[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





31613.岩黒山〜手箱山〜筒上山の御来光 返信  引用 
名前:kurenaikai    日付:2019年05月12日(日) 15時35分
Original Size: 640 x 426, 45KB Original Size: 640 x 426, 44KB Original Size: 640 x 426, 44KB

エントツ山さんこんにちわ。アケボノ狙いで岩黒山へと登りました。登山者は石鎚山の方へほとんど登っていったのでこちらのほうは静かな山登りとなりました。肝心のアケボノツツジですが咲き始めのようで濃い色の花がとても多くとても綺麗でした。



31614.Re: 岩黒山〜手箱山〜筒上山の御来光
名前:kurenaikai    日付:2019年05月12日(日) 15時36分
Original Size: 640 x 479, 45KB Original Size: 640 x 479, 45KB Original Size: 640 x 426, 45KB

山頂からは石鎚山や瓶ヶ森もはっきり見えました。



31615.Re: 岩黒山〜手箱山〜筒上山の御来光
名前:kurenaikai    日付:2019年05月12日(日) 15時36分
Original Size: 640 x 479, 45KB Original Size: 640 x 479, 44KB Original Size: 640 x 426, 45KB

その後丸滝小屋から手箱山へと行きました。丸滝小屋の裏のアケボノも素晴らしかったです。



31616.Re: 岩黒山〜手箱山〜筒上山の御来光
名前:kurenaikai    日付:2019年05月12日(日) 15時37分
Original Size: 640 x 426, 45KB Original Size: 640 x 426, 42KB Original Size: 640 x 426, 45KB

手箱山もひっそりとしていました。山頂を過ぎた笹原へと行くと熊みたいな大きさのイノシシがいました。少し近づいてみると笹原へと消えていきました。



31617.Re: 岩黒山〜手箱山〜筒上山の御来光
名前:kurenaikai    日付:2019年05月12日(日) 15時37分
Original Size: 640 x 426, 44KB Original Size: 640 x 479, 45KB Original Size: 640 x 426, 45KB

その後筒上山へ。ここで泊まる予定なのでテント設営して夕日を待ちました。夕日の時間まで約5時間は暇でした!



31618.Re: 岩黒山〜手箱山〜筒上山の御来光
名前:kurenaikai    日付:2019年05月12日(日) 15時38分
Original Size: 640 x 426, 45KB Original Size: 640 x 426, 45KB Original Size: 640 x 426, 45KB

二の森に落ちる夕日はとても素晴らしく最高でした!



31619.Re: 岩黒山〜手箱山〜筒上山の御来光
名前:kurenaikai    日付:2019年05月12日(日) 15時38分
Original Size: 640 x 426, 43KB Original Size: 640 x 426, 45KB Original Size: 640 x 426, 45KB


その後の満天の星空も最高でした。結局深夜2時頃まで酒を飲みながら星空を眺めていました。



31620.Re: 岩黒山〜手箱山〜筒上山の御来光
名前:kurenaikai    日付:2019年05月12日(日) 15時39分
Original Size: 640 x 426, 45KB Original Size: 640 x 426, 45KB Original Size: 640 x 426, 45KB

翌日は快晴で最高の御来光を楽しめました。ここでのテント泊まりは始めてだったのでとても新鮮な気分でした。



31633.Re: 瓶ヶ森林道のアケボノツツジ
名前:エントツ山    日付:2019年05月13日(月) 21時22分
Original Size: 900 x 505, 162KB Original Size: 900 x 505, 165KB Original Size: 900 x 505, 165KB

    瓶ヶ森林道のアケボノツツジ 


kurenaikai さん   今晩は

石鎚の対面側に行かれたんですね

私が持っているのと同じタイプのモンベル・ドームシェルターIIですね
新型は横側に入り口があるタイプに変わってますね
出入りするのには横側に入り口がある方が便利ですが、縦に入り口がある方が風に強いです

最近は300グラム軽いモンベル・モノフレームシェルターを使っていますが、居住性はドームシェルターが相当上ですわ

シェルターとマット、寝袋のセットで2kg程ですから天気の良い日に四国の山でちょっと寝るには便利な道具です

お蔭で魅力的な夜景撮影が出来てますねえ
う〜〜ん 設定とか色々使いこなすまで簡単には撮影出来ないと思います

今回もドローンを飛ばしてますね

ドローンと言えば、今日瓶ヶ森林道へアケボノツツジを見に行ったのですが、例のスカイラインでドローンを飛ばした人がいて、そのドローンが谷の下へ行ったっきり帰って来ませんでした
その人は慌てて車に帰って何かしてましたが・・・
無事回収出来たのかなあ

それと車を溝に両輪落としこんだ人がいて、通りがかった人達が集まって溝に石や枝を詰めて何とか脱出に成功
車が車道に上がった時には自然と拍手が起こって心温まる連帯感に包まれました

瓶ヶ森林道から下側はほぼアケボノは終わっていましたが、林道から上はまだまだ見頃でした

特に自念子の頭や西黒森はアケボノが少し多いですねえ

素晴らしい写真 いつもありがとうございます

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-3g-umajimura-1.html


31609.立山 返信  引用 
名前:リップ    日付:2019年05月12日(日) 14時26分
Original Size: 800 x 600, 96KB Original Size: 800 x 600, 95KB Original Size: 800 x 600, 98KB

こんにちは、8日から11日までJR等で立山行ってきたわ、今年は一人なんで比較的安全な立山にしたわ。

バスで室堂に着くといきなり2500mでしょ、軽い高度障害みたいでしんどくてなんかやる気がおきない、雷鳥平から剣御前小屋に行くつもりが見ただけで、無理〜って雄山あたりで遊んで帰ろうと思ったのよ。

でも雄山に着いたら剣が見えるのよね、やっぱり行きたい、それにうろうろしてるうちに体が順応したみたいで行く気になったわ、スロースローの休みほうだいで行ってきたわ。

1・・一の越へ向かってます。
2・・峠へ着くと向こう側が見えてうれしいわ、槍はすぐ分かる、笠が岳もわかったけど後分からない。
3・・雄山の途中から、右端は龍王岳、この山は登山道は無いわ、でも雪だと行けるわね、シュプールがあった。



31610.Re: 立山
名前:リップ    日付:2019年05月12日(日) 14時29分
Original Size: 800 x 600, 96KB Original Size: 600 x 800, 100KB Original Size: 800 x 600, 99KB

4・・頂上が見えた。
5・・頂上
6・・雷鳥さん、何度も見れた



31611.Re: 立山
名前:リップ    日付:2019年05月12日(日) 14時35分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 94KB Original Size: 800 x 600, 97KB

7・・「カヤクグリ」鳴き声はしてもなかなか見れない。外国のバードウォチャーは雷鳥よりこの鳥を喜ぶそうよ。
8・・雪の時は直登なんよね、ひたすら登るしかない。
9・・大日岳、この山まだ登ってないんよ。



31612.Re: 立山
名前:リップ    日付:2019年05月12日(日) 14時39分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 96KB Original Size: 800 x 600, 98KB

10・・剣岳が見えました、別山北峰から。
11・・彩雲
12・・室堂の観光客



31632.Re: 立山ですか〜 パワー女子ですわ
名前:エントツ山    日付:2019年05月13日(月) 20時22分
Original Size: 700 x 525, 74KB Original Size: 800 x 453, 38KB Original Size: 700 x 525, 87KB

  立山三山


リップ姐   今晩は

え? この時期一人で立山ですか〜
まあリップ姐の行動力は天下一品ですが、衰えませんねえ

ライチョウ この時期 丸々としていてリップ姐の子分の様です

この界隈は高御位山さんに案内されて生まれて初めて北アルプスへ行った懐かしい場所です
残雪がホルスタインの様な模様で何もかも初めての景色でオロオロしておりました

南側に並ぶ北アルプスの山々・・・
確かに重なると良く分かりませんねえ
笠ヶ岳と槍穂の間にある山は水晶岳辺りでしょうか
あそこから我々が歩いた読売新道が黒部ダムへと下っている様です

槍穂の右側は常念山脈に見えますねえ

北アルプスで未踏の主要峰は針ノ木岳〜船窪岳あたりだけになりました

懐かしい山域、またリップ姐から刺激を頂きました
ありがとうございます


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-3g-umajimura-1.html


31608.番外写真 返信  引用 
名前:ばんぶう    日付:2019年05月12日(日) 11時51分
Original Size: 1024 x 768, 166KB Original Size: 1024 x 768, 165KB Original Size: 768 x 1024, 165KB

左:徳澤園の定番アイスクリーム。 外せません
中:布団上げ。 連泊するとこんな風景も、屋根で布団干し
右:ばんぶう。到着後 小屋で除雪してた人にお願いしてパチリ。
私も新居浜−西条近辺の山に良く出かけますので、皆さんよろしくお願いします。ただ、いつも単独なのでほとんどないんですよね。
こんどは顔が判るの上げます。



31629.Re: 人物写真
名前:エントツ山    日付:2019年05月13日(月) 19時27分
Original Size: 800 x 600, 99KB



bamboo さん 今晩は

我々も普段家で孫との写真などとても他人に見せられるシロモノではございません
でも 山での写真は何故か活力がある様に見えるんですねえ
これは皆様も同じで町や家での写真はそんなに見たくは無いのですが、山で精悍な写真は見たいのですわ

HPを立ち上げた時代には顔写真はご法度のムードがあり、ある意味ミステリアスな存在感があったもんです

その反面、ハンドルネームに人格が無いと誹謗中傷や無責任な書き込みが横行してました
2チャンネルなんかはその典型でした

そんな中で素性を明かした上で山の交流を図ろうとしたのがエントツ山掲示板でした
今でこそ、その手法は認知されてはおりますが、当時は品が無いとか厚かましいとかそんな存在でしたねえ

美しい山の風景のツマミに人物も遠慮なく登場させて下さい


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-3g-umajimura-1.html


31603.槍ヶ岳 返信  引用 
名前:ばんぶう    日付:2019年05月10日(金) 07時17分
Original Size: 1024 x 682, 164KB Original Size: 1024 x 682, 166KB Original Size: 1024 x 682, 161KB

左:山頂 中:裏銀座 右:穂高
エントツ山さん、みなさん。こんにちは、2回目の書き込みです。
私も丁度同じ同じ時期に北アに居たので、どこかですれ違ったかもしれませんね。うれしくなったので、写真を残します。
こちらは5/7-5/9 槍ヶ岳のみです。
今回は一気に登ったので2日目はのんびりと山頂で20年振りの槍を楽しませてもらいました。昔歩いた表銀座や裏銀座などの山並みが白とのコントラストで本当に綺麗でした。
山小屋の人に聞くと、GW最終日の寒波のおかげで直前に降った新雪が良かった様です。チャチャけていた雪も真っ白に生まれ変わったそうです。

5/7 上高地から槍岳山荘(上高地BT 6:30→ 槍岳山荘 16:30)
5/8 槍岳−大喰岳−中岳 ピストンでのんびり 山上の景色を堪能
5/9 槍岳山荘から上高地(槍岳山荘 6:00→ 上高地BT 12:30)

槍沢の最後の直登は本当に大変でした、5/7の夜はGW明け初日でしたので、なんと小屋には私ともう一人名古屋の方の2人だけという貸切状態でした。

またどこかでお会いする機会があるかもしれませんので、皆さんこれからもよろしくお願いします。



31604.Re: 槍ヶ岳
名前:ばんぶう    日付:2019年05月10日(金) 07時20分
Original Size: 1024 x 682, 154KB Original Size: 1024 x 682, 165KB Original Size: 1024 x 682, 164KB

左:中岳から槍
中:大喰岳から槍
右:穂先に他の人が取りつき(真ん中に居ます、この場所が一番足場の悪い個所)

2日目はラーメンをテラスで食べながら人の登頂を見てました。



31605.Re: 槍ヶ岳
名前:ばんぶう    日付:2019年05月10日(金) 07時26分
Original Size: 1024 x 682, 159KB Original Size: 1024 x 682, 162KB Original Size: 1024 x 682, 150KB

左:日の出 中:日の入 右:好きな場所(大喰からの槍が綺麗です)



31606.Re: 槍ヶ岳 近望も遠望もよいですねえ
名前:エントツ山    日付:2019年05月10日(金) 20時11分
Original Size: 700 x 525, 81KB Original Size: 750 x 562, 46KB Original Size: 700 x 525, 59KB

近望@:槍沢から       近望A:北鎌から       近望B:東鎌尾根から


ばんぶうさん  今晩は

はい 確かにHNは覚えております
でも以前の投稿は何時頃だったのでしょうねえ 

この時期 槍ヶ岳に行かれましたか
しんクンなどは冬場に奥穂に行ったり、この時期ならどこでも徘徊してますわ
ヤマップの若手でしんクンの仲間達は登山経験年数の割には内容が濃い歩きをされている人が多いから実力があって頼もしいです

槍ケ岳は四国の人間にとっては遠い憧れの山です
東西南北から槍ヶ岳に登りました

ばんぶうさんが好きだと言われる大喰からの槍は少し首を右に傾けた哲学者のイメージですね
形が良いのはやはり正面の槍沢からでしょうか

西の千丈沢乗越からは子槍が目立って形を崩します
東鎌尾根から見上げる槍ヶ岳も天を突く感じで迫力満点です
勿論、北鎌からは格別です

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-3g-umajimura-1.html



31607.Re: 槍ヶ岳
名前:エントツ山    日付:2019年05月10日(金) 20時25分
Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 86KB Original Size: 800 x 600, 150KB

遠望@ : 蝶ヶ岳より   遠望A: 北穂よりキレット越し  遠望B :双六平原より 


槍ケ岳は四国における石鎚山の様に便利なランドマークになりますねえ
アルプスから見える富士山も感動もんですが、北アルプスでは槍ヶ岳ですわ

槍が見えると何故嬉しいのかしら? 見入ってしまいます
私が見た槍の遠望ランキング1位は蝶ヶ岳からの眺めです
もちろん北穂からの大キレット越しの槍も痺れますねえ
双六岳からは3度行って全て霧の中でした
写真は朝、小屋を抜け出して夜明け前に行って撮りました
(ツアーの為に朝食までに双六小屋に帰らなければなりませんでした)

ばんぶうさん
私の掲示板は人間が登場して頂くのが特徴です
顔がわからなければ四国の山でお会いしてもご挨拶が出来ません
機会がありましたら山と一緒に気恥ずかしそうに写っているばんぶうさんの写真も考えておいて下さい


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-3g-umajimura-1.html


31601.GW奥穂&槍ヶ岳 返信  引用 
名前:シン    日付:2019年05月09日(木) 21時25分
Original Size: 1212 x 606, 36KB

こんばんは

エントツ山さんの情報網通り、アルプスに行ってました。奥穂はシマさん、マッキーと。槍ヶ岳はトシさんとで。

後半の槍ヶ岳は「お天気良くてよかったー」でしたが、前半の奥穂は雪崩に遭って散々でした。涸沢テン場を出てもうすぐ白出のコルかといういうところでソイツは突然やってきました。

休憩中でまったりしてるところに眼前に雪崩が。逃げるまもなく巻き込まれ、そのまま揉みくちゃに(笑)

白出のコル直下からザイテン中腹まで標高差450m、距離にして約600mほど流されました。2時間以上かけてゼエゼエ登ったのにほんの1〜2分の出来事でした。

アホらしいので奥穂やめてそのまま下山。大したことない雪崩でもけっこうパワーあるもんですね、いい経験しました



31602.Re: GW奥穂&槍ヶ岳
名前:エントツ山    日付:2019年05月10日(金) 06時07分
Original Size: 700 x 525, 40KB Original Size: 900 x 675, 140KB Original Size: 900 x 675, 165KB

涸沢もこれ位になると雪崩の心配が無い    こちらは焼岳  今は白よりピンクやで


しんクン   おはよう

シマさんからGWの遠征は聞いてたけど天候が悪くて行先変えて雪崩かい?
事故なんかを後から振り返ると、あの時あれが無かったなら・・・とかちょっとしたタイミングで事故に遭わなかったと後悔するわ

でも、今回は事なきを得たからスゴスゴ引き返して、後から笑い話や仲間内のネタになる

雪崩でもみくちゃにされて岩が出て無い場所で良かったわ
しんクンも大変な目に遭ったけど、シマさんやマッキーさんの心境を考えると同情するわ
何せ雪崩が起こってしんクンが居なくなって・・・アセッたやろなあ

まあ、雪崩で流されたのが一番頑丈なしんクンで正解!って事やね
その後、槍ヶ岳へ軽〜〜いタッチで行ってるよ

キミ達は四国の(山岳会限定?の)タカラやからね
しぶとく生き抜いて足跡を残しておくれ

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-3g-umajimura-1.html


31596.初めてのアケボノツツジの綱繰山 返信  引用 
名前:kazashi    日付:2019年05月09日(木) 13時13分
Original Size: 640 x 426, 64KB Original Size: 640 x 426, 123KB Original Size: 640 x 426, 86KB

エントツ山さん、こんにちは!

昨日は大永山トンネルから綱繰山〜西山をWOC登山部の
七名で歩いてきました。

銅山越えからの西山や季節外れの綱繰山は歩いた事はあるのですが
このアケボノツツジの時期は初めて歩きました。

ぎりぎりまで西赤石山とどちらを歩こうかと迷ったのですが、
昨日のコースで大正解でした。あんなにきれいだとは思いませんでした。
今回は参加できていないメンバーもいるので、来年の予定に早や入りました。
https://blog.goo.ne.jp/kazashi01/e/6d17fc2a9695dc25ed1024369f24e1ea



31597.追加の写真です。
名前:kazashi    日付:2019年05月09日(木) 13時14分
Original Size: 640 x 426, 114KB Original Size: 640 x 426, 120KB Original Size: 640 x 426, 46KB

アケボノ三昧の一日でした!
https://blog.goo.ne.jp/kazashi01/e/6d17fc2a9695dc25ed1024369f24e1ea



31600.Re: 綱繰山(ツナクリ山)のアケボノ いいだろう〜〜
名前:エントツ山    日付:2019年05月09日(木) 20時04分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 162KB

オオカメノキ・アケボノと上兜山  イシヅチザクラと上兜・串ヶ峰尾根 今年お初のシャクナゲ


kazashi さん  今晩は

おう! ピッタンコの時期にツナクリ山に行けたのね
ツナクリ山は数年前からアケボノツツジの名所やと宣伝をしてるんだけどまだ認知度が低い

西赤石の影にかくれて目立たない存在だけど、ここのアケボノツツジは四国でも一級品やで

WOC登山部の皆さんも喜んでくれて良かったなあ
獅子舞の鼻も中々良さそううやで

高知には花の咲く早さでは太刀打ち出来ん
じっくり待てば新居浜にもピンクのカーテンやね

水曜日がいつも晴れますように


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-3g-umajimura-1.html


31591.犬返若手養成プロジェクトII (黒河ジュニア編) 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2019年05月08日(水) 21時49分
Original Size: 900 x 708, 164KB Original Size: 900 x 506, 165KB Original Size: 900 x 675, 159KB

若手養成プロジェクトIIルート図  一本松〜石ヶ山丈分岐大岩  兜岩を北側から這い上がる


先日、犬返若手養成プロジェクトI(能智編)で黒森バットレスを周回しました

今回はその若手養成プロジェクト第二弾として黒河ジュニアをターゲットに一本松停留所跡から石ヶ山丈へ、そこから兜岩を直登、ヘビノボラズのトゲ試練、更に物住ノ頭から上兜山〜串ヶ峰〜魔戸ノ滝〜沈砂池〜石ヶ山丈駅跡〜一本松〜東平とロングコースを一緒に歩きました

やはり能智さんと言い、黒河ジュニアと言い、エントツ山も伊予の鈍亀さんも、若いもんには脱帽の付添い歩きとなりました

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/boukyo35dousuiro.html



31592.Re: 犬返若手養成プロジェクトII (黒河ジュニア編)
名前:エントツ山    日付:2019年05月08日(水) 22時01分
Original Size: 900 x 506, 162KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 165KB

憧れの上兜山をバックに(右下=下兜) これも黒河ジュニア憧れの串ヶ峰にて 串ヶ峰直下の岩場にて(バック=西赤石、兜岩)


今日は黒河ジュニアの若い力に励まされて久々に串ヶ峰まで足を延ばしました
上兜尾根もアケボノツツジはまだ蕾が多い状態です

今週末まで西赤石界隈のアケボノは楽しめそうですね


伊予の鈍亀さん
詳しいGPSログ図を宜しくお願い致します

エントツ山    
http://entotsuyama.hobby-web.net/boukyo35dousuiro.html



31593.Re: 犬返若手養成プロジェクトII (黒河ジュニア編)
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年05月09日(木) 11時11分
Original Size: 800 x 629, 347KB Original Size: 480 x 640, 149KB

エントツ山さん おはようございます

昨日はお世話になりました。
昨日も良く歩きましたね〜

犬返でいつもお会いするエントツ山さんファンの若者、黒川ジュニア。
「今度、一本松の尾根から兜岩経由で西赤石へ行きたい」という要望に
乗っかって、我々年寄組も付き添いとして同行して来ました。

が、今回も大周回になってしまいましたね〜

西赤石まででプロジェクトのミッションは達成されたんですが、
そこからが、エントツ山さんワールドの始まりでしたね〜

進路を東に取り、物住頭へ、さらに北に。
上兜から串ケ峰へ。
ここまで来たからには窓の滝へ下ろうという事になり、
窓の滝から石ケ山丈、上部鉄道経由で東平へと、思わぬ展開になってゆきましたね〜

付き添いの我々のほうが、ヘロヘロになってしまいましたが〜

アケボノも至る所で見られたし、久しぶりに串ケ峰にも行けました。
赤石山系や峨蔵山系の北側の景色も見れて、大満足でした!

窓の滝から石ケ山丈駅への標高差がほぼ300メートルあり、この登りが一番堪えました。
その後の上部鉄道跡の歩きがクールダウンになりました。

黒川ジュニアは流石若く体力があります。
これに懲りず、また、お付き合いください。



31594.Re: 犬返若手養成プロジェクトII (黒河ジュニア編)
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年05月09日(木) 11時16分
Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 800 x 600, 170KB Original Size: 640 x 480, 145KB

写真1;石ケ山丈のアケボノツツジ
  2;兜岩で
  3;西赤石山頂で



31595.Re: 犬返若手養成プロジェクトII (黒河ジュニア編)
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年05月09日(木) 11時20分
Original Size: 800 x 449, 162KB Original Size: 800 x 449, 163KB Original Size: 800 x 450, 155KB

写真1;物住頭で
  2;串ケ峰で
  3;上兜山から串ケ峰を眺めて



31598.Re: 犬返若手養成プロジェクトII (黒河ジュニア編)
名前:エントツ山    日付:2019年05月09日(木) 19時47分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB

一本松〜石ヶ山丈間のアケボノ  兜岩・北面の岩場を這い上がる   串ヶ峰からアケボノが咲く藪尾根を下る


伊予の鈍亀さん  今晩は

やっぱ平凡に西山へ下るのは性に合わん!
折角だから上兜山までは黒河ジュニアを案内せんと養成プロジェクトにならん
んがっ わたしゃ最低串ヶ峰からピストンのつもりじゃった

それが、串ヶ峰で「物住ノ頭まで上り返しが面倒じゃから魔戸の滝に下ろう」ってか
魔戸の滝から石ヶ山丈への上りも考えんと美しい周回ログの事だけ頭に描いてからに・・・
お蔭で若者養成プロジェクトが「老人強化プロジェクト」になっちゃったわ
しこうして、まあ実質「黒河ジュニア山中引き回しの刑」って結論! すまんのう

老人の徘徊趣味にジュニアも良く付き合ってくれた
ちょっと下りで腰を使い過ぎ(体のターンが多過ぎる)けど藪歩きに慣れてないから仕方がないね
それよりマムートのシャツが藪でほつれたり、ネビノボラズの棘が手に刺さってないか心配じゃわ

よう考えたら自分の息子と同世代や
馬力やスピードはかなわんねえ

今日はお袋さん所へ寄って高松へ帰って来ました

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-3g-umajimura-1.html



31599.Re: 犬返若手養成プロジェクトII (黒河ジュニア編)
名前:エントツ山    日付:2019年05月09日(木) 19時53分
Original Size: 900 x 506, 161KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 506, 162KB

石ヶ山丈大岩展望所から兜岩・西赤石 上兜尾根から物住ノ頭〜前赤石 上兜尾根から西赤石、兜岩 奥にチチ山〜沓掛黒森、更に奥に西黒森・瓶・石鎚

黒河ジュニアも感激してたけど、普段見ていない角度からの眺めが新鮮だったやろね

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-3g-umajimura-1.html


31584.広島+九州北部の山巡り 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2019年05月08日(水) 00時24分
Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 159KB

@駐車場から見る深入山全景 A山頂直下 B広くて日本海側も見渡せる山頂 後ろは臥竜山

エントツ山さんこんばんは。
連休中の皆さんのレポ見ました。アケボノの開花が進んでいますね。

私は連休中、北九州に進学中の息子の様子を見るついでに、大分や福岡で登山を計画。
しかし、三崎〜佐賀関間のフェリーは連休中予約でいっぱい。やむなく、しまなみ海道を経由し高速道路で北九州に向かうことに。

【5/1 1日目】

移動距離が長いので、途中広島の山にも寄ってみることにして5月1日の昼頃、松山を出発。
250qほど走って16時頃、広島県安芸太田町の深入山(しんにゅうざん)登山口到着し、早速登山。

この山は、少し前に山焼きがされたようで、山全体が黒く異様な感じでした。新しい草が生えそろうと綺麗なんでしょうねえ。
1時間もかからず山頂に着くと、日本海側も見渡たせる眺望の素晴らしいところでした。
その後、別の周回路を歩いて18:00に下山し、駐車場で車中泊。(続く)



31585.Re: 広島+九州北部の山巡り
名前:弁天山    日付:2019年05月08日(水) 00時29分
Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 600, 164KB

C恐羅漢山中腹にあるスキー場を登る D恐羅漢山山頂 E広い笹原の十方山山頂

【5/2 2日目】

2日目は付近にある、臥竜山、恐羅漢山(おそらかんざん)、十方山(じっぽうざん)に登りました。(それぞれ上り50〜80分くらい)

恐羅漢山は山腹に大きなスキー場がある山で、このスキー場を登っていくのですが、日除けとなるものがないので暑くて大変でした。
十方山は山頂部が広く笹に覆われた、中国地方では独特の景観の山でした。

この周辺は四国と違ってなだらかな山が多いので、冬はスノーシューイングによさそうですね。
下山後は、車で200q以上走って北九州の息子宅に到着。(続く)



31586.Re: 広島+九州北部の山巡り
名前:弁天山    日付:2019年05月08日(水) 00時32分
Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 534, 165KB

F石灰岩の露頭が多い平尾台の太平山 G息子と記念撮影 H周防台 ここの登りは急でした

【5/3 3日目】

3日目は、あまり気の進まない息子を連れて、日本三大カルストの北九州市の平尾台に行ってみました。
ここも山焼きをしている山(2月下旬)ですが、ちょうど草が生えそろって白い石灰岩が映えていました。

天気が良くて登山者も多く、遊歩道が縦横無尽に走る中、太平山、周防台等のピークを踏みました。
山頂で地元の方とお話すると、今が一番いいシーズンらしく、梅雨に入ると急に草が伸びて歩きにくく眺望もよくないとのこと。

日頃運動を全くしていない息子は、ヘロヘロになってぐったりでした。
中学生の頃までいっしょに冬の伊予富士や石鎚でも登っていたのに、この変わり様は…(続く)



31587.Re: 広島+九州北部の山巡り
名前:弁天山    日付:2019年05月08日(水) 00時34分
Original Size: 800 x 534, 161KB Original Size: 800 x 535, 157KB Original Size: 800 x 534, 162KB

I井原山山頂付近 J山頂から博多の街が見える K環濠集落が再現された吉野ヶ里遺跡公園

【5/4 4日目】

4日目は一人で、福岡と佐賀の県境となる背振山地にある井原山と雷山に佐賀県側から周回で登ってみました。
井原山は展望の山で、山頂からは博多湾の海の中道や中心地のビルもよく見えました。
ここはミツバツツジの名所らしいのですが、今年は開花が遅れているようでした。

地元の方とお話しすると、福岡市民の裏山といった感じで1時間もかからず登山口に手軽に車で行けるのでいいとのことでした。
松山でいうと皿ヶ嶺といった感じでしょうか。
でも標高が1000mまでなので、夏場は暑がりの自分には厳しいですね。

昼には下山したので、せっかくなので、近くにある吉野ケ里遺跡公園に寄ってみました。
連休中のイベントもありすごい人でしたが、当時を再現した環濠や建物の規模が大きくて広く驚きました。
1時間の予定が2時間以上も園内を歩き回りましたが、この日は山よりこの遺跡の方が印象に残りました。

その後は、次の目的地の英彦山の登山口まで行き、そこで車中泊。(続く)



31588.Re: 広島+九州北部の山巡り
名前:弁天山    日付:2019年05月08日(水) 00時36分
Original Size: 579 x 800, 164KB Original Size: 800 x 534, 165KB Original Size: 600 x 800, 159KB

L御塔石のような鎖場を登って望雲台に向かう M英彦山中岳の社 N細尾根を伝って鷹ノ巣山三ノ岳へ

【5/5 5日目】

5日目は早朝から日本三大修験山の英彦山に高住神社から登ってみました。
このコースかなり急な傾斜で歴史を感じる石段がかなり上まで続いておりきつかったです。
途中、望雲台という鎖を伝って登る絶壁の展望所がありなかなかの展望。

山頂は北岳、中岳(大きな社殿あり)、南岳の3つの峰に分かれており、中岳では白装束の信者の方に四国の松山から来たと話すと、石鎚の話題で盛り上がりました。
広島や九州の登山者の方に四国から来たと話すと、必ず「石鎚山がありますね」と言われます。

昼までに下山したので、東隣にある鷹ノ巣山にも行ってみました。
ここも3つの峰からなるビュートの山で、細尾根を木の根っこや設置ロープを掴んで登りまるで二ツ岳を縦走している感じでなかなか楽しかったです。

鷹ノ巣山は往復3時間で下山し、再び北九州の息子宅に向かい泊。(続く)



31589.Re: 広島+九州北部の山巡り
名前:弁天山    日付:2019年05月08日(水) 00時38分
Original Size: 800 x 604, 159KB Original Size: 800 x 604, 162KB Original Size: 800 x 600, 159KB

O三倉山全景 P中ノ岳山頂にて 横は切れ落ちている Q下ノ岳の岩尾根 滑りそうで怖い場所でした

【5/6 6日目】

最終日は松山に帰るだけなのですが、ただ車で走るのはもったいないので、山陽道を途中で大竹市で下りて、岩峰で有名な三倉岳に行ってみました。

三角点のある最高点は眺望はありませんが、その横の3つの峰はツルツルの岩肌で眺望は最高でした。しかし、うっかり足を滑らすと絶対助からない怖い場所で、当日は風が強く時折小雨も降ってなかなかスリリングでした。
よく見るとクライミングの金具が絶壁に打ち込まれており、岩登りのゲレンデのようでした。

以上、初級の低山ばかりではありますが、6日続けて山に登ったのは初めてでした。
3日目くらいはしんどかったですが、それ以降は、だんだん体が慣れてきました。

今回登った広島・九州北部の山は総じて標高差も大きくなく、植生も愛媛や高知のように杉やヒノキも少なく、花粉の影響も感じることなく楽でした。
いずれもしても、初めて行く山は新鮮で楽しいですね。(終わり)



31590.Re: 西赤石アケボノ情報
名前:エントツ山    日付:2019年05月08日(水) 21時03分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 506, 165KB Original Size: 900 x 675, 159KB

西赤石山のアケボノは密洞岩のラインまでです(山頂は蕾)    上兜山はまだ蕾が多い

弁天山さん  今晩は

連休も終わり又仕事に追われる毎日が続きますね
でも良い連休が過ごせましたねえ

所変われば品変わる、山も全然様子が四国と違いますねえ
石灰岩あり花崗岩あり、盛りだくさんの山めぐりですわ

息子さんを誘って平尾台でのツーショット 完全に父親の顔ですね
息子さんもスポンサーに誘わればNOとは言えない身です・・・同情
でも一緒に来てくれるだけでもまだマシですよ
若い人は山登りなどダサいと思っているかも知れません


今日は西赤石山のアケボノツツジの状況を偵察に行ってきました
もうそこそこ山頂付近まで咲き上がっているかな? と思っていたのですが
蜜同岩のラインまでで、山頂付近は蕾であまりピンクでは無かったです

やっぱり寒かった気候が続いたのでしょうか 遅れていますねえ

広島と北九州の珍しい山の紹介 ありがとうございました


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/boukyo35dousuiro.html


31579.徳島県:岩倉山、大久保山、勘場山 返信  引用 
名前:山としまなみ    日付:2019年05月06日(月) 22時10分
Original Size: 400 x 300, 73KB Original Size: 400 x 300, 68KB Original Size: 400 x 300, 78KB

エントツ山さん、ご無沙汰です。
今年のデラックスな10連休に四国1000m峰の岩倉山、大久保山、勘場山、
(5月2日)、久々場山、雨岡山(5月3日)に登ってきました。

連休であるにも関わらず、誰にも(勿論月の輪熊にも)会わない静かな山
行きでした。
1日目。
岩倉山、大久保山は岩倉蝉谷林道終点の登山口まで車で行くことが出来、
そこから比較的楽に登れ、眺めもいい山でしたが、勘場山は激下りの後
の尾根までの登り返しがあります。
1.三等三角点 岩倉(岩倉山)
2.三角点なし (大久保山)
3.三等三角点 綱付山(勘場山)



31582.Re: 高知県 香美市 久々場山 雨岡山
名前:山としまなみ(バリィー)    日付:2019年05月06日(月) 23時05分
Original Size: 400 x 300, 30KB Original Size: 400 x 300, 70KB Original Size: 400 x 300, 60KB


昨日の岩倉山、大久保山、勘場山の後、本来なら二日目に登る予定の那賀町木頭の西蝉谷から更に奥にある林道岩倉蝉谷線の平家平の登山口の下見に行きました。

新登山口の手前1kmで通行止めの為、予定を変更し、2日目は四つ足峠を越え、杉熊林道の奥の久々場山、雨岡山に登ってきました。

杉熊という位であるから、月の輪熊にでも遭遇するかと思っていましたが、山鳥と鹿と1匹の蛇にしか会えませんでした。

この辺りの山は石鎚山系に比べて著しく荒廃しており、野生動物が住みにくい環境になっています。

1.平家平(近いうちに行くぞ・・・。
2・三角点なし (久々場山)
3.三等三角点(雨ノ岡)がある雨岡山

山としまなみ(バリー)

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-3g-umajimura-1.html



31583.Re: 徳島県:岩倉山、大久保山、勘場山
名前:エントツ山    日付:2019年05月06日(月) 23時30分
Original Size: 900 x 720, 349KB

まだやってるんかい 四国の1000m峰

バリィさん   今晩は

四国の超1,000m峰 バリィさんのハーフライフワークじゃねえ
これをやり切るとはるちゃん位四国の山を知り尽くす岳人やんかいさ

でもさあ、登る度に古くてマイナーな山の事 忘れてしまわない?
もうゴッチャになってどの山がどこだか、あの山はどうして行ったか?
だから、一通り行っただけではイカン! 一生グルグル回りつづけなきゃアカンぞなもし

計画ではあと何年で仕舞を付けるのかな
分身の四駆が動く限り?

久々場山と雨岡山はネットで検索したら両方の山がセットで登られていますね
マイナーな山でも地元の人には知られた山なんやろね

岩倉山、大久保山、勘場山、それに平家平辺りは「那賀山地」って言う山域らしいよ
道路が通行止めでこの縦走を諦めて高縄山系の縦走に切り替えたんだけど、本来なら既に歩いている筈やった場所です

泉保さんの地図をコピーして「明日からここへ行ってくるわ」と出かけたのですが、すごすご引き返して西へと向かいました

いくら歩いても山は奥が深いよね
一人の一生では到底全ての山域を把握する事は難しい
仲間との連携、情報の交換などが必要ですわ

そうそう、私も馬路村の山縦走では2日間 誰にも会わなかった
高縄山系縦走でも3日間で最後の高縄山の展望台にて3人の家族に会っただけや
要はそういうフィールドを歩いているって悲しい境遇、ジャンルって事やで


頑張ってね


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-3g-umajimura-1.html


31577.ちち山 返信  引用 
名前:リップ    日付:2019年05月06日(月) 14時35分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB

こんにちは、アケボノ真っ盛りね。
アケボノ目的でちち山行ってきたわ、獅子舞の鼻のアケボノが一番好きよ、連休中でも静かだし。
今年裏年かと思ったら、とんでもない、すごいすごいの連呼だった。

連休中に歳が増えるのよ、毎年息子たちが帰省して誕生日プレゼントを買いに山道具屋へ行くのだけど、あんまり増えてもいつまで登れるか分からないから、何にするか考えるわ。

子供一人は地元だけど、二人は県外で一人暮らしの私の安否確認にフェイスブックの友達になってもらったわ、私のエンディングのことも伝えてもう何の憂いも無いから遊びほうけてたらいいのよ。

で、できるだけ長くお山へ行くのが今の目標。

伊予の鈍亀さんにお会いして嬉しかった!
亀美さん、あんな華奢な体でなんであんなに元気なのかわかったわ、生まれつきのDNAね、NHKスペシャルの人体でDNAやってた。

1・・ちち山をバックで。
2・・いろがきれい。
3・・岩があると登りたくなる。



31580.Re: ちち山
名前:エントツ山    日付:2019年05月06日(月) 22時17分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 675 x 900, 164KB Original Size: 900 x 678, 165KB

ツナクリ尾根で拾った別子住友病院の瓶(ビン)     今、高縄半島縦走記を作成中です


リップ姐  今晩は

伊予のドンダケ〜隊は獅子舞の鼻からヤサグレルートへ
リップさんは獅子舞の鼻から正統ルート、チチ山へ
それぞれ行先が違っても、獅子舞の鼻での感動は共通してますねえ

私も主に冬しか歩かないこの赤石山系と石鎚山系を繋ぐ細尾根にアケボノツツジが結構咲くって話でこの時期2度程歩きましたが、これだけの花は見た事がありません

ツナクリ山〜西山
獅子舞の鼻     ・・・・・ アケボノ通の穴場ですね

男も女も老いも若きも岩にすぐ登る人がおりますわ
今で言うところのインスタ映え? 

連休中がリップ姐の誕生日ですか〜  よか良か〜〜よかばい!
我が家では連休中が親父の命日です

誕生日などに登山用具を買って貰うのっていいですよね
以前GPSなんか買って貰ってたけど私とこではせいぜい1万〜2万円ってリミットがあります

明日が高松の不燃物回収日! 古いザックや靴を集めて断捨離しました
用具は日進月歩なので買っちゃうし、古い物は捨てがたいですが絶対に使わない物もありますねえ

リップさんも元気なDNAを先祖から受け継いでますわ
我々は言うなれば山歩き「限界集落」の住人です
少し歳下のお手本、希望になるようがんばりませう〜〜

ツナクリ尾根で井桁(住友)マークのついた別子住友病院の刻印が入った瓶を拾いました  目盛もあるから何かの薬?
私立が右側読みになって書かれているので相当古い物だと思います

それと、先日歩いた高縄山系の登山記をやっと作成に入りました
リップさんが住んでいる直ぐ近く「五葉ヶ森」では縦走路で苦労しましたわ
各々の山行記録はあるのですがグルッと縦走した記録がないのである意味価値があると思います

石鎚のトイレ掃除、次回は四国最後のアケボノの時期だといいですね


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-3g-umajimura-1.html



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb