[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
茄ー子の窓 掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



6596.元気にしています!  
名前:たけのこひよこ    日付:2016/03/28(月) 10:30
お久しぶりです。
たけのこひよこです。

看護師になって10年以上経ちました。
大学病院、離島の病院と渡り歩き、現在は地元の市中病院で勤務しています。嫁に行き、こどもが生まれ、現在は育児休暇中です。後半年ほどで復職します。頑張ります!

6595.クチコミ  
名前:まりか    日付:2015/10/08(木) 11:31
最近のクチコミは業者が暗躍しているようですね
http://jravan.anime-japan.net/

6593.ブログ  
名前:まき    日付:2014/05/13(火) 08:52
OL日記ブログって需要ありますかねえ。
ちびちび更新していこうと思います。
http://blog.goo.ne.jp/rakutenkeiba

6592.もうひとつの掲示板は  
名前:まみ@    日付:2012/01/08(日) 17:49
あらま 密かに書き込みが。(^^;
ありがとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。
もうひとつは↓ です。

http://8419.teacup.com/nasumado/bbs?OF=0&

6591.久々にupしました。  
名前:warayane    日付:2011/11/22(火) 13:44
NEW 患者さんと看護師のちょっといい関係

です。全くの駄文です。 長いです。

まみ@さんへ   もう一つの掲示板のアドレス教えてください
http://wwwb.pikara.ne.jp/warayane/index.html

6589.とまとさん 書き込みありがとうございます!  
名前:まみ@    日付:2011/02/11(金) 21:12
陰のかんにりん まみ@です。

検索してまでここにたどりついていただき、本当にありがとうございます。
sumieにかわりまして お礼申し上げます。

皆様に愛されて、大事な意見交換の場ともなっていました茄ー子の窓でございますが、無料サーバーをレンタルしていたこともあり、そこのサーバーがHPを置く場所のレンタルを 終了してしまったため、そのまま自動的に消えてしまいました。(HPの元は、私のPCに大事にとっておいてあります)


sumieも心機一転、新しい立場になっていることもあり、一旦HPの方はそのまま閉じさせていただいている状態です。

掲示板だけは、この通り、違うところをレンタルしてリンクしていましたので残っている次第でございます。

ここだけはこのように動きますので、荒れないように時折見回りをしています。

もしかしたら何かのお役に立つかも??

6588.(untitled)  
名前:とまと    日付:2011/02/01(火) 21:01
寒いですね。
皆さんの所は雪とか大丈夫でしょうか?

久しぶりに覗いてみたらホームページが消えていて
ビックリして検索してここだけ見つけました。
夏の書き込みが最後のようですが
ここはまだ活きていますか?
それともどこかに移られたのでしょうか?

いつも拝見するだけでしたが
みなさんの書き込みにはいつも考えさせられていたので
是非どこかで続いているならそちらにも伺いたいのですが。
とりあえずここが活きていることを願って
取り急ぎ書き込みさせていただきました。

6587.茄ー子の窓の終了のおしらせ  
名前:sumie    日付:2011/01/01(土) 06:53
新年になりました。

長いこと、かきこみをせずにすみません。
いろいろな方の反響をいただきながら、
HPでの活動を約10年続けてきましたが、
このたび、サイトのスペース借用会社が、HP全体を閉じたことを契機に
茄ー子の窓 のサイトそのものを閉じることといたしました。

いつかまた、ブログなどで復活するかもしれませんが、
長いこと、いらしてくださった皆様

本当にありがとうございました。


では、またいつか。

さようなら

6586.warayaneさんとこもですか〜  
名前:まみ@    日付:2010/11/10(水) 20:37
やられましたか〜!
ほんと!寂しいですわねえ〜(;;

6585.大変だァ  
名前:warayane    日付:2010/11/09(火) 11:33
まみ@さん うちもinfoseekを使っていたのでみごとになくなりました。ソフトもないのでどうしょう !
http://wwwb.pikara.ne.jp/warayane/

6584.皆様へ  
名前:まみ@    日付:2010/11/03(水) 21:28
すみません!

このたびHPを置いていた infoseek というサービスが11月にはいり、サービス停止してました。
掲示板は違うサービスを使っていたので生き残っていました。

把握していなくて本当にすみません。

今後HPの引っ越し先について、早急にsumieと相談いたします。

6583.はじめまして  
名前:3年目看護師    日付:2010/10/25(月) 15:01
今回看護事例検討を行うにあたり、sumieさんのHpを拝見させていただき、参考にさせていただきました。
sumieさんの文章は優しい言葉で書かれているので非常にわかりやすく参考になりました。
今後も拝見させていただきたいと思っています。

6582.爪ケア事件  
名前:conasu    日付:2010/09/22(水) 00:07
Sumieの書き込みを見て、さすがだなと感動しました。
やっぱり、看護ケアの専門家(プロフェッショナル)だと思いました。

いろいろ看護界、医療界に課題はあるようですが、
仲間たちとますます頑張っていかれることでしょう。
応援しています!

6581.みんないる〜♪  
名前:あくび    日付:2010/09/18(土) 17:41
sumieさん。
新しい旅立ち、おめでとうございます。

>余儀なくされている命のともしびの尽きるその瞬間まで、
少しでも、その人が尊い存在として生き続けられるように支えていたいと思っています。

この言葉が示す本当の意味を、私は母の死を経験したことで実感しました。
本当にそうだと思います。
そして、うまく言えないんですが、人間は、「生きる」ということに意味を見出す生き物なんだとも思いました。


たまさん。
気持ちを受け止めてくれて、ありがとうございます。

久しぶりに書き込んだあとに、sumieさんが登場してくれて、そしたら、常連の皆さんが、あれよあれよと顔を出す。
あ〜。
ここの暖かさは変わらないなぁ〜と思いました。

私も、ときど〜きはのぞいているので、またワイワイを見つけたらお邪魔しますね。

6580.爪ケア事件  
名前:sumie    日付:2010/09/18(土) 08:40
sumie@京都出張中です。

warayaneさん、タローさん、conasu、たまちゃん、書き込みありがとうー。

おととい、京都に向かう新幹線のテロップで、
無罪の報道をみたときは、涙が浮かびました。

この事件については、
先月開かれた日本看護管理学会で、
まだ、判決前だったにも関わらず、
裁判の争点やそこから学ぶことなどについて弁護士側からの知見ということで、慎重な言動に気をつけながらの報告がありました。

私自身は、この事件の弁護側の活動をしている人と
直接的な親しい交流があります。
判決当日も、被告とされた上田さんとともに涙したという
距離感の方です。
なので、いろいろな情報をもっています。
が、責任をもって書くことができる
データと今、直接のアクセスが難しいので、
それはまた、折に触れて情報発信していきます。

各報道機関の事件のタイトルが異なっているので、
そのことでもいろいろなことを感じます。

私は、「爪ケア事件」と呼びたいと思います。
それは、この事件で
「傷害罪」に問われた行為が、
正当で妥当な「看護行為」だと認められたことを重視するということと
こうした
正当で妥当な看護行為だとしても、
報告・記録というものに不備があったことに警鐘が鳴らされた事件であったということを重くみての表現です。

福岡地裁の裁判のときにも
正当で妥当な看護行為だっといえるが、
悪意があったので傷害罪だと判断されたとのことです。

そして、今回の高裁では、悪意があったという自白が
拘束中の過酷な状況の中で行われたもので証拠といえないと
されたのだと理解しています。

ただ、事件の真相がどうであったにせよ、
1.病院という組織が、職員である看護師を訴えることがあるということが実証された事件であること。
2.看護師が、プロとして、確かな知識と技術をもって、適切な看護行為をしたとしても、患者や代理意思決定者への説明と同意が十分になされたという根拠が不明瞭であったり、適切な看護記録がなかったり、周囲の職員への報告が不十分だったりすれば、「法的」な罪とされることがおこりうるということがわかった事件であったこと。

このことは確認できると思います。

私たち看護職は、ひとつひとつの看護行為に、
明確な責任をもつ有資格者であることを、肝に銘じなければなりません。


ただ、私にとっては、
病院という組織が、その職員である看護師を訴えることがあるということです。このことについては、看護協会も看護管理学会も言及していませんが、私としては、看護師長である被告を、その上司である
看護部門の責任者が守っていないということの背景に
看護管理者の課題があると思います。

この点は、事件の争点ではない、看護管理者の地位や権限や能力等について論争することになるので、看護管理学会や、看護協会が言及することはできないと思います。

でも、一人の看護職としての私は、
看護師一人ひとりが、
個人として、きっちり責任をもてる覚悟が必要だなと
つくづく思いました。

とりあえず、下記の記事をご参照ください。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100916-00000335-yom-soci
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02847_04
http://janap.umin.ac.jp/pdf/2010_0125_1.pdf#search='爪 日本看護管理学会'
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100916-00000003-cbn-soci

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb