[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





31317.久しぶりに黒森バットレスへ 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2019年03月03日(日) 08時59分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 157KB

出発点より周回ルートを眺める   黒森・三角点峰より這い上がった尾根を眺める 鉄塔231よりの眺め


久しぶりに黒森山の東側懐に入って参りました
黒森山はなだらかな西条側からじっくりと押された力を新居浜側の絶壁で受け止めます

従って新居浜側から眺める沓掛・黒森はまさに絶壁のK2です (沓掛と黒森の頭文字を取って名づけた)

衝立の様な絶壁を沓掛・北東尾根、黒森東尾根、シャクナゲの尾で支えているのです
以前この中心部の支え、黒森東尾根を私的に黒森バットレスと名付けました
岩登りをする人達にとってはこれがバットレス?ってクレームが寄せられるでしょう

んがっ バットレスでいいんです
バットレスとは元々建築用語で壁をいろんな方法で支える(補強する)支柱壁みたいな物の事をいいます
登山用語では絶壁の山頂や尾根に向かってそれを支える様に鋭くせり上がって見える岩稜の事ですよね

黒森バットレスはこの岩稜にシャクナゲや天然ヒノキが生えているだけで角度的には申し分のないバットレスでんがな

伊予の鈍亀さんに会う度に「黒森バットレスとチチ山北尾根に連れてってや」とお願いされます。そして最後の殺し文句は「ワシには時間が残ってないんじゃけん」です
う〜〜ん  身につまされる殺し文句じゃ事!

時間が十分残っている犬返の若手(?)ホープ「能智さん」からも同じおねだりが・・・・

と言う訳で昨日雪の残る黒森東尾根からJパワー鉄塔231番を周回して参りました

このJパワー送電線鉄塔保線路がこの界隈に無ければ日帰りでの周回は不可能です
急斜面に付けられたこの保線路は四国一ワイルドな鉄塔保線路の一つです
ちなみに鉄塔には「電源開発伊新線」とありますが、高知県の奈半利川にある発電所まで延びている様です(Jパワー奈半利幹線)

西条側からの沓掛・黒森と新居浜側からの沓掛・黒森、稜線を挟んで全く対照的な山容です


エントツ山

  
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-2g-kamegamori.html



31318.Re: 久しぶりに黒森バットレスへ
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年03月03日(日) 10時43分
Original Size: 800 x 506, 281KB Original Size: 800 x 449, 135KB

エントツ山さん おはようございます

昨日は、念願の黒森バットレスを案内して戴きまして、ありがとうございました。

犬返仲間の能智さんのご希望で辻ケ峰や黒森山界隈を登りたいという事で、
色々とルートを検討する中で、急遽、黒森バットレスが決定し、
「私達も連れってって〜」と、便乗させて戴きました。

このルートは北に面している所が多く、今の時期、雪が心配されましたが、
エントツ山さん、前日に下見して戴いてお手数お掛けしました。

河又の土山谷川の入口から林道を行き、桜平橋の手前、ゲートのある所に駐車して出発!
黒森登山口の標識の所から電源開発の保線路を、229番鉄塔まで登って行く。
229番鉄塔のすぐ山側が、黒森バットレスの取り付きになります。

最初は、自然林の中を緩やかに登って行きますが、次第に様相を変え、
岩と桧の大木、ヒメシャラ、シャクナゲ等の細尾根に。
こうなると、木の枝に掴まり、潜り、大岩をよじ登り、いつもより激しいアスレチックな登りとなります。

兎に角、焦って落ちない様、先頭について行く。
能智さんは、若いだけあって、余裕でした!
途中で、雪がフローズンする頃にチェーンアイゼンを装着!
これで雪対策はバッチリでしたが、依然として油断ならない急な尾根!
所々、開けて、チチ山方面が見え、上部ではシャクナゲの尾も同じ高さに見え出して、いつもは見る事が出来ない景色に感激しました!

上を見上げて空が近くなってきて、平らな所に出たと思ったら、そこが、
黒森山の南峰で、一気に緊張が解けました!

三角点のある山頂で昼食。下山開始。

稜線の登山道も割と雪があって急斜面、注意を要しました。

“桜ナル橋”の目印ある分岐まで来て、エントツ山さんが「せっかくだから、
堂ケ平へ寄っていこうか?」というので、130メートル程激下り、
久しぶりに、堂ケ平の権現さん?に御対面出来ました。
登り返しがキツカッタ〜

下りのシャクナケの尾も岩尾根ですが、右手に登って来たバットレスの
尾根を振り返りながら、ワイワイと賑やかに下りました。

昨日程、“先達”がいてくれて良かった思った事はありません。
エントツ山さん、能智さんお世話になりました。



31319.Re: 久しぶりに黒森バットレスへ
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年03月03日(日) 10時45分
Original Size: 800 x 449, 133KB Original Size: 800 x 449, 134KB Original Size: 800 x 449, 135KB

1;桜平橋
2;登山口
3;229番鉄塔に到着!



31320.Re: 久しぶりに黒森バットレスへ
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年03月03日(日) 10時48分
Original Size: 800 x 449, 134KB Original Size: 800 x 449, 134KB Original Size: 800 x 449, 135KB

1〜3 這い上がり



31321.Re: 久しぶりに黒森バットレスへ
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年03月03日(日) 11時01分
Original Size: 800 x 450, 135KB Original Size: 800 x 600, 151KB Original Size: 640 x 480, 159KB

;黒森山南峰に到着!
2;チチ山方面を望む
3;堂ケ平にて



31322.Re: 久しぶりに黒森バットレスへ
名前:エントツ山    日付:2019年03月03日(日) 14時23分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB

黒森バットレスの終点を見上げる   チェーンスパイクで這い上がる  四国一を誇るワイルドな鉄塔保線路


伊予の鈍亀さん  今日は

先程母の介護施設から帰って来ました
今では随分施設環境に順応して家に居た時には「お茶がおいしい」とだけ言ってたのが、食事時に「おいしい」ってガバガバ食べております
ちゅう事は、私の作る食事がマズかったのかなあ? 

さて、念願の黒森バットレスへすんなりと行けましたねえ
皆さん普段からワイルドな歩きをされているからそう心配はしなかったのですが、無事下山した時はホッとしました
まあ、普段バリエーション歩きをしているのでそんなに危ない場所もなかったと思います

久しぶりに堂ヶ平の蔵王権現さんにご挨拶が出来て良かったです

登りもハードで、尾根歩きもハード、そして下りもハード
歩き甲斐のあるルートでしたねえ

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-2g-kamegamori.html


31315.山渓香川県の本 返信  引用 
名前:ヤマガツオ    日付:2019年03月02日(土) 11時18分
エントツ山さんこんにちは

分県ガイド高知改訂版購入ありがとうございます。

四国四県での改訂は高知が最後になりましたので、香川の本は以前出ているそうです。



31316.Re: 山渓香川県の本
名前:エントツ山    日付:2019年03月02日(土) 21時29分
ヤマガツオさん  今晩は

山渓分県登山ガイドシリーズは山歩きを始めた、特に中高年登山者への入門書的な位置づけですね

ハードでバリエーション的な場所は避けて、無難で安全な山とルートを紹介されております

最近の特徴は「縦走ルート」と「里山ルート」の紹介が増えてます
「高知県の山で」私的に残念なのは「石立山」や「野根山街道」が消えた事でしょうか

徳島の山で「石立山」は取り上げられておりますが、やはり石立山と言えば高知県の山とのイメージが強いです
(まあ、鹿害で魅力は薄れてはおりますが)

野根山街道は山のジャンルとしては異質なのでしょうかm
笹ヶ峰の土佐街道と共に高知の歴史的観点から残して欲しかったルートです

いずれにしても限りのある紙面に載せる山の選定には頭を悩ませた事でしょう

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-2g-kamegamori.html

31313.河津桜 返信  引用 
名前:toshi    日付:2019年03月01日(金) 15時28分
Original Size: 800 x 533, 118KB Original Size: 800 x 533, 147KB Original Size: 800 x 533, 136KB

エントツ山さん こんにちは!

今朝は、三野町にある河津桜を愛でに行って来ました。朝焼けの桜を
期待したのですが、低い位置に雲があったので時間を少しずらして出
かけました。途中、前が見えないくらいガスっていたのでガスの中の
桜を期待したのですが、少し小高いところにある桜の場所では全くガ
スが消えていて残念。
取りあえず、いろいろな角度から撮りましたが、今一ですね。

懐かしい出会いもありました。以前勤めていた会社で一緒に仕事をして
いた人に偶然逢いました。10年ぶりかな?奥さんがカメラをやっていて
師匠やと云ってました。腰痛の手術をしてから、会社を辞めたようです。

写真は、ガスに包まれた桜、朝日に映える桜、桜と遠くにガスに浮かぶ
天空の要塞?(実は砕石を切り出した残り)です。



31314.Re: 河津桜ってカンヒザクラとオオシマザクラの交雑種?
名前:エントツ山    日付:2019年03月01日(金) 22時31分
Original Size: 900 x 598, 164KB Original Size: 600 x 600, 152KB Original Size: 900 x 506, 163KB

沖縄など南方系のカンヒザクラ  伊豆大島近辺のオオシマザクラ  新しい「高知県の山」が出たぞ


toshi ちゃん  今晩は

静岡県の河津町で発見(?)されたって
何で沖縄の桜と伊豆大島の桜が交雑するんでしょうか?
カンヒザクラは鮮やかなピンクでオオシマザクラは白、河津桜は淡いピンクですね

三枚目の写真、確かに今流行の「天空の城」みたいですねえ
本音を言えばtoshi ちゃんも桜は白が好きでしょ?
やっぱり小学校、中学校の時に校庭でみたソメイヨシノの思い出が強いから・・


ところで、先日ヤマガツオさんから分県登山ガイド「高知県の山」改訂版が出るとの連絡がありましたが、新居浜の本屋さんにあったので購入

53もの山が収録されて充実してました
この分県登山ガイド本は初版のザッとした地図に比べるとGPSの普及により格段に正確になりました

去年の7月に「徳島県の山」も改訂されましたが、「愛媛の山」と一緒で私の好きな「縦走」も多く取り上げられる様になりました

県境の山も高知県側から捉えるとこうなるんか〜っと考えさせられる本ですね

「香川県の山」も改訂版出るんやろか? 出てるんやろか?


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-2g-kamegamori.html


31311.まだ遊べた毛無山! 返信  引用 
名前:kazashi    日付:2019年02月28日(木) 16時46分
Original Size: 640 x 426, 44KB Original Size: 640 x 426, 34KB Original Size: 640 x 426, 86KB

エントツ山さん、こんにちは!

昨日は雪山を探して四国の山は諦めて、久しぶりに岡山の毛無山まで
出かけてきました。駐車場に着くまでは、雪があるかなとドキドキでしたが
思った以上に残っていて、下山時はとても楽しめました。

薄曇りの天気でしたが、山頂からはきれいに大山も眺められて
この冬最後の?雪山遊びでした。
https://blog.goo.ne.jp/kazashi01/e/a729f8ed4355ca47f6e7ee605e4e1236



31312.Re: まだ遊べた毛無山!
名前:エントツ山    日付:2019年02月28日(木) 23時06分
Original Size: 1280 x 597, 165KB Original Size: 1280 x 647, 164KB Original Size: 900 x 675, 161KB

毛無山って中国地方に8山あるらしい  蒜山の南東にある毛無山ですね 谷割れっていうらしい

kazashi さん  今晩は

毛無山って中国地方に8つもあるってさあ
何処の毛無よ?
1の図でH記号の毛無山なのね
どうりで大山の展望所や

先日、カマちゃん、え〜ちゃんがベースキャンプのツアーで行ってた場所やね
やっぱり標高が低くても中国地方の山には例年よりは少ないとは言え、何とか雪が残ってますわ

「わた」さんが山スキーで氷ノ山へ行ってるんだけど、そのブログの中に「谷割れ」という用語が出てきます
谷を覆っていた雪が融けて沢が出てくる現象で、登山者としては美しい風景なんだけど山スキーヤーにとっては危険な場所になる

山も目的によって感じ方、捉え方が違ってくるもんやねえ

kazashi さんが選んだ場所だから責任を感じて夢までみちゃったのね
その気持ち良くわかる
だから一人で行くのがいかに気楽かって事だけどね
仲間と行く山の楽しさを知るとそうはいかん

ソロ登山と団体登山・・・永遠のテーマじゃね


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-2g-kamegamori.html


31309.赤石のツガザクラ 返信  引用 
名前:ばんぶう    日付:2019年02月27日(水) 22時51分
Original Size: 800 x 600, 297KB Original Size: 800 x 600, 142KB

管理人さん初めまして。初の書き込みさせていただきます。
いつも、ここに掲載された最新の山の情報を、山行に利用させてもらってます。ありがとうございます。今年は本当に雪が少ないですね。

嬉しくて思い切って書き込みを、赤石のツガザクラが国の天然記念物に正式に指定されましたね。官報に載ったとか。
地元、新居浜市民としてはうれしい限りです。今年は人が増えるかな、、、

オジサンですが皆さまよろしくお願いします。



31310.Re:「銅山峰のツガザクラ群落」が国天然記念物に指定されました
名前:エントツ山    日付:2019年02月28日(木) 07時47分
Original Size: 480 x 360, 92KB Original Size: 480 x 359, 155KB Original Size: 480 x 320, 105KB

新居浜市のHPより写真掲載 ツガザクラの花と保護活動の様子

ばんぶうさん おはようございます
生まれ故郷、新居浜のホットニュースをありがとうございます
平成31年2月26日付けで銅山峰のツガザクラ群落が国天然記念物に指定されたんですねえ


若い時は新居浜の別子銅山やアケボノツツジ、ツガザクラの事は殆ど知りませんでした
山歩きを始めて伊藤玉男さんの本を読んだり赤石山系や銅山峰を歩くようになって我が故郷も捨てたもんじゃないと思った事でした

伊藤玉男さんが元気な頃は銅山峰ヒュッテに憧山会の方達が集って銅山峰で保護ロープ設置や定点観測をされていたのを目にしました

銅山峰、花の目玉はアカモノとツガザクラですね
かわいいアカモノの花は四国の山を歩いていると結構見かけたものですが、ツガザクラは確かに全く見かけないですね

折角ですから新居浜市のHPからこの記事を引用させて頂きましょうか

**********************************

「銅山峰のツガザクラ群落」が国天然記念物に指定されました

平成31年2月26日、銅山峰一帯に自生している高山植物ツガザクラが、「分布南限に当たる良好な自生地であり、植物地理学的、生態学的、遺伝学的に価値が高い」として、国の天然記念物「銅山峰のツガザクラ群落」に指定されました。

なお、市内の国天然記念物指定は「一宮神社のクスノキ群」に続き市内2番目、県内では14番目の指定となります。

「ツガザクラ」とは
ツガザクラはツツジ科ツガザクラ属の常緑小低木で、樹高は低く10〜20 cm、5月中旬から下旬にかけて、枝先に数本の花茎を立て、先端に一個の淡紅色の小さな花を横向きにつけます。
花は釣鐘型で長さ6〜7 mm、縁は浅く5裂します。葉の形がツガ(栂)の葉に似ており、花の色がサクラに似ていることから名付けられたと言われています。

ツガザクラが銅山峰に自生している理由
ツガザクラは主に東北地方中部から中部山岳の標高約2500メートルの高山帯に自生していますが、銅山峰は国内の生育地の南限帯の中心であり、しかも標高約1300メートルという低山であるにも関わらず他に類を見ない規模の群落を形成しています。

四国内でさらに標高の高い石鎚山(標高1982メートル)や剣山(標高1955メートル)にはツガザクラは見られず、四国では銅山峰を中心とする一帯だけに生育しているものです。

平成19年に実施したDNA分析の結果、銅山峰のツガザクラは約80万年前の氷河期に日本列島に到来したものの生き残りと推定されています。
高山植物がこのような低山に残った理由として、「やまじ風」の強風が吹き抜ける気象環境や砂礫(砂や小石)質の土壌といった独自の環境が、ツガザクラの植生に味方したものと考えられています。

ツガザクラのより一層の保護を
平成9年に住友林業株式会社、住友金属鉱山株式会社、住友共同電力株式会社、新居浜市(旧別子山村を含む)の4団体によって「ツガザクラ自然保護協議会」が結成されました。
新居浜南ロータリークラブからの寄付金を元に保護柵を設置し、地元の登山愛好家グループ「憧山会」が中心となって定期的なパトロールや定点観察などの保護活動を続けています。

また、近年では新居浜南高等学校ユネスコ部も保護活動の担い手として精力的な活動を行うなど、次代への継承も着実に行われています。

今回の国指定においては、ツガザクラそのものが持つ希少な高山植物としての価値に加え、市民、企業、学校、行政が広く連携し、市を挙げての保護意識が定着していることも高い評価を受けています。
今回の国指定を機により一層の保護を図り、貴重な文化財であるツガザクラを後世に伝えていきましょう。

**********************************

新居浜南高等学校は別子銅山の歴史や背景について素晴らしいHPを作成されていますし、このツガザクラに関しても保護活動をされているんですねえ

生徒さん達も素晴らしいですが、良い先生がここに赴任されてこんな伝統が生まれて行ったんでしょうか


ばんぶうさん、山や花に興味がある若いたけのこが育ってくれる事を願いますねえ

ありがとうございました


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-2g-kamegamori.html


31307.大山 返信  引用 
名前:しん    日付:2019年02月26日(火) 21時19分
Original Size: 1953 x 1465, 127KB Original Size: 1953 x 1465, 167KB

こんばんは。皆さまにお会いできて嬉しかったです。

またまた会えましたねエントツ山さん。シマさんもエントツ山さんに会えて大興奮してました。写真もいっぱい撮って頂いてありがとうございました(^ ^)

我々は弥山西稜から剣ヶ峰縦走でした。雪が少なかったので剣ヶ峰は少し気持ち悪い感じでしたが

そうそう、リライブというアプリが面白いですよ。軌跡を3Dで再現してくれて非常に楽しい。こんなの出来るのはカシバードくらいだと思っていたので今後ハマってきそうです



31308.Re: 大山
名前:エントツ山    日付:2019年02月26日(火) 23時03分
Original Size: 719 x 733, 165KB Original Size: 800 x 599, 165KB Original Size: 800 x 599, 161KB

  しんクンの大山ログ    厳しい場所を歩いた後はいい笑顔じゃねえ あれ? やっぱテムレス?


しんクン
シマさん
マッキーさん  今晩は

そうか、西稜這い上がった後剣ヶ峰も行ってたんだね
安そうな尻セードソリなんか持ってるからどう見ても厳しい場所を上ってきた強者とは誰も思わんぞよ
その遊び心がキミ達の良い所だわ

遊び心では負けんつもりやけど如何せんもう歳や
老いぼれシーラカンス・クライマーに会って喜んでくれるんやから優しい人達やなあ

テムレスの手袋 結構多くの人が使ってるね
厳しい冬では手が冷たいけど、ピッケルを掴んでも滑りにくいし、指が比較的自由に動かせる事が出来るのがいいね


今度会う時はマーシーさんが横に居たら良いのですが・・・


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-2g-kamegamori.html


31293.伯耆大山〜氷ノ山 返信  引用 
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年02月26日(火) 13時07分
Original Size: 800 x 747, 363KB Original Size: 800 x 449, 134KB

エントツ山さん 今日は〜

この週末、24日から25日、伯耆大山、氷ノ山と、プチ遠征、
お疲れ様でした。

大山は毎年3月に登っていましたが、今年はまだ2月末だというのに、
雪はいつもより少なかったですね。

しかし、雪は大勢の登山者に踏まれて、締まっていてチェーンアイゼン
で快適に登れました。
これまでにない登山者の数で、弥山小屋や山頂、三角点は大賑わい!
流石、大山、こんなお祭り騒ぎもお似合いでした。

別山尾根等を登るクライマーや、剣が峰へ行く登山者も多かった。

下りはアイゼンに履き替え大山ならではの雄大な景色を楽しみながら
下りました。
車を大鳥居の所に停めていたので、ブナの林の中を下ったので、
ブナも満喫出来、大満足でした。



31294.Re: 伯耆大山〜氷ノ山
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年02月26日(火) 13時12分
Original Size: 800 x 450, 163KB Original Size: 800 x 450, 162KB Original Size: 800 x 450, 160KB

写真1;夏山登山道で着替え
  2;六合目避難小屋
  3;登る登山者



31295.Re: 伯耆大山〜氷ノ山
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年02月26日(火) 13時15分
Original Size: 800 x 450, 159KB Original Size: 800 x 450, 161KB Original Size: 800 x 450, 155KB

写真1;稜線上を見上げて
  2;山頂風景
  3;三角点にて



31296.Re: 伯耆大山〜氷ノ山
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年02月26日(火) 13時57分
Original Size: 736 x 800, 364KB Original Size: 800 x 449, 130KB

昨日(25日)は氷ノ山

大山に登った後、体力気力が残っていたら氷ノ山に行こうと話していましたが、
下山後、迷う余地なく、氷ノ山ね直行していましたね(笑)

氷ノ山、いい山でした。
雪山登山で有名な山くらいの知識しかなかったんですが、思ったよりも、
スケールの大きな山でした。

わかさ氷ノ山駐車場で前泊。
私達は車中泊、エントツ山さんは車の横で、テント泊。
この差は冬山では、天国と地獄の差位ありますね!

ルートはまず、氷ノ越コースから。
このコースは旧伊勢道を辿って、急な道を登ったあと、氷ノ越にでます。
氷の越にでると、青空が広がり、白く冠雪した山々がぐるりと見渡せて
テンション上がりました!
まず、左手の赤倉山に登ると、遠くに氷ノ山が見えてダイマミックな
景色に歓声が上がりました!

氷の山まで徐々に高度をあげ、展望と雪とブナの景色を楽しみました。

氷の山山頂避難小屋には、誰もいないと思って入ると、数人の人が
昼食中。

氷ノ山からは、下り調子で、アップダウンが続きました。
兎に角、真っ白な広い雪原に驚きました!
また、雪に覆われた斜面にブナ!
ほんとに、綺麗でした。

三の丸を通過。展望砦があって、大展望でした!

尾根を下り、スキー場の縁の急斜面を下って、駐車地点に帰りました。
わかさスキー場を取り巻く山々の周回が無事終わり、ホットしました。



31297.Re: 伯耆大山〜氷ノ山
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年02月26日(火) 14時00分
Original Size: 800 x 449, 160KB Original Size: 800 x 449, 155KB Original Size: 800 x 449, 158KB

写真¹;氷ノ越、到着
  2;氷穴にて
  3;赤倉山を後ろに



31300.Re: 伯耆大山〜氷ノ山
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年02月26日(火) 16時42分
Original Size: 800 x 449, 160KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 800 x 450, 145KB

写真 1:赤倉山から氷ノ山
   2:雪原を歩く
   3:山頂から下る



31301.Re: 伯耆大山〜氷ノ山
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年02月26日(火) 16時43分
Original Size: 800 x 449, 160KB Original Size: 800 x 449, 164KB Original Size: 800 x 449, 165KB

写真1;大雪原
  2;ブナ林を行く
  3;下山中、赤倉山方面



31303.Re: 伯耆大山〜氷ノ山
名前:エントツ山    日付:2019年02月26日(火) 18時24分
Original Size: 900 x 506, 165KB Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 900 x 675, 161KB

 元谷越しの眺め   最近本家よりシェー上手くない?  別山尾根ルートも岩が露出してヤバそう


伊予の鈍亀さん  今晩は

雪の大山 ギリギリ間に合いましたねえ
さすが大山は真っ白けですが、周りの下界にはほぼ雪が無いですわ
暖冬って一言で片付けられない現実ですね

それにしても最後の雪山を求めて大勢の登山者が詰めかけたもんですわ
駐車場が満車で留められないって事は今回が初めてです

石の鳥居付近に広いスペースがあって良かったです
お蔭で随分ショートカットでブナ林の中を歩けました

お二人共ストック無しでよう歩けるもんですたい
わたしら幼少の頃、婆やが「悪い子と遊んではなりませぬ」と外で遊ばせてくれなかったから足腰が弱くて・・・

北壁も縦走路も雪が融けて岩肌が露出してヤバそうでしたねえ

ログの時間を拝見すると上り2時間40分、下り1時間35分ですか
まあこんな所が精一杯ですね


エントツ山
 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-2g-kamegamori.html



31304.Re: 初めての氷ノ山(ひょうのせん)
名前:エントツ山    日付:2019年02月27日(水) 12時29分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 506, 159KB

ひゃ〜 熊の足跡だらけじゃん     氷ノ山へ雪庇が続く    山頂へ最後の上り


今季最後の雪山と決めた氷ノ山 良かったですねえ
初めての山は緊張感もありルートも確認しながら楽しいっす
時計回りの周回で正解でした

しかし、登り始めてからクマの足跡がわんさか
熊って人間の歩くルートと共有してるみたいに縦列行進してますねえ
案内板に書いてあるツキノワグマの餌は木の芽、木の実、昆虫となっており「人間」とは書かれて無かったのでちょっと安心

氷ノ越は鳥取から若桜(わかさ)を通ってこの峠を越えて京都府福知山にある元伊勢へのお伊勢回りに使われた旧伊勢道だったんですね
グランマー啓子さんに教えてあげなければ・・・・・

氷ノ越には大きなイグルーが造られていましたねえ
ここならテント泊出来ましたわ

反対側の赤倉山が雰囲気良く見えましたので登ってみましたが眺めも良くブナも素敵でしたねえ

氷ノ越に戻って尾根筋を上って行きますが氷ノ山の避難小屋が見えて目標を見ながらの尾根歩きでした

この尾根には雪庇があり美しかったです
氷ノ山への最後の傾斜は急でしたが爽快でしたねえ

冬の氷ノ山写真では避難小屋が雪に埋まっているのに連日の晴天で小屋の周りだけ雪が融けてたのが残念でした

それまで誰とも会わなかったのですが、小屋には数組登山者が居られたので少しお話をする事が出来ました
山で見知らぬ登山者と話を交わす事も登山の面白さ、楽しさの一つですね

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-2g-kamegamori.html



31305.Re:初めての氷ノ山(ひょうのせん)
名前:エントツ山    日付:2019年02月26日(火) 19時39分
Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 900 x 675, 149KB Original Size: 675 x 900, 164KB

 雪で埋まって欲しかった    三の丸に向かって爽快な雪山歩き  雪の重みでマンモス牙になった枝

氷ノ山から三の丸までのなだらかな雪尾根歩きは最高でした
なにせブナの林が沢山見えて雪の斜面に影を落としています
中々こんな景色は四国ではお目にかかれません

心配した雪の大緩みも無く背中に取りつけて来たスーパーワカンの出番も無くチェーンスパイクで十分でしたねえ

遠くに雪を被った山々が見えるのですが扇ノ山? 那岐山? ようわかりませんが眺めは良かったです
大山は残念ながら霞で見えませなんだ

何度振り返っても氷ノ山が見えるので、これを反対から歩くと氷ノ山が中々近づかない様な気がしてしんどいと思いました

三の丸展望所には冬でも使えるトイレがあって女性は助かる場所の様です

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-2g-kamegamori.html



31306.Re: 初めての氷ノ山(ひょうのせん)
名前:エントツ山    日付:2019年02月26日(火) 19時48分
Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 159KB

  三の丸展望所にて    細尾根をスキー場へ向かって下りる  下山はリフト上部からゲレンデの左端を下る


三の丸からぐるりと右に回り込んでスキー場リフト最上部まで尾根を下ります
ここからゲレンデを滑るスノーボーダーを眺めながら邪魔にならない左端をドンドン下ります

これが結構距離がありました
途中、尻セードをしていましたが料金を取られたら行けないので止めました

冬の氷ノ山 良かったですねえ
塔の丸などに雪が無くスノーシューツアーが出来ない山ショップの方々もこの氷ノ山ならちょっと遠いけど間違い無いですね

伊予の鈍亀さん
長い運転ありがとうございました
これからも集合場所を坂出コメリで待ち合わせとして遠征に行く機会もあると思います

宜しくお願い致します

エントツ山 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-2g-kamegamori.html


31287.七宝山・山系 返信  引用 
名前:夕暮れ隊344号    日付:2019年02月24日(日) 19時41分
Original Size: 494 x 535, 165KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 161KB

不動の滝より出発で七宝山より稲積山へ 上の駐車場は、車がいっぱい
歩いているのは、われわれ中高年のみ 若者たちに え〜あるいて〜
すご〜い なんてほめていただき ますますがんばるジジババでした。
志保山まで足を延ばして南七宝山経由不動の滝へ



31288.Re: 七宝山・山系
名前:夕暮れ隊344号    日付:2019年02月24日(日) 19時47分
Original Size: 450 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 450 x 600, 156KB

なかなかのものですこのコース。山桜の立派な木もあり瀬戸内の絶景
春にお勧めであります。



31291.Re: 中高年は四国を飛び出せ〜〜(その1 大山)
名前:エントツ山    日付:2019年02月26日(火) 06時31分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 156KB Original Size: 900 x 675, 162KB

去年の縦走した剣ヶ峰を眺める   雪山は晴天に限ります   しんクン、しまちゃん達に会ったぞ

344男爵  今晩は

七宝山山系は以前人気が無かった頃寂しく縦走して蜘蛛の巣だらけになった
それがいまじゃトレンディゾーンってか
世の移り変わりって読めないもんじゃ

車で来た若者から「すご〜〜」って言われて皆さん急に腰が伸びたやろなあ


こちらは先程プチ遠征から帰って参りました
目的地 その1は大山でした 
伊予の鈍亀さんが大山モンベルに問い合わせると「雪は4月の状態です」って・・・

むむっ 大山よ お前もか! 
まあそれでも腐っても大山、晴天の大山はそれなりに素晴らしかった

この掲示板でもお馴染みの風雲児しんクンと会いました
何でも北壁を這い上がって来たとかでロープを背負ってました
お正月に石鎚で会ったとしぞ〜さんもいい男だったけど、一緒に居たしまちゃんも男前やった
サンタのケンちゃんも美形だし(ちょっと酒が入ると気持ち悪いけど)、しんクンの周りは男前が集まるようですなあ
類は類(友)を呼ぶ??
一緒に来ていた八幡浜の女性も精悍やったわ

上から別山尾根を見てゾッとした
なにせ雪が切れて細尾根が尖って続いている
う〜〜ん あんな所を這い上がってきたんかなあ・・・

344男爵
古稀から2年先輩の伊予の鈍亀さんも普段から11キロ以上の荷物を担いでトレーニングしておりまっせ
このお蔭で元気に雪山歩いてましたから普段のトレーニングが大事やねえ


エントツ山 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-2g-kamegamori.html



31302.Re: 七宝山系
名前:エントツ山    日付:2019年02月26日(火) 17時13分
Original Size: 800 x 649, 108KB Original Size: 390 x 292, 45KB

思い出します その界隈   縦走路は蜘蛛の巣だらけやった


堂山夕暮れ隊344男爵殿

今日は堂山でお互い重たいザックでトレーニング 疲れ様でした
七宝山は「しっぽうざん」と読みます
七宝焼きの「しっぽう」やね

言われはまたぞろ弘法大師が仏教の七つの秘宝を埋めたとからしい
埋める現場を見た人が誰もおらんからウワサやろ
弘法大師の話は全国にありますけんど、お大師さんもそうはあちゃこちゃ修行をする時間もなかったろうに・・・

大体が色即是空の仏教が現生的な宝、金、銀、ルリ、水晶、シャコ貝、珊瑚、めのうなどの宝物を設定する事自体仏の道に反しとる
身を清める修行をするのに金銀財宝を持ってくる訳がない
そんな話を信じたむらくも・ピオーネ両家の先祖は甘い!
それにしても七宝山ってのがここに3山程あるのは WHY? やっぱりお宝があるんじゃろか・・・

故に七宝山に秘宝はないじゃろねえ
私がその秘宝を探しにいって毛虫と蜘蛛の巣と熱中症にやられてもう少しで私自身が悲報となるとこじゃった

高速道路を愛媛からの帰り、大野原を過ぎると左手に魅力的な山塊が現れる
これが「七宝山系」(しっぽうさんけい)と呼ばれているらしい
七宝連山とか呼ぶ人もいる様です

今回344男爵が引き返した志保山から向こう、詫間峠までが面白い
この辺りに七宝が埋まってそうだから今度はその続きをトライしてね


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-2g-kamegamori.html


31289.猪鼻の滝 返信  引用 
名前:kamatama    日付:2019年02月25日(月) 19時18分
Original Size: 640 x 480, 88KB Original Size: 640 x 480, 89KB Original Size: 640 x 480, 89KB

エントツ山さん、こんばんは。

猪尻の滝、見てきました。
「橋の横にトロトロと流れ落ちるドブの様な場所」とおっしゃいますが、
なかなかどうして、小ぶりながらも捨てたものではないと思います。
それなりによろしのでは。



31290.Re: 猪鼻の滝
名前:kamatama    日付:2019年02月25日(月) 19時32分
Original Size: 640 x 480, 82KB

うどんが最高でした!



31292.Re: 中高年は四国を飛び出せ〜〜(その2 氷ノ山)
名前:エントツ山    日付:2019年02月26日(火) 06時31分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 506 x 900, 155KB Original Size: 900 x 506, 152KB

氷ノ山キャンプ場登山口付近でテント泊 氷ノ越・尾根筋から氷ノ山  三の丸から氷ノ山 


カマちゃん  今晩は

県道39号線を通ってルリイチゲを見に行ったのね
猪鼻の滝はカマちゃんが撮ったアングルしか滝写真としての価値はありませんね
それを良くご存じの上で郷土のフォローをしている・・・これぞ図書館長の鏡!

確かに愛媛の滝を見てちょっと私も目が肥えすぎてたかもね
大体が橋の袂から落ちる滝ってあんまり無いものだから
今度は正面からこの滝を美しく撮ってあげて下さい

ところで、こちらは伊予の鈍亀さんと氷ノ山へ行ってきました
土地勘が無い場所だけに周りの山々の名が分かりません
でも、中国山地の雪に覆われた山のブナ林は素晴らしいわ
四国には無いね

大山の後、氷ノ山に回ってテントが張れる場所があるか心配でした
ちょうど無料駐車場ってのがあって雪もそこだけ無くて問題なくテントが張れました

ザックでのテン泊は軽くて小さなテントしか持って行けないけど、車の横だから以前ベースキャンプで買ったファイントラックのカミナドームIIを持って行きました

地元の登山者に聞くとモンスターが出来るのは1月までで最近は2月は春山に近いとの事
確かに霧氷は全く見られませんでしたが、代わりにツキノワグマの足跡はワンサカみました

冬の氷ノ山はとってもいい山ザンス

エントツ山
 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-2g-kamegamori.html


31250.毛無山 返信  引用 
名前:kamatama    日付:2019年02月17日(日) 20時31分
Original Size: 640 x 480, 84KB Original Size: 640 x 480, 81KB Original Size: 640 x 480, 90KB

エントツ山さん、こんばんは。
今日は、え〜ちゃんと山歩クラブで毛無山に行ってきました。

登りはじめは青空もありましたが、途中からガスガスで、山頂からの展望もなし。
避難小屋から上、ワカンを借りました。
すごく良い!楽や!欲しい!
え〜ちゃんはスノーシューで遊んでました。



31253.Re: 佐々連尾山
名前:エントツ山    日付:2019年02月17日(日) 21時56分
Original Size: 640 x 480, 160KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 163KB

 雪たっぷりの佐々連尾山


カマちゃん  今晩は

ベースキャンプの毛無山スノーシューハイクですか
やはり中国地方は低山とは言え雪が結構ありますね

ワカン? の事はよく わかんない
そんなに気にいったのかねえ
スノーシューは浮力があるからたっぷり雪の上に強く、
ワカンは斜面に強いって話は聞いておりますが・・・・・

四国も雪山は来週の暖かさでほとんど解けるかもね

佐々連尾山界隈は標高が低いのだけれど霧氷は出来やすい場所やわ
アプローチも良いしここは霧氷とアケボノの穴場かもね

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-2g-kamegamori.html



31266.Re: 干支の山リベンジ〜
名前:え〜ちゃん    日付:2019年02月18日(月) 20時59分
Original Size: 640 x 480, 88KB Original Size: 640 x 480, 86KB Original Size: 640 x 427, 80KB

エントツ山さん、こんばんは!

昨日はkamatamaさんと岡山の毛無山へ行き〜ガスで何も見えない山頂からスノーシューで楽しみながら下山したら・・太ももの上の方が筋肉通(*_*)
それでもkamatamaさんと干支の山/猪鼻山へリベンジです!今度は間違わずに行けるかと?思ったら・・再び分岐で右へ〜最後は崖で・・おかしい?とログを見ると間違ってた(*_*)
引き返すと、分岐はテープも有るし、右は行かない様に3本の倒木を置いて有る!・・何で間違えたのか?

再び正規のみち?を歩いて猪鼻山山頂へ〜(^^)/
帰路にお花も見てフキノトウを採取して二人満足して帰路に〜(kamatamaさんは筋肉痛も無いらしい〜?若さ?)

やっとリベンジして来た猪鼻山〜



31276.Re: 未熟者達よ!
名前:エントツ山    日付:2019年02月19日(火) 05時43分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 165KB

イノシシだって間違わんぞ  あっちゃこっちゃにテープ貼っとるのに コーナーには通せんぼの枯れ木まで置いてある


え〜ちゃん
カマちゃん  今晩は

トーゼン エントツ山に非難されるのを覚悟の投稿やろね
こりゃ期待に応えにゃならんバイ

大体がベースキャンプのツアーにお任せで柳生さんや新子ちゃんの後を追(つ)いて行ってるからそんな事になるんやないの!
ツアーに参加してもボケ〜と追(つ)いて歩かんと、ちゃんと地図とコンパスを持って主体的に歩かなアカンぞ!

こんな短くて単純な尾根でミスをするってチョー初級者レベルやで!
何年山歩きしてるのかなあ? (おっと私より山歴が古かった・・・)
もっと大人になれ! っても既に爺さんか・・・

君たちの為にあれだけのテープと通せんボクを主義に反して置いてあるって言うのに

堂山の恥や!!


堂山隊344軍曹、 これぐらい言ってやれば良いでしょうか

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



31281.今日こんなことが有りました
名前:アンジーパパ    日付:2019年02月20日(水) 20時37分
Original Size: 225 x 401, 71KB Original Size: 605 x 807, 346KB

エントツ山さん今晩は。
えーちゃん、kamatamaさん今晩は。
午後から時間が空いていたので2年ぶりに綾歌の城山南尾根を歩きました。
さほど荒れても無く羊歯も刈り取られていて歩き易い状態でした。
リュックを背負わない場合はスマホのYAMAPを利用しているのですが尾根を歩いているはずが
を歩いているはずが軌跡は大きく外れています。
ピストンしたので帰路は正しい軌跡が取れています。
初めての経験ですが頼りっぱなしはダメダメということですね。

因みにこのルートは静かな上に所々開けておりこの時期は南斜面なので
日が当たれば温かいです。



31282.再度笠形山
名前:アンジーパパ    日付:2019年02月20日(水) 20時56分
Original Size: 801 x 514, 303KB Original Size: 303 x 404, 94KB Original Size: 605 x 807, 103KB

前回投稿後鉄塔巡視路を辿ってみました。
猪の鼻林道から取り付きましたがどうも古い巡視路と新しいのが有るようでした。
古いアングルが取り外されていないようで往路は古い方から入り
帰路は新しい方(林道上部)に出ました。
その間の距離は300−400mだと思います。
新しい方が歩き易かったです。

笠形山林道登山口へは往路は尾根を通しましたが最後に少し藪でしたが
概ね歩き易い路でした。
林道登山口から上部は巡視路を辿りましたがあまり面白くありませんね。
尾根を直登の方が楽しいかもです。

今回は尾根を東へ辿り△柏原を踏んで戻りました。
△猪ノ鼻から西へ境界を辿り鉄塔巡視路へ戻ろうとも思ったのですが
次回の楽しみにしておきます。

柏原渓谷渡渉店 エントツ山さんが駐車した場所の電柱のNO
前に懐かしの島が峰、後方に竜王



31283.Re: 綾歌の城山南尾根
名前:エントツ山    日付:2019年02月21日(木) 10時14分
Original Size: 1024 x 640, 164KB Original Size: 900 x 834, 160KB Original Size: 800 x 600, 96KB

二年前に歩いた城山南尾根と同じルートですね  南尾根ルートは快適でした 登山口にあった勝速神社

アンジーパパさん  おはようさんでござる

花粉症のシーズンに入ったからドクトル・アンジーさんは忙しいでっしゃろねえ
猿には花粉症がある事がわかっていますが、アンジー犬の場合はどうなんでしょう?

アンジーパパさんが2年前にあの谷に入り込んだトラウマがログに残っていたのでしょうか
尾根筋ではそんなに振れる事は少ないのですが機械もアテにしてはならないって事でしょうかねえ
まあ、人間のヤマ勘よりは頼りになります

私のスマホはジオグラフィカを使っておりますが、これがよくログが直線になってしまう時があります
インターネットで検索してもこんな質問が結構使用者から寄せられており、電池が少ない場合とか、バージョンが古い場合とか・・・
一見便利な世界ですが、裏側を見ると色んな欠陥、不具合があるのでしょう
地図アプリなどをどのように開発するのか、それさえもチンプンカンプンです

写真の神社は見ておりません
登山口に「勝速神社」(かつはやじんじゃ)というのがあって、場所柄 祭神はスサノウノミコトとか猿田彦神とか倉稲魂神(うかのみたまのかみ)、櫛稲田姫命(くしなだひめのみこと)とか農業に纏わる神様らしいですね

勝速の文字から勝負事の神様とも言われている様です
半日で歩ける里山はいいですねえ

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-2g-kamegamori.html



31284.Re: 猪の鼻〜笠形山界隈
名前:エントツ山    日付:2019年02月21日(木) 10時34分
Original Size: 900 x 719, 165KB Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 675 x 900, 164KB

先日のログに鉄塔番号を入れてみました  笠形山の南側  何コレ? 猪鼻の滝


笠形山の鉄塔保線路を稜線まで行って三角点「前ノ川」を踏んでこられましたか
途中面白い砂岩の細尾根があったでしょ? 里山を歩いていて細尾根や岩場が現われると楽しいですねえ

私も個人的には鉄塔115番からの尾根直登ルートを歩きたかったのですが、アンジーパパさんの宿題に答えて鉄塔保線路を歩いてログを取りました

帰りは多少周回を面白くする為に前回の宣言ルート三角点「笠形」から北西尾根を下りました
途中、急傾斜で尾根が不明になりましたが、すぐ右手に尾根が現れたので復帰しました

尾根がはっきりしない平坦な場所は少し下りて左右を見ると必ず途中から尾根筋が又現れますね

今回、グーグルマップで猪鼻山登山口近くにある「猪鼻の滝」を楽しみにして歩いたのですが、橋の横にトロトロと流れ落ちるドブの様な場所が・・・
がっかりでした

え〜ちゃん、カマちゃんコンビの様に多少尾根を間違っても笑い話で済まされるのが里山の良い所です

シャバの社会生活でも変化が急速に進んでいますが、お山の世界でもこれだけスマホが活用される時代が来るとは全く予想しませんでした

時代の波に逆らうのが良いのか、流されるのが良いのか・・・
色々悩むのも後そう長くは無いのですがね

エントツ山
  

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-2g-kamegamori.html



31285.Re: 猪鼻滝〜
名前:え〜ちゃん    日付:2019年02月21日(木) 17時02分
Original Size: 640 x 480, 93KB Original Size: 640 x 480, 99KB Original Size: 640 x 427, 57KB

エントツ山さん、こんにちは!

長くなりますが〜続きますね〜先ほど帰宅しました!
猪鼻山へ最初行った時は鉄塔保線路で猪鼻線まで降りて‥(*_*)
今日は柏原渓谷から渡渉して〜の所の確認と干支に関係する猪鼻滝を確認するために出かけました〜(本当は県境の花散策ですが曇り空)

エントツ山さんの写真が猪鼻滝です、柏原渓谷のキャンプ場の管理人に確認しました〜猪鼻山への渡渉する登山口もカーブミラーを確認して(カーブミラーの横に真鍮の三角点の基準点?が有りましたね)
渡渉してテープをたどると・・ず〜とテープが付いていました!途中で引き返して・・県境へ〜ユキワリイチゲは早そうですね〜アワコバイモも咲いていました(^^♪
干支の山を登るには、干支の滝を見てから〜登った方が良いかも?



31286.Re: 毛無山
名前:エントツ山    日付:2019年02月22日(金) 09時10分
Original Size: 900 x 675, 137KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB

鉄塔115番から見る「猪ノ鼻」山  猪ノ鼻尾根にある境界石標  猪鼻滝を探しながら下りる

え〜ちゃん  おはよう

昨日堂山で344軍曹に会って「え〜ちゃんへの苦言はあれ位で良かったでしょうか?」と聞くと「いや まだ足らん!」言われました

要は「間違ったとは言え、これだと判断した尾根を進んでいるのにそこで又尾根歩きを間違って崖に出るってミスにミスを重ねている」ってよ

やっぱ地形図の読図力を付ける事が大事かな?
っても今更なんだけど、もうあまり知らない場所をウロウロしない方が良いって結論でした
秘密の花場所巡りに徹しましょう

鉄塔保線路を沢沿いの道に出てから滝を期待しながら歩きました
結局、柏原渓谷線に合流する橋の袂に水が落ちていた
う〜〜ん これが香川県では地図に載る程の名瀑と言うのか・・・・

道迷いでは引き返す体力、気力が必要じゃね
堂山を一緒に歩いて足腰を鍛えましょうぞ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-2g-kamegamori.html



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb