[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
週刊ボードゲーム通信

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



週刊ボードゲーム通信947号「日本語版ってどうですか?」 その4 返信  引用 
名前:    日付:2018/10/07(日) 23:02
ゲーム名は売れ行きを左右する要素です。オリジナルのドイツ製ボードゲームでも、ドイツ語にするか最初から英語にしておくかとか、ゲーム名についてはいろいろと検討されているでしょう。

翻訳時、ボードゲームの日本語名をどうするかは悩ましいはずです。@原題のままカタカナ表記するか、A日本語に訳するか、はたまたB新たに名付けるか。

@カタカナ表記は簡単です。ただし、元のゲーム名によります。イメージしにくいものであれば、AかBにした方がよいかもしれません。
そうすると、A日本語に訳するのが無難です。ただし、長い名前になるなら微妙です。あと、もしすでに存在するものと似た名前であると混同するかもしれません。
B新たに名づけるのが理想とも言えます。ただし、センスを要します。映画や書籍などでは、原題と異なった名前をつけることはよくあり、成功することもあれば、ミスリードとなることもあります。ボードゲームでは新しく名づけることはあまりないです。元ゲームが最初に流通し、後から別の名前をつけるとややこしくなるため、そのままのゲーム名で行った方が合理的です。また、せっかくこだわった日本語名をつけても、マニアに反発されるかもしれません。

ところで、「あやつり人形」は、原題が「Citadels」(城塞)で、ドイツ語版は「Ohne Furcht und Adel」("Without Fear or Nobility",怖れも気品もなく)です。@とAはあまりピンとこないものになるため、Bで行ったと予想されます。

https://boardgamegeek.com/boardgame/478/citadels
https://boardgamegeek.com/boardgame/205398/citadels

202-229-48-191.ap-p27.canvas.ne.jp (202.229.48.191)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/69.0.3497.81 Safari/537.36 Avast/69.0.792.81

週刊ボードゲーム通信946号「日本語版ってどうですか?」 その3 返信  引用 
名前:鱶(fuka)    日付:2018/09/30(日) 00:21
みなさんこんばんは、鱶(fuka)です。台風24号の進路がまた危険なコースになっています。みなさんどうぞお気をつけて。

確かにオリジナルがドイツ語なのか英語なのかは大きな違いです。マジックザギャザリングは英語で記載されていましたが、ほとんど問題なく内容を理解することができました。エルグランデのカードはドイツ語で書かれていたと思いますが、私は第二外国語がドイツ語ではなかったため、結構ちんぷんかんぷんでした。和訳ルールがないと理解できなかったですが、一度ルールが把握できると、イラストが分かりやすく描かれていたのでプレイする時にはあまり困りませんでした。

私は日本語版については翻訳の違和感が気になるタイプです。固有名詞をカタカナにする場合は、「ブ」にするのか「ヴ」にするのか、など細かな部分ですが気になるといえば気になります。ゲーム名も気になります。でも最初にオリジナルをプレイした後に日本語版をプレイすると違和感が出やすいですが、そもそも最初から日本語版をプレイしていれば違和感は出ないような気もします。
最初に目にしたものになじむというだけなんでしょうか。

さて、日本語版を作成すると結構印刷コストがかかるので、ある程度の売り上げが期待できるタイトルでないと作成されないはずです。あえてコストをかけて日本語版を作成するという事は、一般的には日本語版の方がオリジナル+日本語ルールよりも買う人が多いという事なのでしょう。

それではまた来週-。

i58-95-134-24.s42.a028.ap.plala.or.jp (58.95.134.24)
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64; rv:62.0) Gecko/20100101 Firefox/62.0

週刊ボードゲーム通信945号「日本語版ってどうですか?」 その2 返信  引用 
名前:    日付:2018/09/23(日) 22:33
日本語版については、皆さん語りたいことが多くあるでしょう。もし学生が論文を書くならば、適当なテーマなような気がします。
さて、オリジナルと日本語版があって、値段が同じとすれば、私は日本語版の方を買いたいです。やはりプレイしやすいからです。その判断の際、オリジナルの言語の種類も要素となり、英語ならまだ分かる単語もあるのですが、ドイツ語などだとよく分からないので、オリジナルは避けたいです。アルファベットが髭みたいな字体であれば、いっそう読みづらいです。対照的に、日本語では漢字が使用できるため文字数が少なくなり、視認性が高いです。
ルールブックも、日本語版として作られたものの方が、オリジナルに付けられる和訳よりも、紙質が良く、カラー印刷がきれいで見やすく、翻訳された内容に関してもより信頼できます。

日本語版にすることは、単なる翻訳では済まないです。商品としては、デザイン性が要求されます。箱絵は、ゲーム名を日本語にすると違和感が出やすく、同じようなフォントにしても格好悪くなることがあります。
日本人が箱絵を書き直す場合もあります。SNEはそうすることが好きな様子であり、確かに馴染みやすくなります。ただ、そのような絵は年数が経過すると古臭くなりやすく、一長一短です。でもそれは、近年の日本語版の箱絵にあまりお金がかけられていないためかもしれません。ホビージャパンから昔出た日本語版のトラベラーなどの箱絵は、今でも古びていないと思います。

202-229-48-191.ap-p27.canvas.ne.jp (202.229.48.191)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/69.0.3497.81 Safari/537.36 Avast/69.0.792.81

週刊ボードゲーム通信944号「日本語版ってどうですか?」 その1 返信  引用 
名前:鱶(fuka)    日付:2018/09/16(日) 23:40
みなさんこんばんは、鱶(fuka)です。そろそろ秋も近づいてきたかと思えば暑い日になったりと、気温差が大きな今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

本体とエキスパンションの同時買いはかなり大人買いですね。新品で合わせて1万円近くなることが予想され、おいそれと買うことはできなさそうです。

さて、エキスパンションネタもそろそろ無くなってきたので次の話題に行きたいと思いますが、よろしいでしょうか。前回の横さんの記事にヒントを得て、今回は「日本語版」についてです。ここでの日本語版というのは、ボードやカードそのものに日本語が印刷されているものを意識していますが、まずは日本語版のバリエーションについて整理しておきましょう。

@ボードやカードそのものに日本語が印刷されている
A日本語のシールが用意されていて、カードなどに貼ることができる
B日本語の記載されたプレイシートが別途用意されている
C日本語説明書のみ同梱されている
こんな感じのバリエーションが存在しますが、@の場合は版権を取って日本語版として発売されています。A〜Cはどうなんでしょうか。許諾を得て作成されているのかどうか、良く分かりませんが、ケースバイケースでどちらもある気もします。この記事の中では@のみを「日本語版」として記載することにします。

と、いうわけでみなさん、ボードゲームを買う時にオリジナルと日本語版があったらどっちを買いますか? 私はオリジナル版です。なぜかというとなんでなんでしょう。何となくボードやカードに日本語が書かれているのがあまり好きじゃないんですよね。私はできるだけオリジナルに近い状態で遊びたいと思うので、そういう選択です。横さんはどうですか。

それではまた来週-。

i58-95-134-24.s42.a028.ap.plala.or.jp (58.95.134.24)
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64; rv:62.0) Gecko/20100101 Firefox/62.0

週刊ボードゲーム通信943号「エキスパンションについて」 その8 返信  引用 
名前:    日付:2018/09/09(日) 23:11
元となるボードゲームとそのエキスパンションを同時に購入するのは、大人買いと言えます。エキスパンションは品切れになりやすいので手に入るうちに買っておこうというという消費行動です。欲張りのようですが、べつだん印象は悪くなく、むしろ勇敢です。
他の人が所有するボードゲームをプレイして面白かったからエキスパンションと一緒に買うのならまっとうですが、未経験のボードゲームとエキスパンションの同時購入はリスクが高いです。後者の買い方をするコレクターが市場を支えてくれている面があるでしょう。彼らはエキスパンションが出るようなゲームはとりあえず確保していると思われます。
中古市場では、エキスパンションが高騰することはあまりない様子です。「アグリコラ」でも、高値になったエキスパンションは一部でしょう。あと、エキスパンションが出るゲームは、絶版になっても再販されやすく、エキスパンションを加えた版が作られることもあるので、希少性は薄いです。ボードゲーム+エキスパンションというのは、金銭的投資という点では効率が良くないです。エキスパンションが出るようなゲームは、フアンが存在するくらい魅力があり、安値になりにくい安定感はあります。ただし、日本語版の場合は、市場が小さいため、生産数が大きな要素となります。1990年代に日本語版が出た「ニュークリアウォー」とそのエキスパンション「エスカレーション」は、好きな人にとっては魅力がありましたが、当時、安売りされていました。需要よりも多く生産されたでしょう。商品力は元々あったため、近年では高値になっています。

zaq7d04c0aa.zaq.ne.jp (125.4.192.170)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/68.0.3440.106 Safari/537.36


ページ: |< << 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb