[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





28948.新居浜市 尻無川を遡行 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2017年10月09日(月) 21時03分
Original Size: 488 x 800, 162KB Original Size: 565 x 800, 159KB Original Size: 800 x 599, 165KB

@今回行程図 A入谷すると基本的にナメだが倒木が多い B気持ちのいいナメが続く

エントツ山さんこんばんは。
いや〜今日は暑かったですね。

今週末は嫁さんの新居浜の実家で用事があったので、昨日はエントツ山さんのお膝元の新居浜の広瀬公園南の高速道路近くから入谷できる尻無川を遡行してみました。

わたさんのブログでこの谷の遡行記録があったので行き先の候補にしていましたが、先週の平家谷の水温がとても低く、標高の低いこの谷ならそれ程冷たくないだろうとここに決定。
さらに今回、防寒用に長袖のアンダーウェアを着てネオプレン製の鮎釣用ズボンを履いていたので、行動中は暑いぐらいで冷たさはあまり感じませんでした。

谷に入って見るとゴルジュや大釜、ゴーロ帯、大滝はほとんどありませんが、小滝とナメが連続していてなかなか楽しめました。
しかしながら、谷の周辺は植林地で倒木が多くて荒れている箇所もあり、遡行が厄介なうえ、せっかくの景観を損ねており残念でした。(添付の写真は倒木のないものばかりですが…)

標高530m付近のこの谷唯一の3段30mの大滝を越えると水量も少なくなり、標高630m付近から先は倒木で谷を塞がれており、嫌になって遡行を中止。
そこから稜線の登山道に向けて急斜面の藪を150m程あえいで登り、下山しました。

市街地のこんな近くに、遡行対象となる谷があるのには驚きました。
エントツ山さんの地元ですので、是非来年にでも一度行って見てください。
さて、来週末は気温が下がってくるようですので、これで沢は打ち止めでしょうかねえ?



28949.Re: 新居浜市 尻無川を遡行
名前:弁天山    日付:2017年10月09日(月) 21時04分
Original Size: 597 x 800, 163KB Original Size: 569 x 800, 161KB Original Size: 800 x 616, 163KB

Cここは泳いで突破 でもあまり冷たくないので助かった D雰囲気のいいナメ滝が続く Eここは直登可



28950.Re: 新居浜市 尻無川を遡行
名前:弁天山    日付:2017年10月09日(月) 21時06分
Original Size: 592 x 800, 162KB Original Size: 588 x 800, 164KB Original Size: 588 x 800, 165KB

Fこの滝は登れず捲く Gこの斜滝はなんとか登れました Hこの谷で一番大きかった3段30mの滝の全景



28951.Re: 新居浜市 尻無川を遡行
名前:弁天山    日付:2017年10月09日(月) 21時08分
Original Size: 557 x 800, 164KB Original Size: 604 x 800, 161KB Original Size: 593 x 800, 164KB

I滝の1段目を上がったところで記念撮影 J源頭の滝のようになってきた Kこの倒木で遡行を続ける気が失せました



28957.Re: こちらは池・沼で行こうか
名前:エントツ山    日付:2017年10月12日(木) 20時56分
Original Size: 900 x 675, 153KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 161KB

  燧ケ岳から尾瀬沼〜     尾瀬ヶ原の池〜    尾瀬ヶ原で群馬県と福島県県を分ける橋 


弁天山さん  今晩は


何と? まだ沢へ入ってるってかい?
それもネオプレーンで泳いだって?  もう呆(あき)れるわい 


尻無川って沢歩きが出来るんや
わたさんもようこんな所へ出没したもんですわ

尻無川って言えば以前台風の水害があって上流から大量の土石流が流れてきたのよ 確かあの川は下流部ではあんまり普段水がなく天井川(川床が周りの土地より高い)だったと思うわ
新居浜近辺は住友の植林が多いから川は荒れてるだろうね
まあ、奥さんの実家でも変人扱いされてんじゃないの?
「渓流釣り」って言えばまだしもっこの時期「沢歩いてきます」って言ったら決して尊敬のまなざしでは見られんわ
上流部は荒れてますねえ


その点「尾瀬」は凄いよ 自然がそのまま残ってるから沢筋の紅葉は物凄く綺麗じゃ
退職後は奥さんへの罪滅ぼしで尾瀬にでも行きなはれや〜


エントツ山 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-8g-kurodoone-houou3zan.html


28944.紅葉真っ盛りの石鎚山 返信  引用 
名前:kurenaikai    日付:2017年10月09日(月) 17時12分
Original Size: 426 x 640, 125KB Original Size: 640 x 426, 156KB Original Size: 640 x 426, 131KB

エントツ山さんこんばんわ。紅葉真っ盛りの石鎚山へと登ってきました。混雑するのは嫌なので午後の遅い時間に出発しました。東陵より見る南尖峰の紅葉はとても素晴らしくこれまで見た中で一番でした。墓場尾根の紅葉も今まで以上でした。人も少ないのでゆっくりすることができました。墓場尾根から見る南尖峰もとてもきれいでしたよ。天狗岳へ到着して弥山を見ると人も少なくじっくり見ることがでました。弥山から見る天狗岳も素晴らしいの一言です。紅葉の他に月に照らされる石鎚と星空をも撮ろうと思いましたが、曇りだしたので諦めて下山しました。それと私のホームページの文字化けの件ですが、複数台のパソコンで見ても再読み込みすると解消されました。こちらもフォントなどを調べてみましたが原因はわからずじまいでした。スミマセン。
http://kurenaikai.bob.buttobi.net/



28945.Re: 紅葉真っ盛りの石鎚山
名前:kurenaikai    日付:2017年10月09日(月) 17時13分
Original Size: 640 x 426, 157KB Original Size: 426 x 640, 121KB Original Size: 640 x 426, 110KB

墓場尾根も今まで見たことのない紅葉状態でした。
http://kurenaikai.bob.buttobi.net/



28946.Re: 紅葉真っ盛りの石鎚山
名前:kurenaikai    日付:2017年10月09日(月) 17時15分
Original Size: 640 x 426, 66KB Original Size: 640 x 426, 70KB Original Size: 640 x 426, 94KB

天狗岳も素晴らしいの一言。昼間とは違い人がすくないのでゆっくり見られました。
http://kurenaikai.bob.buttobi.net/



28956.Re: 紅葉真っ盛りの石鎚山
名前:エントツ山    日付:2017年10月12日(木) 19時50分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 154KB

石鎚の紅葉には負けるかも知れない谷川岳の秋


kurenaikai さん  今晩は

先程新居浜から高松へトンボ返りしてきました
石鎚の紅葉、東稜、墓場尾根付近は例年通り素晴らしい出来上がりですね
今日から天気があまり良く無いのでこの日が今季最高の紅葉かも知れません
遠征とスケジュールがガッチャンしましたので残念です

今年はどうしても黒戸尾根(甲斐駒)と西黒尾根(谷川岳)を這い上がって見たかったものですから・・・

今回は欲張って尾瀬にも寄る事にしたので下山を天神尾根コースにしたのが大誤算でした
どうってことも無い岩場もどきで大渋滞を巻きお越し全く行列が進みませんでした
こんな事なら一ノ倉岳から中芝新道をくだるんでしたわ

チョー大好きな東稜、墓場尾根の紅葉 ありがとうございました


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-8g-kurodoone-houou3zan.html


28940.℞ バーナー、クラシック 返信  引用 
名前:高御位山    日付:2017年10月07日(土) 20時33分
Original Size: 767 x 1024, 80KB Original Size: 1024 x 767, 80KB Original Size: 1024 x 768, 80KB

 師匠、こんばんわ。

 石鎚山の紅葉も盛り、実に素晴らしいですね。写真の放列と言った
所でしょうか。涸沢の紅葉も過ぎたと山の仲間から連絡が有りました。
この連休、好天で有れば涸沢の圏谷はテントを張る場所も無いでしょうね。

 山登りが出来ないから古い道具で勝負します。ホエーブス、オプチマス
はまだ現役です。家の庭で燃焼確認をして居ます。双方とも40年使用中。
山岳会の合宿中はメンバーが多い為に、ガソリンが有利、ガスは少人数に。

 ボーと言うホエーブスの心強い燃焼音が身も心も癒して呉れた。特に冬山
では力づけて呉れたことか・・・ ガスでは力を呉れる音がしない。

1 岳人の命 オーストリア製ホエーブス.火が付いて居るのが見えるでしょう。
2 ケースがセットに成って一寸重いが人気あり
3 ガソリンボトル



28941.Re: 稲叢山渓谷コース
名前:はるちゃん    日付:2017年10月09日(月) 11時04分
Original Size: 1000 x 632, 97KB Original Size: 1000 x 663, 96KB Original Size: 1000 x 663, 98KB

高御位山さん御無沙汰して申し訳ありません、絶えずご壮健の由何よりです。
寄る年波には勝てず最近の私は皆さんには付いて行けず悲哀を感じながらの歩きをしています、
お世話になった10年前の雪彦山当時がとても懐かしいです。

エントツ山さんこんにちは、
昨日は高知の友人と時間を掛けて稲叢山の渓谷コースを歩き今盛りのセンダイソウを愛でて来ました、
花は満開の状態で綺麗なものの残念ながら台風18号の風で葉先が痛み
生き生きした写真が撮れませんでした。

下山は18年振りのコースで降りたが殆ど記憶が薄く木立も成長して付近が変わっていました。

はるちゃん



28942.Re: ℞ バーナー、クラシック
名前:高御位山    日付:2017年10月09日(月) 20時47分
Original Size: 768 x 1024, 91KB Original Size: 1024 x 768, 91KB Original Size: 1024 x 768, 92KB

  エントツ山師匠、お先に失礼します。

 はるちゃん、私の方こそ失礼して居ます。はるちゃんの山行は常に師匠の
掲示板で拝見して居ます。エントツ山さんや我々の大先輩です。もっともっと
長息して色々な事を教えて下さい。はるちゃんの過去の山行すべて師匠の記録
を保存して居ます。

 一緒に登った雪彦山は早や10年も前になるのですね。あの時一緒だった
くっさんも菅さんも帰らぬ人となって仕舞いました。残念と言うしか有り
ません。私の方も脳梗塞が悪化して右半身場不自由で駅の階段の昇降が不自由
ですが手摺を掴んで何とか。杖、ストックは使用して居りません。

 雪彦山の写真は沢山有りますよ。そしてはるちゃんから戴いた、美味しい
松茸入りの讃岐うどん、あの美味しい味は今も舌に残って居ます。

1 雪彦山直下の背割り岩を通過するはるちゃん
2 大天井岳山頂で女性サポート隊と
3 くっさんと一緒で食事



28943.Re: ℞ バーナー、クラシック
名前:高御位山    日付:2017年10月09日(月) 16時32分
Original Size: 768 x 1024, 91KB Original Size: 1024 x 768, 92KB Original Size: 1024 x 768, 92KB

1 地蔵岳にて撮影中のはるちゃん
2 下山中の岩場でXサインのはるちゃん
3 岩場を慎重に下降する仲間達



28955.Re: B級登山は楽し
名前:エントツ山    日付:2017年10月12日(木) 15時37分
Original Size: 900 x 860, 165KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 161KB

 谷川岳GPSトラックログ図        谷川岳西黒尾根     一ノ倉沢を覗く


高御位山さん
はるちゃん  今日は

今日未明に遠征から高松に帰り、仮眠の後新居浜詣でをしております

以前も高御位山さんから見せて貰いましたが、昔のガソリンストーブは風格がありますねえ

今は機能重視でソトもガソリンストーブからガスが主体になっていますね
先日この掲示板で紹介したSOTOウィンドマスターSOD310は優れもので我々クラスの雪山にも安定した火力を誇ります
レギュレーターとガスボンベで200gを切りますから年寄りテント泊縦走者の強い味方です
火力も強いし風にも強いし良い音を出します

今回は谷川岳の西黒尾根を上りましたが、(旧)日本三大急登と言われた割にはそんなに大した事はありませんでした
でもこの秋に上る西黒尾根の美しさは格別でした

山頂尾根から一ノ倉沢をのぞき込みましたが迫力満点の岩壁が切れ落ちておりましたわ
あんな場所は「見てるだけ〜♪」の世界です


はるちゃん
確かに以前よりは体力が落ちたって嘆くのはみんな同じです
はるちゃんは恐るべし92歳ですよ 皿ヶ嶺や稲叢山に現役で登れるんですからねえ


我々も遅ればせながら色んな工夫をしながら山歩きを何とか続けております
先日は伊予の鈍亀さん達と黒戸尾根〜甲斐駒〜早川尾根〜鳳凰三山をヘロヘロになりながら繋ぎました

今回は10月7日朝高松を出て夕方谷川岳の登山口で車中泊
10月8日谷川岳に上り、その日に尾瀬の入り口戸倉で車中泊
10月9日は至仏山へ登り尾瀬ヶ原〜見晴にてテント泊
10月10日に燧ヶ岳へ登り見晴にてテント連泊
10月11日に見晴〜尾瀬ヶ原〜鳩待峠〜戸倉 途中仮眠して高松へ

長期遠征の前後には新居浜に帰って母普請・・・
皆さまから寄せられる石鎚紅葉を見せて頂きながら新居浜祭りを控えてバタバタと暮らしております


下のURLは 先日伊予の鈍亀さん達と歩いた黒戸尾根〜鳳凰三山の記録です


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/boukyo43heikedani.html


28937.石鎚へ行こう 返信  引用 
名前:リップ    日付:2017年10月05日(木) 19時41分
Original Size: 800 x 600, 87KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 600 x 800, 95KB

こんにちは。今日は掃除で石鎚へ行ってきたわ。
今年の石鎚の紅葉はなかなかのもんよ、先日ゆ〜ちゃんに会った日の紅葉も素敵でみんなでキレイキレイ、ポスターに使えるって喜んだけど、今日はもっと紅葉が進んでてすごいことになってた。
ただ、天気が悪い、カメラが悪い、腕が悪いで綺麗に取れない。
目で見るとすごいのよ、人間の目はすごいね。

1・・瓶の滝雲
2・・北壁の紅葉、だれもが見とれたわ、日差しがほしい
3・・弥山に着いたらガスガス、昼食しながら粘ってこれが限界



28938.Re: 石鎚へ行こう
名前:リップ    日付:2017年10月05日(木) 19時47分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB

4・・福島さんが撮影してた。きれいですね、って言ったら福島さんもこんなのは久しぶりだって



28939.Re: 石鎚へ行こう
名前:エントツ山    日付:2017年10月06日(金) 06時58分
Original Size: 800 x 600, 99KB

こんな石鎚になってるんやろかねえ

リップさん  おはようございます

ドウダンツツジがいい色になりましたねえ
この真っ赤な色が石鎚紅葉の特徴ですわ

趣味と実益を兼ねるって言いますが、リップさんのトイレ掃除はまさにそれですねえ

今日、明日は雨ですが日曜日から天気が回復するのでこりゃ石鎚は賑わいますね

石鎚は年に4度のお祭りがあります
お正月の雪まつり
5月のアケボノ祭り
7月のお山祭
そして10月の秋祭り・紅葉祭りですわ

お祭りですから人で賑わいます
それが嫌だっていう人がおりますが年に4回しかないお祭りですからそこは目をつぶって・・・ 否、目をつぶったら紅葉が見えん!
そこは大目に見て石鎚へ行きましょうよねえ

リップ姐 石鎚紅葉情報ありがとうでござる

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-chuoalps1stday.html


28936.中秋の名月 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2017年10月05日(木) 08時20分
Original Size: 800 x 600, 92KB Original Size: 800 x 600, 90KB Original Size: 900 x 675, 100KB

中々雲に隠れて出てこない   手動・手押しで撮った月   三脚・タイマーで撮った月 (そんなに変わらん)

去年の中秋の名月は確か9月15日
今年は何故か10月4日  毎年違うんですねえ

旧暦はお月さんが新月から満月、そして新月に帰るサイクル=29.5日を約30日として作られておったそうな

そしてその中間の満月に近い夜を15夜と呼んだ 

で・・・中秋って?
旧暦では7月、8月、9月が秋の季節でその真ん中の旧暦8月15日が中秋にあたる

ちなみに旧暦の7月は孟秋(もうしゅう) 孟は初めの意味らしい
旧暦の8月が仲秋(ちゅうしゅう)    真ん中
旧暦の9月が季秋(きしゅう)      季は末、おわりの意味らしい

旧暦秋三月のど真ん中=8月15日が特に 「中秋」と呼ばれたみたい

太陽暦では1年が約365日なのに、この月を主体にした旧暦では約354日なので次第にズレて来る  このズレを調整する為に3年に1度閏月(うるうづき)を作って調整してみたい

昔は農業の為にはこの旧暦が便利だったらしい。現代は殆ど使わなくなったけど、生活の節々にこの旧暦用語が顔を出す

満月は10月6日(金)らしいけど、まあテレビなどで中秋の名月が話題になってるので昨夜カメラを構えてみました

お天気が今一つで十五夜お月様が殆ど雲に隠れている状態でとてもススキとコラボ写真なんて無理でした

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-chuoalps1stday.html


28917.わたしやって・・・PartU 返信  引用 
名前:kazashi    日付:2017年10月02日(月) 08時20分
Original Size: 640 x 426, 135KB Original Size: 640 x 426, 100KB Original Size: 640 x 426, 96KB

ご無沙汰しています、エントツ山さん!

ここの所のこの掲示板にアップされる、皆さんの遠征の写真を
指をくわえて横目で見ながら悶々としていました。が、どうにも
辛抱たまらんので、出かけてきましたよ!

往復12時間も走って、ロープウェイ利用でお手軽山歩きでしたが、
わずか4時間ほどですが、アルプスの雰囲気を味わうことができて、
無理して出かけて良かったです。
千畳敷カール〜中岳〜木曽駒ケ岳〜宝剣岳
http://blog.goo.ne.jp/kazashi01



28928.Re: わたしやって・・・PartU
名前:エントツ山    日付:2017年10月02日(月) 21時20分
Original Size: 784 x 800, 291KB Original Size: 750 x 562, 75KB Original Size: 750 x 562, 75KB

退職すればこんな縦走が待っている  三ノ沢岳から木曽駒方面   空木岳もいい山でっせ〜

kazashi バーナード  今晩は

水曜会のブログは読んでるよ
いい山の会をみつけたねえ

千畳敷カール〜中岳〜木曽駒ケ岳〜宝剣岳 のブログも拝見
この一瞬(一日)に懸けて高速道をひた走る・・・四国は確かに距離的なハンディがあるけど中央の山に出かける価値は大きいわ

現役の時はこんな弾丸登山しか出来ないけど、まあちょっとばかし若いし多少無理が利く
惜しむらくは運転を交代出来る山友が居れば退屈も緩和されるんだけどね
まあ年代的にしゃーないわ

ブログの写真を見てたら「サングラス」を掛けてないよ
紫外線で目をやられるから絶対サングラスをする様にね
私は海関係の仕事で両目をやられてしまったから気を付けてね

ブログを読んでて登山口の駐車場でバス待ちの大行列を思い出したわ
あれって焦るよね

私の場合は空木岳から下山して夜になって駐車場が何処だかわからなくなって・・・車を止めて聞こうと手を上げてもヒッチハイクと間違われて1台も止まってくれなかった
どこかのホテルに入ってフロントで駐車場への道を聞いた
今なら地図内蔵のGPSで基に帰れるんだけど・・・・・

中央アルプスの秋縦走は素晴らしい景色で、特に空木岳付近の石灰岩と青空にウラシマツツジの真紅が映えてそりゃ魅せられたぞいな


来たるべき退職後に備えて酒を慎み、年金を納めて四国の山キチの次代を担っておくれよ


下のURLは私の中央アルプス縦走記です 宝剣岳の西側に夢を繋いで下さい


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-chuoalps1stday.html



28934.Re: わたしやって・・・PartU
名前:kazashi    日付:2017年10月03日(火) 09時50分
Original Size: 800 x 533, 136KB Original Size: 800 x 533, 123KB Original Size: 800 x 533, 227KB

三の沢岳への縦走路 空木岳への縦走路 名残り惜しんで振り返る

中央アルプス縦走 三部作読ませて頂きました。

それにしても、三の沢岳さらには南駒ケ岳まで足を延ばすなんて
さすが鉄人です。
初めて中央アルプスを歩きましたが、北や南アルプスに比べて
ほとんど聞いたことのない山ばかりで、唯一宝剣岳から南を眺めて
あのあたりが空木岳かなぁ〜なんて思っていました。

三の沢岳も空木岳も、その間の縦走路も素晴らしい景色ですね。
いつかは中央アルプスもゆっくり歩いてみたいと思いますが、
他にも沢山行きたい山があるので、コツコツと山貯金を始めておきます。
http://blog.goo.ne.jp/kazashi01



28935.Re: ガスバーナー
名前:エントツ山    日付:2017年10月03日(火) 21時11分
Original Size: 800 x 600, 145KB Original Size: 800 x 600, 148KB Original Size: 800 x 600, 145KB

(左から)プリムスP115    ソト・ウィンドマスターSOD−310 ジェットボイルーZIP

kazashi バーナード  今晩は

記憶によれば我々が山のHPを始めた時に中央の山へ行ってたのは kazashi さんだけだった気がする(山の会で)

あの頃はまさか自分が北アルプスやら南アルプスやら中央アルプスへ行くなんてこれぽっちも考えて無かったわ

山道具に凝りだしたのはテント泊をする様になってからやね
山で夜を過ごすと道具の工夫や大事さなど色々勉強になる

特にテント泊ではガスバーナーが必需品になってくる
最初は出来るだけ軽い物って事で世界最軽量のプリムスP115を買った
バーナー自体は57gだが五徳が3本で小さいのでよく上に乗せているコッフェルが滑って大事なお湯を無駄にした

一泊位だったらジェットボイルが便利なんだけどちょっと重い(セットで550gある

で・・・現在は ソト・ウィンドマスターSOD−310 87gに落ち着いた これは4本五徳にしているから安定している

グランドシートは kazashi さんから譲って貰った建材用タイベックシートを必ず持って行ってます

今は現役で弾丸登山やけど余裕が出来たら装備をなるべく軽くしてテント泊するのが安くつく

若いって事は将来がまだあるって事でこれは大きな財産です
健康に気を付けて機が熟すのを待っておいて下され

その頃は不要になった山道具を譲ってあげるわ

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-chuoalps1stday.html


28926.神戸丸〜金瀬 返信  引用 
名前:ヘキチョウ    日付:2017年10月02日(月) 21時05分
Original Size: 381 x 600, 162KB Original Size: 800 x 419, 164KB Original Size: 800 x 600, 148KB

エントツ山さんこんばんは

この度はお見舞いのご挨拶もせず申し訳ありません。
早くいつもの元気なおじさんに戻ってくれますように

今回もMR.Bと2名隊員で珍道中を繰り広げて参りました。

尾根間違で20分程時間をロスしましたが、そんなことはいつものことです。

神戸丸山頂から金瀬と吉野丸の分岐点の途中にある1088mピークを巻くトラバース道は
事前の情報でザレているのはわかっていました。           

ところがB隊長はどんどんそこを行ってしまい、GPS隊員はザレ場は得意なのでフリーズしている私を
ほったらかしてはるか先に行ってしまうではありませんか。                  

帰りは絶対に尾根道を歩いて下さい、あれほどここはザレてると言ったのにもうっ、とぷりぷり怒ったので
B隊長は、奥さんは恐ろしい山の神だとおののきました。       

金瀬に到着し見晴らしもよいので、すっかり休憩モードに入った薄情な男二人に、そのちょっと先に(240m位)素敵な展望所があるので
そこでお昼にしようというと、たったそれだけ歩くのを大義がるので文句を言うと、なんてわがままな山の神だと、しぶしぶ同行してくれてました。

昔はスズタケの大藪の尾根歩きだったそうですが、ササは全滅しており愛媛とはちょっと違ったジャングルぽい風景です。
                                              


しんどいのは帰路の神戸丸への登り返し位です。道なりにぼんやり歩いてしまうとしっかりした踏み跡や赤テープまである
違う道が2箇所あるので要注意です。上越峠にはお地蔵さんがあります。

悪路で名高い湯桶丸などに行く道の途中から野久保谷川沿いに林道を行きます。
林道は舗装道で昨日の時点では、一般の車でも登山口までは大丈夫ですが登山口から2キロ位先で林道は崩壊しております。

展望箇所が尾根沿いにたくさんあります。海も良く見えます。町が見えますが、東洋町か海陽町かその辺り?



28927.Re: 神戸丸〜金瀬
名前:ヘキチョウ    日付:2017年10月02日(月) 21時15分
Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 618 x 600, 161KB

金瀬に向かう広い尾根の風景

金瀬の先にある展望所から金瀬山頂を見る

登山口のあたり 登山口に案内板あり



28933.Re: 那賀川水系の山々
名前:エントツ山    日付:2017年10月03日(火) 06時34分
Original Size: 1024 x 765, 366KB

  那賀川水系の山々


ヘキチョウさん
MR.ビーンとその仲間(♂)  おはよう

相変わらずこのメジャーな山々が紅葉している中、マイナーな山を攻めていますね
20分程尾根間違いをしたらしいですが、まあこれはお決まりの儀式みたいなもんで山歩きの味付け、ふりかけって所でしょうか

神戸丸〜金瀬って愛媛からえっと遠いじょ
MR.B級はジムニーと一体化してるからええけど、同乗者には同情するわ

早田チェイサーのバリー隊長はターゲットの山をポンポンと無作為登山をしている様だけど、いつも頭の中には全体像って言うか四国の山のイメージを持って欲しい

今回の場合は「那賀川水系の山々」って事で地図を広げてみると東西に大きく分けて3本の山脈が並んでいますわ

退職後には数々の1000m峰を歩いた感傷に浸りながらそんな山々を繋いで縦走をして貰いたいねえ

バリーレポやヘキチョウレポは私が未だ行った事がない四国の山々を紹介してくれるので勉強になります

マイナーな山へ一人で行くのはバリバリ寂しいからまあ気が向いたら付き合ってあげてね


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-chuoalps1stday.html


28911.涸沢の紅葉 返信  引用 
名前:kurenaikai    日付:2017年10月01日(日) 23時17分
Original Size: 640 x 426, 160KB Original Size: 640 x 426, 164KB Original Size: 640 x 426, 126KB

エントツ山さんこんばんわ。紅葉の燃える涸沢を急に見たくなり金曜日仕事終了後出かけました。朝四時に平湯についたので予定では九時ころには涸沢に着いて奥穂高まで行くつもりでしたが、上高地行きのバスは長蛇の列で何台も待ちました。おかげで上高地についたのは七時となりましたがスピードを上げて登れば二時間半で上高地から涸沢まで行けると思いましたがさすが秋の紅葉の時期とあって登山道は大渋滞となり思うようにスピードが出ず涸沢に着いたのは昼前となりました。この時点で奥穂高は断念して涸沢の紅葉をメインとしました。さすがに素晴らしい紅葉で秋の時期に来たのは初めてなのでとても感動しました!紅葉も素晴らしかったけど夜の星空も素晴らしく翌日の朝日に染まる穂高も素晴らしいものでした!
http://kurenaikai.bob.buttobi.net/



28912.Re: 涸沢の紅葉
名前:kurenaikai    日付:2017年10月01日(日) 23時18分
Original Size: 640 x 426, 119KB Original Size: 640 x 426, 70KB Original Size: 640 x 426, 64KB

星空も素晴らしいの一言です。
http://kurenaikai.bob.buttobi.net/



28913.Re: 涸沢の紅葉
名前:kurenaikai    日付:2017年10月01日(日) 23時18分
Original Size: 640 x 426, 63KB Original Size: 640 x 426, 84KB Original Size: 640 x 426, 77KB

翌朝も快晴でした。
http://kurenaikai.bob.buttobi.net/



28914.Re: 涸沢の紅葉と奥穂高岳
名前:ストーンリバー    日付:2017年10月02日(月) 00時50分
Original Size: 800 x 533, 137KB Original Size: 800 x 533, 148KB Original Size: 800 x 533, 147KB

エントツ山さん kurenaikaiさん 今晩は。

私も紅葉真っ盛りの涸沢カールと奥穂高岳へ行って来ました。
kurenaikaiさんも登られたのですね〜本当に凄い人出でしたね。
毎日、天気予報と紅葉情報をチェックしていたのでバッチリです。

二年前に奥穂高岳と北穂高岳に登っているのですが、来年には
もう厳しい山へ登る体力が無いかもしれないので最後のチャンスかな?と
思い切って出掛けました。行って良かった!大満足です。

9/28 平湯温泉 あかんだな駐車場(車中泊)
9/29 あかんなだ駐車場〜上高地〜涸沢ヒュッテ(泊)
9/30 涸沢ヒュッテ〜奥穂高岳〜涸沢〜17時の最終便で上高地発〜駐車場
10/1 SAで仮眠して帰宅

29日は平日にも関わらず登山道もヒュッテも大混雑
ヒュッテでは布団一枚に三人でした。この日は800人位が宿泊したそうです。
30日(土)は奥穂から下山後にもう一泊して、翌日下山しようと思っていたのですが、
30日は1000人以上泊まるそうなので、急遽下山しました。
涸沢カールの紅葉は混雑無くしては絶対に見られません。紅葉祭り?

29日、涸沢ヒュッテに到着した時、水場の所で田中陽希さんとバッタリ!
快く写真撮影に応じて下さいました。気さくでテレビで見るままの方でした。

奥穂高岳山頂
ジャンダルム
奥穂より涸沢岳〜槍ヶ岳〜北穂高岳



28915.Re: 涸沢の紅葉
名前:ストーンリバー    日付:2017年10月02日(月) 00時57分
Original Size: 800 x 533, 150KB Original Size: 800 x 533, 150KB Original Size: 800 x 533, 150KB

涸沢カール
涸沢槍と紅葉
北穂高岳方面の紅葉



28916.Re: 涸沢の紅葉
名前:ストーンリバー    日付:2017年10月02日(月) 01時02分
Original Size: 400 x 266, 149KB Original Size: 800 x 533, 149KB Original Size: 800 x 533, 148KB

田中陽希さんと
カラフルなテント場



28925.Re: 涸沢の紅葉
名前:kurenaikai    日付:2017年10月02日(月) 17時14分
ストーンリバーさんこんにちわ。
物凄い人出でしたね。29日の朝に到着して登りましたが朝早いにもかかわらず沢山の人が
登られていました。涸沢もテント場は凄かったです。写真を撮るので
テント泊まりにして正解でした。一度小屋から出たらもう自分の布団はなくなってると思います。
トイレも大変でしょうね。朝は長蛇の列で特に女性の人は大変そうでした。二日しか休みがないので
今回は奥穂高はあきらめて朝下山しました。下山も相当渋滞で時間がかかり普通の三倍以上の時間がかかりました。
秋の涸沢は仕方ないでしょうね。


28931.Re: ワオ〜〜  涸沢の紅葉
名前:エントツ山    日付:2017年10月03日(火) 05時27分
Original Size: 700 x 525, 87KB Original Size: 1024 x 768, 165KB Original Size: 1024 x 610, 163KB

  雪の涸沢もいいけれど・・・   テントの色が綺麗なんだけど・・・  一体何処にテントを張れば・・・



kurenaikai さん
マンダム ストーンリバーさん
マダム  ストーンリバーさん     お早うございます


kurenaikai さん

仕事が現役の時にこの時期の涸沢は大変ですが、よくぞ行って来られました
テント泊は自然の中に包まれて寝るって感じしますよね
秋山の夜や明け方は相当冷えるので防寒着やら野営装備でザックは重たいし・・・

カメラや三脚も重たいんですよねえ
でもその夜空を見たら「来て良かった〜〜」ってしみじみ思った事でしょう
又モルゲンロートの色もいいですね

う〜〜ん 涸沢は4度行ってますが、秋の涸沢は一度は雨、2度目は少し時期が過ぎてました

テント場所は中々良い場所は残っていなかったでしょ?
私は相当右下のナナカマド近くに無理して張りました
テントの申し込みで長蛇の列にびっくりしましたわ
それと朝のトイレ行列・・・ 

色んな不自由がありますが、それを吹き飛ばしてくれる魅力が秋の涸沢にはありますねえ

それはそうとkurenaikai さんのHPって文字化けで読めないんだけど
F5キーで再読って書いてあるのですがそれでも文字化けは直りません
HPの表紙は良いのですが、各ページになるとサッパリです
折角ですから万人がクリックすれば即見れる様なHPを考慮下さい


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-chuoalps1stday.html



28932.Re:ワォ〜〜  涸沢の紅葉
名前:エントツ山    日付:2017年10月03日(火) 05時48分
Original Size: 768 x 1024, 162KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 98KB

小屋もキツいけどテントもキツいよ〜  こんなんだもんね  私の場合は少し遅かった


ストーンリバーさん


え? 布団1枚に3人ですか〜  まあ覚悟の上だったとは思いますが
テン場も良い場所は早めに抑えられてますからロクな場所が残っておりませんわ
パネルの貸し出しがあるって聞いてたけど、そんなもん当然残ってないし・・・
ナナカマド横の岩と石の上に無理やりテントを張りました
まあ一旦張れば自分だけの空間になりますからね
でもテント地は薄いので騒ぐ声やイビキなんかはそこら中から聞こえてきます
朝の暗い内から大声でワイワイ言って朝食を作るグループなんかも居てね

でも・・・夜、テントの中から顔を出して夜空を見上げるとまるで宇宙ですわ
kurenaikai さんやファルコンさんの様に夜空を写真撮影出来る技術があれば・・・って思いますねえ

ストーンリバーさんのナナカマドとダケカンバと草紅葉・・・ いいじゃん いいじゃん!!
そんな色合いの涸沢を眺めていたのね  羨ましい

テント泊の場合、涸沢に張ったテントをそのままにして軽装で北穂〜奥穂を回って下りてくる人が結構おります
でも小屋の場合は布団を予約する訳にも参りませんよねえ

田中陽希さんと西条以来の再会ですね
え〜〜 ツーショット写真・・・・ええんか〜〜〜
「日本200名山の時にわざわざ西条まで会いに行きました〜」とか何とか言いながら田中陽希さんにすり寄ってゲットしたんでしょうよ

涸沢のカラフルな秋模様と奥穂高の無機質な岩峰と寝不足ながらお得な山旅でしたねえ

涸沢・・・久しく行ってないので来年こそは・・・
と言うのは天狗池に写る槍ヶ岳を見る夢が未だ残っているんですわ

日本一美しい秋山レポ  ありがとうございました


エントツ山
 
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-chuoalps1stday.html


28920.最後の八ヶ岳 返信  引用 
名前:伊予の鈍亀    日付:2017年10月02日(月) 15時49分
Original Size: 800 x 791, 165KB Original Size: 800 x 449, 161KB Original Size: 800 x 450, 160KB

エントツ山さん こんにちは

八ケ岳に行って来ました。(9月30日、10月1日)
八ッツの岳の内、残っていた三ッツの岳、西岳、編笠山、権現岳に登り、二日目、赤岳、阿弥陀岳でした。これで、八ケ岳は一応終わりにしようと思っています。

一日目。登山口は富士見高原登山口。三ッツの岳を登り、キレット小屋泊。
天気が良く、富士山やアルプスの景色をそれぞれの頂上から堪能。
一番特徴的だったのは、編笠山。ゴロゴロ大きな岩が積み重なった山で、山小屋の赤ちょうちんも印象的でした。

キレット小屋では、予約なしの飛び込みのもかかわらず、個室が与えられられ、ゆっくりと過ごせました。
キレット小屋では、薪ストーブでご飯を炊いていて、珍しかったです。
私たちは、最近覚えた素泊まりでしたが、同じ素泊まりで自炊の方と、インスタント食品談義で盛り上がりました。

二日目。キレット小屋から赤岳〜阿弥陀岳〜御小屋尾根〜美濃戸口

赤岳への登りは、岩登り。
中々、大変で随分追い抜かれショックでしたが、後でタイムを見ると割と早かった。
最後の阿弥陀岳の登りは厳しく、やっとの思い出頂上を超え、その後の御小屋尾根、下りが長くて長くて・・・

両日共に、運良く秋晴れ。
富士山も見飽きる程見たし、グルット、アルプスの眺めも堪能しました。

70歳の夫婦にはちょっとキツイ登山でしたが、亀は兎を目指してはいけないと悟りました。これからは、身の丈にあった山歩きを目指します。

八ケ岳は年寄りも多いけど若者も多いですね。
厳しくも賑やかで楽しい山でした。


写真1;西岳 2;青年小屋



28921.Re: 最後の八ヶ岳
名前:伊予の鈍亀    日付:2017年10月02日(月) 15時56分
Original Size: 800 x 449, 162KB Original Size: 800 x 450, 159KB Original Size: 800 x 449, 162KB

写真追加
1;権現岳山頂
2;赤岳、中岳、権現岳(キレット小屋への途中)
3;キレット小屋の薪ストーブ



28922.Re: 最後の八ヶ岳
名前:伊予の鈍亀    日付:2017年10月02日(月) 15時59分
Original Size: 800 x 450, 142KB Original Size: 800 x 450, 164KB Original Size: 800 x 450, 163KB

また、追加です。
1;2日目の朝、富士山
2;赤岳への途中
3;赤岳山頂



28923.Re: 最後の八ヶ岳
名前:伊予の鈍亀    日付:2017年10月02日(月) 16時10分
Original Size: 800 x 450, 156KB Original Size: 800 x 449, 165KB

またまた、追加です。
1;赤岳で黄昏る若夫婦
2;阿弥陀岳、山頂
3;赤岳の下り



28924.Re: 最後の八ヶ岳
名前:伊予の鈍亀    日付:2017年10月02日(月) 16時12分
Original Size: 800 x 449, 162KB

阿弥陀岳山頂の写真が抜けておりました。



28930.Re: 最後の八ヶ岳
名前:エントツ山    日付:2017年10月02日(月) 23時38分
Original Size: 900 x 809, 431KB

八ヶ岳連峰


伊予の鈍亀さん   今晩は

え〜〜? もう八ヶ岳から帰っちゃったの?  早すぎる〜〜
未だ黒戸尾根〜鳳凰三山のHPは出来てないわ  
何せ婆さん当番と孫当番で、その合間でリハビリ歩きと中々落ち着いて取り組めないザンス

大腸ポリープの件がなければ以前打ち合わせさせて貰った様に八ヶ岳の南側まで連れて行って貰い、その後蓼科山(たてしなやま)まで歩くつもりでおりましたわ

単独でこれをやるとなるとバスとJRで元に帰るって事になります
何事もタイミングですね  今回ご一緒出来ず残念でした

「亀は兎を目指してはいけないと悟りました」って老亀はスピードが出ませんがお互いコツコツと歩けばその内に目的地に到着します

「無事コレ名亀ナリ」 息の長い山歩きを続ける事がウサギに勝つ方法ですけん

天気を確認して良い八ヶ岳のシメになりましたね


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-chuoalps1stday.html


28918.小川山と瑞牆山 返信  引用 
名前:ふーみん    日付:2017年10月02日(月) 14時08分
Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 153KB

後ろは甲斐駒ケ岳の黒戸尾根  小川山金峰山荘と向かいの岩場  瑞牆山の一部(登ったのは、とんがり山の奥のルート)  

エントツ山さん こんにちは
涸沢は見事に、石鎚もかなり紅葉してるんですね

週末は小川山(2418m)と瑞牆山(2230m)でしたが、紅葉が始まってるねというくらいでした
朝の気温は5度で風があり、いきなり冬のクライミングとなり、四国勢は震えました

瑞牆山の駐車場からしばらくの間は、剣山系のように鹿の害を受けています

瑞牆のルートの取り付きは2000mの所で、岩塔は登ったけれど山頂は踏んでいません
「あと200mくらい、行かんかいー!」と怒られそうです



28919.Re: 小川山と瑞牆山
名前:ふーみん    日付:2017年10月02日(月) 14時14分
Original Size: 800 x 600, 149KB Original Size: 600 x 800, 160KB Original Size: 600 x 800, 157KB

ばんざい写真の右、雲から覗いているのは富士山

憧れの佐藤裕介さんポーズを決めたまではよかったけれど、この体勢(バックアンドフットといいます)のまま5mくらい下りなければいけなくなって大いに焦りました

瑞牆山のポピュラーな登山道沿いにある不動沢屏風岩



28929.Re: 小川山と瑞牆山
名前:エントツ山    日付:2017年10月02日(月) 22時32分
Original Size: 1024 x 683, 335KB Original Size: 695 x 460, 72KB

瑞牆(みずがき)山と小川山の場所     瑞牆山


ふーみんさん  今晩は

行ってきましたか 瑞牆山と小川山の岩場に・・・
瑞牆山は日本百名山で黒雲母花崗岩の岩山だと知っていましたが、北側の平凡な名前「小川山」もクライマーに知られた場所らしいですね

近くには甲武信ヶ岳や深田久弥終焉の地「茅ヶ岳」(あしがだけ)もあり、又西隣は我々がこの間歩いた甲斐駒、鳳凰三山、更に北側には八ヶ岳と・・・

山キチにはこたえられない場所ですわ

バックの黒戸尾根・・・もうすでに懐かしい場所になりつつあります
地域的にこの辺りの紅葉はもう少し先の様ですね

遠征レポ ありがとうございました


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-chuoalps1stday.html


28906.2週連続の石鎚。やっぱりすごい! 返信  引用 
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2017年10月01日(日) 21時32分
Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 800 x 533, 161KB Original Size: 800 x 533, 158KB

エントツ山さん、こんばんは〜

なかなか投稿できませんでしたが、9月は台風以外実は
寒風山、大山、そして2週連続の石鎚でした。

先週は台風の影響でまだ土小屋までは行けないかもと
久しぶりに成就社から。紅葉はまだまだと思っていたら
案外と色づいていて、1週間後がピークかとちょっと残念でした。

そしたらダーリンが、土小屋から行けるなら、ピークの紅葉を
東稜からだろ!というので、なんと2週連続石鎚へ行ってきました。

駐車場は一杯で、国民宿舎へ移動して停め、そこから登山道へ入ったら
なんと目の前にリップさんが。雪の石鎚以来久しぶりにお会いできて
しょっぱなからテンション上がりました。

おそらく東稜かと休憩がてら東稜入り口でお待ちしていましたが、
残念ながら今回は普通のコースということで、ダーリンと二人、
久しぶりの東稜を楽しんできました。

団体さんが多くて弥山は人だらけだったので、先週同様天狗岳付近の
お邪魔にならないところで、絶景見ながらすき焼きしてきました。

おニューのデジタル一眼レフカメラは首がだるかったけど、いい紅葉が
撮れました。



28907.Re: 2週連続の石鎚。やっぱりすごい!
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2017年10月01日(日) 21時33分
Original Size: 800 x 533, 165KB Original Size: 800 x 533, 156KB Original Size: 800 x 450, 164KB

こちらもなかなかです。



28910.Re:もう石鎚の紅葉シーズンなの?
名前:エントツ山    日付:2017年10月01日(日) 23時10分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 143KB Original Size: 900 x 675, 151KB

お猿が拾って食べたとさ♪(アケビ) 吊り尾根と石鎚    兜岩から我が故郷・新居浜の街を眺める


ゆ〜ちゃん
ダーリン  今晩は

2週間連続で石鎚とな
その他にも色々出かけてますねえ

リップさんの笑顔を見ているとマダニウィルスの心配はなさそうやねえ
良かったわ

石鎚の紅葉はグランマー啓子さんの写真で見てますが、最盛期はもっと鮮やかと思ってもう少し先だと思ってました

久しぶりに見る山食シーンやね
まだ柔らかい物しか食べていないエントツ山には酷な絵やで
今週中頃から普通食にしようと思っています

秋は始まったばかりや
ドンドン秋山へ行こうぜよ


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/boukyo43heikedani.html


28903.銅山川支流 七番谷川平家谷遡行 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2017年10月01日(日) 20時09分
Original Size: 800 x 562, 160KB Original Size: 800 x 536, 163KB Original Size: 800 x 532, 161KB

@今回行程図 A大きな渕 でもへつることができる B断続的にナメが続いて気持ちがいい

エントツ山さんこんばんは。

昨日9/30の土曜は久々に赤石山系にも足を伸ばし、新居浜市別子にある銅山川支流の七番谷川のそのまた支流の平家谷を住友フォレスターハウスから入谷して遡行してみました。

エントツ山さんが以前マーシーさんやガクガクさん達といっしょに増水時に遡行した記事を見ていたので、一人で大丈夫か心配しましたが、水量が少ないと実に歩きやすい爽快な沢でした。(今回私は本流を直進してナスビ平へ)

朝方は気温が下がり、沢の水に手を入れると1分も我慢できないほどの冷たさ。
さすがに昨日は泳ぐことはできず、極力上半身は水に漬からず、ヘつったり、捲いたりして遡行しました。

この谷は、荒れてなくて水がきれいな上、美しい渕やナメ、直登できるナメ滝などが続いており、ゴルジュや危険な高捲きを要する箇所も少なく、ちゃんとした下山路もある手ごろな沢で、とても気に入りました。

濡れた足跡があったので、釣師が入っているのか思いましたが、出会うこともなく、珍しく沢登りの先行者がいました。
先週の鞍瀬渓谷がきつかったのか足と腰に少し痛みがあったので、今回は無理をせず、ナスビ平で登山道に上がり下山しました。

下山すると沢装備の2人連れが下りてきたので、少し話すと、神戸から来た例の先行者で、沢登りでナスビ平から登山道を冠山、平家平と周回縦走してきた猛者のようで毎年四国の沢にも数回来るとのことでした。

今回カメラを忘れてしまい、やむなくスマホで撮った写真を加工したものを添付していますが、次回はアブのいない7月頃にちゃんとカメラを持って、是非初心者を連れて遡行したいと思います。



28904.Re: 銅山川支流 七番谷川平家谷遡行
名前:弁天山    日付:2017年10月01日(日) 20時11分
Original Size: 800 x 545, 159KB Original Size: 557 x 800, 165KB Original Size: 507 x 800, 158KB

C立派なナメ滝 直登できそうでしたが泳ぐのがいやで捲く Dナメ滝の奥にも滝が見える E奥の直瀑 左側のバンドから登れました



28905.Re: 銅山川支流 七番谷川平家谷遡行
名前:弁天山    日付:2017年10月01日(日) 20時12分
Original Size: 551 x 800, 164KB Original Size: 558 x 800, 164KB Original Size: 533 x 800, 161KB

F結構高いナメ滝、何とか直登できました G最後の滝 これは登れず捲くことに Hナスビ平の登山道合流付近



28909.Re: 銅山川支流 七番谷川平家谷遡行
名前:エントツ山    日付:2017年10月01日(日) 22時54分
Original Size: 750 x 532, 287KB Original Size: 800 x 600, 95KB Original Size: 700 x 393, 49KB

平家谷ってどこよ(青線が弁天山ルート)  死んにょったわ  なすび平への分岐は滝上を右へ


お〜〜  懐かしい平家谷〜〜
あんときは元々瀬場谷の遡行予定で、朝から雨が降って水量が増えたのでマーシーさんが「それなら平家谷へ行きましょう あそこは水量が少なくて沢もちょちょっとヘツれば楽勝なんですよ〜」って言葉にダマされて・・・

もうしょっぱちで流されかけて死んにょったわ(むらくもさんの口ぐせ)
当時は元気なガクちゃんや紫雲さん、与力さんらと面白かった

ちゅうことは雨が無ければマーシーさんの云う通り結構イージーな沢って事だったのね
第一分岐でどっちへ行こうか?って事になって、結局我々は長い左へ進んだ
季節的に丁度キレンゲショウマの花が咲いておりお得な沢歩きでした

弁ちゃん さすが10月は沢じまいやろね

下のURLは我々の平家谷遡行記録です

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/boukyo43heikedani.html



ページ: << 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb