[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
あいちゃんの談話室
ファミリー登山と文学散歩の掲示板です。主に九州をフィールドにしています。管理人 (二児の父親)は福岡県朝倉市在住です。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



4468.九千部山・石谷山・雲野尾峠 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/03/16(月) 06:24
福岡山の会の山行で、鳥栖の御手洗いの滝から九千部山に登りました。
昨日は荒天でしたが、今日は好天でした。
気持ちの良い歩きを楽しむことができました。

参加者は5名です。
旧知の方ばかりです。
8時50分に御手洗いの滝キャンプ場駐車場を歩き始めます。
登山口の標高は236メートルです。
みなさん足が速いので、わたしはついていくのにゼイゼイ言っていました。

標高754メートルの石谷山には10時25分到着です。
ここから九千部山までの3キロの尾根道は快適です。
ブナ林の中を楽しく歩きます。

標高848メートルの九千部山には11時半の到着です。
山頂は人が多くて混雑していました。

ランチタイムです。
わたしはエブリワンのおにぎり弁当とインスタントラーメンを食べます。
お二人はカップ麺を用意されていたので、今回は一個だけ作りました。
食後にはコーヒーを煎れます。
いなり寿司やデザートをいただいたりしました。

12時20分から下山です。
この下山途中に縦走路には多くの登山者がいました。
九千部山と石谷山を結ぶ尾根道は快適で植物や野鳥の宝庫なので、登山でなく、九千部山頂まで車で来てウォーキングする人が結構います。
今日はそういう人が大勢やってきていたようです。
合計100名は登山者とすれ違いました。

石谷山を11時5分に通過して、途中でコーヒータイムを取ります。
熱いコーヒーとカステラで優雅な時間を過ごします。
保温性の高い魔法瓶にお湯を入れられていて、猫舌のわたしはしばらく待ってコーヒーをいただきました。

14時15分に下山しました。
時間が早いので、キャンプ場から遊歩道が延びている雲野尾峠に登ってみようということになり、歩き始めました。
長い歩きの後なので、結構きつかったです。
14時40分に着きました。
雲野尾峠は標高400メートルちょうどです。
鳥栖市街地の眺めが良かったです。
こちらから石谷山に向かうこともできます。

下りでは膝が笑い始めていました。
15時15分に下山しました。

今回の参加者は健脚な方ばかりでした。
最高齢74歳、60歳以上の方が大半ですが、みなさんお元気でした。
わたしもあと10年、20年、山に登っていきたいです。
無理をせず、労りながら登山を続けていきたいと思います。

わたしが福岡山の会に参加したのは1994年3月ですので、それから15年、みなさんとも長い付き合いになりました。
過去の山行の想い出話をしながら歩きました。
子どもが小さい頃は山の会の行事的登山などに連れて行っていましたので、みなさんにそのことも気にかけていただきました。
こういう肩の凝らない山仲間を大切にしていきたいと思いました。

4467.大平山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/03/03(火) 21:49
娘と二人で大平山に登りました。
天気が良く、少し肌寒くて歩きやすい日でした。

甘木公園の駐車場がいっぱいでした。
理由は分かりません。
「どうして」と思いました。
テニスコート側の駐車場は空いていました。

11時5分に歩き始めます。
娘は小学生の時に家庭科で作ったリュックを背負います。
甘木公園から甘木公園最高点へはいくつもコースがあります。
今まで歩いたことのない道を通って上がりました。

甘木公園最高点からの大平山は一本道です。
歩いている人が多いので驚きました。
土日よりも多いです。
季節がよいからかも知れません。
11時50分に山頂着です。
天気が良く、みのう連山やあさくら市街地の眺めがよいです。
山頂部には菜の花も咲き誇っています。
良い気持ちです。

昼食はマルショクで買ったおにぎりとインスタントラーメンです。
おにぎりは、昆布、明太子、鰹、ツナマヨの4個を2個ずつ分けます。
コンロでラーメンを作りますが、風が時折強くなり、時間がかかりました。
適度に寒いので、温かいラーメンが美味しいです。
ラーメンは「うまかっちゃん」です。
山でのラーメンとしてはこれが一番美味しいです。
九州独特のとんこつ味です。

食後に私はコーヒーを飲みましたが、娘はまだコーヒーが飲めません。
牛乳入りでないとダメだそうです。

12時40分から下山です。
今回は持丸の方に降ります。
自分では何度も歩いていますが、娘と歩くのは初めてです。
山道なので気持ちいいです。
このコースは冬は良いのですが、夏は下草が生い茂り歩きにくくなります。

麓の大嶽神社に着きます。
ここの小川のせせらぎは気持ちいいです。
もう少し暖かくなったらここで読書をしたいところです。

途中に菜の花畑がありました。
13時20分に甘木公園テニスコート駐車場に帰り着きました。

歩きながら娘と色々話をしました。
今年初めての娘との山歩きでした。

4466.九千部山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/02/22(日) 08:04
この前後は天気がよくないのですが、晴天に恵まれました。
先週の玄界島よりは気温が低かったのですが、歩くのにちょうど良い気温でした。

同僚と二人で出かけました。
この同僚とは2年前の秋に大船山をご一緒して、先週の玄界島もご一緒しています。
男二人の休日を満喫しました。

鳥栖の御手洗いの滝(おちょうずのたき)から登ります。
自宅を8時に出て、佐賀県鳥栖市に向かいます。
鳥栖市街地から山に登っていきますが、御手洗いの滝キャンプ場の直下は道路幅が狭くて緊張しました。

駐車場には何台かの車があり、先に歩かれている人もいるようでした。
準備をして9時20分に歩き始めます。
ここから石谷山を経て九千部山まで6キロほどの道のりです。
標高差は500メートルほどです。
九千部山は5年ぶりです。

最初は沢に沿って歩きます。
結構長く沢沿いの道が続いて気持ちいいです。
水の音は心を和ませてくれます。
杉林の中の道なので、同僚はマスクをつけます。


途中に大きな岩があります。
砥上岳の神功皇后伝説のような謂われはないのだろうかと思いました。

林道を横切ってしばらく歩くと、雲野尾峠の分岐があります。
この道は御手洗いの滝キャンプ場に通じているはずです。
この道をリサーチしたいと思いました。

1時間40分ほど歩いて石谷山に着きます。
標高754メートルです。
5年前に来たときにはトーテムポールが可愛らしかったのですが、はげていました。

ここからは快適な尾根道です。
九千部山までの3キロを1時間で歩きます。
アップダウンがあまりない道で、このコースのハイライトです。
歩いていると寒さを感じませんが、霜が残っているところもあります。

九千部山には12時ちょうどに着きました。
2時間40分の登りでした。
標高848メートルです。
山頂はテレビ塔に占領されていますが、展望台からの眺めはよいです。
背振山の方や、今歩いてきた石谷山の方面も見渡せます。

登山者も大勢いました。
福岡方面から登ってきた人が大半のようです。

インスタントラーメンを二人分作りました。
先週と同じ「うまかっちゃん」です。
山頂は寒いので、温かいラーメンを美味しく食べました。
食後にはコーヒーを煎れました。
のんびり45分間のランチタイムでした。

12時45分から下山します。
九千部山と石谷山の間の稜線は気持ちいいです。
帰りは緩やかな下りなので、軽快に歩けます。
話も弾みます。

石谷山からの下りは滑らないように注意して歩きます。
帰りには御手洗いの滝に立ち寄ります。
この付近は水遊びができて夏には楽しそうです。
キャンプ場から雲野尾峠への遊歩道の標識もありました。

下山時に大勢の登山者に会いました。
このコースから登る人が多かったので嬉しかったです。

15時ちょうどに下山して、16時半に帰宅しました。

食事をはさんで6時間の歩きでしたが、時間の割には疲れませんでした。
標高差が小さく、ウォーキングに近い歩きだったからだろうと思います。
このコースはもっと頻繁に出かけたいと思いました。
近場でお金もかけずに楽しむことができました。
満足の一日でした。

4464.玄海島の遠見山登山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/02/15(日) 20:09
今日は福岡山の会の山行で、福岡市西区の玄海島に出かけました。
福岡市には能古の島や志賀島がありますが、玄海島まではフェリーで40分ほどかかります。
意外に遠いので驚きました。

玄海島は4年前の地震で大きな被害を受けましたが、復興が進んでいます。
住宅は新築ばかりですが、大半の家が修復不能な被害を受けたということでもあります。

4年前の地震の時に私は田主丸で運転中でした。
車がパンクしたような衝撃を受けましたが、あとでこれが地震だと分かりました。
妻はこのとき天神にいました。
岩田屋の中にいたようです。
このあと交通機関が麻痺して、命からがらやっと帰ってきました。
この翌日私は小6だった娘と一緒に東京に遊びに出かけました。

ベイサイドプレイスに8時半集合です。
参加者は19名です。
フェリーは8時50分に出ます。
行きは短時間船が揺れて怖い思いをしました。

玄海島に9時半に着きます。
玄海島は周囲4キロあまりですが、住宅地は港のある南側に固まっています。
島の大半は山です。

島の中央部にある遠見山に登ります。
標高217メートルですが、海岸から登るので手強いです。
最初は石段ですが、やがて自然歩道になります。

登っていくと、海の向こうの福岡市方面の展望が開けてきます。
地震の断層のあとも見られます。
山頂に着き、更に気持ちの良い木陰の遊歩道を進んで海の見える展望所に行きます。

そこから引き返して、百合若伝説で有名な小鷹神社に立ち寄ります。

近くの玄海小鷹公園で早めのランチです。
ラーメンとコーヒーを作りましたが、あわただしく食事しました。
ランチタイムはもっとゆっくり取りたいところです。

このあと、島の一周に出かけます。
玄海時期の周りは海ですが、海岸線に沿って人が歩くことのできる遊歩道が整備されています。
この道を車が通ることはできません。
それで、快適な海辺のウォーキングを楽しむことができました。
この海の向こうは朝鮮半島だと思うと感慨無量です。
この辺で食事をしてのんびりしたらどんなに良いだろうかと思いました。
私は海のないところに住んでいますので、海辺のウォークは良かったです。

帰りは14時50分のフェリーに乗り、15時半にベイサイドプレイスに着きました。
16時半には帰宅しました。

遠見山登山が1時間半、島の周回が1時間40分で、快適なウォーキングでした。
良い一日でした。



4465.Re: 玄海島の遠見山登山
名前:CJN    日付:2009/02/19(木) 09:00
こんにちは あいちゃん
玄海島の山も登ってみたいですね。蒙古山から島影が見えていました。
2月15日(日)はお天気も良さそうなので日田の「上塚山」「仏来ノ山」「国見山」とついでの「田代山」に行ってきました。上塚山は岳滅鬼林道から登って、山頂近くの小ピークから作業道で岳滅鬼林道に下山しました。このルートが上塚山の山頂には近いようです。稜線歩きの楽しみはありませんが・・・。(Hi)
レポートをアップしています。
では・・・また!!

http://cjn-koga.life.coocan.jp

4462.宇佐の山 返信  引用 
名前:CJN    日付:2009/02/04(水) 09:14
こんにちは あいちゃん ご無沙汰しています。
私は、相変わらず、花などには無縁な低山ニューピークが中心です。
2月1日は久しぶりに大分県の山に行きました。今回は高速道が利用で近い宇佐地方に行きました。グリーンウォーク29にあったコースで院内の「妙見山・谷山・石山」の周遊と近くにある「和尚山」です。久しぶりに長く歩いたら疲れました。脚力が落ちています。普段のピークハントが低山のはしご登山なものですから・・・。(Hi)
妙見山は城址の山です。レポートはアップしています。

http://cjn-koga.life.coocan.jp



4463.Re: 宇佐の山
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/02/15(日) 20:06
CJNさん、いつもありがとうございます。
宇佐の山、憧れます。
国東半島の付け根ですね。
精力的な活動にいつも感嘆しています。
無理なさらずに今後ともご活躍ください。
ご一緒したいですね。

4459.座禅・宝満山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/01/04(日) 20:29
今年初めての座禅に出かけました。
太宰府市観世音寺戒壇院です。
鑑真和尚が開きました、天下三戒壇の一です。
自宅から車で40分ほどかかります。
作務衣に着替えて7時に家を出ます。
新年最初の座禅会は40名あまりの参加でした。

7時50分頃から始まります。
20分間座り、、「勤行」(きんひん)ということでしばらく歩いて、また20分間座り、「白隠禅師座禅和讃」を唱え、和尚さんの講話があって、9時10分頃終わります。
このあと、掃除、茶会もあります。

和尚さんの講話は、世情を反映したものでした。
混沌とした社会情勢の中で、惑わされない自分をしっかり持つための、ひとつの手だてとして座禅の意義もあるといった話でした。

この座禅会には知人のすすめで2002年9月から参加しています。
2002年は6回、03年19回、04年15回参加しましたが、05年は6回、06年は2回、07年は10回、08年は7回でした。
昨年は6月までに7回参加しましたが、後半は全く行けませんでした。
今年は頑張って通いたいと強く思っています。

座禅会は第一日曜、第三日曜の朝8時から行われています。
第二週目の土曜の夕方6時からも行われています。
参加費は300円、初回は500円です。

座禅のあと、宝満山に向かいます。
かまど神社に駐車します。
駐車料金400円を入れます。
準備をして10時10分に歩き始めます。
歩き始めるとすぐ「山の図書館」があります。
http://www.geocities.jp/yamano_tosyokan/

宝満山は久しぶりです。
2年ぶりです。
近くの山なのになかなか登らないのはどうしてでしょうか。

石段が続きますので、手応えがあります。
頑張って登るという快感を味わうことが出来ます。

登山者は多いです。
街中での格好で登っている人も多く見られます。
ラジオを聞いている人も目立ちます。

百段ガンギの石段は堪えます。
中宮跡の直下に芭蕉句碑があります。
「世の人の見付けぬ花や軒の栗」
解説文がつけられていました。
山の中のこんな文学碑をたどるのは私の趣味です。

雪も結構残っています。
宝満山にも神功皇后伝説があります。

宝満山キャンプセンターに12時過ぎに到着です。
着いてすぐに、宇美町の昭和の森の方から登ってきた知人からメールが入ります。
山頂から降りてこられて、キャンプセンターのテーブルでランチタイムです。

キャンプセンター前の広場には100名以上の団体さんがおられて賑やかでしたが、帰られると静まりかえりました。

下山は一緒に降ります。
かまど神社に着いて参拝して解散です。

仲間と一緒に、食事しながら、歩きながら、山の話などをするのは楽しいものです。
座禅と山と仲間とで、新年に向けての鋭気を養うことが出来ました。



4460.Re: 座禅・宝満山
名前:CJN    日付:2009/01/10(土) 08:13
寒中お見舞い申し上げます。あいちゃん
初日の出は曇っていたので自宅屋上から見ました。丁度良かったようです。稜線から上がってきた太陽が見えました。低いところから見ると時間が遅れますね。古処山にはこの後行きました。
10日朝は雪ですね。
今年はまた、オフ会を開催したいと思っています。その時はよろしくお願いいたします。4日は筑後地方の低山をそうつきました。
では・・・また!!

http://cjn-koga.life.coocan.jp


4461.Re: 座禅・宝満山
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/01/11(日) 06:02
CJNさん、コメントありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。
元日には古処山に登られたのですね。
今年是非オフ会をしたいですね。
楽しみにしています。

4458.初日の出登山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/01/01(木) 21:36
あけましておめでとうございます。
2007年の元日は娘と目配り山に登りました。
2008年の元日は大平山に登りました。
2009年の元日もまた大平山に登りました。
今回は息子も同行してくれました。

雪予報でしたが、朝起きてみると曇りです。
車のフロントガラスが凍り付いていましたので、溶かします。
甘木公園に6時20分集合、6時30分から8名で歩き始めます。

甘木公園最高点からの市街地の夜景がきれいでした。

登っている人も多いです。
正月の清澄な気分がとても良いです。
だんだん明るくなってきます。
大平山の山腹の雪景色に歓声をあげます。

山頂に着くと、200名は人がいたように思います。
山頂はガスの中という感じで、展望はありません。
あいさつなどの他、朝倉市の「卑弥呼太鼓」が披露されました。

朝倉市のゴミ袋、みかん、カップ麺などが配られていました。
私は「大平山」というお菓子を用意して、みなさんに食べていただきました。

日の出の時間の7時20分には陽は出ません。
しばらく待つと、わりと高いところにお日様が顔を出し、歓声が上がりました。

下山していると雪が強く降ってきました。
下山時でよかったです。
甘木公園最高点は雪に覆われていました。
雪だるまが作ってあったのがかわいかったです。

8時45分に下山しました。
今年も楽しく山を歩きましょうという挨拶をして解散しました。

歩きながら色々と楽しく話しました。
新年寒い中、山に登り、初日の出を拝むことが出来て身が引き締まりました。
健康的な新年を迎えることが出来ました。

みなさん、今年もよろしくお願いします。

4453.登り納めの高良山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/12/28(日) 22:36
今日は小春日和の晴天でした。
年内にこんないい天気はもうないだろうということで、高一の娘を誘って山に出かけました。
久留米の高良山です。

セブンイレブンでパンや飲み物などを買います。
王子宮に駐車します。
11時10分に歩き始めます。
王子宮から森林公園まで一気に登ります。
苔むした遊歩道が気持ちいいです。
3週間前に来たときは雪が残っていましたが、今回は全くありません。
暖かくて典型的な冬の日だまり山行です。

森林公園で、休息します。
高良山の山頂に立ちます。
この付近は椿がきれいです。

このあと、南側に下ります。
結構急な坂が長く続きます。

奥の院から高良大社に向かいます。
久留米の南側の市街地の眺めが良いです。
成田山も見えます。

高良大社は正月準備で風情が感じられます。
鶏が飼ってあります。

高良大社からは、王子池に直接降りる道を通ります。
この道は案内板がありませんが、端整な歩きやすい道です。
400段の石段は長いです。

12時50分に降り着きました。
この間あまり人にも会いませんでした。
気持ちの良い今年最後の山でした。

このあと、文化センター近くのピエトロに行きます。
スパゲティ、パンバイキング、飲み物のランチを楽しみました。
焼きたてのパンが美味しいです。

デジカメの電池切れで写真があまりないのが残念です。

今年、娘とは4回山に行きました。
3月の栃木の太平山、5月の大平山、10月の英彦山、今回の高良山です。

妻とも4回山に行きました。
5月と8月の黒岳原生林、6月のまでら山、11月の大平山です。

家族と8回山に行ったのは良かったです。
来年も一緒に歩けたらと思います。



4454.Re: 登り納めの高良山
名前:あまぎのふっくん    日付:2008/12/30(火) 02:29
あいちゃん、お久しぶりです。
最近は、なかなかご一緒できませんね。
私は「今年の登り納めの山を!」と考えて、二日市に用事があったので
昨日の午後から四王寺山に行ってきました。お天気はイマイチでしたが、
落ち葉を踏みながら、冬枯れの季節の静かな山歩きができました。
来年は何処かにご一緒できるといいですね。
ご家族の皆さま、来年も良いお年を・・・!


4455.Re: 登り納めの高良山
名前:CJN    日付:2008/12/30(火) 10:03
こんにちは あいちゃん
来年もよろしくお願いいたします。来年はオフ会を開催したいと思っています。
今年最後の山の一つとして、来年の干支の付く山を探しました。最近の山行きの方向に一致する佐世保市にありした。針尾島の「牛ノ岳」です。12月28日ははじめにこの山に登りました。山頂からは西側の展望が開けていました。牛ノ岳城址です。今年は1150座くらいになりました。
来年もまた無名ピークをハントしたいと思います。最近初めての三角点の山の参考資料として「点の記」を閲覧しています。
では・・・良いお年を・・・・!!

http://cjn-koga.life.coocan.jp


4457.Re: 登り納めの高良山
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/12/31(水) 05:48
ふっくん、コメントありがとうございます。
四王寺山に登られましたか。
私もなかなか山に行けなくなってきました。
今年も今日限りですが、初日の出は大平山で仰ぐつもりです。
来年もよろしくお願いします。
是非、山をご一緒しましょう。


CJNさん、コメントありがとうございます。
今年はご一緒する機会がありませんでした。
佐世保の「牛ノ岳」面白いですね。
1150座とは素晴らしいです。
来年も頑張ってくださいね。
古処山あたりでのオフ会是非やりましょう。
来年もよろしくお願いします。

4450.秋の英彦山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/10/13(月) 21:59
今日は秋晴れの良い天気でした。
高一の娘と二人で英彦山に出かけました。
娘は英彦山が好きです。
誕生日の前後に親子で英彦山に登ってきました。
9歳の誕生日と10歳の誕生日に英彦山に登りました。
12歳の時には雨が降って途中で断念しました。
13歳の時に登ったあと、今回が3年ぶりです。
私は昨年4月に英彦山に登っていますので、1年半ぶりになります。

8時半にあさくらを出発します。
杷木まで高速道路を走り、民陶祭の最中の小石原を通って英彦山に向かいます。
朝が早いので小石原はまだ混雑していませんでした。

9時45分に英彦山青年の家に着きます。

自然歩道に入るとすぐに、種田山頭火の記念碑です。

すべってころんで山がひっそり

ここから自然歩道をゆっくり登ります。
15分ほどで豊前坊(高住神社)に到着です。
ここからは急な坂です。
どんどん高度を上げます。
鎖や木の根を伝うところもあります。
この適度のスリルが娘には心地よいようです。

北岳に着いて休憩します。
北岳の標高は1192メートルです。
鎌倉幕府の成立年なので覚えやすいです。

北岳から中岳までは歩きやすい散策路です。
秋晴れで緑が良い感じです。

11時50分に中岳山頂着です。
大勢の登山者で賑わっていました。
売店は閉まっていました。
その前の木製のテーブルで食事です。
「うまかっちゃん」というインスタントラーメンを作ります。
ラーメンとおにぎりを食べます。
私は食後にコーヒーを入れます。
これは夏以外の定番メニューです。

12時30分に下山開始です。
中岳から奉幣殿方面に降ります。
奉幣殿から中岳を目指すのが英彦山の一般的なコースなので、多くの登山者が登ってきます。
私たちは途中から折れて青年の家に直接降りるバードラインを歩きます。
このバードラインでは今日は誰とも会わずに静かな下山を楽しむことが出来ました。
青年の家に13時50分到着です。

下山後は混雑が予想される小石原を避けて、川崎町経由で八丁越を通って帰りました。
コスモスが見頃で沿道で何カ所も見ることが出来ました。
15時半に帰り着きました。

娘とは今年3回目の山でした。
3月の栃木の太平山、5月の地元の大平山、今回の英彦山です。
さすがに高校生ですから、なかなかチャンスがありませんが、末永く細々とでも親子山歩きを続けたいと思います。

普段は親子関係は良好とは言えない面もありますが、一緒に山を歩いているときは他に何も出来ませんので、饒舌になります。
子供の頃の思い出話もします。
親子のふれあいの時間です。

私としても3時間半ほど歩くことが出来てリフレッシュすることができました。
山は命をのばすと言いますが、実感した秋の一日でした。



4451.Re: 秋の英彦山
名前:ミラ    日付:2008/11/27(木) 18:02
甘木のあいちゃん、すっかりご無沙汰でごめんなさい〜<(__)>

高校生のYちゃんと一緒に英彦山歩きなんて良いですよぉ〜^^♪
この22・23日に数年振りの英彦山巡りをしましたが、老若男女の大賑わい、人気の山でした!!

初ルート歩きも楽しんできましたが、紅葉には少し遅かったようです。
それでも葉絨毯のカサコソ音が心地良く、満足な2日間となりました。

早いもので12月へ突入となりますね。
山も冬ですね〜

http://miratitti.exblog.jp/


4452.Re: 秋の英彦山
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/12/03(水) 06:24
ミラさん、ありがとうございます。
英彦山に二日間いらしたのですね。
どちらにお泊まりでしょうか。
11月後半なら晩秋の良い感じだったことと思います。
高校になった娘とも年に3回程度は山を楽しんでいます。
なかなか忙しくて日程があいませんが。
しばらく雲仙にもご無沙汰しています。
また行きたいです。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb