[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
ちょもんちの掲示板(いつの間にか四代目)

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



245.吉行・開高→江国・ばなな 教科書の『定番』様変わり 返信  引用 
名前:ホッシュジエンの国内ニュース解説    日付:2007/03/31(土) 18:47
 お堅い印象の教科書が大きく変化している。30日に検定結果が発表された
高校用では、国語や英語で、昭和の文豪や外国の著名人が相次いで退場し、
活躍中の人たちにとって代わられた。音楽では、小学校で歌った懐かしの教材が
再び登場した。「とっつきやすい教科書に」という編集者共通の思いが込められている。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    世相ねつ造や軍国化の足音が聞こえ始めた昨今。
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  /    教科書も様変わりするようだ。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 国粋主義的行事があちこちで見られる中、
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l   何となくイヤな予感がしますね。 (・A・ )

07.3.31 朝日「吉行・開高→江国・ばなな 教科書の『定番』様変わり」
http://www.asahi.com/life/update/0331/006.html



246.Re: 吉行・開高→江国・ばなな 教科書の『定番』様変わり
名前:次郎    日付:2007/04/20(金) 21:39
教科書難しい  次郎

242.祝!お誕生日 返信  引用 
名前:ミツワセッケン    日付:2007/01/19(金) 00:59
お誕生日おめでとうございます!
この一年が貴兄にとって素晴らしいものになるよう
祈念しております

239.『台湾の教科書では、北方四島がロシア領?』 返信  引用 
名前:読毎ファン    日付:2006/09/18(月) 13:23
日本とロシアとの帰属問題になっている歯舞、色丹が
台湾の教科書には、ロシア領になっているものがある。

これは、日本の主張と相反する内容だと思う。
訂正を申し入れる必要性があるのではないだろうか。


仁林文化出版企業
 
教育部審定・國民中學二年級下學期  社會 二下

  指導教授 呉連賞、彭小甫保 他
  出版日期:中華民國九十三年 元月 初版
       中華民國九十四年 元月 二版

 p116 圖6-11 日本地形圖
  全体図
  下左部分
  右上部分


 画像は以下のサイトで記載してます。

 http://bbs.com.nifty.com/mes/cf_wrent/FREKISHI_B031
  Bar HISTORIA(フリートーク)
  139.
  2006年08月17日
http://bbs.com.nifty.com/mes/cf_wrent/FREKISHI_B031

237.祝!お誕生日 返信  引用 
名前:ミツワセッケン    日付:2006/01/18(水) 21:09
お誕生日おめでとうございます。
クラクラ寄席や個展企画など・・・
やりたい事をやりたい様にやっているせいか、
最近輝いていますね。
益々輝いた男前を磨いてください!



238.祝!お誕生日
名前:ちょも    日付:2006/01/19(木) 01:50
ども、ありがとうございます。
この年になるとちょっと照れますが
やはりそう言っていただけるとうれしいです。
どこまで男前になれるか全く分かりませんが
<と言うかその素養があるかどうかも妖しい
せっかくの仰せなのでがんばりたいと思います。<何を?
どうぞよろしくお願いいたします。

> お誕生日おめでとうございます。
> クラクラ寄席や個展企画など・・・
> やりたい事をやりたい様にやっているせいか、
> 最近輝いていますね。
> 益々輝いた男前を磨いてください!

236.新春こども寄席のご案内 返信  引用 
名前:ミツワセッケン    日付:2006/01/14(土) 20:50
ちょもさんにお手伝い頂いている新春こども寄席、
皆様奮ってご参加ください。
>>>
第52回「世界のこどもが手をつなぐ会(CIFA)」
新春こども寄席

「世界のこどもが手をつなぐ会(CIFA)」(Children’s International Friendship Association)は、世界中の国のこども達が仲良くできる様に、在日外国人及び日本人のこども達を対象に、サマーキャンプ・スキー教室・クリスマスパーティ・サッカー大会などを20年以上にわたって開催してきました。 2006年は最初の催しとして、落語・浪曲などによる「新春こども寄席」を昨年に引き続き企画しました。 お友達とお誘いあわせの上奮って御参加下さい。

1.日時: 2006年2月5日(日)午後1時〜3時(12時40分開場)

2.会場: お江戸日本橋亭(地下鉄三越前駅下車)中央区日本橋本町3−1−6 ☎03(3245)1278

3.内容: 落語 (柳家喬太郎・瀧川鯉橋)/浪曲(玉川美穂子・沢村豊子)/ほのぼのパフォーマンス(あいあいず)/福引

4.対象:在日外国人・日本人こども(ゼロ歳〜高校生)
及びご家族100名
*お早めに事前申込して下さい。参加は無料です。
[申込先・お問合せ先]三輪 毅 mitsuwasekken@hotmail.com
〠156-0053 世田谷区桜1−25−14
☎・FAX 03(3439)3106

5.主催:第52回世界のこどもが手をつなぐ会
「新春こども寄席」実行委員会

231.フィクションVSノンフィクション 返信  引用 
名前:アッシュ    日付:2005/11/14(月) 17:56
ちょもさん、こんにちわ。「特命交渉人用地屋」はわたしも読みたいと思いながら放っている本です。成田空港建設にからんだ話ですよね。
その代わりに、もっと大きなスケールの内幕暴露本を読んでいるので、その話をさせてください。佐藤優「国家の罠」です。この人をご存知でしょうか。鈴木宗男と連座して逮捕された外務省の元情報分析官といえば、ああ、あいつか、と思われることでしょう。わたしの大学の先輩でありながら、うさん臭い奴と軽蔑してきました。

この本が毎日出版文化賞を受賞したと知って、お堅い新聞社がこんな問題のある人物の本に賞を与えるなんて、どんな本なのだろうと変な好奇心から読んでみたのです。いや〜驚きました。政治関係の本でこんなに面白い本を読んだのは初めてかな。外交の最前線で活躍してきた人間の知見が詰まっていて、教えられることが多かった。賞の審査にあたった東大の国際政治学教授が、「平成の奇書であり、国際政治・司法・行政を知る最良の本のひとつ」と述べている理由がよくわかりました。空虚なフィクションを読むくらいなら、こういう骨太のノンフィクションのほうがずっと読む価値があります。どうも最近の読書傾向として、現実の状況が厳しいこともありますが、フィクションを読む気にならず、ノンフィクション系に惹かれます。ちょもさんはそういうことはないのでしょうか。



232.Re: 世紀末の清国と日本
名前:ちょも    日付:2005/11/18(金) 08:43
ご意見、ありがとうございます。返事が遅れてしまって大変しつれいしました。
「国家の罠」大変気になっている本です。ただいかんせん普段本は出来るだけ図書館で借りるようにしているのでこういう人気の本はなかなか順番が回ってこなくて・・・。
ノンフィクションでは今、青木冨喜子さんの「731」を呼んでいます。関東軍支配下にあった731部隊のことです。なかなか面白い本なので読み終わったら又感想をアップしたいと思っています。

僕の場合あまりフィクション・ノンフィクション意識せずに読もうと思っていますがどうしても偏ってしまうときはありますね。


233.Re: フィクションVSノンフィクション
名前:アッシュ    日付:2005/11/18(金) 18:21
ご返事ありがとうございます。一部訂正したいことがあるので、再度投稿いたします。週刊文春に掲載された鈴木宗男と佐藤優の対談を読んだからです。来週号にも続きが掲載されるそうですが、今週号を読んでみて、わたしが鈴木宗男に嫌悪感しか感じていないことをあらためて思い知りました。

鈴木は北方領土返還の道すじをつけると唱えて、北方4島へ発電所等のインフラ建設を推進した張本人です。しかし人道的援助として医薬品を送るくらいならともかく、日本国民の税金でインフラ整備までしてやり、しかも担当企業から献金を受け取っているとあっては、国を売って私腹を肥やしていると受け取れないこともありません。

ロシアが領土問題を抱えているのは日本だけではありません。日本に譲歩すれば他国からも譲歩を迫られます。戦勝国民としてのプライドもあります。今日の夕刊にも、ロシア国民の大半は北方領土の返還に反対だというロシアの世論調査の結果が出ていました。

佐藤氏もこの点ではっきり鈴木を批判しているわけではなく、同調しているように思えます。佐藤氏の本が読み応えがあり、すぐれた時事問題の解説書になっている点は否定しませんが、だからと言って、佐藤氏の主張に全面的に賛成するわけではありません。この点をどうしても一言申し添えたいと思った次第です。


234.Re: フィクションVSノンフィクション
名前:ちょも    日付:2005/11/22(火) 10:44
返事が遅くなりました。改めての書き込みありがとうございます。
国家の罠、まだ読んでいないのでなんともいえませんが
是々非々で、同意できるところは同意し同意できないところは同意しないと言う態度でいいと思います。わざわざご丁寧にありがとうございました。


235.Re: フィクションVSノンフィクション
名前:外交戦略    日付:2005/12/20(火) 15:44
日本とロシアは、対中国外交の観点から、手を組むメリットが少なからずある。しかしそれに立ちはだかる壁は、北方領土問題である。しかしそれに最も強く反対しているのが、現地の漁業関係者。彼らはモスクワで反日キャンペーンのスポンサーとなっている。そこで、北方四島が日本経済への依存をどんどん進めるようにする。それによって彼らを豊かにする。また、日本政府が怒ると豊かさを失い、生活が立ち行かなくなるようにしてしまう。これは中国が武力を使わずに香港を取り戻す基本戦略と類似している面があります。北方四島は深刻な電力不足に見舞われている。日本製の発電機を用いればそれが解決するだけでなく、修理にも何にも日本の会社の協力が必要となる。さらにこれを突破口にして、日本に依存させるようにして、モスクワと切り離す。立派な外交戦略だと思いますよ。

229.世紀末の清国と日本 返信  引用 
名前:アッシュ    日付:2005/10/29(土) 00:30
ちょもさん、おひさしぶりです。わたしのことは覚えてもらっているかどうかわかりませんが、信兵衛さんのオフ会でお目にかかりました。早いものであれからもう2年になります。たしかあのとき、満州での日本の統治の話をした覚えがあります。「阿片王 満州の夜と霧」をお読みになったのですね。わたしは読みたいと思いながら未読なのですが、ちょもさんの感想を拝見しても読んでいい本なのか判断できないので、やっぱり自分で読むしかなさそうです。(^^:

その代わり、マンガ「日露戦争物語」の最新刊を読みました。日露戦争の前哨戦と言えるのが日清戦争です。日清戦争の当時、清国側の艦隊責任者が切れ者で、「日本側と戦う必要などない。艦隊さえ無傷であれば、日本の海上輸送を脅かすことができ、陸上の日本軍は孤立して自滅する。」という考えの持ち主でした。当時の日本の国力は貧弱で、長期戦ができないので短期決戦を挑むしかない、ということを清国側が見抜いた上での正しい戦略だったのです。この戦略を貫けば清国側の勝利でした。

しかし海戦など理解できない北京の皇帝周辺の官僚たちが、彼を臆病者・売国奴と罵ります。さらに、日清両国に軍艦を売り込んだ欧米の軍人たちも、売り込んだ艦船の性能を検証する絶好の機会であること、さらに艦船が傷つけばあらたな注文につながることを理由に、清国側に戦うことを強く進言します。

こうして清国側は有能な人材を抱えながら、必ずしも望んでいたわけではない日本との全面対決に追い込まれていきます。なぜか読んでいてつらいものがあり、日清両国の兵士に共感と哀れみを感じました。

当時の清国の状況を描いた小説が、オフ会のときにもお話した浅田次郎「蒼穹の昴」です。これは日本語が読める人なら読まないと人生を損している、と言えるくらいパワフルな作品ですのでお薦めです。



230.Re: 世紀末の清国と日本
名前:ちょも    日付:2005/11/01(火) 08:42
ご無沙汰しております。
そう言えばあの時中国系の噺いろいろしましたね。
まんがの日露戦争って江川達也の奴ですよね
一度読まないとなぁと思いながら最近まんがはほんとご無沙汰で

時々でかまわないので又立ち寄ってください。

228.大江戸秋祭り! 返信  引用 
名前:ミツワセッケン    日付:2005/09/24(土) 20:02
毎々お世話様です。ミツワセッケンです。小生三味線漫談で下記高座勤めさせて頂くことになりました。皆様お誘いあわせの上是非お出かけください。

「リバーサイド寄席−大江戸秋祭り-」
10月1日(土)13:00〜木戸無料
☆お江戸日本橋亭
(地下鉄銀座線三越前駅より2分・半蔵門線三越前駅より3分JR新日本橋駅歩2分・JR神田駅歩7分)中央区日本橋本町3−1−6 日本橋永谷ビル1F ・03(3245)1278
(地図)http://www1.odn.ne.jp/~engeijou/nihonbashi.html
▽酔狂・八戒・扇生・セッケン・小太郎[ゲスト]瀧川鯉橋
Tel03-3646-8465(すなしま編集室)

引き続き同会場で落語芸術協会若手ホープ瀧川鯉橋さんの独演会がございます。ご都合宜しければ是非お出かけください。
10/1(土)第二回瀧川鯉橋独演会〜鯉のつなわたり〜
会 場:お江戸日本橋亭
時 間:17:00〜19:00
木戸銭:1500円
出 演:鯉橋(二席)
ゲスト:春風亭鯉枝
問合せ:3982-3918(鯉橋)


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb