[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
PIACERE!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



244.革職人の学校 返信  引用 
名前:ASA    日付:2006/03/01(水) 10:25
 はじめまして。サンタクローチェ教会の革職人の学校拝見しました。 教会で聖書を造っていたことから今でも教会が革職人の学校になっているという話は聞いたことがありましたが、戦争孤児の子供たちを自立させるためというのは初めて知りました。 いろんな歴史が有るんですね。。。 実は私も今、東京の御徒町にある、靴のデザイナーの三原ヤスヒロさんのお兄さん三原英詳さんの造ったアトリエ フォルマーレという鞄の学校に通っています。三原さんは世界的に見てもすばらしい日本の職人さんの技術を若い世代に伝えていこうとがんばっています。 私はイタリア語が出来ないのでチャオチャオさんのようにイタリアの情報を伝えてくださる方がいるととてもうれしいです。また革の学校の情報があったら教えてください。 



245.Re: 革職人の学校
名前:ちゃおちゃお    日付:2006/03/08(水) 18:08
ASAさん、こんにちは。
サンタ・クローチェ教会の革の学校のことは、このゲストブックに
書き込んでくださった方から初めて知りました。
そして、とても興味深いお話だったので、その方にお願いして
特別に執筆していただき、サイトに掲載させていただいたという
次第です。

その記事を掲載した後、一昨年の夏にサンタ・クローチェ教会を
訪問し、革製品売り場に行った時、売り場のおじさんに直接
学校の話を聞いてみました。
その当時もたくさんの希望者を受け入れていたようで、ちょうど
日本からの優秀な若い職人見習いの人が来ているということで、
話が弾みました。

ASAさんも鞄の学校に通っていらっしゃるとのこと、フィレンツェに
いらっしゃる機会があったら、是非サンタ・クローチェ教会にまで
足を延ばしてみてくださいね。

242.本にしてしまいました 返信  引用 
名前:アラ・くまさん    日付:2005/10/11(火) 18:06
ちゃおちゃおさんはじめまして。イタリアへこの11月に3度目の旅行に行きますが、あなたのHP、感心致しまして、ローマ、フィレンツェ、ミラノなど全部B5サイズの用紙にコピーして、直接コピーできますので、私なりに編集して本にしてしまいました。ローマ編だけで裏表印刷で200ページで、フィレンツェは100ページです。私も教会めぐりが大好きで、あなたの知識に敬服し、かつ参考書にさせてもらってます。私はHPはもっていませんが、そのうちイタリア百寺巡礼でもしたいと思います。SMチェチリア教会で、修道院の最後の審判、今回挑戦してきますね。とても貴重な情報源です。それからフィレンツェのサンスプリト教会は、とてもめずらしい黒衣のマリア?の絵などあって、とても面白かったので是非ちゃおちゃお流うんちくをききたいところです。イタリアには毎年行きたいと思ってます。百寺巡礼めざして、素晴らしい教会を今後も紹介してください。楽しみにしております。



243.Re: 本にしてしまいました
名前:ちゃおちゃお    日付:2005/10/13(木) 08:49
アラ・くまさん、こんにちは、はじめまして〜。
いつも当サイトをご覧いただいているようで、ありがとうございます。

編集して本になさったとのこと、お恥ずかしい限りで・・・。
裏表でローマだけで200ページですか!我ながらびっくりしました。
フィレンツェの方を先に開設したのですが、ローマの方は、現地で
買ってきたイタリア語の教会案内と格闘しながら、教会の来歴などを
書く内容になっているので、ページ数も多くなったんだろうと思います。
それでも約5年間でぽつぽつ追加してそんなになっていたのですね。

サント・スピリト教会の黒衣のマリアの絵、というのはどれのことでしょう?
今年は明るいうちにゆっくり入ってこられたのですが、気がつかなかったかも。
ちょっとあとで探してみます。

今回はどちらを中心にイタリアを周られるのでしょうか?
SMチェチリア教会の修道院、是非、がんばって挑戦してください。
ご旅行から帰れたら、またご感想を掲示板の方にでもお聞かせくださいね。

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/7112/

240.素晴らしいHPですね 返信  引用 
名前:ラ・スペランザ    日付:2005/09/10(土) 18:01
はじめまして、私達は大阪の西梅田、ハービスPLAZAに今年の春オープンしたイタリア語教室です。美術館など素晴らしいHPで写真だけでなく、豊富な内容に感心いたしました。イタリア大好きな生徒さんがたくさんですので、ぜひ皆さんに紹介したいです。とくに美術館めぐりなどは、いろいろ注意することもあるようですものね。
http://www.herbis-osaka.com/f3floor.html



241.こんばんは
名前:ちゃおちゃお    日付:2005/09/30(金) 21:27
お返事が遅くなりました。
芸術作品の宝庫のイタリア、そういう面に関心がある方にも、
また全然興味がなかった方にも、多少なりとも当サイトが
お役に立てればうれしく思います。

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/7112/

235.素敵なHPですね♪ 返信  引用 
名前:あっしゅ    日付:2005/08/27(土) 22:21
はじめまして! 素敵なHPですね♪
そして私にとってはとてもありがたいHPです。

来月後半にようやく夏休みを確保し、イタリアに出かける予定です。
私も同行者も団体行動ができないので(笑)、私の独断で適当に計画しています。
計画自体はとても楽しい作業なのですが、どうもイタリアは奥深い。
ガイドブックはたくさんあるけど、なんかね・・・と思い、
ネットで色々見ているうち、こちらのHPへ。
ここ2〜3週間、かなり立ち寄らせていただいてます♪

歴史、宗教等の多少の知識も、楽しい旅行の準備のうちということで、
通勤電車の中では、関連する書籍を読みあさっています。
イタリア語の勉強もしなてはいけないのですが・・・

ということで(?)、しばらくお世話になります♪



236.こんばんは
名前:ちゃおちゃお    日付:2005/08/29(月) 00:20
あっしゅさん、はじめまして、ようこそ。
9月末にイタリアにいらっしゃるとのこと、下調べをするのと
しないのとでは、旅行の深みが全然違いますよね。
当サイトで多少なりともお役に立てればうれしいです。

どのような日程で、どのあたりにいらっしゃる予定でしょうか?
よろしければメインの掲示板の方にでもお気軽においでくださいね。
何か質問などありましたら、掲示板で聞いてくだされば、私以外の
他の方からもお返事があると思いますので。

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/7112/


237.Re: 素敵なHPですね♪
名前:あっしゅ    日付:2005/08/30(火) 22:35
11日間で、ローマ→アッシジ→フィレンツェ→チンクエテッレ→ミラノ と動く予定です。
ミラノは通り過ぎるだけになりそうですが・・・。
そのうち掲示板にもお邪魔しますね。


238.うらやましいです。
名前:ちゃおちゃお    日付:2005/09/02(金) 21:53
あっしゅさん、こんばんは。
アッシジとチンクェテッレは、私は行ったことはないのですが、
両親がどちらも行っています。
チンクェテッレも、あちこちの小さな街に船で訪ねたようで、
場所柄シーフードがとてもおいしかったそうですよ。
アッシジは、パドヴァともども、ジォットのフレスコ画を見に
是非一度行きなさい、と母からも勧められています。
フィレンツェからの日帰りだと、時間がなくてあまりゆっくりは
見られないので泊まった方がいい、と知人には言われましたが、
あっしゅさんはアッシジにお泊りですか?

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/7112/


239.楽しみです♪
名前:あっしゅ    日付:2005/09/03(土) 22:24
アッシジの夕暮れの写真 が 今回の休暇の行き先を決めた理由です。
ローマからフィレンツェの途中で立ち寄るほうがスケジューリング的に楽だったのですが、やはり一泊することにしました。
チンクエテッレは同行者の希望で、1日ハイキングをしたいと思っています。

かなり適当に決めている行程ですが、実際に行かれた方も良い印象をお持ちのようでとても楽しみです。

お言葉に甘えて、掲示板にもいくつか質問をさせていただきました。

233.(untitled) 返信  引用 
名前:ikurinrin    日付:2005/07/26(火) 17:59
はじめまして! 5月にフィレンツェに旅をしたので、懐かしく見させていただきました〜〜 私は4日間しかいなかったんですが、世界の観光客大集合のローマより気に入れました。ちゃおちゃおさんのHPを見て学習してから行けばよかったと、ちょっと後悔です・・・
よければ私のHPも遊びに来てください〜

http://www.geocities.jp/ikurinrin2/



234.いらっしゃいませ。
名前:ちゃおちゃお    日付:2005/08/01(月) 17:12
ikurinrinさん、こんにちは。
私も一番最初にイタリアに行ったときには、何も予備知識がないまま
だったので、帰ってきてからとても悔しい思いをして、たくさん
本を読みました。
イタリアの歴史や美術のことを知れば知るほど、何度でも行きたく
なるものですね。

個人的にはルネサンスの町フィレンツェが好きだったのだけど、
今では古代ローマ帝国時代から現代までの数千年の歴史が一緒くたに
なっているローマも大好きです。

ikurinrinさんもいろいろと知識を増やして、再訪するチャンスが
あるといいですね。

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/7112/

231.(untitled) 返信  引用 
名前:藤家さっこ    日付:2005/04/30(土) 10:38
初めまして!私は藤家さっこと申します、役者です。『マキアヴェッリ』と検索したらちゃおちゃおさんのページが出たので、書き込みさせていただきました!東京で5月25日から29日まで、日本初、マキアヴェッリを主人公とした芝居があります。ルネサンス時代を騒がせた人物ミケランジェロ、ダヴィンチなど多々出てきます。キャラクター設定は史実に基ずいて書かれているので、それだけでも楽しいです。私はマキアヴェッリの愛人を演じます。作・演出は、中井貴一さん、寺尾聡さんの主演映画でサリン事件を描いた「日本の黒い夏・冤罪」を代表作とする平石耕一氏です。明るくて笑いあり涙ありのとっても面白い作品ですので興味がおありでしたらぜひ→http://www.k2.dion.ne.jp/~sakko
をご覧ください☆

http://www.k2.dion.ne.jp/~sakko



232.すでに拝見していましたよ♪
名前:ちゃおちゃお    日付:2005/04/30(土) 13:36
藤家さん、はじめまして、ようこそ。
実は、私は『わが友マキアヴェッリの世界』のサイトの管理人の
アヤコさんと友だちで、サイトも相互リンクしているため、
藤家さんのお芝居のことを先日アヤコさんに教えていただき、
そちらのサイトもちょうど昨日拝見したところだったんですよ。

ルネサンスが好きなアヤコさんや私にとっては、マキアヴェッリや
ボルジア家、ミケランジェロなど、おなじみの人物がたくさん
登場するようで、とても興味深い内容ですね。
藤家さんはバルバラを演じられるのですね。お芝居のことはよく
わかりませんが、どうぞがんばってくださいね。

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/7112/


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb