[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
あいちゃんの談話室
ファミリー登山と文学散歩の掲示板です。主に九州をフィールドにしています。管理人 (二児の父親)は福岡県朝倉市在住です。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



4485.関の山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/10/11(日) 22:08
「関の山」は「福岡県の山歩き」に載っています。
飯塚市と田川市の境にあります。

わたしはこの山は2度親子で歩いています。
9年前に小4と小2の子連れで、5年前に小6の娘と歩きました。
懐かしい思い出の山です。

5人で出かけました。
あさくらを8時に出ます。
冷水トンネルを通って飯塚に向かいます。
関の山いこいの森キャンプ場の駐車場には9時過ぎに着きました。

9時20分から歩き始めます。
いこいの森のキャンプには宿泊客があります。
清潔なログハウスがあり、楽しそうなキャンプ場です。

しばらくは沢沿いの手入れの行き届いた道を登ります。
石灰製造窒跡を見学します。

関の山には細かく標識がつけられています。
枝道がいくつかあって迷いますが、メジャーな道を上がっていきます。

やがて見晴台という、飯塚側と田川側の展望の良いところに出ます。
ベンチもあってのんびりすると気持ちよさそうです。

ここから山頂までは広い道を登っていきます。
短い間隔で案内板や励ましの言葉を書いた立て札があり、楽しいです。

関の山の山頂には10時55分に着きました。
予想よりも時間がかかったのは、休憩時のおしゃべりが弾んだからです。

山頂からの四方の景色は素晴らしいです。
特に田川方面は地理的なものがよく分かります。

山頂には先客もあり、わたしたちが滞在している間に多くの方が登ってこられました。
山頂標識で記念写真をと思いましたが、スズメバチが飛んでいてしばらく待つことにしました。

広い山頂でランチタイムにします。
わたしはエブリワンの弁当でしたが、みなさんからいろいろなおやつをいただきまして、楽しい時間をすごしました。

わたしの方からはみなさんにコーヒーを淹れて差し上げました。
山頂でのコーヒーは最高だといつも思っています。

12時から下山します。
下りは登りと別の道を降ります。
12時50分には着いてしまいました。

キャンプ場に立ち寄り、管理人さんとお話しします。
嘉穂工業高校土木科が寄贈したログハウスもあります。
ここでお泊まりのオフ会をしたら楽しいでしょうねという話をしました。

このあと嘉穂の湯により、汗を流します。
親子登山をやっていた時期はたびたび立ち寄った嘉穂の湯ですが、今回久しぶりに行きました。

15時にはあさくらに着き、解散しました。
天気に恵まれ、暑からず寒からずで快適な歩きを楽しむことができました。
歩きながらや車中での会話も弾み、楽しい時間を過ごせました。
リフレッシュできました。

これから寒くなってきます。
夏は低山は辛いのですが、秋、冬、春にかけて「福岡県の山歩き」所収の山を歩いていけたらと思っています。



4486.Re: 筑豊の山
名前:あまぎのふっくん    日付:2009/10/12(月) 19:41
あいちゃん、お久しぶりです。
私達は昨日、嘉麻市の白馬山〜大法山に行っていました。
偶然ですが、展望台で昼食タイムを取りながら関の山を眺めていました。
史跡巡りをして、泉河内から白坂峠を通って帰りました。


4487.Re: 関の山
名前:しげ    日付:2009/10/13(火) 21:49
お久しぶりです。山歩きを楽しんでおられますね。私は昨日、近所の都府楼散歩を楽しみましたが、これからは里山歩きにいい季節なので山にも出かけたいと思います。それとお知らせですが、久しく冬眠していたHPを移転して復活させました。余り目新しさはありませんけど、暇な時にでもお立ち寄りください。今回はブログがメインになると思います。
http://happanouragaki.web.fc2.com/


4489.Re: 関の山
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/11/14(土) 21:24
甘木のふっくん、コメントありがとうございます。
レスが遅くなりすみません。
白馬山〜大法山はずいぶん前に行ったきりでご無沙汰です。
筑豊方面の山は良いですね。
また、山をご一緒しましょう。


4490.Re: 関の山
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/11/14(土) 21:31
しげさん、コメントありがとうございます。
レスが非常に遅くなりすみません。
山をまたご一緒したいですね。
ブログも拝見しました。
今後ともよろしくお願いします。

4484.黒岳原生林 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/08/15(土) 20:33
くじゅうの黒岳原生林に出かけました。
参加者は3名です。

あさくら市内の集合場所に7時20分に集まります。
エブリワンで買い物します。
わたしはおにぎりとソーメンを買います。
ここはコンビニですが、店の中で焼いたパンや店で調理した弁当を売っています。

甘木インターから高速に入り、九重インターで降ります。
九酔渓を上がり、飯田高原から男池に着きます。
準備をして9時20分登山開始です。

今日の参加者3名のわたし以外の方ははこのコースは2度目です。
前回は雨のため、かくし水の先までで引き返しています。

このコースは山頂を目指す登山でなく、原生林の中の森林浴です。
わたしが好きなところで何度も訪れています。
岩や木の根、苔を伝います。

時間が早いので、かくし水には誰もいません。
冷たい水でのどを潤します。

無粋なものがあちこちに貼られていますが、コースの目印にはなります。

面白い植物も見られます。

キツネノカミソリも終わりかけですが、結構見られました。

面白い植生も見られます。

風穴まで歩いてランチの予定でしたが、ソババッケがぬかるんでいました。
長雨のために泥沼のようになっています。
登山靴のわたしでも靴を泥の中に埋もれないで通るのは困難です。
考えましたが、ここまでで断念することにしました。

ソババッケで楽しいランチタイムです。
食後のデザート、3人でそれぞれ、冷たい梨、ドーナッツ、コーヒーなどを出して、話も弾み、楽しい時間を過ごしました。
自然の中では心が解放されるのでしょう、ドキッとするような話やアブナイ話も出ました。

帰りにかくし水でわたしの知人に会いました。
カメラを持ってきて、野鳥や植物を撮影されていました。
かくし水にもう3時間いるとのことです。

男池まで戻り、男池の川の畔のせせらぎを聴いていました。

午後2時頃の男池周辺は軽装の観光客、親子連れでいっぱいでした。

黒岳原生林はいつ来ても良いです。
ここで読書したいと強く思いました。
8月中にできないかと目論んでいます。

温泉に入って帰ろうということで、長湯温泉に向かいます。
白水鉱泉の方への道は道幅が狭いのですが、一部崩落していました。
怖々と運転しました。

長湯温泉には30分ほどの運転で着きます。
ラムネ温泉は観光客で賑わっていました。
ここの露天風呂はシャンプーには適さないので、体や頭を洗うことはできませんが、温いお湯に長時間浸かることができます。
いつも、烏の行水のわたしも20分ほど浸かっていました。
女性の方はかなり長く浸かられたようです。

わたしは長湯にはよく来ていますので、同行の方を案内しました。
ソーダソフトクリームは美味しかったです。

帰りの高速道路も特に渋滞はありませんでした。
湯布院インターから高速に乗り、甘木インターで降りて、18時半に解散しました。
楽しい一日を過ごしました。

わたしはある程度歩いたのは6月はじめのくじゅぅのミヤマキリシマ観賞登山以来でした。
この間に2度歩いたのは、地元の大平山と目配山でした。
わたしのリフレッシュはつまるところ、山を歩く、山で過ごすことなので、山に行く時間を作っていきたいと痛切に感じました。
また、くじゅうに行きたいと思います。

4483.みずみずしい大平山 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/07/06(月) 22:09
山に4週間ぶりに登りました。
といっても地元の大平山です。
時間が足りなかったのです。

甘木公園から歩きました。
歩いている人、一人歩きの女性が多いので驚きました。
4週間ぶりに自然の中に身を置くと、みどりがきれいです。
山頂に着いて、あさくら市街地の展望が広がると壮大な気分になります。

下山は持丸の方に降りました。
このコースは夏は下草が伸びて歩きにくいことがありますが、今日は歩きやすかったです。

降りてくると、これまで水がなかったところを水が流れています。
大嶽神社のところの沢の水量もかなりあります。

これは3日前の大雨のせいだと気づきました。
7月1日に福岡県は大雨に見舞われ、6月一ヶ月分の雨が一日で降ったとも言われました。
その時の水が3日経って流れていたのです。
みずみずしい大平山を楽しむことができました。

周回1時間半で、リフレッシュすることができました。

4482.「夜空日本一」の町からのメッセージ 返信  引用 
名前:トップがん    日付:2009/06/30(火) 22:51
甘木のあいちゃん様、こんにちは。

初めてカキコミさせていただきます。私は、トップがんと申します。実行委員会の許しを得た上で、「越前大野感性はがき展」のPRをしています。

「越前大野感性はがき展」は、福井県大野市及び同教育委員会が主催する公募展スタイルの文化事業です。

同展は、1998年(平成10年)から自然(水、森等)をテーマにして行われており、現在まで約28,000通の作品のご応募を国内外からいただいています。

応募作品の大きさは「ハガキ大」のサイズで、ジャンルに制限はありません。写真、絵、文章など、作風はなんでも結構です。審査の基準は、審査員の「感性」一つです。技術の上手い下手を問うものではありません。

第6回目となる今年は、テーマを「星」としました。「星」にまつわるあなたの想い、感動、夢、思い出をハガキ大のキャンパスに込め、そのメッセージを私たちに送ってくれませんか? 応募期日は、9月30日。最優秀作品への賞金は10万円です。

これまで応募いただいた中で、優秀な作品(感性に響いた作品)は、大野市内に展示すると共に、作品集に掲載しています。

「感性はがき展」の詳細については、公式HPをご覧ください。ご友人や仲間に周知していただける場合は、パンフレットと作品応募用ハガキを送りますので、公式HP(実行委員会事務局)にメールしてください。

【大野市はこんな町】
  ・織田信長家臣・金森長近が城下の街並みを碁盤の目に整備したため、「奥越の小京都」と呼ばれる。長近は、大野をモデルケースに高山の町を作りました。
  ・日本百名山の一つ「荒島岳」がある。
  ・「名水百選」に選ばれており、市民のほとんどが地下水だけで生活している。
  ・高級酒米「五百万石」の生産量は日本一。
  ・2005年に隣接する和泉村と合併し、ネイチャーフィールドが格段に増加した。
  ・環境省主催の「スターウォッチング・ネットワーク」で、2度日本一になるなど「夜空のきれいな町」として知られている。六呂師高原にある展望台には、県内外から多くの天文ファンがやってきます。

P.S.
このカキコがご迷惑な場合は、お手数ですがコメントを削除願います。

◇感性はがき展HP:http://www.mitene.or.jp/~goma/

http://www.mitene.or.jp/~goma/

4479.最近の山々 返信  引用 
名前:CJN    日付:2009/06/11(木) 14:33
こんにちは あいちゃん 
ようやく5月31日までの山歩き役25座に写真を添付しレポートのアップが終わりました。無名山もあります。熊本百名山はようやく完登しました。大分百山の完登を目指しています。
27日は急に用件が入ってしまって残念でした。またの機会を楽しみにしています。何せリーダーが同じ校区にいるので協力は欠かせません。

http://cjn-koga.life.coocan.jp



4481.Re: 最近の山々
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/06/11(木) 21:25
25座のレポートアップお疲れ様でした。
すごいですね。
熊本百名山完登おめでとうございます。
熊本県も天草や奥球磨、奥阿蘇、脊梁の方など、遠くまでご苦労さまでした。
27日は残念ですが、懇親会は年に3回程度は行っていますので、朝倉か久留米の時にご参加ください。
これからもよろしくお願いします。

4475.ミヤマキリシマの平治岳 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/06/07(日) 08:13
くじゅうに出かけました。
昨年は5月下旬に泉水山・黒岩山を歩いていますが、今年は花の盛りの時期に設定しました。
しかも、くじゅう山開きの前日です。
直前の天気に不安があり、決行するかどうか迷いましたが、現地まで行ってみて天気が良くなければ、観光+温泉を楽しもうということで、出かけました。

あさくらを6時半に出ます。
途中でも激しく雨が降ったり、霧が深かったり、晴れたりと、変化に富んだ天気でした。
吉部の登山口に着きます。
わたしがここから歩くのは2006年3月以来です。

有料駐車場に駐車します。
一日1000円です。
かなりの車がありました。
さすがはミヤマキリシマのシーズンです。

ストレッチをして、8時半から歩きます。
今日の参加者は7名です。
霧の中ですが、雨は降らない感じです。

平治岳の山頂に近づくとミヤマキリシマの群落が見られるようになります。
小雨もぱらついてきます。
11時半に平治岳山頂着です。

ここで雨足が強くなり、雨具を着用します。
少し離れたところで昼食です。
昼食後に山頂周辺のミヤマキリシマを見に行きますが、絨毯のような花に喚声を上げます。

下山にかかります。
シーズンの平治岳は人が多く、離合に気を遣いますが、平治岳は登り道と下り道を分けているので、歩きやすいです。
要所にはロープが張ってあります。
以前平治岳に来たときに下りで神経を使った記憶がありましたが、今回はそれほどでもありませんでした。
ロープが以前よりもしっかりつけられていたからだろうと思われます。

ガスの中だったのですが、このあたりで霧が晴れて坊がつるのテントや法華院温泉を見下ろしたり、三俣山や北大船山、黒岳が望めたりもしました。
北大船斜面のミヤマキリシマもきれいでした。

大戸越も多くの人で賑わっていました。
大戸越からは泥の滑りやすい道を降ります。
平治岳の西側を巻く道を歩きます。
ミズナラの林の中は歩いていてとても気持ちが良いです。

鳴子川の水で靴の泥を落として、吉部に16時に帰り着きます。
ストレッチでクールダウンです。

このあと、温泉に入りに行きます。
下山後の温泉はとても気持ちいいです。

そして、アイスクリームを食べに行きます。
先週、娘とも行ったところです。
ここには5月から3回目です。
今回は店じまい目前に着きました。
私たちが注文すると店が閉まりました。

このときに顔に虫さされのあとがあるという指摘を受けました。
自分では自覚がありませんでした。
痛みも痒みもありませんが、今後用心したいと思います。

19時にあさくらに帰り着きました。
帰ったあと、雨具やザックカバー、スパッツを水洗いしました。

これほどのミヤマキリシマを見たのは初めてです。
良い経験ができました。
また、長い時間を歩いたことでリフレッシュできました。
歩きながら、温泉で、車中で、同行の方と色々お話しすることができました。
大満足です。
これから当分がんばれそうです。

くじゅうはとても良いところです。
くじゅうに気軽に行くことができるところに住んでいる幸せをかみしめたいと思います。



4477.Re: ミヤマキリシマの平治岳
名前:ミラ    日付:2009/06/10(水) 19:46
随分とご無沙汰しています〜<(__)>

くじゅうの絨毯は見事でしょうね!
毎年この時季は皆さんのレポで楽しんでいますが一度は行かなきゃです〜^^;;

先週はゆりちゃんとのくじゅう歩きだったようですね!
そぼ降りの雨の中雲仙を歩いた時の事思い出した今日の雨です〜

これから雲仙はヤマボウシで賑やかになります。

http://miratitti.exblog.jp/


4478.Re: 雲仙のヤマボウシ
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/06/10(水) 23:33
ミラさん、ありがとうございます。
2001年11月に雲仙にお邪魔して、雨の中ご一緒していただきました。
車の中でのランチ、噴火饅頭も懐かしいです。
あのころユリはまだ小三でしたが、今や高二です。
島原子供フェスティバルのボランティアの高校生の人たちと同年代になっています。

雲仙のヤマボウシも懐かしいです。
6月後半か7月はじめか、お伺いしたいです。

4476.ホタルの季節 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/06/08(月) 06:40
各地でホタルの便りを聞くようになりました。
JR九州ウォーキングは昨夜、宝珠山村でホタル祭りウォークを開催しています。

わたしは毎年秋月方面でホタルを見ています。
楢原というところです。
ホタルの乱舞が見られるという訳ではありませんが田んぼの近くの道をしみじみと歩きながらホタルを見るのは贅沢な気分です。

先週、家族4人で出かけていましたが、今夜は娘と2人で出かけました。
娘は童心に返って、ホタルを捕まえています。

結構多くの人が訪れています。
親子連れ、カップルなどです。
観光地というほどではありません。

ホタルは弱い生き物で、きれいな水と空気がないと生息できない、だからホタルがいるところは人間にとっても環境の良いところだといいます。
ホタルの里づくりは、環境を取り戻すことだともいわれる所以です。

ホタル歩きを楽しんで帰りました。
所要1時間もかからない楽しみでした。
みなさんも今年ホタルに出会えるでしょうか。

4474.ミヤマキリシマのくじゅう 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/05/31(日) 11:22
くじゅうはミヤマキリシマの季節になりました。
わたしは花の時期にくじゅうに出かけることはあまりないのですが、娘と出かけてきました。
娘もこの時期に山に付き合ってくれることはあまりないのですが、今年は例年参加している4月の鶴見岳一気登山に参加していないということで、山を歩いてみたかったようです。
かなり久しぶりに親子二人でくじゅうに出かけました。

シーズンとあって、長者原の駐車場は車でいっぱいです。
それでもなんとか駐車できました。
人が多いコースは避けようということで、泉水山を目指します。
このコースは娘は歩いたことがありません。
わたしは1年に1度くらいの割で歩いています。

下泉水山に向かってどんどん高度を上げます。
車を停めている長者原がどんどん下になります。
やがて樹林帯に入ります。

雨の後で、滑りやすいところがあり、用心して登っていきます。
下泉水山に着き、娘は岩の上に立って喚声を上げています。
ここに温度計がありますが、気温は10度でした。
さすがにくじゅうは涼しいです。
この辺の標高は1300メートルくらいです。

更に進むと満開のミヤマキリシマです。
昨年は5月18日に来ていますが、それほどは咲いていませんでした。
盛りのミヤマキリシマを見ることができて幸せです。

霧が深くて展望はありません。
体調などのことも考えて、途中で引き返しました。
3時間ほど山の中にいたことになります。

下山後、飯田高原の貸別荘「星座」に立ち寄りますが、オーナーは不在でした。
いま高2の娘は小さい頃から星座にお世話になっています。
小3,小4の頃にお泊まりしていました。
久しぶりに来て、塗り替えられていることやバーベキューコーナーが整備されていることに目を見張っていました。

飯田高原のアイスクリーム屋さんに立ち寄ります。
ミルクファームの「しぼりたてアイスクリーム」を食べに行きます。
娘は美味しいと喜んでいました。

今日の帰りは高速に乗らず、一般道を帰りました。
水分、豊後中村、玖珠、天ヶ瀬、日田、浮羽を通りますが、一般道は混雑はなくスムースに運転できました。
大分自動車道開通以前はこうしてくじゅうに通っていましたから、懐かしい風景を見て懐かしんでいました。

4471.「福岡県の山歩き」改訂版 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/04/26(日) 18:43
「福岡県の山歩き」の全面改訂版が届きました。
この本には福岡県の90の山が掲載されています。
わたしは、古処山、馬見山、発心山、砥上岳、目配山、大平山の6山とコラムを5本担当しています。
あさくらの中心部にそびえる大平山を掲載することができたのはうれしいです。
コラムは「山と文学」「山中の文学碑」「文学碑めぐりのガイドブック」「漱石が歩いた道」です。
よろしければ、書店でご覧ください。
各地の図書館に入れていただければありがたいです。

「福岡県の山歩き」(改訂増補版)福岡山の会編(海鳥社)
2009年4月27日第1刷発行
1800円+税

海鳥社ホームページ 
http://www.kaichosha-f.co.jp/



4472.Re: 「福岡県の山歩き」改訂版
名前:あまぎのふっくん    日付:2009/04/30(木) 08:32
あいちゃん、ご無沙汰しています。
ついに「福岡県の山歩き 改訂版」が出版されたのですね。
早速2日続けて近くの本屋さんに行ってみましたが、まだ
並んでいませんでした。こんな時、田舎は困りますね!
結局、ネットで取り寄せないとダメなのかなぁ・・・


4473.Re: 「福岡県の山歩き」改訂版
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/05/02(土) 07:33
ふっくん、コメントありがとうございます。
関心を持っていただいてありがとうございます。
本屋にはまだ並んでいないのですね。
もうじきとは思います。
新版には大平山を載せましたので、あさくらで活用して頂ければと思います。

4470.琵琶湖ウォーキング 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/04/04(土) 12:50
新大阪から野洲行きの電車に乗ります。
京都を過ぎるのは初めてでワクワクします。
トンネルを二つくぐって大津駅に着きます。
滋賀県に足を踏み入れるのも初めてです。
大津駅前は明るい感じです。

タクシーで「なぎさ公園までお願いします」と言ったら、駅から琵琶湖に向かい、つきあたったところで降ろされました。
ここはなぎさ公園の西端で、琵琶湖ホテルがありました。
わたしは大津プリンスホテルあたりを頭に置いていました。
30分ほど余計に歩くことになりました。
怪我の功名でしたが、ここから歩いたのは風情があったという点でとても良かったです。

琵琶湖ホテルから石山寺までは9キロほどあります。
10時20分にスタートして、石山寺に12時20分に着きました。

とても気持ちの良いコースでした。
湖畔の遊歩道は良く整備されて歩きやすいです。
琵琶湖には水鳥が泳ぎ、釣りを楽しむ人々が大勢います。
対岸の様子も見えます。
比叡山や比良山が見えますが、比良山には雪が残っています。

1時間ほど歩いて、近江大橋の下をくぐり、膳所城跡公園に着きました。
三等三角点がありました。

膳所公園からは素朴な水辺の散歩コースという感じになります。
瀬田川に沿った歩きになります。

「四高桜」の案内板がありました。
「四高桜」は滋賀県高島市に記念碑があるそうですが、これはその一部が移植されたもののようです。
1941年に石川県金沢市の旧制四高ボート部員11名が琵琶湖で訓練中突風に見舞われ全員遭難死するという痛ましい事故があったということです。

粟津中学校のところを通りました。
平家物語に「木曽の最期」というところがあります。
宇治川の戦いの後です。
「粟津のいくさはなかりけれ」という一節で終わります。
昨年の今頃、宇治に行きましたが、宇治川の戦いの記念碑がありました。
粟津を流れる瀬田川の下流が宇治川になります。
歴史を感じました。

京都大学ボートセンターを過ぎて、京阪石山寺駅のところから石山寺の参道に入ります。

石山寺の前は賑やかでした。
既にお昼を過ぎていましたので、昼食にします。
シジミ飯を食べようと目論んでいましたが、何軒もあって迷います。
「創業寛政十一年」に惹かれて入ります。
席からは瀬田川の流れが見えて風情がありました。

シジミ釜飯とシジミ汁の食事です。
2時間も歩いてきたということもあり、とても美味しいです。
シジミ飯に憧れていたのは、五木寛之さんの「百寺巡礼 第四巻 滋賀・東海」の記述からです。
石山寺に来た五木寛之さんは瀬田川を一望しながらシジミ飯に舌鼓を打っています。
その追体験を親子でしました。

石山寺に参拝します。
石山寺は広くて小山のようなところです。
歩くのには体力がいります。
山登りのようで、楽しく歩きました。

源氏の間や紫式部など、石山寺は源氏物語ゆかりの寺の印象が強いです。
紫式部は石山寺で源氏物語を執筆したと伝えられています。
藤原道綱母の『蜻蛉日記』、『更級日記』の菅原孝標女、『和泉式部日記』など、平安期の女流作家たちは石山寺を訪れたり、参籠したりしています。

石山寺を出て、ぜんざいを食べて、バスに乗って石山駅に向かいました。
石山駅はJRと京阪の駅が一緒のところでした。
松尾芭蕉の銅像がありました。
「幻住庵の記」に見られるように松尾芭蕉はこの地で4ヶ月過ごしています。
幻住庵も行きたいと思いました。

石山駅からJRで大阪まで行き、阪神百貨店のスナックパークでイカ焼きを食べました。
イカ焼きは8年ぶりくらいに食べました。

夢のような旅行でした。
わずか2日間でしたが、非日常的な体験としての旅行はたまにはするものだと思いました。
娘との旅行ができて、一緒に琵琶湖ウォーキングができたことも嬉しいことでした。

4469.目配山で読書 返信  引用 
名前:甘木のあいちゃん    日付:2009/03/22(日) 03:15
今日はよい天気でした。
目配山にひとりで出かけました。
10時から歩き、10時50分に山頂着です。
13時半から降り始め、14時過ぎに下山しました。

このところ、親子、仲間との登山が続いていたのですが、ひとりで歩いたのは久しぶりでした。
一人歩きは自分のペースで歩くことができます。
無理についていこうとしたり、逆に合わせたりする必要はありません。
歩きながら他人との会話でなく、自分との対話になります。
一人歩きの意義を見直しました。
ただ、一人歩きは何かあったら大変ですから、山を選ぶこと、早立ちを心がけること、家族に行き先を告げることなどの注意も必要です。

山での読書も久しぶりにしました。
暖かい山頂で2時間半過ごしました。
携帯椅子を持参しました。
1時間読んで、弁当食べて、また1時間読みました。
コーヒーも2杯飲みました。

読んだのは「あなたに不利な証拠として」ローリー・リン・ドラモンド(早川書房)です。
2006年7月の週刊ブックレビューで紹介され、ベストセラーになりました。
図書館から借りてきていました。
このあとは、「わたしを離さないで」カズオ・イシグロ(早川書房)を読むつもりです。
先日は「ぼくのともだち」エマニュエル・ボーヴ(白水社)を読みました。
このところ翻訳物を読んでいます。
「あなたに不利な証拠として」は300ページほどですが、山の上で180ページほど読みました。

山での読書は気持ちの良いものです。
今日はまだ肌寒く、雨具を着用しましたが、これから暖かくなりますので、努めて行いたいと思います。

桜も咲いています。
秋月の桜見物にも出かけたいと思いました。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb