[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





28571.本山行川渓谷 返信  引用 
名前:ふーみん    日付:2017年07月30日(日) 22時21分
Original Size: 800 x 600, 138KB Original Size: 800 x 600, 140KB Original Size: 800 x 600, 136KB

エントツ山さん、そして単独沢仲間の弁天山さんこんばんは
行川渓谷は、沢登りというより渓谷歩きに近い感じです。水はとてもきれいです。最初の旗印辺りからは少し沢らしくなり、そこそこ高さのある滝がでてきます。三番目の写真の滝は、見えにくいですが、淵を右からちょっとスリルのある高へつりで手前の細い流れまで行って登れば、後は本筋の端を登れます。



28572.Re: 本山行川渓谷
名前:ふーみん    日付:2017年07月30日(日) 22時26分
Original Size: 800 x 600, 138KB Original Size: 800 x 600, 136KB Original Size: 800 x 600, 137KB

モンベルの現行品の沢靴は、口の所が柔らかくなり履きやすくなっています。中敷きは穴あきになって、前の黄緑のより薄いです。それやこれやで、サイズを前のより落とした方がいいようです。私の場合、前のが24.0ですが23.5にしました。それでも濡れると余計に大きくなります。次はもっと厚いソックスにしてみようかと思っています。



28573.Re: 本山行川渓谷
名前:ふーみん    日付:2017年07月30日(日) 22時42分
Original Size: 800 x 600, 136KB Original Size: 800 x 600, 139KB Original Size: 542 x 800, 139KB

最初の写真の滝はツルツルで取り付くホールドがなさそうです。地図では渓谷に沿って破線の道があるのですが、嫌な予感がして740くらいで止めることにしました。予感的中で、沢と道の交わる所は見つけられず検討をつけて適当に踏み跡へ。結構分かりにくい所が多く、道が無くなったり、ザレ場のトラバースがあったりして気を付けないといけません。二番目の写真では、木でできた×印の下に道の続きが見えていますが、その下は急な滑状の水路です。今日は川の中のログがきれいに取れていません。帰りの道でログが破線と合っていないのは、私が道を外れたせいです。



28579.Re: 本山行川渓谷
名前:弁天山    日付:2017年07月31日(月) 20時41分
Original Size: 600 x 800, 162KB Original Size: 800 x 600, 161KB

ふーみんさん、お久しぶりです。
沢の紹介ありがとうございます。水量も多くなかなか綺麗な沢のようで、行川と書いて「なめかわ」と呼ぶのですね。(大きなナメでもあるのでしょうか?)
白髪山を源に発する川で、昔、白髪山からの帰りに車でこの川の傍の林道を下った記憶があります。
ネットで調べるも情報はほとんどありませんが、少し下流ではモンベルから親子向けの沢遊びのツアーをやってますね。是非、今度行く沢の候補に入れときます。

お互い沢を一人で行くのはリスクがありますよね。もし怪我をして動けなくなってもまず見つけてくれる人はいないし…
人に自分の趣味の話をしても、まず一言目は「沢は危なくない?しかも一人で…」です。特に一般の方はそうでしょう。

そこで、万一のため、いくらかの登攀用装備は持って行きますが、自分の場合、使うのは高捲して沢へ懸垂下降して復帰する時ぐらいで、気休めかも知れません。(道具を使いこなせないのもありますが…)
また、慎重を期して、ちょっと難しい滝はエントツ山さん同様?にすぐに捲いてしまいます。今や沢で新たな滝に出会うとまず左右を見渡して、どこから登れば捲けるか探すのが習慣になってます。(沢登りとは言わず沢歩きのレベル)

ふーみんさんやマーシーさんのようなクライマーの相棒と同行して、まず相棒がトップで滝を登ってそこからロープを投げてもらい、ビレイされながら自分一人では直登できない滝を安心して挑戦するのが理想なんですが、同好の志はなかなかいないので現実は難しいですね。

皆に迷惑を掛けないよう、これからも一人で沢に行く際は、沢のグレードや体力技量など考えて下準備をしたうえで、無理をせず慎重を期したいと思います。
昨年は残念ながらできませんでしたが、今年はもし機会があれば、エントツ山さんも含めて沢ご一緒しませんか?(9月いっぱいは沢にいけますし)



28585.Re: 本山行川渓谷
名前:エントツ山    日付:2017年08月01日(火) 13時00分
Original Size: 1024 x 937, 164KB Original Size: 900 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB

行川渓谷ってどの辺りなの?     モンベルのサワトレッカー  アドベンチャーフォレストのジップスライド


ふーみんさん
弁天山さん   こんにちは

暑うおますなあ
沢の写真を見せて貰うだけで涼しい気持ちになります
先日NHKの「ジオ ジャパン」という番組(第1集と第2週)は見られましたか?
奇跡的な日本列島誕生のドラマです

大陸プレートという発想は今や常識になっており大陸から西日本の元になった部分がこのプレートの沈み込みの跳ね返り現象で切り離されたって言うのです

後から隆起によって出来た東日本と異なったプレート沈み込み角度によって合体、その後海底火山やプレートの押し込みによって山岳地帯が形成されて、その山岳地帯の為に上昇気流の発生により雨が多く降る気候に・・・

この雨や雪が山を穿ち多くの谷が形成され、その水の恩恵を人間が受けてるってストーリーの流れでした

ふーみんさんや弁天山さんの沢歩きもこの恩恵の一つですねえ


モンベルの沢靴は足を入れる場所に沢の砂などが入らない様にインナースパッツがあり、これがキツくて靴の履き脱ぎに苦労してました
これが新しいサワートレッカーでは改良されている訳ですね

ゴム底沢靴でモンベルは「サワークライマー」でビブラム社と共同開発して売り出した物が数か月後にグリップ力が無い不良品と分かり自主回収した事がありますね

個人的にはフェルト地の靴底よりラバー製が好きなのでビブラム社のイドログリップを装着した物が次の購入候補ですね
これだと下山時も沢靴で済ます事が出来そうです


沢はスペシャリストでない限り厳しいゴルジュや大滝の少ない初級の美しい沢で満足ですよねえ


エントツ山



  
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-gazouzan-jyuusou.html



28589.Re: 本山行川渓谷
名前:ふーみん    日付:2017年08月01日(火) 22時10分
Original Size: 800 x 600, 140KB Original Size: 800 x 600, 139KB Original Size: 800 x 600, 138KB

A反対側から行こうとしたら落っこちて、流木のある側から登った所 流木の先まで行くと結構沈みましたが、前の岩に片足を置いて加重を抜くと、シーソーみたいにグーンと上がってきて高いフットホールドになってくれました。こんなの初めてで面白かった

エントツ山さん こんばんは
高桑信一さんの「タープの張り方 火の熾し方」という本をご存知ですか? 用具や技術の説明が為になるだけでなく、読み物としても面白いです。沢靴についても載っています。ゴム底靴でセミになった、一歩も動けなくなったと載っていますが・・・。高桑さんはフェルト底のキャラバンの渓流タビ、成瀬さんや大西さんはモンベルの沢タビだそうです。でも素人は足を岩にぶつけて辛そうです。大西さんが沢では軍手だそうなので、真似してみたらなかなかいいです。

弁天山さん お誘いありがとうございます! エントツ山さんとマーシーさんの都合が合えばぜひ行きましょう。 ただし、岩や単独の沢をするというと誤解されやすいのですが、私は弱々しいと笑われていています。沢の詰めはまるでエベレスト登頂のように一歩一歩です。この掲示板に登場される女性のほとんどよりずっと遅いと思われますので、その点ご了承をお願いします。 上記の高桑さんお勧めの「ピンソール章栄」はガレや藪といった沢の詰めに最高です。軽量化のために下り用の靴を省いてもフェルトが傷みにくいです



28591.Re: 本山行川渓谷
名前:エントツ山    日付:2017年08月01日(火) 23時59分
Original Size: 600 x 356, 32KB Original Size: 600 x 410, 37KB

ピンソール章栄とは


ふーみんさん  今晩は

確か以前沢からの這い上がり時にピンソールを使っておられましたよね
沢用アイゼンって所でしょうか
フェルト底は沢から上がった河童で滑りまくりますよね
値段は8千円程ですから試してみても良いかもしれませんが、私は装着するのが苦手なので持って行っても使うかどうかわかりませんわ

コケなどのぬめった場所ではフェルト底も滑るので、どうせならイドログリップのラバーソール仕様の物はキャラバンで出している様です


高桑信一さんの「タープの張り方 火の熾し方」は本屋で立ち読みしました
と言うのもタープは張る気がしませんし、たき火も熾す気がしません

タープにたき火で沢に寝るなんて考えても安眠できませんわ
そんな訳で立ち読みだけで購入しませんでした

そうや! カマちゃん所の図書館にあれば借りて読んでみますわ


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-gazouzan-jyuusou.html



28592.Re: 本山行川渓谷
名前:ふーみん    日付:2017年08月02日(水) 05時54分
タイプミスがありました。すみません
ただしくは「ピンソール」昇栄で、「しょう」は「昇」でした。これを装着してもエントツ山さんとマーシーさんにはかないませんでしたが、高桑さんたちも頼りにしているし、かなり違うので試してみる価値はあるかと思います


28594.Re: 本山行川渓谷
名前:弁天山    日付:2017年08月02日(水) 20時38分
Original Size: 800 x 592, 153KB Original Size: 800 x 610, 157KB Original Size: 584 x 800, 155KB

@キャラバン渓流シューズ、最近買った安い沢靴 Aピン付きフェルトの安物、鮎足袋 Bピン付きフェルトの裏側

ふーみんさん、エントツ山さん こんばんは。
沢靴のピンソールの情報ありがとうございます。これがあれば滑りやすい高捲きやガレ場には有効かも知れませんね。

沢靴の話題がありましたが、ちなみに自分は4種の沢靴を使っています。
最初の写真の左が10年前に半額処分で買った古いキャラバンの渓流シューズで、少しハードな沢にはこういった専用靴が一番いいと思います。
だいぶ靴底が減り、靴の側面もあちこち傷んできたので、今年買い換えようかと思ってましたが、新品は安くても12,000円以上もして結構値段が張るのが難点です。

その右にあるのが今年たまたまネットで見付けた6000円の沢靴です。元々は渓流釣りでの使用を目的とした商品のようで、合成繊維の布張りでキャラバンほど堅牢ではありませんが、フェルトも厚く値段の割にはまずますのつくりなので、今後、耐久制を試していきたいと思ってます。

2枚目の写真の左は釣具店に売っている4000円くらいのピン付きのフェルト靴(3枚目の靴底写真参照、本来は海釣り用か?)で、柔らかい合皮の靴で堅牢性が弱く靴の消耗が激しいので、使用の都度ゴム糊のような接着剤で補修しています。指先を岩に強くぶつけると痛いです。
しかし、ピンがあるのでフェルトが擦り減りにくいのが長所で、沢を出て下山1時間程度ならこのまま履き替えずに下山します。(替え靴を持って行かないので軽量化もできる)
ピンがあると滑らかな河床ではかえって滑りやすいこともありますが、滑川渓谷のような河床がごつごつしている沢では引っ掛かりがいいです。

2枚目の写真右は、渓流釣り用のいわゆる鮎足袋で(5000円弱?)、このフェルトソールにはピンは付いていません。表面は合成ゴム製でしなやかで柔らかい靴で、ゴーロや小石の続く沢は足裏が痛くなるので、ナメが続くようなお気軽な沢歩きにはこれを使ってます。
紐の結び目を覆うカバーが付いているので砂やゴミが靴の中に入らないところがいいです。

またエントツ山さんに安物買いの銭失いと言われそうですが、行く沢やコースによって使い分けているので、当然靴の持ちはいいです。また、沢歩き初めての初心者といっしょに行く時に、靴を貸せる点もいいところかも知れません。

所有の靴はいずれもフェルトの靴底ですが、ハイドログリップのゴム底沢靴も興味があります。乾いた岩ではフリクッションがよく効くようで、これを履いた人が角度のある川岸をひょいひょい楽にハツっているのを見たことがあります。でもコケやヌメリがあるとフェルト以上によく滑るようなので考えものです。



28596.Re: 本山行川渓谷
名前:エントツ山    日付:2017年08月04日(金) 19時02分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 161KB

モンベル・ファイントラック・ブラックダイヤモンド     美しい色  イワタバコ


弁天山さん  今晩は

安物沢靴色々増えてますね
結局身の程を考えない様な高価な用品を買える人種は身勝手な人が多いです
弁天山さんは良い家庭人って事ですわ

高価な物を買う方が結果的に長持ちする事はわかっているんですが・・・ 自分の収入や小遣いを冷静に考えると安い物を自然に買ってしまうんですねえ   

今期はチャンスが無いかも知れませんが、念のために下のメールアドレスに弁ちゃんの携帯番号をお知らせ下さい ふーみんさんにも伝達しておきます

harakoji@violin.ocn.ne.jp


ふーみんさん 

今日は昼から東種子川を遡行してきました
岩盤が斜めで割れ目がないヘツリで3度程プチ淵に落ち込みましたわ
雨が降りましたが沢に入って涼しかったです

沢靴はモンベル、沢スパッツはモンベル、ズボンはファイントラック、ハーネスはブラックダイヤモンド、お助けロープは7mm x 16m です

安全第一主義ですが楽しかったです

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-takanosuyamaHP.html



28597.Re: 本山行川渓谷
名前:ふーみん    日付:2017年08月04日(金) 21時32分
Original Size: 800 x 600, 137KB Original Size: 600 x 800, 138KB Original Size: 800 x 600, 140KB

エントツ山さん こんばんは

エントツ山さん達も行かれた西種子川は有名ですが東種子川は遡行記録が見当たりません・・・と思ったら2015年にご一緒させて頂いていました(笑)
あれを単独とは流石です! テジロはいませんでしたか?
行川では数は少ないものの駐車した時からいて、テンションダウン
滝を登るときはネットをはねのけました。滝や厳しい所にはいませんよね

東種子川では、3枚目の写真の左俣も気になったままです



28598.Re: 本山行川渓谷
名前:弁天山    日付:2017年08月05日(土) 09時29分
昨日、堂ヶ森付近の沢に行きましたが、テジロがたくさんいました。
先週はまだ少なかったのに、今週は急に増えています。
愛媛はテジロシーズン突入のようです。


28603.Re: テジロ
名前:エントツ山    日付:2017年08月05日(土) 21時10分
Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 160KB

モンベル沢道具で十二分です     沢は爽快です


ふーみんさん  今晩は

そうなんです  2年前に一緒に歩いてますね
二股から右手は荒れて面白くありませんでした
二股から左手は今後の課題です 入り口は籔いていますが、先に進むと高度差があるので面白い滝と出会えそうです


やはり新居浜の沢もテジロが出始めました
ネットを高松から持って来るのを忘れて日焼け止めハットを被って耳を齧られるのを防ぎましたが少しやられました


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-takanosuyamaHP.html


28570.暑中お見舞い申し上げます 返信  引用 
名前:ふーみん    日付:2017年07月30日(日) 21時56分
Original Size: 800 x 600, 146KB Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 167KB

エントツ山さん、高御座山さん、ご無沙汰しております。山歩きをしていなくても、この掲示板はいつも見せていただいています。岩登りに興味のある方はほとんどおいでないと思って投稿していませんが、私もそれなりに元気でやっています。怪我をしたり、加齢による衰えはありますが、今日は単独で渓谷に行ってきましたので後から投稿させて頂きます。マーシーさんも岩ばかりですが、元気で絶好調と言ってもいいくらいです。
@昨年秋、九州比叡山ニードルをマーシーさんとツルベて登った時。カムをセットしながら頑張りました。若者たちはボルダリングをしていましたが、シニアには強度が高すぎるのでロープを使うクライミング
A今年の広島三倉岳 若くてすごいクライマーB先生にクラッククライミングを教えてもらいました
B繁藤奥赤荒の岩場 マーシーさんは天辺の平たい岩が切れた所の右下割れ目にいます。このルート、上三分の二はカムというものを使って自分で確保視点を作りながら登らなければなりません。同行のベテランクライマーKさんも感心していました



28582.Re: 暑中お見舞い申し上げます
名前:エントツ山    日付:2017年08月01日(火) 08時28分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 162KB

カラビナ・ハーネス確保の安全講習   広島廿日市・樅ノ木森林公園にあるフォレストベンチャー施設


ふ〜みんさん  おはよう

お久しぶりです  マーシーさん共々元気に岩を楽しんでおられる様ですね
岩登りは手足をフルに使うので写真を撮る余裕が無くレポがしにくいって性格のものですからねえ

それと元来岩や沢をやる人はB型性格で自分が楽しんでエネルギーをそこに集中すればそれで良いので、それを他人に紹介したり発信したりする余分なエネルギーを使うサービス精神のある人は少ない様に思います

厳しい岩や沢の取り組み上、それはそれで良いと思います

しかしまあ弁天山さんやムラタ社長の様に情報を発信して頂けたらそれがどんな世界か垣間見る事が出来るのですが・・・

孫と広島・廿日市にあるフォレストベンチャーという施設に行ってきました
フランス発祥の自然派レジャー施設です
安全に森の中でスリルを楽しむ事が出来ますねえ


つい最近徳島の西祖谷にもこの施設が出来た様ですが、小学1年生が参加できるキャノピーコースが未だ無いのでわざわざ遠い広島まで出かけて来ました


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-gazouzan-jyuusou.html



28586.Re: 暑中お見舞い申し上げます
名前:高御位山    日付:2017年08月01日(火) 17時01分
Original Size: 768 x 1024, 99KB Original Size: 768 x 1024, 99KB Original Size: 768 x 1024, 98KB

師匠、今は沢登りの最中ですよ。縦走は暑くて身体が持ちません。私は
目下市民プールで水に浸かって居ります。沢靴は私はモンベルは良いとは
思いません。値段が安いのが取り柄でしょうか。値段は一寸高いですが
キャラバンの渓流靴がしっかりとして居ます。但し、滝が多い沢では推奨
致します。黒部の奥の廊下、大台ケ原東之川本流は滝が無い為にモンベル
の沢靴でも充分でしょう。

 ふーみんさん、マーシーさんと岩登りに頑張って居られますね。今は暑い
でしょう。九州まで遠征されましたか。随分前に大崩山の壁を地元の岳人と
一緒に登った事が有ります。未だ多くのルート開拓中でした。難しい岩場
でした。小積ダキ中央壁、北壁等、困難なルートも多く有りました。

 カムを使い熟して居ますか。亡くなった前田さんもカムを使用するのが
上手でした。私は余り好きではなかったですね。時代と共に技術、用具共に
進歩、変化します。基本さえしっかりしていれば対応出来ます。

1 雪彦山三峰正面のハング
2 バランスが難しい
3 クラックを越えて、ハングに取り付き、40m登る



28587.Re: 暑中お見舞い申し上げます
名前:高御位山    日付:2017年08月01日(火) 20時41分
Original Size: 768 x 1024, 79KB Original Size: 768 x 1024, 80KB Original Size: 768 x 1024, 80KB

1 秩父笛吹川
2 舐め滝
3 穏やかな流れ



28588.Re: 暑中お見舞い申し上げます
名前:ふーみん    日付:2017年08月01日(火) 21時33分
Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 450 x 800, 138KB Original Size: 599 x 800, 140KB

@甲府太刀岡山左岩稜 クラックを含むマルチクライミングを習いに行きました。世界の佐藤裕介さんはイケメンであるだけでなく人柄もとってもいい方でした
Aこのルートではお約束の写真 ガイドクライミングではリードはさせてもらえません
B比叡山でサービス精神溢れる若者が撮ってくれた写真 1ピッチ目を登り始めた青い服の私が右下方に写っているのですが・・・。左上の指のように尖ったのが翌日登ったニードル。登って鞍部に懸垂下降して右の壁を登れば山頂付近に着きます

エントツ山さん こんばんは
この掲示板に岩はとんだ場違いだし、沢もできるだけ遠慮しようと思っていましたが、情報発信した方がいいのでしょうか?! 行川渓谷の場合は、弁天山さんがおっしゃっているように遡行の情報が見つからなかったので、もしかしてどなたかの参考になるかもしれないと思って投稿させて頂いた次第です

高御位山さん 気づいてくださってありがとうございます
このかっこいい壁は雪彦山なのですか。沢も懐かしい方々が写っていますね。クライマーとして終わってしまう前に私も中央の岩場や沢に行ってみたいものです



28590.Re: 暑中お見舞い申し上げます
名前:エントツ山    日付:2017年08月01日(火) 23時15分
Original Size: 599 x 800, 276KB Original Size: 900 x 675, 100KB Original Size: 900 x 675, 99KB

ふ〜みんを探せ(わかるか〜!)    わたしゃ こんな場所で大満足でござるよ


高御位山さん
ふーみんさん   今晩は


私は小さい時から学校では実に素直で良い生徒でした
だからして、中学校の赤鬼校長から「君たちは地に足を着いた生き方をしなければなりません」と再三言われた事を忠実に守って生きて参りました

何ですか その岩場写真は!
地に足が全く着いておりませんぞ

高御位山さんもふーみんさんも自分は正常だと思ってません?
こんな落ちたら死ぬ様な極限に身を置く事を楽しめる人間ってほんの一握りのアブノーマル人種ザマス

ふーみんさん  この掲示板って「破れかぶれ」って事はご存じの筈
ジャンルは山、川、谷、岩、海、そんな自然を相手に頑張っている人を応援したいですねえ

自然を相手に頑張っている姿や楽しんでいる姿をドンドン発信して貰いたいと思っています


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-gazouzan-jyuusou.html



28593.Re: 暑中お見舞い申し上げます
名前:高御位山    日付:2017年08月02日(水) 17時59分
Original Size: 768 x 1024, 99KB Original Size: 768 x 1024, 98KB Original Size: 768 x 1024, 99KB

師匠の掲示板は四国岳人の憧れであり、情報、発信、収集、発表の尊い
場でも有ります。師匠の心広くて大らかな優しい気持ちが山を愛す人達を
掲示板に引き付けられるのだと思います。私も随分と遠慮なく好きな事を
言わせて貰いました。ふーみんさんも岩登り、沢登りの分野関係なく情報を
大いに発信されたら良いと思います。広く、大きく、より深く、楽しくです。

 沢登りの話で、高桑さんの話題が出て来ていましたが、昔文部省立山の
登山研修所の会合で出会った事が有ります。当時浦和浪曼倶楽部の会長をされて
居たと思います。マイナーで有った沢登りを人気なスポーツに引き上げた
功績は大で有ります。しかしそれよりも前に扉を広げたのは大阪わらじの会長
をされて居た、中庄谷直さんだったと思います。1932年生まれ、沢の為に生まれて
来たような人でした。大峰、大台ケ原、白山を中心に幅広く活躍されて居ました。

 わらじの会会報、遡行 は素晴らしい記録が多く載っています。
単に遡行するだけでは無しに経緯、歴史も知りたい物ですね。

 高桑さんも遡行記から山小屋物語、古道巡回の様に歴史に興味を持たれた
ようですね。作品に深みが出て様に思われます。師匠はタープを張る。焚火を
起こす。岩魚を釣る。山菜を採る。料理をする等、難しい事の様に思われて居るのでは
有りませんか。沢登りをする者にとっては食料の自給自足は当たり前の事です。
東北、信州の深い谷の遡行は4,5日は必要とされます。四国に沢でも二日以上係る
のでは有るのでは有りませんか。焚火は後始末が大事です。

1 雪彦山に来られた時、榎本さんは30mの滝の有るルートを避けました。
2 三峰の取り付き。バランスばかりで4ピッチ有ります。私は4ピッチ
  最終点で50m墜落しました。確保が巧かったお陰で火傷と打撲で
  助かりました。11mのナイロンザイルは半分溶けて居ました。
3 バランスが必要とされる所。大きくハングして居ます。



28595.Re: 今日は一人沢遊びでした
名前:エントツ山    日付:2017年08月04日(金) 18時26分
Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 159KB

東種子川(たねがわ)に入っていました


高御位山さん  今晩は

先人には凄い人がおりますねえ
まずアプローチが大変で食料もお米やお餅が主体ですから大変ですわ
イワナや山菜を採りながら沢を詰められたんですねえ
特に水量が多い大峯などは全身ずぶ濡れになりますから焚火は必須でしょうね

まあ 私も
タープは張ろうと思えば張れます
イワナも釣ろうと思えば釣れます
焚火のしようと思えば火を熾(おこ)せます

でも50歳から山歩きを始めた私と致しましてはそんな悠長な時間が残されておりませぬ

自分の得意分野は沢でも岩でもありません
と言っても全く目もくれないと言う訳でもなく、少し齧っておかないと話題に理解を示す事も出来ませんわ

岩や沢は体幹のしっかりした時期に始めなければ危ないですねえ

今日は私が林道で車を落とし込んでペーコちゃんにレスキューをお願いした懐かしい場所から沢に入ってきました


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-takanosuyamaHP.html


28567.真っ白けの中蒜山と花がピークの大山ユートピア 返信  引用 
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2017年07月30日(日) 21時07分
Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 800 x 450, 152KB

エントツ山さん、こんばんは〜

この週末は南アルプス塩見岳の予定でしたが、お天気が急変、雨になってしまい
断念!ならば大山のユートピアへ行こうと。でも折角の2連休なので、初日は
曇り空の中、中蒜山の直登コース。登山口からは頂上が見えてたけど、頂上は
真っ白け。折角登ってきたのに残念!さっさと下山し、ジンギスカン食べて
もったいないのでサントリーのCMの奥大山の木谷沢渓谷へ。
マイナスイオン満載で苔むすむすの素敵な森。歩いて30分ほどの散策コースでしたが
地元の方にお聞きすると、宇多田ヒカルのCMは、ここではなく
サントリーの森で、一般人は入れないそう。う〜ん残念!でもここはここで
素敵でした。

ここから大山のペンションで1泊し、六時半スタートで大瀬ユートピアへ。
頂上付近でガスが上がってきたけど、ギリギリセーフで今がピークのお花畑を堪能。
三鈷峰へ登って大山眺め下山してたら、なんとヒコーき隊の方達とバッタリ。
お久しぶりの笑顔に癒され、楽しい砂滑りを下りて帰ってきました。
四国を離れて知り合いにお会いできるのはうれしいですね〜



28568.Re: 真っ白けの中蒜山と花がピークの大山ユートピア
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2017年07月30日(日) 21時08分
Original Size: 800 x 450, 149KB Original Size: 800 x 450, 160KB Original Size: 800 x 450, 161KB

写真の続きです。ヒコーキさん達と。



28569.Re: 真っ白けの中蒜山と花がピークの大山ユートピア
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2017年07月30日(日) 21時09分
Original Size: 800 x 450, 176KB Original Size: 800 x 450, 162KB Original Size: 800 x 450, 163KB

1日目の中蒜山と奥大山の森です。



28574.Re: 真っ白けの中蒜山と花がピークの大山ユートピア
名前:ヒコーキ3号    日付:2017年07月30日(日) 23時00分
Original Size: 850 x 638, 82KB Original Size: 850 x 638, 119KB Original Size: 850 x 638, 102KB

エントツ山さん  こんばんは!

今日は今がピークの大山ユートピアお花畑に1号、5号さん、西岡さん、山崎さんと行って来ました。
とてもきつい登りの途中で下山中のゆーちゃん、ダーリンのステキなご夫婦にばったり!!!
久しぶりに頑張るお二人にお会い出来、元気を一杯頂きました。

ゆーちゃん、ダーリンまたどこかでお会い出来るのを楽しみにしています。

今日のユートピアはガスがでたり、のいたりの1日でしたが、ホント!
お花畑は一番のピークで、感激しました。

1号さん、5号さんは、剣が峰まで、足をのばし、大満足!
帰りはゆーちゃんから砂滑りは大丈夫!とお聞きしていたので、2年ぶりに砂滑りを楽しみました。

ラスト、振り返ると北壁がくっきり現れ、ステキで感動しました。
いつも100%満足の大山に感謝、感激です。



28575.Re: 真っ白けの中蒜山と花がピークの大山ユートピア
名前:ヒコーキ3号    日付:2017年07月30日(日) 23時04分
Original Size: 850 x 638, 101KB Original Size: 850 x 638, 120KB Original Size: 850 x 638, 123KB

写真追加です

ゆーちゃんダーリンと5号、西岡さん
満開のお花畑
皆で楽しい、砂すべり



28578.Re: 真っ白けの中蒜山と花がピークの大山ユートピア
名前:ヒコーキ1号    日付:2017年07月31日(月) 20時10分
Original Size: 1024 x 576, 223KB

エントツ山さんゆーちゃんこんばんは。
梅雨が明けたというのに安定しない天気ですね。どんよりして蒸し暑くて真夏の入道雲はどうしたのでしょうかね?

ゆーちゃん、昨日は早い下山だなと思ってたら泊まりの遠征だったのですね。奥大山の木谷沢渓谷の情報ありがとうございました。紅葉の時期も良さそうな場所ですね。機会が有れば行ってみますね。どうも有り難うございました。
エントツ山さん、ユートピアのお花畑も素晴らしかったですが私と5号さんはお花よりスリルを楽しみたいというのが勝ってるようで剣ヶ峰まで行ってきました。機会があれば振り子沢雪渓を登って三ノ沢から下山も面白そうだねとか話しながら歩いてました。大山はまだまだ楽しめそうなコースが沢山ありますね。



28584.Re: 真っ白けの中蒜山と花がピークの大山ユートピア
名前:エントツ山    日付:2017年08月01日(火) 10時30分
Original Size: 900 x 828, 165KB Original Size: 900 x 619, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB

振子沢〜三の沢ルートって?  ユートピアのクガイソウ、ギボウシ群生は美しいですねえ   



ゆ〜ちゃん
ダーリン
ヒコーキ1号さん
ヒコーキ3号さん
ヒコーキ5号さん     今日は


冬も夏も大山大好き人間になりましたねえ
大山は石鎚と同じようにバリエーション豊かなアプローチが選択出来る奥深い山ですわ

一般道としては元谷から夏山登山道を経て弥山まで
それと宝珠尾根から三鈷峰〜ユートピアお花畑まで

これで十分大山を満喫できるのですが、1号5号さんの様にスリル派には剣ヶ峰とか三ノ沢コースとか冬の弥山〜剣ヶ峰とか色々手札が用意されてますねえ

私も鳥越峠から烏ヶ山とか振子山から親指ピーク〜大休峠とか矢筈ヶ山〜船上山とか、大山がもう少し近ければ興味深い場所が目白押しです

四国外から沢山の登山者が四国の山に来て頂いているのですから、我々もこの大山のレポを増やしたいですねえ


西日本ではこのユートピアお花畑が一番ではないでしょうか


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-gazouzan-jyuusou.html


28576.台ヶ森 返信  引用 
名前:はるちゃん    日付:2017年07月31日(月) 09時28分
Original Size: 1000 x 636, 98KB Original Size: 1000 x 663, 97KB Original Size: 1000 x 663, 97KB

エントツ山さんこんにちは。
昨日は先週につずき高所に涼を求めて台ヶ森へ歩きました、
氷見二千石原では瓶が森ヒュッテの廃屋を撤去中で
お伺いすると小さな避難小屋に生まれ変わるそうです。

途中東の川から上られた同じ単独青年に往路・復路共出会いました、
下山後は子持ち権現の北に位置する展望の丘・四等三角点・子持にも
皆さんを案内して帰りました。

はるちゃん



28577.Re: 台ヶ森
名前:はるちゃん    日付:2017年07月31日(月) 09時31分
Original Size: 1000 x 663, 95KB Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 663, 98KB

写真追加



28583.Re: 台ヶ森
名前:エントツ山    日付:2017年08月01日(火) 10時11分
Original Size: 800 x 557, 164KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 164KB

  四等三角点「子持」    孫達とログハウスでバーベキュー  ワイヤー渡り


はるちゃん  おはようございます


暑い日が続きますねえ
瓶ヶ森辺りまで行くとさすがに涼しいでしょう
アオベンケイって最後はどうなちゃうんでしょうかねえ

まるちゃんお勧めの展望の丘ですが、まだ一度も訪れた事がありません
今度の機会には四等三角点「子持」を踏む事に致します

あっと言う間に8月になりました
月日は無情(無常)にもドンドン進んで行きますねえ

私の孫も末は小学1年生、上は中学生になりました
一緒に遊ぶのも次第にキツくなっていくのでしょうか

秋山・・・もうすぐですからこの夏を元気に乗り切りましょう


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-gazouzan-jyuusou.html


28560.石鎚スカイラインから金山谷上部を遡行 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2017年07月29日(土) 23時55分
Original Size: 800 x 526, 162KB Original Size: 800 x 583, 163KB Original Size: 800 x 606, 161KB

@今回遡行図 A最初は平坦で穏やかな沢 Bなかなか気持ちの良いきれいな沢

エントツ山さん、こんばんは。
今日は石鎚スカイラインから金山谷の上部を筒上山登山道まで遡行してみました。
この谷の沢登り情報はネットで探してもほとんどなく、唯一7年前のやまきぬさんの記事のみでしたが参考になりました。

土小屋に自転車をデポし、スカイラインを戻って、金山谷に架かる橋のたもとから下りて入谷。
水量もまずまずあって、あまり荒れてもおらず気持ちのいい谷でした。
しかし、いきなり4連続の砂防堰堤が待ち受けており、今回も木の根を掴みながらの高捲訓練を存分にさせていただきました。

ミニゴルジュが一つあって奥の滝まで泳ぎましたが、直登できないので滝の横の岩場をなんとか這い上がってクリア。これまで水量の少ない沢ばかり行っていたので、今シーズンの初泳ぎでした。
ちょっと冷たかったですが、この暑い時期にきれいな沢での泳ぎは気持ちいい事この上なし。
先週の御塔谷のような大きな滝は全くなく、ゴーロやナメにいくつかの小滝があっただけでした。

ずっと平坦な谷が続いていましたが、標高1200m頃から傾斜が増してきて長いゴーロを我慢して登り、標高1400mで最後の二又に出ました。
左は絶壁のような3段の滝で遡行困難なため、右の急なガレ谷を這いつくばって登りました。

最後にゴールの稜線が見えてくると、さらに斜度が増してガレが滑ってしょうがなく、脇の斜面に草や小木の根を掴みながら逃げましたが、ここも少し進むと傾斜が急になって進退窮まり、結局10m懸垂下降してガレに復帰。
再度ガレをもがいて泥だらけになりながら、なんとか出発から5時間半で稜線にある筒上山と到着できました。

あとは小1時間で土小屋まで戻り、土小屋から金山谷橋まで自転車でわずか15分。
沢自体は初級の沢でしたが、最後のガレ場は尾根に逃げることもできずスリリングでした。



28561.Re: 石鎚スカイラインから金山谷上部を遡行
名前:弁天山    日付:2017年07月29日(土) 23時56分
Original Size: 572 x 800, 164KB Original Size: 800 x 597, 164KB Original Size: 800 x 600, 160KB

Cミニゴルジュの奥に小滝 久々に泳ぐと気持ちいい D巨石と小滝が続く Eこれも小さなナメ滝

追加写真です。



28562.Re: 石鎚スカイラインから金山谷上部を遡行
名前:弁天山    日付:2017年07月29日(土) 23時57分
Original Size: 800 x 608, 163KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 597, 165KB

F天然木の小滝 G割と長くて気持ちよく歩けるナメもありました H今度はつらいゴーロ帯 

さらに追加



28563.Re: 石鎚スカイラインから金山谷上部を遡行
名前:弁天山    日付:2017年07月29日(土) 23時59分
Original Size: 564 x 800, 161KB Original Size: 575 x 800, 163KB Original Size: 600 x 800, 161KB

I急なナメ滝っぽいのを登って行く J最後の二又左の絶壁に流れる三段の滝(一番上段は見えてない?) K最後はV字谷の急なガレ場が続く(まだこの時はましだった)
さらに追加



28564.Re: 石鎚スカイラインから金山谷上部を遡行
名前:エントツ山    日付:2017年07月30日(日) 13時13分
Original Size: 1024 x 699, 236KB

金山谷の全体像


弁天山さん  こんにちは

いや〜 暑いですねえ  
こんな時は沢が一番でおます
山だと天候が不安定なので雨の心配があるけど、沢だと濡れる事に抵抗はないわ

金山谷は笹倉(さぞう)湿原への上り口ですよね
ここは以前同じくヤマちゃんレポを見て面河から整備されたと言う沢道を辿って金山谷へ入り帰りは長尾尾根を下って長尾展望所にと・・・

所が伊予の鈍亀さんが長尾尾根が酷い藪だったとのレポを見て二の足を踏んでしまいました

写真を拝見する限り優しい雰囲気の良い沢ですねえ
でも最後はどこの沢も這い上がりに苦労しますわ

しっかし沢三昧が続いていますねえ
仕事でも遊びでも一つの事をやり通すって事は素晴らしい事やと思います
何事もコツコツと続ける事がスペシャリストを育てますねえ

釣り人以外でこれだけ四国の沢を歩いている人はあまりいないですわ


替え歌 どぶろっくの「もしかして」 

 もしかしてだけど   もしかしてだけど  ♪

  週末全部 沢 入ってるんじゃないの〜 ♪

 もしかしてだけど   もしかしてだけど
  
  それって 先祖は オオサンショウウオじゃないの〜♪

 週末の度に 沢レポ 入るけど   ♪
  
  春も秋にも 沢レポ 入るけど  ♪

 もしかしてだけど    もしかしてだけど 〜   ♪

  弁ちゃんの先祖は オオサンショウウオじゃないの〜? ♪

           カジカ蛙じゃないの〜?



ホンマ そうかも知れないよ
こちらは相変わらず孫係りとお袋係りで右往左往してますわ
今日は温泉ロッジでバーベキュー
明日は広島でフォレストアドベンチャー でんがな

早く天気が安定して遠征したいものです

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-gazouzan-jyuusou.html



28581.Re: 石鎚スカイラインから金山谷上部を遡行
名前:弁天山    日付:2017年08月01日(火) 00時21分
エントツ山さん、こんばんは。
わざわざ、わたくしめのために替え歌ありがとうございます。

体脂肪のためか暑さに極端に弱く、夏は沢以外の普通の山には行けない体になってしまいました。
週末、沢で涼んで自宅に帰るのですが、そこには灼熱地獄が待っています。
困ったことにうちの新居浜人の嫁さんがエアコン大嫌いな人で、居間やダイニングではエアコン不可で扇風機しかつけさせて入れさせてもらえません。
嫁曰く、安易にエアコンに頼るから体が駄目になるとのことです。
そこで、私は用事が済むと早々に書斎にこもって、エアコンをかけながらパソコン見てます。

私の79歳の父親も頑固なエアコン不要の人間でしたが、この猛暑の中、食欲が落ちて脱水症状となり、先日、近所の病院で点滴処置を受けましたが、医者からは熱中症と言われました。
加齢が進むと暑さを感じにくくなり、日中部屋を閉め切っても平気なくらいですが、実際のところ汗はかいているので注意が必要とのこと。
何とか説得をして、実家にエアコンを設置することになった次第です。

うちの嫁さんにそれを話すと、うちのをあげればいいと言い出す始末で困ったものです。


♪もしかしてだけど〜   もしかしてだけど〜
  
  うちの嫁さんは 年齢ごまかしてんじゃないの〜♪

28565.筒上山 夏の花 返信  引用 
名前:kurenaikai    日付:2017年07月30日(日) 17時03分
Original Size: 640 x 426, 154KB Original Size: 640 x 426, 96KB Original Size: 640 x 426, 26KB

エントツ山さんこんばんわ。筒上山へキレンゲショウマを期待に登りましたが残念ながらまどほとんどつぼみでした、中には黄色く膨らんできてるのもあったので来週以降には咲いているのもあると思います。キレンゲショウマ以外にもヤマアジサイやオレンジの花がとてもきれいでした。今日は午前中には帰らないといけないのでスカイラインオープン時間では間に合わないので土小屋で車に泊まり早めに登りました。
http://kurenaikai.bob.buttobi.net/



28566.Re: 筒上山 夏の花
名前:kurenaikai    日付:2017年07月30日(日) 17時04分
Original Size: 426 x 640, 97KB Original Size: 640 x 426, 83KB Original Size: 640 x 426, 47KB

色とりどりの花を楽しむことができました。
キレンゲショウマは来週以降ですね。
http://kurenaikai.bob.buttobi.net/



28580.Re: 筒上山 夏の花
名前:エントツ山    日付:2017年07月31日(月) 22時56分
Original Size: 700 x 525, 34KB Original Size: 550 x 733, 44KB Original Size: 480 x 640, 126KB

筒上山・キレンゲショウマ       筒上山・イワタバコ    オニユリとむかご


kurenaikai さん  今晩は


先程広島から帰って来ました
広島では物凄い雷雨に遭い、廿日市・樅ノ木森林公園から一時道路が不通になり帰れなくなる所でした

最近は局地的雷雨、局地的豪雨ってのが当たり前になってきました


筒上山のキレンゲショウマ情報ありがとうございました
もう少しで黄色くなりそうですね

この時期にはブトなどの虫が多くなりますので虫防護ネットを用意する事をこれから行かれる皆さんにお勧めします
以前、筒上山のキレンゲショウマを見に行った時にブトにコメカミをやられました

コオニユリやシモツケも咲いてますねえ
私が行った時は確かイワタバコやタマガワホトトギス等も咲いていました

コオニユリとオニユリって見分けが付きません
オニユリは葉の付け根に「むかご」という黒褐色のタマタマがあり、種子が無い代わりにこのむかごが発芽して仲間を増やすらしいですねえ

植物の子孫を残す戦略は凄いと思います


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-gazouzan-jyuusou.html


28559.「峨蔵山」二つ岳〜権現越縦走記 アップのお知らせ 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2017年07月29日(土) 23時13分
Original Size: 1075 x 535, 137KB Original Size: 900 x 737, 96KB Original Size: 800 x 600, 131KB

 赤石山系の全景      峨蔵山=二つ岳〜権現山GPSトラックログ図  東赤石方面からの峨蔵山 


一昔前まで二つ岳から権現山までの縦走は藪尾根、岩尾根で熟達者だけの聖地であった様です
この四国一の難路と言われた峨蔵山縦走も今では多少ワイルドだが体力のある人ならフツーに歩けるルートになっております

5月初旬に3度目の縦走した記録をアップしました

未だこのルートへ行かれてない方々の参考になればと思います
距離的には西赤石〜東赤石の縦走と大差ないので恐れる事はありません

水場は峨蔵越手前と権現越の下側にありますが稜線上には当然ありません
日照時間の長い春から夏が狙い目ですが縦走時はペットボトル4本の水は必携です

峨蔵山縦走登山記は下のURLです


エントツ山


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-gazouzan-jyuusou.html


28556.上高地は今日も雨だった 返信  引用 
名前:kamatama    日付:2017年07月26日(水) 20時45分
Original Size: 800 x 533, 90KB Original Size: 800 x 600, 87KB Original Size: 800 x 600, 89KB

エントツ山さん、こんばんは〜。

今年の夏はカメさんの計画で奥穂高岳に行く予定でしたが・・・
月曜の朝3時に起きてお昼に上高地着、しかし雨。
横尾山荘で一泊するも翌日はさらに大雨。
泣く泣く諦めて昨日の夜帰ってきました・・・

横尾山荘はとってもきれいな山小屋でした。新築かいの。
平日なのに満室、さすが人気あるね〜。

往復1000キロ走って、往復22キロのウォーキングしてきたって感じです。リベンジするぞー!



28558.Re: いい話じゃなあ〜〜
名前:エントツ山    日付:2017年07月26日(水) 23時24分
Original Size: 900 x 675, 111KB Original Size: 900 x 506, 114KB Original Size: 800 x 450, 89KB

   涸沢が待ってるぜ〜     奥穂高が待ってるぜ〜


カマちゃん  ガッハッハ 上高地へ行って横尾山荘に泊まって引き返してきたのね
まあ冷静に天気予報を見ればお猿見物に終わる事は予想出来た筈やから納得せにゃあかん
働いている人は山の遠征が休日に限られるからこんな悲喜劇が生まれるんやねえ  辛いのうし
でも聞く方としては笑える話題やで  ありがとう

横尾山荘までが上高地エリアに入るからホテルって扱いらしいよ
だから山小屋と違って予約制でお風呂があるよね

これが秋ならば上高地の散歩も至玉のものとなるんだけどねえ

堂山夕焼け隊規約第2条では遠征に行った場合、お土産を買って来るって事になってるんだけど、今回のカマちゃんケースの場合でもお土産は必要なのかちょっと補足を検討しないといけなくなったわ


リベンジ  期待してるぞよ


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h28-11g-yakedake-jyounendake.html


28555.四国の方に感謝 返信  引用 
名前:のびへい    日付:2017年07月26日(水) 12時53分
こんにちは ひさしぶり(数年ぶり)に書き込みます。

山行気ではありませんが、感謝のメールです。

先日、寒風山へ久しぶりに出かけました。時間も遅く、笹ヶ峰は諦め寒風山ピストンでした。
そのときどうやら健康保険証を落としたようです。

本日、松山市のK山さんから送られてきました。

2010年には、同じく寒風山で、GPSを落として、ここの皆さんには大変お世話になりました。

今回再び、寒風山で四国の方にお世話になり、感謝です。

年をとり、昔のように歩けませんが、また四国の山へ訪れようと思います。

2度あることは3度あるとも言います。
次は何を落とすのか・・・・命じゃないことを願っています。

ありがとうございました。

https://yamap.co.jp/mypage/271932



28557.Re: 四国の方に感謝
名前:エントツ山    日付:2017年07月26日(水) 21時52分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 800 x 449, 149KB

 笹ヶ峰方面から寒風山    伊予富士方面から寒風山     寒風山から西黒森・瓶ヶ森



のびへいさん  今晩は


ホンマお久しぶりですねえ
確か寒風山西尾根でGPS落としたのよね
あの時は私やペーコちゃんや他の人が探してくれたけど結局見つかりませんでしたねえ
ある程度の重さがあるから滑ってささの斜面へ落ちるとわかりませんわ
私も石鎚の東稜コースで10年ほど前にカメラを落としました
落とした場所は大体わかったんですがいくら探しても見つからなかった

松山のK山さん  ありがとうね〜

現在はヤマップをされているんですね
四国にも「オカシン」さんとか「くろくろ」さんとかヤマップ仲間が沢山おりまっせ〜

のびへいさんは私より3歳も若いんだからまだまだ弱音は禁物ですよ
無理をしなければまだまだ大丈夫!

秋口になれば四国の山も涼しくなりますからまたおいで下さい


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishiduchi-24ohjisha3.html



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb