[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





30982.石鎚山初登り 返信  引用 
名前:オカシン    日付:2019年01月05日(土) 16時53分
Original Size: 778 x 1037, 110KB Original Size: 778 x 1037, 83KB Original Size: 666 x 888, 147KB

エントツ山さん、皆さん
新年明けましておめでとうございます🎍

初登りは3〜4日で御来光目当ての石鎚山でした♪
エントツ山さんも2日に石鎚山だったんですね!

昨年は新年御来光にチャレンジして見事にガスの中にお隠れだった
ので、今年は素晴らしい御来光を見れてラッキーでした✨

初日は霧氷も輝いていましたが、下山時にはすっかり消えてしまい
今のところ暖冬のようですね

エントツ山さんとは確か5月の東陵コースでお会いしてから御無沙汰
しておりますが、またお会いできる日を楽しみにしております✨
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

写真:石鎚山ご来光✨



30985.Re: 石鎚山初登り
名前:エントツ山    日付:2019年01月05日(土) 22時55分
Original Size: 600 x 958, 50KB

 こんな石鎚が見たかった


オカシンさん  今晩は

最近 ヤマップをしている人が増えたよね
多くの登山者が気楽にアップ出来るヤマップは大人気です

山の検索でも数多くのしょーもないヤマップ・レポがヒットしますわ
そんな中で内容で頑張っている人も我々の山仲間にも数人居る

*この言い方っていいでしょ 角が立たん

オカシンさんの山行はホンマ参考になります
今年は鈴鹿山脈の竜ヶ岳にシロヤシオの時期に行ってみたいなあと思っています

雪や霧氷が少ない時はご来光がいいね
私は毎年正月に石鎚へ出かけますがまだ一度もご来光を見た事がありません
綺麗ですねえ

今年も宜しくお願い致します


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-shimonorouka-1.html


30966.2019年干支の山「猪尻山」周回ルート案 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2019年01月05日(土) 10時34分
Original Size: 750 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 1024 x 491, 165KB

香川県高松市「猪尻山」周回ルート図(案)  登山口付近から猪尻山  イノシシに跨る摩利支天像


鳥や犬の名前が付く山は結構多かったのですが「猪」が付く山って少ないですねえ
山とイノシシは関係が深いのに何故 猪を冠した山が少ないのでしょう?
山としての品格が下がるから? 

摩利支天は仏教の守護神で陽炎(かげろう)のように実体を掴めない所から迅速で矢に当らない縁起を担いで武士の間に重宝がられた神様らしい
その迅速さからイノシシにまたがって弓矢を引いている像が多い

街で人間に追いかけられる姿をテレビで目にしますが、早い! 素早い!ですねえ

我が高松の国分寺にもラッキーな事に「猪尻山」(いのしりやま)という干支の山があります
県外の方で干支の山を登られる事があったら昨日歩いてログを取りましたのでご参考まで

二番目の写真 右手奥のお尻が割れた様なのが猪尻山ですばい

以下、簡単にルートの紹介を致します

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-shimonorouka-1.html



30967.Re: 2019年干支の山「猪尻山」周回ルート案
名前:え〜ちゃん    日付:2019年01月05日(土) 10時48分
Original Size: 640 x 480, 93KB Original Size: 640 x 480, 86KB Original Size: 640 x 480, 58KB

エントツ山さん、おはようございます!

新年の石鎚山・・さすが石鎚山ですね〜(^^)/

干支の山〜猪尻山へ早速登られましたか〜!大平山まで行くとは、さすがですね!
2日にナッチーさんが登られていましたが私は3日に登って来ました!

今年はまだ登っていない里山にも登りますよ〜!頑張ります!



30968.Re: 2019年干支の山「猪尻山」周回ルート案
名前:エントツ山    日付:2019年01月05日(土) 10時50分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB

駐車場は遍路道入り口のPへ  猪尻山登山口    登山道は尾根に沿って松とネズミサシの間を進む


旧国道11号線の80番札所「国分寺」を越して高松方面に進むと地味な三叉路信号があります
これを左の山際へ向かって上がって行きます
この車道は「しこくの道」一本松への遍路道の駐車場へと続きます
左手にある国分台の火山台地と右手に白い崖を持った猪尻山の間にある谷間へと向かいます

遍路道の入り口に少し広い駐車場がありますのでここに車を停めましょう
猪尻山の登山口は車道沿いからになりますので地域の迷惑にならない様に車道際には車を停めない様に(里山歩きのマナー)

少し車道を引き返して、東へ伸びる舗装林道を2〜3分歩くと左手に登山口があります
白い角礫凝灰岩が露出しておりますので直ぐ分かります

ここから取り付いてなだらかな尾根を登って行きます
最初は松とネズミサシが生えた斜面ですがルートは明瞭です

(続く)
エントツ山  

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-shimonorouka-1.html



30969.Re: 2019年干支の山「猪尻山」周回ルート案
名前:エントツ山    日付:2019年01月05日(土) 11時11分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB

国分寺山の会OBの方   堂山仲間344男爵の山仲間、片山さん  笹薮で刈込み鋏(ばさみ)が登場

登山道を進むと上でチョキチョキ音がする
聞くと「国分寺山の会」を運営されてたと言う人で山頂標識なども立てているとの事。 小さな剪定バサミでネズミサシやイバラのトゲを切っているみたいだった。名前を聞くと「名を名乗る程の人間ではありませぬ、何とか先生の里山の本に名前が載っております」と言う。あ〜〜めんどうくさい
そのクセ私の名前を聞いてきた。 彼の辞書にはギブアンドテークという言葉は無いのか・・・
とにかく整備をされている人に会った

次に同じく剪定バサミを手に上から登山者が一人猪尻山から下りてきた
私が堂山へ登っていますと言うと「それじゃ344さんを知っていますか 山の会の同期 片山と言います」

その後、次々現われる笹薮で刈込バサミを出して汗だく作業に取り掛かる
小さな剪定バサミではこんな場所の登山道ヤブ整備は無理なのだ

(続く)

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-shimonorouka-1.html



30970.Re: 2019年干支の山「猪尻山」周回ルート案
名前:エントツ山    日付:2019年01月05日(土) 11時22分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 163KB

大岩の近くに5合目の標識があった   唯一の岩場かな ロープあり  絶好の展望所だ

大きな岩がある場所の下側に左手へ向かう踏み跡分岐がある
これはカッパドキアとシャレで名付けた岩場展望所への水平道である
(詳しくは後ほど解説)
この大岩付近に5合目の標識が掛かっている
その上に角礫岩の岩場がある。飯野山にある岩場のミニ版だが、こんな場所は木々があまり無いので絶好の展望所となっている

国分寺の山々(鷲ノ山、火山、堂山・六ッ目山など)から青山連山まで見渡せる

(続く)

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-shimonorouka-1.html



30975.Re: 2019年干支の山「猪尻山」周回ルート案
名前:エントツ山    日付:2019年01月05日(土) 11時33分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB

 岩場を過ぎるとザレ場となり歩きにくい もっと急傾斜になるとロープが登場   樹林帯に入ると三角点は近い


5合目の岩場を過ぎると、風化した石がザレていて特に上りは滑って中々大変だ 富士山の剣ヶ峰のザレ場を引き合いに出すのは失礼か?
兎に角、見た目以上にズルズル滑ってあるきにくい

そのずり足地獄が過ぎると讃岐特有の急登となる
我拝師山の大坂峠ルートも急だが、まあここはそんなに長くは続かない

傾斜が緩やかになって樹林帯に入ると三角点が近くなる

ここも登山道が分かりやすい様に刈り払いをしております

(続く)

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-shimonorouka-1.html



30976.Re: 2019年干支の山「猪尻山」周回ルート案
名前:エントツ山    日付:2019年01月05日(土) 11時52分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 165KB

刈り払いをした三角点・猪尻山  ソーラーパネル街道を歩く  小高い場所で左手に桜の樹がある場所が猪尻山


四電の蓄電池施設の横に四等三角点「猪尻山」がある
蔦や倒木でみじめな姿をしているので片付けてサッパリして新登場
これで県外から視察に訪れる干支の山・三角点フリークにも恥ずかしくない (いや〜 まだ薄汚い場所なんでご覚悟を・・・)

三角点の右横に四電の蓄電設備があるって・・・う〜〜ん これは昔ここにゴルフ場があった名残りかな
ここから舗装道路を今は一面ソーラーパネル畑になった施設に沿ってドンドン進む。
一応開けた場所なので高松の山、浄願寺山、屋島、五剣山、高松のビルが見える
右手の小高い場所へ向かって進み、コーナーを左に曲がるとゴルフ場だった名残のレンガがある。 
その向こうに八方ブナならぬ八方サクラの樹があり、ここが五色台の標高最高点「猪尻山」って事らしい
桜の樹の裏側は藪ではないのに、わざわざ笹薮の方に山頂標識が立っている。 ここも笹刈りをして小ざっぱりしておこう

(続く)

エントツ山

  

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-shimonorouka-1.html



30977.Re: 2019年干支の山「猪尻山」周回ルート案
名前:エントツ山    日付:2019年01月05日(土) 13時16分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 162KB

 五色台最高峰「猪尻山」   車道に出て右折する     大平山の入り口(電波塔あり)


五色台は溶岩台地なので抜きんでたピークは存在しない
ここ、猪尻山が五色台最高点だと言われても「あっ そう」てなもんである

まあ国土地理院・地形図にもここの標高483mと記されているので標高に関してはお墨付きがある・・・と言っても胸を張る程の事もない
回りにはほぼ同じ様な台地が並んでいるし、何の眺めもありゃしない

売りは「干支の山」って事だけだろう

さて、ついでに折角だからメイン車道に出て「大平山」を訪ねてみてはいかがでしょう
高知新聞社の「四国百山」に選定された山なのだから。
この新聞社が選定をしておきながら肝心のレポーターがこの山(三角点)を見つける事が出来ずに帰り、記事にすると言う考えられないお粗末さが逆に傑作で面白い

右手に以前運輸局の高松空港レーダーがあったのだが、どうもその面影は無い 施設の設備が変わったのだろうか?
一昔前の五色台ゴルフ場が現在ソーラー発電施設になりゲートがある
関係者立ち入り禁止となっているが人が通れる幅を開けている 
まあ、ソーラー施設は別なフェンスで区切られているので、施設の外側を通る事はそんなに厳しく規制をしている風には見えない (通り放題〜)

勿論、ここを通れなければ猪尻山登山は成立しない

さて、車道に出て10分程歩くと左手に電波塔がある。(その前に右手にもNTTの電波塔がある) ここを道路から電波塔施設への道を入り、すぐ傍らの林の中に大平山の三角点がある
三角点名は「新居」(にい)だ
新居地区は猪尻山から大平山の東山麓一帯の地名で、その中に「大平」という地区もある

どうせなら三角点名も「大平山」とすれば良かったのに・・・

この大平山ですら、山頂というのに値しない林の中だ。以前は笹薮沿いにここまで来た記憶があるが今は全く笹薮は消えている


さらについでと言えば、大平山のすぐ向こうに泉保保夫さんが著書で紹介している五色台の三傍示山(三郡境界碑が立つ場所)「那是(なぜ)が峰」と言うものありますのでこれもどうですか〜〜?
三郡境界とは現在の高松市、坂出市、国分寺町の事でしょうか?
泉保さんの本によれば崇徳上皇が崩御され、遺言に基づき棺を青峰の根来寺へと運んだ
所が根来寺では天皇の命により亡骸を白峰へ移し変えた。
その道すがら、棺の中から「那是(なぜ=Why ? )還る」と声がした場所だったらしい
確かに以前この三郡境界碑に行くと背筋がゾクっとする様な霊気が感じられたぞ

(つづく)

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-shimonorouka-1.html



30978.Re: 2019年干支の山「猪尻山」周回ルート案
名前:エントツ山    日付:2019年01月05日(土) 13時26分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 360 x 270, 47KB Original Size: 450 x 337, 47KB

   現在の大平山三角点    以前の大平山三角点     那是(なぜ)が峯 (以前行った時の写真)


大平山・三角点から林の中を別な山頂標識が無いか歩くが何も無かった
今回は三郡境界の那是が峯には寄らなかった

帰りは同じ道を辿って猪尻山五合目からカッパドキアへ行く事にした

(続く)

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-shimonorouka-1.html



30979.Re: 2019年干支の山「猪尻山」周回ルート案
名前:エントツ山    日付:2019年01月05日(土) 13時39分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 163KB

 車道から猪尻山へ引き返す   ゲートスペースはこんな感じ   五合目分岐で懐かしい人に会う


帰りはカッパドキアに関心がなければ車道を一本松まで下り、そこから「遍路ころがし」を歩けば駐車場に比較的楽に帰れます

猪尻山五合目のカッパドキア分岐に着くとあれ? 下の廊下を一緒に歩いた久保さんがコーヒーをゆったりと飲んでいる
聞くと山仲間の平星さんとカッパドキア展望所から帰った所で今から猪尻山へ登ると言う。
平星さんは綾川町千疋(せんびき)の柿農家で「農家の星」というヤマップをしているらしい
私の大学時代の同級生、石丸さん(旧姓)から千疋の実家で取れた立派な柿を毎年頂いている

笹刈りをした私に久保さんは例の懐かしい口癖「頭が下がります」を連発してくれた


(続く)

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-shimonorouka-1.html



30980.Re: 2019年干支の山「猪尻山」周回ルート案
名前:エントツ山    日付:2019年01月05日(土) 13時52分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 161KB

五合目からカッパドキアへのトラバース道 直前で少し下る    展望所へ出る


猪尻山五合目付近からカッパドキアへのトラバース道は途中まで割としっかりしてテープもある

但し、このトラバース道は真っ直ぐ進むと岩場のまだまだ上側に出てしまうので少し直前で下らなければならない

ここが少し分かり辛く、真っ直ぐ行く踏み跡もあったりする
一応その真っ直ぐルートを進んでみたがやはり最後は展望所の10m程上側のヤブに出た

この間違いルートにあった不要な残置テープを回収して、曲がり角に少し目印を補強する

この角礫凝灰岩層は五剣山や小豆島など瀬戸内海の旧火山地帯に沢山あるが、この谷も中々見事な景観であります

(続く)

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-shimonorouka-1.html



30981.Re: 2019年干支の山「猪尻山」周回ルート案
名前:エントツ山    日付:2019年01月05日(土) 13時55分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 162KB

帰りは谷の左土手に沿って下りる  後半シダが出て来るが下りなので楽チン  最後は遍路道に出る



帰りは元に(5合目へ)引き返すより直接カッパドキアの左土手道を伝って下山する方が早い

シダが生えているが下りだと問題が無い
数年前にはるちゃんをご案内した時に相当刈り込んだが、柔らかいシダが生えている
でも、テープなどが残っておりルートが不明な場所は無かった

20分程で駐車場へ下り着く


(以上)

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-shimonorouka-1.html



30984.Re: 2019年干支の山「猪尻山」周回ルート案
名前:エントツ山    日付:2019年01月05日(土) 22時43分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 163KB

       猪尻山       マンリョウ?      山に小さな実を付ける柿が沢山ある 


え〜ちゃん  今晩は


今日は堂山夕暮れ隊はナッチーさんと344男爵だけでした
干支の山だから今年だけは猪尻山が賑わうかもね

登山道の藪刈りは地元のお接待じゃとて


エントツ山 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-shimonorouka-1.html


30971.石鎚山雪化粧 返信  引用 
名前:kurenaikai    日付:2019年01月05日(土) 11時28分
Original Size: 640 x 426, 86KB Original Size: 426 x 640, 142KB Original Size: 640 x 426, 135KB

エントツ山さんこんにちわ。今年初めての山は近場の石鎚山にしました。今回は雪が少なくとても歩きやすかったです。慣れている人ならアイゼンなしでも山頂へ行けるくらいでした。エントツ山さんが買ったチェーンアイゼンでも十分です。私もお手軽さで欲しくなりました。結構しまっている雪なら余裕だと思います。山頂までの道は気温は高く汗ばむほどでした。天狗山頂も3度と冬にしては暖かかったです。風も強かったですがそれほどは寒くはありませんでした。
http://www43.tok2.com/home/kurenaikai/



30972.Re: 石鎚山雪化粧
名前:kurenaikai    日付:2019年01月05日(土) 11時28分
Original Size: 640 x 479, 191KB Original Size: 640 x 479, 124KB Original Size: 640 x 479, 133KB

人が少ないので空撮しました。今までと違う角度で弥山が見られました。特に手前から見る弥山の奥に天狗岳が見えるのは初めてです。
http://www43.tok2.com/home/kurenaikai/



30973.Re: 石鎚山雪化粧
名前:kurenaikai    日付:2019年01月05日(土) 11時29分
Original Size: 640 x 479, 122KB Original Size: 640 x 479, 153KB Original Size: 640 x 479, 149KB

尾根沿いに見る景色は素晴らしいです。手前の南尖峰から奥の西の冠岳まで一望できるのは空のみです。
http://www43.tok2.com/home/kurenaikai/



30974.Re: 石鎚山雪化粧
名前:kurenaikai    日付:2019年01月05日(土) 11時29分
Original Size: 640 x 479, 139KB Original Size: 640 x 479, 168KB Original Size: 640 x 479, 138KB

天狗を横から見たり、墓場尾根も手軽に見えました。墓場尾根はこの後に行こうと思いましたが空撮で見られたので行くのをやめました。白くなってたら行こうと思いました。
http://www43.tok2.com/home/kurenaikai/



30983.Re: 石鎚山の冬山装備
名前:エントツ山    日付:2019年01月05日(土) 22時25分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 390 x 292, 44KB Original Size: 375 x 500, 49KB

これ位の雪が欲しいですねえ   鋲付き長靴でも問題がない場合があります ピッケルよりストックが良い場合もあります

kurenaikai さん  今晩は

この週末はあまり天気は良くないですね
松でも今日午前中雨が降りました

正月の石鎚山はもう行き過ぎて最近はHPにもアップしておりません
鉄階段とその間の雪量と凍結次第で危険な場所になりますね

この何年かのお正月は雪が少なく、凍結は1月末から2月頃に気を付けます
一時期、鋲付き長靴を愛用して石鎚へ行ったものです

四国の冬山では雪が深く無く、凍結の恐れが無い場合はピッケルは邪魔で、私の経験から言って絶対ストックが安全で有利です
先のゴムを外して雪に突き刺しバランスを取る方がより安全だと確信しております
(当然ポールの強度はつねに頭に入れておりますが)
要するに自己責任で道具を使用するって事ですね

kurenaikai さんの写真を拝見するに、天気が良いと雪の少なさが目立って辛いですねえ
多少ガスがかかった方が神秘的な絵になります

今年も宜しくお願い致します


それとドローン写真 相変わらず魅力的ですね
今日グレートトラバースを見てましたが、先日の涸沢・奥穂のドローン撮影と言い最近の登山レポはドローン映像無くしては考えられない時代になりました

飛行許可などの件は kurenaikai さんの研究課題にお任せ致しますので、必要な場所ではクリア宜しくお願い致します


エントツ山





 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-shimonorouka-1.html


30959.新年 返信  引用 
名前:グランマー啓子    日付:2019年01月04日(金) 16時43分
Original Size: 640 x 480, 137KB Original Size: 640 x 480, 133KB

エントツ山さん
明けましておめでとうございます

恒例の石鎚歩き初め、雪がちょっと少なかったようですが
研ちゃんも一緒に和やかに登られたことと思います

今年も宜しくお願いします

昨日、西赤石山でちょこっと雪を楽しんで来ました
http://outdoor.geocities.jp/ymkm1982/index.htm



30960.Re: 新年
名前:江崎隊    日付:2019年01月04日(金) 20時17分
Original Size: 584 x 389, 167KB

おめでとうございます。

なかなかお会いするチャンスがありませんが
どこかのお山でいつかお会いできる事を楽しみにしております。

12本・6本・4本とアイゼンは持っているのですが
4本は少し不安でお手軽なラチェット式の6本の出番が多いです。
チェーンアイゼンの使い勝手が良いとの事なので
購入してみようと思います。


今季は雪が少なくて剣山のトラバース道を歩く事が出来ました。



30964.Re: 新年
名前:エントツ山    日付:2019年01月04日(金) 22時06分
Original Size: 900 x 843, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB

今日は干支の山「猪尻山」へ ログ   「干支の山・猪尻山」      讃岐のカッパドキアへも

グランマー啓子さん
グランパ       今晩は

今年も宜しくお願い致します
そちらのロマン紀行とこちらの無粋な山行ではお会いする事が難しいわ
西赤石はチャンスが有ったのですが、こちらは例年石鎚が待ってるもんで・・・

新居浜に居ると四国の山の様子が分かるのですが、高松にいると温暖な気候なので冬山の様子がサッパリわかりません

研治が今お袋当番に帰って来てくれてるので少しの間だけでも気が休まりました

と言っても、地元の干支の山「猪尻山」(いのしりやま)の登山道整備でした
登山口まで40分程なのですが、剪定バサミで枝や笹を刈りながらですから3時間程かかりました
ついでに「大平山」と「カッパドキアもどき」に寄って帰りました

去年の犬返に引き続き、今年はこのルートを売りにする事に致します

しかし、そちらは初日の出が拝める東側が開けた翠波峰があってええなあ

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-shimonorouka-1.html



30965.Re: 新年
名前:エントツ山    日付:2019年01月04日(金) 22時40分
Original Size: 640 x 480, 162KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB

冬靴はノースフェイス・ヴェルトS6Kグレーシア 干支の山・三角点猪尻山  左奥が高松のトレーニング場「堂山」です

江崎隊 
グリコさん
ビスコさん  今晩は

初登りは剣山でしたか〜
我々の山仲間 トンちゃんやつるぎ昔乙女さんも行ってたそうです

グリコさんは腰を痛めたそうですが良くなりましたでしょうか

こちらの石鎚山は雪が少ないと言えど油断は出来ません
鉄階段に上から雪が落ちて来て、それが積もって凍りつくとアブナイ石鎚となります

ピッケル、12本アイゼン、ロープは使わなくても必携です
冬靴はノースフェースの保温材が入ったヴェルトS6Kグレーシアと言う比較的軽い物を使っております

でも今年は全くその出番がありませんでしたわ
「チェーンアイゼン」も一応アイゼンで、爪が短い事や靴への固縛が弱い点がありますが、逆にそれが利点にもなります

人間でも短所が長所になったりしますよね

靴への固縛が弱い代わりに装着が楽で、そこそこ安定してます
歯が短いので当然グリップが弱いですが、岩や鉄階段の穴に爪を引っ掻ける心配が少ないです
この性質を知った上で使う分には威力を発揮する場面が多いですわ

今日は高松で快晴の日和でした
干支はイノシシですが、猪が付く山は少ないですねえ
我が高松、国分寺には「猪尻山」って言うイノシシのお尻みたいな形をしただらしのない山があります

でも、これが笑えるような急傾斜で面白い里山です
すぐ近くに私がシャレで命名した讃岐の「カッパドキア」という角礫凝灰岩の岩場などもあったりして、消し炭みたいなむらくもの兄貴を引っ張り出して是非おいで下さい


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-shimonorouka-1.html


30945.暖冬の石鎚へ 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2019年01月02日(水) 21時28分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 640 x 480, 163KB Original Size: 900 x 675, 161KB

チェーンアイゼンの実用具合をチェックに  ほんの一瞬の青空 どひゃ〜しんクン、としぞうさんに会ったぞ!


今日は伊予の鈍亀さんと雪の少ない石鎚へ恒例の初登りへ行ってきました
どうせ雪が少ないならと今回のテーマは「チェーンアイゼンの使い勝手をチェック」でした

まあそうは言っても石鎚の事、雪の量は行って見なくちゃわからない
チェーンアイゼンが使えそうにない場合に備えてブラックダイヤモンドのアルミアイゼン「ネーベ」とピッケルを持って行きました

んがっ やはり暖冬の影響か雪が少なくアイゼンやピッケルを出す場所が有りませんでした
結局 チェーンアイゼンとストックで事足りました
チェーンアイゼンは天狗岳への雪がほぼ無い岩場でも中々の使い勝手でした
私と伊予の鈍亀さんの結論は「今日位の雪の少ない石鎚ではチェーンアイゼンは有効」と言う事でした

勿論、冬の石鎚は雪の量や気候によってアイゼンやピッケルが必要になる事は言うまでもありません

アイゼンとピッケル訓練中のグループに出会い、ガイドMさんから「ここではピッケルを使って下さい」とか「チェーンアイゼンはアイゼンでは無い」とか言われました。
普段なら我々もプライドがあるので「それがどしたん!」とか「アドバイスは自分の講習者に言うべきでないの?」とか返す所ですが、相手が講習中の事もありガイドさんの顔を立てて黙って通しました。

でもその後から「四国の登山者は質が悪い」みたいな発言があった様です
冬の石鎚、飽きる程登っておりますが必要装備はケースバイケースです
判で押した様に他人の登山装備にとやかく言う人はアカンですわ 

所で、なんと本日いしづちで「としぞうさん」に声をかけて頂きました
「しんクンもおりますよ」「え”〜〜」 確かにイメージ通りの顔が有りましたわ
いや〜〜ん エントツ山が爺さんって事がバレちまったぜ

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-myoukouhiuchi.html



30957.Re: 暖冬の石鎚へ
名前:しん    日付:2019年01月04日(金) 13時18分
Original Size: 2008 x 1506, 89KB

明けましておめでとうございます

感動の対面でしたエントツ山さん^_^
どこかでお会い出来るかなと思ってましたが4年ほどかかりました。お年寄りなんてとんでもない、肌艶がみずみずしかったですよ。歩くのも速いし

伊予の鈍亀さんにもお会いできたし嬉しい事尽くしでした。

年末は4人で北岳に行ってました。寒波の強風でワタクシともう1名は8本歯の頭で引き返しましたが(⌒-⌒; )
朝焼けと快晴の富士山見れたのでヨシとしておきました

またどこかでお会いしたいものです



30958.Re: 暖冬の石鎚へ
名前:yuumin    日付:2019年01月04日(金) 16時13分
Original Size: 640 x 426, 54KB Original Size: 640 x 426, 99KB Original Size: 640 x 426, 98KB

エントツ山さん、明けましておめでとうございます。
2日の日に石鎚山へ登られていたのですね。
SさんのクラブでガイドⅯさんも御一緒だったのですが、下山の時にすれ違った後でエントツ山さんだと教えて頂きました。
ご挨拶が出来なくて心残りでした。
今回参加されてた人たちはガイドの資格を持っている人や熟練している人が多くて訓練ではなかったと思うのですが、不愉快な思いをされてご免なさいね。
今回の石鎚山は雪も少なくて歩き易い登山道でしたね〜(^^♪
ご高齢の男性とお子さま連れの方に出会ったのですが、無事に山頂に辿り着いたようで安心しました。
青空が欲しい石鎚でしたが、私がお寝坊した所為でお天道様のご機嫌が悪かったのかも知れません。
皆さん、ご免なさいね。
今年も佳いお年でありますように〜(*^-^*)

此の中にエントツ山さんが居られたのですね〜(^^♪

http://www3.ezbbs.net/26/maple-leaf2612/



30962.Re: 暖冬の石鎚 鉄階段の奇跡
名前:エントツ山    日付:2019年01月04日(金) 21時27分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 162KB

ひょっとしてエントツ山さん?(としぞうさん) お〜〜 しんクンも居たんか〜 ええ面構えしとるよ

しんクン  今晩は

女性連れの石鎚でまさかしんクンが居るとはこれっぽっちも思わんかったわ
そうそう 感動の抱擁をしていたのにそのシーンを撮ってくれた我が仲間は居らんかったわ  
よっぽどおぞましい光景やったんやろねえ

しかしそのヘルメット、北岳から被ったままじゃないの?
トレードマークにしてるんや
九州の女性を冬の石鎚へご案内とは又感心な!
わたしゃ年寄りでシャイだからそんな事はようせんわ 立派!
彼女達にとって四国の印象が良くなるよね

北岳の8本歯の頭で引き返したの?
奥穂の時もそうだったけどかなり無茶なしんクンがこれ以上よう行かんと思う程、あそこからの梯子段や急斜面は危険やったのね

人生は一度きりや
無理は禁物! まだまだ色んな山を色んな条件で楽しまなあかんよね

しんクンには良き先輩や山仲間が居るわ  これが一番の財産やで!

エントツ山 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-shimonorouka-1.html



30963.Re: 暖冬の石鎚でyuumin さんとも会ってたのね
名前:エントツ山    日付:2019年01月04日(金) 21時48分
Original Size: 900 x 675, 157KB Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 154KB

      この中にyuumin さんも居られたのかな?      天狗尾根の霧氷

yuumin さん  今晩は

あんりゃまあ あのグループに居られたのですか〜
先頭の女性がピッケルの持ち方や姿勢に細かく注意したり、ガイドMさんも色々指導されてたので、てっきり雪山に慣れていない登山者の雪山講習だと思ってました

部外者の我々まで指導・注意されるとは思いませんでしたわ  ビックリ〜

勿論、冬山をナメている人は我々のグループには一人もおりません
大山の弥山〜剣ヶ峰の冬山縦走や伊予富士の鷹ノ巣尾根などでは12本爪アイゼンとピッケル、ザイルを出して使っています

別なタイミングで別な場所であの日お会い出来ればご挨拶出来ておりましたのに残念でしたねえ

是非もう一度お会いしましょう


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-shimonorouka-1.html


30952.登り収めは佐々連尾山、登り始めは三ツ森へ 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2019年01月03日(木) 22時53分
Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 164KB

@中川峠のお地蔵様 ここまで2時間 A背の高さまである雪の積もった笹薮 今年最後の山も薮漕ぎ地獄が… Bテレビドラマの影響か?10年前はなかった「あすなろ峠」

エントツ山さん 新年明けましておめでとうございます。

昨年は数えて見ると概ね40回ほどこの掲示板へレポさせていただきました。
今年もできる範囲で報告させていただきますので、よろしくお願いします。

さて、この年末年始の休みは新居浜の嫁さんの実家にいて、本日、松山に帰ってきましたので、また遅いレポとなりますが投稿します。

2018年最後の登り収めとして、大晦日の31日に四国中央市の中川林道から佐々連尾山に行ってきました。
この山は高知県側の林道から10年前に登って以来でした

この中川林道は途中から荒れており、たまらず車を終点手前に置いて、登山口まで歩くこと20分。
続いて延々と杉林の中の登山道を登り、高度を上げるに連れ昨日降ったと思われる雪が現れ、約2時間でお地蔵様のある中川峠に到着。

ここから先はあまり歩く人が少ないのか?道ははっきりせず、雪の積もった笹薮が背の高さまであって非常に難儀しました。
まさか今年最後の山で藪漕ぎをするとは思いもよりませんでしたよ。
薮を抜けると開けた「あすなろ峠」という林道が貫通する峠があって、今はここが高知側の登山の起点になっているのかも?

その先も笹薮漕ぎがしばらく続き、笹の背が低くなると、美しい霧氷の着いたブナ林が広がっていました。
せっかくの霧氷でしたが、当日は、終日青空がほとんどなく残念でした。

積雪は10cmもなかったのですが、笹の上に乗っており、これを掻き分けながら進むのと、非常にアップダウンの多いコースで消耗し、ようやく出発から4時間20分もかかって山頂に到着。
山頂は非常に寒く、カップ麺で体を温め、2時に下山開始。

下山途中で日暮れが早いことに気がつき、あわてて下山するも、アップダウンと薮でなかなか進まずあせりました。
ろくに休憩も取らずに下り、なんとか5時半前に車に到達した時にちょうど日没となって真っ暗に。
真っ暗な中ではヘッドライトを点けたとしても、あの植林の中の複雑な道を迷わず下山することは難しかったと思われ、2018年最後の反省点となりました。



30953.Re: 登り収めは佐々連尾山、登り始めは三ツ森へ
名前:弁天山    日付:2019年01月03日(木) 22時55分
Original Size: 800 x 574, 164KB Original Size: 800 x 584, 163KB Original Size: 800 x 600, 163KB

CDびっしりブナに付いた霧氷 青空がほしい E佐々連尾山山頂が見えてきた



30954.Re: 登り収めは佐々連尾山、登り始めは三ツ森へ
名前:弁天山    日付:2019年01月03日(木) 22時56分
Original Size: 800 x 596, 165KB Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 580, 164KB

F凍てつく佐々連尾山山頂にて G下山 来た道を戻るも長い H大ブナの駄場に寄ってみる そんな時間の余裕はないのをこの直後に気付く…



30955.Re: 登り収めは佐々連尾山、登り始めは三ツ森へ
名前:弁天山    日付:2019年01月03日(木) 22時59分
Original Size: 800 x 643, 160KB Original Size: 600 x 800, 164KB Original Size: 584 x 800, 164KB

I林道から見上げる三ツ森 J峠から三ツ森に向かう K冬は危険な急登 雪が深いと難しそう

年が明けて新年2019年の登り始めは、1月2日に別子から三ツ森に行ってみました。

早朝、嫁さんの実家の冷ややかというより、あきれた視線をものともせず出発。
しかしながら、新居浜市内は想定外の小雨。
本当はマイントピア別子から辻ヶ峰にでも登る予定でしたが、雨の登山は嫌なので予定変更。
別子まで車で登れば雪に変わるだろうと思って行くと、そのとおり、別子は一面の銀世界でした。

31日の疲れが残っているので、軽目でまだ冬に登ったことのない山ということで、別子から林道経由で三ツ森に登りました。

長い林道をせっせと登り、1時間半で三ツ森峠に到着。積雪は深いところで10cmくらい。
峠から山頂までは急登で所々凍っており、ここは12本爪のアイゼンを持ってきて正解でした。
登りはまだいいのですが、下りは神経を遣いました。(雪が多いとこの山は危ないですね…)

山頂までは出発から2時間40分ほどで到着。
この日は、一時的に青空がでた時もありましたが、霧氷もあまりなく、眺望もガスが多く今一でした。
さすがに、この日に別子界隈で登っている人はほとんどいなかったでしょうかねえ。

ともあれ、エントツ山さん、皆さん、本年もよろしくお願いいたします。



30956.Re: 登り収めは佐々連尾山、登り始めは三ツ森へ
名前:弁天山    日付:2019年01月03日(木) 23時00分
Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 595 x 800, 161KB

L三ツ森山頂にて M平家平方面は山頂にガスが… N住友共電保線路の脇にある滝 昨日はあまり凍結していなかった



30961.Re: 登り収めは佐々連尾山、登り始めは三ツ森へ
名前:エントツ山    日付:2019年01月04日(金) 20時36分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 161KB

冬場の石鎚ではヤバい場所はここなんですが・・・(2人が立っている所) 快適な登山道 天狗尾根は迫力ありました


弁天山さん  今晩は

冬の佐々連尾山へ行きましたか
去年善次郎さんが中之川への林道が荒れていて四駆でなければ厳しいと言われていたのでパスしておりました
20分位の歩きならば、高瀑への林道と比べればまだマシな方ですね

やはりあの辺りのブナ、霧氷が素晴らしいですねえ

一つ西側の猿田〜上猿田〜池ノ平〜白髪隧道登山口までの方が良い状態かもね
その場合は大森山のブナ霧氷も素晴らしいとおもうんだけど・・・
去年からヤワな車に乗ってるからちょっと冬場の林道運転は不安です

今年の初登りは三ッ森山でしたか
そりゃこんな山にお正月登ろうって人は居ませんわな
石鎚だったら一緒に行けたのにねえ

まあ、何にせよ奥さんの実家から山へ行く場合は近場にしておいて下さいよ
郷山の藪尾根とか犬返とか、西赤石とか、登山口が近い場所の選択を!

石鎚は雪が少なくストレスの無い正月登山でした

今年も宜しくお願い致しもす

エントツ山  

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-shimonorouka-1.html


30949.初登りは剣山 返信  引用 
名前:トンちゃん    日付:2019年01月03日(木) 11時07分
Original Size: 1350 x 900, 135KB Original Size: 800 x 450, 121KB Original Size: 800 x 450, 88KB

エントツ山さん 皆さん 
明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願いします

昨日は石鎚山でしたか雪が少なく暖かかったでしょう
数年前ご一緒した石鎚山の寒さは一番厳しかったので今も忘れられません

私はつるぎの乙女さんと2人で剣山へ初登りを楽しんで来ました
ちょっとしたトラブルでスタートが10時38分と遅くなりました
なのに空を見上げながら青空を待って立ち止まったりしてなかなか進めません

やっと山頂に着きましたが真っ白で展望なしでした
2人で写真を撮ってからヒュッテで暖かいお蕎麦を食べて
お腹も気持ちもほっこりしました

ヒュッテでは31日は50人ぐらい1日は11人の登山者の方々が
宿泊されたようです
お天気も良かったので皆さん良いお正月だったようです

下りは白と黒の世界でした
遅い時間でしたが子供連れの家族の方や若い女の子など何組かが
今夜泊まるヒュッテに登って行きました

朝はいっぱいだった一階の駐車場も15時30分に下りてくると
車は数台になってました

今年も良い山歩きができる事を願うばかりです

一日は城山から初日の出を拝んできました
剣山のカラマツの霧氷は最高でした
上りの大剣神社の上からはまだ次郎笈が見えました



30950.Re: 初登りは剣山
名前:トンちゃん    日付:2019年01月03日(木) 11時10分
Original Size: 800 x 450, 84KB Original Size: 800 x 450, 130KB Original Size: 800 x 450, 74KB

昨日の剣山です



30951.Re: 初登りは剣山
名前:エントツ山    日付:2019年01月03日(木) 21時21分
Original Size: 900 x 506, 161KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 158KB

石鎚も晴れは一瞬の事     定点観測の鳥居は根元まで見えて過去最低の雪  鉄階段も全て現れてました


トンちゃん 今晩は

今年も宜しくお願いします
今日、私の母は94歳、2番目の孫は13歳になりました
トンちゃんのお孫さんも随分大きくなられたことでしょうね
お互い歳を取る筈ですわ

毎年初登りで雪山へ行ける事は幸せな事ですねえ
元旦は午前中だけ良い天気、二日は風は無いものの霧は晴れずじまいでした

お正月は新居浜の実家に居る関係でどうしても石鎚詣でになります
剣山のお正月も皆さんから紹介される事がありますが、中々霧氷も立派な姿です

この数年、石鎚山の正月は雪が段々少なくなりますわ
土小屋分岐の鳥居さんも足元まで見えましたし、危険だった鉄階段には雪が殆どありませなんだ

雪山としては拍子抜けでしたが、そこは石鎚山 神々しさはいつも通りでした

今年も頑張って山あるきましょう


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-shimonorouka-1.html


30943.初登り 石鎚山へ 返信  引用 
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年01月02日(水) 21時13分
Original Size: 800 x 449, 153KB Original Size: 800 x 449, 165KB Original Size: 800 x 450, 162KB

エントツ山さん 今晩は

今日は石鎚山へ初登りご一緒出来まして、お世話になりました。
健治さんも一年ぶりにご一緒に登れまして楽しかったです!

朝、新居浜市内で小雨でしたので山では雪か?と心配されましたが、
雪にもならず、良かったです。
ずっと、曇り空でしたが、夜明峠では青空が見られました。
風もなく暖かで穏やかな初登りになりました。

皆様、今年も宜しくお願い致します。

写真
¹;大絵馬の前で
2;夜明峠手前で青空に
3;夜明峠にて



30944.Re: 初登り 石鎚山へ
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年01月02日(水) 21時16分
Original Size: 800 x 450, 153KB Original Size: 800 x 450, 141KB Original Size: 800 x 449, 156KB

¹;天狗岳にて
2;天狗岳への尾根でお二人
3;下山、弥山下にて



30946.Re: 初登り 石鎚山へ
名前:エントツ山    日付:2019年01月02日(水) 21時58分
Original Size: 640 x 480, 136KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 150KB

今日はチェーンアイゼンの実用テストへ   今年は年男の亀吉さん   松山出身で現在信州へ住んでる人が居た


伊予の鈍亀さん  今晩は

今日はお世話になりました
チェーンアイゼンの使用テストでしたが、厳しい岩場や深い雪でない「そこそこ踏まれた雪道登山道」では十分実用的でしたねえ
正に今日の石鎚登山道はチェーンアイゼンにうってつけでした

弥山では松山出身で山が好きで現在は信州に住んでいる若者が里帰りで石鎚へ来ていたり、パラグアイの人が(日本人妻との)ハーフの男の子5人とおじいちゃんで門司から石鎚に登りに来ていたりと色んな出会いもありました

今年もお正月に石鎚へ来れた事に感謝です

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-myoukouhiuchi.html



30947.Re: 初登り 石鎚山へ
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年01月02日(水) 22時09分
Original Size: 800 x 449, 160KB Original Size: 800 x 449, 164KB

エントツ山さん

今日は、お陰様でいいスタートが切れました。

そうそう、楽しい出会いもありましたね。
掲示板でお馴染みのしんくんととしぞうさんにお初にお目にかかれました。
また、パラグアイのご一家との出会いも楽しかったです!
子供たちが可愛かったですね。
写真を追加します。

1;しんくんととしぞうさんとエントツ山さん
2;パラグアイのご一家(全員揃ってないけれど)



30948.Re: 天狗尾根
名前:エントツ山    日付:2019年01月02日(水) 22時35分
Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 159KB

  天狗尾根の様子


伊予の鈍亀さん  写真追加ありがとうございます

パラグアイ父さんの息子たち みんな良い子でしたねえ
おじいちゃんの「最後の石鎚」に付き合って・・・
しかしあの73歳のおじいちゃん 鍛冶屋で腰が曲がり耳も聞こえにくい身でよう石鎚の山頂まで登れたものです

これも今年の暖冬のお蔭かも知れません

まあ、そうは言っても天狗尾根は結構厳しい場所ではありましたわ
「天狗岳が見えなければ天狗岳まで行けばい」 

次回からは糖質の多いおやつの配給はお控え下さい

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-myoukouhiuchi.html


30941.干支の山 猪尻山へ 返信  引用 
名前:ナッチー    日付:2019年01月02日(水) 20時21分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 631, 157KB

エントツ山さん あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いいたします

猪尻山に登ってきました
登山道は以前より整備されていました 私もノイバラを切ってきました
快晴でしたので、猪尻山山頂からさらに白峰寺へ
白峰寺は出店もあり初詣の人達でとても賑やかでした
6時間ほどの縦走でしたが膝もなんともなく楽しかったです

                 膝痛軟弱男



30942.Re: 干支の山 猪尻山へ行きましたか〜
名前:エントツ山    日付:2019年01月02日(水) 20時55分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 675 x 900, 142KB Original Size: 900 x 675, 164KB

    成就社で干支の猪と      石鎚弥山にて   石鎚天狗尾根で


ジェントルパパさん  今晩は

讃岐の里山は穏やかな天気ですねえ
干支の山 猪尻山 出し抜かれました〜
6時間歩いて膝が大丈夫だったのね  そりゃグッドニュースです
今年は良い登山の年になりそうです

毎年、石鎚山にはお正月の間に天気を見ながら初登りをしています
温暖な気候で雪が非常に少なく、風も穏やかだったのですがガスが切れず青空は殆ど見られませんでした

でも石鎚はいい山です
明日は母の誕生日(94歳)と孫の誕生日が重なっており掛け持ちとなります

今年も宜しくお願いします

エントツ山
   
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-myoukouhiuchi.html


30939.謹賀新年 返信  引用 
名前:え〜ちゃん    日付:2019年01月01日(火) 12時33分
Original Size: 640 x 480, 53KB Original Size: 640 x 480, 81KB Original Size: 640 x 480, 77KB

エントツ山さん、新年あけましておめでとうございます。<(_ _)>今年もよろしくお願いします。

平成最後の元旦は穏やかな新年でしたね〜(^^)/
元旦は恒例の堂山で初日の出からのスタートでした!304m山頂で温かいコーヒータイムをして、
日抱き神社へ下りて、お詣りをしてお札を頂いて・・陽を浴びながら帰宅でした!
三四四氏とナッチーパパさんも来ていました〜!相変わらず多くの人でしたね!

堂山からの初日の出〜3枚目はイノシシの被り物を〜



30940.Re: 謹賀新年
名前:エントツ山    日付:2019年01月02日(水) 20時13分
Original Size: 640 x 480, 155KB Original Size: 640 x 480, 154KB Original Size: 640 x 480, 76KB

元旦は瑞応寺で初詣(孫4人) 正月二日は石鎚へ初登り

え〜ちゃん
堂山仲間の皆さん 今晩は

大晦日から新居浜へ来ております
お正月は家族が高松からお袋さんへの年始の挨拶、その後恒例の内宮神社と瑞応寺への初詣ででした

今日は九州から帰っている兄弟と伊予の鈍亀さん達で石鎚へ初登りでした
「天気とくらす」では石鎚山の天気は12時からAランクでした
でも霧が晴れずに天狗岳が顔を見せなかったので直接見に行きました

今年も山トレのお付き合い宜しくお願い致します

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-10g-myoukouhiuchi.html



ページ: |< << 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb