[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





25355.標識と赤テープ 返信  引用 
名前:高御位山...........................    日付:2015年10月11日(日) 10時31分
Original Size: 691 x 1024, 89KB Original Size: 683 x 1024, 90KB Original Size: 673 x 1024, 89KB

 師匠、こんばんわ。

 標識と赤テープに関しては余りにも有り過ぎます。必要な箇所に最低限有れば良いのです。
それで遭難するのであれば、其の人達は山に登る資格は有りませんね。どちらにしても道に迷って
遭難騒ぎを起こすでしょう。寒風山の標識は見苦しいの一言です。以前から不愉快に思って
いました。橋本さんが好意で立てのかも知れませんが、一寸其の人のセンスを疑います。撤去
して良かったと思います.

以前、師匠、マーシーさんと一緒に縦走した際、不要な赤テープを徹底的に取り外して回収して
いました。ああ、此れは立派だなあ、と感心したことを思い出しました。

 今私は病気の為に山に登ることは出来ませんが、昔の山登りの写真を整理しています。面白
い写真も結構有ります。参考に成れば貼り付けます。マーシーさん、フーミンさん。麻のシングル
ロープ一本で登降していたのですよ。余分な道具は要りません。

 雪彦山の不行岳の東北壁は逆くのじルートでは有りません。あれは東南壁になります。簡単なルート
です。

1 六甲・芦屋の岩場、イタリアン・リッジを登る。登攀者は私です。 昭和30年代。今は震災で崩壊して
  存在しません。貴重な写真です。
2 先輩達と登り終えて
3 ザイルは麻の12mm、30m 間もなく11mm、40mに代わりました



25356.Re: 標識と赤テープ
名前:高御位山...........................    日付:2015年10月10日(土) 20時08分
Original Size: 658 x 1024, 90KB Original Size: 698 x 1024, 87KB Original Size: 1024 x 700, 90KB

1 芦屋のロックガーデン。懸垂下降は肩がらみにて。摩擦熱で熱かった。
2 B懸垂岩壁を登る 阪神大震災岩場は崩壊し、跡形も有りません。
3 同じく、垂直のハングを吊上げで登る。
  旧RCCの藤木九三翁が開拓された岩場。



25365.Re: 標識と赤テープ
名前:エントツ山    日付:2015年10月13日(火) 06時41分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 151KB

     長者原にて       湯布院にて



高御位山さん  おはようございます

ほ〜〜 昭和30年代から岩登りをやってたんですね
古き良き時代の写真はまさに筋金入りの岩ヤ、山ヤ姿ですわ
世の中には若い時からこんな厳しい世界に身を置く性格(たち)の人が居り、高御位山さんもその中のお一人だったんですねえ
岩一筋、山一筋の人生は今振り返っていかがですか?
やれる事はやったと満足感に浸っておられますか

私は50歳にして初めて仕事の合間に山へ足を向け出したものですから筋金は通っておりませんのであれやこれやと悩むことが多いです
言える事は高御位山さんを始め多くの山仲間、掲示板仲間に恵まれて沢山の勉強をさせて貰えた事はこれまでも、又退職を迎えた今からもとてもありがたい事だと思っております

掲示板を通じて皆さんが色んな方法で山や人生を楽しんでいる事を知る事が出来ました
世の中には多種多様な考え方があり、これが正しいって事はほぼ無いに等しく、その折り合いを付ける事も大事でこれが又難しいもんですねえ

寒風山に於ける橋本標識を批判したりセンスが無いと一蹴する事は簡単ですが、それを支持し撤去を残念がる人も又沢山居られますわ
山の超初心者の目線に立って物事に寛容になる事も又超ベテラン登山者のあるべき姿だと思えます

我々年寄りは穏やかな心で人生を締めくくりたいものですねえ


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa1.html


25353.今日の石鎚 返信  引用 
名前:おいわさん    日付:2015年10月09日(金) 22時55分
Original Size: 600 x 900, 104KB Original Size: 900 x 600, 134KB Original Size: 600 x 900, 168KB

断捨離出来ない私なので写真の整理が追いつきません。
今日の紅葉具合です。
http://homepage2.nifty.com/oiwasan/



25354.Re: 紅葉時期の石鎚と言えば・・・
名前:エントツ山    日付:2015年10月10日(土) 03時30分
Original Size: 700 x 525, 60KB Original Size: 768 x 1024, 158KB Original Size: 700 x 655, 132KB

 おいわさんと並んで撮ったロシア娘    大丈夫かいな?   数年前にも・・・


おいわさん  おはよう

え? 又行ったの 石鎚 !  あんたも好きねえ
おいわさん、やま・きぬコンビの様に東温市や松山の人は今気軽に石鎚へ足が向きますね
東からは高速代もかかるし瓶が森林道の通行止めなどがあって気分的に遠いわ

紅葉の石鎚と言えば6年前にトンちゃん達を東稜・墓場尾根に初めてマーシーさんとご案内した時に弥山でおいわさんに会った(2度目)

そんときは山頂にロシア娘がいたもんだから必死で英語で(ロシア語はしゃべれない)「ちょっと ちょっと あんた達の美しい姿は石鎚をバックに良く似合うから写真を撮らせてくんない?」って即席撮影会を段取りした

「おう ビューテフル!」何てトンちゃんから白い目で見られながら写真を撮ってるすぐ隣でおいっわさんもちゃっかり撮影会に加わっていたよね!

西赤石の山頂標識がKMだなんて細かい事にすぐ気づくおいわさんもロシア娘に眼が釘づけで隣にいる私に気が付かなかったよね! お互いさまか〜〜

今回、天狗岳の岩場で子供を背負って崖のすぐ近くをピョンピョン歩いている人がいたわ  もう見てるだけでハラハラした
背負われた「子連れ狼」の大五郎は慣れたもんで絶壁へ頭を向けて下を眺めながら「ちゃん」って言ってた(様な気がしたわ)

今日は孫達と長崎のハウステンボスと湯布院へ出発や〜
名目は私の退職祝いって事らしいんだけど何故か費用分担表が回ってきた
まあええか


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa1.html


25345.西赤石k 返信  引用 
名前:ペーコ    日付:2015年10月08日(木) 16時55分
エントツ山さん こんにちわ

今年の(石鎚の)紅葉が1〜2週間早いって言うもんだから
西赤石を のぞいてきました

残念ながら先日の強風の影響で かなり葉っぱが縮れていますね
紅(黄)葉にならず 茶色になっている葉が多かったです

標高 1626Km の確認



25346.Re: 西赤石の標高
名前:ペーコ    日付:2015年10月08日(木) 17時09分
Original Size: 1024 x 682, 170KB Original Size: 1024 x 682, 133KB Original Size: 1024 x 682, 164KB

まだ酔ってないのに なにかをを押したら 送信してしまいました
すんません

続き・・・
道標の標高表示を確認しましたが
カンマでなくて ピリオドが入ってますね
山の標高にKmってのは 見たことがないような気がしますが
確かにKmの表示ですがピリオドがあるので 間違ってはないようです


カラマツの黄葉は今からです



25349.Re: 山の標高にKMはあり??
名前:エントツ山    日付:2015年10月08日(木) 22時51分
ペーコちゃん  今晩は

さっそく確認に行ってくれたのね
小数点はともかく私の行ってた KM(キロメートル)表示は本当だったやろ!

確かに 1,626KMで間違いはないんだけど・・・
山頂標識にこんな単位使う??

ヤマケイに山の珍百景で投稿しようかしら・・・
こんなのは業者に委託したんだと思うけど、委託した標識を見たらKMになっていたのでせめてカンマをピリオドに変えさせたんやろかねえ

ペンキが剥げて来たので塗ってあげようと良くみたらKMだったのでう〜〜んって唸ったわ
恐らくKMに気が付いた人は少ないと思う

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa1.html


25350.Re: 西赤石の標高
名前:おいわさん    日付:2015年10月08日(木) 23時36分
どうでもいいものに反応する私です。
この標識が変なのは7年前に私のレポートで指摘しています。

http://oiwasan.fc2web.com/hitori/2007/070512/index2.html
http://homepage2.nifty.com/oiwasan/


25351.ほかにもあるかも
名前:坊主    日付:2015年10月09日(金) 06時36分
Original Size: 800 x 600, 191KB

一緒につくられたものでしょうが。



25352.Re:  西山山頂標識・・・ほんまや〜
名前:エントツ山    日付:2015年10月09日(金) 08時21分
Original Size: 800 x 610, 137KB Original Size: 800 x 600, 164KB

  山頂標識も乱立するとただのゴミ  塩見岳三伏峠までの10分割標識



おいわさん  おはよう


西赤石の山頂って趣がない場所やからあんまり写真を撮らないですよね
シーズンには沢山の人が座っておられるしね

あそこの銅版標識も西側テラスに立てたんですけど、どうもそこは山頂じゃないって頭の固い人がいるようで2度も三角点石に縛り付けられております
来期はもう一度メンテナンス後西のテラスに移動するつもりです

それで、あの前からあった立派な標識も化粧直しをしてあげようと良く見るとKM表示だった事に気づきました

普段あんまり標高なんか気にしないから良く見ませんよね
ほう おいわさんもそれに7年前から気づいた少数派だったのですね


坊主さん
あれま 西山もおんなじ方式だったんや〜
香川の四国の道などの距離標識はやはり M(メートル)表記が多いのですが、たまに長い距離の場合は KM(岐路メートル)も使ってますね

ちゅうことは西赤石の山頂(二等三角点「銅山」)は 1.62575 KM
西山山頂(三等三角点「西山」)は 1.42873 KM って訳ですよね

委託業者が普段道路なんかの距離表示でキロメートルに慣れていたんでしょうかねえ  山頂の標高表示にKMはそぐわないわ

むらくもさんが寒風山、伊予富士の標識を橋本さんが自主回収した事を嘆いてましたが、文句を言う方も言われて全部除ける方もどっちもどっちの感がします

標識やテープはそこを歩くベテランは全く不要な訳で、そういう物はその山に初めて来られる登山者の為に設置するべきものですから多少ウザかってもベテランは多少辛抱しなければなりませんわ

標識も赤テープもそんな存在ですが、これも程度によりますねえ
不必要に付け過ぎると自然の山にそぐいませんわ
香川の里山なんかお寺や神社の参道を歩いている様な場所が沢山あります

ちょっと足元に根っこなどがあると「足元注意」
枝が少し張り出していると「頭上注意」 もう不必要な標識だらけです


世の中色んな考えの人がいるから「折り合い」をつけるのが難しいですねえ
坊主さんもむらくもコメント欄でみなさんとうまく折り合いをつけながら楽しんで下さいよ〜〜


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa1.html


25330.穂高を思い出して 返信  引用 
名前:高御位山...........................    日付:2015年10月06日(火) 09時47分
Original Size: 600 x 800, 80KB Original Size: 600 x 800, 80KB Original Size: 600 x 800, 80KB

 師匠、こんにちは。師匠にかかるとマーシーさんも台無しですね。お二人
の仲の良さに羨ましく感じます。師匠、一寸掲示板をお借りします。

 フーミンさん、お久し振りです。雪彦山に来られて居たのですね。お会い
したかったですね。前田、西川が所属する山岳会が8月の北岳バットレスで
遭難し、二人が墜落死亡した為に当分の間岩登りは自粛中です、前田は現場
に居た為に、遺体の処理で大変大変でした。

 三峰の友人登路ルートを登られましたか。岩も固くて楽しいルートでしたでし
でしょう。出来れば不行岳の東北壁をチムニーからドーム迄直上すると岩は脆い
ですが、困難な登攀が出来ます。私達が開いた新しいルートです。白水社発行の
日本登山大系10に姫路山岳会が、雪彦山の岩場、として詳細な説明をして居ます。
気が向けば参照の程を。

 師匠,10年前に菅、前田と登った奥又の池、A沢、奥穂、ジャンダルムの飛騨
尾根の写真を添付します。女かんすけは73歳で岩登りは、ばりばりでした。
もっと、もっと一緒に登りかったです。

 ふーみんさん、もっと、もっと岩登りを楽しんで下さいね。マーシーさんの
お尻を叩いて、剱岳や穂高の岩場を楽しんで下さい。

1 新村橋を渡る
2 松高ルンゼを登る
3 松高ルンゼの中部(旧制松本高校の名前が付けられています)



25331.Re: 穂高を思い出して
名前:高御位山...........................    日付:2015年10月06日(火) 08時37分
Original Size: 800 x 600, 79KB Original Size: 600 x 800, 79KB Original Size: 600 x 800, 79KB

1 奥又池のテント場にて
2 菅と前田
3 在りし日の菅



25332.Re: 穂高を思い出して
名前:高御位山...........................    日付:2015年10月06日(火) 08時44分
Original Size: 600 x 800, 78KB Original Size: 600 x 800, 79KB Original Size: 600 x 800, 80KB

1 A沢踏み変え点を登る
2 踏み変え点の三尺(ルンゼ幅が狭いので三尺と呼ばれている)
3 A沢を登る、菅と前田



25333.Re: 穂高を思い出して
名前:高御位山...........................    日付:2015年10月06日(火) 08時50分
Original Size: 600 x 800, 79KB Original Size: 600 x 800, 80KB Original Size: 600 x 800, 79KB

1 雪渓を詰める
2 雪渓の終わり点
3 明神岳と前穂のコル



25334.Re: 穂高を思い出して
名前:高御位山...........................    日付:2015年10月06日(火) 08時58分
Original Size: 600 x 800, 80KB Original Size: 600 x 800, 79KB Original Size: 600 x 800, 80KB

1 ジャンダルム下の脆いルンゼを下る
2 飛騨尾根にトップで取り着く前田
3 飛騨尾根に到着して一息付く



25335.Re: 穂高を思い出して
名前:高御位山...........................    日付:2015年10月06日(火) 09時01分
Original Size: 600 x 800, 78KB Original Size: 600 x 800, 80KB Original Size: 600 x 800, 79KB

1 ザイルのトップを行く前田



25336.Re: 穂高を思い出して
名前:高御位山...........................    日付:2015年10月06日(火) 09時05分
Original Size: 600 x 800, 78KB Original Size: 600 x 800, 79KB Original Size: 600 x 800, 80KB

1 ザイルのトップ行くのは楽しい
2 私は前田、菅を確保
3 楽しく登って来る菅



25337.Re: 穂高を思い出して
名前:高御位山...........................    日付:2015年10月06日(火) 09時10分
Original Size: 800 x 600, 79KB Original Size: 600 x 800, 80KB Original Size: 800 x 600, 78KB

1 楽しい岩稜が続く
2 登攀を終えてザイルを解く
3 ジャンダルムの頭にて



25338.Re: 穂高を思い出して
名前:高御位山...........................    日付:2015年10月06日(火) 09時18分
Original Size: 599 x 800, 80KB Original Size: 600 x 800, 80KB Original Size: 800 x 600, 79KB

1 ジャンの頭にて、アルペン踊り、を披露します。菅、前田の音頭にて
2 こぶ尾根の稜線を降る
3 岳沢を上高地に向かって下る



25339.Re: 穂高を思い出して
名前:ふーみん    日付:2015年10月06日(火) 14時35分
Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 149KB

高御位山さん、こんにちは

あの時のみなさんにお会いしたかったのですが、またお世話をおかけしてはと思って敢えてご連絡しませんでした

日本登山大系10は持っていますので、早速見てみました
「不行岳の東北壁をチムニーからドーム迄直上する」というのは、「逆くの字」と言われているルートではないでしょうか

それでしたら今回、遭難碑のさらに下から大天井岳頂上まで9ピッチ登りました(温故知新)

地蔵岳東稜を見ながらガイドさんに、「本格的にクライミングをしようと思ったきっかけはあそこを女性に登らせてもらったことなんです」と話しました

前田さんや西川さん藪山さんたちの岩への早い復帰をお待ちしています!

小豆島拇岳の写真を添付します
もしまだでしたらご案内できます

この山頂には、厳しいですが裏から歩いて上がることもできますので名戦場カメラマンに写真を撮ってもらえたら最高ですね



25341.Re: 穂高を思い出して
名前:エントツ山    日付:2015年10月06日(火) 23時17分
Original Size: 737 x 750, 164KB Original Size: 1024 x 768, 165KB Original Size: 1024 x 768, 165KB

お勧めのルートはパノラマコース   松高ルンゼ入り口   パノラマコースの目玉景色


高御位山さん
ふ〜みんさん   今晩は


こりゃまた沢山の思い出写真を貼ってくれましたねえ
高御位山さんも断捨離は無理の様ですね
菅さんも前田さんも若いです

菅さん、前田さん、ゆ〜みんママと良い山の師弟関係を作られたと思います
高御位山さんの様な偏屈気味の性格では男性の弟子は難しいと思います
東洋紡の女子バレーの様にしごきに堪えれるのはやはり女性ですね

私のモットーは
「美しい自然は近くで、厳しい自然は遠くから」です
この辺りのお勧めコースは 上高地〜新村橋からパノラマコース経由涸沢、その後奥穂〜前穂〜岳沢を下って上高地ですね

命を掛けなくても美しい北アルプスを十二分に堪能する事が出来ます


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa1.html



25344.Re: 穂高を思い出して
名前:マーシー    日付:2015年10月07日(水) 23時10分
Original Size: 1024 x 768, 94KB Original Size: 1024 x 768, 95KB

石鎚はもう腹一杯?    小豆島、ガッキーさんの岩場にて


エントツ山さん今晩は!
4日には石鎚までの往復の運転をはじめお世話になり、ありがとうございました

やっぱりこの時期、墓場尾根下から見上げる景色は最高ですね

久しぶりの山歩きで、帰りの車の中で左足が攣ったのでこっそりさすっておりました

宝くじが当たった時は缶コーヒーだけといわず、うどん100杯はおごりますから


高御位山さん 今晩は!
いつも声をかけてくださりありがとうございます

元来の筆無精とサービス精神の欠如から書き込みをしておりませんが、高御位山さんの投稿は有難く拝読しております

人が本当に死ぬのは残っている人に忘れ去られたときだ、という様なことを聞いたことがあります

菅さんは高御位山さんや前田さん、ふ〜みんさんはじめ稲美山の会の皆さんの心の中で生きております

菅さんは幸せですね

弱気に成らずにまだまだ人生を楽しんでくださいよ〜



25348.Re: 穂高を思い出して
名前:エントツ山    日付:2015年10月08日(木) 22時45分
マーシーさん  今晩は

手作り野菜 ピーマン、シシトウ、パプリカなどありがとう
前回頂いたゴーヤは新居浜で兄弟が集まった時にゴーヤチャンプルを作った
苦い〜〜って言うのでゴーヤを排除して「ゴーヤ抜きチャンプル」にしたらみんなおいしいって食べてくれたわ

果たしてシシトウの運命やいかに・・・


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa1.html

25340.お亀岩 劇的な 出会いの瞬間を GoProにて自動撮影しました 返信  引用 
名前:趣深山    日付:2015年10月06日(火) 20時15分
Original Size: 800 x 600, 397KB

エントツ山さん 趣深山です。こんばんは 掲示板 お借り 失礼いたします。いつも 過分な ご紹介いただき 恐縮です。過日 10月3日 お亀岩では こちらこそ お世話になりありがとうございました。2004年 20011年 2015年 と 今までの遭遇は 以下の URLにて 公開されています。<br /><br />■2015年10月3日<br />お亀岩 歴史的な出会いの瞬間を GoProにて自動撮影しました。<br />その 出会いの瞬間は <br />写真<br />https://www.flickr.com/photos/shumiyama/21341392924/in/album-72157659053106490/<br /><br />趣深山 ブログ 平成27年10月3日 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812) 牛の背(1757)<br />http://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/05294ccb39f85c4a67d825d13ebfa798<br />■2011年3月5日<br /> 冬の三嶺 (平尾谷川北尾根コースを下りる)<br /> http://entotsuyama.hobby-web.net/tsurugi19sanrei.html<br /><br />平成23年3月5日 快晴<br /> 牛の背(1757) 天狗塚(1812) 西熊山(1815) 三嶺(1893)<br /> http://shumiyama.com/mt/shumiyama_web/2011/03/2335-1757-1812-1815-1893.html<br />■2004年06月19日<br />行こか戻ろか 「お亀岩ー天狗塚ー三嶺」縦走尾根街道 <br />http://entotsuyama.hobby-web.net/tsurugi5sanrei.html<br /><br />牛の背(1757) 天狗塚(1812) 西熊山(1815) 三嶺(1893) 往復コース<br />http://shumiyama.web.fc2.com/2004/20040619-usinose-sanrei.html<br />
http://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/05294ccb39f85c4a67d825d13ebfa798



25342.Re: お亀岩 劇的な 出会いの瞬間を GoProにて自動撮影しました
名前:エントツ山    日付:2015年10月06日(火) 23時31分
Original Size: 900 x 506, 161KB Original Size: 900 x 506, 163KB Original Size: 900 x 506, 159KB

再度趣深山さんのGoPro カメラ  西熊山方面から来られた趣深山さん ザックはオスプレーのエクソス


趣深山さん  今晩は

いや〜 まさかこの掲示板に登場して頂けるとは思いませんでした ありがとうございます

何せ趣深山さんと私では山に対する考え方の質が違いすぎます
趣深山さんの真摯な取り組みは私の軽薄さとは対照的な人生観ですわ

GoProっていうアメリカのメーカが出している自動撮影カメラなんですね
世の中の流れが「スマホ」「動画」へと変わっている様ですが私はこの移行に乗り遅れております

まあどこまでアナログ的なやり方が通用して行くかもう少し様子を見てみます

趣深山さんに教えて貰った水場、にくきゅうさんと一緒に確認しました
窪地から確かな水音が聞こえてきました

またこの山域でお会いして刺激を頂きたいと思っております

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa1.html



25343.Re: お亀岩 劇的な 出会いの瞬間を GoProにて自動撮影しました
名前:ヤマガツオ    日付:2015年10月07日(水) 12時21分
Original Size: 816 x 612, 213KB

エントツ山さんこんにちは  掲示板お借りします。

趣深山さん お久しぶりです。 9月27日は私達の山の会も鹿捕獲の応援に行っていました。

応援が終わって三嶺方面に帰っていた時、趣深山に似た方が私達が登るのを

待っていてくれました。一声掛けるのをためらい どうもとしか言えませんでした。

趣深山さんのブログを見せてもらって趣深山さんだと分かりました。

当日の私たちの班の写真も載っていました。お会いした少し前と思いますが当日の写真です。



25347.Re:鹿掃討作戦 果たしてその成果は?
名前:エントツ山    日付:2015年10月08日(木) 22時42分
ヤマガツオさん  今晩は

趣深山さんに三嶺でお会いしましたか
3時間程鹿掃討作戦の為に足止めされたらしいですね

何百人も参加してその成果は?  20〜30頭はやっつけましたか?
趣深山さんはその程度の振りでは中々出現されないですよ レジェンドですからね
山で会ったら何か得をした気分にさせてくれるのが趣深山さんですね

デモンストレーションでなく本気で鹿を掃討するには専門の猟師に登山者の少ない平日に何日もかけてお願いするしかなさそうだと思うのですが・・・

鹿罠もヘマな登山者がひっかかる様ですし・・・

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa1.html

25286.石鎚山 返信  引用 
名前:ストーンリバー    日付:2015年10月03日(土) 22時35分
Original Size: 800 x 533, 89KB Original Size: 800 x 533, 90KB Original Size: 800 x 533, 89KB

エントツ山さん 今晩は。

皆さんの紅葉便りに刺激されて今日は石鎚山へ紅葉見物に行って来ました。

先日の強風で山頂は散ってピークが過ぎている様でした。
此れからは山頂より下の紅葉に期待ですね。
でも、真っ赤なドウダンツツジも沢山見えたし、北壁の紅葉は綺麗でした。
やっぱり石鎚の紅葉は良いですね〜

やまさん&きぬさん、とっさんと奥様、上砂さん、と嬉しい出会いもありました。
皆さん、墓場尾根で紅葉を堪能された様です。

混雑してでも石鎚山の紅葉は外せません。今年も楽しむ事が出来て満足です。



25291.Re: 今日は石鎚は人が多かった
名前:おいわさん    日付:2015年10月04日(日) 05時03分
Original Size: 900 x 600, 70KB Original Size: 900 x 600, 119KB Original Size: 900 x 600, 160KB

土小屋で車中泊してご来光を見てきました。その後墓場尾根に行き
エントツ山さんが御来光の滝から這い上がった時に写した墓場尾根の
光景を見たいと思ってちょっとだけ冒険してきました。

今日は紅葉見物で人が多かったです。はるちゃんにも出会いました。



25292.Re: 石鎚山
名前:エントツ山    日付:2015年10月04日(日) 05時32分
ストーンリバーさん おはようございます

最初に石鎚紅葉情報を頂いたやまちゃん&きぬちゃんも!
え?とっさんが奥さんとな !
上砂さんは同じ仲間なのに何故か現場で合流!


おいわさん  おはようございます
え〜ちゃんに続き天狗の朝焼けの様子ありがとうございます
むむっ 元祖レジェンド・はるちゃんもおられましたか

「同じ日の同じ山での投稿は同じツリーに吊り下げる」がこの掲示板のポリシーですのでご協力宜しくお願いしま〜す

エントツ山


25293.Re: 快晴の石鎚山
名前:はるちゃん    日付:2015年10月04日(日) 13時17分
Original Size: 1000 x 663, 97KB Original Size: 1000 x 663, 97KB Original Size: 1000 x 663, 98KB

エントツ山さん皆さんこんにちは、
昨日は快晴の石鎚山を楽しみました、

此のところ石鎚山が高くなり山頂付近になると疲労が重なりヘロヘロ状態で山頂につきました、
早速おいわさんとの出会いがあり大勢の登山者で賑わっていました、
又道中沢山の知人とも出会いがあり天狗岳方面は大混雑の様相でした、

此の頃ストーンリバーさん達は南尖峰に居られたご様子、
お会いしたかったです。

今回は剣山もはっきり確認して下山しました。

はるちゃん



25296.Re: 石鎚山
名前:ストーンリバー    日付:2015年10月04日(日) 18時58分
Original Size: 800 x 533, 89KB Original Size: 800 x 533, 90KB Original Size: 533 x 800, 90KB

エントツ山さん はるちゃん おいわさん 今晩は。

石鎚山は天気が良くて紅葉が楽しめましたね。
澄み切った空に眺望も最高でした。

はるちゃん、久し振りにお目にかかりたかったです。
弥山に着いた頃にはもう下山された後だったようで残念です。

おいわさん、墓場尾根の降り口で紅葉の様子をお聞きした時、
おいわさんかな?と思ったのですが、間違っていたら悪いので声をお掛けできませんでした。
次にお会いした時はすぐに分かると思いますのでよろしくお願いします。



25297.Re: 石鎚山
名前:とっさん    日付:2015年10月04日(日) 20時23分
Original Size: 640 x 427, 187KB Original Size: 640 x 427, 172KB Original Size: 640 x 427, 134KB

エントツ山さん、ストーンリバーさん今晩わ、

昨日はストーンリバーさん久しぶりにお逢いでき嬉しかったです、
今回久しぶりに大奥と東陵より南尖峰を目指しましたが、例のごとく
足が届かん、手が届かん、足打って痛い、とにぎやかな山行になりました、
しかし墓場尾根の紅葉は綺麗で堪能しました。

エントツ山さんたいへんご無沙汰しております、いつも掲示板を拝見させていただいています、皆さん アルプス等スケールの大きい山行をされているようで羨ましい限りです、私共も山行をしていないわけでわないのですが、単独が多くなっています、たまに大奥がくっ付いています、

また何処かでお会い出来たら嬉しいです。

笹滝の登り
カニの横ばい?
墓場尾根から



25299.Re: 石鎚山の秋
名前:エントツ山    日付:2015年10月04日(日) 21時34分
Original Size: 1024 x 767, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 768 x 1024, 163KB

   静かなる石鎚


ストーンリバーさん
おいわさん
はるちゃん
とっさん      改めまして今晩は


やはりこの時期石鎚山詣では欠かせませんねえ
今日(日曜日)も弥山は登山者で一杯でした

時間をずらして
08時50分 よさこい峠
09時30分 土小屋
11時25分 南尖峰
 − 墓場尾根〜第一幕岩上
14時00分  弥山
15時20分 土小屋
16時00分 よさこい峠   ってな具合でした


石鎚の紅葉はドウダンツツジがその美しさの源ですね
多くの山仲間に出会えるのも石鎚秋フェステバルの楽しみでもあります


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishikitasawaoct2008.html



25300.Re: 石鎚山
名前:エントツ山    日付:2015年10月04日(日) 21時42分
Original Size: 600 x 800, 159KB Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 165KB

ヤマネチきゅんさん        赤いクレパス君      篠原さん


今日の石鎚での出会いは
南尖峰から墓場尾根へ下りる時にすれ違ったきゅんさん
天狗岳付近でバッタリの赤いクレパス君
弥山で奥さんと来られていた篠原さん

まあほどんど墓場尾根付近に潜伏しておりましたのでお会い出来なかった山仲間もいると思います

いつもの事ですが弥山への鎖場で大渋滞があり少し交通整理をさせて頂きました


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishikitasawaoct2008.html



25301.Re: 石鎚の紅葉
名前:ペーコ    日付:2015年10月04日(日) 22時00分
Original Size: 1024 x 768, 136KB Original Size: 1024 x 768, 170KB Original Size: 1024 x 768, 167KB

エントツ山さん こんばんわ

よさこい峠から土小屋まで 林道を一人で歩くのはつまらんので
黒森峠〜面河〜土小屋を考えていましたが 遠いな!とためらっていたところに
グッドタイミングのお誘いでした

わいわい言いながら歩くと 林道歩きも苦になりませんねぇ
同じ景色ですが 貼っておきます



25305.Re: 石鎚山
名前:エントツ山    日付:2015年10月05日(月) 07時18分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 675 x 900, 164KB Original Size: 768 x 1024, 162KB

東稜コース


ペーコちゃん  おはよう

昨日はお疲れさんでした
マーシーさんの現役がネックで中々三人で歩く機会が無いから楽しかったわ
しかし道中バカ話が尽きないもんやね

新居浜の実家に帰ってお袋さんの料理番を務めている間、あの二人は今頃安物のビール(発泡酒って言うの?)あおってるんだろうなあって想像してたわ

帰りに瓶ヶ森林道でスローシャッターさんがデカいカメラセットしてウロウロしてたよね あれが本職なのね

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishikitasawaoct2008.html



25319.Re: 石鎚山レポートアップです
名前:おいわさん    日付:2015年10月05日(月) 21時42分
Original Size: 900 x 600, 72KB Original Size: 900 x 600, 150KB Original Size: 900 x 600, 186KB

2日遅れで一昨日の石鎚のレポートをアップしました。
いつものように同じような写真の連続で行った気分になって下さい。
http://homepage2.nifty.com/oiwasan/



25324.Re: 石鎚山
名前:きゅん    日付:2015年10月05日(月) 22時08分
Original Size: 400 x 266, 112KB Original Size: 400 x 266, 148KB Original Size: 400 x 266, 158KB

エントツ山さん、こんばんは。

お会いしたのは昨年のお山開き以来ですから、1年ちょっと振りですかね。

今回は東稜から登り、矢筈岩と墓場尾根の紅葉は最高でしたが、弥山渋滞は疲れました(笑)

神社の太鼓音で上り下りの時間を分けたらいいのに・・・と思いました。



25328.Re: 私も石鎚山
名前:toshi    日付:2015年10月06日(火) 06時04分
Size: 240 x 160, 6KB Original Size: 1024 x 684, 46KB Original Size: 1024 x 685, 94KB

エントツ山さん こんばんは!

私も紅葉情報につられて、3-4日と石鎚でした。

3日の朝TVで石鎚の紅葉が映り、天気が良いので早速行こうと決め、小屋の情報を見たところ、瓶が森林道は通行止めと出ていましたので、黒森峠を越えてスカイラインから土小屋へ。

運良くトイレ近くの駐車場に止めることができました。

13時15分に登り始め、約2時間で弥山へ。小屋で空きがあるか聞いたところ、空いていたので素泊まりをお願いし、墓場尾根へ行きました。途中、天狗岳ではTVクルーに遭遇、何TVかしりませんが。

それから、墓場尾根へ下りて、夕焼けまで強風のなか、粘っていました。思ったほど、焼けませんでした。紅葉のピークはもうちょっとというところかな。

初めての小屋泊りでしたが、綺麗な小屋でした。ほとんど写真を撮りに来ているみたいでした。ご来光を拝むのと写真を撮るための場所確保のため、4時過ぎには動き出す始末。

仕方ないので私も4時半にはカメラを持って外へ。三脚がずらりと並んでいます。空きをみつけて、同じように三脚をセット。皆さんに比べると、何と貧弱なことか。腕がないのに、高級カメラも必要ありませんが。

その後、写真屋さんに混じって、朝焼けの天狗を狙いましたが、思うように焼けず、今一でした。

ということで、7時過ぎには下山しました。下山時には登る人といっぱい会いました。昼には大混雑だったのでは。また、エントツ山さんとはお会いできず、残念でした。

3日にも東稜のカニノヨコバイへ向けて、沢を登っている人達を見ました。皆さん元気一杯ですね。うらやましい。今回は東稜コースは行かず仕舞だったので、次の機会には行きたいですね。

では、また。

写真は、夕焼けの墓場尾根、沈む夕日、影石鎚です。



25329.Re: 石鎚山の秋祭り〜〜
名前:エントツ山    日付:2015年10月06日(火) 06時54分
Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 1024 x 768, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB

   どれも石鎚 七変化〜〜


おいわさん
きゅんさん
toshi ちゃん    おはよう〜〜


おいわさん
同じような写真のオンパレード 見たぜよ
私も相当欲どしいから写真を捨てがたいんだけど、おいわさんはその更に上を行ってるわ
何時になったら「この一枚!」って断捨離が出来るんだろうねえ
御来光の滝や東稜コースはいいも悪いも二人で相当宣伝してきた感があります
「山と渓谷」で全国ご当地アルプス特集でおいわさんが東温アルプスの命名者として取り上げられていたよね
東稜の笹滝やカニのヨコバイも最初私が命名して使い始めたんだけど今では皆さんフツーに使ってますわ
東稜基部の通行止め看板は今では虚しい存在です
そうそう墓場尾根の下界隈の光は午後ですよ


きゅんさん
やっぱり石鎚のお祭りにはきゅんさんと赤いクレパス君が居ないとねえ
冬に弥山で先輩格の人と震えながら半袖になって二人でヤマネチポーズしてたよね
ブログで寒かったので姿勢が今一つだったみたいなデカい男がチマチマした事で反省をしてたのを読んで笑ったわ
セントバーナード犬みたいにきゅんさんも赤いクレパス君もデカいのに愛嬌があってかわいいわ


toshi ちゃん
toshiちゃんもえ〜ちゃんと同じ様に山頂小屋泊りを経験しましたか
想像してたより綺麗で快適な小屋なんですね
土小屋で車中泊して暗い中歩くより小屋泊りの方がいいよね
私は石鎚の朝焼けは未だ一度も経験してないけど、朝登山道を上がってると上から大きな三脚を背負った人が結構下りてくるわ
中々いい焼けや雲においそれとは遭遇出来ないから写真を趣味にしている人は大変やなと思う
時間を遅く出ると墓場尾根の光がいいんだけど、帰りの北壁が日差しが無い上に逆光になってサエがない・・・両方は無理やね
toshi ちゃんもてんきちさんも立派な写真屋やで〜〜〜


いや〜〜〜  
今年も皆さんのお蔭で石鎚の秋祭りレポ盛り上がりました〜
人出が多いと敬遠する人がいますけんど、お祭りなんだから人出が多くなければね


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishikitasawaoct2008.html


25316.雪彦山でクライミング三昧 返信  引用 
名前:ふーみん    日付:2015年10月05日(月) 18時50分
Original Size: 600 x 800, 156KB Original Size: 600 x 800, 158KB Original Size: 600 x 800, 159KB

写真左:地蔵岳東稜ほぼ全容(取り付きは手前の木に隠れています)
写真中:不行岳肩から地蔵岳を見下ろす
写真右:雪彦山にはやたらとハイレベルな一般登山道がいっぱい
虹ケ滝への下りですが、前もこんな所通りましたっけ?

エントツ山さん、こんばんは

通行止めなど物ともしない達者な3人組で今年も紅葉を見に行かれたのですね

長い歩きが嫌なので今年は石鎚北壁は見送り、代わりにといってはなんですが、ずっと再訪したかった雪彦山を登ってきました

土曜日は温故知新、日曜日には友人登路とサッチモという3つのフリールートを登ってきました

「いなみ山の会」の皆さんを思い出し感謝の気持ちでいっぱいになりました

登ったルートからは地蔵岳東稜が見え、土日共に、二年半前の我々のようなクライマーが沢山見えました
写真を虫眼鏡で探してもらえば見えるでしょうか

雪彦山は岡山からだと2時間くらいで行けますが、泊まるならコテージがお得で、結露したテントの始末も要らず楽です

テントだと一張り1000円と一人400円ですが、コテージなら何人泊まっても寝具持参なら3000円を頭割りするだけです
コテージの欠点は車を横付けできないことだけでしょうか

予約は 079−338−0120 橋本さんへです



25327.Re: 雪彦山でクライミング三昧
名前:エントツ山    日付:2015年10月05日(月) 23時38分
Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 1024 x 768, 164KB Original Size: 800 x 600, 164KB

地蔵岳のふーみんさん     墓場尾根の吸盤イノシシ(マーシー) どうや高級おにぎりやで(昼飯風景)


ふ〜みんさん  今晩は


石鎚への道すがらふーみんさんのガイド付き岩登りの話題で盛り上がっておりました
(まーしー)「わたしゃガイドに00円、その交通費にXX円 そんなお金を使う気がせんわ」
(ペーコ)「うん うん」(同意)
(エントツ山)「だけんど 君たち 酒に金の糸目を付けんと言ったよね それとおんなじか それより良いお金の使い道じゃないかい?」
(まーしー・ペーコ)「しゅん・・・」

墓場尾根直下のマーシーさんは岩登りに行けなかった腹いせに岩をガンガン登ってましたわ

それと不思議な事が・・・
あのケチケチイノシシが今回 コンビニでコーヒーを二人に奢ってくれるし、昼のおにぎりがいつもの透明袋入り98円のと違って「コシヒカリ炙り豚」とか「明太子卵焼き」とか包み紙からして高級な税込200円もするおにぎりを二つも買って食べている
(ペーコ)「マーシーさん 宝くじでも当たったんと違うで?」
(エントツ山)「うん うん」(同意)

まあそんなこんなで楽しい石鎚でございました

下のURLは雪彦山でのふ〜みん、マーシー、エントツ山の岩登りレポ


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-seppiko-jizodake.html


25315.紅葉 返信  引用 
名前:グランマー啓子    日付:2015年10月05日(月) 18時48分
Original Size: 640 x 480, 89KB Original Size: 800 x 600, 90KB Original Size: 640 x 480, 89KB

エントツ山さん こんばんは

お天気も好く、石鎚は連日大賑わいですね〜

土曜日は、久し振りにチチ山・笹ヶ峰へ
コメツツジの紅葉には少し早かったのですが
故郷を眺められるお山って、やっぱり良いですね〜

空気が澄んでいたので剣山系も良く見えてました

昨日は西黒森の紅葉見物でした
ドウダンが真っ赤に燃えてルンルンで歩きました
瓶林のお蔭で簡単に頂上に立てるお得な山で〜す
http://outdoor.geocities.jp/ymkm1982/



25326.Re: 瓶ヶ森林道の崩壊現場
名前:エントツ山    日付:2015年10月05日(月) 23時07分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 1024 x 768, 164KB Original Size: 1024 x 768, 165KB

東赤石の位置訂正〜     瓶ヶ森林道の崩壊現場



グランマー啓子さん  今晩は

この週末いい天気でしたねえ
チチ山〜笹ヶ峰はもう少しコメツツジがこげ茶色になったらもっと笹の黄緑とのコントラストが良くなるよね
西黒森山の方がドウダンツツジや赤い紅葉樹が多いわ

同じ故郷を持ってるって事は平原綾香「星つむぎの歌」の文句じゃないけれと
「同じ時代と一つの空に 奇跡のかけらでつむいだ歌を」
って訳でまあ奇跡のつながりだよね


皆さん何故か瓶ヶ森林道の通行止め歩きを敬遠するけど、あそこを歩くのはブナ林なんかがあって苦にならない

時間で片道25分でした
でもあの崩壊状況だから今シーズンは無理やね
工事が無い時は通らせて貰ったけど、工事関係者が居る時は山側の縦走路を通るしかないから30分程かかりそうです


それと、そちらの掲示板に貼らせて貰った西熊山から赤石山系写真、KYOさんに言われて気が付いたんだけど東赤石のドームと思ってたのがエビラ山でしたわ
訂正させて頂きます


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa1.html



ページ: |< << 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb