[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





35449.鹿森社宅跡と辻ヶ峰 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2021年12月06日(月) 20時05分
Original Size: 1024 x 682, 163KB Original Size: 1024 x 682, 164KB Original Size: 1024 x 682, 165KB

@マイントピアから少し歩けば鹿森の社宅跡がある
A橋でも架かっていたのか
B浴場跡とのこと 住民数にしては浴槽が小さいような気が 

エントツ山さん、こんばんは。

4日土曜は嫁さんが新居浜の実家に用があるため一緒に行き、私はいつものように別子へ。
しかし、この日は出発がかなり遅くなったので、別子に上がるのはやめて、お手軽にマイントピアからの辻ヶ峰に変更。

鹿森に住友の社宅跡があるのは聞いていましたが、実際に初めて訪れてみて感動しました。
記念碑に昭和45年に廃止とあったので、すでに50年以上が経過しているのですね。

最盛期は300戸1400人ほど住んでいたというので、驚きです。
マイントピアから大して離れてないので、もう少し整備して一般観光客にも足を運んでもらってもいいのではないかと思いました。

社宅跡を過ぎると四国電力の整備された急斜面の保線路をジグザグに登って稜線の道へ到達。
ここからは、風が強くて非常に寒く、昨日降ったと思われる雪が薄っすらですが残っていました。

出発から2時間ちょっとで辻ヶ峰山頂へ到達。
山頂も道中も展望はほぼありませんでしたが、迷うこともないし、やはり初めて歩くコースはいいですね。

東平にも大規模な社宅跡があり、今は石垣など一部崩れてかなり荒れています。
東平は東洋のマチュピチュで売ってますが、二度と行かない「がっくり名所」とならないよう、社宅跡地ももう少し整備して、気軽に見て回れるようにすればいいのではと感じます。



35450.Re: 鹿森社宅跡と辻ヶ峰
名前:弁天山    日付:2021年12月06日(月) 20時06分
Original Size: 1024 x 736, 165KB Original Size: 1024 x 731, 165KB Original Size: 765 x 1024, 162KB

C釜が2つ置けるコンロとシンクの跡か
D辻ヶ峰山頂にて 時間がないので今日はここまで
E山頂の樹間から辛うじて見えるのは大島か



35454.Re: 鹿森社宅跡と辻ヶ峰
名前:エントツ山    日付:2021年12月08日(水) 09時41分
Original Size: 729 x 761, 164KB Original Size: 665 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB

こんなルートで歩いたのでしょう 清滝付近まで結構な道があります 辻ヶ峰からは西赤石を見る方角が変わります


弁天山さん  おはようございます

鹿森住宅跡から辻ヶ峰へ行かれましたか
鹿森住宅は私が小学生、中学生の頃は同級生にここから通っている友達が居て遊びに行ってました

今は当時の面影はありませんが、銭湯や生協などを見た記憶があります
友達の長屋に入ると少し奥に向かって傾斜しており、自然に足が進んだ事も覚えております

お風呂やトイレ、雑貨店、通学、遊びなどの共同生活でみんな仲良かったですねえ

ただ、木の文化ですから石の文化に比べて人が住まなくなると石垣や土台だけしか残りません

登山者にしても東側の東平、銅山峰、旧別子、西赤石がメインで、こちら側を歩く人は少ないです

昔この辺りに住んでいた人が懐かしんで今でも歩いておられる様で、標識なども設置され偶に登山道でお会いします

そうそう、山歩きではそれ位の派手な上着を愛用して下さいよ〜〜

エントツ山


35438.笹ヶ峰の山頂からの御来光と霧氷 返信  引用 
名前:kurenaikai    日付:2021年12月05日(日) 15時47分
Original Size: 1024 x 682, 48KB Original Size: 1024 x 682, 45KB Original Size: 1024 x 682, 49KB

エントツ山さんこんにちわ。先日の西高東低の気圧配置で霧氷を期待に笹ヶ峰へと登りました。折角なので御来光とセットで登りました。登山道は軽く積雪で標高を上げるにつれて霧氷の花が闇夜を彩っていました。山頂へと着くとー10度の気温の上爆風でさすがに寒いので上着を着ました。三脚やカメラ、髪の毛も見る見るうちに白くなり先週の瓶ヶ森と同じくらいの体感気温でした。おまけに濃いガスで御来光はあきらめかけていましたが日が昇るときだけ一瞬晴れてきれいな御来光を見ることが出来ました。その後はまたガスに覆われてしまい一時間ほど待機しましたが一向に晴れる気配がないので下山しました。が、途中まで降りていくと一気にガスが晴れて青空が広がったので再び山頂へ登るとさっきまでのガスはおろか、風も無風となり真っ白な山頂に青い空がとてもきれいでした。

http://www43.tok2.com/home/kurenaikai/



35439.Re: 笹ヶ峰の山頂からの御来光と霧氷
名前:kurenaikai    日付:2021年12月05日(日) 15時47分
Original Size: 1024 x 682, 50KB Original Size: 1024 x 682, 50KB Original Size: 1024 x 682, 50KB

道中の積雪は思ったよりは少なく10cm程度でした。霧氷もとても素晴らしかったです。



35440.Re: 笹ヶ峰の山頂からの御来光と霧氷
名前:kurenaikai    日付:2021年12月05日(日) 15時48分
Original Size: 1024 x 682, 50KB Original Size: 1024 x 682, 49KB Original Size: 1024 x 682, 50KB

カメラも三脚も髪もすぐに白くなり、寒いのでさすがに上着を着ました。三脚が飛ばされるほどの強風でした。



35441.Re: 笹ヶ峰の山頂からの御来光と霧氷
名前:kurenaikai    日付:2021年12月05日(日) 15時48分
Original Size: 1024 x 682, 50KB Original Size: 1024 x 682, 50KB Original Size: 1024 x 682, 50KB

一向に晴れる気配がないので下山しましたが一気に晴れて青空に。滝雲がとてもきれいでした。



35442.Re: 笹ヶ峰の山頂からの御来光と霧氷
名前:kurenaikai    日付:2021年12月05日(日) 15時48分
Original Size: 1024 x 682, 50KB Original Size: 1024 x 682, 50KB Original Size: 1024 x 682, 50KB

再び山頂へ到着。さっきまでの天気が嘘のように晴れ渡りました。遠くの石鎚も雲海に浮いている島みたいでした。



35443.Re: 笹ヶ峰の山頂からの御来光と霧氷
名前:kurenaikai    日付:2021年12月05日(日) 15時49分
Original Size: 1024 x 767, 50KB Original Size: 1024 x 767, 50KB Original Size: 1024 x 767, 49KB

折角ドローン持ってきたので空撮しました。風も穏やかで素晴らしい景色を見れました。



35444.Re: 笹ヶ峰の山頂からの御来光と霧氷
名前:kurenaikai    日付:2021年12月05日(日) 15時49分
Original Size: 1024 x 682, 45KB Original Size: 1024 x 682, 49KB Original Size: 1024 x 682, 50KB

日本海方面を見ると大山?雲の形がこんもりとしていました。石鎚も浮島みたいできれいで、寒風山もすぐ近くに見えます。寒風山も数人の人が居ました。



35447.Re: 笹ヶ峰の山頂からの御来光と霧氷
名前:エントツ山    日付:2021年12月06日(月) 12時08分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 154KB Original Size: 600 x 800, 165KB

金曜日のモーニングコロッケ 夜中に雨が降り朝方に晴れて来ました 黒岩山の大ブナ

kurenaikai さん  今日は

この週末は法事ごとがあり山歩きは出来ませんでした
土曜日の朝、新居浜へ来ると山の稜線付近は真っ白で驚きました
何せ高松に居ると穏やかなので愛媛の山の様子がわかりません

笹ヶ峰の朝焼けや霧氷写真 ありがとうございました
相変わらず薄着で寒さに強いですねえ
余りにも寒いと手先がかじかんでシャッターが押せない時がありますね
でも、御来光に会うと前後30分程は寒さを忘れてシャッターを切ります

笹ヶ峰のコメツツジがサンゴの様になる霧氷は最高ですね
もう何年も冬の笹ヶ峰へ行ってますが、昔の様なエビの尻尾を見る事は稀になりました

こちらは木曜日にマーシーさんと富郷ダム近くから黒岩山へ上り下川峠を下ってダムのヘリポートで車中泊をしました

男二人だと食材選びも繊細さが無くコンビネーションも悪いのでアンバランスなラーメンとうどんの鍋になりました

朝はコロッケとコーヒーって取り合わせですわ
夜中に降った雨が車の天井や窓に凍りつき山歩きのテンションが一時下がりましたが、朝食を済ませる頃には天気が回復したので野地峰を歩く事にしました

エントツ山



35448.Re:車中泊も楽しいですね
名前:エントツ山    日付:2021年12月06日(月) 12時24分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB

マーシーさんのハスラー車中泊仕様 車中泊だとガスコンロ、鍋、フライパンが活躍します 下川峠手前のピークから

車中泊はテント泊と比べて道具が車に積めるのでお手軽ですねえ
マーシーさんは車中泊道具セットをいつも車に積んでいるそうです
私は山道具のバーナーを使用しますが、マーシーさんはカセットコンロを積んでいるので鍋やフライパンを置くのに安定します

テント泊の不便さに慣れているので、どんなに狭い車でも工夫次第で移動宿泊施設になるのが便利です

kurenaikai さんの様にセレナだと車中泊はよりし易いですねえ

エントツ山 


35432.落合橋から兵庫山 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2021年11月30日(火) 18時37分
Original Size: 857 x 1024, 165KB Original Size: 900 x 505, 162KB Original Size: 900 x 505, 164KB

落合橋から兵庫山破線ルート  左手の林道はチェーンで通行止め 林道から登山道入り口

さて、わたくしと言えば かざしさんから質問を受けた兵庫山〜大登岐山〜野地峰ルートの検証を開始致しました

旧別子山村の津根山大橋を渡り法皇湖に沿って葛川(くずかわ)沿いに10分程走ると落合・戸女の標識がある舗装道路のカーブに駐車

そこから葛川沿いを落合橋へ
ここには左手に工場の様な広場、右手に大山積神社があります

橋を渡って左手の林道に入ると「住友林業」の通行止めチェーンがあり車は通れません

更に10M程林道を進んだ所で右手にテープがあり、そこから登山道となります

入り口から10分程は崖崩れなどがあってルートが不鮮明ですがテープがあります (テープを補足してきました)

後は兵庫山まで快適な登山道が続きます

エントツ山



何せ高知側からここを周回するには車の回送がネックで時間が物凄くかかります
それで、愛媛の津根山大橋から葛川(くずかわ)沿いに効率的な日帰り周回が出来るルートは無いものか?と思案しております

第一弾で土曜日に落合橋から兵庫山への破線ルート(途中まで破線がある)を歩いてみました
朝、高速道路が事故渋滞で大幅に遅れた為にピストンとなってしまいましたが、この落合橋〜兵庫山ルートは縦走に使えると確信しました

次の課題は野地峰へのルートとなります

エントツ山



35433.Re: 落合橋から兵庫山
名前:kazashi    日付:2021年11月30日(火) 18時38分
エントツ山さんお疲れ様です。

さっそく兵庫山、登岐山周辺の探索・検証ありがとうございます。

私が考えていた周回コースですが、落合橋から雌蛇渕・雄蛇渕そして
下川峠に向かっての林道を、今回エントツ山さんが歩いた破線の
終端から西への支尾根が林道まで延びている辺りまで車で行けないか
と思っていたのですが、あれから色々調べてみると、むらくもさんが
この山域を何度か登っていて、林道入り口にはチェーンがかかっていて
通れないのが判りました。
となるとやはり今回エントツ山さんが取りついた場所がスタート地点に
なりそうですが、エントツ山さんでも兵庫山まで3時間20分。
大登岐山と下川峠からの下りの藪を考えると、なかなか難易度が高いようです。

取りあえずエントツ山さんのアドバイス通り、この山域は日が長くなる春位に
再チャレンジする事にして、それまでじっくり考えてみます。その間はまたエントツ山さんの
後追いですが、(こちらは日帰りで)阿讃縦走路で線を繋いでいきます。
https://blog.goo.ne.jp/kazashi01/e/05c0a781ce5d6054afc50dd520ac89f4


35434.Re: 落合橋から兵庫山
名前:エントツ山    日付:2021年11月30日(火) 19時01分
Original Size: 900 x 678, 165KB Original Size: 900 x 505, 163KB Original Size: 900 x 505, 165KB

日が長くなれば折宇登山口利用も可能 落合ルートは分岐はここくらいです 帰りは兵庫山直下コルから左へ入る


Kazashi さん  今晩は

そうねえ 冬場は阿讃県境を歩く方が良い
但し、阿讃県境の難しい場所は中山峠(清水峠)を下ってからよ
竹屋敷から五名トンネルの横を抜けて県境尾根へ入るまでが難敵じゃわ
この辺りの県境を辿るのは相当地図読みの力が試される


大登岐山界隈に関しては落合橋から兵庫山までルートを慎重に確認しながら分かりにくい場所に必要最小限でテープを貼りながら歩いたので時間がかかった
上りより下りの方がルートミスをし易いので・・・)

だからかざしさん達なら3時間弱で歩けます

野地峰登山口の折宇(おりう)と落合橋が近いから日が長い時期なら折宇〜野地峰〜大登岐山〜兵庫山〜落合橋って事もギリギリ可能ですね
(約11時間程)

近く体が鈍っているマーシーさんを担ぎ出して前回間違った下川峠からの下山ルートを一緒に検証して参ります

エントツ山



35436.Re: 落合橋から黒岩山〜下川峠
名前:エントツ山    日付:2021年12月04日(土) 07時43分
Original Size: 1024 x 736, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 800 x 600, 164KB

落合橋から黒岩山〜下川峠そして野地峰界隈 葛川林道は一般車両進入出来ず 黒岩山の八方ブナ

前回の落合橋〜兵庫山登山道チェックに引き続き、今週暇だったマーシーさんを誘って落合峠から葛川林道〜黒岩山〜下川峠のチェックに行って参りました

結論:下川林道のゲートは開いてましたが、30分程林道を上がると植林伐採作業中で大型トラックが往来して行き合いが難しく、結局ゲートも作業が終われば閉めるとの事で一般車両は現在林道へ入る事は出来ませんでした

それで車を落合橋の下流に置いて2時間弱林道を歩き、黒岩山の尾根取付き部から尾根を這い上がりました

途中の尾根も伐採後の鹿防護ネットが張られて尾根に取り付く事が出来ません

黒岩山の八方ブナは健在でした
黒岩山〜下川峠は1時間30分かかります
この間、笹薮は有りますが苦労する程では無かったです
下川峠から川筋まで下ってマーシーさんが以前歩いたと言うトラバース道を下りましたが、ここも途中で鹿ネットがあり迂回して林道へ下り付きます

その夜は富郷ダム近くのヘリポートでユルキャンをし、翌日は落合橋から野地峰への尾根に取り付き折宇(おりゅう)からの登山道に合流し、県境尾根を三角点「大野山」まで行き、新居浜市と四国中央市の市境界尾根を下りました

尾根の最後は道路に出る場所が切り立った崖で防護ネットにしがみつきながら道路に下りました

何か二人の忘年会歩きの様な…面白い歩きが出来ました

Kazashi さんへのアドバイスは愛媛県側から縦走する場合は
車一台なら落合橋付近から兵庫山〜大登岐山〜下川峠〜黒岩山〜野地峰〜尾根分岐〜落合橋 の一気通貫が宜しいかと・・・

但し日が長くなった春、11時間歩く覚悟が要りそうです

エントツ山



35437.Re: 落合橋から兵庫山
名前:kazashi    日付:2021年12月05日(日) 08時21分
Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 31KB Original Size: 640 x 426, 30KB

エントツ山さん、おはようございます。

引き続いての検証ありがとうございます。
お陰様で頭の中は増々混迷を深めています。(笑)

最後に書かれている一気通貫。無理・無理・絶対無理です。
今回の検証で可能なルートとしては、
落合橋〜兵庫山 3時間
兵庫山〜大登岐山1時間
大登岐山〜下川峠1時間
下川峠〜落合橋 2時間30分 合計7時間30分

野地峰〜黒岩山〜下川峠 ピストン
が精いっぱいの様な気がします。

春まで阿讃縦走路を歩きながら、奥様たちとじっくり相談していきます。
ありがとうございました。

写真は今回歩いた六地蔵越〜曼陀峠での雲辺寺です。
https://blog.goo.ne.jp/kazashi01/e/7f7dd825e6eedac0cd419d53cda7df27



35445.Re: 落合橋から野地峰
名前:エントツ山    日付:2021年12月06日(月) 10時31分
Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 1024 x 714, 200KB

葛川林道から野地峰への尾根入り口 植林帯を抜けると赤松尾根だった 阿讃県境歩きはB-C間が難しい

Kazashi さん  おはよう

阿讃県境歩き第2弾も順調に歩いてますね
特に雲辺寺辺りは面白い写真スポットなどが出来て楽しそうな場所になってます
阿讃の縦走路はあんまり景色が眺められる所が少ないから雲辺寺から余木崎は前半のハイライトですわ
後半の引田付近に近づく場所も又景色が楽しめます

問題はやはり後半スタート部分の岳屋敷を過ぎてから砕石工場の低山じゃね
奥様達とのレポを懐かしく拝見させて頂きます


予土県境の方も大登岐山や栃尾山〜笹ヶ峰間とか面白いと言うか多少苦労する場所も残っています
吉野川を越えるとほぼ問題ないでしょう

野地峰〜兵庫山を2分割して歩くのならKazashi さんが考えている
1)白滝自然王国側から野地峰〜黒岩山〜下川峠ピストン
2)落合橋〜兵庫山〜大登岐山〜下川峠〜葛川林道
が良いと思います

エントツ山 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-4g-kagawakennkyou.html



35446.Re: 下川峠〜葛川林道
名前:エントツ山    日付:2021年12月06日(月) 10時56分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB

黒岩山から下ってここを真っ直ぐに藪へ入る ここから5分程で下川峠(奥は大登岐山) 下川峠からの破線道は途中で怪しくなる

黒岩山から下川峠へ行った時に次回に向けて下川峠から葛川林道へ下る場所を確認しておいて下さい

古いテープが色褪せているので新しいテープを貼っております
最初は明瞭な踏み跡が左手の尾根(カラマツ尾根)へと続きますが、途中から斜面がザレて笹藪もあり道がはっきりしません

ここは左手の尾根が歩き易いので尾根上を下る事をお勧めします
下で広めの道と合流します

前回はこの道との合流点から道の無い尾根を葛川まで下りました
恐らくそのコースが破線道と思われます
葛川に出て(ロープ等もありました)少し川に沿って下ると左手に林道があります (当時は砂防ダムの工事をしていた様子でした) 

今回は尾根と交差する踏み跡を進みました (尾根や谷筋をトラバースする)
最後に葛川へ下る尾根が鹿防護ネットで下れず、ネットに沿って左へ進むと小さな沢沿いを経て林道に下り着きました

どちらのルートでも良い気がしますが、私も春までに一度沢へ下るルートを歩いてみます
(以前伊予の鈍亀さん達と歩いた時はもう薄暗くなってあまり印象に残っていません)

取り敢えず、線で繋ぐ阿讃縦走を楽しんで下さい

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-4g-kagawakennkyou.html


35419.今月末で通行止めの瓶ヶ森林道から瓶ヶ森の霧氷見物 返信  引用 
名前:kurenaikai    日付:2021年11月28日(日) 14時31分
Original Size: 1280 x 853, 49KB Original Size: 1280 x 853, 50KB Original Size: 1280 x 853, 50KB

エントツ山さんこんにちわ。今月末で瓶ヶ森林道が冬季通行止めになるので行って来ました。前日から駐車場へ泊り翌日女山で御来光を見た後男山経由で降りました。最後の週末だけあって女山、男山ともたくさんの人でした。今回気づいたのですが女山山頂のSUS製の瓶ヶ森の看板無くなっていますね。そのことを山頂で話していたら誰かが持ち帰ったみたいです。と話していました。罰当りみたいなことする人もいるんですね。


http://www43.tok2.com/home/kurenaikai/



35420.Re: 今月末で通行止めの瓶ヶ森林道から瓶ヶ森の霧氷見物
名前:kurenaikai    日付:2021年11月28日(日) 14時32分
Original Size: 1280 x 853, 48KB Original Size: 1280 x 853, 49KB Original Size: 1280 x 853, 50KB

駐車場に着いてお酒と夕飯を食べた後少し散策しましたが駐車場の霧氷はびっしり!男山までの白骨林もきれいに霧氷していました。キャンプ場まで行きましたがあいにくのガスで星空は見えませんでした。ガスが濃いので明日に期待してそそくさと降りました。



35421.Re: 今月末で通行止めの瓶ヶ森林道から瓶ヶ森の霧氷見物
名前:kurenaikai    日付:2021年11月28日(日) 14時32分
Original Size: 1280 x 853, 49KB Original Size: 1280 x 853, 49KB Original Size: 1280 x 853, 50KB

御来光は女山から少し下の雪原からガスの合間をくぐって見えました。気温は-8.8度とさほどは寒くはありませんが強風の為かなり寒く感じました。さすがに上着を山頂で着ました。



35422.Re: 今月末で通行止めの瓶ヶ森林道から瓶ヶ森の霧氷見物
名前:kurenaikai    日付:2021年11月28日(日) 14時32分
Original Size: 1280 x 853, 50KB Original Size: 1280 x 853, 50KB Original Size: 1280 x 853, 50KB

背後の石鎚が朝日に照らされてとてもきれいでした。三脚とビデオカメラが数分で真っ白になっています。



35423.Re: 今月末で通行止めの瓶ヶ森林道から瓶ヶ森の霧氷見物
名前:kurenaikai    日付:2021年11月28日(日) 14時33分
Original Size: 1280 x 853, 50KB Original Size: 1280 x 853, 50KB Original Size: 1280 x 853, 50KB

女山から男山までの霧氷が特に素晴らしかったです。例年の2月並みの霧氷の出来栄えでした。去年同時期よりも素晴らしいです。2月は春山と化していました。来年も厳寒期に行く予定ですが素晴らしい霧氷を期待しています。



35425.Re: 一週間前は紅葉でしたが、もう霧氷見物シーズンになったのですねえ
名前:エントツ山    日付:2021年11月29日(月) 08時42分
Original Size: 675 x 900, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 675 x 900, 164KB

西山興隆寺付近へ丹原柿を買いに行った ついで61番香園寺奥ノ院、白滝へ 新居浜の清滝へも(滝行場から下を見下ろす)

kurenaikai さん  お早うございます

つい一週間前まで愛媛の丹原に毎年恒例の柿を買いに行って紅葉見物をして来た所なのに、急に寒くなり霧氷のシーズン到来ですね
こちらは一足先に秋の遠征で苗場山や日光白根山で霧氷を見て来ました

天気の少し悪い時に見る霧氷は寒々しい風景ですが、天気の良い青空の元で眺める霧氷はまるで桜が咲いた様に美しいですね

私は寒いのが苦手で手の指が冷たくなり防寒手袋が欠かせません
少し値段の高い防水防寒手袋も持っていますが最近はテムレスの防寒ゴム手袋ばかり使っています

土曜日に兵庫山から大登岐山を眺めると山頂付近に霧氷が見えました
一晩新居浜に泊まって日曜日に霧氷の山を考えたのですが高松で所要があり帰って来ました

一旦高松に引っ込んでしまうと愛媛や徳島、高知に出るのがおっくうになります

kurenaikai さんの霧氷を楽しませて頂きました
少し前にreikoさんの掲示板に瓶林が崩壊で瓶ヶ森林道が通行止めの情報がありましたが、kurenaikai さんは石鎚スカイライン方面から行かれるので問題が無かった様ですね

瓶ヶ森の山頂標識が無くなっていましたか〜
あれは石鎚の山友きゅんちゃんが作成した物ですから残念です
あの標識を通して朝日を撮ると絵になったのですがねえ

エントツ山



35426.Re: 今月末で通行止めの瓶ヶ森林道から瓶ヶ森の霧氷見物
名前:エントツ山    日付:2021年11月29日(月) 08時49分
Original Size: 390 x 219, 45KB Original Size: 800 x 450, 92KB

この瓶ヶ森山頂標識が無くなっていたのね


きゅんちゃん 面倒ですが又山頂標識製作してね
ちなみに赤石山系の東赤石、、物住ノ頭の銅版標識はメンテ、新規作成の為下山しております

エントツ山


35406.大分低山の5山巡り 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2021年11月26日(金) 00時22分
Original Size: 1024 x 725, 163KB Original Size: 1024 x 702, 162KB Original Size: 1024 x 722, 164KB

@津波戸山の切り立った断崖
Aヒイヒイ言いながら岩場を登る
B稜線から見下ろすと凸凹の岩場

エントツ山さん、こんばんは。

コロナ感染が沈静化している今を狙って2年近く会えてない北九州にいる息子のところへ行ってきました。
宇和島を出発して佐田岬半島の三崎からフェリーで大分佐賀関に渡って高速で北九州に行くため、せっかくなので(いや当然のごとく)大分の山に寄ってみることに。

初日の20日土曜、経路の途中にある国東半島の津波戸山(つわどさん)に昼頃到着。
四国88箇所参りを模した岩場に配置した地蔵を巡って登山道がついていました。

標高差も500mないので簡単に登れると思ったら大違い!山頂まで2時間はかかります。
非常に険しい岩場のアップダウンの道があり、一歩足を滑らせるとまず助からない場所の連続。
幸い道は整備されており、随所に鎖が架けられているので用心深く進めば問題なく楽しめます。
雨が降った後はかなり危険なコースと感じましたが、岩場や尾根からの景観は圧巻で感動できます。

この日は近隣にある翌日予定の鋸山(のこぎりやま)登山口の駐車場で車中泊。
ジムニーに乗り換えてから初の車中泊でしたが、以前のテリオスキッドと比べると車内長の前後がやや狭く天井も低くなりました。
でもシートを倒すと比較的フラットになるので、ベットのセットは楽になりました。



35407.Re: 大分低山の5山巡り
名前:弁天山    日付:2021年11月26日(金) 00時23分
Original Size: 1024 x 675, 165KB Original Size: 1024 x 682, 162KB Original Size: 1024 x 689, 165KB

C今度は東尾根の岩場から
D隣の尾根も迫力がある
E紅葉もなんとか残っていた



35408.Re: 大分低山の5山巡り
名前:弁天山    日付:2021年11月26日(金) 00時25分
Original Size: 1024 x 718, 161KB Original Size: 1024 x 692, 161KB Original Size: 1024 x 703, 164KB

F鋸山の岩尾根を見上げる
G展望最高の大観峰にて
Hここも鎖のある岩場を這いあがる

翌21日は、早朝から鋸山を3時間弱ほどで周回。
ここの地形も岩場がせりあがったような独特の地形で、眺望も良好で遠くには由布の双耳峰も見えました。
ここも要所には鎖が架けられていましたが、昨日の津波戸山と比べれば危険度は大したことはないと感じました。



35409.Re: 大分低山の5山巡り
名前:弁天山    日付:2021年11月26日(金) 00時27分
Original Size: 1024 x 701, 158KB Original Size: 1024 x 733, 161KB Original Size: 689 x 1024, 164KB

I道路から中山仙境の峰々を見上げる
J名所の無明橋という石橋 向こう側が切れ落ちている
K険しい岩場は鎖があって楽しく登れる

21日の2つ目は、同じ国東半島にある中山仙境へ。
ここは歩く距離は短いものの、鎖のある岩場の連続で、石鎚の天狗のような高度感のある細尾根歩きもあり、楽しめます。
周辺に林立する奇岩の景色も美しく、高所恐怖症でない方には是非一度行っていただきたいコースで、2時間半程度で周回できます。
是非、kurenaikaiさんにドローンで撮影してもらいたい場所でした。

国東半島はさほど標高の高い山はないですが、まだまだ個性的・魅力的な低山がいくつもあって、是非また行ってみたいですね。
帰着後は2時間半かけて息子のいる北九州に向かいました。



35410.Re: 大分低山の5山巡り
名前:弁天山    日付:2021年11月26日(金) 00時29分
Original Size: 1024 x 720, 162KB Original Size: 1024 x 674, 165KB Original Size: 1024 x 719, 162KB

L高城というピークにて
M細尾根を進む ここも落ちたら助からない
N眼下にはいくつもの奇岩が林立している



35411.Re: 大分低山の5山巡り
名前:弁天山    日付:2021年11月26日(金) 00時31分
Original Size: 1024 x 713, 163KB Original Size: 1024 x 737, 165KB Original Size: 1024 x 688, 162KB

O大平山を見上げる 気持ちのいい草原の山
P標高差500mの登り一辺倒できつかった
Q山頂付近から別府市街が一望できる

翌22日は休暇を取得して息子と約2年ぶりの再会。
息子といっしょに福岡の山でも行く予定だったのですが、残念ながらあいにくの雨で中止に。

最終日23日は北九州から宇和島へ逆戻り。北九州は曇りでしたが、大分に下るにつれ晴れ間が出てくる。
せっかくなので高速道から近い山を選んで、別府にある大平山(おおひらやま)に登ってみることに。

毎年、野焼きをするという草原の山で、標高差500mのひたすら休みなしの登り1本道できつかったです。
山頂は標高が800mを超えるので、風が吹くとかなり寒かったですが、別府市街が一望でき、海方向の眺望は抜群でした。



35412.Re: 大分低山の5山巡り
名前:弁天山    日付:2021年11月26日(金) 00時36分
Original Size: 1024 x 700, 163KB Original Size: 1024 x 682, 165KB Original Size: 1024 x 726, 163KB

R伽藍岳の中腹から硫黄臭い湯気が出ている
S南には内山が見える
㉑硫黄臭の湯気が斜面を駆け上がり温泉気分に

まだ時間があるので23日の2つ目の山として、隣のロープウェイのある有名な鶴見岳でも登ろうと思うも、山頂付近はガスで景観は望めそうもない。
やむなく、周辺の地図を見て北西側の近くにある伽藍岳(硫黄山)と西伽藍岳に行ってみることに。
この山は麓に塚原温泉があって、近づくと山腹からはもうもうと硫黄臭い湯気が出ているではないですか!

標高差は300m弱でしたが、林道歩きが長くて1時間以上かかりました。
道中、吹き上がってくる湯気の硫黄の臭いで、さすが別府の温泉地という感じがしました。
標高1000m超えなので風が強くて非常に寒くて辛かったですが、ここも絶景が見れました。

帰路のフェリーの時間があって、別府の温泉に漬かれず帰ったのが心残りですが、大分の低山のごく一部ですが堪能できました。
愛媛の低山といえば杉と檜の植林だらけで今一食指が進みませんが、大分には魅力的な低山が多いように感じます。(隣の芝生かもしれませんが…)
現職中は無理ですが、長期滞在していろんな温泉に漬かりながら大分の山巡りをしてみたいですね〜



35415.Re: 大分低山の5山巡り
名前:エントツ山    日付:2021年11月26日(金) 20時24分
Original Size: 900 x 614, 164KB Original Size: 900 x 509, 164KB Original Size: 900 x 826, 160KB

息子訪問をダシにした弁天山さんの大分遠征 鋸山の近くに熊野磨崖仏があるんですね 国東半島トレイル! これもいいですねえ


弁天山さん  今晩は

国東半島って弁天山さんの写真を見ると小豆島に似てますね
国東半島の中心部にある両子山の火山活動によって溶岩や火砕流の堆積などで「凝灰角礫岩」層って事ですから似ている筈ですわ

以前から国東半島トレイルに興味があって資料などを揃えていたのですが、熊野磨崖仏の近くに鋸山があるんですねえ

母親と娘なら話す事はなんぼでもあって尽きないのですが・・・
親父と息子の対面ほど絵にならないものはありませぬ!
長居は無用ですから山のついでに寄るので丁度いい・・・

私も家の近くに息子が住んでいますが、何か用事がない限りお互い訪ねる事も少ないですねえ

日本百名山が終わったら九州に目を向けて国東半島辺りにフラ〜〜と車中泊で行くのも良いですねえ
何せ関東以北と比べればフェリーも使えるし楽ですわ
それに面白い岩山がコンパクトな場所にあって楽しめそうですねえ

以前私が乗っていたラッシュでも車中泊をしてましたから、ジムニーでも一人なら快適な車中泊が可能でしょう
車内を工夫して車中泊仕様にするのも楽しいですよ〜

エントツ山


35397.線で繋ぐ山歩き! 返信  引用 
名前:kazashi    日付:2021年11月21日(日) 12時56分
Original Size: 640 x 426, 122KB Original Size: 640 x 426, 132KB Original Size: 426 x 640, 151KB

エントツ山さん、こんにちは。

今回はいつもの奥様たちと、猿田峠〜玉取山〜兵庫山を繋いできました。
ただ兵庫山からの折り返しで、下り始めて直ぐに道を間違え、
天提山方面への尾根を下ってしまい、気づいた時には既に遅く、
兵庫山に戻っていると日没近くになるので、別ルートに変更。
幸い地形図に載っていた沢への下りも、沢から林道への登りも
藪いていなく何とか猿田峠着く事が出来ました。
後でエントツ山さんの石鎚山〜剣山の縦走のレポートを
確認したら、兵庫山の山頂直ぐは注意が必要と書かれていました。

ところで今回、順序から言うと本来は野地峰から登岐山なのですが
エントツ山さんのレポート読むと“藪漕ぎ大臣”でさえ、結構苦戦した様子が伺え、二の足を踏んでいます。写真を見るとスズタケの藪の様な感じですね。
同行の奥様たちもここのところの山行でけっこう笹薮は歩いているのですが、スズタケの藪は未経験です。藪を掻き分けた時の笹の埃や、
スズタケの勢いからいって、冬を越して春先までの間がいいかなと考えているのですが、いかがなもんんでしょうか?
https://blog.goo.ne.jp/kazashi01/e/0f7298898e9e30723771c236a1257daa



35398.Re: 線で繋ぐ山歩き!
名前:エントツ山    日付:2021年11月21日(日) 20時39分
Original Size: 590 x 434, 77KB Original Size: 800 x 470, 227KB Original Size: 800 x 668, 189KB

2005年10月大登岐山〜野地峰のログ図 今回のKazashi珍ルートログ図 私の兵庫〜玉取山周回ログ図 


Kazashi さん  今晩は

成程・・・・ 私が若い頃良くやってた山歩き! やってまんがな〜〜
相棒の女性2人 頼もしいわ どこでも来い!って感じね
これで普段はおしとやかだったら言う事無しなんだけど・・・どうだろう
去年伊予の鈍亀さん達と歩いたログ図を参考に3枚目に載せておきます

野地峰〜黒岩山〜大登岐山は難敵です
と言うのはルートそのものより登山口と下山口の選定が難しい

ここは2005年10月に紫雲さんの提案でマーシーさんと3人で初めて藪漕ぎ三銃士トリオを組んで歩いた
もう16年も前から大薮だった頃、ここを歩いてたんだぜ
(下のURLがその時の記録です)

その時は高知県側の白滝公園に1台デポし、早明浦ダム付近から「桑ノ川登山口」へ移動して兵庫山と大登岐山の中間部稜線へ這い上がった
(約2時間)
野地峰に下山して桑ノ川まで車を回収するのが面倒だったわ

今は藪も当時より薄くなってたから野地峰ピストンって方が面倒臭く無いかもしれない
但し、ヒストンだと結構時間がかかるから今の季節や冬場は無理やね
アケボノツツジが咲く頃が日照時間も長くて良いと思います

私は3度この大登岐山の大藪を歩いています
私のHPタイトル表紙の右側にある山域目次の上から4番目「その他四国の山」に県境歩きの記録を残しております

下のURLが2005年の大登岐山記録で、2013年にも大登岐山を歩いた記録を33)番目に残しております

野地峰に行くには白滝公園からが一番早い
問題は大登岐山からの下山ですわ ここが少し研究の余地があります

私みたいに山でビバークすれば何の問題もないんだけど、日帰りとなると面倒だねえ

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/tozanki15ootokikuroiwanijimine.html



35399.Re: 線で繋ぐ山歩き!
名前:kazashi    日付:2021年11月22日(月) 08時31分
Original Size: 640 x 426, 113KB Original Size: 640 x 426, 37KB Original Size: 640 x 426, 135KB

おはようございます、エントツ山さん。

そうですか、登岐山には3回も!
確かにこの山域が一番頭を悩ませる所です。

取りあえず次に考えていたのは、赤滝の上部の林道から兵庫山・登岐山を
ピストン。(エントツ山さんの2005年のスタート地点)
その次は、野地峰から登岐山をピストンという案でした。
2005年のルートを辿ればピストンせず、縦走できるのですが、
仰る通りデポ車の回収に時間がかかり過ぎます。ましてや同行の奥様は
けっこう荒れた道でも問題ないのですが、車酔いにはめっぽう弱いんです。
ただ2013年のレポートを読むと、ますます腰が引けてしまいます。
ましてや黒岩山から登岐山をピストンとなると・・・・。
アドバイス通り春までじっくりと考えてみますね。ありがとうございました。

@こいつが頭を悩ませる大登岐山と登岐山
Aそろそろ我々には厳しくなってきた県外の山
Bアスレチックみたいで楽しい!と言う奥様も車には弱い



35400.Re: 大登岐山周辺の参考に
名前:エントツ山    日付:2021年11月22日(月) 10時54分
Original Size: 800 x 787, 294KB Original Size: 900 x 760, 125KB

津根山大橋の蔦川林道が大登岐山攻略に使えるかもしれない

Kazashi さん  おはよう

去年1月にマーシーさん、伊予の鈍亀さん達と歩いた津根山大橋から取り付いて天堤山〜兵庫山〜大登岐山〜下川峠〜蔦川林道を歩いた記録が
同じ「その他 四国の山」に収録している
(下のURLがその時のログ図です)

この山行記の方が大登岐山攻略の参考になるわ
蔦川林道へ下山したのは暗くなってからだからあんまり写真は残していないけど車は十分通れる状態だったと記憶している

この林道から黒岩山近くへ尾根伝いに出ると最短距離で黒岩山〜下川峠〜大登岐山〜兵庫山を周回出来るかもしれない

下川峠〜蔦川林道は山行記の通り川付近が荒れているから下りに使用しないとルートが不鮮明です

例えばこのルートを2回に分けて
1)白滝公園から野地峰〜黒岩山〜下川峠をピストンしておく
2)蔦川林道終点から川の北側へ這い上がり兵庫山〜大登岐山〜下川峠〜蔦川林道を周回する

こんな案も考えられます

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-1g-otokiyama.html



35401.Re: 線で繋ぐ山歩き!
名前:kazashi    日付:2021年11月22日(月) 13時06分
Original Size: 800 x 470, 280KB

エントツ山さん、ありがとうございます。

ご提案頂いたルートはだいたいこんな感じでしょうか。
問題は予定する林道から兵庫山に向かっての這い上がりと、
下川峠からの下りですね。
何だか登岐山の藪の心配が薄れてきました。
でも恐らくこれが最短ルートになると思います。

やっぱり地形図を眺めてあれこれ考えるのは楽しい!
でも現実はそうは問屋が卸さない!(笑)
https://blog.goo.ne.jp/kazashi01/e/0f7298898e9e30723771c236a1257daa



35402.Re: 大登岐山界隈
名前:エントツ山    日付:2021年11月22日(月) 21時59分
Original Size: 900 x 838, 356KB

日が長くなれば日帰りでギリギリ周回可能かも知れない

kazashi さん  今晩は

そうそう、2回に分けた場合はそんなルートだと余裕ですね
下川峠〜大登岐山間の笹藪は尾根を外さず、幅20cm程の獣道を辿ると意外に歩けます

獣道を外すと今でも歩けないと思うから、要所では潜ってイノシシの目線で幅10〜20cmの獣道を見つけてそれを追う!
動物になった気分になれるよ〜〜

黒岩山側から行く時は藪尾根のコーナーに大ブナがある
そこから真っ直ぐに藪に突入するのが注意点です
(私のHP登山記に写真付きでこのコーナーを注意しております)

何故かその分岐コーナーから右へ道が続くのだが、これに沿うと尾根から外れてしまう

以前マーシーさん、紫雲さんと周回した時はっ高知県側へ車をデポしたけど、津根山大橋から蔦川林道を使うと車一台で周回が出来そうやねえ
勿論、この一発周回は日が長くならないと厳しいけどね

機会があったらこの林道を調べておきます

エントツ山


35395.自宅からほぼ皆既月食を撮る (キャノン パワーショットSX50HS) 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2021年11月19日(金) 20時39分
Original Size: 900 x 675, 123KB Original Size: 900 x 599, 153KB Original Size: 900 x 599, 142KB

17時50分堂山から月が出た出た〜♪ 右斜め下が隠れていない 18時02分この絵が月食の最高点かな?

オリンパスEM5マークIIIの標準ズームレンズは150mmまでなのでお月様は大きく撮れない
シャッター速度優先で6秒だと何故かシャッターが下りなかった
一枚目は急きょ夜景モードで取り敢えず堂山から上って来たお月様を撮影

コンデジのキャノンパワーショットSX50HSも月食で光が弱いので中々ピントが合わなかった

月食が次第に無くなってくるといつも通りの写真が撮れて来ました

エントツ山



35396.Re: 自宅からほぼ皆既月食を撮る (キャノン パワーショットSX50HS)
名前:エントツ山    日付:2021年11月19日(金) 20時45分
Original Size: 900 x 599, 137KB Original Size: 900 x 599, 143KB Original Size: 900 x 599, 149KB

19時になるとした部分が現れる  19時28分上部が欠けている  20時になるとほぼ月食は終わりを迎えている

初めて皆既月食(不完全だが)を撮影したが、最初は右側が少し現れていたのが次第に下側から地球の影が消えて行く事が分かった

季節によって欠ける箇所が変わるのかどうかはよう知らんけど・・・・

エントツ山


35386.日本百名山(関越自動車道エリア)車中泊遠征について 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2021年11月18日(木) 11時29分
Original Size: 900 x 651, 163KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 161KB

日本百名山位置図(再掲載)  図書、地図類はこれだけ   ザック、登山靴、テムレス手袋は2つ、着替えは洗濯カゴ2つ

今回、関越自動車道、長野自動車道付近の日本百名山8座を遠征してきました
順番は特に決めてはおらず結果的に

1)苗場山(なえばやま)2,145m(新潟・長野)関越自動車道 湯沢IC 登山口 かぐらスキー場P

2)巻機山(まきはたやま)1,967m (新潟・群馬)関越自動車道 塩沢石打IC 登山口 桜坂P

3)赤城山(あかぎやま)1,827m (群馬県) 関越自動車道 前橋IC 登山口 大沼・駒ヶ岳P

4)筑波山(つくばさん)877m (茨城県) 日光宇都宮道路、宇都宮IC 登山口 つつじヶ丘P

5)日光男体山 (なんたいさん) 2,486m(栃木県)日光宇都宮道路・清滝IC 登山口 二荒山神社P

6)日光白根山(にっこうしらねさん) 2,578m(群馬・栃木)国道120号線 登山口 菅沼P

7)武尊山(ほたかやま) 2,158m (群馬県)国道120号線 登山口 オグナほたかスキー場P

8)四阿山(あずまやさん) 2,354m (群馬・長野)上信越自動車道 上田菅平IC 登山口 菅平牧場P


遠征期間は11日間 (遠征時期としては東日本は16時30分頃から暗くなりあまり良く無い時期になってしまいました)

11月4日 松〜若狭舞鶴自動車道〜関越自動車道〜湯沢
11月5日〜8日 前半4座 登山
11月9日 大雨で休養日
11月10日〜13日 後半4座 登山
11月14日昼頃 長野自動車道〜中央自動車道〜名神高速経由で松着

道路マップは今までの遠征でサービスエリアで入手した「中央自動車道・長野自動車道・首都圏中央連絡自動車道・中部横断自動車道」が載っている道路マップ(2017年版)とNEXCO東日本がサービスエリアに無料配布している2021年版「東日本道路地図」(東北地方も含まれている)を使用しました

登山ガイドブック、地図は以前買っていたJTB出版の「日本百名山・クルマで行くベストプランとヤマケイ2021年1月号付録の「日本百名山ルートマップ」および図書館で借りて詳細地図をコピーした物を持って行きました

何せ、第一座目を苗場山にしようか巻機山にしようかはっきり決めずに高松を出発し、関越自動車道に入ってから直観的に聞き覚えのある苗場山にした様な行き当たりばったりです

巻機山の後も下山後に地図や天気予報を見て次の予定を立てました


費用は概略ですが
高速道路料金 行き帰りと現地移動  約 ¥41,000.−
ガソリン代             約 ¥30,000.−
食糧、その他雑費          約 ¥23,000.−

            合計    約 ¥94.000.− 程かかります

普段から節約と体力作りをしておかなければ個人遠征は中々厳しい物です
でもテント泊縦走に比べれば日帰り装備で歩けるのでほぼ旅行気分でした

車中泊をしないとこの金額では済みませんので「車中泊」は必須です
普段から四国の山でも遠い場所では車中泊に慣れる事をお勧めします

着替えや登山用具は2つのバケットに詰めて後部座席の足元に、食糧、水、調理道具も2つのコンテナに入れて収納

車内マットや寝袋、シュラフカバーは後部室内(フラットにしています)に置いたままです

雨具や靴は2セット持って行きました
(靴は第1座目の苗場山で使ったスカルパが雨と雪になりスパッツを持って来ずにずぶ濡れになって乾かず以後の山行に使えませんでした)

関東近辺のコンビニはセブンイレブンが圧倒的に多かったのでDカードのポイントが溜まりませんでした (Tカードは持っていませんので)

先に述べましたがガスバーナーはカセットボンベ用 SOTO レギュレーターストーブ ST−310を持って行きました
大きい車で車中泊される方はカセットコンロを持って行き調理している様ですが、私の車は狭いのと、次の山への移動時間で忙しいので鍋は持っていかずヤカン(ケトル)で専らお湯を沸かして済む調理でした

でも、コンビニで弁当や野菜、行動食等を調達出来るので快適でした

エントツ山



35388.Re: 遠征1座目 苗場山でいきなりの試練
名前:エントツ山    日付:2021年11月18日(木) 18時43分
Original Size: 900 x 812, 165KB Original Size: 900 x 675, 157KB Original Size: 900 x 675, 164KB

苗場山(なえばやま)ログ図 雨の中をリフト中継所「和田小屋」へ向かう 途中から雪に変わる  

何気に決めた第一座「苗場山」でしたがいきなりの試練に遭いました
登山口のかぐらスキー場、町営第二リフト駐車場に暗くなって付きましたが車は他には居らず

夜中から雨が振り出し、夜中に着いた車1台と朝着いた1台はあまりの雨足の強さで早々と登山を諦めて帰ってしまいました

取り残された私ですが、わざわざ四国からやって来て尻尾を巻いて帰る訳に行くかい!!
雨具に傘を差してリフト中継所の和田小屋まで歩く
するとそこからの登山口が見当たらない? 少し引き返すと右手の沢へ向かって道があり赤テープも有る

それを進むとやがて沢筋の小道になり踏み跡が無くなった
結局50分のロスをして元に帰り、ゲレンデを少し上がると右手に登山道を発見 (標識や看板が無い、こんな日本百名山って有り?)

沢に沿って石ころの急登り登山道を喘ぐと途中からミゾレ〜アラレ〜雪と変わって雪山登山となった

今回何故か雪山を想定しておらずアイゼンやスパッツを持って来なかった
まあ、凍結は無かったので何とか山頂まで歩く事が出来ましたが相当時間がかかりました

エントツ山



35389.Re:遠征1座目 苗場山でいきなりの試練
名前:エントツ山    日付:2021年11月18日(木) 11時37分
Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 746 x 522, 153KB

途中から完全に冬山となった   苗場山山頂は14時30分過ぎ  10分間程青空が現われ写真を撮りまくる

苗場山は手前に神楽ヶ峰と言うピークがあり、そこから一旦コルまで下って苗場山への上り返しとなって結構遠い

結局山頂到着が14時30分過ぎになってしまった
その後、10分間ほど霧が飛んで青空が現われ、この大サービスがなければ第一座苗場山の印象はあまり良く無いままに下山となっただろう

草紅葉か枯れ草の池塘風景をイメージしていたのだが、雪と氷の世界も美しかった

だが、、、当然の事ながら帰りは途中から日が暮れてヘッドランプを頼りに暗闇の雪道を下山する事に
(雪道は自分の足跡が残っているので安心感がある)

19時50分和田小屋へ下りホッとすると、そこから満点の星空を眺めながら車まで帰る事になった
山頂での一瞬の青空や下山時の満点の星空・・・山歩きは苦しい事ばかりじゃございませんねえ

最初で先制パンチを喰らったお蔭で以後の7座山行は比較的スムーズで楽な物となりました

エントツ山



35390.Re: 日本百名山(関越自動車道エリア)車中泊遠征
名前:高御位山    日付:2021年11月18日(木) 11時45分
Original Size: 1024 x 743, 92KB Original Size: 1024 x 685, 92KB

師匠、頑張りますね。その旺盛な好奇心、気力、体力、精神力、驚嘆の
一言です。寂聴師の言葉を上げて居られましたが、挑戦しなければ失敗は無い。真の登山者は失敗を繰り返して成長するもの。例え敗北したとしても。死に繋がることが有ったとしても・・・

 慶応の著名な登山家大島亮吉氏も同じ様な事を涸沢の岩小屋の中で述べて居ますね。師匠、71歳の挑戦、実に立派の物です。私は70歳でチベットで倒れ、山は残念しましたが、師匠が頑張って居られるのを見て、勇気を与えられた様な気がします。

 15年程前の白馬大池と劒八ツ峰の写真です。大西信さんと秋の北方稜線を下り黒部川に出ました。



35391.Re: B級登山者の強み
名前:エントツ山    日付:2021年11月18日(木) 19時55分
Original Size: 900 x 505, 161KB Original Size: 900 x 505, 165KB Original Size: 900 x 505, 161KB

男体山、山頂の剣  日光白根山北壁から丸沼・菅沼・阿弥陀ヶ池(左奥に燧ケ岳)武尊山の修験道・剣ヶ峰岩峰群   

高御位山さん  今晩は

美しい写真を2葉ありがとうございました
高御位山さんの写真は岩と雪の無機質な写真が多かったのでほっこりする写真です

自然の厳しさを表した雪や岩壁の連なる美も良いですが、やはり山の写真は色がある絵が良いですね

70歳の時にチベットに行かれたんですね
若い時から厳しい山登りをされて来たから歳を取ってもレベルを下げるスタイルにはプライドが許さなかったのでしょうか

もし高御位山さんが70歳を機に日本百名山巡りなんて緩い山歩きをされていたらと少し残念でなりません

その点、元々B級登山者の私は四国の山や里山歩きも何の抵抗もなく続ける事が出来ます


さて、こちらは8座遠征ともなると道具の片付けや写真の整理等で帰っても忙しくしております

今回の遠征では面白い事に苗場山で雪に降られると翌日の巻機山は快晴となり、終盤の武尊山で吹雪かれると翌日の四阿山では快晴となりました

雪山となった苗場山と武尊山は下山時暗くなってヘッドランプを頼りに車へ帰りつきました

赤城山や筑波山は観光地で息抜きが出来ました

日光の男体山は山頂付近はまるで富士山の様な赤茶けた溶岩質で高度差1200mですがグングン登るので8時間ちょっとで往復出来ました
山頂から中禅寺湖の眺めは神秘的な程美しかったです

一方、日光の白根山は霧氷の岩山で阿弥陀ヶ池や五色沼を麓に抱き味わい深い縦走が出来る山でした

日本百名山を訪ねる旅は確かにその山の一面しか捉える事が出来ませんが、それでもその山の表情を垣間見る事が出来ます

深田久弥さんが歩かれた時代とは全く違う条件で林道や登山道が整備されているのですが、同じ様に山の頂に立ちたい物です

エントツ山



35392.Re: 日本百名山(関越自動車道エリア)車中泊遠征について
名前:高御位山    日付:2021年11月18日(木) 22時25分
南北のアルプスを通り越えて東北の名山8峰、凄いです。
苗場山と言えば西武のスキー場、昔スキー仲間と山頂迄登り新雪の中  転びながらも豪快に滑り降りました。後はプリンスホテルで宴会でした。
筑波山は40年ほど前に国体の山岳部門で登りました。

 此の二座のみです。師匠の8座には敵いません。


35393.Re: 巻機山(まきはたやま)
名前:エントツ山    日付:2021年11月19日(金) 11時20分
Original Size: 900 x 771, 164KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 162KB

巻機山GPSログ図(約10時間) 織姫ノ池からなだらかな巻機山 山頂の凍った池塘越しの眺め 

高御位山さん  お早うございます

日本百名山は北アルプスに乗鞍岳を含めて15座
南アルプスに10座、中央アルプスに2座有り これだけで27座になります

この中で唯一南アルプスの光岳(てかりだけ)を踏み残してしまい頭が痛い所です
数年前から西側の易老渡登山口から登ろうと考えましたが林道崩壊で不通になっていて断念したままです

日本アルプス以西の百名山は全て登っており、以東では妙高山〜火打山〜天飾山、美ヶ原〜霧ヶ峰、谷川岳〜至仏山〜燧ケ岳、金峰山〜瑞牆山〜甲斐駒ヶ岳、富士山〜天城山、岩木山〜八甲田山〜八幡平、赤岳(八ヶ岳)〜蓼科山などの遠征で登っています

ただ、岩木山は濃霧で山頂がわからずその辺りをウロウロして下山、浅間山は高校の修学旅行で登ったものの記憶無し


手付かずなのが北海道の9座と東北地方の山など残りの合計約30座弱です
手強いのは北海道の幌尻岳と多少縦走が必要な東北の朝日岳、飯豊山です

今回の遠征2座目に登った巻機山(まきはたやま)など最近までその名前(=存在)すら知りませんでした 
いざ歩いてみるとクロモジや広大なブナ林、山頂近くの池塘群など雪国特有の美しい山でした

私の親父は旅行好きで晩年も私の家族との次の旅予定を楽しみに延命していた様な気がします
私もそれに習って次の目標や計画を立てて気力を保って行こうと思っています

高御位山さんも歩ける内は旅行を計画してそれを楽しみに暮らして下さいよ〜〜

エントツ山



35394.Re: 巻機山(まきはたやま)
名前:エントツ山    日付:2021年11月19日(金) 11時46分
Original Size: 900 x 505, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 505, 162KB

登山道のブナ林   樹林帯を越えてニセ巻機山直下から巻機山  池塘と巻機山本峰

新潟県南魚沼市(旧塩沢町)は古くから織物の産地として有名
この為か、山名の由来は山中で織物をする美しい女性「巻機姫」の伝説らしい

深田久弥さんは「巻機山というやさしい名前と共に、この隠れた美しい山を、私は上越国境中の一名山として挙げたい」と述べている

地図で確認すると南側には谷川連峰や武尊山があり、東側は尾瀬なので至仏山や燧ケ岳が有る

でもパッと見、山の同定が出来ないのがよそ者の悲しい所だ・・・
(燧ケ岳だけは双耳峰なので簡単にわかるのだが・・・)



ページ: |< << 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb