[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





25452.東の川〜瓶ケ森〜菖蒲峠 返信  引用 
名前:伊予の鈍亀    日付:2015年10月31日(土) 23時19分
Original Size: 800 x 450, 93KB Original Size: 800 x 449, 94KB Original Size: 800 x 450, 94KB

エントツ山さん 今晩は

縦走の疲れはとれたでしょうか?
ゆっくりしてくださいね。

今日は東の川から瓶ケ森へ登ってきました。
崩壊地の所の新しい橋は完成しておりましたが、新しい道を通るのは初めてなので、
用心して歩いて行きました。が、何の事はない、昔の登山口まで車で行けます。

朝は雲が厚く、台ケ森の尾根から見る石鎚山は雲海の上にみえましたが、
瓶ケ森に着く頃には雲が晴れ、大きな石鎚の姿や筒上山や西黒森の眺めを楽しみました。
登山者の姿もチラホラ見えましたが、瓶林からの人が多いようでした。

久しぶりに菖蒲峠経由で下る事にしました。
菖蒲峠への尾根風景は以前と変わらず、美しい自然林の中をほぼ真っ直ぐに進んで
行くというイメージを持っていたので、1600メートルピークを過ぎた辺りで
右に下るところを少し真っ直ぐに進んでしまい、間違いに気がついたその時、
下から人の話し声が。お互いにオーイ、オーイと呼びあって合流。
ここの登山道に詳しい方で、菖蒲峠からの林道が延びていて昔のままではないと教えてくれました。

お二人の言われたとおり、林道は以前よりもずっと上の方まで延びており、
昔、利用した登山道もなくなっているようでした。ジグザグに続く林道は
下る程に雑草が茂り、ちょっと歩きにくくなっていました。

菖蒲峠からの下りでも変化がありました。
途中伐採地があり、その伐採地を横切り、伐採地に沿って下った様に記憶
していたんですが、その道がない!雑草が茂り、杉の苗木も大きくなっていました。
林の中の薄い踏み跡を探して下りると以前下った道に合流しました。

たまにしか行かない山域だからでしょうが、
山の風景も変わっているようです。



25453.Re: 東の川〜瓶ケ森〜菖蒲峠
名前:エントツ山    日付:2015年11月01日(日) 08時16分
Original Size: 570 x 414, 67KB Original Size: 270 x 202, 24KB Original Size: 250 x 333, 25KB

伊予の鈍亀さんとほぼ同じルート(8年前) 菖蒲峠     菖蒲峠からの下山口


伊予の鈍亀さん  おはようございます

今日は新居浜の実家で部屋の冬支度で帰っております
夏に籐(とう)の敷物と入れ替えたカーペットを陽に干して入れ替えたり、大掃除です
お袋さんが介護サービスの料理支援や掃除支援をガンとして受け付けない為介護保険は適用にならないわ、家は埃だらけになるわ大変ですわ
一番困る事はゴミの分別が出来ず、せっかく分別種類をゴミ箱に張り紙して用意していても何の効果もありません


相変わらずキッチリ歩かれてますね
このコースは8年前にグランマー啓子さん、グランパ、仙ちゃんなどの山行に便乗して歩いた事がありますが、結構キツかった記憶があります

瓶ヶ森林道が開通してからはこんなコースを歩く人が少なく、又林道崩壊の通行止めが更に登山者を少なくしましたから様変わりでしょうねえ

4〜5年経つともう記憶が定かでなく、おまけに新しい林道が出来たり道が荒廃したりと新たな山行とそんなに変わらなくなりますねえ

今回の縦走で歩いた剣山系の入り口、弘瀬山〜京柱峠間も新たな林道が造成中で県境尾根はススキの大海原でした

石鎚の写真 迫力満点です
伊予の鈍亀さんもヘキチョウさん同様子供の頃から国語の成績が良かったでしょうねえ
(え? 国語だけじゃないって?)

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/kamegamori1higashinokawa.html



25454.Re: 稲叢山
名前:はるちゃん    日付:2015年11月01日(日) 12時43分
Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 663, 98KB


   展望岩から   展望所から剣ヶ岳   アメガエリの滝

エントツ山さんこんにちは、
伊予の鈍亀さん絶えずロングコース歩きを楽しまれていますね。

私は昨日高知の山友と2人で久し振りに稲叢山の渓谷コースを歩きました、
最近の晴天つずきで滝の水量が少なく紅葉も終わりかけで少し見劣りしましたが今回初めて滝周辺に大量の花期を終えたばかりのセンダイソウに出会い驚きました、花の時期に登れば圧巻でしょうね。

下山して紅葉散策のため瀬戸川渓谷へ降りてアケボノツツジの大木も確認、又渓谷展望所から向かいの剣ヶ岳を眺め12年前相棒と登った記憶が蘇り感慨に耽りながら今回裏側から挑戦したが笹の大藪に阻まれ断念しました。

はるちゃん



25455.Re: 剣ヶ岳?
名前:エントツ山    日付:2015年11月01日(日) 21時41分
Original Size: 800 x 646, 367KB Original Size: 900 x 675, 129KB

   剣ヶ岳ってここでしょうねえ   弘瀬山〜京柱峠間のススキ街道


はるちゃん  今晩は

しまなみ隊のはるちゃん・楠さんコンビに石鎚天狗岳で初めてお会いしたのが12年前の10月ですから、はるちゃんが楠さんとこの瀬戸川渓谷の剣ヶ岳へ登られたのはその前って事ですよね

ネットで調べると標高が972mとか1,025.2mだったりとはっきりしませんが地図からみると恐らく四等三角点「一ノ谷山」でしょうねえ

私が山歩きを始めたのが15年前ですから、3年後にしまなみ隊とのご縁が出来たんですねえ
お蔭さまで四国中の山を教えて頂く事になりました

稲叢山もしまなみ隊がお気に入りの山でしたね
私も頑張っておりますのではるちゃんもますます元気で山レポたのみさすよ〜

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/kamegamori1higashinokawa.html



25458.Re: 剣ヶ岳
名前:はるちゃん    日付:2015年11月02日(月) 09時28分
Original Size: 1000 x 663, 96KB Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 663, 98KB

広範囲に群生していたセンダイソウ   裏からみた剣ヶ岳   同じ

エントツ山さんお早うございます。

エントツ山さんがおっしゃる通りの4等三角点「一ノ谷山」がずばり「つるぎヶ岳」です。

此処は昔相棒と瀬戸川渓谷を散策中に渓谷展望所近くで小さな剣ヶ岳の
表示板を見付けて即思い立ち登りました、

吊り橋を渡って登山口の少し右奥には無名の滝もあり滝を見て少し引き返して右上へ歩きましたがこの分岐辺りが今大藪になっているらしい、

此処は当時でも少し藪っぽかったが太陽が燦々と当たる所は3年もすれば見間違う程様変わりします、

正面からなら少し我慢すれば登れると思いますが今回は裏からの挑戦であえなく撤退しました。

姿を見るとつい登りたくなるのが山キチですよね。

はるちゃん



25460.Re: 剣ヶ岳
名前:エントツ山    日付:2015年11月02日(月) 22時20分
Original Size: 1024 x 768, 160KB Original Size: 1024 x 576, 179KB

  祝杯は野菜ジュースで      歩いてきた道をしみじみと振り返る



はるちゃん  今晩は

剣ヶ岳は以前の又兵衛岳を思い出しますねえ
又兵衛岳は西条でアプローチが容易でしたが、この剣ヶ岳の瀬戸川渓谷って遠いですわ

気になるのは稲村調整池から南へ延びる四電・鉄塔電線の保線路がちゃんと存在するのかと言う点ですね

以前、稲叢山東方見聞録で最後に稲叢山の南尾根へ下がりましたが戸中山への尾根がビッシリとスズタケに覆われており恐怖を感じたものでした

あんな藪なら剣ヶ岳へ西側からアプローチは至難の業となります
そのうち一度覗いてみます

今回の石鎚・剣縦走のご褒美は寒波の影響で空気が澄み、」次郎笈から石鎚までの長い道のりが眺められた事です
剣山からは次郎笈が衝立になって西側の眺めに限りがあります
その為、精神的なゴールが次郎笈となりここでゆったりと縦走のルートを眺めながら感慨に耽りました


山と言う物は実にへそ曲がりで、クネクネと曲がった上にもういい加減にしてくれ〜〜と叫びたくなる様なアップダウンの連続です
黒滝山から吉野川までは最後の下りと思わせて、実に多くの無名峰が待ち構えてアップダウンを繰り返します
土佐矢筈から牛ノ背・天狗塚が手に届くように誓いのに尾根は綱附〜地蔵ノ頭へと大迂回をしてブーメランの様に振られます
直線的に近いと見える先のピークまでも幾つかのピークが隠れており人間をうまくダマします

四国山脈は美しく奥が深いと身を持って悟りました


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/tozanki34inamura-higashione.html


25450.(untitled) 返信  引用 
名前:ペーコ    日付:2015年10月29日(木) 21時20分
Original Size: 1024 x 800, 217KB Original Size: 1024 x 768, 173KB

エントツ山さん こんばんわ

今日は 筏津〜太田尾越〜大座礼山〜三ツ森山〜日浦橋を周回してきました
以前から行く気はあったんですが 太田尾越までの歩きが億劫で
延び延びになっていました

石鎚〜剣山への単独無支援トレイルを終えた翌日に
「今から太田尾越の水場にデポした荷物をかたずけに行く」というのを聞いたら
思いっきり 背中を押されましたわ

ブナの大木の1本は枯れているみたいですね

日浦橋から筏津は 折り畳み自転車で下りました



25451.Re: 大座礼山〜三ツ森山
名前:エントツ山    日付:2015年10月30日(金) 19時37分
Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 675 x 900, 165KB

  前半使用のザック(左)後半使用のザック(右) 大座礼山のブナ(元気) 同(枯樹)


ペーコちゃん  今晩は

今日は電動アシスト自転車に予備バッテリー収納箱を作って取り付けた
これで里山へ出かけけどいい調子です
今まで約3時間程度と厳しいバッテリー可動時間やったけど、少し容量が大きい電池を買ったので7時間は大丈夫になった
スピードは出ないけど航続距離が伸びたので頼れる縦走の友となりそうです

先日は折角実家に来てくれたから色々ゆっくり話をしたかったのですが、午後から例の高速道路から山根運動公園へ伸びるアクセス道路用地買収の件で市役所の担当者が来られるので時間がなかった

まあ、週末前後はお袋さんの料理番で新居浜にいる事が多いから又ゆっくりと出来る時に是非来て下さい

綺麗なログ拝見
大座礼山方面から三ツ森山への縦走は正解やで
反対に西から東やと急登が半端でなくキツイわ

大座礼山の大ブナは最初ここに来た時に土を登山口からビニール袋に入れて根元に運んだ思い出深い樹やったけど残念です
その手前にももう1本デカいのがあったんだけど、これは先に台風で枝が折れたりして倒壊してしまったよね

ペーコちゃんが歩いた三ツ森山の北西尾根もいいんだけれど東光森山から北尾根(大滝山〜ゆらぎの森)も興味深々や
ここはアケボノツツジがワンサカ咲いているから来年の春一緒にどう?


今回の石鎚〜剣縦走ではザックの背負い具合や靴の履き心地、長期縦走時の体の変化などをチェックする良い機会でした

前半はオスプレーのアトモス65(1,630g)、後半はオスプレーのエクソス58(1,200g)を使いましたが軍配は重いアトモス65に上がりました
総重量が13キロ程になると多少ザックが重くてもしっかりした腰ベルトで重量を腰で支えるアトモス65の方が楽でした
ペットボトル1本分軽いエクソスはモデルチェンジして肩パットや腰ベルトが補強されたのですが、ベルトが柔らかくてしっかりと長時間腰で支えきれなかった

歳を取ってウルトラライト志向に走ったけどザックだけは別物みたい

体の変調に関しては前半の石鎚山系はアップダウンが激しく脱水気味になるとパサパサした行動食は体が受け付けなかった
フリーズドドライの山食もあまり食べる気がせず具だくさん汁とか鮭茶漬けみたいなのに手が伸びました
一度ご飯とカレーが別々になった物を食べたのですが面倒だけどこれは良かった

何せ筋肉疲労を抑える為にゆっくりと歩いたからその分休憩は余り取らず、昼飯は歩きながら何かを齧(かじ)ってたわ
まあ、以前むらくもさんにブウブウ言われた様に私は普段から休憩はあまり取らないタイプやからねえ

大座礼山・大北川源流地の第一ベースキャンプにデポしていたカップ麺(ラ王)は普段食べた事が無いのにさすがに栄養不足だったのかおいしかった
それとそこに置いてあったフルーツ牛乳寒天のうまかった事! こんなに食べ物で幸せを感じた事は無かったわ

後半の剣山系では体に水分補給が十分で、石鎚山系で体脂肪を相当燃焼し尽くしていたからお腹が空いて何でも食べる事が出来ました
結局痩せてる人がシャリバテになったり行動食を頻繁に補給しないと歩けないって気持ちが良くわかりました
(香川里山婦人クラブの面々はあんまり痩せてないんだけど行動食を頻繁に必要としているみたいだけど・・)
後半は普段の山行で家に持って帰る飴(アメ)がとても舐めたくなりましたわ


まあ、そんなこんなでアキレス腱を痛めたり怪我や体調不良で途中リタイヤにならん様にゆっくり歩きましたわ

エントツ山


25446.堂ケ森の黄葉 返信  引用 
名前:カタックリ    日付:2015年10月29日(木) 00時59分
Original Size: 640 x 360, 90KB Original Size: 640 x 360, 90KB Original Size: 640 x 360, 90KB

エントツ山さん〜〜

まだまだ 石鎚山〜剣山トレイルの大成功、掲示板のみなさんからの祝福が続いていますね。
それだけ エントツ山さんはお人柄を受け入れていらしゃるからでしょう。

今日は 堂ケ森のシロモジの黄葉をご紹介します。                  
2年前の11月初めに行った時に 綺麗な黄葉に出会いました。

あの黄葉と五代の別れまでの大笹原が見たくて行ってきました。
午前中はガスの中、避難小屋で時を待ち 昼過ぎに鞍瀬の頭へ向いますが 稜線はガスが風で流れています。

時折 さ〜っとガスが飛びますが あっという間に真っ白の世界です。                      
一人大笹原を独り占めっていうのが 私の醍醐味なのです。

ポツンと一人 笹原に寝っ転んでみます。何とも幸せなひと時を感じます。

まだ 青葉のところもあり1週間は大丈夫だと思います。掲示板にあまり紹介されてませんが 
みなさんいかがでしょう。

1枚目・・から池辺りの黄葉
2枚目・・シャクナゲ尾根の下辺りはまだ青葉混じり
3枚目・・堂ケ森より大展望 お天気が回復してくれたおかげで見えました



25449.Re: 堂ケ森の黄葉
名前:エントツ山    日付:2015年10月29日(木) 20時07分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 600 x 800, 127KB

  引地山(皿ヶ嶺)のクロモジ黄葉   銅山川源流付近の黄葉  シロモジと言えば小豆島・星ヶ城山ですわ


カタックリさん  今晩は

堂ケ森の稜線に出るまでの樹林帯はシロモジの黄葉が美しいんですねえ
黄葉といえば身近にはイチョウ、カラマツ、ブナが思いつきます
あとトサミズキ、サワグルミ、カツラ、エゴノキなど・・・
マンサクおじさんも秋になれば黄色くなりますわ

コシアブラなんか陽に透けてその美しさに唖然としますよねえ

シロモジとクロモジは花の時期はよく似ているのですが、葉っぱの形が違っていますわ でも同じ様な立派な黄色です

薄暗く殺風景な植林帯の中にシロモジやクロモジがこの時期だけ黄色い灯りを提供してくれますねえ

楽しい山仲間との歩きもいいし、一人でしみじみ歩く山も又おつなもんですね

堂ケ森のシロモジの黄葉情報 ありがとうございました


エントツ山
 


25424.ガンバル〜 返信  引用 
名前:深ちゃん    日付:2015年10月27日(火) 22時16分
Original Size: 1280 x 720, 483KB

三嶺から剣山へ縦走されるエントツ山さんです。この写真は古賀さんが撮られたものです。添付がうまくいかないので、どうかよろしくお願いいたします。



25428.Re: ガンバル〜
名前:エントツ山    日付:2015年10月27日(火) 23時18分
Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 900 x 506, 165KB Original Size: 900 x 675, 144KB

   ボケてるし〜〜       お先で〜〜す     夕暮れの天狗塚


深ぴょん〜   今晩は

いや〜〜 ビックリしましたがな
暗くなってお亀避難小屋に入って暗い中同室の人と山の話をしていたら、古賀さんが四国の山に詳しいのでまさか稲美山の会の方とはこれっぽっちも思わなかったです

いきなり深田さんに「エントツ山さん?」って暗いなかで言われ「稲美山の会」の深田ですって言われた時はピンと来ず失礼しました

古賀さんって頼りになる人ですねえ
やっぱり厳しい冬山へ行かれているからでしょうか短波放送で気圧図をチェック出来るってすごいわ
こちとらソニーの山ラジオも山エリアが良く分からずサッパリです

お亀避難小屋前で撮って貰った写真はボケてるし、三嶺山頂で撮って貰った写真は撮れていませんでした
やっぱり他人に撮って貰った後はモニターで確認しきゃダメですねえ
折角の記念写真がパーになりました

色々と食糧を頂きましてありがとうございました
ワンタンは丸石小屋で作り方を読むと「ホウレンソウを茹でて・・・」え?ホウレンソウって無いよね
で・・・野菜たっぷりの味噌汁の具だけを放りこみ、ついでもリゾット風スープも追加して、最後にトン汁をぶち込んで頂きました 結構イケる味でした

白髪避難小屋では頂いた行動食を昼に頂きました
お蔭で食料が余ってしまいましたが飴はありがたかったです
体脂肪が減ると今まで登山中にあまり食べなかった飴を体が要求しました

菅さんとの伝統を引き継ぎハグをさせて頂きましたが、次回マーシーさんも順番を待ってるそうです

三嶺から急坂を下ったら三嶺山頂手前から6〜7人の登山者が現れこちらに向かってしきりに手を振っている
ひょっとして知り合いだったら失礼なのでザックを置いて山頂へ上り返しましたが皆さん防寒着、風防すがたで誰やら分からない 石井さんなんかアラブのハーレムで見るようなベールで顔を覆っている
誰か手を振ったけど私の知り合い?って言うと「深田です」って・・・
もう力が抜けましたわ  楽しい思い出です

皆様に宜しくお伝え下さい

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishikitasawaoct2008.html



25445.Re: ガンバル〜
名前:四国探険隊    日付:2015年10月29日(木) 00時09分
はじめまして 四国探検隊です
大縦走完走おめでとうございます

申し訳ありません
お亀避難小屋で記念写真 撮らせていただいたの
私ですm(_ _)m

貴重な写真なのに・・・・・・すみません
2枚ともダメでしたか

以後気を付けます。

お疲れ様でした 
http://blog.goo.ne.jp/amg1127/e/5a6b9a98724037af907c698a589f0291


25448.Re: ぎくっ 
名前:エントツ山    日付:2015年10月29日(木) 19時51分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 161KB

   やっぱボケてるし〜♪  こちらはビバークタイプの山行多し(大座礼山山頂付近) お亀避難小屋2階の個室?


四国探検隊さん  今晩は

ひょっとしてストーブ室で同じ高松出身って答えた方ですかねえ

写真の件ですが、恐らく未だ辺りが明るくなりきっておらず、私のデジカメはいつもオートピクチャーモードにしてますのでシャッター時間が少し長く手振れしたものと思われます

小屋の前で記念写真をお願いした時、強風で寒い中気さくに応じて頂きましてありがとうございました
歳を取ると写真は遠目かブレてる方が良いのです
お気を遣わせてこちらこそ恐縮です 

でも三嶺山頂で撮って貰った分については画像が無かったのはガックリでした


ブログ拝見しました
ねこバスさんと同じ山レコ仲間って事ですよね
ブログはてっとり早くアップ出来るので軽やかですわ
私はじっくり派なのでいまだにHP形式と別枠掲示板にこだわっております


普段ツェルトかドームシェルターの個室泊が多いので天狗峠で写真家・中岩(ちゅうがん)さんに「小屋は結構人が多いですよ」と言われてたじろぎました
恐る恐るお亀避難小屋のドアを開けると小屋の主みたいな人が4〜5人ストーブを囲んでいる
更に恐る恐る「一人分のスペースは大丈夫でしょうか?」って聞くと「何人でもOKよ 2階は誰もおらんし」・・・とストーブを焚いた部屋の様に暖かい返事を貰いホッとしました

何せ、前日 京柱峠でテントが夜露でびっしょり濡れていましたので助かりました
「知らない人とは一緒に寝ない様に」と言う先代のばあ様の遺言通り2階で一人だけのスペースで少し気が楽でした

んが! 山小屋一番の試練 デカいイビキが小屋に木霊しました
まさかあのイビキの主はM下さんではないでしょうねえ
大体が大イビキをかく人に限って真っ先に寝てしまうんですよね

隣のストーブや一階の皆さんの体温で2階は暖かくて濡れたテントを広げて乾かしました
でも、テント泊と違って「野菜たっぷりちゃんぽん」をズルズル音を立てずに静かにすすりました

そちらの山食は又豪華ですね
大体が山にフライパンを持参するなど私の頭にはその発想は浮かびません
こちらは13日間の縦走中、吉野川のシャバを除いてはず〜〜っとお湯をかけたら出来るフリーズドライとかスープだけです

第一ベースキャンプでは生まれて初めて「ラ王」というラーメンを食べました。カップめん類はそんなに重くは無いのですが嵩張るしゴミが大きくなるので普段は持って行きません
でも体から水分が抜けてしまった頃食べるカップ麺はおいしかったです


まあ そんなこんなで香川県在住どうしこれからも冒険山行宜しくお願い致します


エントツ山


25441.関東遠征など 返信  引用 
名前:はるちゃん    日付:2015年10月28日(水) 22時15分
Original Size: 464 x 700, 91KB Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 653, 98KB

鋸山の地獄覗き   筑波山頂  筑波山ログ

エントツ山さん今晩は、
暫くPCから遠ざかっていたので今回エントツ山さんの快挙を全く知らなかったです。

前からエントツ山さんが水場の探索をされていたので何時か実行に移されるものと思っていましたがまず達成おめでとう御座います。
ゆっくり12日間の疲れを癒して下さい。

此のロングコースには手強い藪が何か所か有ると思います、
以前私が歩こうとした栃尾山〜笹ヶ峰間もその一つで人の踏み跡すら見えなかったです。


今回私の為に計画を組んでくれた山友と5人でエントツ山さんが歩かれている最中の17日から観光旅行を兼ねて車で出掛け山も楽しんで来ました。

まず鎌倉大仏周辺や江の島観光⇒三浦半島ではマグロ三昧⇒城ケ島観光
浦賀のぺりー公園⇒観音崎灯台⇒東京湾フエリーで房総半島へ
此処では有名な鋸山へも登り⇒九十九里浜も走って次は成田山新勝寺へお参り、
次の筑波山はケーブルで上がり下山は歩いて2時間半も係りました。

メインの那須岳は登り下り共歩きましたが2日連続で疲れましたが
那須高原や日光では紅葉がいま盛りでした。
⇒奥日光を経て群馬県に入り永い関越トンネルも初めて走りました。

又富山や石川県では古刹にも数ヶ寺お参りし最終は輪島で千枚田や朝市を散策して9日の日程を無事消化しました。


はるちゃん



25442.Re: 那須岳
名前:はるちゃん    日付:2015年10月28日(水) 22時18分
Original Size: 1000 x 653, 98KB Original Size: 1000 x 663, 96KB Original Size: 1000 x 663, 98KB

那須岳ログ  那須岳山頂  避難小屋


追加写真を見て下さい


はるちゃん



25444.Re: 関東遠征など
名前:エントツ山    日付:2015年10月28日(水) 23時24分
はるちゃん  今晩は

関東などへの遠征レポありがとうございます

スレッドを石鎚ー剣縦走シリーズとは別枠にさせて頂きました
明日写真などを考えながらゆっくりお返事させてもらいます

おやすみなさい

エントツ山


25447.Re: 関東遠征など
名前:エントツ山    日付:2015年10月29日(木) 06時44分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB

    野地峰の水場         中川峠の水場      京柱峠の水場


はるちゃん
しまなみフラワーズさん   おはようございます

13日間朝早く起きて歩いておりましたのでそのクセがついてまだ4時、5時に目が覚めてしまいます

又今回は日本百名山を含む豪華な旅を楽しまれましたね

NHKBSの日本百名山で茨城県の筑波山は見ました
古くから西の富士、東の筑波と関東の人に親しまれてきた信仰の山ですね
標高は女体山877m、男体山871mと女性上位ですが、この標高で富士山と渡り合うんですから凄いです
番組では筑波山からスカイツリーが見えてました

栃木県の那須は皇室アルバムで那須の御用邸って良く避暑の様子がテレビで出て来ますから名前は皆さん良くご存じと思います
最近、火山活動が活発化していますが那須岳(三本槍岳1917m、茶臼岳1915m、朝日岳1896m)はまだ大丈夫なんですねえ


そうなんですよ はるちゃんが豪華な旅を満喫している頃 私は四国の山を満喫しておりました
特に前半の石鎚から東光森山までは紅葉まっさかりで石鎚山系の秋の美しさを身に染みて感じました

はるちゃんが四国の山を歩きだした頃って今みたいに林道も整備されていなかったので苦労されたと思います
水場なども利用する登山者が多かったでしょうねえ

ルート上の水場を事前に調べて行くのもこれ又楽しい山歩きでした
晴天のお蔭で快適な歩きが出来たのですが、水場の状態があまり良くなく特に野地峰では苦労しました

ご存じの様に野地峰の次に水場があるのは玉取山と大森山の間にある白髪トンネル口です その間には大登岐山の大藪上りが待っておりますのでここで必ず給水しておかないと大変な事になります

事前調査で水場の樋からは溢れるな命の水がほとばしっておりました
んが! 反射板広場にテントを張った後、ヘッドランプを点けて結構長い距離を下りるのですが水の音がちっとも聞こえない・・・

水場に着いて樋を見て愕然・・・落ち葉が溜まっているだけでした
横の岩コケにかすかに流れる水を上戸で浄水器に汲み取り、それをペットボトルへ移す作業をしつこく1時間程行いました

昔、アラブの王様が日本にやってきて「日本の水道の蛇口を持って帰りたい」ってテレビのインタビューで語った事を覚えていますが、水があり電気があり暖かく平らな布団で寝る事が出来る幸せを身を持って感じた今回の縦走でした

エントツ山


25404.石鎚〜剣縦走報告〜〜♪ 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2015年10月27日(火) 09時34分
Original Size: 900 x 580, 165KB Original Size: 675 x 900, 159KB Original Size: 900 x 675, 161KB

  大まかなルート図       石鎚天狗岳スタート    剣山ゴ〜〜ル

皆さん  おはようございます

沢山の掲示板への書き込みありがとうございます
お返事は写真の整理が出来てからゆっくりと対応させて頂きますので取り敢えず近況報告をさせて頂きます

昨日 剣山を10時30分頃無事下山しました
新居浜祭り前後、長兄が東京から帰省していた機会を利用して縦走をしておりましたので新居浜の実家へ急いで帰りゴミの分別作業や料理番などバタバタしており連絡が遅れました

石鎚山〜剣山縦走 全13日間のあらまし

事前準備
石鎚〜剣間の水場チェック
ベースキャンプの設営(2か所)
大座礼山〜大田尾越え間の大北川源流付近に着替えと食糧をデポ
JR土佐岩原へ着替えと食糧、追加増備品を積んだ車をデポ
 (JRとバスで縦走前日新居浜へ帰る)

1日目(10月14日) 約 8時間行動
バスとJRで西条駅へ、その後バスで石鎚ロープウェイ駅へ
成就(09:10h)− 弥山(11:10h)−天狗岳(11:20h)−土小屋(13:30h)―岩黒山(14:55h)−県境尾根〜よさこい峠〜伊吹山(16:40h)−シラサ避難小屋(17:15h)
*ハプニング:シラサ避難小屋の水場が澱んで流れが無く機能せず


2日目(10月15日) 約11時間20分行動
シラサ避難小屋出発(05:50h)−子持ち権現山(07:45h)−瓶壺(09:00h)−瓶ヶ森・男山(10:10h)女山(10:30h)−西黒森(12:00h)−自念子ノ頭(13:25h)−東黒森(14:10h)−伊予富士(14:55h)−寒風山(17:15h)
*ハプニング:西黒森で土井さんに会い手帳にメモ 後で読むと「土井 娘太モモ」と書いてある ?? 娘 犬モモの間違い記入だった

3日目(10月16日) 約12時間行動
寒風山(06:25h)−笹ヶ峰(07:55h)−チチ山(08:50h)−銅山川源流(10:35h)−冠山(12:10h)−平家平(13:05h)−三ッ森山(15:20h)−大座礼山(18:30h)
*ハプニング:三ッ森山〜大座礼山間が急な上りが多く予想以上に時間がかかり予定の第一ベースキャンプまで到達出来ず

4日目(10月17日) 約10時間40分
大座礼山(06:20h)−大北川源流ベースキャンプ(07:25h)−大田尾越(10:00h)−東光森山(11:55h)−野地峰(17:00h)
*ハプニング:野地峰の水場が枯れてトイは枯葉が溜っている。下側の岩コケに僅かに流れる水を漏斗をコケに押しつけて1時間かけて1L採水

5日目(10月18日) 約10時間30分行動
野地峰(07:00h)−黒岩山(08:00h)−大登岐山(12:55h)*往生しましたがな −兵庫山(14:40h)−渡り尾根ビバーク地(17:30h)
*ハプニング:大登岐山の大藪登りでモンベルのリール式登山靴のリールが故障 左靴がズルズルで踏ん張りが利かず時間ロス

6日目(10月19日) 約11時間30分行動
ビバーク地(05:50h)−玉取山(06:00h)−白髪隧道水場(07:50h)−大森山(11:20h)−佐々礼尾山(12:15h)−中川峠(14:00h)−水場(約1時間) −三ッ足山(17:05h)−ビバーク地(17:40h)
*サプライズ:佐々礼尾山で徳島の「やぶ山歩き」さんに会う この時記念に取った写真を掲示板に貼ってくれてそこに日付と時間が記されていた為に土佐岩原のハプニングに繋がる事になる
*ハプニング:中川峠の水場涸れており途方に暮れる ガレ場状態になった沢筋を下ると水がチョロチョロと出現 神に感謝

7日目(10月20日) 約12時間行動
ビバーク地(05:30h)−カガマシ山(07:30h)−栃尾山(09:00h)−笹ヶ峰(12:40h)−三傍示山(14;00h)−南尾根基部林道部(15:55h)ー南尾根基部林道近くの沢で給水―尾根にてビバーク(17:20h)
*ハプニング:三傍示山南尾根で獣道へ迷いこみまさかの時間ロス 事前チェックでは上りで使っていた為下りはやはり注意が必要
水が乏しくなり困っていたら三傍示山南尾根基部でチョロチョロ音がする どうも林道保全用の水抜き鉄管から山水が落ちていた様だ 仏に感謝

8日(10月21日) 約13時間40分行動
ビバーク地(05:30h)−野鹿池山・西峰(09:50h)−水場(10:25h)―野鹿池山・東峰(11:10h)−黒滝山(13:20h)−吉野川への尾根で日没、彷徨の末沢でビバーク(19:10h)
*ハプニング:三傍示山南尾根基部から野鹿池山への尾根は横に林道が走っており甘く見ていたが、アップダウンが多く大幅なタイムロス これがビバークの引き金となる
*ハプニング:黒滝山から吉野川(土佐岩原)を最短距離で目指すが無名峰が沢山あり下りなのに急な上りが多く時間がかかる
林道へ出た時点で日没となるがヘッドランプで尾根を探すが良く分からず結局沢にてビバークとなる
ここは尾根歩きに拘らず泉保さんのイメージをトレースする地図に記入されている最初に遭遇した林道を伝って土佐岩原近くへ下りるのが合理的だと反省

9日目(10月22日) 約3時間10分行動
ビバーク地(06:30h)−土佐岩原・可動ベースキャンプ(09:40h)
*ハプニング:土佐岩原駅近くの空地に「不審車ではありません 山岳縦走中の為数日間置かせて下さい」とダッシュボードにメモを置いていた
ここが横のハッピーラフトの管理地だったらしく、車に帰ったらオーストラリア人の代表者(マークさん)がやってきてニコニコ笑顔で「長い間車があるので心配してました 良かった」と言ってくれる 笑顔が地球を救う

*サプライズ:マーシーさんと土佐岩原の橋ですれ違う
モンベルのリール式登山靴がトラブルの為可動ベースキャンプ(愛車ラッシュ)にて祭り休暇中のマーシーさんと大歩危モンベル店横で合流、隣のラーメン屋で豪華定食を食べた後サンリバー大歩危の温泉に走る
*ハプニング:温泉にてカメラバッテリー充電を開始した途端、勝坊主さんより土佐岩原の橋で1時間待ってますと電話が入る *大変迷惑な話だったがわざわざバイクでエールを送りに駆け付けたとの事なので仕方なく土佐岩原へ帰る
迷惑男と別れた後、又温泉へ帰りカメラのバッテリーを充電作業を続ける(世の中に「ありがためいわく」という言葉があるがこれにピッタリのシチュエーションだった
その後車中泊

10日目(10月23日) 11時間30分行動
土佐岩原(06:20h)−三方山(12:55h)−弘瀬山(15:30h)−京柱峠(17:55h)*水場

11日目 (10月24日) 約12時間40分行動
京柱峠(0530h)−小檜曾山A(08:00h)―小檜曾山B(08:20h)−土佐矢筈山(09:15h)−笹峠(10:10h)*水場全く機能せず −綱附森(13:30h)−地蔵の頭(16:30h)−天狗塚(17:10h)−お亀避難小屋(18:10h)
*サプライズ:お亀避難小屋にて高御位山さん所属の稲美山の会(深田さん、古賀さん、石井さん)に偶然同宿する 深田さんとは高御位山、雪彦山以来の嬉しい出会いだった
 
12日目(10月25日)) 約7時間40分行動)
お亀避難小屋(06:40h)−西熊山(07:15h)−三嶺(08:45h)−白髪避難小屋(10:45h)−高ノ瀬(13:15h)−14:20h(丸石避難小屋)
*サプライズ:*分水嶺歩きをしていた石丸隆ちゃん・町子率いる石鎚・剣ガイドサービスと遭遇、北アルプス裏銀座を共にした懐かしい仲間と感動の再会! 特に兄弟の契りを結んだ宮内さんとは男同士でハグをする
*ハプニング:冬型気圧が強くなり寒波襲来で強風となり三嶺手前ではまともに歩けない状態
丸石小屋で剣山まで突っ走るかどうか悩むが、見の越発のバス時間が11時の為ここでトカゲを決定 山道具を干し、余分な水や食料を使い切る
避難小屋は寒くて前半10個も待っていたホッカイロは必要ないだろうと土佐岩原で車に置いてきてしきりに後悔する (マーフィーの法則)」

13日目(10月26日) 約5時間行動
丸石避難小屋(05:30h)−丸石(05:50h)−次郎笈(07:20h)−水場チェック(08:20h)−剣山(09:15h)−下山(10:30h)
バスにて見の越〜久保〜大歩危駅  JRにて大歩危〜土佐岩原(14:30h)―大歩危サンリバー温泉にてきれいさっぱりして新居浜へ帰る
*ハプニング:土佐岩原駅前に置き換えていた車がいやに赤い?? 土佐岩原駅で線路横断歩道の改修工事をしておりそのグラインダーで落とした錆びが風で飛んで来た様だ 改修業者の親玉がやってきてしきりに頭を下げる 「ボロ車ですからいいですよ」と答えると「山岳縦走の為数日間置かせて下さい・・・ってどこを歩いてたんですか?」と嬉しい質問! 待ってましたとばかりに石鎚〜剣の尾根歩きを語る これを聞いて貰ったから車の赤錆びは帳消しとなる  さて、今日の雨でのかないかなあ


ちょっと長かったですが以上が今回の石鎚―剣縦走のあらましです
上記記録以外に石鎚で会った岡さん、最終日剣神社で会った高知の方から誰か私の掲示板で最終山へ男性が来てくれた事を伺いました どうもありがとうございました

今回の縦走成功の要因は13日間の晴天でした (水場が薄くて困った面もありますが)
それとロープウェイやリフト、愛車デポなどを利用した、ストイックな歩きとは無関係な気楽さ、アイデアやと思っております
恐らく体重は6キロ減、体脂肪率は10を切っており、筋肉痛もさほど無く右足の親指付け根にマメが出来た位です

トレイルとしての印象
石鎚山系は石鎚から平家平までが快適で展望も良いトレイル歩きが楽しめました
東光森山〜黒滝山〜吉野川までの県境はある程度境界割出作業も行われておりますが実にワイルドなトレイルでした
特に大登岐山と栃尾山の北尾根の大藪は健在でトレイルとしては課題があります
これに対して剣山系は全体として登山道が良く整備されており避難小屋も要所にありこれぞ快適トレイルって感じでした ただシカ害が益々酷くなっておりたおやかな山容とは別に葉っぱの無い笹や立ち枯れの木、倒木など無残な印象でした

取り敢えずご報告まで〜♪
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishikitasawaoct2008.html



25405.Re: 石鎚〜剣縦走報告〜〜♪
名前:カタックリ    日付:2015年10月27日(火) 09時28分
Original Size: 642 x 960, 137KB

エントツ山さん〜〜お帰りなさ〜い。(嬉)

石鎚〜剣山トレイル 大成功おめでとうございます。13日間もよく頑張りましたね〜。                         

毎日のようにハプニングがあり 晴天続きだったからでしょうか 水場が枯れ大変でしたね。
思わぬ嬉しいサプライズにも遭遇でき良かったですね。                   

体重も6キロも落ち 今回のトレイルが如何に過酷であったを物語っていますね。 
早く普通の生活に戻って リフレッシュして 次なる目標に向かって頑張ってください。

私と同世代なのにチャレンジ精神旺盛なエントツ山さんにバンザ〜イです。

まずは お祝いを申し上げます。

写真は 24日に瓶ケ森駐車場から 撮っていただいたものです。
岩壁に4人取りついています。私もいま〜す。
スローシャッターさんのお蔭で 2回目のアルパインクライミングができました。
最近 嬉しかった私のチャレンジです。                                      
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishikitasawaoct2008.html



25406.Re: 石鎚〜剣縦走 成功おめでとうございます〜♪
名前:マーシー    日付:2015年10月27日(火) 09時29分
僕はこんなことようしませんが、とにかく、
石鎚山〜剣山完全無支援単独縦走の無事成功おめでとうございます。

帰ってもゆっくり出来ず家の片付けやら何やらジッとしてられないって、大変ですね。
マグロと一緒で動いてないと死んでしまう?これは性?なんでしょうか、定めなんでしょうか。

僕なら2〜3日は放心してるんじゃないかと思われます。

これからデポした着替えやゴミの回収もあるし、真の完了はあと少しですね。

お疲れ様でした。そして、おめでとうございます!!

          平成27年10月27日  マーシー


25407.Re: 石鎚〜剣縦走報告〜〜♪
名前:リップ    日付:2015年10月27日(火) 10時28分
Original Size: 800 x 600, 91KB

おかえりなさ〜い!
待ってたわ。

どんだけの荷物になるん?って思ってたけど、そうなんや、デポしてたのね(ウフッ)

筋肉痛が無い?!!  人間とは思えん、いろんな可能性があるんやね。

ピーカンの剣山、だれもいないのが印象的だわ。静かなフィナーレでよかったね。
迎えに行きたい人もいたと思うけど、エントツ山さんの意をくんで遠慮したんじゃない?

しばらくは体調管理だわね。



25408.ありがた迷惑とな、しかも公開で・・
名前:勝ぼうず(ほんとお久しぶりです)    日付:2015年10月27日(火) 10時41分
ありがた迷惑とな、しかも公開で・・ファンやめます。
迷惑ならそのとき言え、後で落とすな。
人間不信となり沈黙とす。
コーヒー・ピザお返しの四輪送迎予定で現地行ったが運よくしなくてよかった。
自分ひとりで生きていると思わない。
四国に根付くおせったい精神を。
ここは茶の間と違う。
不悪口、公開では悪口や嫌味言わない。
周りに存在する山友に優劣付けない。
人の気持ちと思いやれを知れ。
疲れからの暴言と思いたいが、輝かしい戦歴も失格だ。過去何人も泣いている。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~katsuboze/


25409.Re: 石鎚〜剣縦走報告〜〜♪
名前:ねこバス    日付:2015年10月27日(火) 14時18分
エントツ山さん、偉業達成おめでとうございます!
ヽ(*´∀`)<<★祝☆オメデトウ☆祝★>>(*´∀`)ノ

なかなか成せられることではありません。

その強い精神に敬意を払います。

24(土)に名頃から白髪山へ行きましたが、もしや遭遇しないかと、綱附森やその界隈をズームで見ていました (^^;;

エントツ山さんの山行記録は、長くてもまったく飽きずに楽しく読むことができます。

ボクも見習いたいところであります。

話変わりますが、これは勝坊主様へのコメントです。

長旅をされているエントツ山さんを応援しに行きたくなるのはわかりますが、度を過ぎていると思います。

動画を拝見いたしましたが、迷惑この上ないと思いました。

エントツ山さんの表情がそれを物語っていますし、動画を拝見された方の多くもそのように感じたのではないでしょうか。

今までのお二人の経緯は存じ上げませんが、お会いに行かれたにしてもほどほどにしておくべきだったのではないでしょうか。

静かに単独無支援山行を実行されているのに、動画で公開されるとゆうことはかなり不愉快だったと思います。

もちろん勝坊主様の応援に行きたいとゆう気持ちはよくわかります。

エントツ山さんのありがた迷惑発言も、エントツ山さんなりの辛口ジョークだと受け止めたらいいのではないでしょうか。

勝坊主様もついカッとなってコメントしたのだろうと思いますが、もう一度落ち着いて考えてみてください。

何も知らない奴が横から口出しするなとゆわれても、黙ってろとゆわれても構いません。

エントツ山さん、余計なことを書いて申し訳ないです。

でもどうしても言っておきたかったので書きました。


25425.Re: 石鎚〜剣縦走報告〜〜♪
名前:エントツ山    日付:2015年10月27日(火) 22時42分
Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 161KB

 サンリバー大歩危の温泉〜〜    勝坊主さんバイクで土佐岩原へやってくる  移動ベースキャンプ

カタックリさん  今晩は

私と同年代? ほんの少し上では?
それで瓶ヶ森の岩をやれるのですか  そっちの方が凄いわ
お互いあと5年は頑張りましょうぜ

マーシーさん  今晩は

石鎚山〜剣山完全無支援単独縦走 やったぜよ
でもさあ、これって以前からマーシーさんと藪山稜線歩きに励んだお蔭じゃと思う アンタがいなけりゃ今の私は無い!と言えるわ
早く退職してくれなきゃ私の方がガタが来て待ってられんぞよ
地元のお祭りでお休みの所を大歩危まで呼び出してすまんかった
でも同志としてのマーシーさんに苦労話をしてリフレッシュする事が出来たわ

第一ベースキャンプ(大北川源流=大座礼山)の回収は今日済ませた
出かける前にペーコちゃんが自転車で新居浜の実家に来てくれた
お袋さんが「誰か変な人が玄関口におる」って言うもんだから出て行ったらサイクリング姿のペーコちゃんが縦走成功で会いに来てくれた
「今回誘わんかってゴメンよ」と言うとブルブルと後づさりしてたわ


リップさん  今晩は

まあね 普段ハーフマラソンをしてる人が気合を入れたらフルマラソンが走れたって感じね
老体を歩き続けさせる為には荷物を軽くする事が必須やった
目標は10kgだったけどこの時期寒波が来る可能性があるから防寒着や雨具、傘などを用意したから水抜きで10kg程になった

水は基本1.5L〜2L手持ちで水場を繋ぐ予定だったけどしょっぱなのシラサ避難小屋横の水場がアウトとなり不安の為に次の瓶壺からは3Lにした

急ぐと絶対どこか体にに変調がきたすからスローペースをキープしました
やったらやれるもんじゃねえ  天気の助けが大きかったけど


勝坊主さん  今晩は


こりゃまた薄っぺらいファンでしたねえ
バイクではるばる徳島からやって来た人に「アンタに用は無いから帰って!」って言える?? きっと帰りに事故を起こすわ
電話を受けた時「え〜〜なんで来たん・・・」って最初に思わず言ったやろ
だからそこを抑えて大人の対応をして無事に徳島までは帰ってもらわにゃと・・・
「人の気持ちと思いやれを知れ」との言葉は勝坊主さんにそっくり返したい

まあ勝坊主さんと私の価値観が違うって事ね

私は物事を大げさにイベント的に扱う事は嫌いなんです
勝坊主さんは私のファンでは無く自分自身のファンで、普段から掲示板や山登りに何の接点もないのに今回の私の縦走を自分のイベントと捉えて土佐岩原までバイクでやってきてユーチューブネタにしてしまうんですわ

まあ違う世界で生きましょうや


ねこバスさん  今晩は

先日九州の湯布院でねこバスのぬいぐるみを見ました  結構かわいいですね  ジブリのアニメは3つ4つ見ましたが偶然このキャラクターは知りませんでした
名頃から白髪山へ行きましたか あの辺りから見る三嶺はお互い好きです
今回剣山系を縦走してみてシカの食害で非常に殺風景になった気がします
その点、登山道がはっきりしてわかり易くアップダウンも石鎚山系と比べて緩やかですね
だから登山道に林や立木が少ないのでおしっこをするにもままなりませんわ

勝坊主さんへのコメントありがとうございます
彼は愛すべき人間ですが、今回に限っては彼独特の価値観を私の世界に持ち込んで欲しくないって思いです

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishikitasawaoct2008.html



25432.Re: 石鎚〜剣縦走報告〜〜♪
名前:トンちゃん    日付:2015年10月28日(水) 11時18分
エントツ山さん お帰りなさい

無事で怪我もなく帰って来られて良かった!
身体の事を一番心配してました
今はまだ後片付け等があって忙しいでしょう
でも身体を休めて下さいよ

寒い中剣山山頂でTシャツを着てくれて有り難う御座います
気遣いし過ぎると疲れますよ
お疲れ様でした


25433.ブラボー♪
名前:泉保安夫    日付:2015年10月28日(水) 20時06分
石鎚山―剣山単独縦走完遂 
おめでとございます。そして御疲れ様でした。
13日間、約118時間10分の行動時間。
道のり、累積標高差はいずれ発表されることと思いますが、快挙です。
13日間の何倍もの入念な準備と、慎重な行動、気力、
そして天候にも恵まれましたね。
重ねてお喜び申し上げます。快哉!


25436.Re: 石鎚〜剣縦走報告〜〜♪
名前:エントツ山    日付:2015年10月28日(水) 20時55分
Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB

石鎚で会った西予市の岡さん  西黒森で会った四国中央市の土井さん 石鎚・剣ガイドサービスツアーの皆さん

トンちゃん  今晩は

前半は退職した会社からプレゼントされた山服を着て歩きました
最後のシメはやっぱり四国百名山を一緒に締めくくったトンちゃんから貰ったシャツでしょう!
日曜日から冬型気圧が強まり寒くて風が強かったですが月曜日は和らぎました
次郎笈で石鎚山を見ながらこの長い道のりの感慨に耽っており、次郎笈の北トラバース路にある水場を確認の後フィナーレの剣山へ進みました
山頂には大阪から来られた若者がおり、翌日石鎚へ回るって言うので色々四国の山や道具の話をしながら写真を撮り合いました
上に長袖シャツとウィンドブレーカーを着ており、写真撮影の時だけそれを脱いだだけですからね

勝坊主さんとのやりとりでは皆様に嫌な思いをさせてしまいました
そりゃ折角バイクで遠路はるばる土佐岩原までエールを送りにやって来たのに「有難迷惑や」って言われれば怒りますわ

まあねこバスさんの言われる通り私流の辛口ジョークなのですが、やはりそこは普段から何の付き合いも無くお互いの人間関係が出来ていなかったという証明です

今までの縦走最高は登山口を含めて5泊6日やから何が起こるかわからない
途中ですごすご撤退〜〜なんてケースも有り得る訳で途中で大騒ぎせずに最後まで静かに見守って欲しかった訳です

そんな中でも思い出深い偶然の出会いがありました
岡さん、土井さん、そして裏銀座縦走でお世話になった石鎚・剣ガイドサービスの石丸夫妻や一緒に裏銀座を歩いた仲間達・・・

結果的に最後まで歩き通す事が出来て良かったです
掲示板仲間や山仲間に感謝です


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa1.html



25439.Re: 石鎚〜剣縦走報告〜〜♪
名前:にくきゅう    日付:2015年10月28日(水) 21時28分
Original Size: 800 x 600, 122KB

エントツ山さん、こんばんは。

何はともあれ無事帰還おめでとうございます。
これ、登山で一番重要なことと思います。
更に目標のルートを連日のアクシデントを乗り越えつつ縦走できたこと、
素晴らしいですね。
これで燃え尽きてしまわないようにお願いしますね。

10月3日に偶然水場の確認に来ていたエントツ山さんに遭遇し、縦走の話
を聞き、自分も時間ができたらゆっくりと(エントツ山さんはゆっくり
じゃないですが)四国の山を縦走してみたいもんだなぁ、と思ったもの
でした。

縦走の期間中晴天に恵まれたようで、しんどいながらも気持ち良い充実
した山歩きができたのでしょうね。
羨ましいです。
今回は鹿の罠には嵌らなかったようですね。


写真
西熊山から天狗峠に向かうエントツ山さん



25440.Re: 石鎚〜剣縦走報告〜〜♪
名前:エントツ山    日付:2015年10月28日(水) 21時30分
Original Size: 768 x 1024, 165KB Original Size: 675 x 900, 162KB Original Size: 900 x 675, 165KB

今回の縦走計画でお世話になった泉保さんの地図 第一ベースキャンプ  ー同じー


泉保さん  今晩は

泉保さんに掲示板でコメントを頂き大変恐縮と同時に嬉しいです
以前、私の掲示板で泉保さんの地図が本屋に無い事で話題になった時にご助力ありがとうございました

今回の石鎚・剣単独無支援縦走の計画においてはこの山域を全カバーされている泉保さんのイメージをトレースする山歩き地図1「剣山・三嶺」地図1「石鎚山・東赤石山」を十分に利用させて頂きました

地図に記されている水場の事前チェックは勿論の事、縦走時もこの地図を夜に野営地で一人眺めながら縦走のイメージをトレースしておりました

私は累計標高差などのデータはGPSの電池切れなどで発表出来ないと思いますがいずれ後続の皆様の為に水場の様子、道のりなどはHPにアップしたいとは考えております

今回の縦走は決してストイックなものでは無く、私の年齢に合わせた現代風、合理的な山歩きです
石鎚山でロープウェイを使ったから剣山でもリフトを使い、石鎚では営業小屋へ寄らなかったから剣山でも営業小屋には寄りませんでした

大体にして土佐岩原に車をデポするなどストイックな山ヤからするとけしからん事やと思います

石鎚山系は長いのでどこか一か所に食糧をデポしようと考え多少交通の便利な大田尾越近くにしました

大座礼山の大北川源流地から約30m程斜面を這い上がり、木の上に娘のお古になって使っていない厚手のザックに着替え、食糧をデポしました
鹿や猿にはこの奪取は無理で後は熊さえ来なければ大丈夫でした


第二ベースキャンプは土佐岩原に面倒ですが車を置きに行き、JRで帰りました
ここに着替えや食料、追加備品を積んだ車を置いておけば温泉にも入れるし、まともな食事も出来るし・・・ってな具合です

まあそんな事で決して胸を張って「石鎚〜剣完全縦走〜」なんて言えませんがこれが65歳爺さんの精一杯でございました

今回の縦走は確かに単独無支援って銘打ってはおりますが、間接的には泉保さんの地図をはじめ、日頃から山歩きの刺激を与え合って培ってきたHP仲間、掲示板仲間の皆様のお蔭である事は十分に自覚しております

泉保さん  本当にありがとうございました

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa1.html



25443.Re: 石鎚〜剣縦走報告〜〜♪
名前:エントツ山    日付:2015年10月28日(水) 23時20分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB

一番良かった瓶壺の水場(瓶ヶ森) 銅山川源流も水量十分     大北川源流(大座礼山)も水量十分


にくきゅうさん  今晩は


ありがとうございます
無事帰還致しました

縦走は昨日、大座礼山の大北川源流地にデポした食糧、ゴミ、着替えの回収で終了致しました

今日は高松の自宅で靴や道具を干したり洗ったりしておりました
洗濯物も多く主婦に気の毒な気がする程でした
でも食料は沢山余りましたので、さてどこかで又使わねば・・・と思っています

そうそう、前回鹿の罠にかかったモンベルのリール式靴は今回も使いましたが罠で相当傷んだ所に穴があいて、リールの調子も悪いからもうお払い箱にしようかと考えています

水場はやはり瓶ヶ森の瓶壺がピカ一でした
冠山手前にある銅山川源流も結構良かったです
大座礼山の大北川源流はここも水量豊かで食糧、着替えなどをデポしていましたので楽園でした

縦走計画では各水場でビバークを考えておりましたが、そうそううまくは行かず、尾根の途中で「もうここでいいや」とテントを張りましたわ

石鎚山系ではアップダウンが実に多く、水の消費も結構あり大変でした
剣山系では寒波の影響もあり京柱峠とお亀避難小屋の2か所で済みましたわ
やっぱりトレイル的には避難小屋も多い剣山系に軍配が上がります

剣山系でしんどかったのは綱附森を越えて地蔵の頭への這い上がりだけでした
石鎚山系はどこも高低差が多くエラかったですわ

今回足の攣り、こむら返りなどを心配してツムラの芍薬甘草湯68番を持って行きましたが使用する事はありませんでした

ただ、土佐岩原へ下りた時にドカ食いをした為に胃がびっくりしてピクピク痙攣しました

体重は62キロから57キロに、体脂肪率は14.5から9,5に下がっていますが、そろそろ食欲が出て来ましたので元に帰るでしょう


現役時代は無理と思いますが、退職後に備えて体力を温存させておいて下さい


エントツ山


25431.ひやぁーーー すんごいなぁーー♪ 返信  引用 
名前:摩耶山さん歩    日付:2015年10月28日(水) 07時54分
Original Size: 240 x 320, 52KB Original Size: 240 x 320, 25KB Original Size: 320 x 240, 31KB

えんとつ山さん 鉄人に変化されましたねぇー、
バンザイ リタイアでしょうか。
すばらしいーーー♪

筋肉痛も無いなんて、なんて すばらしい御身足。

滋賀は武奈ヶ岳に 久しぶりに行けたので ご報告と思いました。
山友のお陰で 歩けました。
武奈より 北稜をくだり スゲ原へ。ここがすばらしかったです。
写真を貼らせてくださいませ。

http://www.geocities.jp/teru_002002/index.html



25435.Re: ひやぁーーー すんごいなぁーー♪
名前:エントツ山    日付:2015年10月28日(水) 20時33分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 800 x 449, 160KB Original Size: 900 x 675, 165KB

自念子の頭(石鎚山系)     三嶺(剣山系)   土佐岩原でお世話になったマークさん


麻耶てるさん  今晩は


そうよ 今年7月末で定年退職しました
女性は例えば仕事を辞めても主婦、家事手伝いって肩書がありますが、男っていきなり「無職」ですよ 長い間働いて来たのに悲しい呼び名ですわ
何か「退役軍人」みたいなかっこいい呼び名は無いのかしらねえ

武奈ヶ岳は以前から近くのポンポン山と共に興味がありました
ここは福寿草の季節に是非行ってみたいですねえ
近くにある高島トレイルなどを意識して今回「石鎚〜剣ロングトレイル」として歩いてみました

前半の石鎚〜平家平、後半の京柱峠〜剣間はだれでも気楽に楽しめるトレイルやと確信しました
ネックは石鎚山系の東部ですわ  大藪や岩場がありとても四国外から来た登山者に歩いて貰うにはお粗末なルートです これが課題ですねえ

土佐岩原中継基地としてデポした車は空き地と思って置いていたのが近くのハッピーラフトと言うオーストラリア人が代表の吉野川川下りの会社管理地でした
マークさんが中継基地で車に近寄って来たのですが、いきなり「心配してましたよ〜」って私が無事車に帰ったので安心しましたと笑顔で対応してくれました
四国の吉野川の素晴らしさに魅了されてここにラフティングの会社を設立されたとの事でした
無断駐車の事は全く触れないで山や川の自然の素晴らしさを話題にしてしばらく話をしておりました

前回、六甲全山縦走時には色々登山道の情報などをありがとうございました
お互いのエリアから山情報を発信していきましょう


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa1.html


25397.笹ヶ峰南尾根 返信  引用 
名前:伊予の鈍亀    日付:2015年10月25日(日) 20時14分
Original Size: 800 x 450, 95KB Original Size: 800 x 449, 94KB Original Size: 800 x 450, 95KB

エントツ山さん こんばんは

石鎚から剣山まで縦走の最中だったんですね!
写真を見ると随分ほっそりされたような気がしますが・・・
大変な事もあると思いますが頑張ってくださいね!

今日は、南尾根のブナが見たくて、寒風山の方から笹ヶ峰へと行ってきました。

最初晴れていたんですが、段々と雲が湧き、真っ白けに。
風も強くなり、寒風山で休憩もせずでした。

笹ヶ峰への途中で山食のゆ〜ちゃんのダーリンに会いました。
南尾根からの縦走という事で、さっきカタックリさんとすれ違ったという
お話でした。

もしかしてお会いできるかなと期待しつつ笹ヶ峰頂上へ着きましたが、
誰も居ず、強風が吹くばかりでした。

しかし、南側の風裏で声がするので行ってみるとカタックリさん発見!
山友の方とのんびりお昼ごはんの最中でした。
私たちもご一緒させていただきました。
気さくなお話ぶりに、以前からの知り合いのような感じがしました。
カタックリさん、ありがとうございました!

南尾根のブナは葉っぱが随分散っていましたが、最後の美しさを見せてくれました。
少し下った所のもみじの紅葉などは、まだまだきれいでした。

エントツ山さんも紅葉、沢山見られた事でしょう。
帰ってからのレポ楽しみにしています。

写真3はカタックリさんと。



25401.Re: 寒風山〜笹ケ峰ピストン
名前:カタックリ    日付:2015年10月25日(日) 22時40分
Original Size: 640 x 360, 90KB Original Size: 640 x 360, 86KB Original Size: 640 x 360, 87KB

エントツ山さん、みなさんこんばんは!

エントツ山さんらしい 石鎚山〜剣山トレイル もう そろそろ剣山に近づいているのでしょうか?
マーシーさん情報のラーメンを食べていらっしゃる写真を見て 心配しています。
このトレイルの成功をお祈りしています。

今日は 25日振りに山歩きをしてきました。どこにしようかなと思っていましたが 来月 田中陽希君が200名山でやってくる
笹ケ峰を選びました。テレビを見ていると 陽希君のファンがどっと押し寄せてきて困惑しているようすがテレビに出てました。
どうぞ〜ファンの皆様も 一緒に写真を撮ったり、サインをもらったりしないで 心から応援だけしてあげたらいいな〜と思います。
                                                              
エントツ山さんも中高年の星とマーシーさんが言われるように 心から掲示板で応援してあげたらいいな〜と思います。
エントツ山さん 早く元気な姿を見せてくださいね。                                             
今日は ゆうちゃんの旦那様のダーリンさんと笹ケ峰では 伊予の鈍亀さんたちにお会いしました。今日は風が強く 
頭が痛くなるほど風に吹かれました。
                                                                                           
笹ケ峰に着くまでは ガスが舞いあがって 自然現象の美しさを感じておりましたが 午後からはピーカンの天気でした。

伊予の鈍亀さんへ
今日は声をかけていただき、いろいろお話ができて嬉しかったです。           
自宅で取れた柿といって 私たちにとすすめていただきおいしくいただきました。
そして チョコがしもたくさんいただきありがとうございました。
駐車場について お腹がすいていたのでいあただきました。重ね重ねありがとうございました。

写真1、2・・・笹ケ峰
写真3・・・笹ケ峰より石鎚山遠望                                                            



25423.Re: 縦走時の寒風山〜笹ヶ峰南尾根
名前:エントツ山    日付:2015年10月27日(火) 21時54分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 152KB Original Size: 900 x 675, 162KB

縦走時の寒風山〜笹ヶ峰南尾根界隈



伊予の鈍亀さん
カタックリさん
ダーリン      今晩は


日曜日は西熊〜三嶺間で物凄い強風に吹き飛ばされそうでした
気温がグンと下がり寒かったです
土曜日の夜に気圧の谷が通過して沢山の葉っぱを散らせてしまった様ですね

お亀避難小屋で会った稲美山の会で伊予の鈍亀さんも一緒に雪彦山を歩いた深田さん達とバッタリ
夜に霧が出て天気を心配しておりましたが、この会の古賀さんが短波放送で気圧配置図を取り、前線が明け方までに通過するので冬型の気象となり寒いが天気は回復すると言われてその通りになりました
やはりこんなベテランが一緒だと安心ですね

縦走2日目は笹ヶ峰のテン場泊の予定でしたが寒風山で日没となりビバークとなりました
でもいつもファルコンさんが寒風山に夜明け前の出撃する風景を見る事が出来て良かったと思っています

笹ヶ峰南尾根のブナ写真 ありがとうございます

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishikitasawaoct2008.html



25427.Re: 笹ヶ峰南尾根
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2015年10月27日(火) 22時59分
エントツ山さん、こんばんは〜

石鎚〜剣山のロングトレイル無事成功おめでとうございます。

去年の春、石鎚から土小屋への帰り道偶然お会いしてご一緒させていただいた折、
お話してくださった今回のトレイルをみなさんの投稿で実行されてるのを知り、
ダーリンと無事達成されることを祈っておりました。

水場に困ったとの事、それでも続けられるところがさすがです!

今回の行程をみて、ダーリンもいつか行ってみたいとポツリ・・・
私には無理だな〜(汗)

落ち着かれたらまた今回の登山記録楽しみに待っております〜


伊予の鈍亀さん、カタックリさん、こんばんは〜

いろいろありまして、しばらく山行から遠ざかっておりましたが、
ダーリンは辛抱たまらず一人で行ってしまい、お二人にお会いできたと
喜んで帰っていました。
私もみなさんにお会いしたかったです(泣)

来月から二人で完全復帰の予定です!
またごこかの山でお会いできること楽しみにしています。


25429.Re: 笹ヶ峰南尾根
名前:Falcon    日付:2015年10月28日(水) 01時35分
Original Size: 691 x 518, 111KB Original Size: 691 x 518, 126KB Original Size: 650 x 488, 31KB

エントツ山さん、縦走お疲れ様です。
長旅の中、歓声を上げたくなるような景色に出会えたようで、良かったですね。
なかなか期待した通りに空は焼けないもので・・・寒風山の夕焼けお見事です。

私の方は10/24にまたまた大川嶺〜小田深山あたりを回ってました。
紅葉もずいぶん進んでおり、大川嶺も下の方で見頃、小田深山もそろそろシーズ
ン突入の様子でした。写真は大川嶺あたりにて。



25430.Re: お帰りなさい
名前:伊予の鈍亀    日付:2015年10月28日(水) 02時18分
Original Size: 800 x 450, 95KB

エントツ山さん お帰りなさい〜

以前から着々と準備されていたロングトレイルの成功おめでとうございます!
13日も山の中にどっぷり浸かっていたエントツ山さん、並々ならぬ山への情熱を
感じます。また、稲美山の会の方々にもお会いになったとは不思議なご縁ですね!
無事帰られて安心致しました。
しばらくゆっくりして下さいね。とは言ってもエントツ山さんの事、
次の山へ夢を馳せているのでは?

ゆ〜ちゃん Falconさん お久しぶりで〜す
ダーリンは‘ゆ〜ちゃんは忙しい’と言っていましたよ。
復帰されたら、またどこかでお会いできるのを楽しみにしています。



25434.Re: 笹ヶ峰南尾根
名前:エントツ山    日付:2015年10月28日(水) 20時19分
Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 506, 156KB Original Size: 900 x 675, 155KB

長期縦走仕分け袋(右がモンベル外付けゴミバッグ)  寒風山の風景 天狗峠での写真家 中岩(ちゅうがん)さん 


ゆ〜ちゃん  今晩は

主婦は色々と雑用が多くて忙しいよねえ
その点男は気楽なもんや でも退職後は微妙じゃよ・・・・

今回の石鎚〜剣縦走では以前頂いたダーリンの会社が扱う除菌アルコールウェットティッシュや洗顔シートを使わせて貰いました
なにせ13日間でしょ いくら水場で頭や体を洗うっても限度がある
夜テントの中でふきふきしてたわ
モンベルのガーベッジバッグ(ゴミ入れ袋)4リットルは長期縦走にとても便利でレジ袋に分別したごみをこのバッグに入れてザックに外付け出来る。
食事時に多く出るプラスティックゴミなどはザックの中に余り入れたくないからねえ
ベースキャンプを2か所設置してたからそこで下着などの着替えや食料の入れ替え、ゴミなどを置けるから4リットルでゴミ収納は問題無かった

それと以前泉保さんにお世話になったイメージをトレースする山歩き地図 石鎚山系と剣山系は今回の石鎚〜剣ルートを網羅しているのでとても助かりました
「イメージをトレースする」ってヘンなタイトルやなあ・・・って最初思ってたけど、成程この縦走のイメージをトレース出来たわ
それに事前にこの地図の水場情報を確認した事も安心感に繋がった。

紅葉の山はほぼ終わるけど健康の為、リフレッシュの為に山歩いて下さい

Falcon さん  今晩は
そうなのよ 偶然 「Falcon暁の出撃」の山 寒風山で夕暮れと朝焼けを体験出来た
今回の縦走を通じて天気がずっと良かったのですがピーカンが多くて雲が少なかった
だから自念子の頭から寒風山までが雲が出て写真撮影にいい条件でした

徳島の京柱峠から矢筈〜綱附森〜地蔵の頭〜天狗塚〜お亀避難小屋までが長くて天狗塚で夕日が沈んだ。地蔵の頭へ這い上がるのが特にキツくて幾ら上っても次のピークが現れてやっと最後のタコ坊主に這い上がった時に徳島の中岩(ちゅうげん)さんというFalconさんと同類の方が大きな三脚を持ってお亀避難小屋からやってきた
天狗峠で写真撮影をするって言ってたので夕日を撮るんかと思ったら、天狗塚から引き返した時にいい写真取れましたか?って聞くと何と一度もシャッターを切ってないと言う。
日が暮れて20時位までシャッターをオープンにして夜景を撮るって・・・
もうお月さんとお星さんがデカくて綺麗なのでこんな夜景を撮れればいいなあってつくづく思ったわ
無茶苦茶寒いのにじ〜〜っと待ってるわけやね
写真を専門の趣味にしなくてホント良かったわ  まあ毎日10時間も重たいザックを背負って10日以上歩くよりはマシか〜〜〜



伊予の鈍亀さん  今晩は
今年後半は色々大変でしたね やっと最近山レポを頂けるようになって安心しました
やっぱり我々の年代になると色んな事が身の回りに起こるから長い間顔を見せないと何があったんだろう・・て心配します
掲示板仲間も又同じ気持ちやと思います

四国の山、特に秋は素晴らしいとの実感に包まれながら歩き続けました
天気に恵まれて贅沢な山歩きをさせて貰いました
勿論途中には有名な難所の大藪や未知の山域が待っている訳ですから気合も入れてましたわ
いつも刺激を頂いているHP仲間、掲示板仲間、わいわいさんやのんびり山歩さんの様に病気と闘っている仲間へのエールになればと思いながら歩き続けました

お互いあと5年位は山を楽しみましょう

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa1.html


25419.三嶺へ〜 返信  引用 
名前:え〜ちゃん    日付:2015年10月27日(火) 21時10分
Original Size: 640 x 480, 99KB Original Size: 640 x 480, 94KB Original Size: 640 x 480, 81KB

エントツ山さん、こんばんは!

石鎚山〜剣山、無支援単独縦走〜成功おめでとうございます<(_ _)>
良く怪我も無く無事で歩かれましたねぇ〜山男としての足跡を残しましたねぇ〜(四国の山を語れますねぇ!)

今日は政所がお休みで、山に行きたい〜と言うので、天気予報が午後から悪くなりそうなので、国見山辺りへ行こうと、
途中から、三嶺へ登りたい!・・え〜!大歩危のセブンイレブンでおでんを購入(温かい物を)隣のエントツ山さんが食べたラーメン屋を見て!Go〜

祖谷トンネルを越えてから〜名頃まで遠い〜!8:20着、車は5台ほど、35分スタート〜
昨夜、避難小屋泊の男性と逢うが物凄い強風で注意!と、次に若い男性が強風の為に山頂は諦めて下山中との話を!
大岩手前で徳島のご夫婦と逢い、再び強風の話〜(?_?)

政所が強風の中、池の標識まで来ると物凄い強風〜山頂へ行かなくてもいい?と、何時もと違う弱気??
歩いてても登山路横に振られる程(怖いらしい?やはり女性?)
それでもなだめて・・・何とか山頂へ〜ガスで何も見えない(雨は降って無い)

避難小屋で昼食して下山〜強風は続いているが・・晴れ間が出たりで無かったり?
何とか、13:27分下山(休まず)帰る準備をしていると琴平から来た男性一人が下山少し話をして、
私たちは、見の越経由〜R=438号で貞光〜三頭トンネル〜自宅へ(紅葉を見ながら〜温泉に入って)

山頂、大岩付近の政所、コメツツジの紅葉、



25426.Re: 三嶺へ〜
名前:エントツ山    日付:2015年10月27日(火) 22時57分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 164KB

 強風でまともに立っとれんかった  三嶺のコメツツジは綺麗やわ  この角度も好きな景色です

え〜ちゃん  今晩は

天気の良い日の三嶺はいいぜよ〜〜
先日、ある徳島県の登山者に「さんれい」って言ったらきょとんとしている
「みうね」って言いかえるとああ・・・って  これってちょっと大げさじゃない? 「にほん」派が「にっぽん」って言うときょとんとする様なもんじゃとて

今日の天気予報じゃ午前中に山頂へ行って昼には下山するスケジュールじゃないと無理ね
でも政所のお蔭で里山花めぐりから一瞬でも登山の世界に引き込まれるので良いと思う

石鎚ー剣縦走 面白かったわ
どうせ喫茶店のマスターに「そんな事するなんて頭がおかしんとちゃうん」って言われてるんやろなあ
今回山ショップ「ベースキャンプ」で貰ったビニール袋、登山靴を入れて夜露を防ぐのに使わせて貰った 丈夫でいい袋ですわ

高松に帰ってますので又喫茶店で苦労話でも・・・

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishikitasawaoct2008.html


25422.完走!おめでとうございます!!! 返信  引用 
名前:深ちゃん    日付:2015年10月27日(火) 21時49分
偶然にもお亀岩避難小屋で縦走中のエントツ山さんに会えた!と云うことは宝くじに当たったようなものですー。初めての掲示板なので、写真の添付が失敗です。次の便で・・・

25395.砥石権現 返信  引用 
名前:トンちゃん    日付:2015年10月25日(日) 17時54分
Original Size: 350 x 466, 145KB Original Size: 500 x 375, 137KB Original Size: 666 x 500, 169KB

エントツ山さん 今晩は

しみじみと1人で山歩きを満喫してきましたか
元気で下界に帰って来てくれるのを待ってますよ
面白い山の話しを又聞かせてください 楽しみにしてます

昨日はストーンリバーさんご夫妻と一緒に砥石権現を歩いて来ました
林道から山頂に登りアケボノの紅葉が美しい岩場まで行き それから
ファガスの森までの稜線を気持ち良く歩きました

ヒメシャラ・ブナ・カラマツ等などが赤や黄そして橙と色とりどりに
輝いてとても美しい自然林でした
エントツ山さんと一緒に雲早山〜高丸山を縦走した時に車で帰りに
通った大釜の滝も見ましたよ

ストーンリバーさん とても素晴らしい紅葉を見られて良かったです
有難うございました

砥石権現の紅葉です



25396.Re: 砥石権現
名前:ストーンリバー    日付:2015年10月25日(日) 18時45分
Original Size: 800 x 533, 90KB Original Size: 800 x 533, 89KB Original Size: 533 x 800, 88KB

エントツ山さん トンちゃん 今晩は。

石鎚〜剣山トレイルもいよいよゴールですね。
元気で帰って来られるのを心待ちにしています。
帰られたら家で思いっきり手足を伸ばしてゆっくり休養してくださいね。

砥石権現〜ファガスの森で紅葉を楽しんで来ました。
落葉したブナも多かったけれどまだ綺麗な紅葉が残っていて良かった。
太陽に照らされてひときわ黄色に輝くシロモジが綺麗でした。

カエデやヤマボウシやヒメシャラの紅葉がアクセントになり見事な景観です。
カラマツの紅葉も見えました。静かな自然林の森に癒されて来ました。

トンちゃん、久し振りにご一緒出来まして本当に楽しかった〜♪
また一緒に登りましょう!

ヒメシャラ
シロモジとブナ林
カラマツ



25421.Re:石鎚ー剣 縦走5日目の風景〜
名前:エントツ山    日付:2015年10月27日(火) 21時30分
Original Size: 900 x 506, 164KB Original Size: 900 x 506, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB

   縦走5日目  黒岩山〜大登岐山界隈  八方ブナもあるでよ

トンちゃん
ストーンリバーさん  今晩は


砥石権現の紅葉ありがとうございます
写真で見ると中々の色合いですね
このあたりはkyoさんが良く歩かれていますよね
ブナやヒメシャラがいいムードです

紅葉の中にシロモジの黄色も嬉しい色ですわ

石鎚〜剣縦走はつつがなく終了致しました
最後の剣山では少し震えながらトンちゃんからスイス土産にもらったTシャツ姿になり記念写真を撮りました

縦走5日目は実にハードな日でした
黒岩山から大登岐山の大藪這い上がりではザックが笹藪や落ちた木の枝に引っかかり、左足のモンベルリール式登山靴の締めが利かずに苦戦しました
が・・・山頂に出た時の景色の美しさがひとしおでしたわ

私が無事縦走出来たのも普段から掲示板にて投稿でエールを送ってくれる皆様のお蔭やと感謝です

いつもありがとね〜〜


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishikitasawaoct2008.html



ページ: |< << 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb