[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
週刊ボードゲーム通信

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



週刊ボードゲーム通信984号「今さらですが人狼始めました。」その3 返信  引用 
名前:鱶(fuka)    日付:2019/06/16(日) 21:43
みなさんこんばんは、鱶(fuka)です。先日、うちの電子レンジが故障してしまいました。2000年に購入したもので、18年半くらい使用していた計算になります。ネットで電子レンジの寿命を見ると10年程度と書かれていることが多いので、かなり長持ちしてくれました。

さて、前回は初めて「人狼ジャッジメント」をプレイした時の様子をお伝えしました。その後は4回プレイしています。役職は、人狼・狩人・狂人・狩人となりました。

人狼の役職をプレイした時には仲間の人狼が初日に吊られてしまい、自分も不自然な言動をすぐに見破られて、あっさり2ターン目で全滅してしまいました。初心者部屋に入ったものの、とても鋭い市民がいたので何を話しても見破られる感覚でした。言い逃れができないんですよね。追い詰められている感が半端なく、私のレベルではあまり楽しくプレイできませんでした。もう少し経験を積めば楽しくなるかもしれません。

狩人は2回担当しましたが、初心者であまりうまく話せないために、いずれも初日で吊られそうになりました。たまたまもっと怪しい人が本指定されたため、生き延びることができました。護衛で人狼の襲撃を防ぐこともできたので、多少勝利に貢献できたと思います。


狂人は一番気楽にプレイすることができました。人狼陣営の一員ですが、誰が人狼か分からないため、あまりチームプレイを意識せず、適当にプレイできます。とりあえず最初に占い師としてcoして、適当に占い結果を言うだけでそこそこプレイできます。人狼陣営は人狼が生き残れば勝利できますので、狂人としては人狼の代わりに吊られることが出来れば、それだけでも少しは貢献したと言えるでしょう。吊られてもOKということになると不自然なことを言って怪しまれてもいいので、とっても気楽です。

人狼ジャッジメントでは論理的思考が必要なことは間違いないのですが、会話があっという間に進んでいくため、スピードが問われます。他プレイヤーのちょっとした不自然な言動に気づく注意力も大切です。不審な点を的確に指定できていれば、自分の役割を果たしていくことが可能です。

考える力も注意力も、まだまだプレイを重ねたり観戦をして、経験を積んでいかなければ身に付いていかないなと思う今日この頃。

それではまた来週-。

i58-95-130-73.s42.a028.ap.plala.or.jp (58.95.130.73)
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64; rv:67.0) Gecko/20100101 Firefox/67.0

週刊ボードゲーム通信983号「カードゲーム」その20 返信  引用 
名前:    日付:2019/06/09(日) 22:39
人狼は1つのジャンルとなっています。人狼をメインとする人は、人狼コミュニティを形成しています。彼らはカードゲームをしている意識はないでしょう。
カードゲームを好む人は、人狼をプレイすることはあまりないでしょう。人狼がカードゲームかどうかという問題を先に挙げましたが、プレイヤーを起点にして考えるとあまり意味がないことです。人狼とカードゲームは別の世界であるからです。
他方、ゲームの方を起点にすると、人狼はカードゲームとなりえます。コンポーネントで判断すると、カードゲームに分類することができます。ゲームシステムの観点では、定型的なカードゲームから外れるため、カードゲームとすることは微妙です。
ボードゲームの分類は、人を中心にするか、ゲームを中心にするかによって変わります。

さて、人狼を好む人はどういうタイプでしょうか。話が上手く、社交的、リア充のイメージです。ゲーマーではなく、パンピーに近いです。他のボードゲームに興味を持ち、コレクターになることはなさそうです。
しかし近年、ボードゲームを趣味にする人が増加して、ゲーマーの概念は変化しています。旧来のゲーマーは少数派になりつつあり、また彼らは高齢化により活力が低下して、コア層ではなくなっています。ゲーマーはどういう人なのかを整理しておく頃合いでしょう。
カードゲームを好む人の方はどのようなタイプでしょう。狭義のカードゲームで典型的なのはトリックテイク系です。このようなカードゲームを好む人は、通(つう)というイメージです。出たカードを覚えて、地道に積み重ねていきます。カードゲーム自体が地味ですし。
トレーディングカードゲームも地道なところは似ており、プレイヤーも気質的には似たところがあるでしょう。しかし、彼らは世俗的なイメージが強いです。

zaqdadcf295.zaq.ne.jp (218.220.242.149)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/74.0.3729.169 Safari/537.36

週刊ボードゲーム通信982号「今さらですが人狼始めました。」その2 返信  引用 
名前:鱶(fuka)    日付:2019/06/02(日) 23:30
みなさんこんばんは、鱶(fuka)です。ここ数日、花粉症か何かでくしゃみ・鼻水が止まらず往生しました。風邪と同じくらいしんどいですね…。

あれから「人狼ジャッジメント」ようやくプレイしました。そこに至るまでに観戦で20戦以上見てきましたが、やはり観戦モードではゲームに慣れるのに限界があるなという感じです。そこで、まずは初心者村に参加してみましたが、入室前に部屋の設定を確認したり、キャラクターを選んでいたりする間に満員になってしまったりして、参加することだけで一苦労です。(笑)

入室後、役職はランダムで霊能者に決まりました。人狼ジャッジメントでよくある流れとしては、
@占い師、占い師を騙る狂人の2人がカミングアウト(以下coと記します)、占い結果を発表
A処刑された人が人狼だったか否かを知ることができる霊能者がco、進行役となる
という、占い師2人、霊能者1人というものです。

霊能者を騙る狂人や人狼はあまりいないので、霊能者が一人だと、その人が進行役を担うことが多いです。

初めて人狼をプレイすると、会話のスピードになかなかついて行けません。メッセージを書いている間にも話題が進んでしまって、各タイミングを逸したりしているうちに無口になってしまい、人狼と間違われて吊られがちです。今回のように、霊能者が1人だけでcoしている場合は人狼でないことが確定しているため、無口でも人狼と間違われて吊られることがありません。

進行役の霊能者は、占い師co、占い師から人狼でない判定(白判定)を受けている人を除いた「グレーな人」から、初日に処刑する候補者を「仮指定」することが多いです。仮指定された人はお互いに怪しい点を指摘したりして、人狼らしき言動を探ったりして進んでいきます。
このあたりの、進行役の流れを全く知らない人が霊能者になったために、グダグダになっている試合も見かけたことがあります。

今回は、占い師が1人しかcoしない「平和村」。さらに占いで人狼をビシバシ当てて、黒判定を出していましたので、4日目にて市民陣営が勝利しました。私は3日目夜に人狼に噛まれて死亡。霊能者という役職だから3日目まで生存していましたが、普通の市民だったり人狼だったりなんかすると、全然無口で初日に処刑対象だったんじゃないかな。人狼に襲われたものの、自陣営が勝利したのはうれしいです。

今後勝利に貢献するためには、もうちょっと修業が必要です。人狼にはわりと決まり文句も多いので、プレイ回数を重ねるごとに文字入力の候補表示が最適化されて、会話も早くなっていくかもしれません。

それではまた来週-。

i58-95-130-73.s42.a028.ap.plala.or.jp (58.95.130.73)
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64; rv:67.0) Gecko/20100101 Firefox/67.0

週刊ボードゲーム通信981号「カードゲーム」その19 返信  引用 
名前:    日付:2019/05/26(日) 21:14
BoardGameGeekという英語のウエブサイトでは、人狼タイプはカードゲームのカテゴリーになっていたり、なっていなかったりします。

そのサイトでは、カードゲーム(Card Game)の説明は以下の通りです。
Card Games often use cards as its sole or central component. There are stand-alone card games, in which all the cards necessary for gameplay are purchased at once. There are also Collectible Card Games (CCGs), where players purchase starter and "booster" packs in an effort to compile a more and more powerful deck of cards to compete with.
https://boardgamegeek.com/boardgamecategory/1002/card-game

カードゲームは、「カードだけ、またはカードがコンポーネントの中心であるもの」と簡単に定義されています。そして、スタンドアローンのものとコレクティブルカードゲームがあるという説明が加わっています。わざわざコレクティブルカードゲームについて言及しているのは、その市場規模の大きさのためでしょうか。ちなみに、日本ではトレーディングカードゲームと言うのが一般的です。
このカードゲームの定義では、人狼はカードゲームとすることでかまいません。

BoardGameGeekでは、ゲームの分類(CLASSIFICATION)として、カテゴリーが84、メカニクスが53あります。カテゴリーの中の1つとして、カードゲームがあります。
これらの分類を見渡すと、カテゴリーは一般人的で、メカニクスの方は専門家的な感があります。

カテゴリー(Categories)
https://boardgamegeek.com/browse/boardgamecategory

メカニクス(Mechanics)
https://boardgamegeek.com/browse/boardgamemechanic

Wikipediaの英語版では、カードゲームについて多く記述されています。
カードの特徴として、自分だけが知っている手札の情報があることが述べられています。
また、カードゲームのカテゴリーとして13挙げれています。Trick-taking games(ブリッジなど)、Matching games(マージャンなど)、Matching games(ウノなど)といったものです。これらのカテゴリーの多くが、ここで我々が言うところの定型になるのでしょう。
人狼は、この13カテゴリーの中でOther card gamesに含めることが可能かもしれませんが、カードは役割決めのために使用されるだけなので、やはりカードゲームには分類しないのが妥当ではないかと思います。
https://en.wikipedia.org/wiki/Card_game

zaqdb72e6f8.zaq.ne.jp (219.114.230.248)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/74.0.3729.169 Safari/537.36

週刊ボードゲーム通信980号「今さらですが人狼始めました。」 返信  引用 
名前:鱶(fuka)    日付:2019/05/19(日) 22:14
みなさんこんばんは、鱶(fuka)です。東京オリンピックのチケット抽選に申し込みしてみました。日本でオリンピックというのは今後しばらく無さそうです。せっかくなので申し込みましたが当たるのでしょうか?? みなさんは申し込みされましたか。

さて、カードゲームについて、だんだん書くことがなくなったなぁという事もあるのですが、前々回の記事で「人狼」と書いたところで、今さらながら妙に人狼がプレイしたくなってしまいました。手元にゲーム自体が無いことと、遊んでくれそうな人をたくさん集めるのも大変なので、手っ取り早くスマホアプリで遊ぶことにしました。

アプリは「人狼ジャッジメント」を選びました。「人狼殺」というアプリもありましたが、ボイスチャットが必要という事でハードルが高かったため、人狼ジャッジメントにしました。画面上部に広告が常に表示されているのが、とてもイマイチです。

人狼ゲームは今まで1回もプレイしたことが無いため、まずはネットでルールの勉強。「人狼 初心者」とか「人狼 はじめて」などのワードで紹介記事や攻略記事を読みあさりました。ここで初めて人狼が、市民陣営と人狼陣営の戦いであることを理解しました。それまでは個人戦だと思っていました…。

攻略記事を読んでいると、チャットでは専門用語が使われることが多いので、それを理解できずにゲーム内の議論に参加できずにいると、人狼と間違われて処刑されやすいという事が分かりました。というわけで、ネットで用語の勉強もしてみました。ちなみに、人狼ジャッジメントはアプリ内に用語説明の画面があるため、とても便利です。

また、立ち回りや定石を身に付けていないと、これまた処刑されたり他プレイヤーに迷惑をかけたりするという事も分かり、なんだか気軽に始められないなと感じている今日この頃です。
最初は観戦モードで雰囲気に慣れると良い、ということだったので、観戦モードを試してみました。最初は会話が早すぎて、全くついて行けない。それに内容もさっぱり理解できません。1週間くらい、毎日観戦を続けています。今は初心者向けの屋敷で、メモを取りながら観戦しています。会話の速度にはついて行けるようになりましたが、狼のあやしい言動がまだ察知できません。

観戦モードの問題点は、自分視点でゲームを見ることが出来ないことでしょうか。プレイヤーだと、自分だけは白(又は黒)という情報を持って考察できるのですが、観戦だと一人も分からない状態でスタートせざるを得ません。また、無くなったプレイヤーが話す墓場でのチャットが見えてしまうため、先にネタばれてしまうことがあります。

というわけで、今はまだ観戦しかしていないのですが、次回には最初のプレイをご報告できる予定です。
それではまた来週-。

i58-95-130-73.s42.a028.ap.plala.or.jp (58.95.130.73)
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64; rv:66.0) Gecko/20100101 Firefox/66.0


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb