[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
侍従川掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   改行有効 等幅フォント
URL



61.大道中学校内を流れる大道渓谷のホトケドジョウの調査報告  
名前:メールの転載    日付:2010/11/28(日) 05:48
日時:2010/10/30(土)
調査時間:9:30〜12:00

天気:曇

気温:14.5℃
水温:14.0℃
pH:7.6
DO(溶存酸素量):5.92mg/l
流量:0.5m3/秒

採捕生物
カラゲラsp幼虫:22匹
カワニナ:19匹
ヤゴ類:146匹
サワガニ:5匹
ヘビトンボsp幼虫:9匹
カゲロウsp幼虫:8匹
ホトケドジョウ:35匹(平均体長:39.54mm)



ホトケドジョウ尾数が夏に比べてかなり減少していました。
原因としては、夏調査後に水路が干上がってしまったか、水温が上昇して多数のホトケドジョウが死んでしまったのではないかと考えいます。

調査実施者:日本大学 生物資源科学部 海洋生物機能化学研究室(病理学グループ) 6名

60.9月度 侍従川定例調査報告  
名前:廣瀬    日付:2010/09/29(水) 06:30
9月度 侍従川定例調査報告です

9月25日(日) 中潮 満潮06:20(186cm)17:59(189cm) 干潮00:08(38cm)12:15(81cm)
天気 曇り

『泥牛橋』(下流域)13:35
気温 25℃
水温 21.5℃
水の色 透明
底質 砂

〔生物〕
カワセミ
マハゼ6(目視)
チチブ10
テナガエビ1


〔ゴミ〕
手袋、ビニール袋、紙、乾電池

〔備考〕
8月末に発見したイシマキガイが全く見られなかった


『ちとせ園(大道一丁目緑地)周辺』(中流域)14:15
気温 27℃
水温 20.5℃
水の色 透明
底質 砂、礫

〔生物〕
ヒバカリ、メダカ、ウキゴリ、チチブ、ビリンゴ、マハゼ、ウグイらしき(目視)、テナガエビ、ミゾレヌマエビ、アメンボ、ハグロトンボ1(目視)
〔ゴミ〕


〔備考〕


『大道中学校 大道渓谷』(源流域)15:37
気温 21.6℃
水温 19.6℃
水の色 透明だが、ヘドロが混ざると黒色。
底質 砂、ヘドロ、硫化鉄

〔生物〕
ホトケドジョウ10、オニヤンマ(幼虫)2、オオシオカラトンボ(幼虫)5、セアカアメンボ、ガムシsp10

〔ゴミ〕
なし

〔備考〕



参加者
宮口、金子、古寺、米塚、埜田、徳竹、上村、山田



【補足】

★侍従川ハゼ釣り大会の釣果記録
9月19日(日)晴れ 9:30〜11:30
中潮 満潮01:43(151cm)15:42(187cm)干潮08:37(63cm)21:10(107cm)

『汐見橋』(下流域)
マハゼ(7cmぐらい)40〜50匹
チチブ100匹ぐらい
ビリンゴ7匹
コトヒキ10匹
チチュウカイミドリガニ2匹
ヤマトオサガニ1匹(ひっかけた)
ベンケイガニ1(道を歩いていたのを捕獲)
スズキ(60cmぐらい)目視


参加者 幼児3 小学生16 中学生9 大学生5 大人15


★高舟台小学校5年生による調査

9月10日(金)晴れ 9:00〜12:00
中潮 満潮15:51(205cm)17:58(201cm)干潮12:03(50cm)

『ちとせ園周辺』(中流域)

生物
アオダイショウ死骸
メダカ7
マハゼ(20cm以上)2
チチブ多数
ウキゴリ11
スミウキゴリ1
ビリンゴ5
モクズガニ1
クロベンケイガニ2
サワガニ1
ミゾレヌマエビ3
ハグロトンボ(成虫)10ぐらい 目視
コオニヤンマ(幼虫)1
コシボソヤンマ(幼虫)2

参加者
高舟台小学校5年生 児童135人(3クラス ローテーション)+先生4+侍従会(瀧本、山田)


9月21日(火)9:00〜11:00
大潮 満潮03:27(172cm)16:22(179cm)干潮09:55(56cm)22:13(78cm)


『諏訪橋〜汐見橋』(下流域)[塩分濃度]
諏訪橋10‰
汐見橋21‰
[生物]
コサギ
カルガモ
ミシシッピーアカミミガメ
ボラ
チチブ
マハゼ
ビリンゴ
モクズガニ
クロベンケイガニ
チチュウカイミドリガニ
マメコブシガニ
チゴガニ
ユビナガスジエビ
フナムシ
シロフジツボ
コウロエンカワヒバリガイ
カキ
アサリ
ホソウミニナ
タテジマイソギンチャク

参加者
高舟台小学校5年生 児童80人+先生3人+侍従会(山田)

59.生き物ー9.12  
名前:飯村優介    日付:2010/09/12(日) 11:14
大道橋下の魚、目視、12日10時頃
尻ビレ長く鮮やかなオイカワの雄、体側の線条が顕著なウグイの両種が見られる。水がすんでおり、10日の記録にあるハゼ類が上からも確認できた。マハゼはこのあたりでも増えている。

58.マハゼ(20cmぐらい)  
名前:廣瀬    日付:2010/09/12(日) 07:55
9月10日の高舟台小学校5年生の総合「侍従川探検」でマハゼ(20cmぐらい)を二匹、長島橋で捕獲しました
これから10月末まで総合で侍従川に取り組んでいきます
昨日は早速 侍従川水族館を作り、マハゼも水槽に入れました

昨日見られた生き物
カワニナ
モノアラガイ
ハグロトンボ(成虫・幼虫)
ヤマサナエ(幼虫)
コオニヤンマ(幼虫)
コシボソヤンマ(幼虫)
ギンヤンマ(幼虫)
アメンボ
ミゾレヌマエビ
テナガエビ
サワガニ
クロベンケイガニ
モクズガニ
メダカ
マハゼ
ビリンゴ
ウキゴリ
スミウキゴリ
チチブ
(山田陽治)

57.二羽のカワセミ  
名前:廣瀬    日付:2010/09/12(日) 07:53
9月9日(木)7:20頃、新川橋から二羽のカワセミを観察しました。
(寺尾勝廣)

56.カルガモ  
名前:廣瀬    日付:2010/09/12(日) 07:52
 9月3日、夕方に汐見橋で
 カルガモ 16羽
 アオサギ  1羽
 ボ  ラ  多数
 を目視しました。しかしながらハゼ(マハゼ)は確認できませんでした。
(金子英司 )

55.ヒラタクワガタ(♂)  
名前:廣瀬    日付:2010/09/12(日) 07:51
 生 物 名:ヒラタクワガタ(♂)
 採集場所 :環状四号線沿いのAコープ前
 採 集 日:9月10日(金)
 体   長:3センチ前後
 発見者名 :竹内 将(学生部)
 備   考 :誰かに踏まれた模様、げんけいを留めていないが
        牙の特徴と羽のツヤからヒラタクワガタと判断
(金子英司 )

54.侍従川生き物発見記録 イシマキガイ  
名前:廣瀬    日付:2010/09/05(日) 06:03
ちょっと前になりますが、2010/8/28に侍従川・大道東橋でイシマキガイを発見しました。発見者は上村ゆかちゃんで、3匹いました。初記録です。イシマキガイは河口付近で見られ、汽水域及び淡水域の石によくついています。(山田陽治)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%82%AC%E3%82%A4

53.生き物情報  
名前:飯村    日付:2010/08/10(火) 20:16
8月6〜8日、大道橋、オイカワとみられる15〜20cmの魚、尻ビレ長くウグイよりオイカワの可能性高い。婚姻色鮮やかで雄。マハゼ、アベハゼ、チチブ、ウキゴリ多数。アユは中流のトロ場に群れ。エビ類やハゼは網さばきでちかくで観察できそう。雑木林は曇りの日や、朝夕が生き物多い。今は貴重な蛇、マムシも朝練習で今夏も出会う。

52.2010年度のホタル観察会  
名前:廣瀬    日付:2010/06/14(月) 00:21
12日、気温、20度、湿度、80%、雄39、雌2、参加者164名です。13日、気温、21度、湿度、75%、参加者85名です。次の週末までには、ピークを向かえるのではないかと思います。(竹内さんのメールから転載)


ページ: 1 2 3 4 5 6 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb