[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
陸中海岸釣り日記

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



266.平舘真鯛GAME ポキ(*_*) 返信  引用 
名前:APC 菅野    日付:2017/06/26(月) 08:33
5時間近く駆けて釜石から青森平舘に二日連続の真鯛釣初見参! 夜の高速を北上し平舘4:00出港 初見参のくせに事前準備もろくにせず(勉強不足)メタルジグand鯛ラバ 仕掛けも佐々木さん任せで罰が当たったのかトラブル連発 バックラッシュ(糸絡み)一匹真鯛が釣れる度に船頭さんが忙しそうに記念撮影、一人又一人と連続撮影。当然釣れない私の登場場面はなく取り残されてしまい(佐々木さんも)今日はダメ明日にかけようと思っていた時・・・・ 突然ヒット、 ボキ(バット部分)あまりの釣れなさに集中力切れ(普段から集中力はあまりないが)終了間際突然のヒットで大合わせ(ドラグ調整は?)折れた竿を佐々木さんに持ってもらってリール巻き上げ上がってきたのは40Cmオーバーの真鯛 私の初マダイは引きを竿先で味わうことはできず一寸残念?でもその時佐々木さんは未だ完全ボウズ状態で 友人を気遣う余裕あり、終了後 早速反省会 2日目 前日とうって変わり真鯛の活性が低くミヨシの釣客がやっと二本上げただけ、あきらめた方々はイソメでカレイ釣を始めもうあきらめモードに突入 釜石までの帰り道五時間以上かけて足取り重く慰めあいながら帰るのかと思いつつ・・・・ しかし突然終了間際にやってくれました。佐々木さんのトウキチロウジグにヒット 50オーバーの真鯛を無事に釣上げ喜色満点・・・ふがいなさに、同情していた私が逆の立場に交代しこんな事もあるあるんだなと共に喜びながらも複雑な想いの釣行ではありました。チャンチャン

265.花露辺漁港の底力 返信  引用 
名前:菅野APC    日付:2017/06/14(水) 14:09
6月11日花露辺から半年ぶりのカレイ釣り 朝一爆釣ポイント発見 どうやら前日ワカメ養殖棚掃除してあり大滝船頭が狙いをつけていたらしい。仕掛けを降ろすと全員に即アタリでこれがなかなか終わらない。かなり魚が寄っているようだが、しばらくして別の船が近寄ってきたので一時移動し周りに船が居なくなったら又戻る事としました。移動しても釣れ続けたが、又朝一ポイントに戻ることに・・・・そういう場合大体時間の経過で釣れないものなのだが、まだ居た!恐るべし係り釣り!ポイントが当たれば大漁間違いなし。一段落し船頭から狙ったポイントは全てやったので流し釣りをしてみようと提案・・・・・・・いやもういいと終了(イソメも残り少ないし、充分過ぎる釣果なので) 今回の大漁は名船頭 大潮 前日の餌まき効果 最後に仲間のこ突きかな  個人的には今回の目的をシーズンオフの間に作成した自作仕掛けのエビデンスと思っていたが、あまり全員で釣れると仕掛けの有意差が計れないのが一寸残念 佐々木さんチャンスがあれば是非一緒に参りましょう。

263.初冬のヒガレイ釣り 返信  引用 
名前:APC 菅野    日付:2016/12/06(火) 09:24
今年も12月になり今年最後のカレイ釣り 10:30出港 前日作業した養殖棚で開始したのだが不発。
船中でケムシカジカ(鍋壊し)、マダコのみ。ケムシカジカは捨てようとしたのだが、
白木澤船頭より焼いても美味しいから捨てるなとの教育的指導。捌くのが大変ならと皮を剥いでもらいました。
当日は口開のため朝一爆釣ができず早々にヒガレイ狙い流し釣りに移行、ここで電動リールが活躍という場面でしたが・・・・・・・・
電動リールのPEライン1号が小突いてる最中に切れ!傷でもあったか?ガイドに傷?原因が分から
ず。不安の中開始・・・・・数分後又切れてしまった。どうして 切り口を見ると、今度はリーダーをつけずに直接サルカンに
結んだ為ほどけてしまったらしい。なんと不運な?いや何でドジなのだろうと情けなくなってしまう。
大事な自身作仕掛け2つも海の中へ(まだ一匹も釣ってないのに残念、でも大物が掛かって切れたらもっと悔しいかも)
 実は、最近あまり釣りの調子が悪く船酔い、PEライン切れ(劣化?)等トラブル続き今回は事前にチェックしたのに
情けない限り ヒガレイポイントで宮古から参加の田名場先生がラッシュアベレージサイズのダブル連発。
よく見るとカレイ釣りでは一世風靡したシューター仕掛けAND水中ライト2灯式青2連結このせいか?
なかなか群れには当たらず拾いながらの移動という感じで終わってみれば14枚大型ヒガレイも4枚混じったし
アクシデントも重なり、こんなものでよしとしましょう。
(電動リールは楽でいいんだが小さなカレイも重く感じて、上げてみるとなんだこんなものかという感じ。ヤッパリ手巻き
でやり取りを楽しんだほうがいいかも)



264.Re: 初冬のヒガレイ釣り
名前:佐々木道典    日付:2016/12/06(火) 09:34
また師走。1年は早い。今日は花巻の石沢さん、宮古の田名場先生との定例の釣り。
たまたまアワビの開口日になって10時30分の出船。場所は吉浜湾、栄宝丸。
まず棚周りの係り釣り。仕掛け投入も…来ない。数か所移動するも、1〜2枚の釣果。
私は全然アタリないまま、正午の根白漁港の正午のチャイムを聞く。
天気は12月にしては暖かい。風もなく全くの釣り日和。だが潮が動かない。
船はマダコ、カツカ、アイナメ、木の葉カレイが上がるが…。
白木澤船はかかり釣りを諦めて、流し釣りに。吉浜湾沖の70〜80mライン。
地洋丸、喜福丸の姿が…。
私もカレイ競技スペシャルUMH165、シマノForce Master 400に変更。
いそめをたっぷり付けて投入。今日の1枚目をゲット。しかし効率が悪い。
アタリ、手応えは申し分ないが、上げてみるとがっかり。小形しか来ない。
しかもばらしも多数。ヘタくそ。
夕まず目に入れ食いはあったが、まずまずサイズ15枚。
田名場先生が抜群で、後はみんな同じような釣果でした。
次週は両石湾で、寄松師匠を囲んで軍団14名の忘年釣会です。
後は23日のメガラで竿納めです。新年もメガラで始まります。

261.陸中海岸ヒガレイバトル 返信  引用 
名前:APC菅野    日付:2016/10/31(月) 15:54
前回、田名場先生たちと大漁を経験した根白ヒガレイ釣り、
夢をもう一度と花巻より遠藤、松岡、両氏を招き釣行。
船頭の白木澤さんの事前情報ではまだ水温高くヒガレイはかなり深場(100mライン)らしい。
もう少し下がれば浅場にくるはずだが、とは2週間前の話で、
勝手に2週間もあれば水温も下がるだろうと期待しての釣行であった。
先ずは湾内ホタテ養殖棚で係り釣り松岡さんマコガレイ連発、他は沈黙思わしくない、
何箇所も、ホタテ作業棚を回るも思わしくない。
道典さんが何か釣れてる(ホウボウ、アイナメ)
令二さんにも何か(イイダコ)。不安的中。棚を諦め、
流し釣りに70mライン。期待度UP。
この日の為に準備作成した必殺!
形状記憶合金5本針(1本胴付)大型ヒガレイに合わせ針はセイゴ17号軸太(口切れ予防)
and特効餌(鯖の切り身)。
ダブル3回最大36cm(船中最大は花巻遠藤さんの40cm)計12枚と大漁とはいきませんでしたが、
これで良しとしておこう。40号の錘で70mは小突も疲れる、アタリも取りにくいし、巻き上げ疲れる。
今回の反省を踏まえて5本針は止めたほうがいい、胴付針効果立証できず、
鯖エサ優位差なし。60歳をすぎたら深場は電動リールにしたほうが楽ですね。

260.鯛将真鯛 返信  引用 
名前:陸中海岸釣り日記    日付:2016/08/27(土) 09:51
重雄さんから、真鯛をいただいた。前日、久栗坂の鯛将で釣って来たもの。
ありがとうございます。
今年は、本当に陸奥湾真鯛にきらわれています。苦戦続きで…鯛はやめようとも思いましたが…。
食べてみると美味い。刺身で「じょぱり」をぐい飲み。鯛めしにして友人にもお裾分けしました。
やっぱり王様ですね。来週から、また真鯛釣りに挑戦します。

258.ワタス失敗しました(T_T) 返信  引用 
名前:陸中海岸釣り日記    日付:2016/07/19(火) 18:20
7月16日から18日に青森に遠征しました。
今シーズン初の真鯛釣り。わくわくしながら高速を飛ばす。「ますへい釣具店」で情報を仕入れて、「スーパーマエダ」で氷を買って平舘にむかう。
早めに着いたので、漁港を見て、「ちゃぽらっと」でひと風呂。「ペンション台場」へ。連休なので、満室でした。燈台の見える部屋で、仕掛けの点検。早めに床に就く。翌日、朝4時前、平舘漁港。船は初体験の「昭丸」さん。6人の客を乗せて出船。天気は雨が来そうな曇り空。陸奥湾出口の70〜80mライン。やや波が立つが、まずまずの状況。だが、潮の流れが速く、75gの鯛カブラが流される。ジグも使用。音沙汰なし。鯛はいるのか。魚探には反応があるが。何とか天気がもつ。11時まで長く感じた。ほうぼう1匹のみ。船頭さんも困ったらしいが、6名で2匹(1人で)のみ。きびしい。
すぐ、青森市内に移動。「そふえ釣具店」で情報収集。ワシントンホテルに向かう。Jリーグ「浦和対大宮」を見て、寝る。夜中、雷がゴロゴロしていた。翌日3時過ぎ、大雨の中、ホテルを出て、久栗坂漁港に。前から乗船して見たかった「釣船 鯛将」に。重雄さんが(今日から3日間連続で乗船するらしい うらやましい)取ってくれた。朝4時前出船。幸運にも鯛将の脇が船座。漁港沖の30〜40mライン。鯛将の魚探には真鯛の群れ…。まず、カーブフォールを教わり、スタート。すぐ誰か釣ると思ったが…あたりなし。鯛が口を使わない。ベイトの群れも見られる。しばらくして重雄さんの竿がしなる。良型の真鯛。で、後ろの人に何と82cmの大鯛が。くそー。悔しい。そして、艫の方の客に72cmの真鯛。ワタスにだけ来ない…(T_T)。のしの影響でボトム反応での釣りが多くなる。重雄さんがもう1枚追加。真鯛らしき反応はあるが釣り上げる事ができない。中層反応は軽めのテンヤはいいのは知っていたが…。後手、後手…。アジ1匹のみ。結局9人で9枚の真鯛でした。鯛将は「鯛長不良」のTシャツを着ていました…、感じのいい船頭さんで感激しました。3日間の青森遠征、釣果なく疲れだけが残りました。8月は函館に行ってきます。



259.Re: ワタス失敗しました(T_T)
名前:ささき    日付:2016/07/19(火) 18:22
重雄さんが78cmを釣り上げたとの連絡。
まだまだ負けません。
私ははちまるが目標です!

256.(untitled) 返信  引用 
名前:APC    日付:2016/07/12(火) 15:38
佐々木さん先日はお疲れ様でした。
久し振りの栄宝丸でのカレイ釣り 釣果よりも船頭の白木沢さんの顔を見るための釣行でした。マルカノ釣り具店でイソメを買い(2000円大盛りでした)スーパーでヒガレイ用のイカを購入準備万端、天気予報は曇りで雨の心配なしと、判断して軽装で・・・・・ところが天気予報が前日午後急変雨予報に 知らない私はずぶ濡れになるところ白木沢さんから合羽を借りてセーフ(天気予報は直前にも確認しなければと再認識)
実は私ごとながら去年からカレイ釣りは好調続きで1釣行30枚位キープ船頭がいいのか遊魚船が少ないためか、仕掛け作りの(Myカレイ仕掛け)成果が出てきたのか、
今回は最初棚での係り釣りでマコ、ヒガレイ 型揃いのいいサイズがドンドンでしたがやがてヒガレイが小さくなりその時点でもう満足でしたが、白木沢さんより流し釣りに移行とのことでヒガレイ狙いに・・・・そこでもう大変ヒガレイ入れ食い餌がなくなりそう最初からここに来ていればどうなっただろうとも考えましたが、終わってみれば、多分今までで50枚(アイナメ込み)釣り上げたことはなかった自己最高を記録、栄宝丸の底力を感じながらみんな満足の釣行でした。機会がありましたら又宜しくお願いします



257.Re: (untitled)
名前:陸中海岸釣り日記    日付:2016/07/13(水) 09:14
菅野さん、タイトルが抜けています。
吉浜湾の底力 栄宝丸の底力でいいですね。
今度は数人しかいない、伝説の100枚釣り、挑戦しましょう。

7月30日は重茂のヒラメ、同行、お願いします。
陸中海岸釣り日記、まだまだ頑張りましょう。

254.岩手県医師会釣り大会にて 返信  引用 
名前:菅野APC    日付:2016/06/23(木) 18:17
6月19日 岩手県医師会の釣り大会にゲスト(会員外の部)で参加してきました。
天気予報を見るとかなり暑くなりそうでしたが、曇りで風も無く穏やかな釣り日和となりました(波は若干あり)。釣り場は、仮宿沖最初の棚に付け仕掛けを下ろすも当たりがない….隣で小さなマコガレイを上げる(腹に泥が付いているカレイは泥の中に潜っている?やばいかも?)二回目移動では最初は魚はなかなか食って来なかったが次第に集まってきたようで入れ食いに近い状態でナメタの4連発あり、ダブルもあった。食いの良い時間は8時半頃までで以後はポツリポツリとなった。10時過ぎたら忘れた頃に釣れる感じになり船頭に頻繁に電話が来て、状況報告をしてるが、船頭は周りを気にしない方がいいよと言ったが、この船が一番釣っている感がある。
中盤に何度か大きな引きがあったがバレが連続、ハリ先が甘くなって刺さりが悪くなったか?合わせがまずかったか?
後半はどこに行ってもダメで終了。検量で9.7Kgとゲストの部優勝できました。
医師会会員の部では優勝は一関医師会大和田先生婦人、準優勝は北上医師会千田先生という内容でした。



255.Re: 岩手県医師会釣り大会にて
名前:Sasaki    日付:2016/06/24(金) 09:17
優勝おめでとうございます。やるときはやりますね。今後のご活躍を祈念します。

252.両石湾2016.05.14 返信  引用 
名前:菅野APC    日付:2016/05/16(月) 07:57
6月に予定されている岩手県医師会釣り大会の下見、準備、練習を兼ねて馴染みの政丸でいざ出陣船頭の事前情報ではまだ水温が低くどうかな?中村船頭にとっても今シーズン初とのことで棚移動しながら探って行くことに・・・・
ところが一発目で入れ食い状況・・・・ お!ヒガレイも大きいぞ、マコも型揃いダブル、トリプルと魚影が濃いみたい。とこらが潮止まり、9時頃から沖からの北風・・・強風・・・
バッタリアタリなし早上がりとしましたが、キープ30枚ジャストは出来すぎでした。
今年も両石湾は期待大ですよ



253.Re: 両石湾2016.05.14
名前:Sasaki    日付:2016/05/20(金) 16:08
あまり、老人いじめはしないでください。

251.平舘2016初真鯛釣行 返信  引用 
名前:Mr Sigeo    日付:2016/05/10(火) 21:04
5月9日快晴の下、タイタニックで釣行
タイタニックのブログを見ればわかるように大敗
6人乗船で5人はボーズ
そんな中で一人で大型真鯛5枚釣上げた名人がいた
その人の釣り方は、ジグを大きくキャストしてカーブフォールで誘い
そのポイントから斜め引きで食わせる
使用ジグは我々と同じタイジギチューン50〜60g
私もすぐ真似をしたが、私のスピニングロッドでは50gは無理
一投目でノットが破壊しジグとともに海の中へ
その人はシーバスロッドみたいな感じ
結構力強くキャストしフォールの際は指を軽く当ててサミングする
去年の7月、鯛将で教えられたキャスト&カーブフォールでの釣り方
結局は、最後までその釣り方(バーチカルでの釣りは一切しない)
まったくそのような釣り方が平舘海峡でも通用するものだと
勉強させられました


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb