[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
あいちゃんの談話室
ファミリー登山と文学散歩の掲示板です。主に九州をフィールドにしています。管理人 (二児の父親)は福岡県朝倉市在住です。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



4387.大津山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/01/20(日) 22:57
荒尾に出かけましたが、南関インターで降りて荒尾に向かいました。
行きがけの駄賃で南関インターの近くの大津山に登りました。
5時半起床、コーヒーを飲んで準備、6時5分に家を出てセブンイレブンで朝食を調達します。
甘木から南関まで高速道路を走り、大津山公園に6時55分に着きます。
南関インターから5分しかかかりません。

車の中で朝食です。
徐々に空が白んできます。
7時半から歩き始めます。

大津山阿蘇神社は清澄な神社です。
北原白秋、松尾芭蕉の記念碑があります。
「阿蘇」というのが由緒を感じます。
大津山は標高256メートルです。
20分ほどで山頂です。

山頂は広く、四方の展望も良いです。
雲仙が遙かに見えます。
良い天気です。
山頂着は7時50分ですが、朝日が昇ってきて陽光がきらきらと清々しい感じです。
この山頂は戦国自体の山城跡です。
治めていた大津山氏から山名がついています。

下りは周回します。
橋を渡ったりしながら10分ほど歩くと車道です。
池や皇太子御成婚記念の森などをめぐって8時半に大津山公園に戻りました。

このあと荒尾に向かいました。
荒尾には9時ちょうどにつきました。

歩いた時間は1時間でしたが、中身の濃い歩きでした。
翌日が雨になったこともあり、短時間でも歩いたことは良かったです。
山に登らずにいくのより2時間早く起きて出ましたが、それだけの成果はありました。

この大津山には過去3回登っています。
どれも2003年のことです。
ヨシキが6年生、ユリが4年生でしたが、二人を連れてきたのと、片方だけ連れてきたのと、それぞれ1回ずつです。
そのときの記録から大津山は登り20分下り60分と見ていましたが、一人の下りは早足になり30分で降りてしまいました。

今日は地図やガイドブックなどを持ってきていませんでした。
3度も歩いているからと甘く見ていたのですが、車道の分岐で判断に迷うところもあり、不安な気持ちで降りました。
結果オーライでしたが、これは反省すべきところです。

この山は簡単に登れますし、季節には桜やコスモスが見事です。
近くに温泉「うから館」や三井グリーンランドもあります。



4388.Re: 大津山
名前:しげ    日付:2008/01/21(月) 22:46
大津山ですか。中々、形の良い山ですね。うから館もいいですし、南関インターから近い、花ぷらす館も地元の特産品などを売っていていいですよ。今の季節はみかんがお勧めです。


4392.Re: 大津山
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/02/02(土) 05:59
しげさん、ありがとうございます。
レスが遅れました。
うから館行かれたことありますか。
評判は良いですね。
みかんが美味しい季節ですね。

4382.初日の出 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/01/01(火) 19:13
あけましておめでとうございます。

新年は初日の出登山ということで、大平山に登りました。
降雪予報もあり、天気は心配されましたが、5時に起きると月が見え、星が瞬いています。

甘木公園に6時20分集合、6時半から4人で歩き始めます。
思ったほど寒くありません。
暗い中、ヘッドランプをつけて甘木公園最高点まで上がります。
やがて明るくなってきます。
途中何人かの人に会いますが、初日の出を拝もうという人はすでに登っているようです。

初日予定時刻の7時20分に山頂到着です。
山頂はにぎやかでした。
200人は人がいたように思います。
私たちが到着するとすぐバンザイがありました。
みのう連山やせふり山地の雪景色が見事で神々しい感じでした。

山頂では朝倉市のゴミ袋にみかんやカップ麺などを入れたものが配られていました。
お湯をいただいて温かいスープやカップヌードルを食べました。

宴の後で大平山のライトアップの片づけが行われていました。
新年の行事を支える人たちのご苦労に頭が下がります。

結局、初日を拝むことは出来ませんでしたが、気持ちよく下山しました。
下山時には雪になりました。
雪がちらつく中をスキップしながら、楽しく笑いながら降りました。

新年を健康的に迎えることが出来て良かったです。
幸せな気分です。
みなさん、今年もよろしくお願いします。



4383.Re: 初日の出
名前:ミラ    日付:2008/01/11(金) 08:33
あいちゃん、ご挨拶遅くなり申し訳ありません〜<(__)>
昨年は九千部岳オフ会にてお逢いできましたね〜今年も是非雲仙山系へお出かけ下さいね〜♪

なかなか遠出が出来ずそちらへ伺えませんが〜^^;;

今年も宜しく御願いします。
昨日やっと今年初「九千部岳」全くの一人でした。
ヒカゲツツジの新芽が元気です〜春が楽しみです

http://miratitti.exblog.jp/


4386.Re: 初日の出
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/01/14(月) 15:50
ミラさん、あけましておめでとうございます。

昨年は7月の九千部岳でお世話になりました。
霧雨の中、雨に濡れたヤマボウシ、ヤマアジサイを楽しむことが出来ました。
今年も雲仙にはお出かけしたいと思います。
その節はよろしくお願いします。

昨日も雲仙の霧氷を楽しまれたようですね。
元気なご様子で何よりです。

4385.下関の竜王山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/01/14(月) 15:31
下関の竜王山(614メートル)に登りました。
下関の山は初めてです。
中国地方の山も氷ノ山をのぞけば初めてです。
大山も未踏です。
竜王山の名前は聞いていました。
北九州市からは近いので知人で登っている人はいました。

事前の天気予報が悪く、決行できるか危ぶまれていましたが、当日の予報は曇り、結局雨にはなりませんでした。
強風注意報が出ていましたが、風もありませんでした。
天気には恵まれました。

4時半に起き、5時20分に出発しました。
福岡空港経由で、福岡インターから高速道路に入りました。
関門海峡を渡るときは感動します。
手前のめかりパーキングで朝食です。
下関インターで降りましたが、ここから集合場所の深坂峠まで20分ほどで着きます。
市街地から山が見えるのは感動です。

9時までには参加予定の10人がそろいます。
福岡県から6人、山口県から4人です。
年配の男性と小学2年生の男の子も参加していました。

9時10分スタート、深坂峠から竜王山を目指します。
最初は急坂ですが、雨のあとでぬかるんで滑りやすいところもあります。
急坂となだらかな坂が交互にあり、歩きやすいのですが、下りは滑りやすいかなあと思いながら歩きました。

途中に手製のベンチが何カ所か設置されています。
雨に洗われた林の中を歩きますが、緑の中はとても気持ちいいです。
ときおり、海辺の展望が開けて心が和みます。

9合目が竜王山と縦走路の分岐になっています。
ここから山頂はひと登りです。
10時40分山頂着です。

山頂は四方が開け、抜群の展望です。
他にも登山者があり、憩いのひとときです。
関門海峡の眺めがよく、周辺の島々、下関周辺の山々を望むことが出来ます。
鬼が城、華山、一位が岳など登高意欲をそそられます。
この展望で、はるばる来て良かったという思い、天気に恵まれて良かったという感謝の念を感じました。

20分も休んでいるとさすがに寒くなってきます。
11時10分に鋤尖山へ縦走開始です。
ここからは中国自然歩道を歩きます。
よく整備された道を歩きます。
平坦な道と急な階段状の下りが交互にあります。
展望も先ほどとは角度を変えて、その違いが面白く感じられました。
北九州市の足立山・戸上山も見えます。

深坂溜池に降り、森林公園の中を通って登山口の深坂峠に帰り着いたのは13時ちょうどでした。
4時間近く歩きましたが、標高差がそれほどなく、快適なウォーキングを楽しむことが出来ました。

このあと6人で、川棚温泉に向かいます。
20分ほどで着きます。
名物の「たかせ」の瓦そばを食べに行きます。
店の前で並びますが、座れて、おしゃべりも弾み、楽しく待ちました。
瓦そばとうなめしを食べました。
登山のあとということもあり、とても美味しかったです。
他にも食欲をそそるメニューがあり、是非また食べに来たいと思いました。

川棚温泉で入浴します。
小天狗という旅館のお風呂はとても気持ちが良かったです。
入浴後に参加者の年配の男性から色々話を聞きました。
釣りがお好きで川棚温泉にはよく入りに来るそうです。
以前は20軒近く旅館があったそうですが、いまは5軒くらいだそうです。
なんだか原鶴温泉みたいだと思いました。
この方からは今日は、山口県の歴史などについて詳しくお話を伺いました。
山口県からは伊藤博文から安部晋三に至るまで何人も首相が生まれています。
山口、萩など歴史的遺産の残るところもたくさんあります。
山口県への関心をそそられるお話でした。

16時過ぎに解散です。
下関インターから高速道路に入り、壇ノ浦パーキングで休憩して、福岡インターから出て、朝倉市に19時半到着です。

山口県の山や歴史に興味を惹かれた一日でした。
今日のコース・瓦そば・温泉も良かったので、また来たいと思いました。

4384.一人で古処山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/01/12(土) 14:53
一人で古処山に登りました。
秋月から正面道を登り、八丁越に降りて、車道を下りました。
晴天続きでしたので正面道にはほとんど雪は残っていませんでした。
古処山の登山者は多かったです。
40人は会いました。

山頂近くの花田比露思の歌碑の写真を撮りました。
立派な歌碑が車が入らないところに作られていることには感動します。

ひとの世の栄枯盛衰を見放けつつ古処の峯はやおのれ寂けし

 花田比露思は1882年3月11日、福岡県朝倉郡生。歌人。本名・花田大五郎。京都帝大法科卒。「根岸短歌会」をへて大正4年、歌誌「あけび」創刊主宰。大分大学学長。1967年7月26日没。〈著書〉歌集『さんげ』(大10)歌論集『歌に就ての考察』(大13)などがあるとのこと。大分県の日出中学校の校歌を作詞している。

頂上はぽかぽか陽気でした。
おにぎりとインスタントラーメンを食べ、コーヒーを飲みました。
ラジオから歌謡曲が流れていましたが、その方が立ち去ると静寂が訪れました。

下山コースは北斜面で雪が残っていました。
靴で新雪を踏みつけるあの気持ちの良い感触を味わいました。
雪があったのは山頂近くだけで、そのあとは落ち葉を踏んで下山しました。
だんご庵で遊んでいる親子連れがいて冬なのにと驚きましたが、暖かだったということでしょう。

わたしは20年前の1988年1月に初めて古処山に登りました。
前年9月に結婚したばかりの妻に連れられてです。
雨の翌日で、山頂近くは雪解け水がぽたぽたと落ち、樹間から陽光が漏れ「宮沢賢治の世界」だったと書き残しています。
これがきっかけでわたしは山に登るようになります。
この年の1月と2月には古処山に繰り返して登りました。
その後古処山には100回以上登り、わたしの山歩きの原点の山となりました。
この20年間のことを振り返りながら歩きました。

4380.来年もよろしくお願いいたします。 返信  引用 
名前:CJN    日付:2007/12/29(土) 08:03
Original Size: 320 x 240, 59KB

こんにちは あいちゃん ご無沙汰しています。
今年は270座くらいのニューピークに行きました。来年も150座くらいのニューピークに行って九州の山1000座としてみたいものです。また、よろしくお願いいたします。今年は24日の嬉野の山が最後になるかもしれません。篠岳山頂です。ヤブを少し伐ってあります。
では・・・また!!

http://cjn-koga.life.coocan.jp



4381.Re: 来年もよろしくお願いいたします。
名前:甘木のあいちゃん    日付:2007/12/29(土) 23:32
CJNさんの活発な活動には頭が下がるばかりです。
それにしても年間270座はすごいです。
今年は古処山付近でのオフ会が出来ませんでしたが、来年またということにしましょう。
今年は雲仙九千部岳をご一緒出来て良かったです。
元日はどうされますか。
私は大平山に登るようにしていますが、天気が心配です。
来年もよろしくお願いします。

4379.小鹿田焼 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2007/12/28(金) 19:43
夫婦で日帰りドライブに出かけました。
雨ということで、登山やウォークはあきらめて、日田市の小鹿田焼きの里、皿山に出かけました。
観光化された小石原に比べると素朴なところでした。

小鹿田は日田から登っていくのが一般的なのだそうですが、杷木から宝珠山に出て、峠を越えていきました。
「けものみち」とあとで小鹿田の方に言われた道をこわごわ運転しました。
傾斜がきつく、道幅が狭いところもありました。
今日は暖かだったので良かったのですが、寒いと凍結のおそれもあるような道でした。

小鹿田は、割に閑散としていました。
そば屋さんがありますが、閉まっていました。
酒屋さんの前に自動販売機がありますが、ホットは売り切れでした。
人がいないように見える釜もたくさんあります。
商売気があまりないような感じです。

川の流れを利用し、杵で陶土をひく唐臼の音は「日本の音風景百選」の一つなのだそうです。

雨の中、清澄な音に聞き入りました。
棚田の風景、野面積みの石垣の風景も良かったです。

小鹿田から日田にまっすぐ降りる道はバスも走っています。
30分ほどで日田市街地に出ます。
日田市内で昼食、そのあとは210号線のドライブを楽しんで帰りました。

「小鹿田」は「おんた」と読みます。
湯布院の近くに「小鹿山」という山がありましたね。

小鹿田焼ホームページ
http://www.onta.jp/

4378.クリスマスイブの目配山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2007/12/27(木) 20:51
筑前町の「めくばーる三輪」の図書館に隣接している喫茶室に親子で行きました。
ここはケーキセットが500円と格安です。
飲み物もコーヒー、、紅茶だけでなく、カフェラテなども選ぶことが出来ます。
良心的です。
良いところですから皆さんも行ってみてください。
でも年末年始は結構長い休みです。
「めくばーる」というりは複合文化施設ですが、命名は「目配山」から来ています。
目配山にのぼったあと、寄ったらいいかも知れませんね。

全然関係ありませんが、目配山を一人で歩きました。
時間が足りなくて、短時間でリフレッシュしたかったのですが、そんなときに目配山は最適です。
サンポートからの周回コースです。
頂上でマルショクの海苔弁当を食べましたが、じっとしていると寒くなり、30分も居ずに降りました。
この山歩きの間に誰とも会いませんでした。
静かな歩きでした。

クリスマスイブですから、夜はケーキを食べました。
家族そろってケーキを食べられるということは幸せです。
子どもたちもやがてはイブには外で過ごすようになることでしょう。

年末年始は遠出やお泊まりの予定はありません。
慎ましく過ごしたいと思っています。
色々と片づけなくてはいけませんね。
読書もしたいです。

4377.長崎金比羅山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2007/12/16(日) 22:54
長崎市に用事があり、行きがけの駄賃で山に登りました。
朝倉市を6時に出ます。
甘木から高速に乗ります。

金比羅山に登ることにしました。
8時過ぎに長崎東高校の近くの立山公園に着きます。
金比羅神社まではアスファルト道です。
このあとは落ち葉を踏みしめて歩きます。
冬の日だまり山行です。
45分ほどで標高366メートルの山頂です。
市街地や海の眺めが良いです。
晴れ間も見え、風もありません。
下山時にははたあげ広場や金星観測記念碑にも立ち寄りました。
歩いているときに長崎の方とすれ違い言葉を交わしましたが、長崎の方の優しい訛りは私は好きです。
10時5分には降りてきました。

金比羅山には1998年3月には家族4人で登っています。
長崎市内から歩くのには便利な山です。
今回で4回目の登頂になりました。

4376.落ち葉を踏んで明星山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2007/12/09(日) 21:08
今日は久留米の明星山を歩きました。
久留米の山は高良山や兜山、発心山が有名ですが、高良山の登山口のひとつの竹の子から明星山には登ることができます。

私は2000年4月に子連れで登っています。
当時子どもは9歳と7歳でした。
友達も連れて子ども4人を引率しました。
懐かしい山です。

この山は海外登山で知られる久留米の医師脇坂順一さんがこよなく愛し、登山道を開いたということで知られています。
著書の「七十歳はまだ青春」「八十歳はまだ現役」は持っています。
福岡山の会の会長を務められていました。

http://www3.city.kurume.fukuoka.jp/shisei/03_3_15/topix/top07.htm

http://www.nishinippon.co.jp/koukoku/meiten/0010/toku2.htm

脇坂さんが亡くなって4年経ちました。
「福岡県の山歩き」の改訂版を出すための取材もかねて今日は歩きました。

あさくらから3人で乗り合わせていきます。
竹の子バス停に10時集合です。
準備をして、10時10分に炭焼き小屋コースから歩き始めます。
歩きやすい自然歩道で、落ち葉を踏みしめて歩きます。
足触りが快感です。

この山の登山道には色々とおもしろいものがあります。
迷うようなところでないのにケルンがいくつもあります。
「やまんばのザブトン」「お休み処」「たぬき岩」など笑ってしまいます。
炭焼き小屋コースは山頂直下が急なので巻き道の「ひめの新道」を歩きます。
距離は長くなりますが、疲れずにのんびり歩いて山頂に着きました。
11時30分到着ですから登りは1時間20分かかりました。

明星山の山頂には木を組み合わせて作られた素朴なテーブルと椅子があります。
これを囲んで休憩タイムです。
昆布茶、きんかん湯、紅茶などごちそうになりました。
楽しいひとときを過ごしました。

標高363メートルの明星山の山頂には1997年4月に脇坂さんが植えられた桜の木があります。
これが育つことを願っています。

明星山の山中はほとんど展望がありませんが、長延方面に少し歩いて見晴らしの良いところに行きました。
八女方面、三潴方面が見えます。

山頂に戻って12時50分から下山です。
沢コースを降りますが、2カ所急なところがあり、転ばないように注意しながら歩きます。
沢コースも風情があり、気持ちよく歩くことができました。
植物や珍しい木の形にも目をやりながら歩きました。
竹林では「かぐや姫がいそう」な感じでした。
13時40分に出発点に帰り着きました。

下山後は昼食を食べようということで、久留米ラーメンの店に行きました。
「かつらや」というところです。
私以外の方は辛口を食べられました。
私は醤油ラーメンでしたが、美味しかったです。
塩ラーメンや味噌ラーメンも食べたいと思いました。

山を歩きながら、ラーメン屋さんで、車中で、同行の方と色々お話ししました。
楽しい時間を過ごすことができました。
リフレッシュして明日からまた頑張ります。

4375.師走の座禅・目配山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2007/12/02(日) 20:07
12月に入りました。
昨日今日と良い天気でした。
典型的な小春日和です。
昨日はぐうたらしていましたが、今日は早起きしました。

作務衣に着替え、朝食を食べて、7時過ぎに家を出て太宰府に向かいます。
観世音寺戒壇院の座禅会に参加するためです。
冬枯れの観世音寺は風情があります。
到着が7時50分になり、余席が少なく、入り口近くの床の上に座ります。
かなり寒そうに見えますが、座禅していてそれほど寒さは感じませんでした。
今日の参加者は45名ほどです。
前回来たときは10月でしたが、寒くなって、観光客風の方は見られなくなりました。
今日は座禅の時間が過ぎるのが早く感じました。

知人に誘われて座禅会に通うようになって6年目になります。
今年はこれで9回目の参加です。
年に10回参加したいと思っていましたので、満足のいく結果だと思います。

1時間20分ほどの座禅ですが、車での往復の時間を入れると3時間ほど費やしています。
時間的には一見無駄にも見えますが、太宰府までのドライブは四季折々の魅力があって楽しいものです。座禅のあとでは山に登ったり、色々なことをしています。
なにより、日常生活の喧噪を離れて内省的な気分になれるというところが大きいと思います。

今年の座禅会は12月16日(日)でおしまいになります。
12月22日(土)午後2時から本堂のすす払いをするそうです。
12月31日(月)大晦日の夜は戒壇院はライトアップされます。
ぜんざいが振る舞われたりもするようです。

座禅のあと、筑前町の目配山を一人で歩きました。
9月に歩きましたが、そのころは夏でした。
夏草、蜘蛛の巣、夏虫に悩まされました。

サンポートから歩きます。
10時10分出発です。
まずは小鷹山を目指します。
9月には夏草が生い茂り、山頂付近は道がわかりにくくなっていましたが、この間に切り払われているようで、とても歩きやすくなっていました。
冬枯れの登山を楽しむことが出来ました。
小鷹山の山頂もとても良い感じでした。
オオナムチ神社からの遊歩道に出て、目配山に向かいます。
このコースも冬枯れの散策コースという感じになっていて、気持ちよく歩きました。

目配山頂の直下から高宮山の方にも入ってみましたが、こちらも9月と違い、下草が少なくなり、割合歩きやすくなっていました。
山イチゴがたくさんありました。
赤テープの目印も要所にあり、先まで進みましたが、藪の中の道であることには変わりなく、途中で引き返しました。
往復25分歩きました。

目配山山頂には11時40分に着きました。
山頂には先客が2人いらっしゃいました。
赤みが差したみどりが良い感じでした。
しばらくのんびりしましたが、体が冷えてくると寒くなり、早々に下山することにしました。
サンポートに直接降りるコースをとりました。
12時5分から降り始め、12時50分にサンポートに着きました。
下山後、持丸のラーメン屋さんで昼食のあと、髪切りに行きました。

夏草ぼうぼうだった小鷹山が歩きやすくなっていることがわかって良かったです。
冬の日だまり山行はとても良いです。
リフレッシュできました。

4370.11日の八代の山 返信  引用 
名前:CJN    日付:2007/11/15(木) 16:24
Original Size: 320 x 240, 38KB Original Size: 320 x 240, 60KB

こんにちは  あいちゃん
最近はまた熊本県に行っています。「肥後の山675座駈け歩き」は登山口がわかりやすくついこの本にある山に足が向きます。
11日(日)は八代地方の「三峰山」東陽の「城山(小浦城址)」「陣内城址」「黒淵城址」「米山・白髪岳」に行きました。紅葉はほとんどありませんが、ニューピークに6座行くことが出来ました。三峰山以外は地形図には名前はありません。レポートをアップしています。東陽の種山近辺には習作ともいえる石橋があります。
では・・・また!!
地形図には名前のない米山の山頂です。

http://cjn-koga.life.coocan.jp



4371.Re: 11日の八代の山
名前:甘木のあいちゃん    日付:2007/11/16(金) 22:03
CJNさん、書き込みありがとうございます。
相変わらず精力的に歩かれていますね。
また、八代の方に出かけられたのですね。
「肥後の山675座駈け歩き」という本は知りません。
探してみます。
通潤橋をはじめとした石橋は良いですね。
見に行きたいです。


4372.Re: 11日の八代の山
名前:CJN    日付:2007/11/27(火) 14:09
こんにちは あいちゃん
肥後の山675座駈け歩き は私費出版の本です。私のリンクの終わりの方ににあるWebサイトに入手方法が書いてあります。熊本県のたくさんの山々が書かれています。コースも地図つきで良いです。ただし、少し出版が古いです。
では・・・また!!

http://cjn-koga.life.coocan.jp


4374.Re: 11日の八代の山
名前:甘木のあいちゃん    日付:2007/11/30(金) 22:29
CJNさん、リンク拝見しました。
おもしろそうな本ですね。
明日から師走です。
オフ会また出来たらいいですね。

4373.立花山・三日月山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2007/11/30(金) 22:27
香椎の立花山・三日月山を歩きました。
この山は過去何度か登っています。
今回は4名で登りました。

朝倉を8時過ぎに出発します。
甘木鉄道、JRを乗り継いで、9時半過ぎに香椎駅に降ります。
コインロッカーに着替えなどを預けて、繁華街を少し歩き、西鉄香椎バス停から下原行きのバスに乗ります。
10分ほどで下原に着きます。料金は160円です。

バス停の近くに立派な案内板があり、それを頼りに歩きます。
10時5分出発です。
車道歩きがしばらく続きますが、やがて山道になります。
林の中の気持ちの良いコースです。
やがて尾根に出ます。
標識があり、三日月山まで840メートル、立花山まで240メートルとなっています。
立花山の山頂近くは急な山道です。
巻き道を通りましたが、こちらはトラバース気味のやや緊張を要する道でした。
11時10分に立花山頂着です。

立花山の山頂(標高367メートル)からは、展望抜群です。
香椎市街や志賀島、能古の島、糸島半島、博多湾の海がきれいに見えます。
山頂は意外に暖かく、のんびり過ごしました。
軽食をとり、歓談しました。
11時45分に山頂を辞して、三日月山に向かいます。
急坂を下りると、なだらかな歩きやすい縦走路です。

道半ばに、立花山の植物などの写真の展示がしてあるところがあります。
温度計もあり、10度でした。

12時20分に三日月山頂到着です。
三日月山(標高272メートル)からの展望もすばらしいものでした。
風が強かったので風を避けることが出来る場所でのんびりしました。
三日月山については、三日月霊園からのコースと下原からのコースしか知らなかったのですが、新ルートの案内パンフを山頂で頂きました。

下原への下山コースは道幅が広く歩きやすいコースでした。
自然の中の静かな自然歩道は歩いていて、とても気持ちが良いです。
三日月旅館近くにはコスモスが咲き、柿の木には実がたわわになっていました。

国道に出て、13時45分にバス停に着きました。
4時間弱の行程でした。
天気に恵まれて快適な歩きでした。
久しぶりに山歩きをなさった方もありましたが、楽しく歩いていただくことが出来て良かったと思います。

このあとは、博多駅に出て、駅の近くの「ぴかいち」という食堂で遅い昼食です。
チャンポン、皿うどんがおいしいそうです。
私はチャンポンとご飯を食べましたが、美味しかったです。
アサリ貝が入っていました。

車に乗せていただいてあさくらに帰りました。
車中では色々と貴重な話をお聞きすることが出来ました。
参加の皆さん、お疲れ様でした。
これからもよろしくお願いします。


ページ: |< << 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb