[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
G-NET 地質・地球科学関連情報

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



3197.上市で立山黒部ジオガイド養成講座 本年度新たに61人認定 返信  引用 
名前:為五郎    日付:2014/12/16(火) 09:40
上市で立山黒部ジオガイド養成講座 本年度新たに61人認定(北日本新聞)よりH26.12.16紹介
 立山黒部ジオパーク推進協議会ジオガイド人材育成部会の志村幸光会長が「ジオパーク認定は出発点であり、さらなる学習を大切にしたい」とあいさつ。「立山」「急流河川」など五つのコースで5月から各6回開いた講座の参加者をジオガイドに認定。竹内章同協議会代表代行(富山大大学院教授)が各コースの代表者に認定証を手渡した。

 静岡県伊豆半島ジオパークで活動する伊豆半島ジオガイド協会の田畑朝恵会長が講演。「見慣れた風景の中にある魅力を発掘し、感動を与えるのがガイドの役割」と述べた。

 協議会はツアー実施に向け、関係者によるモニターツアーを来年度から各地で行う予定。昨年の第1期認定者と合わせ98人のジオガイドは、貴重な自然景観や地質的特徴、大地が育んだ農産物や風土などをツアー参加者に紹介する。

3196.地盤強度「問題ない」 設楽ダム、町議会で国交省側 返信  引用 
名前:為五郎    日付:2014/12/12(金) 09:57
地盤強度「問題ない」 設楽ダム、町議会で国交省側(中日新聞)よりH26.12.12紹介
 設楽町議会の設楽ダム対策特別委員会が十一日開かれ、ダムや付け替え道路の完成見通しに関する質問が相次いだ。国土交通省設楽ダム工事事務所の松浦直所長は「ダム本体の完成は工事用の道路建設開始から十一年後」と述べたが、道路の着工時期は明示しなかった。

 ダムのえん堤建設予定地周辺で地盤の脆弱(ぜいじゃく)性が指摘されている問題には、「これまでの調査で問題がないことを確認している。引き続き調査の精度を高め、安全なダムを建設する」と語った。

 国交省はこれまでダム建設予定地一帯の地質は「強固な岩盤」と説明してきた。しかし今年夏、えん堤の建設予定地近くで貝の化石が発見されたことから、「設楽ダムの建設中止を求める会」の市野和夫代表らは「岩盤ではなく、水を通しやすい『第三紀層』であり、大規模な地滑りなどの災害を引き起こす恐れがある」としている。

3195.<敦賀原発>活断層報告書案、第三者から意見聞く 返信  引用 
名前:為五郎    日付:2014/12/11(木) 10:20
<敦賀原発>活断層報告書案、第三者から意見聞く(毎日新聞)よりH26.12.11紹介
 日本原子力発電敦賀原発(福井県)敷地内の断層を調べている原子力規制委員会の有識者調査団は10日、2号機直下を通る断層を活断層と再認定した報告書案について、調査団以外の専門家から意見を聞いた。一部の専門家から調査団の判断根拠に対する疑問も出たが、報告書案の修正にとどまり、結論に変更はない見通しだ。

 調査団は11月末、問題の断層を「将来活動する可能性がある」と結論づけた。

 会合には、活断層や地質などの専門家8人が参加。一部の専門家からは、報告書で調査団が活断層と認定した「D−1破砕帯」の活動性や周辺の断層との連続性について疑義が出たほか、断層が最後に動いた年代についても異論があった。調査団が原電の主張を否定した部分については「根拠を明確に示すべきだ」との意見も出た。

 調査団はこの日の専門家の意見を踏まえて報告書案を修正し、規制委に正式な報告書を提出する。このまま原電が活断層ではないことを立証できない場合、2号機は再稼働できず、廃炉に追い込まれる可能性が高い。

3194.日本の奇岩百景にジオパーク2カ所登録 西予 返信  引用 
名前:為五郎    日付:2014/12/08(月) 09:47
日本の奇岩百景にジオパーク2カ所登録 西予 (愛媛新聞)よりH26.12.08紹介
 愛媛県西予市全域を対象とした四国西予ジオパークの見どころである須崎海岸(三瓶地域)と岩上田(がんじょうでん、城川地域)がこのほど、「日本の奇岩百景」に登録された。NPO法人地質情報整備活用機構(東京)が初めて全国で63カ所を選び、そのうち市内の2カ所は四国で唯一となった。
 奇岩百景は、多様な地質・地形から生まれた珍しい形や、人間の営みと関係性が深い岩石などを啓発しようと選定した。
 市によると、須崎海岸は四国西予ジオパークの目玉で、約4億年前の垂直な地層を見ることができる。岩上田は三滝川のほとりに位置。高さ約5メートルの岩のわずかなくぼみを利用し、現在でも稲作が行われている。

3193.伊豆半島、世界ジオ申請 推進協「一丸で審査に」 返信  引用 
名前:為五郎    日付:2014/12/02(火) 10:00
伊豆半島、世界ジオ申請 推進協「一丸で審査に」(静岡新聞)よりH26.12.02紹介
 世界ジオパーク認定を目指す伊豆半島ジオパーク推進協議会(会長・佃弘巳伊東市長)は1日、可否を判断する世界ジオパークネットワーク(GGN、本部・パリ)に申請書を提出した。伊豆半島が持つ地質学的な魅力や、地域住民の取り組みをアピールする内容を盛り込んだ。
 GGNは来年2〜4月に書類審査、6〜8月に現地審査を行い、9月に鳥取県で開かれるジオパーク国際大会の中で結果を発表する予定。
 申請書は英語表記。伊豆半島が火山島同士の衝突が続く世界唯一の場所であると記載した。火山にちなんだ商品開発や、防災教育などに注力する住民の様子も示した。
 同日、同協議会の事務局員がメール送信で申請書を提出し、佃市長に報告した。
 佃市長は「伊豆半島の魅力を世界に発信するチャンス。住民や行政が一丸になって審査に臨みたい」と話した。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb