[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
週刊ボードゲーム通信

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



週刊ボードゲーム通信1025号「久しぶりのボードゲーム屋」その5 返信  引用 
名前:鱶(fuka)    日付:2020/03/22(日) 21:25
みなさんこんばんは、鱶(fuka)です。新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますね。すべての人が仕事や学校など、生活の全般に大きな影響を受けていることと思います。ストレスを感じる場面も多く、まだ大変な時期が続くかと思いますが無理しすぎず、みなさん一緒に乗り越えていけたらと思います。

さて、今回はボードゲーム屋さんのテーマに戻ります。以前に大阪にあったシュピーレブルグというボードゲーム屋さんにはよく行きました。「よく」といっても、数か月に1回くらいのペースだったかと思います。行って、ゲームを買わずに見るだけという日もあった気がします。ボードゲーム屋さん的には来店のみだと一銭ももうからないんですよね…。
調べてみるとシュピーレブルグの閉店は2001年のことでした。そんなに前のことだったのか、と感慨深く思います。

ボードゲーム専門店の意義は、ボードゲームを詳しく知っている店員さんが、ゲームを紹介してくれることだと思います。電器店やおもちゃ屋さんなどは販売員さんがそんなに知識がない場合が多いでしょうし、ゲームのパッケージを開けて中身を見せてくれることも無いでしょう。試しゲームができる専門店も少なくないでしょう。そのボードゲームの面白い・面白くないというよりは、自分に合ったゲームかどうかの判断材料を伝えてくださる店員さんにはとても感謝します。

では、ボードゲームの店員さんのライトスタッフ(正しい資質)はどういったものでしょうか。
・お客さんとの話を楽しめる
・多くのゲームを知っている
・ゲーム内容の説明を、聞き手に合わせて分かりやすく説明できる
・ゲーム説明の表現力
などが考えられます。

それではまた来週-。

KD111239171211.au-net.ne.jp (111.239.171.211)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:74.0) Gecko/20100101 Firefox/74.0

週刊ボードゲーム通信1024号「新型コロナウイルスに関してボードゲーマーが気をつけるべきこと」その2 返信  引用 
名前:    日付:2020/03/15(日) 22:18
 新型コロナウイルスとは、インフルエンザのような感染症の原因で、それに罹ると重篤な肺炎になる可能性があります。そのため全国的に、人々が集まるイベントが中止になっている状況です。現在(2020年3月)のところ、ゲームマーケット大阪や一般ボードゲーム会が中止になっています。私も大阪で開催されるゲームマーケットには毎年参加していて、それなりに楽しみにしていたので残念です。
 ボードゲーム店やボードゲームカフェの方は、営業を続けています。最近ゲーム店へ行ったところ、客は少なく、ゆっくりとゲームを見れました。ゲームをしに来ている人は2人だけいました。混んでいて暑苦しかったボードゲーム店が懐かしく思われました。とりあえず2人用の中古ゲームを3つ買って帰りました。

 さて、知り合いとだけボードゲームをしていた時代には、今回のような感染症が流行ったとしてもそれほど問題にはならなかったでしょう。体調が悪ければ参加しないでおくでしょうし、もし他の人にうったとしてもその範囲ですみます。つまり個人的なことでした。しかし現在では、ボードゲーム環境は拡がっており、様々な人とプレイする場ができています。また、商業的になっており、お金がからみます。そして、今回の新型コロナウイルスの蔓延は、医療的な問題のみならず、心理的、社会的、政治的、経済的、国際的なものとなっており、ややこしいです。

 身内でプレイする際には、とりあえず前回に挙げられたような点に留意すればよいでしょう。しかし、馴染みのない人とプレイする場合は、このようなことを徹底するのは難しく、感染リスクは高まります。そのリスクをどう評価するかですが、医学的にはそのリスクは微小であったとしても、心理的、社会的にはそうではありません。万が一、感染した場合のダメージは甚大です。

zaqdadcab0d.zaq.ne.jp (218.220.171.13)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/80.0.3987.132 Safari/537.36

週刊ボードゲーム通信1023号「新型コロナウイルスに関してボードゲーマーが気をつけるべきこと」 返信  引用 
名前:鱶(fuka)    日付:2020/03/08(日) 14:48
 みなさんこんにちは、鱶(fuka)です。連日、新型コロナウイルスのニュースばかりですが、いかがお過ごしでしょうか。

 今回はボードゲーム屋さんの続きを予定していましたが、急きょ「新型コロナウイルスに関してボードゲーマーが気をつけるべきこと」を考えていきたいと思います。新しいウイルスのことですので、不明なことも多くありますが現時点で報道されている情報をもとに考察していきます。できるだけ正確な情報をお伝えしていきたいと思いますので、間違い等がありましたらご指摘ください。

 まずは、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議によって3月2日に発表された「新型コロナウイルス感染症対策の見解」から引用します。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00011.html
**************************************************
(2)一定条件を満たす場所からの感染拡大
これまでに国内で感染が確認された方のうち重症・軽症に関わらず約80%の方は、他の人に感染させていません。
一方で、一定条件を満たす場所において、一人の感染者が複数人に感染させた事例が報告されています。 具体的には、ライブハウス、スポーツジム、屋形船、ビュッフェスタイルの会食、雀荘、スキーのゲストハウス、密閉された仮設テント等です。このことから、屋内の閉鎖的な空間で、人と人とが至近距離で、一定時間以上交わることによって、患者集団(クラスター)が発生する可能性が示唆されます。そして、患者集団(クラスター)が次の集団(クラスター)を生むことが、感染の急速な拡大を招くと考えられます。
**************************************************

 「屋内の閉鎖的な空間で、人と人とが至近距離で、一定時間以上交わる」という点で、ボードゲームは結構当てはまるんじゃないでしょうか。
 ボードゲームは屋外でも出来なくはありませんが、一般的には屋内でプレイされます。ボードゲームの場合はボードを囲み、カードゲームの場合もカードのやり取りをするため、至近距離でプレイします。プレイ時間も30分から2時間程度のゲームがよくありますので、一定時間以上ということも当てはまりそうです。

 厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症の現時点で把握している特徴(2月25日時点)」という資料からも引用させていただきます。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00094.html#tokucho
**************************************************
<感染の仕方>
一般的には飛沫感染、接触感染で感染します。空気感染は起きていないと考えられています。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどがなくても感染を拡大させるリスクがあります。

飛沫感染:感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
接触感染:感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。
**************************************************

 ボードゲーム(カードゲーム)ではコマやカードなど、プレイヤーが共通して触るものが多いため、接触感染が起こりえます。また、至近距離で会話しながらプレイすることが多いので、飛沫感染の可能性もあります。

 ここまでは引用ばかりになってしまいましたが、これらを見る限りウイルスに感染している人と一緒にボードゲームをプレイすることは、ある程度の感染リスクがあるといえます。「新型コロナウイルス感染症対策の見解」には「症状の軽い人も、気がつかないうちに、感染拡大に重要な役割を果たしてしまっていると考えられる」とされています。よって症状があまりなくても、自分も含めて新型コロナウイルスに感染している可能性を考える必要があります。

 基本的には不要不急のボードゲームは避けるほうが良いと私は思います。そうはいっても、どうしてもボードゲームをプレイしなければならないことがあるかもしれません。(←ないでしょ)
 できるだけ感染リスクを減らす形でボードゲームをプレイするにはどうすれば良いでしょうか。一番安全な方法はオンラインでプレイすることでしょう。「人と人とが至近距離で、一定時間以上交わる」ことをしなくて済みますので。カタンにはボードゲームのアプリがあります。

 それでもなおリアルのボードゲームをプレイするときの注意はどうでしょうか。私は以下のような点を考えました。
・ゲームで遊ぶ前と遊んだ後は手洗い・手指の消毒をする
・ゲーム中に飲食をしない
・マスクをしてプレイする。目や口、鼻などを触らない。
・定期的に部屋の換気をする。または屋外でプレイする
・体調が悪いときや咳などの字症状がある時はゲームをしない
・プラスチック製のコマの場合、プレイ前後にアルコール消毒する … これは微妙です。ボードやカードなど紙製のものや木製のコマはアルコールで消毒しにくいため、プラスチックコマだけを消毒することには意味がないのかもしれません。ブロックスのようにボードも含めてすべてプラスチックだと意味がありそうです。

 以上です。他にも気をつけるべき点などありましたら書き込みお待ちしています。それではまた来週-。

KD111239170168.au-net.ne.jp (111.239.170.168)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:73.0) Gecko/20100101 Firefox/73.0

週刊ボードゲーム通信1022号「久しぶりのボードゲーム屋」その4 返信  引用 
名前:    日付:2020/03/01(日) 22:01
私が知っているのは奈良・大阪・京都だけですが、ボードゲーム屋の栄枯盛衰は少し感慨深いです。。
昔は、ボードゲームの販売を主とする店はなく、おもちゃ屋、電気屋、模型屋などでボードゲームが売られており、そういう店が自分にとってボードゲーム屋でした。
私は少年時代は奈良で過ごし、近所にボードゲームを売るおもちゃ屋がありました。当時、大阪へ出掛けるときの目的の1つはボードゲーム屋でした。店で実物を見ることに納得感があり、安売りされているものがあれば幸運でした。
とくに、日本橋(大阪市)の家電量販店のジョーシン1ばん館(上新電機)は、1985年頃からボードゲームが増えました。日本橋は電気屋街であり、当時はもうパソコンやコンピュータゲームが主になっていましたが、現在のようなサブカルチャーとかマニアとかオタクのような趣味の店はまだでした。そうしたなかで、ボードゲームやメタルフィギュアを豊富に揃えていたジョーシンは先を行っていました。しかし次第にボードゲームは置かれなくなりました。
1990年代前半からボードゲームが売られる店は減りました。地元のおもちゃ屋でボードゲームが半額セールされたときには喜んで買いましたが、以降はもう入荷しなくなりました。
それが近年、ボードゲームを扱う店が増えてきています。不思議な気持ちです。
現在、ジョーシンでは再びボードゲームが販売されています。ただ、手に入りやすい商品ばかりであり、値段も普通なので、ゲーマーにとっては大して存在意義はなさそうです。売り場面積はわりとあるので、一定売れているのでしょう。
長年、ボードゲーム屋は自分にとって特別な存在でした。若い頃、東京へ初めて行ったときには、ボードゲーム屋は大きな期待でした。アメリカへ初めて行ったときもそうでした。

zaq7d048f12.zaq.ne.jp (125.4.143.18)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/80.0.3987.122 Safari/537.36

週刊ボードゲーム通信1021号「久しぶりのボードゲーム屋」その3 返信  引用 
名前:鱶(fuka)    日付:2020/02/23(日) 22:46
みなさんこんばんは、鱶(fuka)です。

そうそう、私も先日見かけたラーがコンパクトになっていて驚きました。というか、再版されていると知らなかったので、思わず買っちゃいそうになりました。コンパクトだけど、箱の厚みが少し増していた気もします。

全国ボードゲームマップなんてものがあるんですね! こうして眺めてみると、ボードゲーム専門店以外もリストアップされていますので、数多くのお店があります。ボードゲーム空白県も無いわけではないですが、思っていたよりも少ないです。ただ、多くはボードゲーム取扱店やボードゲームカフェで、ボードゲーム専門店はやはり数少ないです。

ボードゲーム屋さんは経営がなかなか難しいことが想像されますが、その原因はなんでしょうか。私が思う3つの要因は以下の通りです。
@1人が1個面白いボードゲームを買えば、そのゲームのプレイ人数が数か月以上遊ぶことができるので、結果的に客単価が低くなる。また、絶版によって価格が高騰するボードゲームがあったとしても、新品のボードゲーム屋さんには何の関係もない。
Aボードゲームの種類が多い。箱がかさばるため、店舗スペースが広くないと、多くの種類を置くことができない。本のように面白いゲームを平積みにして大量に置くことも難しい。
Bネット通販ではゲーム内容を見て、面白そうと感じて買うということが難しい。実店舗でコンポーネントを見たり、店員さんの実体験を聞いて購入に至ることがある。実店舗にはコストがかかる。

と考えてみましたがどうでしょう。実際には通販専業のボードゲーム屋さんもあったりするんでしょうか??

それではまた来週-。

KD111239163057.au-net.ne.jp (111.239.163.57)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:73.0) Gecko/20100101 Firefox/73.0


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb