[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





23592.10/11寒風山 返信  引用 
名前:Falcon    日付:2014年10月11日(土) 21時49分
Original Size: 600 x 450, 77KB Original Size: 550 x 412, 67KB Original Size: 600 x 450, 149KB

エントツ山さん、こんばんは。
先週は雲海に飲み込まれた寒風山でしたが、今回は一度も雲に隠れるこ
との無い1日でした。ほとんど曇天だったのが残念でしたけど、愛媛側に
雲海が広がりまぁまぁな山歩きとなりました。



23593.Re: 10/11寒風山
名前:Falcon    日付:2014年10月11日(土) 21時50分
Original Size: 600 x 450, 66KB Original Size: 600 x 450, 126KB

写真追加です。
青空の真ん中に、よく見ると月が浮かんでます。



23599.Re: 10/11 西赤石〜東赤石縦走
名前:エントツ山    日付:2014年10月12日(日) 19時39分
Original Size: 1024 x 768, 149KB Original Size: 1024 x 768, 155KB Original Size: 1024 x 768, 148KB

   西赤石      雲原越から赤星山      東赤石から石鎚山系


Falcon ちゃん  今晩は〜

写真を趣味にする人にとって土曜日の天気は何と言うか「気が乗らない気象状態」じゃよね
曇天は色彩が平凡になってしまう

晴天に霧、雲海が期待出来そうな日はわくわくして早く稜線へ這い上がりたいと気がアセるわ

折角の三連休後半が台風襲来って事だからもう山行は土曜日までしか無いって気分で西赤石から東赤石縦走に出かけてきました

西赤石で北側から雲海が上がって来た時は「もう風景もこれまでか・・・」って遠景は諦めた
でも雲海はそこからは上がって来ずにず〜〜〜っと見通しが良かった あんな高曇りが続く日もあるんだねえ

紅葉も次第に高い山から谷筋へ下りて来てますからまだまだ Falcon さんの出番は続きますよ〜〜

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-kitakama1.html


23583.今日も賑わう石鎚山〜 返信  引用 
名前:え〜ちゃん    日付:2014年10月08日(水) 21時42分
Original Size: 640 x 427, 87KB Original Size: 640 x 427, 88KB Original Size: 640 x 427, 92KB

エントツ山さん、こんばんは!

台風後の最後の石鎚山の残り紅葉を見ようと出かけて来ました〜(政所は休みが合わないので・・)

平日にもかかわらず凄い人でした〜(?_?)9時頃に土小屋へ着くと駐車場は満車!
国民宿舎の駐車場も満車、下はヘリコプターと資材置き場で7割使えない?
何とか駐車して、登りましたが・・・平日でも人が多い?昨夜からご来光狙いの人も多くて下山する人も多い!

石鎚山の紅葉・・テレビか何かで知らせたんですかねぇ〜あまりにも人が多くて、天狗へ行くのは止めました!
警察学校の生徒さんが多く来ていました、弥山で食事する場所を何とか見つけて食事してすぐに下山〜
帰路に瓶が森へ寄って、石鎚を見るとガスが〜久しぶりに瓶壺へ寄りました〜

今回もいつも通り〜木の香温泉で汗を流して、キジラーメンを頂いて帰宅へ〜
高速道で今日の天体ショー(皆既月食)を見ながら帰りました〜!



23584.Re: 今日も賑わう石鎚山〜
名前:え〜ちゃん    日付:2014年10月08日(水) 21時45分
Original Size: 640 x 427, 83KB Original Size: 640 x 427, 71KB

写真追加しますが、この人を見て下さい!
でも天気が良かったです!



23586.Re: 今日も賑わう石鎚山〜
名前:エントツ山    日付:2014年10月08日(水) 22時31分
Original Size: 1024 x 768, 164KB Original Size: 900 x 675, 87KB Original Size: 900 x 675, 123KB

え〜ちゃん  今晩は

石鎚の紅葉は今や全国版です
四国外からも沢山の人が来られますねえ

だからこの時期 石鎚の人出は織り込み済みですよね
雑踏の弥山を我慢するか、でなければ行先やルートを工夫する必要があります

弥山から見る天狗岳の紅葉は定番ですから写真家は朝焼けや雲を期待して早朝に撮影されてますよね

やっぱり天狗岳〜南尖峰〜墓場尾根〜東稜コースがお勧めです

マレーシア人に月食がもうすぐ起こると話して一緒に眺めておりました
仕事仲間を待たせてちょっと撮影してみました

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-kitakama1.html



23587.Re: 今日も賑わう石鎚山〜
名前:ギッチャン    日付:2014年10月09日(木) 11時36分
Original Size: 641 x 490, 21KB Original Size: 669 x 501, 17KB Original Size: 700 x 525, 98KB

エントツ山さん皆さんこんにちは。

紅葉シーズン真っ盛り、秋も深まって行きますね。
9階の我が家のベランダにも、赤トンボが訪ねて来てくれました。

昨夜はエントツ山さんと同じパワーショットで、私も月食を写してみました。
(なかなか難しいです・・・)

昨日は笹ヶ峰を歩いて来ました。
どこまでも続く山並みを、たっぷり眺めながらの楽しい歩き。
先日ガスの中を歩いた二ツ岳も、チチ山の向こうに見えていました。
やっぱり青空は最高です!

http://www.ab.auone-net.jp/~gicchan/



23588.Re: 笹ヶ峰〜寒風山 縦走
名前:エントツ山    日付:2014年10月10日(金) 21時34分
Original Size: 702 x 800, 156KB Original Size: 1024 x 768, 162KB Original Size: 409 x 331, 113KB

 笹ヶ峰〜寒風山縦走ログ      笹ヶ峰    登山口で会った「やなっち」さん


ギッチャン  今晩は


昨日は仕事を終えた後、新居浜へ帰りお袋さんを病院へ連れていっておりました
バタバタしてお返事遅くなりました

わたくしも本日笹ヶ峰へ行ってきました
天気が良いと思っていましたが、霧が出て笹ヶ峰から寒風山への縦走路がわからなくなる程でした
縦走路に入ってもガスが立ち込めておりましたが、橋本さんの笹刈りのお蔭で快適な縦走を楽しめました

南尾根のブナは黄葉にはまだ10日〜2週間程早いかな?って感じです

旧寒風山トンネルで車から電動アシスト自転車を出しているとバイクで登山者が到着
お話をすると東温市の「やなっち」さんと言う人で私のHP愛読者でありました 
やなっちさん、今後ともおいわさん共々宜しくお願い致します

エントツ山
  
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-5-3-4%20yahazu-kurokasa1.html



23591.Re: Re: 笹ヶ峰〜寒風山 縦走
名前:FG    日付:2014年10月11日(土) 11時51分
Original Size: 300 x 400, 104KB Original Size: 600 x 450, 160KB Original Size: 450 x 600, 175KB

(画像左) エントツ山さん、(画像中) 10月10日10時の伊予富士、(画像右) どうでもいいもの


皆さま、こんにちは。
エントツ山さん、昨日は、お会いできて嬉しかったです。ちょっと緊張しました。

ところで、先日、石鎚山に行ったのですが、その際、墓場尾根に案内してもらった方が、
GakuGakuさんでして、立て続けに凄い人にお会いして、驚いています。

昨日は、自念子ノ頭まで往復してきました。こちらを歩くのは初めてでしたが、
間近に見る伊予富士が想像以上に素晴らしく、お気に入りの山の一つになりました。

こちらこそ、今後とも宜しくお願い致します。



23598.Re:笹ヶ峰〜寒風山 縦走
名前:エントツ山    日付:2014年10月12日(日) 19時25分
Original Size: 800 x 600, 154KB Original Size: 1024 x 768, 165KB Original Size: 1024 x 768, 165KB

笹ヶ峰・南尾根のブナ   縦走尾根     


FGさん  今晩は

直立不動でご挨拶を頂きましてありがとうございました

笹ヶ峰〜寒風山の縦走は4時間程ですので非常にお手軽の上に、笹原とコメツツジの笹ヶ峰、岩壁とブナの樹林帯を持つ寒風山と二つの違った特徴を持つ四国を代表する山歩きを楽しむ事ができますね

ただ、金曜日は雨や霧の後で笹がびっしょり濡れており、笹ヶ峰の山頂ではズボンの裾と靴下を雨の日の様に絞りましたわ

笹ヶ峰の南尾根〜寒風山への縦走尾根では誰にも会いませんでした
寒風山直下で単独縦走される方と、昼食をされていた西条の女性にお会いしただけでしたね  
寒風山から桑瀬峠〜トンネル下山口までは数組の方を追い抜いたりすれ違たりしました
ここら辺りは平日でも多少の人出がありますね

下山してもFGさんのバイクがあったので伊予富士より向こうへ行ったんだなあって思っていました
東黒森を通り超して自念子ノ頭までピストンされてたんですね
なかなかここまでピストンするって気合が要りますわ

そうですが ガクちゃんに石鎚で会って墓場尾根へ案内してもらったのね
我々の山仲間はいい人が多いですから親しくなって輪を広げて行って下さい

とは言え、無条件で誰でも誘う事はしません。墓場尾根を案内する前に「この人は安全にあそこまで行けるか?」を総合的、直観的に判断しますからFGさんがガクちゃんのおめがねに適ったって事でもあります

東温アルプスも自転車を使っての縦走は考えております
黒森峠付近に車をデポしておいて自転車で皿ヶ峰登山口へ行き石墨山まで歩く・・・ってなイメージです

掲示板への投稿ありがとうございました これからも宜しくね

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-kitakama1.html


23589.恒例秋の石鎚山 返信  引用 
名前:はるちゃん    日付:2014年10月11日(土) 11時21分
Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 663, 98KB

エントツ山さん皆さんこんにちは,
昨日は介護士と2人で紅葉には少し遅い石鎚山詣、

平日なのですいていると思った登山道も大賑わいにびっくりしました、

朝の石鎚は綺麗な姿だったがだんだんガスに包まれて天狗岳は弥山で
約50分も頑張ったが見ずに下山、

二の鎖元では新しい小屋も出来つつあり完成も近いやうで頼もしい限りですね、

はるちゃん



23590.Re: 恒例秋の石鎚山
名前:はるちゃん    日付:2014年10月11日(土) 11時24分
Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 663, 97KB Original Size: 1000 x 584, 97KB

追加写真を見て下さい



23597.Re: どこでも石鎚〜
名前:エントツ山    日付:2014年10月12日(日) 19時10分
Original Size: 1024 x 768, 151KB Original Size: 1024 x 768, 153KB Original Size: 1024 x 768, 153KB

  西赤石から石鎚山     前赤石から石鎚山     東赤石から石鎚山

はるちゃん  今晩は
秋の石鎚山を見逃す訳にはいきません
二の鎖元の小屋は一体何の目的にするんでしょうか 避難小屋?

金曜日は台風前で晴天かと思っていましたが、けっこうガスと雲が厚かったですねえ

笹ヶ峰へ南尾根を登っている時は晴天の兆しで期待したのですが、樹林帯を抜ける所からは霧が出てきてサッパリになりました

笹ヶ峰から見える石鎚を期待したのですが全くダメでした
縦走尾根からは霧に包まれた又兵衛岳を見ながらはるちゃんの又兵衛岳山行を思い出しましたわ

北面を吹き上がる尾根の風景はまあそれはそれで中々良い雰囲気ではありましたがもう少し展望があれば・・・と

大気の状態って微妙なものがあり、同じ様な天気予報の翌土曜日は曇り空ながら高曇りで見通しが非常に良かったです

土曜日は西赤石から、前赤石から、東赤石から・・・・・どこまで行っても石鎚が見える珍しい天気でした


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-kitakama1.html


23581.今朝の石鎚パートU 返信  引用 
名前:ペーコ    日付:2014年10月08日(水) 16時10分
Original Size: 800 x 533, 78KB Original Size: 800 x 533, 80KB Original Size: 800 x 533, 88KB

エントツ山さん こんにちわ
掲示板を見ていると石鎚のご来光が見たくなって 昨日の昼から土小屋へ走りました

いつもは山頂着を12時予定として のんびり出かけるのですが
気合を入れて早出すると 見慣れた景色と違いますね

早朝4時過ぎには弥山にいました  寒かったです
念のためダウンのジャケットを持っていきましたが ちょうどよかったです

今年の色づきは早いということで 紅葉見物には若干遅かったようです

天狗でブロッケンが鮮やかに現われました



23582.Re: 今朝の石鎚パートU
名前:ペーコ    日付:2014年10月08日(水) 16時13分
Original Size: 800 x 533, 88KB Original Size: 800 x 533, 80KB

追加で
墓場尾根に さびしい紅葉と
昨日の落日です



23585.Re: 今朝の石鎚パートU
名前:エントツ山    日付:2014年10月08日(水) 22時18分
Original Size: 900 x 675, 153KB Original Size: 900 x 675, 154KB Original Size: 900 x 675, 93KB

何とか本日入港〜   町へ出かける女性乗組員     マレーシア船から見た月食


ペーコちゃん  今晩は

石鎚は、この時期一度は出かけないと愛媛県人じゃないぜよ
紅葉のタイミングは確かに難しいけど名残はあったでしょ

まあブロッケンを見れたから良しとしましょう
それにしても朝の石鎚・・・雲海や滝雲って出会うの難しいよねえ

今朝、何とかLNG船が入ってきました
昨夜からバタバタして、この船は「トルコ石姫」って名なんですが坂出が初入港で夕方からセレモニーがあった

それで月食は現場から眺める事にあいなりました

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-kitakama1.html


23558.念願の槍ヶ岳へ行くことが出来ました 返信  引用 
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2014年10月05日(日) 20時37分
Original Size: 1280 x 720, 161KB Original Size: 1280 x 720, 164KB Original Size: 1280 x 720, 161KB

エントツ山さん、こんばんは〜

とうとう念願の槍ヶ岳へ行ってきました。

天気と台風情報、そして紅葉情報に翻弄されながら何度も日にちを変更しましたが、初日の涸沢テント泊は朝から快晴だったけど夕方から雨でした。紅葉は、いつもならばっちりな時期なのですが、少し終わりかけてるとみなさん言ってました。

翌日お天気の予定の槍ヶ岳は予報通りピーカン!なんとラッキー。
槍沢ロッジから梓川沿いにわくわくしながら登っていき、少々お疲れモードになってきたころ、じゃーん、憧れの槍様がお出迎え。疲れも吹っ飛びました。
でも、目の前に見えてるのになかなか距離が縮まりません。まあ、感動でちょっと歩いては槍様を見上げてうっとりの繰り返しでしたから。
そして漸く穂先のおひざ元の槍ヶ岳山荘に到着。
荷物も重かったので足はふらふら、ストックで腕もくたくたなのにダーリンが、曇ったらいやだから、今のスカッと晴れてるうちに頂上へ行こうと。
まあ、おっしゃる通りなのですが、ちょっと休ませてほしかった(泣)
荷物を山荘に置いて身軽になって登る登る!
手を滑らしたらあの世行・・・高度感がすごくってちょっとビビってしまいましたが、なんとか無事登頂。
360度パノラマのすごい光景に思わず「わ〜♪」と叫んでしまいました。
夏と違ってこの時期は槍の登山客は少ないようで、前後の日の天気も悪いのも手伝って、山頂は私たち含め6人ほどで、のんびり大パノラマを楽しめました。
遠くは富士山がくっきり。噴煙上げてる御嶽山も見えて、心が痛みました。
下りは怖さにも慣れてくると、下を見なければ、鉢巻山や石鎚の鎖よりは簡単かも・・・

山荘に泊まってご来光を見たかったのですが、台風の影響で翌日から雨。
後ろ髪ひかれながら槍沢ロッジまで下山しました。
下りる頃には頂上は団体さんでごった返し、壁面にも何人もの人がへばりついていたので、。いいタイミングでした。

写真は槍頂上です



23559.Re: 念願の槍ヶ岳へ行くことが出来ました
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2014年10月05日(日) 20時39分
Original Size: 1024 x 577, 164KB Original Size: 1024 x 576, 163KB Original Size: 1280 x 720, 165KB

槍までの景色です



23560.Re: 念願の槍ヶ岳へ行くことが出来ました
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2014年10月05日(日) 20時41分
Original Size: 1024 x 576, 165KB Original Size: 1280 x 721, 165KB Original Size: 1024 x 576, 163KB

涸沢の写真と負けず劣らずの槍手前の紅葉です



23566.Re: むむっ 涸沢と槍ヶ岳 ダブルゲットってかい
名前:エントツ山    日付:2014年10月05日(日) 22時03分
Original Size: 750 x 434, 61KB Original Size: 700 x 525, 88KB Original Size: 1024 x 768, 144KB

私の涸沢はちょっとタイミングがずれた  槍ヶ岳をバックに   槍の夜明けを


ゆ〜ちゃん
ダ〜リン  今晩は

おっと 油断もスキもない夫婦やね
みんなが台風を気にして北アルプスを諦めている時にニセ予報士の占いを信じて行ってきたのね

バッチリじゃん !!
写真も大きく拡大して迫力あるわ〜
私が歩いた裏銀座もパノラマで見えてるよ〜〜

ちゅうことは 先ず涸沢へ行ってテント泊をして、翌日横尾まで戻って槍ヶ岳へ行って山荘に泊まったのね
翌日は槍沢ロッジまで下ってそこに泊まって次の日に四国へ帰って来たって訳かいな
会社 大丈夫???

まあ、こんな大満足の山旅出来たんだから明日からうんと働くのじゃぞ
槍からのパノラマ写真 じっくり楽しませて貰います

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishiduchisonota-24goyogamori1.html



23574.Re: 槍ヶ岳からのパノラマ風景
名前:エントツ山    日付:2014年10月06日(月) 22時35分
Original Size: 1280 x 720, 336KB

ゆ〜ちゃん
ダ〜リン   今晩は


改めて槍ヶ岳から北アルプスの山々を眺めさせて頂きました
穂高方面は自分で歩いているから山の形はわかります

でも裏銀座や薬師岳方面はあまり歩いていないのと、山の形が結構平凡なので同定は難しいですね

まず、ちょっと特徴のある水晶岳(黒岳)を見つける事から始めました
すると周囲の山が角度的におおよその同定をする事が出来たような・・・
(霧の中を歩いた三俣蓮華岳、双六岳、樅沢岳あたりが少し自信がありませんが)

常念山脈はこの常念岳が一発でわかりますよね
すると南側が蝶ヶ岳、北側が大天井岳となります

ゆ〜ちゃんもダーリンのお蔭で山食だけでなく次第にスケールの大きい山歩きになってきましたね

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-kitakama1.html



23578.Re: 念願の槍ヶ岳へ行くことが出来ました
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2014年10月07日(火) 01時18分
Original Size: 800 x 450, 158KB Original Size: 800 x 450, 164KB Original Size: 800 x 450, 164KB

エントツ山さん、こんばんは〜

チャレンジャーのダーリンのおかげで、おっかなびっくりですがいい経験をさせてもらっています。感謝!
そして気持ちよく行かせてくれる家族や会社の仲間にも感謝です。

パノラマ風景の名前入り写真ありがとうございます。
裏銀座の方面の山々はまた色が違って凄く素敵で見た瞬間ため息が出ました。いつか、こちらの方面にも登れたらいいなと思っています♪

こんな写真もありますよ



23580.Re: 槍ヶ岳からの山々
名前:エントツ山    日付:2014年10月07日(火) 21時49分
Original Size: 800 x 450, 202KB Original Size: 800 x 450, 160KB

常念山脈方面      穂高岳方面


自分が歩いた日本百名山などを改めてテレビで見ると懐かしい気持ちで嬉しくなりますわ

そんな山を増やして行って下さい

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-kitakama1.html


23570.‘遥かな尾瀬’ 返信  引用 
名前:伊予の鈍亀    日付:2014年10月06日(月) 13時20分
Original Size: 800 x 460, 97KB Original Size: 800 x 533, 97KB Original Size: 800 x 533, 96KB

エントツ山さん こんにちは

 石鎚の紅葉、台風に間にあって良かったですね!
 私達も台風が来る前に、以前から行ってみたかった群馬県の山へ
 行ってきました。

9月30日 戸倉の駐車場で前泊

10月1日 早朝、乗合タクシーで鳩待峠へ。到着後すぐ尾瀬ケ原へ出発。
    尾瀬ケ原は今、草が赤く染まり秋の風情一杯でした。
    木道がどこまでも続いて捉え様のない広さに驚きました。
    ほぼ東西を燧ケ岳と至仏山に挟まれ、周りは低山やダケカンバ
    に縁取られていました。
    ヨッピ橋を渡り見晴地区、沼尻を過ぎ、尾瀬沼の東の長蔵小屋
    で宿泊。部屋は個室で入浴可、炬燵が置いてあり非常に快適に
    一夜を過ごすことが出来ました。

10月2日 燧ケ岳へ。
    いくつかあるルートの中で、地図上にある見晴新道は昨年の
    台風18号で登山道が土石流で崩壊し年内は通行止めの為、
    已む無し長英新道を登る。木道が多く登り難し。
     出発後2時間20分で俎ーのピークを踏み、次に目的の
    燧ケ岳(柴安ー)に到着。天気がよく暫く堪能し下山開始。      
    下りはナデッ窪より急な岩の道を下り、当日は龍宮小屋に泊。
    当小屋も6畳個室、入浴も桧風呂、トイレ等の設備も良く快適    でした。

10月3日 至仏山。
    その外観のなだらかな山容とは反対に、殆んど頂上まで木道     と、険しい岩、歩調が合わず非常に登り難く、また下り難い
    山でした。
     山頂の標識が立派なのには驚きました。



23571.Re: ‘遥かな尾瀬’
名前:伊予の鈍亀    日付:2014年10月06日(月) 13時31分
Original Size: 800 x 533, 98KB Original Size: 800 x 533, 95KB Original Size: 800 x 533, 98KB

写真追加です。
1;見晴地区の後ろに聳える燧ケ岳
2;池塘に映る至仏山
3;至仏山の木道



23572.Re: 谷川岳
名前:伊予の鈍亀    日付:2014年10月06日(月) 14時21分
Original Size: 800 x 449, 93KB Original Size: 800 x 449, 98KB Original Size: 800 x 449, 98KB

エントツ山さん
続けて谷川岳にも行ってきました。

10月4日
土合駅の少し上方の谷川岳ロープーウェイ土合口駅の駐車場で前泊。
西黒尾根の登山口は林道の舗装道を数回ジグザグを切った所にあり、
いきなりの急登である。
三大急登の一つに数えられる西黒尾根を本当に登れるのか不安が過ぎる。
しかしもう後には引けない。
覚悟と言っては大袈裟かもしれないが、意を決してゆっくりと歩き始める。
前の人に追いついたり、後ろから元気な若者に抜かれたりを繰り返しつつ
自分達の歩きをする事だけを考えていました。
樹林帯を1時間程登ると、小雨が降り始めレインウェアを着込む程になる。
樹林帯を抜け岩場になると鎖場が続く。
ガスが濃く前が見えないので、背の高い道標を辿って行く。
やがて途中で会ったカップルと殆んど同時にトマノ耳に到着。
すぐに次のピークに向かい、最高峰のオキノ耳に着く。
展望もないので、肩の小屋で小休止してほっと一息つきました。
天神尾根を下り始めるとすぐに青空が見え悔しい思いでした。
双耳峰の写真は天気が良くなった後のものです。
田尻尾根の分岐まではロープウェイを利用して登ってくる登山者の列がずっと続いて、
その混雑ぶりには驚くと共に混雑を避けて急ぎ下りました。
展望はなかったけれど、天気も持ったし、谷川岳に登れた事に満足して帰路につきました。

1;谷川岳山頂にて
2;下山途中に見上げた谷川岳双耳峰
3;ロープウェイから登ってくる登山者



23576.Re: ‘遥かな尾瀬’
名前:エントツ山    日付:2014年10月07日(火) 21時41分
Original Size: 768 x 1024, 165KB Original Size: 1024 x 768, 162KB Original Size: 800 x 600, 138KB

   水芭蕉と至仏山      尾瀬と燧ケ岳     タムシバと谷川岳



伊予の鈍亀さん   今晩は


あいや〜〜  台風を気にしながら遠征をしていたのはゆ〜ちゃん・ダ〜リンだけでは無かったのね

群馬県・・・・・ 考えただけでも遠くて、まさに気が遠くなりそうです
随分前にツアーで尾瀬、白根山、谷川岳を巡る旅に参加した事があります
それでも遠くてしんどかったです
伊予の鈍亀さんちの車は大きいから車中泊も後部座席をフラットにして寝ることができるんでしょうかねえ

尾瀬は水芭蕉の時期が一番なんだけど、その頃は至仏山や燧ケ岳はまだ雪が沢山残っています

やはり登るなら草紅葉の頃でしょうか
自然保護の地域だけに山にも木道が整備されているんですねえ
これは少し歩きにくいですわ


日本三大急登ってのが
烏帽子岳の「ブナ立て尾根」
甲斐駒ケ岳の「黒戸尾根」
谷川岳の「西黒尾根」   と言われてますね

*ブナ立て尾根は先日、裏銀座縦走で登りましたが大した事はありませんでした
西黒尾根は相当しんどいのでしょうねえ
山頂のおちゃめな写真をありがとうございます

絶対西黒尾根を歩いて谷川岳へ登るぞ〜〜〜〜

それにしても常に私の先を行く伊予の鈍亀さんには参ります


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-kitakama1.html



23579.Re: 谷川岳
名前:エントツ山    日付:2014年10月07日(火) 21時46分
Original Size: 855 x 900, 338KB

谷川岳


谷川岳は西黒尾根ですよね
北の一ノ倉岳へ周回して尾根を下る事が出来たら最高です

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-kitakama1.html


23573.瓶ヶ森 返信  引用 
名前:グランマー啓子    日付:2014年10月06日(月) 14時26分
Original Size: 800 x 600, 87KB Original Size: 800 x 600, 88KB

エントツ山さん こんにちは

台風、大したことなく過ぎましたね
今週は忙しいんですか?
私も、この10月はちょっとストレスが溜まりそうです

土曜日は、笹ヶ峰のもみじ谷をピストンして
昼過ぎに帰るつもりで出かけたんだけど、北側は濃いガス
ガスの中を歩くのもつまらんと、雲海の上に立って石鎚を眺めて来ました

みんな石鎚に行ったんか、殆ど貸切状態の瓶でしたが
下山していたら、ぽつぽつすれ違い始め
駐車場ではマイクロバス2台の団体さんが準備体操中でした

帰路の瓶林は、視界数メートル
あれからガスは晴れたんかなぁ?

写真 8時20分ごろ、見てました〜
    東黒森を呑み込んだ滝雲です
http://outdoor.geocities.jp/ymkm1982/



23577.Re: 瓶ヶ森
名前:エントツ山    日付:2014年10月06日(月) 23時37分
Original Size: 1024 x 768, 162KB Original Size: 1024 x 768, 159KB

石鎚の紅葉見物はこの場所に決めております   あの時ここにいたのね


グランマー啓子さん  今晩は

そうなのよ 久々に給料以上の仕事をしてしまいそうです
台風18号を恐れたインド人船長が折角沖縄辺りまで北上してたのに、台湾辺りまで逃げてしまった
それで今度は8日のスケジュールに間に合わないかも知れないって言ってきた
「黒潮を捉まえてそれに乗って来い!」って返事を返しました

何か背中にトラブルを抱えているそうだけど どうしたの?
おできが出来たって訳じゃなさそうですね

研治も一時60肩でザックを自分で負えなくて、北アルプスで私やマーシーさんがヘルプした事があります

60背中?? そんなの無いよねえ

土曜日の雲海は分厚くて石鎚と瓶ヶ森の標高しか顔を出してなかったわ
二ッ岳へ行ったぎっちゃん哀れ・・・


何やかや言っても石鎚の紅葉は四国一です
人はぎょうさん集まりますわ
でも私が石鎚で会った登山者は合計10人そこそこです

金曜日の夜遅く、瓶ヶ森林道は濃霧で運転が危険でした
ガードレールや白線が無ければ動く事も出来ない状態の所があり往生しました
土小屋へ着くと眼が冴えてついつい睡眠導入剤に手を染めてしまった
起きたら日の出はとっくに過ぎていましたわ

そちらが石鎚を撮った時間は丁度天狗岳から南尖峰を歩いていたから天体望遠鏡の様なカメラなら写ってたかもしれないわ


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-kitakama1.html


23561.おちよさんの大阪フジフイルムでの展覧会 返信  引用 
名前:高御位山    日付:2014年10月05日(日) 20時57分
Original Size: 762 x 1024, 49KB Original Size: 1024 x 701, 50KB Original Size: 1024 x 769, 50KB

 エントツ山師匠、マーシーさん、台風の関係で、お会いできなくて
残念でした。

 3日の金曜日、やの・みちよさんの写真展が大阪・丸紅の本店内に有る
フジフイルム・フォートサロンにて開催されました。東京に次いで二回目
の開催で、私も心斎橋に足を運びました。参加者も多く、会場は盛大で
した。結構女性も多かったです。

 みちよさんにも作品を説明してもらい、楽しい時を過ごしました。1週
の展示の為に、膨大な時間と手間、費用が係ることにびっくりしてしまい
ました。おちよさんの写真にかける熱意と情熱は生半可なものではでは
有りません。感服致しました。これはもうプロの段階で、日本山岳写真協会
が後援していました。

 ご主人も快方に向かわれているようで、10月30日〜11月3日にフジグラン
松山5階ギャラリーには参加されるようです。私も久々に南に寄ってルンル
ン気分で家に帰りました。

1 フジ・フォートサロン
2 やの みちよ写真展
3 日本写真山岳協会  



23563.Re: おちよさんの大阪フジフイルムでの展覧会
名前:高御位山    日付:2014年10月05日(日) 21時07分
Original Size: 1024 x 750, 50KB Original Size: 1024 x 767, 50KB Original Size: 1024 x 767, 50KB

1 会場のみちよさん
2 小生と写真家
3 スタッフと  

使用しているカメラは生半可なもででは有りません



23567.Re: おちよさんの大阪フジフイルムでの展覧会
名前:エントツ山    日付:2014年10月05日(日) 22時12分
高御位山さん  今晩は

やはり日曜日の石鎚は天気が良くなかったので日延べして正解でしたね
来年のアケボノの時に皆さんにお会いしたいと思っています

お千代さんの写真展へ行かれたんですね
写真って現像代が相当かかるって聞いております
大きな写真を現像する為にはカメラもさることながら重たい三脚を現場まで運ばなければなりません

その人夫役の yaiwaiさんが闘病生活になっちゃって本人もさる事ながらお千代さんもさぞかしご心配の事と察します

経過は「よっちゃんの闘病記 いつの日か山へ」で拝見させて頂いております
松山の写真展でwaiwai さんとお会い出来るのを楽しみにしております

写真展レポ ありがとうございました

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishiduchisonota-24goyogamori1.html


23568.高御位山さん、相棒に替わって展覧会のお礼を!
名前:わいわい    日付:2014年10月06日(月) 22時38分
Original Size: 800 x 600, 172KB

 高御位山さん、ネット環境の無い相棒に替わって、毎度、写真展にお越し頂き有難う御座います。人夫を仰せつかっています私から、お礼を一言。

 当方も大阪へは一緒に行ける算段でしたが、変なウイルスが発見された関係で、独房からの脱出が叶いませんでした。いつの機会かお会いできればと思います。

 エントツ山さん、大変、ご無沙汰しております。石鎚の紅葉見物も沢山の御知り合いに会えたようで、大変な賑わいの様子。羨ましく拝見しています。当方は、当ブログにも書きましたが、主治医から“山登り禁止令”が出されてしまいました。勿論、これは退院してからの話で、まずは1〜2週の内の退院を目指しています。エントツ山さんを始め、ネットで知り合った仲間と会えるのを楽しみにしております。


画像は、独房の窓から見える朝陽です。



23575.Re:来年「 わいわいしゃもじII]を持っていきましょうよ
名前:エントツ山    日付:2014年10月06日(月) 22時53分
Original Size: 450 x 337, 48KB Original Size: 380 x 260, 32KB Original Size: 360 x 526, 29KB

「わいわいしゃもじ」も古くなって飛んで行ってしまいましたわ

わいわいさん  今晩は

辛抱して優等生患者として治療に専念されていますね
頭が下がります

薬の関係で味覚や食欲が無くなりわびしい食生活ですねえ
お千代さんの体重を少し分けて貰いましょうよ

松山の写真展では是非ともお会いしたいものです
その時に「わいわいしゃもじII」を用意しておいて下さい

実は長年、上兜山で風雨、風雪にさらされて来た「わいわいしゃもじI」は去年朽ちて風で飛んでしまいました

串ヶ峰、上兜界隈の藪漕ぎ大先輩の「わいわいしゃもじ」を見物に何度もあの藪を漕いだものです

医者の忠告はまあ様子を見るとして、来年病気平癒を記念して上兜へしゃもじを取り付けに行きましょうよ
わいわいさんは空身で結構です 荷物はわたくしめに任せて頂き、キツイ様でしたら物住ノ頭にテントを準備致します
ぱ〜〜っとやりましょうよ  しゃもじ巡幸 !!

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-kitakama1.html


23535.今朝の石鎚 返信  引用 
名前:おいわさん    日付:2014年10月04日(土) 22時05分
Original Size: 900 x 600, 35KB Original Size: 900 x 600, 40KB Original Size: 900 x 600, 40KB

まさかエントツ山さんと墓場尾根で出会うとは思いませんでした。
でもおかげで御来光の滝に降りる入り口が分かりました。
今朝の石鎚です。
http://homepage2.nifty.com/oiwasan/



23536.Re: 同じような写真はいくらでも
名前:おいわさん    日付:2014年10月04日(土) 22時11分
Original Size: 900 x 600, 37KB Original Size: 900 x 600, 54KB Original Size: 900 x 600, 70KB

追加です
http://homepage2.nifty.com/oiwasan/



23537.Re: 今朝の石鎚
名前:おいわさん    日付:2014年10月04日(土) 22時21分
Original Size: 900 x 600, 73KB

おまけです。
http://homepage2.nifty.com/oiwasan/



23539.Re: 今朝の石鎚
名前:エントツ山    日付:2014年10月04日(土) 23時11分
Original Size: 1024 x 768, 162KB Original Size: 1024 x 767, 162KB Original Size: 1024 x 767, 165KB

 お元気そうだったおいわさん      第一幕岩     墓場尾根



おいわさん  今晩は

私が撮れなかった夜明けの石鎚写真 ありがとうございます

昨夜、瓶ヶ森林道は濃霧で運転に苦労しました
簀子(すのこ)を2枚買って車に寝床を作り、土小屋で車中泊しました

予定では
04時土小屋を出発して、弥山で日の出を見て、愛太小屋からご来光の滝に下りて、北沢を這い上がり、南尖峰から東稜を下りる

んが・・・
濃霧の運転で興奮して眠れず、車にあった「グッドミン」という眠り薬を飲んで寝ました
・・・起きたら6時過ぎでした

8時前に弥山に着き「てんきち」さんに会って「おいわさんが墓場尾根へ行ってるみたいですよ」と聞いて一緒に墓場尾根へ行った訳です

元気な様子で良かったです

あれから北沢出会いに下りて第一幕岩の紅葉を撮影してましたが、ガスと風が出て来て墓場尾根へ引き返しました

今度はガクガクさんが上から下りて来て、大砲岩でコーヒーをごちそうになりました

「豊田さん・篠崎さん」にもお会いして東稜をガクちゃんと下りました


今年、時間が取れましたら東温アルプス歩いてみます


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-5-3-4%20yahazu-kurokasa1.html



23542.Re: 昨日の石鎚
名前:エントツ山    日付:2014年10月05日(日) 07時14分
Original Size: 1024 x 768, 163KB Original Size: 768 x 1024, 162KB

    南尖峰の紅葉      おいわさん
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-5-3-4%20yahazu-kurokasa1.html



23557.レポートアップ Re: 今朝の石鎚
名前:おいわさん    日付:2014年10月05日(日) 19時47分
Original Size: 900 x 600, 53KB Original Size: 600 x 900, 108KB Original Size: 600 x 900, 159KB

昨日のレポートアップしました。
同じような写真の連続で行った気分になれると思います。
http://homepage2.nifty.com/oiwasan/



23565.Re: 今朝の石鎚
名前:エントツ山    日付:2014年10月05日(日) 21時27分
Original Size: 1024 x 768, 163KB Original Size: 1024 x 768, 164KB Original Size: 1024 x 768, 162KB

墓場尾根へ下がるおいわさん  第一幕岩で被った孫のエール入りヘルメット この人は誰?


おいわさん  今晩は

石鎚のアップ見ました
同じような写真のオンパレードでゲップとしゃっくりが出ました
ん? ランスケさんって・・・  結構良い人みたいでしたねえ

白ヘルメットの方、本名は覚えておりますがハンドルネームが覚え間違っておりました 出来たら教えて下さい

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishiduchisonota-24goyogamori1.html


23554.五代ヶ森 返信  引用 
名前:はるちゃん    日付:2014年10月05日(日) 18時03分
Original Size: 1000 x 663, 97KB Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 663, 98KB

エントツ山さん皆さん今晩は、

昨日はそうそうたるメンバーが石鎚山だったご様子、

私は3年振りに介護士1名と友人の3人で坂瀬林道から五代ヶ森への最短コースで登って来ました。

此のコースは急坂の連続ですがアップダウンは全く無く2年前久万高原遊山会が整備して標識も付けてくれました、

尾根コースと比べれば合流点迄は楽に登れて安全ですが3年前に刈明けられた尾根コースはもはや大藪で全く道は見えず両手でかき分けながらの前進で足はもつれる笹でかなり疲れました、

又頂上手前の三角点も探すのに一苦労したが4度目の五代ヶ森も石鎚から高知側の展望はすこぶる良く満足感に浸りながらの下山でした、

はるちゃん



23556.Re: 五代ヶ森
名前:はるちゃん    日付:2014年10月05日(日) 18時05分
Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 646, 98KB Original Size: 1000 x 584, 98KB

写真を追加いたします、

写真はブナに付いたアオベンケイ



23564.Re: 五代ヶ森
名前:エントツ山    日付:2014年10月05日(日) 21時21分
Original Size: 658 x 1024, 263KB Original Size: 1024 x 767, 165KB

五代ヶ森のはるちゃんルート位置図   石鎚東稜から墓場尾根越しの五代ヶ森


はるちゃん  今晩は

しかしまあ あの藪山が好きですねえ
遠くから見る五代ヶ森は端正な形をしておりますが、そこに至る道の笹薮と言ったら・・・

五代ヶ森から鞍瀬の頭へ至るルートは藪があると言えども展望もあり良いコースやと思います
でも五代ヶ森の南側は中々皆さん足が向きませんね

アオベンケイは雲早山の尾根で見かけましたが逞しいです
ベンケイソウ科の植物は丈夫で枯れにくい事から、武蔵坊弁慶の様に強い草という意味から来ているらしいですね

はるちゃんも水戸黄門というより武蔵坊弁慶に近いですわ

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishiduchisonota-24goyogamori1.html



ページ: |< << 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb