[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





29001.台風一過、百合子は撃墜される、自業自得。 返信  引用 
名前:高御位山    日付:2017年10月24日(火) 10時32分
 師匠、姫路地方は34mの風速で雨戸が揺れましたが、思った程の
脅威は無かったです。鳴門、明石大橋は荒れたそうですよ。我家の
二階から淡路島が良く見えますが今日は穏やかです。

 期待して居ましたが、大いに失望しました。日本国民の民意は
この程度の物ですね。この国に未来はない。憲法改正。阿部の次の
狙いは、国民皆兵制度でしょう。我々老兵は免れますが、若者は
危ない。前にも言ったように、前原、小池は純粋の超保守、特に
小池は権力の亡者。其れを読め無かった前原は指導者の資格なし。

 救いは立憲民主党。志を高く、少数でも高らかに、筋を通して
堂々と進んで下さい。連坊、辻元と言う、ジャンヌダークに期待
しましょう。私、女性の首相を期待して居ますが、野田聖子氏は
如何でしょうか・・・ 師匠、



29002.Re: 民進党ブルース 
名前:エントツ山    日付:2017年10月24日(火) 22時18分
Original Size: 800 x 600, 153KB Original Size: 800 x 600, 139KB Original Size: 800 x 600, 161KB

   台風明けの堂山  (里山歩きが基本ですね)


高御位山さん  今晩は

やはり各地で土砂崩れ、洪水で被害が出ましたねえ
都心の中州で取り残されて救助された方は小屋でも建てて住んでいた方なんでしょうか

期待が失望って事ですが今回の総選挙に何を期待されていましたか?
やはり安倍政権に対する鉄槌でしょうか

「日本国民の民意はこの程度の物ですね」って相変わらず上から目線でコメントされていますが、受け皿が無い国民はどうすれば良いと言うのでしょう?

幸いにして香川県には旧民進党の玉木雄一郎さんと小川淳也さんという個人的に魅力的な人材がいるのですが・・・

シロウト的には希望の党が出来た時には「野合野党」対「自民・公明」の対決かと少し夢を抱かせてくれましたが、現実はそうもいかなかったですわ

小池百合子墜落の要因は沢山ありますが、気になったのはやはり「上から目線」になった事ですね

人間は実績や評価が絶対のものだと勘違いして慢心し、つい「上から目線」に物事を捉える様になってそれが言葉使いに現れます
「受け入れる気持ちはさらさらない」「排除します」などの傲慢語録が飛び足しましたわ

高御位山さんも上から目線の物言いには十分お気をつけ下さいよ〜〜

それとやはり彼女の最終ダメージは選挙前に都民ファーストの会から音喜多さんと上田さんが離党会見を直前に行った事でしょうねえ
都政も不十分なのに国政まで手を出せるか〜〜って言う印象をみんなに与えましたわ


まあ、政治評論家みたいな事はこれ位にして西田佐知子の懐かしい「東京ブルース」の替え歌でも・・・


民進党ブルース

泣いた男(前原)が バカなのか  ♪

   だました女(小池)が悪いのか 〜  ♪

褪せたタスキの くちびる噛んで〜  ♪

   夜霧の街で むせび泣く〜    ♪

帰らぬ未練の 民進ブルー―ス   ♪



どうせ私を 騙すなら〜  ♪

   死ぬまで騙して欲しかった〜   ♪

契ったグリーンの 指輪に秘めた〜   ♪

   あの日の夢も ガラス玉〜   ♪

割れて砕けた 民進ブルーース〜    ♪



*******************

まあ 政治家のみなさん わたしらよりは数万倍必死で頑張ってるんでしょうねえ   ご苦労様です


下のURLは 西田佐知子の「東京ブルース」です


エントツ山
https://www.youtube.com/watch?v=U7saGN42Okw



29003.Re: 台風一過、百合子は撃墜される、自業自得。
名前:高御位山    日付:2017年10月25日(水) 10時01分
快晴の素晴らしい天気です。香川県は気骨ある良い候補者がおられて
良かったですね。兵庫県は保守圧勝、革新完敗。是、民意の結果。
 さて、この付けは如何なることになるのか・・・

 男と女のブルース。騙した女よりも騙された男が馬鹿なのよ。厚化粧の
年増女の色気に迷わされるとは・・・女性に対しても、政治家としても前原は
修業が足りない。あのにやけた前原の顔は気持ちが悪い。

 山ではこんなリーダーで有れば遭難間違いなしですわ。山では一応相談
はしますが、決断はリーダーです。間違いなくリーダーです。責任もです。
仲間の大事な命が掛かっていますから。


29004.Re: 週末また雨みたいですねえ
名前:エントツ山    日付:2017年10月25日(水) 19時27分

高御位山さん  今晩は

昨日と今日は孫当番でございました
小さい孫達が社会に出る頃は一体どんな世の中になっているのでしょうか

週末は新居浜のお袋さん当番へ・・・久しぶりにマーシーさんと山でも歩こうと思っておりますがどうも次の台風が沖縄辺りまで北上して土曜日・日曜日が又雨予報になって水がさす雰囲気です

戦国時代、一国のリーダーは何度も苦難の決断を迫らたれ事でしょう
どちらに組するかによって家臣も含め自分の命がかかってるんですからねえ

落選後の若狭さんは急に顔が明るくなりましたわ 荷が重すぎたんでしょうか  「希望の党」の今後の始末と参議院・民進党の行く末がどんな結末になるのでしょうねえ


エントツ山
https://www.youtube.com/watch?v=U7saGN42Okw

28983.黒部・下の廊下〜 返信  引用 
名前:え〜ちゃん    日付:2017年10月19日(木) 17時02分
Original Size: 640 x 480, 89KB Original Size: 640 x 480, 86KB Original Size: 640 x 480, 93KB

エントツ山さん、こんにちは!

黒部・下の廊下から昨夜無事に帰宅しました!

工程)10月16日〜香川〜長野県へ、17日〜下の廊下を歩く阿曽原温泉小屋(泊)18日〜阿曽原〜欅平まで〜トロッコ列車で宇奈月温泉駅〜香川県へ〜!(11時30分頃着雨でした)
秋雨前線で雨続きでどうなるか?と心配しましたが・・秋雨の合間に歩く事が出来ました(^^)/(常日頃の行い?)
出発した16日は朝から長野県まで・・ずぅ〜と雨・・運転手さんもこれだけ遠くまで来ても、ず〜と強い雨が降るのは珍しい?何処かで弱くなりそうなものだが?と、
五竜・八方のスキー場に近い「ぺんしょん、ひまわり」で前泊(ガイドさんの経営)素晴らしい夕食と、明日に備えてカラビナ・ハーネスなどの講習会をしっかししました!
*でもガイドさんから明日も同じような雨なら中止します!危険ですから・・安全が一番です・・など!

翌日、雨は上がつていましたがガス・・扇沢のトロリーバス始発に乗り込んで(私達より早く並んでいた人も数十人)黒部ダムに着いて「旧日電歩道」の下の廊下へ〜
*ルートに付いて、関西電力が黒部ダム建設時に旧厚生省(現環境省)との間で交わされた付帯条件として、ダム建設後もルートの整備を行う事となっています!
毎年、転石の除去、丸太桟橋の補修や取り換え、手すりの補修・う回路の整備など多額の費用と手間を掛けて地元業者が整備しているそうです!
(当日も所々で数名別に補修工事をしていました、番線手すり、や丸太の梯子などはほとんど新品でした、


下の廊下の通行に付いては、関西電力がルート整備をして、富山県警察山岳警備隊などの点検が有り許可が出るそうです(今年は台風などと残雪が多くて10月5日?頃に検査終了が出て通行可能になった様です、しかし今月末には阿曽原温泉小屋は解体してしまうそうです!
・・長々と・・書きましたが〜私は全く知らなかったので・・!

当日歩き始めて・・少しづつ雲が上がり始めて青空も見えて来ました〜黒部渓谷は太陽が当たる時間が少ないので寒いです!
現在整理中ですが報告を早く〜と思いまして(^^)/

下の廊下より〜黒部ダムの下、紅葉が綺麗でした、カラビナ活躍〜



28984.Re: 黒部・下の廊下〜
名前:え〜ちゃん    日付:2017年10月19日(木) 17時06分
Original Size: 640 x 480, 95KB Original Size: 640 x 480, 100KB Original Size: 640 x 480, 95KB

追加です〜残雪が多くて登って下る、水の下を〜凄く濡れました、



28985.Re: 黒部・下の廊下〜
名前:え〜ちゃん    日付:2017年10月19日(木) 17時20分
Original Size: 640 x 480, 96KB Original Size: 640 x 480, 92KB Original Size: 640 x 480, 80KB

追加で渓谷を〜十字峡、S字狭、阿曽原からも岩場有り〜

*エントツ山さんこんな写真を見るとワク〜するでしょう?
 山登りでは無いけど、アドベンチャトレッキングでしょうか!楽しいですよ、でも危険と隣り合わせです、
 約千メートル付近を登ったり下ったりで足腰が疲れます(*_*)・・!
*ガイドさんより・・危険な時、写真を撮る時、だれかを呼んでその人が振り返った時にリュックが岩に当たりバランスを崩す!(自分一人で写真を撮る時にも振り返り時に危険)
 上の岩場に頭が当たる時(私も数十回頭を打ちました)
:こんな危険なコースでも安全を考えずに対策をしないで歩いている人が多かったです!(番線を手でつかんでいても落ちたら支えられない)

*お土産引き渡し式も雨ですねぇ〜明日は少し天気が良くなるかも?



28987.Re: 黒部・下の廊下〜
名前:エントツ山    日付:2017年10月20日(金) 10時01分
Original Size: 652 x 1024, 282KB Original Size: 700 x 397, 49KB Original Size: 900 x 675, 157KB

黒部・下の廊下ルート概略   富士の折立からは黒部湖出発点が見える 後立山連峰縦走中は黒部川は見えなかった


え〜ちゃん  おはよう

いつも「疲れた〜」ってレポが多いけど、今回の黒部・下の廊下はマトモじゃない?
これにGPSログとか地図がつけばいいんだけどまあ贅沢は言えないか

いままで黒部・下の廊下はあんまり興味が無くルートの調べもしてなかったけど、最近はここを秋に歩くのもいいなあって思い出しました
何せ年間のメンテ費用に三千万円かけてるって言うじゃない?
それにこんな場所だからアップダウンも少ないだろうね

トロッコ列車からの風景も気になります

以前剱岳・立山へ高御位山さんに連れられてマーシーさんと歩いたんだけど、富士の折立から黒部湖が見えた。

去年歩いた後立山連峰の右手にずっとこの黒部・下の廊下を含む黒部川があるんだけど直接沢筋は斜面の山が邪魔して見えなかった

以前リップさんが黒部・下の廊下を歩いた時に素晴らしい紅葉写真があった
え〜ちゃんの写真を見る限りあんまりハッとさせられる様な紅葉写真は見られないけど実際はどうなんだろう?
やはりこの目で見てみたいわ

丁度秋雨前線が南下した時だったので悪運が強いって思ってたわ
気を緩めず慎重に歩けばビレイ無しで歩けそうやね

又お会いした時に詳しい話を聞かせて下さい

エントツ山
 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-8g-kurodoone-houou3zan.html



28988.Re: 阿曽原温泉小屋解体の補足
名前:エントツ山    日付:2017年10月20日(金) 09時57分
Original Size: 600 x 800, 161KB Original Size: 800 x 533, 167KB Original Size: 619 x 1055, 153KB

阿曽原温泉小屋の解体作業    解体時の様子(いずれも小屋のHPより) 阿曽原温泉小屋HPにある黒部・下の廊下略地図(わかり易い)


え〜ちゃん  おはよう
ちょっと気になるレポの補足をさせて貰います
「今月末には阿曽原温泉小屋は解体してしまうそうです」と書かれていたので閉鎖になっちゃうのかと心配して調べてみました

毎年、雪崩による小屋の倒壊防止の為に10月29日の最終営業日以降にプレハブ小屋を解体作業して、翌年の営業日(7月中旬)以前に組み立て作業を行うらしいですね

先日NHKBSで裏剱の特集を山岳ライターの小林千穂さんが確かこの阿曽原温泉小屋から仙人池ヒュッテと池の平小屋に泊まって行っていましたわ

だから阿曽原温泉小屋って剱沢へのアプローチ拠点としても重要な宿なんですねえ
一泊2食で10,000円 素泊まりでも7,000円と結構高いなあって思ってましたけど毎年解体して組み立てる費用も含んでいるって納得しました

阿曽原温泉小屋のHPにあった下の廊下・略図が見易かったので参考に貼っておきます

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-8g-kurodoone-houou3zan.html



28989.Re: 黒部・下の廊下〜
名前:高御位山    日付:2017年10月20日(金) 18時36分
Original Size: 1024 x 768, 92KB Original Size: 1024 x 768, 91KB Original Size: 1024 x 768, 91KB

  エントツ山師匠、今日は。えーちゃん、初めまして。

 師匠の掲示板で何時も拝見させて戴いて居ります。阿曽原温泉小屋の
主人は元富山県警の山岳救助隊員で、当時幾度か出会った事が有ります。
常に黒部の最新状況は彼無くして知り得る事は不可能です。ほぼ毎日、足場
の状況、雪渓の状態等を確認に出て居ます。連休前に初めて通行OKが
出たのですね。

 えーちゃんに少し異論が有ります。今回貴方が歩かれたコースで「こんな
危険なコースでも安全も考えずに対策もしないで歩いている人が多かった
です」と言われて居ましたが、安全も考えず、対策もしないで・・・とは
どう言う意味なのでしょうか。8年前我ら70年代の老年組で劔北方稜線から、
阿曽原小屋〜十字峡〜黒部ダム〜一の越に抜けましたが阿曽原〜黒部ダム
間、何ら不安も感じませんでした。勿論、ヘルメット、ハーネス、ロープ等
一切不要でした。 唯一か所、別山沢右岸の雪壁を登る時、ピッケルが
必要でした。

 以前、がくがくさんが貴方と同じコースを重装備で欅平迄降って居ます。
勿論ヘルメット、ハーネス等着用せずにです。貴方の言われる、安全、対策
とは、何なのですか?

 頭を十回以上打ったとか、ヘルメットが有ったから助かったとか・・・
此れは自分の不注意以外の何物でも有りません。自分の未熟さを棚に上げて
他の登山者の行動を、安全も考えず、対策もしないで・・・と言う方は間違って
居ませんか。

 ガクガクさんやリップさん、我々には貴方が必要とした用具は不要だった
のです。エントツ山師匠が言って居られるように、気を緩めずに、慎重に歩けば
ビレイ無しでも歩けそうやね。その通り、ザイルもビレイも要りません。
技術で十分にカバー出来ますから。  
 師匠、マーシーさんで有れば充分に撮影も出来るし飯盒炊飯も楽しめます。


1 ガクガクさんの仲間達
2 黒部川左岸を行くガクガクさん
3 内蔵助出会いのガクガクさん

  ガクガクさん、勝手に写真を使わせて戴きました。
 十年以上前の写真でしょうか。



28990.Re: 出た〜 噛みつき魔「 高御位山」〜
名前:エントツ山    日付:2017年10月20日(金) 19時35分
高御位山さん  今晩は
又 台風が近づいてきてますねえ

所で、我が善良なる掲示板投稿者に噛みつくのは止めて頂きたい! お願いだから〜
折角の黒部・下の廊下に関しての立派な投稿にケチがつきます
山歩きには色んなレベルがあるのです

高御位山さんは確かに何でも一流好みで特に山歩きに関してはA級登山者です
でも人間社会も山の世界も色んな階層や技術レベル、生活レベルの人々で成り立っているんですわ

今回え〜ちゃんが参加したツアーはちゃんとしたガイド付きでそのガイドの指示によって装備が行われ、何か有った時に保険が支払われる訳です
それが現在の山ショップ営業登山ツアーの基本ですがな

その常識からすればハーネスもカラビナもヘルメットも装備せずに下の廊下を歩くのは危険と感じる人も沢山居るって事ですわ

高御位山さんの時代ではもっと危険な場所で命知らずの武勇伝が闊歩していたでしょうから下の廊下なんて散歩道って事でしょうね
でも、今はそんな時代ではありませぬ

山の危険に関する捉え方は人それぞれで、その事は自己責任として意見も行動も尊重されなければなりません

言葉というものはその言い方一つで角が立つ物ですわ
今ニュースで取沙汰されている車の運転手間のトラブルもお互いの言い方・言葉使いを少し変えるだけで揉め事も随分解消される筈です

高御位山さんの言い分はごもっとですが、いい歳なんだから丸くなって下さいよ

あれ? 何で若輩者のエントツ山が師匠の高御位山さんに意見せにゃならんのかしら?

そうや!  長雨のせいや!!

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-8g-kurodoone-houou3zan.html


28991.Re: お土産渡し式〜
名前:え〜ちゃん    日付:2017年10月20日(金) 20時48分
Original Size: 640 x 480, 80KB Original Size: 640 x 480, 96KB Original Size: 640 x 480, 77KB

エントツ山さん、こんばんは!

紅葉はダム付近が綺麗でしたがその下はまだでしたね!
トロッコ列車の車窓からはまだ紅葉が始まっていません、もう少し先ですね!

私の考えに色々と意見が有りますが・・個々それぞれと思います、自己責任と言えばそれまでです!

エントツ山さん、今日の堂山は雨の合間でしたから夕暮れ隊も少な目、4名でしたが、お土産引き渡し式が出来て良かったです!

トロッコ列車からの車窓〜お土産〜



28992.オイラでは御座りませぬ!
名前:GakuGaku    日付:2017年10月20日(金) 22時38分
Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 164KB

え〜ちゃん、高御位山さん、エントツ山さん こんばんわ。

高御位山さん 人違いですよ。
オイラが最後に下ノ廊下に行ったのは2005年秋。
12年前のことです。

実は下ノ廊下には今まで3度行ってます。
最初は恐ろしいことに35年程も前のこと…
当時は現在ほどの人気も整備も無くて独り恐々と歩きました。

岩壁に添えられている番線はひょろひょろ…
足場丸太も貧相に架けられてグラグラ…
たどり着いた阿曽原小屋の泊り客はオイラ一人で
小屋番と向かい合っての夕食をとりました。
また昔は小屋下の露天風呂は混浴で2度目の際は
女性連れでしたのでみんな揃って入浴をしました。

そんなこんなで12年前の下ノ廊下の変貌ぶりには
大変驚きました。
番線は太く二重張りになったり、ワイヤーに変わった所も。
人は居るし、小屋泊まりは満杯。
小屋前の自動販売機には目が点になりました。

中高年の登山ブームから飛び火して多くの若者も山に来るように
なりました。それは好いことだと思うのです。
今、山に来る人は“登山者”じゃなくて“登山客”なのです。
長く登山と関わっている者として寛容な想いでいましょうよ。
所詮、その人その人の遊びなのですから…

若造の他愛の無い意見をどうぞお許しください。
長文失礼しました。

添付画像は2005年。写っているのはパートナー

GakuGaku
https://ameblo.jp/gakugaku-blog/



28993.Re:オイラでは御座りせぬ‖
名前:高御位山    日付:2017年10月21日(土) 10時55分
Original Size: 486 x 648, 92KB Original Size: 680 x 907, 87KB Original Size: 518 x 388, 92KB

  師匠、お早う御座います。右京では有りませんが、小さなことに
引っかかるのが私の悪い癖でして・・・ えーちゃん。済みませんでした。

 GAKUGAKUさん、体調は如何ですか? 師匠の掲示板でも余りお目見掛からないので
心配して居ました。 何を勘違いしたのか、てっきりGAKUGAKUさんだと思って
居ました。昔の師匠の掲示板に写真付きで掲載されて居ましたから・・・

 申し訳け有りませんでした。35年前に下の廊下を歩かれたのですね。当時は
深山幽谷の類だったでしょう。私は昭和39年に欅平から阿曽原迄一気に気動車で
入山しました。地下から地上に上がった事を覚えて居ます。私の山岳会の会員が
関西電力の社員だったので、気動車の便利を図って貰ったのです。

 登山ブームに成り、昭和42年以後は部外者の乗降は厳禁と成りました。古き良き
時代の事です。GAKUGAKUさんはあの露天風呂で混浴されましたか・・・
私はその様な幸運に恵まれた事が有りません。

 50年程前に、黒部の奥壁山の西壁が注目され、大阪紫岳会、岡山クライマークラブ等
が多くのルートが開かれましたが、高さ1500m、藪に覆われている部分も多く、私の
会では会長の方針も有り、取り付く事も有りませんでした。しかし個人的に登った、
会員も居たようです。高さ1500mでは私は興味が湧きませんでした。欅平に降る途中で
志合谷を挟んで岩壁を眺めるだけで充分でした。

同じ黒部でも丸山の東壁は楽しかったです。

 GAKUGAKUさんの言葉、登山者では無く、登山客なのですね。私は古いのか、
融通が利かないのか、エントツ山師匠の軽やかな身のこなしに感心して居ります。

1 欅平上流、志合谷を越えて見上げる奥西の西壁
2 日電歩道
3 黒四の地下発電所からの送電線



28994.Re: 黒部・下の廊下〜
名前:エントツ山    日付:2017年10月22日(日) 06時34分
え〜ちゃん  今晩は

お願いしてた欅平から宇奈月温泉までのトロッコ列車の写真をありがとう
ここが紅葉したら素晴らしいと思うけどトンネルだらけだろうねえ

2年前に石鎚〜剣山縦走した後に大歩危駅から土佐岩原までJRで帰ったんだけど、ここもトンネルだらけでしたわ

投稿に対して何がしかの意見を頂けるって有り難い事だと思う
最近の掲示板って投稿に対して管理者が耳触りの良い返事をしてオワってのが定番になってしまった
多少耳障りでも意見を言って貰えるって事は貴重な事なんですわ



ガクちゃん  今晩は

腰の手術、コルセットしてリハビリが続いているんですねえ
スノーシューのメンテナンスなどブログは読んでるよ
35年前に既に下の廊下を歩いてたんや? ホンマ恐ろしいわ
ワタシにもガクちゃんにもみんなにも35年前がちゃんとあったんだよね
何やってたんだろう?

阿曽原温泉って混浴だったのね
確かリップさんも入浴シーンを貼ってくれたのがこの阿曽原温泉だったような・・・

心なしか12年前の下ノ廊下の方がえ^ちゃんの写真より少しワイルドな様にみえるんだけど

まあ、全て登山客って言う訳でもないけど、山ショップなどの運営するガイド付きグループ登山が結構増えて、今まで単独では行けなかった人が少し厳しい場所や素晴らしい場所に行けるのは良い事だと私も思います


高御位山さん  今晩は

雨が次第に強くなって来ましたねえ
高御位山さんが貼ってくれた下ノ廊下を歩いている人・・・心当たりが無いですが一体誰だったのでしょう?

地図を見ると欅平から仙人ダム付近の黒四地下発電所辺りまで「関西電力黒部専用鉄道」って破線が載ってますね(気動車用)
そこから黒部湖まで「関電専用トンネル」(作業車用)ってのが引き続いております

高御位山さん  私の掲示板はとにかく投稿内容を大事に取り扱う事がベースですが多少の噛みつきは必要だと思います
投稿者が委縮しない程度にご意見を宜しくお願い致します


エントツ山
  
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-8g-kurodoone-houou3zan.html


28995.Re: 黒部・下の廊下〜
名前:高御位山    日付:2017年10月22日(日) 20時15分
Original Size: 768 x 1024, 90KB Original Size: 768 x 1024, 91KB Original Size: 768 x 1024, 91KB

  師匠、雨が強く成りました。全ての雨戸を締めきって居ます。紀伊半島
東部は強烈な豪雨です。退避命令が発令されて居ます。

 10年ほど前、師匠からの掲示板で、黒部の下降の記録、写真を見た記憶が
有ります。てっきりGAKUGAKUさんか土佐の仙人さん、高知大学のOBだと思って
居ました。GAKUGAKUさんと思い込み、GAKUGAKUさんの名前を拝借した訳です。

GAKUGAKUさんさんからオイラじゃあ無いよとの返事、この写真に写っている
登山者は一体誰なんでしょうか? 何処でこの登山者が登場したのか、
 師匠が覚えが無い、と言われれば私も全く覚えが有りません。まるで
狐に馬鹿された様で・・・ しかしGAKUGAKUさんが35年前の黒部を下降した
事を知り、阿曽原で混浴を楽しまれた事は、ビックニュースですね。

  黒部峡谷鉄道に沿って積雪用のトンネルが設けられて居ます。此れは
積雪期には豪雪の為に黒部鉄道が使用出来ない為です。宇奈月から欅平駅迄。
此処からは関西電力黒部専用鉄道と成ります。昔我々は此の鉄道を利用させて
貰った事が有ります。師匠が言われるように黒部第四地下発電所迄線路が続いて
居ます。25000万分の一の国土地理院に出ている軌道です。此処からは作業用
自動車道で黒四ダムからは針ノ木隧道(関電トンネル、有料道路)と成ります。



1 ダムの為に干上がった黒部川
2 黒部第三ダム
3 黒部川左岸から右岸に掛かる二段の鉄橋



28996.Re: 黒部・下の廊下〜
名前:高御位山    日付:2017年10月22日(日) 19時41分
Original Size: 768 x 1024, 92KB Original Size: 768 x 1024, 92KB Original Size: 1024 x 768, 92KB

1 黒部第四地下発電所に掛かる二段鉄橋
2 地下道橋
3 阿曽原小屋の露天風呂



28997.Re: 黒部・下の廊下〜
名前:高御位山    日付:2017年10月22日(日) 19時50分
Original Size: 768 x 1024, 91KB Original Size: 1024 x 768, 92KB Original Size: 768 x 1024, 92KB

1 池の平小屋の霧に迷った時の非常用鐘、唐松小屋にもある。
2 阿曽原小屋の露天風呂
3 吉村昭の小説高熱隧道で有名な隧道跡が泉源



28998.Re: 黒部・下の廊下〜
名前:高御位山    日付:2017年10月22日(日) 20時02分
Original Size: 1024 x 768, 92KB Original Size: 768 x 1024, 91KB Original Size: 768 x 1024, 92KB

1 宙に浮いて居る様な山小屋
2 元富山山岳警備隊員の小屋主人 佐々木泉氏
3 峡谷電車 大西信也さん



28999.Re: 黒部・下の廊下〜
名前:高御位山    日付:2017年10月22日(日) 20時19分
Original Size: 1024 x 768, 92KB Original Size: 1024 x 754, 91KB Original Size: 1024 x 768, 92KB

1 下流のダム
2 宇奈月温泉
3 黒部川電気記念館



29000.Re:久しぶりの青空〜
名前:エントツ山    日付:2017年10月23日(月) 11時22分
高御位山さん  おはようございます

下ノ廊下に関連する追加写真をありがとうございます
台風が過ぎて四国にも久々の秋空が見られる様になりました

昨日は鳴門に滞在していた従妹(いとこ)が明石海峡の横風が怖くて渡る自信がないと言うので急きょ坂出まで引き返して、私が運転して瀬戸中央道(瀬戸大橋)を渡りJR児島駅から高松に帰って参りました

従妹にとっては今回一週間の四国旅行は雨にたたられ最後は台風の洗礼を受けてその上陸地に近い知多半島へと肩を落として帰って行きました

さて、今回の総選挙ですがこれは一体何だったのでしょうか?
安倍 さんの驕(おご)り慢心政治に鉄槌を下すチャンスだった筈が、逆に小池さんの驕(おご)り、慢心に鉄槌が下されるという皮肉な結果になってしまいました

日本においてもう二大政党がしのぎを削るって世の中は我々が生きている時代にはやって来ないんでしょうねえ


山は今から遅ればせながら秋山シーズン到来となりましたが冬までの期間がムーチョ短いので皆さん気忙しくなった事でしょう


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-8g-kurodoone-houou3zan.html

28959.念願の雲ノ平と北アルプス縦走 返信  引用 
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2017年10月12日(木) 21時45分
Original Size: 800 x 450, 164KB Original Size: 800 x 450, 159KB Original Size: 800 x 450, 164KB

エントツ山さん、こんばんは〜
お身体の具合はいかがですか?

9月の予定が台風でダメになり、今期最終のチャンスと北アルプスへ行った来ました。

1日目・・・新穂高温泉〜鏡平〜双六小屋
2日目・・・双六山荘〜双六岳〜三俣蓮華岳〜黒部源流標〜雲ノ平山荘
3日目・・・雲ノ平山荘〜水晶岳〜鷲羽岳〜双六小屋
4日目・・・双六小屋〜笠ヶ岳〜笠新道ルートで新穂高温泉下山

1日目は鍋平駐車場からのスタート。夏場並みのピーカン天気で、鏡平への
登りは汗まみれ。ふーふー言いながら鏡平のテラスでいきなり正面に槍が現れ、
湖面に逆さ槍が映る光景に思わず涙がこぼれそうになりました。昼ご飯をささっと
作って食べ、双六小屋へ。今回は全部小屋泊まりなのでラクチンです!

2日目もピーカン。双六岳から360度大パノラマの景色に感動。槍〜穂高連峰、笠ヶ岳、
黒部五郎岳、薬師岳、立山、剱岳、水晶岳、鷲羽岳まですべて見渡せる。
双六岳が人気な理由に納得。三俣蓮華岳からの眺めも素晴らしく、スケールの大きさに
ウットリ。三俣山荘から谷を下り、黒部源流標を見て雲ノ平山荘へ。
ゆっくりと雲ノ平を過ごしたかったので1時に到着。スイス庭園、ギリシャ庭園、アルプス庭園を
散策し、あこがれの雲ノ平を満喫。

3日目は朝から雲ノ平はガスがかかってる。今まで良すぎたからね。天気予報は曇りのち晴れだったので
ガスが抜けるのを期待しながら水晶岳へ。稜線は真っ白で強風。水晶岳でガスが抜けるのを30分待ったけど
抜けそうで抜けず諦めて鷲羽岳へ。こちらもものすごい強風。最後の登りでは吹っ飛ばされそうになるのを
三点支持でなんとか持ちこたえました。こちらも真っ白。残念過ぎるので、三俣山荘に宿泊予定を双六小屋に
変更し、明日は笠ヶ岳を目指すことに。

4日目、予報通りピーカン!前日の疲れでゆっくり7時半に双六小屋を出発。
のんびりの稜線歩きと思いきや、結構なアップダウンに切れたった崖歩き。秩父平の迫力ある景色に圧巻。
秩父岩を登り、抜戸岳〜笠ヶ岳の稜線の迫力の光景には6時間の疲れも吹っ飛びました。
山荘に到着したころから折角の頂上はガスの中。山荘のご主人によると、今から天気が崩れ、
明日は一日雨らしい。明日の稜線は強風の雨。流石に不安になり相談すると、安全第一ですからキャンセルは
気にしなくていいですよと感じのいい対応。下山タイムリミットは2時ですと言われ、ダッシュで山頂に登り
とっとと2時に下山開始。笠新道経由で新穂高温泉へたどり着いたら午後8時でした。
12時間山歩きと大変な一日でしたが、夕焼けに染まる槍〜穂高連峰が見えてラッキーでした。

あまりによかったので長文になりすみません!

写真1・・・鏡平のテラスからの眺め
写真2・・・双六岳からの眺め
写真3・・・三俣山荘手前からの眺め



28961.Re: 念願の雲ノ平と北アルプス縦走
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2017年10月12日(木) 21時50分
Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 800 x 450, 144KB Original Size: 800 x 450, 159KB

写真1・・・雲ノ平のスイス庭園より
写真2・・・雲ノ平のアルプス庭園より
写真3・・・雲ノ平より



28962.Re: 念願の雲ノ平と北アルプス縦走
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2017年10月12日(木) 21時52分
Original Size: 800 x 450, 156KB Original Size: 800 x 450, 149KB Original Size: 800 x 450, 164KB

写真1・・・水晶岳
写真2・・・鷲羽岳
写真3・・・秩父平



28963.Re: 念願の雲ノ平と北アルプス縦走
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2017年10月12日(木) 21時53分
Original Size: 800 x 450, 160KB Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 800 x 450, 160KB

写真1・・・笠ヶ岳までの稜線
写真2・・・笠ヶ岳までの稜線
写真3・・・笠ヶ岳



28965.Re: 念願の雲ノ平と北アルプス縦走
名前:エントツ山    日付:2017年10月13日(金) 07時39分
Original Size: 735 x 1280, 164KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 161KB

こりゃまった凄い縦走やんけ       至仏山         燧ケ岳(柴安ー)

ゆ〜ちゃん
ダーリン    おはよう

やったね 北アルプスの大縦走やで
前回は現代版日本三大急登と言われる岳沢をテント装備で這い上がり、今回は黒部源流・雲ノ平を折立からではなく平湯温泉から歩きましたか

縦走を4日もすると天気が崩れる日が絶対にありますわ
でもガスの切れ目から見える風景やピーカンの北アルプスの美しさは心を打たれるよね

遠征って移動に先ず疲れるけどそれだけの場所に行く価値があるし、これは遠征をした者にしか分からない特別な感動じゃよね

ギリギリまで歩いて疲れて・・・でも一晩寝ると翌朝は何とか歩き続ける事が出来る自分達がいる・・・これって最高に幸せですよ

地図を見て遠征計画をして、ちょっぴり大層な気にもなりながら出発して、現地に入れば色んな事が吹っ飛び縦走に没頭する

最後の方は歩き疲れて家が恋しくなるし、車の便利さや平凡な生活の快適さが懐かしくなる・・・ これが旅って言うのかしらねえ

どの写真も素晴らしいわ
大体の場所は共有出来るけど「雲の平」だけはまだ行った事がない
ゆ〜ちゃん、ダーリンはまだ若いから今から何年も行ける所が沢山あっていいなあ

それにしてもダーリンのウィンドブレーカー・・・それって台湾で買ったの?

元気が出てくる縦走レポ ありがとう


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-8g-kurodoone-houou3zan.html



28968.Re: 念願の雲ノ平と北アルプス縦走
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2017年10月15日(日) 17時17分
Original Size: 800 x 450, 149KB Original Size: 800 x 450, 163KB Original Size: 800 x 450, 159KB

エントツ山さん、こんにちは〜

今日は折角の新居浜祭りなのに、生憎の天気で、
珍しく家でゆっくりしています。

ダーリンのウィンドブレーカーですが、台湾で買ったのではなく
コロンビアなんですよ。コロンビアはおしゃれな個性的なデザインが
多いので、ダーリンが自分でチョイスしました・・・

写真1・・・黒部源流標の前で、鷲羽岳から狼煙のように
タイミングよく飛行機がでてきたので撮ってみました。
写真2・・・黒部源流標
写真3・・・薬師岳をバックに雲ノ平



28986.Re: 念願の雲ノ平と北アルプス縦走
名前:エントツ山    日付:2017年10月20日(金) 07時16分
Original Size: 800 x 600, 153KB Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 161KB

  子持ち権現          伊予富士登山口の沢     まるとも水産(西条)の海鮮丼(1,300円)


ゆ〜ちゃん
ダーリン  おはよう

もう秋祭りは何処も雨にたたられてサッパリでしたよね
愛知県の知多半島からはるばる四国にマツダのプレマシーを運転してやってきた従妹(いとこ)もガッカリしてたわ(今日は高知の四万十にいるらしい)

石鎚を見たいって言うので水曜日、朝ちょっと青空が見えたので「ダメ元で行ってみようか」と瓶ヶ森林道へ出かけました
所が予報通り昼前からガスっておまけに雨が降り出したわ

霧で何も見えずお母さんは車に酔うしサッパリやった
仕方ないから西条の弘法水(湧水)を見て近くのマルトモ水産って海鮮市場へ行った

ここは以前東赤石から石鎚へ大阪の山友を案内した後に食事に寄った場所です。その時は山の縦走後で丼の上に乗ってある大きな刺身が新鮮で大変おいしかったのですが、今回は量が多くて4人共食べるのが大変だった

コロンビア? 
それってウィンドブレーカーのメーカー名がコロンビアスポーツって事と理解しておきますわ
(まさか南米のコロンビアへ旅行に行った時に買ったって訳じゃないよね)

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-8g-kurodoone-houou3zan.html


28967.尾瀬の歩荷(ぼっか) 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2017年10月14日(土) 19時06分
Original Size: 800 x 600, 115KB Original Size: 800 x 600, 114KB Original Size: 800 x 600, 115KB

    足元だけを見つめて一歩づつ

我々の年代になると政局も山歩きもあんまり遠くを見据える必要もござらん
ただ近くの目標を定めて、それを見つめて一歩づつ確実に・・・

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-8g-kurodoone-houou3zan.html



28969.Re: 尾瀬の歩荷(ぼっか)
名前:kurenaikai    日付:2017年10月15日(日) 18時37分
Original Size: 640 x 426, 201KB Original Size: 426 x 640, 159KB Original Size: 427 x 640, 105KB

エントツ山さんこんばんわ。
尾瀬へ行かれましたか。紅葉真っ盛りでとても気持ちよかったでしょうね。
私も2014年に滝百選巡りをしているときに三条の滝を見るために御池から歩きました。とても良い天気で素晴らしい景色が印象的でした。
都合もあったので日帰りでの尾瀬でしたが次回は一泊ぐらいしてみようと思います。
http://kurenaikai.bob.buttobi.net/



28976.Re: 尾瀬の歩荷(ぼっか)
名前:高御位山    日付:2017年10月17日(火) 15時41分
Original Size: 677 x 1024, 92KB Original Size: 768 x 1024, 92KB Original Size: 768 x 1024, 92KB

エントツ山師匠、毎日毎日が良く降りますね。二日間秋祭りの当番に当たり
12時間で二日間お宮さんの番を務めました。町内の務めです。

 歩荷は足元を、政局は遠方を確実に、阿部には天罰を、山口には仏罰を、
小池には絶望を、維新には神罰を、愛媛県民は加計をどのように見ているのか、
つまらぬ三流大学の獣医学部が欲しいのか、否か・・・
 
 選挙の結果が気に掛かります。私は今日不在投票を済ませました。

1 マナスル山麓で生きた鶏を運ぶポーター 我々の胃袋に収まった。
2 エベレスト街道での歩荷
3 アンナプルナへの歩荷



28978.Re: 尾瀬の歩荷(ぼっか)
名前:高御位山    日付:2017年10月17日(火) 16時57分
Original Size: 768 x 1024, 91KB Original Size: 1024 x 768, 92KB Original Size: 1024 x 768, 92KB

1 ネパールの山間部に向かう村人
2 マナスルの峡谷を渡るポーター、橋が揺れるために一人ずつ渡る。
3 ポカラに有るネパール国際山岳博物館 マナスル初登頂を記念して
  日本山岳会、日本山岳協会、世界の岳人が中心になって作られた。



28981.Re: 尾瀬の歩荷(ぼっか)
名前:エントツ山    日付:2017年10月17日(火) 21時04分
Original Size: 800 x 600, 114KB Original Size: 900 x 615, 85KB Original Size: 800 x 600, 100KB

  秋の尾瀬と春の尾瀬(ほぼ同じ場所から)             燧ケ岳・御池岳 


kurenaikai さん 今晩は

御池登山口は燧ケ岳の北側ですよね
テント泊をした見晴でお会いした方に「何処の山へ行かれてましたか」と聞くと「三条の滝へ行って来ました」と言ってましたわ

地図を見ると東電小屋の北側、尾瀬から発する只見川の滝になるんですね
結構水量もあり日本の滝100選に入ってるんですってね

尾瀬は水芭蕉の頃が一番残雪が残って木々の緑も美しい時期だと思います
夏は東電小屋への木道沿いにニッコウキスゲが見事らしいです

今回は尾瀬は目的ではなく日本百名山の至仏山と燧ケ岳の登山でしたので、その2山を繋ぐ道って意味合いで歩きました
夕方と朝方に歩きましたので人も少なく静かな尾瀬を歩く事が出来ました

帰りに戸倉から沼田ICへ移動途中に「吹寄ノ滝」って大きな看板があって駐車場に沢山車が停まっておりました。寄るのが面倒でスルーしたのですが、後から調べると「東洋のナイアガラ」って幅が長い滝があったらしいです
(九州旅行でも田んぼの真ん中に「東洋のナイアガラ」ってのがあって見物した事もあります)


現役の仕事をされている間は長期滞在もままならず、退職後にゆっくりと日本の風景を味わって下さい

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-8g-kurodoone-houou3zan.html



28982.Re: 尾瀬の歩荷(ぼっか)
名前:エントツ山    日付:2017年10月17日(火) 21時31分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 152KB

  谷川岳からの風景     雨に強く快適なファイントラック・カミナドーム  最近の担手(かきて)は腰が入って無いって嘆く声が・・・


高御位山さん  今晩は

歩荷ってバランスを取るのが難しいでしょうね
重心を高くしているし、首を下げて上体を前傾しないと後ろにひっくり返るみたいです

ネパールの荷物運びを引き連れてのトレッキングは殿様登山の様で印象があまり良く感じませんが、地元の住人にとって貴重な現金収入源ですから最近良く政治の世界で聞かれる「ウィンウィン」の関係って事でしょうか

私も今晩不在者投票を済ませました
成人以来自民党には一度も投票した事が無いのですが、実績という面ででは最終的にあそこに落ち着きそうですね

今回小池さんの厚化粧が見事に剥がれて本性が垣間見られましたねえ
「寛容な保守」の出現に一瞬2大政党の希望を国民に与えて「選別・排除」で失望に変えてしまいましたわ

結局はそんなに未来を託したり期待する政党は出てこないのが現実でしょうか
若者が働く場を何とか保障され、多少の年金が支給され続け、ゴミを回収するシステムやライフラインが確保される生活がいつまでも続いていく事を願うばかりです


エントツ山    
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-8g-kurodoone-houou3zan.html


28970.今季最後の沢 滑川渓谷を海上峠まで遡行 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2017年10月15日(日) 21時45分
Original Size: 800 x 585, 162KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 161KB

@今回行程図 A渓谷に入ると台風の大水で橋が外れている B水量は少ないが、いつのもきれいなナメが続く

エントツ山さん、こんばんは。今週末は天気が悪かったですね。

昨日の土曜は職場の同僚とバーベキューの予定でしたが、天気予報で天気が微妙なので中止に。(結局ほとんど雨は降りませんでしたが)
土曜の朝起きて石鎚山系の高い山には雲が掛かっていたのでパス。雨に濡れてもいい今季最後の沢として近場の東温市の滑川渓谷に行ってきました。

ナメのきれいなこの沢は、毎年散歩に行っていますが、まだ海上峠まで詰めたことはなく、ネットで海上峠までの記録を探してもみてもエントツ山さんHPの中にあるサスカッチさんの投稿記事と「しまなみ探検隊」のブログくらいしかなく(両方とも沢登りではない)、やや不安がありましたが入谷。

この渓谷は川沿いに「奥の滝」まで遊歩道が付いていますが、9月の台風の際に大水が出たようで、遊歩道に架かる木橋が橋脚からはずれていました。
ただし、昨日は非常に水量が少なかったです。

奥の滝を捲いてその上部にあるこの谷で一番大きい10m以上の滝(昨年はここまで遡行)の両岸とも岩壁に覆われて上れないので、少し手前の右岸を迷いながらも大きく高捲くと踏み跡はありました。
この捲き道は非常に高度感があり、万一間違って滑落すると何10mも転落して助からないような危険箇所がありました。

この滝の上に出ると、少しだけナメがあって、後はほとんど水が流れていないゴーロや巨石帯が続き、台風の影響か斜面が崩れたり倒木の多い箇所もいくつかありました。
そして2時間半強でサスカッチさんレポにあった水がちょろちょろ流れる大きな岩壁に突き当りました。確かに周囲を見渡してもこれを捲けそうな箇所は見当たらず、その左にあるX字で狭くなったナメっぽい谷を登ることに。

このX字谷は傾斜があって、かなり登った途中で足掛かりが乏しく滑落すると危ない難所があり、X字で脇に逃げることもできず焦りましたが、なんとかクリアできました。
今回なんとか無事でしたが、自分の登攀技術では本来一人では行く場所ではなかったと今になって反省してます。

傾斜が緩やかになったところでGPSを見るとこのV字谷が本流の谷で、先程の岩壁は一つ南の支沢の谷でした
最後はスズ竹の薮を掻き分けてようやく3時間半かかって、海上峠に到着できました。
この峠は昨年梅ヶ市から妙谷川を詰めて登って以来で相変わらずの笹ブッシュでした。

下山は青滝山への分岐から反対側に北西に延びる細尾根を下ることに。
しまなみ探検隊の記録によるとこの尾根は沢山のマムシが待ち受けるマムシの巣とのことでかなり不安でしたが、気温が下がってきたからでしょうか、幸い昨日はお目に掛かることはありませんでした。

標高1040mくらいでこの尾根を外れて渓谷に向けて、スズ竹の猛ブッシュの急斜面を下山しましたが、ほとんど濡れたスズ竹を両股に挟んで後ろ向きになって滑り落ちるような感じでドロドロになりながら下りることに。
昨年の青滝山へ登る雨に濡れた笹薮地獄の悪夢を思い出しました。
下りなのでなんとかなりましたが、登りだったら絶対途中でギブアップでした。

後は薄い踏み跡に沿って渓谷を下り、途中で雨もパラパラ降りましたが、今回も無事下山でき、今季最後の沢納めとなりました。
今季は結局17回の遡行でした。(昨年18回)来年は是非ご一緒しましょう。



28971.Re: 今季最後の沢 滑川渓谷を海上峠まで遡行
名前:弁天山    日付:2017年10月15日(日) 21時47分
Original Size: 800 x 610, 157KB Original Size: 800 x 595, 165KB Original Size: 592 x 800, 164KB

C遊歩道終点、奥の滝 D奥の滝を捲いた上もナメが続く E二又の左(本流)の岩壁に囲まれた10m以上の滝にて



28972.Re: 今季最後の沢 滑川渓谷を海上峠まで遡行
名前:弁天山    日付:2017年10月15日(日) 21時48分
Original Size: 587 x 800, 159KB Original Size: 603 x 800, 164KB Original Size: 800 x 609, 157KB

F10m滝の上にも僅かだがナメがある Gこの上は流れの乏しいゴーロや巨石帯となる H突然正面に水がチョロチョロ流れ大きな岩壁が 実はこれは支流であった



28973.Re: 今季最後の沢 滑川渓谷を海上峠まで遡行
名前:弁天山    日付:2017年10月15日(日) 21時51分
Original Size: 573 x 800, 164KB Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 600, 162KB

I隣にある狭いX字の斜度の急な谷を登りことに 実はこれが峠への本流 Jまだまだナメの急登が続き、脇に逃げられない K下山に使ったマムシの巣らしい細尾根 幸いに出会うことがなく良かった



28977.Re: 今季最後の沢 滑川渓谷を海上峠まで遡行
名前:弁天山    日付:2017年10月17日(火) 07時54分
すみません。
×しまなみ探検隊→○今治山岳探検隊
の誤りでした。訂正します。


28980.Re: 今季最後の沢 滑川渓谷を海上峠まで遡行
名前:エントツ山    日付:2017年10月17日(火) 20時33分
Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 800 x 600, 158KB

朝の03時から07時まで担ぐ方も見る方も祭りバカ        今日は孫(中1)の文化祭へ


弁天山さん  今晩は

今季最後の沢(?) ホンマかいな?

新居浜出身の奥さんは太鼓祭りが近づくとソワソワしてませんかねえ
新居浜祭りを兼ねて愛知県から認知症のお母さんを連れて車で来た従妹(いとこ)は5歳まで新居浜に居ただけなのであんまり太鼓台の記憶が無いとの事です

折角の四国旅行も雨にたたられて気の毒です

私の実家は新居浜の内宮神社のすぐ下にあるので15日(月)は朝03時過ぎから太鼓の音や掛け声や花火で寝ておれませんわ
東京から帰省中の長兄も雨合羽を羽織って出かけます
私はファイントラックの撥水フーディジャケットで後を追います

でもザックが雨に濡れると重い様に太鼓台も雨に濡れて重たくなって、その上に簡易合羽のかき手も足元は滑るし担き棒は滑るし、いつもは一気に駆け上がる神社の階段ですが中々上がりませんわ

今日は山根グランドで寄せ太鼓の競演がありましたが、高松へ帰って孫の文化祭でございました

天気が悪い中、滑川渓谷でしたか
沢だから少々の雨でもどうせ濡れるからって…夏場の話ですよね
いまから沢筋の紅葉が進み美しい風景になるんでしょうねえ

今治山岳探検隊のブログを拝見しましたが、我々と良く似たジャンルの方ですね
ブログをやられている方はプロフィール項目が貧弱で年齢やどんな考え方をしておられる方なのか良くわかりませんわ

ブログやヤマレコ、YAMAPの普及で大勢の登山者が自己主張が出来る様になりましたねえ

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-8g-kurodoone-houou3zan.html


28974.甲武信ヶ岳(日本百名山) 返信  引用 
名前:おじょも    日付:2017年10月15日(日) 22時10分
Original Size: 1024 x 768, 50KB Original Size: 1024 x 768, 48KB Original Size: 768 x 1024, 50KB

エントツ山さん    皆さん    今晩は



尾瀬に行かれたのですね 私も 一度は話の種に行ってみたいと思っている場所です  



今回は 前から何度も テレビに映っていた 趣のある古い甲武信ヶ岳の小屋 
 
甲州・武州・信州(山梨県・埼玉県・長野県)3県の堺にあるので その名前がついたとされ
千曲川・荒川・笛吹川の水源の地になっている


以前から 少し 気になっていた日本百名山の 甲武信ヶ岳へ行って来ました


日帰りでも よかったのですが 小屋泊にしてしまいした
(別プランで 日帰りにして 翌日に近くの岩場があり面白そうな乾徳山に行ってもよかった)



登った当日は ガスッて富士山とか金峰山などが まったく 見えなかったのですが
翌朝には 北アルプスの槍ヶ岳までバッチリ見えて 一泊して一応 正解でした


上り  西沢渓谷入口〜徳ちゃん新道〜甲武信ヶ岳  きびしい長い登り一辺倒の尾根コースでコースタイム 5時間40分 

下り  甲武信ヶ岳〜近丸新道〜西沢渓谷入口  こちらの方 沢の渡渉(増水時は注意が必要)水平道があり楽に感じた


小屋の人は 北側 長野県側 毛木平(千曲川源流)からの沢沿いのコースの方が 楽に登れると言っていました 
行くときの参考にして下さい。





そのブログです・・・・・
http://ohara98jp.exblog.jp/



28975.Re: 甲武信ヶ岳(日本百名山)
名前:おじょも    日付:2017年10月15日(日) 22時28分
Original Size: 1024 x 768, 50KB Original Size: 1024 x 768, 50KB Original Size: 1024 x 768, 50KB

追加写真


雲海に浮かぶ富士山     手前は金峰山と国師ヶ丈 その奥側に南アルプス    八ヶ岳の右奥は北アルプス 槍ヶ岳も見えていました
http://ohara98jp.exblog.jp/



28979.Re: 甲武信ヶ岳(日本百名山)
名前:エントツ山    日付:2017年10月17日(火) 20時05分
Original Size: 800 x 450, 150KB Original Size: 900 x 675, 150KB Original Size: 900 x 675, 160KB

甲武信小屋から七丈小屋に転勤されてた北爪清史さん  新居浜祭り(初日の宮入り)

おじょもさん  今晩は

ブログ拝見しました
甲斐駒や早川尾根から金峰山、甲武信ヶ岳方面を見たかったのですがずっと雲に隠れていました

そう言えば伊予の鈍亀さんも甲武信ヶ岳へ登りたいと言ってましたわ。
黒戸尾根の七丈小屋に泊まった時に甲武信小屋のチーフ小屋番をされていた北爪清史さんが丁度転勤(?)で七丈小屋へ移られておりギターの弾き語りを聞かせてくれたそうです

黒戸尾根七丈小屋の責任者は有名な登山家の花谷泰広の筈ですから、その縁で北爪さんが甲武信小屋から七丈小屋へ移ってこられたのでしょうかねえ

天気にもよりますが折角の遠征時は山で一泊したいですよねえ
おじょもさんの車は天井の上に荷物を収納出来る装備がされているので車中泊の時は便利そうですね

新居浜祭りが始まりましたが雨で宮入りの太鼓台が軒並み苦戦しておりました
やはり雨が降って階段が滑るのでテンションが上がらなかった様です

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-8g-kurodoone-houou3zan.html


28952.八ヶ岳・赤岳 返信  引用 
名前:toshi    日付:2017年10月10日(火) 19時32分
Original Size: 1024 x 683, 93KB Original Size: 1024 x 683, 64KB Original Size: 1024 x 683, 95KB

エントツ山さん こんばんは!

この10月3連休にBAツアーで赤岳に行ってきました。美濃戸山荘前泊
の楽々登山です。8日7時発、南沢-行者小屋-中岳コル-赤岳-天望荘の
コースで14時40分着のスローペース登山でした。9日は地蔵尾根を
下山し、行者小屋-赤岳鉱泉-北沢コースで11時15分美濃戸着で、そ
の後、ゆーとろん水神温泉で汗を流し、一路香川へ。しかし、3連休最後
の日は手強く、渋滞に巻き込まれ、帰宅したのは日が変わって2時前で
した。バスの移動で疲れました。
天気は午後には雲が増えましたが、おおむね晴れで、夕焼けも朝焼けも
見れ、富士山、北アルプス、御嶽山も見えて満足のいく山旅でした。
ただ紅葉は、広葉樹が少なく、あまり見れませんでした。

今年は石鎚の紅葉がきれいな様ですが、時期がずれたので見れそうもあ
りません。西赤石でも行こうかなと思っています。
ところでご来光の滝の紅葉登山は行かれる予定はありますか?

写真は、横岳と大同心、水平線(雲のすじ?)の下に出るご来光、朝焼
けの赤岳(遠くに雲海に浮かぶ富士山、手前の岩塔は二十三夜峰)です。

ご来光が水平線?よりも下から出てきたのでびっくりしました。多分、
雲のすじがあって、それを突き抜けたときには太陽の真ん中に帯ができ
て、ハンバーガー状態でした。面白い光景を見れました。

ではまた。お身体ご自愛ください。



28958.Re: 八ヶ岳・赤岳
名前:エントツ山    日付:2017年10月12日(木) 21時20分
Original Size: 900 x 675, 157KB Original Size: 900 x 675, 154KB Original Size: 900 x 675, 165KB

  至仏山             燧ケ岳         テン場の夕方


toshi ちゃん  今晩は


綺麗な写真が撮れちゃったね
自然が相手の山岳写真は空や雲や光線などの偶然が重なって思わぬいい絵が出来上がりますねえ
それを逃さないカメラ技術を持ってるから羨ましいわ

こちらは2週間前に準備をしていた谷川岳と尾瀬に行ってきました
思わぬポリープの摘出手術で丁度紅葉の季節になって結果オーライね

谷川岳はロープウェイがあるから凄い人出だったけど西黒尾根は登山者もまばらで静かな登山を楽しむ事が出来ました
ただ天神尾根と合流した後は紅葉銀座状態で山頂写真も順番行列が出来ていました
でも一ノ倉岳へ行く人は少なくこれ又静かな紅葉の山を楽しめました

尾瀬は連休最終日に入ったので2日目からは以外と静かなもんでした
至仏山と燧ケ岳を比べた場合、名前の感じや見る姿からして燧ケ岳の方が厳しい山かと思ってましたが、丸っこい至仏山の方が岩が多くて面白かったですね

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-8g-kurodoone-houou3zan.html



28966.Re: 八ヶ岳・赤岳
名前:エントツ山    日付:2017年10月13日(金) 19時38分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 508, 161KB Original Size: 900 x 675, 160KB

toshi ちゃん 今晩は

ゴメン 「ご来光の滝」の件 返事を忘れてました
毎年11月の3日〜5日当りの晴天日にご来光の滝へ出かけております

又近づいたらそちらの都合を下のメールに携帯かPCメールも一緒に知らせておいて下さい

harakoji@violin.ocn.ne.jp

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-8g-kurodoone-houou3zan.html


28954.石鎚山へ行って来ました〜 返信  引用 
名前:え〜ちゃん    日付:2017年10月11日(水) 09時18分
Original Size: 640 x 427, 86KB Original Size: 640 x 480, 82KB Original Size: 640 x 480, 92KB

エントツ山さん、おはようございます!

昨日、石鎚山の紅葉見物に出かけて来ました〜(平日ならゆっくりと楽しめると思い?)
リップ姐さんも「石鎚へ行こう」と言っていましたし紅葉が久しぶりに凄く綺麗!と言ってたので!
政所とその友人二人(石鎚は初めて)を連れて4名で出かけました〜朝は霞んでいましたが瓶林を走る頃は素晴らしい天気でした!
土小屋に9時に着くと、何と、すでに駐車場は満車、道路沿いから駐車禁止の黄色い所も・・一番遠い(第二ではない)所に駐車!
エントツ山さんが石鎚は4度の祭りが有る!と言ってましたが・・本当ですね(平日ですよ)
登り始めても小屋で宿泊?した人達が多く下りて来ていましたし登る人も多かった、成就社側からの合流から上は大勢の人!(これでも連休より少なかったらしい?
*一人が車で寄ったらしく体調不良・・一人は「ヨガ}をやってる元気いっぱいでクサリを登ると・・二の鎖から〜
体調不良の人はわつぃが付いて鎖の人は政所が付いて登りました!

天狗までも行列でしたね!素晴らしい石鎚の紅葉を堪能して・・ゆっくりと下山〜夕日を浴びた瓶林からの景色も最高〜でしたね(^^)/東黒森山が特に綺麗でした!
何時もの木の香温泉♨で汗を流して・・桜を見ながら〜帰路へ〜!
石鎚の紅葉から〜三の鎖を登る二人、弥山の人・・次ぐ次と入れ替わります、天狗、



28964.Re: 石鎚山へ行って来ました〜
名前:エントツ山    日付:2017年10月13日(金) 06時45分
Original Size: 900 x 670, 163KB Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 900 x 675, 151KB

至仏山〜尾瀬〜燧ケ岳GPSログ図  kazashi流自撮りは難しい  車中泊は快適やった


え〜ちゃん  おはよう

昨日新居浜に行くと生協のお弁当やら遠征前に私が用意した食料品やら食器やらが居間のコタツ机に山積みよ
分別して片づけた後「母さんちょっとはゴミを片づけなアカンで」と言うと「私は汚いのは大嫌いなんや 見てみんかい いつも綺麗に片づいとるやろがね」って怒るわ
(あの・・・それ今ワタシが片づけたんやけど・・・)
まあ 今の所ギリギリ数日間は一人で何とかなってるから遠征に行く事も出来ると感謝せにゃあかん
今日東京から長兄が新居浜祭りで帰省するので高松に帰ってきました

え〜ちゃんは気楽でええなあ
お馴染みの喫茶店で駄弁ってベースキャンプで時間つぶしして花を確認にヒミツの場所を巡って堂山仲間とトレーニングして、政所のお供をして、パッパと投稿写真をバラまいて・・・


秋の石鎚祭りへ行ってきたんやね
平日でも人出が多いだろうねえ 最近は東稜〜墓場尾根でも結構人が来る様になったわ
え〜ちゃんの運転はスピードを出すから後部座席の人が瓶林の蛇行運転で酔ったんやね
後部座席に酔い止めの薬を常備しとかんとアカンぜよ

尾瀬は遠かった〜
車での遠征は北アルプスの平湯、中央アルプスの駒ヶ根、南アルプスの韮崎辺りまでだった
それが「群馬県に入りました」でしょ

でもカローラフィルダーに替えて初めての遠征だったけど快適な運転やった
車中泊もちょっと天井が低いけど長さが十分やしいい車やで

谷川岳は連休中だったから天神尾根はお祭り騒ぎだったけど、尾瀬は静かで良かったわ
ゴリラポッドでkazashi流の後ろ姿写真を見ても人が写ってないやろ?
この時期に不思議な程でしたわ

え? おみやげ?
買ってるけど贈呈式が天気悪いので出来ないよねえ


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-8g-kurodoone-houou3zan.html


28953.寒峰 返信  引用 
名前:ワンワン    日付:2017年10月10日(火) 22時32分
Original Size: 640 x 353, 100KB Original Size: 640 x 480, 98KB Original Size: 640 x 480, 96KB

エントツ山さん  こんばんわ

大変ご無沙汰しています。
以前から(もう5〜6年前になるでしょうか)気になっていた坂瀬
を通り寒峰稜線のコースにやっと行くことができました。

今年ピオーネ御夫妻が登られたので行ってみることになりました。
カヤト台地は以前は茅が生い茂り大変なところと聞いていました。
今はその面影はほとんどなくなっているようです。

次回はマドの天狗〜中津山に挑戦したいですが何時のことになる事やら
又、四国に惚れ直しました。



28960.Re: 尾瀬の「見晴」という場所が良かったです
名前:エントツ山    日付:2017年10月12日(木) 21時46分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 900 x 675, 155KB

      見晴のテン場       尾瀬ヶ原


ワンワンさん
風来坊さん   今晩は

坂瀬〜寒峰を歩かれましたか
むらくもさんやピオーネさん達は妙にあの辺りが気に入っている様ですね
中津山〜マドの天狗も歩いてみましたが今は寒峰台地同様に快適でしたね

今回、尾瀬の2山、至仏山と燧ケ岳をどんなコースにしようかと随分迷いました
北側の御池(みいけ)からとか大清水とか検討しましたが、結局ベタでカタい戸倉〜鳩待峠にしました
至仏山は現在一方通行の為に山ノ鼻へは下れないので鳩待峠からピストンにしてザックを抱えて山ノ鼻〜尾瀬ヶ原〜見晴へ歩いてテントを張りました

翌日、燧ケ岳へ上り下山中から結構な雨になりテントも濡れていたので山ノ鼻へは進まず連泊としました

これが正解で夜中降った雨が朝方止んで霧が出ましたので幻想的な尾瀬ヶ原を歩く事が出来ました

尾瀬ヶ原の草紅葉は単調で退屈ですが至仏山や燧ケ岳周辺の森は紅葉の色が最高でとても良かったです

山小屋に泊まった人に聞くと、尾瀬の場合は基本個室でお風呂もある(石鹸は不可)との事で快適だったそうです

私は貧乏なので車中泊とテント泊りですから交通費と駐車料金位ですから安上がりでした

大山も新居浜祭りが終わったら計画を練らねばと考えております

エントツ山
  
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-8g-kurodoone-houou3zan.html



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb