[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
あいちゃんの談話室
ファミリー登山と文学散歩の掲示板です。主に九州をフィールドにしています。管理人 (二児の父親)は福岡県朝倉市在住です。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



4199.宝満山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2006/12/03(日) 17:15
なかなか山に行けなかったりのですが、宝満山に久しぶりに登りました。
知人とと太宰府駅で待ち合わせ、かまど神社を8時に出発しました。
宝満山の山頂は寒く、温度計は3度でした。
小雪が舞っていました。
キャンプセンターでやまびこ会のオフ会が実施されるということで、行ってみましたが、登山中のようでどなたもいらっしゃいませんでした。
11時半に下山しました。

12時から15時までふもとの内山公民館で福岡山の会の忘年会です。
たいてい午前中に宝満山に登り、午後はここで宴会です。
登山中、多くの方に会いました。
私は今年あまり会の行事に参加していませんでしたが、会員歴は13年なので、楽しく和気藹々と過ごしました。
こういう会には子供が小さい頃は連れて行っていましたが、大きくなるとついてきません。
長男は今日は部活、娘は母親と久留米です。

終了後に知人をJR二日市駅まで送りました。
ここの梅が枝餅はおいしいです。
土産に買いました。

宝満山は深みのある山です。
この冬登りたいと思いました。
http://ai200108.cside.com



4200.Re: 宝満山
名前:CJN    日付:2006/12/06(水) 10:27
Original Size: 240 x 320, 42KB Original Size: 320 x 240, 34KB

こんにちは あいちゃん
12月3日に忘年登山として宝満山へ行きました。本道寺から猫谷川新道で登りましたが、午前11時30分頃が山頂でした。雪が少し降っていました。(Hi)寒かったですね。みなさんとキャンプセンターで昼食をして、大谷尾根コースで下山しました。レポートをアップしています。今回は写真は多めに貼付しました。猫谷川沿いの「滝」は雨が少なく水量少なくてあまり迫力はありませんでした。 「剣の岩」にはじめて登りました。私が遅かったのでお会いできませんでした。(Hi)
では・・・また!!

滝と山頂からの剣の岩です。

http://cjn-koga.life.coocan.jp



4201.Re: 宝満山
名前:甘木のあいちゃん    日付:2006/12/10(日) 20:09
やまびこ会の忘年登山、みなさんにお会いできず残念でした。
宝満山には最近あまり登らなくなっています。
南面ルート冬場に登りたいですね。
今年はあと何度山に行けますか。
またお会いしたいですね。

4195.峰入り古道 返信  引用 
名前:CJN    日付:2006/11/20(月) 15:46
Original Size: 314 x 235, 70KB Original Size: 448 x 336, 112KB Original Size: 314 x 235, 68KB

こんにちは あいちゃん
19日友人達6人と東峰村の「峰入り古道」を歩きました。紅葉はあまりありませんが、岩場などもあり一度は歩くも良いようです。行者堂付近に到着しました。
では・・・また!!
到着したところ・斫石トンネル上の岩場・「陣尾」の三角点

http://cjn-koga.life.coocan.jp



4196.Re: 低山ピークハント
名前:CJN    日付:2006/11/29(水) 14:42
Original Size: 320 x 240, 52KB Original Size: 320 x 240, 58KB Original Size: 320 x 240, 49KB

こんにちは あいちゃん
最近は雨が多ですね。
11月23日の鹿島市の「蟻尾山」と「湯ノ峰山」26日の福岡市の「荒平山」と再度の鹿島市の「蟻尾山」のレポートをしました。簡単山歩きです。
荒平山と蟻尾山の紅葉と山頂です。

http://cjn-koga.life.coocan.jp



4198.Re: 峰入り古道
名前:甘木のあいちゃん    日付:2006/12/02(土) 21:40
返信が遅れて申し訳ありません。
東峰村に「峰入り古道」というのがあるのですね。
どんどん開拓されていますね。
さらにあちこち、頭が下がります。
私ももっと山に行きたいです。

http://ai200108.cside.com

4191.屋久島ジュウソウ 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2006/11/15(水) 21:28
午前中は娘と二人で久留米へ。
ゆめタウン久留米の紀伊國屋書店で本を買いました。
森絵都さんの「屋久島ジュウソウ」(集英社)は今年の2月に出たばかりですが、森さんは昨年の5月に屋久島を歩いています。
淀川登山口→黒味岳→宮之浦岳→新高塚小屋(泊)→縄文杉→ウイルソン株→荒川登山口です。
私は屋久島は未踏ですので、驚いて購入して帰宅後に読みふけりました。
登山経験の全くない森さんがなぜ屋久島登山をすることになったかは本を読んでもよく分かりませんが、この道中記は面白いです。
森さんは1998年に鹿児島近代文学館で講演をなさったそうです。森さんは椋鳩十文学賞を受賞されていますが、これは鹿児島市が出している児童文学の賞です。
その際に近代文学館に勤めていた椋鳩十の孫娘さんにお世話になり、屋久島の良さについて聞かされたそうです。
森さんはその時から屋久島が気になっていたということです。
4日間の旅で登山のあとの最終日は屋久島にある椋鳩十の記念碑を訪ねたりもしています。
この本を読んで私も屋久島に行きたくなりました。



4192.Re: 屋久島
名前:CJN    日付:2006/11/16(木) 11:10
Original Size: 235 x 251, 54KB Original Size: 314 x 235, 61KB Original Size: 235 x 314, 55KB

こんにちは あいちゃん
屋久島の本を読まれたのですね。私も映画に行ったときに時々「ゆめたうん」の紀伊国屋に行きます。(Hi)
11月5〜7日に縄文杉に行って来ました。縦走ではなく往復でしたが、お天気も良くて快適歩きが出来ました。紅葉も少しは見ることも出来、お天気も良いのですが、日が短いの欠点ですね。永田岳、太忠岳などは行ってみたいと思いました。永田岳は縦走が必須です。これが難点です。
レポートをアップしています。
では・・・また!!
滝は「大川の滝」です。雨がないので水量が減っています。

http://cjn-koga.life.coocan.jp



4193.Re: 屋久島ジュウソウ
名前:甘木のあいちゃん    日付:2006/11/15(水) 21:31
CJNさん、屋久島はお疲れ様でした。
縄文杉まで歩かれたのですね。
屋久島はなかなか行けないので、得難い経験をなさいましたね。
秋は日が短いので行動時間が制約がありますね。
長い尾根歩きの屋久島では大切なことですね。
やはり5月頃がベストというわけですね。


4194.Re: 屋久島ジュウソウ
名前:CJN    日付:2006/11/16(木) 11:12
こんにちは あいちゃん
そうですね。やはり時間の余裕を持つためには雨も多いのですが、4〜5月頃というのが良さそうです。4月の始めはまだ雪渓も残っていることがあります。昨年は残っていました。縦走は健脚なら一泊ですね。そうでなければ2泊必要かもです。2泊分の食料が難点です。でも一度はしてみたいですね。体力付けなければと言うところです。
では・・・また!!

http://cjn-koga.life.coocan.jp


4197.Re: 屋久島ジュウソウ
名前:甘木のあいちゃん    日付:2006/12/02(土) 21:38
すみません。
返信が大幅に遅れました。
なかなかホームページを更新できずにいます。
年末までにはなんとかしたいです。

屋久島はお金もいりますが、体力もいりますね。
2泊はキツイですね。
私は1泊でもキツイです。
でも一度は屋久島行ってみたいです。

http://ai200108.cside.com

4189.広報佐賀 返信  引用 
名前:shimadanobunbun    日付:2006/11/06(月) 19:15

 バルーンが一斉に空へと放たれていく!百を超す数のバルーンを天空に放つにボレロほどの音楽もあるまい!心地よい刻みのリズム乗って!が、空がすっきりとしない、青い空を連想しての会場入りだったが、空は水蒸気で白く滲んでいる。ここ3年も通って撮り続けてきた学習の甲斐あってか?また身近さ故か?青空借景でないとバルーンは絵にならない!あっさりカメラを片付け「唐津くんち」へと趣を替えた。
 「くんち」とは、九州の西北部でよく知られている秋祭りのことである。「長崎くんち」の蛇踊りを筆頭に「唐津くんち」の曳山(ひきやま)、「伊万里くんち」のトンテントンなど「くんち」を照らす演し物に特徴があるばかりか、それぞれの地名を付けて「○○○くんち」と呼ばれ、最近ではメデイアのリアルタイムな報道により、全国隅々までも知れ渡った祭りとなっている。
 「くんち」は、旧暦の重陽の節句(9月9日)を祝う習わしとでも!九州は大陸との玄関口という地理的身近さもあって、以来文化伝来の種々に恵まれ大陸の濃い臭いと異彩さを今なお放ち続けている。
 民俗学者の柳田国男は「くんち」に「供日」の漢字を宛がい、また記さなければならないとまで言い切っている。このことは秋に収穫した実りを神に捧げる五穀豊穣への恩恵に、ひたすら感謝する心に由来しているのだろう。
 その演し物であるが「長崎くんち」の蛇踊りは中国風習そのものずばりで、爆竹の音色が今にも聞こえてくるようだ!「伊万里くんち」は、別名「伊万里トンテントン祭り」と言い表し、日本三大喧嘩祭りの一角を飾って450年の歴史を刻み、源は南北朝に端を発し足利尊氏と楠木正成を祭った喧嘩祭り・・・今年は二十数名もの怪我人が続出したばかりか死者が出てしまったことは残念でならない。
 「唐津くんち」は、江戸時代文政7年(1819)製作の赤獅子を一番曳山に13曳山が続いて練り歩く、14もの曳山が出揃う雅!。蛇踊りのジャンジャンという銅鑼の音に爆竹音の騒動さ、トンテントンの息荒い喧嘩祭りに比べて、笛に鉦に太鼓の音色が実に良く絡まった囃子に雅が勢い迸る豪華絢爛で勇壮な「唐津くんち」の曳山である。

 メモ:唐津くんち(からつくんち)は、佐賀県唐津市にある唐津神社の秋季例大祭である。「漆の一閑張り」という手の込んだ技法で製作された巨大な「曳山」(「ひきやま」または「ヤマ」と読ませる)が、笛・太鼓・鉦(かね)の囃子にあわせた曳子(ひきこ)たちの「エンヤ、エンヤ」「ヨイサ、ヨイサ」の掛け声とともに、旧城下町を練り歩く。ちなみに「ヨイサ」の掛け声は4番曳山及び14番曳山のみ使われる。
 現在は毎年11月2日夜の「宵曳山(よいやま)」に始まり、11月3日には神輿と曳山が御旅所に向かう「御旅所神幸(おたびしょしんこう)」、11月4日には神輿は加わらずに曳山だけが町内を巡行する「町廻り(まちまわり)」というスケジュールで営まれている。祭り期間中の人出は50万人を越えるともいわれ、福岡市櫛田神社の「博多おくんち」、長崎市諏訪神社の「長崎くんち」とともに「日本三大くんち」の一つに数えられている。
 昭和33年(1958年)に曳山14台が佐賀県の重要有形民俗文化財に、さらに昭和55年(1980年)には「唐津くんちの曳山行事」が国の重要無形民俗文化財に指定された。

画像は、5番曳山 魚屋町の鯛(1845年・弘化2年)、1979年フランス政府観光局の招待で、ニースのカーニバルに参加し、好評を博した。

http://www.shimadanobunbun.com



4190.Re: 広報佐賀
名前:甘木のあいちゃん    日付:2006/11/10(金) 22:48
レスが遅くなりました。
すみません。
いつもありがとうございます。
佐賀県はバルーンフェスタといい唐津くんちといい、見所のある行事がありますね。
素晴らしいです。
元気のある活気が感じられる大きな画像をありがとうございます。
季節は晩秋を迎えようとしています。
御自愛ください。

4188.草枕ウォーク 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2006/11/03(金) 22:17
夏目漱石は明治30年暮れに熊本市島崎からいまの玉名市小天までの16キロの道のりを歩いています。
この時の体験がもとになって「草枕」が書かれたのは100年前です。
熊本市と玉名市はこの道を草枕ハイキングコースとして整備しています。
JRと草枕交流館は共催でこのうち、峠の茶屋公園から草枕温泉てんすいまでの12キロを歩くウォーキングを企画しました。

これにユリと参加してきました。
漱石が熊本に降り立ったのは上熊本駅です。
今回の行事は上熊本駅が起点終点でバスでの送迎があります。
私たち親子は時間の都合もあり、車を利用しました。
8時半に草枕温泉てんすいに到着しました。
熊本市にいるじいちゃんに送りを頼んでいます。
なんと足が不自由なばあちゃんも来ました。
息子でなく孫娘の貌を見たかったようです。
じいちゃんの車で峠の茶屋公園まで送ってもらいました。

ちょうどバスが到着したところで、他の参加者と一緒に歩き始めます。
9時過ぎの出発でした。
標識が整備され要所には係員の方が立っておられます。
気候も良く楽しいウォークになりました。
いつもは冬に歩いていますが、今回はみかんのなかを歩きました。コスモスやなぜか朝顔も見られました。
竹林の中や石畳など感じの良い自然歩道です。

最高点の野出峠の茶屋では氷入りの麦茶やみかんをいただきました。
草枕温泉てんすいには12時過ぎに到着しました。
ほぼ3時間の行程でした。
一斉に歩いたわけではないので参加者数ははっきりとは分かりませんが、数百人だろうと思われます。
草枕交流館にも立ち寄りました。

このハイキングコースの沿道には漱石句碑がいくつかあります。
写真を撮ったりして歩きました。

家を出て師走の雨に合羽哉
かんてらや師走の宿に寝つかれず
温泉の山や蜜柑の山の南側
天草の後ろに寒き入日かな

この後、街に出て本屋さんを回ったりしました。
ユリと二人で上通りにあるほうらく饅頭の本店に行き、店の中で食べました。
いまは福岡市の店の方が有名ですが、私は子供の頃ほうらく饅頭をよく食べていました。
そのあと、熊本駅裏のじいちゃんばあちゃんちに寄りました。
夕食は近くの十徳屋田崎店に行きました。
18時半から帰途に着き、20時過ぎに帰り着きました。

ユリと4月以来でウォーキングを楽しむことができました。
文化の日にふさわしい行動だったように思います。

4187.紅葉の大船山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2006/10/31(火) 19:09
今日は休日でした。
知人と二人でくじゅうに出かけました。
6時半に出発、甘木から九重まで高速道路利用、吊り橋を見て8時に男池到着。
ソパパッケ、大戸越を経て大船山に登りました。
知人は男池から黒岳原生林に足を踏み入れると、「目がくらくらした」と感激していました。
男池の駐車場にはたくさんの車がありました。
男池から見る平治岳の斜面は赤く色づいていました。
ソババッケから大戸越までの道は、迷いやすいところもありました。
大戸越から大船山まではミヤマキリシマの中を歩きます。
もちろん花ではありません。
結構枝に引っかかったりします。
大船山の斜面の紅葉はまだまだ見事でした。
これほどの紅葉をみたことはありません。
下山は往路を引き返しました。
男池着は16時前でした。
帰りは湯布院経由でした。
帰宅は18時でした。
長い歩きでリフレッシュできました。
久しぶりの山歩きでした。
また明日から頑張れると思います。

4185.22日は祖母山 返信  引用 
名前:CJN    日付:2006/10/25(水) 10:39
Original Size: 448 x 336, 99KB Original Size: 423 x 336, 76KB Original Size: 448 x 336, 88KB

こんにちは あいちゃん
ようやく行ってきました。10月22日(日)は尾平からの周遊にて祖母山に行きました。紅葉のピークは過ぎていましたが、それなりの紅葉でした。尾平鉱山跡は大規模な工事があっています。登山には支障がないようです。レポートを書きました。小屋番加藤さんやWebつながりの知人と会うことが出来て目的を達しました。

11月はじめにも見たいもの?を見に行ってきます。ニューピークはあまり増えないようです。

http://cjn-koga.life.coocan.jp



4186.Re: 22日は祖母山
名前:甘木のあいちゃん    日付:2006/10/25(水) 21:41
祖母山の紅葉素晴らしいですね。
目を見張るばかりです。
小屋番さんと会われたのですね。
尾平からの周回コースは私はまだ歩いたことがありません。
15年ほど前に北谷から祖母に登り、風穴コースで降りました。
今頃でしたから紅葉がきれいでしたね。
懐かしいです。
祖母は私は御無沙汰です。

4180.稲刈り 返信  引用 
名前:nue    日付:2006/10/23(月) 21:58
Original Size: 400 x 292, 29KB

こんばんは!
最近は週末いい天気ですね。でも山へはなかなか行けず...
もったいな〜い!と思ってしまいます(^^ゞ
昨日知り合いの田んぼの稲刈りを手伝いました。猪被害に遭い
無残な状態でした。今年の米はいい出来だったのにと、とても
残念そうでした。農家は大変ですね...
倒れた稲を手作業で刈り取り、干してきました!
田んぼの向こうに以前登った山が見えましたよ〜(*^_^*)



4184.Re: 稲刈り
名前:甘木のあいちゃん    日付:2006/10/24(火) 22:03
nueさん、楽しい写真をありがとうございます。
稲刈りお疲れ様でした。
私は稲刈りの経験はありません。
猪被害で機械が使えず手作業で刈り取られたのですね。
山が見えると恨めしいですね。
よい天気で季候も良くなってきました。
山に行きたいものですね。
私は31日(火)にできればくじゅうの紅葉、11月3日は熊本の草枕ウォーキング、11月半ばに何とかユリと英彦山と目論んではいます。
でも思うようにいかないかも知れませんね。


ページ: |< << 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb