[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





34937.東赤石山 返信  引用 
名前:アカリプタ    日付:2021年07月21日(水) 17時43分
Original Size: 711 x 400, 175KB Original Size: 600 x 450, 114KB Original Size: 600 x 450, 180KB

八巻山より東赤石山、エビラ、二ツ岳   タカネマツムシソウ       シコクギボウシ

エントツ山さん こんばんは

梅雨明け1日後の昨日、東赤石に行ってきました。
瀬場から左股を赤石小屋へと登り、八巻山、東赤石山、権現越へと縦走して、床鍋に下りました。
終日ほぼ青空で、風もあって、快適に歩けました。不安だった足も何とか大丈夫でした。

エントツ山さんの好きなタカネマツムシソウ、たくさん咲いていましたよ。
シコクギボウシは八巻山の裏で見頃、オトメシャジンも咲き始めていました。
私の目的のお花、コイチヨウラン、ミヤマフタバランもちょうど見頃で、登った甲斐がありました。



34938.Re: 東赤石山
名前:アカリプタ    日付:2021年07月21日(水) 17時49分
Original Size: 450 x 600, 130KB Original Size: 450 x 600, 104KB Original Size: 450 x 600, 79KB

オトメシャジン      コイチヨウラン      ミヤマフタバラン

お花の追加です。
他にも、ウバタケニンジン、イワキンバイ、コウスユキソウ、ホソバシュロソウ、ヤマトキソウ等々色々なお花が見られました。
権現越は、花が少なくなって残念ですねえ。 



34940.Re: 東赤石山
名前:エントツ山    日付:2021年07月21日(水) 23時07分
Original Size: 900 x 600, 162KB Original Size: 900 x 600, 153KB Original Size: 900 x 600, 158KB

日本石のシコクイチゲ  この時期やっと白毛になり綺麗です  やっぱりマツムシソウはいいですねえ

アカリプタさん  今晩は

7月中に東赤石へ行かれると聞いていましたが、ミヤマフタバランもコイチヨウランもちゃんと撮られていますねえ

アカリプタさんのコイチヨウラン写真の玉ボケを見るにつけ「ミラーレス一眼レフ」じゃないとダメかなあ・・・って思いますわ

この時期になるとコウスユキソウも産毛が白くなってエーデルワイズっぽくなってきます
reiko さんも知らぬ間に早池峰ウスユキソウを見て来たらしいですわ
keitann さんも那須や白山へと・・・彼女らにコロナは通用しないみたいです

タフでならしたアカリプタさんが足の調子が悪いって聞いてましたので心配しておりましたが、花の力は偉大ですねえ
お互い体をダマシだまし使って花めぐりを続けましょう

次は裏寒風ですかねえ

エントツ山 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html


34935.避難小屋の件は解決! 返信  引用 
名前:六甲山のキセキ    日付:2021年07月20日(火) 19時46分
Original Size: 900 x 729, 439KB

エントツ山さん、こんばんわ。
六甲山のキセキです。

この前、避難小屋の件で、ひとにぎりの勇気を与えて頂きましてありがとうございました。
意を決して、日光東照宮から一か月ぶりに避難小屋泊りの縦走をしてきました。

おっしゃる通り、ネズミの仕業が濃厚と確信しました。なぜならば、当該避難小屋のテーブル側の壁に「ネズミ」という落書きがありました。思うところ、ネズミが出るから食べ物の保管に注意しろ!という意味に捉えることも出来ます。
それともう一つ、当該避難小屋の主的な方から、寝ているとコトコトと外から音がするから怖くなったが、みて見るとシカが避難小屋の周りをうろついていたという。

もう、この件の問題は完全にクリアーできましたよ。ご心配おかけしました〜

実は今回の山行は一か月ぶりだったので、初日と最終日の終盤は本当に疲れた。
初日は、たまらず漢方薬を服用し、それでも足に違和感があった。そのことを主の方に告げるとマグネジウムの錠剤を頂いた。最終日は20kmオーバーだったので、小休止をおりまぜながら、騙しだまし歩き通したが12時間も要した。

以前より確実に体力が落ちてきている現状を知った今回ですが、70歳になってもエントツ山さん見たいに元気よく山歩きが本当に出来るのでしょうか。ちと考えてしまいました〜

そんなこんなでよろしくね!

@今回のルート



34936.Re: 避難小屋の件は解決!
名前:六甲山のキセキ    日付:2021年07月20日(火) 19時50分
Original Size: 580 x 386, 48KB Original Size: 580 x 386, 56KB Original Size: 580 x 386, 59KB

写真ついかします。


A山頂より、白根山を望む
B帝釈山より、小真名子山、大真名子山、男体山を望む
C大真名子山より、男体山を望む



34939.Re: 避難小屋の件は解決!
名前:エントツ山    日付:2021年07月21日(水) 22時21分
Original Size: 956 x 576, 163KB Original Size: 800 x 533, 100KB Original Size: 800 x 600, 99KB

味のあるルートです  歳を取っても山歩きを続ける方法はビバーク上手になるしか無いよね

六甲山のキセキさん  今晩は

何やかんや言いながらオリンピックが始まりましたねえ
でも大都会東京のコロナはしつこいですわ

まあ、あれだけ色んな人間がひしめいている場所ですから「動かないで!」とか「お酒は自宅で!」とか「仕事はリモートで!」とかいくら叫んでみても収拾がつきません

その点、田舎は気楽なもんですわ
六甲山のキセキさんも心得てはおられるでしょうが、公共交通機関利用の移動には気を付けて下さい

関東近辺の山は大都会の登山者を受け入れて来た歴史がありますから避難小屋も充実してますねえ
避難小屋の管理人さんが居ない場所では早い者勝ちで後から入ると何かと不利になります

初めて日光界隈に行くのであれば、下山は志津小屋から男体山へ行く方が早いですよね
只、帰りの電車などの事を考えると中禅寺湖からだと色々不便な事も有るんでしょうねえ

我々の自家用車利用も遠征となると「旅」の要素が有りますが、六甲のキセキさんの場合だと余計に「旅」の様相が強いです

計画時から山旅が始まりますから楽しいですよねえ
一つ一つの山旅が心に残ります

以前より体力が落ちたとの事ですが、我々年寄りにそんな事を言うと「しゃらくさい事を言うな!」って怒られまっせ
六甲のキセキさんの年代ならば鍛え方次第でもっと体力がアップする事が可能です

70歳を越すと「50代は元気だった  60代も元気だった 2〜3年前も元気だった・・・・」と本気で嘆く事になるのです

1ヶ月山へ行けなくても毎日の生活の中で歩くトレーニングを続けて下さい
昨日、一番下の孫と近くの里山へ登りましたが、完全に負けました

さて、そうは言ってもまだまだ山を歩く方法についてですが、そのヒントは既に六甲のキセキさんが実践されている「ビバーク」ですね

日帰りがキツくなれば1泊2日にする
それでもキツくなれば2泊3日にする
その為には最低12kgのザックを背負って常に歩ける体力を維持する努力を続ける事でしょうか

ビバーク登山が身に着いた事はお互い財産だと思いますねえ

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html


34930.四国山脈横断の山旅もリーチがかかりました 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2021年07月18日(日) 18時57分
Original Size: 1011 x 798, 162KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 533, 91KB

引地山(皿ヶ峰連峰)から大川原高原まで  尾根は風車建設現場に 徳島の山は風車銀座に・・・

皆さん  今日は

明日から梅雨明けの暑い日となりそうですね
「安心安全教」の教祖となってしまった我が国総理大臣は相変わらず安心安全のお題目を唱えています

コロナ第五波が来てしまった現在、今年も遠征が難しい状況です
この為に最近ではマイナーな登山者との出会いも少ない「雲早山」から西側の分水嶺歩きを行って参りました

地図でお分かりの様に石鎚山系と剣山系を繋いだその先は雲早山北尾根(あけぼの峠)から柴小屋山〜旭ヶ丸(大川原高原)への分水嶺が続きます

吉野川水系と勝浦川水系の分水嶺が地形的には石鎚〜剣山系の続き尾根となって紀伊水道へと落ちて行きます

今回歩いた柴小屋休憩所〜旭ヶ丸(大川原高原)までの尾根には現在風力発電の風車15基が建設中となり、「四国のみち」「柴小屋〜大川原高原 分水嶺のみち」は通行する事が難しい場所があります

徳島県は林道「大川原旭丸線」を「新・四国のみち」に変更して尾根歩きが窮屈になってしまいました

最後のチャンスと思い尾根沿いを歩いて見ましたが、成程大がかりな道路造成、風車建設地造成の為に美しい徳島の尾根筋が変わり果てておりました

長い目でみると自然に優しいクリーンエネルギーの為ですから、大義をもって小さな自然破壊には目を瞑(づぶ)らなければならないのかも知れません

何だかんだと複雑な心境で今回柴小屋〜大川原高原を歩きましたので、残りは今年の晩秋辺りに紀伊水道まで一気に歩こうかと考えております

分水嶺歩きに興味がある登山者の為に最新の尾根事情をアップしておりますのでご参考までに

下のURLです

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-shibakoya-asahigamaru-2.html



34931.Re: 四国山脈横断の山旅もリーチがかかりました
名前:高御位山    日付:2021年07月18日(日) 20時59分
Original Size: 721 x 1024, 80KB Original Size: 768 x 1024, 92KB Original Size: 768 x 1024, 92KB

師匠、熱いですね、此方もやっと梅雨が明けました。香川では未だの様
ですね。四国横断山行リーチが掛かりましたか、凄い山行ですね。
 50年以上も前になりますが、愛媛の女子高の山岳部が当時としては
凄い縦走、四国中央山脈?を成し遂げた記事を岳人で読んだことが有りますが、師匠の縦走はそれを遥に上回る物です。

 序に思い切って紀伊水道迄、西は佐多岬迄繋いだら如何ですか。
此のままでは心残りな気がしませんか。88か所巡りでは有りませんが此処は端から端まで繋がれん事を一読者として切に期待して止みません。

1 小槍の岩場 2P程の快適な岩場、此処でアルペン踊りをしました
2 滝谷の第二尾根P2フランケの岩場 師匠も縦走中に見て居れます
3 北穂のチムニー マーシーさんが喜ぶエントツ登り。


   



34932.Re: 北アルプスも随分縦走を重ねました
名前:エントツ山    日付:2021年07月19日(月) 14時22分
Original Size: 958 x 1024, 286KB Original Size: 786 x 382, 92KB

北アルプスを歩いた縦走ルート図  去年はコロナ禍で遠征は一度だけでした

高御位山さん  今日は

四国地方も梅雨明けして急に暑くなりました
天気が良くなったのですが孫当番が続きます

一年待てば何とかなるだろうと去年ほぼ棒に振った遠征ですが、ここに来て感染拡大となりガッカリです

公共交通機関を使わない遠征はごく限られてきますので悩ましい限りです

高御位山さんのジャンルは命を懸ける様な厳しい岩稜帯への挑戦だったですねえ これは技術、体力、統制の取れた仲間が必須条件です

私のジャンルは「四国の山岳縦走」ですからまあユルいもんです
四国の縦走に関してはコロナ時代もそんなに影響を受ける事はありませんでした

高御位山さんから北アルプスの魅力を伝授して頂き、それ以来日本アルプスも歩いて参りましたが、結構なログ図になっております

主な北アルプスの縦走を完了し、心残りは扇沢(種池山荘)から岩小屋沢岳〜鳴沢岳〜赤沢岳〜針ノ木岳〜蓮華岳〜七倉岳〜船窪岳〜烏帽子岳が繋がっていない所です

ルート図を眺めながら北アルプスって何処をとっても印象深い場所です
西穂〜ジャンダルム〜奥穂も良かったし、大キレットも面白かった
表銀座に裏銀座、北鎌とよう歩きましたわ

剱岳〜立山へ連れて行って貰った時に、ご一緒した菅さんに「後立山連峰もいい所よ〜 是非歩いてみて下さい」と言われた白馬岳〜不帰嶮〜唐松岳〜五竜岳〜八峰キレット〜鹿島槍ヶ岳〜爺ヶ岳も思い出深い山旅となりました

読売新道(水晶岳〜赤牛岳〜黒部ダム、そして下ノ廊下(黒部ダム〜十字峡〜半月峡〜仙人ダム〜阿曽原温泉〜欅平〜(トロッコ列車)〜宇奈月温泉・・・・う〜〜ん これも最高の想い出です

日本アルプスも1〜2泊の単体であればまだまだ楽しめそうな気がしております


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



34933.Re: 四国山脈横断の山旅もリーチがかかりました
名前:高御位山    日付:2021年07月19日(月) 17時48分
Original Size: 676 x 1024, 92KB Original Size: 1024 x 695, 92KB Original Size: 1024 x 689, 92KB

師匠、北アルプス歩いたルート図拝見しました。短時間の間に随分と歩いて居られますね。親不知から後立山縦走は師匠の掲示板では高知のつばくろさんだけです。私の場合は白馬から朝日経由親不知への下山ですから価値が大分堕ちます。
 

 私も後立山縦走は一旦は針ノ木峠で下山し他日船窪、烏帽子、三俣、双六、槍、穂高と重い荷を(当時山岳会では40sが普通でした)ひいひい言い乍ら縦走して居ました。針ノ木峠から当時、蓮華、船窪、烏帽子、三ツ岳の縦走なんて大学山岳部か余程変わった山岳会しか実施し無かったったですからね。

 今でも此のコースを縦走する人は殆ど居ないのでは有りませんか。唯船窪の山小屋が秘境の小屋として一部の岳人から人気が有るとの事。

 その辺鄙なコースを歩きたいとは師匠も余程の変人の部類に入りますね。私の縦走は50年以上の前の事。今は山小屋も整備されて、立派に成っているでしょう。でも表銀座、槍穂高、後立山等の山小屋とは大いに趣が違うこと間違い無しと思います。似ている感じでは劒の北方稜線上の有る池の平小屋ぐらいでしょうか。

1 1963年夏 針ノ木峠にて 下は黒部川
2 下山途中に有る針ノ木右岸の大沢の小屋
3 扇沢に降る。バスは無く道路も舗装されて居なかった。



34934.Re: 心残りがある方が良いかも・・・
名前:エントツ山    日付:2021年07月20日(火) 11時04分
Original Size: 1045 x 1185, 161KB Original Size: 827 x 645, 163KB Original Size: 800 x 600, 99KB

南アルプスの山旅ログ図  標高3000mを越える山は完登しました やはり北アルプスは最高ですね

高御位山さん お早うございます

若い頃は男前の山男でさぞおモテになったでしょうねえ
カリスマ性を持つ条件は男前、美女ってのが一番でしょう
黙って立っているだけでカリスマ性が生まれます

そうで無ければ私みたいにコツコツと努力して、言葉とか態度とか忍耐とか居直りとか、そんな物で勝負するしかありませんわ

魅力的な北アルプスに対して、いかさまデカい南アルプスは日本の3000mを超す山旅の対象として歩きましたから、あまり稜線は繋がっておりません

6年ほど前に塩見岳で3000mの山旅は区切りがつきました

日本アルプスの百名山では、南アルプスの光岳だけが中途半端に残ってしまいました

後立山連峰と裏銀座を結ぶ針ノ木〜烏帽子岳間が去年歩く予定でしたが、コロナ禍で山小屋閉鎖に伴い「通行止め」となりました
結局北海道百名山遠征も去年、今年と難しい状況で、来年まで体力と資金が残っているかはなはだ疑問であります

趣味の世界で山歩きがコロナ過の為に犠牲だなんて、全世界の苦しみに比べたら何て事はありませんわ

8月初旬に2回目のワクチンを打つ予定ですから、動けるのはお盆明け
もう今年の北海道は諦めました

それにしても高御位山さんの若い時はキスリングに40kgですか!
肩が持ちませんわ
交通機関や山道具の発達で昔に比べれば雲泥の差ですねえ

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html


34923.赤石山系のシコクイチゲ 返信  引用 
名前:keitann    日付:2021年07月14日(水) 22時47分
Original Size: 727 x 547, 94KB Original Size: 640 x 854, 189KB Original Size: 799 x 596, 78KB

エントツ山さん、こんばんは。

今日は早起きでしたが、まだなんとか目が開いてます。
本日は私のゆっくりペースに合わせていただいて、ありがとうございました。
おかげさまで、初めてのコースを一部でも歩くことができました。


そして、5年来?6年来?の夢だったシコクイチゲに逢うことができました。
エントツ山さんも10年来の憧れの赤石山系のシコクイチゲにお会いする
ことができて、お互いに有意義な一日となりましたね。

カメラのバッテリー切れもありましたが、あの後、権現越から東赤石に
登って下山するのは私の体力ではちょっっときつかったかもしれません。
権現越で別行動にして正解だったと思います。



岩場に咲き誇る大株のシコクイチゲ

岩棚で撮影中のエントツ山さん

権現越からの下りでオトメシャジンに逢えました
何とか残っていたバッテリーでかろうじて撮影です



34926.Re: 赤石山系のシコクイチゲ
名前:エントツ山    日付:2021年07月16日(金) 18時44分
Original Size: 1024 x 768, 163KB Original Size: 891 x 900, 165KB Original Size: 900 x 600, 165KB

伊藤玉男さんの「赤石の四季」巻末地図より 日本石(二本石)へのログ図 きっかけを下さった学芸員さん

keitann さん  今晩は

一昨日はお疲れ様でした

お返事が遅くなりました
一番上の孫が高校でレスリングをやってまして今日全国大会へ行くと言うので買い物や送り出し役をしておりました
もう孫とは体力的に喧嘩も出来ない立場で御座います

二本石=日本石のシコクイチゲ残っていて良かったですねえ
21年前に50歳で山歩きを始めた時に伊藤玉男さんの「赤石の四季」に出会い故郷の山、赤石山系歩きのバイブルとして参りました

その本の中に「峨蔵山の中程に三角点を持つ黒岳という岩山がある。その300mほど西寄りに岩棚がある。そこから北を覗くとそこは200mを越す岩壁となっている。これを昔は天狗嶽といっていた様だが今では二本石が通称になっている。基部から見上げると二ッ岳のように岩壁が二つ並んでそそり立っているからだ。」

又、「スズタケのブッシュを抜けると後は踏み跡がはっきりしてくる。尾根が痩せて来て岩場が多くなり、尾根に出たり南側を巻いたりするうちに二本石(天狗嶽)の岩場に向けて急坂を登る。夏ならばここでシコクイチゲの高貴な花に会える」という記述がありました。

元々は「天狗嶽」それから「二本石」で・・・現在は語呂から「日本石」と呼ばれています。

日本石へは今年の春まで峨蔵山縦走で5回程歩いておりました
で・・・今年の5月末に石鎚へシャクナゲを見に行った時に高知のM植物園の学芸員さんにお会いしました

以前、この掲示板でもその時の話を致しましたが、その学芸員さんにお礼を言われたのです
私のHPや掲示板で色んな情報を貰っているから是非お礼を言いたかったと・・・
特に掲示板でシコクイチゲの話題になった時に日本石にシコクイチゲが咲く事を紹介した所、その情報を基にさっそく行って見て来られたと・・・

う〜〜ん 掲示板の管理者が伊藤玉男さんの地図で知ったかぶりを披露した所、わざわざ見に行ってくれたと・・・
こりゃ、管理者が見ない訳には参りませんわな!!
場所の見当は何度も現地に行ってるので分かっていましたが、問題は時期だけでした
人伝手(ひとづて)に学芸員さんから行った時期を知り、あの日行く事に決めていたのです

その前の6月17日に権現越えから日本石をピストンして東赤石へ回れば時間がどれ位かかるのか前もって歩いてみました
その時に偶然 yuumin さんにお会いしてシコクイチゲの場所偵察に行っていましたとご挨拶しました
(yuumin さんは急性緑内障を発症して現在休養中だそうです。お大事に・・・)

その時に私の老体では歩行時間が12時間を越える事が分かりました
それでkeitann さんも行きたいとおっしゃるので出発時間を06時とさせて頂きました

権現越えが昔藪だった頃、鹿もまだ少なく岩場以外にもシコクイチゲが咲いていた様ですが、今は鹿が増えてあの猛烈な笹藪が消え去りました
当然、そこにあった筈のシコクイチゲも食べられてしまっています

今は鹿も近づけない場所で必死に生きておりましたねえ

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34927.Re: 赤石山系のシコクイチゲ
名前:エントツ山    日付:2021年07月16日(金) 19時33分
Original Size: 850 x 637, 165KB Original Size: 850 x 637, 160KB Original Size: 850 x 637, 159KB

大汗っかきのミセスkeitann 岩場を這い上がってくるミセス keitann 法皇権現から権現越え(ガス〜)

行きは四電鉄塔巡視路で東側から尾根の20番鉄塔に上がりました
まあ、時間的に大差はないかも知れませんが気分的に近道なので・・・

権現山や日本石へは峨蔵山縦走でもしなければわざわざ行く人も居ないですよねえ

帰りは権現岩の法皇権現さんにお詣りしてお別れしましたが、6月に東赤石へ回っても明るい内に帰れるメドが付いていました

お蔭でタカネマツムシソウに会う事が出来ました


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34928.Re: 赤石山系のシコクイチゲ
名前:エントツ山    日付:2021年07月16日(金) 20時07分
Original Size: 850 x 637, 163KB Original Size: 850 x 637, 160KB Original Size: 850 x 637, 163KB

縦走尾根に近い岩場から日本石の岩峰 日本石の先っぽはこんな崖っぷちです 日本石の岩棚(少しガスが切れた)

昭文社の地図には二本石(日本石)は記載されていません
泉保さんの地図には日本石と掲載されています

権現越から日本石まで2時間程かかりますねえ
帰りは下りで1時間半程でしょうか

思ったより距離があります

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34929.Re: 赤石山系のシコクイチゲ
名前:エントツ山    日付:2021年07月16日(金) 20時20分
Original Size: 850 x 637, 162KB Original Size: 1024 x 767, 328KB

日本石基部でのミセスkeitann(バックは黒岳)  黒岳から見る日本石は一角獣です

余りお馴染みでは無い」日本石(二本石)=天狗嶽ですが、縦走路の黒岳付近から見ると「一本槍です

こちらのネーミングの方が良かったかな?

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html


34922.瓶ヶ森散策 返信  引用 
名前:山じい    日付:2021年07月14日(水) 22時22分
Original Size: 1000 x 667, 114KB Original Size: 1000 x 667, 246KB

シテン(紫点)クモキリ(ラン科/横倒しや〜。)  瓶ヶ森の鎖場全景

 エントツ山さん、こんばんは。
 11日(日)に会の例会で瓶ヶ森を散策。お定まりの女山→男山の縦走コース。雨の恐れもあったのですが、女山山頂では青空も。恒例のブトも思ったより少なく、女性メンバーは咲き始めたお花類に狂喜でした。瓶ヶ森は寒風と並ぶお花の名所。やはりアクセスでは寒風を上回りますかね。

 フガクスズムシソウは、先月に皿ヶ嶺で数株。残念ながら、瓶ヶ森では見つけられませんでしたが、同じラン科で、2008年に新種登録されたらしいシテン(紫点)クモキリは撮ることが出来ました。クモキリソウのお仲間みたい。チャボツメレンゲはまだほとんど蕾で、今週末くらいかなという感じでした。

 翌日、別のお山が雷様の遠慮せよとのお達しで中止。仕方ないので、スカイライン入口から瓶ヶ森まで移動して鎖場を歩いてきました(詳細はブログにUP済。)。道標に示されているということは、昔は道があったはず。でも現実は、腰から胸までの笹ブッシュ歩きに。2.5万地形図記載の、女山〜男山縦走路の中間点にある下降路も現地は笹藪。立派な道があるのに、好き好んで濡れながらブッシュを歩くんかいと自嘲しながらのお山になりました。
 でもまぁ、色々発見もあって飽きなかった。やはり瓶ヶ森はただものではないですね。



34925.Re: 瓶ヶ森散策
名前:エントツ山    日付:2021年07月16日(金) 12時56分
Original Size: 768 x 674, 162KB Original Size: 675 x 900, 162KB Original Size: 850 x 637, 162KB

瓶ヶ森(旧石土山)鎖場の場所   瓶ヶ森(旧石土山の)鎖場  裏寒風にテバコマンテマが咲き出しました

山じいさん  お早うございます

山じいさんの瓶ヶ森鎖場レポ拝見しました

瓶ヶ森男山(旧石土山)の鎖場は去年 子持ち権現の本ガケ鎖場を歩いた時に行かなかったのです

確かにそれまでも登山道に立つ鎖場経由男山の標識は気になっていましたが、一見踏み跡さえもない笹薮でしたから歩く気にもなりませんでした

その直後だらだらヒューマンさんからこの鎖場のレポを頂いて、やはり「画竜点睛を欠く」ちゅう事で私も探索しましたわ

私が瓶ヶ森へ行った時に丁度修験者が背中に水タンクを背負って修行歩きをしており、男山で再度お会いした時に鎖場の事を問い合わせてみました

そうしたら「子持ち権現の方に鎖場はありますが、ここには有りません」との答えが返ってきたのです
つまり最近では修験者さえもこの鎖場の存在を知らないのです

修験小屋の裏手からスタートしたり、男山への登山道の途中から笹薮に突入したりしました

グルグル3度程回ってやっと見つけました
それから登山道への踏み跡を辿りましたが全く今は残っていませんね


瓶ヶ森のシテンクモキリは7月1日石鎚へ行った時に見て来ました
その時から咲いてましたから花期は結構長いですねえ
あの一株ってのが危ういですねえ
ノビネチドリも随分無くなっていましたわ

昨日は日本石・東赤石のクールダウンに裏寒風へ行ってきました
テバコマンテマが咲き始めていましたぞ

ただ、残念な事に一番見栄えのするウチョウランが下のコケごと盗掘されていましたわ
皆さん、毎年あの花を写真に撮るのを楽しみにしているのにヒドイ人も居るもんですねえ

まあ、普段の社会生活を考えて見ても我々の尺度では到底考えられない事をする人が一定数存在します
私は高松西インターまで高速道路の側道を歩きますが、コンビニの残骸とか沢山のゴミが意識的に捨てられています
日本くらいゴミの回収制度が整った国はあまり無いと思っていますが、家に帰ってゴミを出せば良いのにそれをせずにポイポイと捨てる人が居る

山の尾根を歩いていても林道の下には電化製品のゴミが大量に捨てられています
道路際でも空き缶が結構捨てられていますよねえ

常識欠落者が一定数存在する人間社会ですから当然、盗掘なんて行為は防ぎようも無く永遠に避けられないでしょうねえ
珍しい花、貴重な花、小さい花を余り追わない事が心休まる方法でしょうか

エントツ山

  
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-6g-komochigongen.html


34917.直瀬川左俣&井内川御来光ノ滝沢を探訪 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2021年07月14日(水) 21時36分
Original Size: 1024 x 703, 160KB Original Size: 1024 x 728, 161KB Original Size: 1024 x 763, 163KB

@直瀬川の最初のナメ滝
A第2の滝
B第3の滝

エントツ山さん、こんばんは。
毎日暑いですねえ。仕事が忙しく遅くなりましたが、レポします。

先週土曜の10日は今治山岳探検隊のI氏と石鎚北面から流れる御塔谷の遡行を計画したのですが、朝から小雨。
土小屋に到着すると雨脚が強くなりテンションはダダ下がりに。
カッパを着て石鎚を目指す一般登山者は結構いましたが、我々は意志薄弱につき早速諦め、久万高原町にあって毎年訪れているナメの続く直瀬川へ転進。

スカイラインを下って直瀬川に向かうと皮肉なことに雨も止んできて、しまったと後悔するも遅く、直瀬川のナメ沢を遡行しました。
大滝の上部から入渓するも思ったより水量は多くなく、相変わらずの美しいナメやナメ滝が続いていました。

しかし、途中から川沿いの植林の伐採されており、沢が荒れてくる。
倒木などで通れず、川底に這いつくばってくぐる箇所も複数あり、かなり苦労しました。
これまで初心者でも比較的楽に遡行できる沢でしたが、残念ながらその価値は半減してしまいました。



34918.Re: 直瀬川左俣&井内川御来光ノ滝沢を探訪
名前:弁天山    日付:2021年07月14日(水) 21時37分
Original Size: 1024 x 682, 164KB Original Size: 1024 x 762, 165KB Original Size: 1024 x 712, 164KB

C植林の伐採箇所から荒れてくる 這いつくばってくぐる
D最後の滝
E帰路、第3の滝で懸垂下降の練習



34919.Re: 直瀬川左俣&井内川御来光ノ滝沢を探訪
名前:弁天山    日付:2021年07月14日(水) 21時42分
Original Size: 1024 x 871, 164KB Original Size: 1024 x 722, 164KB Original Size: 754 x 1024, 164KB

F11日の井内川御来光の滝沢の遡行図
G通称ドライブスルーの滝 ここは登れないので裏から捲く
Hドライブスルー滝の上にも何段もの滝が続いている


翌11日の日曜、松山周辺は朝からいい天気。
2連荘とはなるも、どこかに行かないともったいないので、東温市の井内川の上流部の御来光ノ滝がある谷を単独で遡行してみました。
ちょうど前日遡行した直瀬川とは井内峠を挟んで反対側となります。

以前から御来光の滝を登ってみたいと思っており、計画では井内峠にあるトンネル付近に自転車をデポし、遡行後は一気に自転車で下る予定でしたが、現在県道が工事中のためデポ不可。
工事箇所はちょうど県道脇で今回遡行する谷にある滝(通称:ドライブスルー滝)のところで、当日は工事お休みにつき通してもらいました。

朝の出発が遅いうえ、途中で忘れ物に気付いて取りに帰ってたので、1時間のロスして11時に遡行スタート。
ドライブスルー滝はツルツルでとても登れないので裏山の急斜面を登って滝上に降り立つ。
なんと!この滝の上も何段ものナメ滝が連続しており、喜んだのはいいものの、結構険しく単独なので非常に緊張しました。

100mほど高度を上げるといつもは県道の橋から見る御来光の滝が現れる。
これを直登するも自分の力量では困難な場所があり、部分的に左岸によけましたがなんとか登れました。
この御来光の滝の上部も滝が続いており、楽しい滝登りができました。
後で肝心の御来光の滝での記念撮影をしてないことに気付くも、もう遅い…

さらに100m高度を上げると滝も落ち着き、ゴーロが多くなる。
いくつか分岐がありますが、GPSがあっても分かりにくく、誤って入った谷を引き返すなど時間ロス。

最後の分岐の右側には、水量はほとんどないものの、15m位の大きなナメ滝が。
本当はこれを登りたかったのですが、こちらに進むとさらに1時間以上余分にかかるので、今回は左側に進む。
出発が遅かったのが響きました。

左側はほとんど水がなく、水が枯れるとお決まりのスズタケ薮地獄へ突入。
薮は高度にして100mなかったと思いますが、一部に獣道はあるものの、びっしり密生した背丈より高いスズタケと1時間近く格闘。
服はドロドロ、心身ともくたくたになり参りました…

出発から4時間20分でようやく稜線の登山道へ。
さらに前日からの2連荘の疲れも出てきて、帰りの1時間半の県道歩きはかなり堪えました。
自転車デポができていれば楽々下山だったのですが…

今回も新たな滝を発見できたことは満足できましたが、次回行く際は道路工事の完了後にしたいですね。
それと、ここのスズタケだけでいいので、鹿に食べ尽くしてほしいところです。



34920.Re: 直瀬川左俣&井内川御来光ノ滝沢を探訪
名前:弁天山    日付:2021年07月14日(水) 21時51分
Original Size: 1024 x 712, 164KB Original Size: 679 x 1024, 165KB Original Size: 1024 x 746, 165KB

I御来光の滝を登り県道の橋を見下ろす
 ここは落ちたらOUTなので慎重に登る
J御来光の滝の上もまだ滝が続く
 なかなか登りがいのある沢でした
K厳しい急な滝は終わり、ほっと一息



34921.Re: 直瀬川左俣&井内川御来光ノ滝沢を探訪
名前:弁天山    日付:2021年07月14日(水) 21時53分
Original Size: 1024 x 733, 164KB Original Size: 1024 x 701, 164KB Original Size: 686 x 1024, 165KB

Lその上にも4段の滝があった
M最後の分岐の右側にある15m程のナメ滝 
 これを登ると稜線までさらに遠くなるので、今回は分岐の左を進む
N帰りは長い長い県道歩き 県道の橋から登っってきた御来光ノ滝を望む



34924.Re: 直瀬川左俣&井内川御来光ノ滝沢を探訪
名前:エントツ山    日付:2021年07月16日(金) 07時08分
Original Size: 900 x 655, 159KB Original Size: 1024 x 711, 200KB Original Size: 850 x 566, 139KB

直瀬川弁天山さん資料    東温アルプス近辺地図  御来光の滝よりこちらが良かったです


弁天山さん  おはようございます

近頃はしっとりと降る雨が少なくてドバ〜〜ってスコールの様に降りますから沢も荒れ放題でしょうね

昨日も裏寒風で雷雨に遭い参りましたわ
カミナリ様に見つからないようにじっとして木の下に隠れていました
木の下は危ないって言うけれど、周りは全て木ですからねえ

植林帯の倒木や間伐材が整理されずに放置されている場所も歩き難いですが、沢の倒木地帯も往生しますねえ

久し振りに相棒I氏と歩けて良かったじゃないですか
趣味や体力、相性と色んな条件があり山友、沢友はそんなに居るものではありません  貴重な存在ですね

御塔谷を雨で諦めましたか
まあ弁天山さんの場合は沢の引き出しが多いから次の行先もそんなに苦労せずに変更出来ますねえ

直瀬川は去年レポ頂き、地図もありました
沢の場合はGPSのログが正確に取れませんのでどうしても手書き地図にならざるを得ません

今回は井内峠を挟んで土曜日は南側の仁淀川水系、日曜日は北側の重信川水系ですか 考えて見れば贅沢ですね

私も去年の秋に初めて井内隧道を通りました
岩屋寺の迫割禅定へ行った時にカーナビを入れるとこのルートを指示されました

まあ道の狭い事!!
対向車が来たらどうしようか〜ってずっと心配しながら運転してました
そしたらそのドライブスルーの滝が出て来て思わず車を留めて眺めました
井内隧道を抜けると道が広くなりホッとした記憶があります

お盆が近づいてアブが出る前に沢を楽しんで下さい

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-kumosou-shibagoya.html


34915.金毘羅街道・いよ道 返信  引用 
名前:グランマー啓子    日付:2021年07月11日(日) 10時03分
Original Size: 426 x 640, 154KB Original Size: 640 x 426, 99KB Original Size: 640 x 426, 99KB

エントツ山さん おはようございます

山際には雲が多いけど、今日は思いの外良いお天気です

石鎚お山開き大祭も終わりましたね
ご神像が成就社を出御し、石鎚神社本社に遷宮されたら
やっと、夏山到来ですね〜

昨日はまた金毘羅街道でした
山本町五反田の伊予見峠から、薄っすら見える赤星山を振り返り
雨に濡れた道を歩いて牛屋口を目指しました
お山の夏花も楽しまないで、地味な街道ばかり歩いております

写真 山本町辻のこんぴら道標
    牛屋口の鳥居を潜る
    「ひまわり畑」賑わってました

http://ss991429.stars.ne.jp/



34916.Re: テーマとモチベーションを失わず 金毘羅街道・いよ道
名前:エントツ山    日付:2021年07月11日(日) 22時36分
Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 600 x 800, 99KB Original Size: 800 x 600, 98KB

     菖蒲権現のブナ2題   と 柴小屋神社の鳥居


グランマー啓子さん  今晩は

金毘羅街道歩いているんですね


明日やっと一回目のワクチン接種となりました
四国中央市は早いらしいですね
香川県でもバラつきがあり、特に松は遅れに遅れておりました
それでこの所天気も悪い事もあり体力温存で大人しくしていました

まだ高齢者のワクチン接種も充分でないのにオリンピックが始まるんですねえ
こんな実感も高揚感も沸かないスポーツの祭典ってどうなんでしょう

国民の関心や希望は大リーガーのオオタニサンに集中している様です


話は変わりますが、石は長持ちしますね
古い街道に置かれた燈籠や石仏、石碑、石の鳥居・・・
グランマー啓子さんの大山古道や金毘羅街道歩きなど、いにしえの人々が歩いたロマンの道ですね

新居浜界隈の「炭の道」も随分歩きましたが、古い物を辿るのは難しくなりました
へんろ道なども車道が入り乱れてややこしくなっていますねえ

今、雲早山から東に続く尾根歩き(分水嶺歩き)をしており、先日大川原高原まで足跡を延ばしました

記録としてはまだ雲早山北尾根とあけぼの峠から柴小屋休憩所までですが、近い内に柴小屋から旭ヶ丸までの記録も完成させる予定です

「四国のみち」でさえ、風力発電建設で辿るのが怪しくなってきました
そんな中でお互いテーマを探りながらモチベーションを保って行きたいものです


ちなみに2回目のワクチン接種は8月上旬になりますので、遠征は出来てもお盆以降になりそうです

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-kumosou-shibagoya.html


34908.鉄砲石川左俣支沢を探訪 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2021年07月05日(月) 21時09分
Original Size: 695 x 1024, 161KB Original Size: 1024 x 682, 165KB Original Size: 1024 x 682, 165KB

@今回の遡行図 
A赤橋から入渓。水量は少ない
Bいつもながら美しい白ナメ

エントツ山さん、こんばんは

先週末から急に暑くなり、寝苦しい夜が続いていますね。
2日土曜は単独で鉄砲石川の支流を遡行してみました。
当日は駐車場に到着して外に出ても蒸し暑くて、今日沢に入らずしてどうするというくらいの日でした。

駐車場から廃林道を歩き、赤橋から入渓。
梅雨なのに雨が少ないせいか水量は今一ながら、右俣に入ってもいつもの美しくて気持ちのいいナメが続きます。
今回はまだ遡行したことのない標高1000m地点の分岐の右側を遡行してみることに。

この支沢から流れ出る水はわずかで、入渓するといきなり水も途絶えゴーロ帯が続きます。
そのうち滝でも出てくるかと期待するも全く現れず、今回は大きなゴーロの遡行訓練と割り切り、当初は標高1200m程度まで登って引き返す予定でした。

小1時間ほどかけてちょうど標高1200m地点まで這い上がると、驚くことに突如ゴーロが切れて今度はナメ帯へ。
ここから先は、入り口と違って一定の水量があり、ナメ滝の連続で感動しました。
100m程高度を上げて標高1300mまでくると、傾斜のきつい10m程の美しいナメ滝が現れ、さらに上部もナメが続いている様子。

この滝の写真を撮ろうとすると、何とカメラの電池切れで撮影不能(ゆえにこの滝の写真がない)…
さらに13時を回り小雨がぽつぽつし始めたので、今回はここで引き返すことに。
後ろ髪を引かれる思いがしましたが、稜線に出るにはさらに600m以上の高度差があり、厳しい滝が出てくることも予想され自分の器量では難しいので諦めました。(是非、どなたか猛者の方にチャレンジしていただきたい)

帰りはもときた沢を下りましたが、小雨降る下りのナメは本当に滑りやすいので苦労しました。
いつも以上に足の疲労が出てきて、駐車場まで3時間かけてようよう帰ってきました。
今回、中途半端な遡行とはなりましたが、新たなナメ沢を発見できたのでよしとします。
可能であれは、いつか十分な準備をして最後まで詰めてみたいですね。



34909.Re: 鉄砲石川左俣支沢を探訪
名前:弁天山    日付:2021年07月05日(月) 21時10分
Original Size: 1024 x 737, 160KB Original Size: 1024 x 682, 164KB Original Size: 1024 x 682, 164KB

C滑台のある渕 今日は水の勢いが弱くすべらないかも
D今度な赤ナメにて 記念撮影 コケがいつもより多い
E右俣に入る 美しい一枚ナメ



34910.Re: 鉄砲石川左俣支沢を探訪
名前:弁天山    日付:2021年07月05日(月) 21時11分
Original Size: 1024 x 717, 164KB Original Size: 1024 x 703, 165KB Original Size: 1024 x 682, 165KB

F泳ぎたいくらいの鉄砲石ブルーの美渕
G標高1000m付近の分岐で今回初めての支沢に入る 入口の水量はちょろちょろ
H入渓すると水が枯れ、ひたすらゴーロの岩登りでうんざり



34911.Re: 鉄砲石川左俣支沢を探訪
名前:弁天山    日付:2021年07月05日(月) 21時12分
Original Size: 1024 x 696, 164KB Original Size: 1024 x 714, 163KB Original Size: 1024 x 719, 165KB

I我慢してゴーロを登ると、標高1200mで突如ナメ帯が現れ感動!
Jこの谷の入口はほとんど流れがなかったのに、上流部のナメには流れがある
K何段ものナメ滝で楽に登れる
 



34912.Re: 鉄砲石川左俣支沢を探訪
名前:弁天山    日付:2021年07月05日(月) 21時13分
Original Size: 705 x 1024, 165KB Original Size: 1024 x 736, 165KB Original Size: 1024 x 685, 164KB

Lナメ滝というより流れのある斜面で、高さで30mくらいあった
Mここは何とか直登できたが、帰りに苦労した
N登ってきたナメを見下ろす ちょうどこの上に10mナメ美滝があったがカメラの電池切れ



34913.Re: 沢禅定と鎖禅定
名前:エントツ山    日付:2021年07月06日(火) 21時48分
Original Size: 675 x 900, 164KB Original Size: 675 x 900, 163KB Original Size: 900 x 675, 162KB

こちらは石鎚鎖禅定だ〜〜〜  


弁天山さん  今晩は

蒸し暑い梅雨の時期、沢歩きが気持ちよさそうですねえ
滑(なめ)からゴーロへ、そしてその上に滑(なめ)が現われましたか〜
今回カメラの電池が厳しかったのか自撮り写真が少ない様ですね

今回のルートは二の森へ這い上がれる沢筋だった様ですね
以前マーシーさんと鉄砲石川から尾根に取り付いて二の森へ這い上がった事がありますが、途中で一ヶ所切れ落ちた尾根渡りがあったのと、最後の笹藪の這い上がりに苦労した事を思い出します

弁天山さんは一人で沢歩きが多いので滑(なめ)沢を主体に歩くスタイルを確立されているので比較的安全で良いですねえ

こちらはマーシーさんが近頃沢へ行こうと全く言わなくなってしまいトンとご無沙汰です
松定住者になりましたので香川県の沢へは行く気がしませんし・・・

7月1日に石鎚で鎖禅定でした
湿った鎖は滑り易く登山靴では少し気を使いました

四国はそんなに雨が降りませんが、天気予報がず〜〜っと雨なので山への予定が皆さん悩ましい所ですねえ

涼しい便りをありがとうございました

エントツ山 
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishiduchi-25oyamabiraki.html



34914.Re: 石鎚で鎖禅定
名前:エントツ山    日付:2021年07月06日(火) 21時55分
Original Size: 900 x 600, 149KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 600, 160KB

シコクイチゲは健在です    天狗岳のベニドウダン   鉄階段の下にオオヤマレンゲの株があります


この時期、石鎚山も色んな花が咲きます
ササユリ、シコクイチゲ、ベニドウダン、オオヤマレンゲ、ミヤマダイコンソウ、ユキワリソウ、カラマツソウ等々

クガイソウももう少しで花を付けそうでした

エントツ山 
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishiduchi-25oyamabiraki.html


34904.石鎚御山祭 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2021年07月02日(金) 15時30分
Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 675 x 900, 159KB

今年は三班に分かれず合同でした  御神像を背負って小雨の中を山頂へ 少人数の為綱は使わず三ノ鎖を上がる

去年はコロナ過で石鎚お山祭は中止でした
私は2日目に行きましたが、有志で御神像は山頂社へ納められておりました

今年もコロナ流行は収まらない中、感染対策で各地域5人の総代が御神像を山頂社へ背負います
その他アシスト隊を含めても40人程で小規模に行われました

一般参加者も天気が悪いので極少数でした
私もコロナ対策でロープウェイを使わず土小屋から参加しましたが、駐車場はガラガラでした

エントツ山 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34905.Re: 石鎚御山祭
名前:エントツ山    日付:2021年07月02日(金) 17時42分
Original Size: 675 x 900, 160KB Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 675 x 900, 160KB

最後尾で三の鎖を上がる   静かに御神像着御行事が行われる   一瞬天狗岳がうっすらと姿を現す

今回は人数が限られている為に御神像の鎖場御担ぎ上げ行事は三の鎖のみで綱は使用しませんでした

綱で一気に駆け上がるのは勇壮ですが、総代一人が担いで上がるもの又良い風景でした

いつもはグループの間に入って鎖場の途中から次の御神像を待つのですが、昨日は三体同時でしたので最後尾に追いて上がりました

例年ごったがえす山頂はとても静かで神官の祝詞も良く聞こえてじっくりと見学とお祈りが出来ました

その間も天狗岳が現われないかと後ろばかり振り返っておりました
結局ほぼ霧の中に隠れ、うっすらと姿を見せたのは数回だけ

特に拝戴行事も無い様でしたので天狗岳へお参りに・・・
この日行事中に天狗岳へ行ったのは私ときゅんちゃんだけでした

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



34906.Re: 懐かしい漫画を思い出します
名前:高御位山    日付:2021年07月02日(金) 17時46分
Original Size: 245 x 327, 39KB Original Size: 340 x 480, 75KB Original Size: 338 x 480, 75KB

 師匠、石鎚山のお山開き雨に見舞われませんでしたか? ご神体を担いであの急斜面の鎖を登るのは命がけです。神のお加護と信仰心があってこそですね。登山技術や体力は関係なしです。

 懐かしい漫画素晴らしいですね。赤胴鈴之助 「剣を取っては日本一の夢は・・・」よく覚えていますよ。武内画伯の絵も物語も良かったです。

 未だテレビの無い時代、当時最新の6級スーパーのラジオでNHKの新諸国
物語が流行って居ました。笛吹童子、紅孔雀等 此れを聴くのが最高の楽しみでした。後に東映で映画化されましたが、ラジオ程の感激は無かったです。俳優は大友柳太郎、中村錦之助、東千代の介 皆、二枚目でした。

 この時代、女性を熱狂させたのが「君の名は」この放送時間帯になると銭湯の女風呂が空になると言われる程の人気でした。我が家の母親もそうでした。声優は確か新劇女優の荒木道子だとの記憶が残って居ます。

 昭和の懐かしい記憶を蘇えさせて頂き有難うの一言です。以前師匠は映画 三丁目の夕日(間違っていたら御容赦の程を)を絶賛されておられましたね。良い映画でした。


1 山川惣治の「少年王者」 洋画のターザンみたいな感じ
2 紅孔雀 
3 笛吹童子 音楽が良かった、和笛が・・・



34907.Re: 石鎚おヤマ大祭
名前:エントツ山    日付:2021年07月02日(金) 19時27分
Original Size: 900 x 675, 156KB Original Size: 900 x 675, 150KB Original Size: 900 x 675, 164KB

石鎚狂いトリオ、赤いクレパス君、きゅんちゃんと きゅんちゃんが作った新しい山頂標識 ヘンなのが一人混ざってるよ


高御位山さん  今晩は

昔の映画館には鞍馬天狗とか月形半平太とかのお手製手書き看板があり今となっては懐かしい芸術作品ですねえ

私の住んでいた新居浜の角野町にも「スミエ座」という映画館があり、小さい時は椅子ではなく相撲みたいな座り席でした
(この映画館の愛称はノミが居るので「ノミエ座」だった)
それが30円に値上がりして椅子席になり、経営者が替って東京から来たのですが、そこの息子が私のクラスに編入したのでこっそりその子の部屋から映画館に入ってタダ見してました

鞍馬天狗が白馬に乗って悪人から女性を助けに来るシーンでは観客が席から立って手を叩いて応援してましたわ いい時代ですよねえ
 

神事の新居浜祭りがそうである様に、石鎚お山大祭での御神像の山頂社動座は7月1日と決まっております

そこで平日にも拘らず雨の日でも必ず会う石鎚教信者(石鎚狂?)が赤いクレパス君ときゅんちゃんであります

赤いクレパス君は一昨年三の鎖で御神像を背中に担いで鎖場を駆け上がった人物で、グランマー啓子さんと西日本にある石鎚神社の情報交換をして訪問しているそうです

きゅんちゃんもクレパス君に負けずの石鎚教信者で誕生日も7月1日で因縁すら感じますねえ
そして登山者の皆さんが天狗岳で必ず両腕にかざして写真を撮っているあの山頂標識の製作者でもあります
皆さんが結構乱暴に扱うので細かい箇所が岩とぶつかって欠けているので今回新しく新調して古いのを修理に下すと言う事で天狗岳で再会

まあ、私の場合は石鎚教の信者ではありませんが、石鎚狂ではあります
その辺りの修験者に負けない程に山の中を歩き回っております
唯、悟りが無いだけのちょっとした違いはありますが・・・・

7月1日に二人に会うのが楽しみでもありましたが、そろそろ向こうが「エントツ山さん いつまで来れるんだろうか?」って心配される歳になりました

来年こそはコロナが収まってくれると又賑やかな大祭になるのですがねえ

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html


34900.高ノ瀬のオオヤマレンゲ 返信  引用 
名前:ギッチャン    日付:2021年07月01日(木) 08時41分
Original Size: 700 x 525, 56KB Original Size: 700 x 525, 105KB Original Size: 700 x 525, 120KB

エントツ山さん、皆さん、おはようございます。
この先しばらくは梅雨空が続きそうですね。
その前に、と昨日は高ノ瀬のオオヤマさまに会いに行って来ました。
てんくら指数は一応Aではありましたが、雲行きは悪く、雨も覚悟の歩きでした。
が、時折は青空も出たりで、久しぶりの稜線を楽しく歩く事が出来て良かったです。
(下山間際にはついに雨)

オオヤマさまはこれまで見た中で、一番多く花を付けていました。
蕾もまだ沢山ありますので、しばらくは美しい姿を楽しませてくれそうです。



34901.Re: 高ノ瀬のオオヤマレンゲ
名前:ギッチャン    日付:2021年07月01日(木) 08時46分
Original Size: 700 x 525, 88KB Original Size: 700 x 525, 111KB Original Size: 700 x 525, 123KB

バイケイソウの向こうに三嶺
(この後は雲に隠れて見えなくなりました)
高ノ瀬山頂への登り
(写っている女性は80歳!その健脚ぶりには感服でした)
元気に下山、気分はちょっとアルプス・・・の景観が広がります



34903.Re: 石鎚山と瓶ヶ森のオオヤマレンゲは未だ蕾でした
名前:エントツ山    日付:2021年07月02日(金) 15時14分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 600, 162KB

石鎚、土小屋のササユリ園地  石鎚のシコクイチゲは終盤近し  瓶ヶ森のフガクスズムシソウ


ギッチャン   こんにちは

松は今朝方少し青空も見えていましたが、今は曇り空です
高ノ瀬のオオヤマレンゲが青空に映えていますね
ウワサで高知には健脚の80歳女性が居るとは聞いていましたが凄いですねえ
ちゅう事は我々も運がよければ後10年は山歩きが出来るって事?
はるちゃんも90歳を過ぎていまだに笠松山に登られていますので自分で出来る節制の領域を越えた天命と言うべきでしょうか

私なんか糖尿病に黄班変性に緑内障、不眠症で背中は痛いし首が回らない、腰が痛くて膝は曲げる度にコツコツ音がします
足裏に軟骨が出来て長く歩くと靴の中に石が入っている様です

まあ、普段は嘆く事はしないで「カラ元気も元気の内」!!の方針です

と言う訳で石鎚大神に神頼みしか無い!!
今年も石鎚御山祭に行って参りました

天気とくらすではほぼ曇り予報でしたが、登山中は雨にやられました
幸いにも山頂近くに居る内は雨が止んでいましたが雲が切れませんでした

帰りは小雨でしたが、ついでに瓶ヶ森にも寄って来ました
今年後半も元気に参りましょう

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-gazouzan.html



ページ: |< << 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb