦闘機ヘルキャットに似ていたので味方から攻撃を受けたりしたそうです

私が中学生の時に少年マガジンで「紫電改のタカ」が連載されていて読んでいました
「ちばてつや」さんはその後「明日のジョー」とか「のたり松太郎」なんかは皆さん知っておられると思います

私が子供から青春時代には「ハリスの風」とか「おれは鉄平」なんか読んでいましたねえ

紫電改で懐かしい漫画を思い出しました

当方4日前に庭のサンゴジュや庭木の剪定をした所、背中の筋肉を傷めまして休養しておりました
歳を取ると2〜3日後に症状が出る様です

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34896.Re: 南予名所めぐり&滑床渓谷一ノ俣遡行
名前:高御位山    日付:2021年07月01日(木) 07時36分
Original Size: 700 x 409, 73KB Original Size: 680 x 510, 94KB Original Size: 680 x 510, 138KB

師匠、時代の差を感じます。私が小学生の頃の戦記漫画は山川惣治の少年ケニヤ、軍艦物では小松アしげるが大好きでした。今見ても血沸き肉躍る感じですね。

 戦前の名戦闘機、紫電改の話ですが、我が家から北に20qの所に旧海軍の飛行場が有ります。戦争末期に特攻隊員として多くの若者が此の鶉野海軍飛行場から沖縄に向かって飛び立って行きました。生きて還る当てもない特攻隊員でした。

 今は平和を願って慰霊碑と記念館が建って居ます。此処に紫電改がでーんと鎮座して居ます。私も一番初めに見学に行きました。今第1日曜日、第3日曜日にはi市民にも一般公開され、操縦席に乗ることが出来ます。子供達は大喜びです。滑走路、弾薬庫、防空壕、機銃座跡も残って居ます。


1 小松アしげるの戦争画 戦艦大和 (上田画伯の絵と間違えました)
2 鶉野(うずらの)飛行場跡 記念館前の紫電改
3 操縦席外観



34897.Re: 南予名所めぐり&滑床渓谷一ノ俣遡行
名前:高御位山    日付:2021年06月30日(水) 22時44分
Original Size: 680 x 842, 170KB Original Size: 1024 x 682, 90KB Original Size: 1024 x 682, 92KB

1 操縦席正面
2 エンジン正面 空冷8気筒か
3 屋外に展示されている



34898.Re: 南予名所めぐり&滑床渓谷一ノ俣遡行
名前:高御位山    日付:2021年06月30日(水) 23時25分
Original Size: 1024 x 682, 92KB Original Size: 1024 x 682, 92KB Original Size: 1024 x 682, 91KB

1 飛行場の経緯 紫電改は昔の川西航空機、今の新明和 
2 飛行場の概要 
3 特攻隊員への慰霊碑



34899.Re: 南予名所めぐり&滑床渓谷一ノ俣遡行
名前:高御位山    日付:2021年06月30日(水) 23時03分
Original Size: 1024 x 682, 92KB Original Size: 1024 x 682, 92KB Original Size: 1024 x 682, 92KB

1 今も残って居る滑走路
2 格納庫(展示館)
3 格納庫内の紫電改



34902.Re: 懐かしい漫画を思い出します
名前:エントツ山    日付:2021年07月02日(金) 14時51分
Original Size: 350 x 499, 51KB Original Size: 354 x 458, 95KB Original Size: 353 x 499, 44KB

   まぼろし探偵〜〜        七色仮面〜〜     赤胴鈴之助


高御位山さん   今日は

昨日は石鎚お山祭へ行ってました
例年7月1日はまだ梅雨も明けず雨が多いですね
富士山や立山での山開きがテレビで放映されてましたが各所雨の上に新型コロナ対策などで規模が縮小されています

石鎚お山祭も同じで規模が縮小されて地味に行われました
去年は一応中止でしたから(実際は関係者のみで行われた)今年はまだ良かったかも知れません

一般参加者は天気も悪かったので相当少なかったです

さて、紫電改の話題がありましたが、技術は優秀でも為政者がお粗末でしたから悲惨な歴史となりましたねえ

紫電改も性能は良かったのですが、前方からの機銃掃射には防弾ガラスなどが強化されていたのですが、操縦席の後は何と板張りだったそうです
後ろから打たれたら操縦士はひとたまりもありませんわ

プロ野球の江本孟紀(えもとたけのり)「ベンチがアホやから・・・」が一時流行りましたが軍部首脳のアホさ加減は目に余ります
当時からアメリカ軍は特攻隊の怖さよりも時間とお金をかけて育てた貴重なパイロットを自ら失わせる暴挙を理解出来なかったと言います

高御位山さんは戦中派だと思いますがまだ子供で良かったです
私の時代になると物心つく頃には戦後の混乱も一段落して社会が上向きに発展する時代でした
男三兄弟だったので漫画を楽しみましたねえ
月光仮面は「紙芝居」が自転車でやってくるので子供が集まりました
そこで怪けなおやつが売られており「ニッキのペースト状にした物」とか「水飴」とか・・・

アイスキャンディ屋さんが自転車で割り箸製のあずきとか甘酒とかチリンチリンと鳴らしてやって来ました

白黒テレビが普及して「まぼろし探偵」「赤胴鈴之助」「月光仮面」「少年探偵団」確か少年ケニアも見た気がします

昭和は良かったって言うと完全に自他共に心身共に老人になりましたね

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html


34885.東赤石山〜前赤石山 返信  引用 
名前:アカリプタ    日付:2021年06月24日(木) 22時41分
Original Size: 666 x 500, 128KB Original Size: 666 x 500, 99KB Original Size: 600 x 450, 157KB

チチ山方面をバックにタカネバラ  西赤石山とオオヤマレンゲ  前赤石山頂から西赤石山方面  

エントツ山さん こんばんは

昨日、東赤石から前赤石を歩いてきました。
エントツ山さんが掲示板に東赤石の花情報を載せてくれてまだ1週間も経ってないのに、ちょっと出遅れた感がありました。

タカネバラはトラバース道辺りが見頃になっていました。
尾根筋は咲き始め、八巻の裏はまだ蕾でした。
オオヤマレンゲは、石室越、赤石山荘とも沢山咲いていました。
蕾もまだ沢山あり、しばらく楽しめそうでした。

シコクギボウシ、タカネマツムシソウ、オトメシャジン、コイチヨウラン、ミヤマフタバランなど、これから見たい花も沢山
毎年、あと2回は登りたいと思うのですが...



34886.Re: 東赤石山〜前赤石山
名前:アカリプタ    日付:2021年06月24日(木) 22時53分
Original Size: 666 x 500, 106KB Original Size: 666 x 500, 150KB Original Size: 666 x 500, 221KB

   ユキワリソウ      キバナノコマノツメ     ウバタケニンジン


ユキワリソウは終盤、キバナノコマノツメは盛り、ウバタケニンジンは咲き始めでした。
シコクギボウシは、蕾が沢山上がっており、月末くらいには咲き始めるんじゃないでしょうか。 



34889.Re: 東赤石山〜前赤石山
名前:エントツ山    日付:2021年06月26日(土) 06時48分
Original Size: 450 x 600, 74KB Original Size: 450 x 600, 109KB Original Size: 900 x 675, 161KB

去年7月アカリプタさんから紹介頂いたコイチヨウラン 同じくオトメシャジン  私はタカネのマッチャンが好き〜

アカリプタさん おはようございます

東赤石、前赤石の花情報ありがとうございました
去年の7月にアカリプタさんがコイチヨウランとミヤマフタバランの情報を頂いてkeitann さん、山じいさんと見に行った事を思い出します

コイチヨウランはイチヤクソウみたいな花で、ミヤマフタバランと言えばピントが合わないコシャクな茶色い草でした

まあ、あんまり興味の湧かない草花ではありますが、我が故郷の山「赤石山系」に咲く珍しい花って事で初めてじっくりと見る事が出来ました

一人で歩いていては絶対に気づかない花でございました

アカリプタさんが丁寧にアングルを決めて花の写真を美しく取られている様子をいつも感心しながら現場で拝見しております

色々勉強になりますので又ご一緒させて下さい

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html


34875.表川2つの支流を遡行 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2021年06月22日(火) 22時02分
Original Size: 800 x 556, 160KB Original Size: 1024 x 761, 164KB Original Size: 1024 x 742, 164KB

@昨年度の遡行図 今回も基本的に同じ 
Aアブ除けにI氏が導入した新兵器のオニヤンマ 効果のほどは如何に??
B最初の支流の入り口にある登れるナメ滝


エントツ山さん、こんばんは

20日の日曜は今治山岳探検隊のI副隊長と一緒に東温市にある表川の支流を遡行してきました。
約1年前にも本掲示板に単独遡行したものをレポしていますが、基本的に同じ経路です。

黒森峠に副隊長の車をデポし、私の車で国道を下って入渓の準備をしていると、大学生でしょうか工事用ヘルメットに地下足袋姿の若い単独女性が歩いていました。
聞くと昨日に続き表川を遡行するとのことで、一緒に歩きますかと声を掛けましたが、何かの学術調査で川に入るのでしょうか断られました。
もしかして、副隊長が帽子のつばの先に大きなオニヤンマのデコをつけていたので、危ない人と思われて敬遠されたのかも知れません…

このオニヤンマ、I氏が沢歩きのために今季導入した新兵器で、ネットで3000円もしたそうです(写真のとおり)。
我々沢歩きをする者の天敵はアブですが、そのアブの天敵がオニヤンマで、これをつけているとアブから襲われないとのこと。

今回、まだ沢にはアブがほとんどいなかったので効果のほどは不明。
是非、お盆の頃に鉄砲石川でも遡行してもらって、手ぐすね引いて待ち構えているあのテジロ軍団相手に実証していただきたいものです。(私は同行を遠慮しますが…)

2日前に雨が降っていたので水量はまずますで、最初の支流に入るとナメやナメ滝が続き気持ちよく遡行できました。
最初の国道との交点から4連のナメ滝を過ぎ、標高680m地点まで遡行すると急に視界が広がる。
何と!見事に一帯の植林が皆伐されており、お決まりの伐採木や小枝で谷が埋まり遡行不能。
車で国道を通った際に所々伐採箇所を見かけ、嫌な予感がしましたが不安的中でした。

伐採地は藪を漕ぐなど何とか乗り越え次の支流へ。
ここからは渓相が変わりナメはなく水量の少ないものの急峻な滝がいくつも出てきます。
なんとか足場はあるので、特別な装備はなくても一つを捲いた以外滝は直登できました。

昨年間違えた二又(左側が広く本流っぽい)は今回は正しい右側へ入り、その先の一部倒木などで苦労したものの、出発から4時間弱でゴールの廃林道へ。
帰りには表川本流の唐岬ノ滝の上にある滝にも寄って帰りました。

帰宅後は夜には宇和島の単身赴任先にもどるため、大急ぎで泥で汚れた沢道具を洗濯。
慌ただしく準備をして、車で宇和島に帰りますが、昼間の疲れが出て車の移動が眠いこと眠いこと。
日曜の山行は考え物ですね…



34876.Re: 表川2つの支流を遡行
名前:弁天山    日付:2021年06月22日(火) 22時04分
Original Size: 1024 x 693, 164KB Original Size: 1024 x 722, 163KB Original Size: 748 x 1024, 164KB

C気持ちのいいナメで記念撮影

D大きなナメ滝 ピーカンできれいに写らない

E2段の滝 ここも登れる



34877.Re: 表川2つの支流を遡行
名前:弁天山    日付:2021年06月22日(火) 22時12分
Original Size: 1024 x 727, 165KB Original Size: 800 x 562, 163KB Original Size: 682 x 1024, 165KB

F四連のナメ滝の3番目と4番目

G明るくなったと思ったら伐採地に 谷は埋まって遡行不能

H2つ目の支流に入る 渓相が変わり険しいがほとんどが登れる滝



34878.Re: 表川2つの支流を遡行
名前:弁天山    日付:2021年06月22日(火) 22時14分
Original Size: 1024 x 710, 165KB Original Size: 1024 x 694, 163KB Original Size: 1024 x 682, 164KB

Iこの滝は高度があってスリルがあった

J昨年間違えた二俣 ぱっと見て左の方が広くて本流ぽいがすぐに水が枯れる これは右側が正解

Kその奥は斜面から滑り落ちた倒木で非常に苦労した



34879.Re: 表川2つの支流を遡行
名前:弁天山    日付:2021年06月22日(火) 22時17分
Original Size: 1024 x 736, 165KB Original Size: 579 x 800, 164KB Original Size: 1024 x 720, 165KB

Lハングして登れない滝 これを捲くため急斜面のスズタケ薮を登るのが一番きつかった

Mゴールの廃林道に近くになっても流れがある

N帰りに表川本流の唐岬ノ滝の上部にある滝にも寄てみる



34882.Re: オニヤンマ君
名前:エントツ山    日付:2021年06月23日(水) 11時35分
Original Size: 776 x 800, 164KB Original Size: 720 x 405, 53KB Original Size: 900 x 600, 165KB

割りばしで作るオニヤンマ君  ストローで作るオニヤンマ君  長又滝(寒風・大座礼線)

弁天山さん  今日は

転勤以来のI氏とのコンビ復活ですね
皿ヶ峰から相名峠にかけての滑沢は総なめですねえ
相棒I氏は秘密兵器「オニヤンマ君」で登場ですか

オニヤンマ君は2〜3年前から釣り師の間で評判になっていましたねえ
でも結構高い! そして壊れやすい!
それ故に絶対空中分解してしまうのでI氏も遡行中には装着しておりませんぞ

オニヤンマ君は割り箸やストローで自作する方法がネットで沢山取り上げられています
私も去年孫の夏休み工作でウマい事言って作らせ様と画策しましたが、工作の宿題提出が出ず失敗に終わりました

相棒I氏が乗っているスズキのエブリーはジムニー同様結構キャンピング仕様で有名らしくユーチューブでの動画も多いですねえ

寒風・大座礼線の長又橋から見る滝は素晴らしいですねえ
冬場に一度この沢を這い上がって笹ヶ峰へ行った事があります
シャッタースピード1秒で撮ると画像が白ボケしてしまいます
F値も同時に設定しなければならんようですが、三脚も無いので再挑戦します

滝の流れが柔らかい写真が綺麗ですが、自撮り用三脚でも一度トライしてみて下さい


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34884.Re: 表川2つの支流を遡行
名前:弁天山    日付:2021年06月23日(水) 21時32分
Original Size: 900 x 635, 162KB Original Size: 900 x 598, 161KB Original Size: 900 x 577, 164KB

@以前滑床渓谷で一眼と三脚で撮った「河鹿ノ滝」 
A同じく「千畳敷の手前にある小滝」当日は水量が多かった
B同じく「中滑」


エントツ山さんこんばんは

「オニヤンマ君」の存在は知る人の世界では有名だったのですね。
I氏によるとネットの記事で自作しているのを見つけ、さらに検索すると商品化されていたので購入したとのこと。

行動中に藪漕ぎなどで何かに引っ掛かって紛失する恐れがあるので、当日も帽子のつばに2か所ピン留めしていたので、最後まで脱落することなく任務を全うしました。
ネットでの評価はいろいろみたいですが、やはりここはI氏にお盆の時期に中予東予の沢に入ってもらい、憎っくきテジロ共に効果があるか実証してもらわねばなりませんね。
効果があるなら、毎年のようにテジロ被害者である私も手に入れねばなりませぬ。

林道の長又橋から見る2連の滝、特に凍った冬はいいですね。
夏にこの谷を遡行してみたい気もしますがその上部は地形的に険しく、我々初級者には難しいかもしれません。。

この掲示板には写真のセミプロの読者の方々もおられるので素人レベルの私がいうのもなんですが、滝を撮るのならしっかりした三脚は必須です。
小型三脚はシャッター押すだけで結構振動でぶれます。
シャッター速度は水量にもよりますが1/2〜2秒くらいでしょうか?

F値(絞り値)については、通常はカメラの「シャッター速度優先」設定にすれば自動的に最適なF値となります。
それでもやはり写真全体が暗かったり一部白飛びしたりすることがあるので、私は一眼レフで滝を撮るときは、オートブラケット機能を使ってます。(コンパクト機の場合、たぶん高級機しかこの機能がないと思いますが)
1回シャッターを押すと、3枚ないし5枚自動的に露出(明るさ)の異なる写真を撮ってくれます。この中から自分の好みの露出を選んでいます。
ここ5〜6年以上新しいカメラを買ってないので詳しくありませんが、今のカメラなら1枚撮ってカメラのソフト的に露出を何段階かに現像する機能もあるかと思います。

沢歩きをすると、誰にも知られていない美しい滝によく遭遇するのですが、防水ではあっても普通のコンパクトカメラでは、その美しさはなかなか再現できません。
あとでパソコンで見ると今一で、がっかりなことも多いです。
とはいえ、沢に大きな三脚と一眼レフは持って行けないジレンマがあり辛いところですね。



34888.Re: やっぱりミラーレス一眼は必要か?
名前:エントツ山    日付:2021年06月26日(土) 06時19分
弁天山さん  おはようございます

この週発も天気が悪いですねえ
今年は石鎚お山祭が開催されるらしいのですが(7月1日)天気は良く有りません

沢の写真は遡行目的だと当然防水コンデジになる為に3枚貼って頂いた様な芸術的な写真は撮れませんよねえ
でも見た目にも近い美しい滝は沢山撮られています
まあ、どれも同じような滝写真にはなるのですが・・・

この掲示板にはFalcon さん、kurenaikaiさん、てんきちさん、Toshi さんの様に写真に造詣が深くてちょっと違う写真を投稿して頂いていつも羨ましく思っています

最近、花巡り仲間と歩く事が増え間したが、やはり皆さん一眼レフを持って歩かれていますね

やはりコンデジだと細い花、小さくて白い花のピントが全く合いませんわ
逆にスマホ(ギャラクシー)の方がピントが合いますので花の写真は専らスマホ写真が多いです

ただ、コンデジにしてもその機能を十分理解せずにオート専門で使っていますので勉強不足の感があります

秋に渓谷写真を撮りたいのでスローシャッターを勉強しておきます

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html

34887.第16回鯖街道体験ウォーキング 返信  引用 
名前:藤原清次    日付:2021年06月25日(金) 17時36分
Original Size: 420 x 315, 250KB

今年の5月に開催予定でしたが、感染症拡大防止の観点から延期になっていた鯖街道体験ウォーキングが、10月に開催が決定いたしました。

昔のおもかげが残る丹後街道を通って、秋空の気持ちがいい鯖街道を歩いてみませんか?
お申し込み〆切は2021年9月22日(水)までです。先着順ですのでお早めにお申し込みください
https://www.wakasa-obama.jp/modelroute/sabakaido-walking-hiking/


34870.寒風山〜笹ヶ峰 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2021年06月22日(火) 15時17分
Original Size: 806 x 900, 164KB Original Size: 640 x 480, 164KB Original Size: 640 x 480, 161KB

寒風山〜笹ヶ峰ログ図  山じいさんに会った〜  麗しのユリコさんにもバッタリ

日曜日の空が素晴らしかったのと歩きが少し足りなかったので翌日は高松発05時30分で寒風山〜笹ヶ峰の歩き

何と山じいさんにオオヤマレンゲで遭遇
この人、見る度に優しい顔になっている Why?

次のユキワリソウへ案内すると、何とそこで麗しのユリコさんと嬉しい再会!
石鎚で2回、生協で1回、今度は裏寒風で1回目
山歩きを止めなければ又どこかで会える〜

で・・・山じいさんが寒風山の祠でお賽銭を回収に行くと言うので不正の無い様に立ち会った
この風穴に以前ゴミを捨てる登山者が後を絶たず、捨てられた一升瓶やらゴミやらを掃除して祠を置いた所効果テキメン! ゴミの代わりにお賽銭を置く様になった

それを定期的に回収し神社の賽銭箱に持っていく神聖な現場に立ち会えて良かった

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34871.Re: 寒風山〜笹ヶ峰
名前:エントツ山    日付:2021年06月22日(火) 14時42分
Original Size: 900 x 600, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 600, 165KB

拝んだ後、掃除してお賽銭を集める山じいさん 日帰りでスパゲティを作る人も珍しい 快適な縦走路

結構お賽銭(小銭ですが)が集まっている
ポケットに入れる事も無く賽銭袋に収納し不正の無い事を確認した後、涼しい場所があるって言うので昼食休憩

傾斜の急な場所で下側に居ると饅頭が転がってきたりスパゲティの匂いがしたりと・・・
そう言えば、お湯を沸かしてカップ麺を作る手間とスパゲティを作る手間はそう変わらない? 否! やっぱりめんどうくさい!!

こちらは行動食なのでお別れして笹ヶ峰へと向かう
縦走路は藪もなくずっと笹ヶ峰まで歩き易かった

ただ、この縦走路には花がない!!
ツマトリソウぐらいは有るかと下を見ながら歩くが見つからず
ほんの小さなマイゾルソウとバイケイソウだけ・・・
ハイライトは岩場にミヤマ(?)マンネングサがあった位でした

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34872.Re: 寒風山〜笹ヶ峰
名前:エントツ山    日付:2021年06月22日(火) 14時48分
Original Size: 900 x 600, 162KB Original Size: 900 x 600, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB

マンネングサ(?)だろうね  バイケイソウは鹿の生息イメージが強い 笹ヶ峰の祠にもご挨拶

バイケイソウも花が咲くと結構見栄えがするが、シダとバイケイソウのセットで鹿の生息がイメージされてあまり好きでは無い

寒風山の隣なのに笹ヶ峰や伊予富士には花が少ない
やはり寒風山は魅力的な山だとつくづく思う

エントツ山 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34873.Re: 寒風山〜笹ヶ峰
名前:エントツ山    日付:2021年06月22日(火) 15時18分
Original Size: 900 x 600, 164KB Original Size: 900 x 600, 164KB Original Size: 900 x 600, 165KB

笹ヶ峰南尾根は橋本さんが整備されて登山道が広くなっている ブナは1本倒れたけど他は元気 一体どれだけのロープを使っているんだろう?

笹ヶ峰の南尾根は登山道が少し笹薮っぽい場所もありましたが、今は幅広く笹刈りされて開放的なイメージになっています

要所に丸太ベンチなども置かれて、登山口も準備や整理をする登山者用に多めの丸太ベンチを置いてくれています

橋本さん ありがとう

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34880.Re: 寒風山〜笹ヶ峰
名前:ユリコ    日付:2021年06月23日(水) 00時00分
Original Size: 600 x 400, 79KB Original Size: 600 x 400, 76KB Original Size: 600 x 400, 140KB

エントツ山さん こんばんは!

昨日はバッタリ出逢えてとっても嬉しかったです♪
スーパーよりお山で出逢うほうが嬉しいですね(笑)
初めての2shot写真も有難うございました♪

旬のお花に会いに行くと、
エントツ山さんに出逢える機会が多いー!


アーモンドな蕾がスポットライト浴びてました!



34883.Re: 寒風山〜笹ヶ峰
名前:エントツ山    日付:2021年06月23日(水) 13時26分
Original Size: 900 x 675, 157KB Original Size: 900 x 600, 148KB Original Size: 900 x 600, 163KB

月曜日の朝、高松出発時の空 寒風山登山口のウリノキ  縦走路のシロドウダン(食べれたら良いのになあ)


ユリコさん  今日は

生協でお会いするのも街着がかっこ良かったのですが、母が亡くなり新居浜の実家は長兄が引き継ぎましたのでもう生協でお会い出来なくなりました

これからは山でグラサン姿での再会ですね
やはり石鎚界隈になりそうです
郷愁となりつつある新居浜人に会えるのが楽しみです

裏寒風も一時は通行止めのテープが貼られたりしていましたが、現在はほぼ正式ルートになった如く登山者が増えました

個人的には中央の山へのステップアップ訓練で若い方にドンドン歩いて欲しいと思います

あそこに花がなければあまり登山者も来ないと思います
やはり花の魅力は凄いです
その季節に行けば山友との出会いも待っていますね

やはり一眼レフの写真は綺麗です
ありがとうございました

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html


34874.Re: 寒風山〜笹ヶ峰 返信  引用 
名前:山じい    日付:2021年06月22日(火) 21時01分
Original Size: 1000 x 667, 73KB Original Size: 1000 x 563, 126KB Original Size: 1000 x 667, 69KB

6/20ササユリ(皿ヶ嶺)、竹製スパゲッテイ・ケース、ヒメウツギ(赤花)
エントツ山さん、こんばんは。
ウイークデイの寒風なら人は少ないだろうと思ったのが誤算。お花の時期は混みまくり で参った。まだ接種2回目やってない。前日の日曜が丁度、運営している会の例会で皿ヶ嶺の花めぐり。で、寒風は24日の予定が、開花情報を見て21日に急遽変更。
お会いした際、「よく似てるけど、こんなに痩せてなかったはず。他人の空似か。」と思い、声を聴いて驚き❕。
お昼も、ほとんど行動食並みだったし、ちょっと血液検査の結果が心配になるくらい…。大丈夫なんですか?
 今回は、寒風山頂の浄財の整理も一緒に行う予定で登りました。前回よりスパンが短く、ガラスコップ一杯分くらいだと楽。帰途、川来須の神社に納めて、年1回きりの宮総代役を全う です。
 う〜ん、バレバレの昼食(スパゲッテイ)の写真upには弱りましたね(こんなの、載せるの?)。
そういえばあまり皆さん、やってないか。学生時代の単独行では定番でした。道具こそスベアのコンロ+コッフェルからプリムスのガスバーナー+百均のアルミフライパンに変わってますが、小生にはいたっておなじみなんですけどね。カルボナーラも美味しいし…。ちなみに、百均フライパンは軽くて便利で、焼肉やフライ物にも重宝してます。スパ・ケース(添付)は、既製品に適当なものがなく、竹を使って自作。軽いしスパが折れず◎。 でもまぁ、そろそろ冷麺の恋しい季節ですかね。



34881.Re: 次の花はササユリですかねえ
名前:エントツ山    日付:2021年06月23日(水) 10時48分
Original Size: 900 x 600, 163KB Original Size: 900 x 600, 163KB Original Size: 900 x 600, 158KB

回収前日の祠(百円玉もありまっせ〜) 冠山はかっこいいですねえ(バックに二ッ岳)縦走路の空(夏雲)

山じいさん  今日は

まさかのバッタリでしたねえ
お互い「え?」ってキョトンとしてしまいました 
平日でもあの時間帯は登山者が集まりますよね
狭い場所だし、お年寄りの団体は声が大きいから余計に人数が多く感じます

サービス精神旺盛なお年寄りがあそこに何が咲いている、この向こうには何があるって案内されておりました

足元がおぼつかない同行者を放ってその方のフォローもしないで先に行っていた団体もいましたわ

なんだかんだで騒がしかった裏寒風ですが、縦走路は高知の単独男性一人にお会いしただけでした
何でも東北大学のワンゲル部出身で控えめで山岳協会に入っている筋金入りの人でした

「山食」いいですねえ
以前は食事の時間も惜しむ様に歩き続けておりましたが、最近はゆとりが必要だと思う様になりました

ユーチューブなどで、ジップロックに水を浸したスパ麺を持ってきて、丁度食事時に茹でるのが簡単な状態になって山で調理するって動画を見た事があります
カップ麺にひと手間かけて豪華な山食を作ったりする動画も見ます

こちらはせいぜいドリップコーヒーを淹れる位が未だ関の山です
何でもささっと手際よく山で調理したいですねえ

keitann さんが以前山じいさんに堂ヶ森のササユリを案内して貰ったと喜んでいました
そう言えばササユリのシーズンですねえ

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html


34861.夢見心地 返信  引用 
名前:misa    日付:2021年06月21日(月) 23時12分
Original Size: 960 x 640, 231KB Original Size: 960 x 640, 254KB

やっとお会い出来ました
よく言われます、想像と真逆だと(写真も)
ジャンヌダルクですか?旨い事仰る
昨年は三度の入院OP、筋肉もおちてもう辞めようかと悩んだのですが
姉と慕うカタックリさんに叱咤激励、のろまな亀歩行に付き合って下さいます

私は日本の四季が大好きです
温暖化で秋が無くなるとまで言われてます
自然破壊したのは人間なのに

また何処かでお逢いできますよう・・・



34867.Re: 追加写真
名前:misa    日付:2021年06月22日(火) 11時58分
Original Size: 960 x 640, 59KB Original Size: 960 x 649, 216KB

つたない写真ですが・・・

misa



34868.Re: 追加写真
名前:misa    日付:2021年06月22日(火) 12時00分
Original Size: 960 x 640, 83KB Original Size: 960 x 640, 192KB

更につたない写真ですが・・・

misa



34869.Re: 病気と闘うジャンヌダルク
名前:エントツ山    日付:2021年06月22日(火) 13時00分
Original Size: 640 x 426, 164KB Original Size: 900 x 600, 144KB Original Size: 900 x 600, 152KB

かっこいい山女です     寒風山のウスユキソウ   寒風山のオオヤマレンゲ

misa さん  今日は

カタックリさんの山仲間でしたか
お名前は我が同級生グランマー啓子さんの掲示板で何度もお見受けしておりました
文面からは手術や体の不調で山へ行けない悔しさみたいなものがにじみ出て暗〜い人のイメージでした

一昨日お会いした我がパーティに居た女性二人も重い病気を患い何とか山歩きに復帰された方達です
皆さん何やかや有りながら大好きな山へ向かっておられるんですねえ

良識があり芯が強いカタックリさんの妹分でしたらmisaさんも立派な方に間違いがありません

会う前のイメージはウスユキソウ
会った後の印象はオオヤマレンゲ  って所でしょうか

山って色んな人を受け入れてくれる不思議な空間ですねえ

体調に気を配りながら良い山歩きと写真を楽しんで参りましょう
掲示板に登場 ありがとうございました

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html


34860.裏寒風のオオヤマレンゲとユキワリソウ 返信  引用 
名前:石川    日付:2021年06月21日(月) 22時16分
こんにちは
先日は大変お世話になりました石川です。
皆さんとお会いでき、さわやかなお天気の中、オオヤマレンゲ咲く楽しい最高の山行をすることが出来ました。!
又、どこかの山でお会いできるの楽しみにしております。



34866.Re: 笹ヶ峰の橋本整備道
名前:エントツ山    日付:2021年06月22日(火) 11時48分
Original Size: 900 x 600, 164KB Original Size: 900 x 600, 163KB Original Size: 900 x 600, 164KB

何処へでも行ってしまうオテンバな石川さんでした 幅広く笹が刈られた橋本整備道 これでもかと言う程敷設された橋本ロープ

石川さん  今日は

花好きと長い山キャリアの共通点でkeitann さんと話が弾んでいましたねえ
まあこちらもストーンリバーさんのお仲間って事で旧知の間柄の様に思えました

一昨日裏寒風を歩きながら橋本さんの整備にお互い感謝してましたねえ
それで昨日、寒風山から笹ヶ峰を歩いて南尾根を下山してみました

今年2度ほど南尾根を歩いた時に犬返で会っていたFさんと一緒に橋本さんが南尾根を整備されていたのに出会いました

気持ちの良い程登山道が拡げられて、急坂には延々とロープが敷設されておりました
登山道の整備のやり方、程度には色々な意見があるとは思いますが、個人の努力と資金であれだけの寒風山、笹ヶ峰の整備をされている事に対しては感謝しかありませんねえ

橋本さんと話した時に「山頂付近は景観の事もありそのままにしておきます」って言われていましたがその通りでした

笹ヶ峰は寒風山と比べると花に乏しく展望を楽しむ山ですが、南尾根は安全なハイキングコースになっておりました

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html


34852.裏寒風のオオヤマレンゲとユキワリソウ 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2021年06月20日(日) 21時39分
Original Size: 900 x 899, 165KB Original Size: 900 x 600, 163KB Original Size: 900 x 600, 162KB

裏寒風〜表登山道ログ図   裏寒風のオオヤマレンゲ  裏寒風のユキワリソウ

火曜日に兜岩でオオヤマレンゲを見ている最中にkeitann さんからラインが入り「日曜日にアカリプタさんと裏寒風にオオヤマレンゲを見に行くんだけどどう?」ってお誘いが・・・

う〜〜ん 木曜日にも東赤石にオオヤマレンゲを見に行くつもりだったが(実際に行った)ついつい「ええよ」と答えてしまった

そんな訳で丸亀で keitann さんと合流して寒風山へ
keitann さんは旧寒風山トンネルが車通行可能と思っていたらしく、アカリプタさんの車で西尾根登山口まで行くつもりらしい
「今 トンネルは車通行止めよ」と言うと「え〜〜知らんかった」

アカリプタさんと相談して西尾根を止めてトンネル西口から上がる事に変更  寒風大座礼線の駐車場からトンネル内を歩いて西口へ

歩き出すと単独女性と遭遇
聞くとストーンリバーさんと知り合いの石川さんと言われるベテラン登山者だった
keitann さんとも山のキャリアや花好きで話が合って一緒に登る事になった

裏寒風のオオヤマレンゲは今が盛り、蕾の株も沢山あった
ユキワリソウは終盤だったが、上の方で新鮮なのが有った

雲が美しく、付き合いで来た割には満足の行く山行だった

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34853.Re: 裏寒風のオオヤマレンゲとユキワリソウ
名前:エントツ山    日付:2021年06月20日(日) 21時55分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 600, 162KB Original Size: 900 x 600, 157KB

石川さんと裏寒風のオオヤマレンゲで 松の読者家族様ともご挨拶 カタックリさんに会った〜〜

四国中央市の石川さんとはずっと一緒に行動し楽しい山行でした
上の展望所で高松から来られた家族連れにお会いしてご挨拶するが、後ほど昼食時の岩場でこの3人家族と再会 この時にHP見てますと言って下さいました
昼食場所を譲って頂きありがとうございました

しばらくして、あれ?懐かしい顔が近づいてくる
お〜〜カタックリさんじゃないの!! 昨年の南予以来だった
ご一緒されていたMisaさんにも初対面 (写真はkeitann さんが撮ってくれていると思います)

Misaさんはグランマー啓子さんの掲示板で存じ上げていましたが、投稿内容からひ弱で気の弱そうな人の印象がありましたが、大違い
ジャンヌダルクみたいな人でした

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34854.Re: 裏寒風のオオヤマレンゲとユキワリソウ
名前:アカリプタ    日付:2021年06月20日(日) 21時54分
Original Size: 666 x 500, 141KB Original Size: 666 x 500, 134KB Original Size: 600 x 450, 136KB

ベニドウダン?        裏のオオヤマさま   カタックリさん、misaさんご一行 

エントツ山さん こんばんは

お疲れ様でした。
通行止めでルート変更となりましたが、それなりに楽しめました。
オオヤマレンゲは、今年はどこも花付きが良いみたいですね。
ユキワリソウは、途中から半分諦めモードでしたが、最後に綺麗なのが見られて良かったです。
お知り合いにも会えて良かったです。



34855.Re: 裏寒風のオオヤマレンゲとユキワリソウ
名前:keitann    日付:2021年06月20日(日) 22時03分
Original Size: 800 x 600, 81KB Original Size: 800 x 600, 139KB Original Size: 800 x 600, 130KB

エントツ山さん、今日は往復の運転と裏寒風のガイドを務めていただき
大変お世話になりました。
アカリプタさん、エントツ山さんのお二人には2度目3度目の
オオヤマレンゲにお付き合いいただき、ほんとに感謝しています。

カタックリさんには赤石縦走以来の再会でした。また私と同じく
花好きの石川さんとご一緒出来たり、misaさんとも出会ったりで、やっぱり寒風山は山の社交場ですね。



オオヤマレンゲがとっても美しくて、今季初めてだった私は十二分に
満足いたしました。


カタックリさんご一行様とエントツ山さん、アカリプタさん
(逆光で申し訳ありません)

寒風山山頂に向かって登られるエントツ山さん
今日は雲が素晴らしかったです



34856.Re: 裏寒風のオオヤマレンゲとユキワリソウ
名前:エントツ山    日付:2021年06月20日(日) 22時12分
Original Size: 900 x 600, 165KB Original Size: 900 x 600, 159KB Original Size: 900 x 600, 163KB

何処へでも先回りして花を撮るアカリプタさん  アカモノもありましたねえ ブナとオオヤマ

アカリプタさん  今晩は

相変わらずいいフットワークされてますねえ
山でも顔見知りが多い筈です

遠く離れた花でもすぐ見つけるアカリプタさんの「鷹の眼」が羨ましいです
今回も「そこにあります」「どれ?」「そこです」「え?どこ?」のやり取りを何度もしましたねえ

花の水先案内人 今後とも宜しくね

エントツ山
 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34857.Re: 裏寒風のオオヤマレンゲとユキワリソウ
名前:エントツ山    日付:2021年06月20日(日) 22時34分
Original Size: 900 x 600, 163KB Original Size: 900 x 600, 164KB Original Size: 900 x 600, 161KB

長いレンズフードの一眼レフ(私には無理) 寒風山の山頂にて 桑瀬峠の空

keitann さん  今晩は

そんなに気乗りもせずに出かけた寒風山でしたが、出会いも有り花も美しく、特に空が良かった!!
家でくすぶるより数倍も良いですねえ

峨蔵山縦走を一緒にしたジュニアさんからラインが入り、今日私の車近くに留めて西尾根まで歩き寒風山〜笹ヶ峰〜チチ山〜寒風山南尾根〜車まで歩きだったそうです

カタックリさんの元気な姿に出会い,misaさんも思いの外お元気そうで何よりでした

ご一緒した石川さんもワイルドな場所もドンドン踏み込んで歩かれてましたねえ スバルのXVがお似合いでした

またほとぼりがさめた頃、お誘い下さい

エントツ山

 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34858.Re: 裏寒風のオオヤマレンゲとユキワリソウ
名前:ギッチャン    日付:2021年06月21日(月) 10時16分
Original Size: 700 x 525, 117KB Original Size: 700 x 525, 108KB Original Size: 700 x 525, 91KB

エントツ山さん、皆さん、おはようございます。

お天気良し、出会いあり、お花ありの、楽しそうな昨日の裏寒風お疲れさまでした。
掲示板の画像を見ていたら、またまた行きたくなって落ち着きませんが・・・今日はグッタリとしております。
こちらは昨日は東赤石でした。
(エントツ山さんの掲示板での情報、大いに参考にさせていただきました)
不安を抱えながらの歩きでしたが、何とか行って来ることが出来てホッとしています。
(来年も行けたらいいのですが・・・?)

定番の眺め(タカネバラ一輪だけで、ちょっと寂しい)
三角点でお弁当タイムでしたが、その間自分たちだけでした
(昨年は賑わっていました)
ハイライトの岩稜歩き(楽しいシーンのこの後は、長〜い下りが待っている・・・!)



34859.Re: 大岩テラスで再会、超嬉しかった〜🥰
名前:Katakkuri    日付:2021年06月21日(月) 12時32分
Original Size: 345 x 258, 100KB Original Size: 880 x 660, 101KB Original Size: 456 x 620, 102KB

エントツ山さん、アカリプタさん、keitannさん 久しぶりの再会
嬉しく思いました🥰💕

やっぱり オオヤマレンゲ様の魅力は 登山者を惹き付けるんですね❗

お蔭様で 皆さんに会えました。

みんなお元気そうで何よりです。

ボチボチでもゆっくりでもいいから 山に登りたいと言う気持ちを忘れずに

山に登りたいと思います🥰

Onoさんも頑張っておられますから 励みになります。

また どこかでバッタリお会いする日を楽しみにしています。

皆様 お身体には くれぐれも注意され山登り頑張って下さいね🥰

たくさんの我々の写真 ありがとうございました🎵💕



34864.Re: 東赤石の山小屋問題
名前:エントツ山    日付:2021年06月22日(火) 08時50分
Original Size: 900 x 600, 164KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 600, 163KB

管理人が居なくなった赤石山荘  片隅に解放されている避難部屋 苦しい東赤石からの帰り道

ギッチャン  おはようございます

昨日は寒風山〜笹ヶ峰を歩いていました
一昨日の空が魅力的だったので期待しましたが、平凡でした

東赤石へ登られたんですねえ
ヤマガツオさんやOda さんと一緒ならば心強いです
途中でクムトマトさんも合流されて長い道のりですが力を頂けますわ
仲間と一緒という事は何事にも代えがたい山での安心感です

それにしても東赤石って行きは良いヨイ♪帰りはツライ♪ですねえ 

赤石山荘は以前から手作り感満載の山小屋ですが、管理人の安森さんが山小屋に行ける体力が無くなったみたいですねえ(他人事ではありませんが・・・)
冷静に考えるとこんな事態になるのは分かり切っていた事ですが、後継者や後始末がうまく行かなかった様です
(県や市との交渉もうまく進まなかったと聞いております)

山奥にある多くの廃屋の様にもう倒れるに任せる存在なんでしょうかねえ
貼り紙がしてあって去年の7月に3人が不法侵入をしたので訴えるみたいな内容でしたが、管理が出来ない状態で鍵をかけて放置しておくのも問題だと思ったりもします
クラウドファンディングなどを募って更地にする方法は無かったのでしょうか

日帰りはしんどい・・・
山小屋は閉鎖・・・・・

体力がある登山者だけが来ることが出来る山になりました

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34865.Re: 裏寒風のオオヤマレンゲとユキワリソウ
名前:エントツ山    日付:2021年06月22日(火) 11時31分
Original Size: 776 x 588, 126KB Original Size: 900 x 600, 122KB Original Size: 900 x 600, 162KB

日曜日は秋の様に澄み切った空と流れる雲でした  みんなで懐かしがりましたねえ

カタックリさん  今日は

歳もそんなに違わないのですが(よう知らんけど)、登山キャリアの違いからHP開設以来カタックリさんとリップさんは愛すべき姉貴です
なにせお二人とも我が掲示板に山の露天風呂入浴シーンを投稿してくれた稀有な女性です!

花の季節に山を歩く楽しみの一つは懐かしい顔に出会える事ですね
でも、裏寒風は橋本ロープのお蔭で「そのおぼつかない足付きでは行ってイカンやろ」と思う程岩場歩きが出来ていない登山者までオオヤマレンゲやユキワリソウを見に下っていますわ

裏寒風や東赤石山を歩けるのをバロメーターとして、まだ2〜3年はお互い現役でいましょうぞ

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



ページ: |< << 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb