[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





26063.話題〜 返信  引用 
名前:え〜ちゃん    日付:2016年03月08日(火) 21時16分
Original Size: 640 x 480, 99KB Original Size: 640 x 480, 91KB Original Size: 640 x 480, 91KB

エントツ山さん、こんばんは!

最近、堂山で見かけない?と皆さん心配していますよ!
昨日、カマタマさんと県境へ出かけて来ました〜(花散策がメイン)その時話題になった魔戸の滝ルート開設・・近い内に行ってみよう、と言う事に
今日は堂山で三好さんと話題になり、魔戸の滝へ行って見よう〜と、話が進んでいます!
*魔戸の滝はどんなところ?・・三好さんと車で行けそうなので滝の駐車場まで行ってみよう?とも、話ています、

カマタマさんと県境へ出掛けた時に、エントツ山さんの県境縦走の話題になり、県境の様子も見ようと!
立石峠・二双越まで行き、県境の縦走路を少し歩きましたが・・低木のトゲが沢山付いた木が多くあり痛かった!これは大変だよ、と話題に!

昨日の峠観察から〜



26064.Re: 話題〜
名前:エントツ山    日付:2016年03月09日(水) 00時02分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 600 x 800, 99KB

猿神社から県境尾根へのルート 東讃の登山口はイノシシ柵だらけ  三角点・緑池の点石は白かった 


え〜ちゃん  今晩は

現役時代はやらなければならない事があり、それをうまくこなしていれば良かった
毎日が日曜日の境遇になると生きて行く道筋を立てることが難しいね

香川県境歩きの最大の難所は山では無く、大相山を下りて境目までの川筋なのでここに足を運びました
行きあたりばったりの人生やったけど、やはり事前に下調べをする事は大事やね  この下調べがチマチマしていて面白いわ

今日は暖かくて里山の登山口でヘビ子に遭った
東讃の里山近くはイノシシ対策の鉄柵だらけやね


魔戸の滝へ車で行ったら登山口から片道15分なのでいかにも味気ない
ここはどこかの周回を考えたルート策定が必要となります

この週末は予定がありますが、平日ならばいつでもご案内致します

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part2.html



26065.あれまー
名前:アンジーパパ    日付:2016年03月09日(水) 00時44分
エントツ山さん今晩は。
早速尋ねて下さったんですね。
検証ありがとうございます。
あの辺りはよく似た尾根が隣接しており
何れを利用するか悩ましいところでしたが
流石です。
おっしゃる通り猿田彦や庚申講も関係が有ると思われます。
東の方は土地勘が無いので中々足が向か無いのですが
こんな事でも有ると親しみを感じだします。
尾根がある限り登る所は幾らでもありますね。
ちまちま登るのをもっとうとしている私には
嬉しい限りです。

話は変わって県境尾根縦走は確かに中山峠と境目の間は悩ましいですね。
川が県境になっていますね。
真面目なエントツ山さんは南の山中を
歩かれた様ですが私は反対側の道路を歩きましたわ。
これは性格ですねー。
それでも鵜峠から中山峠は遠かった。

えーちゃんさん、何時もタイムリーな花の記事を読ませて頂いています。
ありがとうございます。


26066.Re: えんとつ山から魔戸の滝コース
名前:エントツ山    日付:2016年03月09日(水) 09時32分
Original Size: 612 x 1024, 200KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB

 えんとつ山〜魔戸の滝コース図       緑池(猿額山)     尾根道


え〜ちゃん  おはよう

やまちゃんが先日歩いてくれた煙突山〜魔戸の滝コースのブログを下のURLで見て下さい
やまちゃん・きぬちゃんは魔戸の滝分岐から下る登山道への進み方が分からず植林作業道から林道へ下り、ヘヤピンカーブから私がテープを付けた開設ルートを下りた様です
魔戸の滝登山口から種子川林道〜林道・石ヶ山丈線〜犬返しへと周回してますが、これが結構退屈で長い

だからここに前もって私の車をデポしとけば堂山チマチマ隊としては楽チンルートとなります
(車をデポして折り畳み自転車で山根公園まで下りで30分位ですから)



アンジーパパさん   おはようございます (お仕事中ですが・・・)

地図を見ると登山口は同じみたいですね
お寺に車を置かせてもらい自転車であの界隈をウロウロしました
結局イノシシ柵に扉がある場所はあそこしか見つからなかったです
あの上側の池の水は緑色をしてましたが、溶けてる岩石の色なんでしょうかねえ
谷筋に入ってアンジーパパさんは左側の尾根に取り付かれてましたが、私は三角点「緑池」を踏みたくて右手に入りました
ところが地図で見るより尾根が結構沢山あり、三角点へ行けませんでした

ウバメガシの藪がひどくて往生しました
421Pまでの上りはアンジーパパさんとは別尾根でしたが恐らくそちらも半端ない急傾斜だったと思います
まああんな場所を親子で・・・・・・ ワイルド・インテリ? ちょっとDNAに異常が見られるヘンな親子です

421P付近はなだらかなので下山時に絶対間違いそうだったので靴で地面に線を入れて目印を付けながら歩きました

その先に祠を見つけたときはちょっと感動物ですね
祠の先は比較的なだらかで左手からの支尾根と合流してからは快適でした
左手から林道が合流し、四電の鉄塔保線路も兼用されて県境尾根までは比較的短時間で着きました

県境尾根は見た所歩き易そうでした
三角点「天井」付近にターニングポイントがあるのでそれをチェックに今回アンジーパパさんのレポを利用させて頂きました

下山時に421Pから三角点「緑池」の尾根に入ろうと少しだけ左側を進んだのですがあそこの尾根分かれは非常に難しいです
あっという間に西側の尾根に入ってしまい最後に帳尻を合わせました

猿の額(ひたい)って横線が何本も入ってますよね
猿額山(さるがひたいやま)
あの何本もクネクネある尾根を猿の額のシワに喩えたって説はどうですかねえ

いずれにしても楽しませて頂きました


エントツ山

下のURLはやま・きぬコンビの魔戸の滝レポです

http://plaza.rakuten.co.jp/iyokanyama/diary/201603050000/


26061.立川橋から牛車道を歩く 返信  引用 
名前:伊予の鈍亀    日付:2016年03月08日(火) 18時07分
Original Size: 800 x 704, 93KB Original Size: 800 x 449, 94KB Original Size: 800 x 450, 95KB

エントツ山さん こんばんは

今日は、立川橋から打除までの牛車道を歩いてきました。
石ケ山丈から立川まで続く牛車道の最終の部分です。

ここは明治26年に廃道になって以来通る人も少なく困難な道なのではと
思い、前夜遅くまで、曽我さんのブログを見て検討しました。
が、案外道の形ははっきりしていて、二箇所の崩壊した所も迂回路やロープもつけられていて
全工程1時間25分で歩けました。
こんな古い道もたまには興味を持って行く人もいて、整備も少しはされているのですね。
今日は、ずっと気になっていた道を歩けて、満足でした!

写真1は最もきれいな部分
写真3のような所もありますが、大丈夫、行けます。



26062.Re: こちらは猿神社元宮経由 天井山(阿讃県境) 
名前:エントツ山    日付:2016年03月08日(火) 21時11分
Original Size: 702 x 1024, 299KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 600 x 800, 99KB

  猿神社より元宮〜県境尾根・天井山ルート   猿神社・元宮     天井山(三等三角点・天井)


伊予の鈍亀さん  今晩は


今日、ペーコちゃんの奥さんから電話があって昨日は大変楽しかったのでお礼をお伝え下さいとの事でした
又、おじゃましてペーコちゃんの若いジャニーズ系だった時の話を聞きましょう


牛車道も良く歩きましたねえ
石ヶ山丈から角石原も一部崩壊した場所がありますが、上部鉄道の100m上側にほぼ平行に残っています

一度全行程を歩いていますが、又再確認してからご案内出来たらと思っています


こちらはアンジーパパさんからレポのあった猿額山らしい山域へ行ってました
新居浜に居る時は「犬(返し」、香川に帰ると「猿(額山」って訳ね

香川県境歩きのチェックがてら東かがわ市白鳥町東山から県境尾根にある天井山まで午後から歩きました
低いウバメガシの藪で、急登もあってタフなルートでしたわ


伊予の鈍亀さんの様にルート図を纏めて頂くと大変参考になります

昨日はありがとうございました

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-1-24%20haruchan-sotsujyu-satoyama.html


26058.恐るべし、はるちゃんパワー 返信  引用 
名前:reiko    日付:2016年03月06日(日) 21時50分
Original Size: 800 x 449, 166KB Original Size: 800 x 449, 162KB Original Size: 800 x 531, 164KB

エントツ山さん!こんばんは〜

今日、散歩がてら日山へ行くと
山頂の東屋に朝日新聞に掲載された
「はるちゃん」の記事が置かれてました
よく見ると3月3日の香川版にも掲載されたようです

そこには、「今日の朝日新聞に載っていました。
こんな元気な人もいるんですね。皆さんに読んでもらいたいと思い
コピーして来ました」という手書きのコメントが添えられていました

私はこんな有名人に会った事があるのよ!
と少し誇らしい気分になりました

ちなみに愛媛版は松山の同僚に頼んで送ってもらいました
香川版に載るのなら慌てて頼まなくてもよかったかな?

阿佐尻山は面白い山でした

Keitannさんはお孫ちゃん誕生の為、山は少しだけお休みです

http://www.geocities.jp/reiko_suda/framepage5.htm



26060.Re: 恐るべし、はるちゃんパワー
名前:エントツ山    日付:2016年03月07日(月) 23時21分
Original Size: 600 x 800, 99KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 600 x 800, 99KB

    魔戸の滝     魔戸の滝ルート開設        犬返(いぬがえし)


reiko さん  今晩は

はるちゃんの記事は2月29日徳島の友人から連絡があり、朝日新聞、徳島版でも隣県情報で香川の隣県情報と同じ記事が掲載されたと連絡がありました

高知は知りませんが、この様子だと高知版にも出たかもしれませんね
香川でこの記事を見られた方が日山の仲間へ見せたいと思った事はよくわかりますね

新居浜でもこの話題が山で出ました
はるちゃんは我々の希望であり誇りですよね 

阿佐尻山へワンワン・にゃんにゃんコンビに案内されたの? あのコンビはこんな四国のマイナー山へ来ているなんて変わった人達です
でも、こんな縁ってお互いにとっていいですよねえ

keitann さんはおめでたい事で山の遠出は少しお休みって事だったのね
ギッチャンの時もそうだったけど「暫くお休みします」ってアナウンスがあるとドキっとしますわ
母親は娘さんが出産の時は大活躍ですから嬉しい忙しさですねえ
その点父親は多少無責任ですから娘との結びつきは母親に軍配が上がります

こちらは退職後の山歩きについてどんな方向に行ったらいいのか模索中です

私のHPプロバイダーは現在システム故障中で本来は今日復旧って事だったのですが、どうもまた1週間延びた様でガッカリです

エントツ山

  

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-1-24%20haruchan-sotsujyu-satoyama.html


26031.待望の種子川尾根 返信  引用 
名前:伊予の鈍亀    日付:2016年03月03日(木) 20時36分
Original Size: 800 x 706, 95KB Original Size: 800 x 449, 93KB Original Size: 450 x 800, 95KB

エントツ山さん こんばんは

今日は近場の山、西谷川と種子川の挟まれた尾根を登ってきました。
エントツ山さんがずっと以前下ったのを覚えていたのでHPを見せて戴こうとしたんですが
生憎開かず残念でした。
小さなピークが多くて登ったり下りたり大変な所もありましたが何とか串ケ峰の取り付き地点
のある林道に出られ念願叶いました!

魔戸の滝は変わりなく、水しぶきを上げていてマイナスイオンたっぷり浴びてきました。

魔戸の滝の上方を少し登って、680メートル位の所から林道の先端を目指すも
凄い藪。下に林道が見えたのでダダダーと下って林道に下り付きました。

水平な林道を貯水池まで行き、また、犬返しの尾根を下る事に。
尾根の要所に以前にはなかった道案内が吊り下げられているのに気が付きました。
おしゃもじ型のそれを見て、エントツ山さんが付けてくれたのではと思いましたが、
違っていたらごめんなさい。

また、プラスティック容器には、詳しい地図が入っていて、ご自由にお取りくださいとありました。
小さいほうを一枚いただきました。これで道迷いはなし!ですね。

尾根を下の方まで下った所で、立川橋方面への鉄塔保線路を下ってみましたが、
急斜面を直に下る道で、その後の道路歩きと共に最後に疲れました。



26032.Re: 待望の種子川尾根
名前:伊予の鈍亀    日付:2016年03月03日(木) 20時45分
Original Size: 800 x 449, 95KB Original Size: 800 x 449, 94KB Original Size: 800 x 449, 95KB

写真追加します。



26034.Re: 待望の種子川尾根
名前:エントツ山    日付:2016年03月04日(金) 00時02分
Original Size: 800 x 781, 461KB

犬返しから石ヶ山丈停車場跡までの南北逆転地図


伊予の鈍亀さん  今晩は

このコースを見て一番喜んだのはペーコちゃんだったかも知れませんね
犬返しのある尾根を「立川尾根」、その東側で今回伊予の鈍亀さん達が歩いた尾根を「種子川(たねがわ)尾根」と
名付けましょうか

立川尾根の方は現在多くの人が生子山城址〜犬返を歩く様になっています
顔見知りの方もぼつぼつおられます

種子川尾根の方はマイナーで歩く人は少ないでしょうね
私とマーシーさんが歩いたルートは 煙突山〜犬返〜石ヶ山丈尾根〜兜岩〜造林小屋跡〜
西谷川〜魔戸の滝〜種子川尾根でした

HPのプロバイダー復旧は来週になる見たいです
何かサーバーのハードディスクのトラブルらしいですが良くわかりません

次元亀吉と峰亀美のコンビ ! いい歩きしてますねえ
魔戸の滝登山道からあの林道へ直接合流するなんて大したもんです

そうそう、標識は暫定的な物で、もう少しマシな物を考えています
地図は北が上だと理解しずらい人も居るらしいので、南北逆転させて進む(上がる)方向を向いた地図も作っております
伊予の鈍亀さん達には不要な地図ですが、あの辺りに不慣れな方が沢山おられますのでね

新居浜界隈のレポ ありがとうございました
犬返に「ペーコの鐘」をぶら下げておりますので今度行かれた時は鳴らしてあげて下さいね


エントツ山
http://tokyotanuki.jp/comparison.htm



26042.Re: 待望の種子川尾根
名前:エントツ山    日付:2016年03月05日(土) 07時51分
Original Size: 1137 x 714, 200KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB

    魔戸の滝ルート検証      @〜Cの水平道合流点   A〜Bの林業作業道


伊予の鈍亀さん  おはようございます

昨日午後新居浜に来て15時から魔戸の滝へ車で出かけました
以前から気になっていた 林道コーナーから魔戸の滝登山道へ出る水平道の確認(@からC これは5分程で合流しました)

魔戸の滝上部分岐にあった林業の作業道はどこに通じているのか?
A〜B この作業道は10分程で下側の林道へ合流しました

林道コーナーから直接魔戸の滝へ下りるルートもチェックしました

この辺りのルート解明も面白いもんです

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part3.html



26043.Re: 立川尾根
名前:伊予の鈍亀    日付:2016年03月05日(土) 19時38分
Original Size: 638 x 640, 119KB Original Size: 640 x 360, 84KB Original Size: 640 x 360, 85KB

エントツ山さん こんばんは

今日はお疲れ様でした。
そして大変お世話になりました。
最近、ペーコさんが亡くなってから犬返しに行く事が多くなっていましたが、
まさかお会いできるとは思っていなかったです。
少しの時間でしたが、ペーコさんの思い出などお話できて、良かったなと思って居ります。

エントツ山さん、魔戸の滝ルートの開拓も着々と進んでいるようですね。
この辺りの整備を考えておられたというペーコさんも喜んでいる事でしょう。

私達は、今日は先日解らなかった龍河神社からのルートを確認の為に登っていました。

帰りに、ペーコさんの鐘をついてきました。
ちょっとわかり難い所にありますね。
鐘の音、ペーコさん、聞いてくれたかな?

あれから、龍河神社へ下りマイントピアから下部鉄道跡をのんびり歩いて帰りました。
遺跡が沢山あり良い散歩道でした。

最後に、この掲示板に先日投稿されていた`久美さん’に一言お礼を言わせてください。
朝、山根の駐車場で声を掛けて戴きマイントピアまで車で送って戴きました。
ありがとうございました。



26044.Re: 待望の種子川尾根
名前:きぬ    日付:2016年03月05日(土) 20時59分
Original Size: 800 x 531, 145KB Original Size: 800 x 531, 145KB

エントツ山さん、こんばんは。

今日は、山根公園から犬返し石ケ山丈分岐を経て魔戸の滝へ行ってきました。

この界隈は、何年か前に煙突山に行っただけでした。

下調べしていたのに、魔戸の滝標識からどう行ったらいいかわからなくなりました。
家に帰って、こちらの掲示板の地図を見て、実際に歩いた道が確認できました。
Aから@に行きたかったのに、ABCDと歩いたようです。
随分と遠回りしてました。
それと、沈砂池の所もどこを歩くのかわからず、あたりをうろついてしまいました。
知ってる山ばかり行きがちですが、始めてのルートは新鮮で難しいです。
ロープ、おしゃもじの案内等の登山道の整備ありがとうございました。

エントツ山さん、伊予の鈍亀さん、犬返しあたりに来られていたのですね。
お会いできず、残念でした。
http://plaza.rakuten.co.jp/iyokanyama/



26045.Re: 今日も犬返し〜石ヶ山丈分岐〜魔戸の滝 周回へ
名前:エントツ山    日付:2016年03月05日(土) 22時16分
Original Size: 575 x 1024, 150KB Original Size: 968 x 711, 164KB Original Size: 506 x 900, 160KB

山根公園〜犬返〜沈砂池〜石ヶ山丈〜魔戸の滝周回 魔戸の滝周辺図 魔戸の滝(窓の滝)


伊予の鈍亀さん  今晩は

いや〜 まさかあんな場所であんな時間に遭遇します?
おかげで40分程ペーコちゃんを偲んで話が出来て嬉しかったです

やはりあれ以来ペーコちゃんの後姿を追ってこの界隈をうろついております
今日は石ヶ山丈分岐〜魔戸の滝分岐(上部)〜魔戸の滝(途中で林道ヘヤピンのルート往復)〜滝壺を過ぎた場所から上の林道ヘヤピンまで這い上がり〜四電鉄塔〜犬返〜山根公園の周回でした (地図の青線です ネット約5時間程)

種子川林道の通行止めが長い間続いていましたので魔戸の滝登山道は少し荒れてますね
ペーコちゃんの後を継いでこの辺りのエキスパートになるつもりです
「ペーコの鐘」は個人的なノスタルジアですので目立たない場所に吊りました)
いつも協力ありがとうございます

マイントピアから下部鉄道跡への入り口が鉄柵があって出入りが不自由ですね 潜って向こう側へ出たのかな?


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part3.html



26046.Re: 犬返しから魔戸の滝ルート
名前:エントツ山    日付:2016年03月05日(土) 23時24分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB

  魔戸の滝分岐    分岐から真っ直ぐ岩の方向に進みます  くノ一(くのいち)尾野

きぬちゃん  今晩は
当然やまちゃんもボディガードだよね
二人共犬返しに来てくれてありがとう

石ヶ山丈、魔戸の滝、西谷川造林小屋跡、兜岩のコースは今ではオールドコースとなっていますが昔は皆さん良く歩かれた山域でした

石ヶ山丈へは東平からも上部鉄道経由で結構遠く、この際犬返しからのルートを宣伝しております
石ヶ山丈から東へ林道跡(牛車道)を進むと、(途中で下側の林道へ下りますが)「魔戸の滝分岐」に着きます

ここからちょっと意外なのですが谷に向かって岩尾根へと進みます
あの岩場は平らなので通り抜けるのに問題はありません 岩の上に出ると先にルートが確認出来ます

基本的には「魔戸の滝ルート」は谷筋に沿って付けられています
つまり右側の崖近くに沿って下りて行くルートとなっています
テープは沢山付けられており注意すれば危険な程の道ではありません

魔戸の滝まで下りて登山口へ出ると、ここから種子川林道〜林道石ヶ山丈線〜四電鉄塔保線路(林道)と結構長い道のりとなります

魔戸の滝から少し登山口へ進んだ所から左の植林を這い上がると大岩を右に巻いて15分程で上側の林道ヘアピン部に出ます
ここから四電鉄塔へ帰る方が30分程時間セーブとなります


いや〜〜 今日途中で会ってたらご案内出来てチョー嬉しかったんだけど・・・

帰りの犬返し付近で顔見知りの尾野さんに会いましたが、さすが若いだけあってくノ一(女忍者)の様にたったかタッタカ風の如く歩くので付いていくのがやっとでした


やまちゃん
きぬちゃん   犬返しに来てくれてありがとう


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part3.html



26056.宿題報告 猿額山
名前:アンジーパパ    日付:2016年03月06日(日) 21時08分
Original Size: 819 x 432, 245KB Original Size: 554 x 416, 164KB

エントツ山さん今晩は。
魔戸滝周辺のことで盛り上がっていますね。
串が峰、上兜、西赤石、石ヶ山丈を魔戸滝から周回した折
私が以前滝の上部がややこしいと言ったので検討しようということになっていましたね。
それから林道を歩きながら犬返しのことを気に留めておられたことを覚えています。
西谷川をペーコさんも熱を入れてその後熱心に歩かれていましたね。
残念ですがあけぼのの時期にはまた是非西谷川周辺を歩きたいと思っています。
彼を偲びながら。

犬返しもまた行かせていただきます。
鐘を鳴らさないとね。

ところで年末から探していた猿額(さるがひたい)山にやっと行けました。
元々は今年の干支の山を探していて県内でやっと一つだけヒットしたものです。
白鳥町の昔話として昭和58年だったと思いますが町の広報に載っていたいました。
東山地区とだけの情報でしたが正月に現地を訪れ遷宮後の新しい祠を
東山地区常政で見ることが出来ました。
その後、前宮と前々宮が有ることが分かり前宮のおよその位置がつい先週わかりました。

現祠は常政の友国池の畔に安置されています。
その南東の大住池付近に駐車し歩き始めました。
路に例の猪避けの鉄柵が電線付きで有りましたので開けて通らせてもらいました。
はっきりした道が前宮までは続いており前宮までは5分も歩けば
着きました。
尻明光大明神と書かれていました。
その上は情報がよくわからなかったのでとにかく尾根を県境まで
進むことにしてP421の少し上標高450付近で祠をみました。

地元の人も元宮は12年に一度くらいしか歩かれていないようで
踏み跡無し、やせ尾根有りでした。

春休みの息子と歩いてきました。



26057.猿額山
名前:アンジーパパ    日付:2016年03月06日(日) 21時18分
Original Size: 922 x 692, 272KB Original Size: 461 x 346, 183KB

画像追加します。

どうも猿額山とは一つのピーク名ではないような気がします。
その辺りをそのように読んでいる様でしたので元宮
で終了としました。



26059.Re: 猿額山
名前:エントツ山    日付:2016年03月07日(月) 21時56分
Original Size: 1024 x 727, 248KB Original Size: 900 x 723, 247KB

    白鳥町の猿額山付近?      魔戸の滝付近


アンジーパパさん  今晩は

猿額山(さるがひたいやま)の宿題を親子で仕上げましたか
その辺りはサマンサの出身地に近いのですが当然の如く「そんな山聞いた事がない」で終わりました

猫の額は狭い場所の比喩ですが、猿の額もM字型であまり広くないって喩えですよね
地形を見ると心なしかM字型に見えます (こじつけっぽい?)


香川県境の西部にある「六地蔵越え」も車道から北側の峠(旧六地蔵越え)は「猿ヶ額」と言われていた場所らしいです

祠にある「尻明光大明神」はお祓いの紙に隠れて見難いのですが「尻明光彦神」みたいな気もします
猿田彦神は口と尻が明るく光っていると日本書紀(?)に書かれているので尻明光彦神=猿田彦大神と解釈してお猿さんの系統って事にしておきましょう

やっぱり干支の山は高知の猿越山が一番妥当でしょうか


今日、新居浜の山友と一緒にペーコちゃんにお線香を供えてきました
奥様は実にお優しくペーコちゃんとお似合いのご夫婦だったので残念でなりません
お二人は高校時代からの知り合いで若い時のペーコちゃんはスラ〜〜と痩せてジャニーズ系だったとの事です

以前、串ヶ峰〜西赤石〜種子川林道を一緒に歩いた時にアンジーパパさんやむらくもさんを魔戸の滝へご案内出来なかった事を私とペーコちゃんで悔いておりました

あの辺りを歩き回っておりますので次回は是非ご案内役を仰せ付け下さい

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-1-24%20haruchan-sotsujyu-satoyama.html


26049.ガスの中の鷹ノ巣山 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2016年03月06日(日) 15時45分
@今回の行程 A今回登った尾根 山頂はガスの中 B鹿がかじった痕

エントツ山さんこんにちは。
昨日5日は、以前から行ってみたかった鷹ノ巣山に閉鎖中の瓶林経由で行ってきました。
それと、山岳会の会長から鹿の食害について観てきてと言われたので、それを兼ねてです。

雪の融けた瓶林を40分程歩いて北東尾根に取り付くと、早速の藪漕ぎ。
普段漕ぎ慣れてないので最初の100mちょっとはかなりきつかったです。
かすかに踏み跡がありましたが、これは鹿のだったかも?

標高を上げるにつれ少し雪が現れ始め、藪が落ち着いて笹が出てくると、鹿の足跡やフンとともにかじられた笹や木が目立ち始めました。鹿は人通りの多い登山道付近の笹はあまり食べず、人気ない場所を食べるとのこと。確実にこの山域にも勢力を伸ばしてきているようです。

山頂近くなると細尾根となり、融け残ったやわらかい雪の下が凍っていて滑りやすく、4本爪の簡易アイゼンでは苦労しました。
なんとか山頂に到着しましたが、尾根取付きから標高差400mに2時間も費やしてしまいました。山頂はガスであまり視界はなく、霧氷は皆無。風も少し強く寒かったです。

ついでに、西隣の1630m峰に向かいましたが、ここは岩場や急斜面の凍った場所が点在しており、結構時間もかかり気を使いました。
下山は東尾根を下りましたが、こちらの方が比較的踏み跡がはっきりしており、藪も少なかったです。しかし残念ながら、こちらの方が鹿のフンが多く、かなり笹が傷んでいる印象でした。近い将来剣山系のように食い尽くされないか心配ですね。

今日は人にも鹿にも合わない、本当に静かな山行きでしたが、何か充実感がありました。帰りに寒風山トンネルを抜けて西条側に出ると急に明るくなり、青空が広がってました。う〜ん、山の天気は分からないですね…



26050.Re: ガスの中の鷹ノ巣山
名前:弁天山    日付:2016年03月06日(日) 15時46分
Original Size: 631 x 800, 165KB Original Size: 800 x 541, 164KB Original Size: 603 x 800, 163KB

写真添付もれでした。
@今回の行程 A今回登った尾根 山頂はガスの中 B鹿がかじった痕



26051.Re: ガスの中の鷹ノ巣山
名前:弁天山    日付:2016年03月06日(日) 15時52分
Original Size: 800 x 580, 165KB Original Size: 600 x 800, 158KB Original Size: 800 x 595, 165KB

追加写真です。

C標高1450m位 広い稜線とブナ林 D山頂近くの細尾根 雪の下が凍っている E鷹煮ノ巣山山頂



26052.Re: ガスの中の鷹ノ巣山
名前:弁天山    日付:2016年03月06日(日) 15時58分
Original Size: 600 x 800, 161KB Original Size: 800 x 600, 162KB

さらに追加、今回は女子の写真はなし

F1630m峰に向かう途中の岩の切れ目 覗くと垂直に近い谷になってる G1630m峰山頂



26055.Re: 鹿の鷹ノ巣山にならなければ良いのですが・・・
名前:エントツ山    日付:2016年03月06日(日) 20時10分
Original Size: 800 x 521, 120KB Original Size: 800 x 533, 162KB Original Size: 800 x 450, 157KB

  鷹ノ巣山


弁天山さん  今晩は

鷹ノ巣山 懐かしい〜〜〜〜
私もねこバスさん同様、ある山域に行くとそこで次の課題が出来て3〜4回は疑問が解決するまで続けて行く事が多い

たまには落し物を探しに行く人もあると噂に聞いていますが・・・

鷹ノ巣山は出来れば伊予富士分岐まで一気通貫であるければなお良しですね
一度あの岩場で悩んで欲しい

鹿はリョウブの皮が大好きなので齧り倒しておりますね
もう少し頭が良ければ半分だけ残して来年に取っておけば平和的なのにねえ
まあ人間の資源開発もシカの事は言えんけど・・・

あれま  今回かわいい娘ちゃん無しなの?
じゃあコメントも手短かに切り上げます

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part3.html


26048.くの一 尾野です 返信  引用 
名前:おの    日付:2016年03月06日(日) 15時44分
エントツ山さん、皆さんこんにちは。

こちらへ書かせて頂くのは『はじめまして』です。
エントツ山さん、昨日は犬返し山で再会できて嬉しかったです。鼻かみティッシュもありがとうございました。あの後資料館で大活躍でした!

今日は、山歩きは休みの予定でしたが雨が降ってなかったからまた犬返しに行きました。
29番棒の所で眞鍋先生にお会いしました。眞鍋先生は土曜日は皿ヶ峰に行ってたそうです。風穴の所から直登して引地山との分岐にでるコース(コースと呼ぶのか?)を行かれたそです。
81歳というお歳ですごいですね!

そして、下山で矢野さんにお会いしました。矢野さんは昨日はソフトの練習がこたえて山には来られなかったそうです。

そうそう、犬返しの手前の登り坂でトレイルランの青年に会いました。
エントツ山さんの作られた石ヶ山丈のルート案内を1枚持ってロープを伝って下りていきました。
素足に短パンでどこまで行くのかな…と心配しちゃいました。



26054.Re: くの一 尾野です
名前:エントツ山    日付:2016年03月06日(日) 20時01分
Original Size: 675 x 526, 218KB Original Size: 600 x 800, 99KB Original Size: 600 x 800, 99KB

くノ一尾野に悔しいけど負けた〜〜  魔戸の滝コースも眺めがいいよ〜  魔戸の滝上部は水が岩から出てた


尾野さん 今晩は

そうなの 今日行けば眞鍋先生にお会い出来たのに残念でした
矢野さんも眞鍋先生もお元気ですねえ
今日は実家で庭掃除と木の剪定作業をしてましたが、雨もポロリと少し落ちただけでしたね

あの退屈な尾根をくノ一はよう訓練に行ってるのね
隠れて手裏剣の練習もしてるんやろ

別子銅山記念館で坑道資料などの展示をしてるんですね
あの資料を貰っても住友鉱山で働いた人しかようわからんやろね
まあ年表などで銅山の歴史も少しわかるかも・・・

端出場水力発電所の沈砂池も上部鉄道・石ヶ山丈停車場跡も別子銅山があっての事なのよね
私設の跡地にボンボン杉を植えたのは失敗やと思います
それと木造の建物が多かったから施設が残ってないのも残念です
煉瓦は耐用年数が長いから残っているのですが・・・

むむっ トレランの青年がおりましたか
素足?って 靴下を履いていないって事ですよね
素足で走っているのはあの辺りでは猿しか見ないけど・・・

まあくノ一尾野は岩にもめっぽう強いから今度機会があったら魔戸の滝方面も行ってみましょう

今日、幼馴染のみーぼ(男性)が散歩してたので「犬返し倶楽部」のメンバーとなった
ヤワな奴なのでいきなり犬返しと言うとビビるので煙突山の少し上まで歩く会やと嘘をついて仲間に入れた

あの手この手でボチボチ仲間を増やしていなねば・・・


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part3.html


26047.阿佐尻山へ〜 返信  引用 
名前:え〜ちゃん    日付:2016年03月06日(日) 10時32分
Original Size: 640 x 480, 85KB Original Size: 640 x 480, 92KB Original Size: 640 x 427, 79KB

エントツ山さん、おはようございます!

整備されている、犬返し〜石ケ山丈〜魔戸の滝・・近辺話題になりそうですね〜
最近は立川尾根〜種子川尾根と広がっていますねぇ〜魔戸の滝には行きたいですねぇ〜!

昨日はreikoさん、ピオーネさん達と岡山の極楽とんぼ、ワイワイさんの案内で出かけて来ました〜
登山口やルートも踏み跡薄くテープもほとんどないので迷いそうですがワイワイさん達は5回も登ってるそうなので安心でした!
途中から愛媛の女性二人組が一緒になり山頂へ〜山頂で今日の山行きもエントツ山さんの掲示板に載せますか?と話しかけられました、
しかし、愛媛から女性二人で余りメジャーでない山に来るとは・・凄いなぁ〜!

雲が掛かっていましたが、展望は良いですね〜!360度見えます、
今の花は福寿草〜残雪が有るので咲始めでした!

昨日の山から〜2枚目の左の黄色いシャツの人が愛媛の人(登りは私が先頭でしたから話はせず山頂で少しだけ)



26053.Re: 阿佐尻山へ〜
名前:エントツ山    日付:2016年03月06日(日) 19時41分
Original Size: 1024 x 659, 164KB Original Size: 761 x 476, 154KB Original Size: 800 x 600, 159KB

「阿佐尻山」位置関係図       阿佐尻山はすぐ南側に林道が走ってました


え〜ちゃん  今晩は

最近ピオーネ、reikoさん達のお抱え用心棒に復帰して良かったですねえ
keitann さんは遠出が出来ないってピオーネさんの掲示板に書いてたけど、こう言うのは気になりますね

阿佐尻山ってのは三角点「元井」の事なんでしょうね
県境尾根の弘瀬山から京柱峠へ曲がるジャンクションピークを真っ直ぐ行けばすぐこの「阿佐尻山」ですね

この尾根の稜線近くを林道が走ってましたわ
恐らく弘瀬山からジャンクションピークのコルに大掛かりな林道工事が進んでいましたのでそれがこの林道と繋がってる感じがします

え? 四国のマイナー山へニャンニャン・極楽とんぼさんとミセス・ワンワンさんに案内されたって?? 恥っさらしの四国人じゃ事!
あの尾根って歩いて無くても地図を見る限り単純なルートだと思います

登山口(堀越峠?)まで大迂回の林道を走るより京上トンネルを出た所から尾根に取り付くか、破線の道があるみたいですね

福寿草があるんですか〜〜

そうや!! え〜ちゃん  犬返し辺りに珍しい花が咲いているってデマを飛ばしてチョウダイ  さすれば寂しい犬返しも沢山の人で賑わうとおもうんだけど・・・

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part3.html


26039.山友達と讃岐の花巡り 返信  引用 
名前:トンちゃん    日付:2016年03月04日(金) 20時49分
Original Size: 666 x 500, 147KB Original Size: 666 x 500, 143KB Original Size: 600 x 400, 169KB

エントツ山さん 今晩は

今日はストーンリバーさんご夫妻やつるぎの乙女さんと一緒に讃岐の花を
楽しんで来ました
曇って霞んでいて展望は駄目でしたけど見たかった花は何とか
見る事が出来ました

皆で一喜一憂しながら賑やかに讃岐の山を歩いて来ました
急斜面に咲く花の写真撮影は難しくて命懸け?
色々面白い事が沢山あって笑いばかりでした

曇っていてなかなか開花しなかったアマナ
飯野山のケスハマソウ
みんな息を止めて撮ってます



26040.Re: 山友達と讃岐の花巡り
名前:ストーンリバー    日付:2016年03月04日(金) 22時22分
Original Size: 800 x 533, 140KB Original Size: 800 x 533, 126KB Original Size: 800 x 533, 135KB

エントツ山さん トンちゃん 今晩は。

トンちゃん御夫婦には下見から案内まで大変お世話になりました。
お蔭で讃岐の花を十分楽しむ事が出来ました〜有難うございました。

まだ少し早いかなと思っていたケスハマソウも可愛く咲いていたし
ルリイチゲもあちこちで咲いていて満足、満足!

アマナの咲く山も散歩コースが整備されて良い山でした。
讃岐には手軽に花散策が出来る里山が沢山あって良いですね〜

ルリイチゲ
アワコバイモ
ケスハマソウ



26041.Re: 山友達と讃岐の花巡り  え〜な〜
名前:エントツ山    日付:2016年03月04日(金) 22時56分
Original Size: 1280 x 546, 198KB Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 900 x 675, 100KB

香川県境で最も厄介なエリア     水場チェック   向こうは女体三昧の尾根や〜


トンちゃん
ダイヤモンド父ちゃん
マダム・ストーンリバーさん
おっさん・ストーンリバーさん
つるぎ大昔ナナコさん       今晩は

え〜な〜 花が趣味の人達って・・・
こちらは香川と徳島の東部県境のややこしい、けどちっとも面白くない区域の事前調査4回目でごんす

近くに結構山があるちゅうのに大相山から下りて、境目の向こうで本格的な山に入るまでヘンテコリンな県境を追って苦労しましたがな

昨日やっとこの部分の全容が解明されました
花は無く、イバラが一杯で犬には吠えられるしイノシシには脅かされるし・・・

あ〜〜 花が趣味の人が羨ましい〜〜

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part3.html


26036.はじめまして 返信  引用 
名前:久美さん    日付:2016年03月04日(金) 10時58分
エントツ山さんこんにちは。私はエントツ山さんの生家の近くに居住している者で、エントツ山さんと同い年です。
24年間ウルトラマラソンだけをしてきましたが、年令を重ねる事に走れなくなり、1年ほど前よりエントツ山〜庄子山・犬返しまでを繰り返しております。
一人の為、不安で何処にもいけません。2月27日も犬返しで地図をいただきロープで半分まで降りて戻ってきた所で鐘を見つけ、鳴らして帰りましたが
「ペーコさんの鐘」だとは知らずに鳴らしました。今、思えば良かったと思いました。
いつかお目にかかることを楽しみにしています。



26038.Re: はじめまして
名前:エントツ山    日付:2016年03月04日(金) 20時34分
久美さん  今晩は

24年間ウルトラマラソン一筋ですか  すんごい人がご近所さんだったのですね
そんなスタミナがある人であれば山歩きなど散歩気分でしょうね
新居浜近辺には手頃な山が結構ありますねえ

辻ヶ峰、沓掛山、黒森山、チチ山、西山、銅山峰、西赤石、物住ノ頭、串ヶ峰・・・

歳と共にキツい運動は出来なくなりますが、出来るだけ体は動かしておきたいものです
私も最近は新居浜に帰ると生子山=庄子山へ足を向ける事が多くなりました
矢野さん、寺岡さん、真鍋さん、小野さん(女性)などと顔見知りになっております

山歩きとしては犬返(いぬがえし)までは少し運動量が少なく、やはりもう少し奥の沈砂池、石ヶ山丈駅跡、魔戸の滝などをからめて周回して欲しい気持ちで地図などを犬返に置かさせて貰っています

その内お会い出来ると思います

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part3.html

26035.西穂高岳行ってきました 返信  引用 
名前:山頂サンタ    日付:2016年03月04日(金) 00時14分
Original Size: 613 x 521, 105KB Original Size: 859 x 1217, 195KB Original Size: 605 x 800, 195KB

エントツ山さんこんにちは。

2/28(日) 北アルプス、西穂高岳行ってきました(* ̄∇ ̄)ノ
四国の山の、あまりの雪の少なさに我慢できず、西条から車で700km徹夜の遠征です!

新穂高ロープウェイで標高2200mまでひとっ飛びすりゃ、もうそこは、一面モフモフの銀世界でした(≧∇≦)

時間がなくて、第13峰の西穂山頂(2909m)までは辿り着けず、
第8峰のピラミッドピーク(2740m)にて折り返しましたが、良い写真が撮れて満足です(*^^*)

あっちの稜線は気温-15℃&風速20m/sで、四国の山と比べると洒落にならない寒さとデンジャラスさでした!!
一部磨かれた雪面は、アイゼンピッケルの歯が立ちませんでした!?
なかなか厳しかったですが、
しかし、本当に良い所です(*´∀`)
西穂山荘も快適でした♪

また、来年、山頂リベンジしたいと思います!



26037.Re: 西穂高岳行ってきました
名前:エントツ山    日付:2016年03月04日(金) 19時56分
山頂サンタ ケンちゃん  今晩は

新居浜でモバイルパソコンの為西穂高岳の写真がありません
無雪期に西穂高から奥穂高へ縦走したのですが西穂高の手前が結構傾斜がキツくあそこに雪が積もったら大変だろうと思いました

八ヶ岳の写真も良かったけど今度も中々厳しそうでいいですね
私も一人では中央の雪山へは行けないので実は2月に八ヶ岳の赤岳への山ツアーを年明けに申し込みました
でもキャンセル待ちとなり結局空がありませんでした

確かに今年は四国ではまともな雪山は体験出来ずにアイゼン、冬靴、スノーシューを仕舞い込みましたわ
アイゼンと冬靴は石鎚と大山で使用しました

来年は雪が多いといいのにね

今季の冬山遠征第2弾 ありがとう


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part3.html

26023.稗己屋山 返信  引用 
名前:ヘキチョウ    日付:2016年03月02日(水) 08時57分
Original Size: 800 x 590, 149KB Original Size: 800 x 600, 150KB Original Size: 450 x 600, 149KB

頂いた地図    取付口・白い紐を残した    尾根道直登中・巨大な切株が沢山ある
 
エントツ山さんおはようございます。

パソコンから行方不明になっていたエントツ山さんを主人が見つけてくれたので
2月28日の稗己屋山の報告をさせて頂きます。

正規の登山口のある林道がどれも崩壊しているので、昨年の1月末にこの掲示板でも紹介いただいた
はるちゃんさんの稗己屋山への新しいルートで登ことにしました。                   

冬枯れで見通しが良く、日がある程度長くなってしかも道路が凍結してない暖かい日。願っていた通りの
日曜日、初めて登山道が定かではない道を行くので、主人は首からコンパスをぶら下げ、私は荷造り用の紐の束を
蚊取り線香のように腰からぶら下げて出発です。

登山口は千本山登山口の少し手前の二の谷沿いの林道ゲートより2.5キロ位進んだあたりがちょうど尾根のライン上に
なっており、取付易いところから上がりました。下山後なかなか良い取付口だったと思ったので白い荷造り紐を結んで
おきました。林道はかなり荒れており、道路真ん中に大きな落石などがあります。私たちはゲートの走行許可を取らず
歩きました。

事前の下調べでは少し手前の登山口なども紹介されていて、いろいろな資料を山ほど印刷していきましたが、
結局はるちゃんさんから頂いた地図1枚ですべて事足りました。あの地図のコースがシンプルでお役立ちです。

稗己屋山は巨大な白骨林が銀色に輝き、深い谷に色杉が見事に映え、山並みの展望が次々と
展開されます。このコースだとある程度登りごたえもあるので、山の会などで企画されても
きっと好評だと思います。
 
展望所に出るまでは杉林の尾根の直登ですが尾根の傾斜は緩く、巨大な切り株がたくさん
あるのでそれほど退屈しません。取付口からしばらくすると赤テープと置き石が
等距離で置かれ、展望所近くではピンクのリボンがたくさんあって、腰につけた
紐が必要なのは取付口付だけでした。

エントツ山さんお墨付きの道迷い夫婦でも、行くことが出来ました。
地図と情報を下さったはるちゃんさんに感謝申し上げます。



26024.Re: 稗己屋山
名前:ヘキチョウ    日付:2016年03月02日(水) 09時04分
Original Size: 450 x 600, 140KB Original Size: 800 x 600, 146KB Original Size: 800 x 600, 145KB

踊る白骨林 ここの白骨林は巨大です
 
湯桶丸から甚吉森の真っ直ぐな縦走路と縦走路に生える巨木が見えます。

カモシカには会えなかったがハクビシンの帰り道で出会う。動きが猫のようで
可愛い   



26025.Re: 稗己屋山
名前:はるちゃん    日付:2016年03月02日(水) 10時22分
エントツ山さんこんにちは、
サバ―の不具合が早く修復されて何よりですね。

ヘキチョウさん稗己屋山の初登頂おめでとう御座います、
しかも営林署管理道路のお世話に成らず登ったのが凄い、

私も過去3回訪れていますが此処も例外でなく一歩道を間違えると
大藪だし車の走る路面はナイフのような岩だらけで片ときも気の抜けない走りしか記憶に残って居ません。

ヘキチョウさん此の勢いなら天狗森もゲート前から歩けば問題なしですね私の足50分で登山口ですから。

昨日は再度大黒山へ行って来ました。

はるちゃん


26026.Re: 稗己屋山
名前:GakuGaku    日付:2016年03月02日(水) 21時29分
Original Size: 800 x 571, 98KB

ヘキチョウさん はるちゃん こんばんわ

先日の掲示板への投稿を見てオイラも大黒山と竜門山へ行きました。
小ぶりですが面白い山ですね。

帰りは東の尾根を下りましたが薄い山道はあるものの藪に手こずりました。

情報をありがとうございました。

ヘキチョウさん 写真のハクビシン…もしかしてアナグマでは?

GakuGaku
http://ameblo.jp/gakugaku-blog



26027.Re: 稗己屋山 (ひえごややま)
名前:エントツ山    日付:2016年03月02日(水) 22時36分
Original Size: 900 x 767, 247KB Original Size: 826 x 1024, 250KB

稗己屋山ってどの辺りにあるの?   稗己屋山の周辺図と使用した尾根


ヘキチョウさん  今晩は

丁度1年前にはるちゃんから提供頂いた稗己屋山の尾根ルートを歩きましたか
コンパスの短いとーちゃんがコンパスを首から下げて、ヘキチョウさんが荷造りテープを二丁拳銃の様にぶら下げて・・・
想像しただけでも笑っちゃいますがな

地図をよ〜〜くみて下さい
林道から尾根に取り付いて西へ進むめば稗己屋山へ一直線
帰りは逆に東へ尾根を進めば帰れます
2か所程方向を少し変えるピークがありますが、尾根がはっきりしているので間違いはほぼ無いでしょう
北側には林道が平行して走ってるし、気を付けなければならない点は、帰り道で1,106mピークで南側へ下がってしまわない事くらい?

荷造りテープを貼らなくて済んでホッとしています
残置テープの中で最も使って欲しくないのがこの荷造りテープなのよ
あれは直ぐにささくれて蜘蛛の糸みたいに風になびいて景観を台無しにします

それにテープを敷設する場合は、そのルートを何度も歩いて熟知した人が最小限のポイントに有効的に付けるべきなのよ

その残った荷造りテープはプラスチックのゴミの日に捨ててちょ〜〜だい

山は地図を見ると繋がっているもんですねえ  石立山から南へ下がっていけば気になる山が目白押しです
四国百山! 順調に行ってますねえ

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part2.html



26028.Re: サーバーの復旧はあと1週間程かかります
名前:エントツ山    日付:2016年03月02日(水) 22時53分
Original Size: 275 x 240, 9KB Original Size: 350 x 229, 69KB Original Size: 275 x 240, 9KB

          アナグマ       アナグマ      ハクビシン



はるちゃん
ガクちゃん  今晩は


私はサーバーのトラブルが無い様に有料サーバーと契約したのにサッパリですわ
まあこんな事もあるんだと気楽に考えています いい休養にもなるし・・・

掲示板へはHPのトップから入って欲しいのですがこんな事があると掲示板だけお気に入りで呼び出すこともやむなしです
はるちゃんの友達が提供してくれた地図が役に立って良かったですね

あの時もはるちゃんの林道情報と共にむらくもさんからも天狗塚の通行止め情報をくれたりしてリアルタイムな情報が助かります


ガクちゃん
大黒山と竜門山へ高知から行ってくれたのね
海の近くにある山は花崗岩と松、ウバメガシのパターンが多く見晴がいいのが特徴ですね
私も天気が良い時に行こうと思っています

アナグマとハクビシン 良く似てますわ
下のURL 東京タヌキ探検隊のHPにわかりやすいイラストがありますね

ご指摘ありがとう  勉強になります
http://tokyotanuki.jp/comparison.htm



26029.Re: 稗己屋山
名前:エントツ山    日付:2016年03月02日(水) 23時00分
Size: 180 x 180, 32KB Original Size: 500 x 500, 50KB Original Size: 500 x 600, 62KB

アナグマ               アナグマ        ハクビシン


ヘキチョウさん
やっぱりアナグマみたいですね
以前のアオモリガエルの卵の件といい写真を提供してくれる事でお互い知識が増えていきます
今後とも宜しくね


エントツ山
http://tokyotanuki.jp/comparison.htm



26030.Re: 稗己屋山
名前:ヘキチョウ    日付:2016年03月03日(木) 09時12分
エントツ山さんおはようございます。
 
この掲示板で色々な情報を頂き勉強になります。
私が方向音痴に加え、動物オンチだとこの年で初めてわかりました。
そうです、カモシカを熊だと騒いだくらいですから

あれから、アナグマとハクビシンとタヌキの画像や動画をちょっと見てみましたが
区別がつきにくいです。ただハクビシンの体型は完全な猫型だとわかりました。

はるちゃんさん 四国百山行のエールを、いつもありがとうございます。
四国百山を行くのは本当にたのしいですね。

GaKuGaKuさん ブログを拝見させて頂いております。谷川米穀店に行かれたのが
うらやましかったです。私たちも大川山の帰りに立ち寄ったところ、5分位前に
閉店したと聞きがっくりでまだ行ってません。
あれがアナグマだとは  主人は会社で翌日ハクビシンに出会ったと言って騒いだ
そうです。

荷造り紐の事 申し訳ないです。もしあそこに行かれる方がいたら、回収お願いいたします。


26033.Re: 荷造りご無用 アート引っ越しセンター ♪
名前:エントツ山    日付:2016年03月03日(木) 21時43分
Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 600 x 800, 164KB Original Size: 800 x 600, 164KB

ひな祭りパン   三傍示山への尾根に10m毎にあったビニールテープ   荷造りテープはこうなります


ヘキチョウさん  今晩は

子供が小さい時はひな祭りって飾りを出したり雛ケーキを食べたりしてましたが、もう我が家では過去の風物詩です
花や動物や山の名前など紹介して頂いてああじゃない、こうじゃないと勉強するのも掲示板の良い所です

そう言う点で色んな事に興味を持って話題を提供してくれるのは大歓迎です
ムジナに遭う事など最近は珍しく色んな動物が寄って来るのは父ちゃんの人柄か?

登山口に印があるのはヒントになり有用です
ヘキチョウさんがあの尾根でテープを貼る場所が無かったとの事 賢明なお二人でした さすがです
単純な尾根にベタベタテープは必要ないですね
三傍示山ではゲンナリしました

以前、笹ヶ峰の南斜面の荷造りテープを話題にしましたが、こんなになるんですよね
除けようにも枝に絡まってどうにもなりません

テープより「的確な場所にある標識」は有用ですね

エントツ山
http://tokyotanuki.jp/comparison.htm


26018.やはり雪のなかった平家平・冠山 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2016年03月01日(火) 22時25分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 552 x 800, 164KB Original Size: 800 x 565, 161KB

@平家平山頂 A山頂付近の岩場にて Bちち山〜黒森山も雪ほぼなし

エントツ山さんこんばんは。
また雪が降りましたね。仕事が忙しくレポ遅くなりましたが、2/28日曜に平家平と冠山に行ったときはほとんど雪がなかったのに…

当日は1人が急に来れなくなり職場の仲間2人で行ってきました。今回の同行者は、登山の経験が全くないということで、もし雪が少々あっても比較的楽に登れる高知県高藪の林道から平家平にしました。
前日雨が降ったので雪はないだろうと思いましたが、登り始めて30分もするとうっすら雪が現れ始め、どうも昨夜僅かに降ったようで、今回も今シーズンの特徴の登山道のみ雪があるというまるで春山山行でした。
同行者は愛媛マラソンにも出場した元気な子で、初めての登山にもかかわらず平家平まで1時間40分で登頂。天気は晴れて寒くもなかったですが、全体に霞んでいるようで、遠望は今一つでした。

時間もあるし、まだ余裕があるようなので、冠山まで足を延ばしましたが、約1時間弱で冠山山頂も余裕で行けました。
高い所も全然平気で、山頂直下の断崖絶壁の岩のテラスでも身を乗り出して下を覗くので、こっちが冷や冷やしました。
気温が高く、帰りは融けてじゅるじゅるの状態で、雪山としては今一の山行でしたが、感想を聞いたところ、マラソンとは違うしんどさがあるけど山の景色の開放感を楽しめたとのことなので、まあ良しとしましょう。

さて、今週末ごろからは一気に気温が上がる予報で、完全に残った雪が融けると同時に花粉の季節ですね。今回で打ち止めでしょうかね〜



26019.Re: やはり雪のなかった平家平・冠山
名前:弁天山    日付:2016年03月01日(火) 22時29分
Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 521 x 720, 133KB Original Size: 800 x 600, 163KB

追加写真です。

C縦走路から見た平家平 D昨年2月末の縦走路の様子 E冠山山頂にて



26020.Re: やはり雪のなかった平家平・冠山
名前:弁天山    日付:2016年03月01日(火) 22時33分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 586, 163KB

さらに追加

F冠山の岩のテラスにて G笹とちち H唯一雪の多少あった縦走路北斜面



26022.Re: やはり雪のなかった平家平・冠山
名前:エントツ山    日付:2016年03月01日(火) 23時06分
Original Size: 900 x 506, 142KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 165KB

東京にも空があるとチエコは言う      スモウレスラ〜〜   皇居前ランナーがやってくる


弁天山さん  今晩は

昨日の雪で今日は平家平・冠山あたりは雪たっぷりになっています
まあ、登山の経験が全くない女子ですから先ずはそれ位でいいですわ
でもスパッツとか靴とか一応サマになってますね

霞ヶ関官庁ビル街、国会議事堂、首相官邸付近を歩きましたが、国家の中枢部はデカくて豪華ですね
こんな所に居たら庶民感覚をキープするのは難しそうですわ

桜田門や平将門の首塚なんかも感慨深く眺めて来ました


東京の皇居前は沢山のランナーが走っています
外国人もかなりいました
私は革靴で歩いて一周しましたが踵(かかと)が痛くなりました
やはり走るにしても歩くにしても土の上がいいですね


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part2.html


26016.サーバートラブルでしたか? 返信  引用 
名前:え〜ちゃん    日付:2016年03月01日(火) 20時36分
Original Size: 640 x 480, 96KB Original Size: 640 x 480, 90KB Original Size: 640 x 480, 97KB

エンツツ山さん、こんばんは!

27日の土曜日に山へ行き、エントツ山さんに報告しょうとしたら・・出て来ない(?_?)え〜ぇ〜なぜ?
他の仲間のリンクからUPしても駄目(?_?)・・おかしいなぁ〜エントツ山さんは東京!帰ってから何とかしてくれるのでは?と、
やっと、ヤフーから掲示板が出せましたので報告です〜!

堂山展望台に、はるちゃんの新聞記事をラミネートして頂いたのを皆さんが見て、凄い人が居る・・頑張らなくては!と言ってます!
27日の土曜日にreikoさん達に誘われて西大ボシ山〜大ボシ山を歩いて来ました〜大豊側からにぼりましたが、
林道が凄いダートで分岐が多くて分かりずらい??登山口手前から歩きました、霧氷も無く登山路に雪が有りましたが・・皆さんでワイワイと楽しく登りました(同行は岡山の極楽とんぼさん、ワイワイさんFさん、ピオーネさん達です)
何時もに様に、コーヒータイムでは色んなお菓子などが沢山〜(^_^;)美味しく頂きましたが・・・!

帰路にはお花も色々と見て車に乗ると雨が〜ラッキーでした!
霧氷の無い大ボシ山と福寿草、



26021.Re: サーバートラブルでしたか?
名前:エントツ山    日付:2016年03月01日(火) 22時38分
Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 675 x 900, 162KB Original Size: 900 x 675, 163KB

結構雪がありました         魔戸の滝       石ヶ山丈・沈砂池


え〜ちゃん  今晩は

あらま 大ボシ山へはえ〜ちゃんの運転で行ってたんですか
大ボシ山への登山口は以前マーシーさんと奥神賀山まで恐ろしい大藪を歩いた時に行きました
分岐が沢山あってGPSで確認しながら行きましたわ

四国外の極楽とんぼさん、ワンワンさん、藤原さん達と合流したんですね
それはお疲れさんでした

こちらは相変わらず新居浜と高松のピストン生活です
最近HNKテレビで認知症を取り上げる番組やニュースが多いのですが、お袋さんが「あなんなったら人生も終わりじゃねえ」と
他人事の様に感想を述べております

昔の記憶は残っているのに、今した事、今喋った事は記憶に残らないっていう病気は辛いもんです
認知症予防に脳を使いながらの運動がいいそうです
え〜ちゃんも機関銃のように考え無しに言葉を発射するのでは無く、頭で良く考えながら歩いて下さいよ

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part2.html



ページ: |< << 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb