[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
G-NET 地質・地球科学関連情報

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



3264.国交省/調査・設計業務に発注方式選定表導入/内容に応じプロポや総合評価方式 返信  引用 
名前:為五郎    日付:2015/08/26(水) 10:25
国交省/調査・設計業務に発注方式選定表導入/内容に応じプロポや総合評価方式(日刊建設工業新聞)よりH27.08.26紹介
 国土交通省は、直轄事業の調査・設計業務で、業務内容に適した選定方法を価格競争、総合評価方式、プロポーザル方式の中から明確化した「発注方式選定表」を本格導入する。対象は河川事業、道路事業、測量調査、地質調査の全業務で、今秋をめどに運用ガイドラインを改定する。25日に東京都内で開かれた同省の「調査・設計等分野における品質確保に関する懇談会」(座長・小澤一雅東大大学院教授)でおおむね了承された。
 選定表は、昨年6月16日以降に公示した4業務で試行していた。求められる「知識」と「構想力・応用力」の二つの軸で構成する座標に各業務を位置付け、難易度が高ければプロポーザル方式、比較的低ければ価格競争などと明確に区分。従来、価格競争と総合評価、総合評価とプロポーザル方式のどちらでも選択できた業務はそれぞれ後者を選ぶようにしたり、選択する方式を見直し・新設したりした。
 試行の結果、15年度業務(試行対象2976件)ではプロポーザル方式の割合が13年度の25%から29%に増加。総合評価方式は46%から40%に低下する一方、価格競争は29%から31%に増えた。業務成績評定点には大きな影響は見られず、受発注者向けアンケートでも7割が本格実施(一部見直しを含む)を求めていた。アンケート結果を踏まえ、基準点測量といった地形測量のほか、復旧測量、路線測量などは現地の状況に応じて総合評価方式を選択できるよう、試行段階の選定表を見直す方針だ。
 同時に試行を始めた技術者評価を重視した選定方式も懇談会で議論。試行は標準型の総合評価方式(実施方針と二つ以上の評価テーマで技術提案する方式)で行ったが、本格導入に向けて標準型、簡易型、技術者評価重視型の使い分けを明確化するため、実態調査や受発注者の意見交換などで検討を深めることとした。
 試行案件を対象に行った受発注者のアンケートで課題に挙がったヒアリングの負担軽減や技術評価への反映についても議論した。技術者評価重視型は技術点を構成する評価テーマへの配点を取りやめ、代わりに技術者の成績・表彰実績と実施方針の配点を拡大する。実施方針の評価では、予定管理技術者の実績や業務理解度、実施方針などをヒアリングで確認。堤防・護岸設計、道路詳細設計(一般)など5分野の業務のうち昨年6月16日以降に公示した計53件で試行導入した。

3263.国交省/北陸新幹線延伸ルート選定へ/16年度に調査着手、3案から絞り込み 返信  引用 
名前:為五郎    日付:2015/08/24(月) 10:18
国交省/北陸新幹線延伸ルート選定へ/16年度に調査着手、3案から絞り込み(日刊建設工業新聞)よりH27.08.24紹介
 国土交通省は16年度から、未着工の北陸新幹線敦賀〜大阪間の早期着工に向けてルートを選定するための調査に乗りだす。現在3本あるルート候補案の建設費や地質、経済波及効果などを検証し、最適なルート案を絞り込む。2022年度に金沢〜敦賀間の開業が予定されているのを踏まえ、2年以内をめどに結論を出す予定だ。同省は、今月末の16年度予算概算要求にルート選定調査費を盛り込む方針を固めた。
 敦賀〜大阪間のルートについては、関西7府県でつくる「関西広域連合」の提案を踏まえ、▽福井県小浜市などを通る「小浜ルート」(延長123キロ、概算建設費9500億円)▽大津市などを通り京都駅東側で東海道新幹線に合流する「湖西ルート」(81キロ、7700億円)▽滋賀県長浜市などを通り米原駅で東海道新幹線と合流する「米原ルート」(44キロ、5100億円)−の3案が浮上している。1973年に決定した国の北陸新幹線の整備計画は小浜ルートで決まっており、国交省の調査でも同ルートを軸に3案のメリット・デメリットを比較検討する。過去の整備新幹線のルート選定では最新の建設コストや沿線地域への経済効果などを考慮して当初計画のルートが変更された事例もある。自民、公明両党のプロジェクトチームは、工事中の金沢〜敦賀間のうち、福井までの延伸・先行開業の可否や、これを実施する場合の方策について16年度予算要求までに政府に提言する予定だ。

3262.隠岐で「ジオ博」開催へ 世界ジオパーク認定から2年を記念 /島根 返信  引用 
名前:為五郎    日付:2015/08/18(火) 09:56
隠岐で「ジオ博」開催へ 世界ジオパーク認定から2年を記念 /島根(隠岐経済新聞)よりH27.08.18紹介
 隠岐4島で9月から、「隠岐ジオパーク」世界認定2周年を記念するイベント「2015 隠岐ジオ博」が始まる。

 ジオパークとは、 世界的に貴重な地質や地形、火山などを複数持ち合わせる自然公園のこと。隠岐では、独特の地形や特異な生態系、地元特有の文化などが評価され、2013年9月に日本で6番目の「世界ジオパーク」として認定を受けた。

 イベントは、認定から2年を迎えることをきっかけに地元観光協会などが企画。隠岐4島の自然環境のみならず歴史や文化、食、地域物産品などのアピールを目的とする。テーマは「人とつながる 島とつながる」。伝統芸能を紹介する祭りの開催や食のイベント、着地型観光メニューの提案などのプログラム5つを展開することで、島外から訪れる観光客の誘致につなげたい考えだ。本土からの集客も見込まれており、1泊でのツアーも催行の予定。

 問い合わせは隠岐観光協会(隠岐の島町港町、TEL 08512-2-1577)まで。

3261.<大間原発>下北半島西部の追加地質調査開始 返信  引用 
名前:為五郎    日付:2015/08/11(火) 10:20
<大間原発>下北半島西部の追加地質調査開始(河北新報)よりH27.08.11紹介
 電源開発(Jパワー)は10日、青森県大間町で建設中の大間原発の新規制基準適合性審査(安全審査)に関連し、原発周辺地域での追加地質調査を始めた。調査は下北半島西部の広い範囲に及ぶ見込みで、終了時期は未定。
 むつ市の大畑川支流であった地表面踏査が同日、報道各社に公開された。地質調査会社の3人が、河成段丘面の可能性がある国有林内の箇所で、がけをスケッチしたり岩石を確認したりした。
 大畑川流域では1週間で約10地点を調べる計画。その後、同市の川内川流域でも同様に調査する。Jパワーは踏査結果を踏まえ、ボーリング調査の位置などを決める方針。
 原子力規制委員会はこれまでの審査会合で、段丘地形の成因に関するデータ不足を指摘していた。Jパワー大間原子力建設所の関島正浩所長代理は「データをそろえ、審査が遅滞なく進むようにしたい」と話した。
 Jパワーは今後の具体的な調査計画を作成中。同社が目標にする11月までの規制委による審査終了と、テロ対策など向けの特定重大事故等対処施設の着工は困難な状況になっている。

3260.ジュラ紀に並ぶ「千葉時代」誕生? 返信  引用 
名前:為五郎    日付:2015/08/10(月) 10:39
ジュラ紀に並ぶ「千葉時代」誕生?(web R25)よりH27.08.10紹介
地球46億年の歴史をひもとくのに貴重な地層が千葉県にあることが判明。「千葉時代」が誕生するかもしれないことがTBSNewsなどで報じられ、話題となっている。

映画『ジュラシックパーク』シリーズなどでおなじみの「ジュラシアン(ジュラ紀)」など、地球の歴史には様々な区分が設けられている。区分は大陸の移動や恐竜の繁栄など、地球の大きな変化によって分けられており、ジュラシアンの場合はフランス〜スイスに広がる「ジュラ山脈」に代表的な地層があることから命名された。

時代を代表する地層に認められると、「国際標準模式層断面及び地点(GSSP)」として“ゴールデン・スパイク(金の杭)”が打ち込まれるが、1つの時代区分でゴールデン・スパイクが打たれるのは世界で1カ所だけ。杭が打ち込まれた地名が時代の名称として使われるという。

地球の磁場は歴史上何度も逆転しており、千葉県市原市田淵の地層は、およそ77万200年前に磁場が逆転したことを示しているとのこと。この時代の地層が明確に分かるのは、世界で市原市と、イタリアの「モンタルバノ・ジョニカ」「バレディ・マンチェ」の計3カ所とされる。

ライバルのイタリア2地域を差し置き、もし千葉県市原市がGSSPに選ばれゴールデン・スパイクが打ち込まれれば、「千葉時代」という時代区分が誕生することになる。地質時代の区分において、「○○時代」は「カラブリアン」「ジェラシアン」など、「〜アン」「〜シアン」となることが多く、産経新聞では、読みは“チバシアン”としている。

ツイッター上では、

「千葉時代(チバシアン)って名前ェ… どうにかならんのか歴史に刻まれるかもしれんのに(汗)」
「千葉時代(チバシアン)もうちょっとネーミングどうにかならなかったのかな?( ̄▽ ̄)」
「チバシアンってださすぎぃ」

など、“ちょっとダサいのではないか”という意見もありつつ、

「ちょっと前から話題になっていた、千葉県の地場逆転現象。トンデモかと思ったら大変重要なことだった。学会で選ばれろ!『千葉時代(チバシアン)』の名前を刻め!」
「チバシアン…!でもとてもロマンがあるのでぜひ選ばれてほしい」
「なんだかよくわからないけど、千葉県民であることを誇れる〜ぅ」

など、ぜひ「千葉時代」となることを期待する声も。

なお、日本地質学会によると、GSSPとしての承認は、おそらく2016年開催の万国地質学会で行われる「国際層序委員会」での委員の投票で決まるとのこと。市原市田渕が選ばれるためには、それまでの間、委員に対して「GSSPにふさわしい」という印象を持ってもらう必要があり、そのための活動を続けていくとのことだ。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb