[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
あかげっと便り伝言板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





11209.アワー・ミュージック 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2006年07月03日(月) 09時34分
Size: 240 x 181, 13KB

生とは?死とは?宗教とは?戦争とは?愛とは?憎悪とは?
詩とは?音楽とは?民族とは?国家とは?そして人間とは?

75歳になるゴダールの、激しくて穏やかな、厳しくて優しい問いかけの
80分でした。(2004年仏 ジャン・L・ゴダール監督/出演)M.N



11213.Re: アワー・ミュージック
名前:編妻    日付:2006年07月03日(月) 18時25分
途中までいっしょに観ていたのですが
「理解不可能」ということでご辞退いたしました。

“映画は娯楽”な私めでございます。


11214.Re: アワー・ミュージック
名前:ふーこ    日付:2006年07月03日(月) 19時02分
Original Size: 650 x 432, 79KB

こんばんは♪

先日紹介していただいた イタリア映画 「いつか来た道」
とてもよかったです。 

兄弟愛かな〜・・・と思って観ていましたが 奥の深い物語でしたね。
60年代頃でしょうか その頃のポップミュージックが モノクロの印象の物語に効果的に使われていましたね。

それから編妻様 「嫌われ松子の一生」最高〜〜〜〜♪
ボロボロ泣けました。(^^;
笑いの壷は 若い方とまた違った所かもしれないな〜なんて思いました。 私の中では今まで観た映画の ベストファイブに入るかも。
邦画だけですが。



11215.Re: アワー・ミュージック
名前:編集長M.N    日付:2006年07月04日(火) 06時27分
ふーこさま
「いつか来た道」ご視聴ありがとうございます(?)。
1958〜64年頃を描いた物語のようで、この頃のイタリアと
日本の空気が、何となく似ているような気がしています。
※テーマは、兄弟「愛」ではなく、「葛藤」ではないかと。

あ、ちなみに、今回の「アワー〜」は、(よほどのマニアを除き)
まったく推薦いたしません!?M.N


11217.Re: アワー・ミュージック
名前:編妻    日付:2006年07月04日(火) 09時42分
「嫌われ松子の一生」面白かったでしょ。
同じ監督の「下妻物語」も新感覚で面白いかも(これはコメディです)。
あと、最近の日本映画だと「かもめ食堂」もいいですよ〜

それにしても素晴らしい向日葵の写真ですね。
薄曇の中の向日葵というのが新鮮です。

11208.夏が始まる匂い 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2006年07月01日(土) 16時33分
Size: 99 x 74, 3KB

小学生だった僕にとって、7月1日は待ちに待った「プールの日」でした。

当時、田舎の小学校にはプールなどなく(ましてやスイミングクラブなぞ!)、
毎年この日の市営プールのオープンを待って、近所のガキ共と連れ立って
出かけたものでした。(確か入場料は10円か?)

当時でも決して新しくなかった更衣室には、独特のすえたようなカルキの
匂いが漂って、これが僕の「夏の始まりを告げる匂い」でした。
そして、その夏は、毎年永遠に続くのかと思っていたのでした。M.N
※画像は当時隣接していた浜松市体育館。今ではプールは移転して、
この体育館だけが残っているようです。


ページ: |< << 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb