[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
あかげっと便り伝言板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





22863.恋は紅いバラ♪ 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2022年01月18日(火) 14時31分
Original Size: 560 x 538, 149KB

♪I love you ,Yes l do .愛しているよと 君に言いたくて そのくせ怖いのさ♪などと加山の雄ちゃんが唄っておりましたが、♪君に 今度 会うまでに 磨いておこうね その腕前を〜♪なんてところでしょうか。M.N


22862.小正月の朝 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2022年01月17日(月) 09時40分
Original Size: 526 x 701, 79KB

小正月の朝、正月の平安に感謝を込めて、一年の家内安全を祈念して、我が家流の
「どんと焼き」を行った。え、まるでゴミ焼却みたい?いえいえいえ、「お気持ち」が
全然ちがいます。
※この手の風習や行事に基づく小規模な焼却は、法律でも、慣習的にも、世間一般に
認められています。M.N


22861.覆された宝石 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2022年01月14日(金) 10時16分
Original Size: 650 x 450, 73KB

冬の夜空から、和名「すばる」でおなじみの、M45プレアデス星団。この時期だと、
ほぼ天頂付近に、まるで宝石箱をひっくり返したみたいに輝いている。M.N


22860.キミへのプレゼント 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2022年01月11日(火) 09時54分
Original Size: 400 x 533, 61KB Original Size: 400 x 533, 62KB Original Size: 400 x 533, 61KB

わがチビ太(ダイハツネイキッド)のバッテリーが、この冬からヘタリ気味で、
直結して始動したりしていたんだけど、先日の雪の日に遂にダウン。ちょうど、
僕の誕生日でもあったので、新しいのに交換してあげることにした(関係あるのか?)。

@プラスとマイナスを確認して端子を外す(マイナスから)。A取り付け金具を
ゆるめて、古いのを取り出す。B新しいのをセットして、しっかりと固定する。
※以前のものはだいぶんお疲れのご様子で、ウインカーやパワーウインドウの作動毎に
アイドリングが不安定になっていたけれど、これですっかり解消した。M.N


22859.輝く星座に潜む星雲 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2022年01月04日(火) 10時05分
Original Size: 999 x 640, 159KB

2022年あけましておめでとうございます。本年も、どーぞよろしくお願いいたします。
ということで、新年の第一報はこの冬の夜空。この季節に一番目立つ星座「オリオン」に
潜む星雲たち。
左上から燃える木星雲、その右下に馬頭星雲、画面右下にはオリオン大星雲。M.N


22857.珍客あらわる! 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年12月24日(金) 09時44分
Original Size: 526 x 701, 105KB

自宅前の路地をはさんだ向かい側の家は、長い間空き家(ほぼ廃屋)になっていて、
近所やウチのネコたちの格好の遊び(ケンカ)場所になっている…と思っていたら、
ビックリするような住民も出入りしているのを目撃した。

なんと2匹のタヌキが、温かな日差しの中で日光浴していたのだ。写真だけ撮って
そっと離れたけれど、10分後に行ってみたら、もういなくなっていた。一年くらい前
にはアライグマも自宅のデッキに来ていたし、うん、ウチの住宅地もなかなかヤルもんだ。M.N



22858.Re: 珍客あらわる!
名前:編集長M.N    日付:2021年12月24日(金) 09時46分
写真だとわかりにくいけれど、黒い桟の真ん中、赤茶の扉の前、枯草の向こうに
タヌキの顔がのぞいている。M.N

22856.冬が来る前に♪ 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年12月20日(月) 11時03分
Original Size: 400 x 533, 82KB Original Size: 400 x 533, 81KB Original Size: 400 x 533, 79KB

この冬に備えて新兵器を導入した。「オートソック」という不織布製の滑り止めで、
着脱がカンタン、性能はチェーンにも劣らないとの触れ込みで、まずは練習してみた。
A上からソックスを履かせるように、接地面を除いて被せていく。タイヤを半回転させて、
残ったところにも被せる。Bあとは、クルマを前後に動かせば、自分でキチンと履いて
くれる。確かに驚くほどカンタンで、左右で10分もあれば出来そうだけど、付けた姿は、
まるで車がマスクしてるみたいで、あんまりカッコ良くない。ま、最近のお定まりかな?
問題は、多分、耐久性かと思うけれど、ウチみたいに、年に一回使うか使わないかという
使用頻度だったら、こんなんで充分かな?M.N


22853.馬の頭も… 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年12月08日(水) 10時33分
Original Size: 740 x 730, 66KB Original Size: 534 x 546, 72KB

引き続きオリオン座から二態。@燃える木星雲、A馬頭星雲。相変わらずのボヤけ模様で、
こんなんじゃわからん!このヘタクソ〜!!←ああ、バトウしないで〜。
ま、馬の頭も信心から、なんて申しますから。(ウソ)M.N


22852.要修行 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年12月06日(月) 14時01分
Original Size: 583 x 575, 97KB Original Size: 573 x 645, 89KB

引き続きこの時季に相応しい天体を撮影した。下と同じ@M1カニ星雲、Aこの時季はずせない
クリスマスツリー星団。
今回はどちらも、1800mmの望遠鏡でのトライだけれど、うーむ、やっぱり要修行だった。M.N


22849.冬のお披露目 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年12月03日(金) 09時20分
Original Size: 491 x 437, 31KB Original Size: 529 x 500, 44KB

月が替わったので、今まであまり観なかった天体を撮影してみた。@M1カニ星雲、
AM35八の字星団。空の上は、もうすっかり冬に模様替えされています。M.N



22850.Re: 冬のお披露目
名前:NX    日付:2021年12月03日(金) 14時55分
実家の地方を、昔は何もないところと思ったりしたんですが、夜になると無数の星が広がるんです。ほんと、吸い込まれそう。


22851.Re: 冬のお披露目
名前:編集長M.N    日付:2021年12月06日(月) 09時38分
ウチの実家(浜松)も、かつては野原の真ん中みたいな立地で、降ってくる星を数えながら
歩いたモン(比喩的表現)でしたが、今では街灯や中心市街地からの光で、現住所(湘南)
よりも星が見えない環境になってしまっています。あの空をカエセ〜!!M.N

22848.廊下の奇跡 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年12月03日(金) 09時15分
Original Size: 514 x 359, 56KB

今月のTOPは、「廊下の奇跡」です。果たして、この生徒の切なる願いは、
叶ったのでしょうか?M.N


22847.2021.11.19月食 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年11月22日(月) 09時57分
Original Size: 960 x 960, 94KB Original Size: 960 x 960, 110KB Original Size: 960 x 960, 159KB

2021年11月19日「大部分月食」の模様。直前に昼寝してしまい、出遅れたけれど、何とかギリギリ間に合った。三葉目の青い鉢巻は画像加工したものではなく、地球のオゾン層を通過した光線が作用した「ターコイズフリンジ」と呼ばれる現象。M.N


22846.EV陰謀論 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年11月17日(水) 10時29分
Original Size: 1024 x 683, 256KB

特にEUでヒステリックに騒がれているEV(電気自動車)シフト論は、僕個人の見解では、
HV(ハイブリッドカー)で、完全に日本にやっつけられた西欧諸国の陰謀じゃないかと
思っている。このままでは、世界中すべてのクルマが日本製のHVになる危機感による
ものとすれば、先日のCOP26での大慌ての妥協声明も納得がいくというもんです。
そもそも、火力発電プラントにしても現在の日本のものは、他のプラントに比して、
圧倒的に効率がよく、排出も少ないというのに、十把一絡げにして、日本を悪者に
仕立て上げようとする魂胆が見え隠れしている。M.N


22845.まだまだ現役 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年11月17日(水) 09時33分
Original Size: 526 x 701, 91KB

2001年式プジョー306。幾多の試練(主に故障)と非難(主にツマから)をくぐり抜けて、
未だに現役でいるのは、5ナンバーサイズのコンパクトなボディに似合わぬ大きな収納力、
絶妙なハンドリングと乗り心地によるもの。走行12万km。まだまだイケるぞ。
※先週、八ヶ岳に出かけた際、中央道は初雁PAにてM.N


22844.エントランスの表情 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年11月15日(月) 11時36分
Original Size: 960 x 720, 74KB Original Size: 960 x 718, 84KB

自宅エントランス付近を撮影した。赤い門扉とインタフォン、真鍮の表札と
郵便受けのコンビネーション。くしくも電柱の支持ケーブルの黄色がアクセントに
なっている。M.N


22843.夜空のバラ 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年11月12日(金) 09時33分
Original Size: 800 x 533, 129KB

今季初の「夜空のバラ」。相変わらず、淡くしょぼい花弁をひろげていますが、
「今年こそ、もう少しマトモに撮れますように」との願望と自戒を込めて。M.N


22842.Paint It Black ! 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年11月08日(月) 09時37分
Original Size: 720 x 960, 89KB Original Size: 720 x 960, 101KB

愛車チビ太(ダイハツ・ネイキッド)のスチールホイールのサビが目立ってきたので、
思い切ってつや消しの黒で塗ってみた。お、ちょっと昔のレーシングカーみたいになって
カッコいいかも。
ところで、表題のR・ストーンズの曲、Itの後ろにコンマ(,)を付けると、たしかに
大分ニュアンスが変わってきますね。M.N


22841.夢の中で 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年11月01日(月) 09時36分
Original Size: 400 x 281, 26KB

今月のTOPは、「夢の中で」です。大人になってからの探し物も忘れ物も、
きっと、この頃の夢の中で見つけることができる(かもしれない)。M.N


22840.新顔登場 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年10月29日(金) 11時44分
Original Size: 720 x 960, 76KB

自宅リビングの壁面に新顔登場。時計と飛行機の間にスクールバスを吊り下げて配し、
朝の通勤通学風景を演出してみた。お父さんは飛行機で出張、子供は学校に向かうところです。M.N


22839.秋はおセンチ 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年10月16日(土) 11時21分
Original Size: 600 x 960, 144KB

涼しくなった途端に膝に乗るようになった「みい」だけれど、最近、僕の膝を
避けて、ツマの方に行くようになった。多分、先日、僕がとっ捕まえて獣医に
連れて行ったのを警戒しているのかと思う。←お父ちゃんはちょいと淋しいぞ。M.N


22838.2022カレンダー 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年10月07日(木) 10時12分
Original Size: 225 x 300, 18KB Original Size: 225 x 300, 20KB

カレンダーの画像はこちら。単品でのご注文の場合、価格660円(税込み)送料は150円です。
どーぞ、お申し込みくださいね。M.N


22835.ロバのパン屋 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年10月04日(月) 09時37分
Original Size: 600 x 347, 68KB

TOPページが10月号に更新されました。今月は「ロバのパン屋」。夕日の中を
ぽっくりぽっくり歩くロバ(馬)車のシルエットが、今でも目に焼き付いています。M.N



22836.Re: ロバのパン屋
名前:編妻    日付:2021年10月04日(月) 11時02分
Original Size: 600 x 450, 96KB

鵠沼海岸の商店街に
ロバの花屋さんが来たことがありましたね。



22837.Re: ロバのパン屋
名前:編集長M.N    日付:2021年10月07日(木) 10時01分
この馬車の後ろに必然的に発生する、一定間隔の「落とし物」は、当時は未舗装路が
多かったこともあり、そのまま放置され、日光や雨水にその処置をまかせていた。
周りの大人も子供たちも、「ま、そんなもん」と気にもしていなかった気がするけど、
今だったら「食べ物を売るのに」(キィ!)「子供が集まるのに」(キィキィ!)などとウルさいだろうなぁ。M.N

22834.2022カレンダー 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年09月24日(金) 09時32分
Original Size: 600 x 337, 242KB

毎年、この時期のお楽しみ、「2022カレンダー」の原稿が出来上がりました。
来年こそはこの騒動が収束するよう祈って(根拠はないが気合いで)描きました。
今週末の印刷で、発売は来週からとなる見込み。どーぞ、お楽しみに!M.N


22832.秋の風物詩 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年09月13日(月) 08時52分
Original Size: 1440 x 1800, 461KB

ちょっと涼しくなったと思ったら、たちまちコイツがくっついてくるようになった。
一種「秋の風物詩」でしょうか?(最初はいいけど、そのうち暑くて重くて閉口する)M.N



22833.Re: 秋の風物詩
名前:編集長M.N    日付:2021年09月19日(日) 10時18分
さて、この「みい」が、台風の二日間、家に帰ってこなかったので、雨の合間を縫って
探していたんだけれど、今日の深夜(2:30AM)、何食わぬ顔して、ひょっこり帰ってきた。
ご飯をバリバリ食べて、またまた出勤していった。うーむ、なんだか挙動が怪しいぞ。M.N

22831.中秋の名月 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年09月09日(木) 09時31分
Original Size: 480 x 284, 60KB

9月のTOPは十五夜お月様。縁側にススキとお団子を飾り、刈り入れが済んだ田んぼが、
大きなお月様に照らされて、白く幻想的に横たわっていた光景が、今でも目に焼き付いている。
※今年の中秋の名月は9月21日。M.N


22829.宿題の片づけ方 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年08月23日(月) 09時32分
Original Size: 400 x 242, 25KB

夏休みも終盤に差し掛かると、最大の悩みは、ほとんど手を付けていない白紙に近い
ドリルや書き取り帳、日記帳etc.etc。残りの日数を数えると、完成はぜったいに不可能。
…で、この小僧が苦し紛れに思いついたのは、日記帳を全部パラパラマンガにしちゃうこと。
先生、楽しんでくれるかな?(どきどき)M.N



22830.Re: 宿題の片づけ方
名前:編集長M.N    日付:2021年08月24日(火) 10時22分
その後、先生からは特にお咎めがなかったところを見ると、案外面白がってくれたん
じゃないかな?(多分、「しょうがないねえ、コイツは」とアキれたとは思うけど)M.N

22827.川の流れに 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年08月10日(火) 08時49分
Original Size: 450 x 276, 56KB

8月のTOPは、「川の流れに」。この場所、実は僕が子供の頃にキャンプに行った場所で、
天竜川にそそぐ支流の「阿多古川」中流付近。あの頃は本当に山の中で、近所の子供たちと
一緒に一日中遊んで、今でも思い出す夏の宝石みたいな一日だった。

結婚してから再度訪れたんだけど、そこは、木々が大部分取り払われて、オートキャンプ場に
なっていた。確かにアクセスしやすくなってはいたけれど、広い駐車場にクルマが並び、
その傍に各々のテントが立ち並んでいる光景は、なんだか、団地や棟割長屋みたいで、
往年の野趣はどこにもなかった。M.N



22828.Re: 川の流れに
名前:編集長M.N    日付:2021年08月10日(火) 09時06分
Original Size: 480 x 295, 60KB

ちなみに、子供の頃のキャンプの様子はこんな感じ。テントはカーキ色の軍隊式で、
マットなどはなく、平らな場所を探し、石をどけてその上に枯葉や草を敷いて寝た。
カマドは石を積んで作り、ガスカートリッジなどないから、周囲から流木や枯れ枝、
枯葉などを集めてきて、飯盒でご飯を炊いた。(オカズは釣った魚と缶詰だけ)

今思えば、ものすごく原始的だったけど、この方がずっとずっと楽しかった。
最近、キャンプに行くのが何となく億劫なのは、多分、駐車場みたいなところで
「お隣さん」に気を遣わないといけない環境や、タープやイスなど、持っていく荷物が
やけに多くなってしまったからじゃないかな?M.N


22826.要修行 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年08月03日(火) 10時26分
Original Size: 501 x 500, 10KB Original Size: 502 x 501, 6KB

一昨日の太陽系の両巨頭。今回は、それぞれ画像を10枚ほど重ね(スタック)してみた。
うーむ、まだまだ修行が足りませぬ。(撮影と画像処理)M.N


22825.鎌倉由比ガ浜店OPEN! 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年08月02日(月) 09時31分
Original Size: 400 x 400, 144KB Original Size: 472 x 479, 28KB

アンの部屋久しぶりのBIG NEWS!鎌倉由比ガ浜に新店がオープンしました。
場所は六地蔵のすぐ前。なかなかキレイに出来たから、お散歩がてら、ぜひ
のぞいてみてくださいね。(11:00〜17:00営業)M.N


22823.夏の星雲 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年07月26日(月) 09時48分
Original Size: 500 x 500, 40KB Original Size: 552 x 553, 46KB

引き続き、こちらは夏の代表的な星雲。@M27あれい星雲AM20三烈星雲。
どちらも非常に暗い星雲なので、望遠鏡じゃないと視られません。M.N


22822.横綱と大関の一戦 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年07月19日(月) 09時23分
Original Size: 600 x 600, 10KB Original Size: 501 x 502, 6KB

梅雨明けした途端に、猛烈な暑さに襲われていますが、昨晩は涼しそうな太陽系の
横綱(木星)と大関(土星)の一戦。どちらも譲らず全勝同士の取り組み。
恐ろしいまでの気迫にあふれた戦いだったけど、結果は横綱の貫禄(気合い)勝ち。
この一番、またまた「横綱の品格が…」なんて言い出す手合いが出るかと思うけど、
何をおっしゃる、45回も優勝した大横綱にモンクをつけるなんて、一万年早い。M.N


22821.アイスクリームかな? 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年07月16日(金) 09時28分
Original Size: 2048 x 1536, 419KB

まるで南の島に来たような、面白い立地と店構えのソーセージや肉の販売店。
昨日、地元で発見した。売り物が肉類だけに、こんな時は僕も買い物に参加する。M.N


22820.豪雨お見舞い 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年07月05日(月) 10時07分
Original Size: 240 x 320, 19KB

いやはや、大変な雨となってしまいました。我が家では、マンガ部屋で恒例の雨漏りが発生。
これは用心のために受けを出したところだけれど、週末の豪雨で、この二つともが、ほぼ満杯。
皆さまのところは大丈夫でしたか?M.N


22817.♪早く来い来い 夏休み♪ 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年07月02日(金) 09時35分
Original Size: 460 x 404, 85KB

7月のTOPは、ちょっと懐かしい「潜水うさぎ」です。どーぞ、良い夏をお迎えくださいね。M.N


22816.名誉の負傷(?) 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年06月28日(月) 09時13分
Original Size: 720 x 960, 94KB Original Size: 640 x 480, 9KB

「みい」の首根っこに、面白い紋々が出現した。大方、猫同士の諍いでできたもの
だと思うけど、←ん?おはんは、長州の出身でごわしたか。M.N



22818.Re: 名誉の負傷(?)
名前:編集長M.N    日付:2021年07月02日(金) 09時39分
↑…ということで、この猫は、決して東北方面に行ってはいけない。M.N

22815.探し物は何ですか? 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年06月21日(月) 09時49分
Original Size: 500 x 500, 41KB

「ひと稼ぎシリーズ」の最後を飾るのは、M57リング星雲。これ、真ん中にある
星が超新星爆発を起こし、周囲にガスを放出、現在その残骸である白色矮星が
周囲のガスを照らしているものと考えられている。(色が複雑なのは、ガスの種類が
異なっているため)

場所ははくちょう座のベガ(織姫星)とわし座のアルタイル(彦星)の間を流れる
天の川のほとり。おっちょこちょいな織姫が、せっかく彦星からもらった指輪を
落としてしまい、いまだに探し続けているのではないかと推察している。


22814.三烈星雲 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年06月18日(金) 09時13分
Original Size: 466 x 466, 32KB

引き続きの夏の夜空は、M20三烈星雲。下のM8のすぐ北側に位置していて、赤い
散光星雲を三つに区切るような暗黒帯が特徴です。M.N


22813.銀河の流速計 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年06月15日(火) 10時50分
Original Size: 498 x 498, 16KB

こちらは、同じく天の川の中流にあるアルビレオという二重星。かの「銀河鉄道の夜」では、
青宝玉(サファイア)、黄玉(トパーズ)と例えられた。物語では、この二つの星が、銀河の
流れの速さを測る機器として設置され、お互いにくるくる回っている様が見事に表現されて
いたけれど、実際のところ、この星が重力を及ぼし合って回転している連星なのか、それとも、
偶然二つ重なって見えているのかは、いまだに論争中とのこと。たしかなことは、地球から
見える二重星のなかでは、多分、一番美しい天体のひとつだろうということ。M.N


22812.梅雨前のひと稼ぎ 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年06月14日(月) 09時42分
Original Size: 720 x 519, 66KB

関東地方でもそろそろ梅雨入りの気配なので、その前に駆け込みでひと稼ぎ。M.N
散光星雲M8干潟星雲は夏のお約束。天の川中心近く、茫洋とした、大きく明るい星雲です。


22811.古き泉のほとり 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年06月07日(月) 10時07分
Original Size: 349 x 233, 17KB

引き続き再読作品紹介。同じく石川達三著(1950年)。恐ろしく人の良い元教師が、
伊豆の山中に、彼なりのユートピアを作ろうと夢想する。物語はその結末まで描かず、
あたかも希望があるかのような建設の端緒についたところで終わるのが、作者の上手な
(ズルイ)ところ。(←どう考えても失敗する)M.N


22810.稚くて愛を知らず 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2021年06月04日(金) 09時56分
Original Size: 355 x 499, 28KB

↓のタイトルの元ネタはこの小説(著/石川達三 1964)。思い出して読み返してみた。

…うーむ、主人公である「究極のお嬢様」の行状に、若い頃は反発を感じたものの、
今となってみると、ふむふむふむ、どっかのヨメさんみたいだ、と妙に納得してしまった。M.N


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb