[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





31765.やはりミヤマキリシマはすごかった 長者原〜大船山〜平治岳周回 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2019年06月02日(日) 21時35分
Original Size: 800 x 547, 158KB Original Size: 553 x 800, 164KB Original Size: 800 x 565, 160KB

@長者春から出発。三俣山が待ち受ける。 A雨ヶ池から見上げる三俣山 B坊ガツルのカラフルなテントが見える

エントツ山さんこんばんは。

3週間ぶり山歩きでした。
14年ぶりの九重で、過去に久住山、星生山、中岳、三俣山などは登頂済ですが、大船山や平治岳などはまだで、未だにミヤマキリシマの花を見たことがないので行って来ました。

金曜の仕事が長引き、なんとか22:30発三崎→佐賀関のフェリーで九州に渡り、長者原の登山口に到着したのは深夜1:40。
6月1日土曜朝、車の中で目覚めると広大な駐車場は車でいっぱい。
さすが全国区の山で、車のナンバーを見ると九州全域はもとより本州ナンバーもかなりありました。

のんびりと8時前から歩き始めましたが、天気は青空が少なく、蒸し暑く消耗しました。
2時間弱で坊ガツルのテン場に着き、ここからの大船山までの急登が長くきつかったです。

大船山を往復し北大船山付近に咲いているミヤマキリシマに感動しましたが、地元の人に聞くと今年は開花が遅く、来週末の方が見頃とのことでした。

北大船山から大戸越へ下り、ミヤマの名所の平治岳に登ることにしましたが、一番驚いたのが人の多いこと。
後で聞くと昼前は登山道がかなり渋滞していたとのことで、登山道は登り専用と下り専用の2本がありました。
平治岳南峰に登ると平治岳の斜面は多くのミヤマがきれいに咲いていましたが、これでも7分咲らしく、満開であればどんなにすごいことか…ちなみに昨年は当り年でよかったそうです。

平治山頂付近の花を堪能して下山しましたが、昨日雨が降ったので黒土が非常に滑りやすく、この山域独特のゴロゴロ小石の多い登山道は歩きにくく、かなり消耗しました。
なんとか、ヘロヘロで17:30前に長者原に辿り着きました。
翌日の日曜の2日が九重のお山開きとあって、駐車場は夕方の時点で結構埋まっていました。

長者原周辺は温泉が多いものの、夕方以降はホテル宿泊者のみしか利用できず、6kmほど離れた筋湯温泉郷にある打たせ湯の元祖となる300円の公衆浴場で汗を流しました。(ここも15年ぶり)

翌日は天気が持てば牧ノ戸峠から黒岩山や泉水山を登る予定で、その夜は牧ノ戸峠の駐車場で車中泊。
朝5時に多くの登山者の声で目覚めるも、天気予報が残念ながら的中し、皆カッパを着て歩いていました。

昨日の疲れもあるし、私は雨の中、カッパを着てまでは歩かない主義なので、すごすごと松山まで引き返してきました。

今回は1日のみ遠征登山ではありましたが、さすがは花の名山、行った甲斐のある山行でした。
ミヤマキリシマは来週が見頃のようなので、まだの方はいかがでしょうか?



31766.Re: やはりミヤマキリシマはすごかった 長者原〜大船山〜平治岳周回
名前:弁天山    日付:2019年06月02日(日) 21時36分
Original Size: 800 x 530, 161KB Original Size: 800 x 580, 157KB Original Size: 800 x 565, 158KB

C段原から大船山山頂を望む D大船山山頂にて E山頂から見下ろす北大船山と米窪(火口跡)



31767.Re: やはりミヤマキリシマはすごかった 長者原〜大船山〜平治岳周回
名前:弁天山    日付:2019年06月02日(日) 21時37分
Original Size: 800 x 569, 165KB Original Size: 800 x 530, 161KB Original Size: 800 x 565, 164KB

F北大船山 G左は大船山、右は北大船山 H大戸越に下る途中で見えてくる平治岳



31768.Re: やはりミヤマキリシマはすごかった 長者原〜大船山〜平治岳周回
名前:弁天山    日付:2019年06月02日(日) 21時40分
Original Size: 800 x 544, 165KB Original Size: 800 x 607, 164KB Original Size: 800 x 530, 161KB

I大戸越から平治岳南峰を見上げる 人が多い J登山道から大戸越を見下ろす K平治岳南峰から見る平治岳の花の斜面



31769.Re: やはりミヤマキリシマはすごかった 長者原〜大船山〜平治岳周回
名前:弁天山    日付:2019年06月02日(日) 21時41分
Original Size: 800 x 533, 161KB Original Size: 800 x 582, 163KB Original Size: 800 x 530, 162KB

L平治岳山頂付近から三俣山を望む M平治岳山頂付近 N手前に南峰、奥に大船山が見える



31771.Re: ミヤマキリシマはすごかったやろ
名前:エントツ山    日付:2019年06月03日(月) 19時37分
Original Size: 900 x 687, 327KB Original Size: 800 x 600, 98KB

    5年前のルートと憧れの坊ガツルでテント泊

行ってそして見てきたかい! ミヤマキリシマの咲き誇る姿を!
あれに敵う花の山はどこにも無い!

先日、高松ベースキャンプのツアーでえ〜ちゃんレポを頂きましたが、その時より満開に近い咲き様ですね
地元の人情報では未だ満開でなく来週でも間に合いそうですか〜
でも梅雨に入っちゃうからねえ

雨が降ると長者原から坊ガツルまでのネリアン・ロードは悲惨な状態ですけん

私も夜中に長者原に着いて仮眠し、朝までに駐車場が満杯になっていました
1日目の天気が悪かったので先に九重山へ上り、翌日天気が良い日に平治岳・大船山へ登りました

坊ガツルでテン泊してたから早朝に平治岳へ行ったので人は少なかったです

坊ガツルの「坊」は法華院のお寺を差し、ツルは川の流れって言う意味らしくそれが集まる湿原を「坊ガツル」と呼ばれる様になったらしい

回りを山に囲まれた温泉近くにある湿原は古くから九州の岳人が集まる場所で、芹洋子の「坊ガツル賛歌」によって全国的に知られる様になったらしい

これは同じ湿原の尾瀬が「夏の想い出」の歌によって有名になったのと良く似てますね「

坊ガツル賛歌

1 人みな花に 酔うときも   残雪恋し 山に入り
       涙を流す 山男     雪解(ゆきげ)の水に 春を知る

2 ミヤマキリシマ 咲き誇り   山くれないに 大船(たいせん)の
       峰を仰ぎて 山男     花の情を 知る者ぞ

3 四面山なる 坊がつる    夏はキャンプの 火を囲み
         夜空を仰ぐ 山男   無我を悟るは この時ぞ

4 出湯の窓に 夜霧来て   せせらぎに寝る 山宿に
         一夜を憩う 山男     星を仰ぎて 明日を待つ

5 石楠花谷の 三俣(みまた)山    花を散らしつ 篠分けて
         湯沢に下る 山男    メランコリーを知るや君

6 深山紅葉に 初時雨   暮雨滝(くらさめたき)の 水音を
         佇み聞くは 山男   もののあわれを 知る頃ぞ

7 町の乙女等 思いつつ   尾根の処女雪 蹴立てつつ
         久住(くじゅう)に立つや 山男  浩然の気は 言いがたし

8 白銀の峰 思いつつ    今宵湯宿に 身を寄せつ
         斗志に燃ゆる 山男    夢に九重の 雪を蹴る

9 三俣の尾根に 霧飛びて 平治(ひじ)に厚き 雲は来ぬ
         峰を仰ぎて 山男   今草原の 草に伏す


今の人達には笑われそうな野暮ったい歌詞ですが、我々の若い時代の寮歌なんかは全てこんな調子でしたわ


エントツ山 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-6-9-hiijidake.html



31772.Re: やはりミヤマキリシマはすごかった 長者原〜大船山〜平治岳周回
名前:エントツ山    日付:2019年06月03日(月) 19時40分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 449, 95KB

  ミヤマキリシマ〜〜〜


弁天山さん

これでミヤマキリシマ同志の仲間入りですね
この掲示板にもピンクの同志が沢山おりまっせ〜〜

え? 沢で濡れまくっている弁天山さんが雨に濡れるのは主義に反するですと?
人間って矛盾だらけの生物ですねえ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-6-9-hiijidake.html



31773.Re: やはりミヤマキリシマはすごかった 長者原〜大船山〜平治岳周回
名前:ばんぶう    日付:2019年06月04日(火) 23時19分
Original Size: 1280 x 960, 164KB Original Size: 1280 x 960, 167KB Original Size: 1280 x 960, 167KB

今年の九重のミヤマキリシマは開花が少し遅いそうですね。 この写真は去年の6/2の撮影です。ほぼ1年前です。少し枯れ始めてました。 ただ、この花風景は圧巻でした。

実は、こちらの掲示板で何年か前に読んで、行きたいなぁと思ってたのですが、昨年休みがうまく取れたので初めて行った時の写真です。



31774.Re: こちらは大山でした
名前:エントツ山    日付:2019年06月05日(水) 21時31分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 165KB

三ノ沢からキリン峠に突き上げる藪尾根   大山・キリン峠       ダイセンクワガタと槍ヶ峰         


ばんぶうさん  今晩は

やはりミヤマキリシマへ行かれてたんですね
10年程前からこの掲示板でミヤマキリシマの紹介がありました
信じられない位山肌がピンクに染まるのを見たくて私も出かけたのですが、ホンマかいな?と思う程凄い光景でした

山には色んなツツジが咲きますが、園芸種以外で低木に花がぎっしり付くのは珍しいですよね

実は今、伊予の鈍亀さんが丁度坊ガツル界隈に行ってますので帰ってから満開のミヤマキリシマレポを頂ける事でしょう


こちらは大山の三ノ沢へ行ってました
去年、一ノ沢、二ノ沢を歩きましたので、今年は三ノ沢でした
秋に三ノ沢〜天狗ヶ峰〜剣ヶ峰〜ユートピア〜振子沢鳥越峠〜文殊堂を歩く予定なので、その偵察でした

三ノ沢からキリン峠へ尾根伝いを歩いたのですが、これが凄い藪で取り付きから3時間40分の死闘でした
おかげで腕や足が傷だらけでお風呂で呻きました

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-6-9-hiijidake.html


31764.銅山山での出会い 返信  引用 
名前:jyobitaki    日付:2019年06月02日(日) 20時30分
Original Size: 700 x 510, 203KB Original Size: 700 x 463, 91KB Original Size: 700 x 463, 84KB

こんばんは!

掲示板は時々拝見させていただいていましたが、初めて投稿のジョウビタキです。
久しぶりの銅山峰は整備されており、またこれまでは気が付かなかった風景との出会いがありました。
ツガザクラやアカモノは投稿されているので、違った風景を投稿させていただきます。

帰りに寄ったフォレスターハウスのアヤメも咲き始めていました。
夕方まで それぞれ夫のことをほおって写真三昧の一日でした。

最近あまり山へ登っていませんでしたが、山はやっぱりいいですね。



31770.Re: 銅山峰での出会い
名前:エントツ山    日付:2019年06月03日(月) 18時49分
Original Size: 700 x 525, 77KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 882 x 581, 228KB

2010年1月17日 石鎚で遭遇してました  池田池の菖蒲園(本日)


ジョウビタキさん  今晩は

今日は新居浜の自宅で花の終わった藤棚を剪定して、母の介護施設へ寄った後にすぐ裏手にある「池田の池」菖蒲園を見て来ました

どんなにカメラがお粗末でも腕が悪くてもチューリップとショウブの花は輪郭が浮き出して撮れますね
カメラのレンズが得意とする色なんでしょうかねえ

少し世代の違うトリオの長老・ジョウビタキさんが要(かなめ)の位置で頑張って末広さんや寒竹さんを引っ張って下さい
気の合う山仲間って貴重な存在です

どこかでお会いしたって言いましたが、やはり2010年1月17日に石鎚で三人連れとお会いしてましたわ
その前年の秋に筒上山でもお会いしてました

どことなくインデアン酋長の第一夫人の様な風格のある風貌は脳裏に焼き付いておりました

花の山で又是非お会いしましょう


エントツ山 

http://entotsuyama.hobby-web.net/ishisonota14jan17,2010.html


31750.上部鉄道とツガザクラ 返信  引用 
名前:ばんぶう    日付:2019年06月01日(土) 17時26分
Original Size: 1280 x 960, 164KB Original Size: 1280 x 960, 164KB Original Size: 538 x 960, 167KB

左:ツガザクラ  中:アカモノ  右:上部鉄道跡コース

エントツ山さん、皆さんこんにちは。
魔戸の滝にはアマゴ釣りに行くのですが、滝の上に登る際に右側に続く平坦な道。
ずっと気になっていたのですが、ここの掲示板で上部鉄道の跡だというのを知ったのは、つい数年前の事です。
一度も上部鉄道跡を全部歩いたことがなかったので、石ケ山丈〜角石原 まで歩いてきました、ついでに今年見に行けていないツガザクラ見物と合わせて、プチハイキングです。

上部鉄道跡はずっと木のトンネルで日影が続き。気持ち良い遊歩道でした。
ツガザクラもギリギリ セーフまだ枯れずに大丈夫でした。近くには一回り大きなアカモノの花も咲いてました。

GWのアケボノツツジ時期は駐車場は大混雑(観光バスも来る)ですが、今日の東平はガラガラでほぼ貸し切りでした。



31752.Re: 銅山峰での出会い
名前:エントツ山    日付:2019年06月01日(土) 21時34分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 900 x 675, 163KB

香川の山友keitannさんとピオーネさん 懐かしかった末広さん、寒竹さん、白川さん ヤマップ仲間のぴーさんと大門さん


ばんぶうさん  今晩は

私も今日は日浦から裏街道で銅山峰でした
明日、石鎚へ行く予定でしたので軽くアカモノ・ツガザクラ見学でした

ばんぶうさんとはルートの関係でお会い出来ませんでしたが、
香川の山友 keitann さん、ピオーネさんと 峰地蔵でバッタリ
帰りは花を教えて貰いながら一緒に下りました

銅山峰の銅板標識チェックの後、西山に行ってると、「エントツ山さん」って呼ぶ声が・・・
え〜〜〜っと あれ? え〜〜っと 名前が出て来ません それもその筈、10年以上も前にサマンサと西赤石へ登った時に途中で会って励まし合いながら兜岩までたどり着いた末広さんと寒竹さんでした
一緒に居た白川さんもどこかで会った記憶がありました(ハンドルネーム・ジョウビタキさん)
懐かしくてもう写真も撮らずに話し込んでしまいました
昔山でお会いして好印象を持った方々が相変わらず山歩きをされて再開するのは嬉しいもんです

東山へ行ってると「エントツ山さん?」と今度はエライ若い女性から声を掛けられた
話を聞くと去年、石鎚東稜でオカシンさん、くろくろちゃんと一緒に会ったぴーさんと言われる方で思い出しました
大門さんと言われるさわやかなヤマップ仲間の方と一緒に銅山峰界隈に花を見に来られていた様です


ばんぶうさん
顔写真を出しているとこんな嬉しい事もありまっせ
それと、日浦から裏道で小足谷沿いの鉄塔保線路を歩いているとカジカが鳴いていましたぞ

上部鉄道はクネクネしているのでピストンは退屈しますが、魔戸の滝分岐までと西山まで歩かれてますねえ  さすがです


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/boukyo35dousuiro.html



31753.Re: 上部鉄道とツガザクラ
名前:エントツ山    日付:2019年06月01日(土) 21時20分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 162KB

      ギンラン      コフタバラン(?)    細みのスミレ(そんな感じの名前でした〜)


銅山峰は以前からギンランは何度も見た事がありましたが、どうみても雑草以下にしか見えないランとか細い茎で白いスミレとかkeitann さんに教えて貰いましたが・・・何のこっちゃやら・・・


アカモノとツガザクラしかわかりませんわ


エントツ山 
http://entotsuyama.hobby-web.net/boukyo35dousuiro.html



31756.Re: ツガザクラとアカモノ
名前:ピオーネ    日付:2019年06月02日(日) 10時17分
Original Size: 800 x 599, 106KB Original Size: 800 x 600, 96KB Original Size: 640 x 480, 79KB

エントツ山さん こんにちは

昨日はまさかの峰地蔵でバッタリでビックリでした。
あと数秒登るのが遅ければお会いできなかったのに
本当に嬉しい再会でした。

ツガザクラの散策や下山もご一緒し、いろんなお話もできて
楽しい一日となりました。ありがとうございました。

この日アカリプタさんが東から西を縦走されていたようで
30分遅く下山していればお会いしていたのに残念でした。

また山でのバッタリ楽しみにしています。

それから三枚目のすみれはホソバシロスミレです。


花びらが可愛いアカモノ
一緒に下山 ザックを持たないエントツ山さん
三人で記念撮影



31758.Re: 東西赤石縦走
名前:アカリプタ    日付:2019年06月02日(日) 10時59分
Original Size: 600 x 450, 165KB Original Size: 533 x 400, 193KB Original Size: 600 x 450, 104KB

エントツ山さん お久しぶりです。
keitannさん、ピオーネさん こんにちは。

昨日は、職場の山仲間と筏津から東赤石に登り、西赤石へと縦走しました。
夕方、用事のあるメンバーがいて、17時には高知に帰らなければいけなかったので、頑張って歩きました。
登り始めが6時前、日浦下山が15時過ぎ、昼食、休憩時間を含め9時間半でした。
銅山越辺りでニアミスだったようですね。
銅山越に着いたのが13時50分でしたので、エントツ山さん達が日浦に向けて出発された少し後だったようです。
どこか(石鎚?)でお会いするのを、楽しみにしています。

写真;コース最後の難関、前赤石山
   物住ノ頭近くのツガザクラ
   キバナノコマノツメ
    



31759.Re: 銅山峰
名前:エントツ山    日付:2019年06月02日(日) 11時30分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB

大山積神社跡の狛(こま)犬        銅山峰のカメラウーマン達


ピオーネさん
keitann さん   今日は

やはり今日は新居浜では時々小雨が降っており石鎚が中止になって良かったです
日曜日に土小屋予定があったので、天気の良い土曜日に石鎚へは行かずに銅山峰へ行きました

こんなケースでないと中々山ではお会い出来ないですね

日浦から銅山峰ですから水はダイヤモンド水があるし、食料はウィダー一個、デジカメとスマホ、虫ネット、虫刺されの軟膏があれば十分です

最初の橋を渡らず右側の別子病院跡ルートから左側の大山積神社〜住友共同電力保線路でした

ピュルピュル、クイックイッと鳴くカジカの声を聴きながら静かな散歩でしたわ

ホソバシロスミレって名前なんですね
まあ、もう出会う事も無いスミレかも知れません
何せ無粋な人間の前には花は現れてくれませんわ

あれから母の所に行ったのですが「いつ 家に帰れるん?」の連発でキツかったです


アカリプタさん  まいど〜〜〜
相変わらず元気に四国中を走り回っていますねえ
「讃岐フトメシロスミレ」コンビとアカリプタさんの脚力と人物を褒めながら下山してたんですが、そのすぐ後ろを本人さんが追ってきてたのですね

仕事で高知・須崎に良く出張してましたが、仕事上で会う土佐人はアクが強くて排他的でした
所が山で出会う高知人は概して好い印象の方が多いです

東赤石〜西赤石を縦走される方が多いのですが、私が立てた前赤石の標識を通過してくれる人は少ないです
ちゃんと手抜きされずに尾根を縦走されてますね

前赤石は平凡な物住ノ頭に比べて、変化のあるコンパクトな岩山でキバナノコマノツメ、ユキワリソウ、タカネバラなども咲いて良い場所なのですが、西赤石からも東赤石からも遠い不遇の山です

こちらサイドから見る西赤石の形が良いですね

今度お会い出来るのはやはり石鎚南尖峰あたりでしょうか


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/boukyo35dousuiro.html



31760.Re: 上部鉄道とツガザクラ
名前:keitann    日付:2019年06月02日(日) 12時20分
Original Size: 800 x 600, 136KB Original Size: 800 x 600, 113KB

エントツ山さん、皆さま、こんにちは。

こちらも先ほどから雨粒が落ちてきました。
昨日の爽やかな青空の下、銅山峰までツガザクラやアカモノのお花見が
できて良かったです。
行先が近いのに、早出したもので、日浦の駐車場には車もほとんどなくて
「ツガザクラの時期の天気が良い週末と言うのに、あまり来ないもんやね」と
ピオーネさんと話しながら登っていると、あとからぞくぞくと登ってこられました。

行程が短いので久しぶりに牛車道をのんびりと歩いたら、予想鵜通りすごく雰囲気が
良くて満足しました。
奇遇だったのは峰地蔵の前でエントツ山さんの標識をまじまじと眺めていたら、その後に
エントツ山さんとばったりお会いしたことですね。

アカリプタさんと赤石縦走させてもらったのは1年近く前のタカネバラの時期でしたが、あの日も
一日中爽やかな風が吹いてくれたおかげで何とか歩きとせたのでした。
今年は縦走の馬力が残ってるかどうか?疑問ですが、前赤石辺りまではもう一度行ってみたいです。



31761.Re: 上部鉄道とツガザクラ
名前:keitann    日付:2019年06月02日(日) 12時24分
Original Size: 800 x 600, 71KB

途中で送信ボタンを押してしまいました。

画像はまじまじと眺めてきたエントツ山さんの建てられた山名表示板?
下に可憐なツガザクラが彫られているのは今回初めて気づきました。

次の画像は上から眺める牛車道。100年ほど前までは牛が歩いていたんでしょうか?


ツガザクラの背景にちち山方面を入れてみました。
カメラは良くとも腕が追いつかないので、この程度です(^^;)



31762.Re: 山頂標識 大変なのは立てた後
名前:エントツ山    日付:2019年06月02日(日) 15時52分
Original Size: 640 x 480, 149KB Original Size: 800 x 449, 158KB Original Size: 900 x 675, 165KB

     標識を作って       標識を運んで       標識を立てる


keitann さん  こんにちは

銅山峰でのあのタイミングでの出会いは希少植物に出会った様なレアケースでしたねえ

冬に頂いた花の苗は高松の庭で綺麗に咲いて楽しませて頂きました
花が苦手なのは恐らくそのややこしい名前が原因かも知れません

それと、樹になる花は好きですが、小さな花は苦手です
特にコフタバランみたいな妙な花?に興味を持つ人の気が知れません

好きが高ずると盗掘する人も出るし、盗掘されたと嘆きまわる人も出る
あまり学者みたいな専門的な区別などに固執せずにさらっと流せば欲が起こらないと思うんだけど・・・

銅板標識 いいでしょ?
標識の制作はお師匠さんがいるので頼りにしているのですが、問題は立てた後ですがな
東から、東赤石山、八巻山、前赤石、物住ノ頭、上兜山、串ヶ峰、西赤石、銅山越、銅山峰とこれだけ立てるとメンテナンスが大変で修理に下界に下して又上げてと・・・

山のゴミにならない様にしない為に定期的に見回っております
でも、それぞれ不便で遠い場所なんでいつまで体力が続くか心配です

その為のモチベーションとしてやはりオオヤマレンゲ、アケボノツツジ、タカネバラなどの花見を兼ねて体力の続く限り立て続けまっせ〜〜

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/boukyo35dousuiro.html



31763.Re: 山頂標識のメンテ
名前:エントツ山    日付:2019年06月02日(日) 15時57分
Original Size: 640 x 480, 153KB Original Size: 480 x 640, 156KB Original Size: 407 x 501, 166KB

 山から降ろして修理して      又山に運んで       設置して


皿回しの様に次から次へと落っこちる前にメンテ作業が・・・
忙しいぞよ


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-4g-kushigamine.html


31743.石鎚山三角点のシャクナゲ開花 返信  引用 
名前:カタックリ    日付:2019年06月01日(土) 06時54分
Original Size: 640 x 360, 81KB Original Size: 640 x 360, 68KB Original Size: 640 x 360, 87KB

エントツ山さん、みなさんおはようございます。

5/30に西冠のお花を見に行ってきました。

その途中で ストーンリバさんに声をかけていただき 三角点のシャクナゲの開花を知りました。
まず。目的の花を咲きに見に行きました。ユキワリソウは やや色が薄くなっていましたが 充分綺麗でした。
大変少なくなっていますが イワカガミやキバナノコマノツメも咲いて下りました。

それから三角点のシャクナゲを見に佐者らの斜面と格闘しながら15分、シャクナゲの咲く三角点に到着。
まだ少し早かったようですが 十分楽しめました。
2〜3日内に開花するでしょう。

充分に三角点からの西稜も楽しめました。これから東稜めざし下山します。
東稜のシャクナゲ情報もいただいていましたので 楽しみです。

東稜も南尖峰の5分ほど下の岩に木が引っ付いて下りましたが 剥がれてしまって
ちょいと下り辛いし登りづらくなっていますので そこを何とかクリアできるように
練習してきました。

あとはモミノキが倒れていましたが歩くには差し支えありません。               

東稜のシャクナゲも裏年のようなので 鮮やかさに欠けますが そこそこには咲いていました。

疲れた足をなだめながら ドンドン急降下して 第3ベンチへ。                        
そして 土小屋へ。

5/29は 筒上山へシロヤシオを見にその夜は 瓶ケ森の駐車場で車中泊、 朝から瓶ケ森でご来光を見て 瓶1周してきましたので 少々疲れました。
エントツ山さんが 書かれているように 70才の壁を感じています。

これからどんどん攻めてくるであろう体力の低下、でも ゆっくりのんびり楽しい登山を
楽しい山登りをしようと心がけています。

だから 今日も思ったほどは疲れていませんでした。

シニアのみなさん、いつまでも山遊びが出来るように
続けることが一番だと思いますので頑張りましょう。                             

皆さんの投稿を楽しみにしています。

1枚目・・白骨樹と夕日
2枚目・・夕日
3枚目・・男山からご来光



31747.Re:西冠のお花畑
名前:カタックリ    日付:2019年06月01日(土) 07時12分
Original Size: 640 x 360, 89KB Original Size: 640 x 360, 90KB Original Size: 640 x 360, 86KB

写真を追加します。

お花畑の写真ですが イワカガミやキバナノコマノツメは 少なかったですね。
ユキワリソウは そろそろ終盤かと思われます。



31748.Re: 石鎚山三角点のシャクナゲ開花
名前:カタックリ    日付:2019年06月01日(土) 07時13分
Original Size: 640 x 360, 89KB Original Size: 640 x 360, 88KB

三角点より西稜とシャクナゲを撮って見ました。

シャクナゲが数日で満開になります。そしたら 写真ももっと鮮やかになるでしょう。



31749.Re: 石鎚・東稜のイワカガミとシャクナゲ
名前:カタックリ    日付:2019年06月01日(土) 07時15分
Original Size: 640 x 360, 89KB Original Size: 360 x 640, 89KB Original Size: 640 x 360, 89KB

1枚目・・南尖峰のイワカガミが綺麗に咲いていました。
2枚目・・蟹の横這いのイワカガミ(終盤)
3枚目・・シャクナゲと瓶ケ森

カタックリ



31751.Re: 石鎚山三角点のシャクナゲ開花
名前:エントツ山    日付:2019年06月01日(土) 20時43分
Original Size: 700 x 393, 44KB Original Size: 700 x 393, 47KB Original Size: 360 x 480, 45KB

石鎚三角点のシャクナゲ     石鎚東稜のシャクナゲ    石鎚東稜のイワカガミ


カタックリさん  今晩は

この時期の石鎚東稜〜石鎚三角点〜西冠の花をありがとうございます
梅雨に入る直前にはこの石鎚風景が楽しみで、実は明日同じコースに行く予定でしたが天気が悪いので中止しました

今年はカタックリさんのレポで楽しませて貰う事になりそうです
今までもこの時期の東稜や三角点では色んな山仲間に会って楽しい思い出が一杯あります

去年は犬返仲間と二日連続で行きましたし、一昨年はストーンリバーさんにもお会いしました

ユキワリソウはここで初めて見たのですが、その後東赤石の八巻山や前赤石、雲早山、石立山など一度見ると結構出会えるもんですねえ

八巻山や前赤石でもこのユキワリソウとキバナノモマノツメがセットで見られますね

カタックリさんやリップさんを見ていると山や自然へのモチベーションの強さを感じます
そして、若い人の6割ほどのペースでゆっくり歩けば同じように山を楽しむことが出来ますよね

日帰り周回に拘(こだわ)るともう長い距離を歩けませんが、一泊二日で考えると気楽なもんです

シニア歩きの模範をこれからも宜しくお願い致します

エントツ山

 
http://entotsuyama.hobby-web.net/boukyo35dousuiro.html



31754.Re: 石鎚山三角点のシャクナゲ開花
名前:ストーンリバー    日付:2019年06月01日(土) 22時30分
Original Size: 800 x 533, 97KB Original Size: 800 x 533, 97KB Original Size: 800 x 533, 98KB

エントツ山さん カタックリさん 今晩は。

今回は主人が一人で石鎚山〜三角点〜西の冠岳へ登りました。
弥山でも西の冠岳でも登山者にお会いしないまま下山していると
カタックリさんにバッタリお会い出来まして大変喜んでいました。
パワフルなカタックリさんに私も又お会いしたいです。

西ノ冠岳へ登る途中のシャクナゲは少し咲いていましたが、山頂はまだ固い蕾です。
三角点も写真の様にまだ満開ではありませんが、蕾も多くて期待できそうです

今日はエントツ山さんは銅山越で沢山の出会いがあった様ですね
私も26日にツガザクラを見に行って尾野さんとお会いしましたよ。
山での出会いは嬉しいですね。

三角点より石鎚山
三角点より二の森方向
カタックリさん



31755.Re: 牛曳山〜伊良谷山〜毛無山
名前:ストーンリバー    日付:2019年06月01日(土) 22時32分
Original Size: 800 x 533, 97KB Original Size: 800 x 533, 97KB Original Size: 800 x 533, 97KB

今日は広島県民の森公園センターから牛曳山〜伊良谷山〜毛無山へ登って来ました。
比婆山御陵の北に連なる山です。ミヤマヨメナロードを歩きたくて登りました。
5年ほど前にも満開の時に行っていますが、今日も素晴らしい群生の中を歩けました。

最初は白樺林、次に沢沿いの道から尾根のブナ林になるとミヤマヨメナロードの始まりです。
樹林帯の縦走路はあまり展望がありませんが、イワカガミ、チゴユリ、キンラン、タニウツギ等の花を楽しめました。
ミヤマヨメナが満開だし天気が良かったので、毛無山山頂では大勢の登山者が寛いでいました。

歩くより車に乗っている方が長かったけれど、たまには四国外も楽しいですね。

ミヤマヨメナロード
白樺林
毛無山より歩いた山々を望む(中央が伊良谷山、右が牛曳山)



31757.Re: 牛曳山〜伊良谷山〜毛無山
名前:エントツ山    日付:2019年06月02日(日) 10時23分
Original Size: 1024 x 503, 163KB Original Size: 340 x 453, 76KB Original Size: 900 x 675, 164KB

広島県民の森から牛曳山〜伊良谷山〜毛無山  ミヤマヨメナ  盗撮姿?(keitann・ピオーネカメラウーマン)


ストーンリバーさん  今日は

新居浜の実家でツユクサロードやドクダミロードの草刈りに追われております
マンダム・ストーンリバーさんのカメラと腕が良いからいい写真ですね

銅山峰でも keitann さん、ピオーネさん、寒竹(かんちく)さんなど皆さんデカいカメラを構えていました
やはり遠くからピントを合わせて背景をボカしたりする場合は一眼レフでないと良い写真は撮れませんね

中国地方の山は白樺やブナの林が美しいですねえ
ミヤマヨメナも群生するとロマンチックな登山道となりますわ
ヒメジョンでさえも一面に生えると「お〜〜」って思います
春に咲くからノシュンギグですか

六ノ原はスノーシューハイクで比婆山、烏帽子山へここから歩きましたが、その東側にある山なんですね

中国地方の山はワンワンさんと親しい讃岐乙女隊のレポやストーンリバーさんのレポで初めて知る世界です

ミヤマヨメナロードの紹介ありがとうございました


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/boukyo35dousuiro.html


31736.新緑の鈴鹿山脈は素晴らしい 返信  引用 
名前:高御位山    日付:2019年05月30日(木) 17時29分
Original Size: 768 x 1024, 92KB Original Size: 1024 x 682, 92KB Original Size: 1024 x 682, 92KB

 師匠、マーシーさん、鈍亀さん、お久しぶりです。マーシーさん、
久し振りの登場ですね。生きて居ましたか。落とし物の報告での登場
とは・・・ もう一寸華々しく登場して下さい。見えを切って。

 大峰山、大台山系、鈴鹿も良いでしょう。藤原岳から鎌ガ岳迄、主稜
縦走ですね、遡行距離は短いですが、両面の沢も素晴らしいですよ。急流
岩壁、ゴルジュ、洞窟、何でも有り。但しヒルが多いのが鈴鹿の特色です。
 師匠、マーシー。鈍亀さんなら、十分に楽しめるレベルの高い渓谷です。

 26日に50tのホンダdunkで豊岡市に有る植村直巳冒険館に足を運びました。
1994年4月に開設された此の館は当時植村記念館と命名された居ましたが、
何時の間にか冒険館に変わって居ました。これは東京板橋に有る植村直巳冒険館
に合わせたとの事。植村夫人に敬意を表したとの事でしょうか。此方の方が
が先輩の記念館ですが・・・

 開館した時は、本館のみで展示品の少なくて一寸寂しい感じでしたが、今では
新館も増築されてボルダリングのボードも新設され、おばさんもクライミング
を楽しんで居ました。神鍋高原スキー場に面した静かで素晴らしい建物です。

 1996年日本建築学会賞を受賞し設計は栗生明氏です。 この日は豊岡市の気温は
36度、カブで走っていても暑かったです。往復走行距離は295km。老体には
堪えたです。3日間、身体が疲労して、動けなかったです。

1 植村直巳氏が通った地元の小学校 
2 植村直巳冒険館の入口前の芝生
3 氷河のクレバスをイメージした通路



31737.Re: 新緑の鈴鹿山脈は素晴らしい
名前:高御位山    日付:2019年05月30日(木) 17時37分
Original Size: 1024 x 682, 89KB Original Size: 1024 x 682, 92KB Original Size: 682 x 1024, 92KB

1  案内の学芸員の女性、丁寧な説明であった。
2 北極で使用した通信機器類
3 彼が使用した時代物のリック、登山靴等。



31738.Re: 新緑の鈴鹿山脈は素晴らしい
名前:高御位山    日付:2019年05月30日(木) 17時49分
Original Size: 662 x 1024, 92KB Original Size: 1024 x 682, 92KB Original Size: 1024 x 682, 92KB

1 デナリで遭難した時、明治大学山岳会炉辺会が対応した行動記録。
2 一次、二次遭難捜索の記録 
3



31739.Re: 新緑の鈴鹿山脈は素晴らしい
名前:高御位山    日付:2019年05月30日(木) 17時56分
Original Size: 682 x 1024, 91KB Original Size: 1024 x 682, 92KB Original Size: 1024 x 683, 90KB

1 ベースからウエストバットレス、5200mの雪洞から山頂迄 
2 展示会場にて 
3 表示プレート



31740.Re: 新緑の鈴鹿山脈は素晴らしい
名前:高御位山    日付:2019年05月30日(木) 18時31分
Original Size: 1024 x 682, 89KB Original Size: 1024 x 682, 87KB Original Size: 1024 x 682, 92KB

1 北極探検で使用したテント、装備。 
2 中庭に作られた人工壁を登る女性



31741.Re: 新緑の鈴鹿山脈は素晴らしい
名前:高御位山    日付:2019年05月30日(木) 18時36分
Original Size: 1024 x 682, 92KB Original Size: 1024 x 682, 87KB Original Size: 1024 x 718, 92KB

1 人工壁
2 北極探検で使われたテント
3 山に登れないけれども口だけは元気です



31742.Re: 無事コレ名馬ナリ
名前:エントツ山    日付:2019年05月30日(木) 22時30分
Original Size: 568 x 800, 107KB Original Size: 575 x 600, 75KB Original Size: 800 x 600, 156KB

クレバス転落時の救護用竹竿を差す植村直己 笑顔は誰も良いですねえ 加藤文太郎使用と同じタイプのアイゼン 


高御位山さん  今晩は

バイクで300km近く走行される位ですからお元気そうで何よりです
鈴鹿山脈を少し歩いてみましたが、コンパクトで良い山域ですね

沢のカジカは歓迎ですがヒルは御免こうむりたいです
冷静に考えると同じ吸血鬼でもマダニの様に実害は無いに等しいのですがやっぱり気持ち悪いし嫌ですねえ

加藤文太郎さんも植村直己さんも高御位山さんも同じ兵庫県の出身ですよね
植村直己さんは同じ県出身の加藤文太郎さんに憧れていたみたいですね

二人の共通点は出身県だけでなく脚力が非凡であった事と「冒険や登山では死んではいけない」と言いながら若い奥様を置いて最後は山で亡くなってしまいました

三浦雄一郎さんの様に医者や取り巻きやヘリコプターに助けられて高齢大名登山もなんだかなあ・・・って思いますが山歩きで死んだらイカンですわ

こういうタイプの人は元々家庭を持つのが許されない人種だったのかも知れません

一昔前の登山家が使ったアイゼンなんか足枷(あしかせ)の様に重たく頑丈ですね まるで農機具です
服も靴もザックも食料も凄く重たい装備ですねえ

そんな時代に生まれていたら絶対に山歩きなどしておりませんわ
高御位山さんの現役時代も軽量化したとは言え、今私が使っている道具と比べると重たくて体力が要った事でしょう

私の山歩きスタイルは高御位山さんのやられていた山行と比べ様も無く安全でスケールが小さいものです

50歳を過ぎて始めた山歩きですから時の経つのが早すぎて技術も体力も付ける暇も無く弱っていきます
伊予の鈍亀さんと「後(のこり)がないからなあ・・・」と嘆きながら面白い山歩きを選んで楽しんでおります

よく「一人で山で寝て怖く無いん?」と言われますが、「人間社会の方がもっと怖いわ」と返しています
ホンマ、最近 人間社会の聞きたくないニュースが多すぎますね

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h28-11g-yake-jyonen2.html


31734.(untitled) 返信  引用 
名前:morimori    日付:2019年05月29日(水) 20時35分
Original Size: 1280 x 720, 241KB

エントツ山さん今晩は!

掲示板拝見して楽しませてもらってます
(モリモリと言えば morimori ちゃんも元気に山歩いてるかなあ・・・)
ボチボチ歩いてますよ〜〜!

山仲間が諸事情で次々と山を休むようになって寂しい日々を送ってます(笑)
私は月2回の山行を何とか続けていますが、ネタがなくご無沙汰です

昨年の7月に霞沢岳に登った写真です(霞沢岳k1ピークから中央は奥穂高岳)
島々から徳本峠、峠の小屋に2泊して上高地へ、ゆっくりと山を楽しみました

今年は、笠ヶ岳と南アルプスの聖岳、光岳を予定してます

今は、5/5に連れ合いが草刈りしててアキレス腱切ったので、毎日運転手(一日中現場回り)してます
右足なので、車の運転できません(残念)
最近は手術しないでギブスで固定して直すのが多いそうで、入院もなし
結婚して30年こんなに一緒にいた事ありませんね(笑)


掲示板楽しみに頑張ります



31735.Re:元気で何より〜〜〜
名前:エントツ山    日付:2019年05月29日(水) 22時45分
Original Size: 675 x 900, 163KB Original Size: 800 x 600, 87KB Original Size: 800 x 600, 100KB

moromori ちゃんに紹介して貰った大杉谷  笠ヶ岳から槍を見る デカい聖岳 


お〜〜 morimori ちゃん ! 元気にしてるのね
ひょっとして高速・高松道〜松山道でカーチェイスをやって以来かもね
姉ちゃんも元気と信じよう 女性は強いからね

掲示板を長くやってるとお世話になった人が懐かしくなったり、現役で山をあるいてるんだろうかとかふと思う事があるわ

皆さんのお蔭で今まで何とか続けて来れた感謝の念もある
私が大峰奥駈道を歩けたのも、大台ケ原〜大杉谷に行けたのもmorimori ちゃんのお蔭やで

あの頃、大峯界隈や大杉谷の事など全く知らなかったからねえ
いや〜 素晴らしい所やったわ

我々の年代になると自分の体や親の介護、孫の世話などで中々山から遠ざかる人が多くなって来る
それぞれの人生だから仕方がないけど仲間が減るのは寂しいよねえ

今日、新居浜のお袋さん訪問の後実家の草刈りをしました
エンジン草刈り機もあるんだけど、家の周りは極力電動式の草刈り機でナイロン歯を使っています
軽くて操作がやり易く怪我もする事も無いしね
御主人アキレス腱やっちゃったの? へえ ギブス固定で治るんや
それで30年ぶりに毎日デートしてるって訳ね  いいじゃん!


霞沢岳は焼岳に秋と冬に登った時に眺めただけの山です
その延長上の蝶ヶ岳と常念岳へ秋に登ったけど。ここからの奥穂・槍の眺めは超一級品でした

笠ヶ岳は北アルプス北部の山からいつも見えてる親近感のある山ですが、上りはキツイよね
聖岳は南アルプス特有のデカい山ですわ

私は日本アルプス(北・中央・南)にある百名山は「光岳」のみ残してしまった
ちょっと笠ヶ岳と同じ様に他の山と少し外れにあるからねえ
今年は伊予の鈍亀さんと行くつもりです

わざわざ登場してくれて嬉しいわ ありがとう
あと数年は山の素晴らしい空気を吸いたいね

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h28-11g-yake-jyonen2.html


31714.剣山〜天狗岳縦走 カヤハゲのツルギミツバツツジ見頃 返信  引用 
名前:ばんぶう    日付:2019年05月27日(月) 22時28分
Original Size: 1280 x 960, 167KB Original Size: 1280 x 618, 164KB Original Size: 1280 x 467, 164KB

左:カヤハゲのミツバツツジ 中:登山ルートログ 左:デポ自転車ルートログ

エントツ山さん、皆さんこんにちは。
久々に月曜に休みが取れたので、今年は未だ行けてなかった剣山に行ってきました。カヤハゲのツルギミツバツツジは8部咲き。ツボミも多かったので今週末も大丈夫だと思います。
今回のルートは、山トレを兼ねて、早朝に見ノ越から上がって天狗塚までの日帰り縦走です。
月曜(平日)で剣山の登山バスは運航してないので、天狗塚下山口から見ノ越までは、デポしたチャリで戻ってくる少しハードスケジュール。
いい運動になりました。(実はヘロヘロです)
今日は早朝はよかったけど、カヤハゲを過ぎたあたりから暴風!! 人がよろけるぐらいの強い風で後半は難儀しました。

ガーミンの腕時計に記録された活動計によると
登山 :距離 26.15km、 時間 8hr58min、 高度上昇 1890m  高度下降 2140m
チャリ:距離 22.84km、 時間 1hr24min、 高度上昇 1049m  高度下降  810m

トレラン気分で荷物を最小限にすれば、日帰りで距離を稼いだ面白い縦走を楽しめます。
参考にコースタイムです。(撮影した時刻より)

登山:劔神社鳥居 3:56−剣山 4:50−次郎笈 5:25−丸石 6:08−丸石避難小屋 6:28−高ノ瀬 7:03−平和丸 8:03−白髪避難小屋 8:19−カヤハゲ 9:04−三嶺 9:49−西熊山 10:42−おかめ岩避難小屋 10:58−天狗塚 11:58−天狗塚登山口 12:59

チャリ:天狗塚登山口 13:05−見ノ越 14:29



31715.Re: 剣山〜天狗岳縦走 カヤハゲのツルギミツバツツジ見頃
名前:ばんぶう    日付:2019年05月27日(月) 22時29分
Original Size: 1280 x 960, 166KB Original Size: 1280 x 960, 165KB Original Size: 1280 x 960, 165KB

左:夜明け前の劔神社鳥居 中:剣山での日の出 左:朝焼けに染まる次郎笈



31716.Re: 剣山〜天狗岳縦走 カヤハゲのツルギミツバツツジ見頃
名前:ばんぶう    日付:2019年05月27日(月) 22時34分
Original Size: 1280 x 960, 167KB Original Size: 1280 x 960, 166KB Original Size: 1280 x 960, 165KB

左:丸石避難小屋中 中:白髪避難小屋中 左:三嶺



31717.Re: 剣山〜天狗岳縦走 カヤハゲのツルギミツバツツジ見頃
名前:ばんぶう    日付:2019年05月27日(月) 22時36分
Original Size: 1280 x 960, 166KB Original Size: 1280 x 960, 167KB Original Size: 1280 x 960, 163KB

左:おかめ岩避難小屋中 中:天狗塚 左:デポ自転車

ちなみに、見ノ越までの登りは電動自転車です。登山の後のチャリでしたので、電動自転車でも疲れました。 
天狗塚から下山するルートの場合、いつもココのカーブミラーに自転車くくり付けてます。



31727.Re: 剣山〜天狗岳縦走 カヤハゲのツルギミツバツツジ見頃
名前:エントツ山    日付:2019年05月28日(火) 19時05分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 165KB

   丸石〜高ノ瀬縦走路      縦走路のミツバツツジ     高ノ瀬〜石立山尾根のシロヤシオ

ばんぶうさん  再び今晩は

剣山(登山口)から天狗塚(下山口)まで9時間ですか〜
やりますねえ  それ位の時間で歩けるなら自転車周回も余裕があります

歩く場合は天狗塚〜剣山のコースより少しは早いでしょうが、白髪分岐から三嶺への上りがキツいし、帰りの事を考えると電動アシスト自転車でも移動は剣山・見ノ越から天狗塚登山口を選びますわ

私はパナソニックの電動自転車を使っておりますが、上りでモーターのアシストを使うにはコツがあって絶妙のペダル踏み込みスピードでなければ有効にアシストされず疲れますよね
天狗塚側から自転車で行くと最後の見ノ越手前の上りがキツい何てもんじゃあ〜りません

剣山縦走路に関しては今回、私は丸石から高ノ瀬まで縦走路を歩きましたが快適で、単独女性とか2人の女性とか結構若い女性も四国外から来て歩いてました

この時期、ツルギミツバツツジの色が鮮やかで場所によってはシロヤシオもありますよね
ちょっと以前より鹿の食害で景色が荒れていますが四国で一番人気の高い縦走路ですねえ

山歩きの醍醐味は山岳縦走ですよね

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/tozanki23ishidateyama1.html



31732.Re: 剣山〜天狗岳縦走 カヤハゲのツルギミツバツツジ見頃
名前:ばんぶう    日付:2019年05月28日(火) 23時06分
エントツ山さん こんばんは
そうですね、このコースはあまり登り下りがないので、快適な縦走路ですね。石鎚山系と違っていざとなれば、水場が確保できるのがありがたいところです。

毎年、鹿の食害は進んでる気がします、昨年もこ同じ時期に歩きましたが、今年も丸石の手前(次郎笈側)の南斜面で鹿を見ました。すぐ下にスーパー林道が走ってるんですけどね。
ぽかーんと餌をしてました。カメラを出してたら、「ピィ!!」 と警戒音を出して5頭ほど逃げてい行きました。

同じ鳴き声でも。この時期、カジカガエルの鳴き声か聞ける時期なので、次はこれが聞ける登山道を思案中です。 いい場所があれば教えてください。川沿いになりますかね。  m(_ _)m

3年ほど前に、大瀧の滝から氷室経由で手箱に上がるルートを歩きましたが、結構 鳴き声を聞いた記憶があります。ほかにないかなぁ、、、


31733.Re: そんな風流な歩きは考えた事がありませんがな
名前:エントツ山    日付:2019年05月29日(水) 07時16分
Original Size: 900 x 506, 164KB

新九郎山分岐の大ブナ


ばんぶうさん  おはようございます

剣山〜天狗塚縦走路にある避難小屋の写真を貼ってくれていましたが、
丸石避難小屋とおかめ避難小屋は 石鎚〜剣山縦走時にお世話になりました

白髪避難小屋は以前、日和田〜石立山〜高ノ瀬〜白髪避難小屋〜白髪山〜みやびの丘〜古敷谷山〜韮生(にろう)越 〜口西山〜源氏ヶ森〜別府峡もみじ茶屋 の縦走時にお世話になりました

又、三嶺避難小屋には冬に一泊登山でお世話になりました

登山者が多く利用する避難小屋にはネズミが生息するのですが、おかめ避難小屋以外は利用者が少ないのでネズミも居ない様でした

カジカと言えば先日遠征した鈴鹿山脈の竜ヶ岳登山口になる宇賀渓にカジカ生息地の看板がありました
鳴いていた様な気がします カジカの鳴き声は小鳥のさえずりにも聞こえるので野鳥とミックスしていて聞き分けの自信がありません

古来、鹿の鳴き声に似ているとかで河鹿(カジカ)蛙と言われている様ですが鹿のイメージは甲高い警戒音しか聞かないので耳障りな印象です

登山道が沢筋を横切る時に岩の影で音だけ立てていますね
沢歩きの時は岩にへばりついているカジカを見る事もあります

基本、無粋な山歩きですので、カラスの警戒する声をずっと聴きながらヤブ尾根を歩く事が多いです

下のURLは カジカ蛙の鳴き声です


エントツ山

 

https://www.youtube.com/watch?v=Yu1_qr6MwUw


31729.丸石〜高ノ瀬〜中東山〜石立山〜日和田 縦走  返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2019年05月28日(火) 21時12分
Original Size: 1024 x 950, 165KB Original Size: 1024 x 608, 162KB Original Size: 900 x 675, 162KB

丸石〜高ノ瀬〜中東山〜石立山縦走ログ図  カシミールグラフ  今回参加の皆様(全員70歳以上=元気!)

「山と元気の会」で丸石〜高ノ瀬〜中東山〜日和田の縦走に参加して参りました
ロング歩きと登山口でのテント泊、更に下山後のべふ峡温泉での宿泊と四国内の縦走にもかかわらず2泊3日のスケジュールの為参加者が少なかったです
その上、貴重な参加者「残念パパ」の欠場で私は寂しい思いをしました
(そりゃ 残念パパの方が何十倍も残念な気持ちだったでしょう お察しいたします)

丸石〜高ノ瀬〜分岐までは全く快適な登山道

高ノ瀬から中東山へ下がる分岐付近は地形上明確な尾根が無いので、踏み跡も薄くて多少不安ですが直ぐに細尾根に出ます

そこから中東山〜石立山・西峰手前の1,604mピークまでは現在は笹薮も無く快適な尾根となっています

1,604mピークの突き当りで西峰手前のコルに下る場所が右側の支尾根に向かってしまいますのでここだけが少し注意が必要です

この縦走での唯一の核心部は西峰直下でのザレ場渡りです
以前より相当足場がザレており、団体の場合はロープを出す方が安全です
ザレ場を渡れば、岩に沿って崖状の凹みを這い上がって鹿の防護ネットまで出れば後は安全です

今回は石立山から日和田へ下りましたが、足底の薄い軽登山靴の人は脚裏が痛いと嘆いていました

石灰岩質の岩屑が沢山あるのでグループ登山では落石注意です

今回の参加者は69歳の私が最年少で、77歳が二人を含めたオーバーセブンテイ軍団でしたので12時間と少しかかりましたが、もう少し若い方なら2時間程時間が短いかも知れません

いずれにしてもこの縦走は11時間位を覚悟する必要があります
又、個人山行の場合は車の手配に悩む所です

丸石登山口から高ノ瀬峡までのスーパー林道は通行止めです
又 べふ峡から白髪山までの林道も落石が酷くて普通車は通行困難と思われます (ここは自転車・バイクしか通れそうにありませんでした)

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/tozanki23ishidateyama1.html



31730.Re: 丸石〜高ノ瀬〜中東山〜石立山〜日和田 縦走 
名前:エントツ山    日付:2019年05月28日(火) 21時38分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB

石立山・西峰直下のザレ場渡り場所    ザレ場に咲く花達  


今回の縦走核心部のザレ場
フィックスロープはザレ場渡りには無いのでロープを持参された方が良いかと
今回は私の4mスリングを張りました

向かいの岩場にはロープがありますが、これはあまり意味のない場所です


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/tozanki23ishidateyama1.html



31731.Re: 丸石〜高ノ瀬〜中東山〜石立山〜日和田 縦走 
名前:エントツ山    日付:2019年05月28日(火) 21時22分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 162KB

ザレ場に咲く花達         日和田登山道の下りは石灰岩質の岩場が延々と続きます


縦走路はザレ場と下山の日和田登山道を除けば快適でした 


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/tozanki23ishidateyama1.html



ページ: |< << 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb