[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





27823. 大雪の剣山 新雪ラッセル 返信  引用 
名前:おじょも    日付:2017年02月16日(木) 12時10分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 151KB

エントツ山さん    皆さん   こんにちは



大雪の剣山 見ノ越まで入れるかどうか 心配で 最強のランクルで行ったのですが
除雪されていて ほとんど問題なく 通行出来ました


西島リフト乗り場までは トレースがあったのですが そこから先は 新雪ラッセルになり
頂上は とても寒く 何も見えず 早々に撤退しました

帰りは 西島リフト乗り場から 尾根道コースに入り 大雪の新雪歩きを 楽しんで下りました


車に乗り 帰りだすと 前後のタイヤを脱輪して 道を塞いでいる車があり
一時は 私達も 帰れないかも ? と思いましたが 
積んでいた スコップで除雪 何とか横をすり抜けて 帰れ ヤレヤレでした



今回も 最後に 私の やっちまった事件があり 
自分でも 呆れて物が言えない状態です




そのブログです・・・・
http://ohara98jp.exblog.jp/



27827.Re: 大雪の剣山 新雪ラッセル
名前:エントツ山    日付:2017年02月16日(木) 20時06分
Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 900 x 675, 164KB

  大規模林道「寒風・大座礼線」    祖谷山系は肉眼では遠すぎる〜


おじょもさん  今晩は


やはり雪の量は石鎚山系より剣山方面が多いね
石鎚山系は尖った岩山が多いので雪が積もりにくいって事もあるんだけど、いつも剣山の方が降雪量が多いわ

昨日の笹ヶ峰はラッセルという場所は無く、トレースを付けるって程度でした
股まであるとラッセルはキツくて腰まであるとほぼ無理やね
まあおじょもさん達は普段から結構厳しい山歩きをされてるから頼もしいよねえ

今年の「おじょも劇場」は下山後に多いね
何? 今回は集合場所にザックを忘れてそのまま帰ったって?
さすが私はそれは無い!
ザックを家に忘れて持って行かなかった事はある! 

まあ命にかかわらないポカは笑って済ませられる事が多い
ネットで言えないポカもあったって? 知りた〜〜〜い 今度会った時にこっそり教えてね

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/tozanki35-touonalps.html


27769.善通寺五岳山へ〜 返信  引用 
名前:え〜ちゃん    日付:2017年02月11日(土) 21時33分
Original Size: 640 x 480, 85KB Original Size: 640 x 480, 94KB Original Size: 640 x 480, 62KB

エントツ山さん、こんばんは!

今日も寒かったですねぇ〜(*_*)
政所の友人2人のお供で善通寺五岳山へ出かけて来ました〜香色山〜筆の山〜我拝師山の3岳山だけ登って来ました!
風邪が強くて時折雪が降ると吹雪に〜寒さも・・・?友人は余り山に登って無いので、あまりにもゆっくり〜待つと寒い(*_*)
何とか山頂でコーヒータイム(PM12時40分)下山して、うどんでも食べる予定で昼食は持参せず?
下山後にグルリと山すそを廻り〜駐車場へ2:30分うどんは3時頃・・痩せるよ?
*例の件、延期になって良かった(^^)/(ひそかに思って居ます)

今日の五岳山より〜



27772.Re: それじゃ善通寺三岳山じゃんか
名前:エントツ山    日付:2017年02月12日(日) 20時59分
Original Size: 900 x 674, 165KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 159KB

 「善通寺五岳」はこう歩く    我拝師山から火上山、粟島、紫雲出山   我拝師山の姿はここから撮る


え〜ちゃん  今晩は

今日、笹ヶ峰・南尾根 行けてたわ
でも昨日の香川の天気(荒れ模様)からは堂山夕暮れ隊では今日笹ヶ峰への引率は厳しいと判断するよね

徳ちゃんが「もう これ以上歩けないのよ ここで待ってるからみんなで山頂まで行ってきて」って言われ、帰りに「あれ? こんな所に雪ダルマあったっけ?」・・・「もしかして徳ちゃん?」  ってな光景が目に浮かんだわ

今日、みんなを出し抜いて雪山へも行けず悶々としていたので善通寺五岳縦走してきたわ
もう10年以上前に縦走したのだけれど、当時はHPの作成も未熟で日付も年号も入れてない

それで改めて縦走記を作成するつもりで歩いて来たぞなもし

鳥坂(干支の坂?)に車を置き、自転車で善通寺へ
香色山〜筆ノ山〜我拝師山〜中山〜火上山の縦走で約4時間ですね

筆ノ山は香色山から下りた場所のミカン畑から直登しました

水曜日は天気が良いから集合時間を30分早めにしましょう


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishisonotatakataru6thfeb2010.html



27783.Re: 善通寺五岳山へ〜
名前:五岳    日付:2017年02月13日(月) 00時05分
エントツ山さん
始めまして。
いつもは読み逃げしてますが、出て来ました。
え〜ちゃん、我拝師山は飲食禁止されています。
禅定寺には注意書きがあります。
良く知られたことです。
以前、ゆ〜ちゃんも山食レポしてましたが・・・。
信仰の山なので、尊重しましょう。

お邪魔しました。


27793.Re: 正論なれど片手落ち 聖地・我拝師山
名前:エントツ山    日付:2017年02月13日(月) 22時00分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 675 x 900, 162KB

 シェ〜は宗教的に許されるでしょうか? 我拝師山の三角点山頂  聖地・捨身ヶ嶽


五岳さん  今晩は

久しぶりに善通寺五岳山を縦走しましたが、地元の町おこしなどもあり良く整備されておりますね
比較的マイナーな中山〜火上山もゴミが登山道に落ちて無いですわ
これも登山者のマナーが良くなった事と地元の清掃奉仕などのお蔭でしょうか

う〜ん あの看板ですね
「これより行場は当山の大霊域により飲食危険行為は禁止です」
ところで「行場」って何処の事でしょうか?
素直に考えるとあの威厳のある山門を潜って弘法大師様が修行された岩場付近の事ですよね
当然、あの岩場で飲食や危険行為(ハメを外した写真撮影やロッククライミングなど)はダメだし出来ませんわ

もし、「行場」が我拝師山全体を指すのならあの看板は大坂峠の登山口側にも設置されなければなりません
大坂峠の登山口には無いですね

ちゅうことは? 香色山〜筆ノ山側から我拝師山へ登った人には飲食したらイカン山だという事はわかりません
私も我拝師山の奥ノ院へ下りて初めてこの看板を見ました

五岳さんはきっと地元の方だからこの規則看板について良く知られているのでしょうが、数年に1度ここに来る香川県人でも知った人は少ないですよ

我拝師山の持ち主は知りませんが恐らく出釈迦寺の管理だと思われますが、あの看板の真意は神聖な山をゴミで汚す信者さんや登山者が多かった事や滑って怪我をされた方が多いので管理上の注意書きでしょう

お釈迦様は「ここで飲食をしてなならん!」等の無慈悲な規律は考えないでしょう

さて、ここからが私の言いたい事ですが、
「私の山仲間に食事や飲食をした後をゴミで汚す人は誰一人として居りません」 みなさん我拝師山に限らずどんな山へ行かれても飲食の後はその痕跡も残さないでしょう
山では短い人生を共にする仲間達と楽しく飲んで語らい、後片付けはキチンとする

五岳さん こんな所で手を打ってやって下さい

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/tozanki35-touonalps.html



27803.聖地我拝師山
名前:アンジーパパ    日付:2017年02月14日(火) 00時47分
Original Size: 608 x 663, 286KB Original Size: 431 x 351, 114KB

エントツ山さん今晩は。
週が明けると多くの情報が集まりうれしい悲鳴ですね。
お疲れ様です。

初めて我拝師山に登った時に私も奥の院で飲食の注意書きを目にしました。
それ以降飲食はしていません。
最近は山内で飲食をされたということを見聞きしていて将来立ち入り禁止になることを
危惧していました。

第七十三番札所 我拝師山 求聞持院 出釈迦寺
ですから真言密教の修験道場として本来は修験者が修行の場としていたと
思われます。
大峰山奥懸道に女人禁制の場が有ったり手箱越の大峰寺覚心派道場内
で肉食禁止とどうようでしょう。
山を汚さない、ごみを捨てないということとは次元が異なる話じゃないでしょうか。

五岳縦走も盛んになり奥の院以外からも入山するようになりましたね。
登山口には飲食禁止の案内が是非必要と思います。

寺院の本来の姿を尊重して我々も修験道を歩かせていただくという
スタンスが良いと思われますが如何でしょう。

これからも長く歩けますように。

さて長い文になりましtが
土曜日に城山西尾根を歩きました。
南尾根分岐を過ぎると倒木が道をふさいだり徐々に藪っぽくなってきて
226p周辺はエントツ山さんが大好きのスズタケでした。
点標周囲のみ刈られていました。
すぐそばにあるはずの反射板が背丈より高い藪で見えませんでした。
なんとかたどり着いたのですがそこらからあるはずの境界尾根に乗れませんでした。
北斜面に適当に降り最終的に鉄塔巡視路ののりました。
後で童夢さんのブログを確認すると西尾根をちゃんと歩かれていました。
ガックリ。

日曜日は以前に金剛院の竜山から法師越、kazasi さんが言われる
かぶと山ー七面山を経て邇邇宜地蔵堂ー広袖を歩いたので
地蔵堂から447p-468pから境界線を南へ首切り峠まで歩きました。
447p-468pは境界は古い林道跡になっておりまるで島が峰の林道跡
と同じで歩けたものでは有りません。
468pの山頂はだだっ広くてヌタバと猪の足跡がたくさん在りました。
不思議と木も草も生えておらずまだ牧場かなにかで使用しているのでしょうか。
柵等葉有りませんが。
ここから南への境界は全く信用できるような目印は無く適当に下るしか
有りませんでした。

GPSの電池が切れて最後までログを取れませんでした。

首切峠の名前はエントツ山さんが現役時代に大川山ー竜王山縦走
された折に出てますがあのくだりは印象に残っています。

それにしても先週はよくぞ外して歩いているものだと反省しかり
です。



27809.Re: まあお寺さんの山ですからねえ〜
名前:エントツ山    日付:2017年02月14日(火) 11時56分
アンジーパパさん  今日は

城山と大高見峰から首切り峠までのログ、参考になります
ありがとうございました

童夢さんやkazashi さん、アンジーパパさんのログがあの山域に光を当ててくれました
特にかぶと山ー七面山あたりは内心大藪で歩けるんだろうか?と疑心暗鬼でございました

家庭の事情で今春の香川県境歩きでそれ以降あまりロングの縦走が出来そうにありません
ですから大川山やこの辺りの日帰り歩きが主になるかも知れないので興味があります

宗教の戒律については良くわかりません
と言うか修験道を含めて宗教の事、修行の事が良く分からないのです
色んな煩悩を捨て去りガマンをする事から悟りが開けるのでしょうかねえ

宗教の本質が良く分からないから戒律を作ってそれを守る事で安心する面があるのではないでしょうか

聖地にしても価値観が多様化して何が大切なのか訳のわからない時代に絶対的な物、場所が求められるのでしょうか


宗教観は子供の時代から教会やお寺に親と一緒に連れられて何となく体感していくものでしょうが、現代はそれがほぼありませんわ
だから飲食禁止って意味も登山者に対して教条主義的に守らせる物でもない様な気がします

イスラム世界でもこの教条主義が女性蔑視など多くの問題を投げかけております
去年大峯奥駈道を歩きましたが、女人禁制なども単なる男の権威主義、教条主義の最たるもので、言わば基本的人権を無視するものだと私は思っております

飲食禁止・・・ 行場から離れたただっ広い三角点山頂広場でコーヒーすら飲む事の許されない山って、もしあるのなら登山者の入山を禁止すべきでしょうねえ

勝手な事を言ってすみません

でもね 私は山ではほとんど飲食しませんから関係のない事ですんにゃわ


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/tozanki35-touonalps.html


27811.Re: 結論めいたものが出ました〜
名前:エントツ山    日付:2017年02月14日(火) 23時00分
五岳さん
アンジーパパさん  今晩は

本日、出釈迦寺の社務所に飲食禁止の件を問い合わせました
お寺さんの答えは以下の通りです


「飲食危険行為は禁止」とされている弘法大師様が修行された捨身ヶ嶽の行場は奥の院禅定根本御堂横の行場通路(トンネルになっている場所)から鎖場を上がって岩場の天辺付近、稚児大師の尊像がある付近の事を差します

従って山門付近や三角点のある山頂付近は捨身ヶ嶽の行場には含まれておりません

登山者の方には山頂よりも山門付近の休憩所にトイレなども設置してありますのでご休憩、飲食などはその休憩所をご利用下さい

尚、山頂や休憩所で食事をされた後はゴミは残さない様にお願いします

との答えでした


特に里山には当然の事ながら持ち主がおられます
通らせて頂く時は我拝師山に限らず飲食は極力最小限に、ゴミを残さず、痕跡も残さず品行方正に歩きましょう

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/ishisonot奥の院禅定根本御堂ata-2012jan-sasagamine.html


27812.あっぱれ
名前:アンジーパパ    日付:2017年02月14日(火) 23時08分
エントツ山さんありがとうございます。
何となくもやもやした気分がとれました。

27779.大滝山周回 返信  引用 
名前:ねこバス    日付:2017年02月12日(日) 23時46分
Original Size: 1075 x 737, 490KB

エントツ山さん
大変ご無沙汰しております。

以前から思案していました大滝山を周回するルートをひとつ考えまして、今日実行してまいりました。

天満ヶ原に這い上がって、車道歩きで大滝山。
その後一般登山道で相栗峠方面に進み、鉄塔巡視路で奥の湯温泉の北に降りるルートです。

相栗峠方面と大滝山方面の分岐から大滝山方面に650mほど入った橋のたもとよりスタート。

小出川別子線の別子方面へ。
途中適当に尾根にとりついてショートカット。

廃屋の上から尾根に乗りました。

やはりどこにでも好きな方はいらっしゃるようで、赤テープが天満ヶ原まで続いていました。

しかし、天満ヶ原手前の標高900m付近でまさかのヤブ。

尾根の北からヤブを巻こうにも灌木が密集して泣く泣くイバラ混じりのヤブを抜けました。

後で見ると15分ほどでしたが、長〜い苦痛でした。

この時期でこれなんで、もう通ることはないです (^^;;

奥の湯温泉方面の鉄塔巡視路はしっかりした道がついておりました。

また機会があれば、他のルートを探ってみます。



27782.Re: 大滝山周回
名前:ねこバス    日付:2017年02月12日(日) 23時58分
Original Size: 691 x 518, 245KB Original Size: 876 x 656, 232KB

1枚目:エントツ山さんならちょちょいのちょいであろうヤブ。
2枚目:車道に出たところにある開通記念碑(天満ヶ原の三角点はこれより10分ほど登った神社裏にあります)。



27792.Re: いいね!  大滝山周回
名前:エントツ山    日付:2017年02月13日(月) 21時17分
Original Size: 1024 x 592, 361KB

 塩江方面からはこれしか無い!  大滝山周回

ねこバスさん  今晩は

いや〜 久しぶりやねえ
時々山レコ見てるけど以前よりパワーダウンしてたので仕事が忙しいのだろうと思ってた
自分の遊び以外に色々と忙しく充実した年代やから体を大事に切り抜けて下さいよ
そうした暁には我々みたいな「抜け殻余生時代」が待っとるけんね

そのコース いいわ!  ってか塩江方面から日帰り周回コースとしてはこれしかないね
「天満ヶ原」という山がわからなかったけど、三角点基準サービスで位置が分かりました
この天満ヶ原を含む北側ルートはちょっと車道が多いのが難点だけど一度は歩いて見たいです

面白いルート紹介 ありがとね


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/tozanki35-touonalps.html



27798.Re: 大滝山周回
名前:ねこバス    日付:2017年02月13日(月) 23時36分
Original Size: 1224 x 887, 410KB

ウェブには載せていませんが、毎週のように山を駆け巡っています。

2月4日は秘境の駅と言われる坪尻駅に行きたくて、もちろん山をセットでルートを考えました。

旧猪鼻峠に出る予定で南の県道から尾根に乗り、途中横断している破線道が生きていたらそれを辿る計画。
破線道はしっかり生きていました。

旧猪鼻峠からはほとんどコンクリート舗装された四国のみち。
若狭峰手前のdocomo無線中継所に寄って若狭峰。

力尽きたので中蓮寺峰には行かず、若狭峰南西尾根を下って県境尾根(歩いたところが県境尾根だったことは後でわかる)。

通った範囲の県境尾根は車も通れる未舗装林道でした。

旧猪鼻峠に戻らず、鉄塔巡視路を鉄塔1本だけ辿って南東尾根を下ると行きに出くわした破線道にちょうど出てきました。

車道歩きが長いのが難点ですね。

20km弱ありました。



27800.Re: 大滝山周回
名前:ねこバス    日付:2017年02月13日(月) 23時48分
Original Size: 1306 x 746, 479KB

1月21日は木屋平木沢線の途中の鉄塔巡視路より1本目の鉄塔からは尾根伝いでスーパー林道へ。

スーパー林道は吹きだまりがすごくてツボ足でなかなか進みませんでした。

高城山西尾根を東側の鉄塔巡視路から登りましたが、雪が深くてツボ足で疲れ果て、高城山500mほど手前で引き返しました。

復路は西尾根をそのまま降りたのですが、雪が深すぎて道がわかりにくく、迷いながら降りました。

その2週間前は10cmほどで快適でした。

またこの木屋平木沢線は落石がひどいので、積雪期はとくに要注意です。

そんなわけで元気に活動しておりますので、またよろしくお願いします。



27808.Re: あちこち周回〜
名前:エントツ山    日付:2017年02月14日(火) 11時24分
ねこバスさん  今日は

そうなんだ  相変わらずマニアックな場所を歩いてますね
ねこバスさんの様な体力がある人は遭難の心配が非常に少ないです
体力→気力→歩き続けるってパターンが遭難から最も登山者を守ります


今から新居浜に出かけますのでログをじっくり拝見させて頂きます
ねこバス元気情報をありがとう


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/tozanki35-touonalps.html

27794.石鎚山 返信  引用 
名前:WO2号    日付:2017年02月13日(月) 22時54分
Original Size: 700 x 525, 109KB Original Size: 400 x 533, 162KB Original Size: 700 x 933, 180KB

写真1 夜明峠から
写真2 ブナ次郎
写真3 2の鎖の鳥居

エントツ山さんこんばんは

日曜日、ロープウェイまでの道は雪・凍結はありませんでした。山頂成就駅の温度計は-2.5℃、山にはそれなりに雪もありましたが、お客さんもとても多くて頂上までトレース(というより完全に道?)がバッチリで、歩きやすかったです。
階段も崖側はおおむねむき出しになっていましたが、一部手すり近くまで埋まっている個所があり、踏み外したら終わりだわぁと思いながらやり過ごし、たどり着いた弥山はガスと雪でなにも見えませんでした。

それでも霧氷と雪がたくさんあり、雪の森のハイキングとしては楽しめました。

2号



27795.Re: 石鎚山
名前:WO2号    日付:2017年02月13日(月) 22時56分
Original Size: 400 x 533, 106KB Original Size: 400 x 533, 84KB Original Size: 700 x 525, 99KB

写真4 階段
写真5 傾斜したグレーチングのところ
写真6 弥山

写真追加させてください。



27807.Re: 冬の石鎚山
名前:エントツ山    日付:2017年02月14日(火) 11時16分
Original Size: 700 x 525, 35KB Original Size: 739 x 660, 48KB Original Size: 700 x 525, 65KB

  冬の石鎚


WO2号さん  こんにちは

お願いしていた石鎚情報をありがとう
鳥居さんの見え具合で積雪の様子が分かります
以前より少し雪が深くなっていますね


西条の国道を走っていると石鎚山だけが雲に覆われている時が多いです
それだけ標高が高いのと競り上がった山の形が上昇気流を生んでるのでしょうかねえ

かく言う私も毎年冬の石鎚へ登っておりますが、比較的天気の良い日を選んでも青空の確率はかなり低いです
一番ショックなのは下山してる途中に晴れ間が出てくる事ですね

まあ、いつもピーカンでも風情がない

一番危険な場所はあの鉄階段ですが、以前より結構雪が上から落ちて来てますね
でも手摺が少しでも出ていると手がかりとなるので安心です
随分前ですが手摺が全く出ていなくて、おまけに雪が一旦融けてそれが凍結していた事があります

あそこは場合によってはピッケル必携となります

石鎚最新情報をありがとう

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/tozanki35-touonalps.html


27789.やっと行けた雪山〜 返信  引用 
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2017年02月13日(月) 20時48分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 164KB

エントツ山さん、こんばんは〜

1月初めの飯野山から出張やら、悪天候やらでなかなかお山へ行けず、
やっと土曜にジム仲間と日和佐城から千羽崖までの景色の気持ちいいコースを
歩いてきました。
高速の美馬あたりは豪雪でふぶいており、どうなるかと思いきや、
日和佐はぴーかんのお天気で、わいわい楽しいハイキングでした。
千羽崖休憩所でキムチ鍋パーティ。
アツアツ鍋でお酒も入ってすっかりいい気分でした。

翌日の日曜は昨夜遅くまでみんなと楽しんでいたので、のんびり起きたのですが、
28年目の結婚記念日で、やっぱり登らなきゃと、高瀑へ。
登山口についたのは12時前。登るにつれ、どんどん下山される方。
高瀑についたら吹雪いてきて、あまりきれいには見られなかったけど、
おお〜とつい声が。
雪まみれを堪能できてよかったです。

登山口までのダートな道の運転、ダーリンご苦労様でした。



27790.Re: やっと行けた雪山〜
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2017年02月13日(月) 20時49分
Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 450, 162KB

高瀑の写真はこちらです。



27806.Re: やっと行けた雪山〜
名前:エントツ山    日付:2017年02月14日(火) 10時52分
Original Size: 800 x 600, 47KB Original Size: 900 x 675, 98KB Original Size: 900 x 675, 163KB

    千羽海崖       平成12年高瀑の滝      平成15年高瀑の滝  


ゆ〜ちゃん
ダ〜リン
ジム仲間の皆さん   お仕事ご苦労さまです

寒波襲来っても四国の太平洋側はさすが冬晴れの景色ですね
キムチ鍋は冬にもってこいのメニューですわ
キムチの発酵乳酸菌は体にいいそうですね 
ジム仲間の皆さんもいい笑顔です

で・・・一転翌日は高瀑の滝ですか
おかげで私も最新情報を頂けてラッキーでした
ダーリン、あの長い林道は肩が凝るよね 以前確か大雪の為林道の倒木に悩まされたってレポを頂きましたね

私も登山口まで到着するとホッとしました 
四駆の冬タイヤですがチェーンの装着が面倒で出来たらそのまま走りたいです
手掘りトンネルを過ぎると雪の量が増えてタイヤがスリップするのですがスタックはせずに走れました
四駆は燃費が悪いし乗り心地も悪いけど冬山へ行ってる限りは必要投資ですねえ

高瀑の滝登山道は以前に比べれば安全になりましたわ
滑落しそうな場所だけロープなどで確保してやれば子供は身軽いから無事下山出来たんでしょうか
でもあんまり遅い出発はダメですよねえ

あっと、それから善通寺五岳で我拝師山は飲食禁止らしいから今度みんなで行くときは中山を少し上がった場所=我拝師山が眺められる所まで進んで食事して下さい  宜しく〜


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/tozanki35-touonalps.html


27786.大川山へ行ってきました 返信  引用 
名前:ナッチー    日付:2017年02月13日(月) 12時29分
Original Size: 568 x 426, 104KB Original Size: 568 x 426, 77KB Original Size: 568 x 426, 77KB

エントツ山さん こんにちは

笹ヶ峰、私達初心者に気を使っての日程変更申し訳ありません

で昨日、徳ちゃんと三人で柞野から大川山へ登りました
頂上付近は膝下まで雪がありました
少しは雪山歩きのトレーニングになったかな?

大川山でも寒波の影響はまだ残っててほとんど青空を見ることはなかったので延期になって良かったです

やまももさんご夫婦にもお会いできました

水曜日よろしくお願いします
 (少し不安ですが・・・)



27788.Re: 大川山へ行ってきました
名前:やまもも    日付:2017年02月13日(月) 17時48分
Original Size: 800 x 600, 137KB Original Size: 800 x 600, 134KB Original Size: 800 x 600, 139KB

エントツ山さん こんにちは

朝から気持ち良い青空が広がりましたが
風が冷たいですね〜

ナッチーさん 昨日はお疲れさまでした

私は一昨日 やっと干支の山 鷲の山に行きました
鷲峰寺から登り石船に下山しましたが鞍部に差し掛かる
あたりからゴーゴーと風の音が凄かったのですが尾根では
そう風にあたることもなく良かったです
2組のご夫婦にお会いしましたが一週間前だったら
皆様にお会いできたのではと思いながら歩きました
7年ぶりでしたが飯野山の眺めがよいですね

昨日はいつもなら山頂まで車の雪山大川山ですが
隋神門を回り込んだ所から登りました
山頂からは柞野コースで林道歩きを予定していましたので
管理棟でお昼にして大川神社に行きナッチーさん達に
お会いできてラッキーでした
同じ香川の山とは思えない雪山で楽しかったです

夫婦でだんだん物ぐさになっていますがまたご一緒できる日を
楽しみにボチボチ山歩きを続けたいと思っています
    

http://www.geocities.jp/goma_miho_manngekyou/



27805.Re: 大川山へ行ってきました
名前:エントツ山    日付:2017年02月14日(火) 10時13分
Original Size: 800 x 781, 355KB

大川山登山道(主に3道)


ナッチーさん
ジェントルパパさん
徳ちゃん       おはよう

日曜日の笹ヶ峰・南尾根に向けてモチベーションを高めていたのに日延べしてゴメンね
まあ、お蔭でkazashi さんも参加出来る様になったのでバンバンシー? 否万々歳や
徳ちゃんも雪だるまにならん様に訓練した訳やね
でもあんまり頑張り過ぎても笑えるネタが無くなるからテキトーにズッコケて欲しい
天川(あまかわ)神社側〜杵野(くぬぎの)から中寺廃寺経由で歩くコースは長くてあまり歩く人は少ないね
( reiko さんやねこバスさんが歩かれております)

徳ちゃんは「ちっとも筋肉痛は無いのよ」って言ってたけど疲れは3日後に出るからチト心配やで


やまももさん
パパさん     おはようございます

阿讃山脈にも結構雪が降っていますね
何せ香川の貴重な1000m峰ですから冬場はアクセスがいいので持ってこいです
徳ちゃん曰く「やまももさんって凄いのよ 雪の下りをスイスイと早いの何のって」
ナッチーさん曰く「やまももパパさんは雪道の下り方を指導してくれたり、とろくさい主人のアイゼン装着を手伝ってくれたり優しくて頼り甲斐があるんですぅ」

やまももコンビ、株を上げましたぞ


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/tozanki35-touonalps.html


27785.又やってしまったあ 返信  引用 
名前:リップ    日付:2017年02月13日(月) 09時55分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 96KB Original Size: 800 x 600, 100KB

こんにちは。昨日は四国中央市の三ツ足山へ三人で西側から登ってきたわ。
倒木で進めなくなったので車は和田小屋橋の手前に止めて少し林道を歩き山へ入ると作業道がほとんど頂上近くまでついていてチンタラジグザグ登ったわ。2時間ちょっと。

下山は少しショートカットしようと道をはずれたのよ。
すぐに次の作業道に出会うはずなのにいつまでたっても無い?
ちょっと変と思っても下り始めるとなかなか止まらない、甘〜いピンクテープがいざなうし。

リーダーが右へ行かないように、左へ左へ進むように言ったけどその時すでに右の尾根に乗ってたしまってた。
雪が積もってるのにだんだん斜度がきつくなって怖いわよ。あんなにゆるゆる登ったんだからこんなに急なわけがない。

こういうときはひとまず休んで腹ごしらえしてゆっくり対策を考える。まず現在地確認。
私のGPSは修理に出してるしリーダーのタブレットは電池切れしそうでゆっくり見れない。
ですばやく緯度経度をみて地図に落とすと違う尾根に乗ってる!

で尾根を乗り越えるため高度100mくらい登り返した!

結果オーライだったけど、変と思ったとき早く確認して引き返すべきだった。

1・・頂上からの一方向は見晴し良さそうだったけど、天気悪くて何も見えない。
2・・頂上標識が無いのはなんかヤッターってならなくて気が抜けるのよ。で「有ったー!」って喜んでる人がいるので何かと思えば赤テープにどなたか書き込んでる。こんなものでも嬉しかった。
3・・水車のツララ、斜めに付いてる



27797.Re: 又やってしまったあ
名前:エントツ山    日付:2017年02月13日(月) 23時33分
Original Size: 807 x 900, 250KB Original Size: 1003 x 766, 243KB

こんなルートでしょうか?    三ッ足山と三つ足山


リップ姐  今晩は

三ッ足山と三つ足山、近くにあるだけにややっこしい
「三つ足山」は県境尾根と奥工石方面への重要なターニングポイントですが、「三ッ足山」はどうでもよい立ち位置の山ですね

え? こんな雪の時期にマイナーな三ッ足山へ
あぁ そうか 愛媛の千メートル峰を踏んでいるんですね

以前しまなみ隊やむらくもさんがこの三ッ足山へ行ってましたが、私は行くモチベーションが起こらなかった

行くとしたらカガマシ山から尾根伝いを考えておりましたわ

和田小屋橋ってのがどの辺りか知らないけれど、地図を見ると左岸の林道が右岸に変わる場所が一ヶ所しかないので見当が付きました

西側にはエライなだらかな傾斜地が山頂付近まで続いておりますが、もしこんな場所が植林地帯でなければヤブは必至な地形ですね

作業道がダラダラと続いているんですね
まあ、下山はフツーに歩いておれば北側の尾根に導かれますね
ショートカットする場合の難しさは下の作業道がある角度内に収まるかって所ですね

従って曲がり角からショートカットするのは危険です
コンパスを使うクセをつけて下さいよ〜
コンパスを首からぶら下げると枝にひっかけて首を吊るからダメって本に書いてあったけど、それならカメラや帽子のストラップだって同じ心配がある

「いつも使う物はすぐ見える場所、取り出せる場所」ってのが原則ですね


今回は東に下山してないからOKよ


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/tozanki35-touonalps.html


27784.伊吹山 返信  引用 
名前:ギッチャン    日付:2017年02月13日(月) 09時48分
Original Size: 584 x 438, 49KB Original Size: 584 x 438, 36KB Original Size: 500 x 375, 37KB

エントツ山さんおはようございます。

♪雪よワサビよ ご機嫌いかが?
 今年も来ました 真冬の伊吹山
 体調不安だけど 何とかなるでしょう
    (雪山讃歌のメロディーで)

なんて鼻詰まりの歌を歌いつつ(?)昨日は久しぶりの例会参加でした。
心配した積雪はそれほどでもなく、登山口まで車で行けたのですが・・・。
この所青空に恵まれません〜。
雪雲がやって来て、どんどん消えて行く青空・・・雪降る中の道中となりました。
スノーシュー歩きも楽しんだのですが、約2週間ぶりの山は老体にはこたえて、下山時には太腿が攣って困りました・・・。

過日はお見舞いの替え歌ありがとうございました。
大変遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

青空が欲しかった・・・
何も見えない山頂
じいじさんたちとお会い出来たのが嬉しかったです
(じいじさんたち、ヤマガツオさんと)

http://outdoor.geocities.jp/gicchan_pass



27796.Re: 伊吹山
名前:エントツ山    日付:2017年02月13日(月) 23時11分
Original Size: 800 x 729, 165KB Original Size: 900 x 675, 97KB Original Size: 675 x 900, 229KB

シラサ越えルート図     伊吹山は近い     んがっ! ラッセルに負けた


ギッチャン  今晩は

孫の子守応援に行って風邪ひいちゃったのね
お互いこの歳になったら2週間のブランクは大きいね
週に1回まともな山歩き、週に3回はトレーニング里山歩きってパターンでないと本番はツライわ

冬の白猪谷からシラサ峠は伊吹山や瓶ヶ森のアクセスルート定番ですね
以前は登山口まで行けない様な積雪だったけど、最近は何とか登山口までは行ける様ですね

雪国ではないので雪道運転のプレッシャーがありますわ
いくら四駆の冬タイヤでも気が重いです

真冬の伊吹山・・・数年前に山頂付近まで到達するも、あと数十メートルのラッセルが出来ずに撤退した事があります
単独ラッセルは限度がありますわ

ヤマガツオさんやじいじさんの様に頼り甲斐がある山仲間がいるっていいですねえ

伊吹山情報 ありがとうございます

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/tozanki35-touonalps.html


27775.黒森峠から石墨山 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2017年02月12日(日) 22時34分
Original Size: 800 x 616, 162KB Original Size: 564 x 800, 158KB Original Size: 800 x 600, 161KB

@黒森峠からの道 油断して左に落ちると危険 A石墨名物の急坂 きつい! B稜線に上がると凄い霧氷

エントツ山さん、こんばんは
今日は同僚2人で黒森峠から石墨山に行ってきました。

大寒波が来て愛媛県南予地方の山間部は結構雪が降ったようですが、松山以東は大したことないようですね。
石墨山は新雪が20cm位で、気持ちの良い雪山歩きができました。
先行者がなく急坂部と山頂直下ではあえぎましたが、元気な相棒も遅れることなく3時間ジャストで登頂。

天気は今一で、一瞬青空が出ましたが、小雪がチラつくこともあり、石鎚方面の展望はありませんでした。
帰路は法師山にも寄ってきました。
せっかく雪が降ったのに、また今週気温が上がるようで、なかなか根雪になりませんね。



27777.Re: 黒森峠から石墨山
名前:弁天山    日付:2017年02月12日(日) 22時36分
Original Size: 800 x 610, 162KB Original Size: 800 x 597, 165KB Original Size: 800 x 608, 161KB

C一瞬青空が Dあまり大きくないけどブナ林もあります E途中の岩場 石鎚方面の展望なし

追加写真です。



27778.Re: 黒森峠から石墨山
名前:弁天山    日付:2017年02月12日(日) 22時41分
Original Size: 800 x 614, 151KB Original Size: 800 x 590, 160KB Original Size: 800 x 600, 164KB

F石墨山山頂 G法師山に向う ここの細尾根も切り立っています H石墨山全景が見られるのが黒森峠コースのいい所

さらに追加。



27791.Re: 黒森峠から石墨山→ いつかは東温アルプス縦走やで
名前:エントツ山    日付:2017年02月13日(月) 21時03分
Original Size: 900 x 437, 322KB Original Size: 375 x 500, 50KB Original Size: 375 x 500, 50KB

 いつかは東温アルプス縦走うやで   黒森峠への細尾根 (雪が積もるとヤバいよヤバいよ〜)


弁天山さん  今晩は

石墨山も雪が降ると面白い場所になりますねえ
あの急登り・・・雪が無くても大変なのに・・・

私も黒森峠〜割石峠〜東温高校小屋までを歩いた事がなくて、リップさんのお友達が滑落したって聞いた後にどんな場所か見てみたくて引地山から歩いたわ

泉保さんの石鎚山・東赤石山の地図は西の引地山〜皿ヶ峰から東の野鹿池山〜黒滝山まで網羅されている。この優れもの地図でイメージをトレースし「引地山〜黒森峠」を歩いた
前半の電動自転車電池切れが響いて石墨山手前で引き返したのがちょっと心残りやった

弁天山さんはまだ若いから退職までに一度この縦走をやってね


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/tozanki35-touonalps.html


27774.天道ヶ頭(てんどがとう) 返信  引用 
名前:ヘキチョウ    日付:2017年02月12日(日) 22時24分
Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 160KB

エントツ山さん こんばんは

笠松山から北西にどかんと座った大きな塊、標高も笠松山より高そうなのに
あまり知られていない山ですが、最近山名を知りました。

はるちゃんは当然登っておられ、2005年に初めて登り、そのあと山麓にある多岐神社の
奥の院とその磐座のフスベ岩を尋ねて、探検しています。

それを見て非常に興味をそそられ、昨日は天道ヶ頭の北側を走る多岐神社から窓の峠あたりを経て
玉川の谷山川沿いを走る林道を、ママチャリで走ってみました。

そして今日は久しぶりに休みを取れた主人に、無理矢理天道ヶ頭に連れていってもらいました。
「お山に行こう」さんが2011年に行ったコースで登りました。数年経っていますが、風景も道の様子も
変わりなかったです。

笠松山から見た天道ヶ頭
林道金山線入口から1・5キロ 登山口
東は桧の植林 西は自然林の尾根を歩く ねじれた木に出会う                                                 

 

                         



27776.Re: 天道ヶ頭(てんどがとう)
名前:ヘキチョウ    日付:2017年02月12日(日) 22時34分
Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 160KB

登山道はあまりかわり映えするものはありませんでしたが、下山後林道の終点で
以前鉱石を採掘していた跡地を散策しました。そこに生えていた竹が圧巻でした。

昨日の林道からのシュールな風景

同じく林道から この赤テープは?

山も面白いけど地元の林道も変なものがいっぱいで楽しいです。



27781.Re: 天道ヶ頭(てんどがとう)
名前:エントツ山    日付:2017年02月12日(日) 23時55分
Original Size: 1024 x 635, 164KB Original Size: 400 x 299, 38KB

天道ヶ頭(てんどがとう) 二等三角点「古谷」 はるちゃんが苦労して辿りついたフスベ岩

ヘキチョウさん  今晩は

天道ヶ頭(てんどがとう)へ行ってきましたか
地元の山を探索するのが健康的で有意義で面白いでしょ?
平成17年の冬にはるちゃんもこの天道ヶ頭(てんどがとう)にハマりましてレポを頂きましたわ

そして、この辺りにある石灰岩の「フスベ岩」を当時お元気だった相棒、楠さんと苦労の末に発見されて大喜びをした事を思い出します

確かリップさんもこのフスベ岩へ行った様な記憶が・・・

はるちゃんが当時以下の愛媛新聞の記事を抜粋されてました

『旧越智郡朝倉村.現今治市古谷』
川上巌(かわかみのいわお)高さ2丈、幅3丈は、同市の頓田川支流.多伎川の上流にある多伎神社の奥まった山頂近くにある巨岩のことで『フスベ岩』とも呼ばれた。

昔から日照の時.この岩の前で木葉を焼いてふすべる(いぶす)と必ず雨が降るとされ.雨乞いの神として崇敬された。江戸時代には今治藩の祈願所となり.雨乞い神事の際には藩から多伎神社および川上巌に使節の参拝があったとされる。」

金山地区には昔、銅山があったんですねえ

色んな事に興味を持って寒さに負けず歩き回って下さいよ


エントツ山


http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h17nen2gatsu.html


27770.犬返尾根からの周回 返信  引用 
名前:伊予の鈍亀    日付:2017年02月12日(日) 20時37分
Original Size: 457 x 800, 164KB Original Size: 800 x 449, 144KB Original Size: 800 x 449, 164KB

エントツ山さん 今晩は〜

今日は寒波襲来との事で、高い山は雪で厳しいかと、
いつもの近くの山を歩いて来ました。

犬返の尾根には殆ど雪はなく、串ケ峰は真っ白、沈砂池の手前位からうっすらと足跡が分かる位、
上部鉄道跡は予想より少なめでしたが谷筋は滑り易い所もありました。

予想より雪も少なく、楽勝!かと安心して東平で食事していると、
急にボタン雪が降りだしてきました。

雪が降りしきる中、一の森へと向かいました。
三角点(東平)は薄の中に見つかり、一安心。

一の森(832メートル)は山としては低いですが、下るとなると大変でした。
凍った斜面はズルズル滑って足の置き場が中々なく、最も恐ろしかったのが、
最後の崖状の斜面の下りでした。滑りながら下の尾根道に下りました。
寿命が3日縮まりましたよ。

その後、尾根を外れ鉄塔巡視路の方へ下ってしまい登り返したりと時間ロス。

なんとか遠登志に着いたけれど、その後長い歩きが待っていました。
8時間30分の行程でした。

写真1;沓掛山、黒森山
  2;東平第三の広場



27771.Re: 犬返尾根からの周回
名前:伊予の鈍亀    日付:2017年02月12日(日) 20時41分
Original Size: 800 x 449, 156KB Original Size: 800 x 449, 164KB Original Size: 800 x 449, 165KB

写真1;三角点(東平)
  2;雪の一の森を行く
  3;一の森尾根風景



27773.Re: 里山だらけの香川県です
名前:エントツ山    日付:2017年02月12日(日) 22時07分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 163KB

我拝師山から筆ノ山と香色山(奥に飯野山など) 我拝師山から禅定寺、中山、火ノ山  ペーコちゃんのGPSを使用


伊予の鈍亀さん  今晩は

先日はチチ山〜笹ヶ峰ではお世話になりました
今日の香川県は比較的穏やかな天気でしたが、やはり愛媛の山はまだ厳しそうですね

今日は元々、堂山夕暮れ隊の皆さんと笹ヶ峰の南尾根へ行く予定でしたが、冬型気圧が続くので水曜日に延期しました
伊予の鈍亀さんが貼ってくれた雲に覆われた沓掛山方面の写真を見ると、今日行かなくて正解でした

この荒れた日に寂しい東平まで足を延ばしましたか
一ノ森から下る尾根は冬場でなければ至極簡単なのですが、やはり凍結があると危ないですね
さしずめ私なら10回程スッテンコロリンをやってますわ

香川に居ると愛媛や徳島の雪山イメージが全く湧いてこないです
冬場でも里山が歩き放題なのでお手軽ですね

愛媛の山だと例えば熊鷹山へ行って9時間程歩いても山頂は熊鷹山だけです
香川の里山では4時間歩けば5山制覇となりますわ
まあ 逆に言うと香川の登山者は普段里山歩きに慣れ親しんでいますので長い歩きや厳しい歩きに弱いって事でもあります

やはり里山は縦走に活路を見出さないとチョコマカ歩きではダメですね

エントツ山
 
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishisonotatakataru6thfeb2010.html



ページ: |< << 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb