[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





22422.寒風山で二度目の林道歩き 返信  引用 
名前:トンちゃん    日付:2014年02月16日(日) 20時41分
Original Size: 1024 x 768, 88KB Original Size: 1024 x 768, 63KB Original Size: 1024 x 768, 80KB

エントツ山さん 今晩は

三嶺からの景色は別世界のようですね 素晴らしい!
この景色をを見るには大変な思いをして山頂に立たなければなりません
ので私には無理です
写真で行った気分にさせて頂きました

今日は寒風山で二度目の林道歩きをして来ました
この前は14カーブまで歩きました
今日は14カーブ上から歩き始め 展望所下まで登りました

大座礼林道との分岐あたりで立ち往生した車がいて後続の車が10台以上
縦列してたみたいです 我々が上っていると沢山の車が引き返して
きました やめた方がいいよ言われましたが行けるとこまで行って
みようと思って行きましたが 皆な途中で車を停めて歩いてました

大座礼への分岐に着くと沢山の車が雪をかいて駐車してました
ここまで来たら良かったと思いましたがもう引き返せません

山に登るまでに体力を使い果たしてしまいました
雪は深くていつも見上げる木々が顔にあたるし 枝の下を這うように
してくぐり抜けたりして大変でした

でも景色は素晴らしかったです
山頂まで行けませんでしたが色々な経験をして勉強になりましたし
沢山の山友の皆さんともお会いでき楽しい寒風山でした

雪の風紋がとても綺麗でした
青空に白い大雪が美しかったです
今日の寒風山



22426.Re: 天狗塚〜牛ノ背
名前:エントツ山    日付:2014年02月16日(日) 23時12分
Original Size: 800 x 600, 136KB Original Size: 800 x 600, 141KB Original Size: 800 x 600, 139KB

トンちゃん  今晩は

林道で車がスタックすると後続の人は大変ですね
こちらはマーシーさんと天狗塚〜牛ノ背でした

風が物凄く吹いて天狗峠と牛ノ背では吹き飛ばされそうでした
天狗塚登山口まで車で行けたら天狗塚〜西熊山を周回予定でしたが、車が土捨て場までしか行けず
登山口まで1時間ほど歩きました

その為、天狗塚〜牛ノ背の周回に切り替え、テキトーに林道まで下りました
(ほぼ車の近くに下りました)

西山林道は住宅がある場所までは除雪されており、その奥は土捨て場まで車のトレースがありそれを使うと運転可能(4WD)
その先はタイヤがスタックして勧めませんでした

誰もおりませんでしたわ

エントツ山

http://www11.ocn.ne.jp/~harakohj/



22427.Re: 寒風山に行くか迷って、結局、中津明神山
名前:弁天山    日付:2014年02月16日(日) 23時18分
Original Size: 800 x 572, 139KB Original Size: 800 x 582, 144KB Original Size: 800 x 586, 141KB

トンちゃん、エントツ山さん、こんばんは。

今シーズン、こんなに毎週雪山に行っておきながら、寒風山はまだ行っていませんでした。
今週末こそ寒風山にしようと思っていたら、また雪が降ったので車が登れるかどうか不安になって迷い、
悩んだ末、今日は中津明神山に高知県側から行ってきました。

アガワスカイパークの手前まで人家があるので、きれいに除雪されていて、問題なく車で行けました。
(スカイパーク上の林道は途中から車は無理)
トンちゃんのレポ見ると、なんとか寒風山も車で行けたようですね…

スカイパークはうっすら雪化粧で、雪もたいしたことなのではと登り始めましたが、
高度を上げるにつれだんだん深くなって、最後は念のため担いできたスノーシューが役に立ち、
何とか先頭で3時間かかって登りました。(深いところで膝下くらい)

頂上は風が非常に強く、空も少しかすんでいましたが、石鎚や筒上方面も望めました。

山の中腹以下の杉林は、雄花がたっぷり着いて赤茶色に変色しており、
重い花粉症持ちの自分としては、ぞっとしました。
家に帰ると、さっそく目がしょぼしょぼしています。
そろそろ限界が近づいてきていますが、寒風山は最後にとっておくことにします。

@スカイパークから山頂を見上げる
A山頂から石鎚方面(手前は猿越山)
B山頂直下から見上げる



22432.Re: 寒風山を目指しましたが・・・
名前:伊予の鈍亀    日付:2014年02月17日(月) 00時44分
Original Size: 800 x 449, 94KB Original Size: 800 x 450, 94KB Original Size: 800 x 450, 93KB

トンちゃんさん エントツ山さん 弁天山さん 今晩は

エントツ山さん、先週の三嶺、そして天狗塚と高山に登られて、やはり凄いですね。

いつも銅山越ばかりで申し訳ないんですが、また、報告させてください。

今日は、寒風山目指して行ったんですが、トンちゃんさんのレポにあるように、
林道上部で何台かの車が立ち往生。上の方は動けない状態と聞き、私達も
一昨年助けて貰った事があるので、思い出しつつ仕方ないねと引き返しました。
しかし、天気がいいので諦めきれず日浦登山口へと急ぎました。
駐車場は、50センチ位の雪が積もっていましたが、4台の車が止まっていて、
登山口からトレースが付いていたので助かりました。スーパーカンジキ、
今日も調子良かったですよ。
途中、「今日も山へ」の仙ちゃんさんに久しぶりにお会いして、スノーシュウの跡を
追いかけました。お話も出来て本当に楽しかった!
銅山越は、団体の方々で賑わっていました。
雪は先週とは段違いに多くなっていました。白い山、今日も楽しんできました。

1;銅山越
2;仙ちゃんさんと
3;西山方面



22435.Re: 寒風山で二度目の林道歩き
名前:マーシー    日付:2014年02月17日(月) 22時40分
Original Size: 800 x 600, 93KB Original Size: 800 x 600, 94KB Original Size: 800 x 600, 94KB

トンちゃん、今晩は

相変わらず寒風山に通ってますね

こちらは長靴コンビで天狗塚でした

雪もタップリ、風もタップリで凍えそうな寒さでしたが、久しぶりに青空のある冬景色に出会えて感動しきりでした

エントツ山さん、お世話になりました
3連発です



22436.Re: 中津明神山
名前:エントツ山    日付:2014年02月17日(月) 22時48分
Original Size: 900 x 640, 299KB Original Size: 1024 x 740, 165KB

天狗塚〜牛ノ背周回

弁天山さん  今晩は

松山から国道33号線を高知方面へ行くと名野川から吾川スカイパーク経由で中津明神山まで
道路が通じているんですね

ここはもう10年程前に行って鳥居や一等三角点を見た覚えがあります
眺めがとても良い場所でしたわ

ここも地形的になだらかでスノーシューの出番ですね
今年はどこも雪が豊富で登山口までさえ行ければ雪山を楽しむ事が出来ます

こちらはこの時期、人出が無いと思われる天狗塚を選びました
登山道にはトレースがあり大変助かりました

やはり基本的にはまずスノーシューで雪をつぶして、その後を登山者が歩けば快適な雪道が出来ますね
トレースが無い場所は下りに使うに限ります

中津明神山はあまりレポが無い場所です
ありがとうございました

エントツ山

http://www11.ocn.ne.jp/~harakohj/



22437.Re: スーパーカンジキ
名前:エントツ山    日付:2014年02月18日(火) 22時28分
Original Size: 800 x 600, 143KB Original Size: 800 x 600, 141KB Original Size: 800 x 600, 149KB

天狗塚でも長靴とスーパーカンジキでした

伊予の鈍亀さん  今晩は

スーパーカンジキって確かに浮力は今一つですが軽くていいですね
ザックのフロントポケットに収まるので紐で括り付ける必要もありません

ただ、長靴の場合紐の留め金が外れなくてもすっぽりとカンジキから長靴が抜ける事がありました
天狗峠の直下で写真に夢中になって下を向かないで歩いていたら・・・片方のスーパーカンジキがありませんでしたがな

それと深い雪の植林地帯を下っていると、雪の下にある枝打ちの樹にカンジキが挟まって抜けません
無理に引っ張るとカンジキが外れました
マーシーさんに後れを取るので途中からカンジキを外してザックに収納して長靴で下山しました

課題はラフな雪歩きの場合、あの単純な2本の紐ではしっかり靴(長靴)と固定出来ませんわ

余分な紐で補強する必要を感じました


銅山峰のお地蔵さん あんな雪に埋まった姿は初めて見ました
銅山峰も雪たっぷりですね

寒風山は時間的に歩くのが短いから雪の時は遅めに行った方が正解ですね
車の渋滞で引き返すのはいかにも残念でしたねえ

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/satoyama6zentsujgogaku.html



22439.Re: 寒風山で二度目の林道歩き
名前:エントツ山    日付:2014年02月18日(火) 22時29分
Original Size: 800 x 600, 149KB Original Size: 800 x 600, 131KB Original Size: 800 x 600, 137KB

マーシーさん  今晩は

日曜日はお蔭様でいい雪山歩きが出来ました
ありがとう

スノーシューもスーパーカンジキも長靴だと少し留めが甘いねえ
マーシーさんの荷造り紐補強作戦を見習うわ

新雪は登りだとヘロヘロだけど、下りは快適やね
テキトーに下りてあそこまでピッタリ車の近くまで下りれたら痛快や〜
でもさあ、下山したらそこに「入山禁止」の看板があったのには参ったね

来週 長崎から来る山の会のお相手宜しくね

こちらは今晩も夜中まで仕事やんけ

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/satoyama6zentsujgogaku.html



22440.Re: 寒風山で二度目の林道歩き
名前:Falcon    日付:2014年02月17日(月) 23時41分
Original Size: 600 x 800, 94KB Original Size: 600 x 450, 99KB

エントツ山さん、みなさんこんばんは。

>寒風山は時間的に歩くのが短いから雪の時は遅めに行った方が正解

実は私も16日に寒風山へ。今回ばかりはエントツ山さんの言う通り、
遅めのほうが正解な気分です。

朝一番では大座礼林道分岐から先に車が侵入した形跡なく、広場で駐車
スペースを掘りました。この時点での嫌な予感は当たり、登り始めから
腰までめり込む羽目になりました。その後もひざ上以上の積雪に苦労す
ることに。

途中からは追いついてきた方と二人で「今日はもう写真にならんねぇ」と
話しながら桑瀬峠目前まで進みました。そのタイミングで大部隊が追い
ついて来たので後はお任せしました。結局、歩き始めて桑瀬峠まで約6時間
を要しました。さすがにこれ以上のぼる気力体力はございません。

写真は桑瀬峠から上を目指す大部隊。橋本組も写ってます。



22441.Re: むふっ
名前:エントツ山    日付:2014年02月18日(火) 06時49分
Original Size: 1024 x 768, 152KB Original Size: 800 x 600, 139KB

    三嶺        天狗塚


ファルコンさん  今晩は

むらくもさんがブログで「ファルコムさんが桑瀬峠まで6時間かかったらしい」ってな事を書かれてたから恐らく
ファルコンさんのことやろうと思ってたわ

朝の焼けを撮る人が昼前に登山口へ行って何とする!
あれは一般登山者への助言でござるよ

6時間のラッセルで桑瀬峠までねえ・・・ 虚しい・・・
三嶺へお泊り登山をする時はいつでもお供しますよん
三嶺まででも4時間半でっせ

まあ、人が登る前に行かなきゃならん宿命やさかいそんな事もありますわ
頑張ってよ

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/satoyama6zentsujgogaku.html


22433.善通寺五岳 返信  引用 
名前:はるちゃん    日付:2014年02月17日(月) 11時41分
Original Size: 1000 x 649, 97KB Original Size: 1000 x 663, 97KB Original Size: 1000 x 663, 98KB

えんとつ山さんこんにちは、
記事を拝見すると流石に皆さんの行動力は半端じゃないのが
良く判ります、

登らずして歩いた気分にさせて貰っていはるちゃんです。

昨日は9年ぶりに善通寺五岳を香色山から火上山へ何時もの
メンバーに助けられながら縦走しました、

火上山頂上では先着さんの作った可愛らしい雪だるまにも
出会って皆で写真撮影、
相棒の1人がみかんの皮で可愛らしい口元を作ってお別れした、

下山は鉄塔まで引き返して近場の下山口へ降りました。



22434.Re: 善通寺五岳
名前:はるちゃん    日付:2014年02月17日(月) 11時46分
Original Size: 1000 x 663, 97KB Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 640, 94KB

写真を追加します、



22438.Re: 善通寺五岳
名前:エントツ山    日付:2014年02月17日(月) 23時13分
Original Size: 520 x 265, 43KB Original Size: 740 x 1024, 159KB

はるちゃん  今晩は

善通寺五岳 今治から出てきて丁度良い里山縦走ですね
この時期、雪山も良し 里山も又良し 特に藪が薄い里山歩きが狙い目ですわ

里山の良い所は道に迷っても1時間ほど安全な尾根を下りればシャバに出られる事ですね
山深い奥山で道が分からなくなると不安ですわ 焦って口の中が乾きます

雪だるま かわいいですねえ
そう言えば、今年はまだ孫と雪だるま作りに行ってませんわ

天狗塚〜牛の背はどの時期に行っても良い場所です


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/satoyama6zentsujgogaku.html


22423.ぽかぽか日和でのどかな里山歩き 返信  引用 
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2014年02月16日(日) 21時55分
Original Size: 448 x 336, 136KB Original Size: 448 x 336, 115KB Original Size: 448 x 252, 57KB

エントツ山さん、こんばんは〜

今日はいい天気だったので、雪山もいいけど里山でのどかな山歩きもいんじゃない?ってことで、3年前に行った紫雲出山へ行くことに。

大浜バス停近くに車を停めて、箱バスで糸ノ越までいき、そこから讃岐岬灯台まで歩き、折り返して紫雲出山頂上へ、そこでご飯を食べて大浜まで歩きました。しめて11キロ強。天気もぽかぽか気持ち良く、アップダウンのいい運動になりました。

今日の山食は、使い残しのボンベもしっかり働いてくれる環境なので、焼き肉とスープでした。久しぶりにのんびりまったりした山食でした。



22424.Re: ぽかぽか日和でのどかな里山歩き
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2014年02月16日(日) 21時56分
Original Size: 448 x 252, 59KB Original Size: 448 x 252, 64KB Original Size: 448 x 252, 50KB

写真の続きです



22429.Re: ピューピュー風吹く寒い雪山歩き
名前:エントツ山    日付:2014年02月16日(日) 23時26分
Original Size: 600 x 800, 136KB Original Size: 800 x 600, 140KB Original Size: 800 x 600, 136KB

ゆ〜ちゃん
ダーリン 今晩は

今日は浦島太郎と乙姫でしたか
四国中央市から庄内半島は近いですよね
焼き肉とスープ おいしそうです

今日は強風を避けて天狗峠の南面でマーシーさんと丸くなってお決まりのカップ麺でございました

天狗峠についてカップ麺にお湯を入れていると・・「アレ スーパーワカンの左足が無い!」
何せ軽いから抜け落ちたのに気が付かなかった (普通 気が付くよなあ=マーシー)
慌てて強風に向かって北斜面に探しに行って見付けて来ました

その間にカップ麺のお湯が冷えて・・・ 又 軟弱山食となりましたわ

今日、マレーシアからLNG船が出港したから今、船と交信でバタバタしているので替え歌はスキップね

替え歌作れない時もあるけどドンドン元気な姿を登場させて下さい

エントツ山

http://www11.ocn.ne.jp/~harakohj/



22431.Re: ぽかぽか日和でのどかな里山歩き
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2014年02月16日(日) 23時49分
エントツ山さん、お返事ありがとうございます。

今日も元気に雪山でしたか。
自宅の四国中央市から山を眺めると、鋸〜赤星辺りは真っ白。ちょっと雪山へとも思いましたが、4回連続の雪山もなあ〜と軟弱登山部は楽なぽかぽか登山を選択してしまいました^_^;

スーパーワカン、見つかって良かったですね♥
山での紛失は本当に凹みますよね。ましてや、もう一度引き返して探すとなると・・・見つかってよかったです(笑)

もう少し雪道が落ち着いたら高曝へ行ってみたいと思うのですが。どなたか高曝へは行かれてないでしょうか?
 

22428.剣山 返信  引用 
名前:ストーンリバー    日付:2014年02月16日(日) 23時25分
Original Size: 640 x 426, 85KB Original Size: 640 x 426, 84KB Original Size: 640 x 426, 86KB

エントツ山さん 今晩は。

私も今日は天狗塚へ行きたっかたのですが道路状況が分からず
断念して剣山へ登って来ました。
見ノ越までは前日に除雪済みとの情報をつるぎ昔乙女さんより聞いていたので
安心して出掛けました。除雪されたばかりで轍が無くて走り易かったです。

駐車場はロータリーに除雪されているだけで屋根下の駐車場にも入れず
車道沿いに駐車しました。登山口で積雪は60cm以上〜
今まで登った中で一番の積雪でした。

神社を少し登った所で先行者のツボ足のトレースが登山道に見当たりません。
私達はスノーシューで夏道にトレースを付けて登ろうかとも思いましたが、
先行者は尾根道を歩いているので、これはチャンス!とばかりに
初めての尾根道に挑戦。急坂で新雪に足を取られてなかなか進みません。

西島駅より少し上の登山道には2時間近くもかかって合流。
また此処からもスノーシューでも沈むので三人で交代にラッセルしながら登って
登山口から山頂までは3時間40分も掛かりました。

山頂では風が強くて吹き飛ばされそうになり、さっさと下山開始した頃から
大勢の登山者が登ってきました。下山は大勢のトレースで楽々。

今日は初めて尾根道から登れて今までと違った素晴らしい景色を楽しむ事が出来ました。



22430.Re: 天狗塚〜牛ノ背
名前:エントツ山    日付:2014年02月16日(日) 23時45分
Original Size: 800 x 450, 137KB Original Size: 800 x 600, 136KB Original Size: 800 x 600, 136KB

ストーンリバーさん  今晩は

剣山の尾根道ですか 冬ならではの道でしょうか
見ノ越までは遠いですが、ここまで行けたら剣山は比較的楽に冬景色を楽しめますよね

今日は剣山系の稜線は冷たい風が吹いていましたね
西山林道入り口の橋を見ると除雪されているらしかったので取敢えず行って見ようと言う事に

まあ土捨て場まで行ければ何とかなりますわ
来週からちょっと仕事が忙しくなるので、四国の冬山を楽しんでいます

マーシーさんも私も長靴でした
今シーズンの雪山はほとんど長靴で歩きましたわ
スパッツを装着するのが苦手なので(不器用なんです)長靴が気楽です

天狗塚のコメツツジは丁度笹ヶ峰の様に北側が霧氷、南側に雪の尻尾が流れていました

牛ノ背からは北側にさえ下りればどこを歩いてもやがて林道に下り付きますから気楽です
マーシーさんと天狗峠で下りる尾根の見当を付けておいてあとはテキトーです

あと半月位は雪山楽しめますかねえ

エントツ山

http://www11.ocn.ne.jp/~harakohj/


22420.城山・猫山・高見峰・鷹丸山情報 返信  引用 
名前:童夢    日付:2014年02月16日(日) 20時27分
Original Size: 800 x 600, 140KB Original Size: 800 x 600, 140KB

ご無沙汰しております。 皆さんの登山報告を楽しみに見ておりますよ。
自分は野暮用が多く、あまり山に行けなくて、書き込むネタがないので、読み逃げばかりです。

厳冬期の三嶺の景色もいいですねー。

城山界隈の話がちょっと前に出ていましたので、参考になればと・・・
近くなので、暇になったときにうろついて、道を探しています。
NPOの方が道を整備したり、案内標識を設置してくれております。
12月には高知から団体さんが貸し切りバスで来て、登っておりましたよ。ビックリ!

城山登山口のログハウスの所と、水道タンクの近くには駐車場があります。

城山から南へ降りる道は、通行止めの札が消えているので、通れるかも知れません。

城山から猫山基部までは広い道があります。
猫山から南へ降りる道は、ザレているので要注意。
猫山から阿弥陀越えに下りる道は傾斜がきついのですが、階段やロープを張ってくれています。

畔田から阿弥陀越えへの旧登山道は林道整備で通行止めとなり、第四東屋へのルートが出来ています。
旧道との分岐する渡渉点が判り辛いかな?

金剛院の寺から阿弥陀越えに出る登山道は、十年位前の土石流で消えています。
グランマーさんやkeitannさんが、苦労されたようですが。

金剛院から阿弥陀越えまでの舗装された道は車両通行可能ですが、阿弥陀越えから畔田までの舗装林道は数年前の土砂くずれ以降、復旧する気はないらしく、通行止めのままです(歩いては通れる)。

金堀場経由で小高見峰と大高見峰との鞍部へ出る登山道も、渡渉点に注意しておかないと、reikoさんのように、ヤブ漕ぎで鉄塔まで這い上がることになります。
金堀場は倒木などで見つけづらいのですが、昨年は道に朽ち掛けた看板が落ちていた。(登山道から数mのところ)

法師越えには車を数台止められる場所があります。ここから鉄塔点検路に出るには、柵を東から回りこんで尾根に出ると道があります。大高見峰へは最短距離で登れます。

高見峰神社から北への道はきれいですが、殆ど階段で疲れます。
ここの鳥居の正面、北東への道がその昔はメインの参詣道でなかったかと思われ、途中、大きな石の灯篭が二基あるのを見つけましたが、そこから下への道が不明で、前回は迷いました。
リベンジしようと思っていますがいつのことになるやら。

猫山から鷹丸山への尾根道は、NPOの方が笹刈りをしたと聞きました。



22421.城山・猫山・高見峰・鷹丸山情報
名前:童夢    日付:2014年02月16日(日) 20時28分
Original Size: 800 x 600, 140KB Original Size: 800 x 600, 140KB

猫山基部にあった、青山連峰と書かれた案内板はなくなっています。(青山の意味は不明のまま)

この連峰はいのししが多く、ワナも所々で見かけますので、ヤブ漕ぎする方は要注意。
エントツ山さんも前に猫山付近で、いのししに威嚇されたようですね。
私もやられたことがあります。

長くなりましたが、皆さんの参考になればと・・・
山桜が多い山なので、その時期が一番楽しめるかも。

エントツ山さん、またどこかでお会いするのを楽しみにしております。



22425.Re: 城山・猫山・高見峰・鷹丸山情報
名前:エントツ山    日付:2014年02月16日(日) 23時01分
Original Size: 832 x 630, 354KB

次回予定周回路


童夢さん  今晩は
お久しぶりですね  最後にお会いしたのは裏寒風でしたよね
城山・猫山・高見峰・鷹丸山情報ありがとうございます
これは是非ともデータを保存させて頂きます

童夢さんの様に山を歩く人がそれぞれにマイ・エリアを持って歩き回って欲しいですね
私の場合は国分寺の山々と生まれ故郷、新居浜の裏山です

GPSのトラックログが一番説得力のある情報ですね
いくら言葉を並べてもこの地図ログには敵いません

私が猫山・高見峰・鷹丸山辺りを歩いた時にはまだGPSなどは無く地図とコンパスでの歩きでした
そのルートは大体合ってはいるのですが正確ではありません

猫山では台風の大崩壊地があり、登山道が寸断されており、そこを下がって迂回をしようとしたのですが
崩壊地の中州に下りてしまいヤバい思いをしました
猫山では確かにイノシシの威嚇と姿を見ましたが、鷹丸山の方がイノシシが多い印象でした

今度は城山からの周回を考えております

又山でお会いしたいものです
貴重な情報 ありがとうございました

エントツ山

http://www11.ocn.ne.jp/~harakohj/


22418.堂山の雪景色〜 返信  引用 
名前:え〜ちゃん    日付:2014年02月14日(金) 20時01分
Original Size: 640 x 480, 62KB Original Size: 640 x 480, 52KB Original Size: 640 x 480, 89KB

エントツ山さん、こんばんは!

三嶺へ一人で避難小屋泊の登山でしたか!凄いですね〜でも、山での夕焼け・朝焼けの景色は素晴らしいですね〜!
先月に国見山へ登って帰りに温泉で三嶺で小屋泊まりの人と逢って話を聞くと小屋の入り口の雪をのけるのが大変だったと話していました!

今朝は2回目の里山雪景色になりました、午後から雪が止んだので登って来ましたが、多くの人が登って来ました、
明日は恒例の堂山〜勝賀山縦走が有りますがどろ〜になります(私は不参加です)

今日の堂山と昨日、中間の三角点確認して来ました、



22419.Re: 堂山の雪景色〜
名前:エントツ山    日付:2014年02月14日(金) 22時23分
Original Size: 900 x 675, 151KB Original Size: 1024 x 768, 152KB Original Size: 900 x 675, 148KB

三嶺避難小屋お泊り用具  この景色を見に行った  二等三角点「三嶺」(みうね)


え〜ちゃん  今晩は

今日は朝から雪でしたね
自宅から見る堂山もガスっていましたが真っ白でしたね
午前中に新居浜へ行く予定でしたが高速が雪で閉鎖になり夕方まで様子を見ていました
全面開通になったのは夜だったので明日出かける事に変更しました

雪が降ると電車や飛行機、高速道路などの交通機関がマヒして大変ですよねえ


三角点「中間」(なかつま)は果たして杭が打てる場所か定かでは無く、もし畑の中にあったら
地主さんに申し訳が無い
幸いにして舗装道の傍らにあり、周囲をセメントに覆っていたのでちょっと土を払って杭を打たせてもらった

まあ、散歩コースの堂山・六つ目山辺りにあったからちょっと固執してみました

三嶺の避難小屋は一人で使うには広すぎてツエルトを張った方が落ち着いたかも・・・
風が強い時は避難小屋が助かるよね

夜中には風も収まり月明かりに浮かぶ三嶺の風景は幻想的やった 
朝は良い天気で風が止み雲海がしばらく動きませんでした
夜の退屈さや寂しさもこの景色に出会えたら吹っ飛ぶわ

エントツ山

http://www11.ocn.ne.jp/~harakohj/


22401.軟弱登山 返信  引用 
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2014年02月11日(火) 22時20分
Original Size: 720 x 960, 105KB Original Size: 448 x 336, 107KB Original Size: 448 x 252, 62KB

エントツ山さん、こんばんは〜
週末に降った大雪に期待して日曜は伊予富士でスノーシューを楽しもうと行ってきました。想像以上の大雪にテンションは上がり、伊予富士の稜線をスノーシューで大喜びで歩きまわりました。稜線の後の急勾配でアイゼンにはきかえれば行けたのですが、出発が遅かったのと、スノーシューを充分楽しんだので、頂上までは行かず下山。ダーリンは頂上まで行きたかったようですが・・・まあ、山は逃げませんから。お約束の山食は、稜線の景色のいいところでチキンラーメンとえびちくわなどなど。剣でバーナーが弱くて時間かかったので山専ボトルのみで食べれる物にしました。

そして今日は早起きして高曝へ行こうとしたのですが、途中から除雪されてない道路になり、かなりの雪。おまけにJAFまで出動して行ったので、ちょっとヤバいかもと、急遽寒風山へ変更。登山出発が11時ちかくになってしまい、3つの梯子を越えて北斜面に下りる手前で、下山してきた方に、ここから先は危なそうなので引き返して来たよと言われ、時間も遅かったので、今日はこれまでと引き返し、風の当たらないところで山食しました。今日は簡単にホットサンドとコーンスープにレモンティー。すっかり温まってそそくさと下山して片づけしていたら、ストーンリバーさんたちが下山して来られました。思わぬ出会いに喜びながら、ストーンリバーさん達がいらっしゃったなら頂上まで行けば良かったな〜と少し後悔。

二日とも頂上踏めずの軟弱登山でした。
ダーリンとも長い付き合いで、明日は結婚25周年記念日です(笑)

写真は伊予富士方面。



22402.Re: 軟弱登山
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2014年02月11日(火) 22時21分
Original Size: 448 x 252, 54KB Original Size: 448 x 252, 74KB Original Size: 448 x 336, 87KB

本日の寒風山方面の写真です。



22404.Re: 寒風山
名前:ストーンリバー    日付:2014年02月11日(火) 23時28分
Original Size: 640 x 426, 87KB Original Size: 640 x 426, 88KB Original Size: 640 x 426, 86KB

エントツ山さん 今晩は。

今日は寒風山へ登って来ました。

昨晩、寒風山トンネルのライブカメラを見ると雪が降っていて道路は真っ白。
登山口まで行けるか心配でしたが、林道の新雪は20cm位で大丈夫でした。
朝、R194はアイスバーンでスリップしたトラックもいました。
帰路は除雪されて雪はありませんでした。

今日の新雪はフワフワで固まらずアイゼンが効かないし
木の枝が登山道を塞ぎ歩きにくいし大変でした。
山頂近くのトラバースでは恐くて写真を撮る余裕がありませんでした^^;
でも、たっぷりの雪山へ登れるのが嬉しくて楽しかった。
高知県側は良い天気、愛媛県側はガスがありましたが
時々、ガスが晴れて青空〜キラキラ輝く樹氷が見れました。

ゆ〜ちゃん 今晩は。

今日は久し振りにお会い出来ましたね。
高瀑までの林道は雪が深かったのですね〜残念ですが無理は禁物です。
また、良い時に挑戦してくださいね。
私も見に行く機会を待っているのですが…なかなか大変そうですね〜



22409.Re:硬派登山
名前:エントツ山    日付:2014年02月12日(水) 19時17分
Original Size: 900 x 506, 159KB Original Size: 900 x 675, 152KB Original Size: 1024 x 768, 156KB

貧しい食糧    水が氷っちゃって大変だった  お祝いに氷の花束プレゼント


ゆ〜ちゃん  今晩は

先ずは結婚25周年おめでとうございます
これからも夫婦仲良く仕事に遊びに人生を大いに楽しんで下さい

伊予富士と寒風山のレポありがとう
チキンラーメンとえびちくわ あったまりそうやねえ
ホットサンドにコーンスープもいい取り合わせやわ

こちらはペペロンチーノと蓋付きの金ちゃんヌードル、それにふんわり鳥だんごスープよ
厳冬期なのでアルコールストーブや固形燃料では心もとない
それで長い間使用途中で処分に困っていたガスボンベ2本とガスストーブを持って行った
ところが! ガスが少ない上に気温が低いのでうまく燃焼しない
雪山で凍死寸前の友を「眠っちゃダメだ!」って揺り起こす様にガスボンベをゆすり続けたわ

それでも1本はダメ
2本目も心もとない揺らめきを何とか揺すってなだめてぬるいお湯が出来た〜
折角風に蓋を飛ばされない避難小屋の中なのに金ちゃんヌードルは諦め、ふんわり鳥団子スープを相伴
・・・朝に備えてガスボンベと添い寝したわ  色気あるだろ

ところが!
朝、給水バッグとペットボトルの液体がカッチンカッチンに凍っている
あ〜〜 ペットボトルとも添い寝せにゃならなんだ・・・
何とかシャーベット状の液体上澄み部分をモミモミしてお湯を沸かし金ちゃんヌードルにありつく


まあ 私の軟弱山食物語ってこんなもんよ

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/satoyama5ootakamihouryuozantakamaruyamanekoyama.html



22410.Re: 三嶺登山
名前:エントツ山    日付:2014年02月12日(水) 19時28分
Original Size: 1024 x 744, 153KB Original Size: 900 x 675, 152KB Original Size: 1024 x 768, 152KB


ストーンリバーさん  今晩は

相変わらず冬場も元気に山歩きされてますね
こちらはいやしの温泉郷から三嶺に行ってきました

一泊とは言え冬場のお泊り装備は10kg程になり、登り坂で喘ぎました
趣深山さんのトレースだけが頼りと思ってましたが、徳島から2人と徳島のカモシカクラブの団体さんが
しっかりしたトレースを付けて下さり大いに助かりました

いやしの温泉郷コースは植林地帯がほとんどなのであまり好きではありませんが、冬場は安全なので
よく利用されているみたいです

テント泊と違い避難小屋の床が平らなので寝心地はいいです
寒さは対策を講じてダウンの上着を準備しており、又避難小屋には予備の銀マットやシュラフが常備されて
いましたので下に敷かせて貰いました

今朝はあまり風も少なく穏やかな朝焼けを眺める事が出来ました
山に泊まるっていいですねえ

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/satoyama5ootakamihouryuozantakamaruyamanekoyama.html



22413.Re: 軟弱登山
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2014年02月13日(木) 00時15分
エントツ山さん、こんばんは〜

エントツ山さんは、三嶺の避難小屋泊でしたか。
この寒さの中、やっぱり凄いですね。ご無事で何よりです。
使いかけのボンベ、この季節は本当に期待を裏切ってくれますよね。
先日の剣山でのラーメン鍋でもなかなか湧いてくれず、しびれを切らして念のため持ってきていた新品のボンベに取り換えて作りました。
暖かい時期なら何事もなくがんがん沸かしてくれるのに・・・
{雪山で凍死寸前の友を「眠っちゃダメだ!」って揺り起こす様に}は最高です!大爆笑でした。
ペットボトルの水が凍るとは・・・本当にご無事で何よりです。

ストーンリバーさん、こんばんは〜

久しぶりの偶然の出会いで、短いながらも嬉しい時間を過ごすことができました♥
いつもご夫婦仲良く登山されてる姿を見て、私たちもず〜っとこうでありたいと思っています。素敵な先輩とまたどこかの山で偶然お会いできることを楽しみにしていますよ〜


22414.Re: 山はいいねえ
名前:エントツ山    日付:2014年02月13日(木) 07時55分
Original Size: 640 x 480, 153KB Original Size: 640 x 480, 154KB Original Size: 640 x 480, 157KB

三嶺で先行ラッセルをして頂いた徳島の方達 


ゆ〜ちゃん
ダーリン   おはよう


山で泊まるってゆ〜ちゃん達も涸沢で経験してるよね
私も日本アルプスでテント泊をして良い経験になりました

そこで去年は四国でのテント泊を2度程トライしてみました
四国でも1900m程の山頂だと夕焼けや朝焼けが美しい
山に泊まると日帰りよりはその山とより親しくなった気分になれる

三嶺の避難小屋でまさかペットボトルや水がカチンカチンに凍るとは考えてなかったわ
冬山テント泊で靴を抱いて寝たりするのがわかるね
長い夜を独りで過ごすには退屈なので食事を作ったりお酒を飲んだりする気持ちがわかります


さて、折角の結婚25周年って事で替え歌進呈〜

懐かしいシャネルズの「ランナウェイ」で 「「ヤマショク」



   ヤマショク とても好きさ  ♪  (ヤマショク ♪)

          食材 運んで 登るよ  ♪

二人だけの 雪の世界へ  ♪

    スノーシュー履いて 伊予富士へ  ♪


二人 連れ添い 25年  ♪

      あっと言う間の 年月(としつき)に  ♪

愛を確かめ 作るチキンラーメン   ♪

          添える おかずは えびちくわ  ♪


   ゆ〜ちゃん とても若いぜ    ♪

          ダーリン カッコいいわよ   ♪


   二人だけの 雪の世界へ   ♪

          高瀑諦め 寒風へ   ♪



***************************

ストーンリバーさんみたいに息長く二人で山歩き続けなさいよ〜〜


エントツ山

http://www.youtube.com/watch?v=36Mj0A4VFaQ



22415.Re: いやしの温泉郷コースから名頃へ下山
名前:おじょも    日付:2014年02月13日(木) 15時05分
Original Size: 1024 x 576, 178KB Original Size: 1024 x 768, 59KB Original Size: 1024 x 768, 106KB

エントツ山さん  ゆ〜ちゃん ストーンリバーさん  今晩は
皆さん それぞれ 雪山を楽しんでいますね

私達も いやしの温泉郷コースから登り 名頃へ下山して来ました
今回 思っていたより 意外と 積雪が少なかったですね

厳冬期 テント内で 給水バッグ・ペットボトルを そのまま 出していると完全に凍ってしまいます
ですから 衣類などで包み込んでザックの中か シュラフの中へ・・・・

うっかりしていて ウエストポーチに入れていた コンタクトが凍った事もあります(保存液に入れています)

濡れた 手袋・靴下などは 懐に入れ 抱いて寝ると朝までには乾きます


エントツ山さん 広い避難小屋 一人で ゆったり寝られましたか ?
山の上で見る ご来光や 夕焼けは格別ですね


それから プロパンガスを入れて行くと 火力が全然違いますよ
厳冬期 ガスが無くなれば 洒落になりませんので 重くても 予備のガスは必要です




ブログです・・・・
http://ohara98jp.exblog.jp/



22416.Re: 記念替え歌
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2014年02月13日(木) 21時15分
エントツ山さん、こんばんは〜

昨日の結婚25周年、銀婚式にお祝い替え歌作ってくださりありがとうございます♥
今の私たちの山登りの光景が目に見えるようでいい記念になりました。
後5年、10年と経った頃には、どんな山登りをしているのやら・・・
そう思うとなんだか楽しくなりました。

おじょもさん、こんばんは〜

エントツ山さん、ストーンリバーさん、おじょもさん、他の方々も、大雪で危なっかしそうな場所でもガンガン行かれてるのを見て、ビビりの私なんぞは、まだまだ修行が足りんなあ〜
雪山はきれいで雪の中を歩くのも好きなのですが、滑って転げ落ちたら・・・とか、考えてしまうと(泣)
怖い所は無理なので、皆さんのブログを見て楽しませていただきます♪


22417.Re: おじょもさんもラッセル先行者だったのね
名前:エントツ山    日付:2014年02月13日(木) 22時08分
Original Size: 1024 x 768, 160KB Original Size: 900 x 506, 147KB Original Size: 900 x 675, 146KB

   三嶺の夕方     三嶺の夜中     三嶺の朝


おじょもちゃんちゃこ  わんばんこ

あれま おじょもさん達も三嶺に先行されてたのね
名頃に下りたらしいけど山頂池からの下山トレースは完全に消えていたわ

大岩の辺りに複数のトレースが見えたので誰か来たんだと思ってた
連休だったらいやしの温泉郷の近くでテント泊しないで山頂泊もアリだったよね

夕方は強風で視界不良になりましたが、翌朝は素晴らしい天気でした
夕食の時に既にポカリスエットのイオンウォーター(薄い青色のやつ)は完全にシャーベット状態でしたが、
ポカリスエットの従来版(濃い青色)は栓を開けてない分は凍ってなかった

それと、飲み残しのペットボトルから凍っていくのが早いね
恐らく空気が入るとそこから急激に冷えていくんじゃろ

まさか小屋の中で水やペットボトルがカチンカチンに凍るとは思っていませんでしたわ
これは勉強になりました


ゆうちゃん 今晩は

「大雪で危なっかしそうな場所でもガンガン行かれてる」それっておじょも雑技団だけでっせ
私ら決して危ない場所には近づきませんぜ
まあ「無事是名馬也」 軟弱登山で息の長い山歩きが大事じゃね

エントツ山

 

http://www11.ocn.ne.jp/~harakohj/


22407.銅山越から東山まで 返信  引用 
名前:伊予の鈍亀    日付:2014年02月12日(水) 18時34分
Original Size: 800 x 533, 94KB Original Size: 800 x 533, 95KB Original Size: 800 x 533, 92KB

エントツ山さん こんばんは

今日は銅山越から東山まで行ってきました。
先日は西山、今日は東山。
近場ばかりしか行けていません。

先日、エントツ山さん、てんきちさんからご紹介のあった
スーパーかんじき、お手頃で良さそうだったので手にいれました。
使い心地は・・・
なかなか良かったです。
50センチ位の新雪でも、それなりに沈みはするものの足の抜けが
良く楽に歩けました。裏側の雪の付着はほとんどなく、ベルトの緩み
もペンチでしめておくと緩む事もありませんでした。
踵がもっと上下すると急登では楽だと思いましたが、つま先を踏み込む
登り方でカバーできるかなと思われました。
なんといっても、いい点はコストパホーマンスと軽量な点です。
女性には軽いのが有難いです。

今日は銅山越までトレースがあり、銅山越では北からトレースがあり、
それを追って行くと東山手前の左手小高い所でブッシュの中を谷へと
下っていました。そこで、真っ白い山々を楽しみながら昼食にしました。
ウィークデーでもあり登山者は我々だけでした。



22412.Re: 銅山越から東山まで
名前:エントツ山    日付:2014年02月12日(水) 20時08分
Original Size: 1024 x 768, 158KB Original Size: 900 x 675, 148KB Original Size: 900 x 675, 142KB

   三嶺の夜明け      山頂池の上で   スーパーカンジキの利用法


伊予の鈍亀さん  今晩は

この所 寒い日と暖かい日が交互に来るので、山に雪が減ったと思ったら一夜にして真っ白ですねえ
スーパーカンジキ 買われましたか  まあ値段の物ですわ

何だか頼りの無い固定紐ですが、本体の重量が軽いのでテキトーで事足りるんですねえ
私も長靴とスーパーカンジキで三嶺に登って来ました

まあ本当に雪が1mもある様な場所ではスノーシューでもダメな訳で、スノーシューが使える場所なら
取り回しが楽な分使えますわ

安いから鋲付き長靴で装着しましたが、特に穴や破損する事も無かったです
但し、長靴の甲部が結構柔らかいので紐をキツく締めると長時間使うと足の甲が少し痛くなります

三嶺避難小屋の入り口に雪が吹き溜まりアセりましたが、このスーパーカンジキがスコップ代わりに丁度良く
大活躍をしてくれました

スーパーカンジキ レポ ありがとうございました

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/satoyama5ootakamihouryuozantakamaruyamanekoyama.html


22386.弁天山 返信  引用 
名前:はるちゃん    日付:2014年02月09日(日) 20時25分
Original Size: 1000 x 663, 97KB Original Size: 1000 x 663, 96KB Original Size: 1000 x 663, 98KB

エントツ山さん今日はエヒメマラソンを横目に童心に帰ったつもりで離着陸する飛行機を愛でながら松山空港隣の弁天山へ展望の良い尾根道を西側の生石八幡神社から往復しました。
此の弁天山は我々年代の者にとっては憧れの的だった海軍予科練習生の誕生地が真下にあり旧吉田浜飛行場に隣接する山です。

私が若かりし候補生当時実弾射撃で入賞した思い出深い射爆場が真下にあり青春時代を思い起こすには事かかない場所です。

今の空港には当時の複葉練習機赤トンボと異なり離着陸するジエットの轟音には迫力があり化学の進歩を身近に感じながらの今日の山歩きでした。

はるちゃん



22392.Re: 弁天山
名前:エントツ山    日付:2014年02月09日(日) 22時33分
Original Size: 830 x 683, 159KB Original Size: 675 x 900, 157KB Original Size: 900 x 675, 156KB

弁天山の場所    堂山の影裏谷にあったクスドイゲ  


はるちゃん  今晩は

弁天山さんの棲家近くの山「弁天山」へ登られたんですね
飛行機はプロペラで推進するのが常識だと思いますが、ジェットエンジンで推進するってピンときません
あの巨体を浮かすために使う油の量は半端じゃないでしょうね

堂山の沢を這い上がっていると以前はるちゃんから紹介のあった「クスドイゲ」の群生に出会いました
初めてのルートはワクワクしますね

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/tozanki34inamura-higashione.html



22399.Re: 弁天山
名前:弁天山    日付:2014年02月10日(月) 23時30分
Original Size: 800 x 529, 143KB Original Size: 800 x 529, 142KB Original Size: 800 x 529, 144KB

はるちゃん、エントツ山さん 今晩は。

自分の実家の裏山の「弁天山」ですが、子どもの頃春になると母と一緒に蕨やぜんまい採りに、
また夏には連日のようにカブト虫を捕まえにこの裏山に入ったのが、自分の登山歴の始まりかもしれません。

はるちゃんの記事を見て、子どもの頃、今は亡き近所のおじさんが、
よく戦時中の話をしてくれたのを思い出しました。(当時、そのおじさんは少年)
吉田浜の海軍飛行場(紫電改で有名な343航空隊の基地でもあった)から
山の近くまで運んできた故障機のエンジンの試験運転をよく見に行っていたことや、
(本当かどうか分かりませんが、プロペラを回すと尾翼が浮くので、錘の代わりに飛行機の尾翼にまたがせてもらったら、ものすごい風で夏でも凍えるほど冷たかったとのこと)
山の上に対空砲の陣地があったこと等々。

おじさんが言うに、近くに射撃訓練場があって、戦中は旧軍、戦後はアメリカ軍が実弾射撃をやっていて、その跡地から掘り出した、38式小銃弾や13o機関銃弾、薬莢などを見せてもらったことも思い出しました。

長年、おじさんの言っていた射撃訓練場はいったいどこにあったのか疑問でしたが、それははるちゃんの言う「射爆場」のことでしょうか?
もし場所等をご存知ならは、是非ともお教えください。

話は変わって、昨日9日の日曜は天気がよく、皿ヶ嶺にするか迷いましたが、白糸の滝入口近くの林道をスタートに林道奥の谷沿いから東温アルプスの支尾根にある前善神、善神山、東温アルプス主尾根、陣ヶ森、上林峠近くの下山口(標識有)の白糸の滝入口の周回コースを歩いてきました。

ここは大木はそれほど多くありませんが、上に上がるにつれブナが多く、皿ヶ嶺に全く引けを取らない霧氷の宝庫で、写真の被写体が多いのと、雪(5〜10p位の新雪)でなかなか進まず、周回に7時間かかってしまいました。

このコースは一部急登があって少し怖いところもありますが、要所にロープや赤布のついた目印の竹竿が立てられるなど整備されており、橋本さんの友人で皿ヶ嶺登山道も同様に整備されている池川さんから紹介していただきました。(数年前に整備したとのこと)

地元の方々にとっては周知のコースですが、一般的ではなく、昨日も皿が嶺はそこそこの人数が登っていたようですが、昨日のこのコースは自分1人のみでした。
歩きがいのあるコースなので、ご紹介します。

@周回コース図
A善神山から見下ろす東温市井内地区の棚田
B霧氷のブナ林



22400.Re: 弁天山
名前:はるちゃん    日付:2014年02月11日(火) 13時59分
Original Size: 900 x 675, 98KB Original Size: 900 x 675, 146KB Original Size: 900 x 661, 97KB

弁天山さんはじめまして、貴方の記事を拝見すると一層昔を思い起こし懐かしい限りです、
私が言う射爆場とは現在のダイソー松山工場に隣接する海辺の標高49mの忽那山(くつな山)でカシミールにも名前が出ています、
此の射爆場は陸軍と海軍双方が使用していました従って此の山の斜面を掘ればワンサカ今でも実弾が出てくるものと思われます。

なほ対空砲の陣地と書かれていましたが今回も垣生山に向う空港に近い尾根で2箇所は確認しています、この様な戦時中の遺物は都会周囲の山には珍しくはありません、

高知の甫喜ヶ峰611mの三角点付近や其の近くには広い施設が未だ残っています、又善通寺の我拝師山頂には十数年前迄表示板等も
ありましたが今では戦争を知らない人にとっては変な穴ぼこにしか
見えないと思います。

日曜日は前善神山〜陣ヶ森経由で白糸の滝へ周回されていますね、
雪が多くて大変だったと思います、
私もこのコースを雪の時季と2回歩きましたが本当に良いコースです、

地元の皆さんのご尽力で開いて戴いた事に深い感謝をしています。

未だ歩かれていない方は是非どうぞ

はるちゃん



22405.Re: どうもありがとうございました
名前:弁天山    日付:2014年02月12日(水) 00時27分
Original Size: 800 x 531, 144KB Original Size: 800 x 531, 145KB Original Size: 800 x 531, 143KB

はるちゃん。射爆場の位置どうもありがとうございました。

私の実家は馬蹄形の弁天山に囲まれた現津田団地というところで、当時の飛行場や海に近い忽那山へ行くには、弁天山にさえぎられています。
おそらく、近所のおじさんは、当時子供ながら山を越えて、見物に行っていたのでしょうね。
おかげで長年の謎が一つ解けました

愛媛も探せば戦時中の遺物がたくさんありますね。
自分も戦後世代なので、はるちゃんのような大先輩方の実体験に基づく思いは当然ありませんが、その場に行くと何ともいえない感慨深いものを感じます。
今治の小島要塞跡、佐田岬要塞跡、そして愛南の由良岬要塞跡などがよかったです。

写真は、6年前、山渓の分県ガイド「愛媛県の山」の最後に紹介されている「由良山」経由で由良岬灯台に行った際に、たまたま由良岬要塞跡に立ち寄った時のものです。
(灯台から15分ほどかかったような記憶あり)

戦時中、来る米軍の本土来襲に備え豊後水道の守りを固めるため大砲をすえていたとのことで、戦後爆破処理されましたが、今も廃墟となって多くが残っています。

ものすごく風が強く、絶海の孤立した半島の先っちょですが、こんなすさまじい環境のところで若い兵隊さんが海を睨んで哨戒にあたっていたのですね。合掌。



22406.Re: 弁天山
名前:はるちゃん    日付:2014年02月12日(水) 15時22分
Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 663, 96KB

エントツ山さんクスドイゲの情報有難う御座います、
讃岐では時たま見かける事が出来る木なんですね、
愛媛や広島の(島しょ部)の山では38年間闊歩したが一度も
見たことがありません、私にとっては珍木です。

写真は今日の笠松山です。



22411.Re: 忽那山(くつな山)
名前:エントツ山    日付:2014年02月12日(水) 19時53分
Original Size: 900 x 675, 148KB Original Size: 900 x 506, 146KB Original Size: 900 x 675, 159KB

はるちゃん
弁天山さん  今晩は


忽那山(くつな山)には以前、三津浜に出張の時に登りました
北側、防波堤の端からシロガネヨシ(パンパスグラス)を掴みながら這い上がりました
上部は雑木と藪で確か三角点があって写真を撮った記憶があります

下山(?)は海側の岩場に下りてぐるっと回って元に帰りました
砲弾の空薬きょうなんかあると知ってたら探すんでしたわ

来島の小島(おしま)にある南部砲台跡には、波止浜から定期船で行った事があります
ここも設備跡が残されており丁度良い散歩コースになっております
善通寺五岳の筆の山のも砲台跡があり見たことがあります


「前善神山〜陣ヶ森経由で白糸の滝」コースは以前はるちゃんからしまなみ隊が歩き、是非行って下さいと言われてました
リップさんも去年歩いて掲示板にレポ頂いております


弁天山さん
東温アルプスは標高が低いですがブナもあり中々良いコースですね
霧氷も綺麗に出来るんですねえ

こちらも霧氷を見に三嶺に行ってました

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/satoyama5ootakamihouryuozantakamaruyamanekoyama.html


22403.修行! 串が峰 返信  引用 
名前:春ノ筍    日付:2014年02月11日(火) 22時37分
Original Size: 768 x 432, 69KB Original Size: 768 x 432, 62KB Original Size: 432 x 768, 36KB

エントツ山さん、みなさんこんばんわ。

久方ぶりとなる書き込みです。

前回書き込みからあんまり気合の入った山行をしてなかったので
投稿を自粛しておりました。
が、本日は久しぶりにちょいと藪をこいできたので投稿しました。

コースは摩戸の滝〜串が峰です。
先週末からの降雪で80cmほど新雪が積もっており、
道中、脛〜膝くらいまで埋まりました。
1200mから上の笹原が相当に歩きにくい状態になってます。

本当は上兜か物住頭まで行きたかったのですが、
串が峰までで6時間以上かかり、バテバテ。
おなかいっぱいだったので引き返してきました。

山を下りたら足がプルプル・・・限界でした。
修行せねば!



22408.Re: 修行! 三嶺
名前:エントツ山    日付:2014年02月12日(水) 18時37分
Original Size: 900 x 675, 149KB Original Size: 900 x 674, 160KB Original Size: 506 x 900, 151KB

三嶺避難小屋へ向かう    夕焼け、さぶい〜〜  夜中の修行(01時30分)  

三嶺は夕方から強風〜〜

タケノコちゃん  お久しぶり〜

何と串ヶ峰に行ったのね
おう!我が山頂標識も何とか持ちこたえているわい
ありがとうよ

BUT! あんなとこ、この時期に行く場所じゃないねんやでぇ
標識メンテナンスで行く人以外はあそこはアケボノかオオヤマレンゲの時期でよろしい

新居浜に帰ってあの真っ白な串ヶ峰を見て絶対冬はやめとこと思った
よくもまあ行く気になったもんじゃとて・・・

藪は手段であって決して目的に非ず!
ましてや冬場の藪は修行と言えども虚しい (まあ 心を虚しくするのが修行じゃけんど)

やっぱさあ、雪の時期、修行と言えば瓶ヶ森さんと三嶺あたりじゃないかのう

ちゅう訳で爺さんは昨日の昼過ぎに三嶺に出発して一夜を過ごして来た
夕方山頂は強風が吹いて寒いの何のって
避難小屋の前には雪がどっさり吹き溜まって「本日休業」の看板よ
そこを何とかってのれんを明けてもらったわ

タケノコちゃん
若い人が山を好きになって歩いてくれてるだけでも年寄は嬉しいのやんけ
少々気合不足の山歩きでもタケノコは頑張っておりますって報告しておくれよ

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/satoyama5ootakamihouryuozantakamaruyamanekoyama.html



ページ: |< << 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb