[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





30015.竜ヶ岳と御在所岳 返信  引用 
名前:ストーンリバー    日付:2018年05月13日(日) 17時06分
Original Size: 800 x 533, 149KB Original Size: 800 x 533, 149KB Original Size: 800 x 533, 149KB

エントツ山さん こんにちは

11〜12日で鈴鹿の山(竜ヶ岳と御在所山)へ登って来ました。

竜ヶ岳は4年程前にシロヤシオが咲く山だと知り、去年行く予定でしたが
花付きが極端に少なかったので行くのを取り止めた山です。

まだ少し早いのは分かっていましたが、天気が晴れマークだけの日は花が映えるし
終わり掛けより良いのではと10日の夜に急遽決めて行くことにしました。

11日AM1時過ぎに家を出て6時半に竜ヶ岳登山口がある宇賀渓キャンプ村に着きました。
6時40分から林道を約20分歩き遠足尾根登山口より登山開始。
遠足気分では登れない程、急な植林地を喘ぎながらやっと尾根に出た時はホッとしました。

暫く進むと展望が開けて中腹あたりでは満開のシロヤシオが迎えてくれました。
此れでもかと続くシロヤシオのトンネルに大興奮!四国では想像がつかない位の本数です。

山頂に続く笹原斜面では満開に成れば白い羊の群れの様に見えるそうです。
斜面のヒツジはまだ少し緑ががった羊でしたが、四国では見れない景観に大満足。

山頂からは360度の展望、北は御池岳や藤原岳方向、南に鎌ガ岳、御在所岳方向
東には伊勢湾や市街地、西には京都方面が見渡せて素晴らしい眺望です。
遮るものが無い山頂は風が強い日が多いそうですが、穏やかな天候に恵まれのんびり楽しめました。

下りは金山尾根から。このルートも急坂でしたが、シロヤシオ、イワカガミ、滝も見えて良かったです。
下山後は温泉で疲れを癒して明日の御在所岳に備えました。

シロヤシオのトンネル
ピンクと白のシロヤシオと御池岳
山頂方向



30016.Re: 竜ヶ岳と御在所岳
名前:ストーンリバー    日付:2018年05月13日(日) 17時08分
Original Size: 800 x 533, 145KB Original Size: 800 x 533, 148KB Original Size: 800 x 533, 146KB

竜ヶ岳山頂(1099.6m)から伊勢湾方向
羊の群れを見ながら下山 中央左は藤原岳
シロヤシオ咲く金山登山道を下山



30017.Re: 竜ヶ岳と御在所岳
名前:ストーンリバー    日付:2018年05月13日(日) 17時11分
Original Size: 640 x 426, 148KB Original Size: 800 x 533, 147KB Original Size: 800 x 533, 148KB

12日は一ノ谷新道〜御在所岳〜中道と歩きました。

一ノ谷新道は木の根を掴みながらの急登やロープの掛かった岩場と急な登りが続きました。
イワカガミが登山道にずっと群生して上の方ではまだ綺麗な花が多くて、シロヤシオも咲き
花に癒されながら急坂を頑張りました。
登りきるとスキー場の前の舗装路に出て少し興ざめ。遊歩道で山頂へ。

山頂には一等三角点と三重県と滋賀県の県境標識があります。
すぐ近くの望湖台からは琵琶湖も望める絶景でした。

下山の中道コースは奇岩が露出していて変化があり面白かった。
岩場からは眼下に四日市市や伊勢湾の眺望が良かったです。
登って来る人の方が多くてスライドに大変でしたし、急な下りは疲れました。

ロープウエイで手軽に登れるので山頂には観光客が溢れていましたが、
それ以上に登山者が多くて鈴鹿一人気の魅力ある山だと思いました。

御在所岳頂上
中道コースの地蔵岩
見晴台より鎌ケ岳



30018.Re: 竜ヶ岳と御在所岳
名前:ストーンリバー    日付:2018年05月13日(日) 17時13分
Original Size: 800 x 533, 149KB Original Size: 800 x 498, 149KB Original Size: 800 x 499, 147KB

五合目より山頂を振り返る
御在所岳ログ
竜ヶ岳ログ



30021.Re: 船窪のオンツツジ 出し抜けたかな?
名前:エントツ山    日付:2018年05月14日(月) 17時35分
Original Size: 800 x 744, 164KB Original Size: 1280 x 490, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB

鈴鹿山脈の場所(ちょっと画像が荒れてますけど) スマホでパノラマ写真 トップモデルの口紅色〜

ストーンリバーさん 今日は

鈴鹿山脈の竜ヶ岳と御在所山へ行かれましたか〜 
キャンプ村で車中泊?

そうそう 白い花は曇り空には映えません
十分羊の群れになっていますよ  凄いですねえ

御在所山は先日 麻耶テルさんからレポを頂いた時はアカヤシオでしたが、今はシロヤシオなんですね
その現代アートの様な岩! 印象的ですねえ

今日、高越山の寂しい一等三角点を踏んで来ましたが、御在所岳の一等三角点は豪華ですわ

ストーンリバーさんには霧氷から始まって雪山、春山の花と全て出し抜かれていますので、遠征疲れで休んでおられるであろうこのチャンス!
満を持して船窪のオンツツジへ本日出し抜いて行ってきました

ここも花が早くて今週一杯で散るかもしれませんぞ

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-10g-tanigawadake.html



30022.Re: 徳島の船窪へのアクセス
名前:エントツ山    日付:2018年05月14日(月) 22時10分
Original Size: 745 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 165KB

  船窪へのアクセス      結構花も散ってます     近くに高越山もあるでよ

オンツツジの船窪へは高速「脇町」インターで下りて穴吹橋か次の岩津橋で吉野川右岸の国道192号線へ出て徳島方面へ進む

山川町で国道193号線に右折する (愛媛、香川方面から来た場合)
この国道は神山・岳人の森〜雲早トンネルへと続く道です

国道193号線に入って10分弱進むと右手に「高越山」方面のデカい道路標識があるのでそれに沿って右折する

しばらく進むと「高越大橋」というデカい橋を渡ってT字路を左折すると、後は船窪までほぼ一本道です

船窪から高越寺の駐車場まで車で5分、歩いて20分(1.5km)
高越寺駐車場から高越寺まで約20分、山頂まで5分程です


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-10g-tanigawadake.html



30028.船窪オンツツジ公園〜高越山へ行ってきました
名前:takahama    日付:2018年05月16日(水) 23時45分
エントツ山さん 今晩は〜

出し抜けたのじゃないでしょうか?
きょう少し早起きして公園入口、高越山駐車場までは車で行きました。
ツツジは終わりかけのもありましたが、良い所でした。
ツツジ公園もぐるっと回ってみましたがエントツ山さんのパノラマの所を探したのですがしたのですが同じようには撮れませんでした。ワラビとイタドリを少し採ってきました。

高越山は三角点や奥の院まで行き弘法大師像の裏手をくだり駐車場まで戻りました。
お寺の休憩所の前の所に水浴びをしているヤマガラがいました。エビネやクリンソウ・石楠花がきれいに咲いてましたね。

帰りにマイントピア別子で芍薬を見て帰ってきました。きれいに咲いてました。
情報ありがとうございました。


30030.Re: 竜ヶ岳と御在所岳
名前:エントツ山    日付:2018年05月17日(木) 20時11分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 157KB Original Size: 900 x 675, 158KB

あんまり上から眺める場所が無いのよね  何と言う色なんでしょう 昔は高越山の展望所から船窪が良くみえたんだけど・・・


takahama さん  今晩は

ストーンリバーさんのシロヤシオも清楚で美しいけど、オンツツジの朱は人間の品種改良で出したチューリップの様な鮮やかな色ですねえ

何故あの辺りだけにあんなデカい樹が群生しているのでしょうか

昔、高越山の尾根岩展望所からミステリーサークルの様に見えた船窪ですが、今は付近の植林が成長して殆ど見えなくなったのは残念です

花は人間に見せる為に装っている筈もないんですが、人間の視覚に強烈な美的印象を与えるんでねえ

これだから山歩きは止められません


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-10g-tanigawadake.html


30012.まだ間に合ったアケボノ 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2018年05月13日(日) 16時17分
Original Size: 586 x 800, 164KB Original Size: 800 x 590, 161KB Original Size: 800 x 565, 156KB

@魔戸ノ滝 水量は大目でした A石ヶ山丈の展望地から見る兜岩と西赤石 Bちち山〜黒森山の稜線が見える

エントツ山さんこんにちは。

先週は涼しかったので週末は沢はやめにして、どこに行こうか迷っていると、エントツ山さん情報ではまだ西赤石にアケボノが残っているとのこと。
ならば数年ぶりに行って見ることにして、せっかくなのでこの掲示板で紹介のあった魔戸ノ滝登山口から石ヶ山丈経由で兜岩直登で登ってみることに。

前日、職場の飲み会があり、翌日があるので9時には帰宅したのですが、翌朝起きると二日酔いで頭がガンガンしながら登ることに。
昨日は気温も高く、二日酔いの影響と相俟って序盤から汗が止まらず、普通の汗と冷汗を同時にかいてるような感じでした。

このコース、赤テープはちゃんとあるし、笹も全部枯れて迷うことはありませんでしたが、急登に継ぐ急登でなかなかハード。体調が今一なので東平からにすれば良かったと後悔。
結局、兜岩まで2時間半強の目標が3時間10分でした。

肝心のアケボノはまだ花が残っており、十分に鑑賞できました。まだ蕾の木もあったりして、今年は早く咲き始めましたがロンググランだったですね。
昨日は秋の石鎚のように登山者も多いものと思いましたが、意外と少ないのに驚きました。

余力があれば西赤石→物住ノ頭→上兜山→串ヶ峰→窓ノ滝登山口と周回して下山する予定でしたが、すっかり疲れてしまい、次の機会としました。
下山は遠回りとなりますが、上部鉄道跡を歩いたことがなかったので、東平方面へ下って軌道跡を停車場跡まで歩いてみることに。

一部崩れている箇所はありましたが概ね石垣などは残っており、よくまあこんな急斜面に鉄道を引いたものだと、今更ながら感心しました。大きな幅のトラバース道を歩いているような感じでした。



30013.Re: まだ間に合ったアケボノ
名前:弁天山    日付:2018年05月13日(日) 16時18分
Original Size: 800 x 560, 163KB Original Size: 800 x 563, 164KB Original Size: 800 x 584, 158KB

C兜岩から見る西赤石 アケボノまだ残っていました D兜岩から見る登ってきた石ヶ山丈の稜線 E少しガスが上がってきた



30014.Re: まだ間に合ったアケボノ
名前:弁天山    日付:2018年05月13日(日) 16時19分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 164KB

F上部鉄道跡を歩く Gレンガ造りの橋脚 H沈殿池跡



30020.Re: まだ間に合った西赤石のアケボノ
名前:エントツ山    日付:2018年05月14日(月) 16時45分
Original Size: 1024 x 576, 160KB Original Size: 674 x 900, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB

これが今年最高の咲き具合だったでしょうか  ヘンな格好で眺めましたぞ 上部鉄道跡も雰囲気あるでしょ?


弁天山さん  今日は

魔戸の滝から石ヶ山丈尾根を兜岩、帰りは上部鉄道を石ヶ山丈駅跡へ周回したんですね

最近は日浦とか東平の寛永谷とかがもう歩き足りてなるべくヘンテコリンなルートで行く事が多くなりました

先日、東平から西山への直登ルートを伊予の鈍亀さんに続いて歩きましたのでほぼ全ての西赤石ルートは歩いた事になります

魔戸の滝ルートは犬返し仲間もドンドン歩いてくれる様になりましたわ
東種子川造林小屋から兜岩への藪尾根も今では笹が枯れて歩き易くなっている様です

でもアカモノ、ツガザクラの咲きだした頃はやはり王道を歩いた方が楽しいですね

二日酔い登山はダメですよ
以前 kazashi さんが木の根触れ合いの森で宴の翌日、腕組みをして苦しそうに最後部を歩いてましたわ

まあ昔から山男は酒豪が多いから酒の逸話は沢山ありますね

エントツ山
 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-10g-tanigawadake.html


29982.もしかしたら 返信  引用 
名前:keitann    日付:2018年05月11日(金) 22時26分
Original Size: 640 x 480, 134KB Original Size: 1993 x 933, 133KB Original Size: 800 x 600, 142KB

エントツ山さん、こんばんは。

昨日はエントツ山さんの故郷の山・・・西赤石に登られましたか?
当方は昨日は九州在住の主人の友人を案内してこの時期珍しく、石鎚でした。
山に登れない主人が成就社まではなんとか同行し、その後は車をロープウエイ乗り場から
土小屋まで回してくれたので、ピストンせずに済みました。
アケボノツツジは東稜分岐から筒小屋に行く途中に多かったので、ピストンしなくて良かったです。
昨日はこの時期にしては素晴らしい展望で赤石山系もはっきり見えてましたよ。

またデンマークからきているというお遍路の女性やドイツの若者にも出会ったり四国の山も国際色
豊かになりましたね。英会話を習い始めたという主人の友人がドイツの若者に、いろいろ教えてましたが
若者は瓶ヶ森まで行きたいと言ってました。

それで、主人の友人と途中一緒に歩かれていたのが、どうもリップさんではないかな?と後から
気づきました。お顔を存じ上げないので、挨拶できませんでしたが、トイレの掃除をされていると
主人の友人が聞いたそうなので・・・。

白っぽい服装の方もしかしたらがリップさん?

弥山から沓掛山や赤石山系方面

アケボノと石鎚



29987.Re: もしかしたら
名前:エントツ山    日付:2018年05月12日(土) 22時26分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 160KB

  チチ山北斜面の花


keitann さん  今晩は

今日はヤマシャクヤクの大群落を見にチチ山北斜面へ出かけてきました
(うそぴ〜) 偶然「炭の道」を歩いていたら見つけました

他にも沢筋にお花畑があり花好きの我々(マーシー、伊予の鈍亀)は花に気を取られて中々先に進めませんでした (うそぴ〜)

石鎚でしたか
雰囲気的にはリップさんの様な気がしますが本人が出てこないとようわかりません
ご主人のお役に立てて良かったですねえ

今日は讃岐乙女隊でワンワンさんと安芸太田市へ花散策ですか
瀬戸内海を挟んだ交流 いですね
又おやつばっかり食べて道の駅で買った食べ物を一杯トランクに積んで帰った事でしょうねえ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-3g-daisen.html



30002.Re: 石鎚山
名前:リップ    日付:2018年05月13日(日) 12時44分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB

こんにちは、ご無沙汰してます、山は元気に登ってますよ。
keitannさん、おそくなりました、ごめんなさい、10日に私、石鎚掃除行きました、ヘリコプター何度も飛んでましたね、ヘリ見たくて頂上に12時から1時までいました。
思い出しました、九州のお知り合いの方は黄色い服のすらっとした人ですね、早いので付いていけず先に行ってもらいましたが後から来てたのがkeitannさんですね?あらまあ!掃除もほっぽらかして弥山に1時間も居たのにお話もしないで残念です。

エントツ山さんアケボノそろそろ終わりね、今年イシヅチザクラがすごいのよ、石鎚にあんなにあるとは知らなかった。

明日から穂高行きます、天気は良さそう、体力全然自信ないです、毎年5月3日に歳が増えるのよ。

最近PCが変だから写真がうまく貼れるかどうかわかりません。



30006.Re: もしかしたら・・・ やっぱり!
名前:エントツ山    日付:2018年05月13日(日) 13時34分
リップ姐  こんにちは

前線が明日頃には東に通過するので穂高は良い天気になりそうですね
やはり遠征は天気を見ながらでなければ勿体ないですわ

一度だけ私もマーシーさんと雨の槍ヶ岳へ行きましたが全く展望もなく面白くありませんでした

keitann さんの義理登山に丁度石鎚で花好き豪傑同士が会ってたんですねえ
初対面でなくとも「う〜〜ん この人 どこかで会った事あるんだけど・・・」って思う事は結構ありますね

そんな時は何かヒントになる質問をしたりして思い出します

穂高はまだ残雪が多いと思います
四国には無い雪山を楽しんで来てください


エントツ山


30010.Re: もしかしたら
名前:keitann    日付:2018年05月13日(日) 15時47分
Original Size: 800 x 600, 116KB Original Size: 800 x 1067, 127KB Original Size: 1024 x 768, 72KB

エントツ山さん、リップさん、こんにちは。

今日は雨で、私としてはよい休養日になっています。
何しろ昨日は遊んだ後の家事やら畑仕事が満載で、ピオーネさんからお誘いがあった
サルメンエビネのお花見もさすがにお断りしました。

リップさん、お返事ありがとうございます。
もっと早く気づけばよいのに、土小屋へ向けて下山し始めてしばらくして、気づいたもので
ご挨拶をしそびれてしまいました。
後で主人の友人からトイレ掃除のことをお聞きして、もしかしたらリップさんかしらん?と思い
もしそうなら、そのトイレ掃除の方はただのおばさんではなく山歩きのベテランの方ですよと主人の
友人に話したのです。そうしたら、5月に奥穂に行くとおっしゃっていたというので、ますます、そうだと
確信しました。穂高は主人の友人の方も以前はGWによく行かれていたそうなので、その頃の雪の状態など
アドバイスしたそうです。
そうですか、山伏の方とお話しされているときに気づいてもっといろいろお聞きすればよかったですね。
残念でした。もし、これから先お会いすることがあったらどうぞよろしくお願いします。

エントツ山さん、石鎚はお義理登山でもなんでもなく、山に行けるのはいつでもどんなときでも嬉しいことなので
今回も楽しかったですよ。ただ、アルプペースが相当違うので、おやつ登山を少し見直さなきゃな〜と思ったことです。

石鎚桜を石鎚で見たのは初めてでしたが、今年は例年よりすごかったんですね。
良い時に行けてよかったです。

画像をもう一度確認したら、山頂で撮った写真にもリップさんが・・・

イシヅチザクラと天狗

鳥形山まで見えてました(冬に行くと白いので目立ちません)



30011.Re: もしかしたら
名前:keitann    日付:2018年05月13日(日) 15時50分
すみません

タイプミスです

アルプペース→歩くペース


30019.Re: サルメンエビネ 行かなかったの?
名前:エントツ山    日付:2018年05月14日(月) 16時23分
Original Size: 900 x 508, 163KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 165KB

  船窪のオンツツジ  (本日 5月14日)

keitann さん  今日は

昨日新居浜は雨が沢山降りました

やはりリップさんでしたねえ
イシヅチザクラは去年東赤石から石鎚まで5月に縦走したのですが、こんなにも赤石山系から石鎚山系に「イシヅチザクラ」が多いのかと驚きました

はやり同じ山でも季節を通して歩かなければ花を咲かす木々の多さはわからないもんですねえ

義理登山とは嫌々行くとか勧んで行くとかにかかわらず今まで一緒に行った事が無い方の希望を主体でその山を案内したり歩いたりする事ですから悪い意味ではないんです

先日犬返し仲間を二つ岳〜権剣山の縦走をご案内したのも義理登山でした
しかし義理で歩いても満足感が一杯になるもんですねえ
義理を果たすって気持ちの良い事です

土曜日のクールダウンが出来なかったので本日高越山へ行ってきました
もちろん船窪ピストンです

船窪のオンツツジ もう散りかけた木もありましたわ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-10g-tanigawadake.html


29989.チチ山北斜面の炭の道を行き、沓掛山を下る 返信  引用 
名前:伊予の鈍亀    日付:2018年05月13日(日) 05時53分
Original Size: 800 x 703, 359KB Original Size: 800 x 450, 50KB Original Size: 800 x 450, 49KB

エントツ山さん おはようございます。

エントツ山さん、マーシーさん、昨日はお疲れ様でした。
お陰で、長年の懸案であったチチ山北斜面の炭の道を歩く事が出来、感激しております。

前半の崩壊地はお二人が10年前に歩かれた時よりも崩壊が進んでいるそうですね。
何回もロープを出してくださったり、ご苦労を掛けました。
最初、崩壊地が次々と出て来て時間を取られましたが、後は、スムーズに歩けました。
長い炭の道ですが、四人だと気分も紛れて、西山越まで早く感じられました。
炭の道は別子銅山の製炭課が廃止された明治30年までは使われていたのでしようか。通る人も殆どないのに残っていましたね。
丁度、今、若葉が美しく花も咲いていていい雰囲気の癒しの道でした。
西山越まで5時間、着いた時には大感激しました!

西山越で休憩、昼食の後、沓掛山への登りが暑いし、ちょっときつかったです。

そして、いよいよ、沓掛山北東尾根を下る。
尾根の上部は大岩や岸壁で行き詰まる所ばっかりでした。
こんな所無理というような所でも必ずルートを見つけるマーシーさんと
エントツ山さん、凄い!
絶壁に咲くアケボノも格別の美しさでした。
あんな景色はなかなか見れるものではありません。

お二人のお陰で、宿題が片付いています。
エントツ山さん、マーシーさんに感謝です。


写真1、2;崩壊地を渡る



29990.Re: チチ山北斜面の炭の道を行き、沓掛山を下る
名前:伊予の鈍亀    日付:2018年05月13日(日) 06時00分
Original Size: 800 x 449, 50KB Original Size: 800 x 450, 49KB Original Size: 800 x 449, 49KB

写真追加
¹;綺麗な炭の道が続く
2;石積みの道
3;落ちていた炭で、マーシーさん落書き



29991.Re: チチ山北斜面の炭の道を行き、沓掛山を下る
名前:伊予の鈍亀    日付:2018年05月13日(日) 06時23分
Original Size: 800 x 449, 164KB Original Size: 800 x 449, 164KB Original Size: 800 x 450, 165KB

写真追加
1:雰囲気の良い場所
2;土山北尾根との交差部
3;西山越にて



29992.Re: チチ山北斜面の炭の道を行き、沓掛山を下る
名前:伊予の鈍亀    日付:2018年05月13日(日) 06時25分
Original Size: 449 x 800, 163KB Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 800 x 449, 163KB

写真追加
1;滝のある沢が多い
2;沢を渡る
3;沓掛、黒森を望む



29993.Re: チチ山北斜面の炭の道を行き、沓掛山を下る
名前:伊予の鈍亀    日付:2018年05月13日(日) 06時30分
Original Size: 800 x 450, 163KB Original Size: 450 x 800, 161KB Original Size: 800 x 449, 161KB

写真追加
1;沓掛山の笹斜面とチチ山
2;沓掛山の岩場
3;沓掛山のアケボノ



29994.Re: チチ山北斜面の炭の道を行き、沓掛山を下る
名前:伊予の鈍亀    日付:2018年05月13日(日) 06時33分
Original Size: 449 x 800, 163KB Original Size: 449 x 800, 163KB Original Size: 800 x 449, 163KB

写真追加
1、2;沓掛山斜面を下る
3;窓が二つ



29995.Re: 10年ひと昔 チチ山北斜面の炭の道
名前:エントツ山    日付:2018年05月13日(日) 08時50分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB

伊予の鈍亀さん
マーシーさん   おはようございます

私も昨日のドラマチックでアスレチックな歩きの記憶が体に染みついており朝03時過ぎに目が覚めました。
(お袋さんに起こされたのですがね)

山ベスト着用の失敗

それで昨日着ていた物、山ベストを含めて洗濯してましたわ
いや〜 あの山ベスト、10年ほど前に家族に買って貰い気に入らなかったのでタンスに仕舞っていたんです
ふとあの沢山のポケットがあればポシェット、サコッシュは不要じゃなかろうか?って思ってしまいました

5月10日に西赤石でトライしたのですがマズマズの便利さだったので昨日も着て行きました

これが大失敗! ポケットにチャックがないのでペットボトルは落とすはお助けロープは落とすは、皆さんからそんなベストは山では年寄りしか着ていないとかと言われるしさっぱりでんがな

洗濯する前にあちこちのポケットをチェックすると藪のゴミ、木の葉、木の枝がごっそり出てきました
もうあのベスト姿を山で見られる事は無いでしょう

別子銅山炭の道

10年程前にマーシーさんと船窪〜西山越を3時間30分で歩いてましたが、やはり10年前は若かった
今回の船窪(チチ山登山道分岐)〜西山越は4時間15分でしたわ
まあ前回より沢の崩落が進んでたのと各所で安全第一でお助けロープを使いましたからねえ
でも往年の「炭の道」面影が残っておりました

掲示板読者で別子銅山に詳しく無い方の為にざっと炭の道に関して解説しておきましょう

江戸時代初期に始まった別子銅山が近代洋式精錬所が出来るまでの長い間、現場では銅の精錬に膨大な薪や炭が必要でした

ざっと言うと、銅鉱石から含有率8%程の鉱石を選んで砕き、沢山の薪を使って蒸し焼きにして焼鉱を作る。
この焼鉱を珪砂と混ぜて大量の木炭を使い不純物と分離して含有率35〜40%のハ(かわ)と呼ばれる銅の二次製品にする
更にこのハを又珪砂と混ぜて大量の木炭を使って焼き成分97%の粗銅にする

要するに粗銅1トンを精錬するのに約3トンもの木炭が必要だったんですねえ 炭は軽いから3トンと言うと相当なかさばり量だと思います

もう赤石山系では到底足りませんわ
そこで西条の「宿」(笹ヶ峰の登山道沿い)を別子銅山専用木炭集積地としてここに集めて馬道をチチ山北斜面に作り木炭を西山経由別子銅山の(和式)精錬所まで運んでいたんです

先日はこの粗銅を別子銅山開坑初期に土居の天満まで仲持さんが背負って運んだ「第一次泉屋道」を歩きましたが、今回は西山越から馬道の別れまでの「炭の道」を辿ったわけです

いや〜 10年ぶりに歩きましたが結構昔の面影が残っておりましたねえ
但し北斜面には多くの沢筋が有る為に崩壊も激しかったです
ヤマシャクヤクの群生地にも驚きましたが、時間をかけて4人で助け合いながら歩きました

下のURLは10年前にマーシーさんと歩いた「炭の道」です

エントツ山
(続く)

http://entotsuyama.hobby-web.net/boukyo48kutsukake-kuromori.html



29996.Re:3度目の沓掛山・南東尾根 下りは初めて 難しかった〜
名前:エントツ山    日付:2018年05月13日(日) 08時51分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB

  沓掛山・南東尾根の前半にある岩尾根


沓掛山・南東尾根には私は2度這い上がっています
マーシーさんは確か1度這い上がり2度下りている

今回は伊予のスーパータートルズのたってのご希望により下山をこの尾根から下る事にした

でも・・・何度歩いてもあの尾根は難しい
コマンチ・マーシーの斥侯でも頭をひねる場所か幾度かありました
私も上りでは何とも思わなかった尾根ですが、下りでは岩に行き詰ってどちらに迂回すれば良いか迷う (両方共崖にしか見えないので)

おまけに途中で山ベストのポケットにねじ込んでいたお助けロープが無くなってるし〜〜〜

不安だったのは、前日娘から「お父さんが家に現れた気がするんだけど・・・」ってラインが入った事だった
え? 確か死ぬ前にはご挨拶に現れるってそんな話を聞いた事がある
ちゅうことで気持ちが悪いので安全に安全を重ねて、そのうえ慎重に・・・

この厳しい尾根で林道を歩く事が3度ありました
但し横切っただけ〜

いや〜〜  無事に帰れて良かった〜〜〜

下のURLは 沓掛山 南東尾根を上った時の記録です


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/boukyo48kutsukake-kuromori.html



30003.Re: チチ山北斜面の炭の道を行き、沓掛山を下る
名前:マーシー    日付:2018年05月13日(日) 13時21分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB

伊予の鈍亀さん、エントツ山さん、昨日は何時にもまして楽しい山歩きでしたねえ。
炭の道は2回、沓掛北東尾根は1回上り、2回下ってますけど、5年たてば
新規ですわ。記憶にございません!じょうたいです。
ただ、前の2回は下り始めが完璧、後半右にはずしてました。



30004.Re: チチ山北斜面の炭の道を行き、沓掛山を下る
名前:マーシー    日付:2018年05月13日(日) 13時22分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB

追加



30005.Re: チチ山北斜面の炭の道を行き、沓掛山を下る
名前:マーシー    日付:2018年05月13日(日) 13時25分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 163KB

追加



30009.Re: チチ山北斜面の炭の道を行き、沓掛山を下る
名前:エントツ山    日付:2018年05月13日(日) 15時11分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 162KB

岩尾根にはこんな天然檜を良く見るよね シャクナゲで飾ってあげたぜよ フォローをありがとう


マーシーさん  今日は

今日は結構強い雨が降りました
やっぱり山歩きは5年経つとほぼフレッシュな気分になるよね
特に沓掛山・南東尾根の前半は難しいわ

前方に下る尾根が見えないと目先の岩峰をクリアするのに必死になるから少し方角が逸れても後から気が付く事が多い

要は」間違って、それを修正する現場力が大事やね
今回はスリングを3本繋いだのと7ミリ15mロープを2種類持ってきて良かった
ロープを落とすのは想定外やった なんせ崖に集中してたら他が疎かになる
面倒でもザックの中に仕舞うべきなんだけど、出したり仕舞ったりが面倒で・・・

やっぱり次回からポシェットにするわ

伊予の鈍亀さん達は志(こころざし)がほぼ一緒だからあんな酷(ひど)い場所へ行っても文句を言うどころか楽しんでくれる

今度は天ヶ峠から宿〜西山越を案内せよとの声が聞こえるわ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-4g-kushigamine.html


29984.大川嶺へ 返信  引用 
名前:Falcon    日付:2018年05月12日(土) 19時18分
Original Size: 600 x 450, 52KB Original Size: 600 x 450, 101KB Original Size: 600 x 450, 57KB

エントツ山さん、こんばんは。
毎年この時期の、雲早山方面のシロヤシオ情報をうらやましく見ております。
今年も行く時間はなさそうです。

で、いつもの近場です。
花付きは悪くないのですが、今咲いている花の多くは先っちょが痛んでいる木が多いようです。ピークを越えつつあるというより、先日の寒波の影響かもしれませんね。
まだ蕾も多いので見頃は続くでしょう。



29985.Re: 大川嶺、笠取山
名前:アカリプタ    日付:2018年05月12日(土) 20時29分
Original Size: 533 x 400, 131KB Original Size: 533 x 400, 153KB Original Size: 1206 x 900, 137KB

エントツ山さん こんばんは
Falconさん 初めまして

私も大川嶺、笠取山でした。
昨日、ちょっとハードだったので、今日はのんびりと歩きました。
ちょっと早いかなと思いつつ、ツルギミツバツツジの偵察でした。
Falconさんの言われるとおり、咲いている花は傷んでいるものが多かったですが、まだ3分咲位かな。
来週の半ば〜週末くらいがベストではないでしょうか。

昼前、しばらくの間、彩雲が見られました。



29988.Re: 大川嶺へ
名前:エントツ山    日付:2018年05月12日(土) 22時54分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 165KB

沓掛山のアケボノ    沓掛・北東尾根のアケボノ大木  沓掛・北東尾根のシャクナゲ


Falcon さん
アカリプタさん   今晩は


大川嶺、笠取山のツルギミツバツツジ情報ありがとうございます
私も数年前にFalcon 情報を頂く大川嶺・笠取山へツツジの季節に行ってきました

確かにあそこのミツバツツジは遠くからみると笹とツツジのコラボが感動する色合いになりますね

最初にあそこのツルギミツバ情報を頂いたのがはるちゃんとFalcon さんでした
小檜曾山辺りのツルギミツバツツジも沢山咲きますが、大川嶺〜笠取山の良い点は遮られる物が無く遠くから眺める事が出来るんですねえ

今年のツツジは寒波の影響で花が傷みましたわ
Falcon さんの雪の寒風山は意表を突く雪景色と花でしたが、やはり花びらには辛い洗礼でした

アカリプタさん  彩雲 いい事あるかも


エントツ山 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-3g-daisen.html



30001.Re: 大川嶺へ
名前:Falcon    日付:2018年05月13日(日) 12時24分
Original Size: 450 x 600, 18KB Original Size: 600 x 450, 150KB Original Size: 600 x 450, 65KB

アカリプタさん、こんにちは。
彩雲の写真を見て私の方も再確認してみると、偶然写ってました。時間は11:05で飛行機雲の崩れ方からして、アカリプタさんの写真の少し後くらいでしょうか。
この日は青空に飛行機雲が何本も横切って、空が広かったですね。この青空に飛び交う虫が写りこむのがねぇ。(-_-;)
これで私もいいことありますかね。

(写真の矢印辺りに彩雲)



30008.Re: 大川嶺へ
名前:エントツ山    日付:2018年05月13日(日) 14時51分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 164KB

大川嶺・笠取山 去年の5月29日


Falcon さん

彩雲って飛行機雲に出来るのが結構多いみたいですね
雲も空気中の水滴ですから虹が出来るのと同じような原理なのかしら?

私も行った時期を調べてみたら去年でしたわ
歳を取るとつい2〜3年前かと思ってた事が5〜6年前だったと言う様な事はしょっちゅうです
それで数年前だと決めつけていたら何と去年の5月29日でした

もう花の時期は終わって色褪せていましたが、雰囲気は十分に伝わりました
あそこのツツジは遠景がミソなので多少花びらが傷んでいても盛りになれば笹との淡いコントラストが十分出るのではないでしょうか

今年は全般的にツツジの当たり年でしたねえ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-4g-kushigamine.html


29998.若葉橋〜目黒鳥屋〜八面山県境尾根 返信  引用 
名前:ヘキチョウ    日付:2018年05月13日(日) 11時15分
Original Size: 800 x 527, 163KB Original Size: 589 x 796, 168KB Original Size: 585 x 793, 167KB

エントツ山さんこんにちは

リハビリ登山に花となだらかな山を選んでみました。

昨年シャクナゲ祭りの時行きそびれた目黒鳥屋へどうしてもいきたかったのです。

昨年はオンツツジの花芽が大変少なく、花の気持ちになって考え今年は沢山咲こうと思っているに違いないと
行って見ると大当たり。オンツツジ数年分くらい堪能しました。

コースはGakuGakuさんが以前に紹介さてていた若葉橋からの道 沢沿いの荒れた道を行きます。そこまで行ってませんが
黒尊川の源流にたどり着けるようです。

道は荒れていますが、絶えず沢が見える道を行けばいいし、危険な箇所はすべてロープがあります。
道の終盤はずっと素敵なナメの川床が続きます。

沢の風景はどんなに素敵でも光が乏しくて魅力が写真で伝えにくいのが残念です。

登山口のあたりで羊歯を研究している方にお会いしました。蘭もこのあたりに沢山あるらしいです。


沢のかなり上の支流の風景

倒木がいっぱい 倒木の下に珍しい羊歯があるらしい

 



29999.Re: 若葉橋〜目黒鳥屋〜八面山県境尾根
名前:ヘキチョウ    日付:2018年05月13日(日) 11時27分
Original Size: 741 x 567, 153KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 599, 162KB

オンツツジの咲き方に3種あることに気づきました。

花だけが大量に先に咲くタイプ 
 
花が木の上にかたまって咲き、木の下に葉がかたまって生えているタイプ 花束のようにみえて素敵

花と葉がいい感じにに混ざって、遠くから見るとまるでバラの木のように見えるタイプ


小屋が森の斜面
咲き乱れる
どこを歩いてもこのような風景                                   



30000.Re: 若葉橋〜目黒鳥屋〜八面山県境尾根
名前:ヘキチョウ    日付:2018年05月13日(日) 11時49分
Original Size: 578 x 768, 158KB Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 165KB

若葉橋と紅葉橋に戻り紅葉橋に下山すると、急傾斜の林道を3キロ歩くことになるので

車を駐車した黒尊林道と八面山から下りる県境の交差点に、八面山まで行って下りることにしました。

思い付いたのは度々お世話になっているギッチャンさんのホームページのどこかで、この尾根を降りた記録を思い出したからです。

八面山から県境の尾根を行くともう一つピークがあり、「赤滝山」のプレートが。

この先尾根を変更しましたが、GPS隊員が絶対県境を外すまいと頑張り、藪は小さな崖をクリアして
妻の尊敬のまなざしを受けました。

GPSがあっても尾根を変更するのは実際の場では難しいです。


目黒鳥屋名物 ムンクの叫びの木

目黒鳥屋山頂近く

県境尾根を降りる 後ろは赤滝山



30007.Re: 若葉橋〜目黒鳥屋〜八面山県境尾根
名前:エントツ山    日付:2018年05月13日(日) 14時31分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 163KB

   炭の道・沢風景        炭の道・森の風景     縦走最後の伐採地荒れ尾根のトゲトゲ


ヘキチョウさん  今日は

今日は母の日ですね
三日前にお袋さんが「今日は母の日やね」「今日は母の日ぞね」「今日は母の日やからおめでとうと言って」と5分置きに言って来る
う〜〜ん? 母の日は5月の第二日曜日だったとおもうんだけど・・・
「次の日曜日よ」と言っても状況は変わらない

どうやら台所にエントツ山2号が九州から贈ってきた母の日のプレゼントがあるので、それを見る度に私に報告してくるのだった

エントツ山2号は年に2〜3回帰省するだけだから対応も私と違ってマメなんよね
もう毎週面倒を見に帰っている私としては「息子の日」も作って欲しいわ

さて、南予のド派手なツツジの色は一体何よ?
トップモデルのルージュ(口紅ってこれで合ってる?)みたいに華やかな雰囲気ですわ

人間にもタイプがある様にオンツツジ様にも三方美人があるんですね
ツツジの場合はどれもそれぞれ美しい!  人間の場合は知らん!

私もガクチャンレポ以来一度は行きたいと思いながら中々遠いザンス
でも行ってこの目でトップモデルの派手な口紅色を見てみたい〜〜

こちらも森は美しかった
数年前にヘキチョウさん達がチチ山へ行くのを間違って通行止めに置いてある沢山の倒木を乗り越えて進んだあの道が「炭の道」でんがな

あのまま進んだらエライ事になってましたぜ
沢の崩壊が待ってます

今回の縦走はとても充実していたのですが、最後の最後で伐採地跡を下りるのですが、これが藪化しておりタラの芽やらもっとデカいトゲトゲ木が軒並み生えている

ヘキチョウさんもバリーさんに鍛えられてヤブの下りで経験があるとおもうんだけど、スピードを緩める為や方向を転換する時に木の幹を掴むのよね
んがっ! すべて把握対象はトゲトゲ で・・・トゲトゲとわかっちゃいるけどついつい掴んでしまう

下の方でマーシーさんの「イタイ イタイ」と言う叫び声が等間隔で聞こえてくる
私も掴みかけて手を放すんだけどタイミングが遅くて手首が穴だらけや
お風呂に入って泣いたわ

今からの季節は防虫対策に全霊を傾けよう


エントツ山   

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-4g-kushigamine.html


29959.高丸山〜雲早山のシャクナゲ・シロヤシオなど 返信  引用 
名前:流れ星    日付:2018年05月07日(月) 20時43分
Original Size: 554 x 416, 177KB Original Size: 561 x 422, 201KB Original Size: 404 x 541, 108KB

エントツ山さん、皆様お久しぶりです。

最近掲示板の書き込みは止めていたのですが
高丸・雲早を昨日歩いて来たので花情報のお届けです

シャクナゲはやや終盤
カタクリは少々咲き残っています。
一番目的のシロヤシオは満開のもありますがまだまだ大丈夫

週末頃がよいのではないでしょうか
ミツバツツジも花着きがよく素晴らしかったです。

高丸〜雲早間休憩時間除き正味7時間ほど
このピストンは久しぶりの長距離あるきとなったのできつかったです。



29964.Re: 高丸山〜雲早山のシャクナゲ・シロヤシオなど
名前:エントツ山    日付:2018年05月07日(月) 23時32分
Original Size: 800 x 672, 196KB Original Size: 900 x 675, 163KB

 雲早山〜高丸山ルート図   ルート上に最高のテン場がある


流れ星さん  今晩は

3年前は5月18日、 2年前は5月14日でした
今年はもう花の山になっているんですねえ

シャクナゲが既に終盤ですか
相当今年は花の季節が早く進んでいますね

あそこはシロヤシオ見物がメインですのでお目当ての人は今週末って事ですね

高丸山〜雲早山のピストンはキツイですわ
途中でとても良いテン場適地があるので一泊二日が良いかも知れません


高丸山〜雲早山情報 ありがとうございました


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-4g-kushigamine.html



29981.Re: 雲早山〜高丸山ピストン
名前:アカリプタ    日付:2018年05月11日(金) 21時37分
Original Size: 533 x 400, 146KB Original Size: 533 x 400, 182KB Original Size: 533 x 400, 150KB

エントツ山さん こんばんは

今日、雲早、高丸を歩いてきました。
雲早のシャクナゲ尾根のシャクナゲはちょうど見頃でした。
ただし、上部は花付があまり良くないのとまだ蕾が多かったです。

雲早〜高丸間のシャクナゲは、今週気温が低かったせいか、流れ星さんと同じ感想、やや終盤かな?
それでも十分に綺麗でした。
シロヤシオはほぼ満開。一部蕾のところや散り始めている株もありました。
ミツバツツジは綺麗なのもありましたが、全体的には終盤近しといったところでしょうか。

一人だったので仕方ありませんが、ピストンはちょいしんどかったです。

写真;雲早をバックにシロヤシオ
   雲早〜高丸1359mピークのシャクナゲ
   自然の花器に咲いたミツバツツジ



29986.Re: 高丸山〜雲早山のシャクナゲ・シロヤシオなど
名前:エントツ山    日付:2018年05月12日(土) 22時10分
Original Size: 900 x 675, 187KB Original Size: 900 x 675, 177KB

チチ山北斜面・炭の道を歩く   帰りは沓掛山・北東尾根を下る


アカリプタさん  今晩は

タフですねえ  その元気はカツオのタタキとニンニクですか
大学時代、朝倉の下宿先の大家さんが大のニンニク好きで家中ニンニクの匂いがしてました

実は私も雲早山〜高丸山へ木曜日、金曜日、一泊二日で行こうとテントをザックに詰め込んで準備をしていたのですが、直前にマーシーさんから「土曜日 伊予の鈍亀さんと約束していたチチ山北斜面「炭の道」に行きませんか?とお誘いがありました

伊予の鈍亀さんにその話をすると二つ返事で「行きましょう」って事になりました

で・・・雲早山は今回はパスする事に・・・

3年前にシャクナゲの大爆発をトンちゃん、ストーンリバーさん、つるぎ乙女さん達と見たものですから、さてあれ以上の光景はどうなんでしょうねえ
その時にアカリプタさんに初めてお会いしましたよね

今日はそのチチ山北面・炭の道と沓掛山北東尾根を11時間20分歩きました

ヤマシャクヤクの大群生地がありハードな歩きの憩いとなりました
花はいいですね

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-3g-daisen.html



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb