[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
与謝野晶子ニュース掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!



197.まだ晶子のイベント続きます。  
名前:Yuri☆    日付:2005/06/07(火) 01:44
大阪ではまだ与謝野晶子のイベントが続いています。

6月5日(日) 午前9時〜
堺高石青年会議所50周年記念事業に、与謝野晶子倶楽部が参加。
会場 大仙公園(大阪府堺市)
 ●晶子の紙芝居
 ●晶子ってどんな人?紹介コーナー
 ●晶子関連の品々の販売コーナー

6月12日(日) 午後12時〜
「第11回 与謝野晶子短歌文学賞大会」
会場 太閤園 (大阪市都島区網島9−11)
主催 サンケイ新聞社 / 共催 堺歌人クラブ

〜7月10日(日)まで与謝野晶子文芸館にて
常設展「与謝野晶子 生涯と作品」開催中
会場 与謝野晶子文芸館(堺市立文化館内 JR阪和線堺市駅前)
休み (月)
料金 一般500円 ほか
*先日観に行って来ましたが、晶子を偲ぶコーナーがありました。
この期間のみ覚応寺が所蔵している資料を展示しているそうです。
鉄幹が覚応寺の先々代の院主さんに宛てた手紙や年賀状が印象的で
した。そのほかにも晶子の繊細な自筆資料は、ちょっと晶子のイメ
ージを変えるものでした。


晶子の出身地堺市の晶子倶楽部が主催する晶子講座がほぼ毎月、7
月から始まります。今年の鉄幹没後70年を記念した講座です。

2005/06/03(Fri) 19:58 No.1434

 →「自由掲示板」より転載させていただきました。

196.与謝野鉄幹『片袖』の復刻版が刊行  
名前:しょうこ@管理人    日付:2005/06/04(土) 22:49
与謝野晶子『みだれ髪』刊行直後の与謝野鉄幹による編集『片袖』の
復刻版全3冊が刊行されることになり、予約受付が始まりました。

監修 早稲田大学図書館 解説 篠弘
内容 第一集:明治34年9月25日発行 44頁
   第二集:明治34年12月12日発行 93頁
   第三集:明治35年3月1日発行 82,11頁

定価 42,000円


↓詳しくは雄松堂出版のHPへ

http://yushodo.co.jp/press/index.html

195.与謝野晶子関連の新刊  
名前:しょうこ@管理人    日付:2005/06/04(土) 22:40
● 講談社文芸文庫『日本の童話名作選 明治・大正篇』
 (講談社文芸文庫刊、2005年5月)
  <内容>与謝野晶子、菊池寛、芥川龍之介、有島武郎、島崎藤村
     巌谷小波ほか

● 今野寿美著『24のキーワードで読む与謝野晶子』
  (本阿弥書店刊、2005年4月)


↓くわしくは、Yahoo!Booksへ

http://books.yahoo.co.jp/bin/search_key?p=%CD%BF%BC%D5%CC%EE&pp=&sc=7

194.「かりうど」41夏号 「歌から見た与謝野鉄幹」連載始まる  
名前:しょうこ@管理人    日付:2005/06/04(土) 22:32
「かりうど」41号は、十周年記念特集号。
その記念すべき号から青井史さんが「歌から見た与謝野鉄幹」の連載を
始められました。今回は「詩歌集『東西南北』−古今調と壮士風」と
題して4ページにわたって書かれています。


「かりうどふぉーらむ」では、様々な講座などが紹介されています。

 ●「与謝野晶子を読む」
   日時 毎月第4月曜日 13:30〜15:30
   場所 京王聖蹟桜ヶ丘 8階


→詳しくは「かりうど」のHPへ (当サイトのLink集をご覧ください)

193.与謝野晶子関連の新刊  
名前:Yuri☆    日付:2005/05/02(月) 22:41
●逸見久美ほか編『鉄幹晶子全集』17巻(勉誠出版刊、2005年3月)
(内容)晶子『新訳徒然草』『我等何を求むるか』『晶子新集』収録

● 吉田隆子著・小宮多美江編『君死にたもうことなかれ』
 (新宿書房刊、2005年3月)
(内容)オペラ台本「君死にたもうことなかれ」吉田隆子エッセイ
 (私が作曲した詩と詩人たち(抄)、晶子によせて『与謝野晶子全集』 によせて)

↓くわしくは、Yahoo!Booksへ

http://books.yahoo.co.jp/bin/search_key?p=%CD%BF%BC%D5%CC%EE%BE%BD%BB%D2&pp=&sc=7

192.山川登美子生家を小浜市に寄贈  
名前:ミキりん    日付:2005/04/29(金) 12:44
小浜市にある山川登美子の生家を親族が小浜市に寄贈しました。
山川登美子が晩年を過ごした家だそうです。
家具類も一括寄贈され、調査後小浜市によって公開される予定です。
(読売新聞より)

191.『金尾文淵堂をめぐる人びと』が朝日新聞読書欄に  
名前:しょうこ@管理人    日付:2005/04/21(木) 23:43
187に書きました『金尾文淵堂をめぐる人びと』石塚純一著
(新宿書房刊、2005年2月)の書評が、4月17日(日)の
朝日新聞読書欄で取り上げられていたそうです。
晶子の著書の出版についても触れられていたとのこと。

ミケ先輩が掲示板にお知らせ下さいました。
ありがとうございます。

190.仙台文学館で「与謝野寛・晶子展」開催  
名前:しょうこ@管理人    日付:2005/04/10(日) 02:06
特別展示「与謝野寛・晶子展」
 会 期 第T期「近代詩歌の扉を開く」
      4月16日(土)〜5月22日(日)
     第U期「自立する女性へのまなざし」
      5月28日(土)〜7月3日(日)

   ※T期とU期 では、展示資料が替ります。

 内 容 歌人であるばかりでなく、偉大な組織者としての寛、
     社会評論も展開した晶子など、与謝野夫妻の大きな
     足跡を、日本近代文学館の貴重な資料により紹介。

*関連イベントも多数あり。

 場 所 仙台文学館(仙台市青葉区北根2−7−1)
 時 間 午前9時〜午後5時

↓詳しくは「仙台文学館」サイトへ

http://www.lit.city.sendai.jp/index-sml.htm

189.毎日文化センター「若山牧水に親しむ」開講  
名前:しょうこ@管理人    日付:2005/04/10(日) 01:57
「恋と酒、旅の歌人 若山牧水に親しむ」
講 師  上田博氏(立命館大学教授 関西啄木懇話会代表)
日 時  第2・4(月) 13:00〜14:30
場 所  大阪・梅田のカルチャースクール 
受講料  3ヶ月13,800円
内 容  若山牧水の名歌集『別離』は牧水25歳の青春の記念碑。
     講師が注釈解説した『和歌文学大系』(明治書院)の
『別離』を参考に牧水の歌の心を味わいます。

*特別講座「啄木から牧水へ」開講!
牧水は石川啄木と親友で啄木の臨終に友人としてただ1人立ち会った。
2人の間柄や、啄木は牧水にどのように影響を与えたのかなどを語る。

開講日時 4月11日(月)13:00〜
受講料  1,000円(受講者は不要)

↓詳しくは「毎日文化センター」サイトへ

http://www.maibun.co.jp/courses/literatu/contents/0528.html

188.第5回「明治文芸講演会」開催  
名前:しょうこ@管理人    日付:2005/04/10(日) 01:42
2005年5月8日(日)コープイン京都にて
 〜みんな、子ども、だったよ〜

13時〜   講演「いなばのしろうさぎ」から「月光仮面」へ
       村瀬学氏(同志社女子大学教授)

14時30分〜 面白対談
      「生まれること、死ぬこと、そうして生きること」
       谷川俊太郎氏(詩人)×川道美枝子氏(動物学者)

16時〜   茶話会 *事前に申し込みが必要

↓詳しくは「明治文芸講演会」サイトへ

http://emerianenko.hp.infoseek.co.jp/takubox01.htm

187.与謝野晶子関連の新刊情報☆  
名前:しょうこ@管理人    日付:2005/04/10(日) 01:36
●『与謝野晶子に学ぶ 幸福になる女性とジェンダーの拒絶』
  中川八洋著(グラフ社刊、2005年3月)
  <内容>夫への献身という至福、歪曲された「君死にたまふ
     ことなかれ」、羞恥、礼節、自立―晶子の人生信条
     出産は光輝・子供は歓喜、晶子の品性教育 など

●『金尾文淵堂をめぐる人びと』石塚純一著
  (新宿書房刊、2005年2月)
  <内容> 金尾文淵堂店主金尾種次郎と文淵堂をめぐる人々への
      考察から編集者・出版者と作家の交流を活写した出版
      文化史。 第7章に「本づくりは生のあかし―与謝野晶子」

●『現代日本女性詩人85』高橋順子編著(新書館刊、2005年3月)
  <内容>与謝野晶子、大塚楠緒子、深尾須磨子、金子みすゞ他

●『斎藤孝のイッキによめる!名作選 小学2年生』斎藤孝編
  (講談社刊、2005年3月)
  <内容>21世紀の画期的な名作アンソロジー。
     「ほととぎす笛」与謝野晶子収録

●『斎藤孝のイッキによめる!名作選 小学3年生』斎藤孝編
  (講談社刊、2005年3月)
  <内容>21世紀の画期的な名作アンソロジー。
     「神様の玉」与謝野晶子収録


↓詳しくはYahoo!Booksへ

http://books.yahoo.co.jp/bin/search_key?p=%CD%BF%BC%D5%CC%EE&pp=&sc=7

186.与謝野町が誕生  
名前:ミキりん    日付:2005/03/13(日) 01:01
京都府与謝郡3町(加悦町・岩滝町・野田川町)の法定合併協議会は3月9日に新町名を「与謝野町」に決定しました。
ご存じの通り加悦町は鉄幹の父与謝野礼巌の故郷です。

185.与謝野晶子の未収録短歌10首が発見  
名前:Yuri☆    日付:2005/03/11(金) 01:31
与謝野晶子全集に収録されていない短歌10首が見つかった。
与謝野晶子倶楽部会員の講談師旭堂小南陵さんが2003年、
古本市で見つけた雑誌「東京」に掲載されており、与謝野晶子
文芸館(大阪府堺市)の調査で判明した。
この雑誌「東京」は、堺市に寄贈され与謝野晶子文芸館で展示予定。

↓詳しくはYahoo!Newsへ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050226-00000070-mai-soci

184.日本画家故守屋多々志氏の作品「みだれ髪」が市に寄贈  
名前:Yuri☆    日付:2005/03/11(金) 01:24
日本画家の故守屋多々志氏の遺族から最後の院展出品作品となった「みだれ髪(与謝野晶子)」など貴重な作品20点などの資料2926点が大垣市へ寄贈された。
「みだれ髪」とは四曲屏風で文化勲章を受章した作品。

2001年に市守屋多々志美術館が開館。
守屋多々志氏は2003年12月22日に91歳で亡くなられた。

↓詳しくはYahoo!ニュースへ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050303-00000039-mailo-l21

183.めいめいさん、朝日新聞に与謝野晶子のコラム連載  
名前:しょうこ@管理人    日付:2005/02/16(水) 01:18
★めいめいさんより下記の告知をしていただきました!

朝日新聞・夕刊・文化面のコラム「こころの風景」欄に、
14日の昨日から3日間=3回の連載で、与謝野晶子や寛に
ついて拙文を書いています。

14日は、晶子の中年の歌に見る陰影について、でした。
15日は、晶子の短歌=情と、評論=理をつなぐものとして
の詩について。
16日は、寛(鉄幹)の没後70年に引き付けて、彼の晩年
の思いについて。

皆さんの中で、朝日新聞をお読みの方がいらっしゃったら、
ご笑覧ください。
夕刊のない地域は翌日の朝刊掲載だそうです。


→「自由掲示板」2005/02/15(Tue) 23:19 No.1312 より転載

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb