[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





31819.笹蔵湿原 返信  引用 
名前:kurenaikai    日付:2019年06月16日(日) 14時53分
Original Size: 640 x 426, 45KB Original Size: 640 x 479, 45KB Original Size: 640 x 479, 44KB

エントツ山さんこんにちわ。数年ぶりに笹蔵湿原へと行きました。隠れた名所なので普通の時間に行くとかなりの人が狭い湿原でいっぱいになるので前日スカイラインに泊まり翌日早朝より出発しました。夜中は大雨で天気は心配でしたけど朝六時には小雨となり天気が回復し始め、荒れた林道を進み登山口を登りますが川のようになっていました。約一時間位で湿原へ到着。昨日の大雨でほぼ水没していましたが岸に近いところは青々としたウマスギゴケがとてもきれいでした。上からも見ましたが原生林の中にぽっかりとある湿原はとてもきれいでしたが半分以上が笹原に侵食されている様子が分かります。下山中は数グループ約30人の方とすれ違ったので早朝出発で正解でした。
https://kurenaikai.blog.fc2.com/



31820.Re: 笹蔵湿原
名前:kurenaikai    日付:2019年06月16日(日) 14時54分
Original Size: 640 x 426, 44KB Original Size: 640 x 426, 44KB Original Size: 426 x 640, 152KB


林道はかなり昔にぶっ壊れたみたいでした。ゆうれいなんとかの花もありました。このぶなの木はとても素晴らしかったです。
https://kurenaikai.blog.fc2.com/



31821.Re: 笹蔵湿原
名前:kurenaikai    日付:2019年06月16日(日) 14時54分
Original Size: 640 x 479, 45KB Original Size: 640 x 479, 45KB Original Size: 640 x 479, 44KB

上から見ると笹原に半分以上侵食されているのが分かります。少し遠くへ飛ばすと湿原らしきものがありました。緑の原生林の中に赤い木が。恐らく枯れているのでしょうね。
https://kurenaikai.blog.fc2.com/



31822.Re: 笹蔵湿原
名前:kurenaikai    日付:2019年06月16日(日) 14時55分
Original Size: 640 x 426, 45KB Original Size: 640 x 426, 45KB Original Size: 640 x 426, 45KB

超望遠で撮るとコケには見えませんね。
https://kurenaikai.blog.fc2.com/



31823.Re: 笹蔵湿原
名前:kurenaikai    日付:2019年06月16日(日) 14時55分
Original Size: 640 x 479, 45KB Original Size: 640 x 479, 45KB Original Size: 640 x 479, 45KB

ここから登る笹ヶ峰方面は完全にガスに覆われていました。
https://kurenaikai.blog.fc2.com/



31833.Re: 笹倉(さぞう)池〜〜
名前:エントツ山    日付:2019年06月17日(月) 19時32分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 912 x 1024, 163KB

どうです この見事な笹倉池!    これが登山道でがんす   笹倉湿原への登山道ログ


kurenaikai さん   今晩は

雨の後、笹倉湿原は適度に水が溜まり、干からびたウマスギゴケも活き返ります

でもこれもタイミングの問題で、大雨の後ともなれば水没の度合いが気がかりですね

まあ、そこそこ島が出来ているので良しとしましょう

去年、同じように雨の後に行きましたが登山道は沢で湿原は・・・・池でした
おまけに帰りに瓶林で落石に乗り上げてタイヤがパンク!  踏んだり蹴ったりの笹倉湿原でおました

ギンリョウソウ(銀竜草)は確かに別名ユウレイタケって呼ばれていますよね
最初に見た時は気味が悪かったですが、まあ何事も見慣れたら慣れるもんです

ドローン写真 いいですねえ  不思議な空間です
池もそうですが取り囲む緑の木々がメルヘンチックです
確かに半分以上笹に侵食されてますわ
でも私が初めてここに来た時、すでにもう数年で笹に侵食されてしまうってウワサでしたから頑張ってます! 時々水没するのがいいのかしらねえ

笹倉湿原から筒上山への縦走は結構タフでしたねえ


下のURLは笹倉湿原〜筒上山縦走記です

PS  今からNHK BS放送で日本百名山 西田さんの山岳ドローン特集を見ます

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/ishiduchisonota5sazoutsutsujyou.html


31815.ネタ切れ! 返信  引用 
名前:kazashi    日付:2019年06月13日(木) 13時54分
Original Size: 640 x 480, 200KB Original Size: 640 x 426, 150KB Original Size: 640 x 426, 147KB

エントツ山さん梅雨入りが随分と遅くなっていますね。

梅雨明けの夏山には早く、花の山も何だか中休みのこの時期
どこを歩けばいいかと色々と悩みます。
その点ではこの掲示板を覗いてはいい山がないかと物色しています。

今回はネタ切れでカタクリから外れたこの季節に赤星山を歩いてきました。
北の野田登山口からは二度目ですが、やはり歩き堪えのあるコースでしたが、
皇子渓谷の渓谷美に癒されながら楽しく歩いててきました。
https://blog.goo.ne.jp/kazashi01/e/9fad0b6fcf932929bf4eccae3cb36e81



31816.Re: ネタ切れ!
名前:エントツ山    日付:2019年06月14日(金) 08時32分
Original Size: 640 x 376, 64KB Original Size: 900 x 506, 150KB

kazashi さんの赤星ログ    タカネバラが咲きだしたらしい(能智さん提供)


kazashi さん  おはよう

新居浜に居ると山が近いので行く気になるのですが、高松に居ると県外まででかけるのがおっくうになります

それでお手軽に堂山トレーニングとなってしまいます

この時期、大山辺りに出かけないと花は少ないよね
皇子渓谷から赤星〜豊受〜新道の周回でしたか
何かヘルメットを被った人も居た様ですね 沢を歩かないかんと思ったのでしょうか

最近は水曜野外クラブもみなさん体力が付いてきて豊受山までフツーに脚を伸ばせる様になったのですねえ

ルート企画係としては悩ましい季節ですわ
kazashi さん達が赤星へ行った日に犬返し仲間の能智さんが兜岩偵察でタカネバラが咲きだしたとのお知らせを頂きました

兜岩はアケボノツツジが終わると静かになるのですが、6月中旬以降になるとタカネバラとオオヤマレンゲが咲きだします

前赤石まで足を延ばすとタカネバラ、ユキワリソウ、キバナノコマノツメなんかが咲くし、石室越えのオオヤマレンゲもつでに楽しめるわ

それか、来週になれば裏寒風なんかも良いかもね
西尾根を上ってオオヤマレンゲを見た後、トンネル西口に下りれば花もあると思うぜよ

体調が悪い時も行かなきゃならんのがプチリーダーの辛い所じゃね

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-6-9-hiijidake.html



31817.Re: ネタ切れ!
名前:kazashi    日付:2019年06月14日(金) 17時48分
エントツ山さん、こんばんは!

水曜登山会は私が入会?するまでは、季節感も山の花も全く興味もなく
歩いていたようですが、ここ最近花を目当てに歩き始めて女性陣の参加
も少しづつ増えてきました。
ただ私自身が花には無頓着なので、この掲示板で情報を集めて、さも
以前から知っていたような素振りをして企画をしています。(笑)

オオヤマレンゲも稲叢山しか知らなかったのに、あちらこちらに咲いて
いるんですね。次回からの参考にさせてもらいます!
ありがとさんです!

31810.シャワークライミングにはまだ冷た過ぎた直瀬川左俣 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2019年06月10日(月) 21時59分
Original Size: 533 x 800, 153KB Original Size: 600 x 800, 162KB Original Size: 589 x 800, 165KB

@今回の遡行図 A無名の大滝2段目 この数分後全身冷水浴をする羽目に B大滝3段目 慎重に登る

エントツ山さんこんばんは。
昨日10日にようやく今シーズンの沢歩きを始めました。

シーズン初めなので、足慣らしをするため楽で、かつ標高が高くなくて冷たくない沢に。
悩みましたが、久万高原町直瀬地区にある直瀬川左俣に4年ぶりに行って見ることに。
井内峠近くに自転車をデポして、駐車した標高671mの橋の袂から入渓。

入渓して10分で3段の無名の大滝に出会いました(4年前は自分の実力では無理と思って滝をパスして滝上から入渓)
なかなかきれいな立派な滝で高度差は大きいのですが、今日は水量が少ない上に、足がかりが豊富でなんとか登れました。
2段目でどうしても流心を突破しなければ登れない場所を突っ込むと、頭からもろに水を受け、冷たいこと冷たいこと!!!

全身びしょ濡れで3段目を慎重に登りきれば、その先は遡行終了地点まで概ね8割は傾斜が緩やかなナメやナメ滝の連続です。
沢のすぐ横に林道が通っているし、高度のある滝もないので、初心者向きの沢でしょう。

4年前と変わった点は、植林が伐採されて沢に日が当り明るい雰囲気になりました。
しかしながら、その代わりに倒木や土の流入も多い点が気になりました。

入渓から3時間ちょっとで自転車デポ地点に到着。これより先は薮がひどく遡行する気になれませんでした。
そのまま自転車にまたがり林道を下るも、服が濡れていて風が当ると寒くて風邪引きそうでした。
駐車場所までは20分もかからず到着。

装備を解いていると、地元の年配の方が軽トラで通りかかり「釣でもしよったん?」と声を掛けられました。
大滝を登って下りてきたと答えると、驚くというよりあきれられました。
聞くと、全体の落差が60mあるそうで(自分的にはそこまではないような?)、昔は周りが広葉樹の森だったので水量が多く、ここで発電をしていたとのこと。

体が冷え切っていたので、すぐ近くにある「ふもと温泉」を勧められ、ここで体を温めました。
この温泉、地元の方々が運営しているのか?この季節は週末の土日の13:00〜19;00まで入浴できます。
泉質が弱アルカリ性のぬるぬるした感じですばらしく、なかなかお勧めのいいお湯でした。

ともあれ、今シーズン初の沢は、まだまだ冷たかったですが、想定外の滝にも登れたし、いい温泉にも浸かれたし、虫も少ないし、幸先のいいスタートかも??



31811.Re: シャワークライミングにはまだ冷た過ぎた直瀬川左俣
名前:弁天山    日付:2019年06月10日(月) 22時00分
Original Size: 800 x 628, 165KB Original Size: 800 x 603, 162KB Original Size: 800 x 591, 163KB

C大滝を登りきると一変して明るいナメに D渕のあるナメ滝にて Eナメがまだまだ続く



31812.Re: シャワークライミングにはまだ冷た過ぎた直瀬川左俣
名前:弁天山    日付:2019年06月10日(月) 22時06分
Original Size: 800 x 606, 165KB Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 162KB

Fナメ滝 Gその上のナメ滝 H川の中でほぼ球に近い石のボール発見 重くて持って帰られなかった。



31813.Re: シャワークライミングにはまだ冷た過ぎた直瀬川左俣
名前:弁天山    日付:2019年06月10日(月) 22時07分
Original Size: 800 x 617, 165KB Original Size: 800 x 544, 162KB Original Size: 590 x 800, 163KB

I最後の小滝を登るとゴール近い Jふもと温泉 入浴料400円 お勧めです K帰りに通りかかった東温市にある井内御来光ノ滝 今度はここも登ってみたい



31814.Re: シャワークライミングにはまだ冷た過ぎた直瀬川左俣
名前:エントツ山    日付:2019年06月11日(火) 21時51分
Original Size: 900 x 506, 162KB Original Size: 506 x 900, 165KB Original Size: 900 x 506, 164KB

堂山〜六ッ目山は高松に居る時の良いトレーニングコースです


弁天山さん  今晩は

今年も弁天山沢歩きのビョーキが再発しましたねえ
仁淀川水系、直瀬川左俣ですか  松山からは中々お手軽な場所にあり良いトレーニング沢ですね

球形になった見事な丸石は興味深いですね
ローリングストーンの典型でしょうが、ただ単に沢を転がるだけではあそこまで球体になるのは難しいでしょう

ひょっとして大き目の滝下で滝壺にひっかっかりグルグルと水圧で回り続けたのでしょうか
弁慶か天狗の砲丸投げって名付けましょうかねえ

山歩きの形態は色々ありますが、沢歩きは総合格闘技ですわ
これには山歩きの様々な要素が全て含まれていますので応用が利きます

運動で陸上競技をやってると基礎が出来て色んなスポーツに応用が利くみたいなもんですね

特に弁天山さんの様に単独で沢歩きをされると「ここは大丈夫」「ここは無理」と自分を守る為の判断力が養われます

「赤信号 みんなで渡れば 怖く無い」って標語がありますが、確かに危険な場所でも集団心理でヘンな勇気が湧いてくるのですが、一人っきりだとそうは行きません

自分の臆病さに素直になり、自分だけを頼りに無事切り抜ける事に集中します
単独行のメリットと醍醐味はそこにある様な気がしますね
お互いヘマをしない様にやりましょう

ふもと温泉はロッカーに百円玉を入れるシステムでなければ利用したいと思います

こちらは日曜日午前中に用事があり昼から地元の堂山〜六ッ目山を9キロザックでピストンしてトレーニングでした
家の近くにアップダウンに富んだトレーニング場所の里山があるっていいですわ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-6-9-hiijidake.html


31802.石鎚山からの御来光 返信  引用 
名前:kurenaikai    日付:2019年06月09日(日) 15時16分
Original Size: 640 x 426, 43KB Original Size: 640 x 426, 44KB Original Size: 640 x 123, 40KB

エントツ山さんこんにちわ!石鎚山へ御来光目的で早朝より登りました。前日の天気が心配だったけど急に晴れたようで星空も見えてました。3時出発で山頂で星空も見ようと思い全速力で登りましたが、荷物が重いのか、体重が増えたのか、年のせいで体力が落ちたのか、いつもこの時間なら人がいないので1時間かかりませんが1時間10分かかって山頂へ到着しました。山頂へ着くと少しだけ星空を見ること画で起案した。その後西の空が少しづつ明るくなり始めてようやく御来光を見ることが出来ました。朝日に照らされる天狗岳や鳥居はとても素晴らしかったです。その後久しぶりに笹原を登り三角点へ行きましたが前日の雨で笹はびしょびしょだったので下着もろともびしょびしょになってしまいました。レインウェア持っていたけど着るのが面倒だったのでそのまま登りました。三角点からは満開のシャクナゲを楽しみました。標高が高いのでちょうど見ごろのシャクナゲは」とても素晴らしかったです。
https://kurenaikai.blog.fc2.com/



31803.Re: 石鎚山からの御来光
名前:kurenaikai    日付:2019年06月09日(日) 15時17分
Original Size: 640 x 426, 45KB Original Size: 640 x 426, 44KB Original Size: 640 x 426, 44KB

弥山からは少し明るくなり始めたものの少しだけ星空を見ることが出来ました。
https://kurenaikai.blog.fc2.com/



31804.Re: 石鎚山からの御来光
名前:kurenaikai    日付:2019年06月09日(日) 15時18分
Original Size: 640 x 426, 45KB Original Size: 640 x 426, 44KB Original Size: 640 x 426, 45KB

日が昇り赤く染まる天狗岳と鳥居はとてもきれいでした。
https://kurenaikai.blog.fc2.com/



31805.Re: 石鎚山からの御来光
名前:kurenaikai    日付:2019年06月09日(日) 15時19分
Original Size: 640 x 426, 39KB Original Size: 640 x 426, 38KB Original Size: 640 x 426, 45KB

二の森方面にはブロッケン現象が発生していました。その後笹原を登り三角点へ
https://kurenaikai.blog.fc2.com/



31806.Re: 石鎚山からの御来光
名前:kurenaikai    日付:2019年06月09日(日) 15時19分
Original Size: 640 x 426, 45KB Original Size: 640 x 426, 45KB Original Size: 426 x 640, 62KB

三角点から見るシャクナゲ。ちょうど見ごろですばらしかったです。
https://kurenaikai.blog.fc2.com/



31807.Re: 石鎚山からの御来光
名前:kurenaikai    日付:2019年06月09日(日) 15時20分
Original Size: 426 x 640, 125KB Original Size: 640 x 426, 45KB Original Size: 426 x 640, 101KB

ツツジの花もちょうど見ごろでした。普通この時間帯には登る人はいないので会ったのは写真&登山仲間の二人だけでした。
https://kurenaikai.blog.fc2.com/



31809.Re: 石鎚山からの御来光
名前:エントツ山    日付:2019年06月09日(日) 23時31分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 164KB

今どきの石鎚の花


kurenaikai さん   今晩は


週末天気が少し回復して良かったですね
去年は二日続けて石鎚〜三角点を訪問しましたので、今年は皆さんのレポを期待して、自分は大山へ行きました

相変わらず濃い山旅をされての写真ですね
石鎚に何十回も登っておりますが、いまだにご来光を拝んだ事はありません

日帰りで御来光を狙う写真家の人は土小屋で車中泊をして03時頃出発すると聞いております

夕日が沈んでヘッドランプを点ける事は今までも結構ありましたが、未明にヘッドランプを点けて歩いた事はほぼありません

土小屋から弥山まで1時間10分もかかったって嘆きますか?
物凄く贅沢な嘆きでっせ

今季も三角点からのシャクナゲ写真をレポして頂きましたが、この週末でやっと満開の臨界点に達したのですね
西赤石のアケボノも長い事楽しませてくれましたが、三角点のシャクナゲも同じでしたねえ

全ての働く登山者の為に週末が天気に恵まれます様に祈ります


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-6-9-hiijidake.html


31775.大山・三ノ沢  返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2019年06月05日(水) 22時02分
Original Size: 1024 x 740, 165KB Original Size: 675 x 900, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB

大山・三ノ沢 GPSログ図      尾根崩壊部アリ   前進不可能な藪尾根じゃった


去年の今頃、大山の一ノ沢を弥山近くまで歩いて素晴らしいお花畑を堪能した
恐らく三ノ沢もイワカガミ、アカモノ、ツガザクラが咲いているだろうと早朝高松を出発して文殊堂から歩きました

地図を見ると三ノ沢からキリン峠へ一直線の尾根がある
鳥越峠からキリン峠へは誰かとアンザイレンが必要みたいなのだが、この三ノ沢からの尾根は樹林帯でガレた沢よりいいかも・・・・・って這い上がってみました

んがっ! こんな藪尾根は今まで歩いた事が無い程酷かった
途中で何度も進退窮まり心が折れそうになりましたがな

おまけに崩落地もあるし、上に行くに従いキャラボクが狭い尾根に生い茂り体を入れるスペースが無い

こんな事では藪歩きのスペシャリストの名が廃る!!
3時間40分、藪との格闘でやっとキリン峠に出ました

ここはツガザクラとイワカガミが咲き誇る別天地でした
鳥越峠への細尾根を確認しましたが、上りなら何とかなりそうな雰囲気でした

槍ヶ峰は下から見ると迫力満点ですが、上から見ると高度差はありません
でも稜線の岩が崩壊寸前でとても這い上がれそうにもありませんでした

天狗ヶ峰まで行く予定でしたが、藪との格闘で体力を使い果たし、前に見える細尾根に進む気力がありませなんだ

主稜線へ行く時は沢道で来るしかありませぬ


エントツ山

 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-6-9-hiijidake.html



31776.Re: 大山・三ノ沢 
名前:エントツ山    日付:2019年06月05日(水) 22時27分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 164KB

キリン峠から槍ヶ峰・三ノ峰     細尾根と烏ヶ山    崩壊地に咲くダイセンクワガタ
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-6-9-hiijidake.html



31777.Re: 大山・三ノ沢 
名前:エントツ山    日付:2019年06月05日(水) 22時35分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 161KB

槍尾根から天狗ヶ峰〜剣ヶ峰    秋に目指すユートピア避難小屋   下山路 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-6-9-hiijidake.html



31778.Re: 大山・三ノ沢 
名前:エントツ山    日付:2019年06月05日(水) 22時37分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 163KB

沢道への下山路(道が沢まで続く)   ツガザクラが満開    下山路は砂すべり状態  
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-6-9-hiijidake.html



31779.Re: 大山・三ノ沢 
名前:エントツ山    日付:2019年06月07日(金) 08時05分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB

  沢筋に下りる      徒渉部(沢を渡る)にはケルンがある デカい堰堤は右岸から上がる(下りる)


今回は下りで正規の沢道を使ったので、逆に正規の沢道を上りに使う場合 

1)文殊堂から三ノ沢の橋を渡らず左手(右岸)の作業道(作業車が通っている)を上がる

2)工事中の為、左手にう回路が造られている (案内板あり)

3)工事中の上側を右手(左岸)に渡る (案内板あり)

4)しばらく沢の右手(左岸)にある登山道を進む

5)大きな堰堤部で行き止るので堰堤の下側を左手に進んで堰堤を這い上がる (ロープ有り)

6)すぐに大きなケルンが2つ積んである場所で沢を右側(中洲)に渡る 


後は道なりに踏み跡を辿る

人数が多い場合や登山者が多い場合は落石があるのでヘルメットを用意される方が良さそうです


エントツ山  

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-6-9-hiijidake.html



31780.Re: 保存版 三ノ沢〜槍ヶ峰〜三ノ峰 ルート図 
名前:エントツ山    日付:2019年06月06日(木) 08時25分
Original Size: 792 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 675 x 900, 160KB

三ノ沢〜槍ヶ峰〜三ノ峰 ルート図  槍ヶ峰への細尾根    キリン峠から鳥越峠への下り尾根(奥は烏ヶ山)


初めて三ノ沢〜槍ヶ峰へ行かれる方へのルート図です
槍ヶ峰は左を巻いて道があり、三ノ峰までは細尾根で右手が切れ落ちてはいますが気を付ければ大丈夫です

三ノ峰から天狗ヶ峰への細尾根も少し幅があるのでバランスの良い方なら問題ないと思われます (主観)

キリン峠から鳥越峠までの尾根は、キリン峠直下が崩壊尾根で下りは危険そうでした


いずれにしても大山の地質は全てが脆くて崩壊寸前って感じです (ガラガラですね)
草付きや樹林帯を頼りに歩くしか無さそうです


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-6-9-hiijidake.html



31798.Re: 大山・三ノ沢 
名前:高御位山    日付:2019年06月09日(日) 16時09分
Original Size: 1024 x 768, 91KB Original Size: 768 x 1024, 92KB Original Size: 1024 x 768, 91KB

師匠、大山三の沢を詰め、槍ケ峰、天狗峰を踏んで槍尾根下降しキリン峠経由し
鳥越峠を経て文殊堂周回ですか。三の沢を詰めても、縦走路で土庇に遮られて左右
何れかに逃げ無ければ成りません。白馬岳の主稜山頂直下の乗越しの様な感じです。

 それにしても三の沢を主稜線迄詰めるとは、全くの驚きです。師匠の飽くなき
挑戦に感服します。地元の山岳会でも此処を登下降する事は殆ど有りません。
私は50年程前に槍ケ峰直下から三の沢を文殊堂(当時文殊堂付近に立派な山小屋が
有り、此処を拠点に多くの山岳会が冬山合宿を行って居ました)に下降しました。

 不測の事態が発生した為に連絡の為に下降したのです。槍ケ峰直下の三ノ沢側と
キリン峠付近は冬季は雪崩の発生が多く、死亡事故も何度か出て居ます。冬季の槍尾根
を越えて烏ケ山迄の縦走はキリン峠を越えるとほぼ安全、後は烏ケ山直下のトラバース
がザイルを必要とする危険個所ですね。

 槍尾根の縦走は落石が一番の心配ですね。10年以上前に成りますが、稲美山の会
で秋に西川さんをリーダーでブナ林〜横手道〜文殊堂〜鳥越峠〜槍尾根〜
三鈷峰〜宝珠尾根下降〜スキー場迄12時間掛けて周遊したことが有ります。
 昔縦走路の在った天狗ケ峰、槍ケ峰、キリン峠には粗末では有ったが道標が建って
居ましたが今は跡形も無く、辛うじてキリン峠には鉄柱が有るのみ。

 50年以上前、我山岳会KYACは3年間春夏秋冬地域研究で大山山域を隈なく登り続け
ました。今も記録として会で保管して居ます。青春の記録として積雪期の北壁はほぼ
登り尽くしました。吹雪にも雪崩にも遭いましたが幸運にも生き残る事が出来ました。
 最後はチベットで高山病に倒れ、脳梗塞と言う結果となってしまいましたが。


1 鳥越峠から槍尾根に向けて出発、菅さんも元気でした。
2 藪山を乗り越えてキリン峠を目出す。
3 大山東壁、下は振り子沢を経て地獄谷。



31799.Re: 大山・三ノ沢 
名前:高御位山    日付:2019年06月09日(日) 10時44分
Original Size: 1024 x 768, 92KB Original Size: 768 x 1024, 133KB Original Size: 768 x 1024, 91KB

1 槍尾根経の上り。
2 鉄柱のみ 道標は消えて居た。
3 キリン峠 積雪期には雪崩遭難がよく発生した。



31800.Re: 大山・三ノ沢 
名前:高御位山    日付:2019年06月09日(日) 10時51分
Original Size: 768 x 1024, 186KB Original Size: 768 x 1024, 92KB Original Size: 768 x 1024, 92KB

1 槍尾根、槍ケ峰。
2 槍ケ峰 頭を踏む、 冬季にも。
3 天狗ケ峰稜線から見る槍ケ峰 山頂標識は無し。



31801.Re: 大山・三ノ沢 
名前:高御位山    日付:2019年06月09日(日) 15時15分
Original Size: 1024 x 768, 91KB Original Size: 768 x 1024, 91KB Original Size: 1024 x 768, 91KB

1 剣ヶ峰にて食事。
2 ガレた稜線。
3 天狗峰 昔は此処に道標が建っていた。



31808.Re: 大山は魅力的な山ですが脆すぎますね
名前:エントツ山    日付:2019年06月09日(日) 22時19分
Original Size: 1024 x 768, 156KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 800 x 600, 165KB

 ユートピアから剣ヶ峰へ    天狗ヶ峰の石標だけはは今も有る様です  剣ヶ峰へ


高御位山さん  今晩は

大山は大変魅力的な山ですね
四国にはこんなタイプの山はありません

石鎚山は四国で唯一とも言えるアルペンチックな山ですが、大山ほど脆(もろ)くはありません

随分前にカンスケさんが高御位山さんと大山へ行って、上からボロボロ岩が落ちて来て恐ろしかったと言ってたのを思い出しました

冬季も含めて岩登りは私のジャンルではありませんが、尾根を繋いで歩きたい願望はどの山にも共通しております

弥山〜剣ヶ峰間は冬季なら何とか歩く事が出来ました
後は鳥越峠からキリン峠ですが、今回上から見た感じでは上りなら何とかなりそうですね

以前、烏ヶ山が登山解禁になった時に歩きましたが、烏ヶ山の北側トラバース路がヤバかったですね

大山は大休峠から矢筈ヶ山〜甲ヶ山〜船上山までも秋には面白い縦走路です

松から石鎚・土小屋まで3時間程かかります
松から大山まで2時間30分程で行けます

まあ、最近は新居浜ベースが多いのでやはり大山はそんなに近くの山では無い様です

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-6-9-hiijidake.html


31781.九州遠征〜ミヤマキリシマ咲く九重山 返信  引用 
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年06月07日(金) 17時57分
Original Size: 654 x 800, 338KB Original Size: 640 x 359, 149KB

エントツ山さん 今日は〜

九州遠征行って参りました。
エントツ山さんは大山、三ノ沢だったんですね。

平治岳のミヤマキリシマ、今年は二年ぶりで是非ともと、
天気予報を見ていたんですが、不安定な天気が続き出発が遅れていました。
今週になって、やっと二日間晴れという予報を元に、弁天山さんのレポを参考にさせて頂き、
やっと、出発となりました。

6/4(水)は朝は晴れ。しかし、三崎でフェリーを待つ間に雨が降り出し、佐賀関に着いて男池登山口に着くまで雨。夜中、雷とドシャブリの雨。
ところが、6/5(木)朝、目を覚ますと、雨は止み、陽も射している。
いよいよ、ミヤマキリシマ咲く平治岳へ。
平治岳東尾根からは、他に1名。若い女性だけでした。
滑る黒土と格闘しながら、頂上に着くと霧が・・・
残念な気持ちで、ガスの中を西斜面を少し下って、大岩の蔭で天気の
回復を待つことにしました。

登山者の「残念じゃね〜」という声が聞こえる。

しかし、10時過ぎ頃から、ガスが晴れる瞬間があり、歓声が上がりました!
斜面を埋めつくすミヤマキリシマのピンク、もう、絶景!
暫く、時の経つのも忘れ、写真撮りまくり〜

南峰からの平治岳の斜面もピンクに染まって素晴らしかった!
段々と人が多くなり、大戸越は、人、人、人で大賑わい。
平治岳を振り返ると、ミヤマキリシマ、圧巻でした!

北大船山への道はネリアンロード。
滑る〜
途中、イワカガミやマイズルソウが花盛りでした。

段原辺りで、頭の上をヘリコプターが飛び交う。
避難小屋を建設中でした。
ヘリの音って凄いですね〜 すぐ、近くだったので、吹き飛ばされるかと
思いました。

大船山から平治岳、北大船山を見ると、ピンクに染まっていました!

大船山からの下りは風穴経由で。大岩のゴロゴロする沢部や、原生林の
中を歩いて、ソババッケ、かくし水を経て、男池へ。
男池の湧水は名水の名が高く、飲んでみると美味しかった!

6/6(木)朝から快晴。

大曲り登山口に、長者原から移動すると、既に駐車場は一杯で、残り
2台分しかなかった。
低木の中を登って行くと、長者原からの林道と出会い、三俣山や硫黄山の北斜面が聳え立つ。
大岩の沢を渡り、ガレ場を登って行くと、諏蛾守越に着く。
諏蛾守越には石造りの避難小屋があり、ここから、三俣山を目指す。

先ずは西峰へ。
登山道の斜面にも、ミヤマキリシマが群落している。
次の、本峰にもミヤマキリシマが沢山あり、アップダウンを繰り返して
北峰へ。北峰から南峰の途中、大鍋といわれる古い噴火口の跡が
ありました。
南峰も、やはり、平らな山頂で東方下には、坊がつるの平原が広がって
いました。

三俣山の御鉢巡りを終えて、諏蛾守越下の北千里浜に下り、
ここから、久住別れまで行かなければならない。
段々と気温が上がり、北千里浜の荒涼とした景色が、灼熱砂漠に思え
ました。

久住の別れでも登山者の行列が続いていました。
牧ノ戸方面への途中、左に逸れ、扇ケ鼻へ。
広大な斜面にキリシマツツジの群落が広がっていましたが、
ここは、まだ、つぼみが多かったのでこれから暫く楽しめそうでした。
頂上からは、九重山の山並みが雄大でした。

牧ノ戸までは大渋滞。
牧ノ戸から大曲りまで、亀吉は車の回収に、30分の歩きでした。



なお、日帰り入浴施設ですが、5時以降は、やはり、開いている所が少なく、
やまなみ牧場も定休日で困っていましたが、法華院温泉別館花山酔が
開いていて(11;00〜19;00)二日共に入浴出来ました。
参考になれば・・・



31782.Re: 九州遠征〜ミヤマキリシマ咲く九重山
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年06月07日(金) 18時08分
Original Size: 800 x 449, 165KB Original Size: 800 x 449, 159KB Original Size: 800 x 450, 157KB

写真1;南峰から平治岳全景
  2;南峰
  3;白いミヤマキリシマ



31783.Re: 九州遠征〜ミヤマキリシマ咲く九重山
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年06月07日(金) 18時14分
Original Size: 800 x 450, 164KB Original Size: 800 x 449, 162KB Original Size: 450 x 800, 64KB

写真1;大戸越
  2;北大船山
  3;ヘリコプター(避難小屋建設していた)



31784.Re: 九州遠征〜ミヤマキリシマ咲く九重山
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年06月07日(金) 18時19分
Original Size: 800 x 449, 157KB Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 800 x 450, 163KB

写真1;大船山より平治岳方面
  2;風穴
  3;ソババッケ



31791.Re: 九州遠征〜ミヤマキリシマ咲く九重山 (三俣山、扇ケ鼻編)
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年06月07日(金) 19時30分
Original Size: 800 x 589, 324KB Original Size: 800 x 449, 165KB

九重遠征 二日目

写真は三俣山全景



31792.Re: 九州遠征〜ミヤマキリシマ咲く九重山 (三俣山、扇ケ鼻編)
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年06月07日(金) 19時32分
Original Size: 800 x 450, 162KB Original Size: 800 x 450, 162KB Original Size: 800 x 450, 156KB


写真1;諏蛾守越避難小屋
  2;北千里浜、硫黄山
  3;西峰山頂



31793.Re: 九州遠征〜ミヤマキリシマ咲く九重山 (三俣山、扇ケ鼻編)
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年06月07日(金) 19時36分
Original Size: 800 x 449, 163KB Original Size: 800 x 450, 164KB Original Size: 800 x 450, 154KB

写真1;三俣山、本峰
  2;三俣山、大鍋
  3;三俣山、北峰



31794.Re: 九州遠征〜ミヤマキリシマ咲く九重山 (三俣山、扇ケ鼻編)
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年06月07日(金) 19時42分
Original Size: 800 x 450, 162KB Original Size: 800 x 449, 160KB Original Size: 640 x 480, 159KB



写真1;三俣山 北峰からの途中、ベニドウダンが満開
  2;三俣山 南峰山頂
  3;扇ケ鼻、斜面に広がるキリシマツツジ



31796.Re: 九州遠征〜ミヤマキリシマ咲く九重山
名前:エントツ山    日付:2019年06月08日(土) 07時45分
Original Size: 1140 x 806, 219KB Original Size: 530 x 398, 139KB

伊予の鈍亀さんルートの全体像   どこにも居たもんだ「案内犬・平治号」(長者原)


伊予の鈍亀さん  おはようさん

雨で気を揉みましたが何とか2日間の晴れ間があって良かったですね
てっきり法華院温泉で一泊だと思ってましたが、あくまで周回に拘(こだわ)る外攻め鈍亀流九重周回図を楽しませて頂きました

西赤石でもそうだった様に満開の変わり目は周りの緑も勢いを増してきますね
この掲示板で四国外の山が賑わうのは当初の目論見ではありませんでしたが、やはり山と言うものの魅力はそれぞれの土地に独特の現れ方があり、全ての山好き人間を魅了しますねえ

伊予の鈍亀さん達も今回2度目の九重連山でほぼこの山域は行きつくした感がありますね
随分以前、morimori さんが秋の九重の様子をレポして頂いた記憶がありますが、あのツツジの葉っぱが赤銅色に変わる風景も魅力的です

次は夏遠征の前に、梅雨の晴れ間を利用してオオヤマレンゲですねえ
ところで四国の梅雨入りって何時になるんでしょうか

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-6-8,9-kujyu-miyamakirishima.html



31797.Re:こちらは大山・キリン峠へ
名前:エントツ山    日付:2019年06月08日(土) 08時38分
Original Size: 900 x 709, 165KB Original Size: 900 x 506, 163KB Original Size: 900 x 506, 155KB

藪尾根をキリン峠へ    ポールの立っている所がキリン峠   キリン峠から鳥越峠〜烏ヶ山へ続く尾根


伊予の鈍亀さん  再びおはようでござる

昨日から新居浜当番なのでモバイルPCの為に大山の写真が無い
スマホで撮ったキリン峠の写真があったので掲載

冬に弥山から天狗岳へ縦走して、ユートピア避難小屋へ下った分岐辺り(天狗ヶ峰)から南へ延びる槍尾根上にある峠ですわ

このキリン峠へ三ノ沢から一本の尾根がある
尾根歩きフリークの亀吉さんなら飛びつきそうな尾根なのよ

どころが、この尾根が曲者で物凄い効率の悪い灌木藪尾根で、すり抜けるスペースを探して枝の間を進むから体中傷だらけ
風呂に入ったらフランケンシュタインの様になっていた

大山も奥が深い魅力的な山じゃぞ

エントツ山

 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-6-8,9-kujyu-miyamakirishima.html


31789.石鎚のシャクナゲ 返信  引用 
名前:toshi    日付:2019年06月07日(金) 19時05分
Original Size: 1024 x 683, 131KB Original Size: 1024 x 683, 123KB Original Size: 1024 x 683, 136KB

エントツ山さん こんばんは!

昨日、久しぶりに石鎚東稜を登り、東稜で一緒になった高知の方に誘わ
れて三角点のシャクナゲを見に行って来ました。前から一度行ってみた
かったので良かったです。一人では行く勇気がなくて・・・。
天気も良くて、シャクナゲはやや終わり気味でしたが十分きれいな花も
残っており、誘ってもらって本当に良かったです。
8時に登り始めて、土小屋に帰り着いたのは14時40分でした。下界よりも
10℃は低かったですが、歩いてる時はやはり暑かったです。
昨日は土日と違って混雑してなく、ゆっくりと山を満喫できました。
次は、東赤石山のタカネバラを見に行きたいですね。
今年の夏は娘婿と一緒に岩手県の早池峰山へハヤチネウスユキソウを愛
でに行く予定です。
ではまた。



31790.Re: 石鎚のシャクナゲ
名前:toshi    日付:2019年06月07日(金) 19時08分
Original Size: 1024 x 683, 116KB Original Size: 1024 x 683, 145KB Original Size: 1024 x 683, 143KB

追加写真です。
ちなみに初めの3枚目はカニの横ばいのイワカガミです。



31795.Re: 石鎚のシャクナゲ
名前:エントツ山    日付:2019年06月08日(土) 06時46分
Original Size: 700 x 368, 52KB Original Size: 364 x 550, 30KB Original Size: 667 x 721, 71KB

この時期の定番ルート      東稜コースのシャクナゲ   弥山の修道院の様な姿に感動すら覚える

toshi ちゃん  おはよう

この時期の石鎚山は東稜を這い上がって、弥山から面河道へ出て、途中から稜線へ上がって三角点のシャクナゲ写真を撮って、西冠基部のお花畑でユキワリソウとキバナノコマノツメを見て、一般登山道を土小屋に帰るってのが定番ルートじゃけんね

石鎚三角点峰はちょっと不思議な場所にある
普段はあんまり行く価値の無い笹薮ピークですわ
BUT! ここにシャクナゲが咲いて、バックにあの平凡と思言われた弥山のエゲツナイ形を撮らなきゃね

西ノ冠岳手前のお花畑は規模が小さいけどユキワリソウやキバナノコマノツメは前赤石や東赤石へわざわざ行かなくても見れるのが嬉しいのよね

いずれにしても東稜の岩場に咲くイワカガミも確かにハマるけど、三角点のシャクナゲと弥山岩稜の風景はワンポイントだけど大いにハマるぞよ

案内してくれた高知の人に感謝じゃね

さて、次は東赤石界隈が賑わう季節になりました

早池峰山は是非行きたいねえ
スイスで見たエーデルワイズと良く似たうぶ毛のウスユキソウを日本でも見たいわ
中央アルプスのヒメウスユキソウはまだしも、コウスユキソウとか他のウスユキソウはエーデルワイズとは程遠い

北海道や東北、北関東の日本百名山がたんと残っているねえ


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishiduchisankakuten.html



ページ: |< << 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb