[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





24209.(untitled) 返信  引用 
名前:ヘキチョウ    日付:2015年01月27日(火) 13時50分
Original Size: 800 x 600, 150KB Original Size: 800 x 600, 146KB Original Size: 450 x 600, 150KB

エントツ山さん こんにちは

この日曜日四国百名山を一つでもクリアしようと、大洲の壺神さんに
行きました。白滝公園から滝めぐりからスタートしました。

ところで大変遅くなり恐縮ですが、はるちゃんさん卒寿おめでとうございます。
そもそもこの山を歩いたのも、はるちゃんさんに四国百山・百名山まだ半分くらい
と申し上げたところ「人生目標が必要です。是非達成して下さい。」と励まされた
からです。雪の寒風山を直登されたのを拝見して、ただただ感嘆しました。
 
白滝公園を抜けると壺神山とこれから歩く予定の鉄塔が目の前にどかんと
はっきり確認できたので、道の難しい山と聞いていたけど楽勝じゃんと
思いました。

ところがそこから三嶋神社へ進む道が早速わからず、そのあたりの畦道やら
林道やらを散々うろうろしました。正解は山の見える方向と反対の立派な
舗装道でした。
そのあとも分岐の度にどちらへ進むか地図を取り出し、ああでもないこうでもないと
と言い、鉄塔コースに入れた後も四国電力のありがたい目印を一部見逃し、大回り
するなどで、スタートから4時間半もかかって頂上に辿り着きました。

それでも、鉄塔めぐりは冬枯れの景色とふかふかの落ち葉の道が気持ちよく
あまり人気のない山のようですが、この季節に歩くのは正解だったようです。

下山は楽々と三嶋神社へ降りてきたので、よせばいいのに欲をだして、上りと
違う道を歩いてみようと、公園の東隣りの郵便局に降る道を三嶋神社から続く
とても快適な道をるんるんとご機嫌に下ると不意にその道は終了し、かろうじて
踏み跡のある藪っぽい細道へ。その道もそのうち途絶え完全な藪に。藪の隙間
から降り口のあたりが透けて見えるほど下ったのであきらめきれず、藪をあちこち
さまよい道を探しましたが、見つからず三嶋神社へ引き返しました。

結局この山に8時間半費やしてしまいました。やはり私たちは道迷い名人のようです。

滝の上からよく見える壺神山  このまま真っ直ぐ進めばよかったのです  鉄塔ごとにこんな写真を



24210.Re: たかが壺神山 されど百名山
名前:エントツ山    日付:2015年01月27日(火) 22時55分
Original Size: 732 x 601, 163KB Original Size: 700 x 525, 83KB Original Size: 600 x 800, 93KB

大体の壺神山登山ルート   壺神山の冴えない山頂    白滝は素晴らしかった


ヘキチョウさん  今晩は

今日は会議がありまして出勤となり、その後送別会で先程まで飲めないお酒を飲まされて千鳥足で帰って参りました


はるちゃんへのエールありがとうございました
昨年お会いした後、はるちゃんからヘキチョウさんの本名も聞いておりました

山歩きの究極の目標は健康やと思いますが他にも色んな目的がありますよねえ

四国百名山踏破へのチャレンジは四国の自然や地理を知る事もその成果の一つですわ

特にこの「壺神山」は地域の人々に親しまれて来た山ですが、そこを登る楽しみに欠ける四国百名山の一つです
私のパソコンに残っている壺神山のフォルダーにはほとんどこの山の写真は残っておらず、その時に行った白滝の紅葉と双海の本尊山の写真で占められております


三角点が無ければ山頂かどうかわからない様な山はトホホですよねえ
8時間半も歩けば大山に登れてまっせ

そう言えば、馬道の別れから獅子舞尾根へ進む分岐、ここには通せんぼの木が沢山積んでおり、左の木には笹ヶ峰方面への標識が掛かっております
ここで真っ直ぐ進んだんですもの 壺神山の林道に振り回されても納得〜〜

でも、私はこういう話が大好きですわ
又 すんなりいかないレポ待ってま〜す

エントツ
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-3-9fukuroyama-katsugasan.html



24215.Re: 稗己屋山情報
名前:はるちゃん    日付:2015年01月30日(金) 12時12分
Original Size: 800 x 590, 282KB

エントツ山さんヘキチョウさん平素からのご愛顧有難う御座います、

さて今朝目にした情報を今から稗己屋山へ登るであろう大勢の皆さんへお届けします、
之は今朝高知の知人から頂いた資料で本人の承諾は受けていないがあえて昨日の稗己屋山へ通ずる林道状況をお知らせ致します、

此の林道崩落で以前の登山口からは登れない状況です、
この付近の土質は脆く一端崩落すると数年間復興は無理です、
崩落現場は歩いても通れない状況で良く登山中に巻き込まれなかったものだと思います、
従って引き換えして下から登ったと地図を頂きましたので添付致します。

はるちゃん




24216.Re:天狗塚・牛ノ背情報その@
名前:むらくも    日付:2015年01月30日(金) 19時08分
Original Size: 600 x 400, 65KB Original Size: 600 x 400, 81KB Original Size: 600 x 320, 72KB

エントツ山さん こんばんは

ヘキチョウさんはじめまして ぶら下がらさせてください
はるちゃん 先日はお世話になりました 御陰様で楽しい時間を過ごすことができました。
わたしもはるちゃんと同じく林道情報で、山域は天狗塚と牛ノ背へ登られる方へのお知らせです。

昨日、牛ノ背・天狗塚へ登ろうとしたのですが、西山林道(林道阿佐名頃線)が2ヶ所工事中で全面通行止めになってました。
1ヶ所は昨年の10月から復旧工事をしてますので、ご存じの方が多いかと思いますが、もう1ヶ所は今年1月からの工事でしたのであらためてお知らせします。

先ずはその1ヶ所目ですが、西山林道最終民家を過ぎて、三叉路の東側(天狗峠登山口方面)直ぐのところで横断排水施設破壊の復旧工事が行われており、道には重機が置かれていました。
工事期間は写真のとおり、1月5日から未定となっております。
看板には天狗塚への登山の方はいやしの温泉郷より通行するようにとのことでした。

全面通行止め看板
工事の様子
工事カ所と思われる地図



24217.Re:天狗塚・牛ノ背情報そのA
名前:むらくも    日付:2015年01月30日(金) 19時21分
Original Size: 600 x 400, 95KB Original Size: 600 x 400, 98KB Original Size: 600 x 320, 58KB

もう1ヶ所ですが、堰堤東、天狗峠登山口西でその中間地点でしょうか、そこで法面工事が行われています。
遠目だったのではっきりとはわかりませんでしたが、林道上の方から崩れているように見えました。
工事期間は昨年の10月27日から今年の1月31日までとなってました。
従って工事@からAの区間は1月31日まで進入することはできませんが31日を過ぎると、@の工事が続くので、通り抜けはできませんが、いやしの温泉郷からは進入できるようになるかと思います。
なお、正確で詳しいことについては最寄りの役場へお問い合わせくださるようにお願いします。

工事の様子
天狗峠登山口西寄りに設置された看板
工事カ所の地図



24219.Re: 情報ありがとうございました
名前:ヘキチョウ    日付:2015年01月30日(金) 22時24分
エントツ山さんこんばんは
はるちゃんさん、そしてはじめましてですが、むらくもさん
情報ありがとうございました。

この掲示板を読まれている方で四国百山を目指す方は、大勢いらっしゃると
思います。毎日のように山を歩かれていて、道の色々な情報を知っている方も
多いとおもいますが、お二人のように皆さんにお知らせして下さる方がいて
下さって嬉しくおもいます。
 
皆さんはるばる、目的の山に登ろうと道を来て、崩壊したり通行止めだったら
くやしいですから。稗己屋山・・遠いけれどいつか行きます 


24222.Re: 高瀑林道・道路情報
名前:エントツ山    日付:2015年01月31日(土) 19時53分
Original Size: 692 x 800, 163KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 162KB

   高瀑林道トラックログ図     林道の雪状態      高瀑の滝登山口


はるちゃん ヘキチョウさん  今晩は

稗己屋山の登山口への林道情報ありがとうございます
「ひえごややま」は高知新聞社編集・発行の「四国百山」に取り上げられている山ですね

いかにも不便極まる場所に存在する為に四国百山に入っていなければ恐らく高知県人しかあまり知られていなかったでしょうねえ
勿論私は行った事がありません

新居浜に居る為に資料が手元にありませんが、確か千本山の途中から林道が分かれて行く二の谷林道ともう一つ和田山林道というアクセスもある様ですね

なにか営林署に連絡して林道に入るチェーンの鍵番号を聞いて車を乗り入れるシステムなんですかねえ

何にせよ四国百山制覇を目指す人にとっては有益な情報ありがとうございます



むらくもの兄貴〜   今晩は

西山林道の情報ありがとうございました
雪の時期、天狗塚へ行く場合国道筋から歩くのはいかにもしんどいですよね
いやしの温泉郷から逆戻りする林道も結構落石などもあり安心出来ませんが、こちらからのアクセスが必要なんですねえ

「登山口まで行けたら登山の8割は達成した様なもの」(エントツ山語録)
特に冬場は登山口まで到達出来ればホッとします

ピオーネさんのブログを拝見すると天狗塚の雪は少なそうですねえ


さて、こちらも林道情報を発信せにゃアカンと、まずNHK「まっさん」でエマが作文を読むシーンで涙して、お袋さんに食事を提供し「お茶がおいしいわ〜」と言われた後、09時に新居浜を出て高瀑林道の様子を見に行きました

西条の石鎚ロープウェイ分岐から右へ進む高瀑の滝への林道を適当に「高瀑林道」などと呼んでおりますが、私的には「高瀑肩こり林道」と名付けております

あの長くて酷い状態の林道を高瀑登山口まで到達するまでの運転で緊張して肩が凝るんです

この「高瀑肩凝り林道」は詳しく言うと
加茂川の国道192号線から石鎚ロープウェイ方面の県道12号線となります
河口(こうぐち)でロープウェイ線を右に分かれて県道142号線になります
ここまでは舗装されております

諏訪神社辺りで「林道・折掛石鎚線」となり石ころだらけの未舗装林道となりタイヤがパンクしないかと肩が凝り始めます
更に左岸から右岸へ変わる橋の手前で国有林の「林道・石鎚線」となり高瀑の滝登山口まで更なる肩凝り運転を強いられるハメになるのです


で・・・肝心の高瀑登山口までの林道状態ですが、今年は今の所雪も少なく信じられない程状態は良いです 凍結も本日の所見られません

高瀑の滝で会った「とっさん」もFF車でタイヤはスタッドレスで来られていました

滝の状態は8割方凍結状態と言う所でしょうか
中央部には流水が見られますがざっと見、迫力のある氷瀑が見られます
登山道も標識や整備がされており、10本爪アイゼンがあれば問題ありません (ピッケルは使用せずでした)

登山口から高瀑の滝まで私の場合1時間20分でございました

以上 私も負けずに林道情報をお送り致しました


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html


24218.寒風山の個人写真 返信  引用 
名前:はるちゃん    日付:2015年01月30日(金) 19時46分
エントツ山さんこんばんは、此の掲示板を拝借しますが宜しく、

えーちゃん13日の寒風山では色々と有難う御座いました、
実はエーちゃん撮影の写真で山頂での私の画像2枚が欲しいです、
出来れば生で送って頂けると有り難いです、宜しくお願い致します。

tokuharu@eos.ocn.ne.jp



24221.Re: 寒風山の個人写真
名前:エントツ山    日付:2015年01月31日(土) 18時57分
はるちゃん  今晩は

寒風山でえ〜ちゃんが撮ってくれた写真が気に入りましたか
良かったですね


え〜ちゃんにはるちゃんのメールアドレスを連絡しております
一眼レフで撮った写真なのでデータが大きく一括では送信出来ない様です

分割して明日直接送ってくれるそうです

まあ、こんな用件は次回からはメールで事が足りますので宜しく

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html

24211.手ごわかった低山 忽那山49.1m〜港山42.03m 返信  引用 
名前:カタックリ    日付:2015年01月28日(水) 16時55分
Original Size: 800 x 450, 83KB Original Size: 800 x 450, 89KB Original Size: 800 x 450, 88KB

エントツ山さん ファミリーのみなさん こんにちは!

昨日は のんびりと近場の低山 忽那山と港山に行ってきました。
家からウォーキングしながらの低山ゲットです。

忽那山までは 徒歩1時間程度で着きました。
ネットの情報では 恐るべし藪山と書いてあります。

さ〜て どうなることかしらと思って 挑戦です
な〜るほど どこから登ろうかと探します。歩き始めは 
初めから ドロボウグサの洗礼を受けて登ります。
ドロボウグサの正式名は コセンダングサ(小栴檀草)というそうな。
この年になって 初めて知った正式名でした。(驚きや〜無知なおばさん)

ゆるやかな斜面の北側から入りましたが 道は 全くありません。      
藪の中を釜と皮の手袋と上だけ合羽(ズボンを持ってきてたら完璧だった)の
で 茨と蔦に絡まれながら ガサガサ悪戦苦闘、標高49mを25分かかって登りました。
小さな城があったような平たい山頂ですが 草だらけです。西側は 海、北は太山寺方面 経ケ森、南に松山空港、
東には 弁天山、津田山、垣生山が見えます。                   

20分ほど飛行機の離着陸を見ようと待ってましたが 飛行機は飛ばず下りずなので下山にかかります。
歩いてきた道を下りました。                                  
やっと下へ降りて 10分ほどドロボウグサを取り除きます。皮の手袋ですると綺麗に外れてくれました。
左足を見ると茨でひっかいた痕が5〜6ケ所もありました。

次は 港山へ向かいます。三津の渡しに乗って(松山に来て40年になりますが今回2回目です) すぐ降りたところの山が港山です。
歓月山公園と名前がついていて 三角点のある山頂は遊具のある公園になっています。
うっそうとしていて子供は 遊べそうにありません。
帰りに寄ったお好み焼き屋の方の話によると 1年に1回は 盆踊りがあるそうです。                                                             

今日は5時間のウォーキング&ハイキングでした。三津のお好み焼きをいただいてお店を出たら6時前でした。
真っ暗で すぐ 近くに伊予鉄三津駅があります。                     
ひっさしぶりに電車でも乗って帰ろうと思って 車中の人になりましたとさ〜。
私は 電車に乗ることがないので 券売機もオロオロ、公共の乗り物は ヒヤヒヤドキドキです。(笑)
でも 楽し嬉しい空間です。

写真1・・・忽那山 たったの49mなのに・・・
写真2・・・山頂で釜と白い皮の手袋を持って・・・
写真3・・・港山全容



24212.Re: 新居浜の里山「郷山」(ごうやま)
名前:エントツ山    日付:2015年01月29日(木) 21時09分
Original Size: 900 x 868, 165KB Original Size: 1024 x 461, 164KB Original Size: 1280 x 345, 116KB

忽那山と港山(松山)       郷山ごうやま(新居浜)  郷山反射板展望所から赤石山系


カタックリさん  今晩は

昨日から東京の兄貴と交代して新居浜に来ています
「あ〜お茶が一番おいしい」と言われながら虚しい食事作りにいそしんでおります

忽那山は去年、弁天山さんが訪問(登るまでもない)された時にも言ったと思いますが、私も随分前に松山出張の際に行ってみました

取り付いた場所は1枚目の写真の様なコンクリートの突き当りでしたが、右手が海でしたので反対側からでしょうか
何せ藪がひどくて衣服を破いた記憶があります

忽那山ですからやはり忽那水軍の出城でもあったのでしょうかねえ
山頂部は結構平たく何か(軍事)施設のあった雰囲気を感じました
でも蔦やイバラが物凄い場所でしたねえ
天辺の大きな木が印象的でした

帰りは海側の岩場に滑り降りて潮が満ちて来ないか心配しながら帰りました
懐かしい場所です

港山の方は向かいの三津浜港の桟橋から「山中通船」という青い木造船に乗って沖の外国船へしょっちゅう行ってました
沖は結構潮が悪いと荒れて、港山の見える湾内へ帰って来るとホッとしたものです

由良湾でアメリカ松材を筏に組んで荷卸しするのですが、船が錨に蛸壺を引っかけたり、年末スクリューにワイヤーが絡まってダイバーを手配したり色んな事がありましたわ


こちらはカタックリさんに習い、今日昼から新居浜の里山「郷山」(ごうやま)に行ってきました
新居浜は国領川沿いの平野を囲むように西側には金子山、東側には郷山がカニの爪の様にせり出しています

私が小学校の頃だったでしょうか郷山に山火事が起こり、親父のバイクの後ろに乗って見に行った事を覚えています

50年ぶりにこの山へ行って見ると産業廃棄物焼却所やサッカー場やらが山の間に出来ていてすんなり縦走が出来ません

四電「郷山電波塔」から南側は豊受山・赤星山から沓掛・黒森山まで、西側は高縄山系が一望出来ました


里山歩きも楽しいものですね


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



24213.Re:郷山(ごうやま)の取り付き
名前:エントツ山    日付:2015年01月30日(金) 06時58分
Original Size: 1024 x 607, 198KB Original Size: 800 x 600, 143KB Original Size: 800 x 600, 127KB

郷山の取り付き図      鉾前神社の上には石鎚大神   郷山電波塔より金子山と高縄山系


新居浜人へのお知らせ

城下橋近くの三等三角点「郷山」へはハローズの駐車場を南に渡ると鉾前神社の境内がありそこから鉾前神社〜石鎚大神〜三角点のピストンがお勧め

郷山最高点の三等三角点「郷」へは新居浜市営サッカー場東隣にある霊園駐車場から「林道・郷山頂上線」(未舗装)を東に歩いて行き止まりまで行き、そこから続く四電鉄塔保線路が郷山電波塔まで続いています

三角点へはそこから北側に10分ほど尾根を進めば到達します
天気の良い日は赤石山系の眺めが抜群です

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html


24202.なかなか手ごわかった、六甲全山縦走 返信  引用 
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2015年01月25日(日) 23時05分
Original Size: 800 x 450, 154KB Original Size: 800 x 450, 135KB Original Size: 800 x 450, 162KB

エントツ山さん、こんばんは〜

晴天の土日2日間でダーリンが1度は行ってみたいと言っていた「六甲全山縦走」へ行ってきました。

スタートは須磨浦公園駅、ゴールは宝塚駅で、須磨アルプス、階段ばかりの直登の山など何度もピークを越えて、ハードな麻耶山、そして六甲最高峰。後はなだらかな下り、最後は疲れた体にムチ打つアスファルトの急勾配の下り坂の道のりでした。

1日目は麻耶山まで行き、麻耶ロープウェイで一度下山して宿に泊まり、翌日また麻耶山まで戻り、再スタートでした。ロープウェイの始発が10時だったのですっかり2日目のスタートが遅れてしまいましたが、なんとか明るいうちに下山できてよかったです。

1日目25q 2日目21q  計46q
累積標高(+)3131m
累積標高(−)3006m

初めてでコースタイムが読めず、とにかく距離があるので、行動食を歩きながら食べて、ほとんど休まず歩きっぱなしでした。
泊まりの荷物やコーヒータイムのガスボンベなどで、そこそこの荷物でしたが、このルートはみんな本当に小さいリュックで楽チンスタイルの方ばかりでした。リタイヤできる下山ルートや楽チンロープウェイがたくさんあるからかもしれませんね。不要の荷物を六甲山の店から宅急便で送ったので、随分楽でした。

市街地や車道も歩くので、ガッチリ登山靴よりローカットのバイキングシューズにしたのは足が辛くなく良かったです。終始案内板が出ていたので迷うこともなく、危険なところもなく、ただ長く歩き続けるコースでした。

ヘロヘロになりましたが、なんだかまた自信がついた二人です。



24203.Re: なかなか手ごわかった、六甲全山縦走
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2015年01月25日(日) 23時06分
Original Size: 800 x 450, 164KB Original Size: 800 x 450, 161KB Original Size: 800 x 450, 162KB

写真の続きです



24206.Re: なかなか手ごわかった、六甲全山縦走
名前:エントツ山    日付:2015年01月26日(月) 21時12分
Original Size: 675 x 900, 164KB Original Size: 1024 x 773, 164KB Original Size: 589 x 619, 120KB

はるちゃんを先頭に勝賀山へ  六甲全山縦走概念地図


ゆ〜ちゃん
ダーリン   改めまして今晩は

月曜日は19時30分からBS日本百名山「空木岳」の再放送
20時から45分間はNHK鶴瓶の家族に乾杯を見てからの事になりますんで

阪神の里山、六甲全山縦走 お疲れ様でした〜
この週末の土、日と天気が良かったので最高の縦走日を予報士が選びましたね

こちらもはるちゃん達と気持ちの良い里山歩きが出来ました
私が行こうとする所はすべて伊予の鈍亀さんやゆ〜ちゃん達に先を越されるわ
六甲全山縦走っていい響きやね
都会の匂いがするし15時間ほどのハードな歩きらしいよね

この時期に縦走はどこかで一泊しなきゃ無理や
縦走の途中で麻耶ロープウェイで大都会に下りてまた翌日再出発ってのもギャップが面白い

私も麻耶ロープウェイは学生時代も含めて2度、六甲山は有馬温泉側から2度行った
それぞれの山頂ではゆ〜ちゃんの言う様に小さ目のザックを背負った登山者に沢山出合った  あそこではザックに登山の格好がトレンディみたいね

行動食を歩きながら食べて、ほとんど休まず歩きっぱなしってのはまさに私の山歩きにピッタンコじゃ〜

数年前から地図を買って準備してるんだけどまだ行くチャンスを伺ってるだけだった  

質問〜
@ 須磨公園か塩屋駅前などに無料駐車場がありますか
A 最初の住宅地、造成地などを通って行くと思うのですが、ここはわかり易いですか
B 縦走中、尾根筋に自動販売機がそこそこありましたか
C 麻耶山か六甲山辺りに野宿できそうな雰囲気の場所はありましたか
D 宝塚から須磨公園までは1時間程で電車で帰る事が出来ますか
E ダーリンが手にしている神戸市発行の六甲縦走ガイドブックは役に立ちますか

参考の為に教えて下さい


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-3-9fukuroyama-katsugasan.html



24207.Re: なかなか手ごわかった、六甲全山縦走
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2015年01月26日(月) 23時12分
Original Size: 800 x 450, 162KB Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 800 x 450, 159KB

エントツ山さん、こんばんは〜

六甲全山縦走に興味を持っていただき嬉しいです!

実は1日目ダーリンの計画では六甲山まで行き、有馬ロープウェイで有馬温泉まで下りて温泉に泊り、翌日ロープウェイでコースに戻り宝塚まで行く予定でした。しかし、時間的にもしかしたらロープウェイの最終便に乗れないと困ると思い、麻耶山手前で電話してみると、なんと、今月いっぱい点検のため運休していますと。え〜と頭真っ白になり、iphoneで調べると、麻耶ロープウェイと麻耶ケーブルを乗り継ぎ、そこからバスで三ノ宮に出ると地下鉄で六甲を抜けて有馬温泉には三ノ宮から40分で行けることが分かり急遽ルート変更したわけです。もちろん翌日は逆ルートで登山ルートに戻りました。

さて、ご質問の答えです。

@須磨浦公園駅には駐車場がありますが、平日最大1200円、土日は最大 金額が無いので高額になります。なので私たちは山陽電鉄4つ手前駅 の「東須磨駅」そばの「タイムス戸政」ですと、駐車して24時間最大
 500円ですので2日で1000円ですみ、東須磨から須磨浦公園は乗車時間 6分で確か190円くらいでしたのでそうしました。これが帰りの事を考 えてもお勧めです。

Aルートですが、スタートから迷うことのないように頻繁に「六甲全山 縦走路」の標識が出ていますので、問題ないと思いますが、ダーリン は、縦走マップからGPSにルートを事前に入れていましたので、より 安心でした。

B住宅地のいたるところや寺や茶屋、麻耶ロープウェイ、六甲山には自 販機はありますので、1リットルもあれば、後は補充できますが、住 宅地にはコンビニは無く、昼ごはんや行動食は持参してください。麻 耶ロープウェイや六甲山にはレストランなどいろいろあり便利です。

C麻耶山手前の市ガ原の河原はバーベキューもでき、すぐ上には茶屋や トイレ、自販機もありテント泊は出来ると思います。麻耶山も出来  ると思います。エントツ山さんの足ですと六甲山くらいまでは行け  ると思いますのが、六甲山は車道があってバイクなども走って物騒な 感じですので、「六甲山ホテル」は楽天トラベルで素泊まり5000円弱 くらいで泊れるのでお勧めです。2食付いても10000円弱だったと思い ます。

D宝塚から東須磨までは電車2回乗り継いで1時間くらいです。

Eダーリンのマップは「六甲全山縦走マップ」で大阪のある書店の独占 販売でネットなどでは手に入らず、直接その店に買いに行ったのもで す。市役所とかでは販売しているかもしれません。とにかくポイント ポイントの距離やアップダウン、トイレ個所なども載っていて凄く役 に立ちましたので、エントツ山さんのご自宅にお送りしますね。

以上ですが、もしテントや二日目に不要のものがあれば、私たちのように六甲山手前の車道にある小さな昔ながらの商店でクロネコ宅急便を取り扱っていますので、送るとずいぶん楽ですよ。

お役に立ちましたでしょうか?♪

写真は後半の標識と市ガ原の河原です。



24208.Re: なかなか役に立った六甲全山縦走質問への解答
名前:エントツ山    日付:2015年01月27日(火) 06時15分
ゆ〜ちゃん
ダーリン  おはよう

うんうん 役に立ったわ
詳しい説明ありがとう

なるほど やっぱり須磨公園には無料駐車場が無いんだ
この辺りの公園と同じに考えると現場でアセるよね

屋久島へ行く時も鹿児島に適当な駐車場をよう見つけられなくて高速船近くの有料パーキングに停めた為に随分高かった

命の水自動販売機があれば安心じゃね
北アルプスみたいに一本500円って事も無いからこれは気楽に現場補給出来ます

有馬温泉へ泊まったんや
あそこは太閤秀吉も入ったと言う金の湯なんかもあって山登りで使うのは時間的に勿体なかったねえ

テント泊はああいう場所では顰蹙(ひんしゅく)を買うので野宿でいいかなと思っていますが、イノシシが結構いるのでどうかなあって・・・

地図は神戸の親戚から送って貰ったのが手元にありますので送らなくて結構です 近くの知り合いが行く時に貸してあげて下さい

ちなみに神戸市役所で直接400円で買うか、
「株式会社 武揚堂(ぶようどう)」
TEL: 06-6941-4911
E-mail: osaka@buyodo.co.jp

と言う所に注文すると送料別で送ってくれます

加藤文太郎を意識して1日縦走などはきつすぎてまた勿体ない
いずれ一泊二日縦走を考えております 

大変参考になりました
ありがとうございました


エントツ山 
 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-3-9fukuroyama-katsugasan.html

24190.塔の丸 返信  引用 
名前:ヒコーキ1号    日付:2015年01月25日(日) 17時58分
Original Size: 800 x 600, 118KB Original Size: 800 x 600, 153KB Original Size: 800 x 600, 164KB

エントツ山さんこんばんは。
今日の山行きのレポの前にちょっと掲示板おかりします。

遅くなりましたがはるちゃん、卒寿おめでとうございます。
1度だけ無線機を通してお話だけさせてもらいながら未だにお会いできないですね。
昨日もエントツ山さんや沢山の山友と讃岐の里山を歩かれたご様子。今日トンちゃんからお話しをうかがいました。
はるちゃんの凄さは皆さんの書き込みを見ても全くその通りで今日もその話で持ちきりでした。
今年こそどこかのお山でお会いしたいものです。

と言う訳で今日はつるぎ乙女さんとの3年越の約束(塔の丸でスノーシュ―遊び)やっと行ってこれました。
と言ってもヒコーキ隊は初めての冬の塔の丸。ストーンリバーさんご夫妻やトンちゃん、D父さんも同行してくれお天気にも恵まれ賑やかな山行きになりました。

それにしても皆さんお元気ですね。SRさんと乙女さんは昨日は伊吹山。トンちゃんD父さんは讃岐里山。2日連ちゃんでお元気で歩かれています。皆さんはるちゃんの後を追いかけていますね。

山の冬景色。雪がかぶっただけで何故こんなに綺麗に見えるのでしょう。塔の丸からの展望も素晴らしかったです。



24192.Re: 塔の丸
名前:トンちゃん    日付:2015年01月25日(日) 19時23分
Original Size: 800 x 600, 130KB Original Size: 933 x 700, 138KB Original Size: 800 x 600, 117KB

エントツ山さん 今晩は

昨日はお疲れ様でした 細部にわたっての心遣い有難うございました

今日は急きょヒコーキ隊の皆さんやストーンリバーさんご夫妻 
つるぎの乙女さんと一緒に塔の丸へ行って来ました
去年のリベンジができ良かったです

第7カーブから登ってスキー場へ下りて来ました
工事中だったので邪魔をしないように手前の植林から急斜面を
這い上がりました
尾根に出るまではしんどかったですが去年のコースより時間は
かかりませんでした

塔の丸への尾根道は最高でした 矢筈系の山々と剣山・次郎笈
三嶺そして雲海に浮かぶ石鎚山の姿は感動でした
遥か彼方には大山も見えました

皆さんお陰で素晴らしい一日でした 有難うございました

塔の丸山頂
素晴らしい白と青の世界です
スキー場で大はしゃぎしながら楽しみました



24193.Re: 塔の丸
名前:ストーンリバー    日付:2015年01月25日(日) 19時45分
Original Size: 800 x 533, 90KB Original Size: 800 x 533, 88KB Original Size: 800 x 533, 90KB

エントツ山さん ヒコーキ1号さん トンちゃん 今晩は。 

昨日ははるちゃん卒寿祝いの里山歩き案内役をお疲れ様です。
大勢の山仲間で楽しくはるちゃんのお祝い〜心遣いが素晴しい!
私もはるちゃんのパワー頂けたように嬉しくなりました。

今日は気が合う仲間が久し振りに集まり和気あいあいと
笑い声が絶えない賑やかな塔の丸でした。

取りつきからの急登も雪が程よく締まってアイゼンが良く効いて登り易かった。
去年、トンちゃん達とラッセルに苦労した事が嘘の様です。
その思い出話に花を咲かせては大笑い〜
稜線に出てからは絶景を楽しみながらのんびりとスノーシューハイク
穏やかな天候に恵まれて稜線散歩が楽しめました。

今日ご一緒して頂いた皆さん、お世話になりました。
楽しかったですね。又よろしくお願いします。



24194.Re: 昨日は伊吹山へ
名前:ストーンリバー    日付:2015年01月25日(日) 19時49分
Original Size: 800 x 533, 89KB Original Size: 800 x 533, 90KB Original Size: 800 x 533, 89KB

昨日は伊吹山へ登って来ました。
朝早かったので林道の様子が分からないので、バンガローから登ったのですが、
下山時には最終林道登山口に車が4台止まっていました。

サラサラの新雪が30cm程あり、急坂やトラバースでは足場が滑って大変でした。
今まで登ったなかで一番苦労したかも。2時間40分も掛かってシラサ山荘へ。
先行者一名のトレースは此処までしかありません。
此処から山頂まではトレースがなくて新雪歩きが嬉しい〜♪

朝から良い天気で暖かいので霧氷が落ちていましたが、
周りの山々よりは霧氷が多く、さすがに霧氷の伊吹山です。
スノーシューで歩き回って霧氷を楽しみました。



24196.Re:昨日塔の丸でした
名前:ペーコ    日付:2015年01月25日(日) 20時43分
Original Size: 800 x 533, 87KB Original Size: 800 x 533, 87KB Original Size: 800 x 533, 84KB

エントツ山さん こんばんわ

天気予報がよかったので 土曜日に塔ノ丸へ行って来ました
最高の天気なのに 山頂には 一人しかおりませなんだ
みなさん はるちゃんと 里山を歩いていたから少ないんだ 納得!?

西風が強いので さっさと下山しましたが
途中 登ってくる人20名ほどに会いました

先週は 伊予富士から剣山系がよく見えましたが
今度は 石鎚方面が バッチリでした
あんなに はっきり、くっきり見えたのも 珍しいです

コースは 第七ヘアピンから林道最終〜塔ノ丸〜スキー場で
今日登った皆さんと同じでした
踏み跡あったでしょ

林道から登り始めると スノーシューが必要でしたが
稜線近くになると 雪がしまっていて 脱いだほうが 歩きやすかったかも



24205.Re: 雪山もいいなあ
名前:エントツ山    日付:2015年01月26日(月) 08時52分
Original Size: 900 x 675, 157KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB

 一番危険だった国道横断(袋山登山口)  犬に吠えられ・・・  バッテリは上がるわ・・・


ヒコーキ1号さん
トンちゃん、ダイヤモンド父ちゃん
ストーンリバーさん、おっさんストーンリバーさん
つるぎ今昔乙女さん
ペーコちゃん      今晩は


皆さん 塔の丸でしたか
確かにトンちゃん、ストーンリバーさん、つるぎ今昔乙女さんは何と連荘!
その元気さはまさにはるちゃんスピリットですね

先日にくきゅうさんから第七ヘヤピンからの取り付きは工事中で注意との報告がありましたが、皆さん迂回されて邪魔しない様に歩かれていますね

写真を見た感じ稜線は良く締まっておりスノーシューは要らない程の沈み込みですねえ
これは楽勝ですわ

ヒコーキ1号さんも冬景色が綺麗だと感じる様に「雪化粧」って言う位ですから女性が化粧して美しく化ける山バージョンですよね


こちらは晴天の里山をはるちゃんと歩いてきました
この山行で一番危険だったのは袋山の登山口は旧国道11号線を渡る場所でした
里山らしくカッパドキアも袋山も登山口の入り口がモーテルでございました

普段静かな里山に17名が歩いたものですから散歩中の犬もびっくりして吠えられました  さぞ怖かったんでしょう

下山口でははるちゃんの車がバッテリーが上がってケーブルを繋ぎました
この時間を利用して色紙に寄せ書きやコーヒーサービスがあったのでとても印象的な打ち上げとなりました

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-3-9fukuroyama-katsugasan.html


24195.大雪の桑瀬峠 返信  引用 
名前:Falcon    日付:2015年01月25日(日) 20時26分
Original Size: 412 x 550, 77KB Original Size: 550 x 412, 79KB Original Size: 550 x 412, 78KB

エントツ山さん、こんばんは。
週末はみなさん青空と雪山を楽しまれたようですね。
私の方も24日の朝、夜明けの霧氷と寒風山を横切る予定のISSを見よう
と、いつものパターンで出かけてました。
ところが予想外の積雪に最初からラッセル状態。結局朝日には間に合わず、
桑瀬峠にて力尽きた一日でした。峠までデポした車から約4時間でした。

1.桑瀬峠への道。ちょうど最後の沢辺り(ちょいちょい滑って降りてる所)
2.遠くの伊予富士方面
3.伊予富士を目指す一団



24204.Re: 里山風景
名前:エントツ山    日付:2015年01月25日(日) 23時10分
Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 160KB


Falcon さん   今晩は

又大雪ラッセルで桑瀬峠で力尽きたのね

ISS (International Space Station) 国際宇宙ステーションを見に行ったんだ
松山地方は24日 06時41分から北北西〜06時47分には東へ消えるちょっとの時間帯らしかったね

90分で地球を一周するんだからアッと言う間だね
よく中にいる人が目を回さないもんや

この宇宙の速さってピンと来ないけど、地球の自転速度が秒速466m、
地球の公転速度は何と秒速29.8kmだよ

我々は宇宙人に間違いないわ

この宇宙の景色・・・大事にしたいねえ

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-3-9fukuroyama-katsugasan.html


24177.はるちゃんと讃岐の里山を歩く (祝 卒寿) 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2015年01月24日(土) 17時53分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 165KB

国分寺のカッパドキア         袋山       勝賀山


今日は「はるちゃんの卒寿現役にあやかり隊」のメンバー16名で90歳のはるちゃんを先頭に国分寺のカッパドキアでウォーミングアップの後、袋山〜勝賀山の尾根縦走をして参りました

今治からは主役のはるちゃんとしまなみフラワーズ(池内・白石・古川)
高知からは織田、岡田、松下、吉村
香川で迎えたのはエントツ山、keitann、むらくも・ピオーネ、佐々連、やまももママ・やまももパパ、とんちゃん・D父ちゃん
総勢何と17名で里山のカラスを驚かせて来ました

08時30分から15時20分まで 約7時間弱のアップダウンが激しいコースをはるちゃんの元気を分けて貰いながら完歩致しました


コース企画者のエントツ山と致しましては普段歩かない踏み跡を外してしまわないかドキドキしながら案内役を無事果たせてホッとしております

参加の皆様 どうもありがとうございました
そして途中で色んな食料を配給頂いた皆様に御礼申し上げます

はるちゃん
楽しい一日をありがとうございました


エントツ山
http://i-section.net/software/shukusen/



24178.Re: はるちゃんと讃岐の里山を歩く (祝 卒寿)
名前:はるちゃん    日付:2015年01月24日(土) 20時37分
エントツ山さん今日は色々なご配慮有がとう御座いました、
お蔭で念願の袋山縦走ができて今日は満足感で一杯です、
又今日此の登山にご賛同頂いたピオーネさん、むらくもさん、keitann
さん、ヤマモモさんご夫妻、そうしてトンちゃんご夫妻、佐々連さん
本当に有難う御座いました、之は筆舌では表現出来ない感動を戴きました、
又高知の皆さん遠路ご参加頂き有難う御座います、改めて持つべきは友なりの格言が思い起された今夕です。

皆さんから頂いたご厚意は生涯忘れるものではなく又別れ際に頂いた皆さんからの寄せ書きの色紙は私の生涯の宝物として保存しあの世迄持って行く所存です、

有難う御座いました。

はるちゃん


24179.Re: はるちゃんと讃岐の里山を歩く (祝 卒寿)
名前:え〜ちゃん    日付:2015年01月24日(土) 21時33分
Original Size: 640 x 427, 91KB Original Size: 640 x 427, 71KB Original Size: 640 x 427, 81KB

エントツ山さん、皆様、こんばんは!

今日は参加出来なくてごめんなさい<(_ _)>
せっかく、はるちゃんが我が地元の香川の里山へ来ていただいたのに残念です!
17名とは大勢でしたね、香川からは9名もの参加、その中に入れなくて残念です〜!
はるちゃんの卒寿をお祝いするような佳いお天気でしたねぇ〜案内役のエントツ山さんもご苦労様でしたね!
しかし、袋山から勝賀山まで縦走しましたか・・凄いですね!

私は前からの計画で今日は淡路島の黒岩スイセン郷と論鶴羽山(ゆずるはやま)登山でした!
こちらも天気が良くてスイセンも咲いてて見頃でした!

今日のスイセンと淡路島の最高峰です、



24182.Re: はるちゃんと讃岐の里山を歩く (祝 卒寿)
名前:ピオ−ネ&むらくも    日付:2015年01月24日(土) 22時24分
Original Size: 640 x 427, 287KB Original Size: 500 x 333, 195KB

エントツ山さんこんばんは〜♪

「はるちゃんの卒寿現役にあやかり隊」に参加させていただき
ありがとうございました。

お一人でコース企画から登山道の草刈に至るまで
いろいろご配慮いただき、お疲れ様でした。

足元の悪い所や急登急降下もしっかり歩かれるはるちゃんに
みんな元気をもらい、今日の一日は忘れられない一日となりました。

はるちゃんには、ますますお元気で生涯現役で歩かれ、
またご一緒できることを楽しみにしています。

エントツ山さんには本当に本当にお疲れ様でした。
ご一緒していただいた皆さんありがとうございました。

国分寺カッパドキアを下られるはるちゃん
大岩で食事のはるちゃん達



24183.Re: はるちゃんと讃岐の里山を歩く (祝 卒寿)
名前:keitann    日付:2015年01月24日(土) 23時14分
Original Size: 1070 x 833, 76KB Original Size: 800 x 600, 83KB Original Size: 800 x 600, 125KB

エントツ山さん、はるちゃん、そして、今日一緒に登ってくださった方々、お疲れ様でした。


はるちゃんには2009年の天狗塚〜牛ノ背でたまたま一緒に歩かせてもらったのですが、その頃とちっとも変らない
歩きぶりに驚くやら嬉しいやらでした。
また高知の織田さんとの再会など、山を歩けば嬉しいことがいろいろありますね。

エントツ山さん、前日のヤブの刈り込みやら準備等、お世話になりました。
私たちは当日に出かけていくだけで、あまりお役に立てませんでしたが、次回、はるちゃんが
讃岐においでになる際は、いも炊きかトン汁ぐらいで歓迎したいですね。

それまでなんとかはるちゃんにあやかって、元気で山歩きを続けていたいものですね。

画像は私らしく、袋山登山口で見かけた白梅一輪

        カッパドキアからの素晴らしい眺め

        赤子谷でいったん車道に降り立った一行

        
        



24184.Re: はるちゃんと讃岐の里山を歩く (祝 卒寿)
名前:佐々連    日付:2015年01月24日(土) 23時59分
Original Size: 627 x 486, 88KB Original Size: 648 x 486, 100KB Original Size: 648 x 486, 100KB

エントツ山さん 今晩は!

今日は大変お世話になりました。
山行計画、藪刈り、道案内、カメラマン本当にお疲れ様でした。
おかげさまではるちゃんを始め皆様と楽しく歩けました。

エントツ山さんのHPでカッパドキア、袋山〜勝賀山を知っていましたが、
歩いたことが無く、今日は思わぬ機会に恵まれて最高の一日でした。
はるちゃんとは5年前東赤石頂上でお会いして以来ですが、
相変わらずお元気で嬉しい限りです。

エントツ山さん、はるちゃん、皆様とまたお会いできる機会を楽しみにしています。
ありがとうございました。

集合写真を撮るはるちゃん
三脚持参のエントツ山さん
美しい雑木林の縦走路



24187.Re: はるちゃんと讃岐の里山を歩く (祝 卒寿)
名前:高知組代表 織田    日付:2015年01月25日(日) 13時06分
Original Size: 800 x 533, 95KB Original Size: 800 x 533, 88KB Original Size: 800 x 533, 91KB

エントツ山さん、皆さん、こんにちは。
昨日はお疲れ様でした。

エントツ山さん、カッパドキアの藪刈、引率、盛上げ等ありがとうございました。
おかげさまで楽しい山行ができました。

はるちゃん、いつも山へご一緒させていただきありがとうございます。
今後も元気を分けてください。

keitannさん、お久しぶりでした。
ニアミスもあったようですので、又山で会いたいものです。

それにしても、山中ではミカンやらお菓子やらがつぎから次と出てくるし、下山すればコーヒーにケーキ、帰ろうとすると盛大なお見送りにはただただ感激でした。

山もよかったですが、参加された皆さんも素晴らしかったです。

昨日お会いした皆様、まことにありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。


画像はカッパドキア
   縦走路の痩せ尾根
   keitannさんに教えてもらったヒメオドリコソウ



24188.Re: はるちゃんと讃岐の里山を歩く (祝 卒寿)
名前:労働者カマタマ    日付:2015年01月25日(日) 13時06分
エントツ山さん、コンチワ!
ずいぶん大勢の皆様が参加されたんですね。
地元なのに、お仕事で参加できず残念至極であります。
次の機会には是非!と思っております。
本日も勤務中(昼休み中)のkamatamaでした。


24189.Re: はるちゃんと讃岐の里山を歩く (祝 卒寿)
名前:やまもも    日付:2015年01月25日(日) 17時04分
Original Size: 800 x 600, 149KB Original Size: 800 x 600, 149KB Original Size: 800 x 600, 152KB

エントツ山さん こんにちは

昨日は大変お世話になりまして ありがとうございました

はるちゃんとご同行できる機会はないものと思っていましたので
「はるちゃんの卒寿現役にあやかり隊」にまぜて頂きまして
夢のような嬉しい一日でした

5年前の土小屋で はるちゃんをお見かけして嬉しくてお声を
掛けさせていただきましたが 憶えていてくださり感激でした
その時とお変わりないお姿に憧れも強く感動いたしました

ご一緒いただきました皆様 いろいろとありがとうございました
またお会いできますこと 楽しみにしております

これからもよろしくお願いいたします


2010年10月 土小屋での思い出の写真です

http://www.geocities.jp/goma_miho_manngekyou/



24191.Re: はるちゃんと讃岐の里山を歩く (祝 卒寿)
名前:トンちゃん    日付:2015年01月25日(日) 18時51分
Original Size: 533 x 400, 108KB Original Size: 533 x 400, 117KB Original Size: 533 x 400, 70KB

エントツ山さん 皆様 今晩は

昨日は はるちゃんの卒寿御祝いで讃岐の里山歩きに参加
させて頂きまして有難う御座いました
香川に住んでいながら知らない里山ばかりです
初めて歩いた袋山〜勝賀山の縦走は面白かったです

はるちゃんのように歳を重ねたいと思ってます
無理と思いつつ 少しでも近づけるように頑張りたいです

昨日ご一緒させて頂きました皆様 お世話になりまして
有難う御座いました
又何処かの山でお会い出来るのを楽しみにしております

カッパドキアにて
エントツ山さんからはるちゃんにお祝いの贈呈です
はるちゃんに心を込めて皆で書いたお祝いメッセージです



24198.Re: はるちゃんと讃岐の里山を歩く (祝 卒寿)
名前:エントツ山    日付:2015年01月25日(日) 22時06分
Original Size: 1000 x 674, 97KB Original Size: 1000 x 481, 95KB Original Size: 1000 x 663, 98KB

はるちゃんからメールで頂いたトラックログ図と写真


はるちゃん 今晩は

昨日はお疲れ様でした
国分寺カッパドキアと袋山〜勝賀山縦走 アップダウンの約6時間半 我々にも少しハードな行程でしたがしっかりと歩いてましたねえ

私のお袋は大正14年1月3日生まれで同い年で家の中では何とか歩けてますが外ではお寺参りも出来ません
もちろんパソコンもデジカメも無理です

この差は一体何なのでしょうか

私の山歩きスタイルとしては昨日の様に沢山の人と道を外さずに歩くのは苦手ではありますが、何せはるちゃんの卒寿祝いですから特別です

はるちゃんと歩きたい山仲間はまだまだ沢山おられるのですが、何せ香川の里山歩きの為お誘いする事が出来ませんでした

私の全ての山仲間を代表して一緒に歩かせて頂きました

ありがとうございました

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-3-9fukuroyama-katsugasan.html



24199.Re: 今日はカッパドキアの残置テープを回収に
名前:エントツ山    日付:2015年01月25日(日) 22時32分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 164KB

 残置テープを回収    カッパドキアから三角点へ直登   袋山北面の急傾斜


むらくもさん ピオーネさん
keitann さん
佐々連さん
織田さん、はちきんフラワーズさん
やまももさん、パパさん
とんちゃん、ダイヤモンドじいちゃん    今晩は〜


昨日は楽しい山歩きをありがとうございました

今日は朝、カッパドキアの藪刈り目印に取り付けていた残置テープの回収に行ってました
あそこは基本的にはルートファインディングを楽しむ場所なのですが、袋山〜勝賀山の主目的前に藪で皆さんが力尽きたらアカンと思いましてルートをはっきりしてシダやイバラやネズミサシを少しだけ刈らさせて貰いました

あの岩場は「凝灰角礫岩」(ギョウカイカクレキ岩)と言いまして1千万年前の火山活動で溶岩のかけらや火山灰が堆積したものです

讃岐にはこの様な地形は沢山あるのですが、ここみたいにパックリ裂けている場所は珍しいのです

今日、皆さんが歩いた後を辿ってみるとゴミ一つ落ちていませんでした
17人が歩いて何の痕跡も残さない山行は模範的で誇らしい事でありました

道を間違って藪に突入する日常性から品行方正な歩きをリードした為に大変気を遣って疲れ果てましたわ

又皆さんとは個人山行でお会いする事が出来ると思います
皆さんを代表してはるちゃんには「パーゴワークス」のチェストバッグをプレゼントさせて頂きました

沢山のご参加ではるちゃんも大喜び !  大成功へのご協力誠にありがとうございました

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-3-9fukuroyama-katsugasan.html



24201.Re: はるちゃんと讃岐の里山を歩く (祝 卒寿)
名前:エントツ山    日付:2015年01月25日(日) 22時57分
Original Size: 675 x 900, 162KB Original Size: 675 x 900, 163KB Original Size: 900 x 675, 163KB

蓮光寺山の角礫岩斜面から猪尻山    旧遍路道へ   旧遍路道入り口


え〜ちゃん
kamatamaさん   今晩は

はるちゃんにはkazashiさん(仕事) reiko さん(娘さんの結婚式でハワイへ)え〜ちゃん(淡路島) カマちゃん(仕事)から宜しくとの伝言を伝えております


え〜ちゃん 連絡の件ありがとうございました
淡路島はこの時期毎年水仙と七福神ベースキャンプツアーに参加してるんですね
一昨日行った五剣山からの瀬戸内海も綺麗でしたが、水仙峡の海も美しいわ

kamatama さん 
そうそう 我々の年金制度を支える為にしっかり働いてもらわにゃアカンぞね
袋山の北側急斜面は水気がある土質でとても滑り易かったわ


今日午後は中途半端な時間があったのでえ〜ちゃんとカマちゃんが行った国分寺旧遍路道を探りに行った
国分寺の東側へ続く遍路道を進むと池に沿って遍路道標識が右を差していた

ここを真っ直ぐ進み、右手に下がって行くと民家の横に「新遍路道」の矢印が・・・
と言う事はこの辺りが旧遍路道って言う事じゃわい
正面のお墓を抜けると荒れた道があり、石像が立っている
石像の前にある藪道はとても軽装備では進めなかった
石像の裏側にある道は比較的歩きやすく農道から続く旧遍路道へと続いていた

アンジーパパさんが先日歩いたのはこのコースじゃった

この冬の楽しみが出来たわい

エントツ山
  
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-3-9fukuroyama-katsugasan.html


24180.2年ぶりの石鎚へ 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2015年01月24日(土) 22時20分
Original Size: 900 x 697, 143KB Original Size: 900 x 680, 145KB Original Size: 900 x 650, 143KB

@ハイペースの筍コンビが行く A弥山にて B瓶が森方面。徳島の山々もくっきり

エントツ山さんこんばんは。

いつものテリオス軽が車検で、普通タイヤの嫁さんの車で行ける所ということで、
ロープーウェイ経由で2年ぶりに石鎚に行ってきました。

今日は登山客が多く、7:50発の臨時便に乗り込むと、そこには、やま&きぬコンビが…
もう一人の山の会の先輩とともに4人で山頂を目指すことに。

途中、ハイペースで追いついてきた2人組を見ると、なんと筍君と相棒の敏ちゃんでした。
昨年、笹ヶ峰山頂でばったり会って以来の再開でした。
春になるとポーランドに旅立つので、それまでに時間を惜しんでいろいろ山に行っている様子。

しかし今日は、雲一つないピーカンの天気で、残念ながら霧氷はほとんどありませんでしたが、
昨晩?降ったと思われる新雪も踏め、適度な気温と雪量で最高の雪山日和でした。

山頂で皆と分れ、雪の時期に行ったことのない天狗にも足を伸ばせて満足できる一日でした。



24181.Re: 2年ぶりの石鎚へ
名前:弁天山    日付:2015年01月24日(土) 22時23分
Original Size: 900 x 662, 145KB Original Size: 900 x 598, 145KB Original Size: 900 x 627, 143KB

追加写真です。
Cニノ森方面 D天狗にて E天狗から弥山



24185.Re: 2年ぶりの石鎚へ
名前:エントツ山    日付:2015年01月25日(日) 02時05分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 100KB

国分寺のカッパドキア

弁天山さん  今晩は

土曜日はいい天気だったねえ
朝車のフロントガラスが凍ってたので山は霧氷だと思ってたけど日中は温度が上がってそうでもなかったんですねえ

里山の青空を見上げながら「今日はみんな雪山楽しんでるんやろなあ」と思っておりました

山は高くても低くても尊いわ それぞれの良さがあるね

お〜〜  きぬちゃんも来てたんや (やまちゃんは石鎚で見飽きた)
それに東欧に飛ばされる前のタケノコちゃんと相棒敏ちゃんも来てたんや

こっちも凄かったぜよ
なんせ 里山へ17人だぜ  そこら辺の山ツアーより繁盛したわ
女性がいると山歩き中色んな食料が飛び出してお得だわ
それに登山が終わっても打ち上げのコーヒーと手作りケーキの接待や

雲早山〜高丸山縦走の時もつるぎ乙女さんやストーンリバーさん、トンちゃんなどから打ち上げコーヒーパーティをした事を思い出した

90歳の現役はるちゃんの元気の秘訣を聞いたら「女性と一緒に歩く事」やって・・・ちょっとタケノコ、敏ちゃん 聞いた〜!?


沢山の山仲間が居るっていいよねえ

エントツ山
http://i-section.net/software/shukusen/



24186.Re: 2年ぶりの石鎚へ
名前:toshi    日付:2015年01月25日(日) 10時49分
Original Size: 1024 x 685, 94KB Original Size: 1024 x 685, 90KB Original Size: 1024 x 683, 88KB

エントツ山さん こんにちは!
弁天山さん 初めまして。

昨日は今年2回目の石鎚でした。先々週は冬型でほとんど天狗は姿を
見せませんでしたが、昨日は朝からピーカンの天気で360度パノラマ
を楽しむことができました。霧氷がなかったのは残念でしたが。
めったにない好天気だったので、天狗までいきました。頂上では先客
がいらして、その方に写真を取って頂きました。その方が弁天山さん
だったのですね。ありがとうございました。この掲示板に出てくる方
が結構いらしたとは知らず、挨拶もせずに失礼しました。
弁天山さんの写真はとても鮮明で同じ日の写真を載せるのは気が引け
ますが、一応載せておきます。



24197.Re: どこでも石鎚へ
名前:エントツ山    日付:2015年01月25日(日) 21時52分
Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB

       冠尾根から石鎚を遠望

toshi ちゃん  今晩は

今回はバッチリの石鎚でしたね
昨年よりは鳥居が高いですから雪は少な目ですわ
だから鉄階段の難所も今年は今の所比較的安全ですねえ

toshi ちゃんの成就社写真はまるで石鎚が拝殿のすぐ後ろにあるが如く鮮明に見えてますねえ

誰かが土小屋からより成就社からの方がしんどいと言ってましたが、ロープウェイで成就社まで上がったら冬の石鎚も楽ちんですよねえ

ほう 弁天山さんに天狗岳で写真を撮って持ったのですか〜
縁は異なもの味なものですね

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-3-9fukuroyama-katsugasan.html



24200.Re: 2年ぶりの石鎚へ
名前:弁天山    日付:2015年01月25日(日) 22時44分
Original Size: 900 x 637, 144KB Original Size: 478 x 720, 145KB

toshiさん昨日はお疲れさまでした。
こちらこそ、この掲示板読者とは知らず失礼いたしました。
お互いに名前を知っていれば、もっとお話ができたのに残念です。

先週の笹、ちちで無理をしたせいか、昨日は下山後どっと疲れが出て、
今日は家でごろごろしていました。
2連荘の方もいらっしったようですが(筍君は今日は大山とか…)
自分にとってはやはり週一がベストかも知れません。


24176.冬は里山〜 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2015年01月23日(金) 21時47分
Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 675 x 900, 161KB

   五剣山

今日は四国中央市(土居町)の叔父さん(タッキー)が絵仲間と五剣山に来たので案内して岩尾根を歩いてきました

標高360m程の里山でも結構楽しんで頂けました

この叔父さん(タッキー)と石鎚天狗岳へ登った時にはるちゃん、楠さんと初めて会った因縁の人です

明日ははるちゃんも香川の里山に来られるので一緒に歩く予定です

エントツ山
http://i-section.net/software/shukusen/


24174.大麻山へ〜 返信  引用 
名前:え〜ちゃん    日付:2015年01月21日(水) 22時40分
Original Size: 640 x 480, 78KB Original Size: 640 x 480, 51KB Original Size: 640 x 480, 74KB

エントツ山さん、こんばんは!

すみません<(_ _)>トラックログの取り方教えて頂いて最初は取れていたのですが・・使わない内に忘れてしまいました(?_?)

今日は政所が休みで金毘羅さんにお詣りに行こう〜と、では大麻山も登ろうと出かけて来ました、
金毘羅裏参道から奥社へ〜竜王社〜象頭山?〜大麻山、展望台でコーヒータイム、
今日は霞んで景色が良くなかった!

下山は葵の滝〜金毘羅本宮でお参りして(なぜか多くの人でした背広姿の人が多い)
灸まんでうどんを食べて帰宅です、

今日の大麻山と金毘羅宮〜



24175.Re: 金毘羅大権現〜(奥の院 箸蔵寺)のはなし
名前:エントツ山    日付:2015年01月22日(木) 20時33分
Original Size: 600 x 800, 163KB Original Size: 600 x 800, 161KB Original Size: 800 x 600, 160KB

金毘羅大権現の家来「烏天狗」 金毘羅大権現への石段  金毘羅大権現を祭る本殿


え〜ちゃん  今晩は


こんぴら船船 〜〜♪ の 「こんぴらさん」へお参りしてきましたか
象頭山は元々インド中部の山でお釈迦様が修行された場所ですね

「こんぴらさん」のある琴平山を象頭山(ぞうずさん)と呼ぶのは即ち仏教由来の地だからですよね

今では「こんぴらさん」とは金刀比羅宮=神社の事だと思っていますが、これは明治維新後、神仏分離政策による所産に他なりません

もともと、この「こんぴらさん」とは「象頭山松尾寺金光院」と言う釈迦如来を本尊としてこれを守護する金毘羅大権現を拝するデカいお寺の事だったのです
語源の金毘羅(こんぴら)とはインダス川を治める女神の乗る船=ワニの化身(クンピーラ)で、これが仏教に取り込まれて「宮毘羅(くびら)大将」と言う仏教の守り神となりました

このいきさつから金毘羅大権現は海上運輸、船の航海安全にご利益がある仏様の一種と言う事になります

この「こんぴらさん」信仰は塩飽水軍などによって海の守り仏(神)として一般的になったそうです

もちろん奈良・平安時代以降日本の宗教は神仏混交がフツーの事ですから日本古来の神様達は仏教の仏様達が仮の姿で現れた(権現)と言うむちゃぶりな理屈がまかり通っていたんですから、我々もどれが神様でどれが仏様か良くわからなくなってますわい


年末に箸蔵寺へ行きましたが、ここは金毘羅大権現を本尊にするお寺で、JR箸蔵駅から箸蔵寺への街道には鳥居や烏天狗を抜けて本堂へ続きます

ここも吉野川の水運が盛んな場所で信仰が盛んだったのでしょう

ちなみに金刀比羅宮の祭神は「大物主(おおものぬし)神」と崇徳天皇だそうです

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html


24167.晴天なのに誰も居ない三嶺 返信  引用 
名前:おじょも    日付:2015年01月20日(火) 22時36分
Original Size: 1024 x 768, 140KB Original Size: 1024 x 768, 139KB Original Size: 1024 x 768, 136KB

エントツ山さん    皆さん     今晩は

名頃から 三嶺に行って来ました
いい天候に恵まれましたが 頂上手前が 大雪のため 急斜面の雪壁が 出来ていて 
大岩の所で またしても 勇気ある撤退 ? になってしまいました

急斜面の雪壁を 無理して 登っても 帰りの 急斜面の下りが とても危険です
大雪の時は やはり いやしの温泉側から登る方が 距離は長いですが 安全です


そのブログです
http://ohara98jp.exblog.jp/



24168.Re: 晴天なのに誰も居ない三嶺
名前:おじょも    日付:2015年01月20日(火) 22時40分
Original Size: 1024 x 768, 137KB Original Size: 1024 x 768, 137KB Original Size: 1024 x 768, 135KB

追加写真

もし 落ちると 洒落になりません ?
http://ohara98jp.exblog.jp/



24173.Re: 晴天なのに誰も居ない冠山と平家平
名前:エントツ山    日付:2015年01月21日(水) 00時29分
Original Size: 1024 x 617, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB

林道 寒風大座礼線からの直登ルート 


おじょもさん   今晩は

冬場の名頃コースは鬼門ですね
おっしゃる通りいやしの温泉郷からが固いです

避難小屋で一泊すれば素晴らしい朝の景色が見れます

こちらは先日おじょもさんがトホホなレポをしていた冠岳、平家平へ行って来ました
少し藪尾根ではありますがこちらのコースの方が単純でいいかも知れません
冠山を違った方角から見るのも楽しみの一つです

行きは林道から冠山まで雪もあり3時間10分かかりましたが、帰りは1時間50分でした

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



ページ: |< << 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb