[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





32128.意外とカンタン 一合目からの富士登山 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2019年08月30日(金) 05時39分
Original Size: 926 x 1024, 164KB Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 156KB

一泊二日富士登山ログ(経過時間付き)  前日は須山浅間神社にお参り 水ヶ塚公園駐車場にて車中泊


今回は餓鬼岳〜燕岳の登山装備からテント装備品を抜いてほぼそのままのザックで高松を出発

高速料金の安い8月24日(土)に新東名高速・新富士ICで下りて須山浅間神社へお参りした後、須山1合目登山口となる「水ヶ塚公園駐車場」へ向かう

手前でヘマをして水ヶ塚公園と「ぐりんぱこどもの国遊園地」を間違って入ってしまい登山口を訪ねて恥をかく
有料駐車料金1,100円を返却して貰い、少し上に進んだ水ヶ塚公園有料駐車場(1,000円)に到着

ここは富士宮5合目登山口のバスターミナルとなっており、富士山も見えるし何日車を停めても1,000円だし売店もありトイレも有る

だた、駐車場職員の誰に聞いてもここからの登山口を知る人に出会わなかった

須山一合目登山口は駐車場入り口の道路を渡った反対側にありその場所を確認した後にガスバーナーでカップラーメンを作る

旅行と違って登山をする時は極力お金を使わないのがポリシー? 今回の富士山は国立公園内になるのでテント泊禁止となりどうしても山小屋に一泊しなくてはならない

水もペットボトルが500円もするので二日分はザックで運ぶ
行動食はビスケットとおつまみ豆セットとプラス途中のサービスエリアで買った豪華な焼き鯖寿司だ

山の会みたいに前泊は旅館、山では山小屋、下山して温泉旅館ってな事をしてたら財政破たんとなって遠征に行く回数が激減してしまうのだ

全国的に天気が悪いが「天気とくらす」をチェックして翌日から2日間は「A」評価の日を選んだが、山の天気は登ってみなければわからない

さてどうなるやら・・・

(続く)

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32129.Re: 意外とカンタン 一合目からの富士登山
名前:エントツ山    日付:2019年08月30日(金) 06時02分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 156KB

スタートは須山一合目登山口  御殿庭と呼ばれる原生林を歩く   宝永山と第二火口  

05時50分須山一合登山口を出発する
ここからは御殿庭などと地名が付けられている宝永山の裾野に広がる原生林を歩く
標識などは十分過ぎる程に設置されているので迷う心配もなく宝永第三火口〜第二火口と回って第一火口縁を右手に進んで宝永山の山頂を踏む

このルートは現天皇が皇太子時代に歩いた事から「プリンスロード」の看板が沢山立っていた

やはりガスが出てきたが火口の様子は良くわかり、他のルートより変化があって楽しい

(続く)

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32130.Re: 意外とカンタン 一合目からの富士登山
名前:エントツ山    日付:2019年08月30日(金) 05時43分
Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 155KB

宝永山の山頂はガスの中  良く写真で見る荒涼とした登山道(上の建物は赤岩8号目館  16時50分山頂に着く

宝永山から御殿場ルートに合流して赤茶けた登山道をジグザグと上る
わらじ館、砂走り館、八号目赤岩館とこのルートには3つの山小屋がある
後二つの旅館は廃業もしくは休館となっていた

普通はこのどれかに泊まって翌朝02時過ぎからヘッドランプを点けて山頂を目指すツアーが多い
夜間登山は登山者が多いだけに落石などもあってあまり好ましくない
ちゅうことで、一気に山頂にある「山頂富士館」を目指す
山頂に泊まれば朝ゆっくりと出来る(・・・とその時は思ったのだが・・・)

(つづく) 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32131.Re: 意外とカンタン 一合目からの富士登山
名前:エントツ山    日付:2019年08月30日(金) 06時13分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 506, 149KB Original Size: 900 x 506, 163KB

山頂富士館の前で(十数年前にも同じ場所で写真を撮って貰った) 夕暮れの剣ヶ峰  富士館の寝床〜〜

兎に角、山頂に着いて山小屋の富士館にチェックインする
当日の予約は受け付けられずに「18時までに入って下さい それからの受付となります」と言われたいた

ガスバーナーは小屋の中では使えず、外は物凄く寒いので1000円のレトルトカレーをしかたなく注文して一泊一食で7千円を払う
(素泊まりだと6千円、土曜日は千円割り増し)

で・・・部屋に案内されてビックリ
下の廊下で泊まった恐怖の阿曽原温泉を思い出した
部屋一杯に敷き詰められた布団、トイレに出るスペースも無い!
門限は18時30分、消灯は19時、起床は04時、チェックアウトは04時30分と説明を受ける
しかたなく富士山頂受刑者になるしか他に手立てはない

手早くレトルトカレーを済ませて剣ヶ峰に向かう
どうせ翌日は大渋滞で剣ヶ峰の写真など撮れない事が予想された
今は運用されていない富士山測候所の建物が邪魔になって折角の夕日が十分見られなかったのが残念だった
だって門限が18時30分だもん・・・・・

宿泊所は香港から来た中国人で溢れており、そのイビキがドうるさい!!
睡眠導入剤のお世話になって何とか数時間は凌ぐ事が出来た

翌朝、04時起床
「04時半にトイレを閉めますからそれまでに済ませて、外に出て下さい」 う〜〜ん 登山者ファーストって言葉は富士山の山小屋では無いと思った方がよさそうだ

外では既に多くの登山者が下から上ってこられており、寒さの為に富士館の食堂に入りたがっていたが「売店のオープンは05時半からです」と入り口が閉められる

登山者は岩陰や浅間大社奥宮の建物の陰で寒風を避けていた


(続く)

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32132.Re: 御鉢巡り 約2時間
名前:エントツ山    日付:2019年08月30日(金) 06時23分
Original Size: 900 x 506, 148KB Original Size: 900 x 506, 160KB Original Size: 900 x 675, 164KB

御来光を拝んでから反時計回りにお鉢巡り  雲海を見ながら歩く 吉田口の賑やかな銀座通り(奥は白山岳)

御殿場口より少し東に回り込んだ場所で御来光を見る
道には沢山の人が居るのでどうしても斜面に這い上がって見物している
同じ日の同じ時刻に吉田口近くで落石事故がありロシア人女性が亡くなったと後から知った
暗い中で足場が悪い場所をあまりウロウロするのは危険だと思う 

お鉢巡りと言っても山頂の外周をキッチリと歩く訳では無く、北側の白山岳や雷岩辺りはルートが少し内側を回っている

残雪は万年雪の場所に少しだけ汚れて残っていた

最高点の剣ヶ峰は早朝からごった返すので前日の夕方訪問していたからパス
宿泊所のある富士宮口・富士館からスタートし反時計回りで浅間大社奥宮〜御殿場口〜須走・吉田口〜久須志神社〜剣ヶ峰横〜下山する御殿場口へと歩く

(続く) 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32133.Re: お鉢めぐり 約2時間
名前:エントツ山    日付:2019年08月30日(金) 05時48分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 506, 159KB

久須志岳から剣ヶ峰       小内院・(火口)    大内院・(本火口)


やはり富士山へ上ったらお鉢巡りをしてその雄大さを実感しないとね
日本最高点の剣ヶ峰は二等三角点「富士山」3,775.51mだが、その横に少し高い岩場があり富士山の標高は3,776mって事になっているらしい

剣ヶ峰の富士山測候所は気象衛星などの発達もあって2004年に運用を終了し、現在は富士山特別地域気象観測所として無人で簡単な気象観測が行われているらしい

出来ればもう少し日本最高点から離れた場所にあって欲しかった
(景色が悪い)

富士山頂を一周して浅間大社奥宮で高校受験の孫に学業成就の神頼みをしてお札を貰う(気休め〜)
その後下山口の御殿場口へ回る

(続く)

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32134.Re: 下山は須山一合目まで 約6時間
名前:エントツ山    日付:2019年08月30日(金) 06時27分
Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 153KB

御殿場ルート下山風景       山小屋の料金表       大砂走り

下山は途中まで御殿場ルートを重複し、その後下山専用の「大砂走り」を走らず歩く
間違ってここを上ってくる人が居て足元がズルズル滑って苦労していた
一直線に富士山を下るので爽快だが、霧が出て足跡と木のポールが目印となる

ここの砂は大山の砂走りと違ってたっぷりと砂の量がある

(続く

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32135.Re: 大砂走り旧二合八勺から須山方面へ右折する
名前:エントツ山    日付:2019年08月30日(金) 06時31分
Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 900 x 675, 155KB Original Size: 900 x 675, 165KB

大砂走りにある須山道分岐ポール  途中から足跡がなくなり双子山の手前を適当に横切る  須山道への道が現れる


大砂走りから出発点の須山一合目までショートカットルートを歩く
昭文社・富士山にはこのルートが記されているが、地形図には途中で破線は切れている

このルートは余り歩く人が居らず足跡は途中で無くなる
昭文社の地図では「標柱を目印に歩く」とあるが、標柱など倒れて見当たらない
でも地図を見て、先にある破線ルートに向かって適当に進むと、立派な道に出合った

ここは普段のテキトー歩きが活きてくる

(続く)

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32136.Re: 須山口へ向かって静かな場所を歩く
名前:エントツ山    日付:2019年08月30日(金) 06時33分
Original Size: 900 x 506, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB

幕岩へルートを少し外れて寄る   御胎内にもルートを少し外れて寄る  雨の原生林を須山口へと進む


ショートカットルートのチェックポイントになる幕岩と御胎内を訪問するが、双方共規模が小さい物だった。

自衛隊演習場からの砲撃音を聞きながら雨の原生林を歩き14時18分須山口へと帰る


単調な富士登山としては総じて面白いコースを歩けたと満足!

以上

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32137.Re: 意外とカンタン 一合目からの富士登山
名前:シン    日付:2019年08月31日(土) 22時02分
意外とカンタンでは無いような気がしますが、この距離(⌒-⌒; )

昭和21年生まれのワタクシの父では歩き出して10分で終わりです


32138.Re: 意外とカンタン 一合目からの富士登山
名前:kurenaikai    日付:2019年09月01日(日) 17時02分
Original Size: 640 x 426, 49KB Original Size: 640 x 426, 49KB Original Size: 640 x 426, 50KB

エントツ山さんこんにちわ一合目から富士登山とはすごいですね。単調ですが何せ歩く距離が結構ありますから疲れがたまりますね。頂上館は泊ったことないけれどすごい状態ですね。門限があるので自由に動けないのが残念です。私なら夜星空を撮りたいので泊るのは無理そうですね。私もお盆の時期に弾丸登山で御殿場から登りました。御殿場ルートは歩く距離が長いので人は少ないのと登山口まで車で行けるのが良いです。残雪の時期も登ったことありますが富士山は登る山ではなくて見る山ですね。遠くから見るほうが素晴らしいです。
www43.tok2.com/home/kurenaikai/



32139.Re: 意外とカンタン 一合目からの富士登山
名前:エントツ山    日付:2019年09月01日(日) 22時14分
Original Size: 900 x 506, 165KB Original Size: 900 x 506, 165KB Original Size: 900 x 506, 159KB

須山一合目からの原生林    宝永山第一火口斜面      剣ヶ峰  

しんクン
kurenaikai さん   今晩は

雨が多くてサッパリの夏でしたねえ
しんクンのお父さんは昭和21年生まれですか
私は25年3月ですから学年で3年先輩でしょうか
この辺りの3〜4年の差は凄く大きいのよね

伊予の鈍亀さんと「もう残りは少ないなあ」と嘆きながら励まし合いながら遠征に行ってます

しんクンなど、富士山はチョロイと思います
面白くないかもね
今回はちょっとした因縁を清算に行ったけど、富士山は恐らくこれが最後だと思います
やっぱり山歩きは北アルプスに限りますわ


kurenaikaiさんは弾丸登山でしたねえ

確かに富士山は眺める方が美しいですわ
五合目から上など単調な景色で写真を撮っても絵的に心が動かされません
価値があるとすれば「日本一の山」「日本を象徴する山」って場所を日本最高標高点まで歩く事でしょうか

いよいよ秋山が近いですね
楽しみです

お二人さん  コメントありがとうございました

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8gatsu-tsugamishindou.html



32148.Re: 意外とカンタン 一合目からの富士登山
名前:おじょも    日付:2019年09月05日(木) 22時25分
Original Size: 800 x 419, 189KB Original Size: 800 x 600, 107KB Original Size: 800 x 600, 50KB

ログ      落石が起きたあたり      ガスって何も見えない山頂



エントツ山さん    皆さん     今晩は


私も 8月31日に 悪天候の 富士山に 登って来ました


去年は 小屋が閉鎖した後 日帰りで 富士宮ルートから登り お鉢めぐりをしてから
御殿場ルートを下り その途中から 宝永山を通り 周遊しました(プリンスロード)
一日中 晴天で 影富士などの 素晴らしい景色を 堪能出来たのですが


今回は 初めて 富士山に登る 初心者が二人居て 小屋泊まりになりました 
吉田ルートを登り 瞬間風速21mの風の中 登頂後 七合目の鳥居荘まで下り 宿泊して 翌朝下山しました


富士山の山小屋は キャンセル料が 前日が80% 9日前で50% 20日前で30%で
キャンセルが しずらいようにしています

予約していると 少々天候が悪くても 無理をして 行くようになってしまいます



富士山の山小屋は どこに 宿泊しても 枕の幅が一人分で 寝返りも打てないような 状況で
眠れない 夜が とても 長く感じて 辛いですね  
何とか してほしいが・・・・ 
https://ohara98jp.exblog.jp/



32149.Re: 悪天候の遠征ほどつまらないものは無いですねえ
名前:エントツ山    日付:2019年09月06日(金) 12時45分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 158KB

三年前の富士登山(最悪の天候) 山小屋には七輪が2つしか無かった  二段ベッド式の方が大広間雑魚寝よりマシですね


おじょもさん  こんにちは

悪天候の遠征程つまらない物はありませぬ
「天気とくらす」の予報が「A」で無いと先ず行きませんわ

でも、働いているとそうもいきませんよねえ
「富士山の山小屋は キャンセル料が 前日が80% 9日前で50% 20日前で30%」ですか〜〜
キツイ縛りですね

私は旅館を予約せずに行きましたわ
まあ、山頂で「泊まれません」とは言われないだろうと・・・

前日のキャンセル料が8割はともかく、9日前で5割も取られるんですか  エグすぎます!

まあ放っておいても登山客は日本人も外国人も押し寄せますから山小屋ファーストになってしまいます

3年前に高松市民登山学校で富士山へ行きました
雨は昼過ぎには止むとの判断で暴風雨の中を上りましたわ
横殴りの雨では雨具も防水袋もアウトでした
案の定、低体温症になって途中で倒れた仲間が出ました
保健所関係の女性が居たので素っ裸にして毛布に包んだりホッカイロを抱かせたりして介抱されてました

おまけに山小屋には乾燥室など無く、2個の七輪だけでした
「山をナメるな」って山小屋の人に良く言われますが、逆に「登山者をナメるな」って言いたいですね

だからこんな程度の山小屋がある山は「天気の良い日」に登らなくてはなりませんね

私も現役時代に槍ヶ岳へマーシーさんと上った時に風雨が強くなり、強風で吹き飛ばされた事があります
槍ケ岳へは7回程登っていますが、さすがにこの時だけは山頂にも行く気がせず山小屋で寝てました

遠征は出来れば一週間程天気が安定した期間で決行したいですねえ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html


32140.秋の遠征・最軽量テント泊装備〜〜 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2019年09月04日(水) 11時42分
Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 157KB Original Size: 776 x 900, 165KB

秋の遠征用ベイシックウェイト用具  シュラフ、シュラフカバー、マット  装備品リスト (最軽量)


この所、雨が多く山の話題が各掲示板で少ない様です
エントツ山も富士山以来山に行けておりませぬ

秋雨前線や台風後の山行に向けて装備の再確認をしております
何せ歳を取ると重たい荷物は持てません
理想は10kg以下のザック重量なのですが、2〜3キロオーバーしてしまいます

常日頃から装備の軽量化に取り組んでいますが、100グラム減らすのに一万円もかかる物もあり、年金生活者の山装備軽量化はキツい物があります

ザックに入れる物を軽量化して小さくすれば、すなわち大きくて重たいザックは不要ですよね

それで昨年からオスプレーのレヴィティ45 という800グラムのザックを遠征用に使い出しました

シュラフはモンベルのダウンハガー800のハーフレングスを購入して軽量化とかさばり対策です
ハーフレングスは脇の辺りまでしかダウンが封入されておらず、その上側はダウンジャケット等で保温しようと言う物です

テント泊にマットは需要ですが、これも中々嵩張ってあまり軽い物が無い
去年思い切ってサーマレストのネオエアーウーバーライトと言うエアーマットを購入 これはポケットに入る程の小ささで250グラムしか無いのです
ただ、空気を入れるのが大変で、5分程頑張って作業すると183センチの長さになります

後は、基本天気予報で晴れ予報でないと行かないのでほとんど使わない雨具のズボンを軽量化しました
モンベルのバーサライトパンツで 90グラムしかありません
ハードな藪歩きや岩稜歩きでは使えませんが、緊急用としてザックに入れるので小さくて軽い物で良い様な気がします

そんなこんなで水や食料込みでこの秋は10kgを切るザックで歩いて見ようと思案中!!


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32141.Re: 秋の遠征・最軽量テント泊装備〜〜
名前:エントツ山    日付:2019年09月04日(水) 11時57分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 157KB

モンベル・モノフレームシェルターは大山でも使った ガスバーナーはソトのウィンドマスターを愛用 予備電池は単四を使います


モンベルのモノフレームシェルターは大山や四国の縦走ですでに何度も使ってその居住性は立証済み
菱型の構造は少し圧迫感がありますが、何せ軽いのが良い!
雨の中での使用は考慮外なので特に問題はありません

ガスバーナーはソトのウィンドマスター四本五徳を長い間使っています
ガスの燃焼率やお湯の沸く早さを売りにしているジェットボイルも持っていますが、チト重たい
時間はたっぷりある山の夜ですからお湯もそんなに瞬時に沸く必要もありませんね

電池はGPS用に単三電池を持って行ってましたが、ヘッドランプやラジオなどが基本単四電池なので軽量化の意味もあって単四電池を単三電池として使えるアダプター(百円ショップで売っている)があるので遠征では単四電池だけにしました

いよいよ秋のシーズンですねえ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32145.Re: 秋の遠征・最軽量テント泊装備〜〜
名前:ばんぶう    日付:2019年09月04日(水) 22時08分
Original Size: 1024 x 768, 156KB Original Size: 1024 x 768, 162KB Original Size: 1024 x 768, 160KB

右:以前の荷物(カメラとガーミンとスマホ) 中:今の荷物(スマホとジオグラフィカ) 左:ヘッチン

軽量荷物参考になります。
私も20代の頃は快適が一番と考えてなんでも・かんでもザックに詰め込んで、夜のテント泊を満喫していましたが、50を過ぎてからはとにかく軽量が一番。1gでも軽いものへと荷物を見直しています。
しんどいのは辛いですからネ。

以前はカメラにガーミン、スマホの3点セットでしたが、今はレンズの良いスマホにジオグラフィカで全て賄えてます。
スマホにはエレコムのケースでショルダー紐に通して固定。すぐにパシャリと撮影できますのでカメラ不要になりました。

このケース 6inchスマホも収納できてるので便利ですヨ。
マグネット式でGPS感度を心配しましたが、問題なさそうです。

後は、ヘッチン昔はペツル使ってましたが今は単三が1本の軽量タイプ。軽量化と低温対応でリチウムを使ってますが、便利です。
昔はランタンまで持ち込んでましたが、今はテントの中ではこれを天井につるして使ってます。2泊3日なら電池は1本で十分持ちますが、予備で2本持参です。

後はエントツ山さんと似たようなものです、オスプレーザックにチタンのコッヘルと武器、雨天山行は基本しないので、雨合羽も軽量タイプにしてます。

また面白い道具あれば教えてください。
結局昔使っていた、登山道具は車泊用の道具になってます。



32147.Re: 秋の遠征・最軽量テント泊装備〜〜
名前:エントツ山    日付:2019年09月05日(木) 17時08分
Original Size: 768 x 1024, 161KB Original Size: 900 x 675, 181KB

   軽量遠征道具内訳   ザックの使い分け

ばんぶうさん  今晩は

山道具に関するコメントをありがとうございます
道具は日進月歩ですねえ

「ウルトラライト」は一昔前にアメリカのロングトレイルから起こったエマ・ゲイトウッドやレイ・ジャーディンの「ウルトラライト」ブームが加藤則芳さんが日本に紹介し、土屋智哉さんや寺澤英明さんなどの火付け役として広まって行きました。

その後、過度なウルトラライトのガレッジメーカーが群雄割拠しましたねえ

一時、アルコールストーブや固形燃料を使った時期もありましたが、飲み水を十分煮沸したい理由で今はガスバーナーに帰りました

今では有り難い事に既存メーカーも軽量化に取り組んでおり、ヘンな道具を使わなくても結構軽量化する事が可能になりましたねえ

スマホのジオグラフィカやそれに類する地図ソフトは革命的ですわ
私らが地図とコンパスで苦労して歩いた藪山でも、若い人たちはナビ感覚でスマホを山で使いドンドン歩いています

私の場合はホームページで登山記を作成する上で、スマホ一辺倒にする訳にもいきません
写真も一日あたり300枚は取りますし、GPSのログもメインはガーミンを使い、万が一のサブでスマホのジオグラフィカを作動させています (バックアップの為)

で・・・これ以外のジャンルで軽量化に励んでいるって訳ですね

ヘッドランプも単三一個の物が良いですね
今は夜に余り歩く事も無くなりましたのでこんなので事足ります
ただ、市販されているヘッドランプは単四3本って言うのが標準みたいです
サブのランプはペツルのE−ライトで十分です
これはテント内だけでなく、双六小屋から双六岳に日の出を見に使いましたが、十分に使用可能でした 何せ重量が25グラムですからね

ザックに関してですが、これは軽ければ良いと言う訳にはいかない様です
いくら軽くても腰ベルトや背中のサスペンションがしっかりしていないと疲れますね

グレゴリーのスタウト65は重いザックですが、背負い心地が良く剱北方稜線で使いましたがしっかりと腰で重量を受けてくれますので満足でした
このザックは長期遠征や冬装備のお泊り登山には欠かせませんね

オスプレーのレヴィティはエクソクの後継モデルですが、先代のエクソスの方が腰ベルトがしっかりしている印象です
エクソスは今まで使い過ぎてあちこちガタが来て補修をしていますが、少し容量が大きいのでこれからも使う機会があると思います

山道具の話は尽きませんねえ


エントツ山



http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html


32142.西山〜ミヤマウズラを探して〜 返信  引用 
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年09月04日(水) 20時26分
Original Size: 717 x 800, 379KB Original Size: 480 x 640, 110KB

エントツ山さん 今晩は〜

先日の、富士山遠征、凄かったですね〜
須山口1合目から一日で頂上富士館まで行かれたとは、お元気すぎます!

そんなエントツ山さんと歩くには、私達も日頃からトレーニングを
しなければなりません。
専ら犬返に行っていたのですが、今日はトレーニングを兼ねて西山まで
ミヤマウズラを探して行って来ました。

犬返仲間のくの一尾野さんからのお花情報で、銅山峰から西山方面で、
ミヤマウズラを見かけたという事でした。

多い場所、少ない場所はありましたが、よく探すと、全山至る所に
咲いていました。

写真に撮るとユーモラスで、今年、ちょっと嵌ってしまいました。

その他初秋の花も沢山咲いていて楽しめました。

上部鉄道跡は思った以上に涼しくて、晩夏の歩きに最適ですね〜

エントツ山さんは、テント泊の準備もバッチリの様ですね!
が、天気が不安定で、中々、日程が決まらないですね。
山は逃げないので、もうちょっと様子見です。



32143.Re: 西山〜ミヤマウズラを探して〜
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年09月04日(水) 20時31分
Original Size: 600 x 800, 161KB Original Size: 640 x 480, 150KB Original Size: 640 x 480, 139KB

写真
1;こんなに沢山顔があるのもあります
2;東山から西山を眺める
3;銅山峰から西赤石方面



32144.Re: 西山〜ミヤマウズラを探して〜
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年09月04日(水) 20時34分
Original Size: 600 x 800, 160KB Original Size: 600 x 800, 152KB Original Size: 800 x 600, 144KB

1;ヤマジノホトトギス
2;オトギリソウ
3;ツルリンドウ



32146.Re: 西山〜ミヤマウズラを探して〜
名前:エントツ山    日付:2019年09月04日(水) 23時26分
Original Size: 800 x 600, 142KB Original Size: 360 x 480, 25KB Original Size: 675 x 900, 156KB

ヒメウズラの雛に似てますね  イシダテクサタチバナは悪人顔です 富士山麓のムラサキモメンツルとミヤマオトコヨモギ


伊予の鈍亀さん  今晩は

最近雨が多くて、おまけに台風なども来る様ですね
富士山は伊予の鈍亀さんを見習って周回ルートに拘(こだわ)りました

原生林を抜けた場所にはヤマホタルブクロやムラサキモメンツル、メイゲツソウ、キオンなどが咲いていました

富士山は裾野が広いので一合目から5合目までは傾斜も緩くて楽チンでした
富士山頂の山小屋は世界遺産になったと言うのに旧態依然として垢抜けしていないですねえ

この蒸し暑い時期に身ヤマウズラを探して得意の周回ですね
ミヤマウズラって可愛らしい表情してますねえ
イシダテクサタチバナの悪人顔とエライ違いですわ

ウズラって卵しか知りませんが、ヒメウズラの雛が丁度ミヤマウズラの羽根を半分開いたドンビリゴ姿です
(ドンビリゴって新居浜の山の手では雀の雛の事を言ってましたが、下町でもそう呼んでたのかしら?)

9月の後半にでも天気の良い日に遠征宜しくお願いします


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html


32054.堂山より おとどけ 返信  引用 
名前:344号    日付:2019年08月08日(木) 18時42分
Original Size: 800 x 533, 142KB Original Size: 800 x 533, 141KB Original Size: 800 x 533, 164KB

波瑠璃紋花蜂  幸せを呼ぶ青い蜂 ブルービー の お届けです。

ナミルリモンハナバチ



32055.Re: 堂山より おとどけ
名前:エントツ山    日付:2019年08月09日(金) 10時21分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 161KB

剱北方稜線で見たベニヒカゲ?(地味〜) おばちゃん! そんなに近づいたら逃げるぞよ

334男爵殿 おはよう

おう! ブルービーが堂山に現われ出したかや
おぬし 又 NHK の夕6香川を狙ってるな

これで又堂山夕暮れ隊の参加人数が増えるかもね

剱岳北方稜線でベニヒカゲみたいな蝶々が居たけど何か地味〜〜

あと、天気が良すぎてライチョウには近くで会えず
初日に雷鳥沢で熊には出会った(子供だったわ)

それから立山の別山から真砂岳に登っている時にイワヒバリが沢山居た
丁度岩の天辺に留まっていたのを少し遠くからズームで狙っていた
そしたら20人位のオバサンチームがどかどか上から降りて来て「鳥がおるで・・・ホンマや 写そ」って割り込んで来た
「そんなに近づいたら逃げますよ〜」って言うと「ホレ 近づいても逃げんがな・・・あっ 逃げたわ!」ってな具合で関西のオバちゃんはどうしようも無い!!

又、NHKから連絡が有ったら知らせてね


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaitsurugidake.html



32113.Re: 堂山より おとどけ
名前:夕暮れ隊344号    日付:2019年08月26日(月) 07時00分
Original Size: 800 x 533, 147KB

大変長らくお待たせいたしました。

この度、みなさまのNHK 「ゆう6かがわ」 「わたしのイチバン!」に

皆様の幸せを願い、来る27日(火)午後6時45分すぎ わたくし ブルー・ビーが

 出演することと相成りました。

もしよろしかったら、ご視聴のほど隅から隅まで御願いた〜てまつりまする チョン(拍子木の音)



32114.Re: ヒメキマダラヒカゲ
名前:アカリプタ    日付:2019年08月26日(月) 21時22分
Original Size: 600 x 450, 136KB Original Size: 600 x 450, 102KB Original Size: 600 x 450, 89KB

エントツ山さん こんばんは。

ブルービーで賑わっていますね。
それにしてもテレビ出演とは、ナミではないハチですね。

エントツ山さんが、剱北方稜線で見たベニヒカゲ?(地味〜)なチョウですが、
ベニヒカゲではございません。
和名はその特徴を現している場合が多いのですが、このチョウにベニ(紅)の部分は無いですよね。
ベニヒカゲにはちゃんと紅の紋があります。
貼られているのは、ヒメキマダラヒカゲです。
四国にもいますよ(分布:北海道〜九州)。
四国では500m位から上の樹林帯で、7,8月にたくさん飛んでいます。
幼虫の食草はササ類です。
おせっかいで、すみません。

白猪谷とカルストで撮ったヒメキマダラヒカゲ
以前の職場のランタナにきていたブルービー



32117.Re: 堂山より おとどけ
名前:エントツ山    日付:2019年08月28日(水) 22時37分
Original Size: 506 x 900, 164KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 161KB

幸せを呼ぶ爺さん(違うか〜〜) 天城山のコウモリソウ群落  そこに20頭ほどのアサギマダラが乱舞していた


344男爵殿
アカリプタさん   今晩は

344男爵! 図星や! 
やっぱり香川のローカル番組は話題が少ないからねえ
高知など職場の庭にブルービーが乱舞してるってよ!

NHK出演の連絡が遅すぎたわ
そん時は既に雲の上の人になっていた (生きてるけど)
もし、もう少し早めに連絡をくれてたら遠征を取りやめてテレビの前に待機してたのに・・・残念!
せめてNHK受信料を払っている堂山仲間は見てくれたやろね


アカリプタさん

ギッチャン掲示板でいつもアカリプタさんと土佐野うさぎさんの動きの良さに感心して情報を拝見させて頂いております

花や昆虫に詳しいアカリプタさんに指摘を頂いて光栄です
そうなんですか ヒメキマダラヒカゲって言うんですね
私の持っている山渓の「チョウ・ガ」ポケットガイドにも確かに載っておりました

時々高山で珍しい花を見つけて図鑑で調べたら「日本中普通に見られる」って解説があって落胆しますが、そんな心境でございます

何せあの剱岳北方稜線に居た蝶々さんでっせ!
よっしゃ! 新種交雑種「ツルキタ・ヒメキマダラヒカゲ」って事で何とか手を打って頂けませんでせうか? ダメ?

蝶々の目玉模様は天敵の鳥から獣の眼に見せる為の擬態だと言う説を聞いた事がありますが詳しくは知りません

皆さんからの御知恵を借りながら細々と成り立っている掲示板でございます 今後とも宜しくお願い致します


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html


32110.まったりと皿ヶ嶺ナメラ沢から竜神平へ 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2019年08月25日(日) 21時40分
Original Size: 800 x 589, 161KB Original Size: 600 x 800, 164KB Original Size: 800 x 600, 163KB

@今回の行程図 A砂防堰堤を越えるといつものナメ帯が B水量は少ないが、坂瀬に負けない大ナメ

エントツ山さんこんばんは。
このところ、曇りや雨ばかりで天気が良くないですね。

2週間前に新居浜の鈴尾谷でテジロにひどい目にあったので、先週はお盆休みでどこにも行かず。
今週末も天気が悪いのでお休みにしようかと思いましたが、これでは体が鈍るので近場の沢を計画。

しかし今朝、目が覚めると、フンガッ!既に8時過ぎている。
今週も沢はやめようかと思いましたが、松山の空は薄っすら青空が広がり、どこにも行かないのはもったいない。
そこで一番近場の勝手知ったる皿ヶ嶺ナメラ沢に行ってみました。

で、行って見ると、まだ8月というのに既に山は涼しく、気になっていたテジロもいませんでした。
昨夜も雨が降ったのに関わらず、水量は意外と少なかったです。
坂瀬渓谷に負けない広い大ナメを気持ち良く歩き、水量が少ないので、いつもは高捲く滝も、今日は直登できました。

皿ヶ嶺でまだ遡行したことのない竜神平周回路の東に至る支沢に入りましたが、水量は非常に少なく、途中で10m2段の小滝がある以外は平凡な谷でした。
最後はなだらかな笹の平原となり、薮に悩まされることもなく登山道に合流。

いつも最後の詰めは酷い藪漕ぎか危ないガレ場登り、または木登りで終わることが多いのですが、珍しく平和な詰めでした。
標高差400m弱、約2時間のまったりとした遡行で、そのまま上林峠に下り、トンネル脇にデポしていたMTBで帰還。

また、来週も今一の天気のようです。このまま、涼しくなるのでしょうかねえ?



32111.Re: まったりと皿ヶ嶺ナメラ沢から竜神平へ
名前:弁天山    日付:2019年08月25日(日) 21時41分
Original Size: 800 x 629, 164KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 620, 165KB

Cこの谷最大の2段の滝

D水量が少ないので上段の滝もなんとか直登できました

E次の滝も直登可



32112.Re: まったりと皿ヶ嶺ナメラ沢から竜神平へ
名前:弁天山    日付:2019年08月25日(日) 21時42分
Original Size: 570 x 800, 165KB Original Size: 591 x 800, 162KB Original Size: 800 x 572, 165KB

F竜神平周回路の東に至る支沢に入るが水量が非常に少ない

G途中で出てきた2段10Mの小滝を登る

H最後は背の低い笹原を進む いつになく平和な詰め



32116.Re: まったりと天城山
名前:エントツ山    日付:2019年08月28日(水) 20時28分
Original Size: 900 x 627, 163KB Original Size: 900 x 506, 162KB Original Size: 900 x 506, 165KB

天城山お手軽周回ログ      天城山山頂=万三郎岳    ヒメシャラ林 


弁天山さん 今晩は

皿ヶ嶺ナメラ沢でしたか
継続は力ですね 何でも続けていると経験が自分なりのスタイルを造り出します

確かに経験を積むと言う事は新鮮さは薄れてきますが、新たな発見や課題が見えてきたりして興味が深まる事も多いです

私も残して来た課題や新しい土地での山歩きなど限られた残りの時間を有効に活用したいと思っています

ベタな富士山ですが、これとて1合目から歩けば面白い樹林帯も経験出来ます
富士山で下の方から歩いて見て思う事は、物凄く広い裾野を持っている事ですね

この富士山が2日間で下山出来たので、伊豆半島へ初めて行ってみました

伊豆半島はフィリピン海プレートの移動によって隆起した南洋の海底火山群が本州とぶつかって丹沢や熱海、富士山の元の山々を作り、それがユーラシアプレートを刺激して火山活動を活発化したと言われていますよね(よう知りませんけど)

富士山と伊豆半島にある天城山はそんな因縁がありますが、まあ単に近場にある日本百名山と言う事で歩いてきましたわ

天城山の沢はほぼ水がありませんでした(涸沢)
粘土質で良く滑りました
富士山では一度も転ばなかったのですが、この天城山では4度も滑って転びました〜

ずっと雨が続きそうですねえ

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html


32109.石鎚山系天空ウォーク 返信  引用 
名前:ナッチー    日付:2019年08月25日(日) 13時42分
Original Size: 900 x 601, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 163KB

エントツ山さん こんにちは

昨日、山と元気の会24名で伊予富士〜瓶ケ森縦走にチャレンジして
きました
早々、山元のチコちゃんから
「今日はちゃんと最後まで行くんじゃろうね」
「はい」
チコちゃんの叱咤激励でなんとか最後までついて行けました
と言ってもタイムオーバーで全員西黒森と瓶ケ森の鞍部から下山し
ました
カメラはと言えば、前回の反省で半量に意識して撮りました
あとはエントツ山さんの言う片手撮りをマスターすれば三分の一に
なるでしょう

天気は前半は曇りで後半は雨にも降られましたがまずまずの天気でした
すれ違った登山者は男性一人だけでした

下山後、女性陣がバスの中で着替えしましたので、男性陣は外で待たされ
とても寒かったです

当日のログ
伊予富士に向って
天空ウォーク 自念子ノ頭・西黒森・瓶ケ森に向って 奥に石鎚山も見えました

                     軟弱ぱぱ



32115.Re: 富士山天空ウォーク (1合目から)
名前:エントツ山    日付:2019年08月28日(水) 17時00分
Original Size: 823 x 1024, 165KB Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 900 x 506, 148KB

須山口1合目から富士山ログ   1日目の夕方(富士山頂より) 2日目の御来光(富士山頂より)


ナッチーさん
片翼不死鳥パパ  こんにちは

最近やたらと雨が多いねえ
今回は同じ瓶林沿いだから前回みたいに東之川へ引き返すみたいな事にはならないよね

やはり大人数やと瓶ヶ森まではペースが合わないわ
ログを拝見すると東黒森から自念子の頭〜西黒森がちょっとスローペースになってる様です

自念子の頭から下る場所が少し岩場があるので、ああいう場所で団体だと遅れますね

でも会長亡き後、役員の方達が頑張ってくれています 感謝!


こちらはと言うと、「天気と暮す」をチェックして富士山の天気が「A」になるチャンスがあったので出かけてきました

数年前に高松市民登山学校に入学したのですが、最初に富士登山を1合目からやるって聞いてたから楽しみにして参加しました
ところが、私の代になると指導陣も軟弱化しておりフタを開けると富士山5合目からの登山でした
その上、天気が悪くて低体温症になった先輩が居て、スタッフ不足の為に新入生の私がその人に付き添って7合目から下山するって役割を志願する事になりました

で・・・その時の因縁を晴らす為に1合目から富士登山をする事に決めたのですが、色々他の山行が忙しくて今年まで延び延びになってしまいました

吉田口1合目からも考えたのですが、それではピストンになる
須山口1合目からだと周回コースが可能でした

1日目(日曜日)は須山1合目から山頂まで
2日目(月曜日)は御来光を見た後お鉢回りをして砂滑りを下りて途中から幕岩とか御胎内とか地図にあった名所を訪ねて須山登山口へ帰りました

3日目は午前中天気が持ちそうだったのでクールダウンに日本百名山「天城山」をお手軽コースで回って参りました

帰りは雨が降り出したので途中のサービスエリアで仮眠を取りながら今日高松へ帰って来ました

普段堂山でトレーニングをしているお蔭で遠征も行ける事に感謝です


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html


32103.坂瀬川〜堂ヶ森 周回 アップのお知らせ 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2019年08月20日(火) 21時03分
Original Size: 800 x 636, 100KB Original Size: 744 x 900, 294KB Original Size: 800 x 600, 100KB

坂瀬川とは?   坂瀬川〜堂ヶ森周回ルートとは  坂瀬川支流・樽ヶ関谷(モデルは高知三人衆)


台風が明けても秋雨前線が停滞して各地で雷雨の安定しない天気が続きます
私も本来なら今日から山の会有志で餓鬼岳〜燕岳の遠征予定でしたが信州も天気が悪いのでキャンセルとなりました

と言う訳で、暇になり7月に面白い堂ヶ森周回をしたHPをアップしました
高知の gakugaku さん、しゅぼんさん、北川さん、愛媛のナメ沢の帝王・弁天山さん、それに香川の山の会仲間の真鍋さんで歩きました

ルートは坂瀬川・中流〜坂瀬川・支流(樽ヶ関谷)〜主稜線〜堂ヶ森〜六分峠〜坂瀬川・支流(六郎谷・古道)〜坂瀬林道の周回です

坂瀬川は仁淀川水系・面河川支流で堂ヶ森を源流とする川です
坂瀬川・下流はゴルジュなどがありちょっとハードな沢ヤ限定の場所ですが、中流からはナメ沢が多く初級の沢となっています

西側の六郎谷は六分峠から下りて沢沿いの古い道を辿って二俣・坂瀬林道まで1時間半ほどで下る事が出来ますから安心して周回する事が出来ます

登山口までは少し遠いですが、本当に面白い周回ルートなので是非皆様にお勧め致します

坂瀬川〜堂ヶ森 周回の記録は 下のURLです

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32104.Re: 坂瀬川〜堂ヶ森 周回 アップのお知らせ
名前:GakuGaku    日付:2019年08月22日(木) 06時52分
Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 600, 164KB

エントツ山さん 山行記作成ご苦労様です。

おっしゃる通り、先週の台風が通り過ぎて不安定な空模様となりナンか夏が終わったように感じます。
先日、筒上山の山頂ではたくさんのトンボが飛び交っていて秋の気配を感じました。

楽しい沢遊びでしたね。
お山登りは笑ってわくわくして楽しいのが[GakuGakuツアー]の必須条件でした。
最後の若い植林地でのイバラ漕ぎにはやられましたけど…
2006年には大木が並ぶ植林地、2012年には広大な伐採地だったんですけどねぇ…

さて予定している例の計画でエントツ山さんがどのような采配を振るってくれるのか楽しみです。
お暇なときにLINEで教えてくださいませ。

画像右が2012年時の伐採地


GakuGaku
https://ameblo.jp/gakugaku-blog/



32105.Re: 坂瀬川〜堂ヶ森 周回 アップのお知らせ
名前:エントツ山    日付:2019年08月22日(木) 09時46分
Original Size: 800 x 600, 150KB Original Size: 375 x 767, 92KB Original Size: 1155 x 719, 172KB

何時でも3〜4泊の遠征はOKよ!  孫がニセコで流行りのボルダリング? で・・・北海道土産はコレ!


ガクちゃん  おはよう

8月の減量作戦は如何に?
酒飲みが痩せるのは至難の業じゃとて

坂瀬川・中流からは沢歩きとしてはちょっとインパクトに欠ける感があるけど、私としては堂ヶ森というピークに至る道(ルート)として捉えるとまっこと面白い歩きにかわらん!

主稜線へ突き抜けて、堂ヶ森三角点を踏んで、沢沿いの道を下る・・・いいわぁ〜〜

六分峠への道って上から見ると笹原に一条の線が見える
なのに現場に下るとそんな道などナッシングゥ  アセったぞなもし

例の伐採地は北川クンがしきりに言ってた様に左から回り込む破線に沿ってどうなってるのか調べたかったねえ

それか、伐採地から六郎谷沿いに(水に入らず)下れば二俣へ簡単に合流出来そうじゃね
そこから林道への道はないけど距離も大した事がないわ

後、もう一つは
六分峠の上側にある梅ヶ市登山道上のピークから尾根伝いに大ノ森まで下るって言う手もあるよね
大ノ森北側コルから破線が丁度車を停めた場所近くまで延びてるわ


う〜〜ん 「前期高齢者 老いやすく 山歩き成り難し」 時間が足ら〜〜ん

天候不順の為、餓鬼岳〜燕岳の遠征が中止になってしもうた
食糧やその他の準備が出来ているのでいつでもどこでも遠征態勢やで


例の遠征計画は全て君達現役労働者の休みが取れる日程に掛かっている
まず、休みが取れる日程調整が先にかわらん
こちらも無給とは言え色々用事があるけんのう

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32106.Re: 坂瀬川〜堂ヶ森 周回 アップのお知らせ
名前:ヤマガツオ    日付:2019年08月22日(木) 10時17分
Original Size: 503 x 378, 121KB Original Size: 648 x 486, 187KB Original Size: 504 x 378, 131KB

エントツ山さん  GaKuGaKuさん こんにちは                                                               

アップ見せてもらいました (上まではとてもよう行きません)

自分達も2年前の8月に一部を歩かせてもらい綺麗な沢の思い出が残っています

ボルダリングの写真、左のお孫さんは2010年生まれの方の様、私の孫(女の子)と一緒ですが凄いですね

週末に西赤石日浦登山口から銅山越え途中までの沢登を予定していましたが

主催者から中止の知らせが来ました  残念

写真は2年前の坂瀬川です



32107.Re: 坂瀬川〜堂ヶ森 周回 アップのお知らせ
名前:エントツ山    日付:2019年08月22日(木) 13時44分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 299 x 400, 115KB Original Size: 599 x 800, 145KB

坂瀬川・樽ヶ関谷は沢初心者にピッタリの谷ですねえ   2010年生まれの孫 姉ちゃんのキメポーズはこれです(天空の鳥居にて)


ヤマガツオさん こんにちは

ギッチャンのHPで荒川三山1〜4シリーズ読まさせて頂きました
うまく纏められていて懐かしい写真の数々で様子が伝わって来ました

確かに初日の千枚小屋までの上りにはウンザリするでしょうねえ
「もう 飽きた〜〜〜」って叫びたくなりますわ

でも小屋泊りでザック重量10kgは少し不要な荷物の持ち過ぎかも知れませんね
水の心配が少ない山域ですからヤマガツオさんのチェックで7kg程に削れば良かったかな?
私のテント泊でも水抜きで10kg以下になりますから

さて、坂瀬川はさすが仁淀川の源流ですから水が澄んで美しい谷ですね
下流地域は水量も落差もあるのでゴルジュ帯となっているみたいです

ヤマガツオさん達が沢を切り上げたあのブロック岩滝は面白いです
節理とは言え、何故四角に切れ込まれるんでしょうかねえ
鉛筆みたいな多方形になる所もありますし・・・

我が家の2010年生まれの孫(一番小さい)は右側を上っているちょっと太目の子です
左手の姉ちゃん(中2)を見習ってダンスを習っています
あちこちのイベントに出ているみたいです

孫が成長するのは嬉しい事ですが、その分お互い歳を取りますねえ
辛い現実です

でも年に数回は遠征をしたいものです


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32108.Re: 坂瀬川〜堂ヶ森 周回 アップのお知らせ
名前:ヤマガツオ    日付:2019年08月22日(木) 23時16分
Original Size: 588 x 441, 115KB Original Size: 653 x 490, 199KB

エントツ山さん今晩は

済みません ビルの写真 遠近分からず お孫さん間違いました

鳥居の写真はピオーネさん近くの方面みたいですが? (しかし柔らかいですね)

それから沢の写真と同じ場所も写していました (水量は同じぐらいですね)

前日のキャンプ場でのお客と追加写真です


32097.夏の高瀑渓谷 返信  引用 
名前:kurenaikai    日付:2019年08月17日(土) 20時36分
Original Size: 640 x 426, 56KB Original Size: 640 x 426, 56KB Original Size: 640 x 426, 57KB

えんとつやまさんこんにちわ。冬以来に高瀑へ出かけました。林道は復旧していると思いきやトンネル近くで道路に穴が開いていてまた通行止めになっていました。今回も擁壁から復旧しないといけないのでまたしばらく時間がかかると思います。高瀑へは先日の台風の事で登山道は増水していると思ったけどそれほどでもなく普通に行けました。ただ、所々崩壊していていたり木々が倒れているところが多数ありました。小滝や警告を見ながら一時間と少しで高瀑へ到着。ここは台風の大雨で大迫力の水量でした。雨が少ないときに来たらただの崖と化しているのに素晴らしかったです。上から見ましたが違った表情で滝を楽しむことが出来ました。今回は誰も来ずでした。
www43.tok2.com/home/kurenaikai/



32098.Re: 夏の高瀑渓谷
名前:kurenaikai    日付:2019年08月17日(土) 20時37分
Original Size: 640 x 479, 50KB Original Size: 640 x 479, 50KB Original Size: 640 x 479, 50KB

上から見るとこんな感じです。滝口も水量抜群でした。遠くには御来光の滝も見えました。
www43.tok2.com/home/kurenaikai/



32099.Re: 夏の高瀑渓谷
名前:kurenaikai    日付:2019年08月17日(土) 20時37分
Original Size: 640 x 426, 49KB Original Size: 640 x 426, 47KB Original Size: 640 x 426, 50KB

もう一つの目当てのキレンゲショウマ。滝のところはまだつぼみがほとんどでしたが、下山中に少し谷に降りたところのは見事に咲いていました。
www43.tok2.com/home/kurenaikai/



32100.Re: 夏の高瀑渓谷
名前:kurenaikai    日付:2019年08月17日(土) 20時38分
Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 50KB

林道は川のようになっているところが数か所ありました。車高の高い車なら平気ですが、乗用車だったらはまったら面倒なことになります。
www43.tok2.com/home/kurenaikai/



32101.Re: 夏の高瀑渓谷
名前:kurenaikai    日付:2019年08月17日(土) 20時39分
Original Size: 640 x 426, 57KB Original Size: 640 x 426, 56KB Original Size: 640 x 426, 50KB

林道沿いのいつもは小さな滝も大迫力でした。滝壺は瓶が森の瓶ツボみたいになっているところがいっぱいありました。
www43.tok2.com/home/kurenaikai/



32102.Re: 夏の高瀑渓谷
名前:エントツ山    日付:2019年08月18日(日) 20時24分
Original Size: 600 x 800, 136KB Original Size: 900 x 506, 163KB Original Size: 900 x 675, 159KB

11年前は一筋の滝でしたが・・・ 高嶺のマッチャン    ヤバいよ〜ヤバいよ


kurenaikai さん   今晩は

夏場に高瀑の滝へ行く人は少ないですね
以前、はるちゃんからここのキレンゲショウマのレポを頂きましたがまだ見る機会がありません

特に台風の後にあの石鎚林道を走る勇気と車体を持ちあわせておりませぬ
kurenaikai さんはセレナから四駆に換えられたんですね 

11年前の夏場に高瀑の滝へ行った写真をみると水流は一筋です
ドローン写真で見ると完全に二筋に分かれてますねえ

最近は冬の氷瀑時にしか行ってませんでしたが、滝も様変わりですねえ

八巻山の登山道も水が出て、普段履いている運動靴で行ったのですが、水浸しになってグチュグチュ音をたてながら歩きました

街は暑いですが、沢筋は水の流れが風を作って結構涼しいですよね
それに登山道が沢筋だと帽子を水に濡らして被りますので熱中症対策にもなります

夏の高瀑、珍しい写真をありがとうございました


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/ishiduchisonota8takataru.html


32095.八巻山 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2019年08月17日(土) 20時20分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 506, 162KB Original Size: 900 x 675, 164KB

八巻山の銅板標識復帰〜         オトメシャジン    マツムシソウ

本日、修理中だった八巻山の山頂標識を取り付けに行ってきました
お目当てはオトメシャジンと(タカネ)マツムシソウでした

どちらの花も終盤でギリギリ間に合いました
ギボウシは既に花は無く種子となっておりました

季節の移ろいは早いです

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8gatsu-tsugamishindou.html



32096.Re: 八巻山での出会い
名前:エントツ山    日付:2019年08月17日(土) 20時33分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 900 x 675, 163KB

バランス岩の前で新田嬢に会う  八巻山の山頂で香川の天野さん(初対面) 帰りに四国中央市の釣り師に会う


今年の春に西赤石山で会った新田さんに八巻山直下で再会〜
西赤石まで縦走だとか  元気です

八巻山で標識設置場所を検討していると、登山口でほぼ同時に出発された高松の天野さん達に会った
やはり西赤石まで縦走されるんだと・・・
山歩きを始めた頃、reiko さんや私をHPで知ったとか

香川県人 頑張ってます

二股の橋で沢ヤ風の二人に出会う
二人ともヘルメットを持ってモンベルの沢靴を履いている
聞くと、釣り師(?)らしく少し上流でテント泊をして明日朝から釣り始めるとの事

数は少なかったけど、出会いはありました


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8gatsu-tsugamishindou.html



ページ: |< << 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb