[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





28710.黒戸尾根は登りも下りもきつい 返信  引用 
名前:高御位山    日付:2017年08月26日(土) 19時27分
Original Size: 768 x 1024, 79KB Original Size: 1024 x 768, 79KB Original Size: 1024 x 768, 79KB

 師匠、鈍亀さん、標高差2000mの黒戸尾根、ご苦労さんです。私は積雪期
には合宿で登ったことは有りますが、無雪期は黄連谷遡行時甲斐駒より下山
時に利用した程度でしたが、急俊で足に来ましたね。日本3急登の価値は十分に
有ります。70歳での縦走、本当にご苦労さんでした。頭が下がります。

1 甲斐駒の奥壁 
2 皇太子甲斐駒登山の為に新調した山小屋
3 甲斐駒の主の山小屋と碑



28711.Re: 黒戸尾根は登りも下りもきつい
名前:伊予の鈍亀    日付:2017年08月27日(日) 07時31分
Original Size: 800 x 450, 151KB Original Size: 800 x 450, 155KB Original Size: 800 x 450, 162KB

エントツ山さん 今晩は

我が師匠の師匠である高御位山さん、お久しぶりです。
お言葉をありがとうございました。

二枚目の写真の山小屋の写真ありがとうございます。
今も綺麗に残って居り、利用されているようでした。
今は、左側にテラスが作られており、私達はそこで夕飯を戴きました。
テラスからは鳳凰三山と小さな富士山がオベリスクの左下に見えて、感激しました。

これからもお元気でご活躍してください。

それから、エントツ山さん、書くのを忘れていたのですが、
早川尾根の中程にある「早川尾根小屋」ですが、数年前より無人の避難小屋として利用されているという事です。
今回、縦走の為に調べていて、それが判り、小屋泊装備からお泊り装備にせざる終えなかったという小屋です。
私達が、ザックの重量が増えてヘロヘロになった原因の小屋です。
これから行く人には気をつけて戴きたいですね。

写真1;七丈小屋のテラスから見た鳳凰三山と左下方に富士山
  2;甲斐駒頂上付近
  3;無人の避難小屋、早川尾根小屋

l



28713.Re: 黒戸尾根は登りも下りもきつい
名前:エントツ山    日付:2017年08月27日(日) 08時02分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 675 x 900, 163KB Original Size: 900 x 675, 162KB

黒戸尾根は梯子で良く整備されています   岩も足場が抉られています  早川尾根は予想以上に岩峰がありました


高御位山さん  おはようございます

黒戸尾根は標高差と言う面では立派な日本三大急登ですが、古くから信仰の山として良く整備されており北アルプスの西穂〜奥穂尾根の様な危険個所は皆無ですね

前半の美しい針葉樹林帯と後半の花崗岩と変化があり良い山ですわ
伊予の鈍亀さんも私も以前、北沢峠より甲斐駒ヶ岳と千丈ヶ岳をピストンしていたのですが、B級登山者のあこがれ「黒戸尾根」を歩いてみたかったのです

高御位山さんが遡行した黄蓮谷は黒戸尾根の北側に沿って刻まれる谷で最後は坊主中尾根と黒戸尾根の間を甲斐駒へ這い上がるんですね
現役時代にはこんな場所に入っていたんですねえ
高御位山さんの精悍な若い頃の写真を見ると山ヤの雰囲気満点ですわ

黒戸尾根や早川尾根は高御位山さんクラスのクライマーですとちょっと物足らない山域ではありますが50歳から山歩きを始めたエントツ山や退職後に始めた伊予の鈍亀さん達にとってはワクワクする場所でした

一方、鳳凰三山はコンパクトでベタな山ですが、これが実に花が豊富で味のある山でした
今回下ったドンドコ沢は荷物が重いと標準タイムで歩く事が困難でハードなアプローチです

「分をわきまえた上で少し背伸びする」 こんな山歩きをもう少し続けることが出来たらなあと思っています


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-senjyougadake.html



28715.Re: 皿ヶ嶺
名前:はるちゃん    日付:2017年08月27日(日) 21時23分
Original Size: 1000 x 636, 98KB Original Size: 1000 x 584, 98KB Original Size: 1000 x 663, 98KB

エントツ山さん伊予の鈍ガメさんご夫妻ご一行の皆さん南アルプスの遠征お疲れ様でした。
今日山から帰ってこの記事を読ませてもらいました、
いやー標高差2000mを15kのザックを背負っての歩きとは驚き入りました、
写真を拝見し改めて皆さんの実力に敬服しています。

大御所の高御位山さんは私達とお付き合いをさせて頂いた当初からもう既にエントツ山さんの芯の強さを見抜いていた眼力には之又驚いています。

今日は又皿ヶ嶺へ登りました大勢の登山者との出会いがあり賑やかでしたよ。

はるちゃん



28716.Re: 皿ヶ嶺
名前:はるちゃん    日付:2017年08月27日(日) 21時25分
Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 663, 97KB Original Size: 1000 x 663, 98KB

追加写真です



28720.Re: 黒戸尾根は登りも下りもきつい
名前:エントツ山    日付:2017年08月28日(月) 00時03分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 99KB

  ホウオウシャジン        タカネビランジ   高山チョウ・ベニヒカゲ


はるちゃん   今晩は

ホームグランドの皿ヶ嶺でしたか
私が皿ヶ嶺へ初めて行ったのは「ひとなさん」に皿ヶ嶺へ行けばヤマホトトギスとヤマジノホトトギスの両方を見れると教えて貰った14年も昔の事でした

それ以来、皿ヶ嶺は花の山、冬の山として度々訪れましたわ
はるちゃんの誕生会にみんなで集まった事も思い出します


こちらは伊予の鈍亀さんと初めてコラボして遠征に出かけて参りました
普段ハードな山歩きをされているスーパータートルズですので重いザックを背負った苦行を大いに楽しみました

全員ヘトヘトになって下山しましたが、それから鈍亀さん(♂)のトヨタ・ハイックスサーフの暴走機関車に乗って四国に帰ってきました

四国と違った景色や花を見るのは何とも感慨深いものがあります

高御位山さんの時代には食料や装備が今より数段重くて遠征は大変な苦労だったと思います
今はファインラック・ダブルウォールのテントが1.5kg、モンベル・ドームシェルターが800g、ツェルトが300gですから・・・

食料もお湯を注げばドライカレーやおこわが出来る時代ですから縦走ザック重量も15kg以内に収まります

はるちゃんも軽いザック、軽い装備で歩いて下さいよ〜


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa3.html


28714.高瀑 キレンゲショウマ 返信  引用 
名前:kurenaikai    日付:2017年08月27日(日) 20時56分
Original Size: 640 x 426, 177KB Original Size: 640 x 426, 68KB Original Size: 426 x 640, 106KB

エントツ山さんこんばんわ。キレンゲショウマが見たくなって高爆へと出かけてきました。林道は相変わらずの道でここを通ると必ずどこかが壊れます。林道終点から約1時間で高瀑へ到着。昨日の雨で水量は期待していましたが少なかったです。肝心のキレンゲショウマの黄色い花は少し見頃を過ぎていましたが綺麗に咲いている花も多く楽しめました。まだつぼみも多かったですよ。帰りにハプニングがありました。林道を降りて県道を進むとなんと橋の補修のため全面通行止め!警備員さんは四時頃までかかると言われたので仕方なく諏訪神社まで戻り神社で寝たり、周辺の保育所跡や民家の廃屋跡を見たりして五時間時間を潰して帰りました。
http://kurenaikai.bob.buttobi.net/



28719.Re: 高瀑や 水が無ければ ただの崖
名前:エントツ山    日付:2017年08月27日(日) 23時36分
Original Size: 768 x 1024, 164KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 768 x 1024, 100KB

 ドンドコ沢・五色ヶ滝が面白い滝でした  白糸の滝は少しガッカリ  南精進の滝は真ん中に釡がある

kurenaikai さん  今晩は



高瀑のキレンゲショウマ ありがとうございます
高瀑の滝は相変わらず水量が少ないですねえ
でも、この水量の少なさがあの四国一の大氷瀑を作るのですからまあ仕方ありません 夏場はこんなんで許してやりましょうよ

今回は鳳凰三山の下山ルートを滝見物のドンドコ沢を選びました
(他にも夜叉神峠へ下りたり、近場の尾根ルートも2つあるのですが)

上流部から五色滝、白糸滝、鳳凰の滝、南精進滝の4つがあるのですが白糸の滝を除いて素晴らしかったですぞ

何せ水量の多さは大峯の滝にひけをとりません
標高は高い場所にあるのですが、この水量だと全面氷瀑って事にはならない様な気がしました

道路工事で時間制限に遭いましたか ショックですねえ
行くときは早朝だったので看板を見逃したんでしょうか?
邪魔になる位大きな工事中の注意標識が欲しいですね

エントツ山
 
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa3.html


28701.黒戸尾根から甲斐駒へ行き、早川尾根を鳳凰三山へ縦走 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2017年08月26日(土) 10時36分
Original Size: 1024 x 993, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB

黒戸尾根から甲斐駒〜早月尾根〜鳳凰三山        黒戸尾根  


今回、干支の山でもあり日本百名山の鳳凰三山へ黒戸尾根から縦走してきました
伊予の鈍亀・亀ハメハ大王の70歳を記念して鈍亀さんの従妹で山仲間のザイフリボクさんも写真隊として参加して頂き3泊4日の山旅となりました

鈍亀さん達が念願の黒戸尾根をテント泊装備で這い上がり、鳳凰三山までの早月尾根は老骨に堪えました

日本三大急登の黒戸尾根は前半や刃渡りは「え? こんなものなの?」って印象でしたが、そこから後がこの尾根の真骨頂に重いザックが太ももを随分いじめ倒されました

七丈小屋から甲斐駒山頂までも岩の連続でキツかったのですが、駒津峰から仙水峠の長い下りで一苦労

そこから楽かと思われた早月尾根は長くてアップダウンが結構あり早月尾根小屋(現在は営業休止)に到着したのが夜八時過ぎ・・・夜歩きに慣れていない皆様にはご苦労をおかけ致しました

早川尾根小屋から高嶺ピークまでもこれまた思ったより時間がかかりましたが鳳凰三山へ到着時には青空と富士山が迎えてくれまして良いメモリアル遠征となりました

伊予の鈍亀さん(♂)にはご自身の70歳記念にも拘らず一人で長距離運転をして頂き大変恐縮でした


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-9-hijiridake-akaishi-arakawa.html



28702.Re: 黒戸尾根から甲斐駒へ行き、早川尾根を鳳凰三山へ縦走
名前:エントツ山    日付:2017年08月26日(土) 10時50分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 148KB Original Size: 900 x 675, 161KB

黒戸尾根の谷に架かる橋   七丈第一小屋のテン場から鳳凰三山   岩場の急登が続く


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-9-hijiridake-akaishi-arakawa.html



28703.Re: 黒戸尾根から甲斐駒へ行き、早川尾根を鳳凰三山へ縦走
名前:エントツ山    日付:2017年08月26日(土) 10時54分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 157KB Original Size: 900 x 675, 164KB

 修験者も下りて来る         ライチョウ現る     やっと甲斐駒にとうちゃこ〜

甲斐駒山頂はガスで何も見えず

エントツ山      

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-9-hijiridake-akaishi-arakawa.html



28704.Re: 黒戸尾根から甲斐駒へ行き、早川尾根を鳳凰三山へ縦走
名前:エントツ山    日付:2017年08月26日(土) 11時03分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 148KB Original Size: 900 x 675, 161KB

甲斐駒下山中に一瞬姿を見せる   駒津峰から早月尾根〜鳳凰三山  仙水峠から栗沢山へ這い上がる(大王亀も笑ってるよ〜)


今回約15kgのザックに往生しましたなあ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-9-hijiridake-akaishi-arakawa.html



28705.Re: 黒戸尾根から甲斐駒へ行き、早川尾根を鳳凰三山へ縦走
名前:エントツ山    日付:2017年08月26日(土) 11時13分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB

も〜アカン わしゃ70歳やで(アサヨ峰) 20時10分早川尾根ノ頭三角点を踏む  早川尾根小屋のテン場


そんなこんなでヘロヘロになりながらも何とか鳳凰三山へ行って来ました〜


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-9-hijiridake-akaishi-arakawa.html



28706.Re: 黒戸尾根から甲斐駒へ行き、早川尾根を鳳凰三山へ縦走
名前:伊予の鈍亀    日付:2017年08月26日(土) 19時09分
Original Size: 800 x 450, 163KB Original Size: 450 x 800, 164KB Original Size: 450 x 800, 159KB

エントツ山さん こんにちは〜

カメハメハ大王こと亀吉の70歳記念登山に同行して戴きまして
ありがとうございました。従妹のザイフリボクさんも喜んでおります。
大変お世話になりました。

今回の登山は、私達にとりまして今迄で一番厳しい登山でした。
私たちの希望の黒戸尾根とエントツ山さんの希望の鳳凰三山をドッキング。
二山を繋ぐ早川尾根、これが一番キツカッタ!

1日目(22日)
黒戸尾根を登る。日本三大急登で有名な尾根。
ほんとに登れるのか、私達二人はプレッシャーを払い除けながら空元気で登って行きましたが、
途中、亀美のふくらはぎが吊るアクシデント。ツムラ68を飲んで事なきを得る。
厳しい登り一辺倒の道を歩く事ができました。
聞きしに勝る尾根でしたね。梯子の階段は天まで続くかと思いました!
小屋に着いてエントツ山さんはテント泊、私達は小屋泊。
エントツ山さんは雨が降って大変でしたね。
それも知らずに、私達は小屋でちょっといい時間を過ごさせて戴きました。
七丈小屋には、テレビや山の本で紹介されていた甲武信小屋の北爪清史さんが居て、どうしてと聞くと、
七丈小屋に転勤?になったという事でした。
その他に修験道の高僧さん達もいて、ヅメちゃん司会の座談の様になって、盛り上がりました。
ヅメちゃん意外と司会上手でした。

2日目(23日)
甲斐駒の下り、途中、甲斐駒がはっきりと見えて、そのカッコ良さにウットリでした。
仙水峠まで強行群でした。そこから登る早川尾根、栗沢山、アサイ峰、ミヨシの頭。
それぞれの山に前衛峰、後衛峰があり、私たちの足はさらに遅く〜
「待って下さい〜」「休ませて〜」って事になってきました。
夜遅くなって小屋に着くと、先着が3人もいて、気を遣うからと、エントツ山さんの上等のテントに
寝させて戴き、ありがとうございました。

3日目(24日)
いよいよ、鳳凰三山へ向けて出発。
高峰への登りで、北岳、甲斐駒が見たいと期待したが、頂上部だけ雲が掛かり、見えず。残念でした。
鳳凰三山が綺麗に見え、登山者も多くなり、タカネビランジなどの花も沢山咲いていて良かった。
オベリスクには尖塔近くまでエントツ山さんだけ登りました。
白砂の道は海の様。しかし、下を見ると、そのまま滑って落ちそうな険しさがありました。
鳳凰小屋泊。

4日目(25日)
鳳凰小屋から青木鉱泉へ。
ドンドコ沢をドンドン下る。
疲れた足に段差が堪えました。
滝が多く、涼しい景色を楽しみながらの下りでした。
青木鉱泉に着いて、コーラとお蕎麦で、一息つきました。

15キロのザック、重かったでしょう。
それでも、歩き通す体力に感服いたしました!
カメラマンのザイフリボクさん、健脚で快調でしたね。
私達は、もうこんな重い荷物は無理でしょう。

ずっと、冗談ばっかりでしたが、エントツ山さんへの数々の暴言、70歳という
年に免じてお許し下さい。
記念登山をありがとうございました。

写真1;修験道の黒戸尾根。ひっそりと石像が。
  2;梯子が続く
  3;刃渡り



28707.Re: 黒戸尾根から甲斐駒へ行き、早川尾根を鳳凰三山へ縦走
名前:伊予の鈍亀    日付:2017年08月26日(土) 19時15分
Original Size: 450 x 800, 160KB Original Size: 450 x 800, 147KB Original Size: 800 x 450, 164KB

写真追加(2日目)
1;有名な二本の剣
2;甲斐駒頂上にて
3;甲斐駒(小松峰への下りから)



28708.Re: 黒戸尾根から甲斐駒へ行き、早川尾根を鳳凰三山へ縦走
名前:伊予の鈍亀    日付:2017年08月26日(土) 19時21分
Original Size: 450 x 800, 156KB Original Size: 800 x 450, 157KB Original Size: 800 x 450, 161KB

写真追加(3日目)
1;賽の河原
2;観音岳
3;薬師岳にて



28709.Re: 黒戸尾根から甲斐駒へ行き、早川尾根を鳳凰三山へ縦走
名前:伊予の鈍亀    日付:2017年08月26日(土) 19時26分
Original Size: 800 x 450, 160KB Original Size: 800 x 450, 164KB Original Size: 800 x 450, 150KB

もう一度追加させて下さい
1;白砂の道
2;鳳凰小屋
3;ギターを弾く小屋番の北爪さん



28712.Re: 黒戸尾根から甲斐駒へ行き、早川尾根を鳳凰三山へ縦走
名前:エントツ山    日付:2017年08月27日(日) 07時23分
Original Size: 900 x 675, 154KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 162KB

登山口の竹宇駒ヶ岳神社Pにてテント泊  七丈小屋にてテント泊 鳳凰小屋にて張ったテントとツェルト 


伊予の鈍亀さん  おはようございます

今日は昨日と打って変わった晴天の様ですね
四国の山仲間も喜んで山へ行ってる事でしょう

普段我々がやっている西赤石〜東赤石の縦走など四国の山をキッチリ歩いていると中央の山にも通用するって事を読者の皆さんに証明出来ましたね

「無理をしたらイカン」と良く言われますが、自分の考えている実力よりちょっと背伸びしてみる、頑張ってみる事もたまには必要だと思います

黒戸尾根は私も以前歩きたい(勿論上りに使う)と思っておりましたので、今回伊予の鈍亀さん達が行くと聞いて即「私も連れてって〜」とお願いしました

そして干支の山・鳳凰三山へも行きたかったので当然「早川尾根」で繋ぐルートをご提案させて貰いました

誤算だったのは甲斐駒ヶ岳から早川尾根小屋までが結構遠く、重たいザックを背負って時間がかかった事でした

私が歳を取っても縦走を続けるLSD法、LONG=長い時間、 SLOW=ゆっくりと、 DISTANCE=距離を延ばすで何とか乗り切れるもんです
老体に過度な負担を避ける為に早川尾根では相当ゆっくりと歩く事をトップでリードさせて貰いました
性能の良いライトと尾根歩きのシンプルなコースですから問題なかったですね

避難小屋になっている早川尾根小屋には先客者が居て8時を回って入って来た我々に「こんなに遅く・・・我々は朝が早いのでもう寝るんですよ」ってな冷たい態度を取られました

避難小屋なんだから多少遅くても先客優先って事も無いのに冷たい奴らでしたねえ
頭に来たので非常用のツェルトを使って外で寝る事にしましたが、亀ハメハ大王と狭いツェルトで頭と足をお互い逆にして潜り込みましたが寝袋のお陰で足も臭くなく顔も寄せ合う事もなく無事朝を迎える事が出来ました

又機会がありましたら亀ハメハ大王のシューマッハF1レースの様な運転で遠征したいものです

お世話になりました


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-9-hijiridake-akaishi-arakawa.html


28695.光岳〜聖岳縦走〜 返信  引用 
名前:え〜ちゃん    日付:2017年08月22日(火) 21時52分
Original Size: 640 x 480, 95KB Original Size: 640 x 480, 61KB Original Size: 640 x 480, 77KB

エントツ山さんこんばんは!

南アルプスの光岳〜聖岳縦走から帰りました〜(^^)/20日深夜帰宅21日am2時寝ました〜その頃エントツ山さんは起きて南アルプスへお出かけでしたか(^^)/頑張ってきてくださいね!
とにかく厳しかった!遠かった〜出かける前のお盆に、夏風邪を引いて病院はお休みで16日にやっと病院で点滴を打ってから翌日の17日に出かけました〜今も夏風邪は引いています・・今日も点滴を打ってきました(*_*)

17日に前日泊の日本のチロルや天空の里(ジブリ作品で有名?)のロッジに泊まり翌18日早朝よりタクシーで〜易老度登山口(800m)より急登で平面〜易老岳(2,384m)〜三吉平〜光小屋へ!荷物をデポして光岳山頂〜ヒカリ岩へ〜!
*12名の団体なので自炊・・(10名+2名のガイド)シュラフで上に向いて寝られました!山小屋は県営なので管理人さんが上から目線で指示されるばかり!

翌19日は5時出発〜希望峰〜茶臼岳〜上河内岳〜聖小屋(泊)多くの人でした!

翌20日は帰るので厳しい〜4時小屋を出発〜聖平でいらない荷物をデポして山頂へ(往復約5時間)ヘッドライトを付けて山頂へ7時頃に着くと、8度c寒い(*_*)〜しかし素晴らしい展望だ!富士山も綺麗に見える〜横には赤石岳がそこに!
山頂〜往復〜聖平〜西沢渡までの・・大下り〜(3013m〜880mまで下り〜)西沢渡登山口〜易老度登山口(880m)タクシーでチロルの里へ〜バスに乗り換えて、お風呂に入り〜高松まで帰路へ〜長い1日でした、

今回夏風邪を引いてしまいましたが他の人に迷惑を掛けずに何とか歩いてきました!
今日も堂山へ登りましたが・・エントツ山さんが帰ってからお土産会をすることにしました(^^)/
24日頃には帰られるものと思って居ます!いい天気でオリベクスを見れますように(^^♪

南アルプス、光岳・ひかり岩・聖岳より〜



28696.Re: 光岳〜聖岳縦走〜
名前:え〜ちゃん    日付:2017年08月22日(火) 21時55分
Original Size: 640 x 480, 57KB Original Size: 640 x 480, 52KB Original Size: 640 x 480, 75KB

追加です〜聖岳・・



28700.Re: こちらは法皇三山へ〜
名前:エントツ山    日付:2017年08月26日(土) 09時35分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB

    タカネビランジ        ホウオウシャジン    笑う人爺さんと笑えない爺さん(中国人を囲んで)


え〜ちゃん  おはよう
香川県の天気はどうですか? 新居浜は天気悪いです

ウソ〜! え〜ちゃんが風邪をひく??
やはりつい先日ベースキャンプのツアーで雲ノ平へ行ったばっかりなのに今度は南アルプスってのはキツいわ
点滴を打ちながらベースキャンプのツアーに義理立てしたんだね 柳生さんも嬉しいやろ

聖岳って雄大でいい山だろ? アプローチが遠いけど行く値打ちがある
光岳は日本百名山アルプスでここだけが残ってしまった
私も易老度(いろうど)から光岳へお手軽登山をしようと思うんですが何せどこかとセットにしないと交通費が勿体ないわ

今回、白鳳峠で中国人単独登山者に会って話をしていると、どうも日本の山が好きで休暇を取りながら日本百名山をトライしていると言う

亀ハメハ大王がつかさず「大金持ちのおぼちゃまなの?」って日本語で言った

甲斐駒方面へ行くのだがガスボンベを落として困っているので山小屋で売っているかと聞かれたが?? どうだろう?

こちらは伊予の鈍亀さんと私が持っているので私のガスカートリッジをプレゼントした。大変喜んでくれた様子を見て伊予の鈍亀さんもマネをしてガスライターをプレゼントしていた
二人で日中友好の橋渡しを南アルプスでする事が出来たわ

帰りの車の中で私が写真を撮る時はいつも笑っている話題になって伊予の鈍亀さんは「おかしくも無いのに何故笑えるのか訳がわからん」って言う
私は自分の顔の欠点を笑ってごまかしているし、やはりムスっとしているよりはいいんじゃないの?って話に・・・

帰ってくだんの中国人と一緒の写真を見ると私は笑っており亀カメハ大王は予想通り苦虫を噛み潰した様な顔をしていたわ

週末は新居浜に「お茶が美味しい」って言われながら居て、月曜日は堂山に孫の予定が無い限り参上つかまつります



下のURLはエントツ山の聖岳〜赤石岳縦走記です


エントツ山
   

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-9-hijiridake-akaishi-arakawa.html


28693.B隊長 やっぱり高いお山はよかったわ  サガリハゲ山 返信  引用 
名前:ヘキチョウ    日付:2017年08月21日(月) 17時14分
Original Size: 756 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 165KB

エントツ山さん せっかくアルプスで涼しくなっていたところを暑苦しいMR.Bとその隊員が
お邪魔します。

腰をかなりひどく痛めて1か月のったり暮らしていたのでタヌキの体型に近づいていたところ

MR.Bの「残りの1000m峰で一番標高の高い山で涼みましょう。○○さんのブログによれば落合峠から南に
3.1キロ県道を下ったところから1時間半で行ってるから、2時間もあれば行けるでしょう。」
という言葉に、いつものように簡単につられ、こわばった腰と重い体を起動させました。

今回も「ギッチャン」さんのホームページにこのルートの安全な道が載っていたので、
今日こそちゃんとした道を迷わず歩くぞと、GPSとそのコピーを持ち登山口へ

結果は・・・

ちょうど登山口のあたり新しい林道が出来、その上あたりの植林帯の灌木が伐採され無造作に転がり
荒れ果てた状態で、適当に登ったらしい踏み跡があちこち散乱してかえってわかりにくい。

歩いてみた感じでは、時々テープや踏み跡が残っているがあてにせず1500mの主尾根に向かって、障害物を避けながら
ひたすら進むのがよいと思う。

1500mからの尾根歩きは快適なまともな道がしばらく続く。

山頂下90mから急に短い笹の急傾斜になる。笹の下には平べったいつるつる滑るガレた石が隠れている。
笹を掴めるのがあり難く、この笹がなければ私は頂上に行けなかったかも。

B隊長やGPSを握りしめたもう一人の男の隊員のおかげで、今回は2時間で山頂に到着しました。

ログ図 登山口はやはり44号線落合峠から南3.1キロ地点
一応これが登山口
主尾根に出るまでの道の風景



28694.Re: B隊長 やっぱり高いお山はよかったわ  サガリハゲ山
名前:ヘキチョウ    日付:2017年08月21日(月) 17時47分
Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 164KB

山頂直下ではB隊長ともう一人の隊員がさんざん滑りまくりながら登るのを見て、
私は滑る地点を避けて安全に登れた                  

山頂直下の美しい風景

山頂付近をうろうろしたらどこから登ってきたか完全にわからなくなり、
B隊長に「信じられない方向音痴だ」とあきれられる。もう一人の隊員は
今更そんなことで驚いたりしない



28699.Re: B隊長 やっぱり高いお山はよかったわ  サガリハゲ山
名前:エントツ山    日付:2017年08月26日(土) 08時36分
Original Size: 668 x 792, 165KB Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 900 x 675, 165KB

サガリハゲは近くにもう2山あるよ   新・老々コンビ(観音岳)  やっぱり南アルプスのランドマークはオベリスク〜


ヘキチョウさん
バリバリ隊長     おはよう

ほう! 標高1,722mのサガリハゲ山へ行ってきましたか〜
こんな標高を持ちながら辺鄙(へんぴ)な場所にある為にマイナーな存在ですねえ
この山は石鎚山系の「五代ヶ森」と同じく横から攻略するケースが多いですね
GPSのトラックログを拝見すると今回はハプニングが無い平凡な歩きになっており残念です
下山時に西尾根に間違って下りて頂ければ90点を差し上げたのにねえ

あと10点?足らない理由?
それはねサガリハゲ山と言うのはすぐ西側に三等三角点「下禿」(これが本家かも)、北側に四等三角点「下禿北」ってのがあり、やはりサガリハゲ山をお手軽攻略すならちょっとヒネって欲しいのよね

谷を挟んで四等三角点「切禿」ってのもあり、この辺りは豊田真由子議員の先祖ルーツ場所かも知れないね


こちらは退屈な遠征車中の話題でバリー一家の下兜〜上兜周回の傑作ルートで盛り上がったわ  
他人に面白い話題を提供出来るって素晴らしく有意義だよね


バリーさんも退職後には大いなる遠征を夢見ておくようにお伝え下さい


エントツ山


28691.キレンゲショウマ 返信  引用 
名前:はるちゃん    日付:2017年08月21日(月) 09時00分
Original Size: 1000 x 663, 97KB Original Size: 1000 x 663, 97KB Original Size: 1000 x 663, 95KB

エントツ山さん留守中に失礼します、
今丁度高速道を走っている最中ですね道中の無事を祈ります、
天候に恵まれ鳳凰三山からの富士山の眺めにも期待しています。
伊予の鈍ガメさんご夫妻となら息の合った最良のコンビですね。

昨日は同僚達の足手纏いになりながら久し振りに筒上山の
キレンゲショウマを愛でてきました。
なほ下山中には此の掲示版の愛読者との出会いもあり下界と違う涼風を
肌で感じながら歩きました。

はるちゃん



28692.Re: キレンゲショウマ
名前:はるちゃん    日付:2017年08月21日(月) 09時02分
Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 663, 97KB Original Size: 1000 x 661, 144KB

追加写真です



28698.Re: 鳳凰三山
名前:エントツ山    日付:2017年08月26日(土) 07時22分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 153KB

地蔵岳             観音岳           薬師岳から富士山


はるちゃん  おはようございます

新居浜は今凄い雷鳴が轟いております
この週末は四国の山仲間にとっては残念な週末になるかも知れませんね

筒上山のキレンゲショウマをありがとうございます
私が出かけた時から日が経っていますがまだ綺麗に咲いていますね
山に咲く花は登山者を誘う動機や楽しみになってくれますねえ
季節季節に咲いてくれるのが有り難いですし、歳を取るとそれが随分愛(いと)おしい存在になりますわ

伊予の鈍亀さん(♂)も丁度70歳になり、記念に遠征を共にしました
一緒に歩く時、歳の話題になると「はるちゃんを見習いたいなあ」の切ない願望を語り合いました

伊予の鈍亀さん達は見事な二人三脚で老化の壁を乗り越えてくれるでしょう
羨ましい限りです

今回の遠征は天候が心配でしたが、夜に雨が降り日中は曇り気味で甲斐駒、仙丈、北岳の天辺は終始雲に覆われておりましたが、鳳凰三山は少し標高が低いことが幸いしてオベリスクが我々を迎えてくれました

南側は天気が少し良さそうで富士山も眺める事が出来て大変記念になる山行となりました

はるちゃんも長年の山仲間に励まされながら四国の最高齢現役登山者として皆さんに元気を与えて下さいよ〜

エントツ山


28686.鉄砲石川右俣で新人訓練 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2017年08月20日(日) 20時54分
Original Size: 580 x 800, 165KB Original Size: 800 x 586, 163KB Original Size: 800 x 607, 165KB

@遡行図 A冷たい水しぶきの洗礼を受ける B大きなボルダーの上で

エントツ山さん、こんばんは。
今日は職場の若者2人を連れて初心者のナメ沢の鉄砲石川右俣に行って来ました。

毎年1回はこの沢を歩いていますが、今回は水量が少ない上に、南予では全く見かけなかったテジロ軍団にしつこく追いかけられ、私も服の上から腕を咬まれました。

今回新人のうち1人は7月末の松野町主催の滑床渓谷沢歩きに参加して沢歩きに感動して早速沢靴を購入するほどで、今日も手鉄砲石川の仁淀ブルーの美しさに歓喜の声を上げていました。
自ら積極的に滝滑りをするは、淵に飛び込むは、小滝の直登に挑戦するはで、こちらが驚くほどでした。
ここまで喜んでもらうと本当に連れてきた甲斐があるというものです。

期待の新人が出てきたので、今シーズンあと何回かは一緒に行ってみようかと思っています。



28687.Re: 鉄砲石川左俣で新人訓練
名前:弁天山    日付:2017年08月20日(日) 21時00分
Original Size: 800 x 597, 161KB Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 574, 162KB

Cそこの直登大丈夫? D滝滑りにも挑戦 E赤く広いナメを行く

すみません。今、地図を見返すと左俣の誤りでした。
 ×右俣 → ○左俣



28688.Re: 鉄砲石川左俣で新人訓練
名前:弁天山    日付:2017年08月20日(日) 21時05分
Original Size: 800 x 612, 161KB Original Size: 593 x 800, 158KB Original Size: 800 x 600, 165KB

F大きな渕へジャンプ!! G砂防堰堤の滝に打たれて修行 H左俣に入ってもナメがどんどん続く



28689.Re: 鉄砲石川左俣で新人訓練
名前:弁天山    日付:2017年08月20日(日) 21時09分
Original Size: 800 x 592, 165KB Original Size: 800 x 596, 164KB Original Size: 800 x 600, 164KB

I階段状の滝を気持ちよく登る Jこれぐらいなら楽々直登 K今日のゴールの滝で記念撮影



28690.Re: 鉄砲石川左俣で新人訓練
名前:エントツ山    日付:2017年08月21日(月) 05時26分
弁天山さん  おはよう

職場に沢歩き仲間が出来て良かったですねえ
沢好き、川好きってのは生まれつきの性癖ちゅうか最初から水を恐れない子がいるのよね
こんな後輩は河童の生まれ変わり?かな

先輩としてはケガされんように十分注意しながら育ててあげて下さい
やはりテジロは居た様ですね


こちらは今から鳳凰三山(南アルプス)へ伊予の鈍亀さんと出かけて参ります
一緒に遠征するのは初めてです
高速中央道が土砂崩れで不通になって少しアセりましたが復旧した様なので一安心です

帰ってから又ゆっくりと返事致します

エントツ山


28697.Re: 鳳凰三山ドンドコ沢の滝巡り
名前:エントツ山    日付:2017年08月26日(土) 06時54分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 675 x 900, 160KB

      五色滝             鳳凰の滝          南精進滝


弁天山さん  おはよう

四国に今朝(01時30分頃)帰って参りました
今日は雷が鳴っていますので沢はお休みでしょうね

こちらは先のご案内通り鳳凰三山へ出かけてきました
地蔵岳、観音岳、薬師岳も有名ですが、下山に使ったドンドコ沢には名瀑が幾つかあり水量、高低差も申し分ありません

この辺りの花崗岩は風化が進んで沢沿いも崩れた場所が多いですが、それでも大岩壁がありそこから流れ落ちる滝水は迫力がありました

重たいザックを背負っての遠征はキツくなりつつありますが中央の山の魅力には勝てません

70歳までは遠征を続けたいと願っております

エントツ山


28682.道なき沢を這い上がり 大キレットへ 返信  引用 
名前:おじょも    日付:2017年08月18日(金) 20時11分
Original Size: 900 x 492, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 161KB

エントツ山さん    皆さん   今晩は



私も 北アルプスへ 行って来ました
今回は 横尾本谷右俣〜南岳〜大キレット〜北穂高岳〜横尾で 周遊


まず 横尾山荘で テント泊
翌日は 涸沢へ向かう途中にある 本谷橋まで行き
そこからは 道なき 横尾本谷の右俣の沢を 這い上がり 南岳の小屋で宿泊




沢は 大きな岩がゴロゴロ  左岸でも 右岸でも 適当にさかのぼって行き
何度か 渡渉しますが 濡れた岩は ヌルヌル・ツルツル 非常に危険でした

その渡渉も 出来る場所が とても 少なくてこまりました
水量が増えると とんでもなく 大変になります



大岩を高巻きする場所もあり 急斜面のトラバース
足元が崩れまわり 落ちないようにと・・・・
 
掴むのが 細い木でもあれば まだ いいのですが
草しか無く 強く引っ張れば ブチッと引きちぎれて 落ちそうになり 非常に焦りました

雪渓もあり 大穴が開いていて 下は ゴーゴーと 水が流れていて 注意が必要です




最後の滝を 乗っ越せば 緩やかな 黄金平
その先には カールがあり 雪渓もあり 
後ろを振り返れば 屏風岩がど〜んとそびえ立っている
素晴らしい景色です

一番のベストは 紅葉の時期に行くのが 良いと思います


横尾尾根のコルまで 急斜面のガレ場を 何とか 這い上がり 
そこから さらに急斜面の岩場を登り 天狗原を通り 
南岳の小屋までが 疲れた体にはとてもきつかった

横尾山荘から 標高差 約1500m




南岳の小屋で 一泊 
メチャクチャ混んでいる涸沢小屋に比べて 空いていてゆったりと寝られました(穴場?)

翌朝 南岳からの 急斜面の岩場の激下り 
大キレットに突入 長谷川ピーク・飛騨泣きなど 何の問題もなくあっさりと通過 物足りないくらいでした 


行動中は まったく 雨には降られませんで 上高地のバス停に着いてから雨になりました
これも 日頃の行いが良かったおかげでしょうか ?
http://ohara98jp.exblog.jp/



28683.Re: 道なき沢を這い上がり 大キレットへ
名前:おじょも    日付:2017年08月18日(金) 20時16分
Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 162KB

追加写真
http://ohara98jp.exblog.jp/



28684.Re: 道なき沢を這い上がり 大キレットへ
名前:おじょも    日付:2017年08月18日(金) 20時24分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 675 x 900, 165KB

さらに 追加写真


沢から横尾尾根のコルに這い上がってからの槍ヶ岳 
   
南岳からの激下り    

長谷川ピーク
http://ohara98jp.exblog.jp/



28685.Re: わざわざ道なき沢を這い上がり 大キレットへってか〜〜
名前:エントツ山    日付:2017年08月18日(金) 22時44分
Original Size: 1024 x 819, 164KB Original Size: 900 x 675, 73KB Original Size: 800 x 600, 62KB

横尾本谷右俣・・・そんな所行く?     大キレット全景(南岳より)
 大キレットを北穂に上がったらおじょもがいた!


おじょもさん  今晩は

お盆休み北アルプス組だったのね
皆さん帰りは雨にたたられた様ですが、メイン舞台では天気が持って良かったわ

横尾本谷右俣から南岳へのルートってどうなのよ? まあ決して行けない場所じゃないようだけど、要するに南岳への最短コースって訳ね

私なら槍沢ロッジ→ババ平→天狗池・天狗腹→南岳ってルートしか思いつかないわ
誰かここを歩いた経験があるんでしょうね

大キレットは混雑さえなければ落石の危険も少なく楽しめますよねえ
長谷川ピークとか飛騨泣きって難所もそう危ないとは感じないまま過ぎてたわ
岩場ルートは遠くから眺める方がヤバそうに見えるみんだねえ

以前、大キレットから北穂に這い上がったらおじょもさんが居てお互いビックリしたよねえ あんな出会いはそう無いわ


そうそう、滝の高巻きの時も草しかない場所(草付き)を這い上がる時って怖いわ  大きな草の塊が掴むとズルリと岩から滑り落ちるんだもんねえ


沢筋は雪渓に覆われている方が楽ですね

工事中のブログ 楽しみにしてまっせ〜〜


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa3.html


28675.念願の岳沢〜前穂高〜奥穂高〜涸沢ルート行ってきました 返信  引用 
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2017年08月16日(水) 20時05分
Original Size: 800 x 450, 154KB Original Size: 800 x 450, 156KB Original Size: 800 x 450, 163KB

エントツ山さん、こんばんは〜

TV日本百名山の奥穂高岳で小林千穂さんが紹介していた重太郎新道、
紀美子平、吊尾根をずっと歩いてみたくて、今回は行ったことのない
前穂高を入れた、上高地〜岳沢〜前穂高〜奥穂高〜涸沢ルートへ
行ってきました。

この2泊3日コース、やっぱりテントでしょうと、大荷物担いで
張り切って行ったけど、穂高岳山荘に泊まるからと、結構身軽な
荷物の方が多くて、見るからにテン泊の大荷物の人は若者ばかり。
女性に関しては男性がめちゃ持ってくれてる若いカップルくらい。
大変ね的な視線を感じながら、ガッツで登りました。

テン場で、昨日登ってきた人に重太郎新道が一番しんどいよと言われていて、
紀美子平手前で「ほんで重太郎新道ってまだ?」と言って近くの人に
「今登ってきたでしょ?」と笑われたダーリン。
彼的には大したことなかったようで、「景色のいい長めの二ツ岳くらいじゃ」と。

西穂高から奥穂高のギザギザの稜線を堪能しながら紀美子平に着くと
びっくりするほど人がいる。昨夜岳沢でちょっとお話しした長野県警のお兄さんがいて、
なんかホッとしながら、ザックを置いてお楽しみの前穂高へ。
手でガシガシ岩をつかみながら登っていくのはとても楽しい。
頂上ではガスの中から時々見える槍ヶ岳や北穂高、懐かしく思いながら
明日行く涸沢の雪渓の多さに驚き、初めての前穂高の山頂を満喫しました。

紀美子平から奥穂高までの吊尾根はテレビでは結構凄い感じだったので
ちょっと不安でしたが、幸か不幸か少しガスがかかってき、切れ落ちた
高度感は思ったより感じることなく登れました。

今日のうちに涸沢まで下り、明日ゆっくりお花畑を堪能するつもりが、
穂高岳山荘で明日の午前中は天気がいいと聞き、急きょ穂高岳山荘で
テン泊し、明日の朝の涸沢岳からのご来光を見ようと楽しみにしていたのに
夜からの雨。朝になっても霧雨がやまず、びしょびしょのテントを撤収し
足早にザイテングラートを下山。
折角のお花畑もスカッとした景色ではなかったけど、花の多さにちょっと
感動しました。

涸沢ヒュッテでお約束のおでん、ラーメン、ビールをいただき、さっさと下山。
横尾あたりから本降りになり、上高地までの3時間は雨で更なる重さと疲れが
どっとでて結構つらかったです。



28676.Re: 念願の岳沢〜前穂高〜奥穂高〜涸沢ルート行ってきました
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2017年08月16日(水) 20時06分
Original Size: 800 x 450, 163KB Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 800 x 450, 162KB

写真の続きです



28677.Re: 念願の岳沢〜前穂高〜奥穂高〜涸沢ルート行ってきました
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2017年08月16日(水) 20時06分
Original Size: 800 x 450, 154KB Original Size: 800 x 450, 159KB Original Size: 800 x 450, 160KB

奥穂高岳と雷鳥と涸沢のお花畑です



28681.Re: 念願の岳沢〜前穂高〜奥穂高〜涸沢ルート行ってきました
名前:エントツ山    日付:2017年08月17日(木) 21時03分
Original Size: 987 x 671, 164KB Original Size: 750 x 421, 98KB Original Size: 700 x 393, 76KB

焼岳から見た岳沢コース      岳沢を見下ろす       紀美子平でのテント泊 


ゆ〜ちゃん
ダーリン  今晩は

お〜〜 思い切って行ったのね
お休みが限られている人は思い切らなければ遠征は行けません
それが功を奏す事もある

「戻り梅雨 予報を見ては 順延し」 

こちらは伊予の鈍亀さん達との遠征は上記の川柳の如くのびのびになっておりますわ  ホンマ こんな日和見集団は果たして遠征に行けるんやろか?


岳沢をテント泊仕様で這い上がったんやね  良くやった!!
君たちは押しも押されもしない岳人や!!

私は岳沢を上から下ったんだけど、あそこは登りたくないと思ったもんや
登山者が多いと上から岩が落ちて来るからここはヘルメット必携やね

まあ我々の世界ではゆ〜ちゃん、ダーリンコンビは若手の部類に入るから若者に交じってテント担がなあかんぞなもし

ダーリンは知らない内に重太郎新道を上がり切ったって、随分逞しくなったもんじゃ
やっぱり普段四国で鍛えてるのが中央でも通用するんだわ

3枚目の写真 お盆休みだけにやけに登山者が多いねえ 

空身で前穂は楽じゃったろう?
前穂の山頂付近に石積みされたテン場もどきが数か所あったでしょ
涸沢を覗くと残雪が見えて高度感たっぷりや

吊り尾根はトラバース気味にルートが付いてるから何てことないよね

帰りは雨だったらしいけど、メインの奥穂まで天気が持ったしライチョウも見られて万々歳じゃよね

kurenaikai さんも ゆ〜ちゃん達も思い切って遠征して良かったですね

まあ行き帰りの運転の長さ、辛さは忘れておこう

頑張った遠征レポ ありがとう

エントツ山






 
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa3.html


28674.焼岳 返信  引用 
名前:kurenaikai    日付:2017年08月16日(水) 20時03分
Original Size: 640 x 426, 79KB Original Size: 640 x 426, 72KB Original Size: 640 x 426, 91KB

予備日に時間が余ったので簡単に登れる焼岳へも登りました。ただ登山道入口には活火山のため注意して登ってくださいとの旨と11日に新たな噴煙が上がったとの情報が有りやばくなったらすぐ下山する予定で登りました。最初はなだらかな道ですが次第に勾配がきつくなり雨の中登りました。樹木帯を抜けると時折ガスが晴れ山頂が見えてきました。情報通り白い岩の所から噴煙が上がっているのが確認できました。分岐点へと着くとここから山頂へは噴気が上がっているところの横を通り硫黄の強い匂いを嗅ぎながら最後の岩場を登りきったところで山頂に到着。あいにくの天気なので何も見えずしばらくした後すぐに下山しました。
http://kurenaikai.bob.buttobi.net/



28680.Re: 天気の良い日の 焼岳
名前:エントツ山    日付:2017年08月17日(木) 20時10分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 506, 149KB Original Size: 900 x 404, 158KB

      焼岳         焼岳から笠ヶ       焼岳から槍ヶ岳、穂高岳  


焼岳では天気が良く無かった様ですね
まあこの時期、本命の槍ヶ岳の天気が良かった事で納得しなければ・・・

テレビで焼岳が噴煙を上げているニュースをしていましたが無事登山は出来たんですね

御嶽山の噴火事故以来、火山の登山は気を使います
山頂付近は普段でも硫黄の匂い、黄色い岩、噴煙が上がって気色が悪いですわ

でも天気が良い日の抜群でに素晴らしく、梓川が流れる上高地を見下ろせて穂高岳〜槍ヶ岳、笠ヶ岳のパノラマが広がります


いい遠征をされましたねえ


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai9yariho.html


28671.槍ヶ岳 返信  引用 
名前:kurenaikai    日付:2017年08月16日(水) 19時57分
Original Size: 640 x 426, 116KB Original Size: 640 x 426, 124KB Original Size: 640 x 426, 117KB

エントツ山さんこんばんわ。お盆休みになって急に槍ヶ岳へ行きたくなって11日の仕事が終わったあと出発し朝早く上高地へ到着。そのまま第一の目的地槍沢ロッヂまで行きました。予定よりかなり早く着いたので何もする事なかったのでしばらくきれいな川を見ていました。翌日出発し雪渓が残るきれいな登山道を進みました。天気は快晴だったのでとても気持ちよく歩けました。ようやく槍ヶ岳が見える場所に到着。尖った姿がとてもきれいでした。山頂手前につきそこから岩場を登ると思ったよりの大渋滞でした。山頂まで40分もかかりました。山頂からは少しガスがあるもののきれいな景色を見ることができました。狭い山頂をぐるっと一周して肩のところまで降りても時間は昼前だったので、下山途中の天狗原分岐より天狗池へ少し登り逆さ槍を楽しみました。
http://kurenaikai.bob.buttobi.net/



28672.Re: 槍ヶ岳
名前:kurenaikai    日付:2017年08月16日(水) 20時01分
Original Size: 640 x 426, 122KB Original Size: 426 x 640, 182KB Original Size: 640 x 426, 105KB

山頂までは大渋滞。
http://kurenaikai.bob.buttobi.net/



28673.Re: 槍ヶ岳
名前:kurenaikai    日付:2017年08月16日(水) 20時02分
Original Size: 640 x 426, 83KB Original Size: 426 x 640, 85KB Original Size: 426 x 640, 132KB

山頂からはまあまあの景色でした。
それと逆さ槍もとても綺麗でした。
http://kurenaikai.bob.buttobi.net/



28678.Re:嗚呼 槍ヶ岳〜
名前:エントツ山    日付:2017年08月17日(木) 19時47分
Original Size: 800 x 600, 101KB Original Size: 700 x 525, 32KB Original Size: 750 x 562, 46KB

  槍沢から槍ヶ岳     パノラマコースから槍ヶ岳   北鎌尾根から槍ヶ岳


kurenaikai さん  今晩は


槍ケ岳へ行ってきましたか  それも良い天気で最高でしたねえ
北アルプスへ行くと絶対槍が見たい!
山の見栄えという点では槍ヶ岳に勝る物はありませんわ
四国で言えば石鎚山って所でしょうかねえ

西鎌尾根から、東鎌尾根から、北鎌尾根から、南尾根からと東西南北から槍ヶ岳を眺めましたがどれもいい!!

あと残っているのが今回 kurenaikai さんが行かれた「天狗池」です
ここは是非秋の天気が良い日を狙って行きたいと思っています


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-gazouzan-jyuusou.html



28679.Re:嗚呼  槍ヶ岳
名前:エントツ山    日付:2017年08月17日(木) 19時54分
Original Size: 900 x 675, 138KB Original Size: 700 x 525, 41KB Original Size: 900 x 506, 158KB

   テン場から槍ヶ岳        北穂手前から槍ヶ岳    蝶ヶ岳から槍ヶ岳 



槍ケ岳はどこから見ても魅力的です

エントツ山   
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai9yariho.html



ページ: |< << 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb