[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





23296.鹿児島は異常に暑かった 返信  引用 
名前:おじょも    日付:2014年07月28日(月) 23時11分
Original Size: 800 x 600, 89KB Original Size: 1024 x 768, 227KB Original Size: 800 x 600, 146KB

開聞岳         韓国岳         高千穂峰 


エントツ山さん 皆さん  今晩は

今の時期 やはり 沢登りが 涼しくていいですよね
でも 高巻きや 下山時間が 長過ぎると 汗だくになってしまいますが・・・・

今回 甲斐駒ケ岳と 少し危険な 鋸岳(のこぎりだけ)2,685mの縦走 予定だったのですが
全国的に 天候が 非常に悪く   その為に 予定を 急遽変更して 
唯一 梅雨開けしたばかりの 九州へ行って来ました

しかし 鹿児島の 開聞岳は 異常に 暑く ビニールハウスの中を 歩いて居るようで ヘロヘロに・・・・ 
韓国岳・高千穂峰にも登り 日本百名山 2つ ゲット

さらに 指宿で 砂むし温泉で 砂に埋められ
別府ではきわめて希少な「どろ湯」が楽しめる有名な温泉にも入り
お肌がツルツルになって帰って来ました



そのブログです・・・・
http://ohara98jp.exblog.jp/



23309.Re: 鹿児島は異常に暑かった
名前:エントツ山    日付:2014年07月29日(火) 22時00分
Original Size: 1024 x 756, 149KB Original Size: 675 x 900, 161KB Original Size: 900 x 675, 164KB

  グルグル歩きの開聞岳〜


おじょもちゃんちゃこ 今晩は


甲斐駒と鋸岳 ええなあ
今度 マーシーさんに黒戸尾根〜甲斐駒〜鋸岳を進言してみるわ


夏に九州は厳しいよね
写真を見てもなんかダレてるよね

おじょもブログは山に行く前や後が面白いわ
「りおん」さんというブログ仲間も現れたから仲良くしてあげてね

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-kaimondake.html


23266.浦山川右俣 返信  引用 
名前:ふーみん    日付:2014年07月26日(土) 21時42分
Original Size: 234 x 640, 88KB Original Size: 640 x 480, 89KB Original Size: 640 x 480, 89KB

エントツ山さん、こんばんは
ご所望のログを添付しますが掲示板用に縮小すると見にくいですね。
明日にでもメールで送るようにします。

今日は大変お世話になりました。崖に近いところを木の枝や根を掴んではい上がる所、流石に速いですね。見えなくなりそうでした

マーシーさん、終始トップを務めてくれてありがとうございました。でも、肩のロープや腰に沢山ぶら下げているスリングは飾りなんですか?マーシーさんにはなんでもない所でも、下ろしてくれないと登れないのです

タケノコくん、掲示板の皆さんがおっしゃっているとおりの好青年ですね。何度も引っ張り上げてくれてありがとう



23267.Re: 浦山川右俣
名前:ふーみん    日付:2014年07月26日(土) 21時44分
Original Size: 640 x 480, 90KB Original Size: 640 x 480, 89KB Original Size: 640 x 480, 90KB

写真続きです



23268.Re: 浦山川右俣
名前:ふーみん    日付:2014年07月26日(土) 21時52分
Original Size: 640 x 480, 90KB Original Size: 640 x 480, 89KB Original Size: 640 x 480, 88KB

写真続きその2



23270.Re: 浦山川右俣 (鉱山の沢)
名前:エントツ山    日付:2014年07月27日(日) 11時33分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 675 x 900, 162KB Original Size: 675 x 900, 163KB

   行くぞ〜〜      岩女から沢女に   マーシー・タケノコ


ふ〜みんさん  こんにちは

昨日はお世話になりました
  
敬天の滝(鉱山の滝)までの遡行でしたが一年ぶりの沢歩きを楽しめました
でも普段使う筋肉と違う場所を使ったので久しぶりの筋肉痛と沢靴マメですわ

浦山川の林道は最初の分岐で通行止めになっており、お城レストラン跡付近から入渓した為遡行が長く、敬天の滝の上部を歩く事が出来ませんでしたねえ

敬天の滝の巻き道を右岸(左側)に取った為、崖で滝口へ下りる事が出来なかったのは少し残念でしたが、あの巻き道もほぼ垂直に近く楽しいものでした

敬天の滝壺まで進んだマーシー・たけのこコンビとはぐれてしまいましたが、上部の支尾根先で後から巻き道に復帰した二人と合流出来て良かったですわ

しかし、折角沢で涼しかったのに、巻き道と下山で汗だくでした
沢の終了地点に車をデポ出来るのがいいですねえ

GPSのトラックログ図 ありがとうございました
4人共 GPSを持っておりましたが
エントツ山=スイッチを入れたGPSを防水袋ごと車に忘れる
マーシー=スイッチを入れ忘れる
タケノコ=途中までスイッチを入れ忘れる

やっぱりおいしいミニトマトお接待と言い、きめ細やかな女性のアシスが必要ですね

ありがとうございました

エントツ山



     
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa1.html



23271.Re: 浦山川右俣
名前:エントツ山    日付:2014年07月27日(日) 11時41分
Original Size: 675 x 900, 164KB Original Size: 675 x 900, 157KB Original Size: 900 x 675, 161KB

マーシーさんとふ〜みんさん  滝修行のタケノコ  敬天の滝(左側の崖を上部ピークまで這い上がる)


敬天の滝は左岸(右側)を這い上がらないと滝上に出るのは難しいですね

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa1.html



23275.Re: 浦山川右俣
名前:マーシー    日付:2014年07月27日(日) 20時27分
Original Size: 800 x 600, 95KB Original Size: 800 x 600, 94KB

エントツ山さん、ふ〜みんさん、たけのこちゃん、浦山川溯行お疲れさんでした

私も1年ぶりの沢でした

敬天の滝は左岸を巻いて上がったと聞いていましたが、右岸でも良いかな!?とやってみましたが、やはり右岸だとどんどん沢から離れるし、どの辺りから下降すればいいのか分かりづらいのでダメでしたね

でも、あの80度近い崖を木やら根っこをつかんでの這い上がりは楽しかったですよ
満足満足!

次回、敬天の滝から二ツ岳までの這い上がりやりましょう!



23291.Re: 浦山川右俣
名前:エントツ山    日付:2014年07月28日(月) 22時00分
Original Size: 900 x 675, 252KB Original Size: 675 x 900, 162KB

次回は滝の左岸(右側じゃね)

マーシーさん  今晩は

浦山川の右俣は下流の分岐から左へ行くと「ワサビ谷」(峨蔵越え方面) 次の分岐を右手に行くと「ホーロク谷」「イチノマツコ谷」(エビラ山方面)に行くんだね

一年振りの沢歩きはちょっと入渓地点が林道通行止めの為早すぎて単調な沢歩きが続いたけどまずまず楽しめたわ

タケノコちゃんはザイルは勿論ハンマー、ハーケン、カムとまるで岩登りの様な重装備で登場し怖いほど気合が入ってたよね。私の孫の浮き袋姿と対照的やったわ

敬天の滝で右岸へ巻いた為、滝口に下りられず相当高い場所にある支尾根の端に這い上がってしまったけど、あれはあれで結構楽しかったわ

敬天の滝下にある最初の滝でマーシーさんとタケノコさんが岩の斜めバンドを二人して一緒に取り付いたけど、いくら自信があってもやっぱり一人が先に滝上へ上がって確保すべきじゃないの? 見ててハラハラしたわいな

沢歩きは登山の総合格闘技やと思う。岩登りは面倒な程時間をかけて安全を確保するので2重、3重のビレイ操作は性に合わない。第一あのジャラジャラ腰から下げたカラビナやクイックドロー(?)、紐やザイルが絡まって何ともならんわ

沢は事前のボルトなども無く、臨機応変なルートファインディングや危険回避が求められるよね。私は淵を泳いで滝に取り付くのが溺れる恐怖感がありこんな場所はスタコラサッサと高巻きが多い。
今度までにライフジャケットの背中にザックの様な物を取り付けて「ライフジャケザック」ちゅうものを製作してみるわ

そうやね、やっぱり浦山川右俣は敬天の滝から上がハイライトかも知れない。今度は左岸を巻いて滝上へ這い上がりましょう

お疲れさんでした

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-seppiko-jizodake.html



23298.Re: 浦山川右俣
名前:春ノ筍    日付:2014年07月28日(月) 23時16分
ふーみんさん、エントツ山さん、マーシーさん こんばんわ。

返事が遅くなってしまいました。

土曜日は皆さんにいろいろとお世話になりました。
何とか敬天の滝の上まで上がれて、”やったー”という感じでしたが、
それにしても暑かったですね。
あんまり暑いので、タケノコは”タケノコの煮物”になりましたよ(〜_〜)。
敬天の滝までは、水の中で涼しかったので調子よかったんですが、
滝の右岸を巻いてる間に、暑さで汗だらだら、頭くらくら・足はつるわでひーこら言いながら皆さんと合流したのでかっこ悪いところを見せちゃいました。
それにしてもマーシーさんのルートファインディングと馬力は流石ですねぇ。敬天の滝を巻いてる途中、藪のなかであっという間に姿を見失いましたわ。

今回の課題はルートファインディングと暑さへの耐久性。普段の生活でクーラーにあたりすぎて、暑さに弱くなってるのかもしれません。
お盆のアルプス長丁場に備えてこれからしばらく、クーラーなし生活でがんばってみます。


23308.Re: 浦山川右俣
名前:エントツ山    日付:2014年07月29日(火) 21時41分
Original Size: 675 x 900, 162KB Original Size: 675 x 900, 158KB Original Size: 675 x 900, 164KB

タケノコちゃん  今晩は

そりゃあんなに重い装備をしてたら足も攣るわい
岩は短期勝負だからいいけど、沢は長期戦や 軽量化も必要よ

縦走登山にも言えるけどあれも要るかもこれも要るかもと心配するとその装備の重さで参ってしまうわ

沢でもややこしい場所は避けるとあんまり道具は要らんわ
その方が快適に沢を楽しめると思う

今回、私の沢歩きをみて意気地なしとか逃げすぎやと思ったかも知れない
でも、自分の安全基準を超える場所にはなるべく踏み込まないって主義や こんなんで良かったら又一緒に沢歩き付き合うわ

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-daisen2012.html


23290.三鈷峰行ってきました 返信  引用 
名前:かまたま    日付:2014年07月28日(月) 21時46分
Original Size: 800 x 533, 100KB Original Size: 800 x 533, 155KB Original Size: 800 x 533, 186KB

エントツ山さん、こんばんは!
本日は休館日なり。
かねてより計画の三鈷峰、仲間3人でいってきました。

ユートピアのお花畑、最高でした。
お天気も良かったし。
平日なので人もあまりいなかったし。

ただ、帰りの高速で事故があり、1時間ほどロスしました。
それと、さっき、自分のパソコンを立ち上げようとしたら、動かんのですけど。今は、奥さんのパソコンを使ってま〜す。



23307.Re: 三鈷峰行ってきました
名前:エントツ山    日付:2014年07月29日(火) 21時04分
Original Size: 900 x 675, 98KB Original Size: 900 x 675, 98KB Original Size: 900 x 675, 98KB

   大山三鈷峰コースの風景


kamatama さん  今晩は

かまたまさんがたまたま行った大山はこれまたいい天気でしたね
四国にも東赤石や寒風山みたいにお花畑があるんですが、確かにあの三鈷峰のお花畑には負けそうですわ

大山の次に近いお花畑と言えば滋賀県の伊吹山ですね
あそこのシモツケソウやクガイソウも広がりがありますわ

先日かまたま館長の図書館にお邪魔しましたが、お年寄りが沢山結構涼しい談話室や待合室でまったりしてましたねえ
確かに涼しい図書館で居眠りするのも経済的で宜しいかと・・・

パソコンが動かないの?  まさか未だXP使ってるんじゃないでしょうねえ

大山レポありがとうございます

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-daisen2012.html


23287.奥大日岳 返信  引用 
名前:toshi    日付:2014年07月28日(月) 20時36分
Original Size: 800 x 536, 92KB Original Size: 800 x 536, 87KB Original Size: 800 x 535, 85KB

エントツ山さん  こんばんは!

金曜日夜より日曜日(27日)に室堂から見て立山の左手に位置する
奥大日岳へ行って来ました。市のレク登山だったので、費用も安く
室堂からのピストンだったので楽ちん登山となりました。土曜日は
朝から雲一つない快晴で雄大な薬師岳も見えていました。剱岳も奥
大日岳頂上に着いた時はガスの中に隠れてしまいましたが、上る時
も下山時もきれいにその雄姿をみせてくれ、もう一度この時期に剱
岳へ行って見たいと思ってます。
昨年は同時期にコバイケイソウが大爆発していたようですが、今年
は残念ながら数輪を見るのみでした。また大爆発するのは4-5年後で
しょうか?雷鳥沢付近ではキヌガサソウやサンカヨウもまだきれいな
姿を見せていました。チングルマやハクサンイチゲもたくさん咲いて
いて、登りの疲れも吹き飛びます。下山時には雷鳥さんも顔を見せて
くれました。
日曜日は夜中から雨風の音がして、朝、外に見に行ったときは晴れ間
も見えていたのでレインは着ずにすむかと期待したのに、急に雨が降
り出し、室堂まで久しぶりにレインのお世話になりました。ただ、天候
が悪いせいでみくりが池付近では3羽の雷鳥さんが登場し、皆を喜ばせ
てくれました。
帰りは、世界遺産の五箇山合掌集落を観光し、あまり渋滞にも遭わず、
22時前には帰宅することが出来ました。
来来週には天気が良ければ、中央アルプスの空木岳へ出かけようと
考えている所です。では、また。

写真は、地獄谷と大日連峰、ガス湧く剱岳、みくりが池の逆さ立山
です。



23306.Re: 奥大日岳
名前:エントツ山    日付:2014年07月29日(火) 20時21分
Original Size: 1024 x 668, 241KB Original Size: 700 x 525, 66KB Original Size: 800 x 420, 29KB

    室堂近辺       大日連山      立山から後立山連峰


toshi ちゃん   今晩は


いや〜〜 最近頑張っていますね
奥大日岳って室堂から見ると奥では無く手前にあるんですよね
室堂からは剱岳や立山連峰へ行かれる方が多く、大日岳方面へは称名の滝へ下山するのも面白いですよね

去年、乗鞍岳へ行った時はコバイケイソウが沢山咲いていましたが、あれも裏年ってのがあるんですねえ

でも室堂界隈の残雪ってホルスタイン模様でホンマほっこりする風景ですわ

みくりが池付近にはライチョウがよく見られるようで私も見ました

おっと 今度は南アの空木(うつぎ)岳ですか
あそこは池山方面より木曽殿越方面からの方が美しい姿ですよ

元気な内に歩き回りましょう

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-shiranesanzan1.html


23285.槍・穂高パノラマスカイライン〜 返信  引用 
名前:え〜ちゃん    日付:2014年07月28日(月) 10時19分
Original Size: 640 x 427, 71KB Original Size: 640 x 427, 71KB Original Size: 427 x 640, 90KB

エントツ山さん、こんにちは!

皆さんアルプス方面へお出かけですね〜エントツ山さんももうすぐお出かけですね!
投稿写真を見ると、やはり天気が良いと喜びが倍増しますね〜

24日から常念岳〜蝶ケ岳を縦走して来ました!

24日夕方出発〜
25日早朝、平湯着(仮眠)〜上高地バスターミナル(穂高組を下して)〜穂高駅〜タクシー〜
   常念小屋(泊)
26日早朝、蝶ケ岳(泊)
27日、蝶ケ岳ヒュッテ〜長塀山〜徳澤〜上高地〜平湯(温泉・食事)〜帰路〜

25日の登山中に、中学生や高校生の団体と遭遇しました、数百人規模で学校から行事で来ているらしく、前日も山小屋を分散して泊まったっらしい?
一ノ沢登山口から常念岳の標高差1,200mを侮っていました!胸突き八丁からキツイ事〜でも、常念乗越へ着くと、素晴らしい展望が〜
槍から穂高までパノラマでした、360度の展望付きで!
26日は雲一つないパノラマを見ながらの縦走でした!こちらから見る槍ヶ岳の容姿は綺麗ですね〜
蝶ケ岳ヒュッテは凄い混雑で(土曜日だから?)富士山で経験した時以来の詰め込みでした!
27日は蝶ケ岳〜長塀山〜徳澤〜上高地でしたが、明神辺りで本格的な雨でカッパを着るにはもう少しと?
重い全身ずぶぬれに〜でも、平湯で温泉に入り生き返りました!

山の2日は御来光も見えて、槍から北穂〜奥穂〜乗鞍など、富士山も見えました!
天気が一番ですねぇ〜(これで当分ゆっくりします)

こんなパノラマスカイラインでした!



23286.Re: 槍・穂高パノラマスカイライン〜
名前:え〜ちゃん    日付:2014年07月28日(月) 10時23分
Original Size: 640 x 427, 86KB Original Size: 640 x 427, 83KB Original Size: 640 x 427, 72KB

テンバの様子です!
常念岳、蝶ケ岳、どちらも小屋で水や食事も確保できます!



23305.Re: 槍・穂高パノラマスカイライン〜
名前:エントツ山    日付:2014年07月29日(火) 19時49分
Original Size: 872 x 1024, 242KB Original Size: 755 x 900, 241KB

    え〜ちゃん登山コース     常念・蝶ヶ岳の位置


え〜ちゃん  今晩は

ちょっと仕事が二か月ぶりに忙しくなり、昨夜は一杯一杯になってしまいました
惰性でコメントするのは嫌なので一旦仕切り直しをさせて貰ったわ

奥穂から槍ヶ岳辺りの北アルプスに行った時に朝日がいつも角ばった山の辺りから出てきます。あの変な形の山は一体何ちゅう名前だろう?って思っておりました

後からそれが「常念岳」と知りました

今回はその常念山脈を一の沢から縦走して来た訳ね
安曇野から「常念坊の雪形が現れる」のが常念岳、「蝶の雪形が現れる」のが蝶ヶ岳なんですね

地図を見ても北アルプスの主役 槍から穂高が一望出来る位置にありますわ
物凄く豪華な眺めですねえ

私も行きまっせ〜  元気な内に !!

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-shiranesanzan1.html


23283.北岳〜間ノ岳 返信  引用 
名前:ストーンリバー    日付:2014年07月27日(日) 23時52分
Original Size: 800 x 600, 88KB Original Size: 800 x 600, 90KB Original Size: 800 x 600, 90KB

エントツ山さん 今晩は。

25日(金)と26日(土)で北岳と間ノ岳へ登って来ました。

芦安〜広河原へは落石により林道通行止めでバスが運休なので
代替運行でバスの便が多い奈良田からAM5時半のバスで広河原へ。
奈良田へは新東名高速道路の新清水ICを降りて約2時間です。

24日・・・奈良田駐車場で車中泊
25日・・・奈良田よりバスで広河原〜大樺沢二股〜右俣コース〜北岳〜北岳山荘(泊)
26日・・・北岳山荘〜間ノ岳〜北岳〜北岳肩の小屋〜広河原〜乗合タクシーで奈良田

広河原の吊橋からは北岳が青空にひときわ高く聳えていて期待が高まりました。
登山口からの標高差1663mは厳しくて、カンカン照りの暑さでバテバテでしたが、
二俣コースに入ってからはハクサンチドリ、シナノキンバイ等花の種類が多くなり
シナノキンバイ群生の広大な斜面のお花畑に元気を貰いながら急坂を頑張れました。
急な岩場を慎重に登ると北岳山頂、山頂から北岳山荘までの下りが遠く感じました。

2日目は中白根山より御来光を眺めてから間ノ岳〜北岳山荘〜北岳山頂へ
山頂からは雲海に浮かぶ富士山と甲斐駒ヶ岳、等の360度の大パノラマ
仙丈ケ岳の奥には槍ヶ岳等北アルプスの山並みまでも見渡せる絶景に感動!感動!
以前登った事がある鳳凰三山がまじかに見れるのも嬉しかった!

来年では北岳に登る体力が無いかもしれないので、今年は是非登りたいと
計画して登って来ました。暑くてより厳しく感じた山登りでしたが
2日間共、天候に恵まれて素晴らしい南アルプスを堪能出来ました。

北岳山頂より富士山
中白根山より富士山と右に間ノ岳
間ノ岳山頂より北岳



23284.Re: 北岳〜間ノ岳
名前:ストーンリバー    日付:2014年07月27日(日) 23時54分
Original Size: 800 x 600, 89KB Original Size: 800 x 600, 90KB Original Size: 800 x 600, 90KB

北岳肩の小屋より鳳凰三山
北岳より北岳山荘と間ノ岳方向
北岳肩の小屋と甲斐駒ヶ岳



23297.Re: 北岳〜間ノ岳
名前:エントツ山    日付:2014年07月28日(月) 23時15分
Original Size: 689 x 794, 171KB Original Size: 700 x 525, 58KB Original Size: 700 x 449, 44KB

北岳・間ノ岳近辺地図     北岳(日本第二の標高) 農鳥岳から間ノ岳(中央)北岳(右奥)


ストーンリバーさん  今晩は

南アルプスの北岳〜間ノ岳へ行かれたんですね

富士山が見えたし、キタダケソウも見る事が出来て良かった
奈良田から入ったのなら、もう1日余裕があれば農鳥山〜大門沢〜奈良田のコースも有りでしたねえ

何ですって? 「来年では北岳に登る体力が心配 」?  そんな弱気な〜
確かに登山口からの標高差1663mもあるって事ですから大変ですが、ストーンリバーさんみたいに四国の山をほっつき歩いていたらここ5年は日本アルプス問題無しですよ

こんな晴天の中で標高3000mの縦走出来て幸せですわ
私が歩いた時は強風で天気が悪く富士山も見えませんでした

美しい南アルプスの山写真 ありがとうございました


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-shiranesanzan1.html


23281.名野川支流 筒上の滝 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2014年07月27日(日) 22時18分
Original Size: 900 x 628, 145KB Original Size: 526 x 720, 142KB Original Size: 506 x 720, 144KB

写真@今日の遡行図。いきなりミス。我ながら情けない…
写真A最初の大滝。ここは直登できました。
写真B筒上の滝全景。3〜4段くらいになっている。

エントツ山さんこんばんは。
昨日沢に行かれたのですね。暑い日だったので最高に気持ちよかったでしょう。

さて、自分は金曜は飲み会で深夜までやっちゃったので土曜はあきらめ、
今日、以前から行ってみたかった名野川の支流を遡行してきました。
昨日とは打って変わって天気がよくなく、パラパラ小雨が降っていました。

登山口付近にいくつもの支流が合流していて入渓点が分かりにくく、
遡行して1時間後に想定外の分岐にに出くわし、おかしいなあと思っていたら、
そこは今日の目的の沢ではなく、一本北側の沢とようやく気付く始末。

そのまま遡行するのも不安だし、元に戻るのも相当の時間ロスで迷いましたが、
沢を横切る廃道となった林道までもどり、そこをを辿って、
1時間弱のロスで本来の沢に復帰できました。

水量は少ないですが、高度差のある滝が3箇所ほどあり、一つは筒上の滝と言うそうです。
この滝は3から4段くらいに別れていて、2、3段目までは直登できましたが、
最後の段は傾斜きつくて高く、自分の力量では無理なので左岸を高巻きしました。
巻くにも傾斜が非常にきつくて苦労しましたが、帰ってネットを見ると右岸が成正解のようでした。

標高1400mを超えるとこれまた急勾配のガレ場が続き、最後は雨で濡れた
笹薮でツルツルすべって、もがきながらようやく筒上山への登山道に出ました。
時間ロスを含め4時間半。沢を間違える精神的ダメージもあり、
天気も悪いので、そのまま尾根の登山道を下山しました。
今日は、反省の沢行きでした。



23282.Re: 名野川支流 筒上の滝
名前:弁天山    日付:2014年07月27日(日) 22時22分
Original Size: 540 x 720, 142KB Original Size: 900 x 675, 145KB Original Size: 540 x 720, 143KB

追加写真です。
C筒上の滝上段。ここは高巻き
D最後の滝。ここも左岸を巻きます
E急傾斜のガレ場



23295.Re: 名野川支流 筒上の滝
名前:エントツ山    日付:2014年07月28日(月) 22時54分
Original Size: 800 x 641, 177KB Original Size: 800 x 600, 119KB Original Size: 800 x 600, 99KB

名野川コース(尾根道)    名野川取り付き部の複雑さ   筒上の滝    


弁天山さん  今晩は

やっぱり夏は沢ですねえ

土曜日に行った浦山川は前半は変化の乏しい、川幅の広い明るい川でした
後半になり崖が迫ったり、滝が現れたりして少し沢らしくなりました

川下にはアブはあまりいませんでしたが、上流に行くほどどこからともなく少数のテジロ(イヨシロオビアブ)が現れて知らない内にみんな刺されてふ〜みんさんに薬を貰い塗りました。

名野川は取り付きがかなり複雑ですよ〜〜
2枚目に貼った地図を見てもそれがよくわかりますわ

去年、シロヤシオを見に名野川登山口から筒上山へ歩きましたが、何せこの登山口付近の川ときたら大変複雑で目的の尾根に入るのにさえ苦労しましたわ
大迂回をした様ですが、目的の沢に入って登山道を下ってますね
弁天山さんが下ったルートが私が登った尾根道です

これから盆明けまではテジロ対策(虫ネットと分厚い服)が必要ですね

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishisonota29tsutsujyo-tebako.html


23279.黒部五郎とおまけの乗鞍 返信  引用 
名前:keitann    日付:2014年07月27日(日) 21時26分
Original Size: 800 x 600, 148KB Original Size: 696 x 443, 135KB Original Size: 640 x 480, 123KB

エントツ山さん、こんばんは。

例年より一週遅れで、行き当たりばったりの北アルプス単独行でした。
どこに登るか最後まで決めかねて、地図は白馬方面、槍方面、薬師方面の3枚を用意。
3連休最終日の夕方に出発したら、宝塚で重体とあったので、舞鶴道に入り前日に
開通したばかりの舞鶴〜敦賀間を走ってきましたが、途中でガソリンが危うくなり
小浜で下道に下りました。ところが、あの辺りってセルフのGSがなくて、敦賀で
敦賀で深夜営業のGSを見つけるまでヒヤヒヤものでした。
日本海側を走ったので、必然的に行先が有峰林道から折立へ。
22日は太郎小屋まで登り、翌日、黒部五郎をピストンしてきました。
23日は薬師に登ってから下山の予定でしたが、雨とガスで薬師は諦め、下山しました。
黒部五郎山頂では白山は見えなかったものの、乗鞍、御嶽から白馬、剱まで見える大展望でした。
薬師は40年前に大日〜剱〜薬師と縦走しているので、また今度ですね。

雪渓と黒部五郎、山頂からの薬師、剱、白馬方面、帰りに見たライチョウです。
ピストンは11時間半かかったので、四国でのロング歩きが役立ちました。



23280.Re: 黒部五郎とおまけの乗鞍
名前:keitann    日付:2014年07月27日(日) 21時37分
Original Size: 913 x 613, 55KB Original Size: 800 x 1067, 164KB Original Size: 800 x 600, 170KB

24日に折立下山後、有峰湖畔を走って平湯へ。
平湯の宿泊案内所で温泉宿を紹介していただき、下山後に温泉旅館でまったりという
初めての経験でした。
下山後すぐに車で長距離運転で帰るのは、この年になるときついですね。
25日は晴れるとの予報だったので、畳平までバスが乗り入れている乗鞍にお手軽下山でした。
1時間半の登りの途中はガスの中でしたが、山頂に着いた途端に晴れるというラッキーさでした。

乗鞍から雲海越しの槍穂高、
朝露を纏ったコマクサ、
花と湖です。

乗鞍は中学生や高校生の団体登山が多くて、長蛇の列ができていましたよ。



23294.Re: 黒部五郎とおまけの乗鞍
名前:エントツ山    日付:2014年07月28日(月) 22時45分
Original Size: 1024 x 767, 149KB Original Size: 1024 x 767, 149KB Original Size: 1024 x 767, 145KB

そこそこの乗鞍岳


Keitann さん  今晩は

え? 行きあたりばったりで北アルプスへ行けるんですか ! 
まあ、昔取った杵柄で土地勘が相当あるんでしょうねえ

有峰林道―折立から黒部五郎でしたか  こちらも残雪の山々は四国では見られない勇壮さですねえ

ライチョウは残雪があるといってもさすが夏毛になってますね 
雪渓の彼方に槍が尖(とん)がって悠久なる風景・・・たまりませんわ

おっと、リップ姐と同じく中々「諦めないアマゾネス」を地で行ったおまけの乗鞍ですね
そう言えば、私も例の通勤靴で槍ヶ岳へ行った時、南岳で会った山岳警備隊から「その靴で雨の大キレットは無謀ですから下山して下さい」と言われ、下山後に御嶽山へ上ったのを思い出します。

Reiko さんもお婆ちゃんになっちゃって・・・でも嬉しそうですねえ
「人生で3度子供時代を体験する」(エントツ山)
その1)自分が子供の時代
その2)子供が生まれて一緒に蝉取りや魚とり、海水浴で遊ぶ
その3)孫が出来て一緒に蝉取りや魚とり、海水浴で遊ぶ
子供や孫が出来ての役得は一緒に子供時代の遊びを再発見・体験出来る事のかも知れません

そうそう、ガソリン給油の話ですわ

私も結構楽天家でその内スタンドがあるだろう・・・と、どんどん山に入って行き冷や汗を掻きます
先日も京都で延暦寺へ行った時にガソリンが少なくなり、道路の右側にガソリンスタンドがあったのに「そのうち左側にもあるじゃろ」って進んでたら見つからないまま高速道路に入ってしまいました そして次のサービスエリアを見ると55キロ程先でした。止む無く途中で高速道をを下りて給油しました

めんどくさいけど散髪と給油は早めに行った方がよさそうですね


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-seppiko-jizodake.html


23276.白馬岳→朝日岳 返信  引用 
名前:リップ    日付:2014年07月27日(日) 20時51分
Original Size: 800 x 600, 97KB Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 97KB

こんにちは。北海道の続きよ。白馬岳経由で朝日岳へ行ってきたわ。

朝日岳は北アルプスの一番北で今治から車じゃ遠すぎるしJRとかでは面倒だしこのチャンスに北から行けば楽だよね、と思って小樽からフェリーで新潟に寄ったわ。

22日  蓮華温泉→白馬大池→「白馬岳」→白馬山荘泊  8h
23日  山荘→白馬岳→「雪倉岳」→「朝日岳」→朝日小屋泊 9h
24日  小屋→朝日岳→五輪尾根経由→蓮華温泉  9h

フェリーで白馬岳の天気調べてもらったらずっと晴れだったのよ。誰もがそのつもりだったわ。
でもだんだん悪くなって3日目は一日雨だった。で、写真なし。

朝日小屋へは水平道を行く予定が雪が多くて通行禁止、で頂上経由で行ったから2度頂上踏んでるんだけど2度ともガスガス、残念だった。
今年、地元の人も驚くくらい残雪が多くて何度も雪渓、超えるのよ。緊張が続いたわ。アイゼン着ければいいのにね。

1・・「ツクモグサ」 3日間あのあたり百花繚乱、お初のこの花も見れた。
2・・旭岳の岩壁
3・・杓子岳、鑓ケ岳、そのうち行きたい。



23277.Re: 白馬岳→朝日岳
名前:リップ    日付:2014年07月27日(日) 21時02分
Original Size: 800 x 600, 97KB Original Size: 800 x 600, 96KB Original Size: 800 x 600, 97KB

4・・剣岳も見えた
5・・朝日岳(一番高いピーク)が見えてる、遠いな
6・・残雪がきれい



23278.Re: 白馬岳→朝日岳
名前:リップ    日付:2014年07月27日(日) 21時09分
Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 95KB Original Size: 800 x 600, 95KB

7・・あちこちに「ミヤマムラサキ」が群生してるのが印象的だった、ちょっと分かりにくいかな。
8・・白馬岳が見える、とがったピーク、雪倉岳より
9・・朝日小屋の夕食、赤ワインも少し



23293.Re: 白馬岳→朝日岳
名前:エントツ山    日付:2014年07月28日(月) 22時18分
Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 159KB

涼しい四国の沢風景


リップさん  今晩は


わぉ ! 何と、北海道のクールダウンに白馬岳〜朝日岳ですと・・・ 参っちゃう
やっぱりフェリーで休憩タイムを取られたんですね

えっ? 朝日小屋への水平道は雪の為通行禁止ですか〜 
朝日小屋の幕営地に泊まって、次の日水平道へ入るつもりでしたが・・・
今年は白山も沢山の雪渓が残ってましたが、春先まで良く雪が降ったんですねえ
アイゼン・・・重いから持って行きたくないです

ツクモグサ 何とも言えない花ですねえ 
しかし雄大な残雪の山々・・・天気次第とは言え是非この目で見たいものです


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-seppiko-jizodake.html


23273.寒風山 返信  引用 
名前:はるちゃん    日付:2014年07月27日(日) 18時41分
Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 663, 96KB Original Size: 1000 x 663, 97KB

エントツ山さん皆さんこんにちは、
今日の寒風山もガスで視界はゼロでした、時々霧さめにも見舞われたので単純に表登山道だけで下山しました、

でも花場ではウチョウランやマツムシソウにも出会い悪天候にも関わらず大勢の登山者多数と出合った1日でした。

はるちゃん



23289.Re: 寒風山
名前:エントツ山    日付:2014年07月28日(月) 21時39分
Original Size: 675 x 900, 158KB Original Size: 675 x 900, 157KB Original Size: 900 x 675, 163KB

鉱山の谷 (四国中央市 土居)の沢歩き


はるちゃん 今晩は

この所猛暑が続いておりますが元気に歩かれてますねえ
寒風山にも高嶺のまっちゃん(マツムシソウ)が咲くのを知ったのもはるちゃん達の投稿からですわ。テバコマンテマと言い特に裏寒風は花の山ですね

ウチョウランなど見つけた日にはもう花好きは喜んでウチョウテンですわ

100m標高が上がると 0.6度気温が下がるって言われてますから寒風山に登ると平地より約10度涼しくなる計算ですね
でも直ぐに下山するから又ヘロヘロに戻ります

土曜日も沢を歩いている時は涼しかったのですが、敬天の滝を他過巻きすると汗だくになりました
沢歩きの筈がたけのこちゃんなど水を切らしてプチ熱中症になってましたわ

はるちゃんはあまり水を飲まないそうですが、この夏は是非早めの水分補給といつもの日除けタオルで熱中症対策をして下さいよ〜


私は石鎚山系へ行った帰りは、西条の石鎚方面と寒風山方面の道路合流地点の少し下にあるお店で、下山後アイスクリーム(モナ王)を買って食べるのを楽しみにしております。そのお店はコンビニではないのですが若い夫婦が後を継いで一生懸命に商売をやっているのがけなげな感じがします。

はるちゃんの元気レポ ありがとうございました



エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-seppiko-jizodake.html


23263.北海道 返信  引用 
名前:リップ    日付:2014年07月26日(土) 19時34分
Original Size: 800 x 600, 97KB Original Size: 800 x 600, 97KB Original Size: 800 x 600, 98KB

こんにちは。
表大雪のミニ縦走してきたわ。荷物は10キロ。
これ以上減らせないから後はパッキングと自分自身を減らす。
自分を減らすのは間に合わなかったけど、頑張って1キロは減らしたわ。

14日  層雲峡・・(ロープウェー、リフト)→「黒岳」→「北海岳」→白雲岳避難小屋泊 6h
15日  白雲岳避難小屋→「忠別岳」→忠別岳避難小屋泊  6h
16日  忠別岳小屋→「五色岳」→沼ノ原→クチャンベツ登山口・・(タクシー)・・層雲峡 7h

17日  「ニセイカウシュッペ山」  6h

18日  「美瑛岳」    8h

本当はもう一座予定してたけど5日連続で歩いたら休憩しないと無理ってなって、でも天気がいいと車に居れないから休憩するのも大変なのよ。
それで北海道は終わりにして、北アルプスに行くことしたわ。移動で3日休める。
その話はあとでね。

1・・イワブクロはあちこちに咲いてるけど白いのは初めて。となりは普通のイワブクロ。
北海岳からのながめ。

2・・「キバナシオガマ」 シオガマの仲間ってほとんどピンクね。これ真っ黄色。

3・・白雲岳山麓、白雲岳は昨年登ったから今回はパス。



23264.Re: 北海道
名前:リップ    日付:2014年07月26日(土) 20時06分
Original Size: 800 x 600, 97KB Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 97KB

4・・忠別岳頂上のチングルマ。 忠別岳はこちらからはゆるい登りなのよ。でも片側断崖。
ガスで視界悪いし風強いし、よろけるとドキっとしてなるべく崖側にいかないようにしてたわ。
ガスのなかに頂上標識が見えたんでまわりこんでタッチしてふっと振り向くと大お花畑だった。
なんで頂上に?なんでいきなり? キタキツネに騙されたみたいだった。

5・・忠別岳避難小屋前のミニお花畑。 この避難小屋、雪渓の横で放射冷却もあって、セーター。ベスト、カッパ、夏シュラフ、シュラフカバーでも寒くて寝れなくなった。ツェルトが有ったんでくるまったらなんとか寝れたわ。

6・・トムラウシとエゾコザクラ  五色ケ原は広大なお花畑。ほかにもチシマノキンバイソウだったりチングルマだったり。



23265.Re: 北海道
名前:リップ    日付:2014年07月26日(土) 20時16分
Original Size: 800 x 600, 97KB Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 97KB

7・・トムラウシと沼ノ原  沼ノ原は池塘にワタスゲやタチギボウシやらその向こうにトムラウシや十勝連山、素敵なところだった。

8・・昨年、白雲岳に登るとき気になる山が見えて、それがニセイカウシュッペ山だった。お花が両斜面にびっしり。
ここに行くには林道にゲートがあって自分で鍵をあけるのよ。初体験。

9・・美瑛の丘に寄ったら、サクランボが山盛り300円で売ってた。サクランボでおなか一杯になったわ。



23269.Re: 涼しい四国の写真でも
名前:エントツ山    日付:2014年07月27日(日) 10時58分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 675 x 900, 163KB Original Size: 675 x 900, 165KB

ピップさん  おはようございます

四国は連日の猛暑です  帰ってきたら暑かったでしょう
今、新居浜では雨が降っています 気温が上がり過ぎたんですね

壮大且つ涼しい台地「北海道」 又 軽四で行かれたんですね
北海道の山々へ車をベースに巡るってアイデアや夢はみんな持っていると思います
でもそれを実行出来る人間は少ない
いや〜 いつもながらリップ姐の行動力には脱帽の一言です

本当に北海道ときたら色んな色の花が咲いてますねえ
猛暑の夏に残雪とお花畑・・・ たまりませんわ

トムラウシ 是非縦走したい山です

一盛り300円のサクランボ 買いますとも
何せ進物用のサクランボなんて1個300円でっせ

車チュウ泊って確かに長く続くと疲れますよね
ホテルに泊まっても連泊でない限り朝10時にチェックアウトするとゆっくり休む所がありませんわ

で・・・休む為に次の目的地を北アルプスへ   その気力はどこから湧いてきますんにゃがな
惚れた男がいたら地の果てまでも追っていく リップ姐はそんな行動派フラガールなんですね

今頃、自宅で過労のケンビキ口内炎やサロンパスを貼りまくってるんじゃないでしょうねえ


話の続きをゆっくり待っております

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa1.html


23255.涸沢〜北穂 返信  引用 
名前:ペーコ    日付:2014年07月24日(木) 23時57分
Original Size: 800 x 533, 83KB Original Size: 800 x 533, 88KB Original Size: 800 x 600, 88KB

エントツ山さん こんばんわ
テント担いで北アへ行ってきました・・・重い!

平湯温泉あかんだなで車チュウ泊(本来禁止だそうです)
翌日、駐車場からバスで上高地〜涸沢へ  昼過ぎに着いたので ここでまったりしました

次の日 涸沢〜北穂〜穂高岳山荘へ
山荘でテント張って しばらくすると夕方から雨が降り始め
強風とともに一晩降られました

山小屋のひとが 明日は稜線に出ると強風になるので危ないですよというので
予定していた奥穂からの下山を断念し 涸沢からは 来た道をダラダラと下りました

3日のうち2日が 天気よかったので 満足しないといきませんね



23256.Re: 涸沢〜北穂
名前:エントツ山    日付:2014年07月25日(金) 17時24分
Original Size: 700 x 525, 66KB Original Size: 360 x 480, 39KB Original Size: 700 x 525, 41KB

パノラマコースより涸沢を俯瞰  北穂高は大キレット展望所  北穂高と槍ヶ岳を振り返る
(奥は奥穂〜涸沢岳〜北穂)     (ザックは13kgに収めた)


ペーコちゃん  今晩は

今日は新居浜に来ております
午前中はお袋さんと住友別子病院でした  いや〜 外は暑いねえ
北アルプスは涼しくても帰ったら暑くてグダ〜っとするよね


アナカンダ駐車場で「車チュウ泊」って要するに車でチュウハイをやりながら泊まるって事よね  おかげで朝一番のバスに乗れなかったのね
そりゃ駄目だよう

北穂高ってゴツゴツして美しくないんだけど、大キレットと槍ヶ岳の絶景ポイントじゃよね
北穂高から穂高山荘までの縦走もいいよねえ 振り返ると北穂と槍が見える

最低コルからの涸沢写真を見ると沢山の残雪やねえ

もしテントの写真かザックの写真があったら貼っておくんなまし


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa1.html



23258.Re: 涸沢〜北穂
名前:ペーコ    日付:2014年07月25日(金) 21時01分
Original Size: 800 x 533, 87KB Original Size: 800 x 533, 88KB Original Size: 800 x 600, 87KB

ザックの重量は 13kgでした
どうして 以前17.5sあったザックが13kgになったのか不思議です???
いつも持ち歩いていて ほとんど使ったことがないものを置いていくと
なぜか減っていました

うん? ということは 使わないものを4kgほど いつも担いでいるみたいです

ザックの写真は有馬温泉ですが ツェルトはこれです
北穂から槍ヶ岳へのキレットより 北穂から穂高岳山荘への道が数倍怖いと ベテランの
登山者が言ってましたが 比べる知識がないので不明ですわ

石室越から東赤石への縦走に ちょっと毛がはえたようなもんですね



23259.ああ
名前:ペーコ    日付:2014年07月25日(金) 21時15分
Original Size: 800 x 533, 87KB Original Size: 800 x 533, 88KB Original Size: 800 x 600, 87KB

車チュウ泊って 疲れますね
焼酎は飲まずに 車チュウして始発で上高地へ向かいましたよ

この後のテン泊2日、あまり寝れずに 今は眠たくてバテバテですわ

こちらは父親の関係で 1日労災病院に詰めておりました



23260.Re: 涸沢〜北穂
名前:ペーコ    日付:2014年07月25日(金) 21時18分
すみません
同じ画像を

山と病院の掛け持ちで 頭寝てます


23262.Re: 軽量化はお金と意識改革が必要ですね
名前:エントツ山    日付:2014年07月25日(金) 22時53分
Original Size: 360 x 480, 27KB Original Size: 700 x 525, 39KB Original Size: 375 x 500, 58KB

ダンロップテント(1.6kg) モンベル・ドームシェルター(900g) ファイントラック・ツエルト(380g)


ペーコちゃん  今晩は

先ほどまで新居浜の花火を上部地区の高台から眺めておりました

ごめん 昼過ぎに着いたのは上高地ではなくて涸沢だったのね
7月19日からアカンダナから上高地への始発は04時50分だからねえ

テント泊をする場合、漠然とあれも要るかもこれも要るかもと足し算をすると17.5kgにすぐなっちゃう
これは要らんだろうと引き算をすると10kg程に収める事が出来る

重量を減らす手っ取り早い手段はテント(宿泊設備)とザックを軽くする事やね

我々は20kgもの重量を負えない。 10kg前後とすれば重くてしっかりしたザックは不要
オスプレーのエクソス58リッターは 1.2kg これで十分
テントもフライが無くてもドームシェルターかツエルトで十分

今度の北アルプスは ファイントラックのツエルトIIロング 380gでトライしますわ
お湯を沸かすのは固形燃料を使ってみます


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa1.html


23257.針ノ木大雪渓 返信  引用 
名前:kyo    日付:2014年07月25日(金) 20時10分
Original Size: 640 x 480, 62KB Original Size: 640 x 480, 47KB Original Size: 640 x 480, 43KB

エントツ山山今晩は。
例年より一週間遅れで信州の山に行ってきました。
去年からの宿題で針ノ木大雪渓を歩いてきましたが今年は雪が多く稜線まで雪渓を歩くことが出来ました。
まずすまずの天気素晴らしい眺望を楽しむことが出来ました。
針ノ木岳から種が池までの稜線は変化があり眺望のすばらしさとともに楽しく歩くことが出来ました。
でも毎年疲れが残るようになってきました。
何時まで日本アルプスの山歩きを楽しめるかなと思っています。
1.針ノ木大雪渓
 雪渓の上を歩いているのに暑くて大変でした。
2.蓮華岳のコマクサの大群落
  登山道脇に一杯咲いていました。
  柵やロープもないのに踏み荒らされた跡もなく皆さんマナーが良いようです。
3.針ノ木岳からスバリ岳に向けて黒部湖を見ながらの大下りです。
http://satoyama.yu-yake.com/



23261.Re: 針ノ木大雪渓
名前:エントツ山    日付:2014年07月25日(金) 22時20分
Original Size: 737 x 575, 326KB

針ノ木岳の位置

KYOさん  今晩は

延期していた北アルプスは針ノ木界隈でしたか
北アルプスの中では比較的マイナーな山域ですが、地図でみると黒部湖を挟んで錚々たる立山連峰が控えていますねえ

針ノ木雪渓や白馬雪渓は歩いてみたいです
岩の滑り落ちだけは勘弁願いたいですが、雪渓歩きは楽で爽快ですわ

コマクサはこの時期から咲くんですね
登山者であの花を踏みつける勇気と言うか邪気はないでしょうねえ

雪に覆われて、岩屑だらけの痩せ地であんな色をした花が咲くのが不思議です

北アルプスは確かに疲れますわ まあ歳のせいだけでもありませんわ
登山口までの行き帰りが疲労を倍増させますね

北アルプスのレポありがとうございました

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-karasawa1.html


23240.今回は回送係・・大山 一向平〜ユートピア〜大山寺まで縦走 返信  引用 
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2014年07月21日(月) 22時52分
Original Size: 448 x 252, 80KB Original Size: 448 x 252, 87KB Original Size: 448 x 252, 105KB

エントツ山さんこんばんは〜。

今週のダーリンは大山へ・・一向平から野田ヶ山経由〜ユートピア〜大山寺までの縦走でした。
このルート・・吊り橋、大山滝、古道、ブナ、岩場、お花畑、そしてお楽しみの砂すべり。
いろんな楽しみが出来るコースみたいです。
ところでダーリンどうやって南から北まで縦走出来たんでしょう??
そうなんです・・・私・・広報係どころか回送係までやらされました・・(泣)。
週末 ダーリンなんか愛想いいなあと思ったんですよ・・まあ誕生日も近いし娘たちも関西遊びに行っているし・・。
仕方ないので今日一日時間待ちに米子の温泉でゆっくりしてました(笑)

登山道は大休峠までは道の広い古道で歩きやすかったみたいですが、野田ヶ山過ぎたあたりからは、岩場(親指ピーク)や急登で手足を使って登ったそうです。
暑さでバテバテでしたが、ユートピア小屋が見えたらお花畑が現れ気合い入ったみたい。
途中ポツポツしか登山者に会わなかったのに小屋の辺りは人でいっぱい・・。やっぱり裏コースは人気ないんかなあ・・と。

砂すべりはなぜかロープが短くなり、動画を見たら去年より歩きやすかったみたいです。
ゴールのモンベルのとこで待ってたら、まあ嬉しそうな顔して到着してきました。
悔しいけど、早く治して来年は砂すべりしてみたいです。



23241.Re: 今回は回送係・・大山 一向平〜ユートピア〜大山寺まで縦走
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2014年07月21日(月) 22時53分
Original Size: 448 x 252, 82KB Original Size: 448 x 252, 78KB Original Size: 448 x 252, 82KB

写真の続きです



23246.Re: 今回は回送係・・大山 一向平〜ユートピア〜大山寺まで縦走
名前:エントツ山    日付:2014年07月22日(火) 00時09分
Original Size: 1024 x 552, 265KB

  ダーリンの大山周回概略図


ゆ〜ちゃん
ダーリン   今晩は


何と広報係だけでなく回送係の大役まで仰せつかっておりますか〜
そりゃダーリンの大名登山ですね

私も富士山、八ヶ岳、由布岳、その他で送り迎えのサービスを受けましたが下山時間で少しプレッシャーがありますねえ

グガイソウやギボウシも沢山咲きだしてる様ですねえ

ダーリンも周回コースに頭をヒネる様になり、車の回収や合理的な周回方法の戦略に興味が湧いていると思います

山歩きの面白さはこんな所にもあり、地図を良く読んだり、地形を確認したりと幅が広がってきます

ゆ〜ちゃんの回送サービスがなければタクシー代が高くついた筈ですわ
何かおごってもらったでしょう?

私も電動アシスト自転車でこの辺りの周回を企てております


エントツ山
http://www.city.itoigawa.lg.jp/dd.aspx?menuid=5317



23253.Re: 今回は回送係・・大山 一向平〜ユートピア〜大山寺まで縦走
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2014年07月24日(木) 00時37分
エントツ山さん、こんばんは〜

ダーリンは私がまだ復活できないので、週末が近づくと何やらPCで調べ物。いろいろコースを練っていろようです。

今回の回送のお手当は米子の温泉の必要経費でした(笑)

昨日はダーリンの誕生日でしたのでプレゼントに私とダーリンのデポ用自転車を購入しました。
早く使えるよう、日々ジムのランニングマシーンで坂道にして歩いております!


23254.Re: 縦走の友  自転車
名前:エントツ山    日付:2014年07月24日(木) 22時42分
Original Size: 600 x 468, 55KB Original Size: 390 x 292, 45KB Original Size: 700 x 525, 56KB

初代縦走の友(モンキー)  現在の縦走の友(電動アシスト自転車) ママチャリでもやりました


ゆ〜ちゃん  今晩は


もう暑くて外に出る気がせんわ
みんなこんな猛暑でも仕事してんやねえ 

縦走に自転車を使う時は基本的には標高の高い登山口に自転車をデポしておき、車で標高の低い登山口から出発する
だから、このパターンだと登山は上りで自転車は下りとなる

いつもこのパターンとは限らないので以前はモンキーで現在は電動アシスト自転車を導入しておりますんにゃがな

こもれびさんところのコモさんはしっかりしたモンキーを買ったから今でもこれが縦走の友じゃとて・・・

ダーリンの車はデカいから二人で漕ぐタイプの自転車でも積めるぞよ
これで縦走後に二人で長い自転車を漕いで林道を走ってたら山食以上に名物カップルになる事間違いなし!!

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-shiranesanzan1.html



ページ: |< << 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb