[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
牛部屋ギャラリー
ここは牛親方の牛部屋ギャラリーです。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



319.牛部屋、MLB観戦旅行記・San Diego編@(2003.06.13-24) 返信  引用 
名前:牛親方    日付:08月29日(金) 03時58分
Original Size: 640 x 480, 24KB Original Size: 480 x 640, 31KB Original Size: 640 x 480, 25KB

写真は左から「デイブ・ウィンフィールド」「トレバー・ホフマン様」「テッド・ウィリアムズ」

2003年6月20日(金)

結婚10周年の朝は、シアトルで迎えた牛部屋。
おかみには、こんなMLBバカに10年連れ添ってくれて感謝、感謝である。
朝5時に起床、ホテルのテレビインターネットに昨日から繋いでいるし、勿体ないのでヤフーやアサヒコムなどで、ニュースをチェックする。
6時半に朝食をいただき、8時ちょっと前にチェックアウト、フロント氏にシータック空港までのタクシーをお願いした。
するとタクシーではなく、セダンタイプの高級車が牛部屋を迎えに来た。
「いくらかかるんだろう?80ドルはするかのぅ?」と、おかみと心配しながらも25分で空港に到着。
気になるお値段はわずか30ドル、チップ込み35ドルで行きのタクシーより安かったのだ。
シアトル・タコマ空港は、アラスカ航空がハブなのだそうで、デルタ航空のカウンターは空いていてラッキー!
だが、お約束の手荷物検査、人体検査はイヤになる。
カバンもマンツーマンで調べられ、人も靴を脱いでこれまたマンツーマンだよ。

シアトル(SEA)から再びソルトレイク(SLC)を目指し離陸した飛行機はB757、LAXからSLC、SLCからSEAは共にB737だったので、前後の座席間にゆとりがある感じがした。
エコノミークラスで2時間弱のフライトなので、おつまみとジュースぐらいしか出ないため、ソルトレイク空港で今度は「バーガーキング」のフィッシュバーガーセットを食べた。
ここも、トラベラーズチェックが使えました。
3:16さんの会社に電話してみたが、あいにくご不在のよう、明日またかけてみるか。
空港での待ち時間、1時間30分はあっという間に過ぎ、サンディエゴに向け出発。
15時45分、無事に飛行機はサンディエゴ空港(SAN)に着陸。
飛行機を降りてターミナルに入ると、なにやらパネル写真が数枚飾ってあるぞ?
それは、サンディエゴのスポーツで功績のあった人たちの写真で、それに気づいた時には「親方〜、写真撮って〜!」とおかみが早くも見つけたホフマン様の写真のところでスタンバっているのには、呆れるのを通り越して感心してしまうね。



320.牛部屋、MLB観戦旅行記・San Diego編A(2003.06.13-24)
名前:牛親方    日付:08月29日(金) 04時01分
Original Size: 640 x 480, 23KB Original Size: 640 x 480, 39KB Original Size: 640 x 480, 32KB

写真は左から「トニー・グウィン」「ラリー・ドビー氏」「ジャック・マクダウェルバンド?」

写真撮影後、外に出ると風が涼しいのだ。
なんだか、シアトルに戻ったような気温だったな。
LAXと比べるとかなり小さいSAN、それでもハーツレンタカーの大型バスが構内を巡回していた。
それに乗り込み、数分で営業所へ行きクルマをチェックアウト、三菱ギャランである。
クルマに乗り込みホテル探しに出掛ける。
牛部屋、サンディエゴではいつもクァルコムステイディアムとSDSUの間の「ワーリング通り」のモーテルに泊まることになっているのだ、規則はないけど
フリーウェイ5号から8号を乗り継いで目的地に到着、昨年9月に泊まった「デイズイン」を目指すが、駐車場にクルマが多いぞ。
フロント氏は、去年泊まった時と同じおじさんだったが、何と!「満室」である。
この時期の週末、サンディエゴは人が多いんだよなぁ。
仕方がないので、クルマで30秒ほど移動し隣の「ベストイン」へ行く。
ここは、レンタカーで初めてサンディエゴを訪れた2000年5月以来もう6回泊まっているが、フロント氏はここで初めて見かけるアジア系、日本人かな?
結構、宿泊客が多いようで初めて2階の部屋(2階建て)になってしまった。
荷物を置いてすぐ、クァルコムに出発。
8ドルの駐車料金を払いクルマを停め、チケット売り場へ。
今日と明日は、ブルペンの「かぶりつき席@ただしシアトル側、ホフマン様いないし」、最終日はこれが最後のクァルコムでの観戦になるため、トップデッキ席を購入する。
今日は、「フロッピーハット」のギブアウェイがあるが、去年のGWに来たときと同じ「TOYOTAディーラー」提供だ。
ただし、デザインは去年のとはかなり違っていた。
球場の中では、陽気なサンディエゴらしく音楽隊が演奏をしていた、それも複数が。
なんでも、おかみと誕生日が一緒の元CWSなどの主戦投手であるジャック・マクダウェル率いるバンドがいたことを後で「牛親方MLB掲示板」で知ったのだが、どのバンドがそうなのか良くわからなかったぞ?
去年、ここで食べた「ターキー」の店をチェックするがなくなっていたようで残念!
すると、パドレス・アロハを着たおじさんが、その辺の人にサインしているのを発見!
親方はマリナーズ帽子なので遠慮すべきで、パドレス帽子を被っているおかみは行くべきである。



321.牛部屋、MLB観戦旅行記・San Diego編B(2003.06.13-24)
名前:牛親方    日付:08月29日(金) 04時03分
Original Size: 640 x 480, 32KB Original Size: 640 x 480, 17KB Original Size: 640 x 480, 36KB

写真は左から「髪の毛がちぢれてないジョーンズさん」「ジョーンズさんのサイン」「ギル・メッシュ投手」

親方「みっしょうっ、誰か知らんけどサインもらってこいっちゃ!」
おかみ「ええんかねぇ?有名な人なんだろうけど。」
親方「おおっ、ええいの!きっと有名などこかのおじさんじゃけぇ、行けっちゃ!」
そしてサインを帽子のフチにしてもらったのだが、そのサインは・・・。
親方「(声のトーンが高くなり)ランディー・ジョーンズさんじゃあやっ!のぴでサイヤング賞を獲った人で、ジトに野球を教えた人いの!バーベキューもこことレイク・エルシノアに出しちょるそいの。
おかみ「親方、顔見てわからなかったの?」
親方「うん、わからんかったでよ。髪がちぢれてないけぇの。」
するとショーン・バロウズに似たSDSUの学生風の兄ちゃんに「あの人、誰?」って聞かれて、「Mr.Randy Jones!Do you know?」と知ったかぶって説明してあげたのだ。
にせバロウズくんは感激していた、「僕も貰ってこようっと!」

さて、座席は1塁側のマリナーズブルペンの横、投球練習する時は目の前に見える絶好の席だ。
試合開始を待つ間、マリナーズの先発バッテリー、ギル・メッシュ投手とベン・デイビス捕手が投球練習のためやってきた。
元パドレスのデイビス、若い女の子に声をかけられていて当地での人気を証明する。
どう見てもメッシュの方が男前じゃがのぅ
試合開始前、国歌斉唱の前に今日は黙祷があるようだ。
先日亡くなられた、ア・リーグ初の黒人選手であるラリー・ドビー氏の逝去を悼み行われるものである。
氏は日本の中日ドラゴンズでもプレイしており、黒人としては2番目の監督になった方である、この場でもご冥福をお祈りします。
さてパドレス先発は、オリバー・ペレス。
初回にイチロー選手のヒット、オルルッドに死球を与えたが、マリナーズは無得点。
3回に先頭打者・イチロー選手がまたもやヒット、1死後四球2つで満塁とし、キャメロンのヒットとデイビスの2塁打で3点を先制、ペレスはボール球が多く観客も呆れているように感じた。
一方のメッシュ、8回無死までを6安打、2四球で2回以外は毎回ランナーを許すが要所を締め無得点に封じる。



322.牛部屋、MLB観戦旅行記・San Diego編C(2003.06.13-24)
名前:牛親方    日付:08月29日(金) 04時06分
Original Size: 640 x 480, 25KB Original Size: 640 x 480, 23KB Original Size: 640 x 480, 26KB

写真は左から「アーサー・ローズ投手」「長谷川滋利投手」「耳鼻科に行ったほうが良いラモスさん」

マリナーズ打線、得点を上げた3回以外でも四球でランナーは出すが、なかなか追加点が奪えない試合展開となった。
ペレス降板後のピッチャーからも、なかなか点が奪えない。
7回あたりから、マリナーズブルペンが慌ただしくなる。
長谷川滋利投手とアーサー・ローズ投手が投球練習開始。
ローズの肌、意外(失礼!)と綺麗なのにはビックリ、セーフコではこんな近くでは拝めないからね。
8回、先頭打者に2塁打を許したメッシュに代わり打者・クレスコのところでローズ登板。
ローズ、2死後に死球を与えるがメッシュの残したランナーのホームインは許さず。
すると今度は、ブルペンではジェフ・ネルソン一人が投球練習を開始、メルビン監督はネルソンがお気に入りなのかな?
9回表、マリナーズが無得点で3-0で迎えたそのウラ、ネルソンが予定どおり登板。
先頭打者に内野安打を許すが、後続2人を三振で2アウトになる。
ところがコッツェイに四球、ロレッタにヒットで満塁になり、シギーが再び肩を作り始めた。
ネルソン、続くクレスコに押し出しの四球を与え、動揺しているのが素人目にもわかる。
マリナーズベンチからプライスコーチが出て間を取る。
シギー、もういつでも行ける状態、牛親方はブルペンコーチのラモスに向かい日本語で叫ぶ。
「おいラモス、ネルソンはアップアップじゃ!なしてメルビンが出て来てシギーに代えんのか!アンタが電話してメルビンとプライスに教えてやれ〜!」
だがネルソン続投、甘く入ったスライダーを強振したロンデール・ホワイトの打球はレフトスタンドへ〜。
「入っちゃたよ!?サヨナラグランドスラム!?やったあ〜〜〜!!!」と喜ぶおかみ、一方の親方は言葉が出ず、その場に2分間は立ちつくしていただろうか?
次第にマリナーズに対し、いやネルソンに対し怒りがこみ上げてきた。
これは、「格下相手に見下してたたかうと痛い目に遭うよ」と教えられたかのようだ。
親方は怒りを冷ますのに、おかみは興奮を冷ますのに、40分はかかっただろうか?
こうなったら、おかみにクルマを運転して連れて帰ってもらいたいところだが、国際免許証を取得していないので、仕方なく親方が運転して叫びながら帰ったのは言うまでもない。
途中の「アルバートソン」で、コーヒーや果物などを買い、ホテルに戻る。



323.牛部屋、MLB観戦旅行記・San Diego編D(2003.06.13-24)
名前:牛親方    日付:08月29日(金) 04時09分
Original Size: 640 x 480, 31KB Original Size: 640 x 480, 28KB Original Size: 640 x 480, 31KB

写真は左から「ホートン・プラザ」「ペトコパークは向こう」「間に合うのかな?」

「チャンネル4」では、先ほどの試合を再放送しているが、おかみだけが視聴し親方は日付が変わった頃に就寝。
何とも言えない結婚10周年記念日ではあった。

2003年6月21日(土)

7時半に起床し、ちょっとショボイ朝食をいただき、部屋でノンビリする。
テレビをつけると、ヤンキースのクレメンスのインタビューやNHLのドラフト会議の模様などを放送している。
中でも目を引いたのが、この旅でなぜかはまってしまったおばさんプロによるビリヤード大会である。
そういえば、土曜日だし昨日はお話できなかったが、3:16さんのところに電話してみた。
あいにく、入浴中だったので折り返しかけていただき、「親方は敗戦ショックで寝込んでおります。」と代わりにBBSにレスしていただくようお願いした。
気がつけばもう11時半、まずはミッションバレーにある「ターゲット」に行き、TOPPSベースボールカード、カードホルダー(アルバムか?)、おかみがちょるぽんさんに教えていただいた値段が日本より安い化粧品、そして風邪薬を購入した。
クルマで市内の「ホートンプラザ」に移動、まずはお約束の「パンダエキスプレス」で昼食タイム。
それにしても、牛部屋は中華料理が好きだなぁ(笑)。
買い物は、スポーツグッズ屋でなぜかレッズのジャンバー、パドレスのTシャツやステッカーなどを買い込み、「メイシーズ」でおかみにネックレスを買ってあげた、結婚10周年だから。
値段が3,000円ちょっとだと言うことは内緒にしてください。
そういえば3:16さんは明日、Ana @ LAを観戦されるとのことだが、ここサンディエゴでもAMラジオで710(エンジェルスチャンネル、ESPN)もしっかり聴ける。
今日はデーゲーム、残念ながらドジャースに2-4と惜敗していた。
ホートンでは、クルマが多かったので一番上の屋上にクルマを停めたが、来年オープンするパドレスの新球場「ペトコパーク」の建設現場が見える。
去年9月以来のサンディエゴだが、スタンドもはっきりして、いよいよオープン間近ということが良くわかる。



324.牛部屋、MLB観戦旅行記・San Diego編E(2003.06.13-24)
名前:牛親方    日付:08月29日(金) 04時11分
Original Size: 640 x 480, 28KB Original Size: 640 x 480, 45KB Original Size: 640 x 480, 32KB

写真は左から「パドレス新事務所の壁」「シギー2003年初セーブ試合BoxScore」「クァルコムのVIP席?」

1階にある「スタバ」で一番安い「本日のコーヒー」を飲み、建設現場にクルマで行ってみた。
このあたりは、浮浪者もいて雰囲気がちょっと・・であるが、ぜひ来年はここで試合を観戦したいものだ。
おっと、その前におかみの写真撮影タイムだ。
ひととおり写真を撮って、フリーウェイ163号経由で8号を通り、ホテルに帰った。
ホテルでは、66枚も買ってしまったベースボールカードをホルダーにしまいながら、TBSテレビで放送していたBal @ Atlを観戦、これは10-2でブレーブスが圧倒した試合だった。
18時にホテルを出発、途中の「スポーツ・オーソリティ」でパドレスグッズを買い込み、クァルコムへ。
今日も、1塁側(マリナーズ側)ブルペン近くの「かぶりつき席」だ。
今日は、マリナーズ先発がピネイロ、パドレスはイートン。
マリナーズは初回、イチロー選手が2塁打で出塁、マクレモアが四球を選び1,2塁、ブーンのタイムリーとオルルッドの犠牲フライであっさり2点を先制。
だがそのウラ、立ち上がりの悪いピネイロはコッツェイ、ロレッタにいきなり連打、2死後にバロウズに同点タイムリーを浴びてしまう。
だが2回表、マリナーズは1死満塁から押し出し2つで黙って勝ち越し点を貰う。
2回のウラからは、両チームともランナーは出すが決定打がなく、試合は終盤に。
8回表にピネイロに代打が出て、そのウラからローズが登板、シギーはローズと一緒に肩を作っていたが、一旦ベンチに座る。
ローズは8回の先頭打者に四球を許したが、後続を抑えた。
そして9回表の攻撃中に、シギーが再び肩を作り始める。
そのウラ、先頭打者が左のバロウズだったのでローズ続投、ショートゴロに打ち取るとメルビン監督が出てきた。
もちろん、この試合を締めにいくのは長谷川滋利だ。
どうせなら、前の日も行かせっちゅうの!
シギー、ネイディとベネットを共にショートゴロに打ち取り、今季初セーブをマーク。
これからもこういう使い方しねぇかな、メルビン監督。
土曜のナイトゲームということで観客もそれなりに多かったため、駐車場のクルマが引けるのを待って球場隣のショッピングセンター内にあるマクドナルドに向かった。



325.牛部屋、MLB観戦旅行記・San Diego編F(2003.06.13-24)
名前:牛親方    日付:08月29日(金) 04時14分
Original Size: 640 x 480, 19KB Original Size: 640 x 480, 32KB Original Size: 640 x 480, 21KB

写真は左から「名門大学・SDSU」「メキシコの楽団?」「クァルコム球場」

クルマを降りて店内に入ろうとすると、マックに良くあるミニ遊園地にいた小学生ぐらいの子供6人が「もうドライブスルーしかやってないよ。」と教えてくれた。
日本でもあまりドライブスルーは利用しないが、まさかこんなところで利用するとはねぇ。
アナハイムでも1ドルだったチキンバーガーを注文し、2個でTAX込み2.16ドルをきっちり用意して商品と交換、子供たちに「Thank you!」を忘れずに言ってホテルに帰り、前日買っておいたスタバの瓶コーヒーを飲みながら食べた。
今日は、チャンネル4の再放送をじっくり見て、1時半に就寝。

2003年6月22日(日)

8時に起床。
今日はデーゲームで午後2時試合開始、その後LA空港までクルマを飛ばし、0時30分の飛行機でソウルに向かう。
チェックアウト時間の11時まで、今日もテレビでBal @ Atlを観戦、いきなりブレーブスのカスティーヤが2ランホームランを放ち、「ブレーブスは強いなぁ。」と呆れていたらチェックアウト時間が迫る。(試合は、なぜかオリオールズが9-3で勝っていたが。)
フロントに行くと、ホテルのオーナー自らがいらした。
こちらの国籍を聞かれたので、逆に聞き返してみると韓国系の人だった。
英語で「サンディエゴは良いところでしょう?また、いらっしゃい!」と言われたので、「実はここ、かなり利用していますよ。」と答えた。
「今度はいつ来るの?えっ、来年?それまでにはリニューアルして良いホテルになっているよ。」とのこと。
ぜひ来年も利用したいと思うが、朝食のパンもリニューアルしていただくとありがたいですね。
クルマを東(アリゾナ方面)に走らせて、エル・カホンという街の「ターゲット」へ。
特に買い物というわけではないが、アメリカのショッピングセンターは見るというよりは、歩き見る(牛部屋の場合は走り見るか?)ことが多いです。
今度は来た道を戻り、泊まったホテルやクァルコムを通り過ぎて、「ファッション・バレー」へ。
ここでも、買い物せずに1時半にクァルコム入り。



326.牛部屋、MLB観戦旅行記・San Diego編G(2003.06.13-24)
名前:牛親方    日付:08月29日(金) 04時21分
Original Size: 640 x 480, 22KB Original Size: 640 x 480, 47KB Original Size: 640 x 480, 49KB

写真は左から「抗議しても無駄でした・・メルビン監督」「軍隊登場」「シューター?」

今日は、クァルコムで観戦するのも最後だし、景色の良いアッパー・デッキの席に座る。
なんとなく寂しい思いがするものだが、もうこの景色も見ることが出来ないのか・・。
試合の方は、マリナーズがフランクリン、パドレスがピービーの先発で始まった。
若手両投手とも、テンポ良く試合展開が早い。
特にフランクリンは、4回1死までパーフェクト、5回を終わり四球1つのみという素晴らしい内容である。
だがマリナーズ打線も、ピービーからヒットは出るものの6回まで4安打散発、0-0の緊迫した良い試合だ。
だが6回ウラ、パドレスの8番打者・メンデスが打った打球は3塁の後方にフラフラっと上がった打球、審判のファールのゼスチャーにメンデスは走るのを止めかけた途端、審判はフェアーの判定!?
1塁ベースコーチ・ロープスに諭されたメンデスは2塁を陥れる(記録は2塁打)。
マリナーズのメルビン監督、もちろん猛抗議をするが受け入れられず。
マウンド上のフランクリン、かなり頭に血が登った様子がトップデッキから見ても明らかである。
ピービーに送りバントを決められ、2死までこぎつけたがコッツェイにタイムリー2塁打を打たれ、先取点を許してしまった。
7回のマリナーズは、2死1,2塁のチャンスに代打・エドガー登場。
ここでピービーをリリーフしたウィタシックに、三振に取られてしまい無得点。
そのウラ、気落ちしたフランクリンに代わりソリアーノが登板、いきなりヒット、2塁打で2点目を許すがなんとか後続は打ち取った。
8回表、2死からブーンが1点差に迫るソロホームランを放つが、パドレスはウィタシックから左のマシューズにリレーし、2-1でパドレスがリードしたまま。
そのウラ、先頭打者を三振に斬って取ったソリアーノ、マシューズの代打ロックハートが告げられるとメルビン監督は左のホワイトを投入。
代打の代打・ブキャナンにソロホームランを浴びたホワイト、6月にレッドソックスから獲得したのだが、数日後にインディアンズに移籍している。
このホワイトを知っている方は、相当なマリナーズファンに認定されるだろう。
試合は3-1のまま9回へ、ここは通常ならホフマン様が出てくるはずだが今季はDL入りしており、急遽カブスのマイナーから獲得したロッド・ベック登場。



327.牛部屋、MLB観戦旅行記・San Diego編H(2003.06.13-24)
名前:牛親方    日付:08月29日(金) 04時23分
Original Size: 640 x 480, 22KB Original Size: 640 x 480, 33KB Original Size: 640 x 480, 34KB

写真は左から「ベックの腕、揺れていました」「おらぁどうせバスの乗せてくれないんだろ!タクシーで帰るよ」「プライスコーチはリムジンでどこに行ったんでしょう?」

ここまですべてのセーブ機会を成功させているベック、登場時に鐘はもちろん鳴らず「SHOOTER」の文字が電光掲示板に浮かびあがっていた。
マリナーズ、ベックの前に三者凡退、ナ・リーグ最弱チームがメジャー最強チーム(この時点で)に勝ち越しとは、ちょっと驚きを通り越して呆れてしまった。

試合は4時半ぐらいには終わっただろうか?
飛行機は夜中の0時30分出発、LAXまではクルマで3時間もあれば着くだろう。
時間を持て余した状態のため、選手が帰る姿でも見ようかということになり、選手専用駐車場に移動。
大型バスが停まっているが、アレはマリナーズの選手が乗るんだろうな。
次の対戦は、アナハイムなのでそのままバスで移動するんだろう。
遠くからの観察でしかも選手たちは私服を着ているため、どの選手が帰って行くのだか良くわからない。
でもはっきりわかったのは、ピネイロとデイビスの姿だ。
彼らは、バスに乗らずにレンタカーみたいなのに乗って帰っていた。
もちろん、運転するのは奥様ではなく本人だという傾向がメジャーでは強いようである。
あれ、デイビスって結婚していたかな?どうでも良いけど。
やたらと背の高い男が、タクシーに乗り込む姿を発見。
一昨日、勝ちゲームを1人自爆して負けた男、ジェフ・ネルソンではないか。
ネルソン、そういえば昨日も今日も試合中、投球練習さえさせてもらってなかったのだ。
そうか、コイツはチームで浮いた存在ということがハッキリしたな!
ネルソン、1人でタクシーのトランクを明けて、カバンをそこに入れていたぞ?
そうかと思えば、リムジンに乗り込むプライスコーチの姿もあった。
一方、イチロー選手はバスに乗り込んでいたらしい。
隣にいた大阪弁をしゃべる母親と娘が親方に「あの〜、さっきのサングラスの人、イチローですよね?」と聞かれたので、「そうですね。」と答えたが、ネルソンを見ていたので実は見逃していたから、適当に相槌を打っただけです。
特にここにいるとサインを貰えるわけではないが、ホフマン様はもう出てしまっていたようで、おかみも食事をしたいと言う。
「そういえば、朝から何も食ってねぇや!」
クァルコムを出て最初に見つけたハンバーガー屋(マック除く)に入ることに決め、すぐに「カールズ・ジュニア」発見。



328.牛部屋、MLB観戦旅行記・San Diego編I(2003.06.13-24)
名前:牛親方    日付:08月29日(金) 04時25分
Original Size: 640 x 480, 34KB Original Size: 640 x 480, 23KB Original Size: 640 x 480, 26KB

写真は左から「カールズジュニア」「ホワイトハウス?いえ、普通の家です」「LA空港」

バーベキューセットを頼んだのだが、ここの店員はやたらとレッドソックスのラミレスに似ていたのである。
写真をお見せしたいところだが、残念ながら撮影はしていない。
マニーくん、「座って待っていてね。」と一言、5分もせずに商品を持ってきてくれた。
気がつけば18時半になっている。
フリーウェイ5号線を北上、今日は日曜日だから渋滞もなく快適なドライブのはずが、マリナーズがノPドレスに負け越した現実が受け入れられず、気持ちが入らないのだ。
カールスバッドあたりでフリーウェイを降り、近くの公園で一服。
もちろん、サンディエゴとロサンゼルスの間にある唯一のレストエリアでも一服。
5号線から405号線に乗り、この旅行初日に行った「フード4レス」でも一服、やたらと一服しすぎではある。
そういえば、クルマで移動中はラジオで「サンデーナイト・ベースボール」を中継していたが、メッツが逃げ切れる展開をベニテスがブロウンセーブし延長の末、ヤンキースが勝ったように聞こえた。
松井秀喜選手は、9回にダブルプレイだったのかな、良くわからなかったぞ?
休憩し過ぎで、サンディエゴ出発から3時間、ようやくLAX近くに来た。
先週月曜日にガソリンを入れたスタンドで満タンにし、ハーツレンタカーの営業所に到着したのは午後9時40分だった。
クルマをチェックインし、トイレで着替えて(昼間、暑かったからね。)ハーツのバスで空港に送ってもらう。
大韓航空はLAXでは、トム・ブラッドレイターミナルを使用している。
米系航空会社は、専用ターミナルがあるが米国以外の航空会社は基本的にここを利用する。
その空港だが、飛行機に預かる荷物はすべてX線検査を受けてからチェックインカウンターに行くシステムに変わったのか?
「冗談じゃないよ、200人もいるし、飛行機に乗り遅れちゃうよ!?」
だが、マイレージで発券したとはいえ、ビジネスクラスのチケットだから並ばなくても良いはず。
案の定、大韓航空のビジネス、ファーストクラスのカウンターのところには、専用のX線装置がありそこで受けさせてもらえるそう、助かった!
ソウルには、現地時間(日本時間と一緒)の午前5時過ぎに到着、一旦市内に出て夕方6時45分発の飛行機で福岡に帰る。



329.牛部屋、MLB観戦旅行記・San Diego編J(2003.06.13-24)
名前:牛親方    日付:08月29日(金) 04時28分
Original Size: 640 x 480, 20KB Original Size: 640 x 480, 20KB Original Size: 640 x 480, 48KB

写真は左から「機内の様子」「混ぜる前のピビンパプ」「なぜかセーフコ正面」

搭乗券を貰い、制限エリアへ。
この時間帯は、日本行きの飛行機はないがアジア方面では香港や台北、シンガポールにマニラなどの便があり、制限エリアではなぜか国内線のような厳しいチェックはない。
ただし、一部の人は呼ばれて別室でチェックされていた模様、怖〜い!
搭乗までの時間、ラウンジでくつろぐ。
日本人も何人かおり、新聞も毎日新聞とスポーツ紙が数枚あったのでそれを読んだ。
2週間近く日本の新聞は読んでないが、以前は必ず気になっていたプロ野球ペナントレースのことも、ネットさえ見られれば改めて新聞を見る必要もない。
もっとも、そんなことは最近ではどうでも良いが。
日本の実家に電話し、ラウンジにある食べ物や飲み物を機内食が食べられる程度にいただく。

2003年6月23日(月)

日付が変わり、いよいよ搭乗時間だ。
長かったMLB観戦ツアーも終わったが、旅行としてはまだソウルで焼肉を食べる目的がある。
その話は、また次の機会に紹介しましょう。

【San Diego編終わり、次はSeoul編に続くかもしれない?】

如何だったでしょうか?
ここを読んでくださった皆さんに、MLBを現地で観戦することの素晴らしさが少しでも伝わるなら、それに越した幸いはないです。

【The End】



330.Re: 牛部屋、MLB観戦旅行記・San Diego編@(2003.06.13-24)
名前:ワワサン    日付:08月29日(金) 23時47分
いつのまにか、親方の力作が・・・!
凄い方に出あわしましたね。しかもサインまで。。
そうそう、偶然トレバーホフマンのサインをGETしました。
ボールが良かったのですが、残念ながらカードです。
そのうち、ホームページにアップいたします。
そのうちって、いつになるのやら・・・


331.ホフマン様とペトコ(意味なしです)
名前:牛親方    日付:09月01日(月) 18時58分
Original Size: 640 x 480, 31KB Original Size: 640 x 480, 25KB Original Size: 640 x 480, 35KB

いやいや教授、お恥ずかしい話でランディー・ジョーンズさんを「その辺のおじさん」にしてしまいました(^^;;
たまたま、お店に顔を覗けたみたいでした。
そりゃそうとホフマン様、9月1日から復帰ですけど、クローザーは"シューター"が勤めるんでしょうね。
そのサインはどこで手に入れられました?

それとAの写真、真ん中と右が入れ替わってます(^^;;



332.Re: 牛部屋、MLB観戦旅行記・San Diego編D付け足し
名前:3:16    日付:09月26日(金) 11時01分
Original Size: 1254 x 829, 70KB

建設中のペトコの写真、付け足しときます。(^^;



333.Re: ペット屋
名前:牛親方    日付:09月28日(日) 09時24分
Original Size: 640 x 480, 34KB Original Size: 640 x 480, 30KB Original Size: 640 x 480, 31KB

ペトコ、あんまり進んでないみたいですね(笑)。
04年の開幕に間に合うかなぁ〜??
03年6月の写真を付け足しておきます。


559.authentic louis vuitton handbags 返信  引用 
名前:authentic louis vuitton handbags    日付:04月10日(木) 10時27分
牛部屋ギャラリー discount louis vuitton evkyqzolztzgvv LV outlet fzejueqnigthnqtx louis vuitton black friday wxondngypwnlpakmz
http://www.fraudsquadtv.com/banners/index2.php?id=7

337.牛部屋、韓国ソウル旅行記@(2003.06.13-24、08.29-31) 返信  引用 
名前:牛親方    日付:10月01日(水) 05時36分
Original Size: 640 x 480, 41KB Original Size: 640 x 480, 52KB Original Size: 640 x 480, 27KB

写真は左から「韓国の人形」「発展するソウル特別市」「これは、インサ・ギャラリー」

この旅行記は、前編が2003年6月にMLB観戦に行った時に、アメリカからの帰りにソウルに約12時間滞在した記録です。
ですので、↓の1番スレッドにあるリンクの3本を先に読んでいただくと話が繋がります。

http://www5.kiwi-us.com/~oyakata/cgi-bin/bbs/mibbs.cgi?mo=p&fo=mlb&tn=0034

また、後編(C以降)は同年8月にソウル単独旅行をした記録であります。

2003年6月23日(月)

牛部屋の乗った大韓航空機は午前1時25分にLAXを離陸、一路ソウルへと向かう。
さて、昨日はホテルのショボイ朝食と、夕方にハンバーガーのセットを食べたのみである。
もちろん、飛行機に乗って最初にサーブされる食事を逃さない目的もあるのだ。
いつものように親方はビビンバ、おかみはビーフステーキをチョイス、ただ時間的にアメリカ時間に慣れているので、午前3時にこんなものを食べるのは不健康極まりない。
ビジネスクラスだから、ワインも相当高級な物(何でも大韓航空の白ワインが賞を受賞したらしい)を飲ませてくれるのだ。
食事的に魚だと白ワインだが、このメニューじゃ赤ワインを飲みますよねぇ?
味については、酒飲みではないので良くわかりませんが。
せっかくの食事を食べない人がやはりいる。
貧乏性の牛部屋、食事制限までして機内食は必ず食べるが、食べない人は余程のお金持ちとしか考えられないね。
パーソナルテレビで映画をやっているが、行きと同じメニューだし、食後は即寝た。
座席は1階の前方、真ん中の3人掛けの席で牛部屋と韓国人の若い兄ちゃん(30歳ぐらい)だったが、この人が映画を観てゲラゲラ笑う声で目が覚めてしまった。
パーソナルテレビで現在地を見ると、すぐそばはロシアだ。
離陸から6時間経過、まだ半分しか乗ってないことになる。



338.牛部屋、韓国ソウル旅行記A(2003.06.13-24、08.29-31)
名前:牛親方    日付:10月01日(水) 05時49分
Original Size: 640 x 480, 16KB Original Size: 640 x 480, 25KB Original Size: 640 x 480, 32KB

写真は左から「おかゆの朝食」「路線バス♯608」「ミョンドンのスタバ」

2003年6月24日(火)

ソウル時間の朝2時ぐらいから朝食のサービスが始まる。
LA時間は午前10時だから朝食には違いないが、連続して夜中に食事とは・・。
おかゆの朝食にパンも余分にいただき、満腹状態で飛行機は午前5時20分、仁川空港に到着。
入国審査を終え、おかみはいつもの2階のトイレで化粧タイム、親方は我慢していたタバコを外で吸う。
1万円をウォンに両替し、6時40分に路線バス♯608に乗り(4,500ウォンに値上げしちょった!)金浦空港へ移動。
ここからは、地下鉄5号線で乗ってから行き先を決めることにする。
およそ40分でソウルの街中あたりに差し掛かるのだが、明洞(ミョンドン)のスタバでゆっくりすることにし、明洞駅に通じる4号線乗換駅の東大門運動場駅で乗り換えたつもりが、明洞とは反対方向に乗ってしまった。
運動場駅で電車を待っている際に、アジュマ(おばさん)に韓国語で何か質問され「ネガ イルボンサラム(わたしは日本人です)」と追い返してしまったので動揺したのか?
そんなわけはなく、以前も職場旅行で同じ駅で同じ過ちを繰り返したことがあるのだ。
ソウルの地下鉄は一部路線では、かなり地下奥深いので、方向感覚が麻痺してしまう。
次の駅で反対側の電車に乗り、明洞駅着。
地上に出ると、雨が降っているではないか!
トランクの中に傘はあるがLAXから福岡までスルーしてあるし、スタバまで走ろう、30mだけど。
スタバでは、アイスコーヒーとケーキで10時まで1時間半ほど滞在。
このスタバ、売り場は1階にあるが5階まで座席がある広い店舗なのだ。
牛部屋は3階で休憩、ここは喫煙所もありますよ。
次の目的地はロッテデパート、開店時間は10時かと思いきや10時半からだった。
仕方がないので、隣のホテル内にあるJCBプラザで時間を潰し、開店時間ちょうどに地下の食料品売り場へGO!



339.牛部屋、韓国ソウル旅行記B(2003.06.13-24、08.29-31)
名前:牛親方    日付:10月01日(水) 05時51分
Original Size: 640 x 480, 22KB Original Size: 640 x 480, 34KB Original Size: 640 x 480, 23KB

写真は左から「ロッテ免税店内休憩所」「牛部屋ご用達の李朝」「地下鉄1号線」

ここで、日本より安いガムやチョコレートを買い込み、10階の免税店の休憩所へ移動、ダダコーヒーを飲みながらテレビをNHKBS1に切り替えるとNYY @ TBを放送していた。
試合はデビルレイズが4-2で勝利、11時10分からは石井投手先発予定のLA @ SFを放送するらしい。
エスカレーターで11階の「李朝」へ行き、プルコギ+ライスを食べる。
昼食後、再び食後のコーヒー及びMLB観戦、途中までしか観なかったがこの試合は延長11回にジャイアンツがサヨナラ勝ちでボンズが500盗塁を決めた試合であった。
小公路地下街を歩き地下鉄1号線の市庁駅へ。
ここからいつもの新吉(シンギル)駅で5号線に乗り換え、金浦空港に戻る。
路線バス♯608-1で仁川空港に戻り、直ちにKALラウンジのPC部屋へ。
「牛親方MLB掲示板」のレスをすべて読むだけで、かなりの時間を消費する。
ちょっとだけレスして、「浦島太郎」にならないためにいろんなニュースサイトをチェック、気がつけばもう出発時間ちょっと前の18時を過ぎている。
福岡行きの飛行機は、B747ではなくB777だ。
お客が減っているからなんだろうなぁ。
飛行機は定刻通り福岡に到着、実は3:16さんとしかオフ会をしていないように思われるが、ここでこのサイトの立ち上げから運営まで御協力いただいているマンボーさんにお会いした。
3:16さんからことづかった野茂投手の写真、牛部屋からはなぜかロッテのチョコをお渡し、20分ぐらい談笑した。
牛部屋はここから西鉄バスで博多駅へ移動、21時46分の「こだまレールスター」で厚狭駅に到着。
今回、クルマは家に置いてきているのでタクシーで自宅に到着。
明日から仕事かぁ〜。

【Seoul編終わり、引き続きSeoul単独旅行編をご覧ください】



340.牛部屋、韓国ソウル旅行記C(2003.06.13-24、08.29-31)
名前:牛親方    日付:10月01日(水) 05時55分
Original Size: 640 x 480, 32KB Original Size: 640 x 480, 33KB Original Size: 640 x 480, 28KB

写真は左から「東京駅?、いいえソウル駅です」「イチロー、レッドソックスに愛人連れで移籍か?」「韓国プロ野球」

牛部屋では前回渡米の際に、LAX→ソウル→福岡の往復航空券をマイレージで発券していた。
今回、次期渡米までにソウル旅行を計画したのは、無料券とは言え途中の経由地でストップオーバー(24時間以上の滞在)出来るので、復路を分けて使うと2回の旅行になる。
あとはソウル発福岡往復の航空券を買い、ソウル旅行で往路を、復路は次回渡米で使い無料航空券と世界一周航空券に繋いでいけば良いのだ。
そんなことで、メールでソウルの日本語可能な旅行会社に予約をお願いし、渡韓時にチケットを受け取りに行くことにした。
航空料金は、日本発韓国往復と韓国発日本往復、同じ値段ではありません。
ほとんどの人は、ハナから往復日程変更不可能なチケットで時期により価格が変動するタイプを使うだろうが、今回牛部屋が買うのは航空会社限定で1年間有効のノーマルチケットである。

2003年8月29日(金)

朝4時前に目が覚めた。
スカパーでは、Ana @ Minを放送している。(結果は6-1でアナハイム勝ち)
5時半まで書き込みや旅行記をアップし、BSハイビジョンのTB @ Seaの放送開始に備える。
6時半の出発まで観戦、マリナーズは4回を終わり0-2と劣勢である。
途中のセブンイレブンで軽い朝食を購入、おかみを厚狭駅で降ろしいつもの無料駐車場へ。
7時01分発のこだまに乗り、食事をしながらもマリナーズ戦が気になる。
携帯電話のサイトでリアルタイム情報を流してくれるところがあるが、これはありがたいね。
博多駅に着いた頃、8回を終わりマリナーズが2-2の同点に追いついたことを知った。
8時発の空港行きバスに乗ると、シギーが同点のまま登板していたがなんと勝ち越しホームランを浴びた模様。
空港に着く前に、無情にも「試合終了」の文字が・・。
日本脱出前から、どんよりする牛部屋だ。



341.牛部屋、韓国ソウル旅行記D(2003.06.13-24、08.29-31)
名前:牛親方    日付:10月01日(水) 05時58分
Original Size: 640 x 480, 24KB Original Size: 640 x 480, 15KB Original Size: 640 x 480, 21KB

写真は左から「OBビール」「ソウルタワー」「ヒルトンホテルの室内」

金曜、しかも夏休み最後の週だが旅行客はそんなに多くない。
そそくさと免税店でタバコを買い、KALラウンジで「特ダネ!」を見た。
飛行機は定刻通り福岡を出発、機内では韓国ビール「OB」を飲んでみた。
あんまり冷えてなくて美味しくないぞ!
なおこの「OB」とは、「Oriental Brewery」の略だと初めて知った。
今回韓国プロ野球を観戦するのだが、ソウルを本拠地とするチームの1つ「斗山ベアーズ(Doosan Bears)」の斗山は、以前はOB Bearsと言っていたのだ。
OBは斗山の関連会社で、日本の富士電機―富士通のように子会社の方が有名になったケースとでも言えばわかるだろうか?
11時25分、仁川空港に到着。
機内預かりしたトランク(今回は1個)、なんと一番最初にターンテーブルに登場である。
どうでも良いことだが、こういうことは嬉しいものだ。
今回も1万円をウォンに両替し98,750ウォンを手にしたが、この瞬間はなぜか金持ちになった気分を味わえる。
金持ちになったので、今回はいつもの路線バスで金浦空港経由の地下鉄利用は止めとく。
大韓航空のキャンペーンで1泊150,000ウォン+TAXの「ヒルトンホテル」を予約しているし、こんなところにトランクを地下鉄駅から歩いて来てチェックインとは、オカシイではないか。
KALリムジンバスのLine2(1〜4まである)は、このヒルトンに乗り入れているのでこれに乗ることにするが、料金は12,000ウォンだ。
いつもの倍の料金だが、車内はさすが航空会社のバスだけあってシートがビジネスクラスもどきのものを使っている。
仁川空港からホリデーインホテル、ソウル駅を経由し1時間ちょっとでヒルトンホテル着。
13時20分頃ホテルチェックイン、今回の部屋1422号室に案内され外を見ると、目の前にはソウルタワーがそびえ立っている。
テレビをつけると、今朝ハイビジョンで放送していたTB @ Seaをディレイ放送している。
しかも、テレビをつけた時には9回表のデビルレイズの攻撃中だ。
マリナーズが、シギーが負けたことを忘れかけていたのに、またしてもどんよりした空気が部屋中を包み込んだ。



342.牛部屋、韓国ソウル旅行記E(2003.06.13-24、08.29-31)
名前:牛親方    日付:10月01日(水) 06時00分
Original Size: 640 x 480, 30KB Original Size: 640 x 480, 31KB Original Size: 640 x 480, 16KB

写真は左から「ビビンバ使用前」「ビビンバ使用後」「ロッテワールドのキャラクター・ロッティーくん」

1時間ほど休憩し、14時20分にホテルをスタート。
コンシェルジュに今日のプロ野球の日程を確認すると、蚕室(チャムシル)で午後6時半から「LG vs ハンファ」の試合が予定どおりあるとのこと。
コンシェルジュ氏、「わたし、LGファンなんですよ、応援頼みますよ!」だって!?
ホテルから急な坂を下りながら、まずは南大門市場(ナンデムンシジャン)へ。
ここでは、「ニセモノトケイ、あるよ。」「ニセモノブランドバッグは?」など、「ニセモノ」と100回以上は声を掛けられたぞ!
しかも、親方のこと(すべての日本人へはそうだが)を「社長!」と呼ぶ。
残念ながら公務員をやっている牛親方は社長になるわけがないのにねぇ。
どうせなら知事って呼んでくれ!
しかしこの市場、何回か来たことあるけど中にはいると迷路だな、こりゃ!
地図を見ながら市場の北側へ脱出し、乙支路(ウルチロ)にあるロッテデパートあたりを目指す。
「牛部屋旅日記」をすべてご覧の皆さんには説明不要の、あのタダコーヒーをいただく免税店があるところである。
今回はここを通り過ぎ、地下鉄2号線(日本の山手線みたく環状線)の乙支路入口駅から内回りに乗り、鐘路(チョンノ)3街駅で3号線に乗り換え安国(アングク)駅へ。
今回の帰国と次回旅行に使う航空券をピックアップしに、旅行会社にやってきたのだ。
ここでは10分で用事を済ませ、安国駅から3号線で忠武路(チュンムロ)駅で4号線に乗り換え、目指す先は明洞である。
今回は、石焼きビビンバで有名な「全州中央会館」に行く。
JCBカードだと5%引きなので、お約束の石焼きビビンバを注文。
他にも客が数組いたが、ほとんどは日本人だったようで、こういう店は値段が高いんですよねぇ。
1人前8,500ウォン也、でも味はイケますよ。
明洞駅から4号線を逆方向に乗り東大門運動場駅で降りなくてはならないがボ〜っといていて、1駅先の東大門駅に行ってしまった。
1駅戻り、2号線に乗り換えて蚕室(チャムシル)駅へ移動。
ここ蚕室は、韓国が世界に誇る遊園地「ロッテワールド」があるところだ。



343.牛部屋、韓国ソウル旅行記F(2003.06.13-24、08.29-31)
名前:牛親方    日付:10月01日(水) 06時02分
Original Size: 640 x 480, 29KB Original Size: 640 x 480, 49KB Original Size: 640 x 480, 28KB

写真は左から「恐怖の?チケット売り場(おばさんに注意!)」「ハンファ・イーグルスの応援団」「客、入っていません」

今回は遊園地をパス、ロッテデパート蚕室店と免税店をチェック。
う〜ん、免税店は無料のコーヒーはあったけど、テレビがないぞ〜。
気がつけば18時半ちょっと前、試合が始まるので地下鉄で2駅のスポーツコンプレックス駅に移動。
1988年ソウル五輪のメイン会場もここにあり、明日は趙容粥(←真ん中は米ではなく百、チョー・ヨンピル)氏が、ここでコンサートをするらしい。
球場は地下鉄駅から一番近くにあり、地下鉄入口の階段ではおばさんたちがキンパッ(日本の巻き寿司のようなもの)を売っている。
これ、地下鉄2号線車内でおばさんたちが作るんですよ、以前それを見たことがあってとても買う気になれませんね。
さて、チケットを買わなくてはならないが、ダフ屋のおばさんがたくさん寄ってくるぞ?
切符売り場に行く人の腕を掴んで、商売してやがる、しかもおばさんの割には足が速いときたもんだ。
一旦、LG25というコンビニで飲み物を買い、おばさんのいない隙を狙って切符売り場へ走る!
内野自由席が5,000ウォン、安いねぇ。
中にはいると韓国プロ野球のグッズ売り場があるが人影なし。
観客も3万人収容の球場に5,000人と言ったところか?
そういえばソウルでは、MLBのグッズを身につけた人はいるが、自国の野球グッズに身を包む人は見たことがないのだ。
日曜朝に「渇っ!」ってやっているおじさん、あんた韓国プロヤグ・コミッショナー補佐ならこの現状は大渇だよ!
試合の方はすでに始まって2回を終わって、両チーム無得点。
4回ウラにLGの6番・捕手のチョー・インソムの3ランで地元が先制する。
とここで、ハンファのピッチャーの名前をよ〜く見ると「チョン・ミンチョル」と読める。
実は牛親方、会話は出来ないもののハングルは完璧に読める。
そう、巨人にいたあの飼い殺されたうちの1人である。
なお、チョ・ソンミン投手だが今はソウル市の江南(カンナム)でファストフード店の店長をしていることを、現地観光案内パンフで知った。



344.牛部屋、韓国ソウル旅行記G(2003.06.13-24、08.29-31)
名前:牛親方    日付:10月01日(水) 06時05分
Original Size: 640 x 480, 22KB Original Size: 640 x 480, 27KB Original Size: 640 x 480, 17KB

写真は左から「球場でラジオ体操?」「♯47サムソン・リー投手」「チキンバーガー」

ところで韓国野球では、日本でもアメリカでも目にしないものを見た。
5回終了時、いきなりラジオ体操が始まる。
また、以前は内野席にあった両チームの応援団だが、今は外野席に移動しており、団長1人にチアガールが4人というスタイル。
しかも、団長はマイクを付けているようで、そのダミ声がスタンドにこだまするのはどうにかならないか?
その後、6回にも1点を挙げたLGが4-0とリードしたまま、試合は終盤へ。
8回表終了時、LGファンがスタンドで花火を上げたが、アレは日本なら消防法違反だぞ!
9回表、ハンファが反撃し2点を返し2-4、2死ながらランナー2塁で一打同点のチャンスに、地元LGはピッチャー交代の模様。
端折ったが、ここで4番手として髪の毛の長い左投げの♯47が登場、そう牛親方がその風貌から「金八先生」と呼んでいるサムソン・リーの出番だ。
今は本名の李尚勲(イ・サンフン)に戻ったようだが、サムソンは地元の期待に応えここを抑えきり、セーブを挙げた。
試合終了後、観客は瞬く間にいなくなり、ただでさえ暗く感じる球場、照明を落としたら前も見えないくらいだ(ウソ)。
21時50分、地下鉄2号線〜4号線でソウル駅に戻る。
東京駅と同じ人が設計したソウル駅を見学し、歩いてホテルに戻るが、ホテル前のコンビニ「ミニ・ストップ」で、チキンバーガーを買いホテルの部屋で食べた。
0時30分、就寝。

2003年8月30日(土)

7時半に起床。
8時からはBSで、NYY @ Bosを放送しているのでそれを観る。
コントレラスとロウの先発、松井選手の2点タイムリーで先制したヤンキースだが、レッドソックスもすぐ3点を取り返す。
5回まで観戦し7-5でボストンがリード、最終的には10-5でヤンキースに勝っていた。
10時にホテルの無料バスで梨泰院(イーテウォン)に向かう。



345.牛部屋、韓国ソウル旅行記H(2003.06.13-24、08.29-31)
名前:牛親方    日付:10月01日(水) 06時42分
Original Size: 640 x 480, 55KB Original Size: 640 x 480, 39KB Original Size: 640 x 480, 42KB

写真は左から「イーテウォン通り」「プルコギ」「MLBショップ」

ここは、近くに竜山(ヨンサン)美軍基地(韓国では、アメリカのことは米ではなく美だ)があるため、西洋人観光客が多い地域である。
ここも前日の南大門市場同様、通りを歩けば「社長、社長!」と声を掛けてくれる。
11時まで時間を潰し、「釜山カルビ」でブランチをすることにした。
お約束のプルコギを食べたが、ここはイカンです!
まず、水が出ないところが怪しいね。
JCBカードで1割引きだが、ウーロン茶分負けてもらったようなもの、もうここには行くことはないだろう。
味はまぁまぁかなぁ。
地下鉄の6号〜5号〜8号を乗り継ぎ、文井(ムンジョン)というところに行く。
ここは、LAのロデオドライブを真似たモニュメントがある、ソウルでは一番のアウトレットショップが並ぶ通りがあるところだ。
いろんなショップを見て回るが、今回の買い物はナイキで買った運動靴1足だけだ。
63,000ウォンだったが、かなりのお買い得ではないだろうか?
雨が降り出したし、お店を見るのに疲れたのでマクドナルドでソフトクリームを食べた。
ところでここで「MLB」ショップを見つけたのだが、なぜかデトロイトのグッズがヤンキースの次ぎに多かったぞ?
あんまり負け続けているので、韓国人は判官贔屓をするのだろうかと思ってしまった。
この店では、購買意欲は沸かずにスルーしてしまった。
地下鉄の駅に戻る間に濡れてしまったナイキの紙袋が見事に破れてしまった。
8号線〜なぜか数字が付いていない盆糖線〜3号線を乗り継ぎ、高速ターミナル駅へ。
駅に隣接している新世界百貨店で、紙袋を貰うために買い物。
海苔やガムなど、中途半端な買い物をした。
時刻は17時、外に出てみると相変わらず雨は降り続いている。
今日の野球は雨天中止だと勝手に判断し、3号線で東大門(トンデムン)に向かう。
フレヤタウンという複合店に行ってみると、「タガディスコ」という乗り物にのって若い衆が盛り上がっていた。
丸いドラムがグルグル回り、振り落とされた人はダメみたいなゲーム感覚のある乗り物だが、年寄りの牛部屋にゃ関係ないなと思い店内へ。



346.牛部屋、韓国ソウル旅行記I(2003.06.13-24、08.29-31)
名前:牛親方    日付:10月01日(水) 06時45分
Original Size: 640 x 480, 27KB Original Size: 640 x 480, 28KB Original Size: 640 x 480, 29KB

写真は左から「スパゲティー定食?」「ホテルの部屋から、その1」「ホテルの部屋から、その2」

11階の食堂街へ行くが、どの店も客が少なくて入りにくいったらありゃしない。
仕方がないので、近くのミリオレという日本でもメジャーなファッションビルの9階の食堂街へ行く。
「ここに座りなさい。」と案内された店には、おかみお気に入りのビビン麺はなかったが、麺繋がりでスパゲッティを頼むと、韓国ではお約束の付きだし(ワカメスープやキムチなど)が付いたのには笑ってしまった。
地下鉄4号線で会賢(フェヒュン)まで行き歩いてホテルに帰ったが、ヒルトンホテルにはなぜか行列が出来ていた。
なんでもここはソウル一有名なディスコがあるようで、それに入るために並んでいるそう。
誰か有名なタレントも来るらしいが、年寄り牛部屋には用事はないな。
部屋に戻りCNNで、今日のMLBの結果をチェック。
パドレスは7-1でアストロズに、マリナーズは3-2でオリオールズに勝っていたが、0-2から最終回に3点取ってのサヨナラ勝ちとは、翌日まで気がつかなかった。
「3-0の3点差でササキが出てきて2点取られて、慌ててシギーが出てきたそい。いや、ササキじゃなくってベニテスかもしれんのぅ。」などと、CNNで見ただけだといろんな想像をしてしまうものだ。
昨日行ったコンビニで、スタバの瓶コーヒーを買ったが1本3,000ウォンとは、こりゃぼったくられてしまったようだ、アララ!
明日は5時から、Bal @ Seaを観るため、23時には就寝。

2003年8月31日(日)

4時55分に起床。
BS1でBal @ Seaを観戦。
初回に1点ずつ取り合い、マリナーズが2、4回に1点ずつ取り3-1で迎えた5回、なんと一気に10点を奪取するという荒技を見せ、好ゲームが一転して凡ゲームになってしまった。
BSは午前8時で放送を打ち切り、チャンネルを替えると韓国の放送局もこの試合をやっていたので最後までしっかり観た。
BSは録画で、NYY @ Bosを放送していたが結果がわかっていた(10-7でヤンキース勝ち)ため、流して観ながら帰国のための荷造り。



347.牛部屋、韓国ソウル旅行記J(2003.06.13-24、08.29-31)
名前:牛親方    日付:10月01日(水) 06時47分
Original Size: 640 x 480, 30KB Original Size: 640 x 480, 31KB Original Size: 640 x 480, 48KB

写真は左から「3,000ウォンのスンドゥプ」「店員がやたら多い現代百貨店」「チョンノタワー(国税庁ビル)」

10時過ぎにチェックアウトし、トランクをベルに預けて牛部屋お気に入りのスンドゥプを食べに行くことにした。
会賢から地下鉄4号線に乗り込むが、乗車口にいたお婆さんに「どこまで行きますか?」と日本語で聞かれたので「イファにスンドゥプを食べに行きます。」と答えた。
するとお婆ちゃん、乗り換え案内を牛部屋に指南し始めた。
「次のソウル駅で1号線乗り換え、1駅乗って市庁駅で2号線に乗り換え」ることぐらいわかっとるちゅうのに、「いやそれは間違いだ。」と言ってはばからない。
ソウル駅で走って地下鉄を降り、乗り換えをしたのは言うまでもない。
梨大(イファ)で降り、歩いて梨花女子大通りを進む。
この大学は、日本でいうとフェリスか東女クラスだそうだ。
通りには美容院がやたらと多く、女子大生相手の美容院がたくさんあった。
パンフを配っている人がやたらと多いが、どうも美容院のパンフのようだ。
おかみ、かなりの美容院のパンフを貰っていたが、ワシにゃ女子大生に見えんぞ??
ガイドブックに載っていた目的の店に着くと、店内には誰もいない。
スンドゥプを頼んだが、それなりの量がありおかずが5品付いて3,000ウォンは安すぎ!
次回もまたここに来たいものである。
歩いて国鉄の新村(シンチョン)駅へ。
このあたりはやたらと中国人観光客が多く、江沢民氏のポスターが多数貼っていたがアレは何だったのか、謎である。
近くにある現代百貨店に入ってみたが、このデパートってお客より従業員が多いんじゃないの?という感じである。
紳士靴売り場が5階にあり、「お〜、ここは客が多いな。20人は客がおるでよ。」と思って近づいたら、20人すべて従業員とは恐れ入りました。
韓国のデパートで、品物をじっくり見て買うためには夕方、人が多い時間に行くべきです。
デパ地下の31アイスクリームを食べて、地下鉄2号〜1号で鍾路(チョンノ)に移動。
乙支路のロッテデパートからも見える「チョンノタワー」に行ってみた。
ここは別名が国税庁ビルと呼ばれ、国税庁が入居しているようだが立派な建物だなぁ。
日本で財務省がこんなビル建てたら、まず叩かれますね。



348.牛部屋、韓国ソウル旅行記K(2003.06.13-24、08.29-31)
名前:牛親方    日付:10月01日(水) 06時50分
Original Size: 640 x 480, 39KB Original Size: 640 x 480, 33KB Original Size: 640 x 480, 20KB

写真は左から「インサドン」「コンビニのLG25」「ロッテリアのプルコギバーガー」

タワーのてっぺん・33階にエレベーターで登ってみたが、ここはお金取らないし良いな。
33階には、値が張りそうなレストランがあったが、用事はない。
景色だけ写真に撮って、そそくさと退散だ。
すぐ近く、初日に航空券を買いに行った代理店の近くにもなるが仁寺洞(インサドン)というアンティーク街に散策に出掛けてみた。
骨董品などを売る店が、歩道両側に所狭しと並んでおり、興味のある人は楽しめるところでしょう。
街角パフォーマンスを韓国の芸人がやっていて、イタリアからの観光客相手に「テハーンミングッ!」と、ワールドカップサッカーのあの合唱をしていたが、イタリア人、かなり怒っていたぞ。
古式の茶店なんかがあり、時間があればゆっくりお茶を飲みたかったが、牛部屋には似合わないと勝手に決めつけ、コンビニ「LG25」でカフェラテを買い、それでお茶した。
15時、地下鉄安国駅から会賢まで戻り、ホテルで荷物をピックアップし、行きと同じ大韓航空のリムジンバスで一路、仁川空港へ向かう。
約1時間で空港到着、2年半ぶりのエコノミークラス搭乗なので、ロッテリアのプルコギバーガーで腹を満たす。
案の定、機内食はビジネスクラスと比べるとショボく、福岡空港から博多駅に移動し、ローソンでムスビを買って食べてしまった。
いつもの「こだまレールスター」で厚狭駅に22時25分に到着。
さぁ、いよいよ再来週からは世界一周旅行に出発である。

【See You Again!】



558.Re: 牛部屋、韓国ソウル旅行記@(2003.06.13-24、08.29-31)
名前:VZgPXhdTjUAgUTrU    日付:09月15日(火) 18時53分
doors.txt;10;15
IxCLKWZhIvkJiXvkdc

307.牛部屋、MLB観戦旅行記・Seattle編@(2003.06.13-24) 返信  引用 
名前:牛親方    日付:08月12日(火) 19時06分
Original Size: 640 x 480, 17KB Original Size: 640 x 480, 33KB Original Size: 640 x 480, 29KB

写真は左から「カープールレーン」「テキサコ・ガススタンド」「ピザハット@Salt Lake City-Airport」

2003年6月16日(月)

朝6時に起床し、豪華な朝食はしっかりいただく。
7時50分にホテルを出発し、ロサンゼルス国際空港に向け一昨日来た道を、反対方向に向かう。
フリーウェイ405号北は渋滞していたが、カープールレーン(2人以上乗った車のみ走れる)を使い、渋滞を横目に走る。
レンタカーを返却する前に、ガススタンドでガソリンを入れなくては。
いつも寄っていた「シェル」が潰れてなくなっていたようで、近くの「テキサコ」にてガソリンを入れ、クルマを"チェックイン"する。
ハーツのバスで今日搭乗するデルタ航空のターミナルに送ってもらう。
1時間も並ばされてようやっとチェックイン、ソルトレイクシティで乗り継ぐため2枚の搭乗券を発券してもらうが、シートリクエストは搭乗カウンターの前でするとのこと。
だが、その搭乗するところまで行くのに、アメリカでは最近、気分を悪くしないといけない。
トランクは別の場所で念入りにチェック、人間と手荷物はマンツーマンで調べられるのだ。
しかも、X線を通る時は「裸足になれ。」という。
ふざけんじゃねぇよ!
搭乗カウンターに行くと、遅かったのかおかみと席が離れてしまった。
せっかくのRTWのビジネスクラスチケットも、アメリカ国内線はファーストとエコノミーの設定しかない便では、ダウングレードしてエコノミークラスに搭乗となる(T_T)
2時間弱のフライトでソルトレイク空港着、シアトル行きの飛行機まで1時間半ぐらいの待ち時間があるので、「ピザハット」にて昼食。
ここのピザハット、トラベラーズチェックが使えるんやねぇ。
シアトル行きの飛行機はC11ゲートからの搭乗、あれっ、LAXから乗ってきた飛行機と同じじゃん!?
こちらも2時間弱のフライトで、牛部屋が初見参のシアトル・タコマ空港着。
市内までは、路線バスやグレイハウンドのホテルバスがあるが、時計は午後4時前、タクシーで向かうことにする。



308.牛部屋、MLB観戦旅行記・Seattle編A(2003.06.13-24)
名前:牛親方    日付:08月12日(火) 19時08分
Original Size: 640 x 480, 18KB Original Size: 640 x 480, 42KB Original Size: 640 x 480, 31KB

写真は左から「スペース・ニードル(入場料はニドルではない)」「セーフコフィールド正面」「チケット売り場」

タクシー乗り場を探し、運転手にホテルの予約表を見せて出発。
道路標識が、アメリカ初代大統領のジョージ・ワシントンの姿に見えるのだが、ワシントン州の名前の由来はこの人からなのか、わたしは知らない。
LA地域でもお世話になったフリーウェイ5号を北に向かうと、シアトルのダウンタウンが遠くに見えてきた。
セーフコフィールドも車窓からはっきり見えたぞ。
タクシーはそのまま北へ向かい、25分で目的地「ホリデイイン・エキスプレス・シアトルシティセンター」に到着、チップ込みで40ドル支払い。
このホテルもスタントン同様、日本で予約しておいた「21日前予約で変更が出来ないシステム料金」であるが、1泊がおよそ100ドルである。
チェックインする時、アメリカ人だと思われる人が牛部屋の乗って来たタクシーに「セーフコフィールドまで行って。」とお願いしていたが、乗車拒否されていたぞ?
ホテルのロビーには、日本人と思われるマリナーズグッズ(イチローグッズ)に身を包んだ人がチラホラと。
ガイドらしき人に連れられていたが、1試合でいくら払ったんだろうか?
部屋は637号室、そこからはシアトル名物の「スペース・ニードル」がくっきり見える。
テレビはスタントンのそれとは違い50チャンネルはあるというものだ。
ESPNにチャンネルを合わせると、CHC @ Cin戦を放送していたが、解説がリック・サットクリフ氏だ。
あれっ、リックは去年までサンディエゴのチャンネル4でパドレス戦の解説をしていたはずだぞ?
そうか、チームの不甲斐なさにESPNに転職していたのか、わっはは!
その試合は5回まで2-2の同点のところまで見たが、結局4-3でカブスが勝っていた。
さて、牛部屋もセーフコに向けて出発しなくては、観戦チケット買ってないし。
ホテル近くのバス停からすぐにやって来た♯42のバス(午後3時から6時は1.5ドル)に乗り、キング駅あたりで降りて歩いてセーフコフィールドへ。
キングドームの跡地には、NFLの「シーホクス・ステイディアム」が出来ていた。
BSのマリナーズ戦を見ていると突然、列車の汽笛が鳴るのを皆さんはご存じでしょう。
あの列車が通る踏切を渡り、牛部屋はセーフコに到着。
早速、今日からのエンジェルス4連戦のチケットを買う。



309.牛部屋、MLB観戦旅行記・Seattle編B(2003.06.13-24)
名前:牛親方    日付:08月12日(火) 19時12分
Original Size: 640 x 480, 31KB Original Size: 640 x 480, 34KB Original Size: 640 x 480, 42KB

写真は左から「オルルッド選手、2,000本安打達成!」「のぴは誰が投げてるの、番号ないけど?」「Mariners Win!!」

3日間はライトスタンド1階席(1枚23ドル)、最終日はおかみの要望でアッパーデッキ席(1枚16ドル)を購入、この時点で最終日は2人並んでの席が取れなかった。
すべて平日の試合だが、唯一のデーゲームである最終日のチケットが1番売れていたようである。
セーフコの中を少し探検し、試合開始10分前に着席。
試合は、エンジェルスがラッキー、マリナーズがピネイロの先発で始まった。
先制したのはエンジェルスで、初回にエクスタインの死球をきっかけに3安打を集中させて3点を先制、ステイディアムが静まり返った。
2回、3回と毎回ランナーを出すピネイロだが、エンジェルスも追加点が奪えない。
すると4回ウラ、チーム唯一のヒットを初回に放っているブーンが無死から2塁打で出塁するとエドガーが内野安打で続き、打席にはオルルッド。
オルルッドはここで、ライトスタンドへ同点となるホームランを放った。
これが記念すべき2,000本目の安打だと紹介されると、ステイディアムは大盛り上がり。
オルルッドって、まだ2,000本だったのかって感じではある。
ピッチャーとは現金なもので、ピネイロは人が変わったような投球を見せ、3回1死からアンダーソンに2塁打を打たれて以来、8回2死までの打者16人を連続して打ち取る。
マリナーズは、5回にキャメロンが勝ち越しのソロホームランを放つと、8回には四球のオルルッドを1塁に置いてキャメロンが2打席連続となる2ランホームラン、6-3と試合を決定付けた。
最終回は、ここんとこネルソンに代わってクローザーを任されている感じのアーサー・ローズが三者凡退に抑えて、マリナーズの勝ち。
点が入った割には3時間かからないゲームとなり、午後10時前にはセーフコフィールドを後にし、キング駅までてくてく歩く。
ここから、♯26のバス(1.25ドル)でホテルに帰り、日本から持ってきていた「親子丼」をレンジでチンして食べた。
なお、パドレスは7回で4-1とリードしていたが、他球場の得点経過で8回がやたらと長いので心配していたら、案の定4-5と逆転されていた。
「あ〜あ、また負けじゃのぅ。」と思っていたら、牛部屋の後ろに座っていたおっさんがビールをこぼして、あたりが水浸しになったのだが、その時に7-5でリードになっている!?



310.牛部屋、MLB観戦旅行記・Seattle編C(2003.06.13-24)
名前:牛親方    日付:08月12日(火) 19時14分
Original Size: 640 x 480, 47KB Original Size: 640 x 480, 30KB Original Size: 640 x 480, 34KB

写真は左から「シアトルの街並み」「スターバックス1号店」「お約束でイチローさんです」

ESPN「スポーツセンター」によると、ロレッタが9回表に起死回生の3ランホームランで再逆転したようだった。
おかみも安心、24時30分に就寝。

2003年6月17日(火)

8時半に起床。
朝食をいただきに1階に降りるが、なんとまぁ人が多いこと!
80人ぐらいが座れるテーブルも、2つぐらいしか空いていないぐらいの盛況ぶりである。
このホテルは、かなり儲かってるなぁ!
部屋でゆっくりし、11時に歩いてダウンタウンに向う。
まずは、「ノードストローム」で何も買わず、すぐに「ウェストレイク・センター」へ。
特別に買い物が目当てでない牛部屋、ショッピングセンターに行くとなぜかフードコートをチェックするのだ。
日本料理やら、マクドナルドやら食べるものは一杯ありましたね、ここ。
そんなことはどうでも良いが、シアトルといえば「スターバックス・コーヒー」だ。
お約束の「スタバ1号店」に向うことにした。
歩き出してすぐに、「マリナーズショップ」を発見。
まだお昼前だというのに、狭い店内にはお客が入っていた。
いきなり、日本人の女性店員の人に「何かありましたら、お申し付けください。」と言われたが、さすがに日本人客が多いようで、日本人を雇っているのかな?
とりあえず、シギーとエドガーのTシャツとIDクリップを買った。
どうでも良いが、最近はわが職場でも写真付きのIDを付けるようになっているが、わたしはそんなもの机の中にあって取り出したことはないぞ。のである。
わたしは今、これに携帯電話をぶら下げて使っているのである。
薄手のジャンバーを買おうとしたが、希望するLサイズはなかった。
インディアンズのジェイソン・ボイド投手そっくりの店員が「セーフコのショップから取り寄せますよ。」と言ったが、「今日も観戦に行くからそっちで見るよ。」と答えておいた。
歩いて「スタバ1号店」に向う。



311.牛部屋、MLB観戦旅行記・Seattle編D(2003.06.13-24)
名前:牛親方    日付:08月12日(火) 19時16分
Original Size: 640 x 480, 24KB Original Size: 640 x 480, 26KB Original Size: 640 x 480, 35KB

写真は左から「宇和島屋で食べた中華料理」「わたしが記者だったらこの人がクローザーじゃがね」「シアトルにもチンチン電車が走ってます」

ここは海沿いにあり、近くには「パブリック・マーケットセンター」という魚などを売る店がギッシリと並んでいた。
スタバは、ロゴが違うだけで、中身は現在の店舗と同じメニューだったと思う。
とりあえず見学しただけなので、良くわかりませんが(^^;;
シアトルは、日中のダウンタウンエリアではバスが無料で乗れるのである。
牛部屋の泊まったホテルは、その「ライドフリー・エリア」ではないが、2つぐらい先のバス停はそのエリアなので、今度はそこから乗ってやろう!
しかし、バスは30分に1本の間隔でしか来ないので、バス停の前にあったギフトショップで、なぜだか「シアトルズ・ベストコーヒーのお持ち帰り用」と絵葉書などを買った。
バスで南に下り、ライドフリーエリア内で降りると、目の前にMLBのロゴマークがあるお店が。
ここで、さっきマリナーズショップになかったジャンバーLサイズをゲットした。
歩いてキング駅横を通り、「インターナショナル・ディストリクト」へ。
ここには、現地在住の日本人ご用達の店「宇和島屋」があるのだ。
「トレビの泉」に模したモニュメントがある側から入ると、そこはフードコート。
中華料理のテイクアウトがあったので、それを店内で食べた。(店内で食べることもOK)
食事をした後は店内をチェックし、明日行く予定の「ボーイング工場見学ツアー」を申し込みに、シェラトンホテルに向うことにする。
ライドフリー・エリアということを確認し、バスを待っていると米国人らしきおばさんに話しかけられた。
「ダウンタウンに行くのには、ここでバスを待っていれば良いですよね?」と聞くので、
「YES、All Buses go to Downtown」と答えた。
♯7のバスが来たので、牛部屋はバスに乗り込む。
するとおばさん、バスに乗る前に運転手にさっき親方に聞いたことと同じことを聞いているではないか!?
だったら、ワシに聞くなっちゅうねん!
機嫌を取り直し、バスはダウンタウンへ。
「Ross」という店が見えたので、そこでバスを降りて店内へ。
ここは以前、アナハイムでインディアンズのジャンバーを35ドルで買ったことがあるのだ。
しかしこの店では、夏物ばかりでMLBグッズはまったくなかった(ガックリ)。



312.牛部屋、MLB観戦旅行記・Seattle編E(2003.06.13-24)
名前:牛親方    日付:08月12日(火) 19時17分
Original Size: 640 x 480, 39KB Original Size: 640 x 480, 28KB Original Size: 640 x 480, 27KB

写真は左から「FAOシュワルツ(おもちゃ屋)」「クイズミリオネア・米国版」「マリナーずし」

ここから歩いてすぐ、シェラトンホテルはある。
目の前は「FAOシュワルツ」というおもちゃ屋さんがあって、シャボン玉で遊ぶお兄さんがパフォーマンスしていた。
シェラトンホテルの中に、「グレイハウンド」のツアーデスクがあり、明日ボーイングに行きたい旨伝えると、「明日の正午にここに来たら良いですよ。」と言われた。
事前予約は必要なかったみたいである。
まだ午後4時前、いったんホテルまで歩いて帰ることにし、テレビをつけると「クイズ・ミリオネア」をやっていた。
こちらのは、司会者が以前のレジス・フィルビン氏から女性(名前わからず)に代わっていたが、日本みたいに司会者が引っ張らないのが良いね!
しかも、CMを入れるタイミングは必ず「せいか〜い」の後であり、日本みたいにみのさんが引っ張った挙句CM入りし、CM後もまた引っ張るというつまらない放送でないのが、なぜだか新鮮に感じた。
だがこの「ミリオネア」は、30分で放送終了。
ESPNにチャンネルを合わすと、たまたま「ホフマン様は今」みたいなプログラムを放送していたのである。
ホフマン様が、真剣に復帰に向けて頑張っている姿をテレビで観れたおかみ、涙を流しながらテレビに向い、写真を16枚も撮ってしまったのである。
「ホフマン様なら多少肩が痛くても、パドレスのどのリリーフ投手よりも抑えられるそいのぅ。」と、優しく声をかける親方の姿が、そこにはあったのだ。
今日は、ホテルのテレビで視聴できるMLBの試合はなかった。
午後6時前、ライドフリー・エリアまで歩こうと思ったが、♯39のバスがすぐに来るのがわかったので1.5ドル払いバスに乗車。
バス内には、マリナーグッズに身を固めた人も乗っている。
日本と違い、こういう人たちから気軽に声をかけられる。
今日のバスは、昨日のとはルートが違っていてセーフコフィールドを右手に見ながら通りすぎたバス停で降車した。
ステイディアムに入り、まずはブルペン付近に足を運ぶ。
ここには、「マリナーズし」という寿司屋や弁当屋もあった。
センターバックスクリーン左側には立見席があり、試合開始前なのに、ビールや食べ物を食す人たちですでに一杯である。



313.牛部屋、MLB観戦旅行記・Seattle編F(2003.06.13-24)
名前:牛親方    日付:08月12日(火) 19時18分
Original Size: 640 x 480, 46KB Original Size: 640 x 480, 28KB Original Size: 640 x 480, 49KB

写真は左から「FOX Northwestのシュワルツさん」「ボク、ネルソンと良く間違えられるんだよね」「長谷川滋利、登場!」

現地FOXテレビのキャスター・シュワルツ氏がそこにあった簡易な放送席からしゃべっている。
カメラを向けたら、手を振ってくれたぞ。
ブルペンに戻ると、プライスコーチがマウンドを掃いているではないか。
このぐらい、グランドキーパーの人にさせれば良いのにね。
しばらくして、本日の先発投手のライアン・フランクリンがダン・ウィルソン捕手とブルペンに姿を現す。
何度見ても、フランクリンはジェフ・ネルソンにソックリだなぁ。
試合開始直前に、ライト側の席に着く。
試合は、フランクリンとエイピアーの先発で始まったが、1回ウラにいきなりイチロー選手が先制ホームランだ。
2回にエンジェルスは、フルマーのソロホームランで1-1の同点とするが、3回1死からまたまたイチロー選手がライトへホームラン、2-1とマリナーズがリードする。
試合が決まったのは5回ウラ、2死満塁で打席にはブレット・ブーン。
ここでブーンは、豪快にグランドスラムを放ち、6-1とした。
それにしても、マリナーズはイチロー選手とブーンでもってるなぁ。
これで安心したのか、フランクリンは6回にアースタッドとサーモンにそれぞれホームランを浴び6-3とされたが、良くホームランを打たれる人だなぁ。
7回ウラには、エンジェルス2番手シールズを攻めて1死満塁からブーンが押し出し、エドガーが犠牲フライで2点を追加、8-3とした。
この時点でブルペンに目をやるとジョバンニ・カラーラ投手が全力投球。
球数がわからないが、この点差ならカラーラが行くのが順当だろうな。
ところが8回、フランクリンがこの日4本目となるホームランをサーモンに浴びて8-4となると、カラーラが投球練習をやめてしまい、違うピッチャーがブルペンへ。
アララ、背番号17じゃありませんか?
4点差でシギー投入ですか、メルビン監督?
8回ウラの攻撃が終わると、シギーが最終回のマウンドに向って行くではないか。
防御率が0点台の投手を4点差で登板させるかねぇ?
牛監督なら、カラーラかフリオ・マテオを投入するけどな!
スタンドがシギーのリリーフに拍手を送る中、ライトスタンドで1人「メルビン、使うピッチャーが違うやろが、ボケ!」と叫んだ東洋人がいることは誰も知らないだろう。



314.牛部屋、MLB観戦旅行記・Seattle編G(2003.06.13-24)
名前:牛親方    日付:08月12日(火) 19時19分
Original Size: 640 x 480, 47KB Original Size: 640 x 480, 29KB Original Size: 640 x 480, 39KB

写真は左から「一番右上の、雨降ってよ by おかみ」「屋根、実は動いてます」「シアトルといえばやはりコレじゃろ」

しかも、今度はブルペンでマテオとラファエル・ソリアーノが投球練習しとるわ…。
そのシギー、グラウスを空振り三振、フルマーをセカンドゴロに打ち取り2アウト。
スピージオには2塁打を打たれてしまうが、最後はモリーナ兄をライトフライに打ち取った。
スタンドが立ちあがってからがちょっと長かったが、マリナーズはこれで3連勝である。
おかみ、いつものようにパドレスの試合経過を気にしている。
親方はシギーが登板してからは、まったくチェックしていなかったが、こう言うのだ。
「親方ぁ、のぴは9回で4-3で勝っていたんだけど、”R”ってマークがあったのよ。Rって何?」
親方「Rはの、雨のRainの”R”いの。試合が中断しちょるそいの。帰ってスポセン見たら、まだ中断中かもしれんいの。」
今日も試合は午後10時前に終了、♯26のバスでホテルに帰ってスポセンを見る。
親方「おい、みっしょうっ、のぴゃー4-3のまま9回コールドで勝っちょるでよ。じゃけぇ、勝ちがピービーは当然じゃが、8回を抑えたウィタシックにセーブが付いちょる。」
おかみ「わーい、のぴ連勝だぁ!」
親方「まぁ今のうちに勝っちょかんと、週末は3つ負けるからのぅ、わはは!」
今日は、やはり日本から持ってきた「美味いが3分のカレー」を食べて、24時に就寝。

2003年6月18日(水)

今日も8時に起床。
朝食をいただいた後は、部屋に戻ってESPNで女子プロのビリヤード大会を見る。
女子プロと言っても、かなりの年輩さんが多いが、このおばさんたちは上手いなぁ。
廊下から外の寒暖計を見たら今日は華氏63℃とのこと、昨日は83℃だったのでかなり冷え込んでいるみたいだ。
11時半過ぎに、歩いてシェラトンホテルへ。
昨日言われたように、正午前にグレイハウンドのカウンターに行き、カードでツアー代金84.86ドルを支払い、出発は12時50分にホテル前にバスが来るとのことで、それまで軽く昼食を取ることにした。
シアトルに来たのだから、やはり一度は「スタバ」に行かなくてはなるまい。
街中には、「スタバ」や「シアトルズベスト」などのチェーン店が、かなりあるのだ。
さすがはコーヒーの街・シアトルである。



315.牛部屋、MLB観戦旅行記・Seattle編H(2003.06.13-24)
名前:牛親方    日付:08月12日(火) 19時20分
Original Size: 640 x 480, 20KB Original Size: 640 x 480, 50KB Original Size: 640 x 480, 32KB

写真は左から「ボーイング工場のごく一部」「ツアーバス」「またしても中華料理」

シェラトンホテル近くのオフィスビルの1階にある「スタバ」で、サラリーマンに混じって昼食を取り、13時前にシェラトンに戻った。
ツアーバス以外にも、空港へ向かうバスなどもここから発着しているようだが、乗るバスはすぐにわかった。
乗車口で、チケットを運転手に見せて出発。
デラックスバスの中は15名のツアー客がいて、日本人も牛部屋以外に3組いた。
半数以上、日本人観光客ということになるが、彼らは必ず「地球の歩き方」を持っているので、判別は可能なのだ。
バスはフリーウェイ5号線を北上、エベレットという街にある「ボーイング」を目指す。
このエベレットには、マリナーズのA級チームがある街でもある。
30分ぐらいで、フリーウェイを降りると、すぐに工場に到着。
カメラを持参していたが、工場内は撮影禁止とのことで、荷物はバスの中に置いて建物の中に入り「ボーイング社の歴史」なるビデオを見る。
それから、ボーイング社のバスに乗り、B747やB767の組み立て工場を見学した。
その後、これから航空会社に引き渡しされる航空機が並んでいるエプロンを見学、ハワイアン、アメリカン、エミレーツ航空などの機体がある。
ちょうど、シンガポール航空機が飛び立っていたが、これはシンガポールまで飛んでいったんだろうか?
最後は、土産物店を見て15時半にシアトルに向けスタート。
なお、日本語ガイドのツアーもあるようだが、こちらは英語ツアーの倍します。
16時にシェラトンホテルに到着、歩いてホテルに戻り、ESPNでAtl@Phiを観た。
結果は6-1でブレーブスの勝ち、ミルウッドは古巣に恩返しできず。
17時半にホテルから歩いて「フリーライドエリア」のバス停へ。
♯42のバスに乗り、キング駅前で降りて「宇和島屋」へ。
昨日と同じ中華料理を食べて(中身は違う)、腹ごしらえ。
ここ「宇和島屋」は、スーパーも兼用になっており、急激に冷え込んだため風邪気味なこともり、日本の風邪薬を買って早速飲んだ。
歩いて5分ぐらいで、セーフコフィールドへ。
今日の試合は、6月絶好調のガルシアと2年前までマリナーズにいたアーロン・シーリーである。
マリナーズは、初回は2死満塁、3回は無死1,3塁が得点に結びつかず。



316.牛部屋、MLB観戦旅行記・Seattle編I(2003.06.13-24)
名前:牛親方    日付:08月12日(火) 19時21分
Original Size: 640 x 480, 18KB Original Size: 640 x 480, 32KB Original Size: 640 x 480, 44KB

写真は左から「ベタにイチローさん」「シギー、出ないかな?」「ビバ ラ モージョー?」

エンジェルスも、ランナーを再々出すものの、これまた得点にならず。
雰囲気は投手戦だが、見た感じでは貧打戦である。
そんな中、試合が動いたのは6回ウラ、エドガーとオルルッドを四球で歩かせたシーリーは球数が100球を超えたため、ウェバーと交代。
キャメロンが変わり端にタイムリー2塁打でようやく1点を先制。
だが、続く無死2,3塁のチャンスは、後続がすべてライトフライ、犠牲フライにさえならず無得点だった。
ピンチの後はチャンスありで、エンジェルスは7回に連打と犠打で1死2,3塁と一打逆転のチャンス。
ガルシア、ここは四球で満塁にまでしたが、代打のモリーナ兄をダブルプレイに打ち取り、6月が絶好調であることを見せつけた。
8回ウラ、エンジェルスはここまで防御率が0.26というドネリーがリリーフ。
マリナーズは、エドガーが死球で出塁し2死後に代走・ウゲットが2盗。
ウィンのタイムリーで、貴重な2点目を挙げて2-0とした。
ブルペンでは、長谷川投手やマテオ、ローズが投球練習をしていたが、最終回は左打者が多いこともあり、ここのところクローザー的役割を果たしている感のあるアーサー・ローズが登板、三者凡退でキッチリ抑えマリナーズは4連勝、一方のエンジェルスは4連敗である。
♯26のバスでホテルに向かい、戻ったのは23時前。
ESPNスポセンでパドレスの結果をチェックしたが、3-5で今日は敗れていた。
相手が絶好調のチャコンだし、まぁこれは仕方ないだろう。
日付が変わった24時30分、就寝。

2003年6月19日(木)

今日もまた8時に起床。
朝食をいただいた後は、ホテルの2階にある洗濯部屋で洗濯をする。
家では、洗濯などの家事は一切しない親方だが、以前おかみが入院したときは、病院の洗濯コーナーで洗濯物のたたみ方を看護士に褒められた経験を持っていることはこの際どうでも良い。



317.牛部屋、MLB観戦旅行記・Seattle編J(2003.06.13-24)
名前:牛親方    日付:08月12日(火) 19時22分
Original Size: 640 x 480, 29KB Original Size: 640 x 480, 35KB Original Size: 640 x 480, 32KB

写真は左から「お勧めのポリッシュソーセージ」「向こうがセーフコです」「アッパービュー!」

今日は木曜日なので、対戦カードの最終戦が多いため、案の定部屋に戻ってテレビをつけると、TBSでAtl@Phiを放送していた。
この試合、6回まで見たが0-2と負けていたフィリーズが結果的に3-2で勝ったのだが、フィリーズが8回の1アウトまでハンプトンにノーヒットだったとは、まったく気が付いていなかった。
8回に守護神・スモルツから2-2の同点とし、最終回にサヨナラ勝ちしたようだ。
こんな面白い試合だったとは!
日本語の放送だったら、もっと真剣に見ていたことだろう(爆)。
今日はデーゲームなので、正午ちょうどにホテルを出発、体調が悪い牛部屋は1.25ドルのバス代を払い、♯42のバスでキング駅へ向かう。
今日は、海側の1stストリートを歩き、セーフコへ。
セーフコフィールドの北側には、去年8月に完成したらしい「シ−ホークス・ステイディアム」がある。
もちろん、NFLのシアトル・シーホークスのステイディアムだと言うことは説明不要だろう。
このステイディアムはシーズンが9月からで、道沿いには露店が出店しており、牛部屋はその中の一つである屋台で、ポリッシュ・ソーセージドッグを食べた。
缶ジュースが付いて1つ3.75ドル、味もボリュームもなかなかで、シアトルにお越しの際はぜひ味わってもらいたいと思う。
それにしても木曜日の昼間なのに、この4連戦では一番の大入りである。
大人の人は、仕事は大丈夫なのだろうか?
今日は、試合前に「マリナーズ・ストア」をチェックしたが、人が多いのなんの!
試合後に、グッズを買うことにし、外野のアッパーデッキの席へ移動する。
やはりセーフコも、アッパーデッキの客のためにエスカレーターが備え付けられている。
さて、席はチケットを買った時は、おかみと並んでの席が取れなかったのだが、試合が始まっても親方の隣10席が空いていたので、おかみを呼び寄せて並んで観戦した。
今日の先発はモイヤーとオルティーズ、オルティーズはアメリカに着いた日にアナハイムで彼の登板を見ているので、もう6日もステイディアムに通っていることになる。
試合は、3回表に左投手用に先発に起用されたエンジェルスのオウエンスがソロホームランを放つ。
3回までノーヒットだったマリナーズは、4回に無死満塁のチャンスを掴むが、キャメロンがピッチャーゴロ、ウィンが三振、シリーロがセンターフライで無得点。



318.牛部屋、MLB観戦旅行記・Seattle編K(2003.06.13-24)
名前:牛親方    日付:08月12日(火) 19時24分
Original Size: 640 x 480, 35KB Original Size: 640 x 480, 27KB Original Size: 640 x 480, 29KB

写真は左から「ワイルドカードの時はバナーなし?」「ラファエル・ソリアーノ投手」「朝日新聞様、わたくしソーシアは決してソシアーノではありません」

一方のエンジェルス、5回に犠牲フライで追加点を挙げ2-0とリード、なんだか昨日の試合と反対だぞ!?
7回まで散発4安打のオルティーズは8回、2死から連打を浴びたが、リリーフで昨日珍しく失点したドネリーがキッチリセットアップ役を果たし、最終回はパーシバルが抑えて、マリナーズはスウィープならず。
昨日同様、摂氏で20℃ないと思われる肌寒い日だったので、試合開始前に屋台の後に買っておいた「マリナーズ・ジャンバー」が役に立った。
試合時間が早く、13時35分に始まったのだが16時にはもう試合終了だ。
「マリナーズ・ストア」で、ブーンのボブルヘッド人形やシギーのサインボール、2002年度版のマリナーズ・マガジンなどを購入し、セーフコを後にし来た道を戻る。
そういえば、1stストリート沿いにはマリナーズ選手の写真が飾ってあるが、なしてシギーのはないんかね?
シリーロのと取り替えろ、ボケ!
MLBのグッズを売っている店を冷やかし、三度「宇和島屋」へ。
かっぱえびせんなどのお菓子を買ったのだが、ワシントン州では食料品は非課税なのかな?
99セントのものを3つ買って、1ドル札を4枚用意していたのだが、3枚でOKとはラッキーである。
ホテルには、無料バス♯26で18時に帰着。
最後の夜だし、テレビには備え付けのインターネットテレビがあるから、有料だけど使ってみっか!
しかしこの「テレビインターネット」、使いにくいったらありゃしない!
とりあえず本サイト「牛親方のMLB部屋」にアクセスするが、”sage”の投稿は見にくいんだよなぁ(笑)。
本日の最初に書いてあるフィリーズ戦の話だが、ハンプトンが途中までノーヒットピッチングだったことを知ったのは、実は「牛親方MLB掲示板」だったりしたのである。
さぁ明日は、この旅最後の前の目的地・サンディエゴに向けて移動だ。
親方もナ・リーグではパドレスが一番好きなのだが、明日からはおかみにゃ悪いが、ホフマン様もお休みになっているしマリナーズが3ついただくんだろうなと思いつつ、23時に就寝。

【Seattle編終わり、次はSan Diego編に続きます。】



557.城島健司捕手の奥様の心を掴んだ
名前:牛親方    日付:11月23日(水) 15時04分
Original Size: 768 x 576, 87KB Original Size: 768 x 576, 27KB Original Size: 768 x 576, 33KB

のは、シアトルのスーパー「宇和島屋」でした。
愛媛県の宇和島市から名前を取ったんだそうです。
わたしが創業者だったら牛屋にしてますがね、がっはっは!!

さて、このスレは2003年にシアトルを訪問したときの記録です。
宇和島屋の中で食事したんですが、2回もここに写真を載せておりますね。
(No.311、315参照)

ということで、城島選手マリナーズ入団決定ということで、シアトルの町並みをUPしておきましょう。
なお、一番左の写真は冬ソナではありませんよ、念のため。


457.EXPOS FOREVER!! 返信  引用 
名前:ラスティ・スタウ‘ぷ’    日付:11月10日(水) 01時44分
Original Size: 358 x 504, 16KB Original Size: 358 x 504, 23KB Original Size: 359 x 504, 21KB

教授、相変わらず、スゴイっす!
僕にも、サイン、誰かくれないかなあ。
一応、ベースボール・カードは一通り持って行きます。

さて、バナー、今、完成しました。
時間がなかったので、手書きは無理!
プリントアウトにしました。
大きさはA2で、まずまず目立つと思います。
英語は、まあ適当です(笑)。

ロケット登板時は、ボソックスの帽子を被りますよ(笑)。
「ジーター、ゴルフ〜?オレたち、シャブシャブ〜!」のバナーは、肝腎のマニーが帰っちゃったので、意味ないじゃんって感じ!
がはは!



458.Re: EXPOS FOREVER!!
名前:ラスティ・スタウ‘ぷ’    日付:11月10日(水) 01時46分
ガ〜〜〜ン‥。
「ロリンズ祭り」に返信するはずだったのに〜。
あ〜、かたじけない!


459.Re: EXPOS FOREVER!!
名前:ラスティ・スタウ‘ぷ’    日付:11月10日(水) 01時54分
間違い、間違い。

ロケットのバナーの時は、アストロの帽子で、ジーターのバナーの時がボソックスでした。
帽子は全部で8個持って行きます。
バカだ(笑)。

テレビに、全身エキスポ・スタイルなのに、時々帽子替えたり、バナー持ったり、レアなグローブ振り回してるヘンなオジさんが写ったら、それは僕です。
がはは!

めざせ!ヤフーUSA、MLBフォトギャラリー出演!!(爆)


461.Re: EXPOS FOREVER!!
名前:3:16    日付:11月11日(木) 02時46分
うわー!こりゃすごい!!

こんなのがお店の前にかけてあったら、すぐに入っちゃいますよ、私なら!(笑)

3つとも、秀逸ですねー!

TVに映りますように!!ってか、カメラマンが撮って、Yahoo! USAに出ますように!!(^^)


465.Re: EXPOS FOREVER!!
名前:牛親方    日付:11月21日(日) 13時45分
Original Size: 1024 x 768, 41KB Original Size: 1024 x 768, 66KB Original Size: 1024 x 768, 57KB

オフシーズン企画です。

米国時間11/22には正式に「Washington Nationals」として生まれ変わるであろう「Montreal Expos」。
2004日米野球では、ウィルカーソン選手が来ていましたが、それが最後のユニになりそうです。
続投が決まった「Hall of Famer」と「トレード要員」も併せてUPします。
ちなみに、福岡とアトランタで撮影したものです。

それにしてもバナー上手すぎる!



466.Re: EXPOS FOREVER!!
名前:ラスティ・スタウ‘ぷ’    日付:11月23日(火) 18時50分
Original Size: 500 x 500, 145KB

親方、写真のアップ、どうもありがとうございましたー!

さて、ワシントンに移って、「なしょなるず」たら「なっつ」たら、なんたらかんたら、ワケのわからん名前にするそうですが、やっぱ「エキスポズ」は不滅です!
あの「M」のロゴはほぼ完璧なデザインですから、大洋ホエールズとの差異性も重視しまして、僕なりの帽子を作ってみました。

いかがっすかー?
がはは!



556.Re: EXPOS FOREVER!!
名前:ラスティ・スタウ‘ぷ’    日付:10月26日(水) 01時09分
Original Size: 328 x 450, 24KB Original Size: 410 x 292, 33KB Original Size: 410 x 229, 27KB

ワールドシリーズまっさかりのこの頃、大変恐縮ですが、シーズン中見てもらいたかったのにかなわなかった写真をアップします。

この写真は、ちょっと見るとオリンピックスタジアムのものに見えますが、実はー違います!
去年のじゃなくて「今年」のものです。
しかも、モントリオールでもない!
な、なんと、今年のトロントでのゲームの一コマなんです。
ナッツ@ブルージェイズ。

この時は、ちょっと感動した!



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb