[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
磐境(いわさか)のまつり

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



453.サイトを拝見しました。 返信  引用 
名前:八神邦建    日付:2021/09/02(木) 02:40
砦の番人様。

 大変に長くがんばっておられますね。応援します。
 そのうち、何かメッセージをそちらにさせていただくかもしれません。  
    八神



454.Re: サイトを拝見しました。
名前:砦の番人    日付:2021/09/04(土) 21:30
今、ブログのコメントに気づきました。
メールを送らせて頂きました。m(_ _)m


455.Re: サイトを拝見しました。
名前:砦の番人    日付:2021/09/07(火) 01:35
届いていないとの事でしたので、送り直しました。

内容を読んだら、拍子抜けに感じられるかも知れませんが。

451.リンク貼りました。 返信  引用 
名前:砦の番人    日付:2021/08/27(金) 02:09
この掲示板を当サイトのリンク集に貼らせて頂きました。
http://resistance333.web.fc2.com/html/patriotism_web.html

以上お知らせまで。



452.Re: リンク貼りました。
名前:八神邦建    日付:2021/09/02(木) 02:28
砦の番人様。

ご連絡ありがとうございます。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

     八神

449.昭和の日をお祝い申し上げます。 返信  引用 
名前:八神邦建    日付:2021/05/04(火) 14:29
今上帝の皇祖考であらせられる昭和帝の御聖徳をたたえ、心よりお祝い申しげます。



450.Re: 昭和の日をお祝い申し上げます。
名前:八神邦建    日付:2021/05/04(火) 14:31
4/29の投稿タイトルが「唱和の日」でしたので、お詫びして訂正します。

446.エヴァンゲリオンについて 返信  引用 
名前:猫仙人    日付:2021/04/01(木) 23:11
お久しぶりです。
さて、26年続いた映画アニメのエヴァンゲリオン完結版を先日観てきました。
僕は青春時代に社交不安障害の対人恐怖症を克服した経験があったので、対人恐怖の主人公たちの心の成長に関して共感する部分がありました。でも、八神様のサバトを撃ての論文でこのアニメは悪魔崇拝的で危険とあります。気を付けた方がよろしいでしょうか?
「ハードロック・グループの《レッド・ツェッペリン》が出したあるレコードを、逆回しにかけると、そこに悪魔をたたえる声が聞こえるという話がある。この噂が本当なら、邪悪なサブリミナル効果を狙ったものというほかはない。 」とサバトを撃てにありますが、エヴァでも逆回しするとAI人工知能が人類を支配する予告などがサブリミナルシーンされており不気味でした。
反対に、エヴァンゲリオンの庵野監督の師匠が宮崎駿監督ですが、宮崎氏は八神さんが提示された神道アニメ「もののけ姫」や「千と千尋の神隠し」の作者でもあり、なんと皮肉な師弟関係かと思えました。



447.Re: エヴァンゲリオンについて
名前:八神邦建    日付:2021/04/03(土) 05:38
 おはようございます。このコロナ禍の中、どうしていらっしゃるかと気になっておりましたが、ご投稿いただきましてありがとうございます。御無事なようでなによりです。

 さて、エヴァンゲリオンなんですが、第一期のTV版は全話、リアルタイムで見てました。ずいぶん昔になっちゃいましたが(笑)
 最初は、私も評価してたんですが、庵野さんが最終回で絵コンテそのまま本放映みたいなことをやらかしてしまって以来、プロとしてどうなの?という疑念が私の中に生じて、以後、最初の映画版を見ていたく失望して以来、まったく見ていませんし、関心も持たないようにしています。

 これは、サタニズム云々以前の問題で、視聴者という客に対して、この結果はないだろうよ、という同じ創作家としての不信感によるものです。

 そもそも私は、イエスの生涯を小説化したいという目標がありまして、クリスチャンでもないのに、新約聖書の福音書を日常的に読んでいます。その「福音」の英語が「エヴァンジェル」ですから、エヴァンゲリオンは「福音主義者たち」みたいな日本語にも訳せるわけです。

 そういうことを常識にしている人間からすると、「このアニメのどこが福音書と関係あるんだよ」と、だんだんひややかな視線にもなりました。

 エヴァンゲリオンは、その内容について私見をいえば「中途半端なアダルトチルドレン表現と、キャラクターが成長を途中でやめちまう失望幻滅アニメ」という位置づけです。ひとことでいえば「一度は期待させといて、今更、これはないだろ?」という感じです。

 正直に申し上げれば、いまはサタニズムとかの思想的悪影響という心配はしていません。ただ、あのアニメから感じる不健康さや気持ち悪さやある種の引きこもり的傾向は、私の好きな「ガンダム」や「スタートレック」シリーズにはないものだと感じます。
 そういえば、最初期のエヴァンゲリオンのテレビ放映時には、当時の「オウム真理教」の一部の信者たちが、ものすごくはまりまくって、まだ現在ほどではなかったインターネット上でも、かなりの話題となったことを覚えています。
 むしろ、あの世界観とキャラクターの感情・言動に「病的共感」を覚えるファンがいるのは確かで、そちらの「悪影響」の方が気になります。
 結論からいえば、「病的共感を覚えなければ、一アニメとして視聴することに問題はないと思います」というのが、私の印象です。

 こうしてみると、サタニズムでも悪影響でも、基本は視聴者が「求めている」「共感したがっている」という前提があり、もっといってしまえば「洗脳されたがっている」「病的なまでに現実逃避したがっている」ひとたちが、はまってしまうのだと思っています。

 やはり、最後は「自分が何を求めているのか」ということに、日常的に自覚的であろうとすることが、悪影響や洗脳を避ける近道かと思います。

 宮崎さんに関しては、ナウシカとトトロ以外は評価していません、というか、「もののけ姫」と「千と千尋の神隠し」以後はほとんど見てません。なんというか、「千と千尋の神隠し」で感じたのですが、制作の視点が、コスモポリタニズムからみた日本という感覚が違和感を催しました。まるで、日本在住で日本に慣れた外国人監督が、日本を題材に欧米で人気を得る要素をチョイスして制作したような作品だと思っています。
 その証拠に、「千と千尋の・・・」の後半部には、アニメの「不思議の国のアリス」の影響が色濃く見て取れます。

 日本を題材にしても、宮崎アニメは「日本てすばらしいだろ?」じゃないように思います。むしろ、「欧米外国の皆さん、この作品をみれば、日本というエキゾチックな東洋神秘の雰囲気を楽しめるので、ぜひ見てください」という「国際市場に売り出し中」の看板が掲げられていたと思っています。最初から、それ狙いだったんだだろうなと。

 そういう意味では、「欧米外国人の目に、日本文化のどんなところがウケるか」というリサーチは、相当に綿密にやったんだろうなあと思います。まあ、商売としては上手です。

 私の感想は、そんなところです。あんまり神経質にならなくてもよいかと思います。敬神・尊皇・崇祖を忘れなければ、大丈夫です。


448.ナウシカ
名前:猫仙人    日付:2021/04/04(日) 08:38
>正直に申し上げれば、いまはサタニズムとかの思想的悪影響という心配はしていません。

安心しました。

>ただ、あのアニメから感じる不健康さや気持ち悪さやある種の引きこもり的傾向は、
>私の好きな「ガンダム」や「スタートレック」シリーズにはないものだと感じます。

初代ガンダムは爽やかです。
声優陣が多く死亡し鬼籍に入っているのが残念でなりません。
今でも青春の若々しいセーラ、ブライト、アムロ、シャア、フラウボウ、マチルダさんなどの
美声が耳に残っております。

>そういえば、最初期のエヴァンゲリオンのテレビ放映時には、当時の「オウム真理教」の
>一部の信者たちが、ものすごくはまりまくって、まだ現在ほどではなかったインターネット上でも、
>かなりの話題となったことを覚えています。
>むしろ、あの世界観とキャラクターの感情・言動に「病的共感」を覚えるファンがいるのは確かで、
>そちらの「悪影響」の方が気になります。
>結論からいえば、「病的共感を覚えなければ、一アニメとして視聴することに問題はないと思い
>ます」というのが、私の印象です。

オウムもエヴァ.Windows95時代も過去歴史になってしまいました。
オウムの後継団体が不気味ではありますが。。
鬼滅の刃(神道.特攻隊.大和的アニメ映画)と同じでエンターテインメントとして楽しむだけで良い、
それ以上を期待しないです。
エヴァンゲリオンに病的に共感するのではなく一エンターテインメントとして鑑賞するだけにしております。

>宮崎さんに関しては、ナウシカとトトロ以外は評価していません

ナウシカは凄かったです。もう、あのレベルのアニメは100年は新出しないでしょう。
宮崎監督の絶頂期のアニメでした。後のアニメは確かに商業的です。
ナウシカは小学生の頃に同級生に勧められてハマりましたが、映画よりも続編漫画版全7巻が
皇帝、宗教、霊魂、戦争、哲学といった色が濃く、僕の新興宗教遍歴と最終的には神道への架け橋になった事に関して
勉強になり感謝しております。 

444.神いますがごとくに仕えまつれ 返信  引用 
名前:八神邦建    日付:2021/03/23(火) 05:55
三十年ほど前の、ある二人の古神道家の対談の載っている本を読んだ。
その対談を読んで、神道家の発言とは思えない発言があってたまげた。
「神いますがごとくに仕えまつれ」という明治期からの教えを、「神はいるかいないかわからないけれど、いると想定して国家のために神事を行え」という教えだと、否定的にとらえていた。

私にはとても信じられない曲解的見解です。
「神いますがごとくに仕えまつれ」というのは「神は目に見えないけれども、神社に降臨せられて、そこにいらっしゃるのである。それを確信してご奉仕申し上げよ」ということだと思います。

なにをどう誤解したら「神はいないけど、いると想定して仕えよ」というような見解になるのか。本当に神道家かと疑います。
まあ、神道家ならいいんですが、「古神道家」を名乗る人たちは、どうもこのような既存の神道に好んで異を唱えて否定し、自分たちこそ本物の神道をやっていると宣伝したがる向きがあるようです。

そういうのは、私は信用しません。



445.「神いますがごとくに仕えまつれ」の出典
名前:八神邦建    日付:2021/03/26(金) 00:16
 ひょんなことから、易聖の高島嘉右衛門(呑象)先生の本に、出典を示す一文があるのに気づきました。
 正しくは、明治期の神道の教えではなく、『論語』の教えでした。
 孔子様が、ご自分の神を敬うときの態度を、こう述べていらっしゃいます。
「祭ること在(い)ますがごとくす。神を祭ること、神在(い)ますがごとくす」(論語・八イツ)
私も論語を何度か読んでいるのに忘れていたので、人のことはいえません。
しかしながら、先の二人の古神道家は、この孔子先生のお言葉さえも誤解曲解していたことになります。お粗末すぎます。

443.天長節をお祝い申し上げます。 返信  引用 
名前:八神邦建    日付:2021/02/23(火) 23:12
天皇陛下、万歳。

442.靖国神社にお参りしました。 返信  引用 
名前:八神邦建    日付:2020/08/16(日) 12:36
 昨日、例年通り、靖国神社に参拝しました。猛暑なので午後遅くに参りました。コロナ防止の間隔維持で、すごく長い6列縦隊をつくり、参拝まで1時間ほどかかりました。
 黒スーツで正装の若い人たちがいましたが、この暑いのに、お疲れ様ですと思いました。売店のコーナーもきれいな建物になっていて、整備が進んで様変わりしていました。
 鳥居や門の前で一礼して出入りする方々が多くて、なんだかうれしくなりました。

433.テレビ番組の神職の発言に違和感 返信  引用 
名前:八神邦建    日付:2020/05/08(金) 01:51
 テレビで『ごりやくさん』という全国の有名神社を紹介する好きな番組がある。今日は、特集のようでいろいろな神社を駆け足で説明していて興味深い内容だった。

 その中で、一点気になったことがある。

 和歌山の「日前国懸神宮」の宮司さんが、神社の由来を語るときに、「天照大御神」のことを「アマテラスオオカミ」と「ミ」の尊称をぬいたご神名を繰り返したのだ。

 確かに、日本書紀には「天照大神」と記されてはいるが、この訓は江戸時代の本居宣長先生の時代から、ずっと「アマテラスオオミカミ」であり、日本の皇祖神・最高神として唯一「オオミカミ」という最高尊称でお呼びするのが通例である。

 神職が、しかも公共のテレビ電波で、そのような最高尊称を欠いた発言をしたことには、大きな違和感を覚えた。

 もちろん「オオカミ」でも尊称ではあるけれども最高尊称ではない。
 日前神宮は、もちろん八咫鏡の先触れとしてつくられた同列とされる神鏡に由来するお社ではあるけれども、なんだかオオミカミと皆がお呼びするご神名を、わざと最高尊称をはぶいているような感じがした。

「自分たちの神社の神は、天照大神と同列だから最高尊称で、呼ばなくてもよい」というような作為を感じて、気分がよくなかった。

 もちろん、日前宮の独自の伝統としきたりで「アマテラスオオカミとお呼びせねばならない」という決まり事があるというのであれば別だが、そんなことは日前宮の資料には見当たらない。

 日前神宮の起源である御神鏡は、たしかに「天照大神前霊」とも呼ばれるが、これを「アマテラスオオカミ前霊」とお呼びするのが正式とは思われない。

 宮司の方の人間心で、お仕えしている神宮のご祭神を、神から命じられたわけでもないのに、勝手に忖度してひいきして呼称されているのではないかと、あらぬ疑いまで脳裡をかすめてしまったほどだ。
 だいたい、日前国懸神宮の公式サイトでも「天照大御神」とちゃんと最高尊称で書いてある。これは一体どういう事なんだろうか?

 どなたか、このことについて正しい伝承をご存じの方は、お教えください。

日前国懸神宮公式サイト
http://www.hinokuma-jingu.com/jingu.html
 



441.日前神社の神職の発言の理由がわかりました。
名前:八神邦建    日付:2020/07/10(金) 15:14
 日前(ひのくま)神社の神職さんが、なぜ「アマテラスオオカミ」とおっしゃったのか、理由がわかりました。

 このお社の御祭神の御鏡については、記紀には記述がなく、記紀に次ぐ神典である『古語拾遺』に記載があります、著者は忌部広成で、記紀に漏れた神話伝承をまとめて献上したものです。

 この古語拾遺の中で、「アマテラスオオカミ」という読み仮名がつけられているのです。岩波文庫版でも大倉精神文化研究所版でも、どちらもそういう読み仮名でしたから、原文もそう読むわけです。

 なるほど、その神職さんは、自分のところの御祭神が載っている古語拾遺に忠実たらんとして、そうおっしゃったのだとわかりました。

 しかし、全国のテレビに映ることを考え、視聴者のほとんどが古語拾遺のことを知らないという事実に配慮すべきではなかったかと思わざるを得ません。

 一視聴者としては、古語拾遺にこだわるあまり、かたくなにすぎるのではないかという印象です。


 

439.神話と皇室に愚かな見解を持つ人々1 返信  引用 
名前:八神邦建    日付:2020/06/20(土) 00:44
 猫仙人さんの明治天皇すりかえ説の話題にお答えしてから、こういったいらざる疑念を皇室崇敬者に抱かせる不逞の輩の各種について、私の思うところをいちど、きちんとコメントしておこうと思います。

 まず、大国主命が天孫に「国譲り」したという神話について、学者などは「実際は出雲王朝と天皇族との間に権力闘争があって、天皇族が出雲王朝を征服した」というような、神話にない説を堂々と唱えているパターン。
 このパターンに対し、私は次の一事をもって「きみたち何もわかってないね」と指摘します。
 慶応3年(1867年)徳川慶喜が、天皇に大政を奉還申し上げた史実、これまさに「国譲り」の再現です。神話で書かれた事実が、二千年以上の時を隔てて歴史的事象として現れたのが大政奉還です。
 大政奉還が実現したことによって、過去にも出雲と天孫の神々の間で同様の出来事があったと推察できます。
 これが学者たちにわからないのは、神々の実在と、神々が神話で約束された神勅(天壌無窮)が現在も守られているという事実性の認識と、両方への敬神尊皇崇祖の信仰心がない証拠です。
 そもそも、日本の神話時代のことを、あたかも支那の春秋戦国時代以降の権力闘争の歴史と同類に考えていることが大きな錯誤です。支那でも神話時代は、三皇五帝の聖王・大神仙に統治されていたとあります。
 日本の歴代天皇は、その支那神話の聖王にごく近い所にましますということが、どうしてわからないのかと思うのですが、「自分は頭がいい」と思い込みたい学者さんは、なかなか形而上的認識がお嫌いなようです。



440. 神話と皇室に愚かな見解を持つ人々2
名前:八神邦建    日付:2020/06/21(日) 16:02
 古事記・日本書紀あわせて「記紀」と略しますが、この記紀神話の研究者の間で、戦後「欠史八代」という説が大手を振ってまかり通っています。
 これは、歴代天皇のうち、神武天皇の次の綏靖帝から九代目開化帝までの八代の天皇は実在せず、十代目の崇神天皇から実在する系譜だとするものです。
 論拠は、その八代について、他の歴代帝と比べて系譜に具体的なことが書かれていないということのようです。それだけの理由で、実在しない系譜を創作して挿入したとするものです。私にしてみれば、臆説に等しい説だと思っています。
 日本書紀編纂に影響を与えた支那の「史記」からはじまる二十四正史と呼ばれる各王朝ごとの史書には、創作や捏造を加えているという評価はなされていません。お手本の支那の史書でさえそうなのに、なんのいわれがあって八代の天皇を創作する必要があるのでしょうか。
 これは、支那中国は正しいが、もともと遅れた文明だった日本は、焦って天皇家の権威をかさ上げするためにやったというような、学問の形をとった自虐史観ではないかと思えてなりません。
 支那に見せても恥ずかしくない正史として、舎人親王という皇族が中心となった国家事業の国史編纂に、自分たちの祖先でもある初期天皇八代を捏造して箔づけしたなどと、どうしてそのような卑しい憶測ができるのか、まったく理解に苦しみます。
 都合の悪い所は捏造してでも埋めてしまえと、天皇皇室は最高権力者なのだから、そう決めたにちがいないと、まさに下種の勘繰りとしか思えない「欠史八代説」です。
 国と民を最優先にする皇室の伝統を、まったくわかっていない説です。その説を支持する学者たちは、国家事業としての国史編纂ということの重大さがわかっていないようです。日本の国家王朝の威信をかけて、その編纂には皇祖神に祈願したであろうし、祖先の歴代天皇にも奉告されたはずです。その中に、いもしない祖先の名を連ねるなどあるはずがないのです。
 個人の家でも、墓地で自分の家の家格と伝統を大きく見せるために、いもしない架空の先祖の名前を墓碑銘に彫り付けるなどという大バカ者がいるでしょうか。
「欠史八代説」を唱える学者たちは、皇室がそういった大バカ者とおなじだといっているのです。
 まったく不敬にもほどがあります。

 


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb