[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





35173.北方稜線でしたか 返信  引用 
名前:高御位山    日付:2021年10月02日(土) 08時46分
Original Size: 768 x 1024, 92KB Original Size: 768 x 1024, 99KB Original Size: 768 x 1024, 99KB

 師匠、秋の北方稜線でしたか。詳細は後日報告で楽しみにしています。
ビバーク地も稜線のど真ん中。最高の場所ですね。池の谷ガリーは苦い思い出が有ります。40年以上前ですが岳友が10月中旬降雪中スリップし頭部を強打し即死、家族の依頼を受け私が遺体の収容に向かいました。婚約者との前での遭難でした。これ以降富山山岳警備隊との付き合いが出来ました。

 池の谷のガリーは冬は凍結し滑落、雪崩の事故が多く無雪期は落石による事故が多発、要注意のガリーです。濃霧では全く落石に対応出来ません。五感を集中し神に祈るしか有りません。師匠は悪運が強かったのでしょう。石鎚山の神が守ってくれたのかも知れません。

1 小窓尾根のガリー最上部から見る池の谷の急峻なガリー
2 池の谷を乗越え劒山頂に向かってのトラバース 
3 池の谷のコルを仰ぎ見る



35189.Re: 武勇伝とは言えない話題も作って参りました (長〜い話です)
名前:エントツ山    日付:2021年10月06日(水) 05時21分
Original Size: 1024 x 637, 165KB Original Size: 900 x 505, 161KB Original Size: 900 x 675, 156KB

長〜い剱岳遠征になりました  早月川から見上げる剱岳  手前ピークからガスに覆われる前の池の平山(南峰)


高御位山さん 今晩は

今回、私は一週間のうちに2度剱岳北方稜線へ登り、剱岳の山頂を3度踏みました
な〜んでか? それは後ほど明らかになります

高御位山さんにはマーシーさんと一緒に最初の北アルプスは剱岳・長次郎谷からの登頂で北アルプスの手ほどきを受けました

今回はコロナの件もあり、車で直接登山口へ行く事の出来る馬場島〜早月尾根ルートにしました
それにこの早月尾根は北アルプス3大急登でもあり重いザックで気合が入りました

予定通り剱岳から池谷ノ頭でビバークしました
2年前位に下見に来た時に次回は絶対ここでビバークしようと決めていた場所です

さて、ここから池ノ谷ガリー〜三ノ窓〜発射台〜小窓ノ王や小窓ノ頭を巻いて小窓へ下り、底から少しルートがややこしい池ノ平山・南峰と順調にスケジュールをこなしました

帰りに同じ道を帰っていると途中に池ノ谷ガリーを3分の2ほど登った所で日没と濃霧に遭いあの一見単純なルートが全く分からなくなってしまいました

この話には次のような前置きがあります
当初は池ノ平山〜ビバーク地ピストンか、もし池ノ平山到着が遅くなった場合「池ノ平小屋」に泊まろうと考えていました

所が発射台を上がった辺りでこの山域で最初に会ったご夫婦から声がかかりました
「池谷の頭で黄色いテントを張っておられたのはあなたでしょうか?」「ハイ」「実は私達もあそこにテン泊するのが夢で、今日撤収されるのでしょうか?」
(私)「いいえ 恐らくもう一泊予定です。でもすぐ近くに2年前にテントを張った岩陰がありますので私のテントを移動しても宜しいですよ」
「そうですか ありがとうございます」

この見知らぬ御夫婦と30秒程の会話で私の「ピストン」は運命付けられてしまったのです

小窓までは順調に行ったのですが、池ノ平山前衛峰までのルートがややこしくて時間がかかりました (帰りもロープを出したりしてこれ又時間を使い過ぎました)

結局、帰りで濃霧に遭い「池ノ谷乗越」が全く確認出来ず、ログも谷間で左右にぶれてテントまで帰れませんでした
(そのご夫婦が待っておられると思うと余計に焦って動き過ぎてしまいました)

翌朝、、周りの景色は見た事のない岩山と谷でした
何とか池ノ谷ガリーか三ノ窓を見つけようとしましたが寒さでバッテリーが切れてしまいいくらあちこち歩いても午前中に復帰出来ません

後から考えると岩ルートがありましたので恐らくチンネの下側辺りだと思います
それでガリールートをこれ以上探すのを諦めて、八ツ峰のどこかのコルを越えて長次郎谷に出て、それを上がって尾根ルーtに復帰しようと岩屋がつけた様なな足跡を南西に、向かって進んでおりました

食糧はカンロ特濃抹茶飴、水は雪渓を削って氷をペットボトルに詰めて歩いておりました

するとヘリコプターがチンネ左稜線辺りで旋回しているので滑落事故でもあったのかなと思っておりました(この辺りがチンネ付近である事は警備隊の方から聞きました)
そのヘリが私の方へ近づいて来たのですがそしらぬ風で前を向いて歩いていましたら去っていきました

暫くして、またそのヘリが舞い戻って来て「池谷の頭で黄色いテントを張っていた方ですか?」と上から声がかかりました
「そうです」と答えると「遭難救助要請が出ております。救助要請しますか?」と拡声器で言うので八ツ峰の方角を指さして「救助は結構です」と×印を腕で作るとヘリは帰って行きました

近くに水場があったんで水を汲んでいると又ヘリが舞い戻って来て私を探している様に旋回を始めました
見える所まで走って行くと「やはりこの先霧なども発生しますから救助要請されてはいかがですか?」と再三声がかかります
私の歳は登山届からご存じの様で心配されたのでしょう

恐らく捜索通報をされたのは昨日のご夫婦が心配されての事だし、今上空から救助のプロが私の説得に当っている う〜〜〜ん

「それじゃ お願いします」とヘリが私を吊り下げやすい池谷ノ頭か三ノ窓に下ろして貰って下山後に県警に出頭しようとの甘い考えは「今から富山空港まで搬送します」だった
え〜〜〜〜〜〜 ̄〜〜今更吊り上げて貰ったのにやっぱり下ろして下さいとも言えずイモトや三浦雄一郎さんみたいにヘリで下山してしまいました

で・・・事情聴取の後、「テント一式はどうされますか?」「明日登って回収します」「え〜〜〜〜」「私どもでヘリ回収して着払いで送る事が出来ますが?」 「いえ 結構です 明日自分で回収してきます!」

で、タクシーで馬場島まで帰り車中泊の後、又2度目の剱岳〜北方稜線となりました 


長〜い話ですみませんでした
これでも相当端折っております

私のサバイバル歩きは完遂されませんでしたが、ただ、通報をして頂いた御夫婦の行為や富山県警山岳救助隊の登山者の命を守る活動には改めて敬意を表したいと思っています

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



35195.Re: 北方稜線でしたか,2回も劒山頂を踏むとは・・・
名前:高御位山    日付:2021年10月06日(水) 09時31分
Original Size: 1024 x 768, 99KB Original Size: 768 x 1024, 98KB Original Size: 768 x 1024, 97KB

 師匠、ご苦労様でした。北方稜線の池に平山お見事でした。此れで北方稜線の縦走良しと認めます。小窓のコルではお話にならない。以前師匠の読者が山渓か岳人に掲載されガイドブックを読み、北方稜線縦走を
完走したと言って居ましたが、富山の山仲間は北方稜線とは黒部峡谷迄だと言って居ました。

 しかし小窓のコルを越え池の平山迄登られたのですから立派な物です。流石は我師匠、感服致しました。富山の山岳警備隊は中々立派な物でしょう。岐阜よりも長野よりも富山は日本一の山岳警備隊です。私は遭難事故でお世話になりましたが、一度は富山のヘリコプターに乗って見たかった。師匠が羨ましい。
 
 黒部の主、冠松次郎氏が初登されたあのバカ長い早月尾根は登る気は無く、小窓尾根登攀後、故菅さん、前田さん達と足を引きずり乍ら下山した事は有ります。但し積雪期に早月尾根は剣岳山頂迄は登って居ますよ。

1 山の窓のテント場 狭い石の上に6人用のテントを張りました。
2 山の窓のコルからチンネの左稜線を眺める。
3 チンネとジャンダルム。



35199.Re: 試練と憧れの山
名前:エントツ山    日付:2021年10月06日(水) 05時28分
Original Size: 900 x 600, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 600, 162KB

濃霧と夜でよう見つけられなかった池ノ谷乗越 小窓雪渓を池ノ平山下山中に眺める 池ノ谷ガリーを探して尾根を2つ渡りました


高御位山さん  お早うございます

お見事なんて山行とは程遠い物でした
来年、池ノ平小屋から池ノ平山・北峰を踏んで一応の区切りとしたいです
何せ、今回池ノ平山の山頂付近は霧で眺めが全くありませんでしたから・・・

北峰に向かってもフィックスロープがあると聞いております
今回、早月小屋の小屋番さんと親しくなり池ノ平山へ行くには草付き部分の下山にはロープが要ると聞きました
一応6mm15mのお助けロープを持って行ってましたのでここと道迷い時の移動に活躍してくれました

早月小屋には小屋番格の人以外に伝蔵小屋を建てられた3代目の若い経営者が居り、この方も好青年でした

小窓から第一ピークまでは大きく右迂回を強いられましたが、そこから先は霧でしたがハイマツも結構生えており肩部に騙されながら意外と簡単に進めました
ただ、帰りは視界が悪くスマホ地図の軌跡を頼りました

それと2年前に北方稜線の下見に行った際、小窓までに2ヶ所危険な雪渓部の渡りがあるとの事でブラックダイヤモンドの軽量アルミアイゼンを買っていました
今回もこのアイゼンを持って行ったのですが、この時期危険部の雪渓は完全に溶けていました

で・・・アイゼンを持っていたので道迷い時、長次郎谷へ回る決心をしたのです
(ここも上の方は雪渓が融けていました)

まあ、今年はずっと雨が続き穂峰稜線へ行くのが遅れた為に日暮れが早くなり今回のトラブルになった感があります

再度テン場に戻り道迷いの検証をして来ましたが、どうも霧に巻かれて最初に右手の緩斜面に入り込んだ様です
その後、右往左往を繰り返し最終的には池ノ谷乗越を通り過ぎて反対側の谷筋に下ってしまった様です

三ノ窓に良く似たコルに出て喜んだのですが、ガリーと発射台の対になった形が無くがっかりしました

今回は富山県山岳救助隊の活動を直接体験し感服致しました
ヘリは立派で隊員と一緒に吊りあげて貰ったのですが全く違和感が無く快適にヘリへ乗り込めました

ヘリ隊員は5名居て、操縦席に2名、救助活動隊員3名でした
一人がワイヤーで下りて来て、ヘリの解放窓で隊員2名がアシストしておりました

隊員は精悍で御揃いのスポルティバ・アプローチシューズを履いていました
指の酸素濃度測定器を装着され「正常!」と当然ながらキビキビした態度で丁寧な物腰しです
パイロットはベテランそうで安定飛行で富山空港に着陸しました
山岳救助隊員はカッコよく男でも惚れてしまいそうでした

私と言えば第一声「お金はかかりますか?」で、「いえ 無料です」の答えに安心して血圧が下がりました

事情聴取は上市警察署に救助本部がある様で、そこから富山空港まで事情聴取にやってくる様です
一応事情聴取を終了して帰ろうとするとベテラン上司がやって来てチンネ付近の事を説明してくれました
「山の形を良く勉強してから来て下さい」と言われましたが、これは現実何度も来なければ難しそうです
ただ北方稜線の資料は3年程前から集めてファイルにして暗記する程読んでましたが、今回そのルートを外した時の弱さが露呈してしまいました
(特に気温が低い山では電池の持ちが非常に悪い事は身をもって体験し大いに反省しました)

上市駅前のコンビニまで非常に感じの良い若い男女の警察官に送って貰いました
当然、ファミマでチョコモナ王とコカコーラに飛びつきました

でもそこから馬場島の車までタクシー代9、100円は痛かったです
それにも増して又あの長大な尾根を登らないかんのかい!と思うと自分のヘマの償いの重さをひしひしと感じました

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



35200.Re: 北方稜線でしたか
名前:エントツ山    日付:2021年10月05日(火) 08時03分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 675 x 900, 162KB Original Size: 900 x 600, 160KB

長〜い剱岳・早月尾根   池ノ谷ガリーと対になっている「発射台」 剱岳北方稜線の山々(山の形を覚えと言われてもねえ)


いや〜〜  早月尾根は長いです!!
発射台は思ったより上がるのに時間がかかりませんね

結果的に剱岳三昧の一週間でございました
登山口に「試練と憧れ」の大きな石碑がありますが、まさに試練と憧れの山でした


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



35203.Re: 北方稜線でしたか
名前:kurenaikai    日付:2021年10月05日(火) 21時34分
エントツ山さんこんばんわ。この記事を見て非常にびっくりしました。ベテランの方でもこういうことになるのですね。剱では知り合いを亡くしたので他人ごとでは無いと思いました。室堂からのルートでタテバイヨコバイを越える簡単な岩場でしたが油断したのか、時間を気にしたのか焦ったのかそこで落ちて亡くなりましたのでベテランでも禁物です。何より無事で良かったです。
それとスマートフォンは寒い所では凄い勢いでバッテリーがなくなりますね。ガラケーなら電池の消耗は少ないですけれど今は今は手に入らないです。スマホのMIL規格のだったら-20度の富士山でも使えました。今年で3年目になりますけれど岩に落としたり水に落としたり投げても壊れないのでオススメです。


35204.Re: 失敗から多くの事を学びます
名前:エントツ山    日付:2021年10月06日(水) 07時16分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 600, 161KB Original Size: 900 x 600, 68KB

剱岳三角点と北方稜線への立ち入り禁止看板 第一関門・長次郎ノ頭 池谷ノ頭より剱岳と光芒


kurenaikai さん  お早うございます

コメントありがとうございます

剱岳から北側には三角点付近に立ち入り禁止看板があります
四国や大山にもこんな看板がありますが、これは「立ち入り禁止区域の注意書きを承知の上で踏み込むからには何があっても自己責任ですよ」と言う意味と私は解釈しています

その自覚を持ってそれなりの装備と事前学習で臨みました
道迷いをした時もヘリの要請や救助など一切頭にはありませんでした
再度現場に戻り道迷いの場所見当作業や残っていたハンディGPSのログを検討すると後4時間程でテン場へ帰る事が出来るルートを歩いておりました

それでもあの時、ヘリが心配されたご夫婦からの通報で自分の事を必死で探している現実を考えると最終的に救助要請に応じるしかありませんでした
結果的に本当に恥さらしな山行となってしまいました

現場を再度歩いてみても何故ルートに帰る事が出来なかったのか未だに理解出来ません
恐らくルートに何度か帰れていたのに気付かなかったのでしょう

普段からサバイバル的な山歩きをしていますので迷った時も特に大きな不安は感じませんでした
救助ヘリ側からすると上空から私を発見しても手を振って救助を求めるでもなく八ツ峰へ向かって歩き続ける妙な遭難者に面食らった様です

今回岩場や谷を徘徊して無事だったのは、普段からのトレーニングに尽きると思います
サブザックにはダウンベストとダウンジャケット、雨具上下、15mのロープ、アイゼン、池の平小屋宿泊に備えて防水袋にシュラフも入れておりました

不運だったのは長雨や出発直前の北アルプス地震などにより入山時期が大幅に遅れて日没時刻が早くなり過ぎた事でしょうか

大きな失敗はスマホの予備バッテリーです
今回の山行に備えて従来使っているバッファロー10、050mAhに追加してアンカーパワーコア13,000 mAh を娘に頼んでネット購入しておりました
で、テン場から池の平山へ向かう時に未だ1回分残量が残っている予備バッテリを持って行ってしまった事です
フル充電したバッテリーはテントの中でした
それと防水カメラを持って行ったにも拘らず綺麗な写真重視でキャノンのG7Xだけを持って行き、翌日これもバッテリーが切れてしまいました
ハンディGPSときたら2日目に重たいザックをロープで吊り下げて崖下に下した際、チェストハーネスに付けていたのが岩場に当って不具合を起こし位置表示や地図が出なくなってしまう始末でした

要は出発前に準備した事が現場で活かされなかったのが最終的な失敗でございました (欠陥人間ですね)

良い経験と言えば今回 富山県警山岳救助隊の活動を身を持って体験でした事に尽きます
彼らの活動は大したものでした
それと通報をして頂いたご夫婦に手紙を送りたいと富山県警山岳警備隊を通じて住所や名前を確認して貰ったのですが、無事であったらそれだけで結構ですと住所やお名前の連絡を固辞されたとの事でした

コロナ禍下での遠征で人との交流を避けた筈の山行にしては山岳救助隊、早月小屋の人も含めて色んな人情に触れる旅となりました


「思い出の深さは試練の大きさに比例する」
本当に今回の色々あった剱岳で物凄く親しみが湧いて参りました
お金をセーブして来年も舞い戻りたいです

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



35211.Re: 来年再度池の平山に挑戦されますか。その執念に感服致します。
名前:高御位山    日付:2021年10月07日(木) 04時12分
Original Size: 768 x 1024, 92KB Original Size: 1024 x 636, 75KB Original Size: 768 x 1024, 92KB

 師匠、体調、体重は復調されましたか? あの長大な標高差2000m以上も有る馬鹿尾根を登り直し、テント場まで荷物の回収に向かわれましたね。警備隊の皆さんもさどかしええええと吃驚された事でしょう。私であれば一言で「装備品は着払いでお願いします」その時師匠は馬場島迄のタクシー代金考えませんでしたか・・・

 池の平小屋からの山頂迄の完全走破は秋の10月10日(山小屋が閉鎖する連休最終日です)頃が裏劒は最高の錦秋の時期を迎えます。以前大西さん森安さんを連れて池の平小屋に泊まり五右衛門風呂に浸かり紅葉を満喫し、黒部川に降り豪雨の中命からがら欅平に何とか無事に辿り着いたほろ苦い経験があります。

 濃霧の中師匠は池ノ谷のコルを越え長次郎谷の右股に迷い込み八つ峰の7,8峰の基部付近で本当の意味でのビバークをされて居ますね。昔師匠と一緒に登ったのは長次郎の左股になります。詰めが長次郎のコル。
 良い経験をされましたね。出会ったご夫婦が早とちりして遭難連絡をしたのですね。この夫妻も山に関して経験不足だったのでしょう。
私で有れば一晩ぐらい帰らなくてもほっときますがね。師匠も遭難依頼が出ていたとは・・・さどかし吃驚りした事でしょう。

 善意での早とちり遭難連絡でしたね。

1 小窓のガリーは積雪期の下降は命がけ、ザイルを固定し真下に降り        
  るのですから。スリップすれば池ノ谷に一直線、死亡間違い無し。
2 日本海から見る劒、三の窓、小窓、大窓、白萩山に続く北方稜線
3 池の平小屋付近から眺める裏劒、クレオパトラニードル、チンネ、                  
  ジャンダルム、三の窓のコル
                     



35215.Re: 道迷いから迂回戦術へ
名前:エントツ山    日付:2021年10月07日(木) 05時20分
Original Size: 900 x 600, 164KB Original Size: 900 x 600, 157KB Original Size: 900 x 600, 83KB

八ッ峰のコル部」から長次郎谷右股に出る計画でした 右股をこの殉難碑横に立つピッケル碑に出る計画でした 登り返した長次郎ノ頭より富山の夜景

高御位山さん お早うございます

松に帰ってから食べまくり、体重も57kgと出発前の2kg減まで回復しました
体脂肪率も8.5 内臓脂肪率も4.5と若干戻っております
タニタ体重計の体年齢はどういうメカニズムで数値を出しているのか良く分かりませんが、これは出発前の56歳のままです

昨日孫当番で腕や手、足の傷を見せて「何それ?」って笑われました

息子ときたらヘリで救助されたと聞いて即ネットで費用が掛かるかを調べていたそうです (民間だと70万円程掛かるらしい)
モンベルの山岳保険には入っていますが、こんな特殊な場所は適応外です

娘の会社では父がヘリで救助された翌日に又剱岳へ向かったと言って大笑いされたそうです

話題作りは豊富でしたが、自分自身に失望した山行となりました

通報をして頂いた方は恐らくこの山域に精通された登山者で、その危険性をご存じだから山岳救助隊に通報されたのだと思います
通報もヘリ出動も私の命を思いやって頂き恐縮し有り難い事です

非難されるべきはミスを連発しその原因を作ってしまった私です
ヘリを又出して私のテント装備を回収だなんてそんな労力と税金の無駄使いをして頂く道理や筋合いはありません

ただ、富山空港にヘリで下りた日は、馬場島に舞い戻り車中泊をしたのですが、さすがに前日一睡もせずに彷徨していましたので寝坊して08時出発となりました
明るい内に長次郎ノ頭の難所を越えれば後は慎重に慎重を期してテン場まで歩きますと山岳救助隊本部に連絡していたのですが、「ホンマに行けるんかいな この爺さん!」
と思ったのか馬場島に置いてあった私の香川ナンバー・カローラフィールダーをチェックされておりました

又 早月小屋にも県警から私の通過確認の要請があったそうです
こう言う場合は山小屋と県警山岳救助隊は常に連携していますね
(ちなみに下山時も同じでした)

結局、長次郎ノ頭をクリアした所でガスが出たりして晴れるのを待ちながら歩いたのでテン場に着いたのは22時でした

富山市の街明かりを眺めながら自分の失敗を列挙し「アホ!バカ!」と何度も呟いて歩いた事でした

まあ、十二分に自己嫌悪になっておりますのでこの話題はこれ位にしといて下さい

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



35216.Re: 来年再度いけの平山に挑戦されますか。その執念に感服致します。流石は師匠。
名前:高御位山    日付:2021年10月07日(木) 05時35分
Original Size: 768 x 1024, 92KB Original Size: 768 x 1024, 92KB Original Size: 768 x 1024, 92KB

1 小窓の雪渓を池の平小屋に向かって下降する守安さん 
2 早月小屋の管理人と故前田さん
3 8月の小窓尾根の雪渓のトラバースの状態アイゼン、ザイルは必携



35217.Re: 北方稜線 ルートも結果的に選択ミスでした
名前:エントツ山    日付:2021年10月07日(木) 10時17分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 600, 164KB Original Size: 900 x 600, 165KB

  この時期の小窓雪渓   池の平山(左=北峰、右=南峰) 池の平山下山時にロープ使用


馬場島から剱岳・北方稜線で直前まで考えていたルートは
 馬場島〜早月尾根〜剱岳〜池谷ノ頭〜小窓〜池ノ平山(南峰)〜池の平小屋〜仙人峠〜真砂ロッジ
 ここからA)長次郎谷を上がって剱岳〜早月尾根〜馬場島
     B)剱沢キャンプ場〜別山尾根〜剱岳〜早月尾根〜馬場島

という前提で縦走装備を準備しておりました

所が先に申し上げた様に長雨と地震などにより日程が大幅にずれ込んでしまいました
秋に日本百名山(関東・東北方面)も考えていた為にスケジュール短縮を狙い池谷ノ頭〜池の平山 ピストンに切り替えたのです
それとやはり重いザックを背負って剱岳に登り返すのはちょっとしんどいかな?とも考えました

池谷の頭をベースキャンプにすれば軽いザックで池の平山ピストン、もしくは1日延ばして池の平小屋泊りで楽だし往復すればこの山域を2度楽しめるかな・・・と (見事に返り討ちに遭いました)

剱岳北方稜線と言えば正式に池の平山から白ハゲ〜白萩山〜赤谷山〜猫又山・・・でしょうが、これは又別世界です

ピストンしようが、剱沢雪渓で周回しようが、阿曽原温泉・黒部川へ出ようが、池の平山をすっ飛ばそうがそれぞれの登山者が選んだ道はそれなりの立派な価値があると思います

北方稜線歩きはこうでなければ話にならん!みたいな価値観の押しつけはもう一昔前の山ヤの発想だと思います

今回はピストンと言うお手軽な手段を使ってしまい、これが完全に裏目に出てしまいました
手抜きは許さん!と剱岳にお叱りを受けてしまいました

来年の事は保証出来ない年齢ですが、体力と気力が残っておれば池に映る秋の裏剱見てみたいものです

今住んでいる高松国分寺町はすぐ近くに自衛隊演習場がありこの数日ヘリコプターがやけに飛んでいます
ヘリの音を聞く度に「探されているんだろうか?」とトラウマになっております

エントツ山     
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



35221.Re: 北方稜線でしたか
名前:高御位山    日付:2021年10月08日(金) 19時16分
Original Size: 1024 x 768, 79KB Original Size: 1024 x 768, 92KB Original Size: 1024 x 768, 91KB

  暑いですね。秋とは思えないほど暑いです。
 富山の岳人からメールが入って居ました。師匠の掲示板を見ている友人です。北方稜線、何処が稜線・・・劒から小窓迄何処も山頂がないじゃあないか。だらだら下りじゃあないか。池の平山を踏んで稜線と言うんだ。

 言われて見ると長次郎の頭、小窓の頭は突起物であって山頂(ピーク)では有りません。最低でも池の平山迄繋がないと北方稜線とは言えないのです。彼等曰く、池の平山を降るなら大窓のコル迄、ついそこではないか。

 師匠の再度の池の平山登頂は深い意味を持って居ます。山頂の持つ意味は大きいですね。此れで剣岳の話題はお終いとします。

1 小窓尾根稜線1800mから見る早月尾根小屋
2 天国の様な北方稜線の窓(鞍部)
3 早月尾根から見る小窓尾根、下の谷は厳谷池ノ谷



35227.Re: レベルの違う話・・・・・北方稜線
名前:エントツ山    日付:2021年10月08日(金) 20時48分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 163KB

剱岳から北に下りる勇気!! ゲッ 遭難碑があるよ〜〜  そりゃ下りだと言われればそうなんですがねぇ・・・

高御位山さん  今晩は

私は個人的に高御位山さん達の歴戦の勇士・山ヤ、岩ヤを尊敬しております
四国の山歩きを中心とする我々とのレベルの差は大きい物が有り素直に認めております

だからと言ってスレッド35195に高御位山さんが四国の山仲間を見下すような記述がありましたので掲示板管理者としての立場から失礼を承知で一言申し上げさせて頂きました

我々四国の山猿が剱岳の山頂から単独で北へ踏み出すには相当の勇気が必要なのです
その点で非常に貴重なレポだったと評価しております

今回、私も単独で剱岳から北へ踏み出すに当りまず読んだのはピークス記事「さらば剱岳 オレたちは北へ行く 剱岳北方稜線」(森山憲一・高橋庄太郎)の記事でした

この著名な登山家のルートでさえ池の平山をすっ飛ばしております

まあ、地元の岳人であればこの辺りを歩き倒しておられるだろうし、岩登りもお手の物ですから剱岳から小窓までなど単なる下りのどおって事ない場所だと思われているのでしょうね

私はピストンした為に帰りに躓きましたが、ルート自体は四国の山仲間が行きたいと言えば案内出来る様になったと思います

来年又行ったとしても大窓などの宿題は出さんとって下さいよ〜〜

今回の剱岳山行からは多くの事を学びました
富山湾から吹き上げる湿った風の為あっと言う間に視界が3メートルになってしまいます
そんな夜に高性能のヘッドランプの光は霧に反射して真っ白になります
全ての植物は霧の恩恵を受けてライトに照らされて露がきらきら光って綺麗でした
標高2900m付近でのビバーク・・・露に濡れてガタガタ震えながら過ごしました
もうこれ以上怖い物はありません

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



35230.Re: 北方稜線でしたか、説明不足で不愉快な思いを。
名前:高御位山    日付:2021年10月10日(日) 06時05分
Original Size: 768 x 1024, 210KB

師匠、お早うございます。私の文面気に障られ様で申し訳ありません。

富山の岳友の文面、省略して書いたのであのように成ってしまいました。

「救助されて又登り直して荷物を自力で回収して下山した?
そんな男聞いたことないわ。
大窓を越えて毛勝を越えて黒部迄充分縦走できる男やなあ」

1 馬場島から白萩川を遡行し小窓のコルに向う。



35238.Re: 御意見番に畏れ多くもご意見?
名前:エントツ山    日付:2021年10月11日(月) 08時16分
Original Size: 675 x 900, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB

  石鎚・第一幕岩へ  四国の2000m級は無機質でないのが良いですね


高御位山さん  おはようございます

色々気を使って貰って済みません
山の御意見番「高御位山」さんにご意見するって身の程知らずですよねぇ
以前から日本アルプスの愛弟子「マーシーとエントツ山が剱岳北方稜線へ行かない内は成仏出来ない!」なんて言うもんですから・・・
危うくこちらが成仏する所でした〜

再々就職をしてしまったマーシーさんを置いて単独で北方稜線へ入ったのですが不細工な結果になってしまい申し訳ありません

そもそも私が単独でも剱岳から北へ踏み込もうと決心したのは以前この掲示板にレポを頂いた四国の山仲間の歩いた実績がきっかけだったのです

さきがけとして遠く知らない山域に四国の山仲間が歩いた実績を作ってくれた事が他の四国の山仲間にどれだけの夢と希望を与えてくれたか・・・
レベルの違う、この山域に詳しく経験豊富な高御位山さんには理解出来なかったのでしょう

長年掲示板管理者をしていると色んな山の楽しみ方があり、それぞれが尊重されるべき事がよく分かります
それが理解出来ないと掲示板など続けて行く事は到底出来ません

又、エントツ山はB級登山者であると自覚しておりますので過大な期待などせずに四国の山猿のたわごとだと大目にみてやって下さい

昨日 四国の最高峰「石鎚山」へ行ってきましたがアルプスの3000m級峰の無機質さに比べて四国の2000m級の山は美しかったです

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-chuoalps1stday.html


35222.秋の白馬三山 返信  引用 
名前:エントツ山2号    日付:2021年10月10日(日) 08時52分
Original Size: 640 x 480, 158KB Original Size: 640 x 480, 177KB Original Size: 640 x 480, 90KB

私の方は、今、流行の「安心・安全」登山でした。

以前から登りたかった白馬三山を目指して、福岡から1人、安曇野に向かいました。
広島までは下道で、その後は安曇野まで深夜高速料金を利用した。

登山口は、紅葉シーズンで混雑する栂池を避け、猿倉で車中泊しました。
荷造りの不器用さは遺伝らしく、不用の荷物を担ぎ、大雪渓ルートを喘ぎながら、
稜線まで上り詰めました。 紅葉は稜線あたりが見頃でした。

憧れの白馬岳の展望は、E1号の剱岳とは異なり、中央アルプス、南アルプス
はもとより、先月登った八ヶ岳連峰も見渡すことができ、最高でした。

翌日の杓子岳-白馬鑓ヶ岳の縦走も天候に恵まれ、鑓ヶ岳から見返す白馬岳は圧巻でした。
ただ、鑓温泉ルートが閉鎖されていたため、白馬岳頂上宿舎-杓子岳-白馬鑓ヶ岳のピストン
となってしまったのが残念です。従って、下山も同じく大雪渓ルートを猿倉に下りました。
真夏のような気候で大汗をかき、猿倉の谷川で、イワナとともに汗を流しました。

白馬岳の紅葉は、私が思い描いてものより、少々期待外れであったため、
中央アルプス千畳敷カールの紅葉に期待し、駒ヶ根の道の駅で車中泊しました。
カインズで購入した1400円の寝袋が、ここでも活躍しました。

道の駅から、菅の台バスセンター駐車場に、早朝5時に到着したのですが、
既にチケット購入の長い行列が出来ていました(涙)。
1時間以上並んでチケットを購入し、またバスの行列に入り、ロープウエイ乗り場へ。
やっぱり、ここでも並んで、結局、2時間以上かかってロープウエイに乗りました(笑)。

 しかしながら、苦労した甲斐があり、憧れていた秋の千畳敷カールを堪能することができました。
その後、絶壁のようなカールを登り、中岳-駒ヶ岳に向かいました。
晴天の駒ヶ岳山頂の眺めは素晴らしく、3年前に登った木曽御嶽山も、手が届くように感じました。
南アルプス、八ヶ岳はもとより、富士山の頭も恥ずかしそうに頭を出していました。
 下山後、近くの道の駅に立ち寄り、お土産のりんご乙女(煎餅)とリンゴ各種を仕入ました。

その後、伊賀あたりで仮眠し、下道で福岡に帰還しました。

今度は、2人で一緒に行きましょう



35223.Re: 秋の白馬三山
名前:エントツ山2号    日付:2021年10月08日(金) 19時42分
Original Size: 640 x 480, 43KB Original Size: 480 x 640, 152KB Original Size: 640 x 480, 121KB

白馬三山



35224.Re: 秋の木曽駒ヶ岳
名前:エントツ山2号    日付:2021年10月08日(金) 20時07分
Original Size: 640 x 480, 146KB Original Size: 640 x 480, 165KB Original Size: 640 x 480, 130KB

千畳敷カールから木曽駒を目指します。



35225.Re: 秋の木曽駒ヶ岳
名前:エントツ山2号    日付:2021年10月08日(金) 20時07分
Original Size: 640 x 480, 120KB Original Size: 640 x 480, 161KB Original Size: 640 x 480, 106KB

木曽駒頂上 中岳巻き道(復路) 八ヶ岳連峰を望む



35228.Re: 秋の白馬三山
名前:エントツ山    日付:2021年10月09日(土) 08時57分
Original Size: 900 x 600, 163KB Original Size: 900 x 675, 135KB Original Size: 900 x 600, 160KB

剱岳山頂を3度踏む      ブロッケン     池谷ノ頭から白馬方面を眺める


E2号どの    おはよう

前回、八ヶ岳へ行った時に白馬と木曽駒を提案されたけど、白馬は2度行ってるし(天気予報も悪かった)、木曽駒も行ってる上にコロナで人気の山でロープウェイに乗りたくなかったので却下した

今回は馬場島からテン泊装備で剱岳から北側は少しヤバいし、しんどいだろうと思って単独にしました
結果的には二人で行ってれば色々忘れ物の補充とかルートの相談も出来るし良かったのかも知れない

写真を見ると何かそちらは優雅なアルプス紀行やなあ
まあ、確かに我々の年齢ではそちらの選択が無難と言えるよね

でもさあ、まさか自分が夜に道迷いして救助ヘリに乗るとはこれっぽっちも思っていなかった ヘリは快適な空の旅じゃった
富山空港に降ろされて途方に暮れたわ 又、早月尾根を登らなあかんのかい・・・・って

71歳にもなって週に2度も馬場島から剱岳〜池谷の頭を歩いたもんはそうおらんやろね
それと救助された翌日にのこのこと剱岳へと帰っていった高齢遭難者も皆無だと思う

この歳で冒険が出来る丈夫な体に産んでくれた両親やご先祖様に感謝や

忘れ物やヘマをする所はお互い双子の突然変異やと思う
両親は共に常識が有り慎重な人だったから
ひょっとして御先祖の誰かから劣性遺伝してしまったかもしれない
何代前の誰やろ?
でもヘマをしてきただろうこのDNAを持つ御先祖様はちゃんと生き延びて子孫を今に残しているのだから修羅場をうまく切り抜けてきたんだねえ

糖尿病検査の方はまずますの検査結果だったんだけど、医者から「近頃激しい運動してませんか?」と言われた
何でも筋肉組織が壊れた事を意味する酵素が血中から反応しているらしい
そこで「はい 山で道に迷って飲まず食わずで歩き回っていました」と答えた
でもヘリに救助された事は恥ずかしくて言えなかったわ

この数年、スマホ地図の便利さにどっぷり浸かりすぎてしまった
こんな特殊は山域では基本に還って東経北緯を印刷した紙地図は携帯しなければと大いに反省した

道迷いに至った経緯を振り返ってみると、それを防げていたタイミングは沢山有った
普段は何気なくそんな原因を幾度も断ち切って歩いていたのかも知れない 

単独は遠征費用が馬鹿にならんわ
チャンスがあれば又遠征費折半で宜しく・・・

エントツ山1号
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



35229.Re: 秋の白馬三山
名前:エントツ山2号    日付:2021年10月09日(土) 09時15分
Original Size: 1524 x 1120, 245KB Original Size: 1528 x 1148, 168KB

お互い歳を考えて、他人や家族に心配をかけないように自重しましょう!

E1号が医者から言われた酵素は、クレアチンキナーゼ(CK)です。
CKは普通、筋肉内に存在し、クレアチン→クレアチンリン酸を生成する酵素です。
筋繊維が破壊されると、血液中に流出(逸脱)するので、血中CK値は心筋梗塞や筋ジストロフィー
などの診断に使われます。
Ei号の場合は、連日の激しい運動で筋肉が破壊されたため、血中CK値が上昇したと考えられます。

(一口メモ:登山と関係がありますが、読み飛ばして下さい(笑))
ちなみに、筋肉中でCKにより作られたクレアチンリン酸は、
  ADP→ATP(アデノシン三リン酸)
を再生し、自身はクレアチンに戻ります。

ヒトが生きていく上で必要なエネルギーは、全て、ATPが賄っています。
ATPがADPに分解されるときに発生するエネルギーを使つて生きています。
ATPはヒトが食べた栄養素(糖質・脂質・タンパク質)を分解して、主にミトコンドリアで作られます。
また、造られたATPの2/3は筋肉の運動に使われますので登山には特に重要です(図参照)。
このATPは保存できないので、筋肉ではクレアチンに渡しクレアチンリン酸として貯めておきます。
運動選手の筋肉にクレアチンが多いのはこのためです。必要なときにATPを再生することができます。
(参考までに、私がある登山クラブで、新人登山者向け研修で使っているスライドの一部を添付
 しておきますので、読み飛ばして下さい)



35237.Re: 石鎚墓場尾根の下(第一幕岩)
名前:エントツ山    日付:2021年10月11日(月) 07時50分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 505, 165KB Original Size: 480 x 640, 157KB

昨日は石鎚、第一幕岩へ  天狗、弥山には寄らず  孫に笑われた剱岳道迷いの傷(ほんのかすり傷)

E2号殿 何か知らんけど解説ありがとう

要は私の筋肉にはクレアチンってのが結構多かったのでいつまでも歩き続ける事が出来たって訳だ

理屈はどうあれ、普段のトレーニングが大事って事や
健康年齢を長引かせるために毎日運動を続けよう

道迷いをした夜中スマホ地図を見ながら原状復帰しようと一晩中歩き続けた(低体温症を防ぐ為もある)
滑落事故を防ぐ為に細心の注意を払って岩場やガレ沢を歩いたから腕も脚も擦り傷だらけになった

でも、普段から藪歩きで擦り傷には慣れているのでちっとも痛くはない
山から下りて温泉に浸かって初めて擦り傷に気が付いた


昨日石鎚の帰り、ご先祖様や父母に感謝をこめて墓参りをしてきました
例のイチョウ大木から銀杏(ぎんなん)が沢山落ちていて掃除をするのに臭かったわ

石鎚は何とかギリギリ紅葉に間に合った

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-chuoalps1stday.html


35208.紅葉の石鎚 返信  引用 
名前:toshi    日付:2021年10月06日(水) 19時35分
Original Size: 800 x 533, 136KB Original Size: 800 x 533, 79KB Original Size: 800 x 533, 84KB

エントツ山さん こんばんは!

久しぶりの投稿です。4-5日と石鎚へ行ってきました。4日15時前より登
り夕焼けを見て、山小屋が開いていたら宿泊しようかと思ったのです
が、今の時期、コロナの影響でシュラフがないとダメですと言われ、仕
方なく、車中泊することにして、一旦下山しました。
夕焼けに染まる石鎚はとても綺麗でした。

5日は3時より登り、5時過ぎに山頂へ。日の出まで約50分。その日は下
弦の月が綺麗でした。残念ながら期待した滝雲は、南風のせいか、全く
出現せずでした。ガスがまったくないのも味気ないものです。
まあ朝焼けの石鎚は見ることができましたが。墓場尾根も見に行こうと
少し降りたのですが、下から上がってきた人が全然ダメですと言われた
ので辞めました。仕方ないので東稜を下山しました。
紅葉は山頂付近はまずまずですが、下の方はこれからです。
久しぶりの登山だったので、今日は筋肉痛です。

エントツ山さんは北方稜線だったのですね。相変わらずタフですね。
この2年、アルプスには行けなかったので、来年こそは行きたいと思
っています。
ではまた。



35209.Re: 紅葉の石鎚
名前:toshi    日付:2021年10月06日(水) 19時37分
Original Size: 800 x 533, 83KB Original Size: 800 x 533, 106KB Original Size: 800 x 533, 69KB

続きです。



35210.Re: 紅葉の石鎚
名前:toshi    日付:2021年10月06日(水) 19時38分
Original Size: 800 x 533, 95KB Original Size: 800 x 534, 137KB Original Size: 800 x 533, 145KB

番外編です。



35212.Re: 二ノ森方面の紅葉
名前:アカリプタ    日付:2021年10月06日(水) 20時58分
Original Size: 666 x 375, 167KB Original Size: 666 x 375, 160KB Original Size: 666 x 375, 158KB

西ノ冠岳の紅葉(南側直下より)  西ノ冠岳の紅葉(高瀑分岐付近より)   1866m峰北面の紅葉と弥山  

エントツ山さん toshiさん こんばんは

私も昨日、石鎚でした。
東陵を登って、墓場尾根に降り、その後、天狗岳、弥山と歩きました。
例年、弥山の鎖場が大渋滞ですが、登山者は少なめで、登り下りとも渋滞なしでした。
この時期、弥山は大混雑ですが、混雑も無く、珍しく弥山で天狗岳や二ノ森方面を眺めながらの昼食でした。
二ノ森方面を見ると、西冠の山頂部や二ノ森、鞍瀬ノ頭の北面が思いの外色づいており、足を延ばしてしまいました。
いつもながら二ノ森方面は静かなもので、お会いしたのはご夫婦1組だけでした。
石鎚の写真は皆さんが貼られているので、西冠、二ノ森方面の写真を貼ります。

北アルプスへの遠征、色々あったようですが、無事にお帰りになられて良かったです。
御来光の滝、楽しみにしています。



35214.Re: 紅葉の石鎚  もう少し待ってくれ〜〜〜
名前:エントツ山    日付:2021年10月06日(水) 22時36分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 154KB

色づくゴゼンタチバナ   重いザックで早月尾根はキツか〜〜  テン場で眺める夕方の雲

toshi ちゃん  今晩は

やはり行きましたか! 石鎚へ
金曜日に病院検査があるので、さてそれから行っても石鎚の紅葉待っててくれるかしらねえ

気になる墓場尾根情報ですが「上がってきた人が全然ダメですと言われた」って未だ色付いていないって事? それとももう色褪せているって事?  気になりますねえ

剱岳・早月尾根も山小屋辺りは紅葉していましたが、やはり石鎚のドウダンツツジやアケボノツツジの色には敵いません


おっと〜〜 アカリプタさん 今晩は
いいな いいな 天気の良い紅葉真っ盛りに行けて・・・
やっぱり二の森まで足を延ばしましたか
toshi ちゃんも一旦土小屋へ下りて、翌日暗い内から又登ってるし
皆さん 元気じゃのうし!

私も遭難騒ぎの翌日、馬場島から剱岳〜池谷の頭・テンバまで14時間かけて原状復帰致しました
満身創痍で腰も痛い・・・歳じゃ・・・
アカリプタさん 御来光の滝 ご案内させて頂きます
10月末から11月初旬位ですね

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



35218.Re: 紅葉の石鎚
名前:てんきち    日付:2021年10月07日(木) 22時39分
Original Size: 960 x 640, 233KB Original Size: 960 x 640, 226KB

エントツ山さん toshiさん アカリプタさん こんばんは。

私も一日遅れで行って参りました。
週末は三脚を立てる場所もないくらい込むだろうから、休みを取りました。

滝雲や雲海はなく、凡庸な写真しか撮れまへんでした。
カメラのダイナミックレンジが狭いのもあって、黒つぶれや白飛びだらけのところ
撮影時の印象に近づけようと頑張って現像しましたが、私の技術ではこれが精一杯です。

1枚目、山際のオレンジ色はもっとクリアで力強い印象でした。
空は真白だったかも。
かなり不自然になったかな?

2枚目、右下の黒くつぶれた箇所は少し持ち上げると暗部ノイズが強烈です。
肉眼では紅葉が見えていたんですけど。



35219.Re: 光芒写真の難しさ
名前:エントツ山    日付:2021年10月08日(金) 10時02分
Original Size: 900 x 600, 157KB Original Size: 900 x 600, 129KB Original Size: 900 x 600, 155KB

黒潰れ部分が多過ぎて・・・  太陽が雲に遮られてうまく光芒が出ない 雲の端に太陽が来るのを待って光芒写真を撮る


てんきちさん  今日は

今日お昼に糖尿病検査があるので朝から何も食べられません ツライ〜〜

石鎚写真もtoshi ちゃんも言ってましたが 雲海やガスが少し出ないと趣が出ませんんねえ

でもてんきちさんもtoshi ちゃんもアカリプタさんも其々に美しい紅葉写真です

剱岳に持って行ったカメラはキャノン・パワーショットG7XMarkUコンデジですが絞り値 F2.0〜F11までありますので光芒写真は撮れます

光芒は人間の眼には見えない風景、絞り羽根のなせる業(わざ)ですが中々美しい物ですね

欠点はシャッターを絞るので周りの景色が黒つぶれしてしまう事です
普通にマイクロソフトの明度加工すると今度は光芒が目立たなくなってしまいます

これがてんきちさんなどが行っているロウ現像とライトルーム的な写真加工ソフトを使うと部分的に範囲を決めて明るさや彩度などある程度自由自在って訳ですね

特に星景写真を専門にされている方達にはこれなしにアンドロメダ星雲などは表現出来ませんねえ

toshiちゃんもてんきちsんも写真部で良かったです
私もマンドリンなど弾かずにワンゲル部か写真部に入っとけば良かったわ

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



35220.Re: 墓場尾根の紅葉
名前:おじょも    日付:2021年10月08日(金) 14時10分
Original Size: 800 x 449, 70KB Original Size: 800 x 449, 70KB Original Size: 800 x 449, 70KB

エントツ山さん    皆さん   お久しぶりです


墓場尾根の 紅葉の状況ですが
10月3日の日曜日に 覗いて来ましたので 写真を 貼り付けます


3日は イマイチ 色付きがよくありませんでしたが
もっと 冷え込めば 紅葉が 進んでくると思います
https://ohara98jp.exblog.jp/30741078/



35226.Re: 生きておればこそ・・・
名前:エントツ山    日付:2021年10月08日(金) 19時59分
Original Size: 900 x 600, 165KB Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 900 x 600, 147KB

早月小屋展望所から夕暮れの富山湾方面 早月小屋から北方稜線(白萩山〜白ハゲ方面)を眺めながらテント泊  剱岳手持ち夜景撮影


お〜〜 おじょもさんじゃあ〜りませんか
足生えてるよね
よくぞ直腸ガンステージ4から復帰されました
さすがです

くしくも keitann さんも同じような状況から蘇って山歩きを再開されています

おじょもさんに直接会ったのは雲早山〜高丸山の縦走路
間接的にテレビで見たのは高知の三辻山でテレビ取材スタッフと鹿のオブジェ番組で見て以来じゃった

そのご、なんかネズミ関節?みたいな膝を痛めて山歩きから少し遠ざかっていたと思ってたらまさかの直腸ガン手術を2年前に受けてたんですね

生きておればこそ! 
又お山に復活出来て本当に良かった

リハビリ第二弾の石鎚紅葉レポ ありがとう〜〜

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html


35206.仙丈ヶ岳 返信  引用 
名前:ヤマガツオ    日付:2021年10月06日(水) 17時59分
Original Size: 900 x 507, 178KB

エントツ山さん今晩は

剱岳方面から帰りが遅かったのを今日知りました。

重い重い思い出の一つになりましたね。しかし条件も悪い中ご無事でよ

かったですが、再び登るとは恐れ入りました。

こちら上天気の中4日〜5日に仙丈ヶ岳に登って来ました。

山頂からは穂高方面は見えましたが、剱岳は確認できなかったです。

この前登られた八ケ高方面も一日中雲無しでした。



35207.Re: 仙丈ヶ岳
名前:ヤマガツオ    日付:2021年10月06日(水) 18時36分
Original Size: 600 x 338, 132KB Original Size: 700 x 394, 122KB

それから私もスマホの予備電池は持って行きましたが、

デジカメは2日しか写さないので電池は持つと思って予備電池は持って行

かなかった。20枚ぐらい写したら電池切れ。

仕方なくログを取りながらのスマホで写真を写していました。

1日目の昼頃にスマホも電池が少なくなってきたので予備電池に線を

繋いだままにして撮影。

しかし電池の残量がだんだん少なくなり小屋へついて

同僚の電池を借りて充電しょうと思ったら、なんと自分の電池のスイッ

チを入れ忘れていました。

もう一つのへまは

下山後仙流荘で風呂に入りますが火曜日は休み。駒ヶ根市のこまくさの

湯に着きトランクの中のバッグを探すけど無し。

と言う事は仙流荘横の駐車場でいったんバッグを下した記憶有。

他の三人は入浴してもらい自分と車の持ち主で再び駐車場へ取りに行き

ました。(高い所で脳の感度が悪くなったかも)

写真 藪沢の登りと仙丈小屋です。



35213.Re: 仙丈ヶ岳
名前:エントツ山    日付:2021年10月06日(水) 22時17分
Original Size: 750 x 421, 70KB Original Size: 750 x 562, 146KB Original Size: 750 x 421, 70KB

北沢峠でテント泊    甲斐駒ケ岳を振り返りながら仙丈岳へ  南アルプスの女王・仙丈ヶ岳

ヤマガツオさん   今晩は

台風が過ぎ去った後の良い天気に仙丈岳へ行かれて良かったですね
北沢峠まで満員バスの補助席で重いザックを膝に乗せて苦しかった事を覚えています

その時はE2号と北沢峠にテントを張って仙丈岳と甲斐駒ケ岳を1日づつお得な日本百名山2座をピストンしました

お向かいの甲斐駒ケ岳は摩利支天を含めて花崗岩の白色が目立ち実に対照的な山が対峙していますねえ

剱岳北方稜線は想像通り厳しい場所でした

「エネルギー 登山前に 使い過ぎ」
準備万端! あれもこれも準備して、持って行って、現場でツメを誤るドジな老人でした

スマホって写真を撮り過ぎると電池の減りがムーチョ早いですねえ
何の為にスマホバッテリーを買って持って行ったのか情けないです

スマホのバッテリーが切れていなければ翌日明るくなってテントへ帰っていた筈だし、カメラの電池だけでも残っていれば往路で歩いた付近の写真を見て山の形や現在地の場所特定の参考になっていた筈です

「救助ヘリ まさが自分が 吊るされる?」 (いや〜 まさか自分がレスキューヘリに乗るなんて・・・)
「救助ヘリ 乗ったとたんに タダですね?」 (こんな救助者 おらんでしょうねえ)

剱岳・・・親しみがグンと湧いた山になりました

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-senjyougadake.html


35201.奥秩父の僻地で同類に遭遇しました。 返信  引用 
名前:六甲山のキセキ    日付:2021年10月05日(火) 21時11分
Original Size: 711 x 684, 406KB

エントツ山さん、こんばんわ。
六甲山のキセキです。

3回も剱岳を踏まれたとは、うらやましい限りです。
小窓方面、そんなに厳しいルートがあるのですね。
僕には無理です。というかザイルやヘルメットが必要な登山はちと無理です。

週末は、奥秩父の和名倉山(200名山)をメインに攻めてきましたよ。
そうしていたら夕暮れ迫る山頂手前で単独の外国人に出会いました。
この方も、ビバーグを前提に山登りをしていてビバーグ地もほぼ同じでしたー

その方と水場への径、「ヤマゴヤハタカイ、セマイ、キライデス」などと話してきましたので、同感の意思を告げました。とても短い時間でしたが、こんな人里離れたマニアックな山奥で同類に逢えたのでルンルンでしたし、その晩の雷雨もスヤスヤと寝ることが出来ましたよ。

そうそう、その方にビバーグと言っても全然通じなかった。たぶん発音が全然違ったのでしょう。エントツ山さん、不意に同類に会えたら、この上なくうれしかったです。

それではー



35202.Re: 奥秩父の僻地で同類に遭遇しました。
名前:六甲山のキセキ    日付:2021年10月05日(火) 21時18分
Original Size: 580 x 386, 82KB Original Size: 580 x 386, 81KB Original Size: 580 x 386, 65KB

写真UPします。

@和名倉山(200名山)日帰りは厳しい山です。
A理想的なところでビバーグ(外国人さんは、少し上のところでビバーグ)
B翌日は笹原尾根が永遠と続いた。



35205.Re: 奥秩父の僻地で同類に遭遇しました。
名前:エントツ山    日付:2021年10月06日(水) 09時32分
Original Size: 900 x 600, 165KB Original Size: 900 x 600, 162KB Original Size: 900 x 675, 161KB

剱岳・早月尾根の天然杉     剱岳・早月尾根のダケカンバ  後立山連峰を眺めながらビバーク


六甲山のキセキさん  お早うございます

奥秩父の和名倉山を歩かれてましたか
マイカーの方だと六甲のキセキさんと同じ登山口から和名倉山へ行って、東側の尾根伝いに大洞川へ下山して日帰り縦走されている人が多いですね

そちらの二日目は結構ロングですわ
首都圏から電車やバスを利用した週末2日間の山行は下調べと工夫が必要ですから計画の時点から楽しんでおられますね

雷雨に遭われたと言う事ですが、こちらも最終下山時に雷雨があり雹(ヒョウ)がバラバラヘルメットに当って音を立てていました

山で同類の人に会うとそりゃ嬉しいもんですわ (非常に稀ですけど・・・)
自由自在にビバークしながら歩くってスタイルは六甲山のキセキさんと私はまあ同類みたいなものでしょうか

外国人の登山者やバックパッカーって結構倹約ですから理解出来ます
今、北アルプスの山小屋料金は食事付きで12,000程しますから、その分 別な山行に資金を回したいのは私も同じ考えです

今回、1泊目の早月小屋でのテント泊は私以外に1名だけでした
その大阪から来たって言う登山者は重さセーブの為に火気類は一切持たず普段からカロリーメイトを大量に買い込んで食事はこれだけと言って見せてくれました

私もそんなに山食に拘る方ではありませんが、さすがにカロリーメイトだけって侘しいですよねえ

但し、今回はお湯を入れて作るモンベルのリゾッタなどがメインでしたので水が不足気味でスープも含めて沢山使わずに下山しましたわ

六甲のキセキさんのツェルトは活躍されてますね
私は軽さと風に強い点を重視してモンベルのモノフレームシェルター 650グラムを使いました
このシェルターは中央部が広いのでザックなどを収納出来るのですが、頭部と足分が細まっており寝心地はあまり良くありません

それにシングルウォールなので2度目に登り返した翌日は台風の影響で強風と雨でシェルター内で傘を差していました
その為、下山時も濡れ物でザックが13キロ程ありました

日帰り山行も良さがありますが、山に泊まる山行は色んなドラマがあって楽しいですね
知らない場所を歩いていて、何時だろうがビバーク適地があると何だか嬉しくなって泊りもしないのに写真に収めたりするクセが付いています

一人歩きのリスクを考えながらより一層安全な山歩きを心がけたい物だと今回つくづく思いました

追)本来はこの月曜日に糖尿病定期検査の予約でしたが、山から電話して金曜日に延期して貰いました
内蔵脂肪率は登山前 8〜8.5でしたのが、帰宅後 3.5になっておりました
現在体調を戻す為に食べまくっております

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html


35190.3年ぶりの平家谷源流碑沢 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2021年10月04日(月) 20時58分
Original Size: 1024 x 688, 163KB Original Size: 1024 x 682, 161KB Original Size: 1024 x 721, 164KB

@今回遡行図
A水量は少ないものの、平家谷はいつ来ても水が澄んできれい
B本流の大きなナメ滝 今回は迫力が今一

エントツ山さん、皆さま、ご無沙汰しております。
愛媛では10月からコロナの感染対策期から感染警戒期に自粛要請が和らいだので、レポ再開します。

北方稜線でのエピソード読ませてもらいましたが、いろいろと大変でしたね。
ともあれ御無事でよかったです。
ヘリ搭乗の経験もできたと思えばこれもよかったかも?
エントツ山さんと比べれば、私のは実にかわいい冒険ですね。

さて四国の高山でも今シーズンの紅葉が始まりました。
でも10月に入ったというのに連日、日中下界は30℃超えの暑さが続き、私的にはまだ沢歩きを続けております。
ということで、今回、2日土曜に嫁さんが新居浜の実家に行くついでに、別子に上がって、3年ぶりに平家谷を単独で遡行してみました。

さすがに、朝、フォレスターハウスから谷に入ると、水も冷たく(当然か)身が引き締まる感じでした。
前回の台風以来、しばらくまとまった雨が降っておらず、水量は今までで一番少なかったでが、おかげで腰より上に浸かることもなく遡行できました。

平家谷の本流は比較的平凡であまり面白くないので、今回は遡行したことのない支流(エントツ山さん達が過去に行った谷=3年前に私とリヲンさんが遡行した谷の1つ手前の沢)に挑戦する予定で入口に。
しかし、残念ながらそこは水量が非常に少なく、これでは遡行しても期待できないと思い、結局、次に出てくる3年前と同じ谷に入りました。

ここからは比較的なだらかな本流とは違って、滝、滝、滝の連続で、今回水量が少ないので楽勝かと思いきや、滑りやすく、単独行なので非常に緊張しました。
なんとか直登できそうな滝も自重して高捲きしましたが、傾斜がきつくてよく滑るし、むしろ高捲きの方が危険なくらい。

最後の分岐で、以前エントツ山さん達が行った左又に行こうと思いましたが、あまりにも水量が少なく、今回も右又へ。
この先もさらに傾斜のきつい滝が連続し、危険な高捲きもしながら、突如水流が途絶えたと思えば、そこがゴールの登山道でした。
(3年前は登山道を誤認して、少し手前で出渓して30分ほど山を彷徨う)

出発からゴールまで5時間以上もかかり、水量の多かった前回よりハードに感じ、登攀能力が確実に落ちてきたような気がしてます。
ちょうど登山道の場所から水が流れ始めており、ふと見るとそのわきには銅山川の源流碑があるではないですか!
実はこれを見たかったのです。

下山は現在も通行止めとなっている登山道を通って慎重に下山。
通行止めの理由となっている崩壊地の急斜面のガレ場には薄っすら踏み跡ができていました。
約2時間で無事下山。まだ暑いのでもう1回くらい沢に行きたいですね。



35191.Re: 3年ぶりの平家谷源流碑沢
名前:弁天山    日付:2021年10月04日(月) 20時59分
Original Size: 725 x 1024, 164KB Original Size: 1024 x 736, 164KB Original Size: 723 x 1024, 165KB

C全体的に以前より倒木が多かった 2年前の4月の大雪の影響か?
D支流と交差する箇所の滝にて、これも迫力今一
E今回遡行した源流碑沢に入ると、滝のオンパレード



35192.Re: 3年ぶりの平家谷源流碑沢
名前:弁天山    日付:2021年10月04日(月) 21時01分
Original Size: 1024 x 776, 165KB Original Size: 1024 x 718, 164KB Original Size: 743 x 1024, 165KB

F2段の大ナメ滝にて 2段目のナメ斜面が滑りやすい
G大ナメ滝の上から見下ろす 滑ると危険 
Hその後もとにかくこんな滝の連続



35193.Re: 3年ぶりの平家谷源流碑沢
名前:弁天山    日付:2021年10月04日(月) 21時02分
Original Size: 1024 x 713, 165KB Original Size: 1024 x 732, 165KB

I直登できるかもしれないが、滑りそうなので今回はやめとこう
J怖い高捲きをしながら沢を見下ろす 直登した方がよかったかも
K最後の急な滝 なんとか水が流れている



35194.Re: 3年ぶりの平家谷源流碑沢
名前:弁天山    日付:2021年10月04日(月) 21時04分
Original Size: 1024 x 682, 165KB Original Size: 1024 x 682, 164KB Original Size: 1024 x 713, 164KB

L突如、水が途絶えたと思ったら、そこが登山道だった
Mすぐ脇に源流の碑 まさに源頭の場所に建てられていた
N登山道を寸断する崩壊地 よく見ると薄っすら踏み跡が



35198.Re: 3年ぶりの平家谷源流碑沢
名前:エントツ山    日付:2021年10月05日(火) 06時23分
Original Size: 800 x 600, 95KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 675 x 900, 164KB

懐かしい平家谷の激流   北方稜線のガレ沢「池ノ谷ガリー」  早月川の流れ

弁天山さん  お早うございます
久しくレポ無かったからもう沢シーズンは終了したのかと思いきや・・・
平家谷ですか
元気で何よりです

水が流れている場所は未だ良いのですが、水量が少なく苔が生えた急傾斜の沢は滑り易いですねえ
やはり一人で歩かれる場合は非常に慎重になります

高巻きも沢から離れて高くなるので危ない場合が多いです
一度、高巻きをし過ぎて沢へ下れなくなった時がありました

剱岳北方稜線の沢は水が無くガレ沢で物凄く不安定にガレ岩、ガレ石が堆積しております
自分の足の重みで刺激を与えると上側5m程が集団で崩れて来るのです

弁天山さんですら体力の衰えを感じる位ですから、私の年齢になると尚更です
ゆっくりと歩く事で距離を延ばすしか方法はありませんね

それと今回の剱岳北方稜線の山行は普段のトレーニングが活かされたと思っています
日頃からの運動は大事ですねえ

銅山川源流碑 懐かしいです
平家谷源流部で見たキレンゲショウマを去年探しに行きましたが発見出来ませんでした

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/boukyo43heikedani.html


35184.石鎚、とか 返信  引用 
名前:だらだらの人    日付:2021年10月04日(月) 09時09分
Original Size: 640 x 426, 52KB Original Size: 640 x 426, 20KB Original Size: 640 x 426, 21KB

エントツ山さん、諸先輩方おはようございます。

先週中ごろは山を見て、これはきっと朝は雲海だったのでは!?
なんてうずうずして、金曜に雲は去ったと思いながらも
私も週末上がってきました。

日曜の丑三つ時でしたがすでに駐車場は大量。
みんな同じことを考えるんだなーと、思った次第。

人が多すぎて、時間が早かったので天狗に逃げたら星が奇麗すぎて。
時間つぶしに手持ちで星撮りにチャレンジしました。
ISOをかなり上げているのでざらざらです(泣

気合の入った人はカメラも大きいのですが、フィルターがごついですね。
いずれにせよ画像加工しないと朝日と石鎚の両立は難しいみたいな話を
していました。
三脚も持たずにすみません(泣

ちなみに、北斗七星も撮ってみたんですけど、西条の町が明るいし
なんだか味がもう一つ……



35185.Re: 石鎚、とか
名前:だらだらの人    日付:2021年10月04日(月) 09時10分
Original Size: 640 x 426, 91KB Original Size: 640 x 426, 89KB Original Size: 640 x 426, 132KB

石鎚の写真は申し訳ありませんが雰囲気写真です。
朝日の赤味補正がかなり強く出ています。
カメラの偶然仕様ですが。

素人なのでゴーストも歓迎です!

うっすら陰に入る墓場尾根の素っとした色合いが正しいです。
このあたりの紅葉はまだまだ、なのか、みんなあと1週間後だと言っていました。



35186.Re: 石鎚、とか
名前:だらだらの人    日付:2021年10月04日(月) 09時11分
Original Size: 640 x 426, 43KB Original Size: 640 x 426, 81KB

ちなみにこの人だかり。
70人ぐらい居たらしく誰かが話をしていました。

後ろを向くと朝日の色補正は強いなぁと思いますね。



35187.Re: 石鎚、とか
名前:だらだらの人    日付:2021年10月04日(月) 09時15分
Original Size: 600 x 399, 140KB Original Size: 600 x 399, 158KB Original Size: 600 x 421, 184KB

さて、ところ変わって、先日ホンガケ道を歩いてきました。
私が思ったよりは楽だったんですが時間はかかっています。
やっぱりここは春がいいのかもしれません。

燕返しをふっとみたらなんか、あるような?
鳥でも撮れたらいいなと付けていた望遠パワーで見ると
人ですね。
クライマーさんすごいですね!
ちなみにこの方、上から下がって、確認して上がったようですが
私のホンガケチャレンジと同じぐらい張り付いていました。

そもそもはピストンを考えていたんですが用意した水がちょっと足りぐるしく
瓶ヶ森を回って皆さんと同じような軌跡を残せました。

最後は陰地林道歩いていたら猪に会いました(笑
フレーム外に大人が1と、子供が2います。
なんかいる!? と、いった具合に逃げていきました。
この日小雨が降っていて、25mm単焦点をつけていたんです……
望遠ついていない時に不思議と動物と会う気がします。

ちなみに陰地林道は1年前と同じく、扇山林道との別れの少し手前で車止め。
上のほうは谷部が壊れたままで、車を菖蒲峠に入れられる日はしばらく来そうに
ありません。
菖蒲峠って、東之川からの呼称で、陰地峠だったりのほうが通りが良かったようです。


Kurenaikaiさんの上にぶら下げるのは心苦しいのですが、
皆様におかれましても良い秋山を!

……人が多いところは嫌ですね……



35188.Re: 石鎚、とか
名前:だらだらの人    日付:2021年10月04日(月) 09時58分
Original Size: 600 x 400, 65KB Original Size: 521 x 219, 32KB

いつも、蛇足

カメラのレンズキャップがーという事ですが、
煩わしいですよね!

私は山歩き中は
ピークデザインのキャプチャーを使ってストラップにつけています。
高価である事と、着脱が地味に面倒なのがデメリットですが
ストラップを加工したらなんにでも使えるのがメリットかなと

コットンキャリアの方が肩の痛さは少ない気がしますが、
私が最近使っているバックとはストラップ形状が合わず。。。

腰前につけると足元が見えないのが嫌な時がありますし、
腰横だとこけたときに激しくぶつけやすいですし、

なんだか妥協の産物で肩が痛いわけです。


つまり移動中は裸で持っているわけですが、


レンズフィルターとレンズフードをつけて、カバーは付けずに
運用しています。

交換レンズですが添付しました
モンベルのMだかLだかのケースを使っています。
ちょっと弱そうですが、開閉がなれると楽なのです。
肩紐はとってしまって、腰紐だけにしています。
普段はバックの中ですが、付け替えながらの時は腰に。
カメラメインでレンズを変えながら使うときも便利です。

で、完全にしまう時だけレンズフィルターを付けています。
山歩き中はレンズフィルターを使わないという選択。



35197.Re: 石鎚、とか
名前:エントツ山    日付:2021年10月04日(月) 22時00分
Original Size: 800 x 449, 162KB Original Size: 900 x 600, 130KB Original Size: 900 x 600, 165KB

モンベルのよりはパーゴワークスを使ってます 北方稜線で沈む夕日を眺める 雷鳥のつがい

だらだらヒューマンさん  今晩は

まあ、この時期四国に住んでおりますと秋の石鎚が気になりますよね
星系写真を本格的に撮られている方達はソフトフィルターなどを使って星を大きく目立たせているというのをユーチュブで見ました

それとやっぱりロウ現像で加工ソフトですかねえ

墓場尾根はあと一週間ですか〜〜 グッドニュースです
でも時々未だ色が進んで無いのかな?と思ってたら枯れて来てたりする場合もありますぞ

同じ所に集中するのは困りものですが、何たって弥山から天狗が一番絵になるし楽ですわ

これが今回行った剱岳となると至る所天狗岳だらけですけどねえ
但し赤はドウダンツツジはほぼ見られず、チングルマやウラシマツツジの真紅で勝負している様です

瓶ヶ森の岩場は石鎚みたいに見物客も居らずしんみりとやってるんですね
今回私も沢山の岩場を這い上がりましたが、垂直は嫌です

ピークデザインのキャプチャーってショルダーハーネスにカメラをカチャって留めるタイプですよね
あれが一番安定して良いと思います 胸の前は不思議と保護出来ます

私もモンベルのカメラケースを買ったのですが使いづらくて、カメラ専用ではないパーゴワークスのショルダーを縦置きで突っ込んで使っています
岩でぶつければ布は薄いですが、岩にぶつける様な場所にはあまりミラーレスカメラは持っていきません

剱岳北方稜線でつがいの雷鳥を15分ほど撮影に追いかけていて、これが道迷いの最終原因となりました

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb