[ 携帯用URL ]
のうほう倶楽部
♪ここは、多発性嚢胞腎の情報交換の場です。いつもご投稿ありがとうございます。・・・since 2001.9.26 ♪(管理人ほどうち)

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   改行有効 等幅フォント
URL



6667.腎臓摘出と腎移植 返信  引用 
名前:ゆう    日付:2021/08/13(金) 10:16
多発性嚢胞腎でg5となり、腎移植を検討してます。
ただ嚢胞が大きくお腹が膨れていて、通常の腎移植ではなく
腎臓を1つ入れ替える手術ー検討してます。
どの病院が手術数が豊富か教えてください。



6671.Re: 腎臓摘出と腎移植
名前:ほどうち(管理人)    日付:2021/08/22(日) 10:30
ゆうさま

こんにちは。

ADPKDの方の腎臓移植は、特有の課題がありますね。腎臓のボリュームは個人差がありますし。。。
ADPKDの腎臓移植実績はわかりませんが、下記のHPに実施している医療機関のご紹介があります。また、患者会の講演会も行われますので、よろしければご参加されてはいかがでしょうか。


「日本臓器移植ネットワークHP」

https://www.jotnw.or.jp/facility/list4.php

6670.9/26(日)オンライン講演会開催のお知らせ 返信  引用 
名前:PKDFCJ事務局    日付:2021/08/22(日) 09:42
みなさま

こんにちは。
ADPKD患者会(PKDFCJ)事務局より講演会開催のご案内です。
詳細は、患者会ホームページ掲示板、お知らせコーナーをご確認ください。


日 時:2021年9月26日(日)13時〜14時30分
テーマ:「多発性嚢胞腎における移植医療の今」
講 師:田ア 正行先生(新潟大学医歯学総合病院 泌尿器科 助教)
参加費:会員・家族(無料) / 一般(1000円)
主 催:PKDFCJ(患者会)

腎臓移植に関心がある方、また将来的に腎臓移植を希望される方は、
ぜひご参加ください。

お申込みなどの詳細はこちらをご覧ください。
なおPKDFCJ会員と一般参加とで申込み先が異なりますのでご注意下さい。

PKDFCJホームページ掲示板

http://www3.ezbbs.net/35/pkd/

6663.コロナワクチン接種 返信  引用 
名前:    日付:2021/08/09(月) 21:20
クレアチニン2位なのてすが、
コロナワクチン接種しても大丈夫でしょうか?

病院に行くのもこわくて、
医師に聞けず、こちらに書き込みさせて頂きました。

宜しくお願い致します。



6664.Re: コロナワクチン接種
名前:さっちも    日付:2021/08/09(月) 22:22
私もちょうどクレアチニンは2くらいですが、
医師からは接種を推奨されました。1回目済みです。

接種優先順位には腎臓病も入っていますので腎臓病だから
NGということは無いようです。

ただ、体質や病状もありますので、やはり医師の意見はもらった
ほうが良いと思います。病院怖いですけどね。(私も怖いです苦笑)


6665.Re: コロナワクチン接種
名前:コラソンズ    日付:2021/08/10(火) 08:15
私はクレアチニン値3位です。
コロナワクチンは主治医に是非、射ってください。といわれ2回接種終わりました。
1回目は射った腕の筋肉痛のような痛みがでました。2回目は頭痛と熱が39度位、射った腕の痛みがでたくらいで大丈夫でしたよ。
個人差がありますので参考までにしてください。


6666.Re: コロナワクチン接種
名前:    日付:2021/08/11(水) 09:36
さっちも様
コラソンズ様

教えてくださりどうもありがとうございます。
ワクチンの予約をしました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
m(_ _)m

6659.この頃読んだ本 返信  引用 
名前:山本    日付:2021/08/06(金) 19:23
「これが知りたかった血液透析Q&A−いつまでも元気でいるためのヒント64(MediPress Books)」

著者、水口 潤/土谷 健/花房 規男
出版社、東京 バリュープロモーション
出版年月、2021年6月

図書館に行くと、新刊書の中にあった一冊。代替療法の一つとして一番多く用いられているのが透析ではないだろうか。なんとなK透析を知っていても、機器に関することや透析中に現れる症状などについて細かく書かれている。Q&A形式で書かれているので、詳しく知らない人でも分かりやすい。まだ先の事と思う方もいるかも知れないが、読んでおいても参考になると思った。

「だれが修復腎移植をつぶすのか、日本移植学会の深い闇」

著者、高橋 幸春
出版社、東京 東洋経済新報社
出版年月、2015年7月

ネットでこの本があること知って、図書館で借りた本。万波医師の事はニュースでずいぶん取り上げた時期があったが、その後もいろいろな動きがあったのは知らなかった。移植臓器の数は世界的に不足している様だ。そのため欧米では修復腎を使った移植が行われているとか。日本で原則禁止の理由は、、、取材によるドキュメンタリー的な内容。



6661.Re: この頃読んだ本、その2
名前:山本    日付:2021/08/07(土) 19:17
「おいしい腎臓病の食事」

著者、冨野康日己、杉村紀子
出版社、法研
出版年月日、令和3年5月20日

これも図書館で見つけた新刊書。腎臓病の食事に関する本はたくさんあるが、最新の部類に入るのではないだろうか。腎臓病と食事について基本的な解説から、ステージごとの食事の注意も書かれている。
メニューの例はイラストで、写真で紹介するような本ほどの派手さはない。食事制限を押し付ける感覚ではなく、持続可能な内容を示そうとしている感じ。一般のレシピと腎臓病患者のためのレシピの違いなども書かれていて、家庭内で二種類調理する方には参考になりそう。


6662.Re: この頃読んだ本
名前:ほどうち(管理人)    日付:2021/08/08(日) 11:32
山本さま

こんにちは。いつもご投稿ありがとうございます。

今回は本のご紹介ありがとうございました。どの本もPKD患者にとって参考になる本ですね。1冊目の著者の土谷先生は、ADPKDの研究会で長年ご尽力いただいている先生です。私の主治医でもありますが、いつも笑顔でこれまで多くの患者さんの悩みに対してアドバイスをいただきました。

ADPKD.jpに登場されています。

https://www.adpkd.jp/column/index.html


ページ: |< << 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb