[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
あかげっと便り伝言板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





22425.よびすてはイケマセン 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年07月17日(水) 09時59分
Original Size: 720 x 960, 81KB Original Size: 720 x 960, 59KB

先の日曜日、義母が入所している茅ヶ崎のホームで「浜降祭」があったので
出かけてきた。(茅ヶ崎の伝統的な祭りで、山車ごと海に飛び込むことで有名)
@あ、今大人気のチコちゃんがいる!Aチコちゃんスピーカーがあったので、早速
借りてみた。「ねえねえ岡村〜」(こら、ごさいのくせに、おとなをよびすてに
してはイケマセン)M.N


22423.おひさしぶりですね.覚えて見えますか? 返信  引用 
名前:桜子    日付:2019年07月17日(水) 08時37分
「はちみつ色探訪いいですね。
うらやましいです。

いつも見てます



22424.Re: おひさしぶりですね.覚えて見えますか?
名前:編集長M.N    日付:2019年07月17日(水) 09時36分
桜子さんこんにちは。モチロン覚えてますよ〜。こちらこそご無沙汰ばかりで
申し訳ありません。

このところ、主筆が旅行だ引っ越しだとサボリ気味で、とびとびになっていますが、
地味に続けていく所存ですので、これからもよろしくお願いいたします。M.N

22422.英国十日目(最終日) 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年07月16日(火) 15時53分
Original Size: 400 x 300, 39KB Original Size: 400 x 300, 20KB Original Size: 300 x 400, 14KB

6/24(月)いよいよ今日が英国最終日。朝、バースを発って、性懲りもなく
「はちみつ」のひとつ、@フロムに立ち寄り(もう完全にマヒ状態)、
Aストーンヘンジを経由してから、ロンドンヒースローより日本に戻るルート。
B到着1時間前頃、窓から見慣れた形が見えたと思ったら、佐渡ヶ島だった!

@彼の地の飲食店でも、今やスモーカーは極悪人。屋外でのみ喫煙可。
A例のナショナルトラストが乗っ取った古代遺跡は、今では見物するのに
はるか彼方の駐車場にクルマを停めて22ポンド也を支払って、延々と観光客
の列に連なる必要がある。(20年ほど前に行った時は、すぐ近くの駐車場から
自由に無料で出入りできたのにさ)
Bそれまでシベリアの寂寞たる大地に倦んできていたところ、急に青い海の
中に浮かぶ、緑の島を見つけた時の嬉しさったら!!地図と同じ形だ!!!M.N


22421.Bon Voyage !! 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年07月12日(金) 16時34分
Original Size: 700 x 490, 145KB

まるで奇跡のような正確さ。はやぶさ2が、二度目のタッチ&ゴーに成功し、
しかも今回は、地表に玉を打ちつけて、飛び散った砂礫を採取するという
離れ業。(画像には飛び散った岩石/砂が写っている)
さあて、今度は地球への帰還だ。Bon Voyage!!


22419.英国九日目 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年07月12日(金) 14時37分
Original Size: 720 x 960, 81KB Original Size: 960 x 720, 96KB Original Size: 960 x 720, 105KB

6/22(土)・23(日)は、まだまだコリずに「はちみつ色探訪」(だそうだ)。
@22日夕方のレイコック。ここは、例のハリー・ポッターの映画を撮影した
修道院があるとのことで行ってみたら…うーむ、大観光地になっていて、
しかも修道院には、22ポンド(約3300円)もの入場料。で、貧乏性の二人は
中には入らず、街だけを歩いてきた。建物は確かに中世のもので趣がある
けれど、なんでも例のナショナルトラストが仕切っているようで、何となく
生活感がなく、まるで博物館みたい。AB翌日行ったのは、やはり近郊にある
キャッスルクームという街。こちらは観光客も少なく、しかも今でも現役で
人々が暮らしてる感があって、ずっと良かった。M.N


22417.英国八日目 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年07月10日(水) 10時30分
Original Size: 400 x 300, 46KB Original Size: 400 x 300, 25KB Original Size: 300 x 400, 27KB

6/22(金)朝からツマがごそごそやってるなと思ったら、@こんなおにぎりを
作っていた。何でも、これを持って近所の湖に行くとのこと。で、到着したのは、
A西に約50kmのチュー・バレー湖。これ、川を人工的にせき止めた堰止湖で、
つまんないかと思うんだけど、こんなんでも結構人が遊びに来ていた。B何と
なく消化不良なので、さらに西にある海に面した街、Bバーナム・オン・シー
まで行った。着いてみたら、干潟の海が新鮮でなかなかいい感じなんだけど、
ここにも人がいっぱい。ん、わが地元の江の島界隈に似ているぞ。M.N


22415.英国七日目 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年07月09日(火) 10時45分
Original Size: 960 x 720, 89KB Original Size: 960 x 720, 101KB Original Size: 720 x 960, 80KB

6/21(金)昨日、雨の中を散々歩き回ったので、今日は一軒だけ。お土産購入を
兼ねて近郊のファームショップに出かけた。農家直営というフレコミのこの手の
ショップは沿道にも数多くあり、どこも混んでいた。(洋を問わず、オネエサン
たちは、この種の店が好きらしい)M.N



22416.Re: 英国七日目
名前:NX    日付:2019年07月09日(火) 19時33分
このサンドイッチ、おいしそうだねぇ。果物もおいしそーっ。

オネエサンじゃなくても好きですよーっ(笑)。


22418.Re: 英国七日目
名前:編集長M.N    日付:2019年07月10日(水) 10時29分
↑失礼しました。「オネエサンとオニイサンが好き」(一部オヂサンを除く)に
訂正いたします。M.N

22414.英国六日目 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年07月08日(月) 09時54分
Original Size: 300 x 400, 26KB Original Size: 300 x 400, 34KB Original Size: 300 x 400, 47KB

6/20(木)今日は、バース郊外にあるグラストンベリという町に出かけた。
アーサー王伝説ゆかりの地で、また、古代ビーカー人やケルト人の伝承が
多く残っている、ま、日本でいえば奈良の明日香村みたいな感じかな。
@英国最古の修道院跡。Aグラストンベリトール(謎の多い丘で、古代からの
聖地)。B聖なる泉(血のように赤い水が湧き出しているというが、それほど
でもなかった)
※今回はAの丘に登りたかったんだけど、時間と体力の都合で断念した。M.N


22411.英国五日目(その2) 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年07月05日(金) 16時46分
Original Size: 960 x 640, 58KB Original Size: 720 x 960, 142KB Original Size: 300 x 400, 46KB

6/19(水)そんなわけで、今日は後半の宿泊地バース近郊への移動。距離は
100km足らずだから、こちらの交通環境だと約1時間程度のハズ…なのですが、
当日朝気が付いたのは、次の家の暗証番号とカギの場所を書いた紙が「ない!」。
住所は判っているので、ナビに入れればたどり着けるかと思い、まずはメールで
現地代理店に再問合せをしてから、@返事を待たずに出発することにした。
A散々迷ったあげく、とんでもなく細い農道をくねくねと走り、付近の庭仕事の
おぢさんたちに聞きながら、やっとたどり着いたけれど、やっぱり入り口ゲートは
カギが掛かっていて入れず、しかも、このエリアは携帯の電波が届かない。
Bそこで、一度街まで降りて、昼食がてら代理店からの返事を待つこと一時間、
やっと判明して家に入れたのは、出発から5時間も経ってからだった。M.N



22412.Re: 英国五日目(その2)
名前:編集長M.N    日付:2019年07月05日(金) 14時45分
Original Size: 300 x 400, 30KB Original Size: 400 x 300, 35KB Original Size: 400 x 300, 43KB

この経緯から、当然、「オマエが全部プリントしたハズじゃないのか?」
「アナタだって、目を通したハズでしょ」とお決まりのやりとりのあげく…
「まあ、お互い英語だったからしょうがないか?」との妙な結論であった。

道路からゲートで仕切られた私道で100m以上入るという、閑静さは申し分ない
立地のこの家自体は、森の中のコテージ然としたなんともこじゃれた作り。
さあて、今夜からこの小屋に五泊です。M.N



22413.Re: 英国五日目(その2)
名前:編集長M.N    日付:2019年07月05日(金) 17時33分
Original Size: 960 x 720, 100KB Original Size: 960 x 720, 39KB Original Size: 960 x 720, 95KB

「こじゃれ」具合はこんな感じ。あえて山小屋風に造って、調度や食器などが
凝りに凝っている。1950〜60年代の田舎暮らしを表わそうとしているかのように、
TV、電子レンジや洗濯機、モチロンWi-fiもなく、コーヒーメーカーのかわりに
パーコレーターが備えてあるなど、たぶん、オーナー(男)の趣味。

まあ、意図はよーくわかるんだけど、実は、オーナー宅はこの小屋の裏庭斜面を
30mくらい登った所に立派なのがあって、小屋自体はこの家の庭の端っこ(谷底)に
建っていることが判った。…うーむ、なんだか奴隷小屋みたいな気もしてきたぞ。M.N


22410.英国五日目(その1) 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年07月05日(金) 14時49分
Original Size: 720 x 960, 51KB Original Size: 960 x 720, 57KB Original Size: 960 x 720, 135KB

6/19(水)今日は後半の宿泊地(バース)への移動日。今回の家がとてもキュート
だったので改めてご紹介。M.N
@キッチン周りAメインベッドルームB勝手口のドアからバックヤードに出られる。
(裏には二羽ニワトリはいず、きれいに丹精された裏庭が続く)
※基本的には隣家とつながったセミ・デタッチドハウス。3LDKの小住宅。米国の
家と異なり、それぞれの部屋が適度に小さくて、日本人にはなじみやすい。

さて、今回の旅の最大の危機がこの後訪れるんだけど、両人はまだノンキなもん。


22405.英国四日目 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年07月03日(水) 10時10分
Original Size: 960 x 640, 127KB Original Size: 720 x 960, 115KB Original Size: 960 x 720, 108KB

6/18(火)今日は近郊の村々を訪ねることにした。(コッツウォルズ観光の目玉ね)
@バートン・オン・ザ・ウォーターAロワー・スローターBブロード・ウェイ。
この他にも、バーフォード、ストン・オン・ザ・ウォルド、ペインスウィックなど、
この域内の主だったところを、ぐるっと巡ってきた。
中でも気に入ったのはAロワー・スローターで、小さな川に沿った20軒程の
集落。ここは観光バスも入れない細い道のおかげで、観光地化されていない
静かな環境が素晴らしかった。M.N



22408.Re: 英国四日目
名前:編集長M.N    日付:2019年07月03日(水) 10時27分
Original Size: 400 x 533, 88KB

…と言いつつ、一日でこんなにたくさん周ると、最後の方では「はいはい、
はちみつ色ね」などと、もう、どれもこれも食傷気味。なので、雨が降って
きたこともあり、路傍の犬に嘆いている。M.N



22409.Re: 英国四日目
名前:編妻    日付:2019年07月03日(水) 15時06分
犬も困った顔をしているね。

22402.英国三日目 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年07月02日(火) 09時59分
Original Size: 1000 x 750, 155KB Original Size: 1000 x 750, 117KB Original Size: 562 x 750, 187KB

6/17(月)今日はちょっと足を延ばして、西のウェールズに行くことにした。
@道路環境にもだいぶん慣れてきた。Aとにかく広い広い。なだらかな気持ち
いい道が続く。B到着したのは山間部の名もない湖(といっても川をせき止めた
貯水湖)。

この日はこのあと海まで出て昼食でも…なんて思っていたんだけど。散々道を
間違えて目的地に行かれず、(カミさんと険悪な空気になりつつ)スゴスゴと
宿泊地に帰ってきた。(走行距離は約400km)M.N



22404.Re: 英国三日目
名前:NX    日付:2019年07月02日(火) 18時02分
ナビは無いんですか? あるいはスマホは使えないんですか?


22406.Re: 英国三日目
名前:編集長M.N    日付:2019年07月03日(水) 10時18分
いえいえ、カーナビ(英語)もスマホ(日本語)も完備しておりました。
…が、それでも迷うんだな、これが。←特に大きな町に近いラウンドアバウト
(交差点)が難物で、流れが速いうえに二つも三つも組み合わさっているので、
ちょっと気を許すと、完全に反対方向に走ったりしてました。M.N

22397.英国二日目 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年07月01日(月) 10時00分
Original Size: 960 x 720, 117KB Original Size: 720 x 960, 69KB Original Size: 960 x 720, 68KB

6/16(日)@食料品を調達しに、近郊の町サイレンセスターの食料品店に出かけ、
ついでに昼食をとる。Aその後バイブリーという観光地バリバリの村に行き、
当地の名物といわれるマス(鱒)を購入。村を散策後、やはり有名な「スワン
ホテル」で、アフターヌーン・ティなるものを食べさせられて帰宅。B買って
きたマスは、塩をたっぷりと刷り込んで、翌朝の塩ジャケならぬ塩マスにして
お茶漬け。(うん、早速ながら、これがないと始まらない)M.N



22398.Re: 英国二日目
名前:編集長M.N    日付:2019年07月01日(月) 10時03分
ちなみに、ご飯は日本から持ってきた米をお鍋で炊いた。よくキャンプに行くので、
鍋でご飯を炊くのは得意なのだ。M.N


22399.Re: 英国二日目
名前:編妻    日付:2019年07月01日(月) 17時27分
スワンホテルは混んでていまいちだったけれど
スコーンはサクサクっとしてすごく美味しかった。
家で焼いてみようかな。


22401.Re: 英国二日目
名前:編集長M.N    日付:2019年07月01日(月) 18時31分
↑ごかんべんくだされ。M.N


22403.Re: 英国二日目
名前:NX    日付:2019年07月02日(火) 17時57分
サクサクはおいしいよ(笑)。

彼の地でもおいしいものはあるね。


22407.Re: 英国二日目
名前:編集長M.N    日付:2019年07月03日(水) 10時21分
ふーむ、「サクサク」は、僕には「バフバフ」で、なんだか、口の中が粉っぽく、
乾燥しちゃう感じなのです。M.N

22395.英国初日 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年06月29日(土) 17時03分
Original Size: 960 x 720, 138KB Original Size: 960 x 720, 113KB Original Size: 720 x 960, 74KB

6/15(土)空港でレンタカーを借りて1時間強。到着したのは、バーンズリィ
というコッツウォルズ内の小さな村。前半は、こんな感じの民家に4泊の予定。
これは「ケータリングハウス」と呼ばれる形態の貸し家で、カギなどは事前に
番号と場所を教えてもらい、滞在中はその家の台所や什器備品を自由に使える
というもの。(オーナーと直接顔を合わせないで済むので、内気な僕にはぴったり)
非常にかわいらしい作りの家で、ツマは大喜びしてます。ちなみにこの写真、
もう午後9時過ぎなのにこんなに明るい。(夏の高緯度地方の特典です)。M.N


22393.あの夏の午後 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年06月29日(土) 14時38分
Original Size: 550 x 503, 70KB

TOPページは7月号に更新。今回は「あの夏の午後」なんて、ちょいと意味深…
でもなんでもなく、単なるマヌケな高校生の50年前を回想した絵日記です。M.N


22391.英国の流星 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年06月27日(木) 18時04分
Original Size: 1200 x 802, 177KB

もういっちょ、英国にも流れる銀河と流星。緯度が高いので、銀河の下の方が
欠けてしまうのが残念なところ。M.N


22390.フォード・フィエスタ 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年06月27日(木) 16時30分
Original Size: 720 x 960, 139KB

今回、現地で借りたクルマはフォードフィエスタ(最新モデル)。車巾が1.7m
を超えるものの、車長は4m程(英国の田舎は極端に狭い道も多いので)と手頃な
サイズ。
顔つきはアストンマーチンからモンク言われそうだけど、よく出会ったから、結構
売れているみたい。
走り心地は、いかにも今のクルマで、しっかりと走り、曲がり、停まる。乗り
心地も硬めだけど、よく制御されていて、足腰にもまったく痛みは出なかった。
小さいけれど、収納力も高く、大中2個のトランクとカメラバッグをラゲッジ
ルームに収容できた。
総走行距離は10日間で1150マイル(1840km)ほど。(燃費は不計測)

とまあ、まずまずモンクのないクルマだけど、欲しいかと言われるとねえ…M.N



22392.Re: フォード・フィエスタ
名前:NX    日付:2019年06月29日(土) 13時45分
何借りたのかなと気になっていたんですが、フィエスタですか。

前に知人のフォーカスに乗せてもらう機会があったんだけど、何の不満もありませんでしたね。

そのさらにずっと前にはアメリカフォードの初代トーラスを運転したんですよ。左ハンドルで前席3人がけでしたね。ものすごく大きく感じたものだけど、今となってみるとそれほどでもないサイズなんだよね。

ただ、フォードの小型車が日本で売れなかったのはデザインでアピールが弱かったのかな?


22394.Re: フォード・フィエスタ
名前:編集長M.N    日付:2019年06月29日(土) 15時18分
フォーカスは前回英国で借りて、やっぱり決して悪いクルマじゃなかった。
日本で売れなかったのは、某雑誌の「アメ車はダメ」キャンペーンが効きすぎ
だったんじゃないかと推察してます。(独車はいまだにその正反対)M.N


22400.Re: フォード・フィエスタ
名前:編集長M.N    日付:2019年07月01日(月) 18時25分
Original Size: 600 x 600, 32KB

ところで、英国の道路事情は日本とは大違いで、なにしろ平均速度が速い。
片側一車線の地方道で大体80km/h、高速道は140km/hくらいで、日本だと
決して遅くない僕でも、ほぼ全精力(?)を使って運転していた。

また、特に旧市街や国中至る所にある農道などは極端に道幅が狭く、一台
通るのがやっとの道が両面通行だったりする。こんな道で対向車に出会った
時、素早く判断して、道を譲ったり譲られたりするマナーが非常に良いのが
印象的だった。(その際には、お互いにしっかりと手を挙げて挨拶する)

特徴的な「ラウンドアバウト交差点」は、慣れれば大変効率がよく、信号
なしで好きな方角に進むことができるし、進入に失敗したら、もう一回り
すればいいから、あわてなくても大丈夫(それでも、道中随分間違えた)。
このシステムは、信号機が不要で時間あたりの処理能力が非常に優れて
いるけれど、交差点に広い面積を要するのと、ロータリー内の一方通行や、
交差点内のクルマが絶対優先ルールなど、日本にはなじまないかも。
(日本のドライバーは長い期間、信号に従うのに慣らされているから)

全体として、英国の道路事情は、「ものすごーくオトナだねぃ」が感想。M.N


22389.英国夜空 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年06月27日(木) 14時41分
Original Size: 1200 x 802, 43KB Original Size: 802 x 1200, 85KB Original Size: 1200 x 802, 225KB

一昨日無事に戻ってきました。恐れていた通り、今回も大変な珍道中でしたが、
その辺はおいおいご紹介するとして、まずは滞在先の夜空です。
@後半の5〜9泊目に宿泊したコテージ。本当に森の中のぽつんと一軒家です。
Aそこからの夜空の模様。周囲は木が多くて、視界が限られるのが難点。
Bそこで、少し登ったところで、くるくる写真。北極星がこんなに高い位置に
あるのは新鮮な体験。(約30分間の夜空の星の動き)
※肝心の昼間の様子は、後日ご紹介します。乞うご期待!M.N


22386.40周年記念旅 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年06月14日(金) 09時52分
Original Size: 220 x 262, 16KB

僕とカミさんは、今年で結婚40周年…ということで、明日から約10日間、
↑こんな場所に出かけます。(さて、どこでしょ?)
例によって、行きと帰りの飛行機と現地のレンタカー、現地の宿泊場所
だけを予約してある行き当たりばったり旅なので、いつものように珍道中
になること必至。みなさん、お楽しみに(?)どーぞ。M.N



22387.Re: 40周年記念旅
名前:NX    日付:2019年06月14日(金) 13時50分
2019年○○への旅、ってところでしょうか。いいですねぇ。
そして行動的ですね。

良い旅になるようにお祈りします。お気をつけて。いってらっしゃい!


22388.Re: 40周年記念旅
名前:編集長M.N    日付:2019年06月14日(金) 16時58分
ありがとうございます。現地は季節外れの寒波に襲われているとのことで、
今からビビッてます。旅行中に回復するといいのですが。じゃ、行ってきます!M.N

22385.Three Cat Night 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年06月12日(水) 10時23分
Original Size: 720 x 960, 199KB

同じ夜の運動会の模様。3匹揃ったところで"Three Cat Night"(それだけ)M.N


22383.ネコ運動会 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年06月07日(金) 16時03分
Original Size: 720 x 960, 205KB

この二匹が、わが家の「家庭内ノラ」(ひい、ふう)。ちっとも人間には
触わらせないクセに、おもちゃにはそれなりに反応する。
なんとか懐柔しようと、このところ毎晩ネコじゃらしで運動会を開催中。M.N


22381.マッチョ系(違うぞ) 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年06月07日(金) 10時08分
Original Size: 960 x 720, 78KB

引っ越し以来の懸案だった新居庭(ネコ広場)に面した窓に、やっとブラインドを
取り付けた。これ、上部にトーションバーが仕込んであって、好きな位置で固定できる
スグレモノのプリーツスクリーン。イケアで出来合いのモノ(5000円くらい)を
買ってきたんだけど、サイズもバッチリ。取り付けも簡単で、ペンキの窓枠によく
似合ってる。
※それにしても、このマッチョ系(いや、ハッキリ言ってデブ)の業者は誰ぢゃ!?M.N



22382.Re: マッチョ系(違うぞ)
名前:NX    日付:2019年06月07日(金) 13時07分
マッチョには見えないね。ぜんぜーん。今や99kgあっても「小柄」などと言われる世界もあるくらいだから。えっ? まったく褒め言葉になっていないって? 失礼しました(笑)。

筋肉は何歳になっても鍛えれば身に付くと言われるくらいだから、いつまでも何かやらなくてはという気になりますね。


22384.Re: マッチョ系(違うぞ)
名前:編集長M.N    日付:2019年06月07日(金) 16時09分
はい、本人も充分わかっております。うーむ、日がな一日ぐうたらして、
好きなだけ食べて、それでもスリムでカッコいいボディになる方法はない
もんだろうか?M.N

22380.中庭戦争(休戦中) 返信  引用 
名前:新米大家M.N    日付:2019年06月03日(月) 17時35分
Original Size: 480 x 854, 106KB

週末は本年2回目の掃討作戦だった。相変わらずテキ(雑草)の戦闘意欲は旺盛で、
抜いても抜いても次々と攻撃を仕掛けてくる。まあ、ここは双方テキトウなところ
で手を打って(つまりいい加減に)、休戦することにした。M.N


22377.フレネルレンズ 返信  引用 
名前:編集長M.N    日付:2019年05月31日(金) 09時38分
Original Size: 480 x 854, 81KB

先日の枕もとのルーペ。最初のは視野が狭かったので、ネットで探して
いたら、ツマが僕の「誕生日祝い」として、これを購入してくれた。
(なぜか父の日のプレゼントも兼ねているらしい)
※ほぼA4サイズの下敷状の樹脂製の板は、「フレネルレンズ」といって、
一面に細かい凸凹が刻んであり、全体として大きな拡大鏡の役割を果たす。
使ってみると、視野が広く、枠にも邪魔されず、なかなか快適です。M.N



22378.Re: フレネルレンズ
名前:NX    日付:2019年05月31日(金) 16時09分
良さそうだね! こういうものは使ったことないんですが、このところ目が疲れるんですよ。
いや、疲れるというより映画でも激しく動くのが疲れる(ような気がする)んですね。

動きのない映画はないかなと思っていたら、この間アラン・ドロンが「ラストメッセージ」というインタビュー番組に出ていましたね。

生い立ちから紹介して、往年の俳優たちも出ていましたよ。


22379.Re: フレネルレンズ
名前:編集長M.N    日付:2019年06月01日(土) 16時18分
このレンズ、視野が広いのはいいんだけど、慣れないと端っこがゆがむことと、
樹脂製の限界なのか、透明度がイマイチ。でも、丸形ルーペに較べたらずっと
快適なので、ゼイタクは申しません。M.N

22376.中庭戦争 返信  引用 
名前:新米大家M.N    日付:2019年05月29日(水) 12時17分
Original Size: 480 x 854, 116KB

久しぶりにシトロンコート中庭の模様です。芝の成長は順調だけど、雑草も
負けず劣らず。この時期は、ほぼこれとの戦いになります。M.N


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb