[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





34233.千羽ヶ岳(愛媛県) 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2021年02月01日(月) 11時49分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB

国道11号線から見た千羽ヶ岳  千羽ヶ岳から国道11号線を見る  三角点「千羽ヶ岳」


白猪の滝から帰りに国道11号線から中山川を隔てて見事な岩峰が見える
千羽ヶ岳と言われる岩山です

勿論、手前には深い中山川があり、絶壁の為に裏口入学となります
以前、はるちゃんからレポを頂いた事があり、この岩峰の三角点を訪問する

時間は2時間程しか余裕が無かったので高速道路の横から尾根に取り付いた

尾根まで這い上がればテープもあり歩くのに問題はありません

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-1gtakahachi.html



34234.Re: 千羽ヶ岳(愛媛県)
名前:エントツ山    日付:2021年02月01日(月) 11時57分
Original Size: 754 x 900, 163KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 160KB

千羽ヶ岳 GPSログ図   取り付きは高速道路のトンネル口  沢が藪も無く歩き易く、途中から尾根に這い上がる


国道11号線沿いに車を停めて、高速道路の千羽ヶ岳トンネルまで舗装林道を歩く
ここは車の離合が出来ないほど狭いので歩くのが正解
途中、橋がありショートカットで対岸に出れます

高速道をの下を潜って、トンネル口に入ると沢があり、それを伝って少し中へ入る
沢の途中から右手の急な斜面を尾根筋へと取り付く

尾根に上がれば、はるちゃんが歩いた登山道と合流して後は尾根伝いに千羽ヶ岳まで・・・

展望岩からの眺めは迫力がありました

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-1gtakahachi.html



34273.Re: 千羽ヶ岳(愛媛県)
名前:ヘキチョウ    日付:2021年02月07日(日) 20時39分
Original Size: 640 x 480, 158KB Original Size: 480 x 640, 152KB Original Size: 640 x 480, 157KB

田植え機で遊ぶアホな人     高所恐怖症でなくても怖い     イタチ?発見

エントツ山さんこんばんは。

掲示板に載せて頂いた道で、登らせて頂きました。

以前行きたいと調べたのですが、どこに車を置いて歩くべきかよくわからなかったので、そのままになっていました。里山は意外に駐車に苦労します。よくわかる地図をありがとうございました。

スタートからすぐ沢沿いの道を歩きます。絵になる感じの良い沢でした。イタチ(ですよね?)に会えてラッキーでした。



34277.Re: 千羽ヶ岳(愛媛県)に行ってくれたのね
名前:エントツ山    日付:2021年02月07日(日) 22時29分
Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 165KB

中山川の支流、大杉谷みたいだった ピストンする時のセルフ道しるべ 山頂から松山方面

ヘキチョウさん
アトリエBBパパさん   今晩は

お〜〜 あの地図で行って来れたのね
正規の登山道はもっと奥からあるみたいなんだけど、あの狭い林道をいくら交通が少ないっても行き合った事を考えると歩く方が気楽ですよね

それに中山川の支流が深い谷で美しかった
一ヶ所渕があったけど、和歌山の大杉谷の様だったわ

高速トンネル口から入った沢筋・・・あそこから尾根への這い上がり傾斜は半端じゃなかったよね
まあ木が沢山生えてたから上りも下りも気が楽でした

トンネル上の尾根に取り付いて、メインの尾根へ合流する
問題は帰りに這い上がった尾根へ進む様に目印を付ける事です
私は色んな方法の中で、ストックで地面に矢印を付けるのが一番良いと悟りました

丸い尾根のピークから進む方角にも印を付けておきます
行きと帰りの景色が違うから目の記憶はアテになりません
地面に矢印を(あるいは線を)付けるに限ります

やっぱり地図は参考になるよねえ

ヘキチョウさん達はよく動物と遭遇しますねえ
私なんか目が悪いから会っても挨拶出来ないし、写真など撮れません

林道でウサギや鹿やキジが車の前を走っているのを見る位です

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-1gtakahachi.html


34262.蓮光寺山周辺、お世話になりました 返信  引用 
名前:keitann    日付:2021年02月06日(土) 22時02分
Original Size: 800 x 600, 181KB Original Size: 1013 x 570, 134KB Original Size: 1280 x 720, 168KB

エントツ山さん、こんばんは。

今日は今まで行ったことのなかった蓮光寺山、国分台、五夜嶽辺りを
案内してくださってありがとうございました。

天気も上々すぎるぐらいで、里山にはもったいないような上天気でした。
ぜんざいがだぶったりと、いろいろありましたが、全体的に私たちの
おやつ山行にもお付き合いいただいて有難く思ってます(^^;)

あれだけの食のための装備を持参されるのはすごいです、やっぱり
エントツ山さんならではですね。車のデポも大変お世話になりました。

今日も楽しい山行にしてくださったこと、感謝しています。


山でパンを焼く人を初めて見ました


滅多に見られない絶景


下山後に道端でお茶会



34264.Re: 蓮光寺山周辺、お世話になりました
名前:エントツ山    日付:2021年02月07日(日) 00時29分
Original Size: 692 x 900, 165KB Original Size: 900 x 506, 162KB Original Size: 900 x 506, 157KB

2月6日蓮光寺山〜国分台ログ図   蓮光寺山   国分台防火帯から蓮光寺山、鷲の山、火の山


keitann さん  今晩は

自家製ぜんざい、ありがとうございました
蓮光寺山〜三角点国分台ルートは歩けば歩くほど色んなルートを発見出来て面白いです

堂山もそうですが、自宅から近くにある山は気軽にルート探索が出来るので楽しい存在です

今日は予想外の烏帽子岳採石作業の為に稜線の藪歩きになりました
まあ、あそこにも歩ける藪尾根が有る事が分かり良かったです

それと国分台防火帯への途中で、細い綱やテープで五色台温泉方面へ下がるルートを見つけて、これも成果でした

登山道の無い藪山には色んな踏み跡があって、それを辿るのは興味深いです

中央の山、高い山へ行けない時は里山歩きで山と触れ合っていたいものです

エントツ山  

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-1gtakahachi.html



34271.Re: 蓮光寺山周辺、お世話になりました
名前:え〜ちゃん    日付:2021年02月07日(日) 10時08分
Original Size: 640 x 480, 96KB Original Size: 640 x 480, 81KB Original Size: 640 x 480, 74KB

エントツ山さん、keitannさん、おはようございます!

昨日はトリオの皆さんとの里山藪歩きに同行させて頂きありがとうございます。
さすが、エントツ山さん・・リュック一杯の荷物にはありとあらゆる喪にが出て来ましたねぇ〜パン焼く網からぜんざいをすくう、おたままで・・
しかし昼食広場とは見事な名前ですねぇ〜急登の藪を越えると広い平らな広場が〜(^^♪・・楽しい昼食でした!山でのぜんざいは大変美味しいですね〜初めてです!
連光寺山から国分台へは初めてでしたから楽しませて頂きました!
ありがとうございました<(_ _)>
keitannさん、reikoさん、童港させて頂きありがとうございました!
また機会が有ればご一緒しましょう〜(^^)/

急登から〜こんな所に龍王宮が〜?
http:/



34272.Re: 蓮光寺山周辺、お世話になりました
名前:reiko    日付:2021年02月07日(日) 16時07分
Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 50KB

エントツ山さん、皆さん!
昨日は楽しい一日をありがとうございました

おかげ様で一人では難しい「国分台・四等三角点」をGet出来
今年の冬場の目標が達成出来、感謝です。
しかし面白いルートでしたね
こんなルート、私はよう考えません・・・・

また、どこかご一緒させて下さいね

大変お世話になりました

連光寺山をバックに・・・
連光寺山山頂
道無き道を進まれるエントツ山さん

http://natsumomohana.lovesick.jp/



34276.Re: 蓮光寺山周辺、お世話になりました
名前:エントツ山    日付:2021年02月07日(日) 21時58分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 506, 164KB

蓮光寺山から見えた狭箱山より  国分台三角点にて  昼食広場へ向かう急登


え〜ちゃん
reiko さん  今晩は

先週末が予定が合わずに今週やっと行けました
里山歩きには贅沢すぎる様な晴天でした
keitann さんは最後には半袖になっておりましたねえ

里山も工夫次第で面白い歩きが出来ます
又、手軽に何度も行けるので色んなルートを探したりするのも楽しみですね

2日前に下調べに歩いた時に落とした手袋をkeitann さんが見つけてくれたのですが、帰ってよく見ると、イノシシに齧られて指は無くなっているは袖が半分食いちぎられておりました
豚皮ですから同類で縄張り意識があったのかしら?

道の無い里山歩きって面白いですねえ

エントツ山

 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-1gtakahachi.html


34265.瓶ヶ森 返信  引用 
名前:kurenaikai    日付:2021年02月07日(日) 10時01分
Original Size: 800 x 533, 50KB Original Size: 800 x 533, 50KB Original Size: 800 x 599, 50KB

エントツ山さんこんにちわ。土曜日に東之川から瓶ヶ森に登ってきました。いつもならテント&小屋迫ですが今回は初めて日帰りだったので軽装で登りました。機材含めて10キロ以下でしたので予定より早く登り3時間半下り2時間かからずでした。道中の道は人工林を抜けるまで雪は無く、途中から少しづつ氷と雪が増えてきましたが問題なしでした。石鎚ビューポイントに着くとテント場は雪はほとんどなく女山迄の道も春山並みでした。山頂からの景色も雪は無く周りの山もほぼなしでしたが絶景が楽しめました。空撮しても雪がないのがわかりました。気温も10度以上と暖かく、途中半袖Tシャツで男山まで行きました。ここからも景色はきれいでしたが春山でした。帰りはぐるっと一周して元来た道を降りていきました。今回会った人は若い人一人だけでした。



34266.Re: 瓶ヶ森
名前:kurenaikai    日付:2021年02月07日(日) 10時01分
Original Size: 800 x 533, 50KB Original Size: 800 x 533, 50KB Original Size: 800 x 533, 50KB

道中の登山道もこの通りで雪は余りありませんでしたが沢の氷はとてもきれいでした。アニマルトレースが導いてくれます。



34267.Re: 瓶ヶ森
名前:kurenaikai    日付:2021年02月07日(日) 10時01分
Original Size: 800 x 533, 50KB Original Size: 800 x 533, 50KB Original Size: 800 x 533, 50KB

女山へ至る道も山頂の方は少しだけ霧氷がありますが笹原はほぼ皆無でした。



34268.Re: 瓶ヶ森
名前:kurenaikai    日付:2021年02月07日(日) 10時02分
Original Size: 800 x 533, 50KB Original Size: 800 x 533, 49KB Original Size: 800 x 533, 50KB

笹ヶ峰平家平方面も南面は雪はありませんが、北面は雪があるでしょうね。石鎚は少しだけ雪化粧。



34269.Re: 瓶ヶ森
名前:kurenaikai    日付:2021年02月07日(日) 10時02分
Original Size: 800 x 599, 50KB Original Size: 800 x 599, 50KB Original Size: 800 x 599, 50KB

女山と男山を含めた空撮で見ると素晴らしい景色が。これで雪の大雪原だったら更に素晴らしいでしょうね。



34270.Re: 瓶ヶ森
名前:kurenaikai    日付:2021年02月07日(日) 10時03分
Original Size: 800 x 599, 50KB Original Size: 800 x 533, 50KB Original Size: 800 x 533, 50KB

男山から女山迄の登山道だけが雪の筋があります。瓶ヶ森駐車場も窪地なので真っ白でした。白骨林も健在です。



34274.Re: こちらはのどかな讃岐の「おむすび三兄弟」歩きでした
名前:エントツ山    日付:2021年02月07日(日) 21時25分
Original Size: 900 x 506, 151KB Original Size: 685 x 900, 165KB Original Size: 900 x 506, 163KB

おむすび三兄弟(蓮光寺山より) おむすび三兄弟周回図  長男の六ッ目山

kurenaikaiさん  今晩は

この時期の瓶ヶ森は値打ちありますねえ
雪が少ないのは絵的に少し残念でしたが、東之川からよく歩かれました
写真を拝見しますと、さすが石鎚だけは雪を纏っておりますね

上り3時間半、下り2時間弱だなんてすこしその体力分けて欲しい〜〜

空撮の瓶ヶ森は同じ隆起準平原の三嶺に良く似ておりますねえ

こちらは香川の里山でのんびり暮らしております
今日は我が第二の故郷(今住んでいる所)国分寺のトレーニング場所、
その名も「おむすび三兄弟」ってキレの無い名前でしょ?
これを昼から歩いておりました

この三座をイノシシ街道からスタートして長男「六ッ目山」次男「伽藍山」三男「狭箱(はざこ)山」周回して参りました

里山とは言え、何せおむすび型ですから急登ですわ
いいトレーニングになります

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-1gtakahachi.html



34275.Re: おむすび三兄弟
名前:エントツ山    日付:2021年02月07日(日) 21時35分
Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 675 x 900, 165KB

次男の伽藍山はやんちゃで修験者の山、石土神社もあります  三男の狭箱山は展望の山です

一月はそこそこ雪がありましたので3度程雪山へ登りました
さて、2月の後半に寒波が来る事を期待します

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-1gtakahachi.html


34260.淡路島へ 返信  引用 
名前:ナッチー    日付:2021年02月05日(金) 21時58分
Original Size: 900 x 791, 163KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 164KB

エントツ山さん こんばんは

先日は「坂出カッパドキア&五夜嶽」お世話になりました。

前日の下見、当日の滑りそうな岩場ではロープまで張っていただき
 (344男爵とお二人だったら要らなかったでしょう・・・)
お蔭で安全に楽しい山行が出来ました
有難うございました

昨日は山と元気の会19名で
 楽々プラン「諭鶴羽山縦走・灘黒岩水仙郷」で行って来ました
ダム湖(裏参道)登山口〜諭鶴羽山頂〜神社境内で昼食〜(表参道)下山口へ
移動して水仙郷で斜面に咲く水仙を見て来ました

晴れを期待していたのですが曇りで頂上からの展望もなく、密を避けて境内で寒さに震えながらの昼食タイムでした

水仙は見ごろの斜面もありましたが一面に広がる水仙のじゅうたんは見られなかったです・・

昨日は兵庫へのバス旅だったので
今日は皆さんにお会いしない自粛ルートで堂山へ行って来ました

当日のログです
2,3枚目合わせて(夫が写した写真)1等三角点が分かると思います
  



34261.Re: 淡路島へ
名前:ナッチー    日付:2021年02月05日(金) 22時03分
Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB

諭鶴羽神社 本殿
斜面に咲く水仙です

 



34263.Re: 天満宮と牛
名前:エントツ山    日付:2021年02月06日(土) 22時43分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 1024 x 663, 165KB

  綱敷天満宮の牛    今日の昼食広場では「keitannぜんざい」 下山は神谷ダムへ 


ナッチーさん
型落ちフェニックスパパさん  今晩は

淡路島・灘黒岩水仙郷の水仙 ありがとうございました
今年は少し迫力が無いとの事ですが、私は未だ行った事がありませんので海と水仙は情緒があると思います

諭鶴羽山(ゆずるはさん)は標高607.9mは淡路島の最高峰って事ですから淡路島自体は面積が広い島の割にはなだらかなんですねえ
ユズリハが多い事から名付けられたらしいですが、読みにくい当て字です

昨日は先日型落ちフェニックスパパから写真レポを頂いた堂山登山口の一つ「綱敷天満宮」の梅を344軍曹、え〜ちゃんと下山して見物してきました
紅梅は未だ咲いていませんね
天満宮に祀られている菅原道真公の誕生日が丑年と言う事で天満宮には牛が2体置かれていました

今日は keitannさん、 reikoさん、え〜ちゃんを案内して蓮光寺山〜三角点「国分台」を歩いて来ました

下山は我々が激下りした高結神社への藪コースを避けて、反対側の神谷側のダムコースで下山しました

例によって自分が貼ったテープがわからず keitannさんや reikoさんに見つけて貰いながら歩きましたわ

昼食広場では今日もポカポカ陽気でぜんんざいを頂きました

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-1gtakahachi.html


34241.寒風山&貝渚山〜笠取山〜ウバホド山 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2021年02月01日(月) 23時13分
Original Size: 900 x 597, 164KB Original Size: 900 x 610, 165KB Original Size: 900 x 600, 164KB

@すばらしい青空に山が映える
A展望台にて 今度は伊予富士に挑戦?
B山頂までもう少し


エントツ山さんこんばんは。

少し仕事が落ち着いてきたので、今週末は土日2日間とも山に行ってみました。
1/30土曜は、職場の雪山初めての若者を誘い、雪山入門の山、寒風山へ。
前々日に雪が降ったようなので、ジムニーで旧国道を登ったのですが、全く雪はなく、
ノーマルタイヤの2駆車でも行けましたね。

天気は良好で青空が広がり、風も大したことはなく、比較的暖かい登山日和でした。
以外にもこの時期にしては登山者が少なく、人気の山にも関わらず10人程度しか出会いませんでした。

期待した雪も薄く数p程度で少なく、気温が上がった下山時の南斜面は雪が融け、寒風山名物のドロドロのぬかるみ状態で、帰ってからの靴掃除が一仕事でした。

新人は、初めての雪山だったので、軽アイゼンを着けて登り、山頂まで2時間20分かかりました。
かなり慎重派の子で、滑るのが怖いので、下山時にはちょっとでも斜度があると、ストックで雪をつついてから足を置くような感じで登りとほとんど時間はかわりませんでした。
まあ、初めてですからねえ。何事も経験です。

とはいえ、この子は私の娘とあまり年が変わらないのですが、チャレンジ精神が旺盛で、付いてきてくれるので嬉しいものです。
それに比べ、私の娘など誘っても、「こんな寒い時期に、何で寒いとこ行かんといかんの!ノースフェイスのジャケットとパンツ買ってくれて(山にも行かないくせに、このブランドが大好き)、お金くれるなら考えてみてもいいかも(パパ活かい!?)」などとのたまう始末で、全くお話になりませぬ…

もっと多くの若い人達に四国の自然に親しんでもらいたいものですねえ(年寄みたいですが…)



34242.Re: 寒風山&貝渚山〜笠取山〜ウバホド山
名前:弁天山    日付:2021年02月01日(月) 23時15分
Original Size: 900 x 630, 161KB Original Size: 900 x 615, 161KB Original Size: 900 x 594, 164KB

C寒風山山頂にて
D裏寒にも寄ってみる 霧氷びっしりでした
E初めてなので、ちょっと怖かった



34243.Re: 寒風山&貝渚山〜笠取山〜ウバホド山
名前:弁天山    日付:2021年02月01日(月) 23時27分
Original Size: 600 x 900, 162KB Original Size: 900 x 621, 162KB Original Size: 589 x 900, 164KB

Cミズナラの巨木
D貝渚山山頂にて
E天気も回復し青空も出てきた

翌31日の日曜は、いつもの今治山岳探検隊のI副隊長と、内子町(旧小田町)の小田深山渓谷から林道経由で、大川嶺山系の貝渚山〜笠取山〜ウバホド山に行ってきました。

天気予報では前日よりかなり気温が高いとのことで、雪も霧氷も全く期待していませんでした。

小田スキー場まで上がる県道も全く雪がなく、スキー場を超えるとちょっと雪がある程度で、チェーンのかかった渓谷横の林道入口に駐車してスタート。
林道は日陰以外ほとんど雪はなく歩きやすかったのですが、登山口まで林道を1時間弱歩かねばならず、これがこのコースの難点です。

内子町が整備した登山道がここから笠取山まで続いており、道中の笹もきちんと刈られており整備が行き届き歩きやすかったです。(刈られたのは小田ハイキングクラブさんでしょうか?)

標高を上げると、予想に反して雪も出てきて(どうも前夜にちょっと降った様子)、霧氷もだんだん大きくなってくる。
貝渚山まで登ると、笠取山まで続く伸びやかな稜線の北斜面は霧氷でびっしり!予想外の光景で得した気分になりました。
I氏などは狂喜されて、「何でこんな穴場が知られていないんだあ〜!」と叫んでいましたよ。
昨日は当然ながら踏み跡はなく、誰1人会うこともありませんでした。

稜線はよく陽が当たるので、かなり雪が融けていましたが、所々北斜面に入ると雪がそこそこあって楽しめました。
そのうち青空も出てきて、霧氷が美しい。
陽が当たると今度は大量の霧氷がバラバラ落ちてきて冷たい。

出発から3時間弱で笠取山山頂到着。
よく陽の当たる山頂付近はほとんど雪もなく、次は斜面を適当に下って北斜面が霧氷で白いウバホド山に寄ってみることに。

驚いたことに、ここでも小田ハイキングクラブが笹を刈って道をつけてくれているではないですか。
4,5年前の冬に笹を掻き分けながら苦労して行った時とは段違いの楽さでありがたい。(前回は美川スキー場跡から、この掲示板でレポ)
ただ、この登山道はこの山の北斜面にあるブナ林側ではなく、笹の南斜面側に付いているので、ブナの霧氷を見落としがちになりますね。

ウバホド山の帰りに北斜面のブナ林に入ってみると、気温が上がりかなり霧氷が落ちてはいましたが、前回見つけた美しいブナの巨木に再会することができました。

今回想定外ではありましたが、I氏にも喜んでもらい案内しがいのあった山でした。
1時間弱の林道歩きがなく、登山口まで車が入れれば、標高差も大したことないし、もっとメジャーになるコースですね。(香川方面からはちと遠いですが)



34244.Re: 寒風山&貝渚山〜笠取山〜ウバホド山
名前:弁天山    日付:2021年02月01日(月) 23時29分
Original Size: 900 x 627, 163KB Original Size: 900 x 617, 163KB Original Size: 900 x 648, 160KB

F千手観音のようなブナ
G笠取山が近くなってきた
H笠取山山頂にて



34245.Re: 寒風山&貝渚山〜笠取山〜ウバホド山
名前:弁天山    日付:2021年02月01日(月) 23時30分
Original Size: 900 x 668, 163KB Original Size: 900 x 649, 164KB Original Size: 900 x 522, 153KB

I眼下に見えるウバホド山
Mウバホド山のブナの巨木 バックは大川嶺
Nトレイル案内図



34250.Re:こちらは下兜山へ
名前:エントツ山    日付:2021年02月02日(火) 18時56分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB

下兜山の山頂祠  下兜山から二ッ岳〜エビラ〜黒岳〜日本(二本)石 下兜から上兜


弁天山さん  今晩は

二連荘で雪山でしたか

私も仕事が充実している時は山歩きも気合入ってましたわ
初日の顔は例によってニヤケてますよ! もっと上司として厳しい顔つきでおらんとシメしが付かんぞなもし!!

土曜日に下兜山から上側の白い山々を見上げながら (今日は霧氷見ている人がいるんだなあ・・・) って思ってました

寒風山はポピュラー過ぎて嫌う人が居りますが、寒風山ほどアクセス、標高、安全性、景色に恵まれた山はそう多くはありませんねえ
どんどん若者を山に誘って下さい

ジムニーシェラ調子いいですか?
最近特に町で見る事が多いですね

貝渚山〜笠取山〜ウバホド山は今治探検隊松山支部長Iさんとでしたか
予想外の霧氷でIさんのテンションが上がった様子 眼に浮かびますわ

写真のスマした顔はクールなんだけど、結構話すとハイテンションで面白いですね

確かに大川嶺は高松から遠いです
ツルギミツバツツジのシーズンにテント泊をして星空撮影などをしたいですねえ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-1gtakahachi.html



34255.Re: こちらは伊予富士
名前:アカリプタ    日付:2021年02月02日(火) 20時59分
Original Size: 600 x 450, 168KB Original Size: 573 x 430, 158KB Original Size: 702 x 395, 161KB

@直下より伊予富士を見上げる
A青空に映える霧氷
B霧氷越しに寒風、笹ヶ峰

エントツ山さん 弁天山さん こんばんは

弁天山さんがお嬢さまと寒風山に登られた30日の土曜日、私は伊予富士でした。
やっとスタッドレスを履かせて準備万端、旧寒風山トンネル南口の登山口に向かったのですが、
登山口まで雪や凍結もなく、履き替えたタイヤも活躍することなく着きました。
出発する直前にブルーのジムニーが到着し、ご挨拶をして登り始めたのですが、どこかでお会いしたような....
そういえば、エントツ山さんの掲示板で見た弁天山さんの車は、確かブルーのジムニーだったような。
まあ、どこかでお会いできるだろうと、そのまま登ってしまいました。
桑瀬峠で伊予富士か寒風か迷いましたが、昨年1度も登っていなかった伊予富士に登ることにしました。
ということで、弁天山さんには、その後お会いできませんでした。

この時期にしては、雪も霧氷もちょっと物足りなかったですが、今シーズン、3度目の霧氷散策でやっと青空。
気持ち良く歩くことができました。



34256.Re: こちらは伊予富士
名前:アカリプタ    日付:2021年02月02日(火) 21時03分
Original Size: 666 x 500, 225KB Original Size: 533 x 400, 128KB

C工事中の登山口
D弁天山さんのジムニー?

寒風山の登山口は現在工事中で、トイレの前辺りは大きく掘られて、上側の駐車場はなくなっていました。
なので、下側の駐車場に15台くらいと駐められるのと、あとは笹ヶ峰への分岐の所に駐めるようになっていました。
工事が終わるのは今年の秋のようなので、登山者が増える春以降はしばらく不便ですね。



34257.Re: 絶景かな
名前:エントツ山    日付:2021年02月03日(水) 05時33分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 675 x 900, 163KB Original Size: 900 x 675, 163KB

下兜山から新居浜市を眺める  千羽ヶ岳より桜三里を眺める 五夜嶽から坂出市を眺める

アカリプタさん  おはようございます

伊予富士に行かれたんですね
寒風茶屋の前、大胆に掘り返しておりますねえ
一体何の工事なんでしょう?

ジムニーは660ccなのに立派なガタイしてますねえ
アカリプタさんの黒っぽいロッキーも締まってカッコいい車ですわ

でも、その調子で走っているとすぐに10万キロになりますぞ
ビーゴの方が足回りがしっかりしているイメージですが、ロッキーも遜色が無いのでしょうかねえ

「冬タイヤ 雪道知らず 春が来る」
今年も冬タイヤに換えてから一度だけ大永山トンネル付近を走っただけで終わりそうです

標高が低くても南嶺の様に絶景が楽しめる低山が沢山ありますね
こちらは下兜、千羽ヶ岳、五夜嶽でそれなりの絶景を楽しんでおりました

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-1gtakahachi.html



34259.Re: 寒風山&貝渚山〜笠取山〜ウバホド山
名前:弁天山    日付:2021年02月03日(水) 23時09分
Original Size: 900 x 634, 165KB Original Size: 642 x 900, 165KB Original Size: 900 x 631, 164KB

アカリプタさん、こんばんは!

あれ?ごあいさつしたのはあなたでしたか!気が付かず申し訳ありませんでした。
雪山新人を連れていたので、今回は伊予富士ではなく寒風にしました。
もし伊予富士に連れていってたならば、帰りの山頂直下の下りで、新人がフリーズして大変なことになっていたかも…

そうです。あの青いジムニーの写真は私のです。
現行ジムニーでブルーは一番人気がないらしく、日頃から、嫁と娘とI氏からは何でそんな色にしたとなじられますが、私は気に入ってます…

ロッキー乘られているのですね!
もし私が今、普通車を今買うなら、このロッキーです。
税金の安い1000tターボ搭載で良く走る数少ない5ナンバーSUVで、最低地上高も180oありますね。
中身は全く同じの売れまくっているトヨタのライズよりロッキーのほうがかっこいいです。

ジムニーは鈍足で狭く、なおかつ燃費がリッター11qしかなく、ちょっと後悔している部分もありますが、気長に乗ってみます。
私もジムニーの納車と同時にアルミホイール付きのスタッドレスを6万円もかけて購入したのですが、今年の冬はノーマルタイヤでも行けるような暖冬ですね。

スタッドレスの性能が活かせるよう、もう一発寒波が来ることを期待しています!(こんなことを職場で言う変人扱いですが…)


34247.坂出カッパドキア&五夜嶽 返信  引用 
名前:ナッチー    日付:2021年02月02日(火) 16時56分
Original Size: 900 x 635, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB

エントツ山さん こんにちは

今日は近場で厳しい楽しい山行を有難うございました
昨日は下見までして頂いて感謝!感謝!です
お蔭で厳しいながらも無事に登れました

当日のログ ログを見ていると楽しくなります
坂出カッパドキア ミニモアイもありましたね
五夜嶽直下 崖っぷちに立っています

            型落ちフェニックス



34248.Re: 坂出カッパドキア&五夜嶽
名前:ナッチー    日付:2021年02月02日(火) 17時02分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB

続けて写真を追加させて下さい

豪華昼食会場(五夜嶽山頂)
五夜嶽散策
岩場(ここを直登)

      型落ちフェニックス



34249. 鍋焼きうどん係
名前:344号    日付:2021年02月02日(火) 18時22分
本日のメニュー

ゆでめんは さぬきで1番 坂出 日の出うどん

だしは 北前船で運んできた 北海道りしりのこんぶ・伊吹島は日本一

大羽煮干し 醤油は小豆島産 酒は名高きガイジン

肉はオリーブ豚 玉子は讃岐コーチン ねぎの京都九条ネギシュンギクは

無農薬で有機栽培 殿みずからてしおにかけて貸農園で育てたものじゃ

びみであったであろう      うそ

まだまだ若いもんに負けんど会登山クラブ食事係

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-1gtakahachi.html


34252.Re: 坂出カッパドキア&五夜嶽
名前:エントツ山    日付:2021年02月02日(火) 21時23分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 165KB

「堂山のトレーニングがここで生き」   「カップルは女性の方が皆元気  」「御大師が修行した地でうどん食い」


ナッチーさん
型落ちフェニックスパパさん
344和食料理長殿      今晩は

今日はお疲れ様でした
無事で何よりでしたねえ

終始道の無い所を歩いて達成感がありました
坂出カッパドキアから五夜嶽の崖傍を山頂部まで行き
344料理長の手配で野外うどん会食
その後、岩屋寺まで直滑降!!    痛快でした

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-1gtakahachi.html



34253.Re: 坂出カッパドキア&五夜嶽
名前:エントツ山    日付:2021年02月02日(火) 20時40分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB

「ニセモノをどっちが上だと岩談義」 「ノコギリは邪魔になるよと置いて来た」「前日に貼ったテープを連れに聞き」


坂出カッパドキアも国分寺カッパドキアもまあ言えばどっちもニセモノなんだけど、やっぱり国分寺の方が格が上じゃねえ

「枝で通れない〜 誰か ノコギリ持って無い?」「ありゃ〜 登山口で女房がそんなの邪魔になるだけよと言うので置いて来ました」

「昨日貼ったテープ その辺りにある筈なんだけど 見てくれる?」「ああ エントツ山さんの目の前にありますよ!」 そう言えば子供の時に勉強をしなかった3人は目が良かったんだ!

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-1gtakahachi.html



34254.Re: 坂出カッパドキア&五夜嶽
名前:エントツ山    日付:2021年02月02日(火) 20時57分
Original Size: 675 x 900, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 163KB

「我がザックうどん具材の他は無し」  「禁断の山で静かに万歳し」 「蝋梅(ロウバイ)の匂いがせぬと狼狽し」


私はモダンなピザを食べたいと言ったのに344料理長は密かにうどんに決めており、ザックの中身は食材だけだった

かの山はどこまで採石業者の権利地所かようわからんけど、かの山の山頂は居心地が悪い

下山途中でロウバイが風に匂いを飛ばしている 運転手の344兵站長は「ちっとも匂わんが〜」そこで全員マスクをしっかりと付け直した


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-1gtakahachi.html



34258.Re: ワイヤーの謎解き
名前:エントツ山    日付:2021年02月03日(水) 09時20分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 675 x 900, 164KB

坂出カッパドキア近くのワイヤー  滑車発動機残骸   五夜嶽岩場のワイヤー

型落ちフェニックスパパの地図を見ながらフト思いました
五夜嶽の岩場に張られていた太いワイヤーとその下に地図で古い車道跡の記載(幅の広い2本の破線)

どうもこれは東側の砕石場まで道路が無かった頃、採石を索道で下の道路まで下ろして、そこからトラックで運んでいたんじゃないでしょうかねえ

我々は坂出カッパドキアの上方にある水平道を辿って五夜嶽岩場の直下まで進みました。この水平道は途中で崩壊部などもあり破線通りに進めませんでしたが・・・

水平道から五夜嶽岩場に上がった場所の少し先に「車道跡」が地図上に延びてきております

この車道跡は以前歩こうと思いましたが、スズタケの大藪で全く歩く事すら出来ませんでした

とすると、坂出カッパドキア近くにあったワイヤーも別ルートで岩を下へ運んでいたと推測されます

里山も残された産業遺産を見ながら時代の流れを想像する事が出来ます

ここで追加の川柳

「里山で 古き時代の 謎を解く」

しかし男のロマンも家に帰ると台無しですわ
衣服から、ザックから、体から 木の葉や小枝がワンサカ 無限に落ちて来ます

「山のゴミ 家にばら撒き 大目玉」

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-1gtakahachi.html


34235.堂山ウオーク 返信  引用 
名前:344 里山に ゴー    日付:2021年02月01日(月) 14時21分
もうこれで おしまいにします いい地図ができたよー

少しでも堂山散策のお手伝いになれば し あ わ せ💛 



34236.Re: 堂山ウオーク
名前:344号    日付:2021年02月01日(月) 14時28分
Original Size: 667 x 900, 493KB

ちず



34237.Re: こちらは五夜嶽のルート探しやった
名前:エントツ山    日付:2021年02月01日(月) 21時20分
Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 675 x 900, 164KB Original Size: 675 x 900, 165KB

ここを上ったけどグループは無理か〜  ここもなあ・・・  眺めはいいのだが・・・



344徘徊軍曹 今晩は

お〜〜 大体堂山制覇に近づいたね
これでおしまいって事は無いぜよ!
三角点「石ヶ鼻」の尾根が残ってますぜ

今日は五夜嶽へ行ってました
何せ Kazashi さんが坂出カッパドキアのついでに五夜嶽の岩峰の様子を見て来てチョウダイ!って言うもんだから・・・

まあ皆さんに危ないマネはさせられませんので、安全ルートを探すのにムーチョ時間がかかりましたわ

花崗岩の岩壁は美しいのだけど、五夜嶽の岩はあんまり綺麗じゃないわ
続きは坂出カッパドキアへ行った時のお楽しみ

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-1gtakahachi.html



34238.Re: 五夜嶽
名前:エントツ山    日付:2021年02月01日(月) 21時28分
Original Size: 900 x 675, 153KB Original Size: 675 x 900, 163KB Original Size: 675 x 900, 162KB

ここを直登は厳しいね(出雲神社より)  ここも何だかねえ  う〜〜ん ビミョーなライン


坂出カッパドキアの後、五夜嶽に展望所があるかどうかを調べたいね
岩のテラスがあるかどうか・・・


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-1gtakahachi.html



34246.Re: さっそくの!
名前:kazashi    日付:2021年02月02日(火) 08時15分
エントツ山さん、おはようございます。

さっそくリクエストにお応え頂きありがとうございます。
五夜嶽の岩壁、下から見る以上にけっこう藪いた岩肌ですね。

花崗岩は年数が経つと赤茶けてくるといいますが、
(屋島の獅子ノ霊巌の辺りの岩肌も)
仰る通りあまりきれいではないですね。

それよりも岩壁までが藪・藪みたいで大変そうです。
何段もあった横道も気になりますが、今度レポートされたら
私もチャレンジしてみたいと思います。
http://kazashi.whitesnow.jp/


34251.Re: 五夜嶽
名前:エントツ山    日付:2021年02月02日(火) 19時43分
Original Size: 900 x 777, 248KB Original Size: 710 x 900, 248KB

五夜嶽 周辺図

Kazashi さん  今晩は


お蔭様で五夜嶽界隈を歩き回って凡その概要が分かってきました

坂出カッパドキアは大した所では無いね
私が偶然命名した「国分寺カッパドキア」の方がランク上です
でもさあ、シャレで名付けた国分寺カッパドキアなんだけど、地図に「坂出カッパドキア」があったのにはズッコケた

わたしゃトルコに悪いと思ってカッパドキアを取り下げたのに、地図に坂出カッパドキアと更に低レベルな場所に堂々と名前が付いているんだもんねえ

五夜嶽の岩峰は岩屋寺から簡単に行けました
水平道から上は安全ルートに仮テープを置いております
岩場に出て、色んなルートをトライしましたがちょっと危険な場所もあり、左へトラバースする安全ルートを探しました

テープは秋ごろまで置いていて、それ以降は取り外します

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-1gtakahachi.html



ページ: |< << 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb