[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
あいちゃんの談話室
ファミリー登山と文学散歩の掲示板です。主に九州をフィールドにしています。管理人 (二児の父親)は福岡県朝倉市在住です。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



4408.春の秋月と古処山・屏山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/04/05(土) 23:57
明日は秋月桜祭りです。
ちょうど桜が満開の季節になりました。
今日は秋月の桜を観賞し、古処山から屏山を歩きました。

この時期の秋月は混雑がひどいということで、朝早く秋月にでかけました。
8時10分に甘木鉄道の駅に参加者を迎えに行き、秋月散策です。
駐車場はとめられましたが、杉ノ馬場の通りは大勢の観光客でした。
店も朝早くから開いていました。

桜は満開でした。
秋月の桜がこんなにも見事で、心を和ませてくれるものとは思いませんでした。
身近なところで新発見でした。

9時40分から古処山登山です。
古処山の登山者も多かったです。
沢に沿っての登りは気持ちがよいです。
古処山は標高860メートルです。
秋月との標高差は650メートルほどあります。
このところ軽い歩きが多かったので、久しぶりに手応えのある歩きでした。
結構息が切れました。

のんびり歩いて2時間ほどで古処山に着きます。
山頂は多くの登山者で賑わっていました。
このあと屏山に向かいます。
この1.7キロの縦走路は福岡県屈指の素晴らしい山道です。
最初は岩を伝って降りていきます。
つげの原生林やキツネのカミソリが群生しています。
苔むした岩が良い感じです。
「苔と歩く」という本が目に浮かびます。
緩やかな平坦な自然歩道もとても気持ちよいです。

12時40分に着いて、昼食とします。
屏山は標高927メートルで、古処山より70メートルほど高いです。
やや曇っていますが、筑豊側の展望が抜群です。
景色を堪能しました。
インスタントラーメンを作り、コーヒーを入れます。
食事中の50分間、誰も来なかったので静かな時間を満喫しました。


13時30分から下山開始です。
お二人は奥の院・大将隠しの岩場を降りられました。
私は荷物の番をしていました。

古処山まで戻り、八丁越から周回して降ります。
こちらのコースも人に逢いません。
静かな下山でした。

だんご庵付近の桜もきれいでした。
16時20分に下山しました。

今日は6時間近い行動時間で満足でした。
これくらい歩くと成就感、達成感があります。
実は今回のメンバーで昨年7月にも古処山を歩いていますが、その時は雨でした。

今日は天気に恵まれ、歩きながら周りを見ることができました。
発見の多い登山でした。

卑弥呼の湯に寄って汗を流しました。
下山後の温泉は極楽だといつも思います。

4406.九重にて 返信  引用 
名前:ミラ    日付:2008/03/30(日) 21:07
あいちゃん、ご無沙汰ばかりです〜^^;;
やっと桜咲くの頃となり、山では春の妖精達が開花しました♪

久しぶりの遠征で「男池」ウロウロの花出逢い、とても満足しましたよ!

帰りには「星座」でやっさんご夫妻&コジロウさんご夫妻と年頃の娘を持つ親の心談義??に花が咲きました〜^^;;

http://miratitti.exblog.jp/



4407.Re: 九重にて
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/04/02(水) 06:28
ミラさん、お久しぶりです。
くじゅうに出かけられたことはやっさんにお聞きしていました。
男池付近は良い感じでしょうね。
私もお出かけしてみたいです。

やっさん夫妻、コジロウさん夫妻と星座でプチオフ会だったのですね。
楽しそうです。
「年頃の娘」うちのはまだまだですね。

4405.鎮南山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/03/22(土) 23:47
今日は大分東海岸の臼杵市に出かけました。
あさくらから3人で出かけ、大分からの方と逢わせて4人で、山と観光を楽しみました。

私は6年前のこの時期に子連れで鎮南山に登っています。
子どもは小5と小3でしたから隔世の感です。
塔の尾まで登り、臼杵市街を散策し、石仏も見ました。
このときは野上弥生子記念館が印象的でした。

朝倉市を7時過ぎに出発します。
朝倉インターから臼杵インターまで高速を走り、9時過ぎには臼杵到着です。
鎮南山の登山口は墓地の上ですが、すぐに見つかり、9時半から登山開始です。
登山者が多く、鎮南山が地域で親しまれている山だということがわかります。
途中で元気なおじいちゃんにも出会いました。
78歳だということです。
私もそれくらいまで山に登っていたいと思いました。

塔の尾の直下は足場が悪く緊張しますが、ロープや手すりが付けられていて助かります。
塔の尾(標高475メートル)に着くと、リアス式海岸や市街地の眺めが良いです。
鐘を突き、望遠鏡を覗いて、のんびりしました。

塔の尾から鎮南山(標高536メートル)の山頂に登ります。
最後は急坂ですが、あっさり着きました。
鎮南山から山庵寺までの下りは急で滑らないように注意して降りました。

山庵寺はよく手入れされた成長感のある山寺でした。
地域の方が良く管理されています。
電気が来ていて冷蔵庫や水洗トイレ、水道もありました。
私たちが到着すると大歓迎でお茶やお菓子をいただきました。

ここでインスタントラーメンを作り、のんびりランチタイムです。
暖かいので外での食事を楽しみました。

山庵寺から水呑地蔵に戻り、一気に下ります。
13時50分に下山しました。

このあと登山口付近の「みやび」という洋菓子屋さんに寄ります。
ケーキとコーヒーで憩います。
私はイチゴショートケーキとチョコレートプリンを食べ、ホットとアイスのコーヒーを飲みました。

臼杵石仏に向かいます。
ひとり700円の入場料を払い、石仏を見て回りますが、意外に広く、アップダウンもあり、結構歩きました。
広々とした心和む空間でした。

薬師の湯という日帰り入浴施設に行き、登山の汗を流しました。
そのあと、大分市に向かい、うどんを食べて、解散しました。

湯布院インターから 高速道路に入り、20時前には帰宅しました。
大分市から湯布院までの210号線は山あいの道路で、夕闇迫るくじゅうや由布岳が良い感じでした。

とても楽しい一日でした。
向こう一週間がんばれそうです。
車中や山行中の会話もおもしろく、示唆に富むものでした。
大分東海岸には元越山、霊山などもあります。
これから毎年この時期に出かけられたらと思いました。

4404.座禅 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/03/16(日) 22:03
今朝は座禅に出かけました。
今年4回目になります。
暖かくなり、座りやすい季節になりました。
今日の参加者は42名でした。

今日は早めについたので庭の掃き掃除を少ししました。
いつものように20分間座り、天気が良いので外を10分ほど歩き、また20分間座り、「白隠禅師座禅和讃」を唱え、和尚さんの講話があり、散会です。
拭き掃除のあと、お茶会ですが、失礼して帰りました。

4月からは従前の第一日曜、第三日曜の8時からの他、第二土曜、第四土曜の夕方からも座禅を行うということです。
細かい時間などは4月6日に知らせるということでした。

日曜の朝に心を落ち着かせるということはあわただしい生活の中でとても意味があると思います。
可能な限り座禅に通いたいと思います。

明日が中三の娘の卒業式です。
熊本のじいちゃんばあちゃんが出てきてお祝いをしました。
高二の息子は部活を抜けられず帰ってこれませんでした。
これで子どもが二人とも高校生になります。
歳月は人を待たずです。

4403.小春日和の目配山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/03/16(日) 06:17
今日は良い天気でした。

昨日の午前中に雨が降りましたので、雨上がりで黄砂の恐れもなく、洗ふとん干し日和でした。
もちろん山日和でもあります。

朝はうだうだしていました。
娘から「くじゅうに行ったらどうね」と言われましたが、時間が下がり、またそれだけの元気がありませんでした。

弁当を買って、ひとりで近場の目配山に向かいます。
サンポートに車を止めますが、登山口にホワイトボードのようなものが建てられていました。
未完成のようですので、今度来たときが楽しみです。

小鷹山にまず登り、目配山の遊歩道に出て、楽しく歩きます。
5週間前に高良山に登って以来、山から離れていたので、体中に毒素がたまっているような感覚にとらわれていたのですが、歩き始めると急に元気になりました。
11時に歩き始め、12時20分に目配山頂に着きました。

ここでのんびり海苔弁当を食べ、コーヒーを飲みました。
他にも登られている方があり、賑やかでした。

13時5分から下山をはじめ、釜寺分岐から降りて13時40分に帰り着きました。

食事を挟んで3時間もかからない歩きでしたが、リフレッシュできました。
前向きの思考を取り戻すことができたように思います。
これをきっかけにまた山に登る生活を続けていきたいと思います。

4401.「源氏物語1000年紀」の京都 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/03/08(土) 21:40
夫婦で関西に行ってきました。

今回は「源氏物語1000年紀」の京都に行こうということで話が持ち上がったのですが、田辺聖子記念館や落語にも行きたいということで、大阪泊になりました。

博多からの新幹線は2時間半で京都に着きます。
京都には降りずに奈良行きの電車に乗ります。

京都から20分ほどで宇治です。
宇治駅に降ります。
「源氏物語の里」の文字が躍ります。
宇治の町は区画整理がなされていて、歩いていてわかりやすいところでした。
最初に食堂に入り、ラーメンを食べます。
歩いて宇治橋を渡ります。
宇治橋のほとりには源氏物語の作者紫式部の像があり、記念撮影です。
宇治橋は平家物語の「宇治川の先陣」で有名な川ですが、広いのに流れが速いので驚きました。

源氏物語ミュージアムは、閑静なところにあります。
入館料500円です。
源氏物語関係の展示を見て、図書室でのんびり過ごします。
源氏物語ゆかりの女性たちについての展示もあり、見入っていました。
レストランや土産店もあります。
「源氏物語1000年紀」のポスターをもらってきました。

そこから「さわらびの道」と名付けられた散策路を歩きます。
歩いていて気持ちの良い道でした。
宇治上神社を通り、朝霧橋の近くの福寿園に寄ります。
抹茶、ぜんざい、だんごを楽しみました。

朝霧橋のたもとには「源氏物語モニュメント」があります。
この橋を渡ると、「宇治川の先陣」記念碑があります。
1184年、鎌倉幕府の成立の8年前の戦いです。
この記念碑は1931年に建立されたと説明書きがありました。

平等院に行きます。
拝観料500円です。
敷地が広く良く歩きました。
鳳凰堂には入りませんでした。
平等院は趣のあるところでした。

平等院から宇治橋のたもとまでは、宇治のメインストリートという感じで、宇治茶の店が並んでいました。

宇治駅から京都に向かい、そして大阪に行きます。
大阪駅に隣接したホテルにチェックインして、天満宮方面に出かけます。
天満天神繁盛亭は満席で立ち見でした。
立ち見料金はひとり2500円です。
上方落語を楽しむことができました。
テレビでなく、本物を見るのはやっぱり良いと思いました。
天神橋筋商店街を歩き、天満駅から電車に乗り、大阪駅に帰りました。

2日目は、妻は田辺聖子文学館、わたしは神戸の布引の滝に行く予定にしていましたが、天気予報が悪く、わたしも妻に同行することにしました。
東大阪市の田辺聖子文学館に向かいます。
近鉄電車の小阪駅に降りるのは2回目です。
5年前に司馬遼太郎記念館に家族で来ています。
田辺聖子文学館は樟蔭女子大学の構内にあります。
司馬遼太郎記念館は月曜休館、田辺聖子文学館は日曜休館です。

樟蔭高校はこの日が卒業式でした。
清楚な感じの高校生の姿を見ることが出来ました。
田辺聖子さんは樟蔭女子大学の卒業生、司馬遼太郎さんの奥さんの福田みどりさんも卒業生です。

田辺聖子記念館は入館無料です。
田辺聖子さんの足跡がビジュアルに展示されています。
いまの仕事場を再現した空間もあります。
田辺さんの多作ぶりに驚きました。
「芋たこなんきん」以来、妻は田辺さんの著作を読みふけっています。
他に来館者がいなくて、豊かな時間を館内で過ごしました。

小坂の商店街、駅付近は良い感じです。
本屋さんには司馬遼太郎さんと田辺聖子さんの本がたくさん並んでいます。

このあとは大阪市内に戻ります。
なんばウォークで、お好み焼き、焼きそばの昼食を取り、カタログハウスの店に行きます。
我が家はここから通信販売で購入したりしています。

「夫婦善哉」で知られる法善寺に寄り、ガイドブックにあった「日本一のたこ焼き」を道頓堀川のほとりで食べました。
今回初めて大阪の町を味わいました。
大阪松竹座では「紫式部」という劇の公演もあっていました。
見れば良かったのにと思いました。

新大阪から17時半に新幹線に乗り、21時過ぎに帰り着きました。

4400.小雪舞うなかの座禅 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/02/17(日) 20:07
今日は太宰府市観世音寺戒壇院の座禅会に出かけました。
今年3回目になります。
今日は中三の娘も参加しました。
娘は1年ぶりぐらいになります。

7時に家を出て、太宰府に向かいますが、車のフロントガラスに雪が積もり、雪が舞っています。
道路に問題はないようですが、山道のコースは避けて太宰府に行きます。
7時40分に着いたので、座禅の前に掃除をします。

今日の参加者は50人でした。
寒い中ですが、あたららしい方も見えられていました。
いつものように、20分座り、小雪舞う中外を歩いて、また20分座り、「白隠禅師座禅和讃」を唱え、和尚さんの講話があって9時15分に散会しました。

今日の講話では「梅花五福を開く」という句が取りあげられました。
やがて梅の季節になります。
五福とは、長生きする、生活に困らない、健康である、正直に生きる、天命を全うする、ということだそうです。
座禅を組むことで健康になれるという話もありました。

私は2002年9月から座禅会に参加するようになりました。
娘も小学生の頃から何度かついてきましたが、1年ぶりに参加した感想は「時間が短く感じた」というものでした。
幼い頃は、和尚さんに注意されないかびくびくしていたそうです。
今日は落ち着いて座っていました。
それなりに成長してきたと言えるのかも知れません。

次回3月2日の座禅会では粥座(しゅくざ)を行うそうです。
朝食会です。
私は参加できません。
残念です。

4399.冬の高良山ウォーク 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/02/11(月) 17:06
今日は久留米の高良山を歩きました。
高良山は標高312メートルの低山です。
みのう連山の西の端に当たります。
この山は久留米市が自然歩道をよく整備しています。

私は高良山には子連れでたびたび登りました。
1993年以降今日に至るまで親子でもっとも数多く足を運んでいます。
親子登山の原点となった山です。

つまり、初心者の入門コースとして適切な山です。
山を再開したりする際、病み上がりの際にも適切な山です。

登山口の王子宮に8時半集合です。
準備をして8時45分に出発します。
王子池から苔むした遊歩道をジグザグに登ります。
森林公園の300メートル手前で高良大社方面の遊歩道に向かいます。
高良山の北側を巻くコースですが、自然がいっぱいで静かなコースです。

高良大社に参拝します。
多くの参拝客が訪れています。

ここから高良山の南側を巻いて奥の院に向かいます。
時折、南側の展望が開けます。
12月に登った明星山や青峰団地が見えます。

奥の院はそこだけ空気が異なると感じられるような清澄な神社です。
冷たい石清水を飲むことが出来ます。

ここからは急な階段を登り詰めると高良山頂です。
立派な標識があり、記念撮影をします。

夏目漱石句碑を見学に行きます。
「菜の花の遙かに黄なり筑後川」
伐採されて筑後平野の眺めが良くなっています。

森林公園の売店が開いていたので立ち寄ります。
コーヒー飲んでひと憩いです。

下山は登りと同じ道を降りますが、短時間で降りることができました。
下山は11時半でした。
午前中のおよそ3時間の歩きでした。
標高差があまりなく、それほど疲れずに歩いたという充足感が残りました。

このあと、久留米市内のレストランで昼食です。
私は焼きめし、尾道ラーメン、ドリンクバーです。
会話も弾み、楽しい時間を過ごしました。

12時半に解散しました。
私は夢タウン久留米に行き、紀伊國屋書店でしばらく過ごし、本は買わずに、食料品を少し買って帰りました。

高良山は四方からコースが開けています。
竹の子、後谷からのコースが最近整備されているらしいので歩いてみようと思いました。

4389.2007年度の山 返信  引用 
名前:CJN    日付:2008/01/25(金) 17:47
こんにちは あいちゃん
ご無沙汰しています。
ようやく2007年度分の低山歩きのレポートに写真などを添付し完成しました。大半が無名山です。そして、地形図にも山名のないピークが多くなりました。地形図は添付していますので大体の位置はわかると思います。残りも早く添付したいと思っています。昨年末までに九州の山・約850座のピークに行ったことになりました。1月25日現在880座となっています。熊本県にもよく行きました。ガイド本があるからです。天草方面に数回は行ってみたいと思っています。寒くなって少し当てがはずれたというところです。

http://cjn-koga.life.coocan.jp



4391.Re: 1月の山
名前:CJN    日付:2008/01/31(木) 18:19
こんにちは あいちゃん
ようやく最近の山歩きのレポート作成が追いつきました。(^^;
1月27日(日)は東脊振や脊振の山に行ってきましたが、半分はヤブの山でした。「権現山」、「大高山」、「仏ノ辻山」、「高取山」、「腰巻山」です。レポートに写真を添付しています。ようやく最近の山歩き全部のレポートにコース概念図と写真を添付しました。
では・・・また!!

http://cjn-koga.life.coocan.jp


4393.Re: 2007年度の山
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/02/02(土) 06:04
880座はすごいですね。
感服します。
もうすぐ1000座に達しそうですね。
そしたらお祝いしましょう。
うまずたゆまず続けられているというのが素晴らしいと思います。
レポート作りもお疲れ様です。


4396.Re: 2月3日の山
名前:CJN    日付:2008/02/08(金) 15:07
こんにちは あいちゃん
雪の頼りの山には行かずに低山ニューピークです。
2月3日(日)に歩いた山のレポートをアップしています。武雄市山内の「神六山」「白岳」、有田の「金山岳」、波佐見の「幕ノ頭」、武雄温泉の「桜山」です。朝は雨でしたが、午後はやみました。
では・・・また!!

http://cjn-koga.life.coocan.jp


4398.Re: 2007年度の山
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/02/10(日) 18:59
CJNさん、コメントありがとうございます。
どんどん前進なさっていますね。
3日は雨でしたね。
武雄の方に行かれたのですね。
どうか無理なく続けてくださいね。
またお会いしたいものです。

4390.卑弥呼の湯 返信  引用 
名前:しげ    日付:2008/01/26(土) 16:06
こんにちは。ご無沙汰してます。
本日は、自転車であいちゃんの縄張りを荒らして参りましたのでご報告まで。卑弥呼の湯はなかなかいいお湯でした。へんな爺さんもいたけど、値段もリーズナブル。それにしても爺さん婆さんだらけだったのにはちょっとびっくりです。



4394.Re: 卑弥呼の湯
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/02/02(土) 06:12
しげさん、あさくらまでいらしたのですね。
卑弥呼の湯は満足していただけたようでうれしいです。
私たち家族も時々行きます。
大広間でのんびりしたり、食事したり、図書館に寄ったり出来ます。

自転車で来られたとは、バイクでなくサイクリングなさっているのですね。
私も良い自転車が欲しいと思っています。


4395.Re: 卑弥呼の湯
名前:ミラ    日付:2008/02/03(日) 19:03
あいちゃん、しげさん、こんばんは〜☆
ご無沙汰していますが、お元気そうで何よりです。
今日は節分でしたね〜豆まきしましたか?

雲仙山系は数日綺麗な霧氷でしたが今日は雪となり、吹越から一時間程登った妙見尾根で遊んできました。

「温泉」はこんな日に立ち寄りたいです〜^^♪
4月には島原市内にも初の立ち寄り温泉「ゆとろぎの湯」オープンですよ。
是非お出かけ下さいね〜(*^^*)

http://miratitti.exblog.jp/


4397.Re: 卑弥呼の湯
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/02/10(日) 18:52
ミラさん、コメントありがとうございます。
レスが遅くなりました。
節分の豆まきはしていません。
子どもが大きくなり、今年は豆を食べただけでした。
「ゆとろぎの湯」楽しみですね。
今年もまた雲仙にうかがい、帰りに入浴したいと思います。
春が待たれます。


ページ: << 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb