[ 携帯用URL ]
書 込 知 愛
当然!武剣会関係者、武剣会以外の方、剣道に興味がある方、
剣道の思い出、質問、その他剣道以外の書込みOKです。
全国の現役剣士の書込みも嬉しいです!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



350.面白い 作文 みっつけたー! 返信  引用 
名前:語り部爺    日付:2009/06/09(火) 05:20
昨年末不治の「腰痛」手術後 復活した(き)川先生、10年前の作文?を見つけたので紹介します。(文中 ハリソンとあるのは ハリソンフォードのことで 先生はその俳優に似とると誤信しています。又 B−(は)川というのは(き)川先生の同級生で今武者修行中に出かけてる図体の大きい気のええ先生のこと)
わが良き友 祇園武剣会
うーん・・ スタイルだけでもっていたハリソン(き)川は体重が5キロも増えてることに悩んでいた。このままだとバーコード(は)川のようになるのではないかと心配をしていた。「よし中学高校と腕をならした剣道でもしてひきしめよう」とひとりで叫んでいたところ たまたま家の前の(は)田さんが武剣会の関係者ということで 祇小で稽古ができるよう話してもらった。早速寝起きの悪いH−(き)川はなんと朝8時に行って正座をして待っていた。ところが9時になっても誰も相手にしてくれない。「わしゃ帰ろ」と思ったが足が痺れて動けない。10時過ぎようやく稽古も終わり、一人のおっさんが来て威張ったように「何年剣道しよったんか」とかいろんな事を聞くので 大口を叩いてやった。
するといきなり生徒を教えろと言い さっと後ろを向き 黒く艶やかな髪をなびかせ(当時は黒々とあったのだ)帰って行った。この頃が10周年記念大会の頃だった。
「わしは自分がしたかったのに」思惑の違いを感じながら次の日曜日に出かけた。この日子供達を指導していたのが 先週出合ったアルマゲドン(い)本と 生徒を壁に追い詰めしごきあげる 人前で話のうまい ハワード・ザ・ダック(あ)木と、年のわりに妙に元気の良いヨーダ(に)林だった。
しぶしぶ生徒を教える事となり 「初心者の剣道」等いろんな本を読み体を鍛えながら年月がたっていき H−(き)川もいつの間にか武剣会という剣道宗教にのめりこんでいった。何年か経ち 教師づらも慣れて 初心者を教えていた頃 B−(は)川が見学に来て「教え方が悪い」と 剣道暦の長いH−(き)川にかばちをたれたのであった。
「じゃあ おまえが教えたら?」のひとことでB−(は)川も我が宗教に入り込んでしまったのだ。この間 いろんな先生が出入りしたが 後輩のコンバヤシ進一だけが今日迄残ってくれているのだ。
H−(き)川は諸先輩に認めかけられた頃 両親の死去に会い 祇園を色々な事情で去ることになった。辛く寂しく引け目を感じながら 引越しをした。D−(あ)木いわく 「逃げた」・・・その通りだった。

解放されたと思ったのはつかの間で 引越し先の剣道クラブに捕まり 又指導員に戻された。しばらく続けていたが 祇園の各先生、保護者の皆さんを忘れることができず また舞い戻ってきたのであった。

まあこんなストーリーかな。振り返ると楠原先生、(た)川さん、多種多様な人々と出会い 仲良くできたこと、大人になって こんな友ができるとも思わなかった。こんな素晴らしい あほ集団は後にも先にも出会うことはないと思う。
D−(あ)木がいつも言ってたように 自分達の教え子がわしらの後を継いでくれたら最高じゃん!。
今がその時。(さ)瀬、(あ)原、(く)田、(い)崎、(き)本、(な)野、ほか若い衆がんばれ!       おわり

○先日 (き)川先生に (た)川さんの思い出を聴いたら、皆で宮島の剣道大会に行って盛り上がった事、特に一般の部で(き)川先生が勝って思わずガッツポーズをしたら 応援席で一緒にガッツポーズをしてくれた場面。わすれられんといってました。
私(語り部爺)は、(き)川先生も (た)川さんも 無二の親友だと思っています。(き)川先生が自分の設計事務所の仕事が山のようにありながら (た)川さんの命を繋ぐ為 当たり前のように日赤に通った事実。武剣会の連中はこういうヤツばかりだと思っています。
 こんな感じの武剣会が絶えん様 皆様のお力添えをお願いいたします。

349.育成会その16 返信  引用 
名前:語り部爺    日付:2009/06/08(月) 14:22
育成会代々三役さんの変遷を中心に武剣会の流れを語ってるうちに 時代は昭和から平成へとうつってきました。
思えば昭和の祇園武剣会は 広島は勿論、国内においても異色、出色の道場ではなかったでしょうか。故郷祇園を剣道の街にしようと燃えた藤田先生。かって隼戦闘機乗りで 戦後、全国に先駆けて 山口剣連を立ち上げた楠原先生を擁し、発足2年目から 「県下少年剣道大会」を主催。又 多くの人たちの浄財で立派な剣道場を作り上げ、 徳目を掲げ、多くの有為の人材が巣立ちました。当時 現剣道連盟の他に大日本武徳会にも所属、熱心に活動していた為 言われなき差別と闘わなくてはならなかったこともありましたが、今その頃の剣士達が 熱心に後輩を指導してくれています。土曜日の稽古などでは 指導者の数、10名は下らず、多い時は20名を超えています。又、かっての 保護者の方々の 何かにつけての「集い」が今も尚 衰えることなく賑やかに続いています。
素晴らしいことだと思ってます。
平成になってからの様子は (と)梶、(か)松、(て)井、(は)やし、(さ)伯、(の)村さん達を始めとする皆様方に 自主的「語り部」役となっていただいて 書き込み頂く事を期待しています。
いついつごろの事ですが・・・・ということであとさきバラバラオッケー。楽しみにしています。宜しくお願いします。


ページ: |< << 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb