[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
つじおか.co.jpの掲示板にようこそ☆
念願の画像掲示板です。これはぜひみんなに見せたい!という画像をUPしてください。もちろん文字のみでのメッセージも歓迎です。ただし管理人が不適当と判断したものは削除します。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前 一覧
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





21444.日本語の常識カレンダーより 返信  引用 
名前:J-Medic    日付:2019年09月15日(日) 07時47分
『巷(ちまた)』…世間、世の中。「近頃、巷で評判の「ベストセラー」などと使う。

★ここが常識

道がいくつにも分かれているところを言う「道股(ちまた)」が転じたもの。

道の分岐点には多くの人が往来し、にぎわって町が出来ることから。

ーーーーーーー

「道股(ちまた)」は知りませんでした。



21445.「読めそうで読めない間違えやすい漢字」(出口宗和著)より
名前:J-Medic    日付:2019年09月15日(日) 08時55分
★誤読の定番 拾伍

箴言 断食 馘首 猊下 刃傷沙汰 揣摩臆測 端倪 順風満帆

会者定離 大山鳴動 運否天賦

ーーーーーーー

『箴言』…しんげん…戒めの言葉、格言 

『馘首』…首を切る。解雇。「馘」は耳を切る。転じて首切り。

『猊下』… げいか…高僧の敬称。僧侶に送る書状の脇付に用いる語。

『刃傷沙汰』…刃物による殺傷事件。「刃」をニンと読むのは呉音、ジンと読むのは漢音

『揣摩臆測』…しまおくそく…勝手に想像する。当て推量。「揣摩(しま)」は推し量る。 

『端倪』… たんげい…物事の始めと終わり。「端」は始め、糸口。「倪」は果て。…使い方:「端倪すべからざる才」(すべてに秀でている)

『運否天賦』…うんぷてんぷ…人の運不運は天のなせるところ。運を転に任せる。

ーーーーーー

二文字のときも危なかったのに、四文字になった途端、お手上げ状態。

この中で一番わからなかったのが、「端倪」しかもその利用例の「端倪すべからざる才」がすっと理解できない。

「端倪すべからざる才」でネット検索してみましたーーーーー

はじめから終わりまでを安易に推し量るべきでない、推測が及ばない、計り知れない→そういう才能、という意味なのでしょう。

21443.「読めそうで読めない間違えやすい漢字」(出口宗和著)より 返信  引用 
名前:J-Medic    日付:2019年09月14日(土) 07時37分
★誤読の定番 拾肆

寸胴 慚愧 懊悩 黄泉 団塊 暢気 嗚咽 煩悩 寸借 火宅 下野

調伏 弥縫 稗史 哄笑

ーーーー

『寸胴』…ずんどう…意味はB85W85H くびれなし。(この85という数字はどこからでてくるのだろう。)


『慚愧』…ざんき…どちらの文字も「恥じ入る事」…使い方:「慚愧に耐えない」


『寸借』…ちょっと借りる。


『火宅』…かたく…家が燃えている不安な状態。仏教用語だと「この世」「煩悩」


『下野』…げや…官を辞す…野は中央の反対。…使い方:西郷は征韓論で下野した。


『調伏』…ちょうぶく…仏法を持って説き伏せる。怨敵を呪い殺す。


『弥縫』…びほう…失敗を取り繕う。「弥」はあまねく。つぎはぎ。…使い方:弥縫の策でしのぐ。


『稗史』…はいし…民間の記録、物語。正史の反対。…「稗」はひえ。その小さい種。


『哄笑』…こうしょう…大笑い。高笑い。はやし立てる。…使い方:「哄笑が遠く聞こえた。」

21439.「読めそうで読めない間違えやすい漢字」(出口宗和著)より 返信  引用 
名前:J-Medic    日付:2019年09月13日(金) 08時01分
★誤読の定番 拾参

教唆 仕業 許嫁 潤沢 白眉 漁火 浚渫 手前 怯懦 凋落 衷心

恬淡 稀有 時化 鍍金

ーーーーーー

『教唆』…きょうさ…けしかける (読みも意味もしらなかった)


『許嫁』…いいなずけ…婚約者 (すぐに読めなかった)



『漁火』…いさりび…火で魚介を集める漁。いさるはイザルの意。


『浚渫』…しゅんせつ…水底の土砂や泥をさらう。


『怯懦』…きょうだ…小心でずるい。


『凋落』…ちょうらく…落ちぶれる、衰える。



『恬淡』…てんたん…やすらかで無欲。「恬」はやすらか。…使い方:「地位に恬淡と」


『鍍金』…めっき…金属の表層を他の物質で覆う。滅金の転。

ーーーー

だんだん読めない、意味が分からない、という言葉が増えていきますのぉ。



21440.Re: 「読めそうで読めない間違えやすい漢字」(出口宗和著)より
名前:しーちゃん    日付:2019年09月13日(金) 14時22分
Original Size: 425 x 319, 18KB Original Size: 425 x 319, 20KB

教唆  潤沢 白眉  浚渫 手前 怯懦 凋落 衷心

恬淡 稀有 時化 鍍金

皆読めないです。

昨日の昼食は和蕎麦と切り干し大根甘酢和えで
夕食はゴーヤはいつもと変えてカレー味にしました。
まあまあです。



21441.すみません、しーちゃん
名前:J-Medic    日付:2019年09月14日(土) 06時26分
手前は「点前」の間違いでした。

「結構なお点前で‥」なんていいますでしょう。

茶道の主催者側の作法のことで、転じてお手並み、技量の事だそうです。

あと、私がかかなかったものとしては

潤沢…じゅんたく…うるおい有り余る

白眉…はくび…同類の中で抜きんでる。…語源:蜀の馬氏五兄弟でトップの馬良の眉が白かった。   

衷心…心より‥使い方「衷心より感謝」

稀有…けう…めったに。まれにある不思議なこと。

時化…しけ…暴風で海があれる。転じて不景気、調子が悪い。…使い方「ここんとこしけてる」(なんとこの時の「しけ」は「時化」ですか!)


もうすでにお調べだろうとは思いましたが、お節介にも書きました。

だんだん読めない、もしくは意味の分からない感じが増えて生きそうですので、私が読みや意味を各熟語も増えて生きそうです。 

 


21442.すみません
名前:J-Medic    日付:2019年09月14日(土) 06時25分
お料理の事書くの忘れています。

>和蕎麦と切り干し大根甘酢和え

甘酢和えというの面白いですね。

>夕食はゴーヤはいつもと変えてカレー味にしました。

きっとゴーヤはしーちゃんのいつものお味の方が美味しかったのでは?

21438.「読めそうで読めない間違えやすい漢字」(出口宗和著)より 返信  引用 
名前:J-Medic    日付:2019年09月12日(木) 07時34分
★誤読の定番 拾弐

求道 頒価 灰汁 溌剌 貪婪 律儀 健気 生粋 総帥 戯作 如才 

碩学 夜叉 訥弁 御大

ーーーーーー

『求道』…ぐどう…仏の道を求める。心理の追及。


『頒価』…はんか…商品としてではなく広く配るときに値。


『灰汁』…あく…灰の上澄み液。植物のえぐみ。人の個性。


『貪婪』…どんらん…あくなき欲望


『生粋』…まじりけがない。


『碩学』…せきがく…大学者。物知り。秀才。‥碩は「大きい、詰まっている」の意…使い道:五山の碩学(これの意味が良くわからない。検索すると「手当をうける」という言葉が出て来るが、その意味が分からん。)


『訥弁』…とつべん…口ごもる。会話が下手。能弁の反対語。

自分の事なのに読めないなんてね。

朴訥(ぼくとつ:かざりっけがなく実直で素朴なこと。→これは間違いなく私です。これは読めました。)

21437.日本語の常識カレンダーより 返信  引用 
名前:J-Medic    日付:2019年09月12日(木) 07時00分
『おやつ』…おもに午後に食べる間食。

★ここが常識

元来は「お八つ」。

昔の時刻の「八つ時」の事で、今の時刻では午後二時ごろ。

この時間帯に間食をしていたことから。

ーーー

これはまあ、教えていただかなくてもわかっていたことで・・・

21434.Wed.Sep. 11th, 2019 cooking for self health:なんと3日分 返信  引用 
名前:J-Medic    日付:2019年09月11日(水) 19時11分
Original Size: 431 x 286, 36KB Original Size: 444 x 280, 36KB Original Size: 510 x 287, 37KB

こちらの掲示板も忙しくなってきてうっかりすると料理のことがお留守になってしまいます。

でも、毎日作っていますからね。



21435.Re: Wed.Sep. 11th, 2019 cooking for self health:なんと3日分
名前:しーちゃん    日付:2019年09月11日(水) 23時17分
Original Size: 425 x 319, 16KB

帰ってきました。
長女の家へ出かけた午後には豪雨と雷に会いましたが、傘持っててよかったです。

レンチンもやしと、切り干し大根とキュウリと蒸しチキンを
甘酢で和えて、持参しました。ほかにひじき煮物も。
長女の家では、豆腐ハンバーグとお味噌汁を作りました。
切り干し大根の甘酢和えが好評でした。

写真では切り干しとひじき煮物しか写っていませんが。
しかも見えにくくてすみません。
レンチンもやしは利用範囲が広くて、これからも使います。



21436.Re: Wed.Sep. 11th, 2019 cooking for self health:なんと3日分
名前:J-Medic    日付:2019年09月12日(木) 06時09分
>レンチンもやしと、切り干し大根とキュウリと蒸しチキンを
甘酢で和えて、持参しました。ほかにひじき煮物も。

切干大根はさっと洗って絞るだけでしたっけ?

こんど生協で買ってみようかな?

>長女の家では、豆腐ハンバーグとお味噌汁を作りました。
切り干し大根の甘酢和えが好評でした。

豆腐ハンバーグはもう十八番ですね。

豆腐の水切りなど下処理にも手間がかかるお料理なのに、きっと段取りなど手際がよろしいのでしょうね。

私はついつい全部使っちゃうので、レンチンモヤシ状態で保存している暇がないというか・・・

お疲れ様でございました。

21429.日本語の常識カレンダーより 返信  引用 
名前:J-Medic    日付:2019年09月10日(火) 06時33分
『相槌』…相手の調子に合わせてする受け答え。

★ここが常識

鍛冶(かじ)が刀などを鍛(きた)える際。師のうつ槌のテンポをつかんで、その合間に弟子が槌を打ったことから出た言葉。

ーーーーーー

これはまあ知っていたことです。



21430.「読めそうで読めない間違えやすい漢字」(出口宗和著)より
名前:J-Medic    日付:2019年09月10日(火) 07時02分
★誤読の定番 拾(やれやれやっとおなじみの文字が出てきました。

     復習しておきましょうか、壱弐参肆伍陸漆捌玖そして拾)

権現 赤銅 日和 狼煙 憔悴 福音 築地 補填 防人 呂律 斟酌

漸次 遊山 出来する 白湯

ーーーー

『権現』…ごんげん…仏が化身して神となる。(こういう意味だったんだ)

『赤銅』…しゃくどう…銅に金銀を少量混ぜた合金(この意味を知りませんでした。)

『狼煙』…のろし…敵の来襲を知らせる煙‥煙を直情させるため狼のフンをくべたという。(ほんと?オオカミが多かったという事?) 

『築地』…ついじ…築泥(つきひじ)の転。土塀の上に屋根をふいたもの。(この意味は全く知らなかったです。)


『呂律』…ろれつ…言葉、会話の調子。リョリツの転。(これだけで「言葉」の意味があるんだ)


『斟酌』…しんしゃく…相手の心情を思いはかる。斟は「くむ」…つかいかた「そこを斟酌して」


『漸次』…ぜんじ…徐々に進む。だんだん…使い方「東漸(だんだん東へ進み移る事)

暫時(ざんじ)と必ず間違う、と書いてある。暫時は「しばらく」。

ーーーーーー

今回は読めるけれど意味がはっきりわからんというものが多いでした。

『白湯』


21431.Re: 日本語の常識カレンダーより
名前:しーちゃん    日付:2019年09月10日(火) 22時54分
しゅったい、しゅつらいと読むって知らなかったです。
事件が起きる、成就するの意味です。

さゆ、水を沸騰させてから50度くらいに冷まして飲むといいそうです。


和風ピクルスですが
カボチャは皮むいて薄切り、ふんわりラップで600W2分、枝豆とミックス豆、切昆布

削り節1パックを煮たてる、酢1/4カップ、砂糖大匙2、白だし大匙1を
カボチャや豆に注いで冷ます。


レンチンもやしは、
ふんわりラップで600W、3分20秒かけてざっくり上下返して冷まして汁ごと
冷蔵庫です。


21433.Re: 日本語の常識カレンダーより
名前:J-Medic    日付:2019年09月11日(水) 07時49分
>しゅったい、しゅつらいと読むって知らなかったです。

これは古文書の勉強の時にいやというほど何度も出てきました。「しゅったい」ばかりでしたが。

>削り節1パックを煮たてる、酢1/4カップ、砂糖大匙2、白だし大匙1を
>カボチャや豆に注いで冷ます。

酢と砂糖と白だしですか。白だしってかなり塩からいですよね。だから塩を入れる代わりなのでしょうね。

>レンチンもやしは、
>ふんわりラップで600W、3分20秒かけてざっくり上下返して冷まして汁ごと冷蔵庫です。

3分20秒ですか、結構長いように思いますが、そんな程度ではモヤシのしゃっきり感は失われないのですね。

教えていただいてありがとうございます。

21432.「読めそうで読めない間違えやすい漢字」(出口宗和著)より 返信  引用 
名前:J-Medic    日付:2019年09月11日(水) 07時41分
★誤読の定番 拾壱

佇立 山車 猪口 発端 欠伸 細雪 十八番 剽軽 凄絶 三行半

界隈 無碍 木霊 訃報 心太

『佇立』…ちょりつ…一カ所に立つ。たたずむ。(漢字を見た通りの意味でいいのですね。)

『山車』…だし…祭神の代わり、ヤマ。(だんじり、山笠とも書いていますが、だんじりは地車と書くことが多いですが。)


『猪口』…ちょこ…さかづき


『剽軽』…ひょうきん…滑稽、おどけ(ひょうけいと読むと「軽くてすばしこい」という意味らしい)


『凄絶』…せいぜつ…とてつもなくすさまじい。(おそろしい意味でネガティブ。壮絶はネガティブな意味ではないらしい)


『無碍』…むげ…とらわれることがない。仏教用語としては「融通無碍、とらわれずどんなことでも対応できる。

(いい意味なんですね。なんとなくネガティブな意味かと思っていました。)

ーーーーー

本日はダブつくほどじかんがあるわけではないのにたくさん書く熟語がありました。

21428.ちょっと 返信  引用 
名前:J-Medic    日付:2019年09月09日(月) 07時16分
時間が無くなりました。

明日また日本語の勉強をします。

21424.「読めそうで読めない間違えやすい漢字」(出口宗和著)より 返信  引用 
名前:J-Medic    日付:2019年09月07日(土) 07時26分
★誤読の定番 捌(ハツ、ハチ、さばく、さばける)

       (なるほど 壱弐参肆伍陸漆 ときて ハチが 捌ですね)

懸想 縊死 会釈 獅子吼 雄渾 因業 柔和 従容 殺生 一見の客

強面 灰燼 衣鉢 固唾 快哉

ーーーー

『懸想』…けそう…異性に思いをかける。=横恋慕

(読めるのですが、横恋慕とイコールだということ知りませんでした。)


『縊死』…いし…刑事ものなら死因は他殺ではなく縊死。つまり自殺、それも首吊り。

(要するに刑事もの以外では使わない言葉なの?)


『獅子吼』…ししく…獅子が吠えるような威力のある説話。熱弁をふるう。

(初めて聞く、見る 言葉です。)


『雄渾』…ゆうこん…力強い、雄大。 渾は「すべて、全部」の意。

(この後半の意味を知りませんでした。)


『従容』…しょうよう…従(しょう)は漢音でゆったり、おちついたさま。…用法:従容として


『衣鉢』…いはつ…師匠から袈裟(衣)と鉢を受ける。後を継ぐ。

(これも読めますが、はっきりとした意味を知りませんでした。)



21425.Re: 「読めそうで読めない間違えやすい漢字」(出口宗和著)より
名前:しーちゃん    日付:2019年09月07日(土) 09時23分
Original Size: 414 x 252, 18KB

6日の分
無聊を託つ、ぶりょうをかこつは読めないですし知らなかったです。
すごい!PCはちゃんと変換してくれました。

懸想=けそう 縊死=いし  雄渾=ゆうこん  従容=しょうよう 
 灰燼=かいじん  快哉=かいさい
読めないです。
折り紙が完成した時は快哉です、まだ昨日のは出来てませんが。

今朝の食事です。
前日に作って味が馴染んだ、本多さんのカボチャマリネです。



21427.コメントありがとうございます。しーちゃん。
名前:J-Medic    日付:2019年09月08日(日) 07時45分
今さらながらの勉強で楽しいです。

漢検の勉強するよりきっと楽しいです。歴史の事がちらつくのが特に。

>今朝の食事です。

なんとおしゃれで美味しそうです。

>前日に作って味が馴染んだ、本多さんのカボチャマリネです。

それ、どうやって作るのか、私見たかなー・・・

本多さんの時途中からだったと思いますので、よろしければ次回お教えくださいませ。

21426.「読めそうで読めない間違えやすい漢字」(出口宗和著)より 返信  引用 
名前:J-Medic    日付:2019年09月08日(日) 07時40分
★誤読の定番 玖 (さて、九まできました。壱弐参肆伍陸漆捌玖)

散華 軽重 呵責 法度 所望 口吻 残滓 鷹揚 虚空 礼賛 吹聴

勤行 逆鱗 支度

ーーーーーー

『散華』…さんげ…仏の供養のため花を散布する。

(意味が分からなかった)

『軽重』…けいちょう…事の真価。重い軽いの判断。…鼎(かなえ)の軽重を問う。

(用途の例文のいみがわからん。:ネット検索より

〔「左氏伝宣公三年」より。

晋の景公を破って心のおごった楚の荘王が、無礼にも周の宝器たる九鼎の大小・軽重を問うた故事による〕

統治者を軽んじ、これを滅ぼして天下を取ろうとする。

人の実力を疑って、その地位をくつがえそうとする。

また、人の能力を疑う。ーーー

これは然し、現在において、どういう立場の人が使うべきなのだろうか。)

『口吻』…こうふん…くちぶり、言い方…使い方:慌てたような口吻で。


『残滓』…ざんし…残りかす。…使い方:封建時代の残滓。


『勤行』…ごんぎょう…仏の修行に努める。仏前で時を定め読経する。

(きんこうとか読んでしまいました。仏教用語は何かと難しいです。)

ーーーーー

また勉強させてもらいました。

21423.日本語の常識カレンダーより 返信  引用 
名前:J-Medic    日付:2019年09月07日(土) 07時02分
『月並み』…ありふれたものの形容。平凡なさま。

★ここが常識

もとは定期的に行う事。特に俳句などの月例会を「月並会」といった。

この伝統的な旧派の俳句を、正岡子規が「平凡だ」と批判したことから。

ーーーーーー

月並みって批判されることなのかな…?

人のまねをすることとはまた違うのではないでしょうか。

レベルが他の人たちと同じ程度と言う事なんじゃないかと思う。

月並みにすらピアノを弾けない私にとっては大いにあこがれる状態です。

いちおう来週一週間はピアノのビデオ撮りです。(もうすでに今週済まされた方もいらっしゃいますが。)

で、今までビデオ撮りが終わったらお渡ししていたプログラムがまだまったくできておりません。

中身担当の私自身、やっと気づいて「演奏順のクジ引き」を始めたぐらいです。

どうもいけません。

ちょっと深呼吸して心新たに進んでいきましょうかしら。

21422.Fri.Sep.6th, 2019 cooking for self health:Grilled eel and rice 返信  引用 
名前:J-Medic    日付:2019年09月06日(金) 12時27分
Original Size: 510 x 287, 34KB

最近ウナギライスの時はカットウナギが足りない。

刻み鰻は十分あるのだが。

一切れしかなかったので、ごぼてん天ならぬジャガイモ天をのっけて置いた。


21421.「読めそうで読めない間違えやすい漢字」(出口宗和著)より『 返信  引用 
名前:J-Medic    日付:2019年09月06日(金) 06時40分
★誤読の定番 漆 (壱 弐 参 肆 伍 陸 ときて、漆が七ですか。驚きます。こういう世界があったんだ。)

黒白 譴責 大地震 有職 狭間 功徳 常夏 行脚

角逐 鹿威し 開眼 建立 無聊 破綻 進捗

ーーーーーーー

『黒白』…こくびゃく…物事の是非、取捨、明暗…使い方:「黒白をつける。」

『譴責』…けんせき…「譴」はやる、行かせる。責任をとがめる。追求すること。…使い方:「譴責辞任」

(この場合は「とがめられて」、「追及されて」、辞任するということなのでしょうね。受け身にとらないと、話がややこしくなる)

時々ニュースで効くけれど、こういう字だとはまったく知らなかった。


『有職』…ゆうそく…官職、制度、典礼などの知識・

  意味もわかりにくい。

ーーーーーヒットしたサイトの一部をコピペさせていただきます。

そもそも「有職故実」とはどのような学問なのでしょうか。

有職故実の「有職」は博識であること、歴史、文学、朝廷の儀礼によく通じていることを意味し、「故実」は、同じく古(いにしえ)の事実、古例を意味します。

平安時代に朝廷の儀式典礼を行う場合、古の例に習い、その拠り所となる歴史的事実を故実といい、この故実に通じていることを有職といいました。

平安中期以降は、宮廷において官職の歴史を調べることが盛んになり、さらに日々、月ごと、季節ごとに行われる各儀式を作法に従って行うことが宮廷人の主な勤めとなり、有職故実は重要視されるようになりました。

その後、藤原基経の子で関白も務めた藤原忠平の執政期(10世紀前半)になると儀礼の基本形が確立しました。

忠平は父基経の知識、兄時平の説、勅命や外記日記を研究し、合理的な儀礼体系を作り上げていきました。

忠平は自身の日記「貞信公記」の中で朝廷儀礼や政務に関する記述を多く残しています。

彼の知識は口伝によって二人の子に受け継がれ、のちに兄実頼の小野宮流、弟師輔の九条流という宮廷儀礼を伝える流派が生まれました。

この頃の有職故実の知識は世襲化されて次の世代に伝えられていったのが特徴です。

(時平の名前が出てくると道真がその世界にいたということですよね。菅原道真も当然有職故実に通じていたようです。)


『角逐』…かくちく…角は競う、逐はチクでおいかける。互いに競争すること。


『鹿威し』…ししおどし(読める!と思ったのだが、よく見ると「?鹿?」となってしまった。)…鹿はシカだがこれをシシと読むから不思議。猪や鹿を追う装置


『開眼』…かいげん(かいがんは開眼手術などの場合)…仏教用語:かいげんは「大仏開眼」「開眼供養」など。


『無聊』…ぶりょう…聊はいささか。とりあえずやることなし。暇。退屈。

使い方に「無聊をかこつ」がありますが、「無聊を託つ」という漢字だとご存じだったでしょうか。無聊があるから「かこつ」と読めるだろうなと思いますが、なければ読めない。

日本語の勉強になるだけでなく、日本史の勉強にもなりますね、これ。

21416.日本語の常識カレンダーより 返信  引用 
名前:J-Medic    日付:2019年09月05日(木) 06時17分
『当てずっぽう』…勘にたよって事を行うこと。

★ここが常識

根拠なく推し量ることを「当て推量」といい、略して「あてずい」とも言った。

のち、これを擬人化して「当て推坊(あてすいぼう)」となり、それが促音化したものか。

ーーーー

まあ、はっきりわからんという意味でしょうけれど、当たらずしも遠からずという感じがする。

どっちかと言うと「当たって砕けろ」タイプなので、当てずっぽうが多い人生を送っているな、私は。



21417.「読めそうで読めない間違えやすい漢字」(出口宗和著)より
名前:J-Medic    日付:2019年09月05日(木) 06時54分
★誤読の定番 陸 (壱弐参肆伍陸 となっていくんですよね。)

回向 蛇行 合点 長閑 香具師 慮外 声色 愛敬 小兵 終の栖

手向け 隠忍 気質 生憎 杮おとし

ーーーー

『香具師』…やし、てきや…野師とも書く…縁日などの露店で粗製品を売る。寅さんの商売


『小兵』…こひょう…小さくて俊敏…小兵力士、兵法(ひょうほう)


『終の栖』…ついのすみか‥終生、一生、最後に住む場所=終の棲家(住処)


『隠忍』…いんにん…じっと我慢する…隠忍自重


『気質』…かたぎ…形木から転じた言葉…習慣習わし…職人気質


『杮おとし』…こけらおとし…舞台などの初興行…杮(こけら)はカンナ屑。これを払い落としてゴー。

ーーー

読めなかった字は一つだが、意味が「へーっ」と驚いたものも載せておく。

「気質」の意味が「習慣、習わし」ってご存知でした?「性質」と似た言葉かと思っていました。

でも、「形木」から転じた言葉、という説明で、そうだったのか!

日本語の勉強になります。


21418.Re: 日本語の常識カレンダーより
名前:しーちゃん    日付:2019年09月05日(木) 07時46分
4日の分では、はくやとどくせんじょうは意外!読み間違いしてました。

本日のは
慮外 りょがい読めないです。思いがけないや、無礼なことなんですね。
気質  かたぎなんですね。職人気質でわかりました。
柿おとし 柿がこけらですね、カンナくずって知らなかったです。


21420.コメントありがとうございます。しーちゃん
名前:J-Medic    日付:2019年09月05日(木) 18時34分
>はくやとどくせんじょう

ほんとほんと

びゃくや、どくだんじょう(?なんかへんだな、と思いながら)と読んでいました。

21419.Thu.Sep 5th 2019 cooking for self health:Roast : Fish dish 返信  引用 
名前:J-Medic    日付:2019年09月05日(木) 17時31分
Original Size: 510 x 287, 41KB

骨を取り除いてくれている魚料理ってほんと安心して食べられる。

ありがたいこと。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb