[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





32636.兵庫山、大登岐山  返信  引用 
名前:伊予の鈍亀    日付:2020年01月13日(月) 14時33分
Original Size: 800 x 787, 376KB Original Size: 800 x 450, 119KB

エントツ山さん 今晩は

昨日は、大変お世話になりました。
マーシーさんの提案で天堤山から兵庫山、大登岐山へいきませんか?
とお誘いがあった時、即、行きます〜でした。
この山域は以前から関心があったものの、二人だけではなかなか
行けないでいた山域だったからです。

法皇湖に架かる津根山大橋を渡った所が登山口。
ほぼ一直線の尾根歩きですが、アップダウンを繰り返す。登りは急登で
キツイ!慰めは静かな自然林。大ブナも現れる。
兵庫山の手前では、切れ落ちた細尾根もあり、深山の雰囲気にたっぷりでした。
兵庫山では展望が開け、辺りの山々を見ながらお昼休憩で、マッタリし過ぎでした。

大登岐山の岩峰を見上げて、予想以上の鋭さにビックリしました!
高知県側に傾いた大岩の根本を渡って行くのですが、足元が凍っていて
滑りそうで大変でしたが、マーシーさんを見ると岩の上を直登している
ではありませんか、マネして直登してみると案外すんなりと渡れました。

登岐山の三角点にもいきましたね。
大登岐山の尾根から薮の中を急降下して登り返すと、そこが三角点でした。

大登岐山から下川峠へと下り始めると、大薮の始まりでした。
背丈の高い藪をかき分け、埃だらけになって下川峠付近に到着!
皆ゴロゴロうがいをして、一休み。
三大大薮を体験出来て?良しとしなければならない(涙)

下川峠からの下りは、踏み跡薄く、流石のマーシーさんも苦労された
ようですが、林道まで明るい内に下りる事ができました。
途中、ザレた斜面では、エントツ山さんがロープを出して下さいました
ので無事渡る事ができました。

ヘッドランプの明かりを頼りに、真っ暗な林道をテクテク。
1時間以上、冗談言ったりしながら歩きました。
「今日の歩きは、マーシーさん復活登山にしましょう」と言うと、
マーシーさんから「完全復活です」という力強いお言葉。
これからが楽しみです〜

写真は登山口です。

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-11g-kaifusanchi.html



32637.Re: 兵庫山、大登岐山 
名前:伊予の鈍亀    日付:2020年01月12日(日) 22時44分
Original Size: 449 x 800, 170KB Original Size: 800 x 450, 162KB Original Size: 800 x 449, 162KB

写真1;天堤山
  2;兵庫山山頂
  3;大登岐山山頂にて



32638.Re: 兵庫山、大登岐山 
名前:伊予の鈍亀    日付:2020年01月12日(日) 22時49分
Original Size: 800 x 449, 165KB Original Size: 449 x 800, 169KB Original Size: 800 x 449, 153KB

写真1;大登岐山岩場
  2;登岐山三角点
  3;予土県境尾根と赤石山系、石鎚山系



32639.Re: 兵庫山、大登岐山 
名前:高御位山    日付:2020年01月12日(日) 23時35分
Original Size: 1024 x 768, 79KB Original Size: 768 x 1024, 80KB Original Size: 1024 x 768, 92KB

伊予の鈍亀さん、以前雪彦山でお会いした事が有りましたね。
ご活躍エントツ山師匠の掲示板で拝見させて貰って居ます。
今回紙面をお借りします。

 マーシーさん、完全に復活した、とのたくましい宣言、待ってました。
剱岳の早月尾根は標高差2000m余り、18000mからは急登できついです。
私は積雪期には登った事は有りますが、無雪期には前田さん一緒に降りた
事が有りますが登ったは有りません。アルプス3馬鹿尾根の一つですが、
エントツ山師匠は登りたいと言って居ますね。夏までに充分な気力と体力
を蓄えて下さいね。


1 早月尾根1800mの小屋 小窓尾根から見る
2 池の谷左股 中央は剣尾根、右は右股
3 夢の様な北方稜線の窓 峠  



32642.Re: 久しぶりの11時間半歩き 津根山大橋から兵庫山、大登岐山 周回
名前:エントツ山    日付:2020年01月13日(月) 10時23分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB

得意のどこでも登山口(津根山大橋を渡った所)兎に角急登でしたなあ 植林帯も結構有り

伊予の鈍亀さん
マーシーさん   おはよう

高松でくつろいでいるとマーシーさんから珍しく「どこかへ歩きましょう」とお誘い有り
「そちらに任すから場所決めて」
「天堤山〜兵庫山〜大登岐山〜兵庫山〜落合でどうですか?」
「ええよ」
「富郷キャンプ場辺りから長〜い尾根が天堤山まで延びてるのでこれから歩きましょう」
「伊予の鈍亀さん達も誘うから津根山大橋からショートカット尾根でお願いします。それと登岐山三角点へ行くのと、下川峠から下るルート含みでお願いします」

ってな事で下川峠へ四国三大笹薮尾根を下るコースは大登岐山に着いた時に相談となりました

伊予の鈍亀さんにはいいかげんに「6時間〜7時間程の山歩きでしょう」っていつものダマシ戦法で誘うと二つ返事で「OKよ」
「でも念のためにヘッドランプは持って来ておいてね」(これで長い歩きになる暗示を振っておいた)

本当はもう少し早い時間で出発したかったのですが、マーシーさんが08時出発で大丈夫でしょう」って決めるもんだから・・・・・

ショートカットの筈だった天堤山までが急登が続き2時間15分もかかったですわ
そこから兵庫山までも細尾根・岩尾根・急登が続き更に2時間を要した

結局 大登岐山までで既に6時間半もかかって「エントツ山さん! 今日は確か6時間の歩きだったよね!」と伊予の鈍亀さんからクレームが・・・
「いや その・・・ 片道が6時間って言わなかった?」

今まで3度大登岐山まで縦走で来た私は登岐山三角点へ行く時間が惜しい状況だった為未だ未踏だった
「ここまで来たんだから三角点は是非踏みましょう!」と嫌がるマーシーさんを無理やり付き合わす

三角点から大登岐山まで引き返したのが既に15時45分過ぎ
「この時間からだと下川峠から林道へ下りてヘッドランプで歩いた方が安全でしょう」と言う事で四国三大笹薮を下る事にした

で・・・
下川峠からはマーシーさんが下りた経験があるって事で先導して貰う
ところが! この男の記憶はアテにはならない
しょっぱなからルートを外してあらぬ方向に皆を導く
こちらもマーシーさんが道案内だからってスマホの地図は誰も見ず
しばらく下って「あれ? おかしい」って事でルートを外している事に気づく

でも我々は「迷った時は元に帰る」って基本行動を取らない愚連隊の為、斜面をテキトーに下って破線ルートへ復帰する作戦にでて成功する

所が、破線ルートに復帰してから「破線ルートが無い」
斜面崩壊でズタズタになって危険なので途中で沢に下りて何とかギリギリ明るい内に林道へ辿りつきました


****お袋さん当番の為 この続きは今晩になります  ゴメンね〜〜****


中途半端なエントツ山

  
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-11g-kaifusanchi.html



32648.Re: 津根山大橋〜天堤山〜兵庫山  約4時間半 
名前:エントツ山    日付:2020年01月13日(月) 15時20分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 675 x 900, 164KB Original Size: 900 x 675, 163KB

善人だけが通行可能な岩ゲート 天堤山〜兵庫山尾根の大ブナ   悔い改めた人だけ通れる根っ子隧道

行程1)津根山大橋〜天堤山を歩いた記録は先ず無いだろう
岩尾根と植林が混在するいきなりの標高差約700mの物凄い急登だった
植林帯も尾根の左半分だけなのでハードだが明るく気持ちが良い


行程2)天堤山〜兵庫山間は標高差は行程1の半分程だが自然珍の細尾根が続き、こう言う場所が山歩きの変化・面白さを感じさせてくれる


エントツ山 (続く)
    

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-11g-kaifusanchi.html



32649.Re: 兵庫山〜大登岐山 
名前:エントツ山    日付:2020年01月13日(月) 15時35分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 165KB

根っ子窟や岩窟があって遊べる尾根だった  県境尾根を眺める(もっと崖に近寄って!) 4度目の大登岐山


兵庫山〜大登岐山は県境尾根・分水嶺でもあるので割とポピュラーに歩かれている

兵庫山に掛けられた高松一高OB・OG会の石鎚・剣山縦走記念板はもうほぼ読めない
関係者は何故放置しているのだろうか? ペンキを持って行って書き直して欲しい(もう山に登れる関係者は居ないのかな?)

時間の配分も考えず兵庫山の暖かい陽だまりでゆっくりと昼食を取り過ぎた感あり
休憩の後、お腹が一杯で歩くのがエラかった

大登岐山の岩場斜面に霧氷が落ちて凍りつきちょっと山頂へ抜けるのが往生しました

大登岐山(おおときやま)は岩場が鋭いので「天狗岳」とも呼ばれている石鎚方面への大展望所だ。
西へと続く県境尾根が野地峰〜大座礼山〜チチ山・笹ヶ峰〜石鎚が見える


エントツ山 (続く)

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-11g-kaifusanchi.html



32650.Re: 大登岐山〜登岐山三角点 ピストン 約35分 
名前:エントツ山    日付:2020年01月13日(月) 15時45分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB

登岐山への下山口(テープが有った)  覚悟の笹藪    三角点「下川峠」(登岐山)


今迄県境尾根縦走で3度大登岐山を通過したのだけれど、眼下に見える登岐山三角点への藪尾根を見て相当時間がかかりそうな印象だったのでことごとくパスしたのが心残りだった

今回は絶対三角点を踏むのだ!と内心決意していた
時間が押していたけどやはり折角の三角点は踏もうと同意を得てホッとする
これが意外にも時間がかからずやはり行って良かった

エントツ山 (続く)

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-11g-kaifusanchi.html



32651.Re: 大登岐山〜下川峠  約1時間 
名前:エントツ山    日付:2020年01月13日(月) 15時58分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB

大薮だけど下りだからね   笹に潜って獣道を探す  下川峠手前のピークから大登岐山を振り返る


登岐山から大登岐山へ返ると時刻は既に15時前になっている
ここから又兵庫山へ引き返すのは面倒じゃと思っていたら全員同じ思いだった

伊予の鈍亀さんに「四国三大大藪の筆頭ですけん」としきりに言ってたのが藪歩き専門家の心を下川峠へと誘った
よっしゃ〜  ここはエントツ山が先頭になります!と 藪に飛び込む

まあ、下りじゃけんのうし・・・でもこんな場所4回も歩いたバカが他におるやろか?

下川峠はコルでは無く、コルから上がった尾根の中間部にある
ちょっと行き過ぎて破線路まで引き返す こう言う時はジオグラフィカは便利にかわらん

下川峠で全員 余った水でうがいをするガラガラ音の合唱だった

エントツ山 (続く)  

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-11g-kaifusanchi.html



32652.Re: 下川峠〜葛川林道 約1時間半 
名前:エントツ山    日付:2020年01月13日(月) 16時09分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 163KB

ルートを外してしまいコケのゴーロ帯を下る 支尾根に上がり、お延伝いに破線路に復帰  破線路に復帰と思ったがザレ場に消えた


下川峠からは土地勘のあるマーシーさんの出番だ
しかしこのガイドは最近勘が薄れて、出だしからルートを誤り、踏み跡のあるトラバースへ進んでしまう

こりゃアカンわ!とテキトーにコケ岩のゴーロ帯を下り、笹薮を避ける様に支尾根に這い上がって下側の破線路に合流する

あ〜これで安泰や・・・と思ったら甘かった
この道は破線ルートでは無いばかりか、途中で崩落地に消えてしまった

破線路まで引き返し、踏み跡が全く無い破線に沿って谷へと下る
沢に下りる手前で斜面をトラバースして進むも、途中で崩壊地に2度程出くわして沢に下ったりしながら下流へと進む

エントツ山(続く)

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-11g-kaifusanchi.html



32653.Re: 下川峠〜葛川林道 約1時間半 
名前:エントツ山    日付:2020年01月13日(月) 16時18分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 900 x 675, 160KB

トラバース斜面で支沢に下りて渡る  沢にスリングを使って下りる 林道崩壊地まで到着する


沢の左岸に林道があるのでそこまでの辛抱だと斜面を下ったり、沢を渡ったり石垣を眺めたりしながら地形図の林道=実線へと向かう

昔は常時こんな歩きをしていたなあ・・・と妙に懐かしくなり元気が出る
人間疲れていても危機が迫ると元気が出てくるもんですなあ

17時26分 林道に辿りつきヘッドランプをザックから出して安全地帯=林道を歩く

エントツ山




 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-11g-kaifusanchi.html



32654.Re: 葛川林道 約1時間半 
名前:エントツ山    日付:2020年01月13日(月) 16時25分
Original Size: 900 x 760, 316KB Original Size: 900 x 675, 154KB

下川峠から林道までのGPS解説図  19時09分 津根山大橋Pの車に帰り着く

林道の距離は兵庫山から登山口とほぼ同じ位ですが、やはり林道歩きは速い
2時間かかると見込んでいた林道歩きは1時間半で収まった
暗くなる前に林道に下り着くという作戦は成功と言えるだろう

久しぶりにマーシーさんと長歩きを楽しむ事が出来ました
伊予の鈍亀さん お付き合いをありがとうございました

エントツ山 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-11g-kaifusanchi.html



32656.Re: マーシーのサービス精神向上委員会 
名前:エントツ山    日付:2020年01月13日(月) 20時36分
Original Size: 800 x 600, 150KB Original Size: 600 x 800, 148KB Original Size: 800 x 787, 196KB

4年に1度の「マーシー差し入れ」  大登岐山にて   登山終了時間の修正(差し替え地図)


高御位山さん  今晩は

う〜〜ん  マーシーさんってほんまサービス精神に欠けるでしょ?
あれだけ高御位山さんがマーシー マーシーってラブコールを送っているのにツレナイ奴ですよねえ

今日 NHKのBSで剱岳をやってましたねえ
平蔵谷を登って別山尾根を下るルートでした

まあ、高御位山さんの期待は分かりますが、マーシーさんは現役で働いており夏場の連休絡みで休みが取れて天気が良い条件なんて中々ありませんわ

前にも言いましたがマ^シーさんは高御位山さんの様に早期退職をして山三昧の生活をする環境にはございません

あんまりプレッシャーをかけずに「ひょっとしたら行けるかも」って位で構えていて下さい

(追伸)このスレッドの最初の地図で、山行終了時間が18時31分となっておりましたが、19時10分に訂正させて頂きます


エントツ山  

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-11g-kaifusanchi.html



32657.Re: 兵庫山、大登岐山 
名前:マーシー    日付:2020年01月13日(月) 20時47分
Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 600, 163KB

エントツ山さん、伊予の鈍亀さん、今晩は!土曜日はお世話になりました。

久しぶりの長時間歩行で昨日から筋肉痛で、二階への階段がきついです。

私は大土岐山はランボルギーニと、県境歩きと、そして今回とで3回目でした。でも、土岐山の三角点へ行くことは一度も考えたことがなかったですね。

昔、県境歩きをやっていたころ、あのモウレツな藪に突っ込んだものの下川峠あたりで「こらアカン、明るいうちに野地峰へは行けんぞ。遭難じゃ」というわけで、ままよ、とあてずっぽうで落合側にエスケープしました。

昔はもっと笹があったんですが、ほぼなくなっていました。

川まで下ったんですが、どんなルートで下ったのかじぇんじぇん記憶にございませんわ。

とにかく、私も林道についたのが5時半ころだったようで、駐車場には6時過ぎてました。

まあ、兎に角よく歩きました。お疲れさんでした。



32658.Re: 兵庫山、大登岐山 
名前:マーシー    日付:2020年01月13日(月) 20時57分
Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 165KB

2005.9.23日の大土岐山と下川峠直下の笹藪、下った川。杉の倒木だけは記憶に残っていました。

7,8年前くらいと思ってたんですが13年前でしたねえー。



32659.Re: 兵庫山、大登岐山 
名前:マーシー    日付:2020年01月13日(月) 21時10分
Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 143KB

もうすぐ川   林道へ    駐車場

いやいや、14年以上前だった。

高御位山さん、お元気で何よりです。お身体ご自愛ください。



32660.Re: 15年前の大登岐山 
名前:エントツ山    日付:2020年01月14日(火) 11時33分
Original Size: 590 x 434, 77KB Original Size: 400 x 300, 23KB Original Size: 720 x 1280, 309KB

15年前の大登岐山縦走ログ  紫雲さんと大登岐山で   今の山歩きではジオグラフィカは欠かせない


マーシーさん  おはよう

高御位山さんもマーシーさんを応援してくれてるんだから期待に応えなきゃダメよ!

ところで、我々の大登岐山は紫雲さんと3人で行ったのはもう15年も前の事じゃった
あの時の笹藪の印象は強烈だったわ
霧で視界が悪く、土地勘も無く、経験も未熟だったから余計に記憶に残っています

あれがきっかけで藪を歩き続けて15年! 今じゃ多少の藪でもびっくりはしない

スマホで地図が見られるようになり、ヤマレコやヤマップの登場で誰でも簡単に情報発信が可能な時代になった

20年前に山歩きを始めた頃は山の記録をHPで発信する技術もPSソフトも限られていて、「黄色いテント」の様な基地局に山仲間が集中して投稿や情報発信を行っていた
あの頃の一極集中形態が懐かしいねえ
(私は当時からキャリアも無いのに言いたい事を言ってたから異端児で破門されたけど)

山歩きもヤマップやジオグラフィカを利用すれば道迷いもしなくなり、逆に言うとカーナビ頼りに山歩きをしてる様な時代になった

あんまりドラマが生まれないよね

マーシーさんか紫雲さんかどちらが言いだしっぺか忘れたけど、確か寒川のクロスポイントのHPで「大登岐山〜野地峰を一緒に歩く人求む」の求人広告(?)があったから申し込んだ

それがマーシーさんや紫雲さんと初めて山を歩いた山行でした
紫雲さん 今でも山歩いているんだろうかねえ

その時にHPに乗せた替え歌

中島みゆきの「地上の星」 替え歌 「ヤブの中の三銃士」♪

ヤブを駆けるマーシー ♪  スズタケを分ける紫雲〜♪ 
        エントツ山はコケた♪   ここは嶺北の秘境〜 ♪
ヤブの尾根で迷い ♪    スズタケの海に溺れ♪
        霧が行く手を拒み♪    見定めも効かず〜♪
どこをどう歩いたのか♪   誰も覚えていない
        探すものはただ    足元の県境杭
ハヤブサよ 高い空から   教えてよ 本当の道を
ホシガラスよ 俺たちは今 何処にいるのだろう  ♪

まあ、当時はこんな程度の実力じゃったよね

この20年程で山の様子や山道具も変化してきた

山には鹿が増えすぎて藪が少なくなった
ハンディGPSがガーミンより発売されて、カシミールソフトがPCで使える様になって、極め付きは「ジオグラフィカ」の登場や

今迄、地図に東経北緯を印刷して、ガーミンGPSで位置を拾い地図上で場所をマークして進路を決める
この作業がジオグラフィカでは一発で出来る 時間短縮の便利ソフトや

ただ、スマホは電気製品だからこれだけに頼ると電源や不具合が発生すると被る打撃が大きい
やはりヘッドランプと同じようにサブ機器としてハンディGPSの携帯は必要だと思いますわ

マーシーさん 5〜6年経つともう記憶が薄れてフレッシュな場所となる
昔歩いた所を又トレーニングがてら一緒に歩きましょう

下のURLは15年前に紫雲さんと一緒に歩いた最初の大登岐山の記録です

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/tozanki15ootokikuroiwanijimine.html


32634.鈍川渓谷から丸山 返信  引用 
名前:ヘキチョウ    日付:2020年01月12日(日) 20時48分
Original Size: 800 x 468, 164KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 493, 155KB

エントツ山さんこんばんは 遅くなりましたが今年もよろしくお願いいたします

今年の初歩きは丹原の黒滝神社の奥の院でした。登山記を読んで文殊谷戸いう所を見てみたいと
上がってみたのですが、お正月の疲れからか胃痙攣が起きてヨロヨロしながら上の山から降りました。

大変な急坂でした。

今日は午後から雨の予報だったので、近場へ

今治人なのに鈍川渓谷はなんだか陰気そうな渓谷だなあと思い一度も行ったことがなかったのです。

おそらく羊歯の藪や崩れた道を歩くだろうと、作業用上着としっかりした登山靴を履いていきました。

ところが温泉街から西にある遊歩道は、北三方ヶ森にあるような立派な木の階段がずっと続き、草も刈られてとても良い道でした。
結構木の階段上りがしんどく、トレーニングに良さそうなのですが誰も歩いていません。
アクセスもいいし、駐車するところもあるしいいところを見つけました。

丸山への登山道もマイナーな山の割にはちゃんとわかる道でした。


東三方ヶ森近くの山はどこ登っても厳しいですね

神社の途中にある大木は幹が一部分離していた

あまりにも色気ない登山なのでサザンカを



32635.Re: 鈍川渓谷から丸山
名前:ヘキチョウ    日付:2020年01月12日(日) 20時52分
Original Size: 800 x 642, 163KB Original Size: 598 x 800, 162KB Original Size: 800 x 600, 162KB

鈍川渓谷の遊歩道 標識もきちんとありました

丸山山頂 三角点名も丸山



32641.Re: 鈍川渓谷から丸山
名前:エントツ山    日付:2020年01月13日(月) 09時15分
Original Size: 700 x 525, 78KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB

黒滝神社の守り神(巨木)    大登岐山へ行ってきました  久しぶりに笹漕ぎしました

ヘキチョウさん  
アトリエ父ちゃん  おはようございます

今年も宜しくお願い致します

体に不調を抱えながら自分の出来る範囲で目標を選び、歩いている姿は美しい!  山の良さを今年も場所に囚われず楽しんで下さい

鈍川温泉は京阪神に住む親戚のお墓が今治にあり、法事などで良く集まって一泊し親睦をはかっております

朝、鈍川沿いを散歩するのですが静かで良い所です

むふっ 黒滝神社へ行かれたんですね
ここはその昔東三方が森辺りの修験者基地みたいな場所ですから厳しい斜面を上りますわ

以前、サスカッチさんと言われる掲示板仲間が居られまして、この黒滝神社の紹介を頂き、ここから東三方ヶ森〜福見山へと縦走しました

福見寺への車のデポに時間がかかり、出発が遅れた為に白潰で日が暮れてしまい正に野宿となりました

それがきっかけでビバークの達人になりましたわ

高縄半島をヘキチョウさんの縄張りにして自然を楽しんで下さい
登山口まで近いのが何よりです

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-11g-kaifusanchi.html


32626.眺める方向から姿は美人に見える 返信  引用 
名前:高御位山    日付:2020年01月07日(火) 16時37分
Original Size: 1024 x 678, 92KB Original Size: 1024 x 685, 90KB Original Size: 1024 x 654, 91KB

 エントツ山師匠、マーシーさん、はるちゃん 今年も良いお年で有ります
様に祈って居ります。

 晴天に恵まれて何とか高御位山に登れました。しかし登山道は人、人
人で超満員。何と2時間以上掛かり、山頂は足の踏み場もなく、西方の窪みで
で日の出を迎えました。今度は下山が大変でした。大勢の人で前がつかえて
進まない。転倒する人。スリップする人。今年は高御座は天皇即位で一躍有名
に成りました。

 マーシーさんから実に嬉しい年賀状を頂きました。今年は師匠と間違いなし
に劔の北方稜線を完走する、との心強いお言葉。年明けから早速トレーニングに
入るとの決意と受け取りました。師匠、猪の尻を叩いて下さいね。

1 高御位山南面から望む
2 平荘湖から見る高御位山
3 高砂市から見る



32627.Re: 眺める方向から姿は美人に見える
名前:高御位山    日付:2020年01月07日(火) 16時34分
Original Size: 1024 x 682, 92KB Original Size: 1024 x 753, 91KB Original Size: 1024 x 813, 91KB

1 北面から初めて高御位山に登りました
2 南面から見る高御位山
3 高御位山に向かって旗を振る西川さん。以前の写真です



32628.Re: 眺める方向から姿は美人に見える
名前:エントツ山    日付:2020年01月08日(水) 20時34分
Original Size: 771 x 1024, 199KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 800 x 600, 100KB

去年の剱岳ルート(GPSトラックログ図) 立山から歩いた剱岳を眺める 北方稜線から剱岳を眺める

高御位山さん 今晩は

今年初にハンドルネームの山に登られましたか
時間がかかっても今年のご自分の足で、体で登られた事
こう言う現役ニュースこそ明けましておめでとうございますと言えますね

私も1月5日がハンドルネームの山「煙突山」と「犬返」初登山でした

去年は複雑な気持ちで剱岳を歩いていました
もうマーシーさんを待たないで一人で剱岳北方稜線へ行っちゃおうか!!と思いましたが、偵察歩きにしておきました

八峰の頭まで行ったので池の平山までのルートはほぼ分かりました
池ノ谷ガリーは他の登山者の落石が無ければ余り心配しておりません
一ヶ所雪渓を渡る場所だけがネックですね

マーシーさんがやる気になってくれれば楽しみです
でも、彼は現役で仕事をしてますのでうまい事休暇が取れるかが問題です
高御位山さんはお金があったから早期退職されて山三昧の世界に飛び込めましたでしょうが、我々貧乏人は遠征費や休暇の問題がこの歳でも付きまといます

良い天気が続く時期にマーシーさんの休暇が取れれば良いのですが・・・

下のURLは去年の剱岳山行記ですが、お分かりの様に高御位山さんに初めて連れて行って頂きた剱岳を逆に歩いております

あの時は長次郎谷の途中から雨が降ったりして肝心の剱岳の展望があまりありませんでした

それで逆に前剱から歩いて大展望を楽しんできました
北方稜線へ踏み込んで得意のビバークをして、翌日懐かしい長次郎谷を下りました
立山三山はおまけの歩きでしたが、時期的に雪が少なかったですねえ

エントツ山

 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



32629.Re: 眺める方向から姿は美人に見える
名前:エントツ山    日付:2020年01月08日(水) 20時37分
Original Size: 800 x 600, 96KB Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 99KB

剱岳・北方稜線の夜明け  北方稜線・ビバーク地の夜明け   長次郎谷・右俣から下りました

剱岳、懐かしかったですねえ

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



32631.Re: 眺める方向から姿は美人に見える
名前:高御位山    日付:2020年01月11日(土) 07時29分
Original Size: 881 x 1280, 90KB Original Size: 869 x 1280, 92KB Original Size: 1280 x 861, 92KB

エントツ山師匠の11年前の長次郎と昨年の北方稜線、八峰の記録読ませ
頂きました。水も無い、あの狭い稜線によくテントを張りましたね。

 北鎌尾根のテント場よりも素晴らしかったのでは有りませんか。長次郎谷
の登降は危険だからと警備隊から云われましたか。11年前、師匠と登った時
は7月で雪が充分に残って居たから通過できたのです。池の谷のコルからの
下降は雪渓がズタズタに崩壊し困難です。熊の岩を巻いて下降したのは
正解でしたね。

 長次郎谷出会いから野営場までの上りは結構きつかったでしょう。
八つ峰の岩場を終わってテント場迄の帰路は何時もばてていました。
2時間ほどかかって、へとへとになって帰幕したことを思い出します。


1 会の合宿で長次郎谷左股を登る 
2 雪渓の最狭部 2m程、8月中旬には崩壊、通過不可能
3 25年前の長次郎谷の雪渓



32632.Re: 眺める方向から姿は美人に見える
名前:高御位山    日付:2020年01月11日(土) 07時39分
Original Size: 1024 x 768, 99KB Original Size: 768 x 1024, 98KB Original Size: 768 x 1024, 99KB

1 北方稜線 三の窓でのテント場 6人用テントを張る
2 前田も菅もチンネに取り付きました。今は黄泉の国に
3 稜線上から劔岳を見る



32633.Re: 眺める方向から姿は美人に見える
名前:高御位山    日付:2020年01月11日(土) 08時00分
Original Size: 960 x 1280, 92KB Original Size: 528 x 704, 92KB Original Size: 768 x 1024, 91KB

1  師匠が登るであろう早月尾根最上部で別山尾根との合流点
2 池の谷コルからガリーの落石の多い危険場所を降る森安
3 池の平小屋指定のテント場、快適です 後は八ツ峯とチンネ



32640.Re: 眺める方向から姿は美人に見える
名前:エントツ山    日付:2020年01月13日(月) 08時49分
Original Size: 390 x 292, 49KB Original Size: 390 x 292, 50KB Original Size: 292 x 390, 50KB

剱沢は最高のテン場ですね   立山は沢山の学生登山者がいました 菅さんや前田さんもこの岩に登って写真撮りました


高御位山さん  おはようございます

剱岳の登山記 見て頂きありがとうございました
懐かしい場所ですね

中央アルプスも南アルプスもいいですが、やはり厳しさや岩稜の美しさで言うならば断然北アルプスになりますねえ

剱岳に比べて立山三山の方は相変わらず登山者で溢れておりました

室堂に入ると北アルプスへの旅行気分に浸れますし、別山乗越を越えて剱沢に入ると北アルプスへの遠征登山気分に浸れます

幸は年々減ってきて高御位山さんの現役時代とは山の様相が変わって来ていると思います

四国もいまだに雪山登山が出来ない現状です


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-11g-kaifusanchi.html


32630.海部山地縦走記 アップのお知らせ 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2020年01月10日(金) 11時22分
Original Size: 900 x 471, 100KB Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 900, 165KB

海部山地縦走路GPSログ図   gakugakuさん、 S.Kitaさんと2泊3日 分水嶺歩きとしての縦走路地図


去年の11月16日〜18日に歩いた海部山地縦走記をやっと仕上げました
年越しになったのでこれで私の年明けとなりました

去年は高縄半島のグルッと縦走周回とこの海部山地の縦走が四国の山歩きでは印象深いものでした

今年古稀を迎えますが、基本的には四国のマイナー山域を歩くのと、日本百名山を少しでも増やして行きたいと思っております

目標を持って計画を立てて、それを実行しないとあっという間に足腰が立たない自分の姿が見えます

皆様にとっても充実の年になる事を願っております

海部山地縦走記は 下のURLです

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-11g-kaifusanchi.html


32622.近場ですが 返信  引用 
名前:ナッチー    日付:2020年01月05日(日) 21時13分
Original Size: 900 x 625, 164KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 158KB

エントツ山さん あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

充実??!!の六ツ目山登山をしてきました
日抱神社登山口から尾根コース→六ツ目山→中間変電所登山口→
トラバース道→高松西インター登山口→六ツ目山→谷コース→
堂山北嶺304→展望台→南登山口

ここまではよかったのですが、縦走用に置いていた南登山口の車の
キーをうっかりスタート時点の車に置いてきてしまって
南登山口から日抱神社まで歩くはめになりました

とっても遠くきつかったです
足が痛い
最後は膝にきました

当日のログ
六ツ目山山頂
六ツ目山山頂からの飯野山方面の展望


              型落ちフェニックス



32625.Re: こちらも近場ですが
名前:エントツ山    日付:2020年01月06日(月) 23時08分
Original Size: 800 x 450, 164KB Original Size: 450 x 800, 163KB Original Size: 800 x 450, 155KB

 1月5日は犬返      矢野さん、岡田さんと会った  串ヶ峰と西赤石(霧氷)


ナッチーさん
フェニックスもどきパパ  今晩は

堂山も六ッ目山まで行けば立派な里山縦走ですね
年末に犬返で会ったユリさんは真鍋先生と堂山へ来られたらしくて美しい里山だと言われてました

確かに私も堂山から見える瀬戸内海や讃岐の風景は標高300m以上に価値ある場所だと思います

え? まさかのデポ車キーを移動車にデポとな
成程、こりゃ新しいタイプのトレーニング方法ですねえ

私は4日に堂山へトレーニングに行きましたが、夕焼け隊の人は誰も居ませんでした
翌5日は犬返へトレーニングでしたが、ここで会った矢野さんは「今日で今年5回目」と言ってました (正月から毎日来てるって!)
堂山仲間の真鍋さんや岡田さんも元気に来られてました

やはり登山口が近いって最高ですねえ

今年もヘマして笑わせて下さい

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-10gokuchichibu-1.html


32621.高仙山 返信  引用 
名前:グランマー啓子    日付:2020年01月05日(日) 20時20分
Original Size: 640 x 426, 100KB Original Size: 640 x 426, 99KB Original Size: 640 x 426, 100KB

エントツ山さん 明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願いします

研ちゃんも帰省されて、賑やかな元旦登山になりましたね〜♪

今日は三木町へお邪魔していました
教えて貰った安徳天皇を祭る龍王神社を尋ね
竹藪漕ぎもしたけど、よう見つけませんでした

直ぐ近くの一軒家にお住まいの方も知らないとか
落人の里の謎ですねぇ

それにしても、高仙山麓は長閑で良いところですね〜

写真 熊野神社の二本杉
    高仙神社より高松市街を眺める
    冬耕された田んぼ
http://ss991429.stars.ne.jp/



32624.Re: 高仙山
名前:エントツ山    日付:2020年01月06日(月) 22時41分
Original Size: 724 x 592, 40KB

グーグルマップもアテにならない場合もあるんですねえ


グランパ
グランマー啓子さん  今年も宜しくお願い致します

ありゃ〜〜 龍王神社 無かったですか〜

私も自分が行かない場所の紹介などはしない主義なんですが、何せ安徳天皇ゆかりの龍王神社となればドラゴン捜索隊のグランパ・グランマーより先に行く訳にもいかず・・・
正月早々お騒がせ致しました

高松に帰ったら一度確認に行って参ります
グーグルマップでは道ぶちにある事になっておりますがねえ

今度会った時に石鎚神社・蔵王権現から何で龍・竜をシリーズで追いかける事になったのか、その訳をお聞かせください
いぶし銀・グランパの背中に龍の彫り物でもあるんでしょうか?

大晦日と元日に兄弟3人が揃いましてお袋さんの所にうち揃って行って参りました
今まで何とも思っていなかった実家の事やお墓の事など、将来どなんなるんやろ?と兄弟3人とも地元に就職しなかったツケが今になって回ってきましたわ

元旦にエントツ山2号(研治)と石鎚に登って来ましたが、現役で働いている彼は石鎚登山で一杯いっぱいの体(てい)でしたねえ
やはり普段から山を歩いていないと老化は早まります

あと2〜3年は何とか歩きたいもんですね

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-10gokuchichibu-1.html


32612.剣山からの夕日と御来光 返信  引用 
名前:kurenaikai    日付:2020年01月05日(日) 09時37分
Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 49KB Original Size: 640 x 426, 42KB

エントツ山さんこんにちわ!正月明けから剣山へと行って来ました。目的は夕日と星空と朝日です。一日目は夕方から登り山頂から素晴らしい夕日を見ました。西に落ちていく素晴らしいまん丸夕日を見ることができました。雪景色は期待していなかったのでその通りでした。この時期にここまで雪がない剣山は初めてでした。日が落ちた後はいったん駐車場まで降りて翌日5時から再び日の出ポイントへ到着。着いたのは6時前だったのでまだ星空がとても素晴らしかったです。気温はそれほどは低くはありませんでしたが何せ風が強かったです。東の空が明るくなりまじめるとグラデーションがとても素晴らしかったです。御来光も最高のが見られました。その後は朝日に照らされている笹原などを見ながら次郎及へと足を運びここから徳島を代表する山々を見た後帰りました。



32613.Re: 剣山からの夕日と御来光
名前:kurenaikai    日付:2020年01月05日(日) 09時37分
Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 50KB

登山道はこんな状態でした。所々凍ってはいるものの問題なしでした。この鳥居の所は凍っていたので少し注意しました。



32614.Re: 剣山からの夕日と御来光
名前:kurenaikai    日付:2020年01月05日(日) 09時38分
Original Size: 640 x 479, 50KB Original Size: 640 x 479, 50KB Original Size: 640 x 479, 50KB

上から見るとこんな感じです。雪は全くない状態です。例年ならば真っ白の雪景色でした。



32615.Re: 剣山からの夕日と御来光
名前:kurenaikai    日付:2020年01月05日(日) 09時39分
Original Size: 640 x 426, 47KB Original Size: 640 x 426, 49KB Original Size: 640 x 426, 48KB

翌日は再び登り素晴らしい星空を楽しみました。剣山は都市部から相当離れているので星空はとても素晴らしいです。夏の銀河はとくに素晴らしいです。



32616.Re: 剣山からの夕日と御来光
名前:kurenaikai    日付:2020年01月05日(日) 09時39分
Original Size: 640 x 426, 48KB Original Size: 640 x 426, 40KB Original Size: 640 x 426, 48KB

最高の御来光を見ることができました!



32617.Re: 剣山からの夕日と御来光
名前:kurenaikai    日付:2020年01月05日(日) 09時39分
Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 49KB Original Size: 640 x 426, 50KB

朝日に照らされる笹原などを見ながら木道を歩きます。



32618.Re: 剣山からの夕日と御来光
名前:kurenaikai    日付:2020年01月05日(日) 09時40分
Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 49KB Original Size: 640 x 426, 50KB

青空の下次郎及を目指します。笹原がとても気持ちいい登山道です。



32619.Re: 剣山からの夕日と御来光
名前:kurenaikai    日付:2020年01月05日(日) 09時40分
Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 48KB Original Size: 640 x 426, 48KB

次郎及からも徳島を代表する山々を見ることができます。三嶺も雪がないですね。



32620.Re: 剣山からの夕日と御来光
名前:kurenaikai    日付:2020年01月05日(日) 09時41分
Original Size: 640 x 479, 50KB Original Size: 640 x 479, 50KB Original Size: 640 x 479, 50KB

空撮で少し離れたところから見ますが本当に今年は雪がないですね。四国の山は後数十年すれば全く雪がなくなるかもしれませんね。風が相当強いので数週したのちに帰還させました。

http://www43.tok2.com/home/kurenaikai/



32623.Re: 剣山からの夕日と御来光
名前:エントツ山    日付:2020年01月06日(月) 21時25分
kurenaikai さん 今晩は

剣山の夕日、星空、朝日をありがとうございました
正月は走り回りましたので昨日から新居浜当番で大人しくしております

私は剣山にはあまり行かないので皆さんが剣山の素敵な雪景色等の写真を時々貼って頂き有り難く思っています

そうですねえ
剣山を登山の対象としてでは無く、写真を撮る場所と割り切ればもっと魅力的な場所になりそうですね

朝日のデカい写真なんかアフリカ大陸の夕日みたいですわ 行った事ないけど・・・

一ノ森で雲海の朝日を見た時には感激しました
冬場の剣山は以前2度程道路が凍結したり積雪の為に行けなかった事があります
今年は見ノ越まで車で行くのは楽勝みたいですね
kurenaikai さんのドローン写真を拝見しても雪はほぼ登山道だけ見たいですねえ

さすがに雪は四国から消える事は無いでしょうが、積雪は大切な水源ですからこれが少ないって事は水不足の原因にもなりますわ

かわいい孫達の世代には一体地球はどうなってるのか、未来に希望は無いですねえ

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-10gokuchichibu-1.html


ページ: << 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb