[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





32172.じっくり大山キリン峠(文殊堂〜鳥越峠〜キリン峠〜剣ヶ峰〜三の沢〜文殊堂) 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2019年09月16日(月) 21時48分
Original Size: 934 x 1024, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 160KB

文殊堂〜鳥越峠〜キリン峠〜剣ヶ峰〜三の沢〜文殊堂ログ図 文殊堂から歩く 文殊谷入り口は以前より藪いてる


大山ルートで残っていたキリン峠を歩く事にした
相当な難所と聞いているので気合を入れて文殊堂を出発
以前、この文殊谷を歩いて駒鳥小屋〜振子沢へ行った時は入り口の藪はもう少し薄かった

(続く) 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



32173.Re: じっくり大山キリン峠(文殊堂〜鳥越峠〜キリン峠〜剣ヶ峰〜三の沢〜文殊堂)
名前:エントツ山    日付:2019年09月16日(月) 21時56分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 675 x 900, 164KB Original Size: 1024 x 576, 160KB

鳥越峠(ここから振子沢や烏ヶ山へも行ける) こんなにキノコが生えているのは見た事が無い 1,405mピーク手前から

鳥越峠までは以前振子沢からユートピア小屋へ行った時や、烏ヶ山から尾根伝いにこの峠に出て同じく振子沢から大休峠〜甲ヶ山〜船上山への縦走時にも来た事がある

今回はこの峠から左へ尾根伝いにキリン峠へと向かう
藪尾根だが適当にトラバースをしたりしてルートが付けられている
1,405mピークの肩に着くと前方にキリン峠と槍ヶ峰の尾根と絶壁が見えて引き返したくなった 

(続く)

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



32174.Re: じっくり大山キリン峠(文殊堂〜鳥越峠〜キリン峠〜剣ヶ峰〜三の沢〜文殊堂)
名前:エントツ山    日付:2019年09月16日(月) 22時04分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 900 x 675, 160KB

藪尾根だがずっと踏み跡がある  樹林帯が結構続く  その後はお花畑だ(諦めて引き返す広島県人)

キリン峠への尾根は何と呼ばれているのだろう
槍尾根? キリン尾根?  何せ結構長い尾根だからキリン?
樹林帯を抜けると草地となり色んな草花が咲いている

上部の崩落地さえ無ければ快適な尾根歩きを楽しめるのだが・・・
上から人の声がして二人組が下りて来る
やはりキリン峠直下は危なくて諦めたと言う

(続く)

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



32175.Re: じっくり大山キリン峠(文殊堂〜鳥越峠〜キリン峠〜剣ヶ峰〜三の沢〜文殊堂)
名前:エントツ山    日付:2019年09月16日(月) 22時19分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 150KB Original Size: 900 x 675, 160KB

09時50分草付きの先端部へ出る ガスが晴れるのを待つ 10時30分難所に取りつく


若くて身が軽そうな人がやってきてやはり悩んでいたが、ザレ場に取りついて行く
ガラガラ石が落ちて行くが何とか上段まで這い上がった様だ
上から「ここはザックを置いて登った方がいいですよ」とアドバイスをくれる
でもさ、ザックを置いて行ったら又ここまで下らなきゃならないよ・・・

そうこうしている内に先ほど諦めて下ったいった広島の二人組が舞い戻って来た
おそらくこの年寄りが行ってるんだからと、藪尾根を又下るのが面倒になったのだろう
ガスが湧いて来たので暫く待つ

10時30分 視界が良くなったので魔のトラバース斜面に足を踏み入れる
北アルプスだと手がかりの岩がしっかりとしているので相当危険な場所でも何とかなる
だけど、ここの岩と来たら持つとガラガラ崩れる
頼りになるのは薄くて細い踏み跡だけだ
手は斜面全体にまんべんなく力がかかる様に押さえるだけにしないと崩れる
20m程斜面を横移動して垂直に窪地をそ〜〜っと這い上がると上の段に出る事が出来た

(続く)

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



32176.Re: じっくり大山キリン峠(文殊堂〜鳥越峠〜キリン峠〜剣ヶ峰〜三の沢〜文殊堂)
名前:エントツ山    日付:2019年09月16日(月) 22時28分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 163KB

ガラガラの窪地を這い上がる   上の段に何とか出れたわ お〜〜い 年寄りも何とかなったでよ〜

下を見ると、もし足場が崩れたらどこまでも滑落する状況だ
ネズミ小僧の天井裏歩きの様にそ〜〜っとそ〜〜っと音を立てずに進む
岩の窪地を這い上がるか左手に出るか迷ったが、ここは窪地状のガレ場をそ〜〜〜っと這い上がる

上に出ると足元がしっかりした斜面だったので下の二人に「この上側は大丈夫やで」と声をかける

問題はこの20mガレ場トラバースの様だ
二人で相談している・・・やっぱり引き返しますと言う

まあ、ここは無理強いは出来ない

(続く) 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



32177.Re: じっくり大山キリン峠(文殊堂〜鳥越峠〜キリン峠〜剣ヶ峰〜三の沢〜文殊堂)
名前:エントツ山    日付:2019年09月16日(月) 22時33分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 900 x 675, 165KB

もう少しと思うんだけど   右手の絶壁を眺める  右下のキリン沢を眺める

先に進む前に回りの景色を楽しむ
すると先程の若者二人連れがやはり後に続いて上ってきているではないか!
まあ、全ては自己責任って事だ

大山って厳しい山じゃ!

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



32178.Re: じっくり大山キリン峠(文殊堂〜鳥越峠〜キリン峠〜剣ヶ峰〜三の沢〜文殊堂)
名前:エントツ山    日付:2019年09月16日(月) 22時40分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 675 x 900, 164KB

キリン峠最後の詰め    キリン峠の白いポール  上で我々の様子をハラハラして見ていた三の沢登山者に記念写真を撮って貰う


三の沢から上がって来た登山者が上から様子を眺めている
緊張するから眺めて欲しくなかったが、まあ記念写真をお願い出来た
広島の斉藤さん、川手さん  お疲れ様でした〜〜〜

(続く)

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



32179.Re: じっくり大山キリン峠(文殊堂〜鳥越峠〜キリン峠〜剣ヶ峰〜三の沢〜文殊堂)
名前:エントツ山    日付:2019年09月16日(月) 22時51分
Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 900 x 675, 153KB Original Size: 675 x 900, 162KB

    槍ヶ峰       三の峰から天狗ヶ峰へと向かう  剣ヶ峰で山菜おこわ弁当を食べる


キリン峠さえクリアすれば後はどうって事もない
霧が出て遠望が利かないのが残念だが、まあオマケみたいなものだから

昨日、桝水までコンビニが見つからず食堂で買った山菜おこわ弁当を地元の若者と話をしながら食べる

小学6年生の三男坊が山好きになり大山の夏道やユートピアへ一緒に登ると言う
三ノ沢を一緒に登れないかチェックに来たとの事だが、無理だろうと言っていた

この後、弥山の途中まで進んで霧が濃いので何も見えず引き返す

ご夫婦で来られた人や息子さんの友達と一緒に来ているお母さんも居た

(続く)
        

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



32180.Re: じっくり大山キリン峠(文殊堂〜鳥越峠〜キリン峠〜剣ヶ峰〜三の沢〜文殊堂)
名前:エントツ山    日付:2019年09月16日(月) 22時59分
Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 900 x 508, 151KB Original Size: 900 x 675, 157KB

帰りに三ノ峰から天狗ヶ峰(右)と剣ヶ峰を見る 正面が剣ヶ峰、左が弥山かな?  三の沢へ下山する


少しガスったのが残念だったが、目的のキリン峠へ這い上がった満足感で帰りはさっさと下りる

(続く)

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



32181.Re: じっくり大山キリン峠(文殊堂〜鳥越峠〜キリン峠〜剣ヶ峰〜三の沢〜文殊堂)
名前:エントツ山    日付:2019年09月16日(月) 23時05分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 164KB

14時50分三ノ沢に下りる   最初の大きな堰堤を右手から下る 最後は工事中の堰堤を右に渡る


三ノ沢へ下ると大きな堰堤までは草地となっている
堰堤手前で右に渡り、右手から堰堤を下る

その後はずっと左岸沿いに登山道があるので早い
(前回はそれに気づかず長い間川床を歩き過ぎた)

最後は工事中の堰堤近くから道しるべに従って右岸に渡る

じっくり9時間20分の大山歩きを楽しみました


(終わり)


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



32182.その頃私は裏寒風で
名前:アンジーパパ    日付:2019年09月17日(火) 13時18分
エントツ山さん今日は。
見るからにおとろしそーなザレ場ですね。エントツ山さんが躊躇するなんて。
その頃単独で裏寒風でした。
第二展望台を過ぎてトラバースに入りこの辺りから上に稜線に出たいと思い右往左往しながら立木や草付きのお世話になりながら何とか稜線が近くに見えるようになってやれやれと思ったのもつかの間巨大な岩がドーンですがな。
何とか這い上がれそうに見えたので進みましたが
後5〜6m登れば安全地帯に届きそうな所で傾斜がきつくなりそれこそ
小さな草と少しの岩の突起に命を預けクリヤーしました。
遭難する時ってきっとこんな時何やなんて思いました。
稜線の笹が出てきてやれやれ。
満足で山頂は踏まずに帰りました。
ずっと深い霧でしたが高知側は青空が出て大勢の方が歩かれてました。
私だけズボンも靴も泥だらけ。

誰も歩かない岩場には貴重なお花がたんと咲いてましたわ。
霧と両手が塞がりっぱなしだったので景色の写真は有りませぬ。

夜、汚いログと可愛いお花の写真を投稿しますね。

それにしてもお疲れ様でした。
満足感に浸ってよく休まれたことでしょう。


32183.Re: じっくり大山キリン峠(文殊堂〜鳥越峠〜キリン峠〜剣ヶ峰〜三の沢〜文殊堂)
名前:摩耶山さん歩    日付:2019年09月17日(火) 14時32分
僭越ながら ☆☆☆☆☆

エントツ山さん すごいです。

http://23.pro.tok2.com/home/mayasanpo/public_html/index.html


32184.その頃裏寒風で
名前:アンジーパパ    日付:2019年09月17日(火) 23時45分
Original Size: 382 x 496, 144KB Original Size: 577 x 433, 55KB Original Size: 577 x 433, 51KB

エントツ山さん今晩は。
古いGPSmap60CSでログを取るので最新のものと比べて衛星受診が
悪く時々飛んでしまいます。 が、スマホのヤマレコややまっぷ
のログと比べ彷徨った状況が如実にわかりますので捨てられません。

稜線に出る所でログが途切れていますがこの大岩は稜線歩きでは目につかないと思われました。
振り返って稜線から岩に通ずる踏み跡も見当たりません。

咲き残りのてばこまんてまと大文字草
と思います。
間違っていたらすみません。
結構咲いてました。



32189.Re: じっくり大山キリン峠(文殊堂〜鳥越峠〜キリン峠〜剣ヶ峰〜三の沢〜文殊堂)
名前:エントツ山    日付:2019年09月18日(水) 06時13分
Original Size: 613 x 800, 99KB Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 900 x 675, 157KB

  裏寒風解説図  キリン峠への核心部へ入る(ゴールには三ノ沢からの登山者が居る)  槍ヶ峰の下側ピークを越して三ノ沢へ下る


アンジーパパさん
摩耶テルさん    おはようございます

去年は大阪が小型台風の風にやられましたが、今年は千葉が大変な事になってますねえ
東京のすぐ隣であれだけ情報が遅れます?
香川県は本当に暮らしやすい場所です

私と同い年の摩耶テルさんも摩耶山・六甲山の麓で頑張っておられますねえ
四国でも同年代のグランマー啓子さんやギッチャンも押しも押されもしない山現役です
この年代までHPや山歩きを続けるって色んな条件をクリアしている事でしょう
中々実情は体力的にも精神的にも厳しいものがあり、お互いの苦労は手に取る様にわかりますね 

投げたらあかん ♪〜   投げたら アカン ♪ と唄いながらもう少し頑張りましょう


アンジーパパさんもヘンな場所から稜線へ這い上がってますねえ
地図からするとガレ場を上がる直前の草地辺りですね

あの辺りではケルンのある場所から草地の斜面を詰めると上から花を見にやって来る人の踏み跡がありますわ

やはりGPSのログって家に帰ってからの大事な検証資料になりますよねえ


大山キリン峠に関しては今年の6月に三ノ沢(尾根)を詰めて峠に這い上がった時に上から眺めて何とか歩けそうと思いました

んがっ 難所は上から見えない場所にありましたわ
初めて現場で会った広島の若者たちとキリン峠で同志の様な感覚で喜びを分かち合いました

樹やしっかりした岩がある場所は安全やと思った事でした

テバコマンテマが咲き残っていますね
日本アルプスでみるタカネビランジに良く似た花ですねえ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



32191.Re: じっくり大山キリン峠(文殊堂〜鳥越峠〜キリン峠〜剣ヶ峰〜三の沢〜文殊堂)
名前:ばんぶう    日付:2019年09月18日(水) 20時57分
Original Size: 1024 x 768, 153KB Original Size: 1024 x 768, 165KB Original Size: 1024 x 768, 166KB

左:馬の背 中、右:四国カルスト

エントツ山さん、こんにちは。それにしても凄い登山ですね。私なら引き返してるなぁ・・・脱帽です。
昔、西穂から北穂にテント縦走した時も、荷物が有ったので難儀したのを覚えてますが、それ以上のコースですね。

先週末は、久々に天気が良かったので、嫁さんもプチ登山ならOKとの事で、四国カルストの観光がてら。四国のみち〜黒滝山〜天狗の森をトレッキングしてきました。
道路は渋滞するほどの車とバイクでしたが、トレッキング道は1組の方とすれ違っただけ、まだ新緑の残る気持ちの良い、プチ登山でした。
広葉樹が多く、森林浴にはお勧めの場所です。

カエデとモミジが植わってたので、機会があれば秋口もよさそうな場所です。



32192.Re: 北アルプスは面白いですねえ
名前:エントツ山    日付:2019年09月19日(木) 07時54分
Original Size: 700 x 525, 37KB Original Size: 600 x 800, 91KB Original Size: 600 x 800, 98KB

@南岳から北穂の大キレット  西穂〜奥穂も面白かった A間ノ岳へ Bジャンダルムへ

四国カルストを天狗の森、黒滝山〜大引割・小引割と歩いて四国の道を引き返したのはもう13年も前になります
その頃は四国百名山踏破を目指して新鮮な気持ちで山を歩いていた時期でしたねえ

経験を積むと言う事は沢山の得る物の代わりに失う物も多いです

北アルプスの一般登山道に於いて岩峰歩きで有名な三羽ガラスが大キレット、西穂〜奥穂、剱岳・別山尾根ルートでしょうか

大キレットは双子の兄とマーシーさんとで歩きましたが、特に危ないとは思いませんでした

伊予の鈍亀さん達もあまり山の経験の無い時期にここを歩いたらしく、途中で会った登山者に「大キレットって一体何処ですか?」と聞いたら
「そんなアホな! アンタらが今歩いて来た場所じゃがね」と言われたそうです

ただ南岳小屋が大混雑で50肩の兄は肩が痛いのに横向きにしか寝られずキツかったとボヤいておりました
私とマーシーさんは一人用ツェルトで寝ましたが小屋の混雑より狭かったかも・・・

距離的に長い西穂〜奥穂ルートは中々厳しい場所でしたねえ
但し、このルートも遠目には「あんな所どうやって上るん?」って思っても近づくとちゃんとルートがありましたねえ
私もザックを背負って歩きましたが、ジャンダルムからマーシーさんが霧で見えなくなって、ロバの耳あたりでルートがよくわからず心細い思いをしました

奥穂のテントで胡坐(あぐら)をかいた途端 太ももが攣ってのた打ち回りましたわ


北アルプスの岩峰は浮石にだけ気を付ければ岩がしっかりしていますので手がかり・足がかりがあり比較的安全です

所が、大山の場合はボロボロ崩れる岩なので頼りない事この上もありません
キリン峠への尾根も難所はたった20mだけですが、これがクセ者でした
あそこに比べれば、通行禁止になっている象ヶ鼻〜天狗ヶ峰〜剣ヶ峰の尾根なんて快適な尾根歩きですね

三ノ沢〜槍ヶ峰〜三ノ峰(更に〜天狗ヶ峰〜剣ヶ峰)は結構登山者も歩いておられてました


先日は三徳山・投入堂の紹介をありがとうございました
興味深い所で、一度は行っておきたい場所でした
確かに大山とセットで行くと良いですねえ



下のURLはばんぶうさんも懐かしい西穂〜奥穂の記録です

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaihodakajyuso2.html


32185.毎年恒例の鉄砲石川ナメ歩き 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2019年09月17日(火) 23時49分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 581, 164KB

@鉄砲石川本流 入渓地点 A巨石を登る B滑り台を滑る やっぱり冷たい

エントツ山さんこんばんは。

3連休の最終日の16日は、今治山岳探検隊2号のIさんを鉄砲石川の左右両俣を案内してきました。
本流のナメの始まるところから入渓して、両俣の分岐以降は両方ともナメが終わるゴーロ帯までで引き返しました。

ここは年に1回は来ていますが、いつ来ても、すんばらしい〜ナメが出迎えてくれます。
危険な滝や、泳がなければならない渕もほとんどなく、今回の相棒にも水がさわさわと流れる延々と続くナメを楽しんでもらいました。

右俣はナメの距離が長く、5つほどある砂防堰堤さえなければ最高です。
左俣は右俣よりはナメが短いですが、ここも美しさは引けを取りません。
昨日は残念ながら水量が少ないものの、さほど寒くもなく、さわやかな晴天のもと歩くことができました。

しかし、土曜の割石川などの遡行の疲れがあったのか、両俣の歩き6時間は体に堪えました。
やはり、継続的な運動が必要ですね…



32186.Re: 毎年恒例の鉄砲石川ナメ歩き
名前:弁天山    日付:2019年09月17日(火) 23時51分
Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 600 x 800, 165KB Original Size: 800 x 600, 163KB

C本流最大の広いナメにて

D右俣に入る 第二堰堤前の段滝

E堰堤を越えるとナメが広がる



32187.Re: 毎年恒例の鉄砲石川ナメ歩き
名前:弁天山    日付:2019年09月17日(火) 23時52分
Original Size: 800 x 577, 165KB Original Size: 800 x 578, 165KB Original Size: 800 x 600, 165KB

Fナメがいつまでも続く

G右俣はここで引き返す

H今度は左俣の赤い大ナメを進む



32188.Re: 毎年恒例の鉄砲石川ナメ歩き
名前:弁天山    日付:2019年09月17日(火) 23時53分
Original Size: 800 x 619, 165KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 606, 164KB

Iナメ滝にて

J左俣はこの滝で引き返す

K帰りはナメを歩いて戻る おっと!滑って転倒



32190.Re: 大山の沢には石が流れていますわ
名前:エントツ山    日付:2019年09月18日(水) 06時34分
Original Size: 800 x 600, 97KB Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 900 x 675, 157KB

大山、三ノ沢、二ノ沢、一ノ沢(左より) 一ノ沢は弥山まで詰める事が出来る  三ノ沢(左)は槍ヶ峰へ


弁天山さん  おはよう

今治山岳探検隊と言えば先日の坂瀬川の遡行に誘われた方ですよね
彼らは坂瀬川沿いから五代ヶ森へ詰めて、逆に右俣を下ってましたねえ
はるちゃんとも親交ががる様で親しみを感じます

鉄砲石川のナメ歩きでしたか
この時期、昼の気温は高いとは言え水は既に冷たいのでナメ沢が丁度良いかも知れません

紅葉の時期もナメ沢はいいですねえ


沢は沢でも大山の沢と来たら流れているのは石ですわ
そう! まるで鉄砲石川って感じ?

大山の脆(もろ)い岩は古くて風化が進んでいるって事でしょうが、それはそれで人間も古くて脆い世代は味があります
滅びの美って言うの?

だから余計に魅せられて愛着を感じながら歩いております
冬に大山の弥山から剣ヶ峰を縦走した時に、稜線から三つの沢が同時に見えます

一ノ沢は素晴らしいお花畑を詰めて弥山に至ります
二ノ沢は岩壁に遮られて最後まで詰める事は出来ません
三ノ沢は槍ヶ峰〜三ノ峰〜天狗ヶ峰〜剣ヶ峰へと続きます

四国では青春の石鎚
中国地方では老獪な大山  どちらも魅力的です

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html


32168.三徳山(みとくさん)、三佛寺(さんぶつじ)、投入堂 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2019年09月16日(月) 18時57分
Original Size: 900 x 631, 162KB Original Size: 1143 x 725, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB

三徳山、投入堂の場所   三徳山の案内パンフレット  三徳山の記念手ぬぐい


三徳山の投入堂は随分前にはるちゃんからレポを頂いておりました
直ぐ傍に有名な三朝(みささ)温泉があるのですが、温泉に興味が無い私としては恐らく行く機会が無いと思っていました

今回、大山のキリン峠へ剣ヶ峰で一泊計画を立て、いざ準備をしてみると防寒着や水などでザックは10キロをオーバー

こりゃキリン峠への這い上がりが危険じゃ!と急きょ5月にばんぶうさんから紹介のあった三徳山・投入堂の事を思いだし、半日をそちらへ向けて、翌朝からキリン峠日帰り攻略に変更しました

まあ、どこの修験者の山も役行者が開祖となっております
石鎚山は役行者が山頂に辿りつけずガックリして成就社辺りへトボトボと帰って来ると、そこで斧を削って針を作っている老人に会った

そんな勿体ない事する老人おらんよなあ
まあ、でも役行者は見た! そして悟った! 何事も諦めたらアカンと!
そして又弥山に向けて引き返して行った

で・・・役行者はこの三徳山ではミニチュアのお堂を作って念力で岩窟に投げ入れて大きいお堂にしたとされている

確かに大山へ行く前に一度訪れるのも良いと思った
入り口で400円、上で400円 計 800円
登山靴の様に靴の裏に溝が無ければワラジを借りるか購入しないと駄目
それと単独入山禁止なので、受付で複数人数にならなければイカン
私の場合は丁度駐車場で東京から来た女性が受付をクリアする為に同行者を探していたので丁度良かった

登山としては全然物足りないが、普段登山などしない人にとってはヤバい場所かも知れない

エントツ山

 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



32169.Re: 三徳山(みとくさん)、三佛寺(さんぶつじ)、投入堂
名前:エントツ山    日付:2019年09月16日(月) 19時07分
Original Size: 640 x 480, 154KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 152KB

ベースキャンプの柳生さんに会ったよ〜〜  石仏は五百羅漢より子供がええわ  登拝禁止事項


大きな岩を乗り越えた場所でどこかで見た顔?
あんりゃ 高松ベースキャンプの柳生さんじゃないの!!!
「何処へ行くの?」 (私)
「ナイショ」 (柳生)
有り難い柳生さんの御尊顔を拝謁し御利益があっただろう

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



32170.Re: 三徳山(みとくさん)、三佛寺(さんぶつじ)、投入堂
名前:エントツ山    日付:2019年09月16日(月) 19時14分
Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 675 x 900, 163KB

六根清浄のタスキを架けるのが規則(無料だが要返却)立派な大木がある まあこんな場所も有り

歴史を感じさせる大木や自然林に囲まれて良い雰囲気の森でした
私の靴は長年愛用のスポルィバローカット靴だが歩きすぎて底がツルツル
でも「靴の底を見せて下さい」と言われたが、上から見ただけで「その靴なら結構です」とチェックされずに済んだ

エントツ山

  

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



32171.Re: 三徳山(みとくさん)、三佛寺(さんぶつじ)、投入堂
名前:エントツ山    日付:2019年09月16日(月) 19時21分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 153KB Original Size: 675 x 900, 161KB

これは投入堂では無かった  ワラジの人は足指を岩で打って悲鳴を上げていた 同行者となった東京の人

ワラジは確かに滑りにくいと言ってたが、慣れていないので指先を岩にぶつけてわめいていた

東京のにわか同行者は東アフリカを良く旅行する強者(つわもの)で「ちょっとポーズを取りますので写真をお願いします」と言われた

「シェーですか?」(わたし)
「いえ そんなつまらないもんじゃありません!」(東京の人)
するといきなりそこに倒れ込んだ 
「投入堂と行き倒れの私をうまく撮って下さい」(東京の人)
色んな写真を撮り合ったが、こんなポーズは初めてだった

世の中に色んな変わった人が居るものだわい


ちなみに高速「湯原インター」を下りて小一時間程で三徳寺に着きます


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html


32161.ゆるゆるの割石川とハードな表川無名支沢を遡行 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2019年09月15日(日) 17時43分
Original Size: 800 x 604, 163KB Original Size: 800 x 582, 164KB Original Size: 800 x 568, 165KB

@割石川行程図 A入渓してしばらくすると広いナメに遭遇 Bナメ滝を越える

エントツ山さんこんばんは。

秋雨前線が終わったと思えば、今度は夏へ逆戻りのような暑さが続きますね。
3週間ぶりに、昨日14日は沢を歩いてみました。

3週間全く運動をしていなかったので、ゆるそうで、まだ行ったことのない沢ということで、久万高原町の割石川を遡行してみました。
面河ダムの源流となる川で、川沿いに酷道494号が通っているので、黒森峠から少し下った川を横断する橋横にMTBをデポ。

入渓して少し進むと、広くて白っぽい岩盤のナメが出現。
渕は浅いプールとなっており、夏場なら小さな子どもでも連れてきて川遊びができるような場所でした。

しばらくナメが続くも、集落近くなるとそこからはゴーロの普通の川原に。
ゴーロがかなり長く続いて終点までこんな感じかと思っていると、標高860地点で、唯一の滝らしい5mの階段状の滝に遭遇。
それから先は階段状のナメっぽい箇所が多かったです。
標高差200mちょっとを2時間かけてゴールの国道の橋に。(ゆるゆるの傾斜ですね)
これを越えて先に進んでみるとナメが続いていましたが、やがて薮が出てきたので引き返しました。

これでは物足りないので、今度は黒森峠にMTBをデポし、割石川とは峠を挟んで反対側の表川の支ザ沢を遡行してみました。

7月にこの谷の隣の谷を遡行し、さほど危険箇所もなかったのですが、ここは水量はないものの、傾斜のきつい小滝が連続。
割石川とは一転、スリリングでかなりきつい遡行となりました。
標高差は同じく200m程度で、ちょうど1時間でやや荒れた林道に出て遡行終了。

昨日はゆるいのとハードなのと2本性格の違う沢に行けて何か得した気分になりました。
今月いっぱいはまだ沢に行く予定です。



32162.Re: ゆるゆるの割石川とハードな表川無名支沢を遡行
名前:弁天山    日付:2019年09月15日(日) 17時44分
Original Size: 800 x 592, 164KB Original Size: 800 x 592, 162KB Original Size: 800 x 600, 162KB

C美しい白いナメが続く

D浅くて大きな渕と小さなナメ滝が続く

E集落近くになるとナメが終了。一転ゴーロ帯に



32163.Re: ゆるゆるの割石川とハードな表川無名支沢を遡行
名前:弁天山    日付:2019年09月15日(日) 17時45分
Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 600, 164KB

F標高860m地点で唯一の滝らしい階段状の5mの滝に遭遇

G植林の伐採地に出ると日が当り明るくなる

H国道の橋を越えて進むとナメが続くも薮となり、ここで引き返す



32164.Re: ゆるゆるの割石川とハードな表川無名支沢を遡行
名前:弁天山    日付:2019年09月15日(日) 17時47分
Original Size: 800 x 601, 165KB Original Size: 800 x 630, 163KB Original Size: 609 x 800, 165KB

I今度は表川の支沢を遡行。7月の遡行した沢の北隣

J水量は非常に少なく、日の当らない暗い谷

K沢登りというより、崖登りのような感じ



32165.Re: ゆるゆるの割石川とハードな表川無名支沢を遡行
名前:弁天山    日付:2019年09月15日(日) 17時49分
Original Size: 600 x 800, 161KB Original Size: 800 x 628, 159KB Original Size: 800 x 608, 161KB

L細くて急な水路を割れ目に靴を突っ込んで登る

Mオーバーハングした小滝にて ここは捲きました

N1時間でゴールの林道が見えてきた スリリングで楽しかった



32167.Re: 大山 キリン峠
名前:エントツ山    日付:2019年09月16日(月) 12時21分
Original Size: 1024 x 781, 165KB Original Size: 1024 x 576, 165KB Original Size: 900 x 675, 161KB

大山・キリン峠周回ログ図    目標(キリン峠)はあの白いポール   大山の最高峰・剣ヶ峰


弁天山さん  おはよう

相変わらずよう沢へ入ってますね
その内、手足に水かきとか頭の天辺にお皿が生えてこないか心配ですよ
今の所大丈夫?

弁天山さんの場合は香川県と違ってすぐに近場の沢があるからいいですよね

道を繋いだり、沢歩きを丹念に網羅したりする習性は人間だけでしょうね
地図にマジックで線を引いて、「尾根のここからここまでがまだ未踏だから繋ごうとか」「この本流の沢をもれなく詰めてみよう」とか・・・

私も北アルプスの扇沢・種池山荘から岩小屋沢岳〜鳴沢岳〜赤沢岳〜スバリ岳〜針ノ木岳〜蓮華岳〜船窪岳〜烏帽子岳を繋げば日本海の親不知から上高地・新穂岳温泉の北アルプスが繋がるんでザマス


で・・・
大山と言えば、大体のルートは歩いていますが、やはり尾根歩きの最大の難関は「キリン峠」です
今年、一ノ沢から槍ヶ峰へ行った時、上から眺めて「上りなら何とかなるぜ」って思っておりました

鳥越峠から草付きの端まではどうって事もない藪尾根と草原ですが、最後の崩落地がやはりヤバかった

一ノ沢から槍ヶ峰は結構な登山者が上っておりましたが、このキリン峠へ来る人は極端に少ない
「ヤバいから下りて来ました」っていう人もおりました

一人身軽な人が先に苦労して渡って行き上から「ザックは置いて来た方が安全ですよ」って叫ぶ
でもさ、ザックを置いていけば、又ここまで帰らないといけないよ
こんな所下るのは自殺行為じゃんか

すると、先ほど諦めて下った広島の二人組が年寄りの私が行くのを見て引き返して来た。
冗談で「何かあったらヘリ呼んでね」って言って勇気を出して這い上がって行きました
中段から見ていると相当行くか行かざるべきか悩んでおりましたが、二人とも藪の中に鳥越峠までの下山も嫌だからと上って来て、この内の一人が三脚とカメラを持って来ておりキリン峠の鉄柱で記念撮影をしました

カメラがトラブルになり撮影が出来ないと嘆いておりました
まあ、結構ガスがかかって良い写真は無理な日でした


お互い十分に注意してギャラリーから「いつかは(事故を)やると思ってた」と言わせない様にしましょうぜ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html


32157.瓶ヶ森からの御来光 返信  引用 
名前:kurenaikai    日付:2019年09月15日(日) 15時03分
Original Size: 640 x 426, 45KB Original Size: 640 x 426, 48KB Original Size: 640 x 479, 50KB


エントツ山さんこんにちわ。13日は中秋の名月でしたが雨で見られませんでしたね。14日の満月の今日弥山に落ちる満月を見に亀ヶ森へ登りました。登ったと言っても男山の中腹で駐車場から10分程度です。ここから待機しましたが残念ながら石鎚方面は厚い雲に覆われていて弥山に落ちる満月は見ることはできませんでした。その代わりに雲の合間から見る御来光は素晴らしかったです。
www43.tok2.com/home/kurenaikai/



32158.Re: 瓶ヶ森からの御来光
名前:kurenaikai    日付:2019年09月15日(日) 15時03分
Original Size: 640 x 426, 46KB Original Size: 640 x 426, 46KB Original Size: 640 x 426, 48KB

満月は素晴らしくほぼ真ん丸の形でした。弥山方面は厚い雲...
www43.tok2.com/home/kurenaikai/



32159.Re: 瓶ヶ森からの御来光
名前:kurenaikai    日付:2019年09月15日(日) 15時03分
Original Size: 640 x 426, 43KB Original Size: 640 x 426, 45KB Original Size: 640 x 426, 48KB

日が昇りきると石鎚が顔を出しました。あと一時間早く晴れてほしかったです。
www43.tok2.com/home/kurenaikai/



32160.Re: 瓶ヶ森からの御来光
名前:kurenaikai    日付:2019年09月15日(日) 15時04分
Original Size: 640 x 426, 49KB Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 50KB

笹原や空も何となく秋の気配。とても気持ち良い風が吹いていました。下界はまだ猛暑ですけど。しらさ小屋大規模改修してるみたいですね。新しい経営者決まったのかな?
www43.tok2.com/home/kurenaikai/



32166.Re: 中国地方へ
名前:エントツ山    日付:2019年09月16日(月) 12時20分
Original Size: 900 x 506, 165KB Original Size: 576 x 1024, 160KB Original Size: 1024 x 576, 163KB

三徳山(みとくさん)投げ入れ堂  ツキヨタケ(?)キリン尾根(大山) 大山・キリン峠へ

kurenaikai さん  おはようございます

最近、お月さんが綺麗だと思ってたら中秋の名月だったんですね
何気なく見ているお月さんは煌々と輝いていますが、いざ撮影しようと思うと雲に隠れてしまいますねえ

kurenaikai さんを始め写真が大好きな人は明るいレンズに高性能センサーのカメラを持っていますねえ

比べてみると一目瞭然です
私も大山の桝水駐車場で大山と月をコンデジカメラで撮影しましたがサッパリでした

「山荘しらさ」は確か伊野町営ですから耐震構造などの問題で閉館しましたね
改装工事が行われているって事は近く営業再開になるのでしょうか
旧館の時に家族で泊まりましたが、その時は階段が多くて足の悪い親父が苦労してました
バリアフリー的な施設になって欲しいですね

こちらは大山の残された宿題「キリン峠」へ行ってました
当初、剣ヶ峰でビバーク予定でしたが防寒着など用意するとザックが10kgを超えてしまい、キリン峠のザレ場を這い上がるのが危険と思われました

それで、急きょ土曜日にゆっくり出発して以前ばんぶうさんが紹介してくれた三徳山の投げ入れ堂へ行った後、大山の桝水駐車場で車中泊しました

日曜日の早朝から文殊堂〜鳥越峠〜キリン峠〜槍ヶ峰〜剣ヶ峰〜三の沢と周回して来ました

歳を取ると遠出がおっくうになりますが、kurenaikai さんをみならって行動的な爺さんでありたいと思っております

綺麗な写真をありがとうございました

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html


32151.銅山川源流の碑 返信  引用 
名前:だらだらの人    日付:2019年09月08日(日) 12時46分
Original Size: 600 x 400, 79KB Original Size: 400 x 600, 45KB Original Size: 400 x 600, 124KB

エントツ山さん諸先輩方こんにちは

エントツ山さん富士登山ご苦労様です。
興味はあるものの地理的時間的に遠く感じております。
ですから大変興味深く読ませて頂きました。
いつかは私も……

さて、今日も今日とて教えて頂きたい事があって参りました。
先日一ノ谷橋登山口から一ノ谷越に抜け、昭文社の山と高原の地図にあります
キレンゲショウマを探しに行ってみたんです。もちろん花は期待しておらず場所の
確認が主目的だったんですが。
しかし無い。無い無いと通るたびに崩壊を感じる道を抜けて源流碑まで下るも
やはりそれらしきものは見当たらず。

そこで質問なんですが、ここのキレンゲショウマは登山道から見られるところにも有った
のでしょうか?
キレンゲショウマも食害かなーととぼとぼ戻ったのですが。
平家谷遡行は写真の水量がありすぎて自分が歩けるとは思えませんが。

暑い日が戻ってきましたが体調崩されませんよう。
ガスの中だと気温が15度でした。15度強風だとさすがに涼しいですねぇ。



32152.Re: みんな み〜んな〜 ♪ 夢の中〜 ♫
名前:エントツ山    日付:2019年09月08日(日) 22時05分
Original Size: 800 x 450, 161KB Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 450 x 800, 160KB

  犬返 トレーニング中!


今晩は だらだらの人よ

この所、お袋さん当番で新居浜に居ますのでメインのパソコンが見られず、平家谷遡行時の写真データが確認出来ません

土曜日と日曜日、犬返にトレーニングで歩いていました
土曜日は伊予の鈍亀さん・矢野さん
日曜日は矢野さん、能智さん、結さんと岡田さんの北岳遠征コンビ
と、皆さん暑い中体力つくりに精出しておられました、

源流碑に裏側から行かれましたか
高知側から県境尾根の一ノ谷越と、愛媛県側から上がった一ノ谷越の場所は少しズレてますよね

愛媛県側(ナスビ平側)から県境尾根に上がった場所から高知県側に古い踏み跡がクロスしていますが、歩いた事はありません

銅山川源流付近のキレンゲショウマは最近ではどうも登山道からは直接見えない様です

相当以前には登山道から見た記憶があります

8年前に平家谷を遡行して登山道直下の沢筋や斜面で見たキレンゲショウマを去年か一昨年でしたか、私も気になってザッと探した事がありました

遡行した当時より斜面の崩落が激しくなっておりザレ場を下るのを止め探せなかった事を思い出しました

でも、キレンゲショウマは沢筋だけでなく斜面にも沢山咲いていましたので本気で探せば登山道近くに見つかると思います

来年の7月末〜8月初旬の目標に致します
当時、スマホの地図アプリも無く、GPSの記録も残していない為に場所の特定は出来ません

でも、ざっと言えば、一ノ谷越えから10分程下がって、大きな尾根筋を越えた所にある沢(3本位ありますが)を少し水のある場所まで下ればきっと見つける事が出来ると思います

来年のキレンゲショウマはここで見てみます

もう5年以上前の記憶は夢の中です
記録は大事ですねえ

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



32155.Re: 銅山川源流の碑
名前:だらだらの人    日付:2019年09月11日(水) 08時27分
Original Size: 600 x 400, 137KB Original Size: 600 x 400, 35KB Original Size: 600 x 400, 30KB

エントツ山さんありがとうございます。

写真は山頂成就駅側、他山中でとなります。

やはり登山道からは見えない可能性が高いのですね。
最も、花期に行けば目について気付くのかもしれませんが。
今年は花期に追われるように山を歩きましたが、秋シーズン
前のこの季節、どこを歩こうか考えるのも楽しいですね。
なんだかエントツ山さんの記録を読んでいると、御来光の滝が
気になり始めました。
暑さがぶり返していますしそれもいいかなと思ったり思ったり。

夏なのか秋なのか良くわからない今日この頃。
健康を第一にいきましょう。



32156.Re: キレンゲショウマの話
名前:エントツ山    日付:2019年09月11日(水) 22時46分
だらだらの人さん  今晩は

泉保安夫さんの山歩き地図2「石鎚山・東赤石山」にはこのキレンゲショウマの場所が私が見た平家谷の登山道合流地付近になっていますね

確かに数年前のお盆辺りに登山道の上側にも下側にも結構キレンゲショウマの花が見られたとの情報です

昭文社の地図だと、キレンゲショウマの場所が一ノ谷越の南斜面(高知県側)になっていますわ

ちゅうことは、来年のお盆辺りにこの稜線の両サイドを探索してみます

「吉永虎馬」(とらま)さんは高知県では有名ですが、他県では花好きの人以外はあまり知られていない植物学者です
学校の教師をしながら植物、苔類の研究・採取を行い、佐川出身の牧野富太郎博士と同郷という事もあり親交が深かったみたいです

明治21年に東京大学の初代植物学教授の矢田部良吉教授が石鎚山系の植物採取に来た時に経緯は良く分かりませんが、この吉永虎馬さんが石鎚山でキレンゲショウマを発見して、その鑑定を(数日後に)池川辺りで雨宿りをしていた矢田部教授に依頼したらしいです

で、そこでレンゲショウマに似ているからキレンゲショウマでいいんじゃないの?って言われた

その後、矢田部教授が吉永さんと一緒に筒上山から石鎚へ向かう途中で又、キレンゲショウマを別な場所で発見したそうな

で・・・東京に帰った矢田部教授は学会に自分が第一発見者としてキレンゲショウマを発表したんだって

まあ、こんな話は研究の世界では一杯あるらしいけど、これを知った牧野富太郎博士は「何じゃこりゃ〜〜!」と怒ったそうよ

吉永虎馬さんはこの心の痛みが忘れられず、ここから「トラウマ」って言葉が出来た! (これはウソピ〜)

これ以来、牧野富太郎博士と中央の学者との軋轢が生まれたって一つの事件です


それと・・・
私がキレンゲショウマを見に剣山へ行った時に、剣神社の宮司さんと話をしていてこのキレンゲショウマの話題になった
そしたら、この宮司さんは「随分前に徳島のホテルに宮尾登美子さんに呼び出されて身の上話をしたんじょ その話がえっとして男女が入れ替わって「天蓋の花」の小説になったんじょ」と話してくれました


さて、石鎚の「御来光の滝」は11月初旬の連休頃が最も美しい滝風景となります

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html

32153.テレビ放送 返信  引用 
名前:ヤマガツオ    日付:2019年09月10日(火) 10時13分
Original Size: 530 x 397, 163KB Original Size: 530 x 397, 90KB Original Size: 530 x 397, 172KB

エントツ山さんこんにちは

剱岳方面見せてもらいました ありがとうございます

BSフジ荒川三山〜聖岳は見ましたでしょうか?  長いですね        

エントツ山さんもトレーニング中ですが、こちらも昨日は梅ケ市から二ノ森に向かいました

林道登山口少し上からは作業道が登山道を縫うように交差していたのにはビックリ

しかし暑さもあり堂ケ森で降参(ガスも出てきてもあり)しました                                                                   
    
保井の分岐手前からは愛媛の山の会の方が笹も刈っていてくれて歩き易かったです
     
写真は昨日の様子です
            

                 



32154.Re: テレビ放送
名前:エントツ山    日付:2019年09月10日(火) 22時14分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 99KB

坂瀬川源流付近から堂ヶ森 山頂へはトラバース道から尾根筋を上がる  梅ヶ市へのルート 


ヤマガツオさん  今晩は

大都会に台風が通過して交通がマヒするニュースを見るにつけ、田舎に住んで良かったなあと思います
停電すると電気に頼る人間社会はパニックになる様です

暑い中、堂ヶ森へ行かれましたか
ギッチャンや土佐野うさぎさん達もご一緒の様ですね

秋の笹原は風が気持ち良いのですが、まだまだ暑さが続きますね

堂ヶ森と言えば先日の坂瀬川から堂ヶ森を周回したのを思い出しました
あの頃はササユリなども咲いていましたが今は何か花は有るのでしょうかねえ

私が初めて堂ヶ森へ行った頃は梅ヶ市からでしたが、その後地元の人とのトラブルで長い間登山者用の駐車スペースが得られない時期がありました
今は車で登山口まで入れる様になった様ですね 

南アルプスのテレビ放送はずっと新居浜当番の為に未だ見ておりません
近く東京の兄貴と交代しますので高松に帰ってビデオを見てみます
(新居浜の実家にはBSチューナーはありませんので)


エントツ山  
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html


32150.剱岳 アップのお知らせなど・・・ 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2019年09月07日(土) 18時18分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 900 x 675, 162KB

剱岳稜線で一泊登山〜〜  剱岳ビバーク地  赤石岳BSフジ撮影隊(ヤマガツオさんからの情報)


先日歩いた剱岳をアップしました
剱岳に登らざるは日本の山キチに非ず! 未だ剱岳に登られていない山仲間がいましたら是非それなりの準備をして歩いてみて下さい

石鎚の鎖場を上れたらOKです

下のURLは 剱岳の登山記です


それと、高知のヤマガツオさんがギッチャン達と先日赤石岳方面へ遠征に行かれた際にBSフジの撮影隊に遭遇されたそうです

その放送が「8日の日曜日の20時から約2時間 BSフジで 絶景百名山(赤石岳、聖岳方面)の放送があります。」とのヤマガツオさんからの情報です


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



ページ: << 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb