[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





24337.晴れのち嵐〜平家平、冠山〜 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2015年02月21日(土) 21時28分
Original Size: 900 x 598, 144KB Original Size: 900 x 636, 141KB Original Size: 900 x 632, 143KB

@平家平山頂付近から石鎚方面 A平家平山頂にて B冠、沓掛方面〜いい天気♪

エントツ山さんこんばんは。
今日は山岳会のりをんさん、あけ美ちゃんの3人で平家平、冠山へ高薮林道から行ってきました。
登山口までの雪は少なく、道は特に問題なし。
駐車場に先客がいて、良くみるとなんと、とっさんで、この冬2回目の出会いでした。

すばらしい快晴で、気温は暑いくらい。数日前に降ったと思われる新雪を
先行したとっさんの跡を追いかけました。
途中で追いつくまでのトレースどうもありがとうございました。

今日はスノーシューを着けるほど雪は深くはありませんでしたが、
歩行の練習のため、山頂手前からこれを着けて登りました。

さすがに、平家平山頂は風が強かったですが、冠山や赤石方面の展望もばっちりでした。
が、それは到着後30分くらいまでで、冠山へ向かうにつれ天気が悪化。
ガスとさらに強い風、そして雪に埋まった雪庇だらけの登山道に苦労しました。

♪雪〜の進軍!雪庇を踏んで、どこが登山道か、道さえ知れず〜う!♪
八甲田山の彷徨みたいな気分でした。(りをんさんによると、先日の剣山と比べれば大した事ないとのこと…)
結局、山頂手前までスノーシューで行きましたが、素直にアイゼンの方が正解でした。

ともあれ、行き4時間弱、帰り2時間の山行き楽しんできました。
そろそろ、雪解けの季節になって行くのですかね〜。あと何回行けるいけることやことやら。



24338.Re: 晴れのち嵐〜平家平、冠山〜
名前:弁天山    日付:2015年02月21日(土) 21時32分
Original Size: 900 x 598, 142KB Original Size: 900 x 625, 143KB Original Size: 900 x 636, 141KB

C二ツ岳、東赤石方面 D冠山方面。最高の眺望 Eが、天気があやしく…

追加写真です。



24339.Re: 晴れのち嵐〜平家平、冠山〜
名前:弁天山    日付:2015年02月21日(土) 21時37分
Original Size: 900 x 711, 142KB Original Size: 900 x 598, 143KB Original Size: 521 x 720, 133KB

Fなんとか冠山山頂へ G冠テラスにて H♪雪〜の進軍!雪庇を踏んで〜♪

さらに追加。



24340.Re: 晴れのち嵐〜平家平、冠山〜
名前:とっさん    日付:2015年02月22日(日) 00時21分
Original Size: 800 x 533, 210KB Original Size: 800 x 533, 126KB Original Size: 800 x 533, 146KB

エントツ山さん ファミリーさん、こんばんは

弁天山さん
りをんさん 
あけ美さん 今日はありがとうございました

今日は相棒のいない単独を覚悟で平家平、冠山の山行のつもりでした、登山口まで林道の落石を退かしながら到着準備していたら、弁天山さん達が到着され冠山までと伺い、少し安心し先行出発しましたが、少し行った所でへばっていたら、弁天山さん達が追いついて来られあとは、
後をお邪魔虫しました、

軟弱者の“とっさん”はたぶん冠山途中の あのガス、強風では
遭えなく撤退していたでしょう、見捨てずに気にかけていただきありがとうございました。
またどこかの山で見かけたら気にかけてください



24343.Re: 冬山テント泊
名前:エントツ山    日付:2015年02月22日(日) 10時10分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 1024 x 576, 148KB Original Size: 1024 x 576, 161KB

   テン場 (自念子の頭付近)    夕暮れの風景    朝の風景


弁天山さん
りをんさん
あけ実さん     おはようさん

昨日は天気が急変しましたねえ
やはり山の天気というものは気を付けなければなりませんわ

ほんの30分程の間に雲が西から追っかけてきて強い南風になりました
視界も10m程になった時が多かったです

冠山は西側から見ると正にマッターホルンですね
阿波のマッターホルンはホンマかいなと思いますが、冠山の威風堂々たる姿はかっこいいですねえ

こちらは冬山テント泊をしてきましたぜ
ドームシェルターっても要はシングルテントみたいなもんで内気温度と結露が違う事位ですかねえ

防寒対策だけを怠らなければ天気の良い四国の冬山では使えそうです
防寒対策と言えばダウンのジャケット、パンツ(ズボンだよ)、靴下カバーと万全よ
シュラフは秋用にファイントラックのポリゴンシールドと言うシュラフカバー
登山靴が凍らない様にナイロン袋に入れて抱き枕みたいにして寝たわ
ペットボトルの水は完全に凍るわ
お茶は不思議と凍らなかった

衣類関係は全てシュラフの中に放り込んで寝た

まあこれでけ楽しめるんなら四国で十分や

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/top-page-entotsuyama.html



24345.Re: 晴れのち嵐〜平家平、冠山〜
名前:エントツ山    日付:2015年02月22日(日) 10時54分
Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 900 x 506, 146KB Original Size: 1024 x 379, 168KB

     冠山           冠山         石鎚方面



とっさん  おはようございます


今回はタケルちゃんはお勉強でしたか
冠山って裾野を持ちながらキリっと尖ってかっこいい形してますよねえ
ここには別子山村からと寒風・大座礼林道から登っただけで、未だ高薮林道から行った事がありません

地図を見ると林道が入り乱れて土地勘が無いと登山口が不安です

こちらは西の石鎚〜手箱、東の伊予富士〜寒風〜笹ヶ峰〜チチ山の間にある山域におりました

名だたる石鎚山系の山のある中でマイナーではありますが、位置的には西を向いても東を向いても壮大な山並みが見えて贅沢な場所でした

山で迎える夕方や朝はコレマタ贅沢な眺めです


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/top-page-entotsuyama.html



24348.Re: 晴れのち嵐〜平家平、冠山〜
名前:弁天山    日付:2015年02月22日(日) 15時36分
Original Size: 900 x 618, 140KB Original Size: 900 x 635, 144KB

とっさん、エントツ山さん こんにちは。

とっさん、昨日はお疲れ様でした。
途中の林道、所どころに落石がありましたが、除けてもらっていたのですね。
どうもありがとうございました。

エントツ山さん、あの嵐の中、視界がほとんどなくなり、
尾根の一本道でなければ迷ってしまうところでした。
冠山テラスからのちち山、笹の勇姿を見ることができませんでしたが、
いい経験になりました。
ところで、いったいどのルートから自念児まで行ったのですか?ずっと林道歩き?



24349.東赤石山
名前:やま&きぬ    日付:2015年02月22日(日) 18時15分
Original Size: 800 x 531, 143KB Original Size: 800 x 531, 137KB Original Size: 800 x 531, 141KB

エントツ山さん こんばんは
2/21は東赤石山に行きました。
平家平方面は11;30頃から雲に覆われ始めその雲は昼過ぎには東赤石山に到達しました。
それまでは晴れて風も弱く暖かかったのですが・・風が強くなり山頂には長居出来ない状況になりました。
山の天気は変わり易いですね、天気予報では15時くらいまでは好天の予報でしたが地上天気とは異なりますね。
特に冬山の天候は気をつけなければなりませんね。
山岳遭難の一番の原因は気象遭難ですから。

写真1.平家平方面の雲 2.東赤石山山頂の雪 3.山頂から八巻山を望む

http://blogs.yahoo.co.jp/mrouzan2007



24350.Re: 晴れのち嵐〜平家平、冠山〜
名前:りをん    日付:2015年02月22日(日) 20時10分
Original Size: 800 x 449, 101KB Original Size: 800 x 449, 77KB Original Size: 800 x 600, 130KB

@復路の平家平頂上で風を避けて休憩するあけみちゃん、弁天山さん、とっさん
Aちち山方面をバックに弁天山さん
Bお借りしたスノーシュー

エントツ山さん
弁天山さん
とっさん さん   
掲示板の皆様    こんばんは!

エントツ山さん、雪山泊お疲れ様でした。
翌日が大変だった模様ですが・・・
土曜日は午後からにわかに天気が崩れてきたので、私たちもちょい大変でした。
冬の瓶が森林道、恐るべしです。
私も、冬山で一人テントを張って1夜を過ごすことのできる実力を身につけたいものです。

さて、今回は弁天山さんとあけ美ちゃんの3人で平家平から冠山を目指しました。
林道の駐車場で、とっさんと初めてお会いしました。
とっさんには、稜線で女性陣を後方からサポートとしていただきました。
とっさん、ありがとうございました。

午前中は暑いくらいだったのですが、
平家平頂上についてしばらくすると雲が急に出て、天候が悪化。
強風に飛ばされてくる氷の粒が顔にあたり痛かったです。
剣山の暴風と比べると、気温も高く、かわいい?ものでしたが・・・

弁天山さんにお借りしたスノーシューがなかなか上手に操作しきれなくて、
急斜面のトラバースでは苦労しました。
冠山の最後の登りあたりで、ついにスノーシューをあきらめ、つぼ脚に切り替えました。

後で聞くと、お借りしたスノーシューは、トラバースに弱いとのこと。
自分の実力不足だけでなく、道具の力不足もあったのかな〜と、ちょっと納得?しました。

しかし、弁天山さんの足の速さに、登りなかなかついて行けませんでした。
年齢の違いもあるのでしょうが、一緒に歩くために、トレーニングが必要と思いました。

そろそろ、転勤のお声がかかりそうです。
いつまで四国で遊べるでしょうか・・・。
http://blogs.yahoo.co.jp/riwon2011



24352.Re: 瓶ヶ森林道は帰りの東黒森からのみ利用です
名前:エントツ山    日付:2015年02月22日(日) 21時37分
Original Size: 1011 x 402, 164KB Original Size: 506 x 900, 163KB Original Size: 800 x 600, 164KB

   こんな感じです    西黒森の手前から振り返る   西黒森手前のピークで行き詰まる


弁天山さん 今晩は

伊予富士から西黒森手前のピークまで徹頭徹尾尾根歩きでっせ
適当にビバークするって事だと気楽に行ける所まで歩けますので普段日帰りでは行けない場所まで踏み込んでいけますわ


四国ー冬山ーテント泊 って一つの観念が出来つつあります
http://entotsuyama.hobby-web.net/tools.html



24353.Re:冬の東赤石
名前:エントツ山    日付:2015年02月22日(日) 21時54分
Original Size: 720 x 1280, 162KB Original Size: 800 x 600, 142KB

やまちゃん
きぬちゃん   今晩は


東赤石はどのシーズンでも登り応えがあるんですが雪のシーズンなら猶更ですね
山頂の岩場が平たくなっているのは冬ならでの役得です
やまちゃんは山行の度にその目標とか反省をしてますよね  
これって性格がキッチリしてるからなのかしら
私なんて適当すぎて目標も漠然です

やまちゃん流にいくと

今回の目的
普段あまり行かない伊予富士以西の山域に踏み入れてその冬景色を見る
冬山テント泊に必要な装備の確認と実績を作る
冬にあまり見た事のない手箱〜筒上〜岩黒〜石鎚の山壁を見る
テント内で冬靴を懐に抱いて寝る

反省点
お酒を持って行くのを忘れた
GPSも行きだけ取れれば帰りも同じルートなので予備電池を持って行かなかった
地図も伊予富士までは良く慣れた場所なので、瓶ヶ森林道を含んだ地図を印刷していかなかった
雨の予報が当初無かったので雨具(上着)を持って行かなかった (帰りに濡れた)

こんな所かな


やまちゃん
気象遭難って多いけど北海道、東北、日本アルプス、日本海側の山等へ行く時は神経質にならんといかん
でも四国の山ではちょっと寒くても、雨に遭っても気象遭難する可能性は非常に低いです

ちょっと山の怖さを体験するのもいい事やね

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/tools.html



24354.Re: 晴れのち嵐〜平家平、冠山〜
名前:エントツ山    日付:2015年02月22日(日) 22時10分
Original Size: 450 x 800, 162KB Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 900 x 506, 160KB

ザックは13kgに抑えた  テント内は冷え込んだけど防寒着が機能した まず上空の風が強くなった


りをんさん  今晩は

先日の剣山、翌日私も行ったけどあんなに寒くて風が強いって経験したのは石鎚山だけでした
寒風山は以前、マーシーさんと東側から尾根をスノーシューで登った時も強風でシェーが出来ない程でした
でも、最近の防寒具はいいねえ 風防を着けるとホント風の冷たさを防げます

スノーシュー
弁天山さんのがMSR
あけ美さんのがTSR
りをんさんの借りたやつはモンベルのスノーポンですね

アイゼンとスノーシューが一体化して取り外し可能なアイデア物ですが使用者の人気はあまり良くないみたいですね
スノーシューはどれでも斜めのトラバースには不向きですわ

さて、四国に来て良く山遊び出来ましたね
これも山仲間がいたからこそですね  岩や沢、雪山などを存分に楽しめたと思いますわ

仕事をしている以上転勤命令には従わざるを得ません
新しい土地へ行くと仕事もそうですが山の人間関係作りが又大変ですわ
もうすこし四国におられる様に祈っております

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/tools.html


24344.毛無山 返信  引用 
名前:トンちゃん    日付:2015年02月22日(日) 10時29分
Original Size: 933 x 700, 104KB Original Size: 600 x 450, 131KB Original Size: 800 x 600, 110KB

エントツ山さん おはようございます

冬期の瓶ケ森林道奮戦記 お疲れ様でした
トンネルも雪で埋もれてしまうのですね
去年 伊吹山へ行った時に瓶ケ森林道のトンネルが三分の二ぐらい
埋まっているのを見ました
そんな所を歩くのはエントツ山さんぐらいですよ

我々は今日は雨の予報だったので昨日 毛無山へ行って来ました
金曜日に町役場へ電話して雪の状態を聞きました
登山口までは除雪してますが山の雪は相当深いと思います
でもはっきりは分かりませんので自己責任で登って下さいと言われ
ました 当然でしょうね

とりあえず登山口まで行ってみることにして出発しました
昨日の朝は冷え込んで大霜でした
登山口に着くとやはり大雪です でも誰か登っているのか
トレースがありましたのでスタートしました

スノーシューを付けてふかふかの雪の中を山頂にたどり着きましたが
山頂には誰もいませんでした
青空に大山の雄大な姿に感動!感動!です
360度の素晴らしい展望を楽しんでからスノーシューを外して
軽アイゼンだけにして下りてみましたがこの方が歩き易くくて
速かったです

下りていると男性の方が上って来ていて「トレース有難うございます」
とお礼を言われましたが 「我々ではなく先行の方ですよ」と言って
別れましたがトレースをつけてくれた方とはお会いできませんでした

帰りに可愛いセツブンソウを見てから帰宅しました
山と花を楽しんだ最高の一日でした

素晴らしい展望の山頂で嬉しくなりジャンプしてみました
可愛いセツブンソウ



24346.Re: 毛無山
名前:エントツ山    日付:2015年02月22日(日) 11時49分
Original Size: 800 x 450, 162KB Original Size: 1024 x 768, 156KB Original Size: 800 x 600, 157KB

東黒森にて       落日(テン場にて)    第二トンネル付近(瓶林)



トンちゃん  今日は

毛無山(けなしがせん)へ行かれましたか
むらくもさんのブログで落禿とか毛無山とか頭が薄い人間に酷い仕打ちじゃないか!と憤慨してたのを思い出しますわ

その山頂標識からすると積雪は2mありますね
四国の同じ標高からすると雪の量はハンパじゃないですねえ

セツブンソウって真ん中にほんのり紫色があるんですねえ これが気品を上げていますわ

おう ダイヤモンド爺ちゃん 良くタイミングを捉えていますね 何度目か知らんけど・・・
鳥獣戯画の柳に飛びつくカエルの絵を思い出しました

私も念の為にスノーシューとピッケルを持って行ったのでザックが重たくなりました  結局使いませんでした

雪の上を平たくしてテントを張るのですが、あまり強く踏んずけると穴がボコっと空くので一人での作業は時間がかかりました
でも成果はデコボコで平らになっていませんでしたし、少し斜めの斜面で下に敷いた銀マットでテントが滑って移動してた様です
雪ではペグが打てませんので近くに木がなければ細引きは使えませんね

何事も経験!
冬山テント泊も一泊位でしたら天気の良い日に問題なく出来そうですわ
いや〜 瓶ヶ森林道の閉鎖時はエライ事になってました〜 これも歩いて初めてわかる事で、恐らくもうこれからは瓶ヶ森林道を歩く事は無いと思います

橋本さんに今度あったら瓶ヶ森林道にも時間表示版を設置する様にお願いしてみ手下さい
何せ夜になると霧が出て夢遊病者の様に歩いているとどの辺りにいるのかサッパリわからず、何度も林道ゲートの幻影が現れて一喜一憂しました

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/top-page-entotsuyama.html



24347.Re: 瓶ケ森林道
名前:ペーコ    日付:2015年02月22日(日) 15時19分
Original Size: 800 x 600, 86KB Original Size: 800 x 600, 86KB Original Size: 800 x 600, 87KB

ありゃーー
帰路 すごいことになってますね

土曜日の明るいうちに帰っていることと思っていました
まさかヘッドランプつけて 8時過ぎても林道歩いていたとは!

金曜日の天気は 最高でしたね
こんなに天気がいいのに 平日といえど駐車場がガラガラなのが驚きでした

桑瀬峠から 伊予富士へのトレースは一人分のみ
駐車場でエントツ山さんの車を見つけていて まさかね?とは思っていましたが
ビンゴでした

いつ降ったのか 予想を超える積雪で 登頂はなりゆき任せでしたが
伊予富士が眺められる稜線にでると 雪が飛ばされていて歩きやすくなりました

1.一人のトレース
2.エントツ山さん?みたい



24351.Re: それからのエントツ山
名前:エントツ山    日付:2015年02月22日(日) 21時20分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 450 x 800, 153KB

君たち帰るのか・・・   あれからこの道を一人ぼっちで・・・これって熊じゃない?ウサギだよね


ペーコちゃん  今晩は

いや〜 冬のテント泊は寂しくもあり楽しくもあり・・・冬山の自然をしみじみと味わったわ

東黒森までの稜線南側トラバース道が雪で少しヤバかった
帰りの事を考えてしっかりと足場を作りながらトレースをつけたんだけど、荷物が重いから足で何度も蹴り込んだら腰が痛くなったわ

実に痛快な場所でビバーク出来た
石鎚の黄昏と夜明けを見ながら一夜を過ごすなんてこんな贅沢はないぞよ

帰りに東黒森まで帰ったらもう前がガスで見えず、南風が半端じゃなかった
まあ前日しっかりトレース付けて来たから不安は無かったんだけど、何にも見えない稜線歩きってつまらんからつい林道へ下りてしまった

多少の雪崩や長〜い林道歩きは覚悟の上で、瓶林を歩きながらガスに包まれた山を見上げて「これで良かったのよ」と自分に言い聞かせた

でもさあ、トンネルが無いなんて想定外やで・・・曇天の霹靂 ? 
さんざん歩くのが嫌になって来た時にトンネルが雪の壁でしょ
あ〜〜あと呟きながら観念してアイゼンを又付けたわ

地図はこの林道付近を印刷していなかったので地形がわからん
このトンネルだけ尾根が相当高くて這い上がるのに苦労したわ
その結果が向こうに崖でしょ
「願わくば我に七難八苦を与えたまえ」って山中鹿之助の言葉を思い出したわ
なんせこんな状況ってファイトが出てくるのね

もし、この辺りの地図を持っていたら間違いなく尾根に上がって崖に阻まれた時点で尾根を北側に進んでショートカットで林道まで行ったと思う
でも地図がないからどうしてもそこまでの距離がわからず向かいの林道まで下りるしかないわ

総じていい山歩きやったと思う
今回ビバークした場所に2泊すれば冬場に瓶ヶ森まで行けるってメドが付きました


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/tools.html


24334.クライミング 返信  引用 
名前:リップ    日付:2015年02月21日(土) 17時48分
Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 98KB

こんにちは。
昨夜、明日腰折山でクライミングの練習するから遊びにおいでってメールが入ったのよ。
エ〜っ!心の準備もなにもできてない。とりあえず見学に行きますって返事をしてせっかくだから道具ももって行ってきたわ。

他のグループでロープワークとか時々教えてもらって練習してるけど実際の現場は北壁以来だわよ。
行ってみるとなんか威圧感がある。ここのオーバーハングをクリアできなくて胃が痛くなってそれが一か月も続いた。トラウマなのよ。

だからオーバーハングははなからトライしない。
で以前は楽に登れたルート登ってみたら登れない!なぜだ!

理由
(1)目標がはっきりしなくて気合が入らない。あきらめやすい。
(2)体力が落ちた。
(3)怖がりになった。

回数重ねればもうちょっとましになるかもしれないし
降ってわいたようなせっかくのチャンス、もう一度北壁行けるかもしれない。
それを頭に置いといて、もうちょっと積極的に頑張ってみようと思う。



24335.Re: 私は館山
名前:はるちゃん    日付:2015年02月21日(土) 20時22分
Original Size: 1000 x 653, 97KB Original Size: 1000 x 653, 98KB Original Size: 1000 x 663, 98KB

エントツ山さん皆さんこんばんは、
リップさん若返りは大いに結構、体力だけではなく気分の焦点距離もお忘れなく。

今日私は約10年振りにお向かいの館山へ相棒と2人で糸山からチャリで渡り正味から時計回りで歩いてきました、
所が昨日の笠松・世田山が少しボデーブロで残っていたか帰りの下田水から本線に登るチャリ道でアゴガ出ました。

館山の情報ですが10年の歳月で尾根道はすっかり樹木の生長で様変わりして昔とは眺望が雲泥の差でした。

3.正味の登山口

はるちゃん



24336.Re: クライミング
名前:はるちゃん    日付:2015年02月21日(土) 20時25分
Original Size: 1000 x 663, 97KB Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 663, 98KB

追加写真をどうぞ



24341.Re: クライング (泣ける話 AT 瓶ヶ森林道)
名前:エントツ山    日付:2015年02月22日(日) 08時28分
Original Size: 900 x 560, 164KB Original Size: 800 x 600, 141KB Original Size: 800 x 600, 147KB

冬の瓶林は安全迂回ルートに非ず  これがトンネルの入り口だ〜  何とか辿り着いた第4トンネル


リップさん  おはよう
クライミング 誘われましたか  腰折山にもロッククライミングのゲレンデがあるんですねえ

道具や残置確保基部を利用したゲレンデでのクライミングは全身を駆使したスポーツですね
オーバーハングなどの練習は私の山登りには無意味やとは思いますが、ロープワークや確保技術などは大変有用だとは考えております

普段の山歩きではそんな岩場に遭遇したら迂回しますので五感を磨くスポーツとして考えて若返りましょう

聞いて下さいよ トホホな話を!!

この所ず〜っと藪歩きばかりしてたので久しぶりに雪山へ入って見たくなりました。金曜日〜土曜日と天気予報が良かったので寒風山登山口より伊予富士の西側に踏み込んで雪山ビバークをしました

結局ザックが13.5キロで雪もそこそこ深かったので自念子の頭の西斜面で17時となり石鎚に(正確には二ノ森)沈む夕日を見ながらツェルト(モンベルのドームシェルターII)泊

翌日も午前中は天気も良く西黒森の手前まで進んで引き返しました
東黒森まで帰った時にいきなりガスが湧いて強風が吹いてきましたわ
前日、伊予富士でペーコちゃんに会い、瓶ヶ森林道を歩く話をした事もあって、東黒森から楽そうな斜面を瓶ヶ森林道へおりました

まあ、時間も早いから明るい内には旧寒風山トンネルの駐車場には着けるだろうってな気楽な感じね
瓶林は結構雪崩れてる場所が多くスタスタとは進めませんが、トンネル2つも半分くらい入口が雪崩で詰まっている様な状況でした

さて、車で走っていると結構トンネルを通りますが、どの辺りにトンネルがあるか余り思えていませんよね

離合するのに相手のjヘッドランプを確認して待たなければならない長いトンネルがありますよね
そこまで来た時 唖然としました  トンネルが無いのです
上からの雪崩でその形跡すらありません

で・・・地図を出すと何と伊予富士の西側しか印刷していないのです
そりゃそうですわ 瓶ヶ森林道ってクネクネ東へ曲がってますし、興味ないし・・・
こりゃ参った!
取り敢えずトンネルの上の尾根を越えて向こう側へ行くしかありません
雪崩の柔らかい雪を泣く泣くラッセルして稜線へ上がり、向こう側へ下りると途中で断崖絶壁が並んでいるのですわ
崖と崖の間は鋭い沢で滑落間違いなしの急傾斜です

私はどんな傾斜も樹木さえ転々とあれば登り降りはへっちゃらです
でも、リップさんがクライミングしている様な絶壁は無理〜〜
余り東側に下りるとトンネルの筋から離れて高知の中の川まで下りちゃったら大変ですからなるべく北側へ迂回し相当右往左往して何とか次のトンネル口を発見しました

いざとなったらトレースを引き返して穴のあるトンネルの中でツェルトを張ってもう一泊するつもりでした。気楽な性格はいいもんですわ

それからも延々と林道歩きが繰り広げられて結局車に帰り着いたのは20時30分過ぎでございました

瓶ヶ森林道  冬場は決して安全迂回ルートではございませんでした


エントツ山




 
http://entotsuyama.hobby-web.net/top-page-entotsuyama.html



24342.Re: サイクリング
名前:エントツ山    日付:2015年02月22日(日) 09時50分
Original Size: 800 x 450, 151KB Original Size: 450 x 800, 160KB Original Size: 800 x 600, 165KB

高知の和田さんと(逆光ですみません) アンタ誰(ペーコちゃんでした) 冬の伊予富士を西側から

はるちゃん  今晩は

何と来島からチャリで渡りましたか
風の強い大橋をチャリで渡ろうだなんて考えるのはペーコちゃんかむらくもさん位でしょうよ

「相棒」と聞けば楠橋さんの事しか頭に無いのではるちゃんもついに来たかと一瞬ドキっとしました
チャリでランデブー(古〜)も中々オツナもんですね

私は冬の伊予富士から西側の景色を見たことが無かったものですから冬山お泊り道具で西側に踏み込んでみました

地図上で寒風〜笹ヶ峰の距離からを見るともっと伊予富士から西へ進めると考えていましたが13時過ぎにペーコちゃんと伊予富士を別れてて進みましたが自念子の頭が精いっぱいでした

伊予富士山頂ではもう一人高知の和田さんという岳人との3人きりでした
やはり金曜日にこんな良い天気に山へ来られるって退職後しか出来ないですよね
和田さんに伊予富士から見る高知の山々を教えて貰いましたが、「重なる土佐の山々」としか私には良くわかりませんわ
和田さんの話によると関東方面からもここにやってくる人が結構居て、その理由の一つが南アルプスに良く似ている事だそうです

本当に伊予富士からの眺めは特に高知方面にかけて山々が連なり南アルプスの様な気がしました

東黒森とか自念子の頭とか夏にはそんなに魅力を感じない山ですが冬に来ると予想を上回る素晴らしさがありました

四国の山はええですねえ

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/top-page-entotsuyama.html


24331.雪山は晴れないとダメ〜 返信  引用 
名前:え〜ちゃん    日付:2015年02月18日(水) 20時38分
Original Size: 640 x 480, 54KB Original Size: 640 x 480, 51KB Original Size: 640 x 480, 57KB

エントツ山さん、こんばんは!

里山のヤブの中から三角点探しは大変でしょう?ご苦労様です、

kamatamaさんが勤続25年で14日から19日までお休みをくれたそうです、
役所も粋な事をしますねぇ〜それで遊んで?と連絡が有り、15日は高知へ花散策に〜

今日は剣山へ〜出かけましたが・・山は吹雪〜雪の山道を走るのに疲れました(?_?)
車は1台ありましたが、誰も山には登っていない?新雪を踏みながら・・踏み跡も無く、ここが登山路かな?と、
探しながら歩きました、時々踏み抜きながら〜西島まで来て山頂を見ると何も見えない!
ガスの中吹雪いているのが時々見える・・山頂へ行っても強風で寒いだけ?と、諦めて下山、
登って来た足跡が判らない?ゆっくりと見の越へ〜リフトの駐車場下で昼食!
再び雪道をゆっくりと帰りました〜ゆうま温泉で汗を流して〜!

やっぱり、雪山は晴れないとダメですねぇ〜!kamatamaさんに明日は最後の休みなので奥様と三越で北海道博を見て美味しいお弁当を買って
栗林公園の梅を見て二人でお弁当を食べるよううに言っておきました!

今日の剣山の様子です〜



24332.Re: 雪山は晴れないとダメ〜
名前:kamatama    日付:2015年02月18日(水) 21時20分
Original Size: 800 x 533, 61KB Original Size: 800 x 533, 90KB Original Size: 800 x 533, 89KB

エントツ山さん、こんばんは。
正確には勤続35年で3日の休暇を去年くれたんです。
3月中に使わないとパーになるので、頑張って休んでます。
仕事休むのもエライですな。

というわけで、え〜ちゃんに剣山に連れて行ってもらいました。
が。。。寒い!指がちぎれるかと思いました。
それに、怖い箇所も何カ所かあったし。
ま、たっぷり雪山を楽しみました。
明日は栗林公園?かな。



24333.Re: え? 西島駅が終点とな !
名前:エントツ山    日付:2015年02月18日(水) 21時50分
Original Size: 900 x 675, 152KB Original Size: 900 x 675, 153KB Original Size: 675 x 900, 154KB

男なら ここまで行け〜〜〜〜〜


え〜ちゃん
カマちゃん  今晩は

EKコンビの根性無しレポは冴えんのうし
先日の国分台旧遍路道のレポも中途半端やったから追従してエライ目にあったわ
藪の小道で軍服姿に出会うと怖いで!
今週は気圧配置を見て金・土しか剣山クラスの山はダメなのはわかってるじゃん
それを覚悟で行ったんなら山頂まで突撃しなはれ

カマちゃん
ジミ〜なハスラー 調子どうですか?
本田Nボックスとかダイハツ・ウェイクとか軽が元気に頑張ってますねえ


民間大手なら勤続35年ちゅうと海外旅行援助金と1週間の休暇をくれるよね まあこのご時世何もないよりマシやよね

私も小遣いが大幅に減少する完全定年退職までに山道具を揃えとかなアカンとこの10年で色々増えましたわ

下のURLがその山道具ですが、今年の夏からはこれらの道具を使って倹約登山に励みます

里山の藪はツラいけど安くあそべますわよ  一緒にどう?


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/tools.html


24321.絶景を見ながらちゃんこ鍋〜高瀑 返信  引用 
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2015年02月17日(火) 00時32分
Original Size: 338 x 600, 145KB Original Size: 338 x 600, 152KB Original Size: 800 x 450, 163KB

エントツ山さん、こんばんは〜

昨日は2年ぶりの高瀑へ行ってきました。
前回より雪が多くて、アイゼンが効きにくくてピッケルが必要な個所もありましたが、無事高瀑へ到着すると、やっぱりため息が・・・
青白い美しい氷瀑にうっとりしてしまいました。本当に何度見ても凄い光景です。

その氷瀑に二人の男性が登ってる!しかも半分くらいの高さまで。
落っこちないかひやひやして見てました。
私たちが到着してからのんびり1時間半山食タイムをして帰る頃にもまだ氷瀑にしがみついていたので本当に凄い。怪我なく無事帰られたことを祈っています。

そんな凄い光景を見ながらの山食は「ちゃんこ鍋」。最高!はふはふ言いながら美味しくいただきました。

〆のラーメンを食べ始めた頃到着したお二人が、私たちに手を振ってくれてる。良く見ると国分寺の下川さんでした。
今日はかわいい娘さんは勉強でお留守番、ご夫婦でいらっしゃったとの事。愉快な方で、楽しい話をいっぱい聞かせて頂いて、しばし楽しい時を過ごしました。またどこかでお会いできることを楽しみにしています。

ここは登りよりも、凍ったダートな道の運転の方がずっと大変だったと思います。頑張って運転してくれたダーリン、ご苦労様でした。



24322.Re: 絶景を見ながらちゃんこ鍋〜高瀑
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2015年02月17日(火) 00時33分
Original Size: 800 x 450, 163KB Original Size: 800 x 450, 161KB Original Size: 800 x 450, 153KB

写真の続きです



24323.Re: 高瀑や〜 谷間に漂う 鍋の湯気
名前:エントツ山    日付:2015年02月17日(火) 19時40分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 675 x 900, 162KB

   やっぱり高瀑は2月やね


ゆ〜ちゃん
だ〜りん
う〜たん  今晩は

町内会の下河さんも 今晩は〜


天気の良い日の氷は青く見えますね
光の屈折の関係でしょうか雪でもストックの穴が青く見えます  

毎年魅せる高瀑の荘厳な姿は見飽きる事はありませんねえ
一度行けば納得するのですが、年が明けると又見たくなります
これは西赤石のアケボノツツジの風景などに対する人間の心とも良く似た境地ですわ

まあ個人的にはあそこに行った時にアイスクライミングをしている人があれば、さっさと滝口に上がって姿を消して欲しいです
それ位人間を寄せ付けない滝の迫力ある姿を写真に収めたいと思います

下河さんってきっと歯磨きが大好きなんでしょねえ
笑い顔の歯がいつも真っ白です
美輝ちゃんが学校でお父さんの似顔絵を描く宿題があれば物凄く簡単ですわ
そうか もう受験勉強するお譲さんになったんですねえ


久しぶりに替え歌 いってみましょうか

麦の歌は替え歌 作りやすいので皆さん自分の替え歌をトライしてみて下さい

******************************

麦の歌     替え歌 山の歌


  なつかしい山々  懐かしい風景 ♪
 
      その総てと言わずとも みんなと歩きたい  ♪

  雪が降る冬にも 花が乱れる春にも  ♪

      高瀑を見上げるように 四国を見つめたい ♪

 
  そこに道は無くても 山を愛する心があるのなら  ♪

     伝えておくれ故郷へ そこへ歩いていくと   ♪

  風は吹き 雪は解け 季節は流れていく    ♪


 
  大好きな山々 大好きな山食  ♪

       新しい大好きを みんなと探したい  ♪

  私達は出会い 私たちは集い  ♪

       いつか信じる道をへて 四国の山を知る  ♪

  空よ風よ聞かせてよ 私は何処に行くのだろう  ♪

       生まれた地 育った故郷 愛する四国の地   ♪

  山は聳え 花は咲き あしたも待っている   ♪


  藪に伏せるときにも 山は話つづける  ♪

  
    「そこを超えておいで」 「くじけないでおいで」  ♪

       どんなときも届いてくる 山食の匂いが  ♪


  そこに道は無くても そこが藪で閉ざされていても   ♪

        伝えておくれ 山々へ 私は歩いていく  ♪


  雪は解け 花は咲き 季節は廻っていく     ♪

        鍋は噴き 鍋はおどり ちゃんこなべは出来上がる  ♪


**********************************

四国の山は ええけんの
四国の山は えじょ〜
四国の山は こじゃんとええにかわらん
四国の山は ええのう


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/top-page-entotsuyama.html



24324.Re: 絶景を見ながらちゃんこ鍋〜高瀑
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2015年02月18日(水) 00時46分
Original Size: 338 x 600, 138KB Original Size: 337 x 600, 138KB Original Size: 800 x 450, 159KB

エントツ山さん、こんばんは〜

ひさしぶりの替え歌ありがとうございます。
なんだか、歌詞が哲学的でかっこいいです〜ダーリンは楽しそうに歌ってましたよ(笑)

アイスクライミングの方たちについてですが、エントツ山さん、気持ちを代弁していただいてありがとうございます。
彼らが落っこちないかの心配と、カンカンするものだから、パラパラ氷が落ちてきて、結構離れていた私たちの所までダーリンが写真で持って写っていますが、頭ほどの氷の結構なスピードで落ちてきましたから。
その危険もあり、結構釘付で見ておりした。

できれば誰のものでもないけれど、自然のままの状態を見たいものですね。



24328.Re: 危険な所に行って危険を避けるアイスクライミング  何じゃこりゃ!!
名前:エントツ山    日付:2015年02月18日(水) 19時50分
ゆ〜ちゃん   今晩は

自然を楽しむ方法は人それぞれですね

登山や岩登り、沢登り、アイスクライミングは大きく分けてスポーツのジャンルに入ると思うのですが野球やテニス、ゴルフなどのリスクに比べてその危険度は同じスポーツとは思えないほど大きいものだと言えますね

フツーの登山にしてもリスクが伴いますので、一人で歩くな、登山道を歩け、1時間に10分は休憩せよとか小うるさい人がおりますが、そこまでリスクの事を言うのならば家にじっとしているしかありませんわ

人間ってのは不思議なもので岩登りやアイスクライミングの人達はあの危険な場所に好んで身をゆだねる訳ですよね。
その上で危険を避ける為に面倒な程最大の努力と確保作業を行いますから時間もたくさんかかります。

「安全を確保しながら敢えて危険を冒す」って一見矛盾に満ちていますわ

これが鉄塔や電柱や橋脚の上に上がって社会的な作業をする人ならともかく遊び(趣味で)でわざわざこんなややこしい事やりまっか? そこが人間の不思議な所ですわ

アイスクライミングや岩登りはゲレンデと呼ばれる専用遊び場所があるのですが、さて高瀑の滝ってどんなんでしょうね 八ヶ岳なんかが有名ですけど

あの時々ガラガラと音を立てて氷が崩れるのを目にしているのでとてもヤバい場所だと思うのですが・・・・ いつまででも氷瀑にへばりついているって事は結構危険なんでしょう

アイスアックスやアイスハーケンを打つとその氷がガラガラと崩れたら怖くて先には進めませんわ
ましてや下に滝見物の登山者が居ると猶更ですね

色んな楽しみが有るって事で安全に楽しんで欲しいです
まあ」高瀑をアイスクライミングなどする人は少ないからたまたま日が重なってしまったと思いましょうか


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/top-page-entotsuyama.html


24329.Re: 高瀑〜〜追っかけ〜〜!
名前:カタックリ    日付:2015年02月18日(水) 19時57分
Original Size: 450 x 800, 88KB Original Size: 800 x 450, 87KB Original Size: 800 x 450, 89KB

エントツ山さん ファミリーのみなさん こんばんは!

今日は スローシャッターさんが高瀑に行かれるというので 同行させていただきました。
私は 3年ぶりの高瀑になります。
林道は 駐車場手前の堰堤のところの橋あたりで腐り雪でスタックしていけませんでした。
少し下方へ駐車して15分ほど林道歩きをして登山開始。

積雪も少なく、雪はやや湿った雪でツボ足も数回あり 1回はこけてしまいました。
でも 数年ぶりの高瀑に胸は高鳴っていました。

結構 危険なところもあり注意しながら歩きました。
3年前の事故後に登山道の付け替えや橋の架け替えなど よく整備がされてましたね。

ここは危険な山(滝)です。楽しいばかりではすみません。
充分 気を付けて入山しましょう。

今日は 平日でしたが 新居浜から若者カップル?二人と香川から男性一人が
いらしゃっていました。

氷瀑の大きさは やや小さめでしたが 見事な氷爆でした。
私も おどけて寝そべって写真を撮ってもらいました。(笑)
みなさんの写真を拝見しながら ポーズを決めるのも楽しいかな〜と滝下で寝てみましたよ〜。

もう 氷瀑もしばらくの間です。もうそろそろ解けちゃいますね。
今週辺りが見ごろ、見納めになるんでしょうか?

丸渕の氷は 解けていましたね〜。



24330.Re:あわてもん〜〜!
名前:エントツ山    日付:2015年02月18日(水) 20時12分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 157KB Original Size: 692 x 800, 163KB

   高瀑への道    アイスクライミングが出来ずに帰る大阪人   


カタックリさん   今晩は


そう言えば数年前に私が高瀑の滝に行った時、滝の上で声がしてたんですが、後からそれがスローシャッターさんやカタックリさんだと知りました

3月から私のHPプロバイダー(OCN Page-On)がサービスを停止する事になり今引っ越しの最中です (もなかじゃないよ)

この際 リンクを見直して県別にまとめています
まだ抜けているサイトもあろうかとは思いますが、愛媛の欄にやまちゃんやスローシャッターさんのブログもリンクに入れております

その中で「わた」の世話ないよ −というこの界隈で岩登りや沢歩きをされている人のブログもリンクさせて頂いてますが 1月に西ノ冠岳から高瀑を下山されてますわ


最近はブログという軽快な発信手段で山歩きを紹介される人が多くなりました  私のHP山行記はもう古臭い手法なのかも知れません


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/link-page.html


24317.蔵王権現 返信  引用 
名前:グランマー啓子    日付:2015年02月16日(月) 20時50分
Original Size: 480 x 640, 88KB Original Size: 480 x 640, 90KB Original Size: 640 x 480, 90KB

エントツ山さん こんばんは

昨日、裏山を歩いて来ました〜

先ずは強足神にお参りしてから、取り付きを探そうと思ったら
祠の後ろに道が続いているじゃないですか!
「この道しかない」と、ドンドン登って行きました

少々の藪は覚悟してたけど
ペーコさんのお蔭でヤブコギは全然無しでした

でも地図を見たら、此処から黒森山まで遠いねぇ

私が実家にいる間、グランパは煙突山へ
南側に下りようとしたらネットに阻まれ、頂上まで登り返したそうです
今度は生子山へ登ってみようかな

写真 蔵王権現さん、思ったより大きかったです
    立川へ下りるのも大変でした
    昔かくれんぼして遊んだ煙突山
http://outdoor.geocities.jp/ymkm1982/



24320.Re: 大永六地蔵山ー蔵王権現
名前:エントツ山    日付:2015年02月16日(月) 23時04分
Original Size: 793 x 708, 164KB Original Size: 600 x 800, 165KB Original Size: 800 x 600, 165KB

  三角点「多喜浜」への尾根歩き  三角点を発見!!    何べん洗っても綺麗にならない靴下


グランマー啓子さん  今晩は

大永六地蔵山ー蔵王権現は黒森山〜沓掛山を通過して笹ヶ峰へ続く壮大なルートへ導く石土蔵王権現様やと私は信じております

お隣さんの六地蔵小屋を覗いたと思いますがこちらはしっかり石組された祠ですね

今は植林の中にあり少し場違いな気がしますが、大生院の正法寺からの笹ヶ峰・石土蔵王権現への修験道よりスケールが長〜〜い「シャクナゲの尾」への修験道でんがな

強足神社から鉄塔保線路を伝って行かれたのですね
以前、このルートは鉄塔手前がシダ藪で苦労した思い出があります
瑞応寺の鐘撞き堂の左奥からの方が確実な保線ルートを伝えます

昔は別子銅山の雑木を切り出してこの辺りは道が沢山付いていたと思います
「大永山」とされる山域はめちゃくちゃ広すぎて全て別子銅山の焼鉱用木材供給地だったんでしょう

先日、グランパが三角点「郷」の礎石を掘り出してくれたので、今回こちらは三角点「多喜浜」を整備して参りました

状況から行ってこの数年、誰も訪れていない寂しくて不憫な三角点だったでしょう

すぐ横には大きなイノシシのヌタ場があり、そこらあたりの木に泥を擦り付けた跡がありました

今年の計画に自宅〜瑞応寺〜辻ヶ峰〜黒森山〜沓掛山〜笹ヶ峰 (一泊)
チチ山〜チチ山の分れ〜獅子舞の鼻〜西山〜西赤石〜石ヶ山丈〜犬返し〜煙突山〜自宅 ってのがあります



エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/top-page-entotsuyama.html


24314.今日も雪山(天狗塚)へ 返信  引用 
名前:ストーンリバー    日付:2015年02月15日(日) 23時38分
Original Size: 800 x 533, 87KB Original Size: 800 x 533, 89KB Original Size: 800 x 533, 87KB

エントツ山さん 今晩は。

今日は剣乙女さんと天狗塚へ登って来ました。

今年も雪の天狗塚へ登る機会を待っていたのですが、
天気予報と先日のおじょもさんのレポートを拝見してから急遽登って来ました。

下の方はトレースが有りましたが、1600m位の樹林帯からは風でトレースが無くなり
雪が深くなったのでスノーシューで登りました。風が強ければトレースはすぐに消されてしまいますね。

今朝は雲の動きが速かったので、稜線に出ると風が強いのだろうと心配しながら登りました。
やっぱり風が強かったですが、思った程の寒さではなかったのが良かったです。
ガスが吹き飛ばされて青空が見えると真っ白い天狗塚の雄姿〜〜嬉しい嬉しい瞬間でした。

毎度のことですが、私達は方々で立ち止って写真撮影するのでなかなか前に進めません。
それでも、休憩も含めて3時間で山頂に登れたので、私達にしては上出来かな。

誰にも会わず三人だけの少しさびしい天狗塚でしたが、真っ白い天狗に大満足して
天狗峠まで下山した時、与力さんご夫婦が登って来られて嬉しかったです。
もっとお話ししたかったのですが、峠は風が強いので長居は出来ず下山しました。

下山後に落合集落展望所の近くにある民宿祖谷八景さんの福寿草を見せてもらいました。
日当たりの良い所では福寿草が咲いていました。小さな蕾が沢山出ていたので此れから楽しみです。



24315.Re: 今日も雪山(天狗塚)へ
名前:ストーンリバー    日付:2015年02月15日(日) 23時43分
Original Size: 800 x 533, 88KB Original Size: 640 x 426, 85KB Original Size: 800 x 533, 88KB

写真追加します

写真1 山頂
  2 与力さんと奥様
  3 福寿草



24316.Re: 今日も雪山(天狗塚)へ
名前:与力    日付:2015年02月16日(月) 14時02分
Original Size: 800 x 600, 95KB Original Size: 800 x 600, 95KB Original Size: 800 x 600, 93KB

エントツ山さんこんにちは。ご無沙汰しております。
ストーンリバーご夫妻、剣乙女さん お疲れさまでした。

天気が良く山も賑わっているだろうなと思って登山口まで着くと2台の車のみ。
寒風方面と違ってしずかなものでした。

先行者の足跡を追って登って行くと途中スノーシューを付けた形跡がある場所に!
で我々もここで昨シーズン使うことが出来なかったスノーシューを装着。
躄峠に着くとものすごい風の中前方から3人の姿、ストーンリバーさん達でした。連日の雪山三昧!雪景色を満喫されていますね。

お別れした後山頂に向かうと、経年劣化したスノーシューのゴムが切れてしまいました。暫く使ってないものは要注意ですね。

今年は積雪が多いので私も雪山を楽しんでいます。



24318.Re: 今日も藪ラッセルへ
名前:エントツ山    日付:2015年02月16日(月) 21時18分
Original Size: 1024 x 468, 164KB Original Size: 600 x 800, 164KB Original Size: 800 x 600, 161KB

郷山:四等三角点「多喜浜」    藪は美しい〜〜 (ウソピ〜)


ストーンリバーさん  今晩は

え?! 又連荘(れんちゃん)でつるぎ今昔乙女さんと剣山系の雪山ですか〜

雪山は気持ちいいですねえ
ラッセルも20cm位まででしたら楽しい内ですね
お蔭で与力さんを引っ張り出してくれましてありがとうございます

今日は先日 ペーコちゃんが大シダ藪で撤退した郷山(ごうやま)尾根を三角点「多喜浜」まで藪ラッセルをしておりました

ペーコちゃんが撤退しただけあって壮絶なシダ藪でしたわ
雪のラッセルと同じ事で、腕で背丈以上のシダを抑えて、膝で押し倒して一歩一歩進んで行きます

違いは・・・シダのホコリにまみれるって事でござんす

雪山〜〜〜〜  行きた〜〜〜い

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/top-page-entotsuyama.html



24319.Re: 与力さん  お久しぶりで〜〜す
名前:エントツ山    日付:2015年02月16日(月) 21時41分
Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 600 x 800, 163KB Original Size: 800 x 600, 162KB

三角点「多喜浜」を整備してきました    上空にシダがあるなんて初めての凄い藪漕ぎでしたわ


与力さん  今晩は  お久しぶりです

以前、マーシーさんと雪の寒風山〜笹ヶ峰を縦走する時にお会いして途中までご一緒して、「あっ 嫁さんを空港に迎えに行きますので途中で失礼しま〜す」って風の様に去って行って以来ですわ

体調はその後問題ない様ですねえ  良かった
「火打石のおしず」も何と元気に雪山に付き合ってくれているんですね
雪山の服装は夏と違って遮蔽物が多いので皆さん総じて若くてカッコよく見えますわ

私もスノーシューのゴムが何度も切れました
初期のMSRハーネスはゴムの劣化が問題になってましたね
毎回外して乾かして保管しておかないと加水分解でダメなんですわ

特に踵(かかと)用は予備を持っていないと現場で使えなくなります

こちらは今日、昼からチマチマと4連続の里山藪漕ぎでしたが、最近一番の手強いシダ藪に出会いました

三角点は藪の中で偶然発見
廻りを手足で広げると三角点柱も藪の中から現れました

先日グランパが隣の三角点を掘り出してくれましたのでこれで郷山で2つの三角点が現れました

雪山楽しんでおられる様で安心しました



エントツ山
 
http://entotsuyama.hobby-web.net/top-page-entotsuyama.html


24303.行って来ました!粟島リベンジ 返信  引用 
名前:reiko    日付:2015年02月14日(土) 23時13分
Original Size: 640 x 425, 49KB Original Size: 640 x 425, 50KB Original Size: 640 x 495, 49KB

エントツ山さん!こんばんは〜

行って来ましたよ「粟島」
エントツ山さんみたいに完全周遊は出来なかったけど
前回、山頂手前のピークまでしか行く事が出来なかった
「紫谷山」へ、むらくもさんの助けを借りて
やっと行く事が出来ました

いざ山頂まで行ってみると・・・・なんとまぁ〜
キレイな道が有るでは?
いつの間にこんな道が〜
でも山頂付近からの眺めは絶景ですね

もう一つ、阿島山は時間が無かったので
とりあえず下調べという事で一周したら、結構アップダウンが有り
本日歩いた中で一番キツかったです
北側に登山口だと思われる場所がありました

課題が残ってしまったので再リベンジに行かないと〜

たかが島の山ですが、結構歩きごたえがありました

紫谷山
紫谷山付近から見た砂州
本日のログ

http://www.geocities.jp/reiko_suda/framepage5.htm



24304.Re: 4度目の石土ノ森
名前:はるちゃん    日付:2015年02月15日(日) 14時01分
Original Size: 1000 x 663, 96KB Original Size: 1000 x 663, 97KB Original Size: 1000 x 653, 97KB

エントツ山さん皆さんこんにちは、
昨日は地元皆さんの助けを借りて裏側から清滝山〜石土の森を歩いて来ました、
澄み切った青空に県境の雪山が綺麗に見えていました。

はるちゃん



24306.Re: 行ってきました石土の森
名前:はるちゃん    日付:2015年02月15日(日) 20時06分
皆さんこんばんは、
今日の書き込みでお手付きをしました、

訂正してお詫びいたします、
1枚目の写真で雨ヶ森以外の書き入れが間違っていたのに気付ました、
失礼しました。

はるちゃん


24307.Re: 行って来ました石土ノ森
名前:はるちゃん    日付:2015年02月15日(日) 21時16分
Original Size: 1000 x 663, 93KB

訂正画像です



24311.Re: 行って来ました!粟島リベンジ
名前:エントツ山    日付:2015年02月15日(日) 22時44分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 600 x 800, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB

讃岐国分寺から旧遍路道へ   延享丁卯年(1747年)の台座  二十七丁地蔵(自衛隊演習場)


reiko さん  お疲れ〜

粟島へ予定通りむらくもさん、ピオーネさん、おけいたんと行かれたんですね
紫谷山の三角点は事前レポの様に刈り払い道があったでしょ
東側から道が延びているのに前回同様直登したんですか? 

プロペラ島の東翼部が一番面白いのでどうしても時間がかかりますね
何と阿島山の観音道をグルリと回りましたか
それじゃあ いつまで経っても山頂へは到達出来ませんがな
地形的に考えて北側からは道はほぼ無いと断言出来ます

道を付けるなら南側の民家がある場所から付けていきますので海岸線しかない北側から山頂への道を作る事は考えられません

ここはやはり西側の稜線から山頂を攻めるべきでしょう

ブラジャー観音 女性が見てもご利益あるの?
ブイにかわいい顔絵を描いた場所がありましたねえ


こちらは国分台の旧遍路道へ行ってきました
13丁石(国分台旧遍路道入口)から27丁石(国分台自衛隊演習場)まであまり藪もない道が残っていそうです

22丁石の台座は江戸時代中期(延享丁卯=1747年)の物が残っていました

帰りはショートカットで沢を下がりました



エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/top-page-entotsuyama.html



24313.Re: 石土ノ森から石鎚方面
名前:エントツ山    日付:2015年02月15日(日) 23時17分
Original Size: 800 x 686, 337KB Original Size: 800 x 450, 96KB

石土ノ森から石鎚方面      国分台から我が第二の故郷「国分寺」


はるちゃん  今晩は


山名の訂正ありがとうございました

石土ノ森ははるちゃんから今までも数回レポを頂いた記憶があります
例の高知組とご一緒でしたか
今ちょっとHPの引っ越しで忙しいのですが落ち着いたら先日の卒寿祝いで皆さんと歩いた里山もアップします


私も良くわかりませんが、地図で確認する角度より目で見る山の角度の方が何倍も広い気がします

あのトンガリ形はどうも石鎚の様な気がしますね
とすると、その右側が筒上山と手箱山ですよね


こちらは先日から島の山へ行ったり遍路道へ入ったりと里山歩きをしております
冬場は里山が安心ですね

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/top-page-entotsuyama.html


24302.剣山 返信  引用 
名前:ストーンリバー    日付:2015年02月14日(土) 23時02分
Original Size: 800 x 533, 87KB Original Size: 800 x 533, 90KB Original Size: 800 x 533, 88KB

エントツ山さん 今晩は。

今日は剣山へ登って来ました。

見ノ越に着いて雪の多さに驚きました。
神社を過ぎて少しの所でトレースが無くなり、去年登った尾根道を登ろうかと迷ったのですが
夏道をラッセルしながら登る事にして進みました。でも、雪が深くてなかなか大変です。

カモシカクラブの方達が追い付いて来て、ラッセルを交代してくださって有り難かった。
雪に隠れた登山道を正確にラッセルしたり指示したりするのをさすがだな〜と感心しながら
その後を楽々と歩かせてもらい本当に感謝です。

リフト下のトンネルが完全に埋まっていたり、西島駅にも大きな雪庇があったり、
今まで私が登った中で一番積雪が多い剣山を経験出来ました。
天気も最高で素晴しい雪景色を堪能しました。

写真1 山頂でkyoさんご夫婦と剣乙女さん



24308.Re: 剣山ー見ノ越から見える山は?
名前:エントツ山    日付:2015年02月15日(日) 21時32分
Original Size: 726 x 567, 328KB Original Size: 900 x 675, 162KB

見ノ越から祖谷川沿い   見ノ越から眺める三嶺


ストーンリバーさん 今晩は


冬は特に天気の良い雪山に限りますね
私が剣山へ久しぶりに行った時はガスと強風でトホホな状態でした
祖谷の谷では穏やかなので山頂付近へ出ないと状態は最後まで良くわかりませんでした

穏やかな山容の剣山ですが、やはり四国で2番目に高い山って実感しました

見ノ越から祖谷の谷沿いを見ると奥の突き当りに山が聳えています
山の形は角度によってサッパリわかりません

地図で確認すると三嶺でした
左手から丸石〜白髪の分れ〜三嶺と続く山塊が見えるんですねえ 


こんな良い天気にもう一度一ノ森へ行きたいと思いました

エントツ山 
http://entotsuyama.hobby-web.net/top-page-entotsuyama.html



24309.Re: 剣山
名前:伊予の鈍亀    日付:2015年02月15日(日) 21時58分
Original Size: 800 x 450, 91KB Original Size: 800 x 450, 94KB Original Size: 800 x 450, 95KB

エントツ山さん
ストーンリバーさん 今晩は

私たちも今日は剣山でした。
心配していた林道も除雪されていて、見ノ越の駐車場の手前で駐車できました。
既に、数台の車が停まっていました。

冬の剣山は初めてだったので、緊張しつつ神社の階段を登って行きました。
雪はたっぷりで、前日のストーンリバーさん達のラッセルのおかげで
しっかりとした道が出来ていて助かりました。ありがとうございました。

西島駅からは展望が最高でした。
三嶺方面や塔の丸、丸笹山などがクッキリでした。

雪の多い急な斜面を登って行くと、
やがて、頂上の建物が見え始め、ほっとしました。

頂上は風が強く一周すると手がかじかんで、吹き飛ばされそうでした。
最初、誰も居なかった頂上でしたが、一人二人と登山者が増えてきました。
風を避け神社の所で一休みしました。
冬の剣山は風が強いようですね。



24312.Re: 剣山
名前:エントツ山    日付:2015年02月15日(日) 22時57分
Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 900 x 675, 149KB Original Size: 900 x 675, 163KB

伊予の鈍亀さん  今晩は

たまには剣山へ行くのも新鮮で良いですねえ
気分的に石鎚山系が近くてアクセスが馴染みなので安心感がありますが、貞光からだと見ノ越まで行けるチャンスが多いみたいです

剣山は周りに遮る物がないので吹きさらし状態で風が冷たいですわ
見ノ越から手軽に行けるのですが標高は高いって事を実感します
また、雪雲が谷沿いに発生して積雪量も多いです

完全退職後は高知や徳島の山にも目を向けなきゃと思っています


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/top-page-entotsuyama.html


24305.予定変更で寒風山へ 返信  引用 
名前:トンちゃん    日付:2015年02月15日(日) 19時20分
Original Size: 900 x 600, 121KB Original Size: 900 x 600, 116KB Original Size: 1050 x 700, 100KB

エントツ山さん 今晩は

今日は岡山へ山と花を見に行こうと予定してましたが
お天気が余り良くないようなので寒風山へ行って来ました

暖かくて霧氷はありませんでしたが ガスの晴れ間に現れる山々の
景色を堪能してきました

一の谷からの林道は所々凍っていましたが 帰りには溶けていて
登山口まではスムースに行けました

来週はお天気が良ければ毛無山へ行って来ます

今日の寒風山です



24310.Re: 予定変更で寒風山へ
名前:エントツ山    日付:2015年02月15日(日) 22時02分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 675 x 900, 156KB Original Size: 900 x 675, 162KB

剣山風景


トンちゃん  今晩は


例によって新居浜に来ております
今日は比較的暖かい一日でした

坂出から距離的には岡山と愛媛ではそんなに距離も時間も変わらないのですが、やっぱり海を渡ると異国で道路状態が不安ですね

そろそろセツブンソウなんか咲き始めるんでしょうかねえ
いよいよ岡山〜広島遠征の時期が迫ってきたんですか  
そうなると四国でも寒峰が気になってきます

冬の山は選択肢が狭まって色んな発想が出来ません
里山や島の山も時間をかければ充実した歩きが出来ますわ

今週後半は天気が良くなりそうですね
毛無山ですか
まだ雪が多いでしょうねえ


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/top-page-entotsuyama.html



ページ: |< << 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb