[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
ザ!ッ談by首くん

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





3619.不安 返信  引用 
名前:首くん    日付:2017年12月15日(金) 12時08分

師走の忙しい中、中国に出張した。
11日10時の全日空便で成田空港を発ち4時間で杭州空港へ、迎えの車でさらに内陸へ1時間半、打ち合わせと工場を見せてもらい
夕食後20時発の新幹線で上海に移動した。

上海駅で地下鉄2号線に乗り換えてホテルへ。
12日、地下鉄10号線で上海(虹橋)空港へ、羽田空港には17時半に到着した。

2年で中国は「様変わり」すると杭州の会社の営業課長が言っていた。
その通りだった。
杭州空港、本当にゴミを見かけない、トイレにもゴミが捨てられていない。新幹線、女性スタッフも訓練されていてテキパキと行動してくれる。
出発時刻通りにやって来て、上海へは定刻に到着した。

乗り換えた地下鉄
構内、車両ともゴミが1っ無い。乗客の身なりも綺麗でカラフル、本当に様変わりしていた。

新幹線の乗り場への入り口、地下鉄の入り口
そして空港への入り口、その全てで荷物のチェックと身体検査を受けなければならない、まるで空港の荷物検査場と変わらない設備がある。

ある雑誌に、日本を旅行している中国人が
日本が進んでいると聞いていたが、中国も日本もそんなに変わらないと感じたと感想を述べていた。

今回の出張で同じように感じた。
中国、R&D(研究開発)支出で日米欧を抜き世界トップに、世界の工場が世界の[頭脳]になろうとしている。

世界の電子商取引の65%は
アジア太平洋地域で行われている、具体的には中国とインドが2大市場、アリババとアマゾンの激突が本格化するだろう。

中国など1部の国で、ガソリン車の販売規制が始まる、エンジンを積んだガソリン車が減っていくことになる。

福島原発の処理もままならない。
そんな状況下、日本は既に中国、インドより「はるかに」遅れ、追いつけなくなっているのかも知れない。

3618.歳の違い、人間と機械の違い? 返信  引用 
名前:首くん    日付:2017年12月08日(金) 14時56分

色々と違いがあるものですね。
先ずは18才、81才、年齢による違い。

道路を暴走するのが18才、逆走するのが81才
心がもろいのが18才、骨がもろいのが81才
偏差値が気になるのが18才、血糖値が気になるのが81才
受験戦争を戦っているのが18才、アメリカと戦ったのが81才

恋に溺れるのが18才、風呂で溺れるのが81才
まだ何も知らないのが18才、もう何も覚えていないのが81才

東京オリンピックに出たいと思うのが18才、東京オリンピックまで生きたいと思うのが81才
自分探しの旅をしているのが18才、出掛けたまま分からなくなって皆が探しているのが81才
「嵐」というと松本潤を思い出すのが18才、嵐というと鞍馬天狗の嵐寛寿郎を思い出すのが81才


人間と機械にも違いがある、例えばEXILEとEXCELの違い。
伝説を作るのがEXILE、伝票を作るのがEXCEL
ダンスで表現するのがEXILE、マウスで表計算するのがEXCEL
新曲はヒットチャートなのがEXILE、進捗はガントチャートなのがEXCEL

真っ黒のサングラスをかけるのがEXILE、マクロの線グラフを書けるのがEXCEL
行列が出来るのがEXILE、行と列で出来てるのがEXCEL
レコード会社と契約するのがEXILE、レコード単位で編集するのがEXCEL
ボーカルがデュエットなのがEXILE、テーブルがピボットなのがEXCEL
立て続けにCDをリリースするのがEXILE、立て続けにSPをリリースするのがEXCEL

これらの違いには、感動した。

3617.宝船 返信  引用 
名前:首くん    日付:2017年12月06日(水) 16時12分

近づいた。
赤穂浪士47名の討ち入りの日が、そう12月14日の深夜だ。

当時の深夜は「真っ暗」、討ち入りが始まると吉良屋敷の隣の「土屋主税」の屋敷から無数の高張提灯が壁に立て掛けられた。


この話には赤穂浪士の大高源吾が関わっている。
討ち入りの日の夕方、年末の大掃除用に、すす払いの「すす竹」売りをしていた源吾、両国橋で、俳諧の師匠、宝井其角と偶然に出会う。

其角は
源吾の身なりを見て、その落ちぶれようを嘆き、もう会うこともあるまいと自分の羽織を与える。
最後に付け句を、と橋の上から隅田川の流れを見つつ
年の瀬や、水の流れと人のみは、と読むと

源吾は、その夜が吉良邸への討ち入りなので
明日 またるる その宝船、と返した。

年月が流れると人の運命は変わる、落ちぶれてしまうと年末の瀬が余計に身にしみるだろう。
水の流れは止まらず、流れていくように、源吾の運命も分からないものだと感じて詠った句に対し
何故明日は宝船なんだろうと疑問に思う。

其角は意味が分からず
その足で俳諧を指導している旗本、土屋主税の屋敷へ行き、この話をすると主税は黙り込んで、自分も意味が分からないと話した。

しかし、主税は大高源吾の内心を
明日になれば討ち入りは終わる、長年の願いがかなう。
吉良を討つことができれば最高
万一失敗しても皆と切腹し亡き主君のもとへ行ける。長年の念願がかない、本懐を遂げることができる、宝船みたいだと理解した。


高張提灯
竿の先に高く吊るし、門前に張り出すように掲げた高張提灯の話となる。

3615.嘘のような 返信  引用 
名前:首くん    日付:2017年12月02日(土) 13時59分

本人が自分を頭の良いと思っている人ほど
また、そう思われている人ほど
言い訳上手で、聞いていると最もらしいが、実は困りものである。

ある会社で
新しい仕事を展開する時には
私大出身者を任命し、彼に企画を考えさせ、一生懸命に実行してもらう、多少不都合が出てきた場合
その後のフォローは国立大出身者にさせるそうだ。

初め国立大出身者、とくに赤門を使うと
ダメな言い訳を並べ立て、なかなか前に進まないそうだ。

本当だろうかと思うけど
この会社、3年ほどで売り上げを70億円までのばし、成長している。

師走の12月、忙しい合間を縫って
この会社の社長と海外出張することになった。トンボ返りの1泊3日、チャンバラより疲れるでしょう。

今朝も8持半から朝練
少しづつ、少しづつ変化している。

3614.。。への道、これで最後 返信  引用 
名前:首くん    日付:2017年12月02日(土) 13時57分

経営者(船元)は「こうあるべき」などと資質を色々な角度から言われるが、結局は「総合能力」だと僕は思う。

勝てば官軍、注文を取りお金を回せれば、それで良い。
先ずは、入口と出口方向を広げる。
シラスの取り方を械化したり、市場に水揚げするだけではなく、ミズホのように消費者へ近づき、販売する努力をすることだ。

経営の合いカギ、経理能力を習得する、絶対に必要だと思う。
簿記で仕分けが出来る
資産、負債、資本(純資産)、収益、費用を理解する
毎月の決算を作れる、特に損益計算書も作れる
シラス漁と自分の確定申告書を自分で作り税務署へ提出する
難しそうだが、一旦やる(出来る)と毎年同じなので簡単、そして税の動きがわかるようになる。

出口を広げる。
市場にシラスを水揚げし競ってもらえば何日かすると現金化する。
利益が見込めるが販売に乗り出すと「売掛金の回収が必要」となる、これが漁師にとっては結構大変な作業となる。

何事もやってみる。
迷ったら「やってみる」、銀行に無謀ではと注意されたら「やってみる」、やってみないと分からない。


帳簿をつけるなどの単純な経理知識から
財務諸表を見て分析できる財務能力、総合的な経理能力があると
どの会社の諸表を見ても「だいたい」の状況がわかり、仮に経営を頼まれても運営出来る。

各社への合いカギ
経営の合いカギを持ったことになる。

3613.(untitled) 返信  引用 
名前:naonamita    日付:2017年11月27日(月) 08時58分
安倍川上流 水源にも近い梅ヶ島温泉の渓流(過去には)の川底は コンクリートが敷き詰められ、水流で岸辺が削れたり流れが変わらないよう対策がされている。
何十年も前の台風で多くの台風犠牲者うを出した教訓もあると思うけど、非常に味気ない温泉街じゃないかと。
1〜2年前にも その下流10km当たりの川底が、大工事の末コンクリートが広範囲に敷き詰められた。

植物プランクトンとの係りは分からないし 地元の要望が在ったりしたんだろうけど、最近 生まれ故郷にたまに帰るのも何だか億劫 楽しくない。



3616.誰か
名前:首くん    日付:2017年12月02日(土) 13時47分

11月22日のブログで書いた。
マリコに行くと
経営ごっこをやっている社長が何人もいる、見学しに行くといい。

身近に、誰か似たような人を知りませんか?

3612.廃業、1っの選択肢 返信  引用 
名前:首くん    日付:2017年11月24日(金) 20時29分

倒産以前に
企業(シラス漁)を継続するか、廃業するか、経営者(船元)は常に考える必要がある。

1971年(昭和46年)に先代マツバラが作った会社を
1989年(平元年)に買い取り続けているが、縮小し廃業しようと考えている。
仕事が好きなので一人で続けられる漁師を選択し2006年より兼業を始めた。

1ヵ統の場合
本船、手船、運搬船の3隻で船頭も含めて最低6人が必要となる。
シラ丸の場合、クーちゃんは80才に近く、シューちゃんも足が弱ってきているので統制が取れて、網を設計し作り込みが
出来る人材があと2、3年でいなくなる。

また、焼津の乗子が固まっていて、過去にマグロ船に従事していたので年金が高く、生活にも困らず、何時でも嫌なら辞められる。
彼らも高齢になりつつある。


自問する時期だ。
シラス漁を本当にやれるのか?
経営者(船元)として鬼気に迫る情熱や狂気のような「やる気」があるか?
2ヵ統、計12人の統率を取れるか?
1ヵ統に縮小すべきではないか?
(兄弟が力を合わせ、若い乗子を集め、やり易くする)
2ヵ統とも辞めて、サラリーマンや好きな道を選ぶべきではないか?

シラス漁をやるとして
楽しく出来ているか?
経営において「楽しい」とは、お金が入ってきて、乗子(従業員)にも多くを分配でき、将来がある、これが楽しさだ。

一度立ち止まって真剣に考えることを勧める。

最近のシラス漁
ムネモチも含め主要6港の水揚は昨年の10%前後、漁獲が少ないので浜値は2倍以上になっている。消費者は高値で離れる。
マイワシの水揚げは小川港、沼津港で昨年の10倍を超えているが、シラスの主な親カタクチイワシの水揚げは全ての
港で「ゼロ」、親がいなければ子はいない。

マイワシは少し大きくなると沖に出て行くが、カタクチイワシは浅瀬で暮らす、でもエサがなければ生きていけない。
海を育てる植物プランクトンは安倍川の上流、山から来る、異変が起きていると来ない、シラスも育たない。

3年程、休漁期間を設けざるを得ないのではないかと思う。
ムネモチ漁協は大混乱となるでしょう。

3611.倒産と経営ごっこ 返信  引用 
名前:首くん    日付:2017年11月22日(水) 16時17分

経営の隣には必ず「倒産」が一緒に走っている。
社長(船元)は
商法上「代表取締役」で、お金を代表して集金し、支払い、回せるかの能力と責任が問われる。

一般的には人、物、金だが
代取の場合「金、物、人」で、お金を取り扱える、顧客から強く求められるものを提供している、それに必要な人材を手配できるかで
実務では、お金が1番、人材なんかは最後に考える問題なんだ。

お金があれば人は何時でも集められる。


倒産の危機に直面すると
漁船は二束三文、預金をすべて出し、自宅を含めた不動産を売却することになる。
ムネモチの土地価格は坪25万円、60坪としても1500万円しか動かせないのが現状だ。


倒産に遭遇しない為には
製品やサービス、従来からものに比べて、顧客や社会にどれだけ「新しい価値」を提供しているか?
それが多く売れることが、はたして顧客や社会にとって善なのか否かを考える。

されに、それが社会に対して道理にかなっているか?
食品市場の利益になるか、自分やシラ丸のためにもなるかどうか徹底して考えることだ。

一生懸命やるなんてのレベルじゃない。
身の毛がよだつような恐ろしい気配、鬼気(きき)迫る情熱と狂気で勉強して身につける必要だある。

音楽の世界でも
鬼気に取りつかれたように演奏する人がいる、経営者はまさにあんな狂気が漂わなくては駄目だ。

マリコに行くと
経営ごっこをやっている社長が何人もいる、見学しに行くといい。

3610.。。への道 返信  引用 
名前:首くん    日付:2017年11月11日(土) 18時36分

僕は漁業学園(県立)短期コースの一期生として漁業を学んだ。
また、漁師としてやっていけるか否かを確認するために、山形から南は宮崎まで8ヵ所の漁協で乗船、漁師体験をした。

体験を通じ何んとかやっていけると感じた。
歳を取っていて、漁師として初めてやるためには「網仕事」が出来ることが必須条件だとも思った。

そこで
漁業学園で網とロープの基礎を学び、シラス漁に携わるようになってからも、漁業学園の網講習の日程を教えてもらい、4年ほど聴講した。

シラ丸でも補修作業を進んでやった。
クーちゃんは基礎がなく、キッチリ修理できない。
やはり学ぶならシューちゃん、網の組み立ても出来る。

でも
基礎がないと学習効果が上がらないので、漁業学園で基礎を学ぶことを薦める。
熱意があれば受け入れてくれる。

次に必須条件は1級小型船舶操縦士と1級海上特殊無線技士の免許。
僕は漁師ではないので
当時は漁協が開催する講習(費用が安い)を受講できなかった、そこで広島県にある尾道海技学院の合宿コースを受けた。

禁漁期を利用して早々に取得することを薦める。


1級小型船舶は
総トン数20未満の外洋小型船舶の船長資格で、航行区域の制限はなく、世界の海を航行できる。但し、海岸から100海里を
超える区域を航行するには6級海技士(機関)の資格を持った機関長を乗船させなくてはならない。

でも、シラス漁では機関士は不要だが、対岸の土肥沖に行くには1級が必要となる。
1級海上特殊無線は大学卒の場合、科目免除があるので英語を必要とする1級を取ること、ムネモチ漁協では1級を持つている人は少ない。

チョッと優越感を感じられる。

僕は禁漁期、広島の学院で
ガソリンエンジンコースで2サイクル船外機の分解、組立、始動を行った、これで漁船の機関構造が随分とわかるようになった。

これは非常に役立った。


人は悪くないが、漁師は非常に「いい加減」
学ぶことは少なく、見よう見まねで覚え、それが「正しい」と信じている。そして他人に押し付ける。

だから、しっかりと基礎を学園を利用し学ぶことを薦める。

仕事で月曜日から出張し20日の戻るので、来週は書き込みが出来ない。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb