[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





26212.犬返 返信  引用 
名前:Мr、投げ文    日付:2016年04月07日(木) 12時19分
 あまり出てきたくはなかったのですが…。私の2,3行の文があちこちに思わぬ波紋を呼んだようで、恐縮しています。
 愛媛県岳連(毎回50名程参加)が毎月行っている県民ハイキングという行事があります。伊藤玉男さんが亡くなられた翌年、2005年2月は憧山会が担当で(私も参加しましたが)、その案内文には
 第197回 県民ハイキング「犬返(いぬがえり)」予告  と明記していました。
従って今も憧山会の方が「犬返」を「いぬがえり」と呼んでいる筈です。ただ「犬がえし」と呼んでおられる方もいるようですので、銅板案内標識を設置されるのであれば、
されるのであれば、エントツ山さんが提唱されているように「犬返」とのみ記されるのが妥当と思います。



26213.Re: 犬返
名前:エントツ山    日付:2016年04月07日(木) 20時22分
Original Size: 1024 x 604, 182KB Original Size: 800 x 435, 123KB

 角野中学校付近から南側の山々    バイパス付近からの山々


ミスター・投げ文殿  ウェルカムです

やはりこんな掲示板には出たくなかったでしょうに  すんまへんです
でも、ここは元祖「犬返り」派にも登場願わないと収まりがつきませんわ
ありがとうございます

この「いぬがえり」の読みで二つの興味があります

先ず一つ目、伊藤玉男さんはどこからこの「犬返りの尾」を調べたのでしょうねえ
さしたる古文書からの出典でもないみたいだし、まさかあまり国語の使い方を知らない地元のオッサンに聞いた話が元ネタって言うんじゃないでしょうねえ
何せMr.別子銅山博士・曽我さんの資料にある様にあそこは元々「犬返」(Dog)では無く「大返」(Big)って名前をつけられていた位ですから

二つ目、諦めて引き返した犬は一体角野側(北)からやって来たのか、それとも石ヶ山丈(南)方面からトコトコ歩いてきたのか??
崖上に立ってワオーンと吠える犬と崖を見上げてキャイ〜〜ンと哭く犬の姿が頭から離れず夜も寝られません(ウソピ〜〜)

頼みの憧山会の西会長も原稿を作るとき不用意な変換ミスをしてしまった様ですね
まあ、それくらい犬返なんて皆さんが注目する様な場所じゃ無かったって証拠ですわ


今は本の力(影響力)よりネットの力の方が大きい時代です
伊藤玉男さんの本で知った「串ヶ峰」を世に出したのは私のHPだと自負しております
以前、煙突山に置いた銅版山頂標識に描いた串ヶ峰の山と山名は心無い人たちによって石で醜く消されてしまい撤去しました
それ位串ヶ峰って地元の人達からも全く認知されていませんでした

犬返り派の方たちにお願いするのは犬返し派の標識を無理やり汚さないで頂きたいと言う事です
標識のメンテナンスは私が責任を持って行います
それと、犬返し派の仲間たちは「犬返りの尾」に落ちているゴミを拾ったり整備をしてくれております

Mr.投げ文氏 !  我が掲示板にご登場誠にありがとうございました


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-seppiko-jizodake.html



26216.Re: 犬返
名前:おの    日付:2016年04月08日(金) 00時04分
Mr.投げ文 様 こんばんは。
エントツ山さんこんばんは。

「投げ文」さんの登場でこの話題も一件落着でしょうか。

昨日、犬返に行った時にみました。

投げ文さんではないと思いますが、赤ペンの落書きはあまり気分のいいものではないです。

*************

エントツ山さん、
昨日は、寺岡さんと、犬返頂上では矢野さんに会い、97番鉄塔から龍川神社へ下りる道を教えてもらいました。
たくさんの赤いテープはエントツ山さんが付けてくれたんですね。

40分で龍川神社まで下りて、車道を歩いて山根公園まで20分でした。


26218.Re:わだすは赤テープは嫌いでがんす
名前:エントツ山    日付:2016年04月08日(金) 06時19分
尾野さん  おはよう

矢野さんと電力鉄塔から龍河神社へおりましたか
以前矢野さんと犬返しでお会いした時に私も案内して頂きました

入り口に行先標識を取り付けましたが龍川神社と間違って書いたので今度取り換えに行きます

くのいちよ! 登山道整備というのはテープを一杯貼る事では決して無いのよね
私ははっきりしている道にテープをベタベタ貼るのは反対の立場を取る人間です
テープは時として初めて歩く人に精神安定剤の役目を果たしてくれるもので全面否定される物では無いのですが過剰に貼られる傾向にあります

ルートが比較的明瞭な場所ではテープは最小限にして分岐に標識があるのが理想ですね

トラバース道や藪でルートが困難な場所では的確なテープが求められます
ちゅうことは、そのルートを10回以上歩いた人、つまりルートを知り尽くした人でなければ有効で最小限のテープを貼る権利は無い!と言いたい

くのいちよ!
テープに頼らない山歩きちゅうのが究極の道迷い、遭難を防ぐ方法なのじゃとて
それと「まきびし」も道に撒いたらイカンよ

エントツ山

26193.「犬返」の読み方は? 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2016年04月01日(金) 22時56分
Original Size: 1024 x 768, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 675 x 900, 163KB

伊藤玉男さんの赤石の四季「付録地図」 犬返の姿(南側より) 犬返の絶壁  


今日、新居浜の実家に帰ると「投げ文」が郵便受けに入っていたらしい(母親が回収)
解釈に誤解があったらいけないので投げ文をそのまま引用します

「○○さま いつも精力的な山行に敬服しております
 さて、立川町東側の尾根についてですが故伊藤玉男さんの「愛媛の山旅・赤石の四季」にも(石ヶ山丈付近から北に伸びる尾根を犬返りの尾根と呼ぶ)と書かれています。
 犬が自ら引き返すという程の険しい崖という事でしょう。犬返しではありません
 古くからの名称は大切にしたいと思いますので宜しく何とぞご高配下さいますようお願い申し上げます」  草々


以上が差出人不明の内容です (恐らく憧山会系の方と思われます)

伊藤玉男さんの著書によりますと間違いなく犬返を「犬がえり」と書かれていた事は確かです


さて、ここからが悩ましい所です

漢字で「犬返」と書かれている場合は通常「いぬがえし」「いぬがへし」と読みますし、権威のある辞典にもそう書かれています
「犬返」(いぬがえし)=犬も通行出来ない様な険しい場所、断崖絶壁で犬戻りとも言う

一方、返を「かえる」と読む場合は魚などが遡れない滝や早瀬の事に使われる事が多く、その場合は「鮎返り」「魚返り」とか「返り」とルビをうたれるのが普通です


私が子供の頃、近所のおじさんが犬を連れて煙突山の向こうへワラビやタシッポを採りに行った帰りにうちに寄って「今日は犬がえしまで行って来た」と言ってましたし、立川の友達も犬がえしと呼んでいました


私だって尊敬している伊藤玉男さんの本に書かれている由緒正しい「犬返」(いぬがえり)と呼びたいのは山々ですが既に流布した俗称「犬返」(いぬがえし)も捨てがたい・・・う〜〜ん む〜ちょ悩ましい


ここは私が設置した、或いは今から設置する全ての標識を「犬返」と漢字二文字だけに留める事にせなしょうないか・・・・と思っております

だれかいいアイデアは無いもんかのうし・・・


エントツ山 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part3.html



26196.Re: 「犬返」の読み方は、、犬に聞いてみないと。
名前:おの    日付:2016年04月03日(日) 07時55分
おはようございます。

いぬがえり、いぬがえし、どっちでもいいような気がしますが、お手紙の投函主にしてみたらそうもいかないのでしょうね。
手紙を受け取ってしまった、エントツ山さんも放っておくわけにもいきませんしね。

犬が断崖絶壁を見て自ら帰ったのなら「犬がえり」で、その絶壁をかけ上がっててひっくり返されて帰ったんなら「犬がえし」かな。
これは私の勝手な解釈ですが…

犬に聞いてみないとこればっかりは、ね。

手紙の主は案内標をみて指摘してきたのでしてら「犬返」に変えればいいのでしょうかね?

私は今まで通り、「犬返し」と呼びたいですけど。
ここでの書き込みは「犬返」としたいと思います。


26197.Re: 「犬返」の読み方は? Cliff keep dog away
名前:エントツ山    日付:2016年04月03日(日) 20時18分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 164KB

三角点「板ノ本」(いたのもと)標識  ツツジが美しい立川山尾根   窓の滝(魔戸の滝)

Good Evening くのいち尾野 !

昨日犬返〜石ヶ山丈分岐〜魔戸の滝分岐〜種子川道〜串ヶ峰北西尾根〜串ヶ峰へ行ったんですが、さっそく犬返の山頂部にある古い標識に赤いボールペンで犬返しの送り仮名部分に「り」と書かれていましたわ

(中間地点に置いた私の犬返し標識にも同じような赤ペン添削がありましたさかいに、気分が悪いので取り外しました)

この犬返標識を取り付けてくれた方は新居浜の山に愛着をもってあちこちの主要な分岐に標識を取り付けてくれています
その標識に今頃になってボールペンで落書きしますか? これは失礼ですわ

もし「犬帰り」が正しいと言うならば新しい標識を手間と時間と費用をかけて作製して吊るすべきですね

MR.投げ文氏に言いたいのは大義がそちらにあるのなら堂々と私が公開している掲示板にその主張を匿名でなく名前もしくはHMで行って欲しいと言う事です

ほとんどの人が「犬返し」と呼んでいる今日、私のみに個人的に意見するのはいかにも効果が薄い行為です

山では勇気や度胸をいかんなく発揮されているひとかたならぬ岳人と察せられるMR.投げ文氏には、シャバでも同じように度胸を持って公開掲示板で私と、或いは読者の皆さんと渡り合って欲しいです

*******

さて、尾野さん
立川山尾根(犬帰り尾根?)は素晴らしい季節になりましたねえ
山根運動公園の桜は満開で、生子山に上がれば藪椿の代わりに山つつじがピンクとオレンジで飾ってくれてますわ

「犬返」は私も恐らく「いぬがえし」と呼びそうですね
山を主人公にすると犬も寄せ付けない断崖=「犬返し」がピッタンコです
現にそんな名前を付けられた尾根が各所にあります (香川県にも)
お城の石垣も「くのいち返し」(武者返し)と呼ばれており、「くのいち返り」では迫力不足の感があります

579Pでは味気ないしそれって何処よ?ってウロウロしますが山名が付けば便利でどこを指しているのか一目瞭然ですからねえ

私の狙いは新居浜の若者に煙突山から生子山を越えて「犬返」まで歩いて貰い、更にはそこから見える串ヶ峰や石ヶ山丈(その裏の西赤石)、チチ山、沓掛・黒森へと眼を向けて欲しい事です

さすれば山に興味倍増、犬返を通過点にして西赤石までのロング歩きが出来れば中央の山も全問題なく歩ける様になる筈です
これぞ壮大なる新居浜人登山家養成プロジェクトじゃおまへんか〜 


尾野さん
人間、何かにこだわりを持つって事は生き甲斐に通じてとても有意義な事ですね 遠くの人達にはどっちゃでもええ滑稽に見える「犬返」の名前に関する事もMR.投げ文氏にとっての大切なこだわりって事ですわ

伊藤玉男さんの本をバイブルとしてあまりにも教条主義に偏する事なく新居浜の山々を別子の山をどんどん歩いて大らかに慈しむ事が伊藤さんの願う事、本意だと思っちゃったりして・・・

長々と爺さんのよもやま話にお付き合いありがとうでござる


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-seppiko-jizodake.html



26199.Re: 「犬返」の読み方は?
名前:アンジーパパ    日付:2016年04月03日(日) 23時43分
エントツ山さん今晩は。
場所の呼び名は色々ありますねー。
例えば或る山の名前は其の山の西の麓の人は東山と呼び
東の麓の人は西山ですね。
以前、堂が森からニノ森の途中ですれ違った人達が
此処が五代(ゴダイ)の別れよって言ってました時に
はてゴヨの別れではないかいなと思った事が有りました。
どっかでそう読むと聞いていたんですわ。
そこで久万町の登山の会に問い合わせたところ
ゴダイと呼んでいるとの回答が有りました。
しかしそれでも私の中ではやっぱりゴヨの別れなんです。
元々の呼び方も概して地元の人の呼び方で決まっているんじゃ
ないでしょうかねー。
文字になったからっていって正しいかどうかは
当てになりませんわ。
代馬が白馬になったって自分の中で
やっぱり代馬なんよねーって思っていれば良いだけです。
若い人は絶対白馬ですわ。
決して伊藤さんを侮辱しているつもりはでは
無いんです。
其の方に尊敬の念を持たれている方は
何時までもそうなさんなさい。
しかし押し付けるものでは無いし
まして標識等を汚す様な行為には断固として反対します。

黙っていようと思っていましたが標識を穢す行為は
許しがたく口を出してしまいました。


26201.Re: 「犬返」の読み方は?
名前:エントツ山    日付:2016年04月04日(月) 21時32分
Original Size: 700 x 416, 49KB Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 165KB

伊藤玉男さんの著書     種子川道・岩屋(第2次泉屋道)   種子川対岸の串ヶ峰尾根に続く石積み


アンジーパパさん  今晩は

5月には「犬返」から牛車道〜魔戸の滝〜種子川道〜造林小屋跡〜兜岩〜西赤石〜上部鉄道・一本松〜東平を是非あるきましょう

前回、ペーコちゃんと私の決断が出来ずに魔戸の滝へ崖下りをしなかった反省をふまえて、牛車道ヘヤピンカーブから魔戸の滝へ下りたいと思っております

種子川道の造林小屋手前で一旦シャクナゲの沢近くに出合うのですが、そこの対岸に石積みされた串ヶ峰尾根への旧道らしきルートを見つけましてこれを先日辿りましたが消化不良となりました
新たな宿題が出来て楽しみです


山の名前ほどいい加減なもんは無いですねえ
日本百名山の山名ですらその例外ではありません

五代ヶ森は元々「五葉ヶ森」(ごようがもり)から「五代ヶ森」(ごよがもり)と転じて、現在は「ごだいがもり」の読み方が主流になっていますね  これも山岳雑誌で取り上げられた読み方がきっかけらしいです

代馬(しろうま)岳も白馬(しろうま)岳に転じて現在は白馬村(はくばむら)から白馬岳「はくばだけ」と読む若者が増えたそうです 


伊藤玉男さんは「串ヶ峰」の山名をその著書から教えて頂いた私の恩人です 元々山歩き、沢歩き、山スキーが大好きで住友鉱山を早期退職されて銅山峰ヒュッテの管理人を長年されながら別子銅山の歴史や仲持道などをご自分の足で調べながら本を出版されていた、あの界隈のスペシャリストでした

憧山会の主要メンバーで銅山峰のツガザクラ保護などに会の人達と努力されてこられた尊敬に値する人物でした

「山村文化」という研究論文誌では塩田康夫さん、高橋幹さん達と共に仲持道、鉄管道などのルート考察などで私の山歩きにも多大な影響を与えてくれた方ですわ

だから伊藤玉男さんが書かれている様に「犬返」辺りの尾根がその昔「犬返りの尾根」と呼ばれていたのは確かなんでしょうね
同時に多くの地元の人も「犬返し」と呼んでいたのも事実ですから、ここはどちらでも良いのかな?と考えます

標識は神社仏閣とは違って「ゴミ」となる運命の物ですからまあ落書きしても罰は当たらず「穢(けが)す」とまでは言い難い行為でしょう
串ヶ峰の山頂標識も毎年メンテナンスをしながらも今年12年目で終了予定ですわ

但し、「犬返し」標識はカマボコ板の標識と違って製作者が山に情熱を持ってそこに置かれた物ですから修正するならそれなりの仁義を尽くして頂きたかったです
(例えば白ペンキで「し」を綺麗に消すとか・・・)

アンジーパパさん
各地に犬返しって尾根がありますが、あそこの犬返しの険はコンパクトながら愛犬アンジーでも尻尾を巻きますわ


エントツ山
     

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-seppiko-jizodake.html



26202.Re: 「犬返」の読み方は?
名前:おの    日付:2016年04月04日(月) 21時42分
こんばんは。

エントツ山さんの返信を読んで思わずまた書き込みさせて頂きます。

お手紙の文面から中々の紳士的(男子と決めてますが…)な方だな。なんて思ってましたが、もし案内標識の訂正の落書きが同一人物ならば、なんて非常識な人でしょうか。

そんなに「り」にこだわるならばこの掲示板で「犬返山」歩きを楽しみにしているみんなを納得まではいかなくても、「フム、ふーん」くらいに唸らせるような力説してもらいたいものです。

******************

しばらく生子山〜犬返山に行けてなくて先週(水)に10日ぶりに行きましたら、頂上のボックスの中に交換日記のようなメモ帳が!
犬返山だから表紙が犬なのかな、、たぶんそうだろう。いや、絶対そうだ。
と、ぶつぶつ言いながらメッセージ書かせて頂きました。

エントツ山さん、いつも楽しい事を考えてくれてありがとう〜

久しぶりに歩いた犬返山では椿とミツバツツジのコラボに、前はなかった白い花、、コブシか木蓮かな?もたっぷり花を付け私を迎えてくれました。

帰りには矢野さんに会い、ペーコさんのご家族との下山のお話も聞くことができました。
ご家族の頂上まで4時間かかった。という話を聞いて、矢野さんは龍川神社に下りるのを止めて、来た道を一緒に下りたそうです。

車でぶーん。って、走ってくれた寺岡さんには申し訳なかったですが、それでよかった、と思いました。

そんな、犬返山は今度はどんな顔で迎えてくれるかな。


26204.Re: 「犬返」の読み方は?
名前:エントツ山    日付:2016年04月04日(月) 23時43分
Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 149KB Original Size: 900 x 675, 160KB

    コブシやろねえ     犬返から串ヶ峰(ヤマザクラが沢山!)      これでどうや!!


尾野さん  今晩は

まあ まあ 犬返の読みに関してはこの位にしときましょう
人間には得意、不得意と言うものがあるもんで、山のお歴々の方はこんな安っぽい掲示板に登場してご自分のステータスを下げたくないんでしょう 

私は個人的にはMR.投げ文氏には敬意を持っております
でもお袋さんが古新聞入れにその封筒を無造作に置いてあり「これどうしたん?」と聞いても知らん存ぜぬでもう少しで気付かずに捨てる所でしたわ

来週、ペーコちゃんのお宅に山頂標識を持って行くつもりですから犬返まで片道4時間もかかったお話をお伺いしてきます
その後、標識ポールを製作して来週犬返に立てておきます

それにしても矢野さんや寺岡さんにはお世話になりましたわ

寺岡さんも犬返から魔戸の滝まで足をのばしてくれたし、真鍋先生やゆりちゃんも犬返から石ヶ山丈までトレーニングに来てくれた事をメモで拝見しました

今日は孫が襲来したので疲れました・・・

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-seppiko-jizodake.html



26208.Re: 「犬返」情報 
名前:エントツ山    日付:2016年04月06日(水) 20時57分
Original Size: 370 x 508, 82KB Original Size: 578 x 669, 129KB Original Size: 886 x 563, 89KB

山村文化10号26ページ  帝国陸軍陸地測量部が発行明治41年8月25日 明治末頃の住友鉱山関係と思われる地図


上記三資料を新居浜の曽我さんから頂きました

曽我さんと言えば以前上部鉄管道をマーシーさんと歩いていた時に同じ目的で来られていた曽我さんに遭遇して一緒に上部鉄管道の最終コーナー部まで藪歩きをした別子銅山研究の現役第一人者と言える人です

曽我さんによりますと山村文化10号に西俊明さんが「犬返し」と論文の中に書かれているそうです。
抜粋して頂いた10号26ページには「西種子川林道の犬返しヘヤピンカーブ」とあの犬返し直下、四電鉄塔巡視路の入り口(そこにも「犬返し」の標識があります)のヘヤピンカーブの事を書かれております。

著者の西さんと言えば憧山会の会長さんで、先日環境保全で三浦保環境大賞を市長から会を代表して受け取られていましたね

ちゅうことは? 「犬返し」は憧山会のお墨付きを頂いた様なもんじゃおまへんか

又、曽我さんによると明治時代の地図には犬ではなく「大返」BIGと記されておりますんにゃがな
え? まさか秀吉の中国大返しみたいなタヌキ合戦がここで・・・?
カシミールの国土地理院2万5千分の1地図、5万分の1地図には既に「犬返」とDOGと訂正(?)変更(?)されております

日本語の犬と大、 英語のDOGとBIG いや〜〜両者良く似て書き間違い易いですなあ

国土地理院の地名は時々間違いがありますんで大返はおそらく点を書き落としたか…或いは元々「大返」(おおがえし)だったのが「犬返」(いぬがえし OR いぬがえり)に転じたのが・・・


まあ、曽我さんの資料のお蔭で地名は結構変わったり間違ったりして変遷していくものだとわかりました

ちゅうことは!!!
「犬返」は 「いぬがえし」でも間違いだとは断定できないって結論にしましょう

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-seppiko-jizodake.html



26209.Re: 「犬返」の読み方は?
名前:アンジーパパ    日付:2016年04月06日(水) 21時45分
大円団

エントツ山さん今晩は
やっぱり名前は変化しますねー。
特に一旦漢字になると複雑さを増しますね。

五月は是非お願いします。
今から楽しみにしています。


26210.Re: これぞ、大どんでんがえしやー
名前:むらくも    日付:2016年04月06日(水) 23時02分
エントツ山さん
アンジーパパさん こんばんは

熱く燃えてますね〜。
犬返し、犬返り、突き詰めてゆくと面白くて、ついついこの論争に夢中になってしまいました。
長い時間が経つと歴史が塗り替えられたり、忘れ去られてゆくようにゆくように、変わってゆくもんなんですね。
わたしたちが教科書で見た聖徳太子や織田信長の絵が実は違うのではないかというのが明らかにされつつありますが、それを信じ切っていたわたしたちはショックでしたわ。
他にもあるようで明石原人なんていうのも私たちのころは教科書に載ってましたが、どうやらこれも違ってるようで、教科書から消え去ってますわ。
日本書紀や古事記もあとからされた創作されたところが結構あるそうなので、それからいうと地名の変遷というのはまだかわいいもののようです。

「どんでん返し」っていう言葉ももともとは「強盗返し」という言葉だったようで、いつの間にかどんでん返しに変わってしまったようです。
万事何事も、変わるのが世の常と思っておいた方がよさそうですね。
ただ、今後どう呼べばいいのか、ここが問題ですぞ。
やはり、多数に従うのがが無難なのかも。

アンジーパパさんへ
携帯にメールを入れてますのでよろしくお願いします。


26211.Re: 何にしても乙姫ってええぞ〜〜
名前:エントツ山    日付:2016年04月06日(水) 23時38分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB

浦島太郎は実はコーヒーが好きだった   紫雲出山にも石鎚大権現があるの知ってた?


アンジーパパさん
むらくもの大将 今晩は

「犬返り」の当事者から一つも反論が出ないまま判決が下されそうですわ
国選弁護人でも立てなければこの論議は不公平というもんです

結局物に名前を付けるって何気に大事なもんで、むらくもブログのコメント欄みたいに000PじゃのXXXPじゃの言われても何処の事やらサッパリわからん

万人が(出来るだけ多くの人が)理解出来る名前が次第に固有名詞として淘汰され残っていくのでしょうねえ

下部鉄道の煙突山近くに「板ノ元」駅って言う駅がありました
古い地名「板ノ元」から来た名前です
でも、庄司山にある三角点名は「板ノ本」となっています(恐らく国土地理院の間違い)
犬返の南側にも三角点「種子川山」(たねがわやま)がありますが、これもたぶん国土地理院の調査不足で本来は「立川山」とすべきだったのが、尾根を一つ飛び越えた東側の地名を採用してしまった様です

そんな場所を5月にご案内つかまつります

はるちゃん91歳の介護フラワーズもええけんど、浦島太郎91歳の付き添い乙姫もえがったぞ

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-seppiko-jizodake.html


26206.堂山夕暮れ隊〜 返信  引用 
名前:え〜ちゃん    日付:2016年04月05日(火) 22時07分
Original Size: 640 x 480, 43KB Original Size: 640 x 480, 90KB Original Size: 640 x 480, 99KB

エントツ山さん、こんばんは!

今日はお疲れ?様でした!里山を年金組の皆さんで楽しく歩くのは良いものでしょう?
「エントツ山から犬返し」もで歩こう〜メンバーが増えて来ました!皆さんの都合と天気を見てから事前に連絡しますね〜
夕暮れ隊の皆さんは楽しみにしていますよ!(^^)!

堂山の山桜もまだ綺麗に咲いてるのも有りましたね!
五色台から見た堂山・六つ目山、堂山の山桜、五色台の山桜、



26207.Re: 紫雲出山〜〜
名前:エントツ山    日付:2016年04月06日(水) 19時51分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 163KB

     半島に咲く桜は最高じゃね  浦島太郎翁は91歳(はるちゃんと同い年)


え〜ちゃん  今晩は


紫雲出山へ行ってきました
ここで見る桜はしまなみ海道と並んで穏やかな瀬戸内海とマッチしてグーやねえ
浦島太郎さんと乙姫様に会いましたぞ
3代目ジェイソール・ウラシマさんは御年91歳、はるちゃんと同い年でした
32年も三代目浦島太郎を続けているそうです
乙姫様は3期目のギャルで詫間町出身でございます

二人仲良く展望所でコーヒーを飲んでました

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-seppiko-jizodake.html


26186.山の会に別れを告げて 返信  引用 
名前:高御位山    日付:2016年03月30日(水) 19時20分
Original Size: 1024 x 768, 80KB Original Size: 1024 x 768, 79KB Original Size: 1024 x 768, 80KB

 エントツ山師匠、マーシーさん、はるちゃん、御無沙汰しております。

 はるちゃんは冒険の旅ですね。四国の山も雪が溶けて行動範囲が大きく

広がり、師匠、はるちゃんの活躍される絶好の季節ですね。

 私は3月末でもって稲美山の会を退会致しました。会長も運営委員も変わり

会の方針も大きく変更されました。山岳会からハイキング主体の会に変身した

のです。私に求められる物は何も有りません。此処らが身の引きどころと思い

退会しました。同時に榎本さん、西川さん、前田さんも同時に退会致しました。

 会を辞めても、山での付き合いは今までと変わりません。西川さん達はFAC

山岳会に、私は兵庫県山岳連盟のメンバーに居残ります。今までどうりのお付き

合いをお願い致します。この間近くのレストランで昼食会を開いて貰いました。

話題に成ったのは、良くしごかれた、厳しかった、泣かされたの話ばかり

恨み、つらみも多かったが、本当の厳しい山行をさせて貰った、との感謝の気持ち

を貰いました。  


1 藪山雲水こと榎本さん
2 稲美山の会の仲間
3 退会した4名の仲間



26190.Re: 山の会に別れを告げて
名前:エントツ山    日付:2016年03月30日(水) 23時54分
Original Size: 900 x 675, 99KB Original Size: 675 x 900, 162KB Original Size: 900 x 675, 99KB

     雪彦山にて        優しく指導してくれました    地蔵岳  


高御位山さん  今晩は


懐かしい顔ぶれですね
皆さんとは剱岳・長次郎谷や雪彦山・地蔵岳の岩登りなど大変お世話になりましたねえ

稲美山の会には大西ノッポさんや深田さんなど親しくさせて頂いた方もおられるので少し残念な気も致します

稲美山の会の山行予定も度々拝見させて貰っていますが中々積極的な活動をされてていると思います

色んなジャンルの人が会におられた方が総合的に良いと思うのですがトップの人達との人間関係も袂を分かつ要因なんでしょうね

雪彦山での親睦会で藪山雲水さんと高御位山さんの山道具論は興味深く傍聴させて貰ったもんです なにせお二人とも頑固でした

とんでもない山の大先輩が山の会で若者を鍛えるってパターンが次第に成り立たなくなっていくんでしょうねえ

確かに菅さん、西川さん、前田さんから高御位山さんにしごかれた話を良く聞きました  しごき甲斐があった女性達でしたよねえ

歳を取ると体も動かなくなり次第に里山歩きに転向していくのが自然の流れですが四人の猛者(もさ)には無理なんでしょうかねえ

事実、私自信も故郷(ふるさと)の山を主体に赤テープを減らそうと「道しるべ」を要所に置いたりしています


下のURLは懐かしい雪彦山での岩登りの様子です

エントツ山
      

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-seppiko-jizodake.html



26198.Re: 山の会に別れを告げて
名前:マーシー    日付:2016年04月03日(日) 20時26分
高御位山さん 今晩は!お元気そうで何よりです
榎本さん、西川さんも前田さんもお元気そうですね

稲美山の会を退会されたようですが、でも、皆さんそれぞれ山岳会には所属されてるんですねえ

登山の基本や登攀技術をまっとうに習得して「山やってます」と言うには山岳会に所属するのがベストですが、私は規律が厳しい会は苦手で無手勝流で安全な山歩きをやってきました

さて、私はクライミングを始めて3年近くも成りますが、いい加減な性格が仇となって一向に上達せず、未だに外岩は5.10台が精一杯で5.11は体重の関係で?ほぼあきらめております

山歩きもたまにする程度となり、藪イノシシ、沢イノシシも今やメタボイノブタに成り下がりました

すっかり形勢は逆転してしまいまして、エントツ山さんと山を歩いても「休憩しようや〜」「ゆっくり行こや〜」っていうのは私です

どげんかせないかん!と思いつつも、またまたビールの美味しい季節になってしまいました(^o^)・・・ので、無理です

また四国にもおいでてください


26205.Re: 今楽しめる事を精一杯に・・・
名前:エントツ山    日付:2016年04月05日(火) 21時59分
Original Size: 600 x 800, 165KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 94KB

高松の堂山仲間「年金を掛け金以上に受け取ろう会」  堂山の桜       堂山の五葉アケビ


マーシーさん  今晩は

先日は赤星山のバリエーションルートお疲れ様でした
実は濡れたシダ藪でレインズボンを履いた時にサングラスを入れたポシェットをそこに忘れたのよ 
三角点で気が付いたんだけど言わなかった
夕方マーシーさんと別れた後、探しに又シダ藪に入って三角点まで行ったんだけど見つからなかった

2〜3日後に再びシダ藪へ入って探して今度は意外と簡単に見つけました

基本的には8時間から10時間の山歩きが充実感があるんだけど、日頃はやはり里山歩きがいいね
新居浜では犬返、高松では堂山です

どちらも仲間の輪が広がって一人歩きとは又違った楽しさがあります

去年ペーコちゃんと一緒に行った「二ノ岳」の向こう、高森まで機会が有ったら歩きましょう

エントツ山 

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-seppiko-jizodake.html


26200.豊受山 返信  引用 
名前:ヘキチョウ    日付:2016年04月04日(月) 16時33分
Original Size: 800 x 600, 144KB Original Size: 800 x 600, 148KB Original Size: 800 x 600, 135KB

エントツ山さんこんにちは。
 
豊受山といえば、赤星山や鋸山とセットで花の季節に行くイメージがありました。

私は2013年に山の会で赤星山から鋸山まで縦走しましたが、主人がまだ行ってないので
昨日昼過ぎから雨になる前に、豊受山だけ行くことに決めました。

山の会などで連れていってもらって、花咲く山をキャラキャラ言いながら楽しく歩いただけなので
ほとんど道の記憶がなく、豊受神社に着いてたので「頂上はどこだ?」と主人に言われ
「わからん、調べる」「行ったことあるのに何も覚えてないんか?」

全く情けないことです。分県ガイドを取り出しその通りに行くと、確かに一番高そうな場所に
すぐ着いたのですが、何もありません。
再び分県ガイドをザックから取り出し読むと、北に150メートル行けば三角点があると書いてます。
普段は三角点にこだわらないのですが、山頂に何もないのが気になり行って見ると
新しい立派な標識がありました。

前回私がその山頂に行ったかどうか、記憶がありません。
主人が何を聞いても、私は忘れたと答えるばかりなので、そのうち何も聞かなくなりました。

今回は山の南側の豊坂方面から最短コースで登りました。林道は最後未舗装ですが
普通車で大丈夫です。

歩き始めて自然林が現れるとすぐ、蕾を付けた山芍薬や、早春の花を咲かせる予定の植物の芽が
沢山ありました。近くであれば春の花の撮影にまた訪れたのですが、同じ東予でも
ここはかなり遠かったです。                          



26203.Re: 豊受山
名前:エントツ山    日付:2016年04月04日(月) 23時12分
Original Size: 880 x 699, 328KB Original Size: 800 x 600, 99KB

  豊受山登山道(南北)   串ヶ峰登山口付近の山桜


ヘキチョウさん  今晩は

豊受山は新居浜のお隣さんの山なので赤星山と同様に親しみがあります
やまじ風が強烈に吹き降ろす場所だけに山頂に風を鎮める為に神社を祀っていますね

グランマー啓子さん達地元の人はこの山を「おといこさん」と呼んでいる様です

父ちゃんから「行ったことあるのに何も覚えてないんか?」の一撃を受けましたか ! 分かる その気持ち! もっと言ったれ 父ちゃん !!
確かに印象が薄いジミ〜な山には違いないのですが山渓分県ガイドを持って行って良かったですがな

先日は香川の山仲間が登って予想以上の霧氷にムヒョ〜〜って喜んでましたが、まあ、あそこはやはり鋸山のカタクリとセットかせめてアケボノツツジの季節に行くもんでしょうねえ

ヤマルリソウってこんなに早く咲くんですねえ


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-seppiko-jizodake.html


26181.やはり雪は少ない 返信  引用 
名前:吉備路の極楽とんぼ    日付:2016年03月29日(火) 21時37分
Original Size: 682 x 1024, 98KB Original Size: 1024 x 682, 98KB Original Size: 1024 x 682, 100KB

エントツ山さん今晩は、ご無沙汰しています。
大山環状道路が冬季閉鎖が解除されたので、ニノ沢に行ってきました。
やはり雪は少なくツボ足で充分、V字谷と読んでいる場所も、ローリーの墓の沢も沢上部で〜から戸乾いた音とガツンと鈍い音が絶え間なく続いていました。でも天気が良かったので、ラーメンを食べながら1時間くらい、青い空と荒々しい南壁を久しぶりに堪能してきました。



26187.Re: やはり雪は少ない
名前:エントツ山    日付:2016年03月30日(水) 21時17分
Original Size: 791 x 900, 297KB Original Size: 1024 x 767, 164KB

魔戸の滝〜西赤石コース(6〜7時間)  心に残る秋の船上山


吉備路の極楽とんぼさん
ワンワンさん    今晩は

二つ岳以来我が「讃岐花も団子もトリオ」との親交も深まり嬉しい限りです
ピオーネさんを通じて大山のログを頂いて眺めております

雪解け時期の大山の沢筋は落石が特に危険ですね
(普段でも岩が脆くて怖いですが・・・)

秋に大山の大船山へ行った時にススキ原の美しさに魅せられました
それで秋に野田ヶ山〜矢筈ヶ山〜甲ヶ山〜勝田ヶ山〜船上山の周回を計画していますが、昨秋は石鎚〜剣山の縦走で足が向きませんでした

今年の秋には行きたいと思っております

アケボノの時期に西赤石へ来られる機会がありましたら魔戸の滝方面からのルートをご案内致しますのでお気軽に声をかけて下さい

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part1.html



26191.Re: やはり雪は少ない
名前:吉備路の極楽とんぼ    日付:2016年03月31日(木) 17時13分
Original Size: 1024 x 680, 99KB Original Size: 1024 x 768, 99KB

エントツ山さんこんにちは
魔戸の滝のルート、一度は歩いて見たいと思っていました。
ただ私の足では行けるかな?どんなかな?と二度足を踏んでいるところです、二人で行ける所まで行ってみるかと話をしています。
行く時はかならず連絡させて頂きますので宜しくお願いします
秋には野田ヶ山から船上山の周回を行われるのですね、大山寺から親指ピーク経由で野田ヶ山ですか?
私は反対の船上山〜大休峠まで縦走して川床に降りました、
そして川床〜親指ピーク〜小滑り〜下宝珠〜国際スキー場〜川床
私の足では船上から大休峠をへて川床までがやっとなので
二日間になってしまいます
川床からのルートは7月、花の時期にユートピアに向けて川床から親指ピーク経由で歩くことがあります、(昨年の振子沢コース同様登山者が少ないので)

さすがエントツ山さんですね、この周回には私の足では確実に追いついていけないです



26192.Re: 大山のアバウトな縦走計画 (一泊二日)
名前:エントツ山    日付:2016年03月31日(木) 19時39分
Original Size: 900 x 693, 404KB

吉備路の極楽とんぼさん  今晩は

大山の北東側への尾根(=カブトガニの尻尾)歩きは魅力的ですね
3年前に漠然と立てた計画は船上山登山口へ車をデポして自転車で一向ヶ平へ移動
そこから大山滝〜地獄谷〜駒鳥小屋〜振子沢〜象ヶ鼻〜剣ヶ峰〜ユートピア小屋 (この辺りで行ける所まで進んでビバーク)
翌日、野田ヶ山〜大休峠〜矢筈ヶ山〜勝田ヶ山〜船上山 →一向ヶ平
という周回でした

それまでに一度地獄谷や野田ヶ山辺りをうろついて見ようとは思っています

吉備路の極楽とんぼさんのログをみると大山の歩けるルートは全て網羅されていますねえ 


ところで西赤石の件ですが、5月にむらくも隊にご提案しているルートは
@私が前日、東平へ車1台と自転車2台をデポ
A当日 新居浜、山ね運動公園〜犬返し〜魔戸の滝〜種子川道〜造林小屋跡〜兜岩〜西赤石〜兜岩〜上部鉄道〜一本松停車場跡〜東平  です

おそらく度々休まないと「殺される〜〜」ってむらくもさんからブーイングが予想されますのでゆっくり歩いて 8時間位かな?と考えております

むらくも隊の参加メンバーや日程はまだ決まっていませんがいっその事、みんなで歩きませんか?

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-seppiko-jizodake.html



26194.(untitled)
名前:むらくも    日付:2016年04月01日(金) 23時14分
Original Size: 750 x 500, 142KB Original Size: 500 x 750, 186KB Original Size: 750 x 500, 137KB

エントツ山さん こんばんは
吉備の極楽とんぼさん 大山では大変にお世話になりました。

エントツ山さん 
その案に大賛成です。
乗っかりますので、ぜひご一緒させてください。

5月とお伺いしてましたので、のんびりしてましたが、もう一か月先のことなんですね。
いそいで日程調整と車の準備をしないといけませんが、全員が都合のいい日となりますとなかなか困難ですので、一定程度割り切って進めましょう。
この際、主催者ということで、極楽とんぼさんとワンワンさんの空いている日を念頭に、エントツ山さんのほうで決めていただくのがいいような気がしてますが如何でしょうか。
それと車ですが、人数のこともありますが、どうやらデポ車2台からひょっとすると3台は要りそうですよ。
アンジーパパさんと佐々蓮さん、それとわたしの車も入れて、4台でデポ車の送り迎えもいれて回転することでどうでしょう。
エントツ山さんの車は前日にデポ、わたしたちの車は当日にデポということで進めていただくことで問題はないと思いますので、よろしくお願いいたします。

いい写真がないので、土佐の笹ヶ峰を貼り付けました。

棚田
山頂岩場
天狗岩から俯瞰



26195.Re:今日は串ヶ峰の標識メンテナンスでした
名前:エントツ山    日付:2016年04月03日(日) 00時21分
Original Size: 800 x 706, 165KB Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 163KB

煙突山〜串ヶ峰ルート(青線)     三角点標識設置     串ヶ峰山頂標識メンテナンス



むらくもさん  今晩は

私のスケジュールは5月1日(東京のお客さんを石鎚案内)、5月3日(親父の法事)以外は空いていますので、アンジーパパさん、佐々連さん達、現役労働者の都合で決めて下さい

人数が7人以内でしたら私の車と自転車2台を東平にデポしておけばそのまま山根運動公園集合で出発出来ます

7人より増える場合はデポ車追加をお願い致します


今日は DOG RETURN PEAK (犬返)から種子川道を遡って以前沢で石段を見つけていた串ヶ峰尾根へのトラバース道を辿ってみました
でも途中で道を見失い3分の2程進んだ所でこの旧道に合流しました

串ヶ峰の標識は相当ガタがきており、今季でお役御免と致します
代わりに来季から銅板の新しい標識を設置するつもりです

コンパスを忘れて串ヶ峰の下山で苦労しました
魔戸の滝登山口へ帰って、種子川林道を下り崩壊地の修理場所近くを這い上がり鉄塔尾根へ合流しました


「犬返」の件は随分前からここに「犬返し」という標識が置かれており、それを今まで放置しておいて何で今頃になって私にクレームをするのかちょっとちょっと〜〜って感じですわ
もうめんどうくさいので「DOG RETURN PEAK」とこの際英語で呼ぶことにしますわ


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part3.html


26183.冒険の長沢山 返信  引用 
名前:はるちゃん    日付:2016年03月30日(水) 13時26分
Original Size: 1000 x 653, 97KB Original Size: 1000 x 653, 97KB Original Size: 1000 x 663, 98KB

1.長沢山への進入路     2.登山ログ     3.林道入り口分岐

エントツ山さんこんにちは、
冒険と言っても山じゃなくて林道、昨日は我が愛車で単独出掛ける
一人乗車なら車の沈み方が違うと思い四国四県の晴れマークに釣られて急遽出掛けたが段々天候は悪くなり又林道は思いの他悪く一人でも結構腹を擦りながらの登山口でした。

登山道もマイナーで余り人の訪れが少ないか踏み跡が薄いです。
でも初めての山は新鮮味が強く達成感に浸りました。

はるちゃん



26184.Re: 冒険の長沢山
名前:はるちゃん    日付:2016年03月30日(水) 13時30分
Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 464 x 700, 96KB Original Size: 1000 x 663, 98KB

4.林道から竹ノ川橋       5.掘割       6.登山口から

追加写真をどうぞ



26185.Re: 冒険の長沢山
名前:はるちゃん    日付:2016年03月30日(水) 13時34分
Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 464 x 700, 97KB Original Size: 1000 x 663, 96KB

7.右を巻いて登る   8.山頂手前の大岩 

  



26189.Re: 冒険の長沢山
名前:エントツ山    日付:2016年03月30日(水) 23時13分
Original Size: 1024 x 755, 163KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 96KB

    長沢山       上瀬戸山の北側にある岩山   岩山からの風景


はるちゃん  今晩は

また一人で行ったの それも長沢山へ・・・
はるちゃんの車はセダンですから荒れた林道は厳しいですよね
雪解けの林道には岩や石、倒木が結構落ちており崩壊してる「かも知れないからこわごわの運転ですわ

でも、リップさん達が直前に何とか行けてたので少し安心でしたよね

長沢山は藪で有名ですが稜線は比較的歩きやすかったです
はるちゃんやリップさんが利用した林道が稜線へ到達する場所で水を探してウロウロしました

この道路をクロスして上瀬戸山へと進むのですが、その先にとんでもない岩山がありスリル満点でした

やはり私は縦走に魅力を感じる様です

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part1.html


26182.瓶林界隈 返信  引用 
名前:リップ    日付:2016年03月30日(水) 11時00分
Original Size: 800 x 600, 97KB Original Size: 800 x 600, 97KB Original Size: 800 x 569, 96KB

こんにちは。昨日は瓶林が開通する前に寺川のバンガロウからシラサ峠、子持権現登山口と周回してきたわ。
この時期、車は全然通らないし静かで独特の雰囲気有るわ。

静かなせいか、キジやヤマドリにやたら遭遇するわ。たいてい藪に逃げ込むけど泡くった尾の長いヤマドリが飛んだのよ。飛んでるヤマドリ初めて見た。

先日、瓶壺に行ったとき雪の吹き溜まりに阻まれて無理やり林道を降りたけど、まさかもう雪は無いだろうと思ってたら有ったわよ。
二人ともアイゼンは持ってるしロープ等も持ってるけど、なかなか使おうかってならないわ、めんどうで。
距離が短いし、雪もけり込める硬さだったから慎重におりたけど緊張した!

林道にでて下山口まで少し林道を歩くけどフキノトウ!袋、袋、収穫タイム、そんなに採ってどうするの?見ると採りたくなる。蕗味噌がたくさん作れる。

1・・たったこれだけの雪なんだけど実際はこわいのよ。もう滑落はいやだし。
2・・「ユリワサビ」噛むとちょっとピリっとするわ。
3・・のんびり6時間くらい。



26188.Re: 瓶林界隈
名前:エントツ山    日付:2016年03月30日(水) 22時33分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 163KB

     種子川上流       造林小屋跡(これって何?)   西赤石北面


リップさん  今晩は

寺川から子持ち権現は2年程前の冬に歩きました
確か途中にワサビ田がありますよね

ユリワサビってシコクハタザオの花に良く似てますねえ

冬場や春先の藪にはヤマドリがゴソゴソしており驚かされます
鳥も飛ぶのがしんどいので地面でエサを探してるんでしょうか

西赤石の北面も登山道に雪が残っておりこれが凍結してましたわ
当然アイゼンなど持っていないのでツルリンパしながら兜岩までおりました

花の季節になったので殆ど忘れてしまった花の名前を思い出さないと・・・


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part1.html


26176.中寺廃寺〜大川山へ〜 返信  引用 
名前:え〜ちゃん    日付:2016年03月26日(土) 21時47分
Original Size: 640 x 480, 89KB Original Size: 640 x 480, 79KB Original Size: 640 x 480, 99KB

エントツ山さん、こんばんは!

あれ?中寺廃寺へ行きましたか?水の確認に?大川山から中寺まで遠かったでしょう?
今日私も確認に出かけて来ました〜○●の名水・・と縦走路の時間を確認に〜!

私は柞野の駐車場から登りましたが、その前に「荒神の名水」で美味しい水を飲んでから〜
ビニールハウスの縦走路から名水までは往復2時間半程掛かりますのでダメですねぇ〜(?_?)
でも美味しい水でしたよ!
確認報告〜荒神の名水、展望台、霜柱は午後でも融けて無い、寒かった(?_?)



26180.Re: 意味ないじゃん
名前:エントツ山    日付:2016年03月26日(土) 23時19分
Original Size: 643 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB

  煙突山から西赤石往復        種子川上流造林小屋      犬返し



え〜ちゃん  今晩は

中寺(なかでら)廃寺の登山口柞野の駐車場付近にその「荒神の名水」ってのがある訳なのね

あのね  香川県境縦走で使用可能な水場って話をしてたよね
登山口の手前にあるその水場を確認して縦走尾根まで歩いたって???

まあ、こんな場合「ありがとう」って言うべきなのよね 「アリガトウ・・・」

お蔭で中寺廃寺を回って平安時代の賑わいを想像して良かったわ
厨房所があったので水が近くにあるかも・・って窪地を下ったけど水は無かった おそらく修行の一環として遠くの水場から水を運んでたんでしょう


今日は犬返しで鐘を鳴らして石ヶ山丈から谷筋〜西赤石〜尾根筋の周回をしてきました

やはり5,6年経つと記憶が定かでなくなり繰り返し歩く事が大事やねえ
魔戸の滝を含めてこの界隈はどんなルートも案内出来るからいつでも連絡して下さい


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part3.html


26174.長沢山 返信  引用 
名前:リップ    日付:2016年03月26日(土) 09時27分
Original Size: 800 x 600, 97KB Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 569, 251KB

こんにちは。昨日、長沢山行ってきたわ。
初めての山は楽しみ、でも行先の連絡が前夜だから地図等準備が大慌てだ。
.
まず、北側からの登山口へいってみたら林道にチェーンがかかってたので却下。
で西側から行ってみることにしたわ。こちらの林道、作りっぱなしって感じで土は全部流されてガタガタ!もうロデオだわ。

山はちょっと藪っぽいけど尾根がはっきりしていてわかりやすい。
ずっと瓶林を見ながらだわ。伊予富士ここから見るとなるほど富士山。展望はあまり良くなくて木々の隙間からだから葉が茂る時期は暑苦しいかも。
登りは2時間くらいだったけど岩場とか急坂とか結構ワイルドで3時間くらいに感じたわ。

下山後、車で林道をくるくるまわって安居渓谷の奥の筒上山登山口を確認してきたわ。

1・・石鎚!
2・・頂上は刈り払われて広場になってる。頂上標識がほしかった。
3・・あちこち車でどこをどう走ったのか?GPSが全然ひろってくれない。
緑線は私の手書き



26179.Re: 長沢山
名前:エントツ山    日付:2016年03月26日(土) 22時28分
Original Size: 900 x 530, 295KB Original Size: 800 x 589, 99KB Original Size: 800 x 600, 100KB

  縦走路にある長沢山         伊予富士の謂れ     懐かしい長沢山


リップさん  今晩は

雄大なアメリカのグランドサークルの次は高知の藪山とな?
リップさんは絶対ジェットコースターが好きでしょう

長沢山みたいな藪山は単体で登るよりは尾根縦走の通過点として訪れる方が良いかもね

確かに南側の藪尾根から眺める伊予富士は三角形ですねえ
でも、藪尾根から見る姿が富士の形をしてるからって命名に無理がある様な・・・・

リップさんが好きな花の山の季節が来ましたねえ


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part3.html


26163.なかなか投稿できなくて(泣) 返信  引用 
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2016年03月24日(木) 00時43分
Original Size: 800 x 450, 28KB Original Size: 800 x 450, 174KB Original Size: 800 x 450, 139KB

エントツ山さん、こんばんは〜

11日から14日で友人と4人で台湾へ。
ヤンちゃんに案内していただき、台中の阿里山頂上から御来光を見てきました。
阿里山賓館に宿泊し、朝方から祝山展望台まで1時間少しの軽登山。ふもとから
展望台近くまで御来光を見るための列車もでており、大勢の人と御来光を待ちました。
生憎の雨予報であきらめかけていたら、玉山の稜線にかかる厚い雲の中から
神々しい御来光。感激しました。

私が留守の間ダーリンは一人で天狗塚〜三嶺縦走。
行きは青空で雪も少なくいい感じだったそうですが、とにかく行ってから翌日帰るまで
人っ子一人出会うことなく三嶺の小屋も独りぼっち。おまけに夜から天気が崩れ、
夜中はかなり冷え込んだそうで、寒いし寂しいお泊りだったそうです。
翌朝は外は暴風でおまけに真っ白。GPSを頼りに天狗塚登山口まで何とか戻ったそうです。

そして20日はジム仲間と寒峰へ。風は強かったけどお天気で雪もすっかりなくなって
ちょっと拍子抜けでしたが、お目当ての福寿草は光を浴びてきらきらと黄金色に輝いていました。
山頂では他の方のお邪魔にならないようにすき焼きパーティ。
登って程よく疲れた体には、甘辛いお肉は最高でした。

翌日はダーリンと寒風山へ。
お天気続きだし、雪はもうないだろうなと思ってたら、伊予富士も寒風山の方も
霧氷がびっしり。真っ青の空に真っ白の霧氷が映えてとってもきれいでした。
2日続けて最高の登山日和でした。

写真はまず台湾の阿里山からの御来光です。



26164.Re: なかなか投稿できなくて(泣)
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2016年03月24日(木) 00時45分
Original Size: 800 x 450, 144KB Original Size: 800 x 450, 122KB Original Size: 800 x 450, 97KB

次はダーリンの縦走写真です。



26165.Re: なかなか投稿できなくて(泣)
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2016年03月24日(木) 00時46分
Original Size: 800 x 450, 134KB Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 800 x 450, 192KB

続いて寒峰です。



26166.Re: なかなか投稿できなくて(泣)
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2016年03月24日(木) 00時47分
Original Size: 800 x 450, 177KB Original Size: 800 x 450, 164KB Original Size: 800 x 450, 127KB

そして寒風山です。



26168.Re: なかなか投稿できなくて(泣)  ドンマイ ドンマイ〜〜
名前:エントツ山    日付:2016年03月24日(木) 19時33分
Original Size: 900 x 658, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 506, 146KB

    中寺廃寺へ(大川山)    中寺廃寺跡     中寺廃寺からの眺め


ゆーちゃん
ダーリン   今晩は


元気でアチコチしてたんですね  盛りだくさんのレポありがとう

台湾の阿里山は観光地としては有名ですね
ヤンちゃんが現地で案内してくれると助かりますわ
祝山展望台からの朝日は原生林から昇るので人気スポットになっている様ですね
森林鉄道や茶畑の風景が良いとの評判です

大勢の観光客が台湾から日本に来られていますので日本人も台湾に行かなきゃね
仏教国は比較的安全でいいですわ
イスラム教徒の一部なんでしょうが全体のイメージが悪いですねえ

ダーリンはその間寂しい三嶺〜天狗塚の単独縦走でしたか

寒峰は今季皆さん福寿草を見に出かけてますね
いつものメンバーで山食風景もバッチリです

で・・・
翌日霧氷の寒風山へ水入らずで行ったのね
明日辺りに少し寒くなるのでこれがホンマに最後の冬山でしょうねえ


こちらは県境水場のチェックでした
え〜ちゃんが大川山近くの中寺廃寺方面を少し下がった所に「○●の名水」と言う水場があるって言うのよ
半信半疑でしたが一応自信たっぷりに言うので確認に出かけました
やっぱり水場などありませんでしたがな・・・

万事塞翁が馬 !
おかげで平安時代のお寺があったという「中寺(なかでら)廃寺」から香川の景色を眺める事が出来ました

香川の県境尾根は水場が結構むつかしそうです

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part1.html



26173.Re: なかなか投稿できなくて(泣)
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2016年03月26日(土) 00時03分
エントツ山さん、こんばんは〜

エントツ山さんは相変わらずご自分で目的もって黙々と登られてますね
すごい!
この冬は山へ行こうと思うと天気が冴えなくて、アイゼン担いで登った伊予富士や
西赤石山も雪はアイゼンつけるほどでもなく、大山は湯原温泉に宿をとって準備万端だったのに
雨で中止し温泉だけの旅。さんざんで結局一度もスノーシューはもちろん
アイゼンさえも出動ならず、物足りない冬になってしまいました。
次の冬はガンガン雪山行きたいですね。

先日の寒峰の動画をいつもの友人がアップしてくれましたのでよろしければご覧くださいね。
http://www.youtube.com/watch?v=VHSmmC2Smbw


26178.Re: 私の山食は
名前:エントツ山    日付:2016年03月26日(土) 22時08分
Original Size: 900 x 675, 162KB

嫌いな辛子が入ってた! 残念


ゆ〜ちゃん 今晩は

又楽しい動画拝見しました
何回見てもうまく作られてますねえ
でも赤ちゃん言葉は要らんぜよ

すき焼き鍋って豪華やわ
もう景色などどうでもいいって感じ?

こちらは150円のおにぎりが山食のごちそうやで
でも新発売って事に釣られて買ったら小さな字で辛子マヨネーズ入りって・・・ どっちも苦手で咽(むせ)た

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part3.html


26169.三頭峠の水場 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2016年03月24日(木) 20時25分
Original Size: 900 x 775, 163KB Original Size: 900 x 675, 156KB Original Size: 900 x 675, 165KB

三頭峠の水場(峠から10分下る)    アワコバイモ    猿田彦大神と天細女命


大川山の西側、中寺廃寺付近の尾根筋に水場が無かったので仕方なく三頭峠から久保谷へどれ位下った場所に水が流れているか確認に行きました

上流の沢筋を遡って源流地を確認していると上からお揃いのダウンを纏った猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)と天細女命(あめのうずめのみこと)が仲良く里に下りてくるではないか!

よ〜く見ると kyo さんと 静御前さんでした
縦走尾根までの時間チェックの間、待って貰って久しぶりに話をしながら久保谷へ下りました

お二人も色々体のトラブルを克服しながら山歩きを楽しんでおられる様でした kyo さん作製のDVD「里山の魅力」中津峰山・花の四季を頂きました

ありがとうございました

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part1.html



26172.Re: 三頭峠の水場
名前:kyo    日付:2016年03月25日(金) 22時05分
Original Size: 640 x 480, 21KB Original Size: 640 x 480, 35KB Original Size: 639 x 480, 41KB

エントツ山さん、今晩は。

昨日は思いもかけない場所でお会い出来て、おまけに杉王神社までお送り頂ありが等ございました。

久しぶりに色々とお話が出来て楽しく下山することが出来ました。

でも沢からうつむき加減に、もそっと上がってきたのでてっきり盗掘者かなにかかと思ってしまいましたよ。

いつの間にか、体の彼方此方にガタが来てしかもそれが加齢という医者にも見放される症状なので手が終えません。

エントツ山さんも色々大変な中新しい歩きにチャレンジされていますが、くれぐれも怪我など無いようにお気を付けください。

今年の春は天候がめまぐるしく変わり山野草などの咲く時期も例年と違うようです。

竜王山の春一番に咲くアオイスミレをお届けします。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kyo-ts/



26177.Re: 三頭峠の水場
名前:エントツ山    日付:2016年03月26日(土) 21時51分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 165KB

kyoさん  今晩は

随分怪しい出会いでしたよね
沢をウロウロする登山者はあんまりいないので盗掘者と間違われても仕方がないか・・・・・

縦走中の水場の条件は稜線から15分〜20分が限度、沢は崖がなく比較的楽に採水できる場所となります
香川県境は標高が低いので水場は乏しいです

そちらはアオイスミレ狙いですか
水場探しとエライ違いですね

私は目が悪いので花と言えばツツジから桜くらいしかよう見つけられません

お互い無理をせずに息の長い山歩きをしたいものですね


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h27-10g-ishiduchi-tsurugi-part3.html



ページ: |< << 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb