[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





23792.上兜山と串ヶ峰は遠かった… 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2014年11月15日(土) 22時52分
Original Size: 900 x 675, 145KB Original Size: 900 x 675, 144KB Original Size: 900 x 675, 144KB

@物住ノ頭〜串ヶ峰の稜線 A物住ノ頭から望む前赤石 B物住ノ頭直下から望む上兜山方面

エントツ山さんこんばんは。

先週と同じように土曜に仕事が入りそうだったのですが、また必要なくなり
どこに行くか迷ったのですが、朝起きて上兜山と串ヶ峰へ行くことに決めました。
以前から一度は行ってみたかったのですが、かなり遠そうなので二の足を踏んでいました。

東平から兜岩経由で西赤石に上がり、さらに物住ノ頭から下って上兜山と串ヶ峰へ。
それぞれの山頂付近は霧氷が付き、わずかですが昨夜降ったと思われる雪も残っていました。

いや〜やはり遠かったです。串ヶ峰まで4時間以上かかりました。疲れました。
しかし、薮漕ぎを覚悟していたのですが、ちゃんと道が付いており迷うこともありませんでした。
エントツ山さんを初め、この薮道を踏み均していただいた先人のおかげです。
ただ、道の両脇の胸の高さまである笹薮を漕ぐ必要があり、ダニのいる季節は要注意ですね。
木々の葉が全部落ちて、ダニのいない今の時期がベストかも。

道中の展望も意外とあって、前赤石方面の霧氷や新居浜や土居の街並みなど、景色も楽しめました。
最初から最後まで誰一人会うこともありませんでしたが、久々にまた訪れたいと思ったマイナー山でした。



23794.Re: 上兜山と串ヶ峰は遠かった…
名前:弁天山    日付:2014年11月15日(土) 22時58分
Original Size: 540 x 720, 145KB Original Size: 900 x 675, 145KB Original Size: 900 x 675, 142KB

追加写真です。
C上兜山の絶壁(山頂脇から下を覗くと、ものすごく怖いです)
D上兜山山頂
E串ヶ峰山頂付近から上兜山方面を望む



23795.Re: 上兜山と串ヶ峰は遠かった…
名前:弁天山    日付:2014年11月15日(土) 23時06分
Original Size: 900 x 685, 145KB Original Size: 900 x 675, 142KB Original Size: 900 x 675, 140KB

さらに追加です。
F串ヶ峰山頂(風見鶏が地面に落ちていたので挿しておきました)
G道中の物住ノ頭や前赤石の眺め
H前赤石付近の霧氷(前赤石の手前が風の通り道で霧氷が多い)



23799.Re: 上兜山と串ヶ峰は遠かった…
名前:エントツ山    日付:2014年11月16日(日) 00時36分
Original Size: 900 x 489, 50KB Original Size: 450 x 337, 34KB Original Size: 700 x 470, 82KB

山根運動公園から串ヶ峰と西赤石      串ヶ峰     東平からのトラックログ図



弁天山さん  今晩は

今日、我が息子が訪ねてきまして「父さん 寝袋貸してや」 ん? どうするん? 「又選挙が始まるんや」
衆議院解散が近いんですねえ  又、税金の無駄使いですわ


我が内なる串ヶ峰へ訪問下さって誠に恐縮です
新居浜から聳える串ヶ峰を見続けて来た新居浜人ではなく弁天山近くの住人にご足労をおかけしましたねえ

まあ愛媛県人ですから一度はおいでよ串ヶ峰アルプスへ
私が最初に行った頃は相当深い藪でしたが今は快適なチョイ藪状態です

でも確かに遠いです
シーズンに数回標識メンテナンスに出かける苦労わかってくれました?

帰りの兜岩から上部鉄道まで歩くの嫌になったでしょう
私はもう通いなれて夜中でも大丈夫ですが、最後はライトを点けての下山になったのでは・・・・・

弁天山さん  ありがとうございました


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8,9gatsu-uraginza.html


23785.香川の里山を歩く 返信  引用 
名前:トンちゃん    日付:2014年11月15日(土) 20時14分
Original Size: 533 x 400, 134KB Original Size: 533 x 400, 84KB Original Size: 600 x 449, 107KB

エントツ山さん 今晩は

今日はお会いできなくて残念でした
13時頃からスタートしてカッパドキアから下りました
エントツ山さんの車があったので携帯にかけましたがかかりません
携帯を家に置いていたのですね(予想通り)

ストーンリバーさん達と一緒に根香寺の紅葉や白峰寺そして「がもう」の
うどんを食べて香川のカッパドキアを楽しみました
スリルあり花もあり面白い一日でした

みかんはストーンリバーさんからです

山友と一緒にお喋りしながら山を歩くのは良いですね

根香寺の紅葉
「がもう」うどんで寒い中長い行列に並びましたが美味しかったです
奇岩の上に立つストーンリバーさんのお父さん



23786.Re: 香川の里山を歩く
名前:ストーンリバー    日付:2014年11月15日(土) 21時01分
Original Size: 800 x 533, 90KB Original Size: 800 x 533, 90KB Original Size: 800 x 600, 90KB

エントツ山さん トンちゃん 今晩は。

まさか来られているとは思わず、車を見つけた時はビックリしました。
それで、お会い出来るかなと、あれこれと噂話〜クシャミしませんでしたか?
少しの違いでお会い出来ず残念!

初めてのカッパドギアは変化があって面白かった。
奇岩にも名前を付けてみたり楽しい山歩きになりました。

トンちゃん、今日は色々と案内して下さって有難うございました。
「がもう」うどんの行列には驚きましたが凄く美味しかった!
根香寺、白峰寺の紅葉も良かったし、山ではリンドウやキク等
沢山の花が楽しめて満足の一日になり感謝です。
また宜しくお願いします。



23787.Re: 香川の里山を歩く
名前:ストーンリバー    日付:2014年11月15日(土) 21時14分
Original Size: 800 x 600, 90KB Original Size: 800 x 533, 89KB

ムラサキセンブリが凄く綺麗で感激しました。



23788.Re: 香川の里山を歩く
名前:ストーンリバー    日付:2014年11月15日(土) 21時17分
Original Size: 800 x 533, 90KB

写真追加します



23793.Re: 香川の藪山を歩く
名前:エントツ山    日付:2014年11月15日(土) 22時55分
Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 800 x 600, 163KB

我が第二の故郷・国分寺       猪尻山三角点     ヤブヤマフデリンドウ

トンちゃん 
ダイヤモンドじいちゃん  今晩は

まさか!
つい先日花を見に来てたのに今日も来ているなんて思ってもおりませんでした
私のラッシュをD・D (ダイヤモンドダーリン)の横に停めてたなんて・・
それもストーンリバーさんがご一緒などとはつゆ知らず・・・

今日は2時間しか時間がなかったので藪山トレーニングしてました
国分寺を一望出来る猪尻山がお気に入りの場所です

猪尻山登山道から横掛けにカッパドキアの上側に石垣があったので、それを伝って遍路道へ出ようとしてました

が・・・やがて獣道となり藪となりました
仕方なく沢筋を伝って下りましたが、イバラや蔓(つる)で一汗かいていいトレーニングとなりました

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8,9gatsu-uraginza.html



23796.Re: 香川の里山を歩く
名前:エントツ山    日付:2014年11月15日(土) 23時11分
Original Size: 800 x 600, 146KB Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 161KB

  みかんをありがとう     ムラサキセンブリ   ヤブヤマシャジン 


ストーンリバーさん  今晩は

いや〜 こんな場所に来てるなんて夢にも思っておりませなんだ
讃岐のカッパドキアに来られてたんですね

東平が東洋のマチュピチュ、石墨山連山が東温アルプスって名付けているんですからこの讃岐のカッパドキアのネーミングも許されますよねえ

藪漕ぎの後、車に帰るとドアノブにミカンが・・・
近くの軽四をワックス掛けしていた人に思わず「ここにミカンが下げられているんですが・・」と聞いてしまいました

さすが 愛媛のミカン (?) 甘かったですわ
カッパドキアのツチノコ岩も見られましたか

猪尻山は何の変哲もない藪山ですがこの時期、ノギク、ノコンギク、ヤマラッキョウ、フデリンドウ、ムラサキセンブリ、ツリガネニンジン(ヤマシャジン)などが咲いて癒されますね

エントツ山
 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8,9gatsu-uraginza.html


23784.今日の石鎚 返信  引用 
名前:おいわさん    日付:2014年11月15日(土) 18時21分
Original Size: 1200 x 428, 35KB

今日は川内から真っ白な石鎚が見えました。今日石鎚に行った人は
青空と霧氷を楽しめたことでしょう。
http://homepage2.nifty.com/oiwasan/



23789.Re: 今日の石鎚
名前:エントツ山    日付:2014年11月15日(土) 22時26分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 164KB

     東温トレイルの風景



おいわさん  今晩は

今日はいい天気でしたね
朝からむずむずしてましたが所要があり遠出は出来ませんでした

石鎚・剣山の標高クラスはもう霧氷確実な日でしたね
一昨日も寒波の為アラレに降られ、石墨山には霧氷が付いていました

今日は寒風山あたりも霧氷が付いたかもしれませんがトンちゃんやストーンリバーさん達が里山に来られたので情報はありません

ところで前回二ッ岳の書き込みの時に帰りの峨蔵越出発の所でストックが「ピッケル」に間違ってたのを指摘しましたが、もしお気づきでなければ再チェックの程を・・・


エントツ山
http://shをimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8,9gatsu-uraginza.html


23769.秋の夜にいい話 2話 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2014年11月12日(水) 00時16分
Original Size: 800 x 600, 150KB Original Size: 800 x 540, 84KB Original Size: 800 x 600, 149KB

 四国の山地図        山の本    津志嶽阿弥陀堂とトイレ
    
ゆ〜ちゃん、ダーリン
カタックリさん
アンジーパパさん   今晩は

(いい話その1)
先日来お騒がせしておりました泉保さんの山地図の件ですが、出版されたご本人から連絡を頂きまして、宮脇書店さん他に委託販売をしておりましたが剣山系(山歩き地図1)がほぼ完売した為去年春から整理をされて現在は地元大手書店の店頭には無いそうです

石鎚山・赤石山の山歩き地図2は若干の在庫がある為に登山ショップなどにある可能性は少し残っているみたいですね
以前、アンジーパパさんが登山ショップで見た愛媛版はこの類でしょう

で・・・ 偶然このいきさつを目にされた泉保さんから助け舟があり、ダーリンに山歩き地図を特別に個人所有の予備分を提供して頂きました
ですから泉保さんの厚意を有難くお受けしましてダーリンに新しい剣山地図を送りました
(送った古い地図は取り上げた山友に返しますので返信用の封筒に入れて送って下さい)
愛媛版はカタックリさんとの友情をより固くする為にそのまま使って下さい

この件を掲示板に載せる事は泉保さんの了解は取っておりませんが、まあこんないい話は歳を取るとあまりありませんので無断で紹介させて頂きます

ダーリン 山仲間っていいだろう !! 


いい話その2)
先日、津志嶽へ行った時、登山口の久薮・阿弥陀堂に駐車していると野良着の女性がやって来て「いい登山日和ですね」と言ってトイレに入りました
農作業の途中でトイレに来たのかと思いきや一生懸命にトイレ掃除をしています
「ありがとうございます」と声をかけますと「在所のみんなで当番制にして阿弥陀堂に来る人や登山者が使うので綺麗に掃除をしている」との返事

色んな登山口で地元の人と登山者のトラブルを耳にする昨今、一宇久薮の住民に感謝です
津志嶽の登山道に落ちていたキャンディの包み紙も積極的に拾う気持ちになりましたわ


エントツ山
      
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8,9gatsu-uraginza.html



23771.Re: 秋の夜にいい話 3話
名前:reiko    日付:2014年11月12日(水) 21時28分
Original Size: 640 x 425, 50KB Original Size: 640 x 425, 50KB Original Size: 640 x 425, 49KB

いい話3話目です

先日、山犬嶽から下山後、登山口の横に
「山の駅・峯田」という案内板があったので立ち寄ったところ
古民家の縁側を休憩所として提供されてました

縁側にはコーヒーの粉とお湯が入ったポットが置かれてあり
「おひとつどうぞ」のメッセージが書かれていました
遠慮なく頂いたところ、熱々のお湯で
おいしくコーヒーを頂く事が出来ました。

この日は、結婚式を見る事が出来たうえ
コーヒーまで頂く事が出来、身体も心も温まりました

山歩きを続けてて、良かった!

結婚式の参列者の中で左端のおじいさんの服装が超レトロ
お嫁さんの黒引振袖も最近見ませんね
1773年建築の峯田家

http://www.geocities.jp/reiko_suda/framepage5.htm



23773.Re: 秋の夜にいい話 2話
名前:つばくろ    日付:2014年11月12日(水) 22時17分
Original Size: 526 x 349, 29KB

おやびん、こんばんは。
僕は、たいした運動経験もなく
40歳位から、山歩きと縁を持つ事ができました。
その後は、時々この掲示板で報告させてもらってました。
子供も中学や高校でクラブ活動で頑張ってるのに
オヤジは色々理由つけて、飲んでばかりいるのを反省して
48歳からジョギングを始めました。
50歳になって、3時間台でのフルマラソン完走や
100km四万十川ウルトラマラソン(添付写真)を
完走することができました。
 おやびんの掲示板に支えられて、山歩きを40代に
続けたおかげで、基礎体力がつき「子供にも頑張る父」を
見せる事ができ、感謝の気持ちでいっぱいです。
今は、やりすぎて「足裏筋膜炎と内踝の痛み」で休養ですが、
山は、逃げないので生きてる限り
体力と相談しながら、楽しみたいです。



23774.Re: 秋の夜にいい話 2話
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2014年11月12日(水) 22時26分
エントツ山さん、こんばんは〜

この度は泉保さんの地図の件でいろんな方にお気づかいいただきありがとうございました。山でお会いして、地図手に入った?と声をかけてくださる方もいらっしゃいましたし。

エントツ山さんにはいろいろお手数をおかけして申し訳ありませんでした。
カタックリさんのご厚意で「石鎚山・東赤石山」を、そして泉保さんのご厚意で「剣山・三嶺」をいただきましたので、大切に使わせていただきます。
カタックリさん、泉保さん、お気づかいいただきありがとうございました。


23775.Re: 秋の夜にいい話 2話
名前:アンジーパパ    日付:2014年11月13日(木) 00時16分
エントツ山さん皆さん今晩は。
千保さんの地図が何はともあれ見つかって良かったですね。
一冊目の石鎚山、赤石山の地図が擦り切れて見えずらくなったので新しいのをベースキャンプで今年初春にてにいれました。
おっしゃるとおり剣山、三嶺は数年前に既に見つからずアマゾンで入手しました。
為になる情報量が多く眺めているといろんなルートが見つかりますよね。
体力も、能力も。時間も足りないので眺めて想像していることが多いのですが
体力のある若い方が利用すれば実力がつくでしょうね。
それにしても時々千保さんはどうされているのかなーって思っていたのですが
お元気そうですね。よかったです。
千保さんの地図と本にどれだけインスパイア―されたか計り知れません。

秋の夜にいい話?
ございません、すみませんです。
わたしゃ今日は午後から堂山西、北斜面で藪漕ぎをしていましたわん。


23778.Re: 秋の夜にいい話 2話
名前:エントツ山    日付:2014年11月14日(金) 20時18分
Original Size: 700 x 457, 39KB

結婚式と言えば八巻山での山結婚式を思い出します


reiko さん  今晩は

秋の夜にいい話 3話をありがとうございます
山犬嶽を読まさせて頂きました

こじんまりした山で、そこを盛り上げようとする努力が感じさせられる山犬嶽ですねえ
この山ははるちゃんや他の人からのレポもありましたがストレスの無いハイキング気分で登れるいい場所と感じました
こんな山が香川にもあればいいのにねえ

和式の結婚式と言えば、私の兄貴が何と明治神宮で結婚式をあげたのですが、こんな格好で神社内をデモンストレーションするもんですから外国人が喜んで取り囲まれましたわ

八巻山では沢歩きの後に辿り着いた八巻山で結婚式が行われており何か特をした気分になったもんです

「山の駅・峯田」の駅長さんからお礼の書き込みを頂いてましたね
努力が誰かに認められたら嬉しいものですよね

エントツ山
http://shをimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8,9gatsu-uraginza.html



23779.Re: 親父
名前:エントツ山    日付:2014年11月14日(金) 20時41分
Original Size: 400 x 271, 33KB

近頃良く思い出す親父


つばくろさん  今晩は

子供たちにとって父親ってどんな存在なのかしらねえ
今までのつばくろさんから頂いたレポを拝見して家族の絆を感じさせられたもんですわ
私は子育ての大事な時期を仕事三昧に過ごしてしまいました
当時高度成長時代で仕事がとても忙しくて面白くて家庭を顧みる暇がありませんでした
だから子供たちにとって親父って勝手なもんやと思ってたに違いありません

その点、私の親父は立派でしたわ
あちこちに連れて行ってくれましたし、性格が良かったので親戚廻りからも皆から愛されていました
軍人恩給も戦死した戦友に申し訳ないと受け取りを辞退したと聞いております

今更反省しても時間は元には戻らないので、今から子供たちにはなるべく迷惑をかけない様に元気でいようと思っております

100km四万十川ウルトラマラソンで完走ですか 凄いわ
いいゴールシーンですねえ

子供たちにとって自慢の父ちゃんにかわらんちや

エントツ山
http://shをimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8,9gatsu-uraginza.html



23780.Re: 秋の夜にいい話 2話
名前:エントツ山    日付:2014年11月14日(金) 20時58分
ゆ〜ちゃん
アンジーパパさん  今晩は

泉保さんからのプレゼント届きましたか
山歩きに必携の地図はカシミールソフトを使った「東経・北緯の線が入った2万5千分の1地図」のコピーですが、家で縦走計画を考えたり、現場で全体の登山道イメージを確認する際は泉保さんや昭文社の山地図ですよね

私は地図本体は痛むので、A3に拡大コピーをして山に持って行きその地図に鉄塔の番号やその他のメモを書き込みます

登山道を歩く時はほぼこれで十分ですが、道を外す時は GPS、方位磁石、地図 プラス 懐中電灯が必携ですね

アンジーパパさん
泉保さんは現在「歴史地理の研究」に力を入れられておりまして讃岐国府の検証研究などを精力的にされているとの事です
イメージをトレースする山歩き本 1と2を読んでいると、やはり我々みたいにただ歩くだけっていう山行記とは一味も二味も違ってましたわ
(単語登録で 千保さんを「泉保」さんに再登録しといて下さいよ)

エントツ山
http://shをimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8,9gatsu-uraginza.html

23772.黒笠山 返信  引用 
名前:リップ    日付:2014年11月12日(水) 21時42分
Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 97KB Original Size: 800 x 600, 97KB

こんにちは。
四国百名山を追っかけてる人達にくっついて今日は黒笠山に行ってきたわ。
私は2度行ってるからようすは分かるだろうと何の下調べもせず、お任せで気楽にのぞんだわ。

でも忘れるわね。まず5人もいて登山口がわからない。行ったり来たりたずねたり、最後に川の中で工事してたひとに聞いたらそこから5分のとこだった。たぶんこの方あいつら何やってんだろって見てたとおもう。呼びかけたら川の中からすっとんで来てくれた。最初から聞けばよかった。

登り始めたら登りだけ。ほっとするところがない。こんなにきつかったっけ?
急斜面のトラバースは登るときから帰りここ通るのはいやだなとおもうような滑りおちそうなところもあるし。

覚えてないということは辛いことは忘れやすいのか、当時は辛くなかったのか(若かったから?)
この山は遠いし今回で卒業だわ。とにかく全員無事、エンピツの先みたいな頂上に行ってこれてほっとしたわ。

今日は写真があんまり無いから私も山の本など。



23777.Re: 黒笠山
名前:エントツ山    日付:2014年11月14日(金) 19時52分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 917 x 506, 159KB Original Size: 900 x 506, 163KB

矢筈・黒笠縦走路からの黒笠山   黒笠山から見る景色


リップさん  今晩は

「阿波のマッターホルン」 黒笠山へ行ったのね
う〜〜ん ネーミングが凄いけどあんまり魅力的な山では無いですね
特に夏場はクロズルが茂って虫が飛び交います

そう! 人間の記憶ってあんまり当てになりませんね
3年も行かなければ相当印象が薄れています

昨日は石墨山近辺にいましたが東温高校小屋がどの辺りだったか良く覚えていませんでした

割石峠から黒森峠のリップさんにとって忌まわしい細尾根を検証したくて夕暮れ前に歩きました
う〜〜ん 危険個所は根っこの段差部分だけで、あの場所でなければ景色に気を取られて油断してたんでしょうかねえ


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8,9gatsu-uraginza.html


23770.(untitled) 返信  引用 
名前:イシマル リュウイチ    日付:2014年11月12日(水) 21時11分
Original Size: 333 x 500, 112KB Original Size: 500 x 333, 109KB Original Size: 500 x 333, 114KB

烏帽子岳         水晶岳         槍ヶ岳

エントツ山さんこんばんは!

その節は、大変に楽しいツアーにしていただきありがとうございました。
あの時のメンバーとは、その後も何回もご一緒しております。

話題は、自然と”裏銀座”になり、さらに”エントツ山”さんにと飛びます。
当然、帰ってからどの様な”エントツ山掲示板”なるか期待と不安でしたが、期待とうりの楽しい、才知あふれる内容でした。
「エントツ山さんは、どんな仕事をされている方?、本職ではすばらしい仕事ができる方でしょうね」などなどと話題にあがりました。
今まで、エントツ山掲示板を見ていて、才知あふれる、細やかな気遣いのできる方だとは思ってはいましたが、今回6日間もご一緒し、その内容が”掲示板”と”裏銀座縦走記”に乗り、実際はもっと才知あふれる方だと痛感しました。

これらの、記録は、今回の参加者の方々及び私たち夫婦にとっても非常に思い出深いものになりました。
本当に、ご参加いただきありがとうございました。

追)これでアップできるのか不安ですが、下の"送信する”をクリックします。
内容が変な時は、修正をよろしく。
http://www.ishizuchi-turugi.org



23776.Re: プロとアマチュア
名前:エントツ山    日付:2014年11月14日(金) 19時35分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 95KB Original Size: 800 x 600, 100KB

裏銀座 プラス アルファ

隆(りゅう)ちゃん   今晩は

あの有名なNHK日本百名山ガイドの石丸さんが当掲示板に登場して頂きありがとうございます (ぷぷっ=笑ふ)

いや〜 楽しかったです
4泊5日ともなると暇な老人だけの集まりになるのが宿命ですから「ゆったりコース」がいいアイデアですね 
私が一番年少と聞いてびっくりしました。とは言え、山歩きをする人は皆さん若いですわ

先日、やまきぬコンビに会いまして、石丸さんの勉強会(読図会)で長老山口さんから「お金で解決するなら・・・」の生声を聴いたと喜んでいましたわ
又、その後、隆ちゃんところのブログで大森さんの元気な姿を拝見してホッとしたもんですわ


隆ちゃんは自分の夢を仕事にしたってこれも凄い決断、行動力、才能でございますがな
町子さんという天然な相棒の存在も大きいと思いますよ

隆ちゃんが責任感のプロ意識を持ってツアーを締める! これが安全登山の基本です
でも、それだけじゃいかにも窮屈でんがな
そこで町子の登場でタガを緩める ! これもツアーを和(なご)める大事な務めですわ

締める〜緩める〜締める〜緩める〜又締める〜又緩める・・・この絶妙なコンビネーションでツアー参加者がチーム石丸の虜(とりこ)となっていくのでございます

まあ、プロはしんどいのも事実です
アマチュアは無責任で楽ですわ

エントツ山の三原則は

はったりも実力のうち
カラ元気も元気のうち
知ったかぶりも知識のうち

これで皆さんをだまして生きております
隆ちゃんも見事にダマされましたね

又 機会がありましたらチーム石丸に入隊したいと思っております

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8,9gatsu-uraginza.html


23762.光石〜天狗塚〜牛ノ背〜三嶺〜光石 レポ 返信  引用 
名前:カタックリ    日付:2014年11月10日(月) 00時16分
Original Size: 800 x 450, 90KB Original Size: 800 x 450, 167KB Original Size: 800 x 450, 90KB

エントツ山さん、伊予の鈍亀さん こんばんは!

伊予の鈍亀さん 初めまして カタックリと申します。                        

8日に 私はこの掲示板でおなじみのりをんさんと会員2名で 光石から天狗塚〜牛ノ背を歩き おかめ避難小屋に泊まりました。
1日違いでお会い出きずに残念でした。綱附新道〜地蔵ノ頭のコースは 大変だったようですね。
私は 今回 初めての光石からの入山で とっても 楽しみにしていました。                       

想像以上に素晴らしいコースで感激しました。沢沿いを歩くところが多く紅葉も1200ラインって           
ところで素晴らしかったです。天狗塚と牛ノ背も 広い笹原に 皆さん 大感動でした。
                                              
今日は 朝からずっと小雨が降ってましたが 三嶺〜カヤハゲ〜さおりが原〜光石でしたが 森の中を歩いていると
心休まる空間がいっぱいあり 足元は 落ち葉の絨毯が敷いてあるみたいでフワフワで歩きやすく気持ちよかったです。
雨の中でも 楽しく歩けました・・・が 貫太郎ミミズが登山道に出てきており足の踏み場がない位で背筋がぞぞぉっとしました。
どんな理由で数百匹の貫太郎さんが出てきたのでしょうか?エントツ山さんは 物知り博士だからご存じでしたら教えてくださいね。
                                            
今日は 雨にたたられましたが 三嶺の山頂に立った時、振り返ってみると天狗塚まで見ることができ感激でした。
三嶺方面から 地元高知と岡山の2名のパーティーに会ったのみでした。
雨の中を好きで歩く人はいないですもんね〜。
でも〜〜今日は 儲けものの山歩きでした。(嬉)

写真1・・・沢沿いの紅葉 
写真2・・・おかめ岩で ウサインボルトのパフォーマンス(笑ってちょぅ!)
写真3・・・天狗塚からの帰りに見た三嶺までの稜線



23763.Re: 光石〜天狗塚〜牛ノ背〜三嶺〜光石 レポ
名前:カタックリ    日付:2014年11月10日(月) 00時40分
Original Size: 800 x 450, 88KB Original Size: 800 x 450, 88KB Original Size: 450 x 800, 265KB

伊予の鈍亀さんのスレッドにつなげよと思ってたのにすみません。
8日に天狗峠で 趣深山さんに会いました。これで 2回目です。
嬉しくって 2回目の写真を撮らせていただきました。

追加の写真です。宜しく〜〜。

写真1・・・牛ノ背を歩いているりをんさん
写真2・・・コメツツジの紅葉 まだ 三嶺に残ってました(嬉)
写真3・・・森の巨木 トチノキ 仲間が小さく見えるでしょう



23764.Re: 光石〜天狗塚〜牛ノ背〜三嶺〜光石 レポ
名前:伊予の鈍亀    日付:2014年11月10日(月) 09時29分
Original Size: 800 x 449, 98KB

エントツ山さん 今日はお仕事なんですね。お先にお邪魔します。

カタックリさん おはようございます。
はじめまして!ではなく一度、西赤石で握手させて戴いた事があるんですよ。
掲示板で‘今週末は光石から’と書かれていたのでお会いできるかな?
と思いながら登っていました。
下山して、愛媛ナンバーの車が隣に停まっていました。やはり、カタックリさんでしたか。
今回はお会いできずに残念でしたが、また、どこかでお会いできるのを
楽しみにしています。



23768.Re: 光石〜天狗塚〜牛ノ背〜三嶺〜光石 レポ
名前:エントツ山    日付:2014年11月10日(月) 23時08分
Original Size: 900 x 722, 394KB Original Size: 640 x 426, 98KB

    三嶺・カタックさんリルート略図        カンタロウミミズ


カタックリさん  今晩は

一日違いで伊予の鈍亀さんに会えずに残念でしたね

お亀避難小屋は四国で数少ないトイレ・水場付きの避難小屋ですね
剣山系の縦走には欠かす事の出来ない存在です

三嶺の避難小屋は立派ですがあそこのトイレは使う気がしません
白髪避難小屋は水場がありますがトイレはありませんね

さて、石鎚山系に目を向けると
石鎚愛大小屋、堂ヶ森愛大小屋くらいでしょうか

営業小屋としては 剣山山頂ヒュッテ、一ノ森ヒュッテ
         石鎚山頂小屋、赤石山荘、銅山ヒュッテ、丸山荘くらいでしょうか

あの週末天気予報でゴーサインを出して歩けるのも四国の山ならではの安全性ですね
雨でも山を楽しむカタックリさんの姿勢は見習わなあきませんわ

写真でしぇーやヒコーキ、ボルト姿で記念写真を撮るといつまででも楽しい
記念になりますわ
いい山仲間がいて良いですねえ

カンタロウミミズが大量に・・・・ ぞっとしますね
確かに紺色に輝くあの色を美しいと言う人がいますが、色より形ですよねえ
以前、研究でミミズが大量に現れるのと月齢が上弦や下弦=小潮の時に多いって因果関係が取りざたされていましたが、11月8日頃は月齢は16ですから満月に近い日ですよねえ

やっぱりこのシーボルトミミズが越冬する為に集団で谷へ移動していたのでしょう  イノシシがこの情報を知ったら喜ぶ事でしょう

四国でも1泊2日以上の山旅を企画する事は山をよりよく知ったり楽しんだりする為に大変良い事だと思います

剣山系縦走レポ ありがとうございました


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8,9gatsu-uraginza.html


23760.塔ノ丸 返信  引用 
名前:トンちゃん    日付:2014年11月09日(日) 09時59分
Original Size: 666 x 500, 135KB Original Size: 800 x 600, 101KB Original Size: 800 x 600, 102KB

エントツ山さん おはようございます

裏銀座縦走記のアップ お疲れ様でした
石丸さんご夫妻のツアー参加で皆さんと楽しくアルプスを縦走している
様子と美しい山と花そして動物達と盛りだくさんでしたね
我々には歩けないのでエントツ山さんのレポートで行った気分に
させてもらいました 又 次の縦走も楽しみにしてます

昨日は第7カーブから塔ノ丸へ行って来ました 
11時40分頃の遅いスタートでしたが昨日は風もなく
曇ってましたが山頂まで行けました
去年は大雪と強風で撤退しました 又雪の頃にもう一度チャレンジ
したいです

でも第7カーブからの様子が前回とは変わってました
祖谷方面への林道が出来るそうで工事中でした
工事関係者以外は立ち入り禁止ですと言われましたが塔ノ丸へ登ると
言うと通してくれました

昨日の塔ノ丸
三嶺の姿
塔ノ丸山頂から剣山と次郎笈



23761.Re: 塔ノ丸
名前:トンちゃん    日付:2014年11月09日(日) 10時11分
Original Size: 500 x 750, 126KB Original Size: 750 x 500, 82KB Original Size: 900 x 600, 93KB

香川のムラサキセンブリです
今年も美しく咲いてくれました
これからは霧氷の花を見るのが楽しみです



23767.Re: 塔ノ丸
名前:エントツ山    日付:2014年11月10日(月) 21時56分
Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 600, 165KB

      津志嶽の紅葉2題           津志嶽尾根のカラマツ林



トンちゃん  今晩は

週末は新居浜で悪戦苦闘しておりました
今日はお袋さんのピロリ菌薬を飲み終えた検査日と言う事で振替休日を取ったのですが、病院へ行くと「4週間後に検査がありますから来て下さい」だって・・・ 
いい加減にしてほしいわ

うなぎの寝床塔ノ丸へ行ったのね
そうやねえ あそこはスノーシューの頃が一番ピッタンコする山ですよねえ
ダイヤモンド亭主のカメラアングル(三枚目)上達してますね

里山にもムラサキセンブリが咲きはじめましたか
猪尻山のムラサキセンブリは去年誰かが胃薬に使う為に取ってしまったと言う素朴すぎる出来事がありましたねえ

裏銀座縦走記に目を通してくれてありがとう
私の登山記は一緒に行った人にしか理解できないようなムツゴさがあります
他の皆さんが作られている2〜3日で仕上がる登山記は私にとってミラクルですわ

今度は南アルプス縦走記が待っております
いつになる事やら・・・

霧氷をこの目で見れる日も近いですね


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8,9gatsu-uraginza.html


23758.天気今一の日はマイナー山へ 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2014年11月08日(土) 23時49分
Original Size: 800 x 590, 145KB Original Size: 800 x 600, 144KB Original Size: 800 x 672, 141KB

@往還道のお地蔵さんA三光ノ辻山山頂C国道494号から四辻の森??

エントツ山さんお久しぶりです。
紅葉のこの時期、休日が仕事が忙しく、あまり山に行けてませんでした。
今日も仕事の予定でしたが、一緒に仕事をしている上司の都合で、急遽休みに。

天気予報は曇りで今一なので、展望の見込めない「愛媛ゆうゆう山歩き」でまだ行ったことのない三光ノ辻山へ。
ネットで調べると昔の往還道が残っているとのことでしたが、そのとおりでした。
赤テープもあり、さほど薮いてもなく、迷うことはありませんでしたが、残念ながら(リサーチどおり)終始展望はほとんどなし。
登り1時間40分弱でした。

頂上で一服していると、単独の男性が上がってきてびっくり。こんなマイナーな山で人と会うとは。
話を伺うと、伊予市の方で、四国100名山や四国百山を完登し、早田氏の「四国の1000m峰」に挑戦中で294山のうち200近く登っているとのこと。
自分も120くらい登っていますが、同好(ピークハンター?)の士とばったり山で会ったという訳です。

11時半には下山して時間があるので、車で移動し、同じく未踏の四辻ノ森へ。
こちらは尾根出ると、自然林の紅葉や黄葉が綺麗で雰囲気がよい場所がいくつかありました。
所どころ急登りがあって喘ぎましたが、赤テープも随所にあって順調に歩けました。
ところが、山頂に近くなると杉の植林が多くなり、最後の山頂直下まで作業道が伸びており、興醒めでした。
こちらもやはり眺望はなく、登山口から1時間40分でした。

久々の山歩きで1日2山、標高差合わせて1100mは少々体にこたえましたが、ゆうゆう山歩き94ゲットとなりました。



23759.Re: 天気今一の日はマイナー山へ
名前:弁天山    日付:2014年11月08日(土) 23時51分
Original Size: 800 x 600, 145KB Original Size: 600 x 800, 144KB Original Size: 800 x 600, 145KB

追加写真です。
C雰囲気のいい尾根道
Dまだ紅葉間に合いました
E四辻ノ森山頂



23766.Re: 天気今一の日はマイナー山へ
名前:エントツ山    日付:2014年11月10日(月) 21時20分
Original Size: 700 x 514, 117KB Original Size: 900 x 577, 164KB Original Size: 1024 x 565, 165KB

    山の本                  三光ノ辻山と四辻の森 


弁天山さん  今晩は

いい顔されてますねえ
私もこんな穏やかな表情でお袋さんに接しようと毎回新居浜に乗り込むのですが連戦連敗です

愛媛新聞社の「愛媛ゆうゆう山歩き」をつぶされていますか
この様な「つぶし山歩き」の頂点は日本百名山ですが、ローカルには四国百名山、四国百山、分県シリーズ、愛媛ゆうゆう山歩き、れいほくネーチャーハントガイドブック(高知)、里山に遊ぶ(香川)などのガイドブックがありますね

この一番の利点は、どこへ行くか悩まなくて済むって事ですね
欠点はしょーも無い山も行かなきゃわからないって事につきます

この三光ノ辻山と四辻の森は10年前にしまなみ隊からレポされた記憶あります

以前は景色が良かった山が樹が成長して見晴らしが悪くなったり、逆に山頂付近の樹が切られて見通しが良くなったりと変化しますねえ


里山やマイナー山は今から冬場、春先にかけてはねらい目となりますね

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8,9gatsu-uraginza.html


23756.三嶺 返信  引用 
名前:伊予の鈍亀    日付:2014年11月08日(土) 21時51分
Original Size: 800 x 449, 98KB Original Size: 800 x 450, 98KB Original Size: 800 x 449, 98KB

エントツ山さん 今晩は
裏銀座縦走記、取り急ぎ読ませて頂ました。
ブナ立て尾根から行ってみたくなりました。

光石から天狗塚、牛の背、三嶺行ってきました。
一日目(金)光石登山口〜綱附新道〜地蔵ノ頭〜天狗塚、牛の背〜お亀岩避難小屋(泊)

昨年、お亀岩避難小屋に泊まった時に綱附新道は迷いやすいと聞いたので確かめるべく登ってみました。堂床分岐の懐かしい標識も健在で、何の問題もない道でした。しかし、地蔵ノ頭までの尾根は小さなピークをいくつも乗り越え最後は急坂で大変でした!

天狗塚へ向かう途中で出会った二人の女性と、天狗塚の下の大岩で立ち話。そのお話の内容からエントツ山掲示板にも登場されていた‘ゆきねえ’さんではないか?という閃きが・・・聞いてみるとやはりそうでした。お母さん共にシャイな可愛い方でした。思いがけない出会いが嬉しかった!光石からカンカケ谷、綱附新道と周回されるとの事でした。

お二人と別れてから天狗塚、牛の背と歩き廻ってお亀避難小屋に着いた時には疲れてヘロヘロでした。小屋にはベテラン登山者で小屋の主の様な方が居られて冬に備えて薪を作っていました。夜にはストーブを焚いてくださり暖かくぐっすり眠れました。

二日目(土)三嶺に登りフスベヨリ谷を下る。フスベヨリ谷は登山道がない所が多いと聞いていました。斜面が崩れていたり、川沿いの道は上から土砂が落ちて道がない所が多かったです。二人であっちでもないこっち!とケルンや目印を探しながら下りました。少々間違ってもしるしがあるので初めてでも大丈夫でした。美しい渓谷と林を堪能しました。

写真1;堂床分岐の古い標識2;綱附新道から見た天狗塚3;三嶺を背に(小さく写っているのがゆきねえさんとお母さん)



23757.Re: 三嶺
名前:伊予の鈍亀    日付:2014年11月08日(土) 21時55分
Original Size: 800 x 449, 98KB Original Size: 800 x 450, 97KB Original Size: 800 x 449, 98KB

写真追加します
1;フスベヨリ谷の崩れた斜面
2;ケルンを探して
3;フスベヨリ谷から三嶺を望む



23765.Re: 三嶺
名前:エントツ山    日付:2014年11月10日(月) 20時58分
Original Size: 892 x 900, 98KB Original Size: 800 x 750, 99KB Original Size: 900 x 675, 99KB

    綱附新道のルートログ     地蔵ノ頭〜堂床分岐のルートログ  縦走路から地蔵ノ頭


伊予の鈍亀さん  今晩は

又いい歩きされましたねえ
今日まで新居浜におりました 明日が振替仕事日です

光石から綱附新道で地蔵ノ頭へ出られましたか
光石からと言えばカンカケ谷経由でお亀避難小屋へのルートが頭に浮かぶ所ですがひとヒネリしましたね

地蔵ノ頭からは綱附森まで下りでしたが、結構最初は急でしたから上りは大変でしょうねえ

綱附新道は迷いやすいという噂がありましたか
確かに沢筋を通るルートですから指標がなければ難しかったかもしれませんね
堂床分岐の尾根に着くとホッとしますよねえ
あそこから綱附森まで40分と標識に書いてありますが無理ですわ

北側の矢筈・黒笠尾根から見ても、南側綱附尾根から見ても天狗塚と地蔵ノ頭は全く同じようなトンガリに見えます
結構 地蔵ノ頭って侮れないピークです

天狗塚の大岩でゆきねえと母ちゃんに会ったの? そりゃ良かった
ゆきねえもハードな仕事の合間にマイペースで山歩いてる様ですねえ
しょーもない山頂標識に対する彼女のホンネトークは痛快です

フスベヨリはまだ歩いた事が無いですが、6〜7年前の台風で土石流の崩壊があった時に話題になっていましたねえ
今はケルンとかテープとかあって注意深く歩くと何とかなりそうですか

鈍亀レポはいつも参考になります 
ありがとうございました

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8,9gatsu-uraginza.html


23753.皿ヶ嶺 返信  引用 
名前:はるちゃん    日付:2014年11月07日(金) 19時53分
Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 663, 97KB Original Size: 1000 x 663, 98KB

エントツ山さん皆さん今晩は、
明日から又週末の天候が不順らしいので今日は一人で皿ヶ嶺へ出かけました、

平日なので登山者との出会いは無いだろうと諦めて歩いたが何と下山する迄に10人以上の方とご挨拶を交わし、下の駐車場では10台以上の車が見られました、

さすが県都に近い山で改めて手軽に登れる皿ヶ嶺を見直しました。

はるちゃん



23754.Re: 皿ヶ嶺
名前:はるちゃん    日付:2014年11月07日(金) 19時56分
Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 663, 96KB Original Size: 1000 x 584, 97KB

追加写真をどうぞ



23755.Re: 皿ヶ嶺
名前:エントツ山    日付:2014年11月07日(金) 23時15分
Original Size: 1024 x 575, 374KB

東温アルプス縦走計画図


はるちゃん  今晩は

週末に天気が崩れそうなのでじっとしていられませんでしたか
世の中には私も含めて定年退職をした人がゴマンとおりますので山によっては必ず登山者に会いますね

スーパーやパチンコ屋、映画館などちょっと前までは平日何でこんなに暇な人が居るんだろう?って思っていましたが、今はそう思われる立場になってしまいました

羨ましいのは リップさん、カタックリさん、はるちゃんなど今治、松山近辺にお住いの人に取って皿が峰や石鎚山系の登山口まで近いって事ですわ

一人で縦走する時は片道は自転車になりますので東温アルプスの縦走は黒諸峠から皿が峰の登山口までは自転車の下りで風邪をひきそうです


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8gatsu-tsugamishindou.html


23732.裏銀座縦走記アップのお知らせ 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2014年11月06日(木) 22時52分
Original Size: 640 x 480, 107KB Original Size: 800 x 600, 87KB Original Size: 800 x 600, 119KB

2か月前に石丸さんところの裏銀座ツアーに参加して、ツアー仲間の皆さんに「登山記のアップは2ヵ月後になります」と宣言しておりました

ギリギリ2か月でとりあえず作成しましたので、裏銀座ツアーの参加者の皆様がもしこの掲示板を見られていたら下のURLをクリックしてみて下さい


裏銀座縦走記は 下のURL です

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8,9gatsu-uraginza.html


23746.堂が森 返信  引用 
名前:リップ    日付:2014年11月06日(木) 17時58分
Original Size: 800 x 600, 97KB Original Size: 800 x 600, 96KB Original Size: 800 x 600, 98KB

こんにちは。堂が森行ってきたわ。
紅葉時期はあちこち忙しくて、堂が森の紅葉初めてだったのよ。
行ってびっくり、山麓の落葉樹がちょうど紅葉してて綺麗!
外国旅行が好きな連れの2人は「カナダなんか行かんでもええね」だって。
変化にとんだ日本の四季の自然はほんと、すばらしい。
素敵な経験どれだけしたことか。私、思い出だけで生きていける気がする。

1・・私、雲の風景大好きなのよ。でも最近、天気のいい日に出かけることがほとんどだからあんまり遭遇しない。
今日は良かった。雲の風景って一期一会だからね。いつまでも見ていたかった。

2・・頂上、ガスで真っ白だったのよ。お弁当食べてたらガス飛んだわ。

3・・紅葉とても素敵だったのだけど、伝わらないわね。お千代さんにはなれない。



23747.Re: 昨年の堂が森
名前:カタックリ    日付:2014年11月06日(木) 20時46分
Original Size: 800 x 450, 89KB Original Size: 800 x 450, 90KB Original Size: 800 x 450, 90KB

エントツ山さん、リップさん こんばんは!

今週は お休みなので 掲示板に ちょいちょいお邪魔させていただいています。

リップさんが 堂ケ森に出かけられて 黄葉の風景と雲の風景の写真をみて
昨年の黄葉の素晴らしさを思い出しカキコしています。
自然界からの贈り物の雲の風景も 素晴らしいですね。
ぼっと見とれてしまうことが度々あります。

でぇ〜カラ池の下の黄葉は 素晴らしいですよね。
赤がほとんどなくって 黄色ばかりで それが返って 綺麗なのです。
黄一色の世界です。私は 昨年 11月6日に行ってました。 

エントツ山ファミリーの皆さん 一度 ご覧あれ〜〜!



23749.Re: 堂が森
名前:リップ    日付:2014年11月06日(木) 21時33分
カタックリさん こんばんは。
そうそう、こんな雰囲気がずっと続きますね。
登山道沿いにちょこちょこじゃなく林の奥までずっと。
穴場ですよね。写真のフォローありがとう。


23751.Re: 黄葉
名前:エントツ山    日付:2014年11月06日(木) 22時46分
Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 162KB

    シロモジ       カラマツとコシアブラ(白)      赤と黄


リップさん
カタックリさん   今晩は


大御所二人の揃い踏みって珍しいですねえ  出演料が高いと心配しています


リップさん
思い出だけで生きていけるってもメシは喰わんといけませんぜ
確かにマチュピチュやオーロラを見に行ったりと仰山思い出があるでしょうねえ

堂ヶ森とカナダって同等に比較していいの?
東洋のマチュピチュとペルーのマチュピチュみたいにあっちが怒りまっせ

旅行好きの親父が退職後世界各地を旅行して・・・「やっぱり新居浜が一番ええわ」って言ってましたわ (年金沢山もらってましたからねえ)

お千代さんの写真 腕上げてましたわ
写真集も充実してました

カタックリさん 登場ありがとうございました
今日私もダーリンに徳島版の地図を送りました 
山仲間が助け合うっていいもんですね (私が不用意に地図を勧めたばっかりに大騒ぎしましたわ)
急にどこからも消えるなんて販売経路の仕組みって何か裏があるんでしょうね

山で綺麗な黄色の集団はシロモジが多いですね
コナラなんかも黄色いでしょうか

赤はカエデですねえ (黄色いのもありますが)
イロハモミジ、ウリハダカエデ、オオモジ、コウチワカエデなんか・・・

津志嶽ではコシアブラの白が目を引きました
太陽の光に透かされるとどの色も輝いて実力以上の美しさを誇ります

羨ましいですねえ

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8,9gatsu-uraginza.html



23752.Re: コシアブラ
名前:エントツ山    日付:2014年11月06日(木) 22時47分
Original Size: 675 x 900, 163KB

  コシアブラ


すみません  コシアブラの写真を貼り直します


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8,9gatsu-uraginza.html


23744.マーシーさんへ (津志嶽の鉄塔路リベンジ) 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2014年11月06日(木) 12時53分
Original Size: 900 x 567, 165KB Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 164KB

今回の津志嶽トラックログ図 沢の上流部に鉄塔アングルが落ちていた 最初はグレーチング橋が残っていた


マーシーさん おはよう

仕事中じゃよね すまんのう
最近 高松へ出張してなかった?  高松の朝日町近辺でイノシシがあちこちで目撃されてるニュースが出てるんやけど・・・

ところで、この春 片川〜石堂〜矢筈〜黒笠〜津志嶽〜片川の縦走をした時、最後の詰めで散々な目に遭った
そう あの津志嶽の四電鉄塔保線路喪失のリベンジに行ってきました

やっぱり予想通り内山谷川の最上流部近くに鉄塔保線路があったわ
ザレた傾斜を下りた所でマーシーさんが真っ直ぐ下がった場所から左(上流部)に向かってかすかな保線路の名残があった (緑色をした土嚢の跡)

それを進むと沢を比較的安全に渡れる所があり、その上は沢が岩の間に切れ込んでいた。適当に沢を渡ると四電の鉄塔アングルが転がっていた

その間、何の標(しるし)も無かったからほぼ勘を頼りだね
鉄塔アングルが落ちていた大岩を越えると何とグレーチング橋が残ってた

その後は荒れた斜面を横切って道が続くんだけどもう荒れて道とは言えない
所々に残っている緑の土嚢残骸を確認しながら例の大岩壁まで横掛けで進めたわ
大岩へぶつかると何と岩棚があってそこを回り込むと鉄塔159番に着いた
沢部を渡ってこの159番鉄塔まで30分もかからなかったわ
あの時、このルートを見つけていたら片川まで楽勝で明るい内に帰れていた
後のカーニバル(祭り)やね

でも宿題が解決してすっとした

で・・・ その次に反省点も !
鉄塔160番から北尾根を津志嶽の山頂に這い上がったんだけど1時間で着いた
ちゅう事は! あの時、津志嶽から直接北尾根を下ればもっとルート的に良かったのかも知れない  (下りだと恐らく40分位で160番鉄塔へ着いた)

まあこう言った反省を後から実証していく山歩きも又楽しいのかも知れないねえ

エントツ山

(下のURLがその時の山行記)



 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-5-3-4%20yahazu-kurokasa1.html



23745.Re: マーシーさんへ (津志嶽東尾根)
名前:エントツ山    日付:2014年11月06日(木) 09時45分
Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 164KB

津志嶽東尾根の鉄塔保線路   東尾根鉄塔156番   東尾根ターニングポイントを眺める


ついでに以前から興味があった津志嶽の東尾根から下山してみた
途中までは四電の鉄塔保線路(池田線)の続きがあるのでそれを利用
まあこちらは北尾根保線路よりはマシだった (不明個所はなし)

尾根鉄塔156番を過ぎると電線は南に方向転換するので尾根道は無くなる
尾根だけに踏み跡やスペースはあるんだけど地形図からは予想がつかない絶壁が現れ面白かったわ

2か所程崖上から尾根が見渡せる場所があったので登山口へ帰るターニングポイントのあたりを付ける事ができました

ピッタンコ登山口に下りた時は痛快な気分やった

マーシーさん 仕事頑張ってね

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8,9gatsu-uraginza.html



23748.Re: マーシーさんへ (津志嶽の鉄塔路リベンジ)
名前:マーシー    日付:2014年11月06日(木) 20時48分
Original Size: 800 x 600, 93KB

津志嶽迷い道検証、お疲れ様です

第三者委員会に頼まずに自ら検証するとはエライ!朝日新聞に爪の垢を
あげてくださいませ

そうですかあ、あの時は確かに下りすぎてしまいましたが、石組みが見えたようで、思いこみでドンドン行ってしまったんでしょうねえ

もうチョット慎重に行かんとダメですね
反省します

ところで、先般、大砲岩の下でモンベルのオーバー手袋の左手だけを拾いました
こんな所で片方だけを落とすなんてのはエントツ山さんしか居ないと確信して持って帰り、洗って保管しております

週末の天気は悪そうですねえ



23750.Re: 間違い無い! 去年落としたんだけど・・・・
名前:エントツ山    日付:2014年11月06日(木) 22時17分
Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 675 x 900, 165KB

当てのない相棒を1年待った右手  津志岳北尾根鉄塔保線路  緑の土嚢袋の残骸が転がる斜面


マーシーさん  今晩は


相変わらず岩のトレーニング やってますか
カタックリさんもやってるからクライミングジムは若さを保つ秘訣かもよ

ん? その手袋 去年落としたものですが・・・ あったの?
右手だけでは片手落ち(?)なので捨てようと思ったんじゃが丁度右手を無くして左手だけの手袋があったから無理にセットで使ってたのよ

厚さが違うのでバランスがちょ〜悪くて困ってた  ありがと〜〜

津志岳北尾根の鉄塔保線路は痕跡を辿るって感じでしたわ
前回、マーシーさんとはぐれた後緑色の土嚢袋が沢の下へ流れ落ちていたのを発見してその急な斜面を這い上がったのですが、結局中途半端で稜線まで這い上がった訳でした

それと159番から160番へ行く保線路も斜面がザレてて酷い状態だった
あのときマーシーさんの判断で上から回り込んで正解でしたわ


まあ、何やかやある方が面白いって事やね

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8,9gatsu-uraginza.html



ページ: |< << 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb